基本情報

写真a

佐藤 信吾(サトウ シンゴ)

SATO Shingo


職名

講師

ホームページ

http://www.bone-organcrosstalk-tmdu.jp/

研究分野・キーワード

転移性骨腫瘍、骨軟部腫瘍、骨代謝、緩和医療

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2000年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  整形外科学  博士課程  2007年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2015年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 細胞生理学 助教
  • 2016年01月
    -
    2019年01月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 細胞生理学 講師
  • 2019年02月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 腫瘍センター 講師
  • 2019年11月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 がん先端治療部 講師
  • 2021年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 病院 基盤診療部門 がん先端治療部 講師
  • 2022年04月
     
     
    東京医科歯科大学 病院 基盤診療部門 がん先端治療部 講師
  • 2022年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 内科系診療領域 緩和ケア科 講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 21世紀COE「歯と骨の分子破壊と再構築のフロンティア」 特任研究員
  • 2007年04月
    -
    2009年04月
    癌研究会有明病院 整形外科 医員(医病)
  • 2009年05月
    -
    2009年10月
    京都大学 物質-細胞統合システム 拠点 特任研究員
  • 2009年11月
    -
    2010年08月
    京都大学再生医科学研究所 組織再生応用分野 特任研究員
  • 2010年09月
    -
    2014年03月
    The Hospital for Sick Children Developmental and Stem Cell Biology 特任研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本整形外科学会

  • 関東整形災害外科学会

  • 東日本整形災害外科学会

  • 日本骨代謝学会

  • 日本緩和医療学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 整形外科学

  • 生理学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 神経系による骨代謝調節機構の解明,2004年 - 現在

  • 骨を中心とする臓器間ネットワークの解明,2014年 - 現在

  • 骨粗鬆症を予測するバイオマーカーの開発,2015年 - 現在

  • 骨軟部腫瘍の起源細胞の同定,2009年 - 現在

  • がん細胞による骨転移微小環境制御機構の解明,2014年 - 現在

  • 下垂体腫瘍の発症機構の解明,2011年 - 現在

  • 抗HIV薬が骨代謝に与える影響の解明,2014年 - 現在

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 宇宙実験を利用した機械的ストレス応答マイクロRNAの同定と老化バイオマーカー開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2022年

  • 筋骨格系由来エクソソームの単離法の開発と身体活動低下に伴う個体機能低下機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2020年

  • PAI-1制御を基軸とした新規肉腫治療薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 感覚神経-骨細胞ネットワークから解き明かす骨のメカニカルストレス応答機構

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 臓器連関の視点から俯瞰する筋・骨恒常性維持機構の解明-健康寿命増進治療法の開発-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2020年

  • 骨恒常性維持に関わる血管-神経ネットワークの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2019年

  • 骨軟部肉腫の新規起源細胞、ペリサイトの悪性化機構の解明と肉腫治療薬開発への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • がん細胞由来分泌型マイクロRNAによる骨転移部の微小環境制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • 骨透明化技術の開発と神経-血管ネットワークに着目した骨代謝異常疾患の病態解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 肉腫微小環境を標的とした新規肉腫治療指針の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 神経・血管の視点から解き明かす筋骨格系の恒常性維持機構と筋骨格系疾患の新たな病態

    文部科学省/日本学術振興会

  • 感覚神経-骨組織連関に着目した廃用性骨萎縮の病態解明

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Koyanagi A, Onishi I, Muraoka K, Sato I, Sato S, Kimura T, Kishida A, Yamamoto K, Kitagawa M, Kurata M. Identification of the factor that leads human mesenchymal stem cell lines into decellularized bone Bioengineering. 2022.09; 9 (10): 490. ( DOI )

  2. Ichiro Takada, Shinya Hidano, Sayuri Takahashi, Kaori Yanaka, Hidesato Ogawa, Megumi Tsuchiya, Atsushi Yokoyama, Shingo Sato, Hiroki Ochi, Tohru Nakagawa, Takashi Kobayashi, Shinichi Nakagawa, Makoto Makishima. T cells through the Myc and IL-7 signaling pathways. J Biol Chem. 2022.09; 298 (9): 102342. ( PubMed, DOI )

  3. Takanori Yamada, Kazuya Fukasawa, Tetsuhiro Horie, Takuya Kadota, Jiajun Lyu, Kazuya Tokumura, Shinsuke Ochiai, Sayuki Iwahashi, Akane Suzuki, Gyujin Park, Rie Ueda, Megumi Yamamoto, Tatsuya Kitao, Hiroaki Shirahase, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Takashi Iezaki, Eiichi Hinoi. The role of CDK8 in mesenchymal stem cells in controlling osteoclastogenesis and bone homeostasis. Stem Cell Reports. 2022.07; 17 (7): 1576-1588. ( PubMed, DOI )

  4. Tsukamoto K, Koyanagi H, Nakagawa Y, Sato S, Koga H, Yoshii T, Okawa A. Parkes-Weber syndrome – knee arteriovenous malformation with extensive bone destruction: Safe and effective alternative limb-preservation surgeries Annals of Vascular Surgery - Brief Reports and Innovations. 2022.06; 2 (2): 100094.

  5. Tomoyuki Tanaka, Akira Takahashi, Yutaka Kobayashi, Masanori Saito, Sun Xiaolong, Chen Jingquan, Yoshiaki Ito, Tsuyoshi Kato, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Peter Carlsson, Hiroyuki Inose. Foxf2 represses bone formation via Wnt2b/β-catenin signaling. Exp Mol Med. 2022.06; 54 (6): 753-764. ( PubMed, DOI )

  6. Tetsuhiro Horie, Kazuya Fukasawa, Takanori Yamada, Seiya Mizuno, Takashi Iezaki, Kazuya Tokumura, Sayuki Iwahashi, Shiho Sakai, Akane Suzuki, Takuya Kubo, Ryoma Osumi, Akane Tomizawa, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Katsuyuki Kaneda, Satoru Takahashi, Eiichi Hinoi. Erk5 in Bone Marrow Mesenchymal Stem Cells Regulates Bone Homeostasis by Preventing Osteogenesis in Adulthood. Stem Cells. 2022.04; 40 (4): 411-422. ( PubMed, DOI )

  7. Miyamoto R, Hirai T, Yoshii T, Onuma H, Inose H, Yuasa M, Matsukura Y, Morishita S, Yamamoto K, Koyanagi H, Sato S, Yagishita K, Okawa A. Surgical Strategy for Osteoid Osteoma Localized in Anterior Lumbar Vertebral Body: A Case Report. Spine surgery and related research. 2022; 6 (4): 408-411. ( PubMed, DOI )

  8. Watanabe-Takano H, Ochi H, Chiba A, Matsuo A, Kanai Y, Fukuhara S, Ito N, Sako K, Miyazaki T, Tainaka K, Harada I, Sato S, Sawada Y, Minamino N, Takeda S, Ueda HR, Yasoda A, Mochizuki N. Mechanical load regulates bone growth via periosteal Osteocrin. Cell reports. 2021.07; 36 (2): 109380. ( PubMed, DOI )

  9. Aihemaiti A, Yamamoto N, Piao J, Oyaizu T, Ochi H, Sato S, Okawa A, Miyata T, Tsuji K, Ezura Y, Asou Y. A novel PAI-1 inhibitor prevents ageing-related muscle fiber atrophy Biochem Biophys Res Commun. 2021.01; 534 849-856.

  10. Takahashi T, Sato T, Manabe J, Gokita T, Sato S, Koyanagi H. Reverse shoulder arthroplasty and synthetic mesh for reconstruction of the shoulder joint after malignant bone tumor resection: A case report Medicine Case Reports and Study Protocols. 2021.01; 2 (2): e0051.

  11. Suehara Y, Kohsaka S, Hayashi T, Akaike K, Kurisaki-Arakawa A, Sato S, Kobayashi E, Mizuno S, Ueno T, Morii T, Okuma T, Kurihara T, Hasegawa N, Sano K, Sasa K, Okubo T, Kim Y, Mano H, Saito T. Identification of a Novel MAN1A1-ROS1 Fusion Gene Through mRNA-based Screening for Tyrosine Kinase Gene Aberrations in a Patient with Leiomyosarcoma Clin Orthop Relat Res. 2020.11; in press ( DOI )

  12. Kobayashi Y, Tanaka T, Mulati M, Ochi H, Sato S, Kaldis P, Yoshii T, Okawa A, Inose H. Cyclin-dependent kinase1 is essential for muscle regeneration and overload muscle fiber hypertrophy Front Cell Dev Biol. 2020.10; 8 564581. ( DOI )

  13. Kaku T, Oh Y, Sato S, Koyanagi H, Hirai T, Yuasa M, Yoshii T, Nakagawa T, Miyake S, Okawa A. Incidence of atypical femoral fractures in the treatment of bone metastasis: An alert report. J Bone Oncol. 2020.06; 23 100301.

  14. Kawabata A, Hirai T, Tohara R, Yuasa M, Inose H, Koyanagi H, Sato S, Utagawa K, Hashimoto J, Okawa A, Yoshii T. Surgical stabilization of spinal metastasis in diffuse idiopathic skeletal hyperostosis ("Mets-on-DISH"): Two case reports. Medicine. 2020.05; 99 (22): e20397.

  15. Minami Y, Sato S, Koyanagi H, Kinowaki Y. Malignant primary pulmonary meningioma with bone metastasis. Oxford medical case reports. 2020.02; 2020 (2): omaa005. ( PubMed, DOI )

  16. Nagahiro S, Uehara T, Yamamoto Kawai M, Keo P, Sato T, Ochi H, Sato S, Kuroda S, Ono T, Miyashin M, Aoki K. RANKL-binding peptide promotes ectopic bone formation induced by BMP-2 gene transfer in murine gastrocnemius muscle. Dental, Oral and Maxillofacial Research. 2020.01; 6 (1): 1-6.

  17. Mulati M, Kobayashi Y, Takahashi A, Numata H, Saito M, Hiraoka Y, Ochi H, Sato S, Ezura Y, Yuasa M, Hirai T, Yoshii T, Okawa A, Inose H. The long noncoding RNA Crnde regulates osteoblast proliferation through the Wnt/β-catenin signaling pathway in mice. Bone. 2020.01; 130 115076. ( PubMed, DOI )

  18. Ozaki K, Yamada T, Horie T, Ishizaki A, Hiraiwa M, Iezaki T, Park G, Fukasawa K, Kamada H, Tokumura K, Motono M, Kaneda K, Ogawa K, Ochi H, Sato S, Kobayashi Y, Shi YB, Taylor PM, Hinoi E. The L-type amino acid transporter LAT1 inhibits osteoclastogenesis and maintains bone homeostasis through the mTORC1 pathway. Sci Signal. 2019.07; 12 (589): eaaw3921. ( PubMed, DOI )

  19. Sopak Supakul, Kenta Yao, Hiroki Ochi, Tomohito Shimada, Kyoko Hashimoto, Satoko Sunamura, Yo Mabuchi, Miwa Tanaka, Chihiro Akazawa, Takuro Nakamura, Atsushi Okawa, Shu Takeda, Shingo Sato. Pericytes as a Source of Osteogenic Cells in Bone Fracture Healing. Int J Mol Sci. 2019.03; 20 (5): ( PubMed, DOI )

  20. Hashimoto K, Sato S, Ochi H, Takeda S, Futakuchi M. Calvarial Bone Implantation and in vivo Imaging of Tumor Cells in Mice. Bio-protocol. 2019.02; 9 (3): e3151. ( PubMed, DOI )

  21. Akira Takahashi, Mieradili Mulati, Masanori Saito, Hoashi Numata, Yutaka Kobayashi, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Philipp Kaldis, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose. Loss of cyclin-dependent kinase 1 impairs bone formation, but does not affect the bone-anabolic effects of parathyroid hormone. J. Biol. Chem.. 2018.12; 293 (50): 19387-19399. ( PubMed, DOI )

  22. Kyoko Hashimoto, Hiroki Ochi, Satoko Sunamura, Nobuyoshi Kosaka, Yo Mabuchi, Toru Fukuda, Kenta Yao, Hiroaki Kanda, Keisuke Ae, Atsushi Okawa, Chihiro Akazawa, Takahiro Ochiya, Mitsuru Futakuchi, Shu Takeda, Shingo Sato. Cancer-secreted hsa-miR-940 induces an osteoblastic phenotype in the bone metastatic microenvironment via targeting ARHGAP1 and FAM134A. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.. 2018.02; 115 (9): 2204-2209. ( PubMed, DOI )

  23. Kenta Mukaihara, Yu Tanabe, Daisuke Kubota, Keisuke Akaike, Takuo Hayashi, Kaoru Mogushi, Masaki Hosoya, Shingo Sato, Eisuke Kobayashi, Taketo Okubo, Youngji Kim, Shinji Kohsaka, Tsuyoshi Saito, Kazuo Kaneko, Yoshiyuki Suehara. Cabozantinib and dastinib exert anti-tumor activity in alveolar soft part sarcoma. PLoS ONE. 2017.10; 12 (9): e0185321. ( PubMed, DOI )

  24. Hirakawa H, Gatanaga H, Ochi H, Fukuda T, Sunamura S, Oka S, Takeda S, Sato S. Antiretroviral therapy containing HIV protease inhibitors enhances fracture risk by impairing osteoblast differentiation and bone quality JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES . 2017.05; 215 (12): 1893-1897. ( PubMed, DOI )

  25. Sato S, Tang YJ, Wei Q, Hirata M, Weng A, Han I, Okawa A, Takeda S, Whetstone H, Nadesan P,Kirsch DG, Wunder JS, Alman BA. Mesenchymal tumors can derive from Ng2/Cspg4-expressing pericytes with β-catenin modulating the neoplastic phenotype Cell Reports. 2016.07; 16 (4): 917-927. ( PubMed, DOI )

  26. Cheng Xu, Hiroki Ochi, Toru Fukuda, Shingo Sato, Satoko Sunamura, Takeshi Takarada, Eiichi Hinoi, Atsushi Okawa, Shu Takeda. Circadian clock regulates bone resorption in mice J. Bone Miner. Res.. 2016.02; 31 (7): 1344-1355. ( PubMed, DOI )

  27. Makoto Hirata, Shingo Sato, Jay S Wunder, Tak W. Mak, Benjamin A. Alman, etc.. Mutant IDH1 is sufficient to initiate enchondromatosis in mice Proc Natl Acad Sci USA. 2015.03; 112 (9): 2829-2834. ( PubMed )

  28. Hayakawa K, Ikeya M, Fukuta M, Woltjen K, Tamaki S, Takahara N, Kato T Jr, Sato S, Otsuka T, Toguchida J.. Identification of target genes of synovial sarcoma-associated fusion oncoprotein using human pluripotent stem cells. Biochem Biophys Res Commun. . 2013.01; 432 (4): 713-719.

  29. Iwasaki M, Piao J, Kimura A, Sato S, Inose H, Ochi H, Asou Y, Shinomiya K, Okawa A, Takeda S. . Runx2 haploinsufficiency ameliorates the development of ossification of the posterior longitudinal ligament. PLoS One.. 2012.01; 7 (8): e43372.

  30. Kimura A, Inose H, Yano F, Fujita K, Ikeda T, Sato S, Iwasaki M, Jinno T, Ae K, Fukumoto S, Takeuchi Y, Itoh H, Imamura T, Kawaguchi H, Chung UI, Martin JF, Iseki S, Shinomiya K, Takeda S. . Runx1 and Runx2 cooperate during sternal morphogenesis. Development,. 2010.01; 137 (7): 1159-1167.

  31. Inose H, Ochi H, Kimura A, Fujita K, Xu R, Sato S, Iwasaki M, Sunamura S, Takeuchi Y, Fukumoto S, Saito K, Nakamura T, Siomi H, Ito H, Arai Y, Shinomiya K, Takeda S.. A microRNA regulatory mechanism of osteoblast differentiation. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. . 2009.01; 106 20794-20799.

  32. Imai Yuuki, Nakamura Takashi, Matsumoto Takahiro, Sato Shingo, Takeda Shu, Igarashi Katsubide, Yamamoto Yoko, Kanno Jun, Takayanagi Hiroshi, Takaoka Kunio, Martin T. J., Chambon Pierre, Kato Shigeaki. Sex steroids hormone mediate osteoprotecitve effects by controlling osteoclast life cycle BONE. 2008.03; 42 S37-S38. ( DOI )

  33. Sato S, Kimura A, Ozdemir J, Asou Y, Miyazaki M, Jinno T, Ae K, Liu X, Osaki M, Takeuchi Y, Fukumoto S, Kawaguchi H, Haro H, Shinomiya K, Karsenty G, Takeda S. . The distinct role of the Runx proteins in chondrocyte differentiation and intervertebral disc degeneration: findings in murine models and in human disease. Arthritis Rheum. . 2008.01; S58 (9): 2764-2775.

  34. Kimura A., Takeda S., Sato S., Iwasaki M., Inose H., Sinomiya K.. Analysis of the role of Runx1 in chondrocyte differentiation using chondrocyte-specific Runx1 deficient mice JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH. 2007.09; 22 S100.

  35. Takeda S., Iwasaki M., Sato S., Kimura A., Inose H., Shinomiya K.. Runx2 haploinsufficiency ameliorates the ectopic calcification in a mouse model of ossification of the Posterior Longitudinal Ligament (OPLL) JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH. 2007.09; 22 S387.

  36. Inose H., Takeda S., Kimura A., Sato S., Shinomiya K.. Regulation of osteoblast differentiation by MicroRNA JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH. 2007.09; 22 S94.

  37. Nakamura T, Imai Y, Matsumoto T, Sato S, Takeuchi K, Igarashi K, Harada Y, Azuma Y, Krust A, Yamamoto Y, Nishina H, *Takeda S, Takayanagi H, Metzger D, Kanno J, Takaoka K, Martin TJ, Chambon P, Kato S. . Estrogen prevents bone loss via estrogen receptor alpha and induction of Fas ligand in osteoclasts. Cell. . 2007.01; 130 811-823.

  38. Sato S, Hanada R, Kimura A, Abe T, Matsumoto T, Iwasaki M, Inose H, Ida T, Mieda M, Takeuchi Y, Fukumoto S, Fujita T, Kato S, Kangawa K, Kojima M, Shinomiya K, Takeda S. . Central control of bone remodeling by neuromedin U. Nat Med. . 2007.01; 13 1234-1240.

  39. Takeda S, Ozdemir J, Sato S, Aso Y, Kimura A, Shinomiya G, Karsenty G. Runx1, 2 or 3 regulates chondrocyte differentiation with different efficacy and induction of Runx in intervertebral disk leads to disk degeneration. JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH. 2005.09; 20 (9): S61.

  40. 金澤 慧, 野里 洵子, 佐藤 信吾, 髙橋 萌々子, 入山 哲次, 三宅 智. トラマドールからヒドロモルフォンにオピオイドスイッチ後に重篤な呼吸抑制が生じた1症例 日本ペインクリニック学会誌. 2022.06; 29 (6): 119-122.

  41. Arai Makoto, Hirakawa Hiroyuki, Zhang Ji, Takahashi Hiroki, Ito Ryo, Matsumura Yoshihiro, Ochi Hiroki, Sato Shingo, Sakai Juro. Epigenetic regulation of bone formation by histone demethylase via apoptosis pathway in glucocorticoid-induced osteoporosis JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH. 2022.02; 37 123.

  42. 小柳 広高, 佐藤 信吾, 本橋 正隆, 吉井 俊貴, 大川 淳. 【骨・軟部腫瘍のマネジメント(その2)】悪性軟部腫瘍の治療 頭皮部発生肉腫の手術的治療マネジメント 頭皮部発生類上皮肉腫の1例 別冊整形外科. 2021.10; ( 医中誌 )

  43. 徳本 泰將, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 渡邉 紗矢, 宮武 和正, 大川 淳. 両下肢壊疽をきたし治療に難渋した左THA後慢性拡張型血腫の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2020.12; 51 (6): 548. ( 医中誌 )

  44. 本橋 正隆, 小柳 広高, 瀬川 裕子, 佐藤 信吾, 大西 威一郎, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨髄炎と鑑別を要した母趾末節骨類骨骨腫の1例 臨床整形外科. 2020.10; 55 (10): 1173-1176. ( 医中誌 )

  45. 戸原 遼, 平井 高志, 佐藤 信吾, 小柳 広高, 吉井 俊貴, 大川 淳. びまん性特発性骨増殖症を伴う転移性脊椎腫瘍に対する除圧術後の病的骨折により脊髄障害を生じた1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2020.10; 51 (5): 440-443. ( 医中誌 )

  46. 末原 義之, 高阪 真路, 林 大久生, 佐藤 信吾, 小林 英介, 金子 和夫, 加藤 俊介, Ladanyi Marc, 齋藤 剛. 骨・軟部腫瘍のゲノム医療とカウンセリング 軟部肉腫の新規MAN1A1-ROS1融合遺伝子の同定 日本整形外科学会雑誌. 2020.10; 94 (10): 832-840. ( 医中誌 )

  47. 佐藤信吾. ひとりじゃない、チームで行う骨転移診療 Bone Joint Nerve. 2020.07; 10 (3): 397-403.

  48. 佐藤 信吾. 【骨研究の最前線】がん骨転移とマイクロRNA BIO Clinica. 2019.08; 34 (8): 794-798. ( 医中誌 )

  49. 佐藤 信吾、平川 弘幸、潟永 博之. 骨折リスクを考慮したHIVの治療戦略 臨床整形外科. 2019.06; 54 (6): 614-618.

  50. 佐藤 信吾, Sopak Supakul, 八尾 健太, 大川 淳. 整形トピックス ペリサイト(血管周皮細胞)は多分化能を有し骨折治癒に貢献する 整形外科. 2019.06; 70 (7): 788. ( 医中誌 )

  51. 佐藤 信吾. がん細胞由来分泌型マイクロRNAが造骨型骨転移を惹起する 臨床雑誌 整形外科. 2018.09; 69 (11): 1124. ( 医中誌 )

  52. 佐藤信吾. がん骨転移のメカニズムの新知見と創薬への可能性 PHARM STAGE. 2018.06; 18 (3): 54-58.

  53. 佐藤信吾. 動物モデルを用いた肉腫研究 日本整形外科学会広報室ニュース. 2018.01; 112

  54. 佐藤 信吾. 骨軟部肉腫のマウスモデル Bone Joint Nerve. 2017.07; 7 (3): 375-383.

  55. 佐藤信吾, 竹田秀. 骨芽細胞による新たな骨と他臓器制御 Clinical Calcium. 2016.05; 26 (5): 721-727. ( PubMed, DOI )

  56. 佐藤信吾, 竹田秀. RANKL/RANK/OPGの遺伝子改変マウス ファーマナビゲーター 抗RANKL抗体編. 2016;

  57. 佐藤 信吾, 竹田 秀. 【骨転移病変に対する最新の基礎的知見と臨床マネージメント】 固形癌転移と骨微小環境をめぐる最新の基礎研究 骨転移における癌細胞による骨代謝制御機構 Surgery Frontier. 2015.03; 22 (1): 34-39. ( 医中誌 )

  58. 佐藤 信吾、竹田 秀. 生活習慣病からみた骨を中心とした多臓器連関 Clinical Calcium. 2014.11; 24 (11): 1591-1598. ( PubMed, DOI )

  59. 佐藤 信吾、竹田 秀. 骨転移とマイクロRNA Clinical Calcium. 2014.08; 24 (8): 1209-1215. ( PubMed, DOI )

  60. 眞鍋 淳, 松本 誠一, 黒田 浩司, 阿江 啓介, 下地 尚, 谷澤 泰介, 澤村 千草, 五木田 茶舞, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 船内 雄生, 川口 智義. 【骨・軟部腫瘍 先端的研究と臨床の現況】 治療 手術的治療 悪性骨腫瘍の手術 パスツール処理自家骨移植の基礎と臨床(特に長期成績について) 整形外科. 2010.07; 61 (8): 841-847. ( 医中誌 )

  61. 松本 誠一, 下地 尚, 谷澤 泰介, 澤村 千草, 五木田 茶舞, 阿江 啓介, 小柳 広高, 佐藤 信吾. 【骨・軟部腫瘍 先端的研究と臨床の現況】 治療 手術的治療 骨・軟部肉腫の手術 in situ preparation法 整形外科. 2010.07; 61 (8): 859-863. ( 医中誌 )

  62. 佐藤信吾, 竹田秀. 【最新原著レビュー】 軟骨細胞分化および椎間板変性におけるRunx 遺伝子の役割 整形外科. 2010.01; 61 (10): 1149-1153.

  63. 佐藤信吾, 竹田秀. 【骨・関節破壊制御のNew Frontier】 骨代謝制御における中枢神経系の役割を探る 分子リウマチ治療. 2009.01; 2 (4): 179-182.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 佐藤 信吾. チーム医療のためのがんロコモハンドブック. 総合医学社, 2021.10 骨転移キャンサーボードの意義と活用

  2. 佐藤 信吾. がん患者の運動器疾患の診かた -新たなアプローチ「がんロコモ」-. 中外医学社, 2019.11 骨転移キャンサーボード -立ち上げから運営まで-

  3. 佐藤 信吾、大川 淳 他. 整形外科医が今日から始めるがんロコモ. 総合医学社, 2019.05 大学病院でのがん診療に求められる運動器マネジメント

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Kaku Takumi, Oh Yoto, Sato Shingo, Koyanagi Hirotaka, Hirai Takashi, Yuasa Masato, Yoshii Toshitaka, Okawa Atsushi. 骨修飾薬を使用したがん骨転移患者における非定型大腿骨骨折の前兆の有病率 横断的研究(Prevalence of precursory signs for atypical femoral fractures in cancer bone metastasis patients with bone-modifying agent use: A cross-sectional study). 第94回日本整形外科学会学術総会 2021.05

  2. Shingo Sato, Hirotaka Koyanagi, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Satoshi Miyake, Atsushi Okawa. Early diagnosis and early treatment for bone metastasis by in-hospital multi-disciplinary treatment approach. Asia Pacific Musculoskeletal Tumor Society (APMSTS) 2021 2021.04.23 オンライン開催

  3. Kaku Takumi, Oh Yoto, Sato Shingo, Koyanagi Hirotaka, Hirai Takashi, Yuasa Masato, Yoshii Toshitaka, Okawa Atsushi. 転移性骨腫瘍患者における非定型大腿骨骨折 Alert report(Atypical femoral fractures in patients with metastatic bone disease: An alert report). 日本整形外科学会雑誌 2020.03.01

  4. Takano Haruko, Ochi Hiroki, Fukuhara Shigetomo, Sawada Yasuhiro, Sato Shingo, Yasoda Akihiro, Mochizuki Naoki. 生理機能の加齢性変化を引き起こす宇宙環境 荷重負荷によって発現誘導される骨膜分泌性OsteocrinはCNP依存性骨形成を促進する(Aging-related changes in physiological functions induced by the space environment Mechanical load-regulated expression of periosteal Osteocrin promotes CNP-dependent bone formation). The Journal of Physiological Sciences 2020.03.01

  5. Aihemaiti Aidehamu, Yamamoto Naoki, Aobulikasimu Alkebaier, Ochi Hiroki, Sato Shingo, Okawa Atsushi, Asou Yoshinori, Oyaizu Takuya, Tsuji Kunikazu, Miyata Toshio. PAI-1 accelerates sarcopenia and ageing-related osteoporosis. American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2019 Annual Meeting 2019.09

  6. Arai Makoto, Ochi Hiroki, Sunamura Satoko, Sato Shingo, Takeda Shu. Regulatory mechanism of bone formation via Wnt/beta-catenin signaling by long non-coding RNA in osteocytes. American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2019 Annual Meeting 2019.09

  7. Aikebaier Aobulikasimu, Asou Yoshinori, Ochi Hiroki, Piao Jinying, Sato Shingo, Tsuji Kunikazu, Okawa Atsushi. Osteocyte Sirt6 has crucial roles in bone and phosphate metabolism through senescence- dependent and -independent manner. American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2019 Annual Meeting 2019.09

  8. Alkebaier Aobulikasimu, Zulipiya Aibibula, Jinying Piao, Shingo Sato, Hiroki Ochi, Kunikazu Tsuji, Atsushi Okawa, Yoshinori Asou. Osteocyte Sirt6 has crucial roles in bone and phosphate metabolism. American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2018 Annual Meeting 2018.09.28 Montreal, Quebec, Canada

  9. Shingo Sato. Tumor-stromal interaction during bone metastasis.. 8th Seoul Breast Cancer 2018 2018.06.16 Seoul National University Hospital, Korea

  10. Shingo Sato, Kyoko Hashimoto, Hiroki Ochi, Satoko Sunamura, Atsushi Okawa, Mitsuru Futakuchi, Shu Takeda. Cancer-secreted Hsa-miR-940 Induces Osteoblastic Phenotype in the Bone Metastatic Microenvironment. Orthopaedic Research Society Annual Meeting 2018 2018.03.10 New Orleans, USA

  11. Kyoko Hashimoto, Hiroki Ochi, Satoko Sunamura, Toru Fukuda, Kenta Yao, Yo Mabuchi, Atsushi Okawa, Chihiro Akazawa, Mitsuru Futakuchi, Shu Takeda, Shingo Sato. Cancer-secreted hsa-miR-940 induces osteoblastic phenotype in the bone metastatic microenvironment via targeting ARHGAP1 and FAM134A. ERATO/AMED-CREST/PRESTO Joint International Symposium 2017.12.04 International Institute for Advanced Studies, Kyoto

  12. Kyoko Hashimoto, Satoko Sunamura, Hiroki Ochi, Toru Fukuda, Atsushi Okawa, Mitsuru Futakuchi, Shu Takeda, Shingo Sato. Cancer cell-derived microRNA induces osteoblastic phenotype in bone metastasis microenvironment. American Society of Bone and Mineral Research 2017 Annual Meeting 2017.09.08 Denver, Colorado, USA

  13. Kyoko Hashimoto, Satoko Sunamura, Hiroki Ochi, Toru Fukuda, Atsushi Okawa, Mitsuru Futakuchi, Shu Takeda, Shingo Sato. Cancer cell-derived microRNA induces osteoblastic phenotype in bone metastasis microenvironment. 14th Meeting of Bone Biology Forum 2017.08.18 クロスウェーブ幕張、幕張市

  14. Shingo Sato, Yuning J. Tang, Qingxia Wei, Makoto Hirata, Ilkyu Han, Shu Takeda, David G. Kirsch, Jay S. Wunder, Benjamin A. Alman. Mesenchymal tumors can derive from NG2-expressing pericytes with beta-catenin modulating the neoplastic phenotype. Connective Tissue Oncology Society Meeting 2016 2016.11.11 Lisbon, Portugal

  15. Shingo Sato, Qingxia Wei, Makoto Hirata, Yuning Tang, Shu Takeda, Jay S. Wunder, Benjamin Alman. Microarray and RNA sequencing analysis of pericyte-derived sarcomas in a novel sarcoma mouse model. Orthopaedic Research Society Annual Meeting 2015 2015.03.28 Las Vegas, USA

  16. Shingo Sato, Qingxia Wei, Makoto Hirata, Yuning Tang, Shu Takeda, Jay S. Wunder, Benjamin Alman. Microarray and RNA sequencing analysis of pericyte-derived sarcomas in a novel sarcoma mouse model. Connective Tissue Oncology Society Meeting 2014 2014.10.17 Berlin

  17. Sato S, Wei Q, Hirata M, Tang J, Wunder J, Alman B.. The pericyte as a cell of origin for sarcomas. Orthopaedic Research Society Annual Meeting 2014 2014.03.18 New Orleans, USA.

  18. Sato S, Wei Q, Hirata M, Han I, Wunder J, Alman B. . Pericytes as the cell of origin for sarcomas and establishment of novel sarcoma mouse models. Connective Tissue Oncology Society, 18th Annual Meeting 2013.10.30 New York, USA.

  19. Sato S, Alman B.. Pericytes as a cell of origin for sarcomas. The 8th tri-annual Combined Meeting of Orthopaedic Research Societies (CORS 2013) 2013.10.13 Venice, Italy

  20. Sato S.. Central control of bone remodeling. The 4th International Congress of Chinese Orthopaedic Association (COA 2009) 2009.11.22 Xiamen, China

  21. Shingo Sato, Shu Takeda, Reiko Hanada, Makiko Iwasaki, Hiroyuki Inose, Ayako Kimura, Kenji Kangawa, Masayasu Kojima, Ken-ichi Shinomiya. Central control of bone remodelling by Neuromedin U: a mediator of the leptin-dependent regulation of bone formation. The American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 29th Annual Meeting 2007.09.17 Hawaii, USA.

  22. Sato S, Takeda S, Hanada R, Iwasaki M, Kimura A, Inose H, Kojima M, Shinomiya K.. Neuromedin U regulates bone metabolism through the central nervous system independent of leptin signaling pathway. 53rd Orthopaedic Research Society 2007.02.11 San Diego, USA.

  23. 佐藤信吾. 乳がん患者に求められる「骨の健康」 ~骨転移とがん治療関連骨量減少~. 御茶ノ水 Oncology Forum 2022 2022.07.28 ホテル東京ガーデンパレス

  24. 阿江 啓介, 松本 誠一, 谷澤 泰介, 早川 景子, 齊藤 正徳, 三浪 友輔, 岡嶋 晃一, 川口 智義, 船内 雄生, 佐藤 信吾, 大川 淳. 四肢軟部肉腫のどのような手術に放射線を適応すべきか. 第55回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2022.07.14

  25. 佐藤 信吾, 船内 雄生, 平井 高志, 松倉 遊, 本橋 正隆, 辻野 昭平, 大川 淳. 骨転移に対する骨修飾薬投与は毎月必要か 骨代謝マーカーの動向から見えてきた新たな知見. 第55回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2022.07.14 タワーホール船堀・オンライン開催

  26. 本橋 正隆, 佐藤 信吾, 上子 優香, 荒木 健太, 大高 直哉, 岡田 崇, 船内 雄生, 藤岡 友之, 足立 拓也, 立石 宇貴秀, 大川 淳. 脊椎転移のAI画像診断支援システムの開発. 第55回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2022.07.14

  27. 辻野 昭平, 佐藤 信吾, 船内 雄生, 平井 高志, 松倉 遊, 工藤 篤, 小野 宏晃, 大川 淳. 神経内分泌腫瘍骨転移の臨床的特徴. 第55回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2022.07.14

  28. 佐藤信吾. 前立腺癌骨転移のマネジメント ~治療の意義と選択肢~. SPADE Web Conference 2022.06.09

  29. 劉 韜, 朴 金瑛, 佐藤 信吾, 越智 広樹, 大川 淳, 辻 邦和, 麻生 義則. 加齢制御因子SIRT6による骨代謝、リン代謝制御機構. 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 2022.06.01

  30. 佐藤 信吾, 加来 拓実, 王 耀東, 小柳 広高, 船内 雄生, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 吉井 俊貴, 大川 淳. 非定型大腿骨骨折の病態と治療 骨転移診療における骨修飾薬投与と非定型大腿骨骨折. 第95回日本整形外科学会学術総会 2022.05.20 神戸コンベンションセンター

  31. 船内 雄生, 辻野 昭平, 本橋 正隆, 佐藤 信吾, 阿江 啓介, 松本 誠一, 上子 優香, 鈴木 一洋, 小口 正彦, 大川 淳. 骨・軟部腫瘍診療の未来 AIホスピタル構想と骨・軟部腫瘍領域におけるAI画像診断補助システム・ナビゲーション手術について. 第95回日本整形外科学会学術総会 2022.05.20

  32. 佐藤信吾. 適切な骨転移の診断・治療でがん患者の骨折・麻痺を防ぐ. がんTotal Management Web Seminar 2022.04.07

  33. 岡田 浩典, 船内 雄生, 辻野 昭平, 佐藤 信吾, 大川 淳. 脛骨神経内に進展し運動神経障害を呈した神経内ガングリオンの一例. 関東整形災害外科学会雑誌 2022.03.01

  34. 阿江 啓介, 松本 誠一, 川口 智義, 谷澤 泰介, 早川 景子, 三浪 友輔, 齊藤 正徳, 黒澤 紀雄, 船内 雄生, 佐藤 信吾, 大川 淳. 骨・軟部肉腫手術の来し方、行く末. 日本整形外科学会雑誌 2022.03.01

  35. 佐藤 信吾, Benjamin Alman. 血管周皮細胞(ペリサイト)の生物学的特性と肉腫起源細胞の可能性. 第5回日本サルコーマ治療研究学会学術集会 2022.02.04 京都大学百周年時計台記念館

  36. 佐藤信吾. がんと骨、宇宙と骨 ~多角的視点から骨粗鬆症を考える~. 第76回整形外科カレントコンセプト 2022.01.29 ホテル椿山荘東京・オンライン開催

  37. 佐藤信吾. 乳がん骨転移のマネジメント 骨修飾薬の効果と副作用(顎骨壊死・非定型骨折)を中心に. 乳がん診療Webセミナー in御茶ノ水 2021.10.27

  38. 歌川 蔵人, 秦 宇英, 越智 広樹, 海野 愛子, 砂村 聡子, 大川 淳, 佐藤 信吾. 骨透明化技術の開発による骨内神経の三次元構造の可視化と除神経による骨恒常性変化の観察. 第36回日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14

  39. 佐藤 信吾, 秦 宇英, 歌川 蔵人, 越智 広樹, 大川 淳. 骨透明化技術の開発による骨内神経の3次元構造の可視化と除神経による骨恒常性変化の観察. 第39回日本骨代謝学会学術集会 2021.10.08 オンライン開催

  40. 荒井 誠, 平川 弘幸, 張 吉, 高橋 宙大, 伊藤 亮, 松村 欣宏, 越智 広樹, 佐藤 信吾, 酒井 寿郎. ヒストン脱メチル化酵素KDM3Aはアポトーシス経路を介して骨形成を制御する. 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集 2021.10.01

  41. 佐藤信吾、秦宇英、歌川蔵人、越智広樹、砂村聡子、海野愛子、三宅智、大川淳. 骨を透明にする技術の開発と宇宙実験への応用. 第19回関東骨軟部腫瘍の基礎を語る会 秋セミナー 2021.09.11 オンライン開催

  42. 田中 寛来, 小林 裕, 佐藤 信吾, 吉井 俊貴, 大川 淳, 猪瀬 弘之. Foxf2はWnt経路を介して骨芽細胞分化を調節する. 日本整形外科学会雑誌 2021.08.01

  43. 平井 高志, 佐藤 信吾, 松倉 遊, 船内 雄生, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 転移性骨腫瘍に対する治療戦略 転移性脊椎腫瘍による脊髄麻痺予防を目的とした集学的院内診療 東京医科歯科大学整形外科の取り組み. 東日本整形災害外科学会雑誌 2021.08.01

  44. 橋本 泉智, 平井 高志, 佐藤 信吾, 松倉 遊, 船内 雄生, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 転移性胸椎腫瘍患者における当院での手術成績の検討. 東日本整形災害外科学会雑誌 2021.08.01

  45. 船内 雄生, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 佐藤 信吾, 早川 景子, 三浪 友輔, 齋藤 正徳, 本橋 正隆, 辻野 昭平, 黒澤 紀雄, 松本 誠一, 大川 淳. 若手整形外科医へ伝えたい骨・軟部腫瘍の魅力 骨軟部腫瘍領域の臨床・学術的魅力 高難度手術から集学的治療,臨床・基礎研究まで. 東日本整形災害外科学会雑誌 2021.08.01

  46. 加来 拓実, 王 耀東, 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 吉井 俊貴, 大川 淳. がんロコモの現状と課題 骨転移に対する骨修飾薬投与による非定型大腿骨骨折発症の潜在的リスクの検討. 日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2021.07.16

  47. 佐藤 信吾, 平井 高志, 湯浅 将人, 小柳 広高, 船内 雄生, 本橋 正隆, 三宅 智, 大川 淳. メタ脊損に対する緊急手術ゼロプロジェクト 脊髄麻痺に対する緊急手術はどこまで減らせる?. 日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2021.07.15

  48. 佐藤信吾. 適切な骨転移の診断・治療でがん患者が最期まで"動ける"を目指そう!. Cancer Management Web Seminar 2021.07.08 オンライン開催

  49. 本橋 正隆, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 吉井 俊貴, 阿江 啓介, 大川 淳. 頭蓋骨浸潤を来した類上皮肉腫に対する複数科合同手術の効果 1例報告. 日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2021.07

  50. 小柳 広高, 佐藤 信吾, 平井 高志, 湯浅 将人, 王 耀東, 加来 拓実, 吉原 有俊, 本橋 正隆, 吉井 俊貴, 阿江 啓介, 大川 淳. 長管骨骨転移病的骨折例の予後因子と外科的治療法の検討. 日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2021.07

  51. 布施 洸, 福田 翔平, 内田 裕將, 戸出 真宏, 福島 啓司, 森山 真吾, 安田 庸輔, 上原 翔, 田中 一, 吉田 宗一郎, 横山 みなと, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 松岡 陽, 藤井 靖久. 下咽頭癌術後副甲状腺機能低下症を伴う去勢抵抗性前立腺癌多発骨転移に対しデノスマブ投与後低カルシウム血症が長期遷延した1例. 泌尿器外科 2021.06.01

  52. 平井 高志, 佐藤 信吾, 湯浅 将人, 小柳 広高, 森下 真伍, 松倉 遊, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 脊椎転移による脊髄麻痺の予防を目的とした集学的院内診療体制. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04

  53. 橋本 泉智, 平井 高志, 佐藤 信吾, 湯浅 将人, 小柳 広高, 森下 真伍, 松倉 遊, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 当院における転移性胸椎腫瘍患者の麻痺重症度と術後改善度の検討. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04

  54. 佐藤信吾. もしかして骨転移を見逃していませんか? ~適切な骨転移の診断・治療とチーム医療~. Total Care Seminar 2021.03.04 オンライン開催

  55. 波多野 泰三, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 本橋 正隆, 田中 雄太, 大川 淳. 診断に難渋した非結核性抗酸菌による上肢軟部組織感染症の一例. 第61回関東整形災害外科学会 2021.03

  56. 佐藤信吾. 適切な骨転移の診断・治療でがんロコモを防ぐ ~婦人科がんの骨転移症例を中心に~. Gynecological Cancer Bone Metastases Joint Web Seminar 2020.12.15

  57. 佐藤信吾. 血栓塞栓症リスクを考慮したがん骨転移マネージメント. VTE Board Forum 2020.11.10

  58. 佐藤信吾. 骨転移診療に求められるチーム医療とは?. 骨転移Webセミナー 2020.10.14

  59. 佐藤信吾、小柳広高、平井高志、湯浅将人、本橋正隆、大川淳. 骨転移キャンサーボードで示すがん診療における整形外科医の存在意義. 第69回東日本整形災害外科学会 2020.09.18 オンライン開催

  60. 佐藤信吾. Withコロナ時代のがん医療・緩和医療を考える. 岩手がんを考える会 2020.09.13 オンライン開催

  61. 渡邊 怜奈, 瀬川 裕子, 柿崎 潤, 宮武 和正, 平尾 昌之, 高田 亮平, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 神野 哲也, 大川 淳. 髄内釘を用いた大腿骨骨切り術中に大量出血を来したMcCune-Albright症候群の1例. 第53回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2020.09.11 オンライン開催

  62. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 酒井 朋子, 三宅 智, 大川 淳. 緩和ケアにおける整形外科医の意義を考える がん患者が最後まで「動ける」を目指した緩和ケアの実践. 第53回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2020.09.11 オンライン開催

  63. 佐藤 信吾, 平井 高志, 吉井 俊貴, 小柳 広高, 阿江 啓介, 湯浅 将人, 三宅 智, 大川 淳. TES施行後、隣接椎体の骨転移による歩行障害が出現し、その治療に難渋した症例. 第53回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2020.09.11 オンライン開催

  64. 小柳 広高, 佐藤 信吾, 阿江 啓介, 大川 淳. 当院における悪性骨・軟部腫瘍に対するがんゲノム検査後治療未実施例の検討. 第53回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2020.09.11 オンライン開催

  65. 渡邉 紗矢, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 阿江 啓介, 松本 誠一, 大川 淳. 転移性脊椎腫瘍との鑑別を要した脊椎の孤立性形質細胞腫の4例. 第60回関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン開催

  66. 徳本 泰將, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 野呂瀬 美生, 橘 哲也, 渡辺 紗矢, 大川 淳. 急性膝窩動脈閉塞を併発した慢性拡張型血腫に対して骨盤半裁施行した1例. 第60回関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン開催

  67. 佐藤信吾. デノスマブが支える運動器の健康 ~直ちに骨を守る行動を!~. 第60回関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン開催

  68. 岩倉 俊子, 本松 裕子, 鵜澤 茂代, 田崎 幸子, 岡 梨津子, 山下 礼, 野里 洵子, 入山 哲次, 高橋 萌々子, 佐藤 信吾, 三宅 智. 新型コロナウィルス感染症流行期における都内大学病院緩和ケア病棟(PCU)での面会について. Palliative Care Research 2020.08.01

  69. 佐藤 信吾, 酒井 朋子, 岡安 健, 野里 洵子, 入山 哲次, 高橋 萌々子, 岡 梨津子, 本松 裕子, 三宅 智. 多職種協働でがんロコモを防ぐ がん患者が最後まで「動ける」を目指した緩和ケアの実践. Palliative Care Research 2020.08.01

  70. 本松 裕子, 岩倉 俊子, 岡 梨津子, 鵜澤 茂代, 野里 洵子, 山下 礼, 入山 哲次, 高橋 萌々子, 佐藤 信吾, 三宅 智. 大学病院における緩和ケア病棟開棟3年間の経過報告 がん治療医との連携による緩和ケア病棟の運用を考える. Palliative Care Research 2020.08.01

  71. 佐藤信吾、酒井朋子、岡安健、野里洵子、入山哲次、高橋萌々子、岡梨津子、本松裕子、三宅智. 多職種協働でがんロコモを防ぐ ~がん患者が最後まで「動ける」を目指した緩和ケアの実践~. 緩和・支持・心のケア合同学術大会2020 2020.08 オンライン開催

  72. 佐藤信吾、橋本恭子、越智広樹、大川淳、三宅智. 骨転移におけるがん細胞と骨の細胞とのコミュニケーション. 第125回日本解剖学会総会・全国学術集会 2020.03.27 誌上開催

  73. 平井 高志, 佐藤 信吾, 湯浅 将人, 小柳 広高, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 集学的院内診療体制に基づく脊椎転移による脊髄麻痺の予防 東京医科歯科大学の取り組み. 日本脊椎脊髄病学会 2020.03.01

  74. 佐藤信吾. 進行期がん患者における運動器マネージメントの重要性. 埼玉県立がんセンター 骨転移セミナー 2019.11.19

  75. 佐藤信吾. がん患者にも求められる運動器の健康 ~がんロコモを防ぐための本学の取り組み~. 2019年度東京医科歯科大学「健康を考える」公開講座 2019.11.06

  76. 佐藤 信吾, 荒井 誠, 越智 広樹, 砂村 聡子, 竹田 秀, 大川 淳. 骨代謝研究による骨粗鬆症治療の改革 骨細胞の長鎖ノンコーディングRNAによる骨代謝制御機構の解明. 日本整形外科学会雑誌 2019.10.18

  77. 佐藤信吾、Supakul Sopak、八尾健太、越智広樹、橋本恭子、砂村聡子、竹田秀、大川淳. ペリサイト(血管周皮細胞)は多分化能を有し骨折治癒に貢献する. 第37回日本骨代謝学会学術集会 2019.10.13

  78. 荒井 誠, 越智 広樹, 砂村 聡子, 竹田 秀, 佐藤 信吾. 骨細胞の長鎖ノンコーディングRNAがWnt/βカテニン経路を介して骨形成を制御する. 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集 2019.09.01

  79. 麻生 義則, アブルカスム・アクバル , 越智 広樹, 佐藤 信吾, 朴 金瑛, 古賀 大介, 辻 邦和, 大川 淳. 骨細胞の老化制御因子Sirt6による骨代謝、リン代謝制御機構. 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集 2019.09.01

  80. Aobulikasimu Aikebaier, 麻生 義則, 越智 広樹, 朴 金瑛, 唐 果, 佐藤 信吾, 辻 邦和, 大川 淳. 骨細胞Sirt6による骨代謝/リン代謝制御機構の解析. 日本整形外科学会雑誌 2019.09.01

  81. Aidehamu Aihemaiti, Aobulikasimu Aikebaier, 越智 広樹, 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 宮田 敏男, 佐藤 信吾, 畑 裕, 辻 邦和, 大川 淳, 麻生 義則. Plasminogen activator inhibitor-1はロコモティブシンドロームを加速する. 日本整形外科学会雑誌 2019.09.01

  82. 末原 義之, 高阪 真路, 林 大久生, 赤池 慶祐, 佐藤 信吾, 小林 英介, 金 栄智, 大久保 武人, 金子 和夫, 間野 博行, 齋藤 剛. 軟部肉腫のROS1融合遺伝子同定とその機能解析. 日本整形外科学会雑誌 2019.09.01

  83. 塚本 和矢, 小柳 広高, 中川 裕介, 佐藤 信吾, 四十物 佑介, 佐々部 敦, 大川 淳. 骨破壊を伴う広範な血管腫に対して腫瘍用人工膝関節を用いて患肢機能を温存できた一例. 東日本整形災害外科学会雑誌 2019.08.01

  84. 上杉 豪, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 佐々木 亨, 大西 威一郎, 田村 聡史, 鈴木 志郎, 藤田 浩二, 大川 淳. Guyon管に発生し尺骨神経麻痺をきたした脂肪腫の一例. 東日本整形災害外科学会雑誌 2019.08.01

  85. 星野 ちさと, 山口 玲子, 請川 大, 佐藤 信吾, 酒井 朋子, 大川 淳. がんロコモ 進行期がん患者に対する積極的リハビリ介入の取り組み. 東日本整形災害外科学会雑誌 2019.08.01

  86. 四十物 佑介, 二村 昭元, 小柳 広高, 佐藤 信吾. 三角筋下脂肪腫による肩周囲痛、可動域制限を呈した一例. 東日本整形災害外科学会雑誌 2019.08.01

  87. 佐々部 敦, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 四十物 佑介, 塚本 和矢, 大川 淳. 感染を合併した顆粒膜細胞腫腹壁再発に対して外科的治療を行った1例. 東日本整形災害外科学会雑誌 2019.08.01

  88. 山口 玲子, 酒井 朋子, 加来 拓実, 星野 ちさと, 請川 大, 小柳 広高, 佐藤 信吾. 緩和ケア病棟における大腿骨近位部骨折の2例. 東日本整形災害外科学会雑誌 2019.08.01

  89. 佐藤信吾、小柳広高、平井高志、湯浅将人、阿江啓介、三宅智、大川淳. 骨修飾薬の長期投与は安全か? ~院内副作用調査から見えてきた新たな知見~. 第52回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2019.07.11 ウェスタ川越

  90. 佐藤信吾、工藤篤、小柳広高、平井高志、湯浅将人、阿江啓介、三宅智、大川淳. 日本初の神経内分泌腫瘍(NET)専門外来との連携によるNET患者の骨転移マネージメント. 第52回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2019.07.11 ウェスタ川越

  91. 小柳 広高, 吉井 俊貴, 平井 高志, 佐藤 信吾, 眞鍋 淳, 五木田 茶舞, 阿江 啓介, 大川 淳. 骨巨細胞腫治療におけるdenosumabの意義 骨外病変を伴った脊椎骨巨細胞腫に対する脊椎全摘出術前デノスマブ治療の意義. 第52回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2019.07

  92. 末原 義之, 高阪 真路, 栗崎 愛子, 林 大久生, 赤池 慶祐, 佐藤 信吾, 小林 英介, 金 栄智, 大久保 武人, 金子 和夫, 間野 博行, 齋藤 剛. 骨・軟部腫瘍のゲノム医療とカウンセリング 軟部肉腫の新規ROSI-MAN1A1融合遺伝子の同定. 第52回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2019.07

  93. 小柳 広高, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 船内 雄生, 早川 景子, 三浪 友輔, 齊藤 正徳, 眞鍋 淳, 五木田 茶舞, 澤村 千草, 佐藤 信吾, 大川 淳, 松本 誠一. 照射後肉腫の特徴と治療課題. 第52回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2019.07

  94. 五木田 茶舞, 眞鍋 淳, 齊藤 正徳, 三浪 友輔, 船内 雄生, 早川 景子, 佐藤 信吾, 小柳 広高, 澤村 千草, 谷澤 泰介, 松本 誠一, 阿江 啓介. 転移性骨腫瘍手術の工夫 腫瘍切除後の長管骨骨幹部欠損に対する金属メッシュ補強骨セメント併用髄内釘の治療成績. 第52回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2019.07

  95. 佐藤信吾、小柳広高、平井高志、湯浅将人、大川淳、三宅智. 日本屈指の多職種協働骨転移診療システムの構築を目指して. 第24回日本緩和医療学会学術大会 2019.06.22

  96. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 阿江 啓介, 三宅 智, 大川 淳. 骨修飾薬の長期投与は安全か 院内副作用調査から見えてきた新たな知見. 日本整形外科学会雑誌 2019.06.01

  97. 佐藤信吾、小柳広高、平井高志、湯浅将人、大川淳. 骨転移診療で使用する骨修飾薬の院内副作用調査からみえてきた新たな知見. 第92回日本整形外科学会学術総会 2019.05.11 パシフィコ横浜

  98. 末原 義之, 高阪 真路, 栗崎 愛子, 林 大久生, 赤池 慶祐, 佐藤 信吾, 小林 英介, 金子 和夫, 間野 博行, 齋藤 剛. 軟部肉腫のTyrosine kinase融合遺伝子・遺伝子変異体の探索. 第92回日本整形外科学会学術総会 2019.05

  99. 佐藤信吾, 小柳広高, 平井高志, 湯浅将人, 阿江啓介, 大川淳. 医歯学融合集学的骨転移診療システムの構築と緊急手術削減効果. 第59回関東整形災害外科学会 2019.03.22 東京コンベンションホール、東京

  100. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 大川 淳. 骨転移診療で使用する骨修飾薬の院内副作用調査から見えてきた新たな知見. 日本整形外科学会雑誌 2019.03.01

  101. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 阿江 啓介, 大川 淳. 骨転移キャンサーボードNOW 医歯学融合集学的骨転移診療システムの構築と緊急手術削減効果. 関東整形災害外科学会雑誌 2019.03.01

  102. 佐藤信吾. 骨折リスクを考慮した抗 HIV 治療戦略. 平成30年度薬力学研究会講演会 2019.02.19 お茶の水医学会館、東京

  103. 佐藤信吾. がんの骨転移. Juntendo Orthopedic Oncology Collaboration (JOOC) 2018.12.08 順天堂大学、東京

  104. 佐藤信吾, Supakul Sopak, 島田智仁, 越智広樹, 馬渕洋, 八尾健太, 砂村聡子, 赤澤智宏, 中村卓郎, 竹田秀, 大川淳. ペリサイト(血管周皮細胞)は多分化能を有し骨折治癒に貢献する. 第33回日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.12 奈良春日野国際フォーラム. 奈良

  105. Aobulikasimu Alkebaier, Aibibula Zulipiya, 朴 金瑛, 金 光文, 越智 広樹, 佐藤 信吾, 大川 淳, 麻生 義則. 骨細胞のSirt6はSOST発現を介して骨代謝を制御する. 第33回日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良春日野国際フォーラム、奈良

  106. 麻生 義則, 朴 金瑛, Zulipiya Aibibula, 越智 広樹, 佐藤 信吾, 大川 淳. サーチュイン遺伝子Sirt6によるリン代謝制御機構. 第33回日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良春日野国際フォーラム. 奈良

  107. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 大川 淳, 阿江 啓介. 骨転移診療体制の構築 医歯学融合集学的診療体制構築による骨転移早期治療介入の取り組みと効果. 関東整形災害外科学会雑誌 2018.10.01

  108. 小林 秀彰, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 平井 高志, 湯浅 将人, 須藤 祐伴, 吉井 俊貴, 大川 淳. 長期経過で骨転移をきたしたパラガングリオーマの2例. 第67回東日本整形災害外科学会 2018.09.21 秋田

  109. 橋本 恭子, 越智 広樹, 砂村 聡子, 小坂 展慶, 大川 淳, 落谷 孝広, 二口 充, 竹田 秀, 佐藤 信吾. がん細胞由来分泌型マイクロRNAによる骨転移微小環境制御機構の解明. 第36回日本骨代謝学会学術集会 2018.07.26 長崎

  110. 佐藤信吾, 小柳広高, 平井高志, 湯浅将人, 関田俊明, 阿江啓介, 水口俊介, 大川淳. 医歯学融合集学的骨転移診療システムによる顎骨壊死予防の取り組みと効果. 第51回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2018.07.13 静岡県コンベンションアーツセンター、静岡

  111. 佐藤信吾, 小柳広高, 平井高志, 湯浅将人, 関田俊明, 阿江啓介, 水口俊介, 大川淳. 整形外科主導の集学的骨転移診療システムの構築と早期治療介入. 第51回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2018.07.13 静岡県コンベンションアーツセンター、静岡

  112. 小柳 広高, 阿江 啓介, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 下地 尚, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 澤村 千草, 佐藤 信吾, 早川 景子, 船内 雄生, 三浪 友輔, 齊藤 正徳, 黒田 浩司, 川口 智義, 大川 淳. パスツール処理骨の移植方法に関する検討. 第51回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2018.07.12 静岡県コンベンションアーツセンター、静岡

  113. 小柳 広高, 阿江 啓介, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 下地 尚, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 澤村 千草, 佐藤 信吾, 早川 景子, 船内 雄生, 三浪 友輔, 齊藤 正徳, 黒田 浩司, 川口 智義, 大川 淳. 悪性末梢神経鞘腫の予後因子に関する検討. 第51回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2018.07.12 静岡県コンベンションアーツセンター、静岡

  114. 佐藤信吾, 小柳広高, 平井高志, 湯浅将人, 阿江啓介, 大川淳. メタ脊損(脊椎転移による脊髄麻痺)は集学的院内診療体制構築で撲滅できる -東京医科歯科大学の取り組み-. 第91回日本整形外科学会学術総会 2018.05.26 神戸コンベンションセンター、神戸

  115. 阿江 啓介, 松本 誠一, 谷澤 泰介, 早川 景子, 船内 雄生, 三浪 友輔, 斉藤 雅徳, 佐藤 信吾, 小柳 広高, 大川 淳. 骨・関節再建術における同種骨移植の利用. 第91回日本整形外科学会学術総会 2018.05.25 神戸コンベンションセンター、神戸

  116. 平井 高志, 佐藤 信吾, 湯浅 将人, 小柳 広高, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 集学的院内診療体制構築による脊椎転移の脊髄麻痺の予防 東京医科歯科大学の取り組み. 第47回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  117. 佐藤 信吾. がん細胞が分泌するマイクロRNAが造骨型/溶骨型骨転移を誘導する. 第265回関東骨軟部腫瘍研究会 2018.04.10 東京医科歯科大学、東京

  118. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 阿江 啓介, 大川 淳. 医歯学融合集学的診療体制構築による骨転移早期治療介入の取り組みと効果. 第58回関東整形災害外科学会 2018.03.17 ソラシティカンファレンスセンター、東京

  119. 佐藤信吾, 橋本恭子, 越智広樹, 砂村聡子, 小坂展慶, 馬渕洋, 神田浩明, 阿江啓介, 小柳広高, 赤澤智宏, 落谷孝広, 二口充, 竹田秀, 大川淳. がん細胞由来分泌型マイクロRNAによる骨転移微小環境制御機構. 第1回日本サルコーマ治療研究学会(JSTAR)学術集会 2018.02.23 JA共済ビルカンファレンスホール. 東京.

  120. 橋本恭子、越智広樹、砂村聡子、小坂展慶、馬渕洋、福田亨、八尾健太、神田浩明、阿江啓介、大川淳、赤澤智宏、落谷孝広、二口充、竹田秀、佐藤信吾. がん細胞由来分泌型マイクロRNAが造骨型骨転移を惹起する. 第3回日本骨免疫学会ウインターセミナー 2018.01.26 ホテルマロウド軽井沢、長野県北佐久郡

  121. 佐藤信吾. がん細胞由来分泌型マイクロRNAによる骨転移微小環境制御機構. 平成29年度新学術領域研究学術研究支援基盤形成【先端モデル動物支援プラットフォーム】成果発表会 2018.01.25 琵琶湖ホテル. 大津市

  122. Aobulikasimu Alkebaier, 金 光文, 朴 金瑛, Zulipiya Aibibula, 段 孝, 市村 敦彦, 宮田 敏男, 越智 広樹, 佐藤 信吾, 大川 淳, 麻生 義則. 新規PAI-1阻害剤はマウス骨髄除去モデルにおいて骨形成を促進する. 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 2017.10.27 沖縄コンベンションセンター. 宜野湾市

  123. 金 光文, 朴 英瑛, Aobulikasimu Alkebaier, Zulipiya Aibibula, 段 孝, 市村 敦彦, 赤堀 浩司, 宮田 敏男, 越智 広樹, 佐藤 信吾, 大川 淳, 麻生 義則. 新規PAI-1阻害薬は閉経後骨粗鬆症モデルの骨密度を回復させる. 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 2017.10.27 沖縄コンベンションセンター. 宜野湾市

  124. 橋本恭子、砂村聡子、越智広樹、大川淳、二口充、竹田秀、佐藤信吾. がん細胞由来分泌型マイクロRNAが造骨型骨転移を惹起する. 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 2017.10.27 沖縄コンベンションセンター、沖縄県宜野湾市

  125. 佐藤信吾, 平川弘幸, 越智広樹, 橋本恭子, 砂村聡子, 岡慎一, 大川 淳, 竹田秀, 潟永 博之. HIVに対する多剤併用療法は骨質の低下を介して骨折リスクを増加させる. 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 2017.10.27 沖縄コンベンションセンター. 宜野湾市

  126. 佐藤信吾, 小柳広高, 平井高志, 湯浅将人, 三浪友輔, 阿江啓介, 大川淳. 医歯学融合集学的診療システムによる骨転移早期治療介入の取り組みと効果. 第66回東日本整形災害外科学会 2017.09.15 京王プラザホテル

  127. 橋本 恭子, 砂村 聡子, 越智 広樹, 大川 淳, 二口 充, 竹田 秀, 佐藤 信吾. 悪性骨・軟部腫瘍転移制御への道 がん細胞由来分泌型マイクロRNAが造骨型骨転移を惹起する. 日本整形外科学会雑誌 2017.08.01

  128. 平川弘幸、潟永博之、越智広樹、橋本恭子、砂村聡子、岡慎一、竹田秀、佐藤信吾. HIV感染者に対する多剤併用療法は骨質の低下を介して骨折リスクを増加させる. 第35回日本骨代謝学会学術集会 2017.07.28 ホテル日航福岡、福岡市

  129. 橋本恭子、砂村聡子、越智広樹、大川淳、二口充、竹田秀、佐藤信吾. がん細胞由来分泌型マイクロRNAが造骨型骨転移を惹起する. 第17回東京骨関節フォーラム 2017.07.15 東京大学山上会館、東京

  130. 三浪 友輔, 佐藤 信吾, 阿江 啓介, 大川 淳. 発生頻度がきわめて稀な肺原発頭蓋外髄膜腫の多発骨転移の1例. 第50回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2017.07.14 京王プラザホテル

  131. 船内 雄生, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 下地 尚, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 佐藤 信吾, 小柳 広高, 早川 景子, 三浪 友輔, 大川 淳. 多施設後方視研究で見た骨肉腫の治療成績総括. 第50回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2017.07.14 京王プラザホテル

  132. 五木田 茶舞, 小柳 広高, 谷澤 泰介, 佐藤 信吾, 早川 景子, 船内 雄生, 黒田 浩司, 眞鍋 淳, 松本 誠一, 大川 淳, 下地 尚, 阿江 啓介. 骨外性粘液型軟骨肉腫の治療成績 35症例における多施設後方視研究. 第50回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2017.07.14 京王プラザホテル

  133. 小柳 広高, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 下地 尚, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 澤村 千草, 佐藤 信吾, 船内 雄生, 早川 景子, 高橋 拓也, 大川 淳, 川口 智義. 神経線維腫症I型に合併した悪性末梢神経鞘腫症例の検討. 第50回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2017.07.14 京王プラザホテル

  134. 阿江 啓介, 松本 誠一, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 早川 景子, 船内 雄生, 南雲 吉祥, 川口 智義, 佐藤 信吾, 大川 淳. 切除縁評価と骨・軟部肉腫手術 新しい切除縁評価法によるsafe margin解析. 第50回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2017.07.14 京王プラザホテル

  135. 佐藤信吾, 小柳広高, 平井高志, 三浪友輔, 阿江啓介, 大川淳. 医歯学融合集学的診療システムによる骨転移早期治療介入の取り組みと効果. 第50回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2017.07.14 京王プラザホテル

  136. 佐藤信吾, 橋本恭子, 砂村聡子, 越智広樹, 小柳広高, 二口充, 大川淳. がん細胞が分泌するマイクロRNAが骨転移のタイプを規定する ~造骨型骨転移を惹起する分泌型マイクロRNAの同定~. 第50回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2017.07.14 京王プラザホテル

  137. 佐藤 信吾. 病的骨折の撲滅に向けた医歯学融合集学的骨転移診療システムの構築. 第43回日本骨折治療学会 2017.07.08 ビッグパレットふくしま

  138. 佐藤 信吾. 病的骨折の治療を考える 病的骨折の撲滅に向けた医歯学融合集学的骨転移診療システムの構築. 骨折 2017.07.01

  139. 三浪 友輔, 佐藤 信吾, 阿江 啓介, 大川 淳. 発生頻度がきわめて稀な肺原発頭蓋外髄膜腫の多発骨転移の1例. 日本整形外科学会雑誌 2017.06.01

  140. 佐藤 信吾, 橋本 恭子, 砂村 聡子, 越智 広樹, 小柳 広高, 二口 充, 大川 淳. がん細胞が分泌するマイクロRNAが骨転移のタイプを規定する 造骨型骨転移を惹起する分泌型マイクロRNAの同定. 日本整形外科学会雑誌 2017.06.01

  141. 佐藤信吾. 骨転移患者の骨折や麻痺を防ぐために整形外科医ができること. 第45回 Kyoto Orthopaedic Seminar 2017.03.07 京都大学, 京都

  142. 佐藤 信吾, 越智 広樹, 竹田 秀. 新しい多臓器連関システムの破綻と疾患 骨を基軸とする臓器間ネットワーク機構. 日本内分泌学会雑誌 2017.01.01

  143. 佐藤信吾, 越智広樹, 竹田秀. 骨を基軸とする臓器間ネットワーク機構. 第20回日本心血管内分泌代謝学会 2016.12.16 東京コンベンションホール, 東京

  144. 佐藤信吾, 越智広樹, 竹田秀. 臓器連関の視点から俯瞰した骨の老化の新たなメカニズム. 第39回日本分子生物学会年会 2016.12.02 パシフィコ横浜, 横浜市

  145. 橋本恭子, 砂村聡子, 越智広樹, 二口充, 竹田秀, 佐藤信吾. がん細胞由来分泌型マイクロRNAが造骨型骨転移を惹起する. 第14回関東骨軟部腫瘍の基礎を語る会 2016.10.29 イイノホール&カンファレンスセンター, 東京

  146. 佐藤信吾. 骨軟部肉腫の起源と下垂体腫瘍の起源は同一か?. 骨・軟部腫瘍の基礎を語る会2016 2016.10.13 福岡サンパレス, 福岡市

  147. 佐藤信吾, Benjamin Alman, 竹田秀, 大川淳. 骨軟部肉腫の起源と下垂体腫瘍の起源は同一か?. 第31回日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.13 福岡国際会議場, 福岡市

  148. 橋本恭子, 越智広樹, 佐藤信吾, 加藤茂明, 竹田秀. 脂肪組織特異的ビタミンD受容体欠損マウスにおける代謝解析. 第2回Neo Vitamin D Workshop 2016.08.26 TKPガーデンシティ品川, 東京

  149. 佐藤 信吾, Alman Benjamin, 竹田 秀, 大川 淳. 骨・軟部肉腫の起源と下垂体腫瘍の起源は同一か. 日本整形外科学会雑誌 2016.08.01

  150. 平川弘幸, 佐藤信吾, 越智広樹, 砂村聡子, 潟永博之, 竹田秀. 抗HIV薬による骨折リスク上昇のメカニズムの解明. 第16回東京骨関節フォーラム 2016.07.30 東京医科歯科大学, 東京

  151. 佐藤信吾, 平井高志, 請川大, 松本誠一, 竹田秀, 大川淳. 医歯学融合集学的骨転移診療体制構築による緊急手術削減効果. 第49回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会 2016.07.14 東京ドームホテル, 東京

  152. 阿江 啓介, 松本 誠一, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 早川 景子, 船内 雄生, 鬼頭 宗久, 三浪 友輔, 角 優介, 佐藤 信吾, 大川 淳, 川口 智義. 骨・軟部腫瘍外科における手術支援 3Dナビゲーションシステムを用いた骨腫瘍手術の経験. 日本整形外科学会雑誌 2016.06.01

  153. 阿江 啓介, 松本 誠一, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 早川 景子, 船内 雄生, 鬼頭 宗久, 三浪 友輔, 角 優介, 佐藤 信吾, 大川 淳, 川口 智義. 補助化学療法を行わなかった非円形細胞軟部肉腫の治療成績から見た補助化学療法の意義. 日本整形外科学会雑誌 2016.06.01

  154. 阿江 啓介, 松本 誠一, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 早川 景子, 船内 雄生, 鬼頭 宗久, 三浪 友輔, 佐藤 信吾, 角 優介, 大川 淳, 川口 智義. 新しい切除縁表記法による悪性骨原発腫瘍の疾患別にみた安全な切除縁. 日本整形外科学会雑誌 2016.06.01

  155. 佐藤信吾. 血管周皮細胞(ペリサイト)の生物学的特性と肉腫起源細胞の可能性. 第13回関東骨軟部腫瘍の基礎を語る会 2016.04.09 ホテルサンバレー 富士見, 伊豆の国市

  156. 佐藤信吾. 骨軟部腫瘍の起源とこれから. 第242回関東骨軟部腫瘍研究会 2016.03.08 東京

  157. 佐藤 信吾. 骨密度のお話、内分泌療法に伴う骨密度の低下について. 第14回 With You Tokyo ~あなたとブレストケアを考える会~(東京) 2015.10.25 東京

  158. 橋本恭子、越智広樹、福田亨、佐藤信吾、加藤茂明、竹田秀. 脂肪組織特異的ビタミンD受容体欠損マウスにおける代謝解析. 第1回Neo Vitamin D Workshop学術集会 2015.08.28 大津プリンスホテル、大津市

  159. 佐藤信吾、澤村千草、松本誠一、竹田秀、大川淳. 医歯学融合集学的骨転移診療体制の確立と骨転移早期発見の取り組み. 第48回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2015.07.10 かがわ国際会議場、高松市

  160. 徐成、福田亨、越智広樹、佐藤信吾、砂村聡子、馬成山、許レン、大川淳、竹田秀. 骨吸収における概日時計システムの役割. 第15回東京骨関節フォーラム 2015.07.04

  161. 佐藤 信吾, 澤村 千草, 松本 誠一, 竹田 秀, 大川 淳. 骨転移治療の院内連携 医歯学融合集学的骨転移診療体制の確立と骨転移早期発見の取り組み. 日本整形外科学会雑誌 2015.06.01

  162. 神埜 聖治, 松本 誠一, 下地 尚, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 船内 雄生, 柴田 宏明, 横山 裕之, 佐藤 信吾. 骨外性骨肉腫の治療経験. 日本整形外科学会雑誌 2015.06.01

  163. 阿江 啓介, 松本 誠一, 下地 尚, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 船内 雄生, 神埜 聖治, 柴田 宏明, 早川 景子, 中山 隆之, 澤村 千草, 佐藤 信吾, 大川 淳, 川口 智義. 進行期高悪性軟部肉腫に対する放射線を使用しない手術の治療成績. 日本整形外科学会雑誌 2015.06.01

  164. 五木田 茶舞, 松本 誠一, 下地 尚, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 船内 雄生, 早川 景子, 神埜 聖治, 柴田 宏明, 澤村 千草, 佐藤 信吾, 中山 隆之. 分子標的療法 骨巨細胞腫に対するデノスマブ療法 治療開始時のローディング(負荷投与)は必要か. 日本整形外科学会雑誌 2015.06.01

  165. 早乙女 進一, 阿江 啓介, 下地 尚, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 船内 雄生, 澤村 千草, 佐藤 信吾, 大川 淳, 松本 誠一. 新規骨補填材-多孔質ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体(HAp/Col)移植部の1年以上の経過. 日本整形外科学会雑誌 2015.06.01

  166. 阿江 啓介, 松本 誠一, 下地 尚, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 船内 雄生, 神埜 聖治, 柴田 宏明, 中山 隆之, 早川 景子, 澤村 千草, 佐藤 信吾, 大川 淳, 川口 智義. 早期の就労復帰を目指した成人軟部肉腫の補助化学療法. 日本整形外科学会雑誌 2015.06.01

  167. 阿江 啓介, 松本 誠一, 下地 尚, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 船内 雄生, 神埜 聖治, 柴田 宏明, 早川 景子, 中山 隆之, 澤村 千草, 佐藤 信吾, 大川 淳, 川口 智義. 縮小手術 新しい切除縁評価法解析結果からみた安全な切除縁と縮小手術. 日本整形外科学会雑誌 2015.06.01

  168. 松本 誠一, 下地 尚, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 船内 雄生, 神埜 聖治, 柴田 宏明, 川口 智義, 早川 景子, 中山 隆之, 澤村 千草, 佐藤 信吾. 縮小手術 軟部肉腫に対するin situ preparationの長期成績. 日本整形外科学会雑誌 2015.06.01

  169. 五木田 茶舞, 松本 誠一, 下地 尚, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 船内 雄生, 早川 景子, 神埜 聖治, 柴田 宏明, 澤村 千草, 佐藤 信吾, 中山 隆之, 川口 智義. 腫瘍切除後の長管骨欠損に対する金属メッシュ補強骨セメント置換法の治療成績. 日本整形外科学会雑誌 2015.06.01

  170. 五木田 茶舞, 松本 誠一, 下地 尚, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 船内 雄生, 早川 景子, 神埜 聖治, 柴田 宏明, 澤村 千草, 佐藤 信吾, 中山 隆之. デスモイド腫瘍に対するwait and see policyの位置づけ. 日本整形外科学会雑誌 2015.06.01

  171. 阿江 啓介, 松本 誠一, 下地 尚, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 澤村 千草, 佐藤 信吾, 小柳 広高, 船内 雄生, 川口 智義. 新しい骨・軟部腫瘍切除縁評価法 その試案. 日本整形外科学会雑誌 2015.03.01

  172. Shingo Sato, Qingxia Wei, Makoto Hirata, Jackie Tang, Seiichi Matsumoto, Atsushi Okawa, Shu Takeda, Benjamin Alman. 新たな肉腫マウスモデルにおける肉腫の網羅的遺伝子発現解析および血管周皮細胞(ペリサイト)が悪性転化するための因子同定の試み. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014.10.10 鹿児島

  173. 佐藤 信吾, Wei Qingxia, 平田 真, Tang Jackie, 松本 誠一, 大川 淳, 竹田 秀, Alman Benjamin. ゲノム研究の進歩と臨床への応用 新たな肉腫マウスモデルにおける肉腫の網羅的遺伝子発現解析および肉腫起源細胞が悪性転化するための因子同定の試み. 日本整形外科学会雑誌 2014.08.01

  174. 佐藤 信吾. 肉腫起源細胞としての血管周皮細胞(ペリサイト). 第226回関東骨軟部腫瘍研究会 2014.07.08 東京

  175. 福田 誠, 早川 和男, 玉置 さくら, 佐藤 信吾, 池谷 真, 大塚 隆信, Woltjen Knut, 戸口田 淳也. iPS細胞技術を用いた滑膜肉腫起源の同定への試み. 日本整形外科学会雑誌 2013.08.01

  176. 佐藤 信吾, Wei Qingxia, 平田 真, 松本 誠一, 大川 淳, Alman Benjamin. 骨・軟部腫瘍の発生機構 血管周皮細胞(ペリサイト)の肉腫起源細胞としての可能性と新たな肉腫マウスモデルの確立. 日本整形外科学会雑誌 2013.06.01

  177. 早川 和男, 池谷 真, 福田 誠, ウォルテン・クヌート , 玉置 さくら, 高原 直子, 松本 佳久, 佐藤 信吾, 大塚 隆信, 戸口田 淳也. 骨・軟部腫瘍の発生機構 多能性幹細胞を用いた融合癌蛋白標的遺伝子の同定. 日本整形外科学会雑誌 2013.06.01

  178. 早川 和男, 福田 誠, 玉置 さくら, 佐藤 信吾, 池谷 真, 大塚 隆信, ウオルテン・クヌート , 戸口田 淳也. 薬剤誘導型発現ベクターを用いたSYT-SSX融合遺伝子導入iPS細胞の樹立. 日本整形外科学会雑誌 2012.06.01

  179. 小柳 広高, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 下地 尚, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 澤村 千草, 五木田 茶舞, 佐藤 信吾, 早川 景子, 船内 雄大, 齊藤 正徳, 蛭田 啓之, 川口 智義, 大川 淳. 軟部肉腫の各組織型におけるFNCLCC悪性度分類の予後予測因子としての有用性. 日本整形外科学会雑誌 2011.06.01

  180. 船内 雄生, 眞鍋 淳, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 澤村 千草, 五木田 茶舞, 谷澤 泰介, 阿江 啓介, 下地 尚, 松本 誠一, 川口 智義. 膝周囲骨腫瘍切除後の有茎膝蓋骨移植による関節形成術 Merle d'Aubigne法の治療成績. 日本整形外科学会雑誌 2011.06.01

  181. 眞鍋 淳, 松本 誠一, 黒田 浩司, 阿江 啓介, 下地 尚, 谷澤 泰介, 澤村 千草, 五木田 茶舞, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 船内 雄生, 川口 智義. ガイドライン 切除縁登録から見た悪性軟部腫瘍手術ガイドラインの可能性について. 東日本整形災害外科学会雑誌 2010.08.01

  182. 眞鍋 淳, 神田 浩明, 高橋 俊二, 小口 正彦, 小山 眞道, 山田 恵子, 松本 誠一, 下地 尚, 谷澤 泰介, 佐藤 信吾, 今村 健志, 尾形 悦郎. 骨軟部腫瘍に対する集学的治療戦略 骨転移Cancer Boardの意義. 日本癌治療学会誌 2009.09.01

  183. 松本 誠一, 眞鍋 淳, 下地 尚, 谷澤 泰介, 佐藤 信吾, 新井 秀希, 阿江 啓介, 小柳 広高, 五木田 茶舞, 川口 智義. 骨盤部悪性腫瘍の手術療法. 日本整形外科学会雑誌 2009.06.01

  184. 川口 智義, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 下地 尚, 谷澤 泰介, 佐藤 信吾. 骨・軟部腫瘍の30年に学ぶこと、これからの30年 骨・軟部肉腫手術における過去30年の進歩. 日本整形外科学会雑誌 2009.06.01

  185. 佐藤 信吾, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 下地 尚, 谷澤 泰介, 新井 秀希, 宮武 和正, 請川 円, 川口 智義. 骨・軟部肉腫を伴う重複癌症例の検討. 日本整形外科学会雑誌 2009.06.01

  186. 阿江 啓介, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 黒田 浩司, 下地 尚, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 四宮 謙一, 川口 智義. 軟部肉腫の至適経過観察法. 日本整形外科学会雑誌 2009.06.01

  187. 五木田 茶舞, 松本 誠一, 真鍋 淳, 下地 尚, 佐藤 信吾, 川口 智義, 澤泉 雅之, 矢島 和宜. 大腿四頭筋内発生の悪性線維性組織球腫(MFH)に対して動的遊離広背筋皮弁を用いた膝伸展機能再建の経験. 日本マイクロサージャリー学会会誌 2009.06.01

  188. 宮武 和正, 眞鍋 淳, 下地 尚, 谷澤 泰介, 佐藤 信吾, 新井 秀希, 請川 円, 川口 智義, 松本 誠一, 阿江 啓介, 杉谷 巌, 神田 浩明, 町並 陸生. 大腿骨病的骨折で発見された副甲状腺腫瘍によるbrown tumorの2例. 日本整形外科学会雑誌 2009.06.01

  189. 谷澤 泰介, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 下地 尚, 佐藤 信吾, 新井 秀希, 宮武 和正, 請川 円, 川口 智義, 阿江 啓介, 小柳 広高, 五木田 茶舞. 小児骨肉腫に対する延長型人工関節再建例の検討. 日本整形外科学会雑誌 2009.06.01

  190. 請川 円, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 下地 尚, 谷澤 泰介, 佐藤 信吾, 新井 秀希, 宮武 和正, 川口 智義, 古田 則行. 弾性線維腫の14例. 日本整形外科学会雑誌 2009.06.01

  191. 眞鍋 淳, 川口 智義, 下地 尚, 谷澤 泰介, 佐藤 信吾, 新井 秀希, 宮武 和正, 請川 円, 松本 誠一, 小柳 広高, 阿江 啓介, 五木田 茶舞, 澤泉 雅之. 患肢温存術後10年以上経過した骨・軟部肉腫症例の検討. 日本整形外科学会雑誌 2009.06.01

  192. 下地 尚, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 谷澤 泰介, 阿江 啓介, 佐藤 信吾, 川口 智義. 癌研有明病院における脱分化型脂肪肉腫症例の臨床および病理学的検討. 日本整形外科学会雑誌 2009.06.01

  193. 小柳 広高, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 下地 尚, 谷澤 泰介, 佐藤 信吾, 新井 秀希, 宮武 和正, 請川 円, 五木田 茶舞, 川口 智義, 阿江 啓介. パスツール処理自家骨移植の長期成績. 日本整形外科学会雑誌 2009.06.01

  194. 新井 秀希, 請川 円, 宮武 和正, 佐藤 信吾, 谷澤 泰介, 下地 尚, 眞鍋 淳, 川口 智義, 松本 誠一. 上肢軟部肉腫の治療成績. 日本整形外科学会雑誌 2009.06.01

  195. 佐藤 信吾, 四宮 謙一, 竹田 秀. 骨代謝分野 神経系による骨代謝制御. 日本内分泌学会雑誌 2009.04.01

  196. 阿江 啓介, 松本 誠一, 真鍋 淳, 下地 尚, 黒田 浩司, 佐藤 信吾, 小柳 広高, 四宮 謙一, 川口 智義. 骨・軟部腫瘍手術計画における安全な切除縁設定. 日本整形外科学会雑誌 2009.03.01

  197. 小柳 広高, 松本 誠一, 真鍋 淳, 黒田 浩司, 下地 尚, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 佐藤 信吾, 重光 俊男, 川口 智義. 制圧への治療戦略 再発性骨・軟部悪性腫瘍 再発性軟部肉腫手術における安全な切除縁. 日本整形外科学会雑誌 2009.01.01

  198. 猪瀬 弘之, 竹田 秀, 佐藤 信吾, 岩崎 牧子, 四宮 謙一. 骨芽細胞分化におけるマイクロRNAの意義(第2報). 日本整形外科学会雑誌 2008.08.01

  199. 五木田 茶舞, 松本 誠一, 真鍋 淳, 黒田 浩司, 下地 尚, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 佐藤 信吾, 小柳 広高, 重光 俊男, 正岡 智和, 長束 ゆかり, 澤泉 雅之, 川口 智義, 四宮 謙一. 高分化型脂肪肉腫の術前鑑別診断に基づく新しい治療方針の確立. 日本整形外科学会雑誌 2008.06.01

  200. 下地 尚, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 黒田 浩司, 佐藤 信吾, 川口 智義. 骨に近接した軟部肉腫に対するin situ preparation法の開発. 日本整形外科学会雑誌 2008.06.01

  201. 正岡 智和, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 黒田 浩司, 下地 尚, 佐藤 信吾, 重光 俊男, 長束 由里, 岩本 航, 谷澤 泰介, 川口 智義. 隆起性皮膚線維肉腫(dermatofibrosarcoma protuberans:DFSP)の転移症例の検討. 日本整形外科学会雑誌 2008.06.01

  202. 長束 由里, 眞鍋 淳, 神田 浩明, 川口 智義, 下地 尚, 黒田 浩司, 重光 俊男, 佐藤 信吾, 岩本 航, 松本 誠一. 硬化型と融解型が境界明瞭に混在した胃癌大腿骨転移の1例. 日本整形外科学会雑誌 2008.06.01

  203. 谷澤 泰介, 黒田 浩司, 川口 智義, 松本 誠一, 真鍋 淳, 下地 尚, 佐藤 信吾, 重光 俊男, 阿江 啓介, 小柳 広高, 若杉 琢磨, 西田 一典. 脱分化型軟骨肉腫の3例. 日本整形外科学会雑誌 2008.06.01

  204. 小柳 広高, 松本 誠一, 真鍋 淳, 黒田 浩司, 下地 尚, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 佐藤 信吾, 重光 俊男, 正岡 智和, 長束 由里, 澤泉 雅之, 川口 智義. 上腕骨近位骨腫瘍広範切除後の肩関節再建. 日本整形外科学会雑誌 2008.06.01

  205. 重光 俊男, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 黒田 浩司, 下地 尚, 佐藤 信吾, 正岡 智和, 長束 由里, 岩本 航, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 小柳 広高, 五木田 茶舞, 川口 智義. 仙骨神経鞘腫の診断と治療. 日本整形外科学会雑誌 2008.06.01

  206. 眞鍋 淳, 松本 誠一, 黒田 浩司, 下地 尚, 阿江 啓介, 重光 俊男, 佐藤 信吾, 小口 正彦, 高橋 俊二, 神田 浩明, 尾形 悦郎. 骨転移cancer boardの現状と将来展望. 日本整形外科学会雑誌 2008.03.01

  207. 黒田 浩司, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 下地 尚, 重光 俊男, 佐藤 信吾, 阿江 啓介, 五木田 茶舞, 小柳 広高, 谷沢 泰介, 川口 智義. 骨外性粘液型軟骨肉腫の治療成績. 日本整形外科学会雑誌 2008.03.01

  208. 今井 祐記, 中村 貴, 松本 高広, 佐藤 信吾, 五十嵐 勝秀, 原田 善史, 山本 陽子, 竹田 秀, 高柳 広, 菅野 純, 高岡 邦夫, 加藤 茂明. 閉経後骨粗鬆症の分子基盤解明. 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 2007.11.01

  209. 猪瀬 弘之, 竹田 秀, 佐藤 信吾, 岩崎 牧子, 木村 文子, 四宮 謙一. 骨芽細胞分化におけるマイクロRNAの意義. 日本整形外科学会雑誌 2007.08.01

  210. 岩崎 牧子, 竹田 秀, 佐藤 信吾, 木村 文子, 猪瀬 弘之, 四宮 謙一. 後縦靱帯骨化症の骨化におけるRunxの意義 Runx1、RUNX2欠損マウスを用いた検討. 日本整形外科学会雑誌 2007.08.01

  211. 猪瀬 弘之, 竹田 秀, 佐藤 信吾, 岩崎 牧子, 木村 文子, 四宮 謙一. 骨芽細胞分化におけるマイクロRNAの意義. 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集 2007.06.01

  212. 岩崎 牧子, 竹田 秀, 佐藤 信吾, 木村 文子, 猪瀬 弘之, 四宮 謙一. 後縦靱帯骨化症の骨化におけるRunxの意義 Runx1、Runx2欠損マウスを用いた検討. 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集 2007.06.01

  213. 竹田 秀, 花田 礼子, 佐藤 信吾, 福本 誠二, 竹内 靖博, 寒川 賢治, 児島 将康, 四宮 謙一. ニューロメジンUによる骨代謝調節の検討. 日本内分泌学会雑誌 2007.04.01

  214. 佐藤 信吾, 吉田 裕俊, 北原 建彰, 江幡 重人, 若林 良明, 佐藤 浩一. 経験と考察 脊椎手術の術中・術後合併症の発生頻度. 整形外科 2006.08.01

  215. 江幡 重人, 佐藤 浩一, 吉田 裕俊, 太田 剛, 北原 建彰, 若林 良明, 佐藤 信吾. 頸椎椎弓形成術(桐田-宮崎法)後の頸部姿勢および頸椎可動域と頸部愁訴の関係. 関東整形災害外科学会雑誌 2004.08.01

  216. 吉田 裕俊, 佐藤 浩一, 太田 剛, 北原 建彰, 江幡 重人, 若林 良明, 佐藤 信吾. 腰椎疾患の固定術の適応と限界 TLIFの適応と限界. 関東整形災害外科学会雑誌 2004.08.01

  217. 吉田 裕俊, 佐藤 浩一, 太田 剛, 北原 建彰, 江幡 重人, 若林 良明, 佐藤 信吾. 腰椎後側方固定術における後方圧縮効果の前向き研究. 日本脊椎脊髄病学会雑誌 2004.05.01

  218. 北原 建彰, 佐藤 浩一, 吉田 裕俊, 太田 剛, 江幡 重人, 若林 良明, 佐藤 信吾, 四宮 謙一. 骨粗鬆症性胸腰椎椎体圧潰骨折に対する前方再建術と脊椎後方短縮術の比較. 日本整形外科学会雑誌 2004.04.01

  219. 江幡 重人, 佐藤 浩一, 吉田 裕俊, 大田 剛, 北原 建彰, 若林 良明, 佐藤 信吾, 四宮 謙一. 頸椎椎弓形成術(桐田-宮崎法)後の椎間癒合の影響. 日本整形外科学会雑誌 2004.04.01

  220. 江幡 重人, 佐藤 浩一, 吉田 裕俊, 北原 建彰, 若林 良明, 佐藤 信吾, 四宮 謙一. 頸椎椎弓形成術(桐田-宮崎法)後の頸部姿勢及び頸椎可動域と頸部愁訴の関係. 関東整形災害外科学会雑誌 2004.03.01

  221. 江幡 重人, 佐藤 浩一, 吉田 裕俊, 大田 剛, 北原 建彰, 若林 良明, 佐藤 信吾, 四宮 謙一. 頸椎椎弓形成術(桐田-宮崎法)後の頸部前傾姿勢と頸部愁訴の関係. 日本整形外科学会雑誌 2004.03.01

  222. 吉田 裕俊, 佐藤 浩一, 太田 剛, 北原 建彰, 江幡 重人, 若林 良明, 佐藤 信吾. 腰椎疾患の固定術の適応と限界 TLIFの適応と限界. 関東整形災害外科学会雑誌 2004.03.01

  223. 佐藤 信吾, 井原 秀俊, 佐々木 誠人, 川嶌 眞人. 家族性に発症したと考えられる離断性骨軟骨炎の1家系. 整形外科と災害外科 2002.09.01

  224. 松本 英彦, 佐々木 誠人, 佐藤 信吾, 田村 裕昭, 川嶌 眞人. 変形治癒を呈さなかった骨形成不全症の1例. 大分県整形外科医会誌 2002.03.01

  225. 佐々木 誠人, 川嶌 眞人, 田村 裕昭, 佐藤 信吾, 松本 英彦. 肩関節鏡視下手術と内視鏡視下手根管開放術の同時施行例の検討. 整形外科と災害外科 2001.10.01

  226. 佐藤 信吾, 佐々木 誠人, 井原 秀俊, 川嶌 眞人. 家族性に発症したと考えられる離断性骨軟骨炎の1家系. 整形外科と災害外科 2001.05.01

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第32回研究助成,中冨健康科学振興財団,2020年03月

  • 平成30年度研究助成,第一三共生命科学研究振興財団,2018年

  • 平成30年度技術開発研究助成,中谷医工計測技術振興財団,2018年

  • 学長裁量優秀若手研究者奨励賞,東京医科歯科大学,2017年08月

  • 平成29年度薬力学研究会研究助成,薬力学研究会,2017年

  • 第20回研究助成,神澤医学研究振興財団,2017年

  • 学長裁量優秀若手研究者奨励賞,東京医科歯科大学,2015年08月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • がんの骨転移促す新たな物質を発見,2018年02月

    日経産業新聞 2018年2月16日 6ページ

  • 「 がんの骨転移の新たなメカニズムの解明」 がん細胞が分泌するマイクロRNAが造骨型骨転移を誘導する ―,2018年02月

    Proceedings National Academy of Science of United States of America(

  • がん骨転移新メカニズム マウスで判明,2018年02月

    科学新聞 2018年2月23日 4面

  • 前立腺がんの骨転移病変 原因のRNA発見,2018年02月

    日刊工業新聞 2018年2月13日 17面

  • 東京医科歯科大、がんの骨転移促す新物質、「造骨型」診断・治療に光,2016年08月

    「造骨型」と呼ばれるタイプのがんの骨転移とマイクロRNAの関連について(日経産業新聞 平成28年8月30日 8面)

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生理学講義,2016年 - 2018年

  • がんプロ講義「骨軟部腫瘍と転移性骨腫瘍」,2015年 - 現在

  • 骨・関節、皮膚 Pre Clinical Clerkship (PCC),2015年 - 現在

  • 「骨・関節・脊椎ブロック」講義,2015年 - 現在

  • 生理学実習,2014年 - 2018年

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 生体医用システム工学科1年次 臨床医学概論「整形外科診療に求められる医工連携」,東京農工大学工学部

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • がん患者にも求められる運動器の健康 ~がんロコモを防ぐための本学の取り組み~,東京医科歯科大学,2019年度東京医科歯科大学「健康を考える」公開講座,東京医科歯科大学,2019年11月06日

  • -がん治療update- 整形外科「骨転移専門外来」をご活用ください!,第3回「がんを考える」市民公開講座,東京医科歯科大学,2017年01月15日

  • 骨密度のお話 内分泌療法に伴う骨密度の低下について,第14回With You Tokyo ~あなたとブレストケアを考える会~,聖路加国際大学,2015年10月25日