基本情報

写真a

木村 直樹(キムラ ナオキ)

KIMURA Naoki


職名

助教

研究分野・キーワード

多発性筋炎/皮膚筋炎

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2006年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  膠原病・リウマチ内科学  博士課程  2014年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

  • 学士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 膠原病・リウマチ内科 助教
  • 2014年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本リウマチ学会

  • 日本内科学会

  • 日本臨床免疫学会

  • 日本免疫学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 膠原病・アレルギー内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 自己免疫疾患に関する調査研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • 筋運動による炎症性筋疾患抑制機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 筋運動が自己免疫性筋炎に与える影響

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kamiya M, Mizoguchi F, Takamura A, Kimura N, Kawahata K, Kohsaka H. A new in vitro model of polymyositis reveals CD8+ T cell invasion into muscle cells and its cytotoxic role. Rheumatology (Oxford, England). 2019.06; ( PubMed, DOI )

  • Umezawa Natsuka, Kawahata Kimito, Mizoguchi Fumitaka, Kimura Naoki, Yoshihashi-Nakazato Yoko, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. Interleukin-23 as a therapeutic target for inflammatory myopathy SCIENTIFIC REPORTS. 2018.04; 8 (1): 5498. ( PubMed, DOI )

  • 木村 直樹. 多発性筋炎動物モデル 炎症と免疫. 2017.08; 25 (5): 76-82.

  • 木村 直樹. 免疫病動物モデルの特長と限界(第5回) 多発性筋炎動物モデル 炎症と免疫. 2017.08; 25 (5): 436-442. ( 医中誌 )

  • 木村 直樹. 多発性筋炎患者においてCD28null T細胞は自己筋細胞に傷害性を示す リウマチ科. 2017.07; 58 (1): 109-116.

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 馬場 洋行, 木村 直樹, 溝口 史高, 金兼 弘和, 長尾 俊景, 名島 悠峰, 今井 陽一, 佐藤 元彦, 上阪 等, 森尾 友宏, 小池 竜司. サルコイドーシス様の多臓器病変の治療中に、免疫不全症、肺胞蛋白症、骨髄異形成症候群を発症したGATA2異常症の一例. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2019.10.01

  • 星合 愛子, 楠本 康香, 木村 直樹, 星合 泰治, 相田 貴絵, 野末 杏奈, 浜 文奈, 岩淵 佑介, 有福 愛美, 渡邊 麻里子, 鈴木 朋, 田村 昌平, 竹内 陽平, 櫻井 誠治, 篠塚 修. 関節リウマチ患者の口腔内状態および口腔保健行動についての検討. 障害者歯科 2019.09.01

  • Naoki Kimura, Hitoshi Kohsaka. Branched chain amino acids in the treatment of polymyositis and dermatomyositis:results from the BTOUGH study.. Annual European Congress of Rheumatology 2019 (EULAR 2019) 2019.06.14 Madrid, Spain

  • 木村 直樹, 上阪 等. 多発性筋炎・皮膚筋炎-3 多発性筋炎・皮膚筋炎患者の筋力低下に対する分岐鎖アミノ酸の効果 BTOUGH試験結果. 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 2019.04.17 京都

  • 木村 直樹, 谷田 けい, 今村 充, 川畑 仁人, 森尾 友宏, 金兼 弘和. アバタセプトが有効であったCTLA-4ハプロ不全症成人例. 第2回日本免疫不全・自己炎症学会 総会・学術集会 2019.02.03 東京

全件表示 >>