基本情報

写真a

大川 龍之介(オオカワ リュウノスケ)

OHKAWA Ryunosuke


職名

教授

メールアドレス

ohkawa.alc@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

臨床検査、脂質

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東邦大学  理学系研究科  生物分子科学専攻  修士課程  2005年09月  修了

  • 東邦大学  理学系研究科  生物分子科学専攻  博士課程  2009年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  東邦大学

  • 修士(理学)  東邦大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年10月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 生体検査科学専攻 分子・遺伝子応用検査学講座 先端分析検査学 助教
  • 2017年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 生体検査科学専攻 分子・遺伝子応用検査学講座 先端分析検査学 医学部内講師
  • 2018年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科学専攻 生体検査科学講座 先端分析検査学分野 助教
  • 2019年04月
    -
    2020年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科学専攻 生体検査科学講座 先端分析検査学分野 教授
  • 2020年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科学専攻 生体検査科学講座 先端分析検査学分野 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2010年03月
    東京大学医学部附属病院 検査部 臨床検査技師
  • 2010年04月
    -
    2013年09月
    東京大学医学部附属病院 検査部 主任臨床検査技師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医学検査学会

  • 日本臨床検査医学会

  • 日本臨床化学会

  • 日本臨床検査自動化学会

  • 日本臨床検査学教育協議会

  • 日本動脈硬化学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年
     
     
    日本臨床検査同学院 遺伝子分析化学認定士 試験員
  • 2008年
    -
    2017年12月
    日本臨床検査同学院 二級臨床検査士 試験員
  • 2010年
    -
    2013年09月
    東京都臨床検査技師会 精度管理委員
  • 2011年
    -
    2013年09月
    東京都臨床検査技師会 精度保証施設認定制度 認証委員
  • 2012年
    -
    2020年03月
    東京都臨床検査技師会 臨床化学研究班 
  • 2014年
    -
    2017年12月
    日本臨床検査同学院 緊急検査士 試験員
  • 2014年09月
    -
    2020年03月
    International Federation of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine (IFCC) Corresponding Members of Task Force Young Scientists
  • 2015年04月
    -
    現在
    生物試料分析科学会 評議委員
  • 2015年04月
    -
    現在
    日本臨床化学会 評議委員
  • 2015年08月
    -
    2017年03月
    一般社団法人HECTEF 学術専門委員
  • 2018年04月
    -
    現在
    生物試料分析科学会 編集委員
  • 2019年01月
    -
    現在
    日本臨床検査医学会 評議委員
  • 2019年04月
    -
    現在
    日本臨床検査自動化学会 国際交流委員
  • 2019年04月
    -
    現在
    日本臨床検査自動化学会 評議委員
  • 2019年05月
    -
    現在
    日本臨床検査教育協議会 編集委員
  • 2019年05月
    -
    現在
    日本臨床検査教育協議会 将来問題検討委員
  • 2019年10月
    -
    現在
    日本臨床化学会 第60回日本臨床化学会年次学術集会プログラム委員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床化学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 認定臨床化学・免疫化学精度保証管理検査技師

  • 認定臨床化学者

  • 分析機器・試薬アナリスト認定

  • 緊急臨床検査士

  • 二級臨床検査士

  • 臨床検査技師

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 髄鞘関連疾患モデルマウスを用いた小径軸索変性の形態学的・生化学的プロファイリング

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2023年

  • 無細胞系・非放射性・脱超遠心法によるHDLのコレステロール引き抜き能測定法の構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 高比重リポタンパクの多様化に関わる分子機構およびその性質・機能への影響

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 赤血球関連コレステロール代謝の分子機構解析(国際共同研究強化)

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 赤血球関連コレステロール代謝のメカニズムとその破綻の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 高比重リポ蛋白(HDL)が粥状動脈硬化進展に及ぼす影響の2面性について

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 無細胞系・非放射性・脱超遠心法によるHDLのコレステロール引き抜き能測定法の構築

    文部科学省/日本学術振興会

  • HDLダイナミズムと粥状動脈硬化への影響

    文部科学省/日本学術振興会

  • 各種アポリポタンパク転送の定量法の開発と転送メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Ogino M, Kameda T, Mutsuda Y, Tanaka H, Takahashi J, Okazaki M, Ai M, Ohkawa R. Development of internal standard for lipoprotein subclass analysis using dual detection gel-permeation high-performance liquid chromatography system. Bioscience reports. 2022.05; 42 (6): ( PubMed, DOI )

  2. Yuna Horiuchi, Shao-Jui Lai, Takahiro Kameda, Minoru Tozuka, Ryunosuke Ohkawa. Novel cholesterol efflux assay using immobilized liposome-bound gel beads: Confirmation and improvement for application in clinical laboratory. Ann Clin Biochem. 2022.03; 59 (2): 134-143. ( PubMed, DOI )

  3. Takahiro Kameda, Yuna Horiuchi, Shitsuko Shimano, Kouji Yano, Shao-Jui Lai, Naoya Ichimura, Shuji Tohda, Yuriko Kurihara, Minoru Tozuka, Ryunosuke Ohkawa. N-homocysteinylation of high-density lipoprotein on endothelial repair function. Biol Chem. 2021.08; ( PubMed, DOI )

  4. Tamaki Kobayashi, Makoto Kurano, Mai Nanya, Tomo Shimizu, Ryunosuke Ohkawa, Minoru Tozuka, Yutaka Yatomi. Glycation of HDL Polymerizes Apolipoprotein M and Attenuates Its Capacity to Bind to Sphingosine 1-Phosphate. J Atheroscler Thromb. 2021.07; 28 (7): 730-741. ( PubMed, DOI )

  5. Azusa Yamazaki, Ryunosuke Ohkawa, Yuka Yamagata, Yuna Horiuchi, Shao-Jui Lai, Takahiro Kameda, Naoya Ichimura, Shuji Tohda, Minoru Tozuka. Apolipoprotein C-II and C-III preferably transfer to both high-density lipoprotein (HDL)2 and the larger HDL3 from very low-density lipoprotein (VLDL). Biol Chem. 2021.05; 402 (4): 439-449. ( PubMed, DOI )

  6. Yasunori Iwata, Shinji Kitajima, Junya Yamahana, Shuji Shimomura, Shiori Yoneda-Nakagawa, Norihiko Sakai, Kengo Furuichi, Hisayuki Ogura, Koichi Sato, Tadashi Toyama, Yuta Yamamura, Taro Miyagawa, Akinori Hara, Miho Shimizu, Ryunosuke Ohkawa, Makoto Kurano, Yutaka Yatomi, Takashi Wada. Higher serum levels of autotaxin and phosphatidylserine-specific phospholipase A1 in patients with lupus nephritis Int J Rheum Dis. 2021.02; 24 (2): 231-239. ( PubMed, DOI )

  7. Shitsuko Shimano, Ryunosuke Ohkawa, Mayu Nambu, Mai Sasaoka, Azusa Yamazaki, Yuki Fujii, Yuna Horiuchi, Shao-Jui Lai, Takahiro Kameda, Naoya Ichimura, Koji Fujita, Shuji Tohda, Minoru Tozuka. Marked Changes in Serum Amyloid A Distribution and High-Density Lipoprotein Structure during Acute Inflammation. Biomed Res Int. 2021; 2021 9241259. ( PubMed, DOI )

  8. Ryunosuke Ohkawa, Hann Low, Nigora Mukhamedova, Ying Fu, Shao-Jui Lai, Mai Sasaoka, Ayuko Hara, Azusa Yamazaki, Takahiro Kameda, Yuna Horiuchi, Peter J Meikle, Gerard Pernes, Graeme Lancaster, Michael Ditiatkovski, Paul Nestel, Boris Vaisman, Denis Sviridov, Andrew Murphy, Alan T Remaley, Dmitri Sviridov, Minoru Tozuka. Cholesterol transport between red blood cells and lipoproteins contributes to cholesterol metabolism in blood. J Lipid Res. 2020.12; 61 (12): 1577-1588. ( PubMed, DOI )

  9. Hann Low, Nigora Mukhamedova, Luciano Dos Santos Aggum Capettini, Yining Xia, Irena Carmichael, Stephen H Cody, Kevin Huynh, Michael Ditiatkovski, Ryunosuke Ohkawa, Michael Bukrinsky, Peter J Meikle, Soo-Ho Choi, Seth Field, Yury I Miller, Dmitri Sviridov. Cholesterol Efflux-Independent Modification of Lipid Rafts by AIBP (Apolipoprotein A-I Binding Protein). Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.. 2020.08; 40 (10): ATVBAHA120315037. ( PubMed, DOI )

  10. Yuna Horiuchi, Shao-Jui Lai, Takahiro Kameda, Minoru Tozuka, Ryunosuke Ohkawa. Comparison of a novel cholesterol efflux assay using immobilized liposome-bound gel beads with the conventional method. Biosci. Rep.. 2020.07; ( PubMed, DOI )

  11. Nigora Mukhamedova, Anh Hoang, Dragana Dragoljevic, Larisa Dubrovsky, Tatiana Pushkarsky, Hann Low, Michael Ditiatkovski, Ying Fu, Ryunosuke Ohkawa, Peter J Meikle, Anelia Horvath, Beda Brichacek, Yury I Miller, Andrew Murphy, Michael Bukrinsky, Dmitri Sviridov. Exosomes containing HIV protein Nef reorganize lipid rafts potentiating inflammatory response in bystander cells. PLoS Pathog.. 2019.07; 15 (7): e1007907. ( PubMed, DOI )

  12. Shao-Jui Lai, Ryunosuke Ohkawa, Yuna Horiuchi, Tetsuo Kubota, Minoru Tozuka. Red blood cells participate in reverse cholesterol transport by mediating cholesterol efflux of high-density lipoprotein and apolipoprotein A-I from THP-1 macrophages. Biol. Chem.. 2019.06; ( PubMed, DOI )

  13. Yuna Horiuchi, Ryunosuke Ohkawa, Shao-Jui Lai, Shitsuko Shimano, Michio Hagihara, Shuji Tohda, Takahiro Kameda, Minoru Tozuka. Usefulness of apolipoprotein B-depleted serum in cholesterol efflux capacity assays using immobilized liposome-bound gel beads. Biosci. Rep.. 2019.03; ( PubMed, DOI )

  14. Yuna Horiuchi, Ryunosuke Ohkawa, Shao-Jui Lai, Azusa Yamazaki, Hayato Ikoma, Kouji Yano, Takahiro Kameda, Minoru Tozuka. Characterization of the cholesterol efflux of apolipoprotein E-containing high-density lipoprotein in THP-1 cells. Biol. Chem.. 2019.01; 400 (2): 209-218. ( PubMed, DOI )

  15. Megumi Sato, Ryunosuke Ohkawa, Hann Low, Madoka Nishimori, Shigeo Okubo, Akira Yoshimoto, Kouji Yano, Takahiro Kameda, Yutaka Yatomi, Minoru Tozuka. Serum amyloid A does not affect high-density lipoprotein cholesterol measurement by a homogeneous assay. Clin. Biochem.. 2019.01; 63 97-101. ( PubMed, DOI )

  16. Yuko Mishima, Makoto Kurano, Tamaki Kobayashi, Masako Nishikawa, Ryunosuke Ohkawa, Minoru Tozuka, Yutaka Yatomi. Dihydro-sphingosine 1-phosphate interacts with carrier proteins in a manner distinct from that of sphingosine 1-phosphate. Biosci. Rep.. 2018.10; 38 (5): ( PubMed, DOI )

  17. Hitoshi Ikeda, Mariko Kobayashi, Hiromitsu Kumada, Kenichiro Enooku, Kazuhiko Koike, Makoto Kurano, Masaya Sato, Takahiro Nojiri, Tamaki Kobayashi, Ryunosuke Ohkawa, Satoshi Shimamoto, Koji Igarashi, Junken Aoki, Yutaka Yatomi. Performance of autotaxin as a serum marker for liver fibrosis. Ann. Clin. Biochem.. 2018.07; 55 (4): 469-477. ( PubMed, DOI )

  18. Yuna Horiuchi, Shao-Jui Lai, Azusa Yamazaki, Ayaka Nakamura, Ryunosuke Ohkawa, Kouji Yano, Takahiro Kameda, Shigeo Okubo, Shitsuko Shimano, Michio Hagihara, Shuji Tohda, Minoru Tozuka. Validation and application of a novel cholesterol efflux assay using immobilized liposomes as a substitute for cultured cells. Biosci. Rep.. 2018.04; 38 (2): ( PubMed, DOI )

  19. Ryunosuke Ohkawa, Makoto Kurano, Noboru Sakai, Tatsuya Kishimoto, Takahiro Nojiri, Koji Igarashi, Shigemi Hosogaya, Yukio Ozaki, Tomotaka Dohi, Katsumi Miyauchi, Hiroyuki Daida, Junken Aoki, Shigeo Okubo, Hitoshi Ikeda, Minoru Tozuka, Yutaka Yatomi. Measurement of plasma choline in acute coronary syndrome: importance of suitable sampling conditions for this assay. Sci. Rep.. 2018.03; 8 (1): 4725. ( PubMed, DOI )

  20. Makoto Kurano, Kuniyuki Kano, Tomotaka Dohi, Hirotaka Matsumoto, Koji Igarashi, Masako Nishikawa, Ryunosuke Ohkawa, Hitoshi Ikeda, Katsumi Miyauchi, Hiroyuki Daida, Junken Aoki, Yutaka Yatomi. Different origins of lysophospholipid mediators between coronary and peripheral arteries in acute coronary syndrome. J. Lipid Res.. 2017.02; 58 (2): 433-442. ( PubMed, DOI )

  21. Yoshimoto, A., Ohkawa, R., Yano, K., Sato, M., Ichimura, N., Usami, Y., Miyazaki, A., Sugano, M., Uehara, T., and Tozuka, M.. Paraoxonase 1 associated with high-density lipoprotein transfers to oxidized low-density lipoprotein depending on the degree of oxidation. Int J Anal Bio-Sci. 2016.12; 4 (4): 99-109.

  22. Y Nagura, N H Tsuno, K Kano, A Inoue, J Aoki, Y Hirowatari, M Kaneko, M Kurano, M Matsuhashi, R Ohkawa, M Tozuka, Y Yatomi, H Okazaki. Regulation of the lysophosphatidylserine and sphingosine 1-phosphate levels in autologous whole blood by the pre-storage leukocyte reduction. Transfus Med. 2016.10; 26 (5): 365-372. ( PubMed, DOI )

  23. Ahmed Hassan, Tomotaka Dohi, Katsumi Miyauchi, Manabu Ogita, Makoto Kurano, Ryunosuke Ohkawa, Kazuhiro Nakamura, Hiroshi Tamura, Kikuo Isoda, Shinya Okazaki, Yutaka Yatomi, Hiroyuki Daida. Prognostic impact of homocysteine levels and homocysteine thiolactonase activity on long-term clinical outcomes in patients undergoing percutaneous coronary intervention. J Cardiol. 2016.09; ( PubMed, DOI )

  24. Megumi Sato, Ryunosuke Ohkawa, Akira Yoshimoto, Kouji Yano, Naoya Ichimura, Madoka Nishimori, Shigeo Okubo, Yutaka Yatomi, Minoru Tozuka. Effects of serum amyloid A on the structure and antioxidant ability of high-density lipoprotein. Biosci. Rep.. 2016.07; ( PubMed, DOI )

  25. Kouji Yano, Ryunosuke Ohkawa, Megumi Sato, Akira Yoshimoto, Naoya Ichimura, Takahiro Kameda, Tetsuo Kubota, Minoru Tozuka. Cholesterol Efflux Capacity of Apolipoprotein A-I Varies with the Extent of Differentiation and Foam Cell Formation of THP-1 Cells. J Lipids. 2016; 2016 9891316. ( PubMed, DOI )

  26. Naoya Ichimura, Megumi Sato, Akira Yoshimoto, Kouji Yano, Ryunosuke Ohkawa, Takeshi Kasama, Minoru Tozuka. High-Density Lipoprotein Binds to Mycobacterium avium and Affects the Infection of THP-1 Macrophages. J Lipids. 2016; 2016 4353620. ( PubMed, DOI )

  27. Miho Shimizu, Kengo Furuichi, Tadashi Toyama, Junya Yamahana, Ryunosuke Ohkawa, Koji Igarashi, Junken Aoki, Shuichi Kaneko, Yutaka Yatomi, Takashi Wada. Serum Autotaxin Levels Are Associated with Proteinuria and Kidney Lesions in Japanese Type 2 Diabetic Patients with Biopsy-proven Diabetic Nephropathy. Intern. Med.. 2016; 55 (3): 215-221. ( PubMed, DOI )

  28. Ryunosuke Ohkawa, Makoto Kurano, Yuko Mishima, Takahiro Nojiri, Yasunori Tokuhara, Tatsuya Kishimoto, Kazuhiro Nakamura, Shigeo Okubo, Shigemi Hosogaya, Yukio Ozaki, Hiromitsu Yokota, Koji Igarashi, Hitoshi Ikeda, Minoru Tozuka, Yutaka Yatomi. Possible involvement of sphingomyelin in the regulation of the plasma sphingosine 1-phosphate level in human subjects. Clin. Biochem.. 2015.07; 48 (10-11): 690-697. ( PubMed, DOI )

  29. Makoto Kurano, Akiko Suzuki, Asuka Inoue, Yasunori Tokuhara, Kuniyuki Kano, Hirotaka Matsumoto, Koji Igarashi, Ryunosuke Ohkawa, Kazuhiro Nakamura, Tomotaka Dohi, Katsumi Miyauchi, Hiroyuki Daida, Kazuhisa Tsukamoto, Hitoshi Ikeda, Junken Aoki, Yutaka Yatomi. Possible involvement of minor lysophospholipids in the increase in plasma lysophosphatidic Acid in acute coronary syndrome. Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.. 2015.02; 35 (2): 463-470. ( PubMed, DOI )

  30. Makoto Kurano, Kazuhisa Tsukamoto, Masumi Hara, Ryunosuke Ohkawa, Hitoshi Ikeda, Yutaka Yatomi. LDL Receptor and ApoE Are Involved in the Clearance of ApoM-associated Sphingosine 1-Phosphate. J. Biol. Chem.. 2015.01; 290 (4): 2477-2488. ( PubMed, DOI )

  31. Takahiro Kameda, Ryunosuke Ohkawa, Kouji Yano, Yoko Usami, Akari Miyazaki, Kazuyuki Matsuda, Kenji Kawasaki, Mitsutoshi Sugano, Tetsuo Kubota, Minoru Tozuka. Effects of Myeloperoxidase-Induced Oxidation on Antiatherogenic Functions of High-Density Lipoprotein. J Lipids. 2015; 2015 592594. ( PubMed, DOI )

  32. Satoshi Nishimura, Mika Nagasaki, Shinichi Okudaira, Junken Aoki, Tsukasa Ohmori, Ryunosuke Ohkawa, Kazuhiro Nakamura, Koji Igarashi, Hiroshi Yamashita, Koji Eto, Kansei Uno, Naoto Hayashi, Takashi Kadowaki, Issei Komuro, Yutaka Yatomi, Ryozo Nagai. ENPP2 contributes to adipose tissue expansion and insulin resistance in diet-induced obesity. Diabetes. 2014.12; 63 (12): 4154-4164. ( PubMed, DOI )

  33. Kenichiro Enooku, Hayato Nakagawa, Yoko Soroida, Ryunosuke Ohkawa, Yuko Kageyama, Baasanjav Uranbileg, Naoko Watanabe, Ryosuke Tateishi, Haruhiko Yoshida, Kazuhiko Koike, Yutaka Yatomi, Hitoshi Ikeda. Increased serum mitochondrial creatine kinase activity as a risk for hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis C patients. Int. J. Cancer. 2014.08; 135 (4): 871-879. ( PubMed, DOI )

  34. Shiori Ito, Soichiro Iwaki, Rie Kondo, Masashi Satoh, Kazuya Iwabuchi, Ryunosuke Ohkawa, Yuko Mishima, Yutaka Yatomi, Tomoo Furumoto, Hiroyuki Tsutsui, Satoshi Fujii. TNF-α production in NKT cell hybridoma is regulated by sphingosine-1-phosphate: implications for inflammation in atherosclerosis. Coron. Artery Dis.. 2014.06; 25 (4): 311-320. ( PubMed, DOI )

  35. Mayuko Kondo, Takeaki Ishizawa, Kenichiro Enooku, Yasunori Tokuhara, Ryunosuke Ohkawa, Baasanjav Uranbileg, Hayato Nakagawa, Ryosuke Tateishi, Haruhiko Yoshida, Norihiro Kokudo, Kazuhiko Koike, Yutaka Yatomi, Hitoshi Ikeda. Increased serum autotaxin levels in hepatocellular carcinoma patients were caused by background liver fibrosis but not by carcinoma. Clin. Chim. Acta. 2014.06; 433 128-134. ( PubMed, DOI )

  36. Baasanjav Uranbileg, Kenichiro Enooku, Yoko Soroida, Ryunosuke Ohkawa, Yotaro Kudo, Hayato Nakagawa, Ryosuke Tateishi, Haruhiko Yoshida, Seiko Shinzawa, Kyoji Moriya, Natsuko Ohtomo, Takako Nishikawa, Yukiko Inoue, Tomoaki Tomiya, Soichi Kojima, Tomokazu Matsuura, Kazuhiko Koike, Yutaka Yatomi, Hitoshi Ikeda. High ubiquitous mitochondrial creatine kinase expression in hepatocellular carcinoma denotes a poor prognosis with highly malignant potential. Int. J. Cancer. 2014.05; 134 (9): 2189-2198. ( PubMed, DOI )

  37. Yasunori Tokuhara, Kenichi Shukuya, Masami Tanaka, Mariko Mouri, Ryunosuke Ohkawa, Midori Fujishiro, Tomoo Takahashi, Shigeo Okubo, Hiromitsu Yokota, Makoto Kurano, Hitoshi Ikeda, Seiji Yamaguchi, Shinobu Inagaki, Mika Ishige-Wada, Hiromi Usui, Yutaka Yatomi, Tatsuo Shimosawa. Detection of novel visible-light region absorbance peaks in the urine after alkalization in patients with alkaptonuria. PLoS ONE. 2014; 9 (1): e86606. ( PubMed, DOI )

  38. Junko Iino, Makoto Osada, Makoto Kurano, Makoto Kaneko, Ryunosuke Ohkawa, Yumiko Satoh, Shigeo Okubo, Yukio Ozaki, Minoru Tozuka, Nelson H Tsuno, Yutaka Yatomi. Platelet-derived sphingosine 1-phosphate induces migration of Jurkat T cells. Lipids Health Dis. 2014; 13 150. ( PubMed, DOI )

  39. Shiori Ito, Soichiro Iwaki, Keiko Koike, Yuichiro Yuda, Ayako Nagasaki, Ryunosuke Ohkawa, Yutaka Yatomi, Tomoo Furumoto, Hiroyuki Tsutsui, Burton E Sobel, Satoshi Fujii. Increased plasma sphingosine-1-phosphate in obese individuals and its capacity to increase the expression of plasminogen activator inhibitor-1 in adipocytes. Coron. Artery Dis.. 2013.12; 24 (8): 642-650. ( PubMed, DOI )

  40. Yutaka Nagura, Nelson H Tsuno, Ryunosuke Ohkawa, Takahiro Nojiri, Yasunori Tokuhara, Mika Matsuhashi, Yutaka Yatomi, Koki Takahashi. Inhibition of lysophosphatidic acid increase by prestorage whole blood leukoreduction in autologous CPDA-1 whole blood. Transfusion. 2013.12; 53 (12): 3139-3148. ( PubMed, DOI )

  41. R Kanai, T Iijima, S Hashimoto, H Nakazawa, H Ohnishi, T Yorozu, R Ohkawa, T Nojiri, M Shimizu, H Okazaki. Impact of immunoreactive substances contained in apheresis platelet concentrate on postoperative respiratory function in surgical patients receiving platelet transfusion: a prospective cohort study. Transfus Med. 2013.10; 23 (5): 344-350. ( PubMed, DOI )

  42. Yoshishige Miyabe, Chie Miyabe, Yoshiko Iwai, Aiko Takayasu, Shin Fukuda, Waka Yokoyama, Jun Nagai, Masahiro Jona, Yasunori Tokuhara, Ryunosuke Ohkawa, Harald M Albers, Huib Ovaa, Junken Aoki, Jerold Chun, Yutaka Yatomi, Hiroshi Ueda, Masayuki Miyasaka, Nobuyuki Miyasaka, Toshihiro Nanki. Necessity of lysophosphatidic acid receptor 1 for development of arthritis. Arthritis Rheum.. 2013.08; 65 (8): 2037-2047. ( PubMed, DOI )

  43. Tomotaka Dohi, Katsumi Miyauchi, Ryunosuke Ohkawa, Kazuhiro Nakamura, Makoto Kurano, Tatsuya Kishimoto, Naotake Yanagisawa, Manabu Ogita, Tadashi Miyazaki, Akihisa Nishino, Kenji Yaginuma, Hiroshi Tamura, Takahiko Kojima, Ken Yokoyama, Takeshi Kurata, Kazunori Shimada, Hiroyuki Daida, Yutaka Yatomi. Increased lysophosphatidic acid levels in culprit coronary arteries of patients with acute coronary syndrome. Atherosclerosis. 2013.07; 229 (1): 192-197. ( PubMed, DOI )

  44. Makoto Kurano, Kazuhisa Tsukamoto, Ryunosuke Ohkawa, Masumi Hara, Junko Iino, Yuko Kageyama, Hitoshi Ikeda, Yutaka Yatomi. Liver involvement in sphingosine 1-phosphate dynamism revealed by adenoviral hepatic overexpression of apolipoprotein M. Atherosclerosis. 2013.07; 229 (1): 102-109. ( PubMed, DOI )

  45. Hitoshi Ikeda, Kenichiro Enooku, Ryunosuke Ohkawa, Kazuhiko Koike, Yutaka Yatomi. Plasma lysophosphatidic acid levels and hepatocellular carcinoma. Hepatology. 2013.01; 57 (1): 417-418. ( PubMed, DOI )

  46. Hayakazu Sumida, Kazuhiro Nakamura, Keisuke Yanagida, Ryunosuke Ohkawa, Yoshihide Asano, Takafumi Kadono, Kunihiko Tamaki, Koji Igarashi, Junken Aoki, Shinichi Sato, Satoshi Ishii, Takao Shimizu, Yutaka Yatomi. Decrease in circulating autotaxin by oral administration of prednisolone. Clin. Chim. Acta. 2013.01; 415 74-80. ( PubMed, DOI )

  47. 11. 蔵野 信,大川 龍之介,池田 均,矢冨 裕. スフィンゴシン1-リン酸-基礎から臨床へ 臨床化学. 2013; 42 242-249.

  48. Yoshikazu Ono, Makoto Kurano, Ryunosuke Ohkawa, Hiromitsu Yokota, Koji Igarashi, Junken Aoki, Minoru Tozuka, Yutaka Yatomi. Sphingosine 1-phosphate release from platelets during clot formation: close correlation between platelet count and serum sphingosine 1-phosphate concentration. Lipids Health Dis. 2013; 12 20. ( PubMed, DOI )

  49. Ryunosuke Ohkawa, Tatsuya Kishimoto, Makoto Kurano, Tomotaka Dohi, Katsumi Miyauchi, Hiroyuki Daida, Mika Nagasaki, Kansei Uno, Naoto Hayashi, Noboru Sakai, Naoto Matsuyama, Takahiro Nojiri, Kazuhiro Nakamura, Shigeo Okubo, Hiromitsu Yokota, Hitoshi Ikeda, Yutaka Yatomi. Development of an enzymatic assay for sphingomyelin with rapid and automatable performances: Analysis in healthy subjects and coronary heart disease patients. Clin. Biochem.. 2012.11; 45 (16-17): 1463-1470. ( PubMed, DOI )

  50. Tomotaka Dohi, Katsumi Miyauchi, Ryunosuke Ohkawa, Kazuhiro Nakamura, Shuta Thuboi, Manabu Ogita, Tadashi Miyazaki, Akihisa Nishino, Ken Yokoyama, Takeshi Kurata, Yutaka Yatomi, Hiroyuki Daida. Higher lipoprotein-associated phospholipase A2 levels are associated with coronary atherosclerosis documented by coronary angiography. Ann. Clin. Biochem.. 2012.11; 49 (Pt 6): 527-533. ( PubMed, DOI )

  51. Kazuhiro Nakamura, Koji Igarashi, Ryunosuke Ohkawa, Hiromitsu Yokota, Akiko Masuda, Shunsuke Nakagawa, Tetsu Yano, Hitoshi Ikeda, Junken Aoki, Yutaka Yatomi. Serum autotaxin is not a useful biomarker for ovarian cancer. Lipids. 2012.09; 47 (9): 927-930. ( PubMed, DOI )

  52. Yoko Soroida, Ryunosuke Ohkawa, Hayato Nakagawa, Yumiko Satoh, Haruhiko Yoshida, Hiroto Kinoshita, Ryosuke Tateishi, Ryota Masuzaki, Kenichiro Enooku, Shuichiro Shiina, Takahisa Sato, Shuntaro Obi, Tadashi Hoshino, Ritsuko Nagatomo, Shigeo Okubo, Hiromitsu Yokota, Kazuhiko Koike, Yutaka Yatomi, Hitoshi Ikeda. Increased activity of serum mitochondrial isoenzyme of creatine kinase in hepatocellular carcinoma patients predominantly with recurrence. J. Hepatol.. 2012.08; 57 (2): 330-336. ( PubMed, DOI )

  53. Tomonori Sugiura, Yasuaki Dohi, Sumiyo Yamashita, Nobuyuki Ohte, Shiori Ito, Soichiro Iwaki, Yuji Hirowatari, Ryunosuke Ohkawa, Yuko Mishima, Yutaka Yatomi, Genjiro Kimura, Satoshi Fujii. Analytical evaluation of plasma serotonin and sphingosine 1-phosphate and their clinical assessment in early atherosclerosis. Coron. Artery Dis.. 2012.06; 23 (4): 234-238. ( PubMed, DOI )

  54. Tomotaka Dohi, Katsumi Miyauchi, Ryunosuke Ohkawa, Kazuhiro Nakamura, Tatsuya Kishimoto, Tadashi Miyazaki, Akihisa Nishino, Naohisa Nakajima, Kenji Yaginuma, Hiroshi Tamura, Takahiko Kojima, Ken Yokoyama, Takeshi Kurata, Kazunori Shimada, Yutaka Yatomi, Hiroyuki Daida. Increased circulating plasma lysophosphatidic acid in patients with acute coronary syndrome. Clin. Chim. Acta. 2012.01; 413 (1-2): 207-212. ( PubMed, DOI )

  55. Tomotaka Dohi, Katsumi Miyauchi, Shinya Okazaki, Takayuki Yokoyama, Ryunosuke Ohkawa, Kazuhiro Nakamura, Naotake Yanagisawa, Shuta Tsuboi, Manabu Ogita, Ken Yokoyama, Takeshi Kurata, Yutaka Yatomi, Hiroyuki Daida. Decreased circulating lipoprotein-associated phospholipase A2 levels are associated with coronary plaque regression in patients with acute coronary syndrome. Atherosclerosis. 2011.12; 219 (2): 907-912. ( PubMed, DOI )

  56. Akiko Masuda, Tomoyuki Fujii, Yuki Iwasawa, Kazuhiro Nakamura, Ryunosuke Ohkawa, Koji Igarashi, Shinichi Okudaira, Hitoshi Ikeda, Shiro Kozuma, Junken Aoki, Yutaka Yatomi. Serum autotaxin measurements in pregnant women: application for the differentiation of normal pregnancy and pregnancy-induced hypertension. Clin. Chim. Acta. 2011.10; 412 (21-22): 1944-1950. ( PubMed, DOI )

  57. Hayato Nakagawa, Hitoshi Ikeda, Kazuhiro Nakamura, Ryunosuke Ohkawa, Ryota Masuzaki, Ryosuke Tateishi, Haruhiko Yoshida, Naoko Watanabe, Kazuaki Tejima, Yukio Kume, Tomomi Iwai, Atsushi Suzuki, Tomoaki Tomiya, Yukiko Inoue, Takako Nishikawa, Natsuko Ohtomo, Yasushi Tanoue, Masao Omata, Koji Igarashi, Junken Aoki, Kazuhiko Koike, Yutaka Yatomi. Autotaxin as a novel serum marker of liver fibrosis. Clin. Chim. Acta. 2011.06; 412 (13-14): 1201-1206. ( PubMed, DOI )

  58. Kazuhiro Nakamura, Koji Igarashi, Ryunosuke Ohkawa, Naoya Saiki, Mika Nagasaki, Kansei Uno, Naoto Hayashi, Tetsuji Sawada, Kenichi Syukuya, Hiromitsu Yokota, Hiroyuki Arai, Hitoshi Ikeda, Junken Aoki, Yutaka Yatomi. A novel enzyme immunoassay for the determination of phosphatidylserine-specific phospholipase A(1) in human serum samples. Clin. Chim. Acta. 2010.08; 411 (15-16): 1090-1094. ( PubMed, DOI )

  59. Hitoshi Ikeda, Ryunosuke Ohkawa, Naoko Watanabe, Kazuhiro Nakamura, Yukio Kume, Hayato Nakagawa, Haruhiko Yoshida, Shigeo Okubo, Hiromitsu Yokota, Tomoaki Tomiya, Yukiko Inoue, Takako Nishikawa, Natsuko Ohtomo, Yasushi Tanoue, Kazuhiko Koike, Yutaka Yatomi. Plasma concentration of bioactive lipid mediator sphingosine 1-phosphate is reduced in patients with chronic hepatitis C. Clin. Chim. Acta. 2010.05; 411 (9-10): 765-770. ( PubMed, DOI )

  60. Xun Qi, Yasuo Okamoto, Tomomi Murakawa, Fei Wang, Osamu Oyama, Ryunosuke Ohkawa, Kazuaki Yoshioka, Wa Du, Naotoshi Sugimoto, Yutaka Yatomi, Noriko Takuwa, Yoh Takuwa. Sustained delivery of sphingosine-1-phosphate using poly(lactic-co-glycolic acid)-based microparticles stimulates Akt/ERK-eNOS mediated angiogenesis and vascular maturation restoring blood flow in ischemic limbs of mice. Eur. J. Pharmacol.. 2010.05; 634 (1-3): 121-131. ( PubMed, DOI )

  61. Toshiyuki Imasawa, Hiroshi Kitamura, Ryunosuke Ohkawa, Yumiko Satoh, Akiko Miyashita, Yutaka Yatomi. Unbalanced expression of sphingosine 1-phosphate receptors in diabetic nephropathy. Exp. Toxicol. Pathol.. 2010.01; 62 (1): 53-60. ( PubMed, DOI )

  62. 西村 智,長崎 実佳,中村 和宏,大川 龍之介,田嶋 美智子,良永 千穂,宇野 漢成,真鍋 一郎,永井 良三,林 直人,矢冨 裕. 血清リン脂質・生合成系を用いた新規メタボリックシンドロームマーカーの探索 脂質生化学研究. 2010; 52 237-238.

  63. Harumasa Nakazawa, Hiroaki Ohnishi, Hitoshi Okazaki, Shiho Hashimoto, Hajime Hotta, Takashi Watanabe, Ryunosuke Ohkawa, Yutaka Yatomi, Kazunori Nakajima, Yasuhide Iwao, Shigeru Takamoto, Masaru Shimizu, Takehiko Iijima. Impact of fresh-frozen plasma from male-only donors versus mixed-sex donors on postoperative respiratory function in surgical patients: a prospective case-controlled study. Transfusion. 2009.11; 49 (11): 2434-2441. ( PubMed, DOI )

  64. Kazuhiro Nakamura, Ryunosuke Ohkawa, Shigeo Okubo, Hiromitsu Yokota, Hitoshi Ikeda, Yutaka Yatomi, Koji Igarashi, Kazufumi Ide, Tatsuya Kishimoto, Akiko Masuda, Tomotaka Yamamoto, Shoji Tsuji, Nobuhito Saito, Mineo Kurokawa, Shinichi Okudaira, Junken Aoki. Autotaxin enzyme immunoassay in human cerebrospinal fluid samples. Clin. Chim. Acta. 2009.07; 405 (1-2): 160-162. ( PubMed, DOI )

  65. 西村 智,長崎 実佳,中村 和宏,大川 龍之介,田嶋 美智子,若林 香織,宇野 漢成,真鍋 一郎,永井 良三,林 直人,矢冨 裕. 血清リン脂質・生合成系の変化は加齢・慢性炎症に伴うメタボリックシンドロームの発症を規定する 脂質生化学研究. 2009; 51 298-299.

  66. Atsushi Kimura, Tsukasa Ohmori, Yuji Kashiwakura, Ryunosuke Ohkawa, Seiji Madoiwa, Jun Mimuro, Kuniko Shimazaki, Yuichi Hoshino, Yutaka Yatomi, Yoichi Sakata. Antagonism of sphingosine 1-phosphate receptor-2 enhances migration of neural progenitor cells toward an area of brain. Stroke. 2008.12; 39 (12): 3411-3417. ( PubMed, DOI )

  67. Akiko Masuda, Kazuhiro Nakamura, Koji Izutsu, Koji Igarashi, Ryunosuke Ohkawa, Masahiro Jona, Katsumi Higashi, Hiromitsu Yokota, Shinichi Okudaira, Tatsuya Kishimoto, Takuro Watanabe, Yukako Koike, Hitoshi Ikeda, Yasushi Kozai, Mineo Kurokawa, Junken Aoki, Yutaka Yatomi. Serum autotaxin measurement in haematological malignancies: a promising marker for follicular lymphoma. Br. J. Haematol.. 2008.10; 143 (1): 60-70. ( PubMed, DOI )

  68. Shigemi Hosogaya, Yutaka Yatomi, Kazuhiro Nakamura, Ryunosuke Ohkawa, Shigeo Okubo, Hiromitsu Yokota, Masato Ohta, Hirokazu Yamazaki, Toru Koike, Yukio Ozaki. Measurement of plasma lysophosphatidic acid concentration in healthy subjects: strong correlation with lysophospholipase D activity. Ann. Clin. Biochem.. 2008.07; 45 (Pt 4): 364-368. ( PubMed, DOI )

  69. Ryunosuke Ohkawa, Kazuhiro Nakamura, Shigeo Okubo, Shigemi Hosogaya, Yukio Ozaki, Minoru Tozuka, Noriko Osima, Hiromitsu Yokota, Hitoshi Ikeda, Yutaka Yatomi. Plasma sphingosine-1-phosphate measurement in healthy subjects: close correlation with red blood cell parameters. Ann. Clin. Biochem.. 2008.07; 45 (Pt 4): 356-363. ( PubMed, DOI )

  70. Kazuhiro Nakamura, Koji Igarashi, Kazufumi Ide, Ryunosuke Ohkawa, Shigeo Okubo, Hiromitsu Yokota, Akiko Masuda, Noriko Oshima, Takumi Takeuchi, Masaomi Nangaku, Shinichi Okudaira, Hiroyuki Arai, Hitoshi Ikeda, Junken Aoki, Yutaka Yatomi. Validation of an autotaxin enzyme immunoassay in human serum samples and its application to hypoalbuminemia differentiation. Clin. Chim. Acta. 2008.02; 388 (1-2): 51-58. ( PubMed, DOI )

  71. Kazuhiro Nakamura, Masaomi Nangaku, Ryunosuke Ohkawa, Shigeo Okubo, Hiromitsu Yokota, Hitoshi Ikeda, Junken Aoki, Yutaka Yatomi. Analysis of serum and urinary lysophospholipase D/autotaxin in nephrotic syndrome. Clin. Chem. Lab. Med.. 2008; 46 (1): 150-151. ( PubMed, DOI )

  72. Kazuhiro Nakamura, Takumi Takeuchi, Ryunosuke Ohkawa, Shigeo Okubo, Hiromitsu Yokota, Minoru Tozuka, Junken Aoki, Hiroyuki Arai, Hitoshi Ikeda, Noriko Ohshima, Tadaichi Kitamura, Yutaka Yatomi. Serum lysophospholipase D/autotaxin may be a new nutritional assessment marker: study on prostate cancer patients. Ann. Clin. Biochem.. 2007.11; 44 (Pt 6): 549-556. ( PubMed, DOI )

  73. Naoko Watanabe, Hitoshi Ikeda, Kazuhiro Nakamura, Ryunosuke Ohkawa, Yukio Kume, Tomoaki Tomiya, Kazuaki Tejima, Takako Nishikawa, Masahiro Arai, Mikio Yanase, Junken Aoki, Hiroyuki Arai, Masao Omata, Kenji Fujiwara, Yutaka Yatomi. Plasma lysophosphatidic acid level and serum autotaxin activity are increased in liver injury in rats in relation to its severity. Life Sci.. 2007.09; 81 (12): 1009-1015. ( PubMed, DOI )

  74. Kazuhiro Nakamura, Tatsuya Kishimoto, Ryunosuke Ohkawa, Shigeo Okubo, Minoru Tozuka, Hiromitsu Yokota, Hitoshi Ikeda, Noriko Ohshima, Koji Mizuno, Yutaka Yatomi. Suppression of lysophosphatidic acid and lysophosphatidylcholine formation in the plasma in vitro: proposal of a plasma sample preparation method for laboratory testing of these lipids. Anal. Biochem.. 2007.08; 367 (1): 20-27. ( PubMed, DOI )

  75. Naoko Watanabe, Hitoshi Ikeda, Kazuhiro Nakamura, Ryunosuke Ohkawa, Yukio Kume, Junken Aoki, Kotaro Hama, Shinichi Okudaira, Masayuki Tanaka, Tomoaki Tomiya, Mikio Yanase, Kazuaki Tejima, Takako Nishikawa, Masahiro Arai, Hiroyuki Arai, Masao Omata, Kenji Fujiwara, Yutaka Yatomi. Both plasma lysophosphatidic acid and serum autotaxin levels are increased in chronic hepatitis C. J. Clin. Gastroenterol.. 2007.07; 41 (6): 616-623. ( PubMed, DOI )

  76. Yumiko Satoh, Ryunosuke Ohkawa, Kazuhiro Nakamura, Katsumi Higashi, Makoto Kaneko, Hiromitsu Yokota, Junken Aoki, Hiroyuki Arai, Yasuhito Yuasa, Yutaka Yatomi. Lysophosphatidic acid protection against apoptosis in the human pre-B-cell line Nalm-6. Eur. J. Haematol.. 2007.06; 78 (6): 510-517. ( PubMed, DOI )

  77. Kazuhiro Nakamura, Ryunosuke Ohkawa, Shigeo Okubo, Minoru Tozuka, Mitsumasa Okada, Shinya Aoki, Junken Aoki, Hiroyuki Arai, Hitoshi Ikeda, Yutaka Yatomi. Measurement of lysophospholipase D/autotaxin activity in human serum samples. Clin. Biochem.. 2007.02; 40 (3-4): 274-277. ( PubMed, DOI )

  78. Atsushi Kimura, Tsukasa Ohmori, Ryunosuke Ohkawa, Seiji Madoiwa, Jun Mimuro, Takashi Murakami, Eiji Kobayashi, Yuichi Hoshino, Yutaka Yatomi, Yoichi Sakata. Essential roles of sphingosine 1-phosphate/S1P1 receptor axis in the migration of neural stem cells toward a site of spinal cord injury. Stem Cells. 2007.01; 25 (1): 115-124. ( PubMed, DOI )

  79. Ryunosuke Ohkawa, Nobuo Hisano, Kazuhiro Nakamura, Shigeo Okubo, Hiromitsu Yokota, Yutaka Yatomi. Lysophospholipase D activity exists in the urine to catalyse the formation of lysophosphatidic acid. Nephrol. Dial. Transplant.. 2006.12; 21 (12): 3612-3613. ( PubMed, DOI )

  80. Masayuki Tanaka, Shinichi Okudaira, Yasuhiro Kishi, Ryunosuke Ohkawa, Sachiko Iseki, Masato Ota, Sumihare Noji, Yutaka Yatomi, Junken Aoki, Hiroyuki Arai. Autotaxin stabilizes blood vessels and is required for embryonic vasculature by producing lysophosphatidic acid. J. Biol. Chem.. 2006.09; 281 (35): 25822-25830. ( PubMed, DOI )

  81. Ryunosuke Ohkawa, Yuji Hirowatari, Kazuhiro Nakamura, Shigeo Ohkubo, Hitoshi Ikeda, Mitsumasa Okada, Minoru Tozuka, Kazuhiko Nakahara, Yutaka Yatomi. Platelet release of beta-thromboglobulin and platelet factor 4 and serotonin in plasma samples. Clin. Biochem.. 2005.11; 38 (11): 1023-1026. ( PubMed, DOI )

  82. 久米 幸夫,日暮 公野,大川 龍之介,名倉 豊,大久保 滋夫,曽根 伸治,眞重 文子,福本 誠二,高橋 孝喜,中原 一彦. 梅毒関連項目の自動化(その2) Prestige24iを用いた基礎的検討(梅毒脂質抗体) 日本臨床検査自動化学会会誌. 2003.09; 28 (4): 413.

  83. 久米 幸夫,日暮 公野,大川 龍之介,名倉 豊,大久保 滋夫,曽根 伸治,眞重 文子,福本 誠二,高橋 孝喜,中原 一彦. 梅毒関連項目の自動化(その3) Prestige24iを用いた基礎的検討(抗TP抗体) 日本臨床検査自動化学会会誌. 2003.09; 28 (4): 414.

  84. 第68回臨床検査技師国家試験-解答と解説 検査と技術. 2022.05; 50 (6): 642-682.

  85. 大川 龍之介,堀内 優奈,戸塚 実. HDL機能検査up to date 固相化リポソーム結合ゲルビーズ法によるコレステロール引き抜き能測定 日本臨床検査医学会誌. 2022.05; 70 (4): 314-322.

  86. 第68回臨床検査技師国家試験-解答速報 検査と技術. 2022.04; 50 (5): 564.

  87. 渡部 芽以,島野 志都子,亀田 貴寛,藤井 祐葵,平尾 裕子,大野 一彦,市村 直也,東田 修二,大川 龍之介. 生化学自動分析装置を用いたアポリポタンパクE含有高比重リポタンパクコレステロール測定試薬の性能評価 医療検査と自動化. 2022.02; 47 (1): 43-49.

  88. 第67回臨床検査技師国家試験-解答と解説 検査と技術. 2021.06; 49 (6): 712-749.

  89. 大川 龍之介. 院内を駆け回るための18の”Tips” 週刊医学会新聞. 2021.05; (3420): 1.

  90. 第67回臨床検査技師国家試験-解答速報 検査と技術. 2021.05; 49 (5): 622.

  91. Horiuchi Y., Lai S. -J., Shimano S., Kameda T., Ichimura N., Tohda S., Tozuka M., Ohkawa R.. NOVEL CHOLESTEROL EFFLUX ASSAY USING IMMOBILIZED LIPOSOME-BOUND GEL BEADS: COMPARISON TO CONVENTIONAL METHOD ATHEROSCLEROSIS. 2020.12; 315 E155.

  92. 大川 龍之介. 臨床現場から教育現場へ 教育機関でなすべき臨床検査技師の育成 検査と技術. 2020.09; 48 (9): 1063-1068.

  93. 大川 龍之介. Baker Heart and Diabetes Institute (Melbourne, Australia)への国際共同研究としての留学 検査と技術. 2020.09; 48 (9): 1035-1037.

  94. 大川 龍之介. 臨床検査技師のための研究入門 “ロジック“でまとめる研究計画書 検査と技術. 2020.09; 48 (9): 928-934.

  95. 大川 龍之介. 第66回臨床検査技師国家試験-解答と解説 検査と技術. 2020.06; 48 (6): 638-641.

  96. 大川 龍之介. 第66回臨床検査技師国家試験-解答速報 検査と技術. 2020.05; 48 (5): 546.

  97. 大川 龍之介. 採血のすべて 溶血および凝固の影響とその対策 検査と技術. 2020.03; 48 (3): 234-238.

  98. 阿部 広輝.島野 志都子.大川 龍之介.戸塚 実.萩原 三千男.東田 修二. 尿中アルブミン測定試薬「LZテスト‘栄研’U-ALB」の性能評価ならびに検体前処理についての検討 日本臨床検査自動化学会会誌. 2020.01; 45 (1): 59-66.

  99. 島野 志都子.垂門 碧.大川 龍之介.戸塚 実.萩原 三千男.東田 修二. Dimension EXL200によるタクロリムス測定の基礎的検討とTurn Around Time の評価 日本臨床検査自動化学会会誌. 2020.01; 45 (1): 53-58.

  100. 大川 龍之介. ラボクイズ 2019年12月号の解答と解説 検査と技術. 2020.01; 48 (1): 85.

  101. 大川 龍之介. 入門講座 分析試料の正しい取り扱いかた 生体(血液) ぶんせき. 2020.01; 1 2-8.

  102. 大川 龍之介. ラボクイズ 生化学検査 検査と技術. 2019.12; 47 (12): 1416.

  103. 大久保 滋夫,堀内 優奈,増山 みさき,大川 龍之介,金森 きよ子,川上 保子,戸塚 実. 修飾高比重リポタンパクの機能解析と粥状動脈硬化形成との関わり 文京学院大学総合研究所紀要. 2019.02; (19): 175-183.

  104. 大川 龍之介. 生化学・免疫血清検査誌上相談室 2018.05; 46 (5): 457-458.

  105. 大川 龍之介. 【生化学・免疫血清検査誌上相談室】臨床化学を担当して1年が経ちました。せっかくなのでいろいろ勉強したいと思いますが、どうすればよいでしょうか。先輩方の勉強方法、スキルアップのためにどのようなことに取り組んできたか、キャリアアップの道のりなどについて教えてください Medical Technology. 2018.05; 46 (5): 457-458. ( 医中誌 )

  106. 亀田 貴寛, 大川 龍之介, 戸塚 実. 生活習慣病の最新検査技術と標準化 動脈硬化と脂質検査 バイオマーカー探索を目標にした高比重リポタンパクの機能研究 日本臨床検査自動化学会会誌. 2018.04; 43 (2): 171-176. ( 医中誌 )

  107. 大川 龍之介. 研究のすゝめ Bedside to Bench, Bench to Bedside(第4回) 臨床現場から教育現場へ 教育機関でなすべき臨床検査技師の育成 検査と技術. 2018.02; 46 (2): 138-143.

  108. 大川 龍之介. 研究のすゝめ Bedside to Bench, Bench to Bedside(第4回) 臨床現場から教育現場へ 教育機関でなすべき臨床検査技師の育成 検査と技術. 2018.02; 46 (2): 138-143. ( 医中誌 )

  109. 大久保 滋夫,堀内 優奈, 増山 みさき,大川 龍之介,金森 きよ子,川上 保子,戸塚 実. 修飾高比重リポタンパクの機能解析と粥状動脈硬化形成との関わり 文京学院大学 保健医療技術学部紀要. 2018;

  110. 大川 龍之介,戸塚 実. バイオマーカー探索を目標にした高比重リポ蛋白の機能研究 臨床病理. 2017.10; 65 (10): 1140-1150.

  111. 大川 龍之介, 戸塚 実. 保健(医療技術)学部における臨床検査医学研究 バイオマーカー探索を目標にした高比重リポ蛋白の機能研究 臨床病理. 2017.10; 65 (10): 1140-1150. ( 医中誌 )

  112. 大川 龍之介. 臨床検査スターターズガイド“なぜ項目ごとの測定原理を理解することが重要なのでしょうか?” 検査と技術. 2017.04; 61 (4): 466-467.

  113. 大川 龍之介. 【臨床検査スターターズガイド】(2章)検査室Q&A 生化学・免疫 なぜ,項目ごとの測定原理を理解することが重要なのでしょうか? 臨床検査. 2017.04; 61 (4): 466-467. ( 医中誌 )

  114. 大川 龍之介, 戸塚 実. いかに次世代の臨床検査技師を輩出するか? 臨床検査技師のリーダーとは何か、どうやって育てるか? 臨床検査学教育. 2017.03; 9 (1): 33-38. ( 医中誌 )

  115. 大川 龍之介,戸塚 実. “What is” and “How to make” leader of Biomedical Laboratory Scientist? 臨床検査技師のリーダーとは何か、どうやって育てるか? 臨床検査学教育. 2017.01; 9 (1): 33-38.

  116. 亀田 貴寛,大川 龍之介,戸塚 実. 動脈硬化と脂質検査;バイオマーカー探索を目標にした高比重リポタンパクの機能研究 日本臨床検査自動化学会会誌. 2017.01; 43 (2): 171-176.

  117. 野尻 卓宏,増田 亜希子,大川 龍之介,大久保 滋夫,蔵野 信,池田 均,矢冨 裕. ハプトグロビン測定に影響を及ぼしたIgM-λ型M蛋白血症. 2016.11; 64 (11): 1236-1242.

  118. 本間 達,沢辺 元司,戸塚 実,副島 友莉恵,大川 龍之介. 就職支援のための求人票データの分析. 臨床検査学教育. 2016.09; 8 (2): 198-202.

  119. 大川 龍之介. トピックス 高比重リポタンパク機能検査-量より質? 臨床化学. 2016.01; 45 (1): 60.

  120. 野尻 卓宏,大川 龍之介,下坂 浩則,大久保 滋夫,蔵野 信,池田 均,矢冨 裕. ラテックス免疫比濁法を用いたMMP-3測定試薬の基礎性能および採血管添加剤による偽低値化についての検討. 2016.01; 41 (1): 83-93.

  121. 野尻 卓宏,増田 亜希子,大川 龍之介,小井土 清子,下坂 浩則,大久保 滋夫,横田 浩充,蔵野 信,南谷 泰仁,池田 均,黒川 峰夫,矢冨 裕. 著明な白血球増加を伴う慢性骨髄性白血病患者で認められた赤血球沈降速度の同一機種間における乖離 臨床病理. 2014.07; 62 (7): 664-667. ( PubMed )

  122. 野尻 卓宏,大川 龍之介,大久保 滋夫,横田 浩充,蔵野 信,池田 均,矢冨 裕. 新規クレアチニン測定試薬シグナスオートCREの基礎検討 日本臨床検査自動化学会会誌. 2014.02; 39 (1): 68-72.

  123. 大川 龍之介,村本 良三,徳原 康哲,荒木 秀夫,大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨 裕. 血清アルブミンに関する二年間の東京都臨床検査技師会精度管理調査結果の解析 医学検査. 2014; 63 (2): 241-247.

  124. 大川 龍之介,大久保 慈夫,戸塚 実,矢冨 裕. ブラックボックス化からの脱却-臨床検査の可視化- 試薬の選定,導入における検討時の注意点 臨床検査. 2014; 58 1505-1510.

  125. 大川 龍之介,戸塚 実. 脂質検査の過去・現在・未来 東京都医学検査. 2014; 42 (3): 192-201.

  126. 大川 龍之介,大久保 慈夫,戸塚 実,矢冨 裕. 異常データの解析・対処・防止策 1)検者由来の異常データ・異常事例 Medical technology. 2014; 42 (8): 779-785.

  127. 大久保 滋夫,大川 龍之介,池田 均,矢冨 裕. クレアチンキナーゼアイソザイムキット「L-タイプワコーCK-MB mass」の基礎検討 医学と薬学. 2014; 71 1935-1943.

  128. 大川 龍之介,蔵野 信,中村 和宏,大久保 慈夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕. スフィンゴ脂質の動脈硬化マーカーとしての有用性 臨床病理. 2013.09; 61 (9): 795-802. ( PubMed )

  129. 大川 龍之介,名倉 豊,宿谷 賢一,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕. TAT(Turn around time)短縮を目的とした監視システムの構築 日本臨床検査自動化学会会誌. 2013.06; 38 (3): 312-317.

  130. 徳原 康哲,大川 龍之介,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕. 保存安定性を改良したCK及びCK-MB試薬の基礎的検討 日本臨床検査自動化学会会誌. 2013.04; 38 (2): 207-213.

  131. 大川 龍之介. ジャーナルトピックス スフィンゴシン1-リン酸(Sph-1-P)と免疫(さらなる創薬の可能性) 臨床化学. 2013; 42 205.

  132. 曽根 伸治,盛田 和治,名倉 豊,大川 龍之介,横田 浩充,高橋 孝喜,矢冨 裕. 新しいシステム導入による外来採血の効率化 日本臨床検査自動化学会会誌. 2011.06; 36 (3): 325-330.

  133. 曽根 伸治,盛田 和治,名倉 豊,大川 龍之介,横田 浩充,高橋 孝喜,矢冨 裕. 外来採血システムによる患者および採血管取り違え防止 日本臨床検査自動化学会会誌. 2010.11; 35 (5): 857-862.

  134. 大川 龍之介,矢冨 裕. スフィンゴシン1-リン酸と動脈硬化 臨床検査. 2010; 54 416-422.

  135. 大川 龍之介,矢冨 裕. 的確な緊急異常値の報告の運用 検査と技術. 2010; 38 562-567.

  136. 平岡 真実,影山 光代,百合本 真弓,金胎 芳子,矢冨 裕,大川 龍之介,國枝 寛,堀江 修一,香川 靖雄. 葉酸代謝関連遺伝子多型に基づくテーラーメイド栄養学ーさかど葉酸プロジェクトー ビタミン. 2009; 83 265-275.

  137. 大川 龍之介,矢冨 裕. 技術講座 血漿β-トロンボグロブリン,血小板第4因子 検査と技術. 2008; 36 317-321.

  138. 大川 龍之介,矢冨 裕. ジャーナルトピックス リゾリン脂質性メディエーター スフィンゴシン1-リン酸と血管生物学 臨床化学. 2008; 37 422.

  139. 大川 龍之介,矢冨 裕. 酸化LDL 検査と技術. 2007; 35 499-501.

  140. 大川 龍之介,矢冨 裕. 血小板内顆粒由来物質の血漿検体における測定 日本血栓止血学会誌. 2006; 17 (1): 55-60.

  141. 大川 龍之介. ジャーナルクラブ 低密度リポタンパク質の血小板活性化作用に対する酸化の効果 日本血栓止血学会誌. 2005; 16 (3): 340.

  142. 大川 龍之介,矢冨 裕. 新しい検査項目 スフィンゴシン 1-リン酸 血栓と循環. 2004; 12 (4): 170-174.

  143. 日暮 公野,大川 龍之介,久米 幸夫,名倉 豊,大久保 滋夫,曽根 伸治,眞重 文子,福本 誠二,高橋 孝喜,中原 一彦. 梅毒関連項目の自動化(その1) PAMIA40iを用いた基礎的検討 日本臨床検査自動化学会会誌. 2003.09; 28 (4): 412.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Yatomi, Y., Igarashi, K., Nakamura, K., Ohkawa, R., Masuda, A., Suzuki, A., Kishimoto, T., Ikeda, H., and Aoki, J.. Lysophospholipid Receptors: Signaling and Biochemistry. Wiley, 2013 Clinical introduction of lysophosphatidic acid (LPA) and autotaxin assays

  2. 大川 龍之介. ここからはじめる臨床検査技師国家試験 ファーストトレーニング. 医歯薬出版株式会社, 2022.06 4章 臨床化学.薬物・毒物,ホルモン,ビタミン,疾患マーカー,その他の検査.

  3. 大川 龍之介. 最新臨床検査学講座 臨床化学検査学 第2版(戸塚実・奥村伸生・浦山修・松下誠・山内一由・大川龍之介 ほか編著).. 医歯薬出版株式会社, 2022.01 第2章 分析法の基礎,I 分析法の選択,第2章 分析法の基礎,II 分光光度分析法,第3章 生化学検査法各論,VIII ビタミン (ISBN : 978-4-263-22386-4)

  4. 大川 龍之介. 臨床検査技師 国家試験問題集 解答と解説 2022年版(「検査と技術」編集委員会 編集). 医学書院, 2021.06

  5. 大川 龍之介. 臨床化学検査 酵素とアイソザイム測定法(乳酸脱水素酵素(LD)とLDアイソザイム. 臨床検査法提要 改訂第35版(金井正光 監修), 2020.05

  6. 大川 龍之介. 臨床化学検査 血漿蛋白. 臨床検査法提要 改訂第35版(金井正光 監修), 2020.05

  7. 大川 龍之介. 臨床検査技師 国家試験問題集 解答と解説 2021年版(「検査と技術」編集委員会 編集). 医学書院, 2020.05

  8. Watanabe K, Yoshifuji K, Ohkawa R, Tozuka M, Miura O, Arai A. [Successful readministration of L-asparaginase after development of severe hypertriglyceridemia in a young adult with T-cell acute lymphoblastic leukemia].. 2018

  9. 大川 龍之介. JAMT技術教本シリーズ 臨床化学検査 技術教本 "2.1.6 分光光度計". 丸善出版株式会社, 2017.09 分光光度計

  10. 大川 龍之介. JAMT技術教本シリーズ 臨床化学検査 技術教本 "3.4 測定の実際". 丸善出版株式会社, 2017.09 測定の実際

  11. 大川 龍之介. JAMT技術教本シリーズ 臨床化学検査 技術教本 "2.2.6 汎用自動分析装置(その他の測定)". 丸善出版株式会社, 2017.09 汎用自動分析装置(その他の測定)

  12. 大川 龍之介. JAMT技術教本シリーズ 臨床化学検査 技術教本 "2.2.1-2.2.3 汎用自動分析装置(汎用自動分析装置の概要,比色分析部,電解質測定部)". 丸善出版株式会社, 2017.09 汎用自動分析装置(汎用自動分析装置の概要,比色分析部,電解質測定部)

  13. 大川 龍之介,矢冨 裕. 検査値事典 第2版. 総合医学社, 2014 スフィンゴシン 1-リン酸(Sph-1-P)

  14. 大川 龍之介. 検査診断学への展望-臨床検査指針:測定とデータ判読のポイント-. 南江堂, 2013 期待される新たな検査項目

  15. 大川 龍之介,矢冨裕. セラミド-基礎と応用-. 食品化学新聞社, 2011 スフィンゴシン 1-リン酸を中心としたスフィンゴ脂質分析と定量

  16. 大川 龍之介,矢冨 裕. 検査値事典. 総合医学社, 2011 スフィンゴシン 1-リン酸(Sph-1-P)

  17. 大川 龍之介,矢冨 裕. 血栓症ナビゲーター. メディカルレビュー社, 2006 PF-4

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Yamada T., Kameda T., and Ohkawa R.. Investigation of very low-density lipoprotein-triglyceride hydrolysis assessment. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2022 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2022.07.27 Chicago

  2. Ikenaga A., Kameda T. and Ohkawa R.. Chymase truncation of apolipoprotein E in high-density lipoprotein is further promoted under myeloperoxidase oxidation. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2022 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2022.07.26 Chicago

  3. Ohkawa R., Mutsuda Y., Horiuchi Y., Kameda T., and Tozuka M.. Development and validation of novel automatable assay for cholesterol efflux capacity. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2022 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2022.07.26 Chicago

  4. Kameda T., Ogino M., Kawaguchi R., Shibuya M., Yamada T., Ikenaga A., Sun C., and Ohkawa R.. Effects of serum amyloid A on the structure and antioxidant ability of low-density lipoprotein. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2022 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2022.07.26 Chicago

  5. Yamazaki A., Fujii Y., Kameda T., Ichimura N., Tohda S., and Ohkawa R.. Investigation of Assays for Cholesterol Content of Erythrocytes Membrane. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2022 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2022.07.26 Chicago

  6. Chengman S., Kameda T., and Ohkawa R.. Improved method for quantification of apoA-I/apoA-II heterodimer in high-density lipoprotein. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2022 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2022.07.26 Chicago

  7. Kawaguchi R., Kameda T., Yoshimoto A., and Ohkawa R.. The effect of sampling procedure and substrate type for activity assay on PON1 assessment. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2022 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2022.07.26 Chicago

  8. Ogino M., Kameda, Mutsuda Y., Tanaka H., Takahashi J., Okazaki M., Ai M., and Ohkawa R. Development of internal standard for lipoprotein subclass analysis using dual detection gel-permeation HPLC system. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2022 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2022.07.26 Chicago

  9. Mutsuda Y., Kameda T., Tanaka H., Takahashi J., Okazaki M., Ai M., and Ohkawa R. Analysis of apolipoproteins distribution in subdivided lipoprotein fractions applying LipoSEARCH system. The 19th International Symposium on Atherosclerosis 2021.10.24 Kyoto

  10. Horiuchi Y., Kameda T., Ichimura N., Kina K., Miyake K., Tohda S., Tozuka M., Miida T., and Ohkawa R. Novel cholesterol efflux assay using immobilized liposome-bound gel beads: validation of condition in polyethylene glycol precipitation procedure.. The 19th International Symposium on Atherosclerosis 2021.10.24 Kyoto

  11. Ohkawa R.. Education for international activities and international joint research. 日本医療検査科学会第53回大会 2021.10.10 横浜

  12. Horiuchi Y., Lai SJ., Shimano S., Kameda T., Ichimura N., Tohda S., Tozuka M. and Ohkawa R. Novel cholesterol efflux assay using immobilized liposome-bound gel beads: confirmation and improvement for application in clinical laboratory. 2020 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2020.12.16 On-line

  13. Ohkawa R., Low H., Mukhamedova N., Fu Y., Lai SJ., Sasaoka M., Horiuchi Y., Ditiatkovski M., Nestel P., Sviridov D., and Tozuka M. Evaluation of cholesterol uptake and efflux by red blood cells. 2020 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2020.12.16 On-line

  14. Shimano S., Ohkawa R., Nambu M., Sasaoka M., Yamazaki A., Fujii Y., Igarashi K., Horiuchi Y., Lai SJ., Kameda T., Ichimura N., Fujita K., Tohda S. and Tozuka M. Dramatic change of high-density lipoprotein structure and serum amyloid A distribution after orthopedic surgery. 2020 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2020.12.16 On-line

  15. Ryunosuke Ohkawa. Various types of research networks for medical technology, Keynote Speech. the 5th congress of AASMT (ASEAN Association of Schools of Medical Technology) 2020.11.05 Viet Nam (on-line)

  16. Ryunosuke Ohkawa. Japanese laboratory medicine and its education, Country Reports. the 5th congress of AASMT (ASEAN Association of Schools of Medical Technology) 2020.11.05 Viet Nam (on-line)

  17. Fujii Y., Ohkawa R., Lai SJ., Horiuchi Y., Shimano S., Ohno K., Ichimura N., Hagihara M., Tozuka M., Tohda S. Analysis of Serum Amyloid A Containing HDL Formation in HepG2. 2019 KAMT congress & International conference 2019.08.31 Pyeongchang

  18. Yamazaki A., Ohkawa R., Horiuchi Y., Lai SJ., Shimano S., Itoi A., Ichimura N., Hagihara M., Tozuka M., Tohda S. Analysis of Apolipoprotein C-II and C-III Transfers between High-density Lipoprotein and Very Low-density Lipoprotein. 2019 KAMT congress & International conference 2019.08.31 Pyeongchang

  19. Horiuchi Y., Ohkawa R., Lai SJ., Shimano S., Hagihara M., Tohda S., and Tozuka M. Availability of apoB-depleted serum in clinical assay for cholesterol efflux capacity using immobilized liposome-bound gel beads. 3rd IFCC-EFLM European Congress of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine 2019.05.19 Barcelona

  20. Tozuka M., Horiuchi Y., Lai S.J., Ohkawa R.. Development of a novel method to estimate the cholesterol efflux capacity of high-density lipoprotein. 2018 TMU Medical Laboratory Forum 2018.10.29

  21. Ohkawa R.. Lost in translation: cholesterol metabolism in red blood cells. Immunometabolism meeting 2018.08.29 Victoria, Australia

  22. Lai SJ., Ohkawa R., Horiuchi Y., Yamazaki A., Nakamura A., Tozuka M. Possible Concern of Erythrocytes with Reverse Cholesterol Transport. 70th AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2018.08.02 Chicago

  23. Horiuchi Y., Lai SJ., Yamazaki A., Nakamura A., Ohkawa R., Yano K., Kameda T., Okubo S., Hagihara M., Tohda S., and Tozuka M. Validation and application of a novel cholesterol efflux assay using immobilized liposomes as a substitute for cultured cells. The XVIIIth International Symposium on Atherosclerosis 2018.07.09 Toronto

  24. Tsuzura A., Yoshimori M., Konnno K., Imadome K., Onozawa E., Ohkawa R., Tozuka M., Miura O., Arai A. Tumor Cells from EBV-Positive T- or NK-Cell Neoplasms Induce Differentiation and Activation of Macrophages by Secreting Humoral Factors. The 59th American Society of Hematology Annual Meeting 2017.12.11 Atlanta

  25. Tamaki K., Kurano M., Mishima Y., Nojiri T., Ohkawa R., Minoru T., Yatomi Y. Glycation of apolipoprotein M attenuated its capacity to bind sphingosine 1-phosphate. 29th World Congress of World Association of Societies of Pathology and Laboratory Medicine (WASPaLM) 2017.11.17 Kyoto

  26. Horiuchi Y., Ohkawa R., Ikoma H., Lai SJ., Yano K., Tozuka M. Cholesterol efflux capacity of apoE-containing HDL. 29th World Congress of World Association of Societies of Pathology and Laboratory Medicine (WASPaLM) 2017.11.17 Kyoto

  27. Nakamura A., Ohkawa R., Yano K., Kameda T., Tozuka M. Effect of oxidized LDL and HDL on monocyte chemotactic protein-1 secretion of HUVEC. 29th World Congress of World Association of Societies of Pathology and Laboratory Medicine (WASPaLM) 2017.11.17 Kyoto

  28. Kameda T., Ohkawa R., Nakamura A., Horiuchi Y., Yamazaki A., Lai SJ., Tozuka M. Effect of myeloperoxidase oxidation and N-homocysteinylation of HDL on its endothelial repair function. 29th World Congress of World Association of Societies of Pathology and Laboratory Medicine (WASPaLM) 2017.11.17 Kyoto

  29. Mishima Y., Kurano M., Kobayashi T., Nishikawa M., Ohkawa R., Tozuka M., Yatomi Y. Difference between sphingosine 1-phosphate and dihydrosphingosine 1-phosphate in their preference to HDL or albumin. 29th World Congress of World Association of Societies of Pathology and Laboratory Medicine (WASPaLM) 2017.11.17 Kyoto

  30. Yoshimoto A., Ohkawa R., Sato M., Yano K., Tozuka M. Oxidized low-density lipoprotein receives antioxidant enzyme paraoxonase 1 from high-density lipoprotein. 14th Asia–Pacific Federation for Clinical Biochemistry and Laboratory Medicine Congress 2016.11.27 Taipei

  31. Ohkawa R., Lai SJ., Yoshimoto A., Sato M., Yano K., Tozuka M. Impact of Erythrocyte on the cholesterol metabolism. 14th Asia–Pacific Federation for Clinical Biochemistry and Laboratory Medicine Congress 2016.11.27 Taipei

  32. Lai SJ., Ohkawa R., Yano K., Sato M., Yoshimoto A., Tozuka M. Erythrocyte is associated with cholesterol efflux from foam cell by apolipoprotein A-I. 14th Asia–Pacific Federation for Clinical Biochemistry and Laboratory Medicine Congress 2016.11.27 Taipei

  33. Ikoma H., Ohkawa R., Yoshimoto A., Yano K., Sato M., Kasama T. Analysis of oxidative susceptibility and fatty acid profile in apolipoprotein E-containing high-density lipoprotein. 14th Asia–Pacific Federation for Clinical Biochemistry and Laboratory Medicine Congress 2016.11.27 Taipei

  34. Ohkawa R. Dos and Donts of Clinical Laboratory Research. IFCC-TFYS Educational Webinar Series 2016.11.11 On-line

  35. Morita M., Ohkawa R., Satou M., Yoshimoto A., Yano K., Kasama T., Tozuka M. Modification of apolipoprotein A-I in high-density lipoprotein by myeloperoxidase and chymase. The 32nd World Congress of Biomedical Laboratory Science. 2016.09.02 Hyogo

  36. Ohkawa R., Tozuka M.. “What is” and “How to make” Leader of Biomedical Laboratory Scientist?. The 32nd World Congress of Biomedical Laboratory Science. 2016.09.02 Hyogo

  37. Kobayashi T., Kurano M., Nojiri T., Ohkawa R., Tozuka M., Okubo S., Yatomi Y. Oxidation and glycation modulate HDL capacity to carry Sphingosine 1-phosphate, an Anti-atherosclerotic Bioactive Lipid. The 32nd World Congress of Biomedical Laboratory Science. 2016.09.02 Hyogo

  38. Sato M., Ohkawa R., Yoshimoto A., Yano K., Okubo S., Yatomi Y., Tozuka M.. Effect of SAA on the antioxidant ability of HDL. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2016 Annual Meeting and Clinical Lab Expo 2016.07.31 Philadelphia

  39. Yano K., Ohkawa R., Sato M., Yoshimoto A., Kubota T., Tozuka M.. Effect of differentiation and foam cell formation on cholesterol efflux capacity of apolipoprotein A-I.. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2016 Annual Meeting and Clinical Lab Expo 2016.07.31 Philadelphia

  40. Yoshimoto A., Sato M., Yano K., Usami Y., Miyazaki A., Sugano M., Ohkawa R., Tozuka M. Paraoxonase1 participates in antioxidant ability of HDL as a constituent protein but not its enzymatic activity. the 21st IFCC-EFLM (European Congress of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine) 2015.06.22 Paris

  41. Ohkawa R. IFCC TF-YS open meeting, Workforce preparation the invitation to contribution. the 21st IFCC-EFLM (European Congress of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine) 2015.06.22 Paris

  42. Mamiya S., Yoshimoto A., Sato M., Ohkawa R., Tozuka M. Lipid hydroperoxides in apolipoprotein E-containing high-density lipoprotein. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2014 Annual Meeting and Clinical Lab Expo 2014.07.27 Chicago

  43. Sato M., Ohkawa R., Kameda T., Yoshimoto A., Okubo S., Yatomi Y., Tozuka M.. Effect of SAA on the structure and measurement method of HDL. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2014 Annual Meeting and Clinical Lab Expo 2014.07.27 Chicago

  44. Kameda T., Usami Y., Sagae N., Ohkawa R., Tozuka M. Effects of myeloperoxidase-modified HDL on reverse cholesterol transport and monocytic migration. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2014 Annual Meeting and Clinical Lab Expo 2014.07.27 Chicago

  45. Ohkawa R., Kishimoto T., Kurano M., Dohi T., Miyauchi K., Daida H., Nagasaki M., Uno K., Hayashi N., Sakai N., Matsuyama N., Nojiri T., Nakamura K., Okubo S., Yokota H., Ikeda H., Yatomi Y. Possible Usefulness of the Assay of Choline and Choline-containing Phospholipids in Clinical Laboratory Medicine in the Fields of Dyslipidemia and Atherosclerosis. Scientific Session of the American Heart Association 2013.11.03 Los Angeles

  46. Sugiura T., Dohi Y., Yamashita S., Ohte N., Ito S., Sanagawa A., Iwaki S. Ohkawa R., Mishima Y., Yatomi Y., Kimura G., Fujii S.. Circulating MicroRNA-126 as a Potential Biomarker for Recovery from Smoking-Related Endothelial Damage. Scientific Session of the American Heart Association 2013.11.03 Los Angeles

  47. Kurano M., Tsukamoto K., Ohkawa R., Hara M., Iino J., Ikeda H., Yatomi Y.. Hepatic Apolipoprotein M Overexpression Increased Total Sphingosine 1-phosphate Mass and Ameliorate Insulin Resistance in Diet Induced Obesity Mice. Scientific Session of the American Heart Association 2013.11.03 Los Angeles

  48. Fujii S., Iwaki S., Ito S., Nagasaki A., Ohkawa R., Yatomi Y., Furumoto T.. Increased Plasma Sphingosine-1-Phosphate (S1P) and Its Capacity to Increase Expression of Plasminogen Activator Inhibitor-1 In Adipocytes and Obese Subjects. Scientific Session of the American Heart Association 2013.11.03 Los Angeles

  49. Sawada T., Nakamura K., Ohkawa R., Shoji A., Tahara K., Hayashi H., Kimura E., Igarashi K., Aoki J. and Yatomi Y.. Serum Phosphatidylserine-Specific Phospholipase A1 (PS-PLA1) Identified As a Novel Biomarker for Systemic Lupus Erythematosus (SLE). ACR/ARHP Annual Meeting 2012.11.09

  50. 三瓶 雅迪, 三浦 佳乃, 内村 大祐, 北崎 英晃, 宮崎 孔, 宮城 徹, 小野寺 孝行, 常山 初江, 谷重 直子, 大橋 恒, 佐藤 進一郎, 亀田 貴寛, 大川 龍之介, 津野 寛和, 紀野 修一, 室井 一男. 献血者における抗A・抗B抗体価低下の調査 加齢と性別. 第70回 日本輸血・細胞治療学会学術集会 2022.05.27

  51. 亀田 貴寛,岡林 若菜,荻野 芽生,川口 莉奈,渋谷 茉璃乃,山田 貴子,池永 絢香, 孫 成満,大川 龍之介. 血清アミロイドAが低比重リポ蛋白の構造および抗酸化能に及ぼす影響. 第75回日本酸化ストレス学会学術集会 2022.05.25

  52. 大川 龍之介. 臨床検査技師に研究は必要か. 東京大学医学部附属病院検査部リサーチカンファランス 2022.04.27

  53. 原 安由子,亀田 貴寛,山崎 あずさ,平尾 裕子,大川 龍之介. 赤血球-リポタンパク間におけるコレステロール移動の評価. 第16回東京都医学検査学会 2022.02.01 On-line

  54. 孫 成満,亀田 貴寛,大川 龍之介. HDL中のアポリポタンパク A-I/A-II複合体の測定法の改良. 第16回東京都医学検査学会 2022.02.01 On-line

  55. 堀内 優奈,亀田 貴寛,市村 直也,喜納 勝成,三宅 一徳,東田 修二,戸塚 実,三井田 孝,大川龍之介. 無細胞系コレステロール引き抜き能評価法における血清のポリエチレングリコール処理条件の検討. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2021.11.07 福岡

  56. 陸田 優芽,亀田 貴寛,田中 秀子,高橋 純一郎,岡崎 三代,藍 真澄,大川 龍之介. ゲル濾過HPLCを用いて分離されたリポタンパク分画分析における採血管および凍結保存による影響. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 学生シンポジウム 2021.11.07 福岡

  57. 陸田 優芽,亀田 貴寛,田中 秀子,高橋 純一郎,岡崎 三代,藍 真澄,大川 龍之介. ゲル濾過HPLCを用いて分離されたリポタンパク分画分析における採血管および凍結保存による影響. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2021.11.07 福岡

  58. 陸田 優芽,堀内 優奈,亀田 貴寛,戸塚 実,大川 龍之介. 固相化リポソーム結合磁気ビーズ法の開発と評価. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 学生シンポジウム 2021.11.07 福岡

  59. 陸田 優芽,堀内 優奈,亀田 貴寛,戸塚 実,大川 龍之介. 固相化リポソーム結合磁気ビーズ法の開発と評価. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2021.11.07 福岡

  60. 堀内 優奈,山崎 あずさ,藤井 祐葵,亀田 貴寛,市村 直也,喜納 勝成,三宅 一徳,東田 修二,戸塚 実,三井田 孝,大川龍之介. 免疫グロブリン高値検体のコレステロール引き抜き能評価. 第53回日本動脈硬化学会学術集会 2021.10.23

  61. 陸田 優芽,亀田 貴寛,田中 秀子,高橋 純一郎,岡崎 三代,藍 真澄,大川 龍之介. ゲル濾過HPLCを用いて分離されたリポタンパク分画におけるヘモグロビンの影響回避の検討. 日本医療検査科学会第53回大会 2021.10.10 横浜

  62. 荻野 芽生,亀田 貴寛,大川 龍之介. 11,1-diphenyl-2-picrylhydrazyl(DPPH)を用いた血清抗酸化能測定系の確立. 日本医療検査科学会第53回大会 2021.10.09 横浜

  63. 宮腰 恒広,陸田 優芽,堀内 優奈,亀田 貴寛,戸塚 実,大川 龍之介. ILG法を用いた高比重リポタンパクのコレステロール引き抜き能の測定におけるビリルビンの影響回避の検討. 日本医療検査科学会第53回大会 2021.10.09 横浜

  64. 清水 梨帆,原 安由子,川口 莉奈,亀田 貴寛,大川 龍之介. 蛍光標識コレステロールを用いた赤血球コレステロール放出能測定法の検討. 日本医療検査科学会第53回大会 2021.10.09 横浜

  65. 藤井 祐葵, 古城 京花, 本多 弘子, 大川 龍之介, 市村 直也, 東田 修二. 心筋マーカー測定におけるヘパリンLiおよびEDTA-2Na採血管による差異の検討. 日本医療検査科学会第53回大会 2021.10.08 横浜

  66. 渋谷 茉璃乃,陸田 優芽,堀内 優奈,亀田 貴寛,戸塚 実,大川 龍之介. 固相化リポソーム結合ゲルビーズを用いたリン脂質引き抜き能評価法の確立. 第15回日本臨床検査学教育学会学術大会 2021.08.18 On-line

  67. 本間 達,亀田 貴寛,齋藤 良一,大川 龍之介,鈴木 喜晴,西尾 美和子,副島 友莉恵,藤代 瞳,太田 悠介. 学生の進路にもたらしたコロナ禍の影響. 第15回日本臨床検査学教育学会学術大会 2021.08.18 On-line

  68. 渡部 芽以,島野 志都子,亀田 貴寛,藤井 祐葵,大野 一彦,市村 直也,東田 修二,大川 龍之介. 生化学自動分析装置を用いたアポリポタンパクE含有高比重リポタンパクコレステロール測定試薬の性能評価. 第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020.11.20 岩手(on-line とのハイブリッド形式)

  69. 堀内 優奈,賴 劭睿,島野 志都子,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 無細胞系コレステロール引き抜き能測定法におけるreference serumに代わるタンパクの探索. 第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020.11.20 岩手(on-line とのハイブリッド形式)

  70. 山崎 あずさ,堀内 優奈,賴 劭睿,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,大川 龍之介. 赤血球膜コレステロール含有量測定法の検討. 第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020.11.20 岩手(on-line とのハイブリッド形式)

  71. 藤井 祐葵,島野 志都子,渡部 芽以,堀内 優奈,亀田 貴寛,大野 一彦,市村 直也,東田 修二,大川 龍之介. 自動分析装置による高比重リポタンパク亜分画コレステロールの測定. 第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020.11.20 岩手(on-line とのハイブリッド形式)

  72. 堀内 優奈,島野 志都子,賴 劭睿,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 無細胞系コレステロール引き抜き能測定法の臨床現場での測定に向けた検討. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 学生シンポジウム 2020.11.01

  73. 亀田 貴寛,島野 志都子,堀内 優奈,矢野 康次,賴 劭睿,市村 直也,東田 修二,栗原 由利子,戸塚 実,大川 龍之介. MPO酸化修飾およびN-ホモシステイン化修飾がHDLの血管内皮修復能に及ぼす影響について. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2020.10.30

  74. 堀内 優奈,島野 志都子,賴 劭睿,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 無細胞系コレステロール引き抜き能測定法の臨床現場での測定に向けた検討. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2020.10.30

  75. 山崎 あずさ,堀内 優奈,賴 劭睿,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. HDL亜分画におけるタイトルアポリポプロテインC-IIおよびアポリポプロテインC-IIIの分布とVLDLからの転送について. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2020.10.30

  76. 藤井 祐葵, 古城 京花, 本多 弘子, 大川 龍之介, 市村 直也, 東田 修二. 心筋マーカー測定におけるヘパリンLiおよびEDTA-2Na採血管による差異の検討. 日本医療検査科学会第52回大会 2020.10.01 On-line

  77. Ryunosuke Ohkawa, Michio Hagihara. Introduction of the Committee on International Activities. 日本医療検査科学会第52回大会 2020.10.01 On-line(新型コロナの影響で国際シンポジウム中止,抄録掲載のみ)

  78. 陸田 優芽,堀内 優奈,島野 志都子,藤井 祐葵,山崎 あずさ,賴 劭睿,亀田 貴寛,市村 直也,藤田 浩二,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 炎症患者における血清アミロイドAによる高比重リポタンパクのコレステロール引き抜き能への影響. 日本医療検査科学会第52回大会 2020.10.01 On-line

  79. 堀内 優奈,山崎 あずさ,島野 志都子,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 培養細胞および放射性物質を用いない新たな測定法によるコレステロール引き抜き能とHbA1cの関連の検討. 第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会(Web開催) 2020.07.17

  80. 堀内 優奈,南部 真由,賴 劭睿,戸塚 実,大川龍之介. 固相化リポソーム結合ゲルビーズを用いたコレステロール引き抜き能測定法の従来法との比較. 第66回日本臨床検査医学会学術集会 2019.11.23 岡山

  81. 藤井 祐葵,大川 龍之介,堀内 優奈,賴 劭睿,島野 志都子,大野 一彦,萩原 三千男,戸塚 実,東田 修二. HepG2を用いたSAA含有HDLの形成メカニズムの解析. 第66回日本臨床検査医学会学術集会 2019.11.23 岡山

  82. 山形 友香,山崎 あずさ,賴 劭睿,堀内 優奈,戸塚 実,大川龍之介. 超低比重リポタンパクと高比重リポタンパク間におけるアポリポタンパク転送の解析. 第66回日本臨床検査医学会学術集会 2019.11.23 岡山

  83. 南部 真由,堀内 優奈,賴 劭睿,戸塚 実,大川龍之介. 新たなコレステロール引き抜き能評価法へのレシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼの影響. 第66回日本臨床検査医学会学術集会 2019.11.23 岡山

  84. 堀内 優奈,賴 劭睿,島野 志都子,萩原 三千男,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 臨床現場で利用可能なコレステロール引き抜き能測定法の開発と評価. 日本臨床検査自動化学会第51回大会 2019.10.04

  85. 堀内 優奈,賴 劭睿,島野 志都子,萩原 三千男,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 血清を測定対象とする固相化リポソーム結合ゲルビーズを用いたコレステロール引き抜き能測定の検討. 第59回日本臨床化学会年次学術集会 学生シンポジウム 2019.09.29

  86. 堀内 優奈,賴 劭睿,島野 志都子,萩原 三千男,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 血清を測定対象とする固相化リポソーム結合ゲルビーズを用いたコレステロール引き抜き能測定の検討. 第59回日本臨床化学会年次学術集会 2019.09.29

  87. 原 安由子,賴 劭睿,笹岡 真衣,堀内 優奈,戸塚 実,大川 龍之介. 酵素法と蛍光標識法を用いた赤血球コレステロール放出能測定法の検討. 第14回日本臨床検査教育学会学術大会 2019.08.22

  88. 賴 劭睿,山形 友香,堀内 優奈,戸塚 実,大川 龍之介. Myeloperoxidaseとchymaseの連続的作用により産生されたHDL中の新たな断片化apolipoprotein A-Iの解析. 第14回日本臨床検査教育学会学術大会 2019.08.22

  89. 陸田 優芽,堀内 優奈,藤井 祐葵,賴 劭睿,戸塚 実,大川 龍之介. 血清アミロイドAが高比重リポタンパクのコレステロール引き抜き能に及ぼす影響. 第14回日本臨床検査教育学会学術大会 2019.08.22

  90. 大川 龍之介. 試薬の検討方法とその注意点~ 初級から応用まで ~. 東京都臨床検査技師会 東支部初級研修会 2019.05.15 東京

  91. 大川 龍之介. 赤血球とコレステロール代謝~新たなバイオマーカーを目指して~. 日立那珂工場講演会 2019.03.04

  92. 笹岡 真衣,大川 龍之介,堀内 優奈,賴 劭睿,戸塚 実. 赤血球由来コレステロールがHDLの性質・機能に及ぼす影響. 第29回 生物試料分析科学会年次学術集会 2019.02.10 岡山

  93. 堀内 優奈,大川 龍之介,島野 志都子,萩原 三千男,東田 修二,戸塚 実. HDLのコレステロール引き抜き能はHDLコレステロール濃度とは異なるバイオマーカーとなりうる. 第29回 生物試料分析科学会年次学術集会 2019.02.09 岡山

  94. 宮本 博康, 宮川 典子, 浅海 隆司, 竹島 秀美, 島野 志都子, 汐谷 陽子, 岡村 邦彦, 大川 龍之介. 2017年度日臨技臨床化学精度管理調査解析(その1). 第14回東京都医学検査学会 2018.12.02

  95. 宮川 典子, 宮本 博康, 浅海 隆司, 大川 龍之介, 中川 央充, 汐谷 陽子, 島野 志都子, 岡村 邦彦. 2017年度日臨技臨床化学精度管理調査解析(その3). 第14回東京都医学検査学会 2018.12.02

  96. 浅海 隆司, 宮本 博康, 宮川 典子, 関田 綱基, 岡村 邦彦, 島野 志都子, 大川 龍之介, 汐谷 陽子. 2017年度日臨技臨床化学精度管理調査解析(その2). 第14回東京都医学検査学会 2018.12.02

  97. 渡邉 健, 吉藤 康太, 大川 龍之介, 戸塚 実, 三浦 修, 新井 文子. 薬剤性重症高トリグリセリド血症発症後にL-asparaginaseを再投与した若年成人T細胞性急性リンパ性白血病. 臨床血液 2018.12.01

  98. 渡邉 健, 吉藤 康太, 大川 龍之介, 戸塚 実, 三浦 修, 新井 文子. 薬剤性重症高トリグリセリド血症発症後にL-asparaginaseを再投与した若年成人T細胞性急性リンパ性白血病. 臨床血液 2018.12.01

  99. 五十嵐 好,大川 龍之介,吉本 明,戸塚 実. 酸化低比重リポタンパクに転送されたParaoxonase 1の役割の解明. 2018.11.16

  100. 堀内 優奈,賴 劭睿,南部 真由,大川 龍之介,戸塚 実. 無細胞系コレステロール引き抜き能評価法の開発と高比重リポタンパクサブクラスの引き抜き能の比較. 第65回日本臨床検査医学会学術集会 2018.11.16

  101. 島野 志都子,大川 龍之介,垂門 葵,南部 真由,笹岡 真衣,山崎 あずさ,藤井 祐葵,五十嵐 好,堀内 優奈,賴 劭睿,萩原 三千男,戸塚 実,東田 修二. 炎症による高比重リポタンパク(HDL)の構造変化の解析. 第65回日本臨床検査医学会学術集会 2018.11.16

  102. 阿部 広樹,島野 志都子,大川 龍之介,戸塚 実,萩原 三千男,東田 修二. 尿中アルブミン測定用検体の安定性と前処理についての検討. 第50回日本臨床検査自動化学会 2018.10.12

  103. 小林 玉宜, 蔵野 信, 大川 龍之介, 戸塚 実, 矢冨 裕. HDLの糖化におけるリゾリン脂質解析 ApoMの物性変化と機能的修飾を中心に. 臨床病理 2018.10.01

  104. 小林 玉宜, 蔵野 信, 大川 龍之介, 戸塚 実, 矢冨 裕. HDLの糖化におけるリゾリン脂質解析 ApoMの物性変化と機能的修飾を中心に. 臨床病理 2018.10.01

  105. 阿部 広輝, 島野 志都子, 大川 龍之介, 戸塚 実, 萩原 三千男, 東田 修二. 尿中アルブミン測定用検体の安定性と前処理についての検討. 日本臨床検査自動化学会会誌 2018.09.01

  106. 堀内 優奈,賴 劭睿,山崎 あずさ,中村 文香,大川 龍之介,矢野 康次,亀田 貴寛,大久保 滋夫,島野 志都子,萩原 三千男,東田 修二,戸塚 実. 固相化リポゾームを用いたコレステロール引き抜き能評価法の開発と評価. 第58回日本臨床化学会年次学術集会 2018.08.26 愛知

  107. 藤井 祐葵,大川 龍之介,佐藤 恵美,島野 志都子,萩原 三千男,東田 修二,戸塚 実. HepG2を用いたSAA含有HDLの形成メカニズムの解析. 第58回日本臨床化学会年次学術集会 学生シンポジウム 2018.08.26 愛知

  108. 藤井 祐葵,大川 龍之介,佐藤 恵美,島野 志都子,萩原 三千男,東田 修二,戸塚 実. HepG2を用いたSAA含有HDLの形成メカニズムの解析. 第58回日本臨床化学会年次学術集会 2018.08.25 愛知

  109. 堀内 優奈,賴 劭睿,山崎 あずさ,中村 文香,大川 龍之介,矢野 康次,亀田 貴寛,大久保 滋夫,島野 志都子,萩原 三千男,東田 修二,戸塚 実. 固相化リポゾームを用いたコレステロール引き抜き能評価法の開発と評価. 第58回日本臨床化学会年次学術集会 YIAシンポジウム 2018.08.25 愛知

  110. 笹岡 真衣,大川 龍之介,賴 劭睿,堀内 優奈,戸塚 実. HDLの性質・機能に及ぼす赤血球からのコレステロール放出の影響. 第13回日本臨床検査教育学会学術大会 2018.08.18 北海道

  111. 堀内 優奈, 頼 劭睿, 山崎 あずさ, 中村 文香, 大川 龍之介, 矢野 康次, 亀田 貴寛, 大久保 滋夫, 島野 志都子, 萩原 三千男, 東田 修二, 戸塚 実. 固相化リポゾームを用いたコレステロール引き抜き能評価法の開発と評価. 臨床化学 2018.07.01

  112. 亀田 貴寛, 大川 龍之介, 戸塚 実. 生活習慣病の最新検査技術と標準化 動脈硬化と脂質検査 バイオマーカー探索を目標にした高比重リポタンパクの機能研究. 日本臨床検査自動化学会会誌 2018.04.01

  113. 堀内 優奈,大川 龍之介,増山 みさき,渡部 芽以,吉本 明,賴 劭睿,大久保 滋夫,戸塚 実. apoB-depleted plasmaのコレステロール引き抜き能は高比重リポタンパクのそれを反映するか. 第28回生物試料分析科学会年次学術集会 2018.03.03 山形

  114. 今野 夏乃子, 廿楽 明穂, 吉森 真由美, 小野澤 枝里香, 今留 謙一, 大川 龍之介, 戸塚 実, 新井 文子. Epstein-Barrウイルス陽性T、NK細胞培養上清は単球系細胞のマクロファージへの分化を誘導する. 臨床検査学教育 2018.03.01

  115. 堀内 優奈, 大川 龍之介, 生駒 勇人, 頼 劭睿, 矢野 康次, 吉本 明, 戸塚 実. アポリポタンパクE含有高比重リポタンパクの性状・機能の解析. 臨床検査学教育 2018.03.01

  116. 堀内 優奈, 大川 龍之介, 増山 みさき, 渡部 芽以, 吉本 明, 頼 劭睿, 大久保 滋夫, 戸塚 実. ApoB-depleted plasmaのコレステロール引き抜き能は高比重リポタンパクのそれを反映するか. 生物試料分析 2018.02.01

  117. 浅海 隆司, 竹島 秀美, 中川 央充, 島野 志都子, 大川 龍之介. 平成28年度日臨技臨床化学精度管理調査解析(その2). 東京都医学検査学会抄録集 2018.01.01

  118. 本橋 智子,島野 志都子,大川 龍之介,戸塚 実,萩原 三千男,東田 修二. LABOSPECT008を用いた「ナノピア®IL-2R」試薬の性能評価. 第64回日本臨床検査医学会学術集会 2017.11.17 京都

  119. 廿楽 明穂, 吉森 真由美, 小野澤 枝里香, 今留 謙一, 大川 龍之介, 戸塚 実, 三浦 修, 小山 高敏, 新井 文子. EBウイルス陽性T、NK細胞培養上清は単球系細胞のマクロファージへの分化とサイトカイン産生を誘導する. 臨床血液 2017.11.01

  120. 堀内 優奈,大川 龍之介,生駒 勇人,賴 劭睿,矢野 康次,戸塚 実. アポリポタンパクE含有高比重リポタンパクのコレステロール引き抜き能の評価. 第57回日本臨床化学会年次学術集会 2017.10.08 北海道

  121. 本橋 智子, 島野 志都子, 大川 龍之介, 戸塚 実, 萩原 三千男, 東田 修二. LABOSPECT 008を用いた「ナノピアIL-2R」試薬の性能評価. 臨床病理 2017.10.01

  122. 本橋 智子, 島野 志都子, 大川 龍之介, 戸塚 実, 萩原 三千男, 東田 修二. LABOSPECT 008を用いた「ナノピアIL-2R」試薬の性能評価. 臨床病理 2017.10.01

  123. 垂門 碧,島野 志都子,大川 龍之介,戸塚 実,萩原 三千男,東田 修二. Dimension EXL200によるタクロリムス測定の基礎的検討とTurn Around Time の評価. 第49回日本臨床検査自動化学会 2017.09.23 横浜

  124. 亀田 貴寛,大川 龍之介,戸塚 実. 動脈硬化と脂質検査-バイオマーカー探索を目標にした高比重リポタンパクの機能研究-. 第49回日本臨床検査自動化学会 2017.09.23

  125. 堀内 優奈, 大川 龍之介, 生駒 勇人, 頼 劭睿, 矢野 康次, 戸塚 実. アポリポタンパクE含有高比重リポタンパクのコレステロール引き抜き能の評価. 臨床化学 2017.09.01

  126. 南部 真由,大川 龍之介,島野 志都子,山崎 あずさ,萩原 三千男,東田 修二,戸塚 実. 炎症の程度が高比重リポタンパクの性状に及ぼす影響. 第12回日本臨床検査教育学会学術大会 2017.08.24 埼玉

  127. 今野 夏乃子,廿楽 明穂,吉森 真由美,小野澤 枝里香,今留 謙一,大川 龍之介,戸塚 実,新井 文子. Epstein-Barr ウイルス陽性T,NK細胞培養上清は単球系細胞のマクロファージへの 分化を誘導する. 第12回日本臨床検査教育学会学術大会 2017.08.24 埼玉

  128. 堀内 優奈,大川 龍之介,生駒 勇人,賴 劭睿,矢野 康次,吉本 明,戸塚 実. アポリポタンパクE含有高比重リポタンパクの性状・機能の解析. 第12回日本臨床検査教育学会学術大会 2017.08.24 埼玉

  129. 藤井 祐葵,大川 龍之介,佐藤 恵美,島野 志都子,戸塚 実. 血清アミロイドAの高比重リポタンパクへの結合特性の解析. 第12回日本臨床検査教育学会学術大会 2017.08.24 埼玉

  130. 五十嵐 好,大川 龍之介,矢野 康次,堀内 優奈,戸塚 実. 酵素サイクリング法を用いた高感度コレステロール測定法. 第12回日本臨床検査教育学会学術大会 2017.08.24 埼玉

  131. 山崎 あずさ,大川 龍之介,堀内 優奈,吉本 明,矢野 康次,戸塚 実. アポリポタンパクC-II(apoC-II)のリポタンパク間転送の解析. 第12回日本臨床検査教育学会学術大会 2017.08.24 埼玉

  132. 垂門 碧, 島野 志都子, 大川 龍之介, 戸塚 実, 萩原 三千男, 東田 修二. Dimension EXL200によるタクロリムス測定の基礎的検討とTurn Around Timeの評価. 日本臨床検査自動化学会会誌 2017.08.01

  133. 亀田 貴寛, 大川 龍之介, 戸塚 実. 生活習慣病の最新検査技術と標準化 動脈硬化と脂質検査. 日本臨床検査自動化学会会誌 2017.08.01

  134. 垂門 碧, 島野 志都子, 大川 龍之介, 戸塚 実, 萩原 三千男, 東田 修二. Dimension EXL200によるタクロリムス測定の基礎的検討とTurn Around Timeの評価. 日本臨床検査自動化学会会誌 2017.08.01

  135. 亀田 貴寛, 大川 龍之介, 戸塚 実. 生活習慣病の最新検査技術と標準化 動脈硬化と脂質検査. 日本臨床検査自動化学会会誌 2017.08.01

  136. 廿楽 明穂,吉森 真由美,小野澤 枝里香,今留 謙一,大川 龍之介,戸塚 実,三浦 修,小山 高敏,新井 文子. EBウイルス陽性T,NK細胞培養上清は単球系細胞のマクロファージへの分化とサイトカイン産生を誘導する. 第7回日本血液学会関東甲信越地方会 2017.07.01 長野

  137. 大川 龍之介. ここで差がつく学会発表・論文投稿. 日立自動分析維新の会 2017年度成果発表会 2017.06.26 千葉

  138. 大川 龍之介. 臨床検査技師による研究への挑戦. 第15回生物試料分析科学会関東支部学術集会 2017.06.03 東京

  139. 大川 龍之介. 今さら聞けない!試薬の検討方法と発表の仕方. 東京都医学検査 2017.06.01

  140. 大川 龍之介,戸塚 実. バイオマーカー探索を目標にした高比重リポタンパクの機能研究. 第73回日本臨床検査医学会 関東・甲信越支部例会 2017.05.27 東京

  141. 大川 龍之介. 【臨床検査スターターズガイド】(2章)検査室Q&A 生化学・免疫 なぜ,項目ごとの測定原理を理解することが重要なのでしょうか?. 臨床検査 2017.04.01

  142. 大川 龍之介, 戸塚 実. いかに次世代の臨床検査技師を輩出するか? 臨床検査技師のリーダーとは何か、どうやって育てるか?. 臨床検査学教育 2017.03.01

  143. 賴 劭睿,大川 龍之介,矢野 康次,佐藤 恵美,吉本 明,戸塚 実.. 赤血球はアポリポタンパクA-Iによる泡沫細胞からのコレステロール引き抜きに関与している.. 第27回生物試料分析科学会年次学術集会 2017.02.11 新潟

  144. 矢野 康次,大川 龍之介,佐藤 恵美,吉本 明,市村 直也,亀田 貴寛,窪田 哲朗,戸塚 実.. コレステロール引き抜き能評価は細胞の分化・泡沫化の程度に大きく影響を受ける. 第27回生物試料分析科学会年次学術集会 2017.02.11 新潟

  145. 大川 龍之介. 今さら聞けない! 試薬の検討方法と発表のしかた. 東京都臨床検査技師会 臨床化学研究班研修会 2017.01.18 東京

  146. 矢野 康次, 大川 龍之介, 佐藤 恵美, 吉本 明, 市村 直也, 亀田 貴寛, 窪田 哲朗, 戸塚 実. コレステロール引き抜き能評価は細胞の分化・泡沫化の程度に大きく影響を受ける. 生物試料分析 2017.01.01

  147. 頼 劭睿, 大川 龍之介, 矢野 康次, 佐藤 恵美, 吉本 明, 戸塚 実. 赤血球はアポリポタンパクA-Iによる泡沫細胞からのコレステロール引き抜きに関与している. 生物試料分析 2017.01.01

  148. 佐藤 恵美,大川 龍之介,島野 志都子,吉本 明,矢野 康次,泉山 肇,萩原 三千男,東田 修二,戸塚 実. 低比重リポタンパクおよび高比重リポタンパクコレステロール試薬の両方に異常反応を示した一症例. 第56回日本臨床化学会年次学術集会 2016.12.04 熊本

  149. 佐藤 恵美,垂門 碧,大川 龍之介,吉本 明,矢野 康次,三上 周子,生駒 勇人,森田 真麻,賴 劭睿,戸塚 実. 血清アミロイドAがHDLの抗酸化能に与える影響. 第26回生物試料分析科学会年次学術集会 2016.02.20 沖縄

  150. 大川 龍之介. 知ってますか? 正しい試薬の検討方法 -選定から投稿まで-. 東京都臨床検査技師会 臨床化学研究班研修会 2016.01.21 東京

  151. 亀田 貴寛,伊藤 さやか,宇佐美 陽子,宮崎 あかり,栗原 由利子,大川 龍之介,細萱 茂実,戸塚 実. リポタンパクがヒト末梢血単核球(PBMC)のインターロイキン-1β前駆体の発現に与える影響の解析. 第62回日本臨床検査医学会学術集会 2015.11.21 岐阜

  152. 汐谷 陽子,竹島 秀美,荒木 秀夫,宮本 博康,島野 志都子,大川 龍之介,関田 綱基. 日臨技臨床化学精度管理調査解析 その2 ~都臨技調査と比較して~. 第11回東京都医学検査学会 2015.11.01

  153. 宮川 典子,関田 綱基,浅海 隆司,大川 龍之介,岡村 邦彦,汐谷 陽子,宮本 博康,島野 志都子,平木 一嘉,竹島 秀美. 内部制度管理における技術水準から見た施設内精度(その6:AST,ALP,GGT). 日本臨床検査自動化学会第47回大会 2015.10.09 横浜

  154. 本間 達,沢辺 元司,戸塚 実,副島 友莉恵,大川 龍之介.. 就職支援のための求人票データの分析. 第10回日本臨床検査教育学会学術大会 2015.08.20 松本

  155. 吉本 明,間宮 周平,亀田 貴寛,佐藤 恵美,矢野 康次,西坂 薫子,寒河江 望,大川 龍之介,戸塚 実. Apolipoprotein E含有HDLとParaoxonase 1について. 第25回生物試料分析科学会年次学術集会 2015.02.14 東京

  156. 西坂 薫子,亀田 貴寛,大川 龍之介,戸塚 実. MyeloperoxidaseによるHDLの酸化はapoA-Iのchymase分解を促進する. 第61回日本臨床検査医学会学術集会 2014.11.25 福岡

  157. 吉川 直之,蔵野 信,増田 亜希子,野尻 卓宏,大川 龍之介,常名 政弘,大久保 滋夫,矢冨 裕. オートタキシン阻害剤を用いた血漿リゾホスファチジン酸測定の臨床検査への応用. 日本臨床検査自動化学会第46大会 2014.10.11 神戸

  158. 蔵野 信,廣渡 祐史,大川 龍之介,青木 淳賢,矢冨 裕. 冠動脈疾患患者におけるセロトニン,高感度CRPとリゾリン脂質の相関. 第54回日本臨床化学会年次学術集会 2014.09.06 東京

  159. 西坂 薫子,宇佐美 陽子,大川 龍之介,戸塚 実. MyeloperoxidaseとChymaseとの相互作用による高比重リポ蛋白分解産物の検討. 第54回日本臨床化学会年次学術集会 2014.09.06 東京

  160. 大川 龍之介,蔵野 信,岸本 達也,松山 直人,長崎 実佳,宇野 漢成,林 直人,大久保 滋夫,池田 均,戸塚 実,矢冨 裕. スフィンゴミエリン,ホスファチジルコリンおよびリゾホスファチジルコリンの血中動態の検討. 第54回日本臨床化学会年次学術集会 2014.09.06 東京

  161. 小野 佳一,蔵野 信,大川 龍之介,大久保 滋夫,矢冨 裕. 血小板活性化に伴うスフィンゴシン 1-リン酸の放出~血清S1P濃度は血小板数とよく相関する~. 第54回日本臨床化学会年次学術集会 2014.09.06 東京

  162. 間宮 周平,吉本 明,亀田 貴寛,大川 龍之介,戸塚 実. apoE含有HDLの抗酸化機能評価. 第54回日本臨床化学会年次学術集会 2014.09.06 東京

  163. 亀田 貴寛,宇佐美 陽子,寒河江 望,佐藤 恵美,大川 龍之介,戸塚 実. Myeloperoxidaseによる酸化がHDLの機能に及ぼす影響. 第54回日本臨床化学会年次学術集会 2014.09.06 東京

  164. 山端 潤也,清水 美保,大川 龍之介,矢冨 裕,和田 隆志. ループス腎炎におけるAutotaxin,Phosphatidylserine-specific phospholipase A1の関与. 第54回日本臨床化学会年次学術集会 2014.09.06 東京

  165. 寒河江 望,宮崎 あかり,吉本 明,大川 龍之介,戸塚 実. N-homocysteinylated apolipoprotein AIの機能解析. 第54回日本臨床化学会年次学術集会 2014.09.06 東京

  166. 清水 美保,山端 潤也,大川 龍之介,矢冨 裕,和田 隆志. 糖尿病性腎症における血清リゾリン脂質産生酵素測定の意義. 第54回日本臨床化学会年次学術集会 2014.09.06 東京

  167. 亀田 貴寛,寒河江 望,吉本 明,佐藤 恵美,大川 龍之介,戸塚 実. MyeloperoxidaseによるHDLのapoAI-AII heterodimer形成とHDLの機能に及ぼす影響. 第9回日本臨床検査教育学会学術大会 2014.08.21 東京

  168. 佐藤 恵美,表谷 文美芳,大川 龍之介,亀田 貴寛,吉本 明,大久保 滋夫,矢冨 裕,戸塚 実. 急性炎症時におけるHDLの抗酸化機能評価. 第9回日本臨床検査教育学会学術大会 2014.08.21 東京

  169. 吉本 明,生駒 勇人,亀田 貴寛,佐藤 恵美,大川 龍之介,戸塚 実. 超遠心を用いたHDL分離の問題点. 第9回日本臨床検査教育学会学術大会 2014.08.21 東京

  170. 名倉 豊,津野 寛和,大川 龍之介,野尻 卓宏,徳原 康哲,松橋 美佳,矢冨 裕,高橋 孝喜,岡崎 仁. GL自己血液の保存前白血球除去処理がリゾフォスファチジン酸増加の抑制に及ぼす影響についての検討. 第62回日本輸血・細胞治療学会総会 2014.05.15 奈良

  171. 大川 龍之介. R-CPCによる肝臓疾患の病態. 生化・免疫研修会 2014.02.22 筑波

  172. 大川 龍之介,竹島 秀美,浅海 隆司,宮川 典子,汐谷 陽子,岡村 邦彦,宮本 博康,島野 志都子,村本 良三,平木 一嘉. 共同検討「各県における精度管理の現状と未来」“外部精度管理における各都県精度管理事業の実施状況-アンケート結果解析-”. 第21回関東甲信地区臨床化学研究班研修会 2014.02.01 埼玉

  173. 大川 龍之介. 「日常検査と研究-検査技師に研究は必要か-」. 東京都臨床検査技師会 臨床化学研究班研修会 2014.01.15 東京

  174. 大川 龍之介. 「大学病院における検体検査自動化システム-運用紹介と課題-」”東京大学医学部附属病院の包括的検体検査システムの更新について”. 第62回 日本医学検査学会 2013.05.19 高松

  175. 大川 龍之介. 実例から学ぶ検査データの読み方講座 Part5. 日本臨床検査自動化学会第44回大会 2012.10.12 横浜

  176. 大川 龍之介,中村 和宏,大久保 滋夫,横田 浩充,増田 亜希子,池田 均,矢冨 裕. 生理活性リゾリン脂質とその関連物質の測定の臨床応用. 第51回日本臨床化学会年次学術集会 2011.08.26 札幌

  177. 大川 龍之介,中村 和宏,大久保 滋夫,横田 浩充,増田 亜希子,池田 均,矢冨 裕. 臨床検査への応用を目指した生理活性リゾリン脂質関連物質の測定. 第60回日本医学検査学会 2011.06.04 東京

  178. 大川 龍之介. 日常検査と研究活動-未来へ繋がる臨床検査を目指して-. 日本臨床検査医学会第22回関東甲信越支部総会 2010.11.27 東京

  179. 大川 龍之介,大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨 裕. ミトコンドリア由来CK(MtCK)活性を阻害した新規CK-MB活性測定試薬 新規CK-MB活性測定用試薬"アキュラスオートCK-MB MtO"の基礎的検討およびミトコンドリア由来CKの解析. 第49回日本臨床化学会年次学術集会 2010.09.18 長崎

  180. 賴 劭睿. 所以要怎樣才能去日本留學? だからどうしたら日本留学しにいけんの?. 2018 TMU Medical Laboratory Forum 2018.10.29

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 池永 絢香,AACC Academy's Distinguished Abstract Awards,American Association for Clinical Chemistry (AACC) ,2022年07月

  • 山田 貴子,2022 AACC LVDD ORAL PRESENTATION AWARD,American Association for Clinical Chemistry (AACC) ,2022年07月

  • 陸田 優芽,第60回日本臨床化学会学術集会 学術奨励賞,日本臨床化学会,2021年11月

  • 陸田 優芽,第60回日本臨床化学会学術集会 学術奨励賞(2つ目),日本臨床化学会,2021年11月

  • 清水 梨帆,2021年度 JACLaS AwardⅠ,日本医療検査科学会,2021年10月

  • 宮腰 恒広,2021年度 JACLaS AwardⅠ,日本医療検査科学会,2021年10月

  • 荻野 芽生,2021年度 JACLaS AwardⅡ,日本医療検査科学会,2021年10月

  • 大川龍之介,第55回 小島三郎記念技術賞,公益財団法人 黒住医学研究振興財団,2020年06月

  • 大川龍之介,2019年度 近藤記念医学財団 学術奨励賞,一般財団法人 近藤記念医学財団,2019年12月

  • 堀内優奈,2019年度 日本臨床検査医学会 国際学会奨励賞,日本臨床検査医学会,2019年11月

  • 堀内 優奈,2019年度 JACLaS AwardⅡ,日本臨床検査自動化学会,2019年10月

  • 堀内 優奈,第59回日本臨床化学会学術集会 トラベルアウォード,日本臨床化学会,2019年09月

  • 賴 劭睿.第14回日本臨床検査教育学会学術大会 優秀発表賞,日本臨床検査教育協議会,2019年08月

  • 堀内 優奈,国立大学臨床検査学系博士後期課程 優秀賞,国立大学臨床検査技師教育協議会,2019年05月

  • 賴 劭睿,Abstract Award Outstanding Research in Lipoproteins and Vascular Diseases,American Association for Clinical Chemistry (AACC) ,2018年08月

  • 堀内 優奈,Young Investivator Fellowships for ISA 2018 Toronto,the XVIIIth International Symposium on Atherosclerosis,2018年06月

  • 佐藤 恵美,2017年度 日本臨床検査医学会 国際学会奨励賞,日本臨床検査医学会,2017年11月

  • 堀内 優奈.第57回日本臨床化学会年次学術集会 トラベルアウォード,日本臨床化学会,2017年10月

  • 堀内 優奈.Young Investigator Award,日本臨床化学会,2017年10月

  • 藤井 祐葵.第57回日本臨床化学会年次学術集会 トラベルアウォード,日本臨床化学会,2017年10月

  • 堀内 優奈.第12回日本臨床検査教育学会学術大会 優秀発表賞,日本臨床検査教育協議会,2017年08月

  • 矢野 康次,第27回 生物試料分析化学会年次学術集会 優秀演題賞,生物試料分析化学会,2017年02月

  • 賴 劭睿,第27回 生物試料分析化学会年次学術集会 優秀演題賞,生物試料分析化学会,2017年02月

  • 賴 劭睿,14th Asia–Pacific Federation for Clinical Biochemistry and Laboratory Medicine Congress. Student Travel Award,2016年11月

  • 生駒 勇人,14th Asia–Pacific Federation for Clinical Biochemistry and Laboratory Medicine Congress. Student Travel Award,2016年11月

  • 吉本 明,14th Asia–Pacific Federation for Clinical Biochemistry and Laboratory Medicine Congress. Student Travel Award,2016年11月

  • 佐藤 恵美,第26回 生物試料分析化学会年次学術集会 優秀発表賞,生物試料分析化学会,2016年02月

  • 大川 龍之介,平成26年度 日本臨床検査医学会 国際学会奨励賞,日本臨床検査医学会,2014年11月

  • 大川 龍之介,平成26年度 学長裁量優秀若手研究者奨励賞,東京医科歯科大学,2014年10月

  • 吉本 明.第9回日本臨床検査教育学会学術大会 優秀発表賞,日本臨床検査教育協議会,2014年08月

  • 間宮 周平,American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2014 Annual Meeting and Clinical Lab Expo. Student Travel Grant Award,American Association for Clinical Chemistry,2014年08月

  • 名倉 豊,第62回日本・輸血細胞治療学会総会 優秀演題賞,日本・輸血細胞治療学会,2014年03月

  • 名倉 豊,第62回日本・輸血細胞治療学会総会 学術奨励賞,日本・輸血細胞治療学会,2014年03月

  • 大川 龍之介,平成24年度 第15回 東邦大学生物分子科学賞,東邦大学,2012年12月

  • 大川 龍之介,平成22年度 ベストスタッフ賞,東京大学医学部附属病院,2010年

  • 大川 龍之介,平成21年度 日本臨床化学会 学会賞(奨励賞),日本臨床化学会,2009年09月

  • 大川 龍之介,平成20年度 業務改善総長賞(特別賞),東京大学,2008年

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 大川 龍之介,公益財団法人 循環器病研究振興財団,第4回 山内進循環器病研究助成:,2022年06月

    心血管リスクを早期に予測可能なコレステロール引き抜き能測定法の開発と評価

  • 大川 龍之介,日本学術振興会,2022年度 科学研究費補助金(基盤研究C),2021年04月

    各種アポリポタンパク転送の定量法の開発と転送メカニズムの解明, 研究代表者

  • 大川 龍之介,日本学術振興会,2021-2023年度 科学研究費補助金国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)),2021年04月

    髄鞘関連疾患モデルマウスを用いた小径軸索変性の形態学的・生化学的プロファイリング, 研究分担者

  • 大川 龍之介,日本学術振興会,平成32-34年度 科学研究費補助金(基盤研究C),2021年04月

    HDLダイナミズムと粥状動脈硬化への影響, 研究代表者

  • 大川 龍之介,2019年度 一般財団法人近藤記念医学財団 学術奨励賞(医学研究助成),2019年10月

    粥状動脈硬化を早期に予測可能な高比重リポタンパク機能検査法の確立と臨床応用,研究代表者

  • 大川 龍之介,日本学術振興会,平成29-31年度 科学研究費補助金(基盤研究C),2019年04月

    無細胞系・非放射性・脱超遠心法によるHDL のコレステロール引き抜き能測定法の構築,研究分担者

  • 戸塚 実,日本学術振興会,平成29-31年度 科学研究費補助金(基盤研究C),2019年04月

    無細胞系・非放射性・脱超遠心法によるHDL のコレステロール引き抜き能測定法の構築,研究代表者

  • 大川 龍之介,公益信託 臨床検査医学研究振興基金 平成28年度「研究奨励金」,2017年02月

    臨床検査への応用を目指した高比重リポタンパク機能検査法の確立,研究代表者

  • 大川 龍之介,公益財団法人 武田科学振興財団,「2016 年度 医学系研究奨励」,2017年01月

    赤血球を介したコレステロール逆転送機構の解明,研究代表者

  • 大川 龍之介,日本学術振興会,平成29-30年度 科学研究費補助金(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)),2017年01月

    赤血球関連コレステロール代謝の分子機構解析,研究代表者

  • 大川 龍之介,日本学術振興会,平成29-30年度 科学研究費補助金(若手研究B),2017年

    高比重リポタンパクの多様化に関わる分子機構およびその性質・機能への影響,研究代表者

  • 大川 龍之介,日本学術振興会,平成26-28年度 科学研究費補助金(基盤研究C),2016年

    高比重リポ蛋白(HDL)が粥状動脈硬化進展に及ぼす影響の2面性について,研究分担者

  • 大川 龍之介,日本学術振興会,平成27-28年度 科学研究費補助金(若手研究B),2016年

    赤血球関連コレステロール代謝のメカニズムとその破綻の解明,研究代表者

  • 大川 龍之介,公益財団法人 武田科学振興財団,「2016 年度 医学系研究奨励」,2016年

    赤血球を介したコレステロール逆転送機構の解明,研究代表者

  • 大川 龍之介,平成28年度 ホクト生物科学振興財団助成,2016年

    リポタンパクおよび各種細胞との相互作用によるHDLの多様化と粥状動脈硬化との関わり,研究代表者

  • 大川 龍之介,日本学術振興会,平成27-28年度 科学研究費補助金(若手研究B),2015年

    赤血球関連コレステロール代謝のメカニズムとその破綻の解明,研究代表者

  • 大川 龍之介,日本学術振興会,平成26-28年度 科学研究費補助金(基盤研究C),2014年

    高比重リポ蛋白(HDL)が粥状動脈硬化進展に及ぼす影響の2面性について,研究分担者

  • 大川 龍之介,平成26-27年度 日本臨床化学会関東支部分科会プロジェクト,2014年

    血中ホモシステインがアポリポ蛋白C群に及ぼす影響の解明,研究代表者

  • 大川 龍之介,公益財団法人 黒住医学研究振興財団,第20回研究助成,2012年

    臨床検査への応用を目指したリゾリン脂質関連物質の測定,研究代表者

  • 大川 龍之介,日本学術振興会,平成22年度 科学研究費補助金(奨励研究),2010年

    スフィンゴシン1-リン酸およびその関連代謝産物の測定と臨床応用,研究代表者

  • 大川 龍之介,日本臨床検査医学会,平成21-22年度 日本臨床検査医学会学術推進研究課題プロジェクト研究,2009年

    血漿・血清におけるスフィンゴ脂質測定の臨床検査医学的応用〜動脈硬化マーカーとしての有用性の検証〜,研究代表者

  • 大川 龍之介,日本学術振興会,平成17年度 科学研究費補助金(奨励研究),2005年

    血小板由来生理活性物質の測定と臨床応用,研究代表者

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生体検査科学特論I,2020年 - 現在

  • 分析化学検査学III,2020年 - 現在

  • 分析化学検査学I,2019年 - 現在

  • 臨床検査法開発学特論,2019年 - 現在

  • 先制医歯理工学概論II,2019年 - 現在

  • 分析化学検査学II,2019年 - 現在

  • 分析化学検査学講義(II),2019年

  • 生体検査科学特論Ⅱ,2019年

  • 分析化学検査学実習,2013年 - 2019年

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 医学概論,東邦大学理学部

  • 臨床化学,栃木県立衛生福祉大学校

  • 臨床生化学Ⅰ,東邦大学理学部

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 大川 龍之介,日本医療検査科学会,理事,2021年10月10日 - 現在

  • 大川 龍之介,日本臨床検査教育協議会,評議員,2021年04月01日 - 現在

  • 大川 龍之介,日本臨床化学会,国際交流委員,2021年04月01日 - 現在

  • 大川 龍之介,国立大学臨床検査学教育協議会,将来問題検討WG委員,2021年04月01日 - 現在

  • 大川 龍之介,第60回日本臨床化学会年次学術集会プログラム委員,2020年04月 - 2020年09月

  • 大川 龍之介,日本臨床検査教育協議会,将来問題検討委員,2019年05月28日 - 現在

  • 大川 龍之介,日本臨床化学会,細則委員,2019年04月01日 - 現在

  • 大川 龍之介,日本医療検査科学会,国際交流委員,2019年04月01日 - 現在

  • 大川 龍之介,日本臨床検査医学会,評議委員,2019年04月01日 - 現在

  • 大川 龍之介,日本臨床化学会,アドホック委員会「若手育成委員会」,2019年04月01日 - 現在

  • 大川 龍之介,日本医療検査科学会,評議委員,2019年04月01日 - 2021年10月09日

  • 大川 龍之介,日本生物試料分析科学会,編集委員,2018年04月01日 - 2021年03月31日

  • 大川 龍之介,一般社団法人HECTEF,学術専門委員,2015年08月12日 - 2017年03月31日

  • 大川 龍之介,日本臨床化学会,評議委員,2015年04月01日 - 現在

  • 大川 龍之介,日本生物試料分析科学会,評議委員,2015年04月01日 - 2021年03月31日

  • 大川 龍之介,International Federation of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine,Corresponding Members of Task Force Young Scientists,2014年09月01日 - 2020年03月

  • 大川 龍之介,日本臨床検査同学院,緊急検査士,試験員,2014年04月 - 2017年03月

  • 大川 龍之介,体験型公開講座,東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科,2013年10月01日 - 2019年03月31日

  • 大川 龍之介,東京都臨床検査技師会,臨床化学研究班,2012年04月 - 2017年04月

  • 大川 龍之介,日本臨床検査同学院,二級病理細菌検査士,試験員,2008年04月 - 2017年03月

▼全件表示