基本情報

写真a

神谷 麻理(カミヤ マリ)

KAMIYA Mari


職名

特任助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2009年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  博士課程  2019年09月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2010年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 臨床教育研修センター 臨床研修医
  • 2012年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 膠原病・リウマチ内科 医員(医病)
  • 2014年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 膠原病・リウマチ内科 医員(医病)
  • 2015年04月
    -
    2019年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 大学院生
  • 2019年04月
    -
    2019年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 大学院生

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2011年03月
    東京都立墨東病院 臨床研修医
  • 2011年04月
    -
    2012年03月
    東京都健康長寿医療センター 膠原病リウマチ科 医員(医病)
  • 2013年04月
    -
    2014年03月
    東京共済病院 リウマチ膠原病科 医員(医病)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本リウマチ学会

  • 日本臨床免疫学会

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 筋細胞死の制御を標的とした多発性筋炎の治療法開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 傷害筋が誘導する免疫応答や筋機能障害を起点とした炎症性筋疾患の病態解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kamiya M, Mizoguchi F, Takamura A, Kimura N, Kawahata K, Kohsaka H. A new in vitro model of polymyositis reveals CD8+ T cell invasion into muscle cells and its cytotoxic role. Rheumatology (Oxford, England). 2019.06; ( PubMed, DOI )

  • 戸倉 雅, 神谷 麻理, 川畑 仁人, 上阪 等. ステロイド抵抗性心筋炎、心膜炎を呈したシェーグレン症候群 日本内科学会関東地方会. 2016.06; 624回 33. ( 医中誌 )

  • Mari Kamiya, Peter Y Shane, Makoto Soejima, Shuji Tohda, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka. IgG4-Related Sialoadenitis with a Skin Lesion and Multiple Mononeuropathies Suggesting Coexistent Cryoglobulinemic Vasculitis. Intern. Med.. 2016; 55 (10): 1355-1361. ( PubMed, DOI )

  • 神谷麻理、副島誠、岩井秀之、宮坂信之、上阪等. 動脈硬化と反復する出血性病態を呈した免疫不全症 日本臨床免疫学会誌. 2015; 38 (5): 426-431.

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Mari Kamiya, Seon Uk Kim, Jeong Yeon Kim, Shinsuke Yasuda, Eun Young Lee, Fumitaka Mizoguchi. Glucagon-like Peptide-1 Receptor Agonist Suppresses Muscle Inflammation and Muscle Fiber Death, and Ameliorates Muscle Weakness in Experimental Polymyositis. ACR Convergence 2020 2020.11.09 Online

  • Mari Kamiya, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka , Fumitaka Mizoguchi. Targeting necroptosis in muscle cells ameliorates inflammatory myopathies. 64th Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology 2020.08.17

  • Mari Kamiya, Seon Uk Kim, Jeong Yeon Kim, Yeong Wook Song, Eun Young Lee, Fumitaka Mizoguchi. Glucagon-like peptide-1 receptor agonist ameliorated muscle weakness and inflammation in experimental polymyositis. European Congress of Rheumatology (EULAR) 2020 2020.06.06

  • 神谷 麻理、王 登莉、保田 晋助、西堀 正洋、溝口 史高. 炎症性筋疾患においてHMGB1は傷害筋線維に発現し筋炎の病態の悪化に寄与する. 第48回日本臨床免疫学会総会 2020.10.15 オンライン

  • 中原隆裕、神谷麻理、長谷川久紀、小池竜司、岩崎優子、高瀬 博、保田晋助. トシリズマブが有効であったベーチェット病の再発性眼病変. 日本内科学会 第662回関東地方会 2020.09.13 東京

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第35回基礎医学医療研究助成,公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団,2020年09月

  • ICW Excellent Abstract Award,日本リウマチ学会,2019年04月