基本情報

写真a

磯田 健志(イソダ タケシ)

ISODA Takeshi


職名

講師

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 愛媛大学  医学部  医学科  2000年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科生態環境応答学系  発生発達病態学分野  博士課程  2012年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科生態環境応答学系)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2000年05月
    -
    2001年03月
    東京医科歯科大学 臨床研修医
  • 2002年09月
    -
    2005年03月
    東京医科歯科大学 医員(医病)
  • 2006年04月
    -
    2007年05月
    東京医科歯科大学 医員(医病)
  • 2007年06月
    -
    2007年12月
    東京医科歯科大学 助教
  • 2008年01月
    -
    2008年03月
    東京医科歯科大学 医員(医病)
  • 2008年04月
    -
    2012年03月
    東京医科歯科大学 大学院生
  • 2017年12月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 非常勤講師
  • 2018年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 小児・周産・女性診療部門 小児科 助教
  • 2019年11月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 小児・周産・女性診療部門 小児科 助教
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2002年03月
    東京都立墨東病院小児科 臨床研修医
  • 2002年04月
    -
    2002年08月
    東京都立墨東病院新生児科 レジデント
  • 2005年04月
    -
    2006年03月
    国立成育医療センター 小児腫瘍科 レジデント
  • 2012年12月
    -
    2017年06月
    カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)分子生物学教室 博士研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児科学会

  • 小児感染免疫学会

  • 日本小児血液がん学会

  • 日本血液学会

  • 日本癌学会

  • 日本臨床免疫学会

  • 国際小児がん学会(SIOP, The International Society of Paediatric Oncology)

  • 日本血液疾患免疫療法学会

  • 日本免疫不全・自己炎症学会

  • 日本造血細胞移植学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    現在
    日本小児白血病リンパ腫研究グループ  ALL委員
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学未承認新規医薬品等評価委員会 委員
  • 2020年06月
    -
    現在
    日本小児血液・がん学会  学術調査委員
  • 2020年06月
    -
    現在
    日本小児血液・がん学会 学術調査委員
  • 2021年04月
    -
    現在
    日本小児白血病リンパ腫研究グループ PhALL委員
  • 2021年07月
    -
    現在
    日本小児血液・がん学会 評議員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ゲノム生物学

  • 分子生物学

  • 遺伝学

  • 胎児医学、小児成育学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 免疫不全症・造血器腫瘍における非コードRNA転写の役割,2012年12月 - 現在

  • ATM欠損T細胞のT細胞分化異常と染色体異常の可視化,2008年04月 - 2012年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 非コードRNA転写によるエンハンサー活性制御と免疫不全症、発がんメカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • ノンコーディングRNAによるT細胞分化および発がん抑制制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 制御領域の変異同定と非コードRNA転写・スーパーエンハンサー活性化機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Eguchi S, Isoda T, Yamaguchi A, Takagi M. Novel variants for Glanzmann thrombasthenia manifesting with purpura at birth. Pediatr Int. 2022.01; 64 (1): e15149. ( PubMed, DOI )

  2. Nishimura Akira, Aoki Yuki, Ishiwata Yasuyoshi, Ichimura Takuya, Ueyama Junichi, Kawahara Yuta, Tomoda Takahiro, Inoue Maiko, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Hiroki Haruka, Ono Shintaro, Yamashita Motoi, Okano Tsubasa, Tanaka-Kubota Mari, Ashiarai Miho, Miyamoto Satoshi, Miyawaki Reiji, Yamagishi Chika, Tezuka Mari, Okawa Teppei, Hoshino Akihiro, Endo Akifumi, Yasuhara Masato, Kamiya Takahiro, Mitsuiki Noriko, Ono Toshiaki, Isoda Takeshi, Yanagimachi Masakatsu, Tomizawa Daisuke, Nagasawa Masayuki, Mizutani Shuki, Kajiwara Michiko, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. Hematopoietic Cell Transplantation with Reduced Intensity Conditioning Using Fludarabine/Busulfan or Fludarabine/Melphalan for Primary Immunodeficiency Diseases JOURNAL OF CLINICAL IMMUNOLOGY. 2021.07; 41 (5): 944-957. ( PubMed, DOI )

  3. Tomomasa Dan, Isoda Takeshi, Yamashita Motoi, Morishita Aoi, Mitsuiki Noriko, Kamiya Takahiro, Imai Kohsuke, Kanegane Hirokazu, Takagi Masatoshi, Morio Tomohiro. Ruxolitinib Administration for Two Cases with Steroid-Refractory Lung GVHD PEDIATRIC BLOOD & CANCER. 2020.12; 67

  4. Isoda Takeshi, Nishimura Akira, Morio Tomohiro, Takagi Masatoshi. Non-Coding RNA ThymoD Transcription Specifies T-Cell Fate and Inhibits T-Cell Malignancies PEDIATRIC BLOOD & CANCER. 2020.12; 67

  5. Endo Akifumi, Yamashita Motoi, Kamiya Takahiro, Mitsuiki Noriko, Isoda Takeshi, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Kajiwara Michiko, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. A Retrospective Study of Six Cases of HLA Haplo-Identical Hematopoietic Stem Cell Transplantation with Post-Transplant Cyclophosphamide PEDIATRIC BLOOD & CANCER. 2020.12; 67

  6. Inoue Maiko, Isoda Takeshi, Yamashita Motoi, Tomoda Takahiro, Inoue Kento, Okano Tsubasa, Ohkawa Teppei, Endo Akifumi, Mitsuiki Noriko, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Yamamoto Kouhei, Inaba Yuichiro, Sasaki Toru, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. Cytomegalovirus Laryngitis in Primary Combined Immunodeficiency Diseases JOURNAL OF CLINICAL IMMUNOLOGY. 2020.10; ( PubMed, DOI )

  7. Miyaoka Futaba, Toyofuku Etsushi, Isoda Takeshi, Moiro Tomohiro, Kanegane Hirokazu. Influenza-induced hemolytic crisis in glucose-6-phosphate dehydrogenase deficiency PEDIATRICS INTERNATIONAL. 2020.08; 62 (8): 1003-1004. ( PubMed, DOI )

  8. Denholtz Matthew, Zhu Yina, He Zhaoren, Lu Hanbin, Isoda Takeshi, Dohrmann Simon, Nizet Victor, Murre Cornelis. Upon microbial challenge, human neutrophils undergo rapid changes in nuclear architecture and chromatin folding to orchestrate an immediate inflammatory gene program GENES & DEVELOPMENT. 2020.02; 34 (3-4): 149-165. ( PubMed, DOI )

  9. Tomoda Takahiro, Nishimura Akira, Ono Rintaro, Isoda Takeshi, Inoue Maiko, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Imai Kohsuke, Kanegane Hirokazu, Hasegawa Daisuke, Morio Tomohiro, Manabe Atsushi, Takagi Masatoshi. Clonal Evolution of Leukemia With MLL-AF9 from Myeloid to T-Lineage PEDIATRIC BLOOD & CANCER. 2019.12; 66 S111.

  10. Hatano Maho, Tomoda Takahiro, Okano Tsubasa, Nunoda Issei, Morishita Aoi, Inoue Kent, Yamashita Motoi, Endo Akifumi, Kamiya Takahiro, Isoda Takeshi, Yanagimachi Masakatsu, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Okuno Keisuke, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. Intrinsically Vancomycin Resistant Enterococcal (Enterococcus Gallinarum) Meningitis Occurred Early After Hematopoietic Stem Cell Transplantation for Activated PI3K Delta Syndrome Type 2 PEDIATRIC BLOOD & CANCER. 2019.12; 66 S124.

  11. Nunoda Issei, Tomoda Takahiro, Kamiya Takahiro, Okano Tsubasa, Hatano Maho, Yoshimoto Yuri, Muramatsu Hideki, Morishita Aoi, Inoue Kento, Yamashita Motoi, Endo Akifumi, Yanagimachi Masakatsu, Isoda Takeshi, Kanegane Hirokazu, Takagi Masatoshi, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. Efficacy of Azacitidine for MDS Due to Germline GATA2 Haploinsufficiency PEDIATRIC BLOOD & CANCER. 2019.12; 66 S45.

  12. Isoda Takeshi, Morio Tomohiro, Takagi Masatoshi. Noncoding RNA transcription at enhancers and genome folding in cancer CANCER SCIENCE. 2019.08; 110 (8): 2328-2336. ( PubMed, DOI )

  13. Isoda Takeshi, Morio Tomohiro, Takagi Masatoshi. がんのエンハンサー部位で生じるノンコーディングRNAの転写現象とゲノムの折りたたみ(Noncoding RNA transcription at enhancers and genome folding in cancer) Cancer Science. 2019.08; 110 (8): 2328-2336. ( 医中誌 )

  14. Nishimura Akira, Aoki Yuki, Ishiwata Yasuyoshi, Inoue Maiko, Ichimura Takuya, Ueyama Junichi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Hiroki Haruka, Ono Shintaro, Okano Tsubasa, Tanaka Mari, Miyamoto Satoshi, Ashiarai Miho, Miyawaki Reiji, Yamagishi Chika, Tezuka Mari, Okawa Teppei, Hoshino Akihiro, Endo Akifumi, Yasuhara Masato, Kamiya Takahiro, Mitsuiki Noriko, Ono Toshiaki, Yanagimachi Masakatsu, Isoda Takeshi, Tomizawa Daisuke, Nagasawa Masayuki, Kajiwara Michiko, Takagi Masatoshi, Mizutani Shuki, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. Hematopoietic cell transplantation with reduced intensity conditioning regimen using fludarabine/busulfan and fludarabine/melphalan for primary immunodeficiency diseases BONE MARROW TRANSPLANTATION. 2019.07; 54 390-391.

  15. Kubota-Tanaka Mari, Osumi Tomoo, Miura Shouko, Tsujimoto Hiroshi, Imamura Toshihiko, Nishimura Akira, Oki Kentaro, Nakamura Kozue, Miyamoto Satoshi, Inoue Kento, Inoue Maiko, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Okano Tsubasa, Mitsuiki Noriko, Isoda Takeshi, Imai Kohsuke, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro, Kounami Shinji, Endo Mikiya, Kato Motohiro, Takagi Masatoshi. B-lymphoblastic lymphoma with TCF3-PBX1 fusion gene HAEMATOLOGICA. 2019.01; 104 (1): E35-E37. ( PubMed, DOI )

  16. Fukuda Atsuna, Isoda Takeshi, Sakamoto Naoya, Nakajima Keisuke, Ohta Tetsuya. Lessons from a patient with cardiac arrest due to massive pulmonary embolism as the initial presentation of Wilms tumor: a case report and literature review BMC PEDIATRICS. 2019.01; 19 (1): 39. ( PubMed, DOI )

  17. Isoda Takeshi, Takagi Masatoshi. Non-coding RNA transcription modulates nuclear architecture to specify T-cell fate and blocks T-cell malignancies. CANCER SCIENCE. 2018.12; 109 346.

  18. Isoda T, Nishimura A, Miyamoto S, Morio T, Takagi M, Murre C. Non-Coding RNA ThymoD Transcription Modulates Nuclear Architecture to Orchestrate T-Cell Fate and Block T-Cell Malignancies. PEDIATRIC BLOOD & CANCER. 2018.11; 65 S4.

  19. Nagasawa Masayuki, Mitsuiki Noriko, Aoki Yuki, Ono Toshiaki, Isoda Takeshi, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Kajiwara Michiko, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. Effect of reduced-intensity conditioning and the risk of late-onset non-infectious pulmonary complications in pediatric patients EUROPEAN JOURNAL OF HAEMATOLOGY. 2017.12; 99 (6): 525-531. ( PubMed, DOI )

  20. Dekker J, Belmont AS, Guttman M, Leshyk VO, Lis JT, Lomvardas S, Mirny LA, O'Shea CC, Park PJ, Ren B,Politz JCR, Shendure J, Zhong S, 4D Nucleome Network(…Sasaki T, Isoda T, Misteli T…). The 4D nucleome project Nature. 2017.09; 549 (7671): 219-226.

  21. Isoda T, Moore AJ, He Z, Chandra V, Aida M, Denholtz M, Piet van Hamburg J, Fisch KM, Chang AN, Fahl SP, Wiest DL, Murre C. Non-coding Transcription Instructs Chromatin Folding and Compartmentalization to Dictate Enhancer-Promoter Communication and T Cell Fate. Cell. 2017.09; 171 (1): 103-119.e18. ( PubMed, DOI )

  22. Benner C, Isoda T, Murre C. New roles for DNA cytosine modification, eRNA, anchors, and superanchors in developing B cell progenitors. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2015.10; 112 (41): 12776-81. ( PubMed, DOI )

  23. Nakatani K., Imai K., Shigeno M., Sato H., Tezuka M., Okawa T., Mitsuiki N., Isoda T., Tomizawa D., Takagi M., Nagasawa M., Kajiwara M., Yamamoto M., Arai A., Miura O., Kamae C., Nakagawa N., Honma K., Nonoyama S., Mizutani S., Morio T.. Cord blood transplantation is associated with rapid B-cell neogenesis compared with BM transplantation BONE MARROW TRANSPLANTATION. 2014.09; 49 (9): 1155-1161. ( DOI )

  24. Nagasawa Masayuki, Ohkawa Teppei, Endo Akifumi, Mitsuiki Noriko, Ono Toshiaki, Aoki Yuki, Isoda Takeshi, Tomizawa Daisuke, Takagi Masatoshi, Kajiwara Michiko, Morio Tomohiro, Mizutani Shuki. Early coagulation disorder after allogeneic stem cell transplantation is a strong prognostic factor for transplantation-related mortality, and intervention with recombinant human thrombomodulin improves the outcome: a single-center experience INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY. 2013.11; 98 (5): 533-542. ( PubMed, DOI )

  25. Nagasawa Masayuki, Ohkawa Teppei, Endo Akifumi, Mitsuiki Noriko, Ono Toshiaki, Aoki Yuki, Isoda Takeshi, Tomizawa Daisuke, Takagi Masatoshi, Kajiwara Michiko, Morio Tomohiro, Mizutani Shuki. 同種幹細胞移植後の初期血液凝固異常は移植関連死亡率の強力な予後因子であり、組換えヒトトロンボモジュリンによる介入は予後を改善する 単一施設での経験(Early coagulation disorder after allogeneic stem cell transplantation is a strong prognostic factor for transplantation-related mortality, and intervention with recombinant human thrombomodulin improves the outcome: a single-center experience) International Journal of Hematology. 2013.11; 98 (5): 533-542. ( 医中誌 )

  26. Takagi Masatoshi, Sato Masaki, Piao Jinhua, Miyamoto Satoshi, Isoda Takeshi, Kitagawa Masanobu, Honda Hiroaki, Mizutani Shuki. ATM-dependent DNA damage-response pathway as a determinant in chronic myelogenous leukemia DNA REPAIR. 2013.07; 12 (7): 500-507. ( PubMed, DOI )

  27. Isoda Takeshi, Mitsuiki Noriko, Ohkawa Teppei, Kaneko Setsuko, Endo Akifumi, Ono Toshiaki, Aoki Yuki, Tomizawa Daisuke, Kajiwara Michiko, Araki Satoshi, Nagasawa Masayuki, Morio Tomohiro, Takagi Masatoshi, Mizutani Shuki. Irreversible Leukoencephalopathy After Reduced-intensity Stem Cell Transplantation in a Dyskeratosis Congenita Patient With TINF2 Mutation JOURNAL OF PEDIATRIC HEMATOLOGY ONCOLOGY. 2013.05; 35 (4): E178-E182. ( PubMed, DOI )

  28. Isoda T., Takagi M., Morio T., Kawamoto H., Mizutani S.. VISUALIZATION OF CHROMOSOMAL TRANSLOCATION AND EARLY T-CELL DEVELOPMENT FAILURE IN ATM DEFICIENCY JOURNAL OF CLINICAL IMMUNOLOGY. 2012.09; 32 14-15.

  29. Isoda T., Takagi M., Piao J., Nakagama S., Sato M., Masuda K., Ikawa T., Morio T., Kawamoto H., Mizutani S.. IMMUNE DEFECT AND VISUALIZATION OF CHROMOSOME 14 BREAKS AND TRANSLOCATIONS INVOLVING TCR A/D LOCI DURING EARLY T-CELL DEVELOPMENT LACKING ATM HAEMATOLOGICA. 2012.07; 97 41.

  30. Isoda Takeshi, Takagi Masatoshi, Piao Jinhua, Nakagama Shun, Sato Masaki, Masuda Kyoko, Ikawa Tomokatsu, Azuma Miyuki, Morio Tomohiro, Kawamoto Hiroshi, Mizutani Shuki. Process for immune defect and chromosomal translocation during early thymocyte development lacking ATM BLOOD. 2012.07; 120 (4): 789-799. ( PubMed, DOI )

  31. Isoda Takeshi, Takagi Masatoshi, Piao Jinhua, Nakagama Shun, Sato Masaki, Masuda Kyoko, Ikawa Tomokatsu, Azuma Miyuki, Morio Tomohiro, Kawamoto Hiroshi, Mizutani Shuki. T-Cell Development Failure At beta-Selection Checkpoint and TCR alpha/delta Locus Break Formation Associated with Chromosome 14 Translocation in Ataxia-Telangiectagia Mutated Deficient Mice BLOOD. 2011.11; 118 (21): 88-89.

  32. Isoda Takeshi, Ford Anthony, Tomizawa Daisuke, van Delft Frederik W., de Castro David Gonzalez, Mitsuiki Noriko, Score Joannah, Taki Tomohiko, Morio Tomohiro, Takagi Masatoshi, Saji Hiroh, Mizutani Shuki, Greaves Mel. Loss of Non-Inherited Maternal MHC and Materno-Fetal Transmission of p190 Type BCR-ABL Leukemia BLOOD. 2009.11; 114 (22): 407.

  33. Isoda Takeshi, Ford Anthony M., Tomizawa Daisuke, van Delft Frederik W., de Castro David Gonzalez, Mitsuiki Norkio, Score Joannah, Taki Tomohiko, Morio Tomohiro, Takagi Masatoshi, Saji Hiroh, Greaves Mel, Mizutani Shuki. Immunologically silent cancer clone transmission from mother to offspring PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA. 2009.10; 106 (42): 17882-17885. ( PubMed, DOI )

  34. Isoda Takeshi, Ito Sukeyuki, Kajiwara Michiko, Nagasawa Masayuki. Successful high-dose methotrexate chemotherapy in a patient with acute lymphocytic leukemia who developed acute renal failure during the initial treatment PEDIATRICS INTERNATIONAL. 2007.12; 49 (6): 1018-1019. ( PubMed, DOI )

  35. Nagasawa Masayuki, Isoda Takeshi, Itoh Sukeyuki, Kajiwara Michiko, Morio Tomohiro, Shimizu Norio, Ogawa Kazuyuki, Nagata Kinya, Nakamura Masataka, Mizutani Shuki. Analysis of serum granulysin in patients with hematopoietic stem-cell transplantation: Its usefulness as a marker of graft-versus-host reaction AMERICAN JOURNAL OF HEMATOLOGY. 2006.05; 81 (5): 340-348. ( PubMed, DOI )

  36. Tsuji Y, Imai K, Kajiwara M, Aoki Y, Isoda T, Tomizawa D, Imai M, Ito S, Maeda H, Minegishi Y, Ohkawa H, Yata J, Sasaki N, Kogawa K, Nagasawa M, Morio T, Nonoyama S, Mizutani S. Hematopoietic stem cell transplantation for 30 patients with primary immunodeficiency diseases: 20 years experience of a single team BONE MARROW TRANSPLANTATION. 2006.03; 37 (5): 469-477. ( DOI )

  37. Tsuji Y, Ito S, Isoda T, Kajiwara M, Nagasawa M, Morio T, Mizutani S. Successful nonmyeloablative cord blood transplantation for an infant with malignant infantile osteopetrosis JOURNAL OF PEDIATRIC HEMATOLOGY ONCOLOGY. 2005.09; 27 (9): 495-498.

  38. Tsuji Y, Ito S, Isoda T, Kajiwara M, Nagasawa M, Morio T, Mizutani S. Successful nonmyeloablative cord blood transplantation for an infant with malignant infantile osteopetrosis. Journal of pediatric hematology/oncology. 2005.09; 27 (9): 495-8. ( PubMed, DOI )

  39. Nagasawa M, Zhu Y, Isoda T, Tomizawa D, Itoh S, Kajiwara M, Morio T, Nonoyama S, Shimizu N, Mizutani S. Analysis of serum soluble CD40 ligand (sCD40L) in the patients undergoing allogeneic stem cell transplantation: platelet is a major source of serum sCD40L EUROPEAN JOURNAL OF HAEMATOLOGY. 2005.01; 74 (1): 54-60.

  40. Nagasawa M, Zhu Y, Isoda T, Tomizawa D, Itoh S, Kajiwara M, Morio T, Nonoyama S, Shimizu N, Mizutani S. Analysis of serum soluble CD40 ligand (sCD40L) in the patients undergoing allogeneic stem cell transplantation: platelet is a major source of serum sCD40L. European journal of haematology. 2005.01; 74 (1): 54-60. ( PubMed, DOI )

  41. 江口詩織, 磯田健志, 金田明也, 井上健斗, 星野顕宏, 森下あおい, 山下基, 滝島茂, 柳町昌克, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 森尾友宏. 原発性線毛機能不全症同胞例に対する高張食塩水吸入療法 日本小児科学会雑誌. 2021.01; 125 (1): 52-58.

  42. 磯田 健志. 【原発性免疫不全症候群-最新の疾患分類と新規疾患を中心に-】抗体産生不全を主とする疾患 B細胞数正常か低下を伴い、少なくとも2種類の血清免疫グロブリンのアイソタイプの著明な低下を示すもの IRF2BP2変異によるCVID 日本臨床. 2020.12; 78 (増刊7 原発性免疫不全症候群): 203-205. ( 医中誌 )

  43. 西村 聡, 星野 顕宏, 松本 和明, 小野 真太郎, 田中 真理, 石渡 泰芳, 安原 眞人, 足洗 美穂, 満生 紀子, 樋口 紘平, 井上 雅美, 宮村 能子, 橋井 佳子, 柳町 昌克, 磯田 健志, 梶原 道子, 高木 正稔, 水谷 修紀, 金兼 弘和, 今井 耕輔, 森尾 友宏. X連鎖高IgM症候群に対するフルダラビン・ブスルファンを用いた強度減弱前処置による造血細胞移植 日本造血細胞移植学会雑誌. 2019.01; 8 (1): 43-49. ( 医中誌 )

  44. 磯田 健志, 水谷 修紀. 【妊娠と血液疾患】血液腫瘍の胎児移行による乳児白血病リンパ腫の発症 血液内科. 2012.12; 65 (6): 808-812. ( 医中誌 )

  45. 磯田 健志. Ataxia telangiectagiaにおけるT細胞発生障害の機序 臨床免疫・アレルギー科. 2012.10; 58 (4): 474-479. ( 医中誌 )

  46. 磯田 健志, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 【母体と児の感染免疫-最新の知見】母体と児の免疫 新生児の免疫 臨床と微生物. 2011.11; 38 (6): 637-642. ( 医中誌 )

  47. 磯田 健志, 水谷 修紀. リンパ球系 母体ALL細胞の胎児移行による乳児白血病の発症 Annual Review血液. 2011.01; 2011 147-151. ( 医中誌 )

  48. 辻 陽一郎, 磯田 健志, 梶原 道子, 長澤 正之, 野々山 恵章, 水谷 修紀. 先天性血栓性血小板減少性紫斑病(Upshaw-Schulman症候群)の長期経過観察症例 日本小児血液学会雑誌. 2004.04; 18 (2): 84-89. ( 医中誌 )

  49. 磯田 健志. Wiskott-Aldrich症候群に対する造血幹細胞移植成績 小児科. 2004.02; 45 (2): 240-249. ( 医中誌 )

  50. 磯田 健志. 【知っておきたい血液をめぐる知識】EDTA依存性偽性血小板減少症 小児科. 2002.12; 43 (13): 1985-1991. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 西村聡, 佐々木麻起子, 高木正稔, 磯田健志. 非コードRNA転写とスーパーエンハンサー活性化によるゲノムの3次元構造維持機構. 第81回日本癌学会学術総会 2022.09.29 神奈川

  2. Isoda Takeshi, Nishimura Akira, Morio Tomohiro, Takagi Masatoshi. 血液基礎・核ダイナミクスからnon-coding RNAによる細胞制御 非コードRNA転写による核内局在転換はT細胞への系列決定を誘導しT細胞系腫瘍の抑制に関与する(Non-coding RNA ThymoD transcription specifies T-cell fate and inhibits T-cell malignancies). 日本小児血液・がん学会雑誌 2020.10.01

  3. Endo Akifumi, Yamashita Motoi, Kamiya Takahiro, Mitsuiki Noriko, Isoda Takeshi, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Kajiwara Michiko, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. PTCyハプロ移植症例の6例の後方視的検討(A retrospective study of six cases of HLA haplo-identical hematopoietic stem cell transplantation with Post-Transplant Cyclophosphamide). 日本小児血液・がん学会雑誌 2020.10.01

  4. Tomomasa Dan, Isoda Takeshi, Yamashita Motoi, Morishita Aoi, Mitsuiki Noriko, Kamiya Takahiro, Imai Kohsuke, Kanegane Hirokazu, Takagi Masatoshi, Morio Tomohiro. ステロイド抵抗性肺GVHDに対してルキソリチニブを使用した2例(Ruxolitinib administration for two cases with steroid-refractory lung GVHD). 日本小児血液・がん学会雑誌 2020.10.01

  5. Miyaoka Futaba, Toyofuku Etsushi, Isoda Takeshi, Moiro Tomohiro, Kanegane Hirokazu. Influenza-induced hemolytic crisis in glucose-6-phosphate dehydrogenase deficiency(和訳中). Pediatrics International 2020.08.01

  6. Hatano Maho, Tomoda Takahiro, Okano Tsubasa, Nunoda Issei, Morishita Aoi, Inoue Kento, Yamashita Motoi, Endo Akifumi, Kamiya Takahiro, Isoda Takeshi, Yanagimachi Masakatsu, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Okuno Keisuke, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. 非血縁者間骨髄移植後早期にバンコマイシン自然耐性腸球菌性髄膜炎に罹患した活性型PI3Kδ症候群2型の1例(Intrinsically Vancomycin resistant enterococcal(Enterococcus gallinarum) meningitis occurred early after hematopoietic stem cell transplantation for activated PI3K delta syndrome type2). 日本小児血液・がん学会雑誌 2019.10.01

  7. Nunoda Issei, Tomoda Takahiro, Kamiya Takahiro, Okano Tsubasa, Hatano Maho, Yoshimoto Yuri, Muramatsu Hideki, Morishita Aoi, Inoue Kento, Yamashita Motoi, Endo Akifumi, Yanagimachi Masakatsu, Isoda Takeshi, Kanegane Hirokazu, Takagi Masatoshi, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. GATA2異常症に伴うMDSに対するAzacitidineの有効性(Efficacy of Azacitidine for MDS due to germline GATA2 haploinsufficiency). 日本小児血液・がん学会雑誌 2019.10.01

  8. Tomoda Takahiro, Nishimura Akira, Ono Rintaro, Isoda Takeshi, Inoue Maiko, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Imai Kohsuke, Kanegane Hirokazu, Hasegawa Daisuke, Morio Tomohiro, Manabe Atsushi, Takagi Masatoshi. 急性骨髄性白血病からT細胞型急性リンパ性白血病へclonal evolutionを起こしたMLL-AF9陽性乳児白血病の一例(Clonal evolution of leukemia with MLL-AF9 from myeloid to T-lineage). 日本小児血液・がん学会雑誌 2019.10.01

  9. Nishimura Akira, Aoki Yuki, Ishiwata Yasuyoshi, Inoue Maiko, Ichimura Takuya, Ueyama Junichi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Hiroki Haruka, Ono Shintaro, Okano Tsubasa, Tanaka Mari, Miyamoto Satoshi, Ashiarai Miho, Miyawaki Reiji, Yamagishi Chika, Tezuka Mari, Okawa Teppei, Hoshino Akihiro, Endo Akifumi, Yasuhara Masato, Kamiya Takahiro, Mitsuiki Noriko, Ono Toshiaki, Yanagimachi Masakatsu, Isoda Takeshi, Tomizawa Daisuke, Nagasawa Masayuki, Kajiwara Michiko, Takagi Masatoshi, Mizutani Shuki, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. Hematopoietic cell transplantation with reduced intensity conditioning regimen using fludarabine/busulfan and fludarabine/melphalan for primary immunodeficiency diseases . The 45th Annual Meeting of the European Society for Blood and Marrow Transplantation 2019.03.24 Frankfurt

  10. Isoda Takeshi, Murre Cornelis. 免疫応答のエピジェネティック調節 非コードRNA ThymoD転写は、T細胞の運命を特定し、T細胞悪性疾患を抑制するために核構造を修飾する(Epigenetic regulation of immune response Non-coding RNA ThymoD transcription modulates nuclear architecture to specify T-cell fate and inhibits T-cell malignancies). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2018.12.01

  11. Isoda T, Nishimura A, Miyamoto S, Morio T, Takagi M, Murre C. Non-Coding RNA thymod transcription modulates nuclear architecture to Orchestratet-Cell fate and block T-Cell malignancies. SIOP2018 2018.11.17 Kyoto

  12. Inoue Maiko, Isoda Takeshi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. 原発性複合免疫不全症におけるサイトメガロウイルス喉頭炎(Cytomegalovirus laryngitis in primary combined immunodeficiency diseases). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  13. 磯田 健志, 西村 聡, 宮本 智史, 森尾 友宏, 高木 正稔, ミュア・コーネリウス . 非コードRNA転写による核内構造変換はT細胞への系列決定を誘導しT細胞系腫瘍の抑制に寄与する(ThymoD modulates nuclear architecture to specify T-cell fate and blocks T-cell malignancies). 臨床血液 2018.09.01

  14. 磯田 健志, 高木 正稔. エピゲノム異常とトランスレーショナルリサーチ 非コードRNA転写による核内構造変換はT細胞への系列決定を誘導しT細胞系腫瘍の抑制に寄与する(Epigenome abnormalities and translational research Non-coding RNA transcription modulates nuclear architecture to specify T-cell fate and blocks T-cell malignancies). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  15. Miyamoto Satoshi, Okawa Teppei, Mitsuiki Noriko, Isoda Takeshi, Aoki Yuki, Takagi Masatoshi, Kajiwara Michiko, Imai Kohsuke, Kanegane Hirokazu, Nagasawa Masayuki, Morio Tomohiro. 先天性角化不全症に対する非血縁同種骨髄移植 2症例報告(Unrelated allogenic bone marrow transplantation for dyskeratosis congenita: two case reports). 臨床血液 2015.09.01

  16. Nagasawa Masayuki, Ookawa Teppei, Endo Akifumi, Mitsuiki Noriko, Ono Toshiaki, Aoki Yuki, Isoda Takeshi, Tomizawa Daisuke, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Kajiwara Michiko, Morio Tomohiro, Mizutani Shuki. トロンボモジュリン-αは同種異系SCT後の凝固不全を伴うTRMを改善する(Thrombomodulin-alpha improves the coagulation disorder associated TRM after allogeneic SCT). 臨床血液 2012.09.01

  17. 磯田 健志, 高木 正稔, 森尾 友宏, 水谷 修紀. ATM欠損早期T細胞分化における14番染色体TCRd鎖切断と転座形成の可視化(Visualization of chromosome 14 breaks and translocations involving TCRd loci during early T-cell development lacking ATM). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  18. Nagasawa Masayuki, Okawa Teppei, Endo Akifumi, Mitsuiki Noriko, Aoki Yuki, Ono Toshiaki, Isoda Takeshi, Tomizawa Daisuke, Takagi Masatoshi, Morio Tomohiro, Mizutani Shuki, Kajiwara Michiko, Ishiwata Yasuyoshi, Yasuhara Masato. SCT施行小児患者におけるbusulfan経口投与および静脈内投与の後向きPK/PD解析(Retrospective PK/PD analysis of oral and intravenous busulfan in pediatric patients having SCT). 臨床血液 2011.09.01

  19. 高木 正稔, 烏野 初萌, 磯田 健志, 杉本 昌隆, 安田 章夫, 水谷 修紀. DNA損傷応答と細胞代謝におけるATMファミリー蛋白質の新側面 ATMは細胞分化を制御する(Novel Aspect of ATM family proteins in DNA damage responses and cellular metabolism ATM regulates cell differentiation). 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 2010.12.01

  20. Isoda Takeshi. 免疫学的に無症候性癌クローンの母から子に対する伝達(Immunologically silent cancer clone transmission from mother to offspring). 小児がん 2010.12.01

  21. Isoda Takeshi, Mitsuiki Noriko, Aoki Yuki, Tomizawa Daisuke, Takagi Masatoshi, Nagasawa Masayuki, Morio Tomohiro, Ochiai Nakaba, Taki Tomohiko, Taniwaki Masafumi, Saji Hiroh, Mizutani Shuki. p190型BCR-ABL白血病の母児移行の原因としてのNIMAの欠失(Loss of NIMA as a possible role of materno-fetal transmission of p190 type BCR-ABL leukemia). 臨床血液 2009.09.01

  22. 磯田 健志, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 滝 智彦, 谷脇 雅史, 水谷 修紀. p190型BCR-ABL白血病における母児間転移と非遺伝母HLAアレル(NIMA)欠損(Materno-fetal transmission and loss of non-inherited maternal MHC in p190 type BCR-ABL leukemia). 日本癌学会総会記事 2009.08.01

  23. 江口沙織, 山下基, 神谷尚宏, 新里大毅, 満生紀子, 磯田健志, 梶原道子, 高木正稔, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏. 白血球接着不全症I型に対する移植後シンクロホスファミド方を用いたHLA半合致血縁者間抹消血幹細胞移植. 第16回日本血液学会関東甲信越地方会 2022.03.19 東京及びWeb開催

  24. 永松優一, 磯田健志, 友政弾, 満生紀子, 山下基, 遠藤明史, 神谷尚宏, 今井耕輔, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏. 早期強化療法後にも頭蓋内残存腫瘤影の精査を要したT細胞急性リンパ性白血病. 第124回日本小児科学会学術集会 2021.04.17 京都

  25. 磯田健志, 西村聡, 森尾友宏, 高木正稔. 免疫不全症、がんクローン進化に関与する非コードRNA転写異常症の同定法の確立. 第124回日本小児科学会学術集会 2021.04.17 京都

  26. 友政弾, 満生紀子, 磯田健志, 森下あおい, 友田昴宏, 廣木遙, 松本和明, 西村聡, 宮本智史, 山下基, 岡野翼, 星野顕宏, 遠藤明史, 神谷尚宏, 柳町昌克, 伊東祐之, 梶原道子, 長澤正之, 今井耕輔, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏. DNAリガーゼIV欠損症に対する造血細胞移植の報告. 第43回日本造血細胞移植学会総会 2021.03.05 東京

  27. 福田 淳奈, 武井 陽, 梅原 真帆, 高橋 孝治, 磯田 健志, 中島 啓介, 太田 哲也, 根本 悠里, 坂元 直哉. Wilms腫瘍の初発症状で肺塞栓症を呈し突然死に至った1例. 日本小児科学会雑誌 2020.12.01

  28. 梅原 真帆, 小野 敏明, 荻野 靖子, 久野 はる香, 井上 健斗, 武井 陽, 高橋 孝治, 中島 啓介, 磯田 健志, 家子 正裕, 太田 哲也. 胃腸炎罹患後に、一過性にループスアンチコアグラント陽性・低プロトロンビン血症(LAHPS)を発症した1例. 日本小児科学会雑誌 2020.12.01

  29. Takeshi Isoda, Akira Nishimura, Tomohiro Morio, Masatoshi Takagi. 非コードRNA転写による核内局在転換はT細胞への系列決定を誘導しT細胞系腫瘍の抑制に関与する. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.21 Web開催

  30. 神谷尚宏, 友政禅, 友田昴宏, 山下基, 磯田健志, 今井耕輔, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏. CAR-T療法の実際:様々な状況下での経験を通して. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.21 Web開催

  31. 山野 春樹, 山下 基, 高瀬 千尋, 森下 あおい, 磯田 健志, 松本 惇奈, 渡邉 友博, 渡辺 誠一, 金兼 弘和, 今井 耕輔, 森尾 友宏. 迅速な医療連携により早期診断に至ったX連鎖重症複合免疫不全症の1例. 日本小児科学会雑誌 2020.11.01

  32. 15.小野真太郎, 金兼弘和, 柳町昌克, 足洗美穂, 田中真理, 廣木遥, 井上健斗, 星野顕宏, 神谷尚宏, 満生紀子, 磯田健志, 高木正稔, 今井耕輔, 森尾友宏. 当科で経験したXIAP欠損症関連炎症性腸疾患について. 第47回日本小児栄養消化器肝臓学会 2020.10.23 Web開催

  33. 磯田 健志, 森尾 友宏. 病態探索に挑む 非コードRNA転写異常を背景とした免疫不全、発がんの病態探索. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2020.10.01

  34. 坂川 由里歌, 友田 昂宏, 森下 あおい, 井上 健斗, 岡野 翼, 山下 基, 神谷 尚宏, 水野 朋子, 磯田 健志, 柳町 昌克, 金兼 弘和, 高木 正稔, 今井 耕輔, 森尾 友宏. 骨髄移植後のIgG2選択的低値時に発症した侵襲性肺炎球菌感染症. 日本小児科学会雑誌 2020.09.01

  35. 江口詩織, 磯田健志, 金田朋也, 井上健斗, 星野顕宏, 滝島茂, 柳町昌克, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 竹内万彦, 森尾友宏. 高張食塩水吸入療法が奏効した原発性線毛機能不全症の兄弟例. 第123回日本小児科学会学術集会 2020.08.23 神戸

  36. 江口詩織, 磯田健志, 金田朋也, 井上健斗, 星野顕宏, 滝島茂, 柳町昌克, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 竹内万彦, 森尾友宏. 重症感染症を繰り返すも病識が欠如し管理に難渋している高IgE症候群の一例. 第123回日本小児科学会学術集会 2020.08.23 神戸

  37. 森下あおい, 山下基, 磯田健志, 友田昂宏, 岡野翼, 神谷尚宏, 遠藤明史, 柳町昌克, 今井耕輔, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏 . ALLの移植後再発に対し分子標的薬により寛解を得,PT-CY法で再移植した一例. 第123回日本小児科学会学術集会 2020.08.21 神戸

  38. 小野 真太郎, 金兼 弘和, 柳町 昌克, 足洗 美穂, 田中 真理, 廣木 遥, 井上 健斗, 星野 顕宏, 神谷 尚宏, 満生 紀子, 磯田 健志, 高木 正稔, 今井 耕輔, 森尾 友宏. 当科で経験したXIAP欠損症関連炎症性腸疾患について. 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 2020.04.01

  39. 江口 詩織, 磯田 健志, 金田 朋也, 井上 健斗, 星野 顕宏, 滝島 茂, 柳町 昌克, 高木 正稔, 金兼 弘和, 今井 耕輔, 竹内 万彦, 森尾 友宏. 高張食塩水吸入療法が奏効した原発性線毛機能不全症の兄弟例. 日本小児科学会雑誌 2020.02.01

  40. 森下 あおい, 山下 基, 磯田 健志, 友田 昂宏, 岡野 翼, 神谷 尚宏, 遠藤 明史, 柳町 昌克, 今井 耕輔, 金兼 弘和, 高木 正稔, 森尾 友宏. ALLの移植後再発に対し分子標的薬により寛解を得,PT-CY法で再移植した一例. 日本小児科学会雑誌 2020.02.01

  41. 友田 昂宏, 岡野 翼, 森下 あおい, 井上 健斗, 山下 基, 神谷 尚宏, 磯田 健志, 柳町 昌克, 高木 正稔, 金兼 弘和, 今井 耕輔, 森尾 友宏. 重症感染症を繰り返すも病識が欠如し管理に難渋している高IgE症候群の一例. 日本小児科学会雑誌 2020.02.01

  42. 遠藤明史, 今井耕輔, 神谷尚宏, 磯田健志, 柳町昌克, 高木正稔, 金兼弘和, 森尾友宏, 平川晃弘, 小池竜司. 原発性免疫不全症データベース(PIDJ)を活用した希少疾患の臨床開発プラットフォームの構築. 第40回日本臨床薬理学会学術総会 2019.12.06 東京

  43. 伊藤 佳史, 岡本 健太郎, 荻野 恵, 友田 昴, 井上 真依子, 磯田 健志, 今井 耕輔. 原発性免疫不全症の治療経過中に腸管気腫症をきたし保存的加療で軽快した2例. 日本小児外科学会雑誌 2019.12.01

  44. 宮岡 双葉, 友田 昂宏, 山下 基, 磯田 健志, 井上 健斗, 神谷 尚宏, 柳町 昌克, 今井 耕輔, 高木 正稔, 金兼 弘和, 森尾 友宏. インフルエンザ感染症をきっかけに溶血発作を呈したグルコース-6-リン酸脱水素酵素(G6PD)欠損症の7歳男児. 日本小児科学会雑誌 2019.11.01

  45. 遠藤 明史, 今井 耕輔, 神谷 尚宏, 磯田 健志, 柳町 昌克, 高木 正稔, 金兼 弘和, 森尾 友宏, 平川 晃弘, 小池 竜司. 原発性免疫不全症データベース(PIDJ)を活用した希少疾患の臨床開発プラットフォームの構築. 臨床薬理 2019.11.01

  46. 坂川 由里歌, 友田 昂宏, 岡野 翼, 森下 あおい, 井上 健斗, 山下 基, 遠藤 明史, 磯田 健志, 神谷 尚宏, 柳町 昌克, 高木 正稔, 金兼 弘和, 今井 耕輔, 竹下 健一, 石和田 稔彦, 森尾 友宏. 骨髄移植後のIgG2選択的低値時に発症した侵襲性肺炎球菌感染症. 日本小児血液・がん学会雑誌 2019.10.01

  47. 森下 あおい, 磯田 健志, 山下 基, 神谷 尚宏, 岡野 翼, 友田 昂宏, 遠藤 明史, 柳町 昌克, 今井 耕輔, 金兼 弘和, 高木 正稔, 森尾 友宏. B前駆細胞性急性リンパ性白血病の移植後再発に対して、GVHDの治療を行いながらBlinatumomabを使用した一例. 日本小児血液・がん学会雑誌 2019.10.01

  48. 遠藤 明史, 今井 耕輔, 井上 健斗, 岡野 翼, 清水 則夫, 寺田 尚美, 森下 あおい, 友田 昂宏, 山下 基, 柳町 昌克, 磯田 健志, 神谷 尚宏, 高木 正稔, 金兼 弘和, 森尾 友宏. 免疫不全患者に対するマルチプレックスPCR法を用いた呼吸器感染症早期診断の臨床的有用性の検討. 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2019.10.01

  49. 遠藤 明史, 今井 耕輔, 井上 健斗, 岡野 翼, 清水 則夫, 寺田 尚美, 森下 あおい, 友田 昂宏, 山下 基, 柳町 昌克, 磯田 健志, 神谷 尚宏, 高木 正稔, 金兼 弘和, 森尾 友宏. 免疫不全患者に対するマルチプレックスPCR法を用いた呼吸器感染症早期診断の臨床的有用性の検討. 日本小児血液・がん学会雑誌 2019.10.01

  50. 井上 健斗, 神谷 尚宏, 井上 真依子, 星野 顕宏, 磯田 健志, 柳町 昌克, 今井 耕輔, 金兼 弘和, 高木 正稔, 森尾 友宏. ドナーリンパ球輸注により寛解導入及び1年間の寛解を維持できた再発性T細胞型急性リンパ性白血病症例. 日本小児血液・がん学会雑誌 2019.10.01

  51. 谷田 けい, 友田 昂宏, 山下 基, 磯田 健志, 今留 謙一, 森尾 友宏, 金兼 弘和. γδT細胞ならびにNK細胞へのEBウイルス感染が認められた種痘様水疱症. 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2019.10.01

  52. 松本 和明, 西村 聡, 井上 真依子, 井上 健斗, 廣木 遥, 小野 真太郎, 岡野 翼, 田中 真理, 足洗 美穂, 宮本 智史, 宮脇 零士, 山岸 千佳, 手束 真理, 大川 哲平, 星野 顕宏, 遠藤 明史, 神谷 尚宏, 青木 由貴, 満生 紀子, 小野 敏明, 柳町 昌克, 磯田 健志, 富澤 大輔, 長澤 正之, 梶原 道子, 高木 正稔, 金兼 弘和, 今井 耕輔, 森尾 友宏. Wiskott-Aldrich症候群における血小板輸血不応に対する各種治療薬の効果と安全性の検討. 日本小児血液・がん学会雑誌 2019.10.01

  53. 磯田 健志. 非コードRNAの転写によるゲノムの核内区画転換とT細胞運命決定. 東京都医師会雑誌 2019.07.01

  54. 下山 輝義, 井上 真依子, 磯田 健志, 福岡 かほる, 堀越 裕歩, 山下 基, 松本 和明, 井上 健斗, 神谷 尚宏, 柳町 昌克, 高木 正稔, 金兼 弘和, 今井 耕輔, 森尾 友宏. サイトメガロウイルス喉頭炎を合併したWiskott-Aldrich症候群の乳児例. 日本小児科学会雑誌 2019.06.01

  55. 足洗美穂, 西村聡, 神谷尚宏, 山本俊亮, 小野林太郎, 友田昴宏, 山本薫, 井上健斗, 井上真依子, 廣木遥, 宮本智史, 星野顕宏, 梅原直, 平林真介, 岡本健太郎, 柳町昌克, 磯田健志, 細谷要介, 長谷川大輔, 今井耕輔, 高木正稔, 金兼弘和, 森尾友宏, 真部淳. 造血細胞移植後に生じた腸管気腫症に対して間欠的酸素投与が有効であった3例. 第41回日本造血細胞移植学会総会 2019.03.08 大阪

  56. 西村聡, 青木由貴, 石渡泰芳, 井上真依子, 市村卓也, 上山潤一, 松本和明, 井上健斗, 廣木遥, 小野真太郎, 岡野翼, 田中真理, 足洗美穂, 宮本智史, 宮脇零士, 山岸千佳, 手束真理, 大川哲平, 星野顕宏, 遠藤明史, 安原眞人, 神谷尚宏, 満生紀子, 小野敏明, 柳町昌克, 磯田健志, 富澤大輔, 長澤正之, 梶原道子, 高木正稔, 水谷修紀, 金兼弘和, 今井耕輔, 森尾友宏. 原発性免疫不全症に対するフルダラビン・ブスルファンとフルダラビン・メルファランの強度減弱前処置による造血細胞移植. 第2回日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会 2019.02.02 東京

  57. 西村 聡, 足洗 美穂, 神谷 尚宏, 山本 俊亮, 山本 薫, 友田 昂宏, 井上 真依子, 井上 健斗, 宮本 智史, 小野 林太郎, 平林 真介, 磯田 健志, 柳町 昌克, 細谷 要介, 長谷川 大輔, 今井 耕輔, 高木 正稔, 金兼 弘和, 真部 淳, 森尾 友宏. 腸管気腫を来した血液腫瘍性疾患・原発性免疫不全症の5例. 日本小児科学会雑誌 2019.02.01

  58. 四手井 綱則, 岩田 はる香, 勝屋 恭子, 松本 和明, 山内 建, 青木 龍, 神谷 尚宏, 磯田 健志, 森丘 千夏子, 滝 敦子, 今井 耕輔, 森尾 友宏. DNA自動抽出法と定量PCRキットを用いた新生児免疫不全症スクリーニング法の検討. 日本小児科学会雑誌 2019.02.01

  59. 磯田 健志. ATM欠損早期T細胞分化障害時の染色体切断と転座形成機構の病態解析. 日本小児科学会雑誌 2013.02.01

  60. 山内 建, 磯田 健志, 大川 哲平, 手束 真理, 富澤 大輔, 高木 正稔, 今井 耕輔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 高IgM症候群の臍帯血移植後に遷延する骨髄球系分化障害に対してリメタゾン投与が奏功した一例. 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号 2012.11.01

  61. 手束 真理, 大川 哲平, 磯田 健志, 富澤 大輔, 高木 正稔, 今井 耕輔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 今留 謙一. EBウイルス関連血球貪食症候群の治療終了後早期再燃に対し、同胞間骨髄移植を施行した一例. 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号 2012.11.01

  62. 長澤 正之, 大川 哲平, 遠藤 明史, 満生 紀子, 小野 敏明, 青木 由貴, 磯田 健志, 富澤 大輔, 高木 正稔, 今井 耕輔, 梶原 道子, 森尾 友宏, 水谷 修紀. トロンボモジュリン-αは早期の凝固関連移植合併症死を改善する. 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号 2012.11.01

  63. 磯田 健志, 高木 正稔, 朴 今花, 増田 喬子, 伊川 友活, 東 みゆき, 森尾 友宏, 河本 宏, 水谷 修紀. ATM欠損T細胞分化のDN期におけるTリンパ球減少の原因と染色体転座の関係. 日本小児科学会雑誌 2012.02.01

  64. 磯田 健志, 高木 正稔, 朴 今花, 増田 喬子, 伊川 友活, 東 みゆき, 森尾 友宏, 河本 宏, 水谷 修紀. 遺伝性毛細血管拡張性小脳失調症のDouble Negative期におけるTリンパ球分化異常と発がんメカニズムの関係. 小児がん 2011.11.01

  65. 磯田 健志, 高木 正稔, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 毛細血管拡張性小脳失調症(Ataxia Telangiectagia)におけるT細胞分化異常の解析. 日本臨床免疫学会会誌 2011.08.01

  66. 山本 敦子, 水野 朋子, 荒木 聡, 満生 紀子, 青木 由貴, 磯田 健志, 高木 正稔, 長澤 正之, 水谷 修紀. 急性骨髄性白血病の治療中に大脳基底核炎を起こした1例. 日本小児科学会雑誌 2011.04.01

  67. 磯田 健志, 満生 紀子, 富澤 大輔, 落合 央, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 滝 智彦, 佐治 博夫, 水谷 修紀. 母体の血液腫瘍は妊娠中の胎児に転移し発症しうる. 日本小児科学会雑誌 2011.02.01

  68. 長澤 正之, 大川 哲平, 遠藤 明史, 満生 紀子, 青木 由貴, 小野 敏明, 磯田 健志, 富澤 大輔, 高木 正稔, 梶原 道子, 水谷 修紀. 造血幹細胞移植における新規「DIC・微小血管障害の臨床スコア」作成とその有効性・有用性の後方視的検討. 小児がん 2010.12.01

  69. 津山 直子, 冨樫 由紀, 倉田 盛人, 波多野 郷子, 青木 由貴, 小野 敏明, 磯田 健志, 高木 正稔, 水谷 修紀, 北川 昌伸, 竹内 賢吾. MYH9-ALK:Anaplastic large cell lymphomaにおける稀なALK融合遺伝子の同定. 日本リンパ網内系学会会誌 2010.05.01

  70. 磯田 健志, 遠藤 明史, 満生 紀子, 小野 敏明, 青木 由貴, 富澤 大輔, 高木 正稔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 西尾 信博, 濱 麻人, 在家 祐司, 真部 淳, 伊藤 雅文, 小島 勢二, 水谷 修紀. Low grade MDSの骨髄所見を示した先天性角化不全症TINF2変異の一例. 小児がん 2009.11.01

  71. 遠藤 明史, 小野 敏明, 青木 由貴, 磯田 健志, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 梶原 道子. 著明な骨浸潤と腸重積を伴ったBurkittリンパ腫の一男児例. 小児がん 2009.09.01

  72. 高木 正稔, 青木 由貴, 磯田 健志, 佐藤 隆介, 満生 紀子, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 李 慶徳, 山高 篤行, 森川 信行, 黒田 達夫, 水谷 修紀. 化学療法抵抗性を示したWilms腫瘍、favorable histology、ステージIVの1例. 小児がん 2009.09.01

  73. 青木 由貴, 高木 正稔, 前田 佳真, 新井 洋美, 高橋 真弓, 柴田 聡子, 磯田 健志, 満生 紀子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 安原 眞人, 水谷 修紀. 化学療法抵抗性を示したWilms腫瘍に対する薬物動態解析にもとづくトポテカン(ノギテカン)の投与経験. 小児がん 2009.09.01

  74. 長澤 正之, 小野 敏明, 遠藤 明史, 青木 由貴, 磯田 健志, 富澤 大輔, 高木 正稔, 梶原 道子, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 当科における同種造血幹細胞移植(1995-2007年)の検討. 日本小児科学会雑誌 2009.02.01

  75. 遠藤 明史, 小野 敏明, 青木 由貴, 磯田 健志, 高木 正稔, 長沢 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 急速に心房内に浸潤する縦隔腫瘍に対し緊急的に心房内腫瘤摘出手術を施行した14歳女児例. 小児がん 2009.02.01

  76. 小野 敏明, 遠藤 明史, 佐藤 隆介, 青木 由貴, 磯田 健志, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. TEL-AML1陽性B前駆細胞型急性リンパ性白血病治療後に、難治性びまん性大細胞型Bリンパ腫を発症した1例. 小児がん 2008.11.01

  77. 青木 由貴, 遠藤 明史, 満生 紀子, 小野 敏明, 磯田 健志, 富澤 大輔, 高木 正稔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 笹原 洋二, 久間木 悟, 土屋 滋, 大石 勉. 免疫不全症に合併した悪性リンパ腫2例. 小児がん 2008.11.01

  78. 遠藤 明史, 水谷 修紀, 森尾 友宏, 長沢 正之, 高木 正稔, 磯田 健志, 青木 由貴, 小野 敏明. 上大静脈症候群で発症し、急速に心房内に進展したため緊急的に開胸手術を要した滑膜肉腫の14歳女児例. 小児がん 2008.11.01

  79. 小野 敏明, 遠藤 明史, 青木 由貴, 佐藤 隆介, 磯田 健志, 高木 正稔, 長澤 正之, 岡崎 任晴, 森尾 友宏, 水谷 修紀. TEL-AML1陽性B前駆細胞型急性リンパ性白血病治療後に、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫を発症した1例. 臨床血液 2008.09.01

  80. 満生 紀子, 磯田 健志, 青木 由貴, 高木 正稔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 急性リンパ性白血病の維持療法中に、慢性骨髄性白血病を発症した12歳女児例. 臨床血液 2008.09.01

  81. 小田 洋美, 渋谷 有香, 真田 泰明, 高橋 真弓, 柴田 聡子, 根津 雅和, 安原 眞人, 青木 由貴, 磯田 健志, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 小児骨髄移植患者におけるブスルファン静脈内投与時の血中濃度モニタリング. TDM研究 2008.06.01

  82. 青木 由貴, 満生 紀子, 磯田 健志, 佐藤 隆介, 今井 雅子, 高木 正稔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 急性骨髄性白血病の寛解導入療法中に血球貪食症候群(HPS)を呈し急死した乳児2例. 日本小児科学会雑誌 2008.02.01

  83. 高木 正稔, 青木 由貴, 前田 佳真, 磯田 健志, 満生 紀子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 難治性ウイルムス腫瘍に対するトポテカンの使用経験. 小児がん 2007.12.01

  84. 青木 由貴, 磯田 健志, 高木 正稔, 満生 紀子, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 安原 眞人, 和田 泰三, 谷内江 昭宏. 2度の移植により生着が得られた白血球接着異常症type1の1例. 小児がん 2007.12.01

  85. 青木 由貴, 磯田 健志, 佐藤 隆介, 富澤 大輔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 梶原 道子, 加藤 政彦, 谷内江 昭宏. 臍帯血移植後にMAC(Mycobacterium avium complex)感染症を起こしたOmenn病の一男児例. 小児感染免疫 2007.12.01

  86. 満生 紀子, 磯田 健志, 青木 由貴, 高木 正稔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病移植後再発でhyperCVAD+imatinib療法後骨髄移植を施行しえた一例. 小児がん 2007.12.01

  87. 近藤 健介, 菊地 陽, 石井 栄三郎, 磯田 健志, 井田 孔明, 沖本 由理, 熊谷 昌明, 黒木 文子, 小林 千恵, 角南 勝介, 藤本 純一郎, 森 鉄也, 土田 昌宏, 東京小児がん研究グループ(TCCSG)リンパ腫委員会. 成熟B細胞非ホジキンリンパ腫、未分化大細胞リンパ腫に対するTCCSG NHL-B0105登録と治療成績. 小児がん 2007.12.01

  88. 森 鉄也, 角南 勝介, 近藤 健介, 石井 栄三郎, 磯田 健志, 井田 孔明, 沖本 由理, 菊地 陽, 熊谷 昌明, 黒木 文子, 小林 知恵, 藤本 純一郎, 土田 昌宏. 小児リンパ芽球性リンパ腫に対するTCCSG NHL-T0105登録の治療成績 NHL-BFM90の有用性と大量MTX減量の可能性. 小児がん 2007.12.01

  89. 磯田 健志, 満生 紀子, 落合 央, 青木 由貴, 富澤 大輔, 高木 正稔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 滝 智彦. 母体由来のBCR-ABLクローンより悪性リンパ腫を発症した11ヵ月女児例. 小児がん 2007.12.01

  90. 長澤 正之, 片桐 朋子, 保立 麻美子, 倉信 大, 青木 由貴, 磯田 健志, 佐々木 章人, 鹿島田 健一, 高木 正稔, 荒木 聡, 土井 庄三郎. 遷延する発熱の経過中にけいれんおよび意識障害を呈した9歳の女児. 小児科臨床 2007.11.01

  91. 滝島 茂, 佐藤 隆介, 大野 文誉, 今井 雅子, 満生 紀子, 磯田 健志, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 梶原 道子, 山高 篤行, 松本 俊治. 診断時肺転移を認め、化学療法中に肝転移を生じた左腎原発Wilms腫瘍の1例. 小児がん 2007.09.01

  92. 満生 紀子, 佐藤 隆介, 磯田 健志, 今井 雅子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 梶原 道子, 青木 由貴. GVHDにより大量消化管出血を呈し、その治療に苦慮した非血縁骨髄移植の2症例. 日本小児血液学会雑誌 2006.10.01

  93. 黒木 文子, 井田 孔明, 森 鉄也, 藤本 純一郎, 菊地 陽, 熊谷 昌明, 角南 勝介, 沖本 由理, 石井 栄三郎, 嶋田 明, 阿部 泰子, 小林 千恵, 落合 秀匡, 近藤 健介, 磯田 健志, 土田 昌宏. 小児NK細胞腫瘍の病型と転帰:TCCSG施設が経験した14例の後方視的解析. 日本小児血液学会雑誌 2006.10.01

  94. 青木 由貴, 富澤 大輔, 磯田 健志, 長澤 正之, 梶原 道子, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 治療経過中にPhiladelphia染色体陽性となった急性骨髄性白血病の一女児例. 臨床血液 2006.09.01

  95. 古市 嘉行, 佐野 友昭, 合井 久美子, 犬飼 岳史, 杉田 完爾, 中澤 眞平, 森尾 友宏, 長澤 正之, 磯田 健志, 水谷 修紀. 生後3日で血小板減少が発見されたWASP異常症の1男児例. 日本小児血液学会雑誌 2005.10.01

  96. 崎山 美知代, 熊谷 昌明, 清谷 知賀子, 塩田 曜子, 磯田 健志, 恒松 由記子. モノソミー7の核型異常を認めた骨髄異形成症候群の兄妹例. 日本小児血液学会雑誌 2005.10.01

  97. 佐藤 隆介, 青木 由貴, 小野 敏明, 磯田 健志, 富澤 大輔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 当科で経験した頭蓋内胚細胞性腫瘍7例のまとめ. 日本小児血液学会雑誌 2005.10.01

  98. 富澤 大輔, 青木 由貴, 磯田 健志, 伊東 祐之, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 原発性免疫不全症に対するReduced-intensity stem cell transplantation. 日本小児血液学会雑誌 2005.10.01

  99. 梶原 道子, 青木 由貴, 佐藤 隆介, 磯田 健志, 富澤 大輔, 今井 耕輔, 辻 陽一郎, 長澤 正之, 森尾 友宏, 野々山 恵章, 水谷 修紀. 原発性免疫不全症30例に対する造血細胞移植に関する臨床的検討. 日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集 2005.09.01

  100. 伊集 加奈子, 磯田 健志, 岡田 就将, 伊東 祐之, 辻 陽一郎, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 重度の自己免疫反応を認めたWiskott-Aldrich症候群の1例. 日本小児科学会雑誌 2005.07.01

  101. 青木 由貴, 富澤 大輔, 磯田 健志, 佐藤 隆介, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 加藤 政彦, 谷内江 昭宏. 臍帯血移植後に非定型抗酸菌(MAC)感染症を起こしたOmenn病の一男児例. 日本小児科学会雑誌 2005.02.01

  102. 森尾 友宏, 青木 由貴, 磯田 健志, 富澤 大輔, 長澤 正之, 水谷 修紀, 馬場 憲三, 水上 美樹, 渡邊 健, 清水 則夫. 日和見感染症の的確な早期診断を目指した高感度迅速網羅的微生物検出システムの開発. 日本小児科学会雑誌 2005.02.01

  103. 磯田 健志, 貴志 絵梨子, 青木 由貴, 富澤 大輔, 伊東 祐之, 梶原 道子, 長沢 正行, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 脇本 浩明, 磯谷 栄二, 長尾 久美子, 高田 義章. 急激な経過で死亡した頭蓋内原発悪性黒色腫の一例. 小児がん 2004.11.01

  104. 磯田 健志, 貴志 絵梨子, 青木 由貴, 富澤 大輔, 伊東 祐之, 梶原 道子, 長沢 正行, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 脇本 浩明, 磯谷 栄二. 急激な経過で死亡した頭蓋内原発悪性黒色腫の一例. 日本小児血液学会雑誌 2004.08.01

  105. 磯田 健志, 岡田 就将, 伊東 佑之, 辻 陽一郎, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. HD-AraC後に急激な中枢神経病変と多臓器不全をきたし死亡した治療抵抗性EBV-HLHの一例. 日本小児科学会雑誌 2004.02.01

  106. 岡田 就将, 磯田 健志, 富澤 大輔, 伊東 祐之, 辻 陽一郎, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 野々山 恵章, 水谷 修紀. 末梢血幹細胞移植後にトキソプラズマ脳症を発症した慢性活動性EBV感染症の一例. 日本小児科学会雑誌 2004.02.01

  107. 磯田 健志, 辻 陽一郎, 河本 博, 富澤 大輔, 長澤 正之, 峯岸 克之, 梶原 道子, 森尾 友宏, 野々山 恵章, 水谷 修紀. 著明な腹部膨満,呼吸障害にて発症し,救命し得た乳児神経芽腫IV sの一例. 小児がん 2003.10.01

  108. 長澤 正之, 磯田 健志, 富澤 大輔, 伊東 祐之, 辻 陽一郎, 梶原 道子, 森尾 友宏, 野々山 恵章, 水谷 修紀. 特発性血小板減少性紫斑病 血中の可溶性CD40リガンドの主体は血小板に由来する 造血幹細胞移植における検討. 日本小児血液学会雑誌 2003.08.01

  109. 富澤 大輔, 磯田 健志, 辻 陽一郎, 長澤 正之, 佐久間 啓, 小山 高敏, 水谷 修紀. 先天性プロテインS欠損及び下大静脈部分欠損により深部静脈血栓症を発症した7歳男児例. 日本小児血液学会雑誌 2003.08.01

  110. 長澤 正之, 磯田 健志, 富澤 大輔, 伊東 祐之, 辻 陽一郎, 森尾 友宏, 清水 則夫, 小川 一行, 永田 欽也, 水谷 修紀. 慢性活動性EBウイルス感染症における血清granulysin値の検討. 臨床血液 2003.08.01

  111. 中田 健太郎, 菅原 祐之, 磯田 健志, 富澤 大輔, 中田 慎一郎, 辻 陽一郎, 梶原 道子, 長澤 正之, 峯岸 克行, 森尾 友宏, 水谷 修紀. HPA-5b抗体による新生児同種免疫性血小板減少症(NAITP)と考えられた1例. 日本小児科学会雑誌 2003.07.01

  112. 矢野 晶子, 辻 陽一郎, 小野 敏明, 磯田 健志, 富澤 大輔, 河本 博, 中田 慎一郎, 長沢 正之, 梶原 道子, 峯岸 克行, 森尾 友宏, 野々山 恵章, 水谷 修紀. 重篤な血小板輸注不応を伴ったWiskott-Aldrich症候群に対する同種骨髄移植. 日本小児科学会雑誌 2003.05.01

  113. 磯田 健志, 富澤 大輔, 辻 陽一郎, 梶原 道子, 峯岸 克行, 長澤 正之, 森尾 友宏, 野々山 恵章, 水谷 修紀. 非血縁者間骨髄移植にて治療した重症Wiskott/Aldrich症候群の乳児3例. 日本小児科学会雑誌 2003.02.01

  114. 長澤 正之, 磯田 健志, 富澤 大輔, 辻 陽一郎, 梶原 道子, 峯岸 克行, 森尾 友宏, 野々山 恵章, 小川 一行, 水谷 修紀. 造血幹細胞移植患者における血清granulysin値の解析. 日本小児科学会雑誌 2003.02.01

  115. 富澤 大輔, 磯田 健志, 辻 陽一郎, 峯岸 克行, 長澤 正之, 水谷 修紀. PSL,VBL,MTXによる多剤併用療法が奏効した再燃Langerhans cell histiocytosisの1例. 日本小児科学会雑誌 2003.02.01

  116. 磯田 健志, 富澤 大輔, 中田 慎一郎, 戸谷 剛, 伊東 祐之, 梶原 道子, 長沢 正之, 森尾 友宏, 野々山 恵章, 水谷 修紀, 清水 則之, 山本 興太郎, 関根 暉彬, 山口 敏和, 和山 行正. UL97領域に変異のあるCMVの持続感染症の治療に苦慮しているHLA-haploidentical T細胞除去骨髄移植後の重症複合型免疫不全症患者. 小児感染免疫 2002.07.01

  117. 磯田 健志, 橋本 祐至, 元吉 八重子, 羽尾 規子, 金子 愼一, 佐久間 啓, 伊藤 昌弘, 三沢 正弘, 大塚 正弘, 関 一郎. 抗てんかん薬内服に伴ったEDTA依存性偽性血小板減少症の1例. 日本小児科学会雑誌 2002.04.01

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2018年度 東京都医師会医学研究賞,2019年03月

  • SIOP 2018 award 国際小児がん学会賞,2018年11月

  • 日本小児科学会学術奨励賞.,2013年04月

  • お茶の水医科同窓会 第25回研究奨励賞,2013年03月

  • 15th Biennial Meeting of the European Society for Immunodeficiencies Oral Presentation Award,2012年10月

  • 日本血液学会17th Congress of European Hematology Association (EHA) Travel Award,2012年10月

  • The 53rd ASH Annual Meeting, ASH Abstract Achievement Award,2011年12月

  • The Japanese society for pediatric hematology award at the 7th congress of Asian Society for Pediatric Research,2011年05月

  • 第3回日本小児血液学会賞,2010年12月

  • 東京医科歯科大学小児科学教室 若手会員研究奨励賞,2010年06月

  • 平成21年度東京医科歯科大学医師会賞,2010年06月

  • 東京医科歯科大学小児科学教室 若手会員研究奨励賞,2003年06月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学が重症複合免疫不全症(Artemis欠損症)に対するTCRαβ/CD19除去移植による治療に国内で初めて成功 ,2021年03月

  • 発生発達病態学セミナー,2019年10月

    日時:2019年10月23日(水) 17:30 ~ 19:00
    場所:3号館2階 医学科講義室1 演者:Cornelis Murre, Ph.D.
    Professor, Division of Biological Sciences, Department of Molecular Biology, University of California, San Diego (UCSD)
    タイトル「Helix-loop-helix proteins, genome topology, and chromosome dynamics」

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 血液・腫瘍ブロック 凝固・止血異常講義 (医学科),2020年 - 現在

  • CC クルズス (医学科),2019年 - 現在

  • PCC 小児の問診・診察・検査 (小児血液・免疫・感染症)(医学科),2018年 - 現在

  • 小児の血液腫瘍性疾患 (歯学科),2018年 - 現在