基本情報

写真a

細矢 匡(ホソヤ タダシ)

HOSOYA Tadashi


職名

講師

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/grad/rheu/rheu-J.htm

研究分野・キーワード

細胞周期制御、関節リウマチ

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 臨床研修医
  • 2008年04月
    -
    2009年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 膠原病・リウマチ内科 レジデント
  • 2014年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教
  • 2014年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 膠原病・リウマチ内科 助教
  • 2018年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2008年03月
    石心会狭山病院 臨床研修医
  • 2009年04月
    -
    2010年03月
    東京都健康長寿医療センター 医員(医病)
  • 2015年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 膠原病・リウマチ内科学分野 助教
  • 2016年04月
    -
    2018年03月
    University of California, San Diego Visiting scholar
  • 2016年04月
    -
    2018年04月
    カリフォルニア大学サンディエゴ校 Moores Cancer Center Visiting scholar
  • 2021年01月
    -
    現在
    国立感染症研究所 感染病理部 協力研究員
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 膠原病・リウマチ内科学分野 講師

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本リウマチ学会

  • 日本免疫学会

  • 日本炎症再生学会

  • 日本臨床免疫学会

  • 日本臨床薬理学会

  • 日本遺伝学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2018年11月
    臨床免疫学会総会 事務局長
  • 2019年08月
     
     
    日本リウマチ学会 International Scientific Committee
  • 2020年04月
    -
    2020年10月
    Frontiers in Pharmacology Guest Editor
  • 2022年04月
    -
    現在
    日本リウマチ学会 評議員
  • 2022年07月
    -
    現在
    日本臨床免疫学会 U45小委員会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 膠原病、アレルギー内科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • SLEの疾患活動性の可視化により安全かつ適切な治療管理を実現するソフトウェアの開発,2024年05月 - 2025年03月

  • リウマチ性疾患患者の身体的フレイルの層別化と well-being の探求,2024年04月 - 2025年03月

  • 自然免疫および血管内皮障害に着目したSLE・APSの新規治療法の開発,2023年04月 - 2026年03月

  • Wearable deviceから取得される生体指標に基づくPatient Reported Outcomeの作出,2023年04月 - 2024年03月

  • 診断未確定関節リウマチにおける先制医療のための統合ゲノムスコアの開発,2022年10月 - 2025年03月

  • 関節リウマチにおける滑膜線維芽細胞の病的機能獲得におけるHippo pathwayの関与,2022年04月 - 2023年03月

  • 副腎皮質ステロイドを補完する新規炎症制御薬の開発,2021年04月 - 2024年03月

  • 炎症性疾患の発症・再燃を予防する新規薬剤の開発,2021年04月 - 2023年03月

  • ステロイドに代わる新たな NF-κB 抑制性化合物の探索,2021年04月 - 2022年03月

  • COVID-19感染症に伴う血管内皮障害の発生メカニズムの解明とその制御,2020年12月 - 2023年03月

  • COVID-19感染症に伴う血管内皮障害の発生メカニズムの解明とその制御,2020年12月 - 2023年03月

  • 血漿中cell free DNAがSLEの病態形成に果たす意義の検討,2019年04月 - 2021年03月

  • CDK4/6阻害による滑膜線維芽細胞選択的な関節リウマチ治療法の開発,2019年04月 - 2021年03月

  • 組織局所の自然免疫を制御する治療薬の開発,2016年04月 - 2018年03月

  • テーラーメイド医療の実現を目指した関節リウマチリスク遺伝子の病態への寄与の解明,2015年04月 - 2017年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • テーラーメイド医療の実現を目指した関節リウマチリスク遺伝子の病態への寄与の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • CDK4/6阻害による滑膜線維芽細胞選択的な関節リウマチ治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 副腎皮質ステロイドを補完する新規炎症制御薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 自然免疫および血管内皮障害に着目したSLE・APSの新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 自然免疫および血管内皮障害に着目したSLE・APSの新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Mitsui Y, Suzuki T, Kuniyoshi K, Inamo J, Yamaguchi K, Komuro M, Watanabe J, Edamoto M, Li S, Kouno T, Oba S, Hosoya T, Masuhiro K, Naito Y, Koyama S, Sakaguchi N, Standley DM, Shin JW, Akira S, Yasuda S, Miyazaki Y, Kochi Y, Kumanogoh A, Okamoto T, Satoh T. Expression of the readthrough transcript CiDRE in alveolar macrophages boosts SARS-CoV-2 susceptibility and promotes COVID-19 severity. Immunity. 2023.08; 56 (8): 1939-1954.e12. ( PubMed, DOI )

  2. Hanzawa S, Noda S, Hosoya T, Kawahara T, Nukui Y. Mass-like Lesions Causing Compression of Large Vessels in Granulomatosis with Polyangiitis. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2023.08; 62 (16): 2427-2431. ( PubMed, DOI )

  3. Hanzawa Satoshi, Noda Seiji, Hosoya Tadashi, Kawahara Tatsuo, Nukui Yoshihisa. 多発血管炎性肉芽腫症において大血管の圧迫をきたした腫瘤様病変(Mass-like Lesions Causing Compression of Large Vessels in Granulomatosis with Polyangiitis) Internal Medicine. 2023.08; 62 (16): 2427-2431. ( 医中誌 )

  4. Baba, H; Sugihara, T; Ishizaki, T; Nomura, M; Hosoya, T; Kamiya, M; Matsumoto, T; Kubo, K; Hirano, F; Miyasaka, N; Kojima, M; Yasuda, S; Harigai, M. LONG-TERM OUTCOMES OF METHOTREXATE IN ELDERLY-ONSET RA IMPLEMENTING THE TREAT-TOTARGET STRATEGY ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2023.06; 82 1293-1294. ( DOI )

  5. Hosoya T, Oba S, Komiya Y, Kawata D, Kamiya M, Iwai H, Miyamoto S, Kataoka M, Tobiume M, Kanno T, Ainai A, Sato H, Hirakawa A, Mitsui Y, Satoh T, Wakabayashi K, Yamada T, Otomo Y, Miyazaki Y, Hasegawa H, Suzuki T, Yasuda S. Apple-shaped obesity: A risky soil for cytokine-accelerated severity in COVID-19. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2023.05; 120 (22): e2300155120. ( PubMed, DOI )

  6. Itakura T, Sasaki H, Hosoya T, Yamaguchi T, Mimori E, Saimon Y, Iwai H, Umezawa N, Kawata D, Kimura N, Kurata M, Shimizu M, Yasuda S. A novel gain-of-function missense variant in PLCG2 associated with autoinflammation and hypergammaglobulinemia. Rheumatology (Oxford, England). 2023.04; 62 (11): e319-e321. ( PubMed, DOI )

  7. Fujiwara Shun, Kawamoto Ami, Motobayashi Maiko, Hibiya Shuji, Takenaka Kento, Shimizu Hiromichi, Saito Eiko, Fujii Toshimitsu, Nagahori Masakazu, Kawata Daisuke, Umezawa Natsuka, Hosoya Tadashi, Yasuda Shinsuke, Ohtsuka Kazuo, Okamoto Ryuichi. インフリキシマブが奏効したベーチェット病患者に認められた出血性胃潰瘍(Hemorrhagic gastric ulcer in a patient with Behcet's disease successfully treated with infliximab) DEN Open. 2023.04; 3 (1): 1 of 5-5 of 5. ( 医中誌 )

  8. Fujiwara S, Kawamoto A, Motobayashi M, Hibiya S, Takenaka K, Shimizu H, Saito E, Fujii T, Nagahori M, Kawata D, Umezawa N, Hosoya T, Yasuda S, Ohtsuka K, Okamoto R. Hemorrhagic gastric ulcer in a patient with Behcet's disease successfully treated with infliximab. DEN open. 2023.04; 3 (1): e196. ( PubMed, DOI )

  9. Umezawa N, Mizoguchi F, Maejima Y, Kimura N, Hasegawa H, Hosoya T, Fujimoto M, Kohsaka H, Naka T, Yasuda S. Leucine-rich alpha-2 glycoprotein as a potential biomarker for large vessel vasculitides. Frontiers in medicine. 2023; 10 1153883. ( PubMed, DOI )

  10. Oba S, Hosoya T, Kaneshige R, Kawata D, Yamaguchi T, Mitsumura T, Shimada S, Shibata S, Tateishi T, Koike R, Tohda S, Hirakawa A, Yoko N, Otomo Y, Nojima J, Miyazaki Y, Yasuda S. Thrombosis and antiphospholipid antibodies in Japanese COVID-19: based on propensity score matching. Frontiers in immunology. 2023; 14 1227547. ( PubMed, DOI )

  11. Komiya Y, Sugihara T, Hirano F, Matsumoto T, Kamiya M, Sasaki H, Hosoya T, Kimura N, Ishizaki T, Mori M, Tohma S, Yasuda S, Matsui T. Factors associated with impaired physical function in elderly rheumatoid arthritis patients who had achieved low disease activity. Modern rheumatology. 2022.12; 34 (1): 60-67. ( PubMed, DOI )

  12. Noda S, Hosoya T, Komiya Y, Tagawa Y, Endo K, Komori K, Koga H, Takahara Y, Sugimoto K, Sekiya I, Saito T, Mizoguchi F, Yasuda S. Correction: CD34(+)THY1(+) synovial fibroblast subset in arthritic joints has high osteoblastic and chondrogenic potentials in vitro. Arthritis research & therapy. 2022.09; 24 (1): 224. ( PubMed, DOI )

  13. Tadashi Hosoya, Tetsuya Saito, Hiroyuki Baba, Nao Tanaka, Seiji Noda, Youji Komiya, Yasuhiro Tagawa, Akio Yamamoto, Fumitaka Mizoguchi, Kimito Kawahata, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka, Shinsuke Yasuda. Chondroprotective effects of CDK4/6 inhibition via enhanced ubiquitin-dependent degradation of JUN in synovial fibroblasts. Rheumatology (Oxford). 2022.08; 61 (8): 3427-3438. ( PubMed, DOI )

  14. Tomoko Niwano, Tadashi Hosoya, Saori Kadowaki, Etsushi Toyofuku, Takuya Naruto, Masaki Shimizu, Hidenori Ohnishi, Ryuji Koike, Tomohiro Morio, Kohsuke Imai, Masayuki Yoshida, Shinsuke Yasuda. An adult case of suspected A20 haploinsufficiency mimicking polyarteritis nodosa. Rheumatology (Oxford). 2022.05; 61 (11): e337-e340. ( PubMed, DOI )

  15. Fumiaki Kondo, Takahiko Sugihara, Natsuka Umezawa, Hisanori Hasegawa, Tadashi Hosoya, Naoki Kimura, Masaaki Mori, Shinsuke Yasuda. Associated factors with poor treatment response to initial glucocorticoid therapy in patients with adult-onset Still's disease. Arthritis Res Ther. 2022.04; 24 (1): 92. ( PubMed, DOI )

  16. Seiji Noda, Tadashi Hosoya, Yoji Komiya, Yasuhiro Tagawa, Kentaro Endo, Keiichiro Komori, Hideyuki Koga, Yasuhiro Takahara, Kazutaka Sugimoto, Ichiro Sekiya, Tetsuya Saito, Fumitaka Mizoguchi, Shinsuke Yasuda. synovial fibroblast subset in arthritic joints has high osteoblastic and chondrogenic potentials in vitro. Arthritis Res Ther. 2022.02; 24 (1): 45. ( PubMed, DOI )

  17. Tetsuya Saito, Nikunj M Shukla, Fumi Sato-Kaneko, Yukiya Sako, Tadashi Hosoya, Shiyin Yao, Fitzgerald S Lao, Karen Messer, Minya Pu, Michael Chan, Paul J Chu, Howard B Cottam, Tomoko Hayashi, Dennis A Carson, Maripat Corr. Small Molecule Calcium Channel Activator Potentiates Adjuvant Activity. ACS Chem Biol. 2022.01; 17 (1): 217-229. ( PubMed, DOI )

  18. Yamamoto A, Saito T, Hosoya T, Kawahata K, Asano Y, Sato S, Mizoguchi F, Yasuda S, Kohsaka H. Therapeutic effect of cyclin-dependent kinase 4/6 inhibitor on dermal fibrosis in murine models of systemic sclerosis. Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.). 2021.12; 74 (5): 860-870. ( PubMed, DOI )

  19. Seiya Oba, Tadashi Hosoya, Miki Amamiya, Takahiro Mitsumura, Daisuke Kawata, Hirokazu Sasaki, Mari Kamiya, Akio Yamamoto, Takahiro Ando, Sho Shimada, Tsuyoshi Shirai, Tsukasa Okamoto, Tomoya Tateishi, Akira Endo, Junichi Aiboshi, Nobuyuki Nosaka, Hideo Yamanouchi, Toyomu Ugawa, Eiki Nagaoka, Keiji Oi, Susumu Tao, Yasuhiro Maejima, Yukie Tanaka, Kousuke Tanimoto, Hiroaki Takeuchi, Shuji Tohda, Akihiro Hirakawa, Tetsuo Sasano, Hirokuni Arai, Yasuhiro Otomo, Yasunari Miyazaki, Shinsuke Yasuda. Arterial and Venous Thrombosis Complicated in COVID-19: A Retrospective Single Center Analysis in Japan. Front Cardiovasc Med. 2021.11; 8 767074. ( PubMed, DOI )

  20. Hosoya T, Oda G, Nakagawa T, Onishi I, Hosoya T, Ishiguro M, Ishikawa T, Uetake H. Plasma Levels of Decorin Increased in Patients during the Progression of Breast Cancer. Journal of clinical medicine. 2021.11; 10 (23): 5530. ( PubMed, DOI )

  21. Saito T, Sako Y, Sato-Kaneko F, Hosoya T, Yao S, Lao FS, Shpigelman J, Messer K, Pu M, Shukla NM, Chan M, Chu PJ, Cottam HB, Hayashi T, Carson DA, Corr M. Small Molecule Potentiator of Adjuvant Activity Enhancing Survival to Influenza Viral Challenge. Frontiers in immunology. 2021.09; 12 701445. ( PubMed, DOI )

  22. Tadashi Hosoya, Dunai Cordelia, Benedict D Michael, Chie Miyabe, Jun Nagai, Thomas T Murooka, Yoshishige Miyabe. Editorial: Targeting the Chemoattractant System in Inflammation. Front Pharmacol. 2021.08; 12 744290. ( PubMed, DOI )

  23. Tadashi Hosoya, Takahiko Sugihara, Nobuyuki Miyasaka, Shinsuke Yasuda. Novel treatment strategy of polymyalgia rheumatica targeting drug-free remission. Clin Exp Rheumatol. 2021.05; 39 (3): 701-702. ( PubMed, DOI )

  24. Sugihara T, Ishizaki T, Onoguchi W, Baba H, Matsumoto T, Iga S, Kubo K, Kamiya M, Hirano F, Hosoya T, Miyasaka N, Harigai M. Effectiveness and safety of treat-to-target strategy in elderly-onset rheumatoid arthritis: a 3-year prospective observational study. Rheumatology (Oxford, England). 2021.01; 60 (9): 4252-4261. ( PubMed, DOI )

  25. Hosoya T, Shukla NM, Fujita Y, Yao S, Lao FS, Baba H, Yasuda S, Cottam HB, Carson DA, Hayashi T, Corr M. Identification of Compounds With Glucocorticoid Sparing Effects on Suppression of Chemokine and Cytokine Production by Rheumatoid Arthritis Fibroblast-Like Synoviocytes. Frontiers in pharmacology. 2020.11; 11 607713. ( PubMed, DOI )

  26. Fumi Sato-Kaneko, Xiaodong Wang, Shiyin Yao, Tadashi Hosoya, Fitzgerald S. Lao, Karen Messer, Minya Pu, Nikunj M. Shukla, Howard B. Cottam, Michael Chan, Dennis A. Carson, Maripat Corr, and Tomoko Hayashi. Discovery of a Novel Microtubule Targeting Agent as an Adjuvant for Cancer Immunotherapy BioMed Research International. 2018.09; ( DOI )

  27. Sugihara Takahiko, Ishizaki Tatsuro, Baba Hiroyuki, Matsumoto Takumi, Iga Shoko, Kusuda Takeshi, Tsuchida Marina, Kamiya Mari, Komiya Yoji, Hirano Fumio, Hosoya Tadashi, Miyasaka Nobuyuki, Harigai Masayoshi. Three Year Outcomes of Patients with Elderly-Onset Rheumatoid Arthritis Treated with a Therapeutic Strategy Targeting Low Disease Activity, and Impact of Adverse Events on Physical Function ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2018.09; 70

  28. Tadashi Hosoya, Fumi Sato-Kaneko, Alast Ahmadi, Shiyin Yao, Fitzgerald Lao, Kazutaka Kitaura, Takaji Matsutani, Dennis A Carson, Tomoko Hayashi. Induction of oligoclonal CD8 T cell responses against pulmonary metastatic cancer by a phospholipid-conjugated TLR7 agonist. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.. 2018.07; 115 (29): E6836-E6844. ( PubMed, DOI )

  29. Kenji Oku, Tatsuya Atsumi, Yuji Akiyama, Hirofumi Amano, Naoto Azuma, Toshiyuki Bohgaki, Yu Funakubo Asanuma, Tetsuya Horita, Tadashi Hosoya, Kunihiro Ichinose, Masaru Kato, Yasuhiro Katsumata, Yasushi Kawaguchi, Atsushi Kawakami, Tomohiro Koga, Hitoshi Kohsaka, Yuya Kondo, Kanae Kubo, Masataka Kuwana, Akio Mimori, Tsuneyo Mimori, Toshihide Mimura, Kosaku Murakami, Kazuhisa Nakano, Shingo Nakayamada, Hiroshi Ogishima, Kazumasa Ohmura, Kazuyoshi Saito, Hajime Sano, Mihoko Shibuya, Yuko Takahashi, Yoshinari Takasaki, Tsutomu Takeuchi, Naoto Tamura, Yoshiya Tanaka, Hiroto Tsuboi, Shinichiro Tsunoda, Naoichiro Yukawa, Noriyuki Yamakawa, Kazuhiko Yamamoto, Takayuki Sumida. Evaluation of the alternative classification criteria of systemic lupus erythematosus established by Systemic Lupus International Collaborating Clinics (SLICC). Mod Rheumatol. 2018.07; 28 (4): 642-648. ( PubMed, DOI )

  30. Oku Kenji, Atsumi Tatsuya, Akiyama Yuji, Amano Hirofumi, Azuma Naoto, Bohgaki Toshiyuki, Funakubo Asanuma Yu, Horita Tetsuya, Hosoya Tadashi, Ichinose Kunihiro, Kato Masaru, Katsumata Yasuhiro, Kawaguchi Yasushi, Kawakami Atsushi, Koga Tomohiro, Kohsaka Hitoshi, Kondo Yuya, Kubo Kanae, Kuwana Masataka, Mimori Akio, Mimori Tsuneyo, Mimura Toshihide, Murakami Kosaku, Nakano Kazuhisa, Nakayamada Shingo, Ogishima Hiroshi, Ohmura Kazumasa, Saito Kazuyoshi, Sano Hajime, Shibuya Mihoko, Takahashi Yuko, Takasaki Yoshinari, Takeuchi Tsutomu, Tamura Naoto, Tanaka Yoshiya, Tsuboi Hiroto, Tsunoda Shinichiro, Yukawa Naoichiro, Yamakawa Noriyuki, Yamamoto Kazuhiko, Sumida Takayuki. Systemic Lupus International Collaborating Clinics(SLICC)によって確立された全身性エリテマトーデスの代替分類基準の評価(Evaluation of the alternative classification criteria of systemic lupus erythematosus established by Systemic Lupus International Collaborating Clinics(SLICC)) Modern Rheumatology. 2018.07; 28 (4): 642-648. ( 医中誌 )

  31. Nikunj M Shukla, Kei-Ichiro Arimoto, Shiyin Yao, Jun-Bao Fan, Yue Zhang, Fumi Sato-Kaneko, Fitzgerald S Lao, Tadashi Hosoya, Karen Messer, Minya Pu, Howard B Cottam, Dennis A Carson, Tomoko Hayashi, Dong-Er Zhang, Maripat Corr. Identification of Compounds That Prolong Type I Interferon Signaling as Potential Vaccine Adjuvants. SLAS Discov. 2018.05; 23 (9): 2472555218774308. ( PubMed, DOI )

  32. Fumi Sato-Kaneko, Xiaodong Wang, Shiyin Yao, Tadashi Hosoya, Fitzgerald S Lao, Karen Messer, Minya Pu, Nikunj M Shukla, Howard B Cottam, Michael Chan, Dennis A Carson, Maripat Corr, Tomoko Hayashi. Discovery of a Novel Microtubule Targeting Agent as an Adjuvant for Cancer Immunotherapy. BioMed research international. 2018; 2018 8091283. ( PubMed, DOI )

  33. Fumi Sato-Kaneko, Shiyin Yao, Alast Ahmadi, Shannon S Zhang, Tadashi Hosoya, Megan M Kaneda, Judith A Varner, Minya Pu, Karen S Messer, Cristiana Guiducci, Robert L Coffman, Kazutaka Kitaura, Takaji Matsutani, Ryuji Suzuki, Dennis A Carson, Tomoko Hayashi, Ezra Ew Cohen. Combination immunotherapy with TLR agonists and checkpoint inhibitors suppresses head and neck cancer. JCI Insight. 2017.09; 2 (18): ( PubMed, DOI )

  34. H Takada, T Hosoya, N Kimura, K Kawahata, H Kohsaka. Successful use of rituximab in a patient with refractory thrombotic thrombocytopaenic purpura complicated by polymyositis. Scand. J. Rheumatol.. 2017.03; 46 (2): 163-165. ( PubMed, DOI )

  35. Tadashi Hosoya, Hideyuki Iwai, Yu Yamaguchi, Kimito Kawahata, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka. Cell cycle regulation therapy combined with cytokine blockade enhances antiarthritic effects without increasing immune suppression. Ann. Rheum. Dis.. 2016.01; 75 (1): 253-259. ( PubMed, DOI )

  36. Takeshi Kusuda, Tadashi Hosoya, Takayasu Mori, Katsuhito Ihara, Hidenori Nishida, Motoko Chiga, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Ryuji Koike, Shinichi Uchida, Hitoshi Kohsaka. Acquired Gitelman Syndrome in an Anti-SSA Antibody-positive Patient with a SLC12A3 Heterozygous Mutation. Intern. Med.. 2016.01; 55 (21): 3201-3204. ( PubMed, DOI )

  37. Takahiko Sugihara, Tatsuro Ishizaki, Tadashi Hosoya, Shoko Iga, Waka Yokoyama, Fumio Hirano, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai. Structural and functional outcomes of a therapeutic strategy targeting low disease activity in patients with elderly-onset rheumatoid arthritis: a prospective cohort study (CRANE). Rheumatology (Oxford). 2015.05; 54 (5): 798-807. ( PubMed, DOI )

  38. Tadashi Hosoya, Fumitaka Mizoguchi, Hisanori Hasegawa, Keiko Miura, Ryuji Koike, Tetsuo Kubota, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka. A Case Presenting with the Clinical Characteristics of Tumor Necrosis Factor (TNF) Receptor-associated Periodic Syndrome (TRAPS) without TNFRSF1A Mutations Successfully Treated with Tocilizumab. Intern. Med.. 2015; 54 (16): 2069-2072. ( PubMed, DOI )

  39. Mari Kihara, Takahiko Sugihara, Tadashi Hosoya, Nobuyuki Miyasaka. Clinical significance of complement as a biomarker of disease activity in 4 cases of IgG4-related disease with retroperitoneal fibrosis. Clin. Exp. Rheumatol.. 2013.11; 31 (6): 947-949. ( PubMed )

  40. Toshihiro Nanki, Ikumi Onoue, Kenji Nagasaka, Aiko Takayasu, Masashi Ebisawa, Tadashi Hosoya, Toshizumi Shirai, Takahiko Sugihara, Shinya Hirata, Tetsuo Kubota, Masayoshi Harigai, Nobuyuki Miyasaka. Suppression of elevations in serum C reactive protein levels by anti-IL-6 autoantibodies in two patients with severe bacterial infections. Ann. Rheum. Dis.. 2013.06; 72 (6): 1100-1102. ( PubMed, DOI )

  41. Sugihara Takahiko, Ishizaki Tatsuro, Hosoya Tadashi, Iga Shoko, Yokoyama Waka, Hirano Fumio, Miyasaka Nobuyuki, Harigai Masayoshi. Treat-to-Target Strategy Aiming At Achievement of Structural and Functional Remission in Patients with Active Elderly-Onset Rheumatoid Arthritis. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2012.10; 64 (10): S161-S162.

  42. Kayoko Kaneko, Toshihiro Nanki, Tadashi Hosoya, Fumitaka Mizoguchi, Nobuyuki Miyasaka. Etanercept-induced necrotizing crescentic glomerulonephritis in two patients with rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. 2010.12; 20 (6): 632-636. ( PubMed, DOI )

  43. Kaneko Kayoko, Nanki Toshihiro, Hosoya Tadashi, Mizoguchi Fumitaka, Miyasaka Nobuyuki. 関節リウマチ患者2例におけるエタネルセプトで誘発された壊死性半月体形成性糸球体腎炎(Etanercept-induced necrotizing crescentic glomerulonephritis in two patients with rheumatoid arthritis) Modern Rheumatology. 2010.12; 20 (6): 632-636. ( 医中誌 )

  44. 板倉 卓司, 木村 直樹, 佐々木 広和, 細矢 匡, 保田 晋助. 成人膠原病患者におけるqPCR法によるTRECs/KRECs定量を用いたリンパ球新生能評価と、その治療前後での比較 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2023.10; 51回 114. ( 医中誌 )

  45. 板倉 卓司, 木村 直樹, 佐々木 広和, 細矢 匡, 保田 晋助. 成人膠原病患者におけるqPCR法によるTRECs/KRECs定量を用いたリンパ球新生能評価と、その治療前後での比較 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2023.10; 51回 114. ( 医中誌 )

  46. 庭野 智子, 細矢 匡. 成人におけるA20ハプロ不全症 リウマチ科. 2023.07; 70 (1): 119-122. ( 医中誌 )

  47. 庭野 智子, 細矢 匡. 成人におけるA20ハプロ不全症 リウマチ科. 2023.07; 70 (1): 119-122. ( 医中誌 )

  48. 庭野 智子, 細矢 匡. 成人におけるA20ハプロ不全症 リウマチ科. 2023.07; 70 (1): 119-122. ( 医中誌 )

  49. 細矢 匡, 馬場 洋行, 近藤 祐真, 保田 晋助. 炎症性疾患の発症・再燃を予防する新規薬剤の開発 臨床薬理の進歩. 2023.06; (44): 11-22. ( 医中誌 )

  50. 細矢 匡, 馬場 洋行, 近藤 祐真, 保田 晋助. 炎症性疾患の発症・再燃を予防する新規薬剤の開発 臨床薬理の進歩. 2023.06; (44): 11-22. ( 医中誌 )

  51. 川田 大介, 細矢 匡, 保田 晋助. 【全身性エリテマトーデス(SLE)と臓器障害】抗リン脂質抗体症候群 臨床免疫・アレルギー科. 2023.04; 79 (4): 405-411. ( 医中誌 )

  52. 川田 大介, 細矢 匡, 保田 晋助. 抗リン脂質抗体症候群—Antiphospholipid syndrome—特集 全身性エリテマトーデス(SLE)と臓器障害 臨床免疫・アレルギー科 = Clinical immunology & allergology / 臨床免疫・アレルギー科編集委員会 編. 2023.04; 79 (4): 405-411.

  53. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 庭野 智子, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, 山本 晃央, 岩井 秀之, 保田 晋助. COVID-19関連血栓症と抗リン脂質抗体の関連 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2023.03; 67回 851. ( 医中誌 )

  54. 梅澤 夏佳, 藤本 穣, 木村 直樹, 長谷川 久紀, 細矢 匡, 上阪 等, 仲 哲治, 保田 晋助. 大型血管炎の診断 大血管炎のバイオマーカーとしての血清leucine-rich alpha-2 glycoproteinの有用性 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2023.03; 67回 521. ( 医中誌 )

  55. 川田 大介, 岩井 秀之, 大庭 聖也, 小宮 陽仁, 細矢 匡, 保田 晋助. リウマチ性疾患におけるCOVID19感染症の基礎研究 SARS-CoV-2 S蛋白は由来株によるCOVID-19重症度を反映してマクロファージを直接活性化する 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2023.03; 67回 704. ( 医中誌 )

  56. 小宮 陽仁, 神谷 麻理, 川田 大介, 大庭 聖也, 岩井 秀之, 細矢 匡, 保田 晋助. リウマチ性疾患におけるCOVID19感染症の基礎研究 COVID-19の肺障害はFAS依存性の肺胞上皮細胞の細胞死により重症化する 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2023.03; 67回 703. ( 医中誌 )

  57. 内田 嶺花, 齋藤 鉄也, 梅澤 夏佳, 庭野 智子, 細矢 匡, 保田 晋助. VEXAS症候群などの後天性自己炎症症候群 VEXAS症候群2症例の長期経過 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2023.03; 67回 734. ( 医中誌 )

  58. Nomura Manami, Sugihara Takahiko, Baba Hiroyuki, Ishizaki Tatsuro, Hosoya Tadashi, Kamiya Mari, Matsumoto Takumi, Kubo Kanae, Hirano Fumio, Kojima Masayo, Miyasaka Nobuyuki, Yasuda Shinsuke, Harigai Masayoshi. Long-term Outcome of a Treat-to-target Strategy in Elderly-onset Rheumatoid Arthritis with Chronic Lung Diseases ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2022.09; 74 3960-3962.

  59. 細矢 匡. 滑膜線維芽細胞におけるCDK4/6阻害の軟骨保護効果 リウマチ科. 2022.09; 68 (3): 341-348. ( 医中誌 )

  60. 細矢 匡. 滑膜線維芽細胞におけるCDK4/6阻害の軟骨保護効果 リウマチ科. 2022.09; 68 (3): 341-348. ( 医中誌 )

  61. 細矢 匡. 滑膜線維芽細胞におけるCDK4/6阻害の軟骨保護効果 リウマチ科. 2022.09; 68 (3): 341-348. ( 医中誌 )

  62. 野田 聖二, 細矢 匡, 保田 晋助. 【リウマチ性疾患における加齢を考える】年齢を考慮したリウマチ性多発筋痛症・巨細胞性動脈炎のマネジメント リウマチ科. 2022.08; 68 (2): 186-192. ( 医中誌 )

  63. 野田 聖二, 細矢 匡, 保田 晋助. 【リウマチ性疾患における加齢を考える】年齢を考慮したリウマチ性多発筋痛症・巨細胞性動脈炎のマネジメント リウマチ科. 2022.08; 68 (2): 186-192. ( 医中誌 )

  64. 野田 聖二, 細矢 匡, 保田 晋助. 【リウマチ性疾患における加齢を考える】年齢を考慮したリウマチ性多発筋痛症・巨細胞性動脈炎のマネジメント リウマチ科. 2022.08; 68 (2): 186-192. ( 医中誌 )

  65. 細矢 匡. 【膠原病・リウマチ診療における薬剤使用上の注意】IL-6阻害薬(生物学的製剤) リウマチ科. 2022.07; 68 (1): 51-57. ( 医中誌 )

  66. 細矢 匡. 【膠原病・リウマチ診療における薬剤使用上の注意】IL-6阻害薬(生物学的製剤) リウマチ科. 2022.07; 68 (1): 51-57. ( 医中誌 )

  67. 細矢 匡. 【膠原病・リウマチ診療における薬剤使用上の注意】IL-6阻害薬(生物学的製剤) リウマチ科. 2022.07; 68 (1): 51-57. ( 医中誌 )

  68. Oba S., Hosoya T., Kawata D., Lee W., Kamiya M., Komiya Y., Iwai H., Nukui Y., Tohda S., Yasuda S.. SARS-COV-2 INFECTION CAUSED THROMBOSIS IN THE LUPUS MODEL WITH ANTIPHOSPHOLIPID ANTIBODY, WHEREAS COVID-19 ASSOCIATED THROMBOSIS WAS IRRELEVANT IN PATIENTS WITH POSITIVE ANTIPHOSPHOLIPID ANTIBODY ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2022.06; 81 331-332. ( DOI )

  69. Sugihara T., Ishizaki T., Baba H., Matsumoto T., Kubo K., Kamiya M., Hirano F., Hosoya T., Kojima M., Miyasaka N., Harigai M.. ASSOCIATED FACTORS WITH PHYSICAL DYSFUNCTION OF ELDERLY-ONSET RHEUMATOID ARTHRITIS TREATED WITH A TREAT-TO-TARGET STRATEGY ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2022.06; 81 520. ( DOI )

  70. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 佐々木 広和, 小宮 陽仁, 神谷 真理, Lee Wen Shi, 岩井 秀之, 保田 晋助. 日本人集団におけるCOVID-19血栓症の臨床像と抗リン脂質抗体の関連 日本血栓止血学会誌. 2022.05; 33 (2): 267. ( 医中誌 )

  71. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 佐々木 広和, 小宮 陽仁, 神谷 真理, Lee Wen Shi, 岩井 秀之, 保田 晋助. 日本人集団におけるCOVID-19血栓症の臨床像と抗リン脂質抗体の関連 日本血栓止血学会誌. 2022.05; 33 (2): 267. ( 医中誌 )

  72. 小宮 陽仁, 細矢 匡, 保田 晋助. 【関節リウマチの治療の現状と問題点】COVID-19治療中の関節リウマチ治療 リウマチ科. 2022.04; 67 (4): 432-439. ( 医中誌 )

  73. 小宮 陽仁, 細矢 匡, 保田 晋助. 【関節リウマチの治療の現状と問題点】COVID-19治療中の関節リウマチ治療 リウマチ科. 2022.04; 67 (4): 432-439. ( 医中誌 )

  74. 川田 大介, 細矢 匡, 保田 晋助. 【ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)の病態・診断・治療】COVID-19とHIT様病態 炎症と免疫. 2022.04; 30 (3): 248-253. ( 医中誌 )

  75. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, Lee Wen Shi, 岩井 秀之, 保田 晋助. リウマチ性疾患におけるCOVID-19感染症 COVID-19における抗リン脂質抗体と臨床像の特徴 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2022.03; 66回 359. ( 医中誌 )

  76. 細矢 匡, 齋藤 鉄也, 馬場 洋行, 田中 奈緒, 野田 聖二, 小宮 陽仁, 田川 泰寛, 山本 晃央, 保田 晋助. リウマチ性疾患の基礎研究 細胞周期制御分子CDK4/6の阻害は転写因子JUNの安定性制御を介して軟骨保護作用を発揮する 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2022.03; 66回 342. ( 医中誌 )

  77. 細矢 匡, 齋藤 鉄也, 馬場 洋行, 田中 奈緒, 野田 聖二, 小宮 陽仁, 田川 泰寛, 山本 晃央, 保田 晋助. リウマチ性疾患の基礎研究 細胞周期制御分子CDK4/6の阻害は転写因子JUNの安定性制御を介して軟骨保護作用を発揮する 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2022.03; 66回 342. ( 医中誌 )

  78. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, Lee Wen Shi, 岩井 秀之, 保田 晋助. リウマチ性疾患におけるCOVID-19感染症 COVID-19における抗リン脂質抗体と臨床像の特徴 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2022.03; 66回 359. ( 医中誌 )

  79. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, 岩井 秀之, 保田 晋助. COVID-19における血栓症の予測因子と特徴に関する後方視的コホート研究 日本内科学会雑誌. 2022.02; 111 (Suppl.): 188. ( 医中誌 )

  80. 大内 修司, 馬渕 卓, 木山 晃希, 後藤 夕輝, 鈴木 里彩, 吉田 尚子, 赤石 雄, 細矢 匡, 山田 徹, 山脇 正永. リウマチ性多発筋痛症の1例 日本内科学会関東地方会. 2022.02; 675回 46. ( 医中誌 )

  81. 馬場 洋行, 細矢 匡, 近藤 佑真, 石田 良典, 初澤 早貴, 影近 弘之, 保田 晋助. High-throughput screeningで見出した新規NF-κB抑制性化合物の動物モデルにおける抗炎症作用の検討 日本臨床薬理学会学術総会抄録集. 2022; 43 3-C-O09-4. ( DOI )

  82. 川田大介, 細矢匡, 河本亜美, 梅澤夏佳, 長谷川久紀, 木村直樹, 岩井秀之, 岡本隆一, 保田晋助. 新規のexon変異を伴うMEFV遺伝子関連腸炎の一例 日本免疫不全・自己炎症学会雑誌(Web). 2022; 1 (2): 77. ( 医中誌 )

  83. 保田 晋助, 大庭 聖也, 細矢 匡. COVID-19による血栓症について インフルエンザ. 2021.10; 22 (3): 165-169. ( 医中誌 )

  84. 保田 晋助, 大庭 聖也, 細矢 匡. COVID-19による血栓症について インフルエンザ. 2021.10; 22 (3): 165-169. ( 医中誌 )

  85. 細矢 匡, 斉藤 鉄也, 馬場 洋行, 田中 奈緒, 野田 聖二, 小宮 陽仁, 田川 泰寛, 山本 晃央, 保田 晋助. 全身性自己免疫疾患の新たな病態 細胞周期制御分子CDK4/6は転写因子JUNの安定性制御を介してリウマチ滑膜線維芽細胞のサイトカイン産生能を調節する 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2021.10; 49回 53. ( 医中誌 )

  86. Hosoya Tadashi, Saito Tetsuya, Baba Hiroyuki, Tanaka Nao, Noda Seiji, Komiya Yoji, Tagawa Yasuhiro, Yamamoto Akio, Yasuda Shinsuke. Cyclin Dependent Kinase 4 and 6 Determine the Cytokine Responsiveness by Stabilizing JUN in Rheumatoid Arthritis Synovial Fibroblasts ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2021.09; 73 17-18.

  87. 細矢 匡, 杉原 毅彦, 保田 晋助. リウマチ性多発筋痛症におけるdrug-free remissionを可能にする新たな治療法 リウマチ科. 2021.07; 66 (1): 113-124. ( 医中誌 )

  88. 近藤 文彬, 杉原 毅彦, 梅澤 夏佳, 長谷川 久紀, 細矢 匡, 木村 直樹, 溝口 史高, 森 雅亮, 保田 晋助. 成人スチル病の治療 治療導入初期の成人発症Still病に対する副腎皮質ステロイド療法における治療反応不良因子の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2021.03; 65回 430. ( 医中誌 )

  89. 松本 拓実, 細矢 匡, 馬場 洋行, 土田 真吏奈, 神谷 麻理, 小宮 陽仁, 平野 史生, 久保 かなえ, 杉原 毅彦. 関節リウマチの治療:観察研究 75歳以上のMTXナイーブ高齢発症RA患者に対する低疾患活動性を目標としたtreat-to-targetの治療成績の検討 CRANEコホート 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2021.03; 65回 337. ( 医中誌 )

  90. 馬場 洋行, 細矢 匡, 保田 晋助. ステロイドに代わる新たなNF-κB抑制性化合物の探索 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2020.10; 48回 121. ( 医中誌 )

  91. 小宮 陽仁, 杉原 毅彦, 平野 史生, 神谷 麻理, 松本 拓実, 佐々木 広和, 山本 晃央, 細矢 匡, 岩井 秀之, 保田 晋助, 森 雅亮, 當間 重人, 松井 利浩. 低疾患活動性を達成した関節リウマチ患者の身体機能低下関連因子の年齢による変化 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2020.10; 48回 118. ( 医中誌 )

  92. 小宮 陽仁, 杉原 毅彦, 平野 史生, 神谷 麻理, 松本 拓実, 佐々木 広和, 山本 晃央, 細矢 匡, 岩井 秀之, 保田 晋助, 森 雅亮, 當間 重人, 松井 利浩. 低疾患活動性を達成した関節リウマチ患者の身体機能低下関連因子の年齢による変化 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2020.10; 48回 118. ( 医中誌 )

  93. 細矢 匡. 【高齢発症関節リウマチ(EORA)の病態と治療】感染症予防対策 リウマチ科. 2020.09; 64 (3): 282-289. ( 医中誌 )

  94. 細矢 匡. 関節リウマチのHBEGF陽性のマクロファージが線維芽細胞の浸潤能を誘導する リウマチ科. 2020.03; 63 (3): 317-324. ( 医中誌 )

  95. 庭野 智子, 細矢 匡, 溝口 史高, 今井 耕輔, 森尾 友宏, 小池 竜司. 冠動脈病変による心筋梗塞を契機に診断したA20ハプロ不全症の一成人例 日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム・抄録集. 2019.12; 30回 52. ( 医中誌 )

  96. 細矢 匡, 齋藤 鉄也, 田川 泰寛, 山本 晃央, 川畑 仁人, 宮坂 信之, 上阪 等. CDK4/6酵素活性はAP-1構成因子c-JunとFra1の安定性低下を介してAP-1の転写活性を制御する 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2019.03; 63回 601. ( 医中誌 )

  97. 大庭 聖也, 細矢 匡, 田中 奈緒, 上阪 等. 多発性硬化症合併の関節リウマチにトファシチニブが有効であった症例 関東リウマチ. 2019.03; 52 32-34. ( 医中誌 )

  98. 細矢 匡. High-throughput screeningによる新たなNF-κB抑制性化合物の探索 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2018.11; 46回 116. ( 医中誌 )

  99. 細矢 匡. High-throughput screeningによる新たなNF-κB抑制性化合物の探索 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2018.11; 46回 103. ( 医中誌 )

  100. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 宮坂 信之, 上阪 等. リウマチ性疾患の基礎研究/サイトカイン・ケモカイン 関節リウマチ新規治療標的としてのSiglec 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2017.03; 61回 589. ( 医中誌 )

  101. 細矢 匡. 【厚生労働省指定難病の診断基準と重症度】多発性筋炎・皮膚筋炎 分子リウマチ治療. 2017.01; 10 (1): 6-9. ( 医中誌 )

  102. 高田 秀人, 細矢 匡, 木村 直樹, 川畑 仁人, 上阪 等. 多発性筋炎関連血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)にリツキシマブが奏効した症例 関東リウマチ. 2016.03; (49): 62-69. ( 医中誌 )

  103. 高田 秀人, 細矢 匡, 木村 直樹, 川畑 仁人, 上阪 等. 多発性筋炎関連血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)にリツキシマブが奏効した症例 関東リウマチ. 2016.03; 49 62-69. ( 医中誌 )

  104. 細矢 匡. 全身性自己免疫難病の診断・重症度基準アップデート 多発性筋炎・皮膚筋炎 炎症と免疫. 2015.10; 23 (6): 12-15.

  105. 細矢 匡. 【全身性自己免疫難病の診断・重症度基準アップデート】多発性筋炎・皮膚筋炎 炎症と免疫. 2015.10; 23 (6): 512-516. ( 医中誌 )

  106. 細矢 匡, 上阪 等. 【自己免疫疾患-新たな発症メカニズムと治療戦略】(第3章)自己免疫抑制のためのテクノロジーと治療戦略 細胞周期制御療法と抗サイトカイン療法の併用による関節炎の新規治療戦略 実験医学. 2015.08; 33 (12): 1992-1998. ( 医中誌 )

  107. 細矢 匡, 上阪 等. 細胞周期制御療法と抗サイトカイン療法の併用による関節炎の新規治療戦略 実験医学増刊. 2015.07; 33 (12): 140-146.

  108. 細矢 匡、上阪 等. 細胞周期制御療法と抗サイトカイン療法の併用による関節炎の新規治療戦略 実験医学. 2015; 33 (12): 1992-1998.

  109. 細矢 匡. キナーゼ阻害によるリウマチ性疾患の治療 - 現在と未来 - CDK 分子リウマチ治療. 2014.11; 7 (4): 202-206.

  110. 細矢 匡. 【キナーゼ阻害によるリウマチ性疾患の治療-現在と未来-】CDK 分子リウマチ治療. 2014.10; 7 (4): 202-206. ( 医中誌 )

  111. Tadashi Hosoya, Nobuyuki Miyasaka. [TNF and TNF receptor signaling pathway]. Nippon Rinsho. 2012.11; 70 Suppl 8 186-191. ( PubMed )

  112. 細矢 匡, 宮坂 信之. 【分子標的薬-がんから他疾患までの治癒をめざして-】基礎研究 分子標的薬の作用機序・薬理作用 免疫炎症関連標的分子・標的経路 TNFと受容体経路 日本臨床. 2012.11; 70 (増刊8 分子標的薬): 186-191. ( 医中誌 )

  113. 細矢 匡, 上阪 等. CDK阻害薬の発見から臨床応用の可能性まで 炎症と免疫. 2012.04; 12 (3):

  114. 細矢 匡, 上阪 等. 【低分子抗炎症薬の進歩】CDK阻害薬の発見から臨床応用の可能性まで 炎症と免疫. 2012.04; 20 (3): 278-283. ( 医中誌 )

  115. 細矢 匡, 横山 和佳, 神田 直, 増田 義重, 杉原 毅彦. 中枢神経ループス、ループス肺臓炎、血球貪食症候群で発症した高齢発症SLEの一例 関東リウマチ. 2011.03; 44 107-115. ( 医中誌 )

  116. 木原 まり, 木村 直樹, 細矢 匡, 杉原 毅彦, 増田 義重, 稲松 孝思. 低補体血症が疾患活動性の指標となりシクロホスファミドが有効であったIgG4関連自己免疫性膵炎と後腹膜線維症の一例 関東リウマチ. 2010.03; 43 173-181. ( 医中誌 )

  117. 細矢 匡, 南木 敏宏, 尾上 育美, 長坂 憲治, 窪田 哲朗, 針谷 正祥, 赤星 透, 宮坂 信之. 黄色ブドウ球菌による全身性多発膿瘍を認めたが、CRP陰性で抗IL-6抗体が同定された悪性関節リウマチの一例 関東リウマチ. 2010.03; 43 17-24. ( 医中誌 )

  118. 青島 正大, 青柳 佳樹, 細矢 匡. 【高齢者呼吸器疾患の病態と治療・管理】高齢者市中肺炎の診断と治療 呼吸器科. 2007.12; 12 (6): 491-498. ( 医中誌 )

  119. Diverse pro-inflammatory ability of mutated spike protein derived from variant strains of SARS-CoV-2 2024.06; ( DOI )

  120. Anti-Inflammatory Effects of a Novel Nuclear Factor–κB Inhibitory Derivative Derived from Pyrazolo[3,4-d]Pyrimidine in Three Inflammation Models 2024.03; ( DOI )

  121. 小宮陽仁, 細矢匡. 精神疾患と神経炎症 膠原病とCOVID-19に伴う精神症状 臨床精神医学. 2024; 53 (4):

  122. Effectiveness and safety of treat-to-target strategy for methotrexate-naïve rheumatoid arthritis patients >75 years of age 2023.12; ( DOI )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 細矢 匡. 【高齢発症関節リウマチ(EORA)の病態と治療】感染症予防対策. (有)科学評論社, 2020.09 リウマチ科

  2. 細矢 匡. 関節リウマチのHBEGF陽性のマクロファージが線維芽細胞の浸潤能を誘導する. (有)科学評論社, 2020.03 リウマチ科

  3. 細矢匡. カリフォルニア大学サンディエゴ校Mooresがんセンター留学記. 2018.09

  4. 細矢 匡. 【厚生労働省指定難病の診断基準と重症度】 多発性筋炎・皮膚筋炎. (株)先端医学社, 2017.01 分子リウマチ治療

  5. 細矢 匡. 免疫病動物モデルの特長と限界(第1回) 関節リウマチ動物モデル. (株)先端医学社, 2016.12 炎症と免疫

  6. 細矢 匡. 膠原病・リウマチ・アレルギー研修ノート. 診断と治療社, 2016.04 専門医,サブスペシャリティをめざすための勉強法(リウマチ・膠原病)

  7. 細矢 匡, 上阪 等. 【自己免疫疾患-新たな発症メカニズムと治療戦略】 (第3章)自己免疫抑制のためのテクノロジーと治療戦略 細胞周期制御療法と抗サイトカイン療法の併用による関節炎の新規治療戦略. (株)羊土社, 2015.08 実験医学

  8. 細矢 匡. 【キナーゼ阻害によるリウマチ性疾患の治療-現在と未来-】 CDK. (株)先端医学社, 2014.10 分子リウマチ治療

  9. 細矢 匡, 宮坂 信之. 【分子標的薬-がんから他疾患までの治癒をめざして-】 基礎研究 分子標的薬の作用機序・薬理作用 免疫炎症関連標的分子・標的経路 TNFと受容体経路. (株)日本臨床社, 2012.11 日本臨床

  10. 細矢 匡, 上阪 等. 【低分子抗炎症薬の進歩】 CDK阻害薬の発見から臨床応用の可能性まで. (株)先端医学社, 2012.04 炎症と免疫

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Baba Hiroyuki, Hosoya Tadashi, Kondo Yuma, Ishida Ryosuke, Hatsuzawa Saki, Kagechika Hiroyuki, Yasuda Shinsuke. Cytokines and Chemokines-1(Anti-inflammatory effects of novel NF-κB inhibitory compounds in two inflammatory animal models). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2022.11.01

  2. Hosoya Tadashi, Oba Seiya, Komiya Yoji, Kawata Daisuke, Kamiya Mari, Iwai Hideyuki, Miyamoto Sho, Kanno Takayuki, Ainai Akira, Suzuki Tadaki, Hasegawa Hideki, Yasuda Shinsuke. Infection and Immunity II(The underlying mechanism of the deterioration in obese patients with COVID-19). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2022.11.01

  3. Hosoya Tadashi, Oba Seiya, Komiya Yoji, Kawata Daisuke, Kamiya Mari, Iwai Hideyuki, Miyamoto Sho, Kanno Takayuki, Ainai Akira, Suzuki Tadaki, Hasegawa Hideki, Yasuda Shinsuke. 感染と免疫II COVID-19の肥満患者における悪化の根本的なメカニズム(Infection and Immunity II The underlying mechanism of the deterioration in obese patients with COVID-19). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2022.11.01

  4. Baba Hiroyuki, Hosoya Tadashi, Kondo Yuma, Ishida Ryosuke, Hatsuzawa Saki, Kagechika Hiroyuki, Yasuda Shinsuke. サイトカインとケモカイン-1 二つの炎症性動物モデルにおける新規NF-κB阻害化合物の抗炎症作用(Cytokines and Chemokines-1 Anti-inflammatory effects of novel NF-κB inhibitory compounds in two inflammatory animal models). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2022.11.01

  5. Seiya Oba, Tadashi Hosoya, Shinsuke Yasuda. Arterial and venous thrombosis complicated in COVID-19; a retrospective single center analysis in Japan. The 50th Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology 2021.12.09

  6. Tadashi Hosoya, Yasuhiro Tagawa, Hiroyuki Baba, Seiji Noda, Shinsuke Yasuda. Cyclin Dependent Kinase 4 and 6 Determine the Cytokine Responsiveness by Stabilizing JUN in Rheumatoid Arthritis Synovial Fibroblasts.. ACR Convergence 2021 2021.11.06

  7. Oba Seiya, Hosoya Tadashi, Yasuda Shinsuke. Arterial and venous thrombosis complicated in COVID-19: a retrospective single center analysis in Japan(和訳中). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2021.11.01

  8. Hosoya Tadashi, Tagawa Yasuhiro, Baba Hiroyuki, Noda Seiji, Yasuda Shinsuke. The active cyclin dependent kinase 4 and 6 contributed in the MMP-1/3 productions by stabilizing JUN in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts(和訳中). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2021.11.01

  9. Noda Seiji, Hosoya Tadashi, Tagawa Yasuhiro, Yasuda Shinsuke. Remarkable osteogenic and chondrogenic potentials in CD34+ THY1+ synovial fibroblast subest(和訳中). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2021.11.01

  10. Noda Seiji, Hosoya Tadashi, Tagawa Yasuhiro, Yasuda Shinsuke. CD34+THY1+滑膜線維芽細胞サブセットにおける著明な骨形成能と軟骨形成能(Remarkable osteogenic and chondrogenic potentials in CD34+ THY1+ synovial fibroblast subest). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2021.11.01

  11. Hosoya Tadashi, Tagawa Yasuhiro, Baba Hiroyuki, Noda Seiji, Yasuda Shinsuke. 関節リウマチ滑膜線維芽細胞においてサイクリン依存性キナーゼ4および6の活性化はJUNを安定化させることによりMMP-1/3産生に寄与している(The active cyclin dependent kinase 4 and 6 contributed in the MMP-1/3 productions by stabilizing JUN in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2021.11.01

  12. Oba Seiya, Hosoya Tadashi, Yasuda Shinsuke. COVID-19に合併した動脈および静脈血栓症 日本における後向き単施設解析(Arterial and venous thrombosis complicated in COVID-19: a retrospective single center analysis in Japan). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2021.11.01

  13. Noda Seiji, Hosoya Tadashi, Tagawa Yasuhiro, Yasuda Shinsuke. CD34+THY1+滑膜線維芽細胞サブセットにおける著明な骨形成能と軟骨形成能(Remarkable osteogenic and chondrogenic potentials in CD34+ THY1+ synovial fibroblast subest). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2021.11.01

  14. Oba Seiya, Hosoya Tadashi, Yasuda Shinsuke. COVID-19に合併した動脈および静脈血栓症 日本における後向き単施設解析(Arterial and venous thrombosis complicated in COVID-19: a retrospective single center analysis in Japan). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2021.11.01

  15. Hosoya Tadashi, Tagawa Yasuhiro, Baba Hiroyuki, Noda Seiji, Yasuda Shinsuke. 関節リウマチ滑膜線維芽細胞においてサイクリン依存性キナーゼ4および6の活性化はJUNを安定化させることによりMMP-1/3産生に寄与している(The active cyclin dependent kinase 4 and 6 contributed in the MMP-1/3 productions by stabilizing JUN in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2021.11.01

  16. Noda Seiji, Hosoya Tadashi, Tagawa Yasuhiro, Yasuda Shinsuke. CD34+THY1+滑膜線維芽細胞サブセットにおける著明な骨形成能と軟骨形成能(Remarkable osteogenic and chondrogenic potentials in CD34+ THY1+ synovial fibroblast subest). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2021.11.01

  17. Oba Seiya, Hosoya Tadashi, Yasuda Shinsuke. COVID-19に合併した動脈および静脈血栓症 日本における後向き単施設解析(Arterial and venous thrombosis complicated in COVID-19: a retrospective single center analysis in Japan). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2021.11.01

  18. Hosoya Tadashi, Tagawa Yasuhiro, Baba Hiroyuki, Noda Seiji, Yasuda Shinsuke. 関節リウマチ滑膜線維芽細胞においてサイクリン依存性キナーゼ4および6の活性化はJUNを安定化させることによりMMP-1/3産生に寄与している(The active cyclin dependent kinase 4 and 6 contributed in the MMP-1/3 productions by stabilizing JUN in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2021.11.01

  19. Tadashi Hosoya, Hiroyuki Baba, Shinsuke Yasuda, Maripat Corr. Novel compound that impacts migration and chemokine production via NFkB suppressing activity. 日本リウマチ学会総会 International Concurrent Workshop 2021.04.28

  20. Identification of Small Molecules with Efficacy as Steroid Sparing Suppression of Chemokine and Cytokine Production by Rheumatoid Arthritis Fibroblast-like Synoviocytes. 2020.10.01

  21. Three Year Outcomes of Patients with Elderly-Onset Rheumatoid Arthritis Treated with a Therapeutic Strategy Targeting Low Disease Activity, and Impact of Adverse Events on Physical Function. 2018.09.01

  22. Oku Kenji, Atsumi Tatsuya, Akiyama Yuji, Amano Hirofumi, Azuma Naoto, Bohgaki Toshiyuki, Funakubo Asanuma Yu, Horita Tetsuya, Hosoya Tadashi, Ichinose Kunihiro, Kato Masaru, Katsumata Yasuhiro, Kawaguchi Yasushi, Kawakami Atsushi, Koga Tomohiro, Kohsaka Hitoshi, Kondo Yuya, Kubo Kanae, Kuwana Masataka, Mimori Akio, Mimori Tsuneyo, Mimura Toshihide, Murakami Kosaku, Nakano Kazuhisa, Nakayamada Shingo, Ogishima Hiroshi, Ohmura Kazumasa, Saito Kazuyoshi, Sano Hajime, Shibuya Mihoko, Takahashi Yuko, Takasaki Yoshinari, Takeuchi Tsutomu, Tamura Naoto, Tanaka Yoshiya, Tsuboi Hiroto, Tsunoda Shinichiro, Yukawa Naoichiro, Yamakawa Noriyuki, Yamamoto Kazuhiko, Sumida Takayuki. Systemic Lupus International Collaborating Clinics(SLICC)によって確立された全身性エリテマトーデスの代替分類基準の評価(Evaluation of the alternative classification criteria of systemic lupus erythematosus established by Systemic Lupus International Collaborating Clinics(SLICC)). Modern Rheumatology 2018.07.01

  23. Corr Maripat, Woller Sarah, Hosoya Tadashi, Hayashi Tomoko, Messer Karen, Pu Minya, Shukla Nikula, Cottam Howard, Yaksh Tony, Carson Dennis. Systemic immune diseases Paradoxical Modulation Strategies for Systemic Autoimmune Diseases(和訳中). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2017.12.01

  24. Corr Maripat, Woller Sarah, Hosoya Tadashi, Hayashi Tomoko, Messer Karen, Pu Minya, Shukla Nikula, Cottam Howard, Yaksh Tony, Carson Dennis. 全身性免疫疾患 全身性自己免疫疾患に対する奇異な制御法(Systemic immune diseases Paradoxical Modulation Strategies for Systemic Autoimmune Diseases). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2017.12.01

  25. Corr Maripat, Woller Sarah, Hosoya Tadashi, Hayashi Tomoko, Messer Karen, Pu Minya, Shukla Nikula, Cottam Howard, Yaksh Tony, Carson Dennis. 全身性免疫疾患 全身性自己免疫疾患に対する奇異な制御法(Systemic immune diseases Paradoxical Modulation Strategies for Systemic Autoimmune Diseases). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2017.12.01

  26. Corr Maripat, Woller Sarah, Hosoya Tadashi, Hayashi Tomoko, Messer Karen, Pu Minya, Shukla Nikula, Cottam Howard, Yaksh Tony, Carson Dennis. 全身性免疫疾患 全身性自己免疫疾患に対する奇異な制御法(Systemic immune diseases Paradoxical Modulation Strategies for Systemic Autoimmune Diseases). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2017.12.01

  27. Corr Maripat, Woller Sarah, Hosoya Tadashi, Hayashi Tomoko, Messer Karen, Pu Minya, Shukla Nikula, Cottam Howard, Yaksh Tony, Carson Dennis. 全身性免疫疾患 全身性自己免疫疾患に対する奇異な制御法(Systemic immune diseases Paradoxical Modulation Strategies for Systemic Autoimmune Diseases). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2017.12.01

  28. Tadashi Hosoya, Fumi Sato-Kaneko, Alast Ahmadi, Shiyin Yao, Fitzgerald S Lao, Takaji Matsutani, Dennis A Carson, Tomoko Hayashi. Immunotherapy with a phospholipid-conjugated TLR7 ligand prevents lung metastasis. La Jolla immunology conference 2017.10.18

  29. Kusuda Takeshi, Hosoya Tadashi, Mori Takayasu, Ihara Katsuhito, Nishida Hidenori, Chiga Motoko, Sohara Eisei, Rai Tatemitsu, Koike Ryuji, Uchida Shinichi, Kohsaka Hitoshi. SLC12A3ヘテロ接合変異を有する抗SSA抗体陽性患者における後天性Gitelman症候群(Acquired Gitelman Syndrome in an Anti-SSA Antibody-positive Patient with a SLC12A3 Heterozygous Mutation). Internal Medicine 2016.11.01

  30. Hosoya Tadashi, Mizoguchi Fumitaka, Hasegawa Hisanori, Miura Keiko, Koike Ryuji, Kubota Tetsuo, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. TNFRSF1A遺伝子変異を認めず、トシリズマブ投与が奏効した、腫瘍壊死因子(TNF)受容体関連周期性症候群(TRAPS)の臨床的特徴を示す1症例. Internal Medicine 2015.08.01

  31. Tadashi Hosoya, Kimito Kawahata,Hideyuki Iwai, Hitoshi Kohsaka. Cell cycle regulation therapy, when combined with TNF blockade, exerted significant therapeutic effects even in the late stage of a rheumatoid arthritis model. ACR/ARHP Annual Meeting 2014.11.18 Boston

  32. The Combination Therapy of Cell Cycle Regulation Therapy Combined and TNF Blockade Ameliorated the Established Arthritis.. 2014.10.01

  33. Tadashi Hosoya, Hideyuki Iwai, Yu Yamaguchi, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka. Cell cycle regulation therapy combined with cytokine blockade enhances anti-arthritic effects without increase of immune suppression.. 58th Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology 2014.04.24 Tokyo

  34. Hosoya Tadashi, Iwai Hideyuki, Yamaguchi Yu, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. 関節リウマチの治療 新しい治療薬 サイトカイン阻害と併用した細胞周期調節療法は免疫抑制を増加させることなく関節炎抑制作用を増強する(Cell cycle regulation therapy combined with cytokine blockade enhances anti-arthritic effects without increase of immune suppression). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  35. Hosoya Tadashi, Iwai Hideyuki, Yamaguchi Yu, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. RA、病因 サイトカインの阻害と併用した細胞周期調節療法は免疫抑制を増強することなく関節炎抑制効果を増強する(RA, pathogenesis Cell cycle regulation therapy combined with cytokine blockade enhances anti-arthritic effects without increase of immune suppression). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  36. Hosoya Tadashi, Iwai Hideyuki, Yamaguchi Yu, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. RA、病因 サイトカインの阻害と併用した細胞周期調節療法は免疫抑制を増強することなく関節炎抑制効果を増強する(RA, pathogenesis Cell cycle regulation therapy combined with cytokine blockade enhances anti-arthritic effects without increase of immune suppression). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  37. Hosoya Tadashi, Iwai Hideyuki, Yamaguchi Yu, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. 関節リウマチの治療 新しい治療薬 サイトカイン阻害と併用した細胞周期調節療法は免疫抑制を増加させることなく関節炎抑制作用を増強する(Cell cycle regulation therapy combined with cytokine blockade enhances anti-arthritic effects without increase of immune suppression). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  38. Hosoya Tadashi, Iwai Hideyuki, Yamaguchi Yu, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. RA、病因 サイトカインの阻害と併用した細胞周期調節療法は免疫抑制を増強することなく関節炎抑制効果を増強する(RA, pathogenesis Cell cycle regulation therapy combined with cytokine blockade enhances anti-arthritic effects without increase of immune suppression). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  39. Hosoya Tadashi, Iwai Hideyuki, Yamaguchi Yu, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. 関節リウマチの治療 新しい治療薬 サイトカイン阻害と併用した細胞周期調節療法は免疫抑制を増加させることなく関節炎抑制作用を増強する(Cell cycle regulation therapy combined with cytokine blockade enhances anti-arthritic effects without increase of immune suppression). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  40. Hosoya Tadashi, Iwai Hideyuki, Yamaguchi Yu, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. RA、病因 サイトカインの阻害と併用した細胞周期調節療法は免疫抑制を増強することなく関節炎抑制効果を増強する(RA, pathogenesis Cell cycle regulation therapy combined with cytokine blockade enhances anti-arthritic effects without increase of immune suppression). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  41. Hosoya Tadashi, Iwai Hideyuki, Yamaguchi Yu, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. RA、病因 サイトカインの阻害と併用した細胞周期調節療法は免疫抑制を増強することなく関節炎抑制効果を増強する(RA, pathogenesis Cell cycle regulation therapy combined with cytokine blockade enhances anti-arthritic effects without increase of immune suppression). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  42. Hosoya Tadashi, Iwai Hideyuki, Yamaguchi Yu, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. 関節リウマチの治療 新しい治療薬 サイトカイン阻害と併用した細胞周期調節療法は免疫抑制を増加させることなく関節炎抑制作用を増強する(Cell cycle regulation therapy combined with cytokine blockade enhances anti-arthritic effects without increase of immune suppression). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  43. Hosoya Tadashi, Iwai Hideyuki, Yamaguchi Yu, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. RA、病因 サイトカインの阻害と併用した細胞周期調節療法は免疫抑制を増強することなく関節炎抑制効果を増強する(RA, pathogenesis Cell cycle regulation therapy combined with cytokine blockade enhances anti-arthritic effects without increase of immune suppression). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  44. Hosoya Tadashi, Iwai Hideyuki, Yamaguchi Yu, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. 関節リウマチの治療 新しい治療薬 サイトカイン阻害と併用した細胞周期調節療法は免疫抑制を増加させることなく関節炎抑制作用を増強する(Cell cycle regulation therapy combined with cytokine blockade enhances anti-arthritic effects without increase of immune suppression). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  45. Hosoya Tadashi, Iwai Hideyuki, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. サイトカイン遮断を併用した細胞周期調節療法は、免疫抑制増加を伴わずに抗関節炎効果を増強する(Cell cycle regulation therapy combined with cytokine blockade enhances anti-arthritic effects without increase of immune suppression). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2013.11.01

  46. Cell Cycle Regulation Therapy Combined With Cytokine Blockade Enhances Anti-Arthritic Effects Without Increase Of Immune Suppression. 2013.10.01

  47. Iwai Hideyuki, Hosoya Tadashi, Takenaka Kenchi, Murakami Yousuke, Miyasaka Nobuyuki, Hitoshi Kohsaka. 関節リウマチの新たな治療と評価 マウスTREM-1リガンドの機能解析およびヒトTREM-1リガンドの同定(Functional analysis of mouse TREM-1 ligand and identification of human TREM-1 ligand). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2012.11.01

  48. Iwai Hideyuki, Hosoya Tadashi, Takenaka Kenchi, Murakami Yousuke, Miyasaka Nobuyuki, Hitoshi Kohsaka. 関節リウマチの新たな治療と評価 マウスTREM-1リガンドの機能解析およびヒトTREM-1リガンドの同定(Functional analysis of mouse TREM-1 ligand and identification of human TREM-1 ligand). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2012.11.01

  49. Iwai Hideyuki, Hosoya Tadashi, Takenaka Kenchi, Murakami Yousuke, Miyasaka Nobuyuki, Hitoshi Kohsaka. 関節リウマチの新たな治療と評価 マウスTREM-1リガンドの機能解析およびヒトTREM-1リガンドの同定(Functional analysis of mouse TREM-1 ligand and identification of human TREM-1 ligand). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2012.11.01

  50. Iwai Hideyuki, Hosoya Tadashi, Takenaka Kenchi, Murakami Yousuke, Miyasaka Nobuyuki, Hitoshi Kohsaka. 関節リウマチの新たな治療と評価 マウスTREM-1リガンドの機能解析およびヒトTREM-1リガンドの同定(Functional analysis of mouse TREM-1 ligand and identification of human TREM-1 ligand). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2012.11.01

  51. Iwai Hideyuki, Hosoya Tadashi, Takenaka Kenchi, Murakami Yousuke, Miyasaka Nobuyuki, Hitoshi Kohsaka. 関節リウマチの新たな治療と評価 マウスTREM-1リガンドの機能解析およびヒトTREM-1リガンドの同定(Functional analysis of mouse TREM-1 ligand and identification of human TREM-1 ligand). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2012.11.01

  52. Treat-to-Target Strategy Aiming At Achievement of Structural and Functional Remission in Patients with Active Elderly-Onset Rheumatoid Arthritis.. 2012.10.01

  53. Hideyuki Iwai, Hosoya Tadashi, Murakami Yousuke, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. 関節リウマチ 関節炎治療標的としてのB細胞上のTREM-1リガンドの同定(Identification of the TREM-1 ligand on B lymphocytes as a therapeutic target of arthritis). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2011.11.01

  54. Hideyuki Iwai, Hosoya Tadashi, Murakami Yousuke, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. 関節リウマチ 関節炎治療標的としてのB細胞上のTREM-1リガンドの同定(Identification of the TREM-1 ligand on B lymphocytes as a therapeutic target of arthritis). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2011.11.01

  55. Hideyuki Iwai, Hosoya Tadashi, Murakami Yousuke, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. 関節リウマチ 関節炎治療標的としてのB細胞上のTREM-1リガンドの同定(Identification of the TREM-1 ligand on B lymphocytes as a therapeutic target of arthritis). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2011.11.01

  56. Hideyuki Iwai, Hosoya Tadashi, Murakami Yousuke, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. 関節リウマチ 関節炎治療標的としてのB細胞上のTREM-1リガンドの同定(Identification of the TREM-1 ligand on B lymphocytes as a therapeutic target of arthritis). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2011.11.01

  57. Hideyuki Iwai, Hosoya Tadashi, Murakami Yousuke, Miyasaka Nobuyuki, Kohsaka Hitoshi. 関節リウマチ 関節炎治療標的としてのB細胞上のTREM-1リガンドの同定(Identification of the TREM-1 ligand on B lymphocytes as a therapeutic target of arthritis). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2011.11.01

  58. Kaneko Kayoko, Nanki Toshihiro, Hosoya Tadashi, Mizoguchi Fumitaka, Miyasaka Nobuyuki. 関節リウマチ患者2例におけるエタネルセプトで誘発された壊死性半月体形成性糸球体腎炎(Etanercept-induced necrotizing crescentic glomerulonephritis in two patients with rheumatoid arthritis). Modern Rheumatology 2010.12.01

  59. 板倉 卓司, 木村 直樹, 佐々木 広和, 細矢 匡, 保田 晋助. 成人膠原病患者におけるqPCR法によるTRECs/KRECs定量を用いたリンパ球新生能評価と、その治療前後での比較. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2023.10.01

  60. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 庭野 智子, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, 山本 晃央, 岩井 秀之, 保田 晋助. COVID-19関連血栓症と抗リン脂質抗体の関連. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.03.01

  61. 小宮 陽仁, 神谷 麻理, 川田 大介, 大庭 聖也, 岩井 秀之, 細矢 匡, 保田 晋助. リウマチ性疾患におけるCOVID19感染症の基礎研究 COVID-19の肺障害はFAS依存性の肺胞上皮細胞の細胞死により重症化する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.03.01

  62. 内田 嶺花, 齋藤 鉄也, 梅澤 夏佳, 庭野 智子, 細矢 匡, 保田 晋助. VEXAS症候群などの後天性自己炎症症候群 VEXAS症候群2症例の長期経過. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.03.01

  63. 川田 大介, 岩井 秀之, 大庭 聖也, 小宮 陽仁, 細矢 匡, 保田 晋助. リウマチ性疾患におけるCOVID19感染症の基礎研究 SARS-CoV-2 S蛋白は由来株によるCOVID-19重症度を反映してマクロファージを直接活性化する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.03.01

  64. 梅澤 夏佳, 藤本 穣, 木村 直樹, 長谷川 久紀, 細矢 匡, 上阪 等, 仲 哲治, 保田 晋助. 大型血管炎の診断 大血管炎のバイオマーカーとしての血清leucine-rich alpha-2 glycoproteinの有用性. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.03.01

  65. 馬場 洋行, 細矢 匡, 保田 晋助. リウマチ性疾患の基礎研究-3 High-throughput screeningで見出した新規NF-κB抑制性化合物の動物モデルにおける抗炎症作用の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.03.01

  66. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 庭野 智子, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, 山本 晃央, 岩井 秀之, 保田 晋助. COVID-19関連血栓症と抗リン脂質抗体の関連. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.03.01

  67. 梅澤 夏佳, 藤本 穣, 木村 直樹, 長谷川 久紀, 細矢 匡, 上阪 等, 仲 哲治, 保田 晋助. 大型血管炎の診断 大血管炎のバイオマーカーとしての血清leucine-rich alpha-2 glycoproteinの有用性. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.03.01

  68. 川田 大介, 岩井 秀之, 大庭 聖也, 小宮 陽仁, 細矢 匡, 保田 晋助. リウマチ性疾患におけるCOVID19感染症の基礎研究 SARS-CoV-2 S蛋白は由来株によるCOVID-19重症度を反映してマクロファージを直接活性化する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.03.01

  69. 小宮 陽仁, 神谷 麻理, 川田 大介, 大庭 聖也, 岩井 秀之, 細矢 匡, 保田 晋助. リウマチ性疾患におけるCOVID19感染症の基礎研究 COVID-19の肺障害はFAS依存性の肺胞上皮細胞の細胞死により重症化する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.03.01

  70. 内田 嶺花, 齋藤 鉄也, 梅澤 夏佳, 庭野 智子, 細矢 匡, 保田 晋助. VEXAS症候群などの後天性自己炎症症候群 VEXAS症候群2症例の長期経過. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.03.01

  71. 馬場 洋行, 細矢 匡, 近藤 佑真, 石田 良典, 初澤 早貴, 影近 弘之, 保田 晋助. High-throughput screeningで見出した新規NF-κB抑制性化合物の動物モデルにおける抗炎症作用の検討. 日本臨床薬理学会学術総会抄録集 2022.12.01

  72. 川田 大介, 細矢 匡, 河本 亜美, 梅澤 夏佳, 長谷川 久紀, 木村 直樹, 岩井 秀之, 岡本 隆一, 保田 晋助. 新規のexon変異を伴うMEFV遺伝子関連腸炎の一例. 日本免疫不全・自己炎症学会雑誌 2022.09.01

  73. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 佐々木 広和, 小宮 陽仁, 神谷 真理, Lee Wen Shi, 岩井 秀之, 保田 晋助. 日本人集団におけるCOVID-19血栓症の臨床像と抗リン脂質抗体の関連. 日本血栓止血学会誌 2022.05.01

  74. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 佐々木 広和, 小宮 陽仁, 神谷 真理, Lee Wen Shi, 岩井 秀之, 保田 晋助. 日本人集団におけるCOVID-19血栓症の臨床像と抗リン脂質抗体の関連. 日本血栓止血学会誌 2022.05.01

  75. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 佐々木 広和, 小宮 陽仁, 神谷 真理, Lee Wen Shi, 岩井 秀之, 保田 晋助. 日本人集団におけるCOVID-19血栓症の臨床像と抗リン脂質抗体の関連. 日本血栓止血学会誌 2022.05.01

  76. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, Lee Wen Shi, 岩井 秀之, 保田 晋助. リウマチ性疾患におけるCOVID-19感染症 COVID-19における抗リン脂質抗体と臨床像の特徴. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2022.03.01

  77. 細矢 匡, 齋藤 鉄也, 馬場 洋行, 田中 奈緒, 野田 聖二, 小宮 陽仁, 田川 泰寛, 山本 晃央, 保田 晋助. リウマチ性疾患の基礎研究 細胞周期制御分子CDK4/6の阻害は転写因子JUNの安定性制御を介して軟骨保護作用を発揮する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2022.03.01

  78. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, Lee Wen Shi, 岩井 秀之, 保田 晋助. リウマチ性疾患におけるCOVID-19感染症 COVID-19における抗リン脂質抗体と臨床像の特徴. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2022.03.01

  79. 細矢 匡, 齋藤 鉄也, 馬場 洋行, 田中 奈緒, 野田 聖二, 小宮 陽仁, 田川 泰寛, 山本 晃央, 保田 晋助. リウマチ性疾患の基礎研究 細胞周期制御分子CDK4/6の阻害は転写因子JUNの安定性制御を介して軟骨保護作用を発揮する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2022.03.01

  80. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, 岩井 秀之, 保田 晋助. COVID-19における血栓症の予測因子と特徴に関する後方視的コホート研究. 日本内科学会雑誌 2022.02.01

  81. 大内 修司, 馬渕 卓, 木山 晃希, 後藤 夕輝, 鈴木 里彩, 吉田 尚子, 赤石 雄, 細矢 匡, 山田 徹, 山脇 正永. リウマチ性多発筋痛症の1例. 日本内科学会関東地方会 2022.02.01

  82. 大内 修司, 馬渕 卓, 木山 晃希, 後藤 夕輝, 鈴木 里彩, 吉田 尚子, 赤石 雄, 細矢 匡, 山田 徹, 山脇 正永. リウマチ性多発筋痛症の1例. 日本内科学会関東地方会 2022.02.01

  83. 細矢 匡, 斎藤 鉄也, 馬場 洋行, 田中 奈緒, 野田 聖二, 小宮 陽仁, 田川 泰寛, 山本 晃央, 保田 晋助. 細胞周期制御分子CDK4/6は転写因子JUNの安定性制御を介してリウマチ滑膜線維芽細胞のサイトカイン産生能を調節する. 日本臨床免疫学会 2021.10.28

  84. 細矢 匡, 斉藤 鉄也, 馬場 洋行, 田中 奈緒, 野田 聖二, 小宮 陽仁, 田川 泰寛, 山本 晃央, 保田 晋助. 全身性自己免疫疾患の新たな病態 細胞周期制御分子CDK4/6は転写因子JUNの安定性制御を介してリウマチ滑膜線維芽細胞のサイトカイン産生能を調節する. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2021.10.01

  85. 細矢 匡, 斉藤 鉄也, 馬場 洋行, 田中 奈緒, 野田 聖二, 小宮 陽仁, 田川 泰寛, 山本 晃央, 保田 晋助. 全身性自己免疫疾患の新たな病態 細胞周期制御分子CDK4/6は転写因子JUNの安定性制御を介してリウマチ滑膜線維芽細胞のサイトカイン産生能を調節する. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2021.10.01

  86. 細矢 匡, 杉原 毅彦, 保田 晋助. リウマチ性多発筋痛症におけるdrug-free remissionを可能にする新たな治療法. リウマチ科 2021.07.01

  87. 松本 拓実, 細矢 匡, 馬場 洋行, 土田 真吏奈, 神谷 麻理, 小宮 陽仁, 平野 史生, 久保 かなえ, 杉原 毅彦. 関節リウマチの治療:観察研究 75歳以上のMTXナイーブ高齢発症RA患者に対する低疾患活動性を目標としたtreat-to-targetの治療成績の検討 CRANEコホート. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2021.03.01

  88. Hosoya Tadashi, Baba Hiroyuki, Yasuda Shinsuke, Corr Maripat. SjS/IgG4-RDとケモカイン NFκB抑制作用を介して細胞遊走とケモカイン産生に影響を及ぼす新規化合物(SjS/IgG4-RD and Chemokines Novel compound that impacts migration and chemokine production via NFkB suppressing activity). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2021.03.01

  89. 松本 拓実, 細矢 匡, 馬場 洋行, 土田 真吏奈, 神谷 麻理, 小宮 陽仁, 平野 史生, 久保 かなえ, 杉原 毅彦. 関節リウマチの治療:観察研究 75歳以上のMTXナイーブ高齢発症RA患者に対する低疾患活動性を目標としたtreat-to-targetの治療成績の検討 CRANEコホート. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2021.03.01

  90. 小宮 陽仁, 杉原 毅彦, 平野 史生, 神谷 麻理, 松本 拓実, 佐々木 広和, 山本 晃央, 細矢 匡, 岩井 秀之, 保田 晋助, 森 雅亮, 當間 重人, 松井 利浩. 低疾患活動性を達成した関節リウマチ患者の身体機能低下関連因子の年齢による変化. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2020.10.01

  91. 馬場 洋行, 細矢 匡, 保田 晋助. ステロイドに代わる新たなNF-κB抑制性化合物の探索. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2020.10.01

  92. 馬場 洋行, 細矢 匡, 保田 晋助. ステロイドに代わる新たなNF-κB抑制性化合物の探索. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2020.10.01

  93. 小宮 陽仁, 杉原 毅彦, 平野 史生, 神谷 麻理, 松本 拓実, 佐々木 広和, 山本 晃央, 細矢 匡, 岩井 秀之, 保田 晋助, 森 雅亮, 當間 重人, 松井 利浩. 低疾患活動性を達成した関節リウマチ患者の身体機能低下関連因子の年齢による変化. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2020.10.01

  94. 細矢 匡. 関節リウマチの臨床と検査. 東京都医学検査 2020.06.01

  95. 庭野智子, 細矢匡, 溝口史高, 今井耕輔, 森尾友宏, 小池竜司. An adult case of A20 haploinsufficiency diagnosed by the development of myocardial infarction due to coronary arteritis. 第3回日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会 2020.02.15

  96. 庭野 智子, 細矢 匡, 溝口 史高, 今井 耕輔, 森尾 友宏, 小池 竜司. 冠動脈病変による心筋梗塞を契機に診断したA20ハプロ不全症の一成人例. 日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム・抄録集 2019.12.01

  97. 庭野 智子, 細矢 匡, 溝口 史高, 今井 耕輔, 森尾 友宏, 小池 竜司. 冠動脈病変による心筋梗塞を契機に診断したA20ハプロ不全症の一成人例. 日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム・抄録集 2019.12.01

  98. 大庭 聖也, 細矢 匡, 田中 奈緒, 上阪 等. 多発性硬化症合併の関節リウマチにトファシチニブが有効であった症例. 関東リウマチ 2019.03.01

  99. 細矢 匡, 齋藤 鉄也, 田川 泰寛, 山本 晃央, 川畑 仁人, 宮坂 信之, 上阪 等. CDK4/6酵素活性はAP-1構成因子c-JunとFra1の安定性低下を介してAP-1の転写活性を制御する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2019.03.01

  100. 細矢 匡, 齋藤 鉄也, 田川 泰寛, 山本 晃央, 川畑 仁人, 宮坂 信之, 上阪 等. CDK4/6酵素活性はAP-1構成因子c-JunとFra1の安定性低下を介してAP-1の転写活性を制御する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2019.03.01

  101. 大庭 聖也, 細矢 匡, 田中 奈緒, 上阪 等. 多発性硬化症合併の関節リウマチにトファシチニブが有効であった症例. 関東リウマチ 2019.03.01

  102. 細矢 匡. High-throughput screeningによる新たなNF-κB抑制性化合物の探索. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2018.11.01

  103. 細矢 匡. High-throughput screeningによる新たなNF-κB抑制性化合物の探索. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2018.11.01

  104. 細矢 匡. High-throughput screeningによる新たなNF-κB抑制性化合物の探索. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2018.11.01

  105. 細矢 匡. High-throughput screeningによる新たなNF-κB抑制性化合物の探索. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2018.11.01

  106. 細矢 匡. High-throughput screeningによる新たなNF-κB抑制性化合物の探索. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2018.11.01

  107. 細矢 匡. High-throughput screeningによる新たなNF-κB抑制性化合物の探索. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2018.11.01

  108. 細矢 匡. High-throughput screeningによる新たなNF-κB抑制性化合物の探索. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2018.11.01

  109. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 宮坂 信之, 上阪 等. リウマチ性疾患の基礎研究/サイトカイン・ケモカイン 関節リウマチ新規治療標的としてのSiglec. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  110. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 宮坂 信之, 上阪 等. リウマチ性疾患の基礎研究/サイトカイン・ケモカイン 関節リウマチ新規治療標的としてのSiglec. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  111. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 宮坂 信之, 上阪 等. リウマチ性疾患の基礎研究/サイトカイン・ケモカイン 関節リウマチ新規治療標的としてのSiglec. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  112. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 宮坂 信之, 上阪 等. リウマチ性疾患の基礎研究/サイトカイン・ケモカイン 関節リウマチ新規治療標的としてのSiglec. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  113. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 宮坂 信之, 上阪 等. リウマチ性疾患の基礎研究/サイトカイン・ケモカイン 関節リウマチ新規治療標的としてのSiglec. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  114. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 宮坂 信之, 上阪 等. リウマチ性疾患の基礎研究/サイトカイン・ケモカイン 関節リウマチ新規治療標的としてのSiglec. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  115. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 宮坂 信之, 上阪 等. リウマチ性疾患の基礎研究/サイトカイン・ケモカイン 関節リウマチ新規治療標的としてのSiglec. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  116. 高田 秀人, 細矢 匡, 木村 直樹, 川畑 仁人, 上阪 等. 多発性筋炎関連血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)にリツキシマブが奏効した症例. 関東リウマチ 2016.03.01

  117. 高田 秀人, 細矢 匡, 木村 直樹, 川畑 仁人, 上阪 等. 多発性筋炎関連血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)にリツキシマブが奏効した症例. 関東リウマチ 2016.03.01

  118. 高田 秀人, 細矢 匡, 木村 直樹, 川畑 仁人, 上阪 等. 多発性筋炎関連血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)にリツキシマブが奏効した症例. 関東リウマチ 2016.03.01

  119. 川崎達也 平野史生 篠原樹彦 今井陽一 細矢匡 川畑仁人 上阪等. 骨髄異形成症候群を背景に多中心性Castleman病を発症した一例. 第26回日本リウマチ学会関東支部学術集会 2015.12.15 宇都宮

  120. 細矢 匡、川畑 仁人、山西 綾香、南 朋子、山本晃央、上阪 等. CDK4/6阻害薬palbociclibによる細胞周期静止は滑膜線維芽細胞に選択的な長期間の細胞周期静止をもたらす. 第43回日本臨床免疫学会 2015.10.22 神戸

  121. 細矢 匡, 上阪 等. 【自己免疫疾患-新たな発症メカニズムと治療戦略】 (第3章)自己免疫抑制のためのテクノロジーと治療戦略 細胞周期制御療法と抗サイトカイン療法の併用による関節炎の新規治療戦略. 実験医学 2015.08.01

  122. 高田秀人、細矢匡、木村直樹、川畑仁人、上阪 等. 多発性筋炎関連TTPにリツキシマブが奏功した症例. 第56回関東リウマチ研究会 2015.06.27 東京

  123. 細矢 匡、上阪 等. 関節炎モデルマウスが教えてくれること. 第42臨床免疫学会 2014.09.27

  124. 細矢 匡, 上阪 等. 免疫疾患動物モデルの利点とその限界 関節炎モデルマウスが教えてくれること. 日本臨床免疫学会会誌 2014.08.01

  125. 細矢 匡, 上阪 等. 免疫疾患動物モデルの利点とその限界 関節炎モデルマウスが教えてくれること. 日本臨床免疫学会会誌 2014.08.01

  126. 細矢 匡, 上阪 等. 免疫疾患動物モデルの利点とその限界 関節炎モデルマウスが教えてくれること. 日本臨床免疫学会会誌 2014.08.01

  127. 細矢 匡, 上阪 等. 免疫疾患動物モデルの利点とその限界 関節炎モデルマウスが教えてくれること. 日本臨床免疫学会会誌 2014.08.01

  128. 細矢 匡, 上阪 等. 免疫疾患動物モデルの利点とその限界 関節炎モデルマウスが教えてくれること. 日本臨床免疫学会会誌 2014.08.01

  129. 楠田 岳, 細矢 匡, 小池 竜司, 上阪 等. Sjoegren症候群の診断後にgitelman症候群様の尿細管機能障害を来した1例. 日本内科学会関東地方会 2014.05.01

  130. 楠田 岳, 細矢 匡, 小池 竜司, 上阪 等. Sjoegren症候群の診断後にgitelman症候群様の尿細管機能障害を来した1例. 日本内科学会関東地方会 2014.05.01

  131. 小宮 陽仁, 横山 和佳, 伊賀 祥子, 南 朋子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 感染症と自己免疫疾患 高齢者膠原病におけるステロイド投与量と重篤感染症発現の関連について. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  132. 杉原 毅彦, 細矢 匡, 伊賀 祥子, 横山 和佳, 平野 史生, 針谷 正祥. Treat-to-target(低疾患活動性を目標とした治療)戦略は高齢発症関節リウマチの身体機能予後を改善する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  133. 小宮 陽仁, 横山 和佳, 伊賀 祥子, 南 朋子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 感染症と自己免疫疾患 高齢者膠原病におけるステロイド投与量と重篤感染症発現の関連について. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  134. 小宮 陽仁, 横山 和佳, 伊賀 祥子, 南 朋子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 感染症と自己免疫疾患 高齢者膠原病におけるステロイド投与量と重篤感染症発現の関連について. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  135. 杉原 毅彦, 細矢 匡, 伊賀 祥子, 横山 和佳, 平野 史生, 針谷 正祥. Treat-to-target(低疾患活動性を目標とした治療)戦略は高齢発症関節リウマチの身体機能予後を改善する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  136. 小宮 陽仁, 横山 和佳, 伊賀 祥子, 南 朋子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 感染症と自己免疫疾患 高齢者膠原病におけるステロイド投与量と重篤感染症発現の関連について. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  137. 小宮 陽仁, 横山 和佳, 伊賀 祥子, 南 朋子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 感染症と自己免疫疾患 高齢者膠原病におけるステロイド投与量と重篤感染症発現の関連について. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  138. 小宮 陽仁, 横山 和佳, 伊賀 祥子, 南 朋子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 感染症と自己免疫疾患 高齢者膠原病におけるステロイド投与量と重篤感染症発現の関連について. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  139. 細矢 匡、岩井 秀之、山口 悠、宮坂 信之、上阪 等. 細胞周期制御療法の併用は非免疫抑制的に抗サイトカイン療法の関節炎治療効果を増強する. Midwinter seminar 2014 2014.02.26

  140. 吉藤 康太, 小宮 陽仁, 中島 麻理, 細矢 匡, 渡部 香織, 上阪 等, 宮坂 信之. 冠動脈周囲炎と腹部大動脈瘤を来したIgG4関連疾患の1例. 日本内科学会関東地方会 2013.05.01

  141. 吉藤 康太, 小宮 陽仁, 中島 麻理, 細矢 匡, 渡部 香織, 上阪 等, 宮坂 信之. 冠動脈周囲炎と腹部大動脈瘤を来したIgG4関連疾患の1例. 日本内科学会関東地方会 2013.05.01

  142. 細矢 匡, 岩井 秀之, 山口 悠, 宮坂 信之, 上阪 等. 関節リウマチの治療 新しい治療薬 関節リウマチ治療における細胞周期制御・抗炎症併用療法の有効性. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  143. 伊賀 祥子, 平野 史生, 松本 拓実, 南 朋子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎 高齢発症ANCA関連血管炎の身体機能に及ぼす因子についての検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  144. 南 朋子, 松本 拓実, 伊賀 祥子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 臨床(内科) 免疫抑制療法下の高齢者におけるST合剤の予防投与未施行のニューモシスチス肺炎発症リスクの検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  145. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 自然免疫と炎症性疾患 マウスTREM-1リガンドの機能解析及びヒトTREM-1リガンドの同定. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  146. 南 朋子, 松本 拓実, 伊賀 祥子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 臨床(内科) 免疫抑制療法下の高齢者におけるST合剤の予防投与未施行のニューモシスチス肺炎発症リスクの検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  147. 細矢 匡, 岩井 秀之, 山口 悠, 宮坂 信之, 上阪 等. 関節リウマチの治療 新しい治療薬 関節リウマチ治療における細胞周期制御・抗炎症併用療法の有効性. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  148. 伊賀 祥子, 平野 史生, 松本 拓実, 南 朋子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎 高齢発症ANCA関連血管炎の身体機能に及ぼす因子についての検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  149. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 自然免疫と炎症性疾患 マウスTREM-1リガンドの機能解析及びヒトTREM-1リガンドの同定. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  150. 南 朋子, 松本 拓実, 伊賀 祥子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 臨床(内科) 免疫抑制療法下の高齢者におけるST合剤の予防投与未施行のニューモシスチス肺炎発症リスクの検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  151. 細矢 匡, 岩井 秀之, 山口 悠, 宮坂 信之, 上阪 等. 関節リウマチの治療 新しい治療薬 関節リウマチ治療における細胞周期制御・抗炎症併用療法の有効性. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  152. 伊賀 祥子, 平野 史生, 松本 拓実, 南 朋子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎 高齢発症ANCA関連血管炎の身体機能に及ぼす因子についての検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  153. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 自然免疫と炎症性疾患 マウスTREM-1リガンドの機能解析及びヒトTREM-1リガンドの同定. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  154. 南 朋子, 松本 拓実, 伊賀 祥子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 臨床(内科) 免疫抑制療法下の高齢者におけるST合剤の予防投与未施行のニューモシスチス肺炎発症リスクの検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  155. 細矢 匡, 岩井 秀之, 山口 悠, 宮坂 信之, 上阪 等. 関節リウマチの治療 新しい治療薬 関節リウマチ治療における細胞周期制御・抗炎症併用療法の有効性. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  156. 細矢 匡, 岩井 秀之, 山口 悠, 宮坂 信之, 上阪 等. 関節リウマチの治療 新しい治療薬 関節リウマチ治療における細胞周期制御・抗炎症併用療法の有効性. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  157. 伊賀 祥子, 平野 史生, 松本 拓実, 南 朋子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎 高齢発症ANCA関連血管炎の身体機能に及ぼす因子についての検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  158. 伊賀 祥子, 平野 史生, 松本 拓実, 南 朋子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎 高齢発症ANCA関連血管炎の身体機能に及ぼす因子についての検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  159. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 自然免疫と炎症性疾患 マウスTREM-1リガンドの機能解析及びヒトTREM-1リガンドの同定. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  160. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 自然免疫と炎症性疾患 マウスTREM-1リガンドの機能解析及びヒトTREM-1リガンドの同定. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  161. 南 朋子, 松本 拓実, 伊賀 祥子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 臨床(内科) 免疫抑制療法下の高齢者におけるST合剤の予防投与未施行のニューモシスチス肺炎発症リスクの検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  162. 南 朋子, 松本 拓実, 伊賀 祥子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 臨床(内科) 免疫抑制療法下の高齢者におけるST合剤の予防投与未施行のニューモシスチス肺炎発症リスクの検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  163. 伊賀 祥子, 平野 史生, 松本 拓実, 南 朋子, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎 高齢発症ANCA関連血管炎の身体機能に及ぼす因子についての検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  164. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 自然免疫と炎症性疾患 マウスTREM-1リガンドの機能解析及びヒトTREM-1リガンドの同定. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  165. 細矢 匡, 岩井 秀之, 山口 悠, 宮坂 信之, 上阪 等. 関節リウマチの治療 新しい治療薬 関節リウマチ治療における細胞周期制御・抗炎症併用療法の有効性. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  166. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 自然免疫と免疫疾患 マウスTREM-1リガンドの機能解析、及びヒトTREM-1リガンドの同定. 日本臨床免疫学会会誌 2012.08.01

  167. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 自然免疫と免疫疾患 マウスTREM-1リガンドの機能解析、及びヒトTREM-1リガンドの同定. 日本臨床免疫学会会誌 2012.08.01

  168. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 自然免疫と免疫疾患 マウスTREM-1リガンドの機能解析、及びヒトTREM-1リガンドの同定. 日本臨床免疫学会会誌 2012.08.01

  169. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 自然免疫と免疫疾患 マウスTREM-1リガンドの機能解析、及びヒトTREM-1リガンドの同定. 日本臨床免疫学会会誌 2012.08.01

  170. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 自然免疫と免疫疾患 マウスTREM-1リガンドの機能解析、及びヒトTREM-1リガンドの同定. 日本臨床免疫学会会誌 2012.08.01

  171. 上阪 等, 細矢 匡, 岩井 秀之, 宮坂 信之. 発症機序に基づいた新規治療法の開発 関節リウマチの新規治療法開発. Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology 2012.07.01

  172. 上阪 等, 細矢 匡, 岩井 秀之, 宮坂 信之. 発症機序に基づいた新規治療法の開発 関節リウマチの新規治療法開発. Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology 2012.07.01

  173. 上阪 等, 細矢 匡, 岩井 秀之, 宮坂 信之. 発症機序に基づいた新規治療法の開発 関節リウマチの新規治療法開発. Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology 2012.07.01

  174. 上阪 等, 細矢 匡, 岩井 秀之, 宮坂 信之. 発症機序に基づいた新規治療法の開発 関節リウマチの新規治療法開発. Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology 2012.07.01

  175. 上阪 等, 細矢 匡, 岩井 秀之, 宮坂 信之. 発症機序に基づいた新規治療法の開発 関節リウマチの新規治療法開発. Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology 2012.07.01

  176. 上阪 等, 岩井 秀之, 細矢 匡, 山口 悠, 宮坂 信之. 関節破壊を制御する治療法の新展開 滑膜線維芽細胞を標的とした抗リウマチ療法. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  177. 杉原 毅彦, 細矢 匡, 中島 麻理, 伊賀 祥子, 平野 史生. 関節リウマチの予後予測因子(2) MTXを中心とする標準的治療を受けた早期高齢発症関節リウマチの骨破壊予測因子と日常生活機能低下の予測因子 Chouju registry of Rheumatoid Arthritis on Non-biological and biological DMARDs for Elderly patients(CRANE)の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  178. 岩井 秀之, 細矢 匡, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 関節炎の分子病態とその人為的制御 関節炎治療における新規標的分子としてのTREM-1リガンドの同定. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  179. 平野 史生, 中島 麻理, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎(3) 高齢発症ANCA関連血管炎重症例におけるステロイド早期減量プロトコールの安全性と有効性. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  180. 竹本 暁, 市村 香代子, 櫻井 うらら, 廣岡 信一, 小林 大輔, 河内 洋, 細矢 匡, 中川 剛士, 久保田 一徳, 明石 巧. ビスホスホネート系薬剤関連顎骨壊死Bisphosphonate Related Osteonecrosis of the Jaw(BRONJ)を侵入門戸とする感染性心内膜炎を発症した関節リウマチ・乳癌術後の1剖検例. お茶の水医学雑誌 2012.03.01

  181. 杉原 毅彦, 平野 史生, 中島 麻理, 伊賀 祥子, 細矢 匡. リウマチ性疾患の疫学 Treat-to-target治療の高齢者RAに対する有効性と安全性に関する前向きの疫学的調査. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  182. 中島 麻理, 平野 史生, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 早期高齢発症RA(EORA)における間質性肺炎(IP)の臨床像 Chouju registry of Rheumatoid Arthritis on Non-biological and biological DMARDs for Elderly patients(CRANE)の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  183. 杉原 毅彦, 平野 史生, 中島 麻理, 伊賀 祥子, 細矢 匡. リウマチ性疾患の疫学 Treat-to-target治療の高齢者RAに対する有効性と安全性に関する前向きの疫学的調査. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  184. 平野 史生, 中島 麻理, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎(3) 高齢発症ANCA関連血管炎重症例におけるステロイド早期減量プロトコールの安全性と有効性. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  185. 上阪 等, 岩井 秀之, 細矢 匡, 山口 悠, 宮坂 信之. 関節破壊を制御する治療法の新展開 滑膜線維芽細胞を標的とした抗リウマチ療法. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  186. 岩井 秀之, 細矢 匡, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 関節炎の分子病態とその人為的制御 関節炎治療における新規標的分子としてのTREM-1リガンドの同定. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  187. 杉原 毅彦, 細矢 匡, 中島 麻理, 伊賀 祥子, 平野 史生. 関節リウマチの予後予測因子(2) MTXを中心とする標準的治療を受けた早期高齢発症関節リウマチの骨破壊予測因子と日常生活機能低下の予測因子 Chouju registry of Rheumatoid Arthritis on Non-biological and biological DMARDs for Elderly patients(CRANE)の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  188. 杉原 毅彦, 平野 史生, 中島 麻理, 伊賀 祥子, 細矢 匡. リウマチ性疾患の疫学 Treat-to-target治療の高齢者RAに対する有効性と安全性に関する前向きの疫学的調査. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  189. 上阪 等, 岩井 秀之, 細矢 匡, 山口 悠, 宮坂 信之. 関節破壊を制御する治療法の新展開 滑膜線維芽細胞を標的とした抗リウマチ療法. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  190. 岩井 秀之, 細矢 匡, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 関節炎の分子病態とその人為的制御 関節炎治療における新規標的分子としてのTREM-1リガンドの同定. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  191. 杉原 毅彦, 細矢 匡, 中島 麻理, 伊賀 祥子, 平野 史生. 関節リウマチの予後予測因子(2) MTXを中心とする標準的治療を受けた早期高齢発症関節リウマチの骨破壊予測因子と日常生活機能低下の予測因子 Chouju registry of Rheumatoid Arthritis on Non-biological and biological DMARDs for Elderly patients(CRANE)の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  192. 平野 史生, 中島 麻理, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎(3) 高齢発症ANCA関連血管炎重症例におけるステロイド早期減量プロトコールの安全性と有効性. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  193. 杉原 毅彦, 平野 史生, 中島 麻理, 伊賀 祥子, 細矢 匡. リウマチ性疾患の疫学 Treat-to-target治療の高齢者RAに対する有効性と安全性に関する前向きの疫学的調査. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  194. 上阪 等, 岩井 秀之, 細矢 匡, 山口 悠, 宮坂 信之. 関節破壊を制御する治療法の新展開 滑膜線維芽細胞を標的とした抗リウマチ療法. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  195. 岩井 秀之, 細矢 匡, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 関節炎の分子病態とその人為的制御 関節炎治療における新規標的分子としてのTREM-1リガンドの同定. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  196. 岩井 秀之, 細矢 匡, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 関節炎の分子病態とその人為的制御 関節炎治療における新規標的分子としてのTREM-1リガンドの同定. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  197. 上阪 等, 岩井 秀之, 細矢 匡, 山口 悠, 宮坂 信之. 関節破壊を制御する治療法の新展開 滑膜線維芽細胞を標的とした抗リウマチ療法. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  198. 杉原 毅彦, 平野 史生, 中島 麻理, 伊賀 祥子, 細矢 匡. リウマチ性疾患の疫学 Treat-to-target治療の高齢者RAに対する有効性と安全性に関する前向きの疫学的調査. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  199. 杉原 毅彦, 細矢 匡, 中島 麻理, 伊賀 祥子, 平野 史生. 関節リウマチの予後予測因子(2) MTXを中心とする標準的治療を受けた早期高齢発症関節リウマチの骨破壊予測因子と日常生活機能低下の予測因子 Chouju registry of Rheumatoid Arthritis on Non-biological and biological DMARDs for Elderly patients(CRANE)の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  200. 杉原 毅彦, 細矢 匡, 中島 麻理, 伊賀 祥子, 平野 史生. 関節リウマチの予後予測因子(2) MTXを中心とする標準的治療を受けた早期高齢発症関節リウマチの骨破壊予測因子と日常生活機能低下の予測因子 Chouju registry of Rheumatoid Arthritis on Non-biological and biological DMARDs for Elderly patients(CRANE)の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  201. 平野 史生, 中島 麻理, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎(3) 高齢発症ANCA関連血管炎重症例におけるステロイド早期減量プロトコールの安全性と有効性. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  202. 平野 史生, 中島 麻理, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎(3) 高齢発症ANCA関連血管炎重症例におけるステロイド早期減量プロトコールの安全性と有効性. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  203. 中島 麻理, 平野 史生, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 早期高齢発症RA(EORA)における間質性肺炎(IP)の臨床像 Chouju registry of Rheumatoid Arthritis on Non-biological and biological DMARDs for Elderly patients(CRANE)の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  204. 杉原 毅彦, 平野 史生, 中島 麻理, 伊賀 祥子, 細矢 匡. リウマチ性疾患の疫学 Treat-to-target治療の高齢者RAに対する有効性と安全性に関する前向きの疫学的調査. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  205. 杉原 毅彦, 平野 史生, 中島 麻理, 伊賀 祥子, 細矢 匡. リウマチ性疾患の疫学 Treat-to-target治療の高齢者RAに対する有効性と安全性に関する前向きの疫学的調査. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  206. 杉原 毅彦, 細矢 匡, 中島 麻理, 伊賀 祥子, 平野 史生. 関節リウマチの予後予測因子(2) MTXを中心とする標準的治療を受けた早期高齢発症関節リウマチの骨破壊予測因子と日常生活機能低下の予測因子 Chouju registry of Rheumatoid Arthritis on Non-biological and biological DMARDs for Elderly patients(CRANE)の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  207. 平野 史生, 中島 麻理, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎(3) 高齢発症ANCA関連血管炎重症例におけるステロイド早期減量プロトコールの安全性と有効性. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  208. 岩井 秀之, 細矢 匡, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. 関節炎の分子病態とその人為的制御 関節炎治療における新規標的分子としてのTREM-1リガンドの同定. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  209. 上阪 等, 岩井 秀之, 細矢 匡, 山口 悠, 宮坂 信之. 関節破壊を制御する治療法の新展開 滑膜線維芽細胞を標的とした抗リウマチ療法. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  210. 前島 英樹, 種井 良二, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 抗核抗体が陰性であった全身性エリテマトーデスの1例. 日本皮膚科学会雑誌 2012.02.01

  211. 上阪 等, 細矢 匡, 岩井 秀之, 村上 洋介, 宮坂 信之. 免疫疾患の病態解明と診断の進歩 リウマチ治療の新戦略を求めて. 日本臨床免疫学会会誌 2011.08.01

  212. 岩井 秀之, 細矢 匡, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. TREM-1リガンドの同定とモノクローナル抗体による新規関節炎治療法の開発. 日本臨床免疫学会会誌 2011.08.01

  213. 岩井 秀之, 細矢 匡, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. TREM-1リガンドの同定とモノクローナル抗体による新規関節炎治療法の開発. 日本臨床免疫学会会誌 2011.08.01

  214. 上阪 等, 細矢 匡, 岩井 秀之, 村上 洋介, 宮坂 信之. 免疫疾患の病態解明と診断の進歩 リウマチ治療の新戦略を求めて. 日本臨床免疫学会会誌 2011.08.01

  215. 岩井 秀之, 細矢 匡, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. TREM-1リガンドの同定とモノクローナル抗体による新規関節炎治療法の開発. 日本臨床免疫学会会誌 2011.08.01

  216. 上阪 等, 細矢 匡, 岩井 秀之, 村上 洋介, 宮坂 信之. 免疫疾患の病態解明と診断の進歩 リウマチ治療の新戦略を求めて. 日本臨床免疫学会会誌 2011.08.01

  217. 岩井 秀之, 細矢 匡, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. TREM-1リガンドの同定とモノクローナル抗体による新規関節炎治療法の開発. 日本臨床免疫学会会誌 2011.08.01

  218. 岩井 秀之, 細矢 匡, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. TREM-1リガンドの同定とモノクローナル抗体による新規関節炎治療法の開発. 日本臨床免疫学会会誌 2011.08.01

  219. 上阪 等, 細矢 匡, 岩井 秀之, 村上 洋介, 宮坂 信之. 免疫疾患の病態解明と診断の進歩 リウマチ治療の新戦略を求めて. 日本臨床免疫学会会誌 2011.08.01

  220. 岩井 秀之, 細矢 匡, 村上 洋介, 宮坂 信之, 上阪 等. TREM-1リガンドの同定とモノクローナル抗体による新規関節炎治療法の開発. 日本臨床免疫学会会誌 2011.08.01

  221. 上阪 等, 細矢 匡, 岩井 秀之, 村上 洋介, 宮坂 信之. 免疫疾患の病態解明と診断の進歩 リウマチ治療の新戦略を求めて. 日本臨床免疫学会会誌 2011.08.01

  222. 杉原 毅彦, 横山 和佳, 神田 直, 細矢 匡. 関節リウマチの予後予測因子 高齢者関節リウマチ前向き観察研究による高齢発症関節リウマチの予後不良因子の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  223. 上阪 等, 細矢 匡, 岩井 秀之, 宮坂 信之. 膠原病、免疫疾患の新規治療開発を目指したトランスレーショナルリサーチ 関節リウマチのサイクリン依存症キナーゼ4/6阻害療法. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  224. 上阪 等, 細矢 匡, 岩井 秀之, 宮坂 信之. 膠原病、免疫疾患の新規治療開発を目指したトランスレーショナルリサーチ 関節リウマチのサイクリン依存症キナーゼ4/6阻害療法. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  225. 杉原 毅彦, 横山 和佳, 神田 直, 細矢 匡. 関節リウマチの予後予測因子 高齢者関節リウマチ前向き観察研究による高齢発症関節リウマチの予後不良因子の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  226. 上阪 等, 細矢 匡, 岩井 秀之, 宮坂 信之. 膠原病、免疫疾患の新規治療開発を目指したトランスレーショナルリサーチ 関節リウマチのサイクリン依存症キナーゼ4/6阻害療法. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  227. 杉原 毅彦, 横山 和佳, 神田 直, 細矢 匡. 関節リウマチの予後予測因子 高齢者関節リウマチ前向き観察研究による高齢発症関節リウマチの予後不良因子の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  228. 上阪 等, 細矢 匡, 岩井 秀之, 宮坂 信之. 膠原病、免疫疾患の新規治療開発を目指したトランスレーショナルリサーチ 関節リウマチのサイクリン依存症キナーゼ4/6阻害療法. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  229. 杉原 毅彦, 横山 和佳, 神田 直, 細矢 匡. 関節リウマチの予後予測因子 高齢者関節リウマチ前向き観察研究による高齢発症関節リウマチの予後不良因子の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  230. 杉原 毅彦, 横山 和佳, 神田 直, 細矢 匡. 関節リウマチの予後予測因子 高齢者関節リウマチ前向き観察研究による高齢発症関節リウマチの予後不良因子の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  231. 上阪 等, 細矢 匡, 岩井 秀之, 宮坂 信之. 膠原病、免疫疾患の新規治療開発を目指したトランスレーショナルリサーチ 関節リウマチのサイクリン依存症キナーゼ4/6阻害療法. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  232. 上阪 等, 細矢 匡, 岩井 秀之, 宮坂 信之. 膠原病、免疫疾患の新規治療開発を目指したトランスレーショナルリサーチ 関節リウマチのサイクリン依存症キナーゼ4/6阻害療法. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  233. 杉原 毅彦, 横山 和佳, 神田 直, 細矢 匡. 関節リウマチの予後予測因子 高齢者関節リウマチ前向き観察研究による高齢発症関節リウマチの予後不良因子の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  234. 細矢 匡, 横山 和佳, 神田 直, 増田 義重, 杉原 毅彦. 中枢神経ループス、ループス肺臓炎、血球貪食症候群で発症した高齢発症SLEの一例. 関東リウマチ 2011.03.01

  235. 細矢 匡, 横山 和佳, 神田 直, 増田 義重, 杉原 毅彦. 中枢神経ループス、ループス肺臓炎、血球貪食症候群で発症した高齢発症SLEの一例. 関東リウマチ 2011.03.01

  236. 細矢 匡, 南木 敏宏, 尾上 育美, 長坂 憲治, 窪田 哲朗, 針谷 正祥, 赤星 透, 宮坂 信之. 黄色ブドウ球菌による全身性多発膿瘍を認めたが、CRP陰性で抗IL-6抗体が同定された悪性関節リウマチの一例. 関東リウマチ 2010.03.01

  237. 細矢 匡, 杉原 毅彦. 高齢者のANCA関連血管炎の治療方針の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  238. 土田 剛行, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 突然の頭痛と片麻痺、同名半盲で発症し、RCVSと診断した1例. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  239. 木原 まり, 木村 直樹, 細矢 匡, 杉原 毅彦, 増田 義重, 稲松 孝思. 低補体血症が疾患活動性の指標となりシクロホスファミドが有効であったIgG4関連自己免疫性膵炎と後腹膜線維症の一例. 関東リウマチ 2010.03.01

  240. 木原 まり, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 免疫複合体による組織障害が病態に関与していると考えられたIgG4関連疾患の2症例. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  241. 伊賀 祥子, 細矢 匡, 杉原 毅彦, 田中 旬, 増田 義重, 仁科 裕史, 村山 繁雄, 高橋 英気, 稲松 孝思. 心機能低下を合併し、ステロイド療法とシクロホスファミドパルス療法が有効であったChurg-Strauss症候群の1例. 練馬医学会誌 2010.03.01

  242. 杉原 毅彦, 木原 まり, 細矢 匡. 生物製剤 適応と予後 高活動性高齢者関節リウマチに対するTNF阻害薬の適応、有効性、安全性についての検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  243. 木原 まり, 木村 直樹, 細矢 匡, 杉原 毅彦, 増田 義重, 稲松 孝思. 低補体血症が疾患活動性の指標となりシクロホスファミドが有効であったIgG4関連自己免疫性膵炎と後腹膜線維症の一例. 関東リウマチ 2010.03.01

  244. 杉原 毅彦, 木原 まり, 細矢 匡. 生物製剤 適応と予後 高活動性高齢者関節リウマチに対するTNF阻害薬の適応、有効性、安全性についての検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  245. 細矢 匡, 南木 敏宏, 尾上 育美, 長坂 憲治, 窪田 哲朗, 針谷 正祥, 赤星 透, 宮坂 信之. 黄色ブドウ球菌による全身性多発膿瘍を認めたが、CRP陰性で抗IL-6抗体が同定された悪性関節リウマチの一例. 関東リウマチ 2010.03.01

  246. 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎・APS 高齢者のANCA関連血管炎の治療方針の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  247. 杉原 毅彦, 木原 まり, 細矢 匡. 生物製剤 適応と予後 高活動性高齢者関節リウマチに対するTNF阻害薬の適応、有効性、安全性についての検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  248. 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎・APS 高齢者のANCA関連血管炎の治療方針の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  249. 細矢 匡, 南木 敏宏, 尾上 育美, 長坂 憲治, 窪田 哲朗, 針谷 正祥, 赤星 透, 宮坂 信之. 黄色ブドウ球菌による全身性多発膿瘍を認めたが、CRP陰性で抗IL-6抗体が同定された悪性関節リウマチの一例. 関東リウマチ 2010.03.01

  250. 木原 まり, 木村 直樹, 細矢 匡, 杉原 毅彦, 増田 義重, 稲松 孝思. 低補体血症が疾患活動性の指標となりシクロホスファミドが有効であったIgG4関連自己免疫性膵炎と後腹膜線維症の一例. 関東リウマチ 2010.03.01

  251. 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎・APS 高齢者のANCA関連血管炎の治療方針の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  252. 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎・APS 高齢者のANCA関連血管炎の治療方針の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  253. 土田 剛行, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 突然の頭痛と片麻痺、同名半盲で発症し、RCVSと診断した1例. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  254. 杉原 毅彦, 木原 まり, 細矢 匡. 生物製剤 適応と予後 高活動性高齢者関節リウマチに対するTNF阻害薬の適応、有効性、安全性についての検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  255. 杉原 毅彦, 木原 まり, 細矢 匡. 生物製剤 適応と予後 高活動性高齢者関節リウマチに対するTNF阻害薬の適応、有効性、安全性についての検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  256. 木原 まり, 細矢 匡, 杉原 毅彦. 免疫複合体による組織障害が病態に関与していると考えられたIgG4関連疾患の2症例. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  257. 杉原 毅彦, 木原 まり, 細矢 匡. 生物製剤 適応と予後 高活動性高齢者関節リウマチに対するTNF阻害薬の適応、有効性、安全性についての検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  258. 細矢 匡, 杉原 毅彦. 血管炎・APS 高齢者のANCA関連血管炎の治療方針の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  259. 細矢 匡, 高田 和生, 溝口 史高, 鈴木 文仁, 南木 敏宏, 上阪 等, 宮坂 信之. 臨床的にTRAPS(TNF receptor-associated periodic syndrome)が疑われたトシリズマブが有効であった1例. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2009.03.01

  260. 眞田 和賢, 細矢 匡, 新津 義文, 青山 壽久, 神戸 有希, 野本 栄, 工藤 聡, 後藤 晃一郎, 青島 正大. 機能的無脾が重症化に関与したと考えられる、肺炎球菌血清型9による電撃性紫斑の1例. 日本化学療法学会雑誌 2009.03.01

  261. 眞田 和賢, 細矢 匡, 新津 義文, 青山 壽久, 神戸 有希, 野本 栄, 工藤 聡, 後藤 晃一郎, 青島 正大. 機能的無脾が重症化に関与したと考えられる、肺炎球菌血清型9による電撃性紫斑の1例. 日本化学療法学会雑誌 2009.03.01

  262. 細矢 匡, 高田 和生, 溝口 史高, 鈴木 文仁, 南木 敏宏, 上阪 等, 宮坂 信之. 臨床的にTRAPS(TNF receptor-associated periodic syndrome)が疑われたトシリズマブが有効であった1例. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2009.03.01

  263. 眞田 和賢, 長山 菜美, 新津 義文, 細矢 匡. 脾臓低形成に伴う電撃性紫斑病を呈した劇症型肺炎球菌感染症の1例. 日本内科学会関東地方会 2008.10.01

  264. 眞田 和賢, 長山 菜美, 新津 義文, 細矢 匡. 脾臓低形成に伴う電撃性紫斑病を呈した劇症型肺炎球菌感染症の1例. 日本内科学会関東地方会 2008.10.01

  265. 細矢 匡, 小野田 教高, 豊治 宏文, 眞田 和賢, 青山 寿久. 芍薬甘草湯による偽性アルドステロン症から横紋筋融解症を来した1例. 日本内科学会関東地方会 2007.12.01

  266. 青島 正大, 青柳 佳樹, 細矢 匡. 【高齢者呼吸器疾患の病態と治療・管理】 高齢者市中肺炎の診断と治療. 呼吸器科 2007.12.01

  267. 細矢 匡, 小野田 教高, 豊治 宏文, 眞田 和賢, 青山 寿久. 芍薬甘草湯による偽性アルドステロン症から横紋筋融解症を来した1例. 日本内科学会関東地方会 2007.12.01

  268. 小野田 教高, 細矢 匡, 三好 洋二, 佐藤 幹二. 濾胞上皮の異常を認めた、アミオダロン誘発性甲状腺機能低下症の1例. 日本内分泌学会雑誌 2007.09.01

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 医学研究奨励賞,東京医科歯科大学,2023年12月

  • 日本炎症・再生医学会奨励賞,日本炎症・再生医学会,2016年06月

  • 田中道子臨床医学研究奨励賞,東京医科歯科大学医科同窓会,2015年03月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • When it comes to COVID-19, belly fat upsets the apple cart,2023年06月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「 内臓脂肪の増加がCOVID-19のリスクとなるメカニズムを解明 」 ― 内臓型肥満はかくれ炎症状態? ―,2023年05月

    Proceedings of the National Academy of Sciences

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医学科 膠原病リウマチ内科 クリニカルクラークシップディレクター,2014年 - 現在

  • 医学科 プレクリニカルクラークシップ 発熱の症候学,2014年 - 現在

  • 歯学科5年 膠原病リウマチ学総論,2014年 - 現在

  • 内科系CC Weekly Core Session,2014年 - 2015年