基本情報

写真a

森 崇寧(モリ タカヤス)

MORI Takayasu


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2005年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  大学院医歯学総合研究科  腎臓内科学  博士課程  2014年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2016年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 メディカルフェロー
  • 2016年05月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 非常勤講師
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 血液浄化療法部 助教
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 その他
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 血液浄化療法部 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 網羅的腎臓病診断パネルを生かした新しい疾患原因遺伝子の探索とデータベースの構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 次世代シーケンサーを用いた高血圧バイオマーカー・良性腎硬化症新規原因遺伝子の探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 塩喪失性腎症の新しい原因遺伝子群の発見とその病態メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yohei Arai, Kenichi Asano, Shintaro Mandai, Fumiaki Ando, Koichiro Susa, Takayasu Mori, Naohiro Nomura, Tatemitsu Rai, Masato Tanaka, Shinichi Uchida, Eisei Sohara. WNK1-TAK1 signaling suppresses lipopolysaccharide-induced cytokine production and classical activation in macrophages. Biochem Biophys Res Commun. 2020.12; 533 (4): 1290-1297. ( PubMed, DOI )

  • Takayasu Mori, Motoko Chiga, Takuya Fujimaru, Ryosuke Kawamoto, Shintaro Mandai, Azuma Nanamatsu, Naohiro Nomura, Fumiaki Ando, Koichiro Susa, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida. Phenotypic differences of mutation-negative cases in Gitelman syndrome clinically diagnosed in adulthood. Hum Mutat. 2020.12; ( PubMed, DOI )

  • Takashi Iijima, Takayasu Mori, Eisei Sohara, Tatsuya Suwabe, Junichi Hoshino, Yoshifumi Ubara. A patient with congenital nephrogenic diabetes insipidus due to AVPR2 mutation complicated by persisting polydipsia under hemodialysis treatment. CEN Case Rep. 2020.10; ( PubMed, DOI )

  • Fujii Shinya, Kikuchi Eriko, Watanabe Yuko, Suzuyama Honoka, Ishigami-Yuasa Mari, Mori Takayasu, Isobe Kiyoshi, Uchida Shinichi, Kagechika Hiroyuki. Structural development of N-(4-phenoxyphenyl)benzamide derivatives as novel SPAK inhibitors blocking WNK kinase signaling BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS. 2020.09; 30 (17): 127408. ( PubMed, DOI )

  • Nakano Kiyoshi, Kubota Yasuo, Mori Takayuki, Chiga Motoko, Mori Takayasu, Sonoda Shyunya, Ueda Daisuke, Asakura Isao, Ikegaya Takeshi, Kagawa Jiro, Uchida Shinichi, Kubota Akira. Familial cases of pseudohypoaldosteronism typeIIharboring a novel mutation in theCullin 3gene NEPHROLOGY. 2020.08; e13752. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 森 崇寧. 【解説】次世代遺伝子シークエンサー解析を用いた研究. 科学評論社, 2020.11

  • 森 崇寧, 内田 信一. 【最新の腎臓領域の基礎研究】 遺伝子ビッグデータが切り開く次世代の腎臓病学.. 日本腎臓学会誌, 2018.05

  • 藤丸 拓也, 森 崇寧, 蘇原 映誠.. 【腎泌尿器領域における個別化医療・精密医療】 次世代シークエンサーが変えた遺伝性腎疾患診療.. 腎臓内科・泌尿器科., 2018.02

  • 森 崇寧. 【腎疾患領域のゲノム医療と新規治療ターゲット】 次世代シークエンサーによる遺伝性腎疾患網羅的診断パネルの有用性と今後. 腎と骨代謝, 2018.01

  • 森 崇寧, 内田 信一.. 【腎臓医が知っておきたい分子遺伝学の進歩】基礎編 次世代シーケンサーを用いた網羅的腎疾患診断.. 腎と透析, 2017.03

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 森 崇寧,千賀宗子,藤丸拓也,萬代新太郎,蘇原映誠,頼建光,内田信一. Gitelman症候群と臨床診断された成人患者の遺伝的背景と変異陰性例における表現系の検討. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 横浜, web

  • Mori T, Chiga M, Fujimaru T, Mandai S, Nanamatsu A, Sohara E, Rai T, Uchida S. More than half of patients clinically diagnosed as Gitelman syndrome in adulthood do not have causal mutations in known pathogenic genes. ASN Kidney Week 2019 2019.11

  • 森崇寧. 網羅的遺伝子診断が腎臓病診断と治療にもたらすもの. 第39回東部腎カンファランス 2019.11 三島

  • 川堀 健一, 足立 淳一郎, 牧 千里, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 山岸 浩史, 大木葉 宣昭, 稲澤 健志. 糖尿病ケトアシドーシスを契機に診断されたGitelman症候群の1例. 日本内分泌学会雑誌 2019.10.01

  • 藤丸 拓也, 森 崇寧, 蘇原 映誠. 【嚢胞性腎疾患】嚢胞性腎疾患の遺伝子解析. 日本腎臓学会誌 2019.10.01

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 森崇寧 第61回日本腎臓学会学術総会 第21回優秀論文賞 ,2018年06月

  • 森崇寧 第60回日本腎臓学会学術総会 最優秀総会長奨励賞,2017年06月

  • 森崇寧 第58回日本腎臓学会学術総会 優秀演題賞,2015年06月

  • Wakabayashi M, Mori T, et.al. The 46th Annual Meeting of American Society of Nephrology,Top Oral Abstracts for ASN 2013,2013年11月

  • 森崇寧 第58回日本腎臓学会学術総会 会長賞,2012年05月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「バゾプレシンはPKA活性化を介してウロモジュリン尿中分泌を促進する」― 高血圧症や尿路感染症など多彩な病態に関わる蛋白の新たな制御機構を解明 ―,2021年04月

    Hypertension

  • 【プレスリリース】銭谷慕子, 森崇寧, 内田信一 多発性骨髄腫治療薬のボルテゾミブは腎臓の線維化を抑制する  ― 新しい慢性腎臓病治療薬となる可能性 ―,2017年10月

    Scientific Reports