基本情報

写真a

細矢 匡(ホソヤ タダシ)

HOSOYA Tadashi


職名

講師

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/grad/rheu/rheu-J.htm

研究分野・キーワード

細胞周期制御、関節リウマチ

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 臨床研修医
  • 2008年04月
    -
    2009年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 膠原病・リウマチ内科 レジデント
  • 2014年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教
  • 2014年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 膠原病・リウマチ内科 助教
  • 2018年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2008年03月
    石心会狭山病院 臨床研修医
  • 2009年04月
    -
    2010年03月
    東京都健康長寿医療センター 医員(医病)
  • 2016年04月
    -
    2018年04月
    カリフォルニア大学サンディエゴ校 Moores Cancer Center Visiting scholar

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本リウマチ学会

  • 日本免疫学会

  • 日本炎症再生学会

  • 日本臨床免疫学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2018年11月
    臨床免疫学会総会 事務局長
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • テーラーメイド医療の実現を目指した関節リウマチリスク遺伝子の病態への寄与の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • CDK4/6阻害による滑膜線維芽細胞選択的な関節リウマチ治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 副腎皮質ステロイドを補完する新規炎症制御薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Sugihara T, Ishizaki T, Onoguchi W, Baba H, Matsumoto T, Iga S, Kubo K, Kamiya M, Hirano F, Hosoya T, Miyasaka N, Harigai M. Effectiveness and safety of treat-to-target strategy in elderly-onset rheumatoid arthritis: a 3-year prospective observational study. Rheumatology (Oxford, England). 2021.01; ( PubMed, DOI )

  • Hosoya T., Sugihara T., Miyasaka N., Yasuda S.. Novel treatment strategy of polymyalgia rheumatica targeting drug-free remission CLINICAL AND EXPERIMENTAL RHEUMATOLOGY. 2021; 39 (3): 701-702.

  • Hosoya T, Cordelia D, Michael BD, Miyabe C, Nagai J, Murooka TT, Miyabe Y. Editorial: Targeting the Chemoattractant System in Inflammation. Frontiers in pharmacology. 2021; 12 744290. ( PubMed, DOI )

  • Saito T, Sako Y, Sato-Kaneko F, Hosoya T, Yao S, Lao FS, Shpigelman J, Messer K, Pu M, Shukla NM, Chan M, Chu PJ, Cottam HB, Hayashi T, Carson DA, Corr M. Small Molecule Potentiator of Adjuvant Activity Enhancing Survival to Influenza Viral Challenge. Frontiers in immunology. 2021; 12 701445. ( PubMed, DOI )

  • Hosoya T, Shukla NM, Fujita Y, Yao S, Lao FS, Baba H, Yasuda S, Cottam HB, Carson DA, Hayashi T, Corr M. Identification of Compounds With Glucocorticoid Sparing Effects on Suppression of Chemokine and Cytokine Production by Rheumatoid Arthritis Fibroblast-Like Synoviocytes. Frontiers in pharmacology. 2020.11; 11 607713. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 細矢 匡. 【高齢発症関節リウマチ(EORA)の病態と治療】感染症予防対策. (有)科学評論社, 2020.09 リウマチ科

  • 細矢 匡. 関節リウマチのHBEGF陽性のマクロファージが線維芽細胞の浸潤能を誘導する. (有)科学評論社, 2020.03 リウマチ科

  • 細矢匡. カリフォルニア大学サンディエゴ校Mooresがんセンター留学記. 2018.09

  • 細矢 匡. 【厚生労働省指定難病の診断基準と重症度】 多発性筋炎・皮膚筋炎. (株)先端医学社, 2017.01 分子リウマチ治療

  • 細矢 匡. 免疫病動物モデルの特長と限界(第1回) 関節リウマチ動物モデル. (株)先端医学社, 2016.12 炎症と免疫

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 細矢 匡, 杉原 毅彦, 保田 晋助. リウマチ性多発筋痛症におけるdrug-free remissionを可能にする新たな治療法. リウマチ科 2021.07.01

  • 松本 拓実, 細矢 匡, 馬場 洋行, 土田 真吏奈, 神谷 麻理, 小宮 陽仁, 平野 史生, 久保 かなえ, 杉原 毅彦. 関節リウマチの治療:観察研究 75歳以上のMTXナイーブ高齢発症RA患者に対する低疾患活動性を目標としたtreat-to-targetの治療成績の検討 CRANEコホート. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2021.03.01

  • Hosoya Tadashi, Baba Hiroyuki, Yasuda Shinsuke, Corr Maripat. SjS/IgG4-RDとケモカイン NFκB抑制作用を介して細胞遊走とケモカイン産生に影響を及ぼす新規化合物(SjS/IgG4-RD and Chemokines Novel compound that impacts migration and chemokine production via NFkB suppressing activity). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2021.03.01

  • 近藤 文彬, 杉原 毅彦, 梅澤 夏佳, 長谷川 久紀, 細矢 匡, 木村 直樹, 溝口 史高, 森 雅亮, 保田 晋助. 成人スチル病の治療 治療導入初期の成人発症Still病に対する副腎皮質ステロイド療法における治療反応不良因子の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2021.03.01

  • 小宮 陽仁, 杉原 毅彦, 平野 史生, 神谷 麻理, 松本 拓実, 佐々木 広和, 山本 晃央, 細矢 匡, 岩井 秀之, 保田 晋助, 森 雅亮, 當間 重人, 松井 利浩. 低疾患活動性を達成した関節リウマチ患者の身体機能低下関連因子の年齢による変化. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2020.10.01

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本炎症・再生医学会奨励賞,日本炎症・再生医学会,2016年06月

  • 田中道子臨床医学研究奨励賞,東京医科歯科大学医科同窓会,2015年03月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医学科 膠原病リウマチ内科 クリニカルクラークシップディレクター,2014年 - 現在

  • 医学科 プレクリニカルクラークシップ 発熱の症候学,2014年 - 現在

  • 歯学科5年 膠原病リウマチ学総論,2014年 - 現在

  • 内科系CC Weekly Core Session,2014年 - 2015年