基本情報

写真a

大塚 和朗(オオツカ カズオ)

OHTSUKA Kazuo


職名

准教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学部  1988年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学研究科  博士課程  1995年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  新潟大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 准教授
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学  
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 准教授
  • 2018年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 准教授
  • 2021年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 准教授
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 特殊診療領域 光学医療診療部 准教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2012年03月
    昭和大学 横浜市北部病院 准教授
  • 2012年04月
    -
    現在
    昭和大学 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本消化器病学会

  • 日本消化器内視鏡学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年02月
    -
    現在
    日本カプセル内視鏡学会 理事
  • 2017年01月
    -
    現在
    日本小腸学会 理事

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 普通自動車免許(一種)

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • クローン病再燃予測システムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 生検検体を用いた小腸上皮性腫瘍の網羅的遺伝子解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • ヒトクローン病モデル構築による粘膜治癒機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Go Ito, Ryuichi Okamoto, Tatsuro Murano, Hiromichi Shimizu, Satoru Fujii, Toru Nakata, Tomohiro Mizutani, Shiro Yui, Junko Akiyama-Morio, Yasuhiro Nemoto, Eriko Okada, Akihiro Araki, Kazuo Ohtsuka, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Lineage-specific expression of bestrophin-2 and bestrophin-4 in human intestinal epithelial cells. PLoS ONE. 2013.11; 8 (11): e79693. ( PubMed, DOI )

  2. Kazumi Takishima, Yasuharu Maeda, Noriyuki Ogata, Masashi Misawa, Yuichi Mori, Mayumi Homma, Tetsuo Nemoto, Yuki Miyata, Yoshika Akimoto, Kentaro Mochida, Yuki Takashina, Kenta Tanaka, Katsuro Ichimasa, Hiroki Nakamura, Seiko Sasanuma, Toyoki Kudo, Takemasa Hayashi, Kunihiko Wakamura, Hideyuki Miyachi, Toshiyuki Baba, Fumio Ishida, Kazuo Ohtsuka, Shin-Ei Kudo. Beyond complete endoscopic healing: Goblet appearance using an endocytoscope to predict future sustained clinical remission in ulcerative colitis. Dig Endosc. 2022.07; 34 (5): 1030-1039. ( PubMed, DOI )

  3. Shuji Hibiya, Kazuo Ohtsuka, Kento Takenaka, Ami Kawamoto, Yusuke Matsuyama, Yumi Udagawa, Maiko Motobayashi, Hiromichi Shimizu, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Mucosal healing of small intestinal stricture is associated with improved prognosis post-dilation in Crohn's disease. BMC Gastroenterol. 2022.05; 22 (1): 218. ( PubMed, DOI )

  4. Masanori Kobayashi, Shomei Ryozawa, Kazuo Ohtsuka, Minoru Tanabe, Ryuichi Okamoto. A convenient and reliable method for endoscopic mapping biopsy of cholangiocarcinoma using a double-lumen cytology device. VideoGIE. 2022.05; 7 (5): 182-184. ( PubMed, DOI )

  5. Yasuharu Maeda, Shin-Ei Kudo, Noriyuki Ogata, Masashi Misawa, Marietta Iacucci, Mayumi Homma, Tetsuo Nemoto, Kazumi Takishima, Kentaro Mochida, Hideyuki Miyachi, Toshiyuki Baba, Kensaku Mori, Kazuo Ohtsuka, Yuichi Mori. Evaluation in real-time use of artificial intelligence during colonoscopy to predict relapse of ulcerative colitis: a prospective study. Gastrointest Endosc. 2022.04; 95 (4): 747-756.e2. ( PubMed, DOI )

  6. Kento Takenaka, Ami Kawamoto, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe, Kazuo Ohtsuka. Artificial intelligence for endoscopy in inflammatory bowel disease. Intest Res. 2022.04; 20 (2): 165-170. ( PubMed, DOI )

  7. Hiromichi Shimizu, Toshimitsu Fujii, Kenji Kinoshita, Ami Kawamoto, Shuji Hibiya, Kento Takenaka, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Intravenous tacrolimus is a superior induction therapy for acute severe ulcerative colitis compared to oral tacrolimus. BMC Gastroenterol. 2021.12; 21 (1): 494. ( PubMed, DOI )

  8. Noriyuki Ogata, Kazuo Ohtsuka, Masataka Ogawa, Yasuharu Maeda, Fumio Ishida, Shin-Ei Kudo. Image-Enhanced Capsule Endoscopy Improves the Identification of Small Intestinal Lesions. Diagnostics (Basel). 2021.11; 11 (11): ( PubMed, DOI )

  9. Kento Takenaka, Ami Kawamoto, Kazuo Ohtsuka. Editorial: higher concentrations of cytokine blockers are needed to obtain small bowel mucosal healing during maintenance therapy in Crohn's disease-authors' reply. Aliment Pharmacol Ther. 2021.10; 54 (8): 1087. ( PubMed, DOI )

  10. Ito R, Kobayashi M, Ohtsuka K, Tanabe M, Okamoto R. A rare case of hepatocellular carcinoma with bile duct invasion diagnosed by peroral cholangioscopy. VideoGIE : an official video journal of the American Society for Gastrointestinal Endoscopy. 2021.08; 6 (8): 354-357. ( PubMed, DOI )

  11. Maeda Y, Kudo SE, Ogata N, Misawa M, Mori Y, Mori K, Ohtsuka K. Can artificial intelligence help to detect dysplasia in patients with ulcerative colitis? Endoscopy. 2021.07; 53 (7): E273-E274. ( PubMed, DOI )

  12. Mori Y, Kudo SE, Misawa M, Hotta K, Kazuo O, Saito S, Ikematsu H, Saito Y, Matsuda T, Kenichi T, Kudo T, Nemoto T, Itoh H, Mori K. Artificial intelligence-assisted colonic endocytoscopy for cancer recognition: a multicenter study. Endoscopy international open. 2021.07; 9 (7): E1004-E1011. ( PubMed, DOI )

  13. Takenaka K, Kawamoto A, Hibiya S, Suzuki K, Fujii T, Motobayashi M, Shimizu H, Nagahori M, Saito E, Okamoto R, Watanabe M, Ohtsuka K. Higher concentrations of cytokine blockers are needed to obtain small bowel mucosal healing during maintenance therapy in Crohn's disease. Alimentary pharmacology & therapeutics. 2021.07; ( PubMed, DOI )

  14. Kawamoto A, Takenaka K, Hibiya S, Ohtsuka K, Okamoto R, Watanabe M. Serum Leucine-Rich α<sub>2</sub> Glycoprotein: A Novel Biomarker For Small Bowel Mucosal Activity in Crohn's Disease. Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association. 2021.06; ( PubMed, DOI )

  15. Kitazume Y, Takenaka K, Ohtsuka K, Kimura K, Ogihara Y, Fujioka T, Tsuchiya J, Fujii T, Watanabe M, Tateisi U. Crohn disease: magnetic resonance enterocolonography features of endoscopic ulcer stages reclassified with the healing process and the relationships to prognoses. Japanese journal of radiology. 2021.05; 39 (5): 459-476. ( PubMed, DOI )

  16. Takenaka K, Ohtsuka K, Fujii T, Oshima S, Okamoto R, Watanabe M. Deep Neural Network Accurately Predicts Prognosis of Ulcerative Colitis Using Endoscopic Images. Gastroenterology. 2021.05; 160 (6): 2175-2177.e3. ( PubMed, DOI )

  17. Maeda Y, Kudo SE, Takishima K, Misawa M, Ogata N, Ohtsuka K. Letter: the combination of histologic remission and Mayo endoscopic score 1 as a suitable therapeutic target in ulcerative colitis. Alimentary pharmacology & therapeutics. 2021.04; 53 (8): 955-956. ( PubMed, DOI )

  18. Kato S, Shimizu H, Tomii S, Uchida H, Kawamoto A, Hibiya S, Motobayashi M, Takenaka K, Fujii T, Saito E, Nagahori M, Ohtsuka K, Negi M, Akashi T, Matsuyama T, Kinugasa Y, Watanabe M. Substantial Epstein-Barr virus reactivation in a case of severe refractory ulcerative colitis: a possible role in exacerbation. Clinical journal of gastroenterology. 2021.04; 14 (2): 584-588. ( PubMed, DOI )

  19. Kaneshiro M, Takenaka K, Suzuki K, Fujii T, Hibiya S, Kawamoto A, Motobayashi M, Shimizu H, Nagahori M, Saito E, Okamoto R, Ohtsuka K, Watanabe M. Pancolonic endoscopic and histologic evaluation for relapse prediction in patients with ulcerative colitis in clinical remission. Alimentary pharmacology & therapeutics. 2021.04; 53 (8): 900-907. ( PubMed, DOI )

  20. Saito Y, Kodashima S, Matsuda T, Matsuda K, Fujishiro M, Tanaka K, Kobayashi K, Katada C, Horimatsu T, Muto M, Ohtsuka K, Oda I, Kato M, Kida M, Hoteya S, Yamamoto H, Ryozawa S, Iwakiri R, Kutsumi H, Kato M, Haruma K, Fujimoto K, Iishi H, Ogata H, Uemura N, Kaminishi M, Tajiri H, Inoue H. Current status of diagnostic and therapeutic colonoscopy in Japan: The Japan Endoscopic Database Project. Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society. 2021.03; ( PubMed, DOI )

  21. Tsugeno Y, Kawachi H, Kirimura S, Hirota Y, Shintaku H, Ito T, Kikuchi A, Ohtsuka K, Akashi T, Kitagawa M. Adenocarcinoma arising in the multiple heterotopic submucosal glands of the intestine in a Satoyoshi syndrome patient: A case report. Pathology international. 2021.02; 71 (2): 147-154. ( PubMed, DOI )

  22. Kudo SE, Maeda Y, Ogata N, Misawa M, Ogawa Y, Takishima K, Ishiyama M, Mochizuki K, Minegishi Y, Ogura Y, Abe M, Okumura T, Matsudaira S, Ishigaki T, Sasanuma S, Mori Y, Kudo T, Hayashi T, Wakamura K, Miyachi H, Baba T, Ishida F, Nemoto T, Hamatani S, Ohtsuka K. Combined endocytoscopy with pit pattern diagnosis in ulcerative colitis-associated neoplasia: Pilot study. Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society. 2021.02; ( PubMed, DOI )

  23. Hibiya S, Matsuyama Y, Fujii T, Maeyashiki C, Saito E, Ito K, Shimizu H, Kawamoto A, Motobayashi M, Takenaka K, Nagahori M, Kurosaki M, Yauchi T, Ohtsuka K, Fujiwara T, Okamoto R, Watanabe M. 5-aminosalicylate-intolerant patients are at increased risk of colectomy for ulcerative colitis. Alimentary pharmacology & therapeutics. 2021.01; 53 (1): 103-113. ( PubMed, DOI )

  24. Yasuharu Maeda, Shin-Ei Kudo, Noriyuki Ogata, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Mayumi Homma, Tetsuo Nemoto, Masataka Ogawa, Seiko Sasanuma, Yuta Sato, Shinichi Kataoka, Yuta Kouyama, Tatsuya Sakurai, Kenta Igarashi, Yushi Ogawa, Kazuki Kato, Katsuro Ichimasa, Hiroki Nakamura, Toyoki Kudo, Takemasa Hayashi, Kunihiko Wakamura, Toshiyuki Baba, Haruhiro Inoue, Kazuo Ohtsuka. Endocytoscopic intramucosal capillary network changes and crypt architecture abnormalities can predict relapse in patients with an ulcerative colitis Mayo endoscopic score of 1. Dig Endosc. 2020.11; 32 (7): 1082-1091. ( PubMed, DOI )

  25. Yoshio Kitazume, Junichi Tsuchiya, Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Koichiro Kimura, Ryosuke Watanabe, Tomoyuki Fujioka, Toshimitsu Fujii, Mamoru Watanabe, Ukihide Tateisi. High b-value computed diffusion-weighted imaging for differentiating bowel inflammation in Crohn's disease. Eur J Radiol. 2020.10; 133 109362. ( PubMed, DOI )

  26. Yuichi Mori, Shin-Ei Kudo, James E East, Amit Rastogi, Michael Bretthauer, Masashi Misawa, Masau Sekiguchi, Takahisa Matsuda, Yutaka Saito, Hiroaki Ikematsu, Kinichi Hotta, Kazuo Ohtsuka, Toyoki Kudo, Kensaku Mori. Cost savings in colonoscopy with artificial intelligence-aided polyp diagnosis: an add-on analysis of a clinical trial (with video). Gastrointest Endosc. 2020.10; 92 (4): 905-911.e1. ( PubMed, DOI )

  27. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Kohei Suzuki, Mamoru Watanabe. Reply to GASTRO-D- 20-00591 Gastroenterology. 2020.10; 159 (4): 1626-1627. ( PubMed, DOI )

  28. Hayato Itoh, Yukitaka Nimura, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Shin-Ei Kudo, Kinichi Hotta, Kazuo Ohtsuka, Shoichi Saito, Yutaka Saito, Hiroaki Ikematsu, Yuichiro Hayashi, Masahiro Oda, Kensaku Mori. Robust endocytoscopic image classification based on higher-order symmetric tensor analysis and multi-scale topological statistics. Int J Comput Assist Radiol Surg. 2020.09; Online ahead of print. ( PubMed, DOI )

  29. Shin-Ei Kudo, Katsuro Ichimasa, Benjamin Villard, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Shoichi Saito, Kinichi Hotta, Yutaka Saito, Takahisa Matsuda, Kazutaka Yamada, Toshifumi Mitani, Kazuo Ohtsuka, Akiko Chino, Daisuke Ide, Kenichiro Imai, Yoshihiro Kishida, Keiko Nakamura, Yasumitsu Saiki, Masafumi Tanaka, Shu Hoteya, Satoshi Yamashita, Yusuke Kinugasa, Masayoshi Fukuda, Toyoki Kudo, Hideyuki Miyachi, Fumio Ishida, Hayato Itoh, Masahiro Oda, Kensaku Mori. Artificial intelligence system to determine risk of T1 colorectal cancer metastasis to lymph node. Gastroenterology. 2020.09; Online ahead of print.. ( PubMed, DOI )

  30. Shin-Ei Kudo, Masashi Misawa, Yuichi Mori, Kinichi Hotta, Kazuo Ohtsuka, Hiroaki Ikematsu, Yutaka Saito, Kenichi Takeda, Hiroki Nakamura, Katsuro Ichimasa, Tomoyuki Ishigaki, Naoya Toyoshima, Toyoki Kudo, Takemasa Hayashi, Kunihiko Wakamura, Toshiyuki Baba, Fumio Ishida, Haruhiro Inoue, Hayato Itoh, Masahiro Oda, Kensaku Mori. Artificial intelligence-assisted system improves endoscopic identification of colorectal neoplasms. Clin Gastroenterol Hepatol. 2020.07; 18 (8): 1874-1881.e2. ( PubMed, DOI )

  31. Masashi Misawa, Shin-Ei Kudo, Yuichi Mori, Kinichi Hotta, Kazuo Ohtsuka, Takahisa Matsuda, Shoichi Saito, Toyoki Kudo, Toshiyuki Baba, Fumio Ishida, Hayato Itoh, Masahiro Oda, Kensaku Mori. Development of a computer-aided detection system for colonoscopy and a publicly accessible large colonoscopy video database (with video). Gastrointest Endosc. 2020.07; Online ahead of print. ( PubMed, DOI )

  32. Hiromichi Shimizu, Toshimitsu Fujii, Shuji Hibiya, Maiko Motobayashi, Kohei Suzuki, Kento Takenaka, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Rapid prediction of 1-year efficacy of tofacitinib for treating refractory ulcerative colitis. Intest Res. 2020.06; Online ahead of print.. ( PubMed, DOI )

  33. Takenaka K, Ohtsuka K, Fujii T, Negi M, Suzuki K, Shimizu H, Oshima S, Akiyama S, Motobayashi M, Nagahori M, Saito E, Matsuoka K, Watanabe M. Development and Validation of a Deep Neural Network for Accurate Evaluation of Endoscopic Images From Patients With Ulcerative Colitis. Gastroenterology. 2020.06; 158 (8): 2150-2157. ( PubMed, DOI )

  34. Takenaka K, Kitazume Y, Fujii T, Tsuchiya K, Watanabe M, Ohtsuka K. Objective evaluation for treat to target in Crohn's disease. Journal of gastroenterology. 2020.06; 55 (6): 579-587. ( PubMed, DOI )

  35. Masayuki Kato, Kiyohito Tanaka, Mitsuhiro Kida, Shomei Ryozawa, Koji Matsuda, Mitsuhiro Fujishiro, Yutaka Saito, Kazuo Ohtsuka, Ichiro Oda, Chikatoshi Katada, Kiyonori Kobayashi, Shu Hoteya, Takahiro Horimatsu, Shinya Kodashima, Takahisa Matsuda, Manabu Muto, Hironori Yamamoto, Ryuichi Iwakiri, Hiromu Kutsumi, Hiroaki Miyata, Mototsugu Kato, Ken Haruma, Kazuma Fujimoto, Naomi Uemura, Michio Kaminishi, Hisao Tajiri. Multicenter database registry for endoscopic retrograde cholangiopancreatography: Japan Endoscopic Database Project. Dig Endosc. 2020.05; 32 (4): 494-502. ( PubMed, DOI )

  36. Kento Takenaka, Maiko Kimura, Kazuo Ohtsuka. Colonic strictures mimicking Crohn's disease. Gut. 2019.11; ( PubMed, DOI )

  37. Nagaishi T, Yamada D, Suzuki K, Fukuyo R, Saito E, Fukuda M, Watabe T, Tsugawa N, Takeuchi K, Yamamoto K, Arai A, Ohtsuka K, Watanabe M. Indolent T cell lymphoproliferative disorder with villous atrophy in small intestine diagnosed by single-balloon enteroscopy. Clinical journal of gastroenterology. 2019.10; 12 (5): 434-440. ( PubMed, DOI )

  38. Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Maiko Motobayashi, Shuji Hibiya, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Mamoru Watanabe, Kazuo Ohtsuka. Small Bowel Healing Detected by Endoscopy in Patients With Crohn's Disease After Treatment With Antibodies Against Tumor Necrosis Factor. Clin. Gastroenterol. Hepatol.. 2019.08; ( PubMed, DOI )

  39. Motobayashi M, Matsuoka K, Takenaka K, Fujii T, Nagahori M, Ohtsuka K, Iwamoto F, Tsuchiya K, Negi M, Eishi Y, Watanabe M. Predictors of mucosal healing during induction therapy in patients with acute moderate-to-severe ulcerative colitis. Journal of gastroenterology and hepatology. 2019.06; 34 (6): 1004-1010. ( PubMed, DOI )

  40. Shintaro Akiyama, Katsuyoshi Matsuoka, Kyoko Fukuda, Shunsuke Hamada, Mikiko Shimizu, Kosaku Nanki, Shinta Mizuno, Hiroki Kiyohara, Mari Arai, Shinya Sugimoto, Yasushi Iwao, Haruhiko Ogata, Tadakazu Hisamatsu, Makoto Naganuma, Maiko Motobayashi, Kohei Suzuki, Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mayumi Mochizuki, Mamoru Watanabe, Masayuki Hashiguchi, Takanori Kanai. Long-term effect of NUDT15 R139C on hematologic indices in inflammatory bowel disease patients treated with thiopurine. J. Gastroenterol. Hepatol.. 2019.05; ( PubMed, DOI )

  41. Chikatoshi Katada, Takahiro Horimatsu, Manabu Muto, Kiyohito Tanaka, Koji Matsuda, Mitsuhiro Fujishiro, Yutaka Saito, Kazuo Ohtsuka, Ichiro Oda, Masayuki Kato, Mitsuhiro Kida, Kiyonori Kobayashi, Shu Hoteya, Shinya Kodashima, Takahisa Matsuda, Hironori Yamamoto, Shomei Ryozawa, Ryuichi Iwakiri, Hiromu Kutsumi, Hiroaki Miyata, Mototsugu Kato, Ken Haruma, Kazuma Fujimoto, Naomi Uemura, Michio Kaminishi, Hisao Tajiri. Current status of esophageal endoscopy including the evaluation of smoking and alcohol consumption in Japan: an analysis based on the Japan endoscopy database. Esophagus. 2019.04; 16 (2): 174-179. ( PubMed, DOI )

  42. Kaho Yamasaki, Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka. Laterally spreading tumor-like early cancer in ileum. Intern Med. 2019.03; 58 (6): 885-886. ( PubMed, DOI )

  43. Yasuharu Maeda, Shin-Ei Kudo, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Noriyuki Ogata, Seiko Sasanuma, Kunihiko Wakamura, Masahiro Oda, Kensaku Mori, Kazuo Ohtsuka. Fully automated diagnostic system with artificial intelligence using endocytoscopy to identify the presence of histologic inflammation associated with ulcerative colitis (with video). Gastrointest Endosc. 2019.02; 89 (2): 408-415. ( PubMed, DOI )

  44. Niikura R, Yamada A, Fujishiro M, Tanaka K, Matsuda K, Saito Y, Ohtsuka K, Oda I, Katada C, Kato M, Kida M, Kobayashi K, Hoteya S, Horimatsu T, Kodashima S, Matsuda T, Muto M, Yamamoto H, Ryozawa S, Iwakiri R, Kutsumi H, Miyata H, Kato M, Haruma K, Fujimoto K, Uemura N, Kaminishi M, Shinozaki T, Tajiri H, Koike K. The Effects of Direct Oral Anticoagulants, Warfarin, Aspirin and Thienopyridine on the Performance of Immunochemical, Faecal, Occult Blood Tests. Digestion. 2018.11; 1-10. ( PubMed, DOI )

  45. Ami Kawamoto, Sayaka Nagata, Sho Anzai, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Minami Hama, Daichi Nogawa, Kohei Yamamoto, Reiko Kuno, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Yui Hiraguri, Shiro Yui, Shigeru Ohshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Ohtsuka, Masanobu Kitagawa, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Ubiquitin D is up-regulated by synergy of Notch signalling and TNF-α in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients. J Crohns Colitis. 2018.11; ( PubMed, DOI )

  46. Kitazume Y, Fujioka T, Takenaka K, Oyama J, Ohtsuka K, Fujii T, Tateisi U. Crohn Disease: A 5-Point MR Enterocolonography Classification Using Enteroscopic Findings. AJR. American journal of roentgenology. 2018.11; 1-10. ( PubMed, DOI )

  47. Hosoe N, Ohtsuka K, Endo Y, Naganuma M, Ogata N, Kuroki Y, Sasanuma S, Takabayashi K, Kudo SE, Takahashi H, Ogata H, Kanai T. Insertability comparison of passive bending single-balloon prototype versus standard single-balloon enteroscopy: a multicenter randomized non-blinded trial. Endoscopy international open. 2018.10; 6 (10): E1184-E1189. ( PubMed, DOI )

  48. Suzuki K, Murano T, Shimizu H, Ito G, Nakata T, Fujii S, Ishibashi F, Kawamoto A, Anzai S, Kuno R, Kuwabara K, Takahashi J, Hama M, Nagata S, Hiraguri Y, Takenaka K, Yui S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Watanabe M, Okamoto R. Single cell analysis of Crohn's disease patient-derived small intestinal organoids reveals disease activity-dependent modification of stem cell properties. Journal of gastroenterology. 2018.09; 53 (9): 1035-1047. ( PubMed, DOI )

  49. Yuichi Mori, Shin-Ei Kudo, Masashi Misawa, Yutaka Saito, Hiroaki Ikematsu, Kinichi Hotta, Kazuo Ohtsuka, Fumihiko Urushibara, Shinichi Kataoka, Yushi Ogawa, Yasuharu Maeda, Kenichi Takeda, Hiroki Nakamura, Katsuro Ichimasa, Toyoki Kudo, Takemasa Hayashi, Kunihiko Wakamura, Fumio Ishida, Haruhiro Inoue, Hayato Itoh, Masahiro Oda, Kensaku Mori. Real-Time Use of Artificial Intelligence in Identification of Diminutive Polyps During Colonoscopy: A Prospective Study. Ann. Intern. Med. 2018.09; 169 (6): 357-366. ( PubMed, DOI )

  50. Fumihiko Iwamoto, Katsuyoshi Matsuoka, Maiko Motobayashi, Kento Takenaka, Toru Kuno, Keisuke Tanaka, Yuya Tsukui, Shoji Kobayashi, Takashi Yoshida, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Tatsuya Yamaguchi, Masakazu Nagahori, Tadashi Sato, Kazuo Ohtsuka, Nobuyuki Enomoto, Mamoru Watanabe. Prediction of disease activity of Crohn's disease through fecal calprotectin evaluated by balloon-assisted endoscopy. J. Gastroenterol. Hepatol.. 2018.06; ( PubMed, DOI )

  51. Sasanuma S, Ohtsuka K, Kudo SE, Ogata N, Maeda Y, Misawa M, Mori Y, Kudo T, Hisayuki T, Wakamura K, Hayashi T, Katagiri A, Miyachi H, Baba T, Ishida F. Narrow band imaging efficiency in evaluation of mucosal healing/relapse of ulcerative colitis. Endoscopy international open. 2018.05; 6 (5): E518-E523. ( PubMed, DOI )

  52. Yoshiki Wada, Masayoshi Fukuda, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe, Yumiko Fukuma, Yoko Wada, Masahiro Wada. Efficacy of Endocuff-assisted colonoscopy in the detection of colorectal polyps. Endosc Int Open. 2018.04; 6 (4): E425-E431. ( PubMed, DOI )

  53. Shintaro Akiyama, Masakazu Nagahori, Shinya Oooka, Mariko Negi, Takashi Ito, Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Small intestinal obstruction due to the metastasis of intrahepatic cholangiocarcinoma: A case report. Medicine (Baltimore). 2018.03; 97 (12): e0190. ( PubMed, DOI )

  54. Ogata N, Ohtsuka K, Sasanuma S, Ogawa M, Maeda Y, Ichimasa K, Mori Y, Misawa M, Kudo T, Hisayuki T, Hayashi T, Wakamura K, Miyachi H, Baba T, Ishida F, Kudo SE. White light-emitting contrast image capsule endoscopy for visualization of small intestine lesions: a pilot study. Endoscopy international open. 2018.03; 6 (3): E315-E321. ( PubMed, DOI )

  55. Kodashima S, Tanaka K, Matsuda K, Fujishiro M, Saito Y, Ohtsuka K, Oda I, Katada C, Kato M, Kida M, Kobayashi K, Hoteya S, Horimatsu T, Matsuda T, Muto M, Yamamoto H, Ryozawa S, Iwakiri R, Kutsumi H, Miyata H, Kato M, Haruma K, Fujimoto K, Uemura N, Kaminishi M, Tajiri H. First progress report on the Japan Endoscopy Database project. Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society. 2018.01; 30 (1): 20-28. ( PubMed, DOI )

  56. Matsuda K, Tanaka K, Fujishiro M, Saito Y, Ohtsuka K, Oda I, Katada C, Kato M, Kida M, Kobayashi K, Hoteya S, Horimatsu T, Kodashima S, Matsuda T, Muto M, Yamamoto H, Ryozawa S, Iwakiri R, Kutsumi H, Miyata H, Kato M, Haruma K, Fujimoto K, Uemura N, Kaminishi M, Tajiri H. Design paper: Japan Endoscopy Database (JED): A prospective, large database project related to gastroenterological endoscopy in Japan. Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society. 2018.01; 30 (1): 5-19. ( PubMed, DOI )

  57. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Maiko Kimura, Tomoyuki Fujioka, Mamoru Watanabe. Utility of Magnetic Resonance Enterography For Small Bowel Endoscopic Healing in Patients With Crohn's Disease.[Epub ahead of print] Am. J. Gastroenterol.. 2017.12; ( PubMed, DOI )

  58. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Katsuyoshi Matsuoka, Toshimitsu Fujii, Masakazu Nagahori, Maiko Kimura, Tomoyuki Fujioka, Akihiro Araki, Mamoru Watanabe. Magnetic resonance evaluation for small bowel strictures in Crohn's disease: comparison with balloon enteroscopy. J. Gastroenterol.. 2017.08; 52 (8): 879-888. ( PubMed, DOI )

  59. Takenaka Kento, Ohtsuka Kazuo, Kitazume Yoshio, Matsuoka Katsuyoshi, Fujii Toshimitsu, Nagahori Masakazu, Kimura Maiko, Fujioka Tomoyuki, Araki Akihiro, Watanabe Mamoru. クローン病における小腸狭窄の磁気共鳴評価 バルーン小腸内視鏡検査との比較(Magnetic resonance evaluation for small bowel strictures in Crohn's disease: comparison with balloon enteroscopy) Journal of Gastroenterology. 2017.08; 52 (8): 879-888. ( 医中誌 )

  60. Yamamoto H, Ogata H, Matsumoto T, Ohmiya N, Ohtsuka K, Watanabe K, Yano T, Matsui T, Higuchi K, Nakamura T, Fujimoto K. Clinical Practice Guideline for Enteroscopy. Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society. 2017.07; 29 (5): 519-546. ( PubMed, DOI )

  61. Yasuharu Maeda, Kudo Shinei, Mori Yuichi, Misawa Masashi, Wakamura Kunihiko, Hayashi Seiko, Ogata Noriyuki, Takeda Kenichi, Kudo Toyoki, Hayashi Takemasa, Katagiri Atsushi, Ishida Fumio, Ohtsuka Kazuo, Oda Masahiro, Mori Kensaku. Artificial Intelligence for Endocytoscopy Provides Fully Automated Diagnosis of Histological Remission in Ulcerativ E. Coli Tis GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY. 2017.05; 85 (5): AB248.

  62. Akiyama S, Fujii T, Matsuoka K, Yusuke E, Negi M, Takenaka K, Nagahori M, Ohtsuka K, Isobe M, Watanabe M. Endoscopic features and genetic background of inflammatory bowel disease complicated with Takayasu arteritis. Journal of gastroenterology and hepatology. 2017.05; 32 (5): 1011-1017. ( PubMed, DOI )

  63. Matsuoka K., Iwamoto F., Kimura M., Takenaka K., Fujii T., Nagahori M., Enomoto N., Ohtsuka K., Watanabe M.. Correlation of fecal calprotectin levels with endoscopic severity evaluated with balloon-assisted endoscopy in patients with Crohn's disease JOURNAL OF CROHNS & COLITIS. 2017.02; 11 S208.

  64. Nagata Sayaka, Fujii Satoru, Suzuki Kohei, Kawamoto Ami, Ishibashi Fumiaki, Nakata Toru, Anzai Sho, Kuno-Ishii Reiko, Ito Go, Shimizu Hiromichi, Tsuchiya Kiichiro, Nakamura Tetsuya, Ootsuka Kazuo, Okamoto Ryuichi, Watanabe Mamoru. PGE2 Is a Robust Mediator of Chloride and Water Secretion by Human Intestinal Epithelial Cells INFLAMMATORY BOWEL DISEASES. 2017.02; 23 S91-S92.

  65. Endo Y., Ohtsuka K., Yoshida A., Ueno F., Takenaka K., Watanabe M.. A novel small-caliber deep enteroscope can overcome technical difficulty of insertion in patients with Crohn's disease JOURNAL OF CROHNS & COLITIS. 2017.02; 11 S164-S165.

  66. Toshiaki Watanabe, Yoichi Ajioka, Keiichi Mitsuyama, Kenji Watanabe, Hiroyuki Hanai, Hiroshi Nakase, Reiko Kunisaki, Keiji Matsuda, Ryuichi Iwakiri, Nobuyuki Hida, Shinji Tanaka, Yoshiaki Takeuchi, Kazuo Ohtsuka, Kazunari Murakami, Kiyonori Kobayashi, Yasushi Iwao, Masakazu Nagahori, Bunei Iizuka, Keisuke Hata, Masahiro Igarashi, Ichiro Hirata, Shin-Ei Kudo, Takayuki Matsumoto, Fumiaki Ueno, Gen Watanabe, Masahiro Ikegami, Yoko Ito, Koji Oba, Eisuke Inoue, Naoki Tomotsugu, Toru Takebayashi, Kenichi Sugihara, Yasuo Suzuki, Mamoru Watanabe, Toshifumi Hibi. Comparison of Targeted vs Random Biopsies for Surveillance of Ulcerative Colitis-Associated Colorectal Cancer. Gastroenterology. 2016.12; 151 (6): 1122-1130. ( PubMed, DOI )

  67. Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Toru Nakata, Tatsuro Murano, Go Ito, Hiromichi Shimizu, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Akihiro Araki, Kazuo Ohtsuka, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. PGE2 is a direct and robust mediator of anion/fluid secretion by human intestinal epithelial cells. Sci Rep. 2016.11; 6 36795. ( PubMed, DOI )

  68. Naoki Hosoe, Kenji Watanabe, Takako Miyazaki, Masaaki Shimatani, Takahiro Wakamatsu, Kazuichi Okazaki, Motohiro Esaki, Takayuki Matsumoto, Takayuki Abe, Takanori Kanai, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe, Keiichi Ikeda, Hisao Tajiri, Naoki Ohmiya, Masanao Nakamura, Hidemi Goto, Tomoyuki Tsujikawa, Haruhiko Ogata. Evaluation of performance of the Omni mode for detecting video capsule endoscopy images: A multicenter randomized controlled trial. Endosc Int Open. 2016.08; 4 (8): E878-E882. ( PubMed, DOI )

  69. Ryohei Hayashi, Kiichiro Tsuchiya, Keita Fukushima, Nobukatsu Horita, Shuji Hibiya, Keisuke Kitagaki, Mariko Negi, Eisaku Itoh, Takumi Akashi, Yoshinobu Eishi, Eriko Okada, Akihiro Araki, Kazuo Ohtsuka, Shinji Fukuda, Hiroshi Ohno, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Shinji Tanaka, Kazuaki Chayama, Mamoru Watanabe. Reduced Human α-defensin 6 in Noninflamed Jejunal Tissue of Patients with Crohn's Disease. Inflamm. Bowel Dis.. 2016.05; 22 (5): 1119-1128. ( PubMed, DOI )

  70. Kazuo Ohtsuka, Kento Takenaka, Yoshio Kitazume, Toshimitsu Fujii, Katsuyoshi Matsuoka, Maiko Kimura, Takashi Nagaishi, Mamoru Watanabe. Magnetic resonance enterography for the evaluation of the deep small intestine in Crohn's disease. Intest Res. 2016.04; 14 (2): 120-126. ( PubMed, DOI )

  71. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Tomoyuki Fujioka, Katsuyoshi Matsuoka, Makoto Naganuma, Mamoru Watanabe. Correlation of the Endoscopic and Magnetic Resonance Scoring Systems in the Deep Small Intestine in Crohn's Disease. Inflamm. Bowel Dis.. 2015.05; ( PubMed, DOI )

  72. Yasuharu Maeda, Kazuo Ohtsuka, Shin-ei Kudo, Kunihiko Wakamura, Yuichi Mori, Noriyuki Ogata, Yoshiki Wada, Masashi Misawa, Akihiro Yamauchi, Seiko Hayashi, Toyoki Kudo, Takemasa Hayashi, Hideyuki Miyachi, Fuyuhiko Yamamura, Fumio Ishida, Haruhiro Inoue, Shigeharu Hamatani. Endocytoscopic narrow-band imaging efficiency for evaluation of inflammatory activity in ulcerative colitis. World J. Gastroenterol.. 2015.02; 21 (7): 2108-2115. ( PubMed, DOI )

  73. Ulrike W Denzer, Thomas Rösch, Bilal Hoytat, Mohammed Abdel-Hamid, Xavier Hebuterne, Geoffroy Vanbiervielt, Jérôme Filippi, Haruiko Ogata, Naoki Hosoe, Kazuo Ohtsuka, Noriyuki Ogata, Keiichi Ikeda, Hiroyuki Aihara, Shin-Ei Kudo, Hisao Tajiri, Andras Treszl, Karl Wegscheider, Michel Greff, Jean-Francois Rey. Magnetically guided capsule versus conventional gastroscopy for upper abdominal complaints: a prospective blinded study. J. Clin. Gastroenterol.. 2015.02; 49 (2): 101-107. ( PubMed, DOI )

  74. Xuan Li, Yun-Jia Zhao, Jun Dai, Xiao-Bo Li, Han-Bin Xue, Yao Zhang, Guang-Su Xiong, Kazuo Ohtsuka, Yun-Jie Gao, Qiang Liu, Yan Song, Jing-Yuan Fang, Zhi-Zheng Ge. Carbon dioxide insufflation improves the intubation depth and total enteroscopy rate in single-balloon enteroscopy: a randomised, controlled, double-blind trial. Gut. 2014.10; 63 (10): 1560-1565. ( PubMed, DOI )

  75. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Makoto Naganuma, Akihiro Araki, Mamoru Watanabe. Comparison of magnetic resonance and balloon enteroscopic examination of the small intestine in patients with Crohn's disease. Gastroenterology. 2014.08; 147 (2): 334-342.e3. ( PubMed )

  76. Toshimitsu Fujii, Makoto Naganuma, Yoshio Kitazume, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Advancing magnetic resonance imaging in Crohn's disease. Digestion. 2014.01; 89 (1): 24-30. ( PubMed, DOI )

  77. Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Efficacy of salvage therapy and its effect on operative outcomes in patients with ulcerative colitis. Digestion. 2014.01; 89 (1): 55-60. ( PubMed, DOI )

  78. Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Biologics treatment for ulcerative colitis. Nihon Shokakibyo Gakkai Zasshi. 2013.11; 110 (11): 1909-1915. ( PubMed )

  79. 山本 博徳, 矢野 智則, 荒木 昭博, 江崎 幹宏, 大塚 和朗, 大宮 直木, 岡 志郎, 仲瀬 裕志, 馬場 重樹, 平井 郁仁, 細江 直樹, 松田 知己, 三井 啓吾, 渡辺 憲治, 緒方 晴彦, 勝木 伸一, 松本 主之, 藤城 光弘, 藤本 一眞, 井上 晴洋, 久松 理一. クローン病小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術ガイドライン(小腸内視鏡診療ガイドライン追補) Gastroenterological Endoscopy. 2021.10; 63 (10): 2253-2275.

  80. 大塚 和朗, 竹中 健人, 日比谷 秀爾, 河本 亜美, 斎藤 詠子, 藤井 俊光, 長堀 正和, 清水 寛路, 岡本 隆一. 【最新の内視鏡を使いこなす】最新のスコープを使いこなす 小腸内視鏡 小腸内視鏡 オリンパス社内視鏡 消化器内視鏡. 2021.08; 33 (8): 1283-1287. ( 医中誌 )

  81. 大塚 和朗, 竹中 健人, 日比谷 秀爾, 河本 亜美, 齊藤 詠子, 藤井 俊光, 長堀 正和, 岡本 隆一. 【エキスパートに学ぶ、安全で楽な外来内視鏡】外来内視鏡診療への展開 外来における小腸のバルーン内視鏡検査 消化器内視鏡. 2021.06; 33 (6): 1041-1046. ( 医中誌 )

  82. Spiral内視鏡 胃と腸. 2021.05; 56 (5): 694-695.

  83. 大塚 和朗, 北詰 良雄, 竹中 健人. 炎症性腸疾患のモニタリング バルーン内視鏡とMRE 日本消化器病学会雑誌. 2021.03; 118 (3): 212-220.

  84. 大塚 和朗, 竹中 健人, 日比谷 秀爾. シングルバルーン内視鏡のコツ 消化器内視鏡. 2021.02; 33 (2): 374-375.

  85. 竹中健人、北詰良雄、大塚和朗、藤井俊光、渡辺 守、岡本隆一. MR enterographyの実際と有用性 臨床消化器内科. 2021.01; 36 (2): 208-214.

  86. Ohtsuka K, Kitazume Y, Takenaka K. [Monitoring of disease activity in inflammatory bowel disease -balloon assisted endoscopy and MR enterography]. Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology. 2021; 118 (3): 212-220. ( PubMed, DOI )

  87. 竹中健人、大塚和朗、大島志織、渡辺 守. 人工知能(AI)により潰瘍性大腸炎の内視鏡画像評価が可能に 消化器病サイエンス. 2020.12; 4 (4): 228-230.

  88. 竹中健人、大塚和朗、大島志織、渡辺 守. 人工知能(AI)による潰瘍性大腸炎の内視鏡画像評価の開発 腸INTESTINE. 2020.11; 24 (4): 363-365.

  89. 大塚和朗、竹中健人、齊藤詠子、日比谷秀爾、河本亜美、藤井俊光、長堀正和、小形典之、渡辺 守. 【クローン病小腸狭窄病変に対する内視鏡的バルーン拡張術-基本からピットフォールまで】クローン病小腸狭窄病変に対するバルーン拡張術 クローン病におけるバルーン拡張術のコツ b.シングルバルーン内視鏡の立場から Intestine. 2020.08; 24 (3): 203-207.

  90. 和田祥城、福田将義、大塚和朗. 【大腸腫瘍に対する拡大内視鏡診断】Pit patternとは? 消化器内科. 2020.08; 2 (8): 6-14.

  91. 大塚和朗. 【今押さえておくべき小腸疾患】小腸疾患の診断法(解説/特集) Medical Science Digest. 2020.07; 46 (7): 378-381.

  92. 竹中健人、大塚和朗. 症例から学ぶIBD鑑別診断のコツ「小腸悪性リンパ腫」 IBD Reasearch. 2020.06; 14 (2): 57-60.

  93. 大塚和朗. 【知っておきたい新たな処置具-特徴とその開発意図】スパイラル内視鏡 消化器内視鏡. 2020.06; 32 (6): 859-861.

  94. 大塚和朗、竹中健人、藤井俊光、齊藤詠子、本林麻衣子、清水寛路、日比谷秀爾、長堀正和、土屋輝一郎、渡辺 守. 重症度評価と粘膜治癒の意義 消化器内視鏡. 2020.02; 32 (2): 256-261.

  95. 竹中健人、北詰良雄、大塚和朗. 基本の基本 診断編 MREによるクローン病評価 IBDクリニカルカンファレンス. 2020.02; 2 (1): 17-19.

  96. 小形典之、工藤進英、大塚和朗、笹沼靖子、前田康晴、森 悠一、三澤将史、工藤豊樹、久行友和、林 武雅、若村邦彦、宮地英行、馬場俊之、石田文生. 【潰瘍性大腸炎関連腫瘍-診断・治療の現状と課題】超拡大内視鏡による潰瘍性大腸炎関連腫瘍診断の現状と課題 胃と腸. 2020.02; 55 (2): 150-157.

  97. 竹中健人、大塚和朗. MRIを用いた小腸疾患の診断 診断と治療. 2020.01; 108 (1): 55-60.

  98. 竹中健人、北詰良雄、大塚和朗. シリーズ基本の基本、診断編:MREによるクローン病評価 IBDクリニカルカンファレンス. 2020.01; 2 (1): 17-19.

  99. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、藤井俊光、渡辺守. クローン病におけるCross-Sectional Imaging IBD research. 2019.03; 13 (1): 32-37.

  100. 和田祥城、福田将義、大塚和朗、和田雅杳、伊藤 崇. 【症例から学ぶ 統一IEE分類】 大腸編 早期大腸癌0-IIa[LST-G(nodular mixed type)]高分化型腺癌JNET Type 2AまたはType 2B 消化器内視鏡. 2018.12; 30 (12): 1780-1781. ( 医中誌 )

  101. 大塚和朗、福田将義、竹中健人、鈴木康平、長堀正和、藤井俊光、齊藤詠子、小林正典、渡辺 守. 【大腸内視鏡の話題-機器と挿入法】 挿入補助具 バルーン内視鏡 a.シングルバルーン Intestine. 2018.11; 22 (6): 567-569. ( 医中誌 )

  102. 大塚和朗. がん検診最新の動向と課題〜これからのがん検診のあり方を考える!〜 大腸癌検診におけるカプセル内視鏡の可能性 人間ドック. 2018.08; 33 (2): 237. ( 医中誌 )

  103. 小形典之、工藤進英、前田康晴、森 悠一、三澤将史、大塚和朗、笹沼靖子. 【炎症性腸疾患の粘膜治癒を考える】 潰瘍性大腸炎の画像診断modality d.超拡大内視鏡 Intestine. 2018.07; 22 (4): 336-341. ( 医中誌 )

  104. 大塚和朗、竹中健人、藤井俊光、松岡克善、長堀正和、齊藤詠子、鈴木康平、北詰良雄、渡辺 守. 【小腸出血性疾患の診断と治療-最近の進歩】 出血を主徴とする小腸非腫瘍性病変の診断と治療 出血を主な臨床像とするCrohn病 胃と腸. 2018.05; 53 (6): 823-828. ( 医中誌 )

  105. 大塚和朗、竹中健人、渡辺 守. 【炎症性腸疾患(第2版)-病因解明と診断・治療の最新知見-】 炎症性腸疾患の検査・診断 炎症性腸疾患の画像診断 小腸内視鏡検査 バルーン小腸内視鏡検査 日本臨床. 2018.04; 76 (増刊3 炎症性腸疾患): 209-214. ( 医中誌 )

  106. 大塚和朗、福田将義、竹中健人、鈴木康平、齊藤詠子、松岡克善、藤井俊光、長堀正和、岡田英里子、渡辺 守. 【大腸内視鏡挿入法を極める-機器の進化と手技の進歩】 偶発症の予防と対策 消化器内視鏡. 2018.03; 30 (3): 396-402. ( 医中誌 )

  107. 大塚和朗、竹中健人、渡辺 守. 【炎症性腸疾患診療の最前線】 炎症性腸疾患の診断と活動性評価における内視鏡・画像診断の進歩 日本消化器病学会雑誌. 2018.03; 115 (3): 254-261. ( 医中誌 )

  108. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、勝倉暢洋、福田将義、藤井俊光、齊藤詠子、本林麻衣子、松岡克善、長堀正和、北詰良雄、藤岡友之、渡辺 守. 【IBDの内視鏡的粘膜治癒-評価法と臨床的意義】 Crohn病の内視鏡的重症度評価 小腸病変の評価法 内視鏡とほかのモダリティの比較 胃と腸. 2018.02; 53 (2): 203-210. ( 医中誌 )

  109. 工藤進英、小形典之、大塚和朗、若村邦彦、笹沼靖子、森 悠一、三澤将史、工藤豊樹、林 武雅、石田文生. 【IBD関連大腸腫瘍の診断・治療update】 超拡大内視鏡による潰瘍性大腸炎関連大腸腫瘍の診断 Intestine. 2018.01; 22 (1): 33-39. ( 医中誌 )

  110. 大塚和朗、福田将義、和田祥城、松岡克善、長堀正和、藤井俊光、竹中健人、齊藤詠子、本林麻衣子、渡辺 守. 手技の解説 潰瘍性大腸炎関連腫瘍の拾い上げ Gastroenterological Endoscopy. 2018.01; 60 (1): 57-63. ( 医中誌 )

  111. 和田 祥城, 工藤 進英, 三澤 将史, 福田 将義, 大塚 和朗, 渡辺 守, 和田 陽子, 和田 雅杳. 【ここまでできるIEE】 [統一分類の紹介 大腸] The Japan NBI Expert Team(JNET)大腸拡大narrow band imaging(NBI)分類の紹介 消化器内視鏡. 2017.12; 29 (12): 2109-2113. ( 医中誌 )

  112. 大塚 和朗, 竹中 健人, 福田 将義, 根木 真理子, 渡辺 守. 【内視鏡データリファレンスブック2017】 十二指腸・小腸 小腸腫瘍 消化器内視鏡. 2017.08; 29 (8): 1454-1457. ( 医中誌 )

  113. 大塚和朗、荒木昭博、竹中健人、藤井俊光、渡辺 守. 【消化器内視鏡の基礎知識と基本テクニック】 小腸 小腸検査法の適応と使い分け 消化器内視鏡. 2017.03; 29 (3): 478-480. ( 医中誌 )

  114. 大塚和朗、鈴木康平、渡辺 守. 【腸炎まるわかり】 鑑別を間違えてはならない腸炎 消化器内視鏡. 2017.01; 29 (1): 158-161. ( 医中誌 )

  115. 大塚和朗、竹中健人、福田将義、木村麻衣子、勝倉暢洋、荒木昭博、岡田英理子、永石宇司、渡辺 守. 【小腸出血-診断・治療の最前線-】 シングルバルーン内視鏡を用いた小腸出血の診断と治療 消化器・肝臓内科. 2017.01; 1 (1): 14-20. ( 医中誌 )

  116. 小田島 慎也, 田中 聖人, 松田 浩二, 藤城 光弘, 斎藤 豊, 大塚 和朗, 小田 一郎, 堅田 親利, 加藤 正之, 木田 光広, 小林 清典, 布袋屋 修, 堀松 高博, 松田 尚久, 武藤 学, 山本 博徳, 良沢 昭銘, 岩切 龍一, 久津見 弘, 宮田 裕章, 加藤 元嗣, 春間 賢, 藤本 一眞, 上村 直実, 上西 紀夫, 田尻 久雄, MSED-J(Minimal Standard Endoscopic Database)作成小委員会. Japan Endoscopy Database(JED)Project 第一期トライアル実施報告書 Gastroenterological Endoscopy. 2017.01; 59 (1): 91-101. ( 医中誌 )

  117. 北詰良雄, 竹中健人, 藤井俊光, 中江康太, 浜中隆宏, 大塚和朗, 渡辺 守, 立石宇貴秀. クローン病に対するMR enterocolonography 実践のポイント 映像情報Medical. 2016.12; 48 (14): 77-82. ( 医中誌 )

  118. 大塚和朗, 藤井俊光, 竹中健人, 松岡克善, 長堀正和, 木村麻衣子, 冨井翔平, 渡辺 守. 【診断に迷うIBDの非典型例】 非典型像を呈したクローン病 Intestine. 2016.11; 20 (6): 559-564. ( 医中誌 )

  119. 北詰 良雄, 竹中 健人, 大塚 和朗, 藤井 俊光, 松岡 克善, 木村 麻衣子, 長堀 正和, 立石 宇貴秀. 【非腫瘍性消化管疾患の画像診断-beyond barium study and endoscopy-】 MR enterography 画像診断. 2016.08; 36 (10): 1028-1037. ( 医中誌 )

  120. 大塚和朗、竹中健人、北詰良雄、藤井俊光、松岡克善、長堀正和、木村麻衣子、岩本史光、齊藤詠子、渡辺 守. 【新しい小腸・大腸画像診断-現状と将来展望】 MR entero-colonographyの有用性 胃と腸. 2016.06; 51 (7): 899-908. ( 医中誌 )

  121. 大塚和朗. 【IBD注目のKey論文】IBD患者のトラフ濃度にもとづくインフリキシマブ用量調節 Vande Casteele N et al: Gastroenterology 148: 1320 1329, 2015 IBD Research. 2016.03; 10 (1): 64.

  122. 大塚和朗. クローン病における小腸内視鏡検査の役割 【内視鏡は狭窄性病変検出に不可欠で,拡張術による治療も可能】 医事新報. 2016.02; (4789): 54.

  123. 大塚和朗、渡辺 守. 【『早期大腸癌』からの20年、『INTESTINE』からの今後20年】 [炎症分野]潰瘍性大腸炎診療の将来像 Intestine. 2016.01; 20 (1): 81-85. ( 医中誌 )

  124. 山本 博徳, 緒方 晴彦, 松本 主之, 大宮 直木, 大塚 和朗, 渡辺 憲治, 矢野 智則, 松井 敏幸, 樋口 和秀, 中村 哲也, 藤本 一眞, 日本消化器内視鏡学会, 日本消化器病学会, 日本消化管学会, 日本カプセル内視鏡学会, 日本消化器内視鏡学会ガイドライン委員会. 小腸内視鏡診療ガイドライン Gastroenterological Endoscopy. 2015.12; 57 (12): 2685-2720. ( 医中誌 )

  125. 木村麻衣子、矢部早希子、大塚和朗、木脇祐子、伊藤 崇、渡辺 守. 【特集 大腸LST(側方発育型腫瘍)の新展開】連載:内視鏡の読み方 腸管MALTリンパ腫に消化管AA型アミロイドーシスを合併した1例 臨床消化器内科. 2015.08; 30 (9): 1232-1237.

  126. 大塚 和朗、竹中健人、長堀正和、松岡克善、藤井俊光、齊藤詠子、渡辺 守. 【特集 下部消化管:炎症からの発癌】炎症発癌の診断(4)小腸のサーベイランス INTESTINE. 2015.08; 19 (4): 381-384.

  127. 大塚 和朗, 竹中 健人, 渡辺 守. 【生物学的製剤が拓くIBD診療の新時代】 TNF抗体治療後の粘膜治癒の評価方法 Mebio. 2015.08; 32 (8): 54-63. ( 医中誌 )

  128. 大塚和朗、竹中健人、渡辺 守. 【特集 生物学的製剤が拓くIBD診療の新時代】抗TNFα抗体治療後の粘膜治癒の評価方法 Mebio Graphic Medical Magazine. 2015.07; 32 (8): 54-63.

  129. 大塚 和朗, 竹中 健人, 長堀 正和, 松岡 克善, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 渡辺 守. 【下部消化管:炎症からの発癌】 炎症発癌の診断 小腸のサーベイランス Intestine. 2015.07; 19 (4): 381-384. ( 医中誌 )

  130. 大塚和朗、竹中健人、松沢 優、 前田康晴、小形典之、林 靖子、土屋 輝一郎、和田祥城、福田将義、長堀正和、齊藤詠子、藤井俊光、松岡克善、工藤進英、渡辺 守. 【診断困難な炎症性腸疾患】 潰瘍性大腸炎・Crohn病の副病変 胃と腸. 2015.06; 50 (7): 907-915. ( 医中誌 )

  131. 竹中健人,大塚和朗,北詰良雄,藤井俊光,渡辺 守. クローン病の小腸病変に対するMR所見とバルーン内視鏡所見の比較 INTESRINE. 2015.05; 19 (3): 312-314.

  132. 大塚 和朗、渡辺 守. 【最新臨床大腸癌学-基礎研究から臨床応用へ-】 新しいディバイスを取り入れた大腸癌診断 早期発見をめざして 大腸癌診断における大腸カプセル内視鏡検査の位置づけ 現状と展望 日本臨床. 2015.04; 73 (増刊4 最新臨床大腸癌学): 684-687. ( 医中誌 )

  133. 大塚 和朗, 渡辺 守. Digestシリーズ 小腸内視鏡開発の歴史(Vol.3) シングルバルーン小腸内視鏡の有用性 Medical Science Digest. 2015.03; 41 (3): 96-98. ( 医中誌 )

  134. 竹中健人, 大塚和朗, 北詰良雄, 藤井俊光, 齊藤詠子, 長堀正和, 松岡克善, 藤岡友之, 渡辺 守. 診断講座 症例から学ぶIBD鑑別診断のコツ 新規モダリティによる画像診断のポイントシリーズ(その1) MREを用いたIBDの診断のポイント IBD Research. 2015.03; 9 (1): 66-73. ( 医中誌 )

  135. 大塚 和朗, 渡辺 守. 消化管 MR enterography vs 小腸バルーン内視鏡 クローン病画像診断の進歩 Annual Review消化器. 2015.01; 2015 44-50. ( 医中誌 )

  136. 和田祥城, 大塚和朗, 荒木昭博, 福田将義, 松沢 優, 竹中健人, 工藤進英, 渡辺 守. 内視鏡の読み方 NBIにてsparse patternを呈した大腸T1b癌の1例 臨床消化器内科. 2015.01; 30 (2): 269-274. ( 医中誌 )

  137. 大塚 和朗, 荒木 昭博, 和田 祥城, 渡辺 守. 内視鏡の読み方 胃と小腸にangioectasiaが認められた1例 臨床消化器内科. 2014.12; 30 (1): 115-119. ( 医中誌 )

  138. 和田 祥城, 大塚 和朗, 渡辺 守. 【大腸疾患アトラス】 限局性病変・単発病変 隆起性病変 上皮の変化を伴うもの 0-I型腫瘍(Ip、Isp、Is) 消化器内視鏡. 2014.12; 26 (12): 1978-1979. ( 医中誌 )

  139. 大塚和朗, 渡辺 守. 【消化器診療-30年と今後の展望】 大腸領域の変遷と展望 炎症 臨床消化器内科. 2014.12; 30 (1): 43-49. ( 医中誌 )

  140. 長堀正和、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守. 【潰瘍性大腸炎診療のトピックス】 潰瘍性大腸炎に対する生物学的製剤による治療 日本消化器病学会雑誌. 2013.11; 110 (11): 1909-1915. ( 医中誌 )

  141. 大塚和朗、藤井俊光、齊藤詠子、長堀正和、渡辺 守. 【Colitic cancerにどう立ち向かうか】 Dysplasiaをどう取り扱うか 消化器の臨床. 2013.06; 16 (3): 271-275. ( 医中誌 )

  142. 藤井 俊光, 北詰 良雄, 長沼 誠, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 大塚 和朗、渡辺 守. 【小腸疾患の臨床-最近の進歩】 クローン病に対するMREC(MR enterocolonography)の有用性 臨床消化器内科. 2013.05; 28 (7): 1069-1075. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Kazuo Ohtsuka. Difficulty in Diagnosing Inflammatory Bowel Disease: A Case Study. Springer, 2018.11 Part Ⅱ Endoscopic Diagnosis of IBD

  2. 大塚和朗、竹中健人、福田将義. 【消化管症候群(第3版)-その他の消化管疾患を含めて-】空腸、回腸、盲腸、結腸、直腸(下) 腫瘍 小腸腫瘍 転移性小腸腫瘍 日本臨床別冊消化管症候群IV. 日本臨床社, 2020.05

  3. 和田祥城、福田将義、大塚和朗、伊藤 崇. 【消化管症候群 (第3版)-その他の消化管疾患を含めて-】空腸、回腸、盲腸、結腸、直腸(下) 腫瘍 大腸腫瘍 悪性腫瘍 AFP産生大腸癌 日本臨床別冊消化管症候群 IV. 日本臨床社, 2020.05

  4. 大塚和朗. 消化器研修ノート 改訂第2版. 診断と治療社, 2016.05 【B:内視鏡検査】3.小腸・バルーン内視鏡

  5. 林 靖子、大塚和朗、工藤進英. 【炎症性腸疾患Imaging Atlas-診断の極意と鑑別のポイント】3章 潰瘍性大腸炎のImaging Atlas:[コラム]潰瘍性大腸炎の超拡大内視鏡観察. 日本メディカルセンター, 2016.05 3章 潰瘍性大腸炎のImaging Atlas [コラム]潰瘍性大腸炎の超拡大内視鏡観察

  6. 大塚和朗、竹中健人、渡辺 守. 【実臨床に役立つIBD内視鏡ー診断・モニタリング・サーベイランス】第5章 内視鏡によるIBDモニタリング <各論>小腸病変のモニタリングー内視鏡か造影かCTE/MREか?. 臨床医学出版, 2015.10 第5章 内視鏡によるIBDモニタリング【各論】小腸病変のモニタリングー内視鏡か造影かCTE/MREか?

  7. 和田祥城, 大塚和朗, 渡辺 守. 大腸腫瘍診断 改訂版〜豊富な写真で上がる診断力、Case Studyで磨く実践力 (症例で身につける消化器内視鏡シリーズ) . 羊土社, 2014.10 治療法の選択 Case⑥. (ISBN : 978-4758110532)

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Shuji Hibiya, Kazuo Ohtsuka, Ryuichi Okamoto. Association between mucosal healing and surgery risk after endoscopic balloon dilatation for small intestinal stricture of Crohn's disease. JDDW2021 2021.11.06 神戸コンベンションセンター(兵庫)

  2. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Ryuichi Okamoto. Balloon assisted enteroscopy and Magnetic resonance enterograpy for Small bowel Crohn’s disease. JDDW2021 2021.11.06

  3. 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守、岡本隆一 . 【誌面発表】COVID-19蔓延下におけるスマートデバイスを用いたIBD病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和3年度 第1回総会 2021.07.15 Web開催

  4. Takashi Nagaishi, Daiki Yamada, Naoya Tsugawa, Taro Watabe, Eiko Saito, Masayoshi Fukuda, Ayako Arai, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. A case of villous atrophy with CCR4+ T cell infiltration in the small intestine.. UEGW2020 2020.10.10 Web開催

  5. Toshimitsu Fujii, Shuji Hibiya, Chiaki Maeyashiki, Eiko Saito, Kento Takenaka, Maiko Motobayashi, Hiromichi Shimizu, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Masayuki Kurosaki, Tsunehito Yauchi, Mamoru Watanabe. Intolerance to 5-aminosalicylate is a risk of poor prognosis in Ulcerative colitis patients.. ECCO2020 2020.02.14 Vienna(Austria)

  6. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Small bowel endoscopic healing of Crohn’s disease treated with anti-TNF antibodies. JDDW2019 2019.11.21

  7. Eiko Saito, Kohei Suzuki, Shuuji Hibiya, Maiko Motobayashi, Kento Takenaka, Nobukatsu Horita, Hiromichi Shimizu, Michio Onizawa, Toshimitsu Fujii, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. The clinical efficacy of ustekinumab (UST) in patients with Crohn’s disease (CD). AOCC2019 2019.06.15 台北

  8. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Toshimitsu Fujii, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Maiko Motobayashi, Shuji Hibiya, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Mamoru Watanabe. Small bowel endoscopic healing of Crohn’s disease treated with anti-TNF antibodies. The 7th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's and Colitis (AOCC 2019) 2019.06.15 台北

  9. Kawamoto A, Nagata S, Anzai S, Takahashi J, Kawai M, Hama M, Nogawa D, Yamamoto K, Kuno R, Suzuki K, Shimizu H, Hiraguri Y, Yui S, Oshima S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Kitagawa M, Okamoto R, Watanabe M. Synergy of Notch signalling and TNF-α in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients leads to up-regulation of UBD, a ubiquitin-like protein. ECCO2019 2019.03.08 Copenhagen(Denmark)

  10. Suzuki K, Shimizu H, Kawai M, Takahashi J, Anzai S, Kawamoto A, Nagata S, Hiraguri Y, Yui S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Okamoto R, Watanabe M . UC-related and segment-specific properties of patientderived colonic organoids. ECCO2019 2019.03.07 Copenhagen(Denmark)

  11. 齊藤詠子、秋山慎太郎、鈴木康平、本林麻衣子、竹中健人、清水寛路、鬼澤道夫、藤井俊光、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. クローン病における抗TNF-α抗体二次無効時のウステキヌマブの治療成績について. 第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2018.11.22 メルパルク京都(京都府京都市)

  12. Kazuo Ohtsuka . State of the art for single balloon enteroscopy; Secrets of troubleshooting during insertion and therapeutic management. The6th GSTEC2018 2018.10.13 Seoul (Korea)

  13. Suzuki K, Takahashi J, Hiraguri Y, Yui S, Shimizu H, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Okamoto R, Watanabe M. . Crohn’s disease patient-derived small intestinal organoids reveal diseasestatus related modification of stem cell properties.. 5th TERMIS World Congress 2018 2018.09.07 Kyoto(JAPAN)

  14. Takenaka K, Ohtsuka K, Fujii T, Nagahori M, Saito E, Motobayashi M, Suzuki K, Watanabe M. Small bowel mucosal healing of Crohn’s disease treated with anti-TNF antibodies. FALKシンポジウム 2018.09.07 京都ホテルオークラ(京都府京都市)

  15. Suzuki K, Murano T, Hiraguri Y, Takahashi J, Shimizu H,Anzai S, Kuwabara K, Kawamoto A, Ishibashi F, Yui S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Watanabe M, Okamoto R... Crohn’s disease patient-derived small intestinal organoids reveal disease-status related modification of stem cell properties.. 5th TERMIS World Congress 2018 2018.09.06 Kyoto(JAPAN)

  16. Kazuo Ohtsuka. Immunologocal Implication in the Development of IBD Medications. TASSID 3rd Academic Meeting of 2018 2018.09.01 Taipei(Taiwan)

  17. Saito E, Suzuki K, Shimizu H, Motobayashi M, Takenaka K, Onizawa M, Fujii T, Nagahori M, Ohtsuka K, Watanabe M. The clinical efficacy of switching cases between Infliximab(IFX) andAdalimumab(ADA) in patients with ulcerative colitis. AOCC2018 2018.06.22 Shanghai

  18. Suzuki K, Kuwabara K, Takahashi J, Anzai S, Kuno R, Kawamoto A, Ishibashi F, Nagata S, Hiraguri Y, Yui S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Okamoto R, Watanabe M.. Single-cell level analysis of organoids derived from CD patients reveals disease-status related modifications of small intestinal stem cells. DDW2018 2018.06.04 Washington D.C (USA)

  19. Ohtsuka K, Takenaka K, Suzuki K, Fujii T, Nagahori M, Matsuoka K, Saito E, Katsukura N, Fukuda M, Araki A, Watanabe M. Usefulness of single-balloon enteroscopy: from a single center 990 experiences. DDW2018 2018.06.03 Washington D.C (USA)

  20. Ohtsuka K. Live demonstrations. (Single-balloon Endoscopy). Endoscopy 2018 2018.04.08 Kuala Lumpur(Malaysia)

  21. Ohtsuka K. Live demonstrations. (Single-balloon Endoscopy). Endoscopy 2018 2018.04.07 Kuala Lumpur(Malaysia)

  22. Ohtsuka K. Balloon-assisted Endoscopy. Tips and Trick. Endoscopy 2018 2018.04.07 Kuala Lumpur(Malaysia)

  23. Ohtsuka K. Tips of Enteroscopy -Single Balloon Endoscopy-. Taiwan Association for the Study of Small Intestinal Diseases (TASSID) Annual Meeting 2018 2018.03.25 Taipei(Taiwan)

  24. Ohtsuka K. Small Bowel Bleeding-Japan experience. Taiwan Association for the Study of Small Intestinal Diseases (TASSID) Annual Meeting 2018 2018.03.24 Taipei(Taiwan)

  25. T. Fujii Y. Kitazume K. Takenaka M. Kimura E. Saito K. Matsuoka M. Nagahori K. Ohtsuka M. Watanabe. Simplified MR enterocolonography Classification Based on Endoscopic Findings for Activity Assessment of Crohn’s Disease. UEGW2017 (欧州消化器病学会週間2017) 2017.11.01 Barcelona(Spain)

  26. Takenaka K, Ohtsuka K, Kitazume Y, Fujii T, Matsuoka K, Kimura M, Nagahori M, Watanabe M. Utility of Magnetic Resonance Evaluation for Small Bowel Endoscopic Healing in Patients with Crohn’s Disease. UEGW2017 (欧州消化器病学会週間2017) 2017.10.30 Barcelona(Spain)

  27. Takenaka K, Ohtsuka K, Kitazume Y, Matsuoka K, Fujii T, Nagahori M, Kimura M, Watanabe M.. Magnetic resonance enterography for small bowel mucosal healing in patients with Crohn’s disease.. APDW2017 2017.09.23 Hong Kong Convention and Exhibition Centre(香港)

  28. Motobayashi M, Matsuoka K, Iwamoto F, Takenaka K, Fujii T, Nagahori M, Enomoto N, Ohtsuka K, Watanabe M. Correlation of Fecal Calprotectin Levels with Endoscopic Severity Evaluated with Balloon-assisted Endoscopy in Patients with Crohn’s Disease. . AOCC2017 2017.06.17 Seoul, Korea

  29. Fujii T, Kitazume Y, Takenaka K, Kimura M, Matsuoka K, Nagahori M, Ohtsuka K, Watanabe M. The 5-point MR enterocolonography classification based on endoscopic findings for activity assessment of Crohn's disease. AOCC2017 2017.06.16 Seoul, Korea

  30. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Katsuyoshi Matsuoka, Toshimitsu Fujii, Masakazu Nagahori, Maiko Kimura, Mamoru Watanabe. Magnetic resonance evaluation for small bowel endoscopic remission in patients with crohn’s disease.. AOCC2017 2017.06.15 Seoul, Korea

  31. 竹中健人、大塚和朗. 腹痛および皮疹を主訴に受診し バルーン内視鏡にて回腸病変を 認めた一例. 第103回日本紹介内視鏡学会関東支部例会 2016.12.18 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  32. Takenaka K, Ohtsuka K, Watanabe M. Magnetic resonance evaluation for small bowel strictures of Crohn’s disease: comparison with balloon enteroscopy. APDW2016 2016.11.05 kobe convention center

  33. Toshimitsu Fujii, Kento Takenaka, Maiko Kimura, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. MR enterocolonography evaluation for small bowel strictures in patients with Crohn’s disease: comparison with balloon enteroscopy. UEGW2016 2016.10.18 VIENNA

  34. Fujii T, Takenaka K, Kitazume Y, Kimura M, Matsuoka K, Nagahori M, Ohtsuka K, Watanabe M. MR enterocolonography can detect small bowel strictures and predict surgery in patients with Crohn’s disease: Comparison with balloon enteroscopy. APDW2016 2016.10.03 KOBE

  35. Ohtsuka K, Takenaka K, Fujii T, Matsuoka K, Nagahori M, Kimura M, Fukuda M, Katsukura N, Watanabe M. Mucosal healing improves prognosis of endoscopic balloon dilatatiion for small intestinal strictures of Crohn's disease. AOCC2016 2016.07.09 Kyoto

  36. Toshimitsu Fujii, Kento Takenaka, Maiko Kimura, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. The evaluation for small bowel strictures on MR enterocolonography in patients with Crohn’s disease. AOCC2016 2016.07.08 Kyoto

  37. Kazuo Ohtsuka, Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Maiko Kimura, Masayoshi Fukuda, Nobuhiro Katsukura, Mamoru Watanabe. Mucosal healing improves prognosis of endoscopic balloon dilatation for small intestinal strictures of Crohn’s disease. AOCC2016 2016.07.07 Kyoto

  38. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Masakazu Nagahori, Katsuyoshi Matsuoka, Toshimitsu Fujii, Maiko Kimura, Tomoyuki Fujioka, Mamoru Watanabe. Enteroscopic and MR findings of small bowel in Crohn’s disease. AOCC2016 2016.07.07 Kyoto

  39. Maiko Kimura, Katsuyoshi Matsuoka, Eiko Saito, Toshimitsu Fujii, Kento Takenaka, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Salvage therapy for corticosteroid-refractory ulcerative colitis patients.. AOCC2016 2016.07.07 Kyoto

  40. Kazuo Ohtsuka, Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Kengo Nozaki, Masayoshi Fukuda, Mamoru Watanabe. Mucosal Healing is imoietant for better outcomes of endosdopic balloon dilatation for smakk intestinal stricture of crohn's disease. DDW2016 2016.05.23 San Diego

  41. Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Toru Nakata, Go Ito, Hiromichi Shimizu, Tomohiro Mizutani, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Ohtsuka, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. In Vitro organoid model reveals PGF2 as a Robust Mediator of chloride & water secretion bt human intestinal epithelial cells. DDW2016 2016.05.23 San Diego

  42. Kohei Suzuki, Satoru Fujii, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Toru Nakata, Go Ito, Hiromichi Shimizu, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Otsuka, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Single-cell level analysis reveals hoterogeneous expression of stem-cell specific genes in human small intestinal organoids. DDW2016 2016.05.21 San Diego

  43. Kazuo Ohtsuka, Kento Takenaka, Mamoru Watanabe. 【Session 3: Imaging for follow up of IBD】Assessment of small intestinal lesions of Crohn’s disease. 第102回日本消化器病学会総会_The 5th International Forum 2016.04.21 Tokyo

  44. Takenaka K, Ohtsuka K, Kitazume Y, Nagahori M, Matsuoka K, Fujii T, Kimura M, Fujioka T, Watanabe M. Enteroscopic and MR findings of small intestine in Crohn’s disease.. 7th APTC 2016.04.20 京王プラザホテル(新宿区)

  45. K. Matsuoka, E. Saito, T. Fujii, K. Takenaka, F. Iwamoto, M. Kimura, M. Nagahori, K. Ohtsuka, M. Watanabe. Efficacy and safety of sequential rescue therapy with infliximab and tacrolimus in patients with corticosteroid-refractory Ulcerative Colitis. 11th Congress of ECCO - European Crohn‘s and Colitis Organisation 2016.03.19 Amsterdam

  46. Suzuki K,Fujii S,Nakata T,Kawamoto A,Ishibashi F,Segawa-Ohashi S,Mizutani T,Tsuchiya K,Ohtsuka K,Nakamura T,Okamoto R,Watanabe M.. Enrichment of Intestinal Stem Cells by the 3D-Culture of IBD Patient Derived Intestinal epithelium. AOCC2015 2015.06.19 Beijing

  47. Fujii T,Takenaka K,Kitazume Y,Saito E,Matsuoka K,Nagahori M,Ohtsuka K,Watanabe M.. Modifying and validating endoscopic and magnetic resonance scoring systems for the deep small intestine in Crohn’s disease.. AOCC2015 2015.06.19 Beijing

  48. Ryohei Hayashi, Kiichiro Tsuchiya, Shuji Hibiya, Keita Fukushima, Nobukatsu Horita, Eriko Okada, Akihiro Araki, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Human Alpha-Defensin 6 Regulated by the Cooperation of Beta-Catenin and ATOH1, Might Be the Pathogenesis of Crohn's Disease. DDW 2015 2015.05.18 Washington, D.C.

  49. Toshimitsu Fujii, Kento Takenaka, Eiko Saito, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Modifying and Validating Endoscopic and Magnetic Resonance Scoring Systems for the Deep Small Intestine in Crohn's Disease. DDW 2015 2015.05.17 Washington, D.C.

  50. Matsuoka K, Saito E, Fujii T, Takenaka K, Nagahori M, Ohtsuka K, Watanabe M. The Ulcerative Colitis Endscopic Index of Severity (UCEIS) is useful to evaluate endoscopic improvement and to predict medium-term prognosis in Ulcerative Colitis patients treated with tacrolimus. 10th Congress of ECCO - Inflammatory Bowel Diseases 2015 2015.02.20 Barcelona

  51. Hayashi R, Tsuchiya K, Hibiya S, Fukushima K, Horita N, Okada E, Araki A, Ohtsuka K, Watanabe M. Human alpha-defensin 6 regulated by both Atoh1 and beta-catenin might be the pathogenesis of Japanese Crohn's Disease. 10th Congress of ECCO - Inflammatory Bowel Diseases 2015 2015.02.20 Barcelona

  52. Takenaka K, Ohtsuka K, Watanabe M. Enteroscopic and MR findings of small intestine in Crohn's disease. Japan Digesive Disease Weeks 2014 2014.10.26 Kobe

  53. Takenaka K, Ohtsuka K, Kitazume Y, Nagahori M, Fujii T, Saito E, Watanabe M. Magnetic resonance enterocolonography can detect small intestinal active lesions in crohn's disease;comparison with balloon enteroscopy. UEGW2014 2014.10.20 Vienna

  54. Fujii T, Naganuma M, Kitazume Y, Takenaka K, Nagahori M, Saito E, Ohtsuka K, Watanabe M. MR enterocolonography can identify patients who need additional treatment by predicting recurrence, hospitalization and surgey of Crohn's disease patients in remission. UEGW2014 2014.10.20 Vienna

  55. Takenaka K, Otsuka K, Nagahori M, Fujii T, Saito E, Watanabe M. Comparison of Magnetic Resonance and Balloon Enteroscopic Examination of Deep Small Intestine in Patients with Crohn's Disease. The 2nd Annual Meeting of AOCC 2014.06.20 Seoul

  56. Takenaka K, Otsuka K, Nagahori M, Fujii T, Saito E, Watanabe M. Comparing MR enterocolonography to enteroscopy in Crohn's disease, especially focusing on small intestinal findings. 9th congress of European Crohn's and Colitis Organisation 2014.02.20 Copenhagen

  57. 竹中 健人、河本 亜美、日比谷 秀爾、大塚 和朗、岡本 隆一. クローン病小腸病変とサイトカイン阻害薬との関係. 第113 回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2021.12.05

  58. 宇田川 祐実、藤井 俊光、清水 寛路、日比谷 秀爾、竹中 健人、河本 亜美、齊藤 詠子、長堀 正和、大塚 和朗、田中 真琴、岡本 隆一. IBDセンター初診時に患者が感じていた不安の変化:IBD Nurseの活動評価 . 第12回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2021.11.27

  59. 日比谷秀爾、大塚和朗、岡本隆一. クローン病小腸狭窄の粘膜治癒と内視鏡的拡張術後予後の関連の検討. 第59回日本小腸学会学術集会 2021.11.27 ホテルイースト21東京(東京)

  60. 日比谷秀爾、土屋輝一郎、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、岡本隆一、渡邉 守、長堀正和. スマートデバイスを用いた軽症潰瘍性大腸炎患者の病診連携システム構築の試み. 第12回日本炎症性腸疾患学会 学術集会 2021.11.27 ホテルイースト21東京(東京)

  61. 栗原 正道 , 福田 将義 , 和田 祥城 , 大塚 和朗 , 岡本 隆一. 大腸腫瘍に対するJNET分類の診断能に関する検討. JDDW2021 2021.11.05 神戸コンベンションセンター(兵庫)

  62. 福田将義、大塚和朗、岡本隆一. 潰瘍性大腸炎罹患粘膜に発生した腫瘍性病変に対する内視鏡治療戦略. JDDW2021 2021.11.04 神戸コンベンションセンター(兵庫)

  63. 竹中健人、河本亜美、日比谷秀爾、大塚和朗、岡本隆一. クローン病の小腸潰瘍に対するLRGの有効性. 第112回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2021.06.12 Web開催

  64. 竹中健人, 河本亜美, 大塚和朗. クローン病小腸潰瘍に対する LRG の有効性. 第101回日本消化器内視鏡学会総会 2021.05.04 リーガロイヤルホテル広島(広島県)

  65. 竹中健人、大塚和朗、岡本隆一. AIによる潰瘍性大腸炎の内視鏡画像評価の開発. 第107回 日本消化器病学会総会 2021.04.15 Web開催

  66. 五月女浩子、河本亜美、竹中健人、日比谷秀爾、清水寛路、伊藤 剛、水谷知裕、油井史郎、根本泰宏、藤井俊光、齊藤詠子、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、岡本隆一、小金井一隆、冨井翔平. 回腸に多発潰瘍を伴い診断に苦慮した腸管子宮内膜症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第363回例会 2021.02.27 Web開催

  67. 竹中健人、鈴木康平、日比谷秀爾、大塚和朗、渡辺 守. AIによる潰瘍性大腸炎内視鏡画像の評価の開発. 第111回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2020.12.20 Web開催

  68. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、河本亜美、日比谷秀爾、清水寛路、本林麻衣子、藤井俊光、齊藤詠子、長堀正和、渡辺 守、岡本隆一. 潰瘍性大腸炎内視鏡画像の評価に関するAIシステム開発. 第11回 日本炎症性腸疾患学会学術集会 2020.12.05 Web開催

  69. 大塚和朗. CD治療の実際とエンタイビオの役割. Takeda IBD 全国Webセミナー 2020.10.19 Web開催

  70. 大塚和朗. JEDを通した小腸内視鏡データベース構築とその活用. 第99回 日本消化器内視鏡学会総会 2020.09.02 国立京都国際会館(京都府京都市)

  71. 杉田 昭、東 大二郎、池内浩基、高橋賢一、石原聡一郎、小金井一隆、篠崎 大、板橋道朗、小山 文一、木村英明、水島恒和、渡辺和宏、大北喜基、根津理一郎、大塚和朗、横山 薫. 【治療指針・ガイドラインの改訂】回腸嚢炎治療指針の改訂. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  72. 竹中健人、大塚和朗、土屋輝一郎、渡辺 守、安藤 朗、馬場重樹、大宮直木、小林 拓、猿田雅之、櫻井俊之、田中信治、林 亮平、久松理一、松浦 稔、平井郁仁、松岡克善、松本主之、梁井俊一、山本博徳、矢野智則. 【その他臨床研究プロジェクト】クローン病に対する生物学的製剤による小腸粘膜治癒検討. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  73. 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守、岡本隆一. 【誌面発表】スマートデバイスを用いたIBD病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  74. 牟田口真、緒方晴彦、高林 馨、細江直樹、福原佳代子、水野慎大、長沼 誠、金井隆典、渡辺英伸、前田康晴、笹沼靖子、森 悠一、三澤将史、小形典之、工藤進英、竹中健人、大塚和朗、渡辺 守、伊東隼人、森 健策. 【誌面発表】潰瘍性大腸炎の組織学的治癒予測のための内視鏡自動診断システムの開発(UC-CAD study). 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  75. 渡辺憲治、竹内 健、矢野智則、長沼 誠、奧田茂男、大塚和朗、北詰良雄、平井郁仁、村上義孝、屋代香絵、櫻庭裕丈、石黒 陽、馬場重樹、安藤 朗、渡辺知佳子、穂苅量太、長坂光夫 、大宮直木、伊藤貴博、前本篤男、吉田篤史、遠藤 豊、安川重義、髙津典孝、細江直樹、金井隆典、山本博徳、金井隆典、上野文昭、渡辺 守. 【誌面発表】クローン病粘膜病変に対するバルーン小腸内視鏡とMREの比較試験Progress Study 2:国内多施設共同試験. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  76. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、福田将義、渡辺守. クローン病に対する小腸バルーン内視鏡. 第110回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2020.05.30 Web開催

  77. 竹中健人、金城美幸、福田将義、大塚和朗、渡辺守. 寛解期の潰瘍性大腸炎における 適切な内視鏡評価. 第110回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2020.05.30 Web開催

  78. 河﨑 翔、清水寛路、日比谷秀爾、本林麻衣子、竹中健人、油井史郎、根本泰宏、齊藤詠子、藤井俊光、岡田英理子、大島 茂、岡本隆一、土屋輝一郎、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守、松山貴俊、加藤恒平. 抗TNFα製剤治療が有効であった潰瘍性大腸炎術後に発症した壊疽性膿皮症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第359回例会 2020.05.01 Web開催

  79. 清水寛路、藤井俊光、日比谷秀爾、本林麻衣子、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 難治性潰瘍性大腸炎におけるトファシチニブの治療成績. 第16回日本消化管学会総会学術集会 2020.02.07 ホテル日航姫路(兵庫県姫路市)

  80. 岡本隆一、清水寛路、鈴木康平、髙橋純一、川井麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、竹中健人、齋藤詠子、福田将義、藤井俊光、長堀正和、油井史郎、土屋輝一郎、大塚和朗、渡辺 守. 【バイオマーカーと創薬に関するプロジェクト】培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和元年度 第2回総会 2020.01.24 コングレスクエア日本橋(東京都中央区)

  81. 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、本林麻衣子、清水寛路、藤井俊光、斎藤詠子、大塚和朗、渡辺 守. 軽症炎症性腸疾患患者のスマートデバイスを用いた病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 令和元年度第2回総会 2020.01.23 コングレスクエア日本橋(東京都中央区)

  82. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、福田将義、渡辺 守. クローン病に対する小腸バルーン内視鏡. 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2019.12.14 東京

  83. 日比谷秀爾、藤井俊光、齊藤詠子、本林麻衣子、竹中健人、清水寛路、長堀正和、大塚和朗、黒崎雅之、矢内常人、泉 並木、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎治療における 5-ASA 不耐の予後への影響の検討. 第10回日本炎症性腸疾患学会 2019.11.29 アクロス福岡

  84. 清水寛路、藤井俊光、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. トファシチニブによる潰瘍性大腸炎治療における実臨床の成績. 第10回日本炎症性腸疾患学会 2019.11.29 アクロス福岡

  85. 藤井俊光、清水寛路、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に対するベドリズマブのreal world experience. 第10回日本炎症性腸疾患学会 2019.11.29 アクロス福岡

  86. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. クローン病小腸病変 に対するアプローチ. JDDW2019 2019.11.22

  87. 藤井俊光、日比谷秀爾、齊藤詠子、竹中健人、清水寛路、長堀正和、大塚和朗、黒崎雅之、矢内常人、泉 並木、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎における5ASA不耐は予後不良因子となる. 日本消化器病関連学会週間(JDDW)2019 2019.11.21 神戸コンベンションセンター

  88. 岡本隆一、清水寛路、鈴木康平、高橋純一、川井麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、竹中健人、齋藤詠子、福田将義、藤井俊光、長堀正和、油井史郎、土屋輝一郎、大塚和朗、渡辺 守. 培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和元年度 第1回総会 2019.07.26 コングレスクエア日本橋(東京)

  89. 内田 仁、加藤 周、三好正人、清水寛路、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、福田将義、油井史郎、藤井俊光、根本泰宏、齊藤詠子、岡本隆一、土屋輝一郎、東 正新、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. Epstein-Barr Virusの再活性化を伴った難治性潰瘍性大腸炎の1例. 日本消化器病学会関東支部第355回例会 2019.07.13

  90. 福田将義、永石宇司、根木真理子、大塚和朗、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎罹患粘膜に発生した腫瘍性病変に対するESDの検討. 第108回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2019.06.08 シェーンバッハ・サボー(東京)

  91. 小林正典,谷坂優樹,水出雅文,良沢昭銘,大塚和朗,渡辺守. 細胞診ブラシのカニューラへの応用. 第97回日本消化器内視鏡学会総会 2019.05.31 グランドプリンスホテル新高輪

  92. 小形典之、大塚和朗、笹沼靖子、前田康晴、五十嵐健太、三澤将史、森 悠一、工藤豊樹、久行友和、林 武雅、若村邦彦、馬場俊之、工藤進英. 潰瘍性大腸炎に対するブデソニド注腸フォーム製剤投与の有効性の検討. 第105回 日本消化器病学会総会 2019.05.10 ホテル金沢(石川県金沢市)

  93. 石橋史明、福田将義、大塚和朗、福島啓太、伊藤 崇、渡辺 守. ヘリコバクター・ピロリ未感染胃及び除菌後萎縮胃粘膜に発生する胃底腺型胃癌の内視鏡所見の比較検討. 第105回 日本消化器病学会総会 2019.05.10 ホテル金沢(石川県金沢市)

  94. 福田将義、和田祥城、岡田英理子、大塚和朗、渡辺 守. 【ビデオワークショップ3:実診療で役立つ画像強調内視鏡】当院における大腸腫瘍に対するJNET分類の診断精度. 第107回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.12.16 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  95. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、福田将義、渡辺 守. 【パネルディスカッション1:小腸疾患に対する効率的アプローチ】当院でのクローン病小腸病変に対するアプローチ. 第107回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.12.16 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  96. 石橋史明、福田将義、伊藤 崇、大塚和朗、渡辺 守. ヘリコバクターピロリ未感染胃及び除菌後萎縮胃粘膜に発生した胃底腺型胃癌に対する 内視鏡所見の比較検討. 第107回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.12.15 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  97. 小形典之、工藤進英、大塚和朗、笹沼靖子、前田康晴. 【シンポジウム1:炎症性腸疾患診療における内視鏡の役割】興味深い潰瘍性大腸炎関連腫瘍の内視鏡的特徴についての検討. 第107回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.12.15 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  98. 堀田伸勝、齋藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 【シンポジウム1:炎症性腸疾患診療における内視鏡の役割】潰瘍性大腸炎における3つの内視鏡スコアに基づいた再燃リスクの検討. 第107回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.12.15 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  99. 大塚和朗. 【シンポジウム1:炎症性腸疾患診療における内視鏡の役割】司会. 第107回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.12.15 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  100. 山田倫子、秋山慎太郎、堀田伸勝、福田将義、齊藤詠子、藤井俊光、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、中村哲也、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 難治性潰瘍性大腸炎経過中に血球貪食症候群を契機に判明したT 細胞性リンパ腫の一例. 日本消化器病学会関東支部第352回例会 2018.12.01 海運クラブ(東京都千代田区)

  101. 小形典之、大塚和朗、笹沼靖子、小川正隆、森 悠一、三澤将史、工藤豊樹、久行友和、林 武雅、若村邦彦、馬場俊之、工藤進英. 拡大機能付きシングルバルーン小腸内視鏡の有用性についての検討. JDDW2018 2018.11.02 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  102. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. 【シンポジウム6】クローン病における小腸内視鏡的重症度の検討 . JDDW2018 2018.11.02 ポートピアホテル本館(兵庫県神戸市)

  103. 鈴木康平、大塚和朗、渡辺 守. 当院でのクローン病に対するシングルバルーン内視鏡 . JDDW2018 2018.11.01 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  104. 伊藤 晃、伊東詩織、渡部太郎、小林正典、福田将義、齊藤詠子、藤井俊光、東 正新、岡本隆一、土屋輝一郎、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎の経過中に原発性硬化性胆管炎を併発した一例. 日本消化器病学会関東支部第351回例会 2018.09.22 海運クラブ(東京都千代田区)

  105. 大塚和朗. 【シンポジウム3:がん検診最新の動向と課題-これからのがん検診のあり方を考える!-】大腸癌検診に置けるカプセル内視鏡の可能性. 第59回日本人間ドック学会学術大会 2018.08.31 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)

  106. 川内結加里、秋山慎太郎、福田将義、鈴木康平、竹中健人、鬼澤道夫、北畑冨貴子、村川美也子、新田沙由梨、藤井俊光、岡田英理子、中川美奈、柿沼 晴、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 回腸瘻から大量出血を来した小腸型クローン病の1例. 日本消化器病学会関東支部第350回例会 2018.07.14 海運クラブ(東京都千代田区)

  107. 小形典之、大塚和朗、工藤進英、笹沼靖子、小川正隆、三澤将史、森 悠一、工藤豊樹、久行友和、林 武雅、若村邦彦、馬場俊之、石田文生. 【口演Ⅰ-1:小腸腫瘍のすべて】小腸腫瘍に対するシングルバルーン内視鏡検査の有用性についての検討. 第89回大腸癌研究会 2018.07.06 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)

  108. 大塚和朗. 【口演I-1】小腸腫瘍のすべて 座長. 第89回大腸癌研究会 2018.07.06 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)

  109. 大塚和朗. 【シンポジウム1:バルーン内視鏡による診断・治療の進歩】司会. 第106回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.06.17 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  110. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、福田将義、渡辺 守. 【シンポジウム1:バルーン内視鏡による診断・治療の進歩】当院でのクローン病に対するバルーン内視鏡. 第106回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.06.17 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  111. 山﨑佳穗、竹中健人、日比谷秀爾、勝倉暢洋、仁部洋一、根本泰宏、鬼澤道夫、新田沙由梨、村川美也子、北畑富貴子、藤井俊光、岡田英里子、柿沼 晴、岡本隆一、中川美奈、大島 茂、福田正義、山内慎一、大西威一郎、大塚和朗、渡辺 守. 貧血を契機に小腸バルーン内視鏡で診断されたLST様回腸腫瘍の一例. 第106回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.06.16 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  112. 齋藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 【ワークショップ:炎症性大腸疾患診療における内視鏡の役割-感染症からIBDまで】免疫不全症に伴う大腸炎の3例. 第106回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.06.16 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  113. 大塚和朗. 【ワークショップ:バルーン内視鏡診断と治療の現況と将来】司会. 第95回日本消化器内視鏡学会総会 2018.05.12 グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール(東京都港区)

  114. 大塚和朗. 腸炎の内視鏡診断 ―その基本と鑑別のポイント―. 第42 回日本消化器内視鏡学会セミナー 2018.05.12 グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール(東京都港区)

  115. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. 【ワークショップ11:バルーン内視鏡診断と治療の現況と将来】当院でのバルーン内視鏡によるクローン病小腸病変評価方法. 第95回日本消化器内視鏡学会総会 2018.05.12 グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール(東京都品川区)

  116. 豊田早織、日比谷秀爾、竹中健人、齊藤詠子、福田将義、根本泰宏、永石宇司、井津井康浩、大島 茂、東 正新、松岡克善、土屋輝一郎、中村哲也、岡本隆一、大塚和朗、渡辺 守、青山 慧、坂下千瑞子、倉田盛人、江石義信. 【専修医Ⅳ 小腸】日和見感染を契機に診断された消化管T 細胞性リンパ腫の1例. 日本消化器病学会関東支部第349回例会 2018.04.28 海運クラブ(東京都千代田区)

  117. 鈴木康平, 村野竜朗, 平栗優衣, 高橋純一, 河本亜美, 石橋史明 , 安斎 翔, 久野玲子, 桒原小の実, 川井麻央, 永田紗矢香, 油井史郎, 土屋輝一郎, 中村哲也, 大塚和朗, 渡辺 守, 岡本隆一. クローン病由来の小腸上皮オルガノイド構築による幹細胞形質の解析. 第17回再生医療学会総会 2018.03.22 パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)

  118. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、鈴木康平、木村麻衣子、藤岡友之、福田将義、藤井俊光、齋藤詠子、松岡克善、長堀正和、渡辺 守. 当院でのクローン病小腸病変評価のアプローチ. 第14回日本消化管学会総会 2018.02.10 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  119. 奈良 篤、永田紘子、竹中健人、鈴木康平、松本有香、渡部太郎、金子 俊、齋藤詠子、井津井康浩、土屋輝一、東 正新、中村哲也、長堀正和、荒木昭博、大塚和朗、朝比奈靖浩、関 亮太、山内慎一、今田安津子、小林大輔. Trisomy8を伴う骨髄異形成症候群に合併した腸管ベーチェット病(BD)にて内科的治療に 難渋し腸管切除を施行した1例. 第105回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2017.12.09 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  120. 大塚和朗. 【症例検討セッション:下部消化管】司会. 第105回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2017.12.09 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  121. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、鈴木康平、木村麻衣子、藤岡友之、福田将義、藤井俊光、齋藤詠子、松岡克善、長堀正和、渡辺 守. 【⼩腸内視鏡の限界と可能性】クローン病評価における⼩腸内視鏡の有⽤性と限界. 第55回日本小腸学会学術集会 2017.10.21 メルパルク京都(京都府京都市)

  122. 大塚和朗、 竹中健人、 渡辺 守. 【統合プログラム5:内科と外科による炎症性腸疾患のトータルマネージメント】クローン病活動性モニタリングにおける小腸内視鏡とMREの役割 . JDDW 2017 2017.10.14 福岡サンパレス(福岡県福岡市)

  123. 前田康晴、 工藤進英、 森 悠一、 三澤将史、 小形典之、 小川悠史、 一政克朗、 武田健一、 笹沼靖子、 工藤豊樹、 林 武雅、 若村邦彦、 石田文生、 井上晴洋、 大塚和朗. 【デジタルポスターセッション40:大腸(炎症性腸疾患)】人工知能は潰瘍性大腸炎の組織学的治癒を予測可能か―Endocytoscopy自動診断システム. JDDW 2017 2017.10.13 マリンメッセ福岡(福岡県福岡市)

  124. 和田祥城、 和田陽子、 福田将義、 大塚和朗. 【デジタルポスターセッション39:大腸(スクリーニング・検診)】Endocuffを用いた大腸内視鏡検査によるポリープ・腺腫検出率の検討 . JDDW 2017 2017.10.13 マリンメッセ福岡(福岡県福岡市)

  125. 北澤優美、 松岡克善、 藤井俊光、 木村麻衣子、 竹中健人、 長堀正和、 檀 直彰、 大塚和朗、 渡辺 守. 【デジタルポスターセッション72:大腸(潰瘍性大腸炎)8】潰瘍性大腸炎における便中バイオマーカーによる組織学的治癒の評価 . JDDW 2017 2017.10.12 マリンメッセ福岡(福岡県福岡市)

  126. 藤井俊光、秋山慎太郎、松岡克善、江花有亮、根木真理子、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、磯部光章、渡辺 守. 【腸管免疫,常在細菌叢】高安動脈炎に合併した炎症性腸疾患の遺伝的背景と腸炎の表現形. 第45回日本臨床免疫学会 2017.09.29 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  127. 大塚和朗. 【イブニングセミナー】 司会. 第54回日本消化器免疫学会総会 2017.09.28 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  128. 岡本隆一、鬼澤道夫、大島 茂、大塚和朗、日比紀文、小林 拓 . 【腸内細菌プロジェクト】炎症性腸疾患における食関連リスク因子に関する研究. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 平成29年度第1回総会 2017.07.20 TKP品川カンファレンスセンター(東京都港区)

  129. 江﨑幹宏、佐藤祐邦、矢野 豊、髙津典孝、竹内 健、長沼 誠、大塚和朗、渡辺憲治、松本主之、小金井一隆、杉田 昭、渡邉聡明、二見喜太郎、味岡洋一、田邉 寛、岩下明德、平井郁仁. 【診断基準の改訂】各種画像診断の所見を取り入れたクローン病診断基準の確立. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 平成29年度第1回総会 2017.07.19 TKP品川カンファレンスセンター(東京都港区)

  130. 矢野 豊、髙津典孝、竹内 健、長沼 誠、大塚和朗、渡辺憲治、松本主之、江﨑幹宏、小金井一隆、杉田 昭、渡邉聡明、二見喜太郎、味岡洋一、田邉 寛、岩下明德、平井郁仁. 【診断基準の改訂】潰瘍性大腸炎の臨床的重症度による分類の改定. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 平成29年度第1回総会 2017.07.19 TKP品川カンファレンスセンター(東京都港区)

  131. 渡辺憲治、竹内 健、矢野智則、長沼 誠、奧田茂男、大塚和朗、北詰良雄、平井郁仁、村上義孝、屋代香絵、別府剛志、松井敏幸、櫻庭裕丈、石黒 陽、加藤真吾、馬場重樹、安藤 朗、渡辺知佳子、穂苅量太、内山和彦、髙木智久、内藤裕二、桑木光太郎、光山慶一、長坂光夫、大宮直木、前本篤男、吉田篤史、遠藤 豊、渡部公彦、細見周平、湯川知洋、鎌田紀子、山上博一、宮嵜孝子、樋田信幸、中村志郎、山本博徳、金井隆典、上野文昭、渡辺 守、日比紀文、鈴木康夫. 【新たなIBD診断の開発】クローン病粘膜病変に対するバルーン小腸内視鏡とMREの比較試験Progress Study:国内多施設共同試験. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 平成29年度第1回総会 2017.07.19 TKP品川カンファレンスセンター(東京都港区)

  132. 大塚和朗. 【症例検討セッション:下部消化管】司会. 第104回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2017.06.11 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  133. 大塚和朗. 【症例検討セッション:十二指腸・小腸】ミニレクチャー. 第104回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2017.06.11 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  134. 鈴木美麗、桑原小の実、福田将義、和田祥城、岡田英理子、松岡克善、山内 慎一、安野正道、和田あかね、倉田盛人、仁部洋一、北畑富貴子、根本泰宏、藤井俊光、大島 茂、中川美奈、永石宇司、柿沼 晴、岡本隆一、大塚和朗、渡辺 守. 直腸絨毛腫瘍により電解質異常を認めた一例. 第104回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2017.06.11 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  135. 大塚和朗. 【消化管治療UPDATE】座長. Takeda Scientific Seminar for Young Doctors-Voice of Experts- 2017.05.18 御茶ノ水医学会館(東京都文京区)

  136. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. クローン病におけるシングルバルーン内視鏡所見と患者予後との関係に関する検討. 第93回日本消化器内視鏡学会総会 2017.05.12 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  137. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. 【パネルディスカッション6:新たなモダリティーが解明した小腸疾患の診断と治療】クローン病小腸病変に対するMRI によるEndoscopic remission 評価. 第103回日本消化器病学会総会 2017.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  138. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. クローン病小腸病変に対する MRIによるEndoscopic remission評価. 第103回日本消化器病学会総会 2017.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  139. 大塚和朗. 【小腸・大腸2】座長. 第103回日本消化器病学会総会 2017.04.20 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  140. 大塚和朗. 【症例検討セッション】十二指腸・小腸(コメンテーター). 第103回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 2016.12.18 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  141. 大科枝里、竹中健人、松岡克善 木村麻衣子、根木真理子、伊藤 崇、野崎賢吾、勝倉暢洋、福田将義、鬼澤道夫、新田沙由梨、岡田英理子 東 正新、大岡真也、土屋輝一郎 、長堀正和、中村哲也、荒木昭博 、朝比奈靖浩、大塚和朗、渡辺 守. 【研修医セッション:大腸1】S状結腸に巨大な粘膜下腫瘤を形成した原発性アミロイドーシスの一例. 第103回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 2016.12.17 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  142. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、木村麻衣子、藤岡友之、福田将義、藤井俊光、松岡克善、長堀正和、渡辺守. クローン病におけるMRIによる小腸Endoscopic remission評価. 第54回小腸研究会 2016.11.12 ソニックシティ(大宮)

  143. 大塚和朗 . 【デジタルポスターセッション】大腸・小腸(クローン病)1 座長. JDDW2016 2016.11.05 神戸

  144. 福田将義、和田祥城、野崎賢吾、竹中健人、岡田英理子、荒木昭博、大塚和朗、渡辺 守. 【デジタルポスターセッション】大腸(大腸腺腫・リンパ腫)_Cold Polypectomyによる大腸ポリープ治療戦略. JDDW2016 2016.11.04 神戸

  145. 大塚 和朗 . 【特別講演4】炎症性腸疾患の治療法選択. JDDW2016 2016.11.03 神戸

  146. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. 【パネルディスカッション2】クローン病でのバルーン内視鏡による小腸評価と患者予後との関係に関する検討. JDDW2016 2016.11.03 神戸

  147. 渡辺憲治、渡部公彦、細見周平、湯川知洋、鎌田紀子、山上博一、竹内 健、石川ルミ子、鈴木康夫、矢野智則、山本博徳、長沼 誠、金井隆典、奧田茂男、日比紀文、大塚和朗、北詰良雄、渡辺 守、別府剛志、平井郁仁、松井敏幸、櫻庭裕丈、石黒 陽、加藤真吾、馬場重樹、安藤 朗、穂苅量太、内山和彦、髙木智久、内藤裕二、桑木光太郎、光山慶一、長坂光夫、大宮直木、前本篤男、吉田篤史、遠藤 豊、上野文昭、村上義孝. 【的確な診断・治療の確立プロジェクト―診断面から―】クローン病粘膜病変に対するバルーン小腸内視鏡とMREの比較試験Progress Study:国内多施設共同試験. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 平成28年度第1回総会 2016.07.21 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂(東京都文京区)

  148. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、松岡克善、長堀正和、藤井俊光、岩本史光、木村麻衣子、福田将義、渡辺 守. クローン病小腸狭窄に対するMR所見と内視鏡下バルーン拡張術の手術回避との関係に対する検討.. 第7回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2016.07.10 国立京都国際会館(京都)

  149. 大塚和朗. 【症例検討セッション】十二指腸・小腸(コメンテーター). 第102回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 2016.06.12 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  150. 松川直樹、武井ゆりあ、大塚和朗、新宅 洋、伊藤 崇、明石 巧、三浦夏希、堀家英之、並木 伸、竹中健人、村川美也子、藤井俊光、井津井康浩、大島 茂、松岡克善、中川美奈、岡本隆一、柿沼 晴、永石宇司、渡辺 守. 【研修医セッション:小腸・大腸】小腸内視鏡による観察を行った小腸粘膜内癌を有した里吉病の1例. 第102回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 2016.06.12 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  151. 大塚和朗. 【ワークショップ2】小腸・大腸非腫瘍疾患における内視鏡の活用(司会). 第102回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 2016.06.11 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  152. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、松岡克善、渡辺 守. クローン病におけるバルーン内視鏡所見と患者予後との関係に関する検討. 第102回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 2016.06.11 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  153. 丘 佳恵、武井ゆりあ、松岡克善、藤井俊光、野崎賢吾、根本泰宏、福島啓太、岡田英里子、大島 茂、永石宇司、岡本隆一、土屋輝一郎、東 正新、中村哲也、長堀正和、荒木昭博、朝比奈靖浩、渡辺 守、福田将義、大塚和朗. 特異な内視鏡所見より5-アミノサリチル酸製剤によるアレルギーを疑った潰瘍性大腸炎の一例. 日本消化器病学会関東支部第339回例会 2016.05.21 東京

  154. 大塚和朗. Japan Endoscopy Database Project における小腸内視鏡データベース構築の試み. 第91回日本消化器内視鏡学会 2016.05.12 東京

  155. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. クローン病小腸病変の評価における外来シングルバルーン内視鏡の有効性. 第91回日本消化器内視鏡学会 2016.05.12 東京

  156. 大塚和朗. 実技(ハンズオン)セミナー (総合司会). 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.23 東京

  157. 藤井俊光、大塚和朗、渡辺 守. 【パネルディスカッション3:IBD モニタリングツールをいかに使いこなすか?】MRenterocolonography(MREC)の開発とクローン病診療における疾患活動性モニタ リングツールとしての応用. 第101回 日本消化器病内視鏡学会関東支部例会 2016.04.23 東京

  158. 大塚和朗. 【シンポジウム8:進歩し続ける小腸内視鏡モダリティ】(コメンテーター). 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.22 東京

  159. 木村麻衣子、長堀正和、松岡克善、竹中健人、岩本史光、藤井俊光、大塚和朗、渡辺 守. 【消化管良性疾】腹痛で発症した自己炎症症候群5 例の検討. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.21 東京

  160. 岡本隆一、林 歩美、水谷知裕、渡邉 健、清水則夫、松岡克善、土屋輝一郎、大塚和朗、中村哲也、関矢一郎、渡辺 守. 炎症性腸疾患の患者粘膜及び培養腸上皮細胞におけるウィルスDNA検出の試み. 第15回日本再生医療学会総会 2016.03.19 大阪

  161. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、福田将義、野崎賢吾、渡辺 守、岩本史光、木村麻衣子、藤井俊光、松岡克善、長堀正和. クローン病小腸狭窄に対するMREC所見と内視鏡下バルーン拡張術の手術回避に対する検討. 第12回日本消化管学会総会 2016.02.26 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  162. 渡辺憲治、渡部公彦、細見周平、湯川知洋、鎌田紀子、山上博一、竹内 健、石川ルミ子、鈴木康夫、矢野智則、山本博徳、長沼 誠、金井隆典、奧田茂男、日比紀文、大塚和朗、北詰良雄、渡辺 守、別府剛志、平井郁仁、松井敏幸、櫻庭裕丈、石黒 陽、加藤真吾、馬場重樹、安藤 朗、穂苅量太、内山和彦、髙木智久、内藤裕二、桑木光太郎、光山慶一、長坂光夫、大宮直木、前本篤男、吉田篤史、遠藤 豊、上野文昭、村上義孝. 【的確な診断・治療の確立プロジェクト―診断面から―】クローン病粘膜病変に対するバルーン小腸内視鏡とMREの比較試験Progress Study:国内多施設共同試験. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班平成27年度第2回総会 2016.01.21 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂(東京都文京区)

  163. 武市瑛子、大谷賢志、藤井俊光、松岡克善、櫻井 幸、藤田めぐみ、野崎賢吾、福田将義、根本泰宏、井津井康浩、中川美奈、東 正新、土屋輝一郎、大岡真也、長堀正和、渡辺 守、荒木昭博、大塚和朗、柿沼 晴、朝比奈靖浩. 潰瘍性大腸炎に対するinflixmab投与により間質性肺炎が誘発されたと考えられる一例. 日本消化器病学会関東支部第337回例会 2015.12.05 東京

  164. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、福田将義、野崎賢吾、岩本史光、木村麻衣子、藤井俊光、松岡克善、長堀正和、渡辺 守. クローン病小腸病変に対するバルーン内視鏡およびMRI所見. 第53回小腸研究会 2015.11.07 岩手

  165. 福田将義, 和田祥城, 松沢 優, 竹中健人, 岡田英理子, 荒木昭博, 大塚和朗, 渡辺 守. 当院におけるCold Polypectomyの治療成績 . JDDW2015 2015.10.10 東京

  166. 岡田英理子, 荒木昭博, 新田沙由梨, 松沢 優, 竹中健人, 野田賢吾, 福田将義, 和田祥城, 大塚和朗, 渡辺 守. 【小腸-カプセル内視鏡(VCE)3】非クローン病でのパテンシーカプセルによる消化管開通性評価の有用性と問題点. JDDW2015 2015.10.09 東京

  167. 大塚和朗, 長堀正和, 渡辺 守. 【炎症性腸疾患における内科・外科間の治療連携】クローン病治療における生物学的製剤と内視鏡治療・外科手術 . JDDW2015 2015.10.08 東京

  168. 堤 大樹, 秋山慎太郎, 松岡克善, 和田祥城, 北畑富貴子, 福島啓太, 水谷知裕, 新田沙由梨, 藤井俊光, 岡田英里子, 大島 茂, 岡本隆一, 東 正新, 土屋輝一郎, 永石宇司, 長堀正和, 中村哲也, 朝比奈靖浩, 渡辺 守, 大塚和朗. 鋸歯状病変を合併した潰瘍性大腸炎関連大腸腫瘍の一例. 日本消化器病学会関東支部第336回例会 2015.09.26 東京

  169. 引山智香、大谷賢志、勝倉暢洋、藤井俊光、松岡克善、水谷知裕、大島 茂、土屋輝一郎、岡本隆一、東 正新、永石宇司、長堀正和、荒木昭博、中村哲也、渡邊 守、岡田英里子、福田将義、大塚和朗、渡邊 健、石田信也. クローン病で免疫調節薬による加療中に好中球減少を認め、自己免疫性無顆粒球症と診断した一例 . 日本消化器病学会関東支部第335回例会 2015.07.18 東京

  170. 秋山慎太郎,大岡真也,水谷知裕、松岡克善,藤井俊光,岡田英理子、大島 茂,井津井康浩,中川美奈、岡本隆一,土屋輝一郎,柿沼 晴、東 正新,永石宇司,中村哲也、長堀正和,荒木昭博,大塚和朗、朝比奈靖浩,渡辺 守. 免疫染色が診断の一助となった肝内胆管癌小腸転移の1例. 第100回 日本消化器内視鏡学会関東地方会 2015.06.14 東京

  171. 福田将義,和田祥城,松沢 優、 竹中健人,秋山慎太郎,井上恵美、勝倉暢宏,木村麻衣子,村川美代子、浅野 侑,宍戸華子,鈴木康平、渡部太郎,岡田英理子,荒木昭博、大塚和朗,渡辺 守. 当院におけるCold Polypectomyの治療成績. 第100回 日本消化器内視鏡学会関東地方会 2015.06.14 東京

  172. 大塚和朗,和田祥城,渡辺 守. 潰瘍性大腸炎関連腫瘍の内視鏡診断と治療. 第89回日本消化器内視鏡学会総会 2015.05.30 名古屋

  173. 大塚和朗. 小腸IBD(座長). 第89回日本消化器内視鏡学会総会 2015.05.30 名古屋

  174. 三代博之,井上恵美,藤井俊光,齊藤詠子,井津井康浩,岡田英里子,大島 茂,松岡克善,中川美奈,岡本隆一,土屋輝一郎,柿沼 晴,東 正新,大岡真也,永石宇司,中村哲也,長堀正和,荒木昭博,大塚和朗,朝比奈靖浩,渡辺 守. 周期的な腹痛・発熱を主訴としMEFV遺伝子変異を認めた否定型家族性地中海熱の1例. 第334回日本消化器病学会関東支部例会 2015.05.23 東京

  175. 秋山慎太郎、藤井俊光、長堀正和、竹中健人、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守. 高安動脈炎に合併した潰瘍性大腸炎症例の検討. 第101回日本消化器病学会総会 2015.04.25 仙台

  176. 大塚和朗. 潰瘍性大腸炎2(座長). 第101回日本消化器病学会総会 2015.04.24 仙台

  177. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. 当院における生物学的製剤の長期予後とクローン画像評価の重要性. 第101回日本消化器病学会総会 2015.04.23 仙台

  178. 勝倉暢洋、秋山慎太郎、井上恵美、竹中健人、木村麻衣子、松沢 優、水谷知裕、福田将義、村川美也子、清水寛路、和田祥城、藤井俊光、櫻井 幸、斎藤詠子、渡辺貴子、藤田めぐみ、井津井康浩、岡田英里子、大島 茂、松岡克善、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、大岡真也、中村哲也、長堀正和、荒木昭博、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 肺血栓塞栓症を合併した潰瘍性大腸炎の一例. 第23回 御茶の水消化器セミナー 2015.03.25 東京

  179. 大塚和朗. 【IBDも内視鏡でみる】小腸内視鏡を中心に. 第14 回国際消化器内視鏡セミナー 横浜ライブ2015 2015.03.08 横浜

  180. 大塚和朗. ライブデモンストレーションⅤ(司会). 第14 回国際消化器内視鏡セミナー 横浜ライブ2015 2015.03.08 横浜

  181. 杉本京子,勝倉暢洋,藤井俊光,斎藤詠子,松岡克善,水谷知裕,藤田めぐみ,岡田英理子,土屋輝一郎,柿沼 晴,岡本隆一,東 正新,大岡真也,永石宇司,中村哲也,長堀正和,荒木昭博,大塚和朗,朝比奈靖浩,渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に肺血栓塞栓症を合併した一例. 日本消化器病学会 関東支部 第333回例会 2015.02.28 東京

  182. 藤井俊光,北詰良雄,竹中健人,斎藤詠子,長堀正和,大塚和朗,渡辺 守. クローン病における内視鏡的粘膜治癒とMRentercolonography (MREC) 活動性の関係と長期予後についての検討. 第11回日本消化管学会総会学術集会 2015.02.13 東京

  183. 齊藤詠子、長堀正和、竹中健人、藤井俊光、大塚和朗、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎におけるインフリキシマブ(IFX)濃度と短期の治療効果に関する検討. 第11回日本消化管学会総会学術集会 2015.02.13 東京

  184. 土屋輝一郎、堀田伸勝、福島啓太、林 亮平、日比谷秀爾、水谷知裕、大島 茂、永石宇司、岡本隆一、中村哲也、大塚和朗、渡辺 守. 【腸管上皮幹細胞制御探索プロジェクト】a.疑似腸管モデルの構築に関わる技術開発:腸管上皮初代培養細胞を用いた体外病態モデルの構築. 厚生労働科学研究費委託費難治性疾患等実用化研究事業「独自の体外病態モデルによる難治性炎症性腸疾患の革新的治療薬開発に関する研究」班平成26年度第2回総会 2015.01.23

  185. 藤井俊光、北詰良雄、齋藤詠子、竹中健人、松岡克善、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. クローン病におけるMRenterocolonography(MREC)での疾患活動性評価と予後予測. 第6回日本炎症性腸疾患研究会学術集会 2014.12.14 東京

  186. 齊藤詠子、長堀正和、竹中健人、藤井俊光、松岡克善、大塚和朗、渡辺 守. 難治性潰瘍性大腸炎(UC)における内科治療および手術例の予後の検討. JSIBD 2014.12.14 東京

  187. 大塚和朗. クローン病:最新の治療と内視鏡による評価. 日本消化器内視鏡学会第36回重点卒後教育セミナー 2014.10.05 東京

  188. 峠 千晶,村川美也子,齊藤詠子,藤井俊光,和田祥城,藤田めぐみ,井津井靖浩,大島 茂,岡田英理子,中川美奈,岡本隆一,土屋輝一郎,柿沼 晴,東 正新,永石宇司,大岡真也,長堀正和,中村哲也,荒木昭博,大塚和朗,朝比奈康浩,渡辺 守. 転移性骨髄腫の免疫染色で診断し得た原発性小腸癌の一例. お茶の水消化器病セミナー 2014.08.30 東京

  189. 堤 大樹,竹中健人,長堀正和,大塚和朗,藤井俊光,荒木昭博,永石宇司,東 正新,大島 茂,齊藤詠子,朝比奈靖浩,柿沼 晴,中村哲也,土屋輝一郎,岡本隆一,大岡真也,中川美奈,井津井康浩,岡田英理子,渡辺 守. 慢性偽性腸閉塞においてバルーン内視鏡にて回腸の炎症性腸疾患様の粘膜変化を観察できた一例. 日本消化器病学会 関東支部 第330回例会 2014.07.26 東京

  190. 七松 東, 鈴木康平, 水谷知裕, 和田祥城, 藤井俊光, 井津井康浩, 大島 茂, 中川美奈, 岡本隆一, 土屋輝一郎, 柿沼 晴, 東 正新, 永石宇司, 大岡真也, 長堀正和, 中村哲也, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守, 新田沙由梨. 家族性地中海熱の2例. 日本消化器病学会 関東支部例会 第329回例会 2014.05.10 東京

  191. 杉本京子, 勝倉暢洋, 藤井俊光, 斎藤詠子, 松岡克善, 水谷知裕, 藤田めぐみ, 岡田英里子, 土屋輝一郎, 柿沼 晴, 岡本隆一, 東 正新, 大岡真也, 永石宇司, 中村哲也, 長堀正和, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に肺血栓塞栓症を合併した一例. 日本消化器病学会 関東支部例会 第333回例会 2014.02.28 東京

  192. 福与涼介, 鈴木康平, 斎藤詠子, 水谷知裕, 和田祥城, 藤井俊光, 井津井康浩, 大島 茂, 中川美奈, 岡本隆一, 土屋輝一郎, 柿沼 晴, 東 正新, 永石宇司, 大岡真也, 長堀正和, 中村哲也, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 慢性的な水様便および発熱を契機に発見された小腸原発perpheral T-cell lymphoma, not otherwise specified(PTCL-NOS)の一例. 日本消化器病学会 関東支部例会 第328回例会 2014.02.22 東京

  193. 仁部洋一 , 金子 俊, 竹中健人, 後藤文男, 岡本英子, 加納嘉人, 福田将義, 新田沙由梨, 藤井俊光, 齊藤詠子, 櫻井 幸, 岡田英理子, 鈴木伸治, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 抗血栓薬内服患者におけるへパリン置換法下での大腸内視鏡的粘膜切除術後出血の検討. JDDW2013 2013.10.11 品川プリンスホテル(東京都品川区)

  194. 藤井俊光、齊藤詠子、長堀正和、長沼 誠、大塚和朗、渡辺 守. MR enterocolonography (MREC)の実際とクローン病小腸大腸病変の評価における有用性. 第30回日本大腸検査学会総会 2012.09.01 東京

  195. 長堀正和、藤井俊光、齊藤詠子、渡辺 守、大塚和朗. クローン病診療における当院でのMREC(MR enterocolonography)の試み モニタリングとしての有用性. 第30回日本大腸検査学会総会 2012.09.01 東京

  196. 三好正人、藤井俊光、櫻井 幸、齊藤詠子、大島 茂、土屋輝一郎、岡本隆一、永石宇司、中村哲也、岡田英理子、柿沼 晴、東 正新、大岡真也、長堀正和、荒木昭博、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守、鈴木伸治、伴 大輔、河内 洋. 経口胆道内視鏡下生検にて確定診断にいたり自然経過を追えた粘液産生胆管腫瘍の1例. 第320回 日本消化器病学会関東支部例会 2012.07.07 東京

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):20K08378 「ヒトクローン病モデル構築による粘膜治癒機構の解明」 研究代表者:大塚和朗 分担研究者:土屋輝一郎,2020年04月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):18K07902 「炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明」 研究代表者:竹中健人 分担研究者:大塚和朗、土屋輝一郎,2020年04月

  • 令和元年度 日本医療研究開発機構 8K等高精細映像データ利活用研究事業 「人工知能とデータ大循環によって実現する、大腸内視鏡診療の革新的転換」 研究開発代表者:工藤進英 研究開発分担者:大塚和朗 研究員:藍 真澄、福田将義、絹笠祐介,2019年04月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):18K07902 「炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明」 研究代表者:竹中健人 研究分担者:大塚和朗、土屋輝一郎,2019年04月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):17K09370 「クローン病再燃予測システムの開発」 研究代表者:大塚和朗 研究分担者:土屋輝一郎、渡辺 守,2019年04月

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 「クローン病再燃予測システムの開発」代表研究者:大塚和朗,2018年04月

  • 平成30年度 国立医療研究開発機構 8K等高精細映像データ利活用研究事業 高精細映像データの収集・解析を通じて内視鏡診療支援を行う医用人工知能システムの研究「人工知能とデータ大循環によって実現する、大腸内視鏡診療の革新的転換」分担研究者:大塚和朗,2018年04月

  • 平成30年度 国立医療研究開発機構 医療機器開発推進研究事業 情報通信(ICT)等を用いた医療支援を行うためのソフトウェアの開発「大腸がん抑制を可能とする、人工知能にもとづく内視鏡診断支援ソフトウェア」分担研究者:大塚和朗,2018年04月

  • 平成30年度 土田直樹研究助成金「クローン病小腸病変部に内在する高機能幹細胞分画の単離・培養法開発と粘膜再生への応用」研究代表者:大塚和朗 ,2018年03月

  • 平成29年度 TMDU· ソニー研究プロジェクトサポートファンド「炎症性腸疾患における内視鏡画像に基づく診断・評価法の確立」研究代表者:大塚和朗 ,2017年11月

  • 平成29年度 委託研究開発費 8K等高精細映像データ利活用研究事業 高精細映像データの収集・解析を通じて内視鏡診療支援を行う医用人工知能システムの研究 「人工知能とデータ大循環によって実現する、大腸内視鏡診療の革新的転換」研究分担者:大塚和朗,2017年07月

  • 平成29年度 委託研究開発費 医療機器開発推進研究事業 17hk012034h002 「大腸がん抑制を可能とする、人工知能にもとづく内視鏡診断支援ソフトウェア」研究分担者:大塚和朗 ,2017年04月

  • 平成29年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) : 課題番号17K09370「クローン病再燃予測システムの開発」研究代表者:大塚和朗 ,2017年04月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • The Tokyo Medical and Dental University (TMDU) team succeeded with the world’s first Mini Organ transplantation to a patient with "Ulcerative Colitis (UC)",2022年08月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「世界初、自家腸上皮オルガノイドを潰瘍性大腸炎患者に移植」 ―オルガノイド医療の実用化に道を拓く大きな第一歩―,2022年07月

  • 大腸内視鏡診断支援AI、薬機法承認,2020年02月

    昭和大学などは1月29日、AI(人工知能)を使って、検査中にリアルタイムでがんの病変を検出する大腸内視鏡画像診断支援AIが医薬品医療機器等法(薬機法)に基づく承認を取得したと発表した。ディープラーニングを用いて開発したもので、大腸内視鏡で撮影中にポリープなどを検出すると画面上に警告を表示し、医師による病変検出を支援する。

    昭和大学横浜市北部病院消化器センターの工藤進英特任教授らと名古屋大学大学院情報学研究科森健策教授らの共同研究成果。昭和大学横浜市北部病院、国立がん研究センター中央病院、静岡県立静岡がんセンター、東京医科歯科大学附属病院、がん研究会有明病院で臨床性能試験を行い、1月24日に、薬機法に基づきクラスⅡ・管理医療機器として承認された。