基本情報

写真a

川澄 みゆり(カワスミ ミユリ)

KAWASUMI Miyuri


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年09月
    -
    2014年08月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 疾患モデル動物解析学 助教
  • 2011年09月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 リサーチ・ユニバーシティ推進機構 リサーチ・アドミニストレーター室 URA
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合イノベーション推進機構 産学連携研究センター 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Sox17-GFPトランスジェニックマウスを用いた着床メカニズムの解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 中田 はる佳, 飯田 香緒里, 川澄 みゆり, 吉田 雅幸, 田代 志門. 利益相反管理に関する全国医療機関調査 臨床研究法施行前の実態把握 臨床薬理. 2018.11; 49 (6): 213-218. ( 医中誌 )

  • Hirate Y, Suzuki H, Kawasumi M, Takase HM, Igarashi H, Naquet P, Kanai Y, Kanai-Azuma M. Mouse Sox17 haploinsufficiency leads to female subfertility due to impaired implantation. Scientific reports. 2016.04; 6 24171. ( PubMed, DOI )

  • Aiyama Y, Tsunekawa N, Kishi K, Kawasumi M, Suzuki H, Kanai-Azuma M, Kurohmaru M, Kanai Y. A Niche for GFRα1-Positive Spermatogonia in the Terminal Segments of the Seminiferous Tubules in Hamster Testes. Stem cells (Dayton, Ohio). 2015.09; 33 (9): 2811-24. ( PubMed, DOI )

  • Shinomura M, Kishi K, Tomita A, Kawasumi M, Kanezashi H, Kuroda Y, Tsunekawa N, Ozawa A, Aiyama Y, Yoneda A, Suzuki H, Saito M, Picard JY, Kohno K, Kurohmaru M, Kanai-Azuma M, Kanai Y. A novel Amh-Treck transgenic mouse line allows toxin-dependent loss of supporting cells in gonads. Reproduction (Cambridge, England). 2014.12; 148 (6): H1-9. ( PubMed, DOI )

  • Takahashi S, Lee J, Kohda T, Matsuzawa A, Kawasumi M, Kanai-Azuma M, Kaneko-Ishino T, Ishino F. Induction of the G2/M transition stabilizes haploid embryonic stem cells. Development (Cambridge, England). 2014.10; 141 (20): 3842-7. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>