基本情報

写真a

神谷 麻理(カミヤ マリ)

KAMIYA Mari


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2009年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  博士課程  2019年09月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2010年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 臨床教育研修センター 臨床研修医
  • 2012年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 膠原病・リウマチ内科 医員(医病)
  • 2014年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 膠原病・リウマチ内科 医員(医病)
  • 2015年04月
    -
    2019年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 大学院生
  • 2019年04月
    -
    2019年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 大学院生
  • 2019年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 特任助教
  • 2019年11月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 膠原病・リウマチ内科 特任助教
  • 2021年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 膠原病・リウマチ内科 助教
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 内科系診療領域 膠原病・リウマチ内科 助教

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2011年03月
    東京都立墨東病院 臨床研修医
  • 2011年04月
    -
    2012年03月
    東京都健康長寿医療センター 膠原病リウマチ科 医員(医病)
  • 2013年04月
    -
    2014年03月
    東京共済病院 リウマチ膠原病科 医員(医病)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本リウマチ学会

  • 日本臨床免疫学会

  • 日本筋学会

  • 日本免疫学会

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 炎症性筋疾患の病態解明と新規治療法開発

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 傷害筋が誘導する免疫応答や筋機能障害を起点とした炎症性筋疾患の病態解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 筋細胞死の制御を標的とした多発性筋炎の治療法開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 酸化ストレスを標的とした炎症性筋疾患の治療法開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Mari Kamiya, Fumitaka Mizoguchi, Kimito Kawahata, Dengli Wang, Masahiro Nishibori, Jessica Day, Cynthia Louis, Ian P Wicks, Hitoshi Kohsaka, Shinsuke Yasuda. Targeting necroptosis in muscle fibers ameliorates inflammatory myopathies Nature Communications. 2022.01; 13 (1): 166. ( PubMed, DOI )

  2. Mari Kamiya,Fumitaka Mizoguchi,Shinsuke Yasuda. Amelioration of inflammatory myopathies by glucagon-like peptide-1 receptor agonist via suppressing muscle fibre necroptosis Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle. 2022.06; 13 (4): 2118-2131. ( PubMed, DOI )

  3. Kamiya M, Mizoguchi F, Takamura A, Kimura N, Kawahata K, Kohsaka H. A new in vitro model of polymyositis reveals CD8+ T cell invasion into muscle cells and its cytotoxic role. Rheumatology (Oxford, England). 2019.06; ( PubMed, DOI )

  4. Komiya Y, Sugihara T, Hirano F, Matsumoto T, Kamiya M, Sasaki H, Hosoya T, Kimura N, Ishizaki T, Mori M, Tohma S, Yasuda S, Matsui T. Factors associated with impaired physical function in elderly rheumatoid arthritis patients who had achieved low disease activity. Modern rheumatology. 2022.12; ( PubMed, DOI )

  5. Yoshizuka R, Hasegawa H, Kamiya M, Umezawa N, Yasuda S. Refractory antiphospholipid antibody syndrome-induced thrombocytopaenia successfully treated with belimumab. Lupus. 2022.04; 31 (5): 624-627. ( PubMed, DOI )

  6. Sugihara T, Ishizaki T, Onoguchi W, Baba H, Matsumoto T, Iga S, Kubo K, Kamiya M, Hirano F, Hosoya T, Miyasaka N, Harigai M. Effectiveness and safety of treat-to-target strategy in elderly-onset rheumatoid arthritis: a 3-year prospective observational study. Rheumatology (Oxford, England). 2021.01; ( PubMed, DOI )

  7. Oba S, Hosoya T, Amamiya M, Mitsumura T, Kawata D, Sasaki H, Kamiya M, Yamamoto A, Ando T, Shimada S, Shirai T, Okamoto T, Tateishi T, Endo A, Aiboshi J, Nosaka N, Yamanouchi H, Ugawa T, Nagaoka E, Oi K, Tao S, Maejima Y, Tanaka Y, Tanimoto K, Takeuchi H, Tohda S, Hirakawa A, Sasano T, Arai H, Otomo Y, Miyazaki Y, Yasuda S. Arterial and Venous Thrombosis Complicated in COVID-19: A Retrospective Single Center Analysis in Japan. Frontiers in cardiovascular medicine. 2021; 8 767074. ( PubMed, DOI )

  8. Ota M, Iwai H, Imai K, Kamiya M, Yoshihashi-Nakazato Y, Miyasaka N, Kohsaka H. Acute Tubulointerstitial Nephritis Associated with Infliximab in a Patient with Crohn's Disease Intern Med.. 2016; 55 (10): 1367-1370.

  9. Mari Kamiya, Peter Y Shane, Makoto Soejima, Shuji Tohda, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka. IgG4-Related Sialoadenitis with a Skin Lesion and Multiple Mononeuropathies Suggesting Coexistent Cryoglobulinemic Vasculitis. Intern. Med.. 2016; 55 (10): 1355-1361. ( PubMed, DOI )

  10. Tatsuya Kawasaki, Mari Kamiya, Atsushi Nakagawa, Jun Takagiwa, Yutaka Kawahara, Yoshinori Nonomura. Allergic bronchopulmonary aspergillosis in a patient with rheumatoid arthritis under adalimumab therapy: a case report Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2016; 39 (1): 84-89. ( PubMed )

  11. 神谷麻理. 筋の細胞死と炎症性筋疾患病態形成メカニズム 皮膚科. 2023.01; 3 (1): 12-18.

  12. 戸倉 雅, 神谷 麻理, 川畑 仁人, 上阪 等. ステロイド抵抗性心筋炎、心膜炎を呈したシェーグレン症候群 日本内科学会関東地方会. 2016.06; 624回 33. ( 医中誌 )

  13. 神谷麻理、副島誠、岩井秀之、宮坂信之、上阪等. 動脈硬化と反復する出血性病態を呈した免疫不全症 日本臨床免疫学会誌. 2015; 38 (5): 426-431.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Mari Kamiya, Marina Tsuchida, Hirokazu Sasaki, Natuka Umezawa, Shinsuke Yasuda. Glucagon-like peptide-1 receptor agonist ameliorates inflammatory myopathies via suppressing muscle fiber necroptosis. The 51st Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology 2022.12.09 Kumamoto, Japan

  2. Shinsuke Yasuda, Mari Kamiya, Fumitaka Mizoguchi, Kimito Kawahata, Dengli Wang, Masahiro Nishibori, Jessica Day, Cynthia Louis, Ian P Wicks, Hitoshi Kohsaka . Targeting Necroptosis in Muscle Fibers in Polymyositis. ACR Convergence 2022 2022.11.13 Philadelphia, Pennsylvania, USA

  3. Mari Kamiya, Fumitaka Mizoguchi, Hirokazu Sasaki, Natsuka Umezawa, Shinsuke Yasuda. Agonistic stimulation of Glucagon-like peptide-1 receptor ameliorated inflammatory myopathies through suppressing muscle fiber necroptosis. EULAR2022 2022.06.02 Bella Center Copenhagen, Copenhagen, Denmark

  4. Mari Kamiya, Fumitaka Mizoguchi, Shinsuke Yasuda. Agonistic stimulation of Glucagon-like peptide-1 receptor ameliorates experimental polymyositis through inhibiting muscle fiber necroptosis. 66th Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology 2022.04.26 Yokohama, Japan

  5. Mari Kamiya, Shinsuke Yasuda. Targeting necroptosis in muscle fibers ameliorates experimental inflammatory myopathies. The 50 th Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology 2021.12.09 Nara, Japan

  6. Mari Kamiya, Fumitaka Mizoguchi, Hirokazu Sasaki, Natsuka Umezawa, and Shinsuke Yasuda. Glucagon-like Peptide-1 Receptor Agonist Suppresses Muscle Fiber Necroptosis and Muscle Inflammation and Ameliorates Muscle Weakness in Experimental Polymyositis. ACR Convergence 2021 2021.11.07

  7. Mari Kamiya, Shinsuke Yasuda, Fumitaka Mizoguchi. HMGB1 is highly expressed in injured muscle fibers and accelerates inflammation and muscle injury in inflammatory myopathies. 65th Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology 2021.04.27

  8. Mari Kamiya, Seon Uk Kim, Jeong Yeon Kim, Shinsuke Yasuda, Eun Young Lee, Fumitaka Mizoguchi. Glucagon-like Peptide-1 Receptor Agonist Suppresses Muscle Inflammation and Muscle Fiber Death, and Ameliorates Muscle Weakness in Experimental Polymyositis. ACR Convergence 2020 2020.11.09 Online

  9. Mari Kamiya, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka , Fumitaka Mizoguchi. Targeting necroptosis in muscle cells ameliorates inflammatory myopathies. 64th Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology 2020.08.17

  10. Mari Kamiya, Seon Uk Kim, Jeong Yeon Kim, Yeong Wook Song, Eun Young Lee, Fumitaka Mizoguchi. Glucagon-like peptide-1 receptor agonist ameliorated muscle weakness and inflammation in experimental polymyositis. European Congress of Rheumatology (EULAR) 2020 2020.06.06

  11. Mari Kamiya, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka, Fumitaka Mizoguchi. Inhibition of Necroptosis Suppresses Muscle Cell Death and Inflammatory Infiltrate, and Improves Muscle Strength in Experimental Polymyositis. 2019 ACR/ARP Annual meeting 2019.11.10 Atlanta, GA, USA

  12. Mari Kamiya, Fumitaka Mizoguchi, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka. Inhibition of necroptosis ameliorates in vitro and in vivo models of polymyositis. 63rd Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology 2019.04.16 Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan

  13. Sugihara Takahiko, Ishizaki Tatsuro, Baba Hiroyuki, Matsumoto Takumi, Iga Shoko, Kusuda Takeshi, Tsuchida Marina, Kamiya Mari, Komiya Yoji, Hirano Fumio, Hosoya Tadashi, Miyasaka Nobuyuki, Harigai Masayoshi. Three Year Outcomes of Patients with Elderly-Onset Rheumatoid Arthritis Treated with a Therapeutic Strategy Targeting Low Disease Activity, and Impact of Adverse Events on Physical Function. 2018 ACR/ARP Annual meeting 2018.09

  14. Mari Kamiya, Naoki Kimura, Akito Takamura, Fumitaka Mizoguchi, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka. Cytotoxic T lymphocytes induced perforin/granzyme-dependent apoptosis of myoblasts and Fas/FasL-dependent necroptosis of myotubes in in vitro model of myositis.. JCR international School 2018 2018.08.02

  15. Mari Kamiya, Naoki Kimura, Akito Takamura, Fumitaka Mizoguchi, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka. Study of in vitro T cell/myotube interaction disclosed invasive and cytotoxic nature of CD8+ cells enclosed in the muscle cells.. 19th Asia Pacific League of Associations for Rheumatology Congress (APLAR 2017) 2017.10.20 Dubai World Trade Center

  16. 戸倉 雅, 神谷 麻理, 川畑 仁人, 上阪 等. ステロイド抵抗性心筋炎、心膜炎を呈したシェーグレン症候群. 日本内科学会関東地方会 2016.06

  17. 神谷麻理. 筋細胞の細胞死を標的とした新たな炎症性筋疾患の治療戦略開発の展望. 第16回骨免疫ワークショップ 2022.11.30 東京

  18. 神谷 麻理、土田 真吏奈、佐々木 広和、梅澤 夏佳、保田 晋助. 活性酸素種は炎症性筋疾患の筋線維に蓄積し、筋線維のnecroptosisを促進させる. 第50回臨床免疫学会総会 2022.10.13 東京

  19. 神谷麻理. 炎症性筋疾患に対する筋線維を標的とした新たな治療戦略の開発を目指して. Next Generation Fellowship in Rheumatology 2022.09.10 東京

  20. 神谷麻理. 筋線維の細胞死を標的とした炎症性筋疾患の新規治療法開発. 第8回日本筋学会学術集会 2022.08.05 東京

  21. 神谷麻理. 筋線維の細胞死を標的とした炎症性筋疾患の新規治療戦略の展望. 第36回自己免疫研究会 2022.07.31 東京

  22. 神谷麻理. 筋線維の細胞死を標的とした炎症性筋疾患の新規治療法開発. JCOM2022 2022.05.28

  23. 神谷麻理. 筋線維の細胞死を標的とした炎症性筋疾患の新規治療法開発. 第7回 ORENCIA Rising Seminar 2022.02.10 東京

  24. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, 岩井 秀之, 保田 晋助. COVID-19における血栓症の予測因子と特徴に関する後方視的コホート研究. 日本内科学会雑誌 2022.02.01

  25. 神谷麻理、溝口史高、佐々木広和、梅澤夏佳、保田晋助. Glucagon-like peptide-1受容体作動薬は実験的多発性筋炎モデルを改善させる. 2021.11.13 アキバホール、東京

  26. 神谷 麻理、溝口 史高、佐々木 広和、梅澤 夏佳、保田 晋助. Glucagon-like peptide-1受容体作動薬は実験的多発性筋炎モデルにおいて筋細胞死と炎症介在因子の放出、炎症細胞浸潤を抑制し筋力を改善させる. 第49回日本臨床免疫学会総会  2021.10.28 京王プラザホテル、東京

  27. 中原隆裕、神谷麻理、長谷川久紀、岩崎優子、高瀬 博、小池竜司、保田晋助. ベーチェット病に伴う治療抵抗性の眼病変にトシリズマブが有効であった一例. 第61回関東リウマチ研究会 2021.07.03 東京

  28. 神谷麻理. 筋細胞死や筋細胞から放出される炎症介在因子を標的とした炎症性筋疾患の新規治療法開発. Next Generation Fellowship in Rheumatology 2021.07.02 東京

  29. 神谷 麻理、王 登莉、保田 晋助、西堀 正洋、溝口 史高. 炎症性筋疾患においてHMGB1は傷害筋線維に発現し筋炎の病態の悪化に寄与する. 第48回日本臨床免疫学会総会 2020.10.15 オンライン

  30. 小宮 陽仁, 杉原 毅彦, 平野 史生, 神谷 麻理, 松本 拓実, 佐々木 広和, 山本 晃央, 細矢 匡, 岩井 秀之, 保田 晋助, 森 雅亮, 當間 重人, 松井 利浩. 低疾患活動性を達成した関節リウマチ患者の身体機能低下関連因子の年齢による変化. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2020.10.01

  31. 吉塚 陸, 長谷川 久紀, 神谷 麻理, 梅澤 夏佳, 保田 晋助. 抗リン脂質抗体症候群による血小板減少に対してベリムマブが有効であった症例. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2020.10.01

  32. 中原隆裕、神谷麻理、長谷川久紀、小池竜司、岩崎優子、高瀬 博、保田晋助. トシリズマブが有効であったベーチェット病の再発性眼病変. 日本内科学会 第662回関東地方会 2020.09.13 東京

  33. 神谷 麻理、川畑 仁人、上阪 等、溝口 史高. Necroptosis阻害は実験的多発性筋炎モデルにおいて筋細胞死と炎症介在因子の放出、炎症細胞浸潤を抑制し筋力を改善させる. 第5回JCRベーシックリサーチカンファレンス 2019.10.25 アキバプラザ内「アキバホール」

  34. 神谷 麻理、川畑 仁人、上阪 等、溝口 史高. Necroptosis阻害は実験的多発性筋炎モデルにおいて筋細胞死と炎症細胞浸潤を抑制し筋力を改善させる. 第47回日本臨床免疫学会総会 2019.10.18 ロイトン札幌

  35. 神谷 麻理、溝口 史高、木村 直樹、高村 聡人、川畑 仁人、上阪 等. ネクロトーシス阻害は炎症性筋疾患モデルを改善させる. 第46回 日本臨床免疫学会総会 2018.11.09 軽井沢プリンスホテルウエスト

  36. 神谷 麻理、溝口 史高、木村 直樹、高村 聡人、川畑 仁人、上阪 等. ネクロトーシス阻害は多発性筋炎モデルを改善させる. 第5回 JCRベーシックリサーチカンファレンス 2018.11.02 アキバプラザ内「アキバホール」

  37. 神谷 麻理、溝口 史高、木村 直樹、高村 聡人、川畑 仁人、上阪 等. 多発性筋炎のin vitroモデルにおいて細胞傷害性Tリンパ球は筋芽細胞にアポトーシスを誘導し、筋管細胞にネクロトーシスを誘導する. 自己免疫研究会 2018.07.21

  38. 神谷 麻理、溝口 史高、木村 直樹、高村 聡人、川畑 仁人、上阪 等. 多発性筋炎のin vitroモデルを用いた細胞傷害性Tリンパ球による筋障害メカニズムの解析. 第62回 日本リウマチ学会総会・学術集会 2018.04.26 東京

  39. 神谷 麻理、溝口 史高、木村 直樹、高村 聡人、川畑 仁人、上阪 等. 多発性筋炎のin vitroモデルにおいて細胞傷害性Tリンパ球は非壊死筋細胞の内部に侵入し、筋細胞の非apoptosisによる細胞死を誘導する. 日本臨床免疫学会 Midwinter Seminar 2018 2018.02.23

  40. 神谷 麻理、木村 直樹、高村 聡人、溝口 史高、川畑 仁人、上阪 等. 多発性筋炎のin vitroモデルにおいて細胞傷害性Tリンパ球は非壊死筋細胞の内部に侵入し非アポトーシスによる細胞死を誘導する. 骨免疫ワークショップ 2017.11.10 パークハイアット東京

  41. 神谷 麻理、木村 直樹、高村 聡人、溝口 史高、川畑 仁人、上阪 等. 多発性筋炎のin vitroモデルにおいて細胞傷害性Tリンパ球は非壊死筋細胞の内部に侵入し筋細胞死を誘導する. 第4回 JCRベーシックリサーチカンファレンス 2017.10.13 アキバプラザ内「アキバホール」

  42. 神谷 麻理、木村 直樹、高村 聡人、溝口 史高、川畑 仁人、上阪 等. 多発性筋炎における細胞傷害性T細胞による筋傷害のin vitro解析. 第45回 日本臨床免疫学会総会 2017.09.27 京王プラザホテル

  43. 神谷 麻理、木村 直樹、高村 聡人、溝口 史高、川畑 仁人、上阪 等. 多発性筋炎における細胞傷害性T細胞による筋傷害のin vitro解析. 第3回 日本筋学会学術集会 2017.08.04 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター

  44. 神谷 麻理、木村 直樹、高村 聡人、川畑 仁人、上阪 等. 多発性筋炎における細胞傷害性T細胞による筋傷害のin vitro解析. 第3回 日本骨免疫学会 2017.06.27 ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

  45. 神谷 麻理、木村 直樹、高村 聡人、川畑 仁人、上阪 等. 多発性筋炎における細胞傷害性T細胞による筋傷害のin vitro解析. 第1回 Co-stimulator's Assembly 2017.05.20

  46. 神谷 麻理、木村 直樹、高村 聡人、川畑 仁人、上阪 等. 多発性筋炎における細胞傷害性T細胞による筋傷害のin vitro解析. 第61回 日本リウマチ学会総会・学術集会 2017.04.21

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学医学研究奨励賞,東京医科歯科大学,2022年10月

  • JCR2022 ICW Excellent Abstract Award,日本リウマチ学会,2022年04月

  • 第8回JCRベーシックリサーチカンファレンス 優秀演題賞,日本リウマチ学会,2021年11月

  • 第35回基礎医学医療研究助成,公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団,2020年09月

  • ICW Excellent Abstract Award,日本リウマチ学会,2019年04月

  • APLAR 2017 トラベルグラント,日本リウマチ学会,2017年10月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • A novel drug suppresses muscle inflammation and restores muscle weakness,2022年08月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • グルカゴン様ペプチド-1受容体作動薬は炎症性筋疾患モデルを改善させる ― 炎症抑制と筋力改善効果を有する新規治療法として期待 ―,2022年07月

    Journal of Cachexia Sarcopenia and Muscle

  • Targeting necroptosis for inflammatory myopathies,2022年03月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 筋細胞のネクロトーシスを標的とした治療が炎症性筋疾患モデルを改善させる」― 炎症性筋疾患に対する新たな治療法開発の糸口 ―,2022年01月

    Nature Communications

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医学科3年 皮膚・アレルギー・膠原病ブロック 膠原病の研究と治療薬,2021年 - 現在

  • 医学科4年 PCC 発熱の症候学,2021年 - 現在

  • 医学科5, 6年 クリニカルクラークシップ チューター,2021年 - 現在

  • 医学科4年 PCC 臨床推論 関節炎,2014年 - 2021年

  • 医学科5, 6年 クリニカルクラークシップ チューター,2014年 - 2015年