基本情報

写真a

谷本 幸介(タニモト コウスケ)

TANIMOTO Kousuke


職名

助教

生年

1979年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  工学部  物質科学工学科  2003年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  大学院 工学府  化学システム工学専攻  修士課程  2005年  修了

  • 東京大学  大学院 新領域創成科学研究科  メディカルゲノム専攻  博士課程  2010年  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(生命科学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 助教
  • 2011年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 大学院教育研究支援実験施設 ゲノム解析室 助教
  • 2017年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 医歯学研究支援センター リサーチコアセンター 協力教員

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    現在
    東海大学 医学部 医学科 客員講師
  • 2010年10月
    -
    2011年03月
    東京大学大学院新領域創成科学研究科 学術支援職員
  • 2005年04月
    -
    2007年03月
    コニカミノルタエムジー株式会社 開発

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本組織適合性学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ゲノム生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • がんゲノム解析,2011年04月 - 現在

  • バイオインフォマティクスを活用したゲノム機能解析,2011年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • データベースを活用したがん体細胞バリアントの大規模機能解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • がん細胞文脈のシステム的統合理解による新たながん診断・治療概念の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2019年

  • エピゲノムのエビデンスに基づいたHDAC阻害剤によるがん治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • がんのゲノム・エピゲノム情報の包括的理解に基づく個性診断法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • がんの統合的ゲノム・エピゲノム解析と治療標的分子シーズの探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2014年

  • 低酸素性がんの悪性化に働く遺伝子群の3D核内配置機構の包括的解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • がんのゲノム・エピゲノム情報の包括的理解に基づく個性診断法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 低酸素性がんの悪性化に働く遺伝子群の3D核内配置機構の包括的解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • デング熱感染回復期の細胞障害性T細胞抗原受容体ㇾパトアのシングルセル解析

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Seiya Oba, Tadashi Hosoya, Miki Amamiya, Takahiro Mitsumura, Daisuke Kawata, Hirokazu Sasaki, Mari Kamiya, Akio Yamamoto, Takahiro Ando, Sho Shimada, Tsuyoshi Shirai, Tsukasa Okamoto, Tomoya Tateishi, Akira Endo, Junichi Aiboshi, Nobuyuki Nosaka, Hideo Yamanouchi, Toyomu Ugawa, Eiki Nagaoka, Keiji Oi, Susumu Tao, Yasuhiro Maejima, Yukie Tanaka, Kousuke Tanimoto, Hiroaki Takeuchi, Shuji Tohda, Akihiro Hirakawa, Tetsuo Sasano, Hirokuni Arai, Yasuhiro Otomo, Yasunari Miyazaki, Shinsuke Yasuda. Arterial and Venous Thrombosis Complicated in COVID-19: A Retrospective Single Center Analysis in Japan. Front Cardiovasc Med. 2021.11; 8 767074. ( PubMed, DOI )

  2. Chihiro Tani-Sassa, Yumi Iwasaki, Naoya Ichimura, Katsutoshi Nagano, Yuna Takatsuki, Sonoka Yuasa, Yuta Takahashi, Jun Nakajima, Kazunari Sonobe, Yoko Nukui, Hiroaki Takeuchi, Kousuke Tanimoto, Yukie Tanaka, Akinori Kimura, Shuji Tohda. Viral loads and profile of the patients infected with SARS-CoV-2 Delta, Alpha, or R.1 variants in Tokyo. J Med Virol. 2021.11; ( PubMed, DOI )

  3. Chang Liu, Yasuyuki Gen, Kousuke Tanimoto, Tomoki Muramatsu, Jun Inoue, Johji Inazawa. Concurrent targeting of MAP3K3 and BRD4 by miR-3140-3p overcomes acquired resistance to BET inhibitors in neuroblastoma cells. Mol Ther Nucleic Acids. 2021.09; 25 83-92. ( PubMed, DOI )

  4. Akira Takemoto, Kousuke Tanimoto, Seiichi Mori, Jun Inoue, Naoto Fujiwara, Tetsuo Noda, Johji Inazawa. Integrative genome-wide analyses reveal the transcriptional aberrations in Japanese esophageal squamous cell carcinoma. Cancer Science. 2021.07; ( PubMed, DOI )

  5. Katsutoshi Nagano, Chihiro Tani-Sassa, Yumi Iwasaki, Yuna Takatsuki, Sonoka Yuasa, Yuta Takahashi, Jun Nakajima, Kazunari Sonobe, Naoya Ichimura, Yoko Nukui, Hiroaki Takeuchi, Kousuke Tanimoto, Yukie Tanaka, Akinori Kimura, Shuji Tohda. SARS-CoV-2 R.1 lineage variants that prevailed in Tokyo in March 2021. J Med Virol. 2021.07; ( PubMed, DOI )

  6. Kousuke Tanimoto, Taeko K Naruse, Tetsuro Matano, Akinori Kimura. Development and evaluation of a rapid and cost-efficient NGS-based MHC class I genotyping method for macaques by using a prevalent short-read sequencer. Immunogenetics. 2021.04; 73 (2): 175-186. ( PubMed, DOI )

  7. Takagawa Yuki, Gen Yasuyuki, Muramatsu Tomoki, Tanimoto Kousuke, Inoue Jun, Harada Hiroyuki, Inazawa Johji. miR-1293, a Candidate for miRNA-Based Cancer Therapeutics, Simultaneously Targets BRD4 and the DNA Repair Pathway MOLECULAR THERAPY. 2020.06; 28 (6): 1494-1505. ( PubMed, DOI )

  8. Hironori Kato, Kohki Okabe, Masato Miyake, Kazuki Hattori, Tomohiro Fukaya, Kousuke Tanimoto, Shi Beini, Mariko Mizuguchi, Satoru Torii, Satoko Arakawa, Masaya Ono, Yusuke Saito, Takashi Sugiyama, Takashi Funatsu, Katsuaki Sato, Shigeomi Shimizu, Seiichi Oyadomari, Hidenori Ichijo, Hisae Kadowaki, Hideki Nishitoh. ER-resident sensor PERK is essential for mitochondrial thermogenesis in brown adipose tissue. Life Science Alliance. 2020.03; 3 (3): ( PubMed, DOI )

  9. Kousuke Tanimoto, Tomoki Muramatsu, Johji Inazawa. Massive computational identification of somatic variants in exonic splicing enhancers using The Cancer Genome Atlas. Cancer Med. 2019.10; ( PubMed, DOI )

  10. Natsuko Inagaki, Takeharu Hayashi, Yasuyoshi Takei, Kousuke Tanimoto, Taishiro Chikamori, Akinori Kimura. Clinical and genetic backgrounds of hypertrophic cardiomyopathy with mid-ventricular obstruction. J. Hum. Genet.. 2018.09; ( PubMed, DOI )

  11. Takeharu Hayashi, Kousuke Tanimoto, Kayoko Hirayama-Yamada, Etsuko Tsuda, Mamoru Ayusawa, Shinichi Nunoda, Akira Hosaki, Akinori Kimura. Genetic background of Japanese patients with pediatric hypertrophic and restrictive cardiomyopathy. J. Hum. Genet.. 2018.06; ( PubMed, DOI )

  12. Yohei Kawano, Georg Petkau, Christina Stehle, Pawel Durek, Gitta Anne Heinz, Kousuke Tanimoto, Hajime Karasuyama, Mir-Farzin Mashreghi, Chiara Romagnani, Fritz Melchers. Stable lines and clones of long-term proliferating normal, genetically unmodified murine common lymphoid progenitors. Blood. 2018.04; ( PubMed, DOI )

  13. Tonouchi E, Gen Y, Muramatsu T, Hiramoto H, Tanimoto K, Inoue J, Inazawa J. miR-3140 suppresses tumor cell growth by targeting BRD4 via its coding sequence and downregulates the BRD4-NUT fusion oncoprotein. Scientific reports. 2018.03; 8 (1): 4482. ( PubMed, DOI )

  14. Shin Hayashi, Daniela Tiaki Uehara, Kousuke Tanimoto, Seiji Mizuno, Yasutsugu Chinen, Shinobu Fukumura, Jun-Ichi Takanashi, Hitoshi Osaka, Nobuhiko Okamoto, Johji Inazawa. Comprehensive investigation of CASK mutations and other genetic etiologies in 41 patients with intellectual disability and microcephaly with pontine and cerebellar hypoplasia (MICPCH). PLoS ONE. 2017.08; 12 (8): e0181791. ( PubMed, DOI )

  15. Hidekazu Hiramoto, Tomoki Muramatsu, Daisuke Ichikawa, Kousuke Tanimoto, Satoru Yasukawa, Eigo Otsuji, Johji Inazawa. miR-509-5p and miR-1243 increase the sensitivity to gemcitabine by inhibiting epithelial-mesenchymal transition in pancreatic cancer. Sci Rep. 2017.06; 7 (1): 4002. ( PubMed, DOI )

  16. Hiroaki Nagata, Ken-Ichi Kozaki, Tomoki Muramatsu, Hidekazu Hiramoto, Kousuke Tanimoto, Naoto Fujiwara, Seiya Imoto, Daisuke Ichikawa, Eigo Otsuji, Satoru Miyano, Tatsuyuki Kawano, Johji Inazawa. Genome-wide screening of DNA methylation associated with lymph node metastasis in esophageal squamous cell carcinoma. Oncotarget. 2017.06; 8 (23): 37740-37750. ( PubMed, DOI )

  17. Yu Oikawa, Kei-Ichi Morita, Kou Kayamori, Kousuke Tanimoto, Kei Sakamoto, Hiroto Katoh, Shumpei Ishikawa, Johji Inazawa, Hiroyuki Harada. Receptor tyrosine kinase amplification is predictive of distant metastasis in patients with oral squamous cell carcinoma. Cancer Sci.. 2017.02; 108 (2): 256-266. ( PubMed, DOI )

  18. Daisuke Kikuchi, Kousuke Tanimoto, Koh Nakayama. CREB is activated by ER stress and modulates the unfolded protein response by regulating the expression of IRE1α and PERK. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2016.01; 469 (2): 243-250. ( PubMed, DOI )

  19. Mai Nanya, Masaki Sato, Kousuke Tanimoto, Minoru Tozuka, Shuki Mizutani, Masatoshi Takagi. Dysregulation of the DNA Damage Response and KMT2A Rearrangement in Fetal Liver Hematopoietic Cells. PLoS ONE. 2015.12; 10 (12): e0144540. ( PubMed, DOI )

  20. Kei-ichi Morita, Takuya Naruto, Kousuke Tanimoto, Chisato Yasukawa, Yu Oikawa, Kiyoshi Masuda, Issei Imoto, Johji Inazawa, Ken Omura, Hiroyuki Harada. Simultaneous Detection of Both Single Nucleotide Variations and Copy Number Alterations by Next-Generation Sequencing in Gorlin Syndrome. PLoS ONE. 2015.11; 10 (11): e0140480. ( PubMed, DOI )

  21. Naoto Fujiwara, Jun Inoue, Tatsuyuki Kawano, Kousuke Tanimoto, Ken-Ichi Kozaki, Johji Inazawa. miR-634 Activates the Mitochondrial Apoptosis Pathway and Enhances Chemotherapy-Induced Cytotoxicity. Cancer Res.. 2015.09; 75 (18): 3890-3901. ( PubMed, DOI )

  22. Sotaro Kanematsu, Kousuke Tanimoto, Yutaka Suzuki, Sumio Sugano. Screening for possible miRNA-mRNA associations in a colon cancer cell line. Gene. 2014.01; 533 (2): 520-531. ( PubMed, DOI )

  23. Mayuko Furuta, Ken-ichi Kozaki, Kousuke Tanimoto, Shinji Tanaka, Shigeki Arii, Teppei Shimamura, Atsushi Niida, Satoru Miyano, Johji Inazawa. The tumor-suppressive miR-497-195 cluster targets multiple cell-cycle regulators in hepatocellular carcinoma. PLoS ONE. 2013.03; 8 (3): e60155. ( PubMed, DOI )

  24. Akinori Kanai, Kenta Suzuki, Kousuke Tanimoto, Junko Mizushima-Sugano, Yutaka Suzuki, Sumio Sugano. Characterization of STAT6 target genes in human B cells and lung epithelial cells. DNA Res.. 2011.10; 18 (5): 379-392. ( PubMed, DOI )

  25. Riu Yamashita, Nuankanya P Sathira, Akinori Kanai, Kousuke Tanimoto, Takako Arauchi, Yoshiaki Tanaka, Shin-Ichi Hashimoto, Sumio Sugano, Kenta Nakai, Yutaka Suzuki. Genome-wide characterization of transcriptional start sites in humans by integrative transcriptome analysis. Genome Res.. 2011.05; 21 (5): 775-789. ( PubMed, DOI )

  26. Kousuke Tanimoto, Katsuya Tsuchihara, Akinori Kanai, Takako Arauchi, Hiroyasu Esumi, Yutaka Suzuki, Sumio Sugano. Genome-wide identification and annotation of HIF-1α binding sites in two cell lines using massively parallel sequencing. Hugo J. 2010.12; 4 (1-4): 35-48. ( PubMed, DOI )

  27. Nuankanya Sathira, Riu Yamashita, Kousuke Tanimoto, Akinori Kanai, Takako Arauchi, Soutaro Kanematsu, Kenta Nakai, Yutaka Suzuki, Sumio Sugano. Characterization of transcription start sites of putative non-coding RNAs by multifaceted use of massively paralleled sequencer. DNA Res.. 2010.06; 17 (3): 169-183. ( PubMed, DOI )

  28. Katsuya Tsuchihara, Yutaka Suzuki, Hiroyuki Wakaguri, Takuma Irie, Kousuke Tanimoto, Shin-ichi Hashimoto, Kouji Matsushima, Junko Mizushima-Sugano, Riu Yamashita, Kenta Nakai, David Bentley, Hiroyasu Esumi, Sumio Sugano. Massive transcriptional start site analysis of human genes in hypoxia cells. Nucleic Acids Res.. 2009.04; 37 (7): 2249-2263. ( PubMed, DOI )

  29. 谷本 幸介, 成瀬 妙子, 木村 彰方. ヒト以外の動物種を対象としたNGSによるMHCタイピング法 MHC. 2019.08; 26 (2): 115-123. ( DOI )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 谷本幸介. 細胞画分からのRNA-Seq-目的に応じたRNAを解析するために, RNA-Seq実験ハンドブック(鈴木穣/編), 実験医学別冊. 羊土社, 2016.04

  2. 谷本幸介, 稲澤譲治. 次世代シークエンサー(NGS)によるゲノム医療, 家族性腫瘍学-家族性腫瘍の最新研究動向, 日本臨牀73巻 増刊号. 日本臨牀社, 2015.04

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Sakurako Kobayashi, Satoshi Watanabe, Yosuke Yoneyama, Kousuke Tanimoto, Ryu Nishimura, Sayaka Nagata, Masami Inoue, Kouhei Suzuki, Sei Kakinuma, Kiichiro Tsuchiya, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe, Takanori Takebe, Shiro Yui. Conceptual basis of lineage shift between intestinal epithelium and hepatocytes. Keystone Symposia, Tissue Organoids as Models of Host Physiology and Pathophysiology of Disease 2020.01.22 Vancouver(Canada)

  2. 谷本幸介. データベースを活用した遺伝子情報解析. 遺伝子・ゲノムセミナー 2019.02.23 京都薬科大学

  3. 谷本幸介,成瀬妙子,俣野哲朗,木村彰方. 次世代シークエンサー(NGS)によるアカゲザルMHCクラスI遺伝子群新規アレルタイピングの試み. 第27回日本組織適合性学会大会 2018.09.22 松本

  4. 谷本幸介. 公共データベースの研究への活用法の紹介. トランスオミクス医学研究拠点ネットワーク形成事業技術講習会 2018.03.29 東京医科歯科大学

  5. 谷本幸介. 次世代シーケンサーの基礎. 第11回ゲノムキャンサーボード 2018.02.01 東京医科歯科大学医学部付属病院

  6. 谷本幸介. The Cancer Genome Atlasの活用によるExonic Splicing Enhancer機能喪失体細胞変異の大規模探索. 2017年度生命科学系学会合同年次大会 2017.12.07 神戸

  7. 谷本幸介,成瀬妙子,俣野哲朗,木村彰方. 次世代シークエンサー(NGS)を用いたアカゲザルMHCクラスI遺伝子群タイピング法の開発. 第26回日本組織適合性学会大会 2017.10.28 広島

  8. 林丈晴,谷本幸介,木村彰方. 若年、小児発症の肥大型及び拘束型心筋症の原因遺伝子解析. 第2回日本心筋症研究会 2016.05.14

  9. 森田圭一, 及川悠, 谷本幸介, 栢森高, 坂本啓, 平井秀明, 富岡寛文, 島本裕彰, 生田 稔, 石川俊平, 稲澤譲治, 原田浩之. 口腔がんにおけるがん関連遺伝子変異のターゲットリシーケンス. 第53回日本癌治療学会 2015.10.29

  10. 森田圭一, 及川悠, 柏森高, 坂本啓, 谷本幸介, 石川俊平, 稲澤譲治, 原田浩之. 口腔がんにおけるがん関連遺伝子変異のターゲットリシーケンス. 第60回日本人類遺伝学会 2015.10.14

  11. 林丈晴,谷本幸介,木村彰方. 若年及び小児の肥大症、拘束型心筋症の遺伝子変異解析. 第60回日本人類遺伝学会 2015.10.14

  12. 林丈晴,谷本幸介,木村彰方. 心筋症の遺伝子解析の現状. 第1回日本心筋症研究会 2015.07.04

  13. 安川知里, 成戸卓也, 森田圭一, 谷本幸介, 原田浩之, 井本逸勢, 稲澤譲治, 小村健. NGSを用いたGorlin症候群患者におけるPTCH1のゲノム解析. 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2015.01.29

  14. 及川悠, 森田圭一, 谷本幸介, 平井秀明, 富岡寛文, 島本裕彰, 原田浩之, 稲澤譲治, 小村健. 口腔扁平上皮癌におけるがん関連遺伝子のターゲットリシーケンス. 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2015.01.29

  15. 谷本幸介. ChIP-Seqのピーク検出方法の比較. NGS現場の会第二回研究会 2012.05.24

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第27回日本組織適合性学会大会 学術奨励賞 優秀賞,日本組織適合性学会,2018年09月

  • 学長裁量優秀若手研究者奨励賞,東京医科歯科大学,2014年10月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「N501S変異を有する新たなデルタ株(B.1.617.2系統)のブレイクスルー感染事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第9報~,2021年09月

  • 「日本人食道扁平上皮癌のゲノム・エピゲノム・トランスクリプトーム異常の解明」,2021年08月

    Cancer Science

  • 「デルタ株(B.1.617.2系統)およびデルタ亜系統株(AY.3系統)の市中感染共存事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第7報~,2021年08月

  • 「N501S 変異を有する新たなデルタ株(B.1.617.2 系統)の市中感染事例(国内第1例目)を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第8報~,2021年08月

  • 「インド型SARS-CoV-2系統株(B.1.617系統)の新たな市中感染事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第6報~,2021年05月

  • 「免疫逃避型(E484K 変異)変異株を含む多様な市中流行株の感染事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第4報~,2021年04月

  • 「免疫逃避型(E484K変異)系統株と英国型(N501Y変異)系統株の市中感染共存事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第5報~,2021年04月

  • 「市中感染事例における海外系統株の増加を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第3報~,2021年03月

  • 「免疫逃避型変異(E484K 変異)を有する海外(カナダ)系統株の新たな市中感染事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第2報~,2021年02月

  • 「英国SARS-CoV-2系統株の新たな市中感染事例を確認」―市中流行株の変遷に影響をおよぼす可能性―,2021年01月

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • がんゲノム,2019年

  • ビッグデータ解析学,2018年

  • バイオインフォマティクス,2015年 - 2017年

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 次世代シークエンサーによるゲノム解析研究の支援業務,2011年04月 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 高大連携(本郷高校),2018年08月07日

  • 研究所訪問(福岡県立修猷館高校),2018年08月03日

  • 研究所訪問(福岡県立修猷館高校),2017年08月02日

  • 高大連携(日比谷高校),2017年07月14日

  • 高大連携(本郷高校),2016年08月22日

  • 研究所訪問(福岡県立修猷館高校),2016年08月02日

  • 高大連携(お茶の水女子大付属高校),2015年08月21日

  • 高大連携(大阪府立茨木高校),2015年08月03日

  • 研究所訪問(福岡県立修猷館高校),2015年08月03日

  • 研究所訪問(福岡県立修猷館高校),2014年07月31日

  • 研究所訪問(愛知県豊川市立東部中学校),2014年05月27日

  • 高大連携(沖縄県立球陽高校),2013年11月13日

  • 高大連携(福岡県立修猷館高校),2013年08月02日

▼全件表示