基本情報

写真a

浅見 裕太郎(アサミ ユウタロウ)

ASAMI Yutaro


職名

特任助教

生年

1986年

メールアドレス

y-asami.nuro@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

核酸医薬、神経内科学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 宮崎大学  医学部  医学科  2012年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  脳神経病態学分野  博士課程  2021年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 臨床研修医
  • 2014年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 医員(医病)
  • 2016年04月
    -
    2021年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 大学院生
  • 2021年06月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任助教
  • 2021年10月
    -
    2022年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 助教
  • 2022年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任助教

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2014年03月
    都立墨東病院 臨床研修医
  • 2015年04月
    -
    2016年03月
    横浜市立みなと赤十字病院 神経内科 医員(医病)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経学会

  • 日本内科学会

  • 日本神経眼科学会

  • 日本核酸医薬学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年05月
    -
    2020年12月
    日本核酸医薬学会 核酸医薬シンポジウム2020実行委員
  • 2021年06月
    -
    2022年08月
    日本核酸医薬学会 日本核酸医薬学会第7回年会実行委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経内科学

  • 薬系化学、創薬科学

  • 分子生物学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • ドイツ語技能検定(1~2級)

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 全身投与で脳に到達し遺伝子制御可能な新規siRNA核酸医薬の創出,2021年09月 - 2023年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 全身投与で脳に到達し遺伝子制御可能な新規siRNA核酸医薬の創出

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2022年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yagi Yohsuke, Asami Yutaro, Kyoya Mitsuki, Yokota Takanori. Cerebral venous sinus thrombosis after mRNA-based COVID-19 vaccination NEUROLOGICAL SCIENCES. 2021.11; ( PubMed, DOI )

  2. Asami Yutaro, Nagata Tetsuya, Yoshioka Kotaro, Kunieda Taiki, Yoshida-Tanaka Kie, Bennett C. Frank, Seth Punit P., Yokota Takanori. Efficient Gene Suppression by DNA/DNA Double-Stranded Oligonucleotide In Vivo MOLECULAR THERAPY. 2021.02; 29 (2): 838-847. ( PubMed, DOI )

  3. Asami Yutaro, Nagata Tetsuya, Yoshioka Kotaro, Kunieda Taiki, Yoshida-Tanaka Kie, Yokota Takanori. in vivoにおけるDNA/DNA二重鎖オリゴヌクレオチドによる効率的な遺伝子抑制(Efficient gene suppression by DNA/DNA double-stranded oligonucleotide in vivo) 臨床神経学. 2020.11; 60 (Suppl.): S498. ( 医中誌 )

  4. Yoshioka Kotaro, Kunieda Taiki, Asami Yutaro, Tanaka Kie, Piao Wenying, Kuwahara Hiroya, Nishina Kazutaka, Nagata Tetsuya, Yokota Takanori. オーバーハングしたヘテロ二重鎖オリゴヌクレオチドを用いたFAPのトランスフェリンを介した送達による治療(Treatment for FAP with overhanging heteroduplex oligonucleotides by transferrin-mediated delivery) 臨床神経学. 2020.11; 60 (Suppl.): S315. ( 医中誌 )

  5. Lei Mon Su Su, Yoshioka Kotaro, Jia Chunyan, Kunieda Taiki, Asami Yutaro, Yoshida-Tanaka Kie, Piao Wenying, Kuwahara Hiroya, Nishina Kazutaka, Nagata Tetsuya, Yokota Takanori. Highly efficient gene silencing in mouse brain by overhanging-duplex oligonucleotides via intraventricular route FEBS LETTERS. 2020.05; 594 (9): 1413-1423. ( PubMed, DOI )

  6. Yoshioka Kotaro, Su Su Lei Mon , Jia Chunyan, Yamada Hiroki, Asami Yutaro, Tanaka Kie, Wenying Piao, Kuwahara Hiroya, Nishina Kazutaka, Nagata Tetsuya, Yokota Takanori. CNSを標的としたオーバーハングヘテロ二2本鎖核酸を用いた新しいアンチセンスオリゴヌクレオチド治療(A novel antisense oligonucleotide therapy by overhanging heteroduplex oligonucleotide targeting CNS) 臨床神経学. 2019.11; 59 (Suppl.): S408. ( 医中誌 )

  7. Yoshioka Kotaro, Kunieda Taiki, Asami Yutaro, Guo Huijia, Miyata Haruka, Yoshida-Tanaka Kie, Sujino Yumiko, Piao Wenying, Kuwahara Hiroya, Nishina Kazutaka, Hara Rintaro Iwata, Nagata Tetsuya, Wada Takeshi, Obika Satoshi, Yokota Takanori. Highly efficient silencing of microRNA by heteroduplex oligonucleotides NUCLEIC ACIDS RESEARCH. 2019.08; 47 (14): 7321-7332. ( PubMed, DOI )

  8. Mon Su Su Lei, Yoshioka Kotaro, Kunieda Taiki, Asami Yutaro, Tanaka Kie, Piao Wenying, Kuwahara Hiroya, Nishina Kazutaka, Nagata Tetsuya, Yokota Takanori. アンチセンスオリゴヌクレオチド二本鎖の新しい構造は脳室内経路を介した効果を改善する(A novel structure of duplex antisense oligonucleotides improves potency via intraventricular route) 臨床神経学. 2018.12; 58 (Suppl.): S394. ( 医中誌 )

  9. Yoshioka Kotaro, Kunieda Taiki, Asami Yutaro, Guo Huija, Enomoto Seiya, Miyata Haruka, Tanaka Kie, Piao Wenying, Kuwahara Hiroya, Nishina Kazutaka, Nagata Tetsuya, Yokota Takanori. 新しい種類の二本鎖オリゴヌクレオチドはin vivoにおいてmicroRNAサイレンシングの効力を増強する(A new class of double-stranded oligonucleotide enhances in vivo potency of microRNA silencing) 臨床神経学. 2018.12; 58 (Suppl.): S234. ( 医中誌 )

  10. Guo Huijia, Yoshioka Kotaro, Kunieda Taiki, Asami Yutaro, Miyata Haruka, Yoshida-Tanaka Kie, Nagata Tetsuya, Yokota Takanori. 脂質結合二重鎖アンチセンスオリゴヌクレオチドによるマイクロRNAのサイレンシングの効力(Efficacy of microRNA silencing by lipid-conjugated double-stranded antisense oligonucleotides) Journal of Medical and Dental Sciences. 2018.06; 65 (2): 83-88. ( 医中誌 )

  11. Yoshioka K., Kunieda T., Asami Y., Sujino Y., Tanaka K., Piao W., Kuwahara H., Nishina K., Nagata T., Yokota T.. Dual overhanging-duplex oligonucleotide improved efficacy and safety in gene therapy for FAP JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES. 2017.10; 381 140. ( DOI )

  12. Asami Y, Yoshioka K, Nishina K, Nagata T, Yokota T. Drug delivery system of therapeutic oligonucleotides Drug Discoveries & Therapeutics. 2016.10; 10 (5): 256-262. ( PubMed, DOI )

  13. 浅見 裕太郎, 小町 祐子, 田添 千智, 大宮 謙一, 石川 弘, 清澤 源弘. 右上1/4盲で発症し血栓溶解療法によって良好に回復した脳梗塞の1例 神経眼科. 2019.08; 36 (増補1): 92. ( 医中誌 )

  14. 清澤 源弘, 小町 祐子, 浅見 裕太郎, 江本 博文. 【この視野結果は緑内障でしょうか?】緑内障以外の視神経症の視野 眼科. 2017.02; 59 (2): 119-123. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Yutaro Asami, Tetuya Nagata, Kotaro Yoshioka, Taiki Kunieda, Kie Yoshida-Tanaka, Takanori Yokota. Efficient gene suppression by DNA/DNA double-stranded oligonucleotide in vivo.. the 6th Annual Meeting of the Nucleic Acids Therapeutics Society of Japan 2021.06.27 Web

  2. Asami Y,Nagata T,Yoshioka K,Kunieda T,Yoshida-Tanaka K,Yokota T. DNA/DNA Double-Stranded Oligonucleotide Suppresses Target RNA Efficiently In Vivo without Evident Innate Immune Responses.. 16th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society 2020.09.27 Web

  3. Asami Y, Nagata T, Yoshioka K, Kunieda T, Tanaka-Yoshida K, Yokota T. Efficient gene suppression by DNA/DNA double-stranded oligonucleotide in vivo.. 第61回日本神経学会学術大会 2020.08.31 web

  4. Asami Y, Yoshioka K, Nagata T, Yokota T. Efficient target gene suppression effect of double stranded DNA structure type of oligonucleotide.. 15th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society 2019.10.13 München

  5. Yoshioka K,Lei Mon S,Jia C,Yamada H,Asami Y,Tanaka K,Wenying P,Kuwahara H,Nishina K,Nagata T,Yokota T. A novel antisense oligonucleotide terapy by overhanging heteroduplex oligonucleotide targeting CNS. 第60回⽇本神経学会術大会 2019.05.23 大阪

  6. Asami Y, Yoshioka K, Kunieda T, Guo H, Miyata H, Yoshida-Tanaka K, Sujino Y, Piao W, Kuwahara H, Nishina K, Iwata Hara R, Nagata T, Obika S, Wada T, Yokota T. Efficient microRNA silencing in vivo by heteroduplex oligonucleotides.. 遺伝子・デリバリー研究会第19回シンポジウム 2019.05.08 千葉

  7. Yoshioka K, Kunieda K, Asami Y, Yoshida-Tanaka K, Piao W, Kuwahara H, Nishina K, Ito S, Nagata T, Yokota T. Overhanging heteroduplex oligonucleotides enable enhanced gene silencing by efficient delivery associated with transferrin. 14th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society 2018.10.01 Seattle

  8. Lei Mon S, Yoshioka K, Kunieda T, Asami Y, Piao W, Yoshida-Tanaka K, Nishina K, Nagata T, Yokota T. A novel structure of double stranded heteroduplex oligonucleotides for intracerebroventricular application. ⽇本核酸医薬学会 第 4 回年会 2018.07.10 福岡

  9. Asami Y, Yoshioka K, Kunieda T, Guo H, Miyata H, Yoshida-Tanaka K, Kuwahara H, Nishina K, Nagata T, Yokota T. Intracellular mechanisms of hetero duplex oligonucleotide targeting micro RNA.. 日本核酸医薬学会第4回年会 2018.07.09 福岡

  10. Lei Mon S, Yoshioka K, Kunieda T, Asami Y, Piao W, Yoshida-Tanaka K, Nishina K, Nagata T, Yokota T. A novel structure of duplex antisense oligonucleotides improves. 第59回⽇本神経学会学術⼤会 2018.05.23 札幌

  11. Yoshioka LK, Kunieda T, Asami Y, Sujino Y, Yoshida-Tanaka K, Piao W, Kuwahara H, Nishina K, Nagata T, Yokota T. Dual overhanging duplex oligonucleotide improved efficacy and safety in gene therapy for FAP. XXⅢ World Congress of Neurology 2017 2017.09.20 京都

  12. Kanazawa T, Nose Y, Asami Y, Nonami J, Iijima M, Tanaka H, Yokota T. Clinical features of patients with motor fluctuations before intravenous thrombolysia. 第57回日本神経学会学術大会 2016.05.20 神戸

  13. 浅見裕太郎、永田哲也、吉岡耕太郎、横田隆徳. 新たな核酸医薬の候補、DNA/DNA 2本鎖核酸による効率的な遺伝子抑制を達成 」 ― 難病治療薬の開発に向けた一歩 ―. 東京医科歯科大学プレスリリース 2020.12.07

  14. Asami Y,Nagata T,Yoshioka K,Kunieda T,Yoshida-Tanaka K,Yokota T. Efficient gene suppression by DNA/DNA double-stranded oligonucleotide in vivo.. 第12回 CBIR/ONSA/大学院セミナー共催 若手インスパイアシンポジウム 2020.02.12 東京

  15. 浅見裕太郎,小町祐子,田添千智,大宮謙一,石川弘,清澤源弘. 右上1/4盲で発症し血栓溶解療法によって良好に回復した脳梗塞の1例. 第57回日本神経眼科学会総会 2019.10.04 札幌

  16. 浅見裕太郎, 横手裕明, 三條伸夫, 横田隆徳. 多発性硬化症における視神経炎発症部位と慢性期の視神経萎縮の関係. 第 28 回日本神経免疫学会学術集会 2016.09.30 長崎

  17. 浅見裕太郎, 三條伸夫, 横田隆徳. 多発性硬化症における視神経炎後の視神経径の変化と網膜視神経線維層の菲薄化の関係. 第 57 回日本神経学会学術大会 2016.05.19 神戸

  18. 浅見裕太郎, 三條伸夫, 横田隆徳. 視神経炎を合併した多発性硬化症(MS)、視神経脊髄炎(NMO)と視神経炎単独症例の臨床的検討. 第 27 回日本神経免疫学会学術集会 2015.09.15 岐阜

  19. 浅見裕太郎, 西田陽一郎, 大久保卓哉, 石橋哲, 三條伸夫, 石川欽也, 横田隆徳. 脳幹病変を有する多発性硬化症(MS)/視神経脊髄炎(NMO)と類縁疾患の臨床的特徴. 第 56回日本神経学会学術大会 2015.05.22 新潟

  20. 浅見裕太郎, 宮下彰子, 西李衣子, 小野大介, 能勢裕里江, 古川迪子, 三條伸夫, 水澤英洋, 横田隆徳. 発熱, 紅斑, 好酸球増多, 不随意運動を伴い劇症型 Guillain-Barre 症候群が疑われた 48 歳女性. 第 26 回日本神経免疫学会学術集会 2014.09.06 金沢

  21. 浅見裕太郎, 工藤俊介, 渡邊睦房, 大谷木正貴, 藤ヶ崎浩人. Three cases of Pharyngeal-Cervical-Brachial type neuropathy. 第 55回日本神経学会学術大会 2014.05.24 福岡

  22. 浅見裕太郎, 大久保卓哉, 市野瀬慶子, 三條伸夫, 横田隆徳,水澤英洋. 認知症を合併した筋萎縮性側索硬化症10例の臨床的検討. 第54回日本神経学会学術大会 2013.05.29 東京

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 最優秀ポスター発表賞,東京医科歯科大学脳統合機能研究センター,2020年02月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2021年01月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「 新たな核酸医薬の候補、DNA/DNA 2本鎖核酸による効率的な遺伝子抑制を達成 」 ― 難病治療薬の開発に向けた一歩 ―,2020年12月

    Molecular Therapy