基本情報

写真a

吉井 俊貴(ヨシイ トシタカ)

YOSHII Toshitaka


職名

准教授

生年

1972年

メールアドレス

yoshii.orth@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/orth/orth-J.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  1999年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  博士課程  2008年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 助教
  • 2011年04月
    -
    2016年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 講師
  • 2016年07月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 准教授
  • 2018年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 准教授
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、再生医療学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 整形外科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Bone tisuue enginerring

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 異所性骨化における線溶系酵素の役割の解明と新規骨形成薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2024年

  • 脊柱靭帯骨化症に関する調査研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • 抗がん剤の骨内局所投与による骨転移がんの局所制御

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 高難度手術の教育システム開発~いかに安全に職人技を継承させるか~

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 骨補填材を応用した骨癒合促進法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Shuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Atsuyuki Kawabata, Tsuyoshi Yamada, Takashi Taniyama, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Kenichiro Sakai, Ichiro Torigoe, Masaki Tomori, Yoshiyasu Arai, Shigeo Shindo, Kouichi Mizuno, Kazuyuki Otani, Osamu Nakai, Atsushi Okawa. Prognostic factors for neurological outcome after anterior decompression and fusion for proximal-type cervical spondylotic amyotrophy - A retrospective analysis of 77 cases. J Orthop Sci. 2021.09; 26 (5): 733-738. ( PubMed, DOI )

  • Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Hirokazu Inoue, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Asato Maekawa, Kenji Endo, Takuya Miyamoto, Takeo Furuya, Akira Nakamura, Kanji Mori, Shoji Seki, Shunsuke Kanbara, Shiro Imagama, Shunji Matsunaga, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa. The 5-question Geriatric Locomotive Function Scale predicts postoperative fall risk in patients undergoing surgery for degenerative cervical myelopathy. J Orthop Sci. 2021.09; 26 (5): 779-785. ( PubMed, DOI )

  • Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shoichi Ichimura, Hiroaki Nakamura, Masatoshi Hoshino, Daisuke Togawa, Toru Hirano, Yasuaki Tokuhashi, Tetsuro Ohba, Hirotaka Haro, Takashi Tsuji, Kimiaki Sato, Yutaka Sasao, Masahiko Takahata, Koji Otani, Suketaka Momoshima, Kunihiko Takahashi, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Risk factors for subsequent vertebral fracture after acute osteoporotic vertebral fractures. Eur Spine J. 2021.09; 30 (9): 2698-2707. ( PubMed, DOI )

  • Hiroyuki Inose, Yutaka Kobayashi, Shingo Morishita, Yu Matsukura, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Application of an index derived from the area under a neutrophil curve as a predictor of surgical site infection after spinal surgery. BMC Surg. 2021.09; 21 (1): 354. ( PubMed, DOI )

  • Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Yoshiyasu Arai, Hidetsugu Maehara, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Laminar Closure in Double-door Laminoplasty for Cervical Spondylotic Myelopathy with Nonkyphotic Alignment. Spine (Phila Pa 1976). 2021.08; 46 (15): 999-1006. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Toshitaka Yoshii. Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament (Third Edition). Springer, 2020 Anterior Cervical Decompression for Cervical OPLL:Technique, Complications, and Long-Term Results

  • Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament (Third Edition). Springer, 2020 Evaluation of Distribution Patterns of Spinal Ligament Ossification Using Whole-Spine Computed Tomography in Patients with Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,足立善昭,渡部泰士,佐藤慎司,長岡信頼,石田洸樹,上中沙衿,山本祐輔,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 神経磁界計測による腰部神経根症・馬尾症患者の非侵襲的神経機能評価. 第14回日本運動器疼痛学会 2021.11.20 オンライン

  • 橋本淳,川端茂徳,吉井俊貴,大川淳. 腰部神経根症・馬尾症患者における神経磁界計測を用いた非侵襲的神経機能評価. 第56回日本脊髄障害医学会 2021.11.18 オンライン

  • 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,星野優子,関原謙介,足立善昭,橋本泉智,渡部泰士,小林裕,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 神経磁界計測による腰部神経根症・馬尾症患者に対する新たな非侵襲的神経機能評価. 第29回日本腰痛学会 2021.10.22 虎ノ門

  • 田中 雄太,川端 茂徳,橋本 淳,石田 洸樹,渡部 泰士,足立 善昭,鏑木 秀俊,藤田 浩二,二村 昭元,吉井 俊貴,大川 淳. 神経磁界計測を用いた腕神経叢部から頚椎の神経活動の非侵襲的評価. 第36回日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  • 橋本 淳,川端 茂徳,星野 優子,足立 善昭,渡部 泰士,宮野 由貴,佐藤 慎司,三谷 悠貴,金 碩燦,吉井 俊貴,大川 淳. 両側坐骨神経同期刺激法により実現した神経磁界計測を用いた胸髄電気活動の非侵襲的評価. 第36回日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Best paper award(吉井 俊貴),Journal of Orthopaedic Science 2021,2021年05月

  • 2017年度 AOAトラベリングフェロー (吉井 俊貴),日本整形外科学会,2017年06月

  • アジアトラベリングフェローシップ,平成26年日本脊椎脊髄病学会,2014年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 週刊ポスト, 小学館 ,2019年

    頸椎人工椎間板置換術について(吉井 俊貴)