基本情報

写真a

大塚 和朗(オオツカ カズオ)

OHTSUKA Kazuo


職名

准教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学部  1988年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学研究科  博士課程  1995年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  新潟大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 准教授
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学  
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 准教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2012年03月
    昭和大学 横浜市北部病院 准教授
  • 2012年04月
    -
    現在
    昭和大学 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本消化器病学会

  • 日本消化器内視鏡学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年02月
    -
    現在
    日本カプセル内視鏡学会 理事
  • 2017年01月
    -
    現在
    日本小腸学会 理事

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 普通自動車免許(一種)

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • クローン病再燃予測システムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 生検検体を用いた小腸上皮性腫瘍の網羅的遺伝子解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Go Ito, Ryuichi Okamoto, Tatsuro Murano, Hiromichi Shimizu, Satoru Fujii, Toru Nakata, Tomohiro Mizutani, Shiro Yui, Junko Akiyama-Morio, Yasuhiro Nemoto, Eriko Okada, Akihiro Araki, Kazuo Ohtsuka, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Lineage-specific expression of bestrophin-2 and bestrophin-4 in human intestinal epithelial cells. PLoS ONE. 2013.11; 8 (11): e79693. ( PubMed, DOI )

  • 竹中健人、大塚和朗. MRIを用いた小腸疾患の診断 診断と治療. 2020.01; 108 (1): 55-60.

  • Kento Takenaka, Maiko Kimura, Kazuo Ohtsuka. Colonic strictures mimicking Crohn's disease. Gut. 2019.11; ( PubMed, DOI )

  • Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Maiko Motobayashi, Shuji Hibiya, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Mamoru Watanabe, Kazuo Ohtsuka. Small Bowel Healing Detected by Endoscopy in Patients With Crohn's Disease After Treatment With Antibodies Against Tumor Necrosis Factor. Clin. Gastroenterol. Hepatol.. 2019.08; ( PubMed, DOI )

  • Shintaro Akiyama, Katsuyoshi Matsuoka, Kyoko Fukuda, Shunsuke Hamada, Mikiko Shimizu, Kosaku Nanki, Shinta Mizuno, Hiroki Kiyohara, Mari Arai, Shinya Sugimoto, Yasushi Iwao, Haruhiko Ogata, Tadakazu Hisamatsu, Makoto Naganuma, Maiko Motobayashi, Kohei Suzuki, Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mayumi Mochizuki, Mamoru Watanabe, Masayuki Hashiguchi, Takanori Kanai. Long-term effect of NUDT15 R139C on hematologic indices in inflammatory bowel disease patients treated with thiopurine. J. Gastroenterol. Hepatol.. 2019.05; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Kazuo Ohtsuka. Difficulty in Diagnosing Inflammatory Bowel Disease: A Case Study. Springer, 2018.11 Part Ⅱ Endoscopic Diagnosis of IBD

  • 林 靖子、大塚和朗、工藤進英. 【炎症性腸疾患Imaging Atlas-診断の極意と鑑別のポイント】3章 潰瘍性大腸炎のImaging Atlas:[コラム]潰瘍性大腸炎の超拡大内視鏡観察. 日本メディカルセンター, 2016.05 3章 潰瘍性大腸炎のImaging Atlas [コラム]潰瘍性大腸炎の超拡大内視鏡観察

  • 大塚和朗. 消化器研修ノート 改訂第2版. 診断と治療社, 2016.05 【B:内視鏡検査】3.小腸・バルーン内視鏡

  • 大塚和朗、竹中健人、渡辺 守. 【実臨床に役立つIBD内視鏡ー診断・モニタリング・サーベイランス】第5章 内視鏡によるIBDモニタリング <各論>小腸病変のモニタリングー内視鏡か造影かCTE/MREか?. 臨床医学出版, 2015.10 第5章 内視鏡によるIBDモニタリング【各論】小腸病変のモニタリングー内視鏡か造影かCTE/MREか?

  • 和田祥城, 大塚和朗, 渡辺 守. 大腸腫瘍診断 改訂版〜豊富な写真で上がる診断力、Case Studyで磨く実践力 (症例で身につける消化器内視鏡シリーズ) . 羊土社, 2014.10 治療法の選択 Case⑥. (ISBN : 978-4758110532)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 岡本隆一、清水寛路、鈴木康平、髙橋純一、川井麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、竹中健人、齋藤詠子、福田将義、藤井俊光、長堀正和、油井史郎、土屋輝一郎、大塚和朗、渡辺 守. 【バイオマーカーと創薬に関するプロジェクト】培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和元年度 第2回総会 2020.01.24 コングレスクエア日本橋(東京都中央区)

  • 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、福田将義、渡辺 守. クローン病に対する小腸バルーン内視鏡. 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2019.12.14 東京

  • 藤井俊光、清水寛路、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に対するベドリズマブのreal world experience. 第10回日本炎症性腸疾患学会 2019.11.29 アクロス福岡

  • 日比谷秀爾、藤井俊光、齊藤詠子、本林麻衣子、竹中健人、清水寛路、長堀正和、大塚和朗、黒崎雅之、矢内常人、泉 並木、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎治療における 5-ASA 不耐の予後への影響の検討. 第10回日本炎症性腸疾患学会 2019.11.29 アクロス福岡

  • 清水寛路、藤井俊光、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. トファシチニブによる潰瘍性大腸炎治療における実臨床の成績. 第10回日本炎症性腸疾患学会 2019.11.29 アクロス福岡

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 令和元年度 日本医療研究開発機構 8K等高精細映像データ利活用研究事業 「人工知能とデータ大循環によって実現する、大腸内視鏡診療の革新的転換」 研究開発代表者:工藤進英 研究開発分担者:大塚和朗 研究員:藍 真澄、福田将義、絹笠祐介,2019年04月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):18K07902 「炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明」 研究代表者:竹中健人 研究分担者:大塚和朗、土屋輝一郎,2019年04月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):17K09370 「クローン病再燃予測システムの開発」 研究代表者:大塚和朗 研究分担者:土屋輝一郎、渡辺 守,2019年04月

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 「クローン病再燃予測システムの開発」代表研究者:大塚和朗,2018年04月

  • 平成30年度 国立医療研究開発機構 8K等高精細映像データ利活用研究事業 高精細映像データの収集・解析を通じて内視鏡診療支援を行う医用人工知能システムの研究「人工知能とデータ大循環によって実現する、大腸内視鏡診療の革新的転換」分担研究者:大塚和朗,2018年04月

全件表示 >>