基本情報

写真a

木村 直樹(キムラ ナオキ)

KIMURA Naoki


職名

講師

研究分野・キーワード

多発性筋炎/皮膚筋炎

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2006年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  膠原病・リウマチ内科学  博士課程  2014年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

  • 学士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 膠原病・リウマチ内科 助教
  • 2014年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教
  • 2018年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 生涯免疫難病学講座 講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本リウマチ学会

  • 日本内科学会

  • 日本臨床免疫学会

  • 日本免疫学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 膠原病、アレルギー内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 自己免疫疾患に関する調査研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • 筋運動による炎症性筋疾患抑制機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 筋運動が自己免疫性筋炎に与える影響

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 成人免疫異常症の診断と病態理解のための基礎的研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kimura Naoki, Kawahara Takuya, Uemura Yukari, Atsumi Tatsuya, Sumida Takayuki, Mimura Toshihide, Kawaguchi Yasushi, Amano Hirofumi, Iwasaki Yukiko, Kaneko Yuko, Matsui Toshihiro, Muro Yoshinao, Imura Yoshitaka, Kanda Takashi, Tanaka Yoshiya, Kawakami Atsushi, Jinnin Masatoshi, Ishii Tomonori, Hiromura Keiju, Miwa Yusuke, Nakajima Hiroshi, Kuwana Masataka, Nishioka Yasuhiko, Morinobu Akio, Kameda Hideto, Kohsaka Hitoshi. Branched chain amino acids in the treatment of polymyositis and dermatomyositis: a phase II/III, multi-centre, randomized controlled trial RHEUMATOLOGY. 2022.02; ( PubMed, DOI )

  2. Noda S, Honda S, Hirota Y, Ito T, Hasegawa H, Kimura N, Matsuo Y, Iwai H, Kohsaka H, Yasuda S. Azathioprine Monotherapy for the Cases of Immunoglobulin G4-Related Disease With Contraindications to Glucocorticoids. Journal of clinical rheumatology : practical reports on rheumatic & musculoskeletal diseases. 2021.02; 27 (8S): S327-S330. ( PubMed, DOI )

  3. Kamiya M, Mizoguchi F, Takamura A, Kimura N, Kawahata K, Kohsaka H. A new in vitro model of polymyositis reveals CD8+ T cell invasion into muscle cells and its cytotoxic role. Rheumatology (Oxford, England). 2019.06; ( PubMed, DOI )

  4. Umezawa Natsuka, Kawahata Kimito, Mizoguchi Fumitaka, Kimura Naoki, Yoshihashi-Nakazato Yoko, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. Interleukin-23 as a therapeutic target for inflammatory myopathy SCIENTIFIC REPORTS. 2018.04; 8 (1): 5498. ( PubMed, DOI )

  5. Hideto Takada, Naoki Kimura, Yoko Yoshihashi-Nakazato, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka. Discoid Lupus Erythematosus Complicated with Pregnancy-induced Hemophagocytic Syndrome. Intern. Med.. 2017.07; 56 (12): 1581-1583. ( PubMed, DOI )

  6. Takada Hideto, Kimura Naoki, Yoshihashi-Nakazato Yoko, Kawahata Kimito, Kohsaka Hitoshi. 妊娠誘発性血球貪食症候群を合併した円板状エリテマトーデス(Discoid Lupus Erythematosus Complicated with Pregnancy-induced Hemophagocytic Syndrome) Internal Medicine. 2017.06; 56 (12): 1581-1583. ( 医中誌 )

  7. Yoko Yoshihashi-Nakazato, Kimito Kawahata, Naoki Kimura, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka. Interferon-γ, but Not Interleukin-4, Suppresses Experimental Polymyositis. Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.). 2016.06; 68 (6): 1505-1510. ( PubMed, DOI )

  8. H Takada, T Hosoya, N Kimura, K Kawahata, H Kohsaka. Successful use of rituximab in a patient with refractory thrombotic thrombocytopaenic purpura complicated by polymyositis. Scand. J. Rheumatol.. 2016.06; 1-2. ( PubMed, DOI )

  9. Naoki Kimura, Shinya Hirata, Nobuyuki Miyasaka, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka. Injury and subsequent regeneration of muscles for activation of local innate immunity to facilitate the development and relapse of autoimmune myositis in C57BL/6 mice. Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.). 2015.04; 67 (4): 1107-1116. ( PubMed, DOI )

  10. Naoki Kimura, Kazuki Takada, Kiyoshi Murata, Hitoshi Kohsaka, Nobuyuki Miyasaka. A case of Behçet’s disease complicated by carotid-oesophageal fistula. Rheumatology (Oxford). 2014.01; 53 (1): 196-198. ( PubMed, DOI )

  11. Nishijima Hitoshi, Sugita Mizuki, Umezawa Natsuka, Kimura Naoki, Sasaki Hirokazu, Kawano Hiroshi, Nishioka Yasuhiko, Matsumoto Minoru, Oya Takeshi, Tsuneyama Koichi, Morimoto Junko, Matsumoto Mitsuru. Development of organ-specific autoimmunity by dysregulated Aire expression IMMUNOLOGY AND CELL BIOLOGY. 2022.05; 100 (5): 371-377. ( PubMed, DOI )

  12. Kondo Fumiaki, Sugihara Takahiko, Umezawa Natsuka, Hasegawa Hisanori, Hosoya Tadashi, Kimura Naoki, Mori Masaaki, Yasuda Shinsuke. Associated factors with poor treatment response to initial glucocorticoid therapy in patients with adult-onset Still's disease ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY. 2022.04; 24 (1): 92. ( PubMed, DOI )

  13. 木村 直樹. 【炎症性筋疾患の病態・診断および治療に関する最近の知見】炎症性筋疾患における免疫異常とモデル動物について リウマチ科. 2021.04; 65 (4): 369-377. ( 医中誌 )

  14. Fujikawa Taro, Honda Keiji, Ito Taku, Kishino Mitsuhiro, Kimura Naoki, Umezawa Natsuka, Hirano Mana, Aoki Natsuki, Kawashima Yoshiyuki, Tsutsumi Takeshi. Enhanced fallopian canal as a potential marker for temporal bone vasculitis LARYNGOSCOPE INVESTIGATIVE OTOLARYNGOLOGY. 2020.11; ( DOI )

  15. 木村 直樹. 多発性筋炎動物モデル 炎症と免疫. 2017.08; 25 (5): 76-82.

  16. 木村 直樹. 免疫病動物モデルの特長と限界(第5回) 多発性筋炎動物モデル 炎症と免疫. 2017.08; 25 (5): 436-442. ( 医中誌 )

  17. 木村 直樹. 多発性筋炎患者においてCD28null T細胞は自己筋細胞に傷害性を示す リウマチ科. 2017.07; 58 (1): 109-116.

  18. 木村 直樹. 多発性筋炎・皮膚筋炎 ー高齢者の特徴と安全性の高い新規治療方法の可能性ー Geriatric Medicine. 2016.09; 54 (9): 905-908.

  19. 梅澤 夏佳, 川畑 仁人, 木村 直樹, 吉橋 洋子, 上阪 等. 多発性筋炎・皮膚筋炎 IL-23を標的とした新たな炎症性筋疾患の治療戦略 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2016.03; 60回 454. ( 医中誌 )

  20. 高田 秀人, 細矢 匡, 木村 直樹, 川畑 仁人, 上阪 等. 多発性筋炎関連血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)にリツキシマブが奏効した症例 関東リウマチ. 2016.03; (49): 62-69. ( 医中誌 )

  21. 木村 直樹, 上阪 等. 膠原病研究 アップデート Ⅳ.多発性筋炎・皮膚筋炎 アレルギー・免疫. 2015.11; 22 (12): 36-44.

  22. 木村 直樹. 多発性筋炎・皮膚筋炎患者におけるpartial blood flow restriction trainingの安全性と有効性 リウマチ科. 2015.09; 54 (3): 323-328.

  23. 木村 直樹, 上阪 等. モデル動物からみえる病態生理 炎症と免疫. 2014.04; 22 (3): 28-34.

  24. 木村 直樹. MAP 眼で見る多発性筋炎・皮膚筋炎 新しい診断と治療のABC 81 免疫7  多発性筋炎・皮膚筋炎. 2014.01; 4-7.

  25. 木村 直樹, 上阪 等. 多発性筋炎・皮膚筋炎の動物モデル リウマチ科. 2013.04; 49 (4): 420-429.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 星合 愛子, 楠本 康香, 星合 泰治, 木村 直樹, 伊藤 由希子, 吉田 直美, 篠塚 修, 岩本 勉. 関節リウマチ患者の口腔衛生管理に影響を及ぼす要因の検討(Factors Influencing Oral Hygiene Management in Patients with Rheumatoid Arthritis). 障害者歯科 2022.02.01

  2. Naoki Kimura, Hitoshi Kohsaka. Branched chain amino acids in the treatment of polymyositis and dermatomyositis:results from the BTOUGH study.. Annual European Congress of Rheumatology 2019 (EULAR 2019) 2019.06.14 Madrid, Spain

  3. Naoki Kimura, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka. Peripheral license for autoimmune-mediated tissue injury revealed from a murine model of polymyositis. The 44th Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology 2015.11.20 Sapporo, Japan

  4. Naoki Kimura, Shinya Hirata, Nobuyuki Miyasaka, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka. Injury and Subsequent Regeneration of Muscles Activate Local Innate Immunity to Facilitate Development and Relapse of Autoimmune Myositis. First International Conference on MYOSITIS 2015.05.08

  5. Naoki Kimura, Shinya Hirata, Nobuyuki Miyasaka, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka.. Injury And Subsequent Regeneration Of Muscles Activate Local Innate Immunity To Facilitate Development And Relapse Of Autoimmune Myositis.. 1st International Conference on Myositis 2015.05.08 Stockholm, Sweden

  6. Yoko Yoshihashi-Nakazato, Kimito Kawahata, Naoki Kimura, Hitoshi Kohsaka.. Interferon-gamma but not interleukin-4 restrains experimental myositis. . 1st International Conference on Myositis 2015.05.08 Stockholm, Sweden

  7. Naoki Kimura, Shinya Hirata, Nobuyuki Miyasaka, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka. Injury and subsequent regeneration of muscles activate local innate immunity to facilitate development and relapse of autoimmune myositis. The 59th Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology 2015.04.24 Nagoya, Japan

  8. Naoki Kimura, Shinya Hirata, Nobuyuki Miyasaka, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka.. Injury and subsequent regeneration of muscles activate local innate immunity to facilitate development and relapse of autoimmune myositis. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 2015.04.23 名古屋

  9. 川田 大介, 田川 泰寛, 大庭 聖也, 和田 昇悟, 佐々木 広和, 木村 直樹, 長谷川 久紀, 保田 晋助. ニボルマブ投与後に筋炎・心筋炎・重症筋無力症および自律神経障害の免疫関連有害事象をきたし、リツキシマブが奏功した症例. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2021.10.01

  10. 大内 史彦, 中牧 尚子, 厚井 聡志, 高畑 篤, 田中 圭祐, 中村 典彦, 豊田 茂雄, 木村 直樹. SLEに対してtacrolimus内服中に発症したOIIA-LPDの1例. 日本内科学会関東地方会 2021.06.01

  11. 近藤 文彬, 杉原 毅彦, 梅澤 夏佳, 長谷川 久紀, 細矢 匡, 木村 直樹, 溝口 史高, 森 雅亮, 保田 晋助. 成人スチル病の治療 治療導入初期の成人発症Still病に対する副腎皮質ステロイド療法における治療反応不良因子の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2021.03.01

  12. 梅澤 夏佳, 溝口 史高, 木村 直樹, 上阪 等, 小池 竜司. 多発性筋炎・皮膚筋炎(研究) 炎症性筋疾患を対象とした低侵襲筋生検法の有用性. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2020.08.01

  13. 馬場 洋行, 木村 直樹, 溝口 史高, 金兼 弘和, 長尾 俊景, 名島 悠峰, 今井 陽一, 佐藤 元彦, 上阪 等, 森尾 友宏, 小池 竜司. サルコイドーシス様の多臓器病変の治療中に、免疫不全症、肺胞蛋白症、骨髄異形成症候群を発症したGATA2異常症の一例. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2019.10.01

  14. 馬場 洋行, 木村 直樹, 溝口 史高, 金兼 弘和, 長尾 俊景, 名島 悠峰, 今井 陽一, 佐藤 元彦, 上阪 等, 森尾 友宏, 小池 竜司. サルコイドーシス様の多臓器病変の治療中に、免疫不全症、肺胞蛋白症、骨髄異形成症候群を発症したGATA2異常症の一例. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2019.10.01

  15. 星合 愛子, 楠本 康香, 木村 直樹, 星合 泰治, 相田 貴絵, 野末 杏奈, 浜 文奈, 岩淵 佑介, 有福 愛美, 渡邊 麻里子, 鈴木 朋, 田村 昌平, 竹内 陽平, 櫻井 誠治, 篠塚 修. 関節リウマチ患者の口腔内状態および口腔保健行動についての検討. 障害者歯科 2019.09.01

  16. 木村 直樹, 上阪 等. 多発性筋炎・皮膚筋炎-3 多発性筋炎・皮膚筋炎患者の筋力低下に対する分岐鎖アミノ酸の効果 BTOUGH試験結果. 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 2019.04.17 京都

  17. 木村 直樹, 上阪 等. 多発性筋炎・皮膚筋炎-3 多発性筋炎・皮膚筋炎患者の筋力低下に対する分岐鎖アミノ酸の効果 BTOUGH試験結果. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2019.03.01

  18. 木村 直樹, 谷田 けい, 今村 充, 川畑 仁人, 森尾 友宏, 金兼 弘和. アバタセプトが有効であったCTLA-4ハプロ不全症成人例. 第2回日本免疫不全・自己炎症学会 総会・学術集会 2019.02.03 東京

  19. 神谷 麻理, 溝口 史高, 木村 直樹, 高村 聡人, 川畑 仁人, 上阪 等. ネクロトーシス阻害は炎症性筋疾患モデルを改善させる. 第46回日本臨床免疫学会総会 2018.11.01

  20. 寺井 あゆみ, 桐 雄一, 木村 直樹, 小池 竜司. 味覚障害を呈し、鼓索神経障害を認めた全身性エリテマトーデスの一例. 第46回日本臨床免疫学会総会 2018.11.01

  21. 寺井 あゆみ, 桐 雄一, 木村 直樹, 小池 竜司. 味覚障害を呈し、鼓索神経障害を認めた全身性エリテマトーデスの一例. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2018.11.01

  22. 神谷 麻理, 溝口 史高, 木村 直樹, 高村 聡人, 川畑 仁人, 上阪 等. ネクロトーシス阻害は炎症性筋疾患モデルを改善させる. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2018.11.01

  23. 佐藤 元彦, 木村 直樹, 田中 奈緒, 金兼 弘和, 森尾 友宏, 上阪 等. サルコイドーシス様病態を呈した免疫不全症. 日本内科学会関東地方会 2018.06.01

  24. 小田中 勇樹, 柳生 有理子, 木村 直樹, 上阪 等. 耳介病変を欠き、動脈病変を伴った再発性多発軟骨炎の1例. 第62回日本リウマチ学会総会 2018.03.01

  25. 神谷 麻理, 木村 直樹, 高村 聡人, 溝口 史高, 川畑 仁人, 上阪 等. 多発性筋炎・皮膚筋炎2 多発性筋炎のin vitroモデルを用いた細胞傷害性Tリンパ球による筋障害メカニズムの解析. 第62回日本リウマチ学会 2018.03.01

  26. 梅澤 夏佳, 木村 直樹, 吉橋 洋子, 上阪 等. 多発性筋炎・皮膚筋炎3 多発性筋炎/皮膚筋炎を対象とした低侵襲筋生検の有用性. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.03.01

  27. 神谷 麻理, 木村 直樹, 高村 聡人, 溝口 史高, 川畑 仁人, 上阪 等. 多発性筋炎・皮膚筋炎2 多発性筋炎のin vitroモデルを用いた細胞傷害性Tリンパ球による筋障害メカニズムの解析. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.03.01

  28. 梅澤 夏佳, 木村 直樹, 上阪 等. 前脛骨筋を対象としたコンコトーム筋生検の有用性を示した多発性筋炎/皮膚筋炎の5例. 日本臨床免疫学会会誌 2017.08.01

  29. 佐々木 広和, 溝口 史高, 川畑 仁人, 吉橋 洋子, 木村 直樹, 上阪 等. 多発性筋炎マウスモデルにおいてIFNγは炎症局所で免疫抑制性タンパクPD-L1を誘導する. 日本臨床免疫学会会誌 2017.08.01

  30. 神谷 麻理, 木村 直樹, 高村 聡人, 溝口 史高, 川畑 仁人, 上阪 等. 多発性筋炎における細胞傷害性T細胞による筋傷害のin vitro解析. 日本臨床免疫学会会誌 2017.08.01

  31. 佐々木 広和, 溝口 史高, 川畑 仁人, 吉橋 洋子, 木村 直樹, 上阪 等. 多発性筋炎マウスモデルにおいてIFNγは炎症局所で免疫抑制性タンパクPD-L1を誘導する. 日本臨床免疫学会会誌 2017.08.01

  32. 梅澤 夏佳, 木村 直樹, 上阪 等. 前脛骨筋を対象としたコンコトーム筋生検の有用性を示した多発性筋炎/皮膚筋炎の5例. 日本臨床免疫学会会誌 2017.08.01

  33. 神谷 麻理, 木村 直樹, 高村 聡人, 溝口 史高, 川畑 仁人, 上阪 等. 多発性筋炎における細胞傷害性T細胞による筋傷害のin vitro解析. 日本臨床免疫学会会誌 2017.08.01

  34. 神谷 麻理, 木村 直樹, 高村 聡人, 溝口 史高, 川畑 仁人, 上阪 等. 多発性筋炎における細胞傷害性T細胞による筋傷害のin vitro解析. 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集 2017.07.01

  35. 本田 卓, 木村 直樹, 松尾 祐介, 上阪 等. アザチオプリン単独療法が奏功したIgG4関連疾患の1例. 日本内科学会関東地方会 2017.06.01

  36. 佐々木 広和, 川畑 仁人, 吉橋 洋子, 木村 直樹, 上阪 等. 多発性筋炎・皮膚筋炎 IFNγは筋管細胞において免疫抑制性タンパクであるPD-L1を誘導する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  37. 梅澤 夏佳, 川畑 仁人, 木村 直樹, 吉橋 洋子, 上阪 等. 多発性筋炎・皮膚筋炎 炎症性筋疾患モデルの病変局所で産生されるIL-23は治療標的として有用である. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  38. 神谷 麻理, 木村 直樹, 高村 聡人, 川畑 仁人, 上阪 等. 多発性筋炎・皮膚筋炎 多発性筋炎における細胞傷害性T細胞による筋傷害のin vitro解析. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  39. 梅澤 夏佳, 川畑 仁人, 木村 直樹, 吉橋 洋子, 上阪 等. 多発性筋炎・皮膚筋炎 炎症性筋疾患モデルの病変局所で産生されるIL-23は治療標的として有用である. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  40. 佐々木 広和, 川畑 仁人, 吉橋 洋子, 木村 直樹, 上阪 等. 多発性筋炎・皮膚筋炎 IFNγは筋管細胞において免疫抑制性タンパクであるPD-L1を誘導する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  41. 神谷 麻理, 木村 直樹, 高村 聡人, 川畑 仁人, 上阪 等. 多発性筋炎・皮膚筋炎 多発性筋炎における細胞傷害性T細胞による筋傷害のin vitro解析. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  42. 木村直樹、川畑仁人、上阪等. 多発性筋炎・皮膚筋炎の筋力低下からの回復を目指して. 第43回日本臨床免疫学会総会 2015.10.23 神戸

  43. 木村 直樹. Muckle-Wells症候群の家系例. 第3回CAPS勉強会 2015.07.25 東京

  44. 梅澤夏佳、吉橋洋子、木村直樹、川畑仁人、上阪 等. IL-23は炎症性筋疾患モデルにおいてIL-17A非依存的に病態に関与する. 第30回自己免疫研究会 2015.07.11 東京

  45. 建石奈緒、木村直樹、平田真哉、渋谷和子、渋谷彰、上阪等. CD226阻害による自己免疫性筋炎モデルの治療. 第1回骨免疫学会 2015.06.30

  46. 高田秀人、細矢匡、木村直樹、川畑仁人、上阪 等. 多発性筋炎関連TTPにリツキシマブが奏功した症例. 第56回関東リウマチ研究会 2015.06.27 東京

  47. 高村聡人、吉橋洋子、木村直樹、田中みち、小池竜司、川畑仁人、上阪等. 多発性筋炎・皮膚筋炎における筋力低下からの回復~分岐鎖アミノ酸を用いた治療について~. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 2015.04.23 名古屋

  48. 梅澤 夏佳、吉橋 洋子、木村 直樹、高村 聡人、川畑 仁人、上阪 等. 炎症性筋疾患の治療標的としての IL-23. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 2015.04.23 名古屋

  49. 髙田秀人、木村直樹、吉橋洋子、川畑仁人、上阪等. 妊娠を契機に血球貪食症候群を発症したDLEの一例. 第25回日本リウマチ学会関東支部学術集会 2014.12.14 横浜

  50. Natsuka Umezawa, Yoko Yoshihashi-nakazato, Naoki Kimura, Akito Takamura, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka. A new therapeutic approach targeting IL-23 for inflammatory myositis. 第6回筋炎ワークショップ 2014.09.27

  51. 木村直樹、平田真哉、宮坂信之、上阪等. 筋壊死・再生は局所の自然免疫を活性化し、自己免疫性筋炎の発症・遷延に寄与する. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会 2014.04.26 東京

  52. Yoko Yoshihashi-nakazato, Naoki Kimura, Akito Takamura, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka. Exacerbation of polymyositis model in interferon-gamma-deficient mice. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会 2014.04.26 東京

  53. 木村 直樹, 上阪 等. 多発性筋炎/皮膚筋炎の動物モデル 「Seed and Soil modelが示すヒント」. 第41回日本臨床免疫学会総会 2013.11.29 下関

▼全件表示