基本情報

写真a

武内 寛明(タケウチ ヒロアキ)

TAKEUCHI Hiroaki


職名

教授

生年

1973年

研究室住所

113-8519 東京都文京区湯島1-5-45 M&Dタワー17F

研究室電話番号

03-5803-4704

研究室FAX番号

03-5803-0124

メールアドレス

htake.molv@tmd.ac.jp

ホームページ

https://molv.org

研究分野・キーワード

ウイルス、感染症、エイズ、COVID-19、宿主因子

分野紹介URL

https://highrisk-idc.org

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  医学系研究科  感染防御学講座 微生物学分野  博士課程  2003年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東北大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2023年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体環境応答学講座 ハイリスク感染症研究マネジメント学分野 教授
  • 2023年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 その他大学等 TMDU感染症センター(TCIDEA) 副センター長
  • 2023年06月
    -
    2023年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体環境応答学講座 ハイリスク感染症研究マネジメント学分野 教授
  • 2022年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター リサーチコアセンター BSL3ユニット長
  • 2020年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 病院長補佐
  • 2021年04月
    -
    2023年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 ウイルス制御学 准教授
  • 2020年06月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 ウイルス制御学 講師
  • 2018年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 ウイルス制御学 講師
  • 2017年08月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 ウイルス制御学 講師
  • 2011年03月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 ウイルス制御学 助教

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2006年12月
    アメリカ国立衛生研究所アレルギー・感染症部門 (NIH/NIAID) Visiting Fellow
  • 2007年01月
    -
    2011年02月
    東京大学医科学研究所・感染症国際研究センター 特任助教
  • 2010年04月
    -
    2011年03月
    京都大学ウイルス研究所 非常勤講師
  • 2015年04月
    -
    現在
    国立感染症研究所・エイズ研究センター 客員研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本ウイルス学会

  • 日本エイズ学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年03月
    -
    現在
    Frontiers in Virology 論文編集委員(Associate Editor)
  • 2018年01月
    -
    現在
    Microbiology and Immunology 論文編集委員 (Associate Editor)
  • 2021年01月
    -
    現在
    日本ウイルス学会 評議員
  • 2010年01月
    -
    現在
    Frontiers in Microbiology 論文編集委員 (Review Editor)
  • 2023年09月
    -
    現在
    Frontiers in Cellular and Infection Microbiology 論文編集委員 (Review Editor)
  • 2018年04月
    -
    現在
    日本エイズ学会 日本エイズ学会ウェブサイトWG担当委員
  • 2023年01月
    -
    現在
    日本ウイルス学会 第70回日本ウイルス学会学術集会 プログラム委員
  • 2018年04月
    -
    2021年12月
    日本ウイルス学会 学会誌「ウイルス」編集委員
  • 2019年11月
    -
    2021年11月
    日本ウイルス学会 第68回日本ウイルス学会学術集会 プログラム委員
  • 2020年11月
    -
    2021年11月
    日本エイズ学会 第35回日本エイズ学会学術集会プログラム委員
  • 2016年10月
    -
    2017年11月
    日本エイズ学会 第31回日本エイズ学会学術集会 プログラム委員
  • 2019年10月
    -
    2020年12月
    日本エイズ学会 第34回日本エイズ学会学術集会 プログラム委員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ウイルス学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本バイオセーフティ学会(JBSA)認定・実験室バイオセーフティ専門家

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 革新的核酸解析技術によるHIV潜伏感染機序の解明と克服のための研究,2022年04月 - 現在

  • デジタル検出技術を基盤としたウイルスの新規感染診断法の開発,2021年04月 - 現在

  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)全ゲノム解析およびCOVID-19病態解明,2020年07月 - 現在

  • 高精細核酸解析技術と先駆的ウイルス動態解析技術との革新的融合によるHIV潜伏感染克服へ向けた新規治療標的創出研究,2019年04月 - 2022年03月

  • HIV Cureを目指した新規作用機序を有する抗HIV薬開発研究,2018年04月 - 現在

  • HIV-1潜伏感染メカニズムの多面的解析,2017年04月 - 現在

  • HIV Gag蛋白質の機能と進化能の構造生物学研究に基づく次世代の創薬シーズ創成,2016年04月 - 2019年03月

  • HIV-1コア構造崩壊メカニズムの多面的解析,2014年04月 - 2017年03月

  • HIV感染増殖を制御する細胞内因子群の探索,2013年04月 - 現在

  • HIVエンベロープの治療標的構造に関する研究,2013年04月 - 2016年03月

  • 霊長類ゲノム情報を利用した抗エイズウイルス自然免疫因子の探索およびその新規エイズ治療法への応用,2010年04月 - 2013年03月

  • サルエイズウイルスのヒトへの異種間感染伝播に関わるウイルス側・宿主側制御因子の相互作用機構に関する解析,2008年04月 - 2011年03月

  • サルエイズウイルスのヒトへの感染伝播を規定する宿主制御因子の網羅的解析,2008年04月 - 2010年03月

  • サルエイズウイルスのヒトへの感染伝播を規定する宿主制御因子の解明,2007年09月 - 2008年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • HIV-1潜伏感染メカニズムの多面的解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • HIV-1コア構造崩壊メカニズムの多面的解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • HIVエンベロープの治療標的構造に関する研究

    厚生労働省 : 2013年04月 - 2016年03月

  • デジタル検出技術を基盤としたウイルスの新規感染診断法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • COVID-19における細胞外小胞の臨床的意義と現場実装に向けた新規検出技術の基盤確立

    文部科学省/日本学術振興会

  • COVID-19における細胞外小胞の臨床的意義と現場実装に向けた新規検出技術の基盤確立

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Osaka H, Tagashira Y, Takeuchi H, Tanaka Y, Tanimoto K, Gu Y. Nosocomial outbreak of SARS-CoV-2 in a hospital ward during the Omicron variant-dominant wave with a review of the relevant literature. Japanese journal of infectious diseases. 2024.05; ( PubMed, DOI )

  2. Reda O, Monde K, Sugata K, Rahman A, Sakhor W, Rajib SA, Sithi SN, Tan BJY, Niimura K, Motozono C, Maeda K, Ono M, Takeuchi H, Satou Y. HIV-Tocky system to visualize proviral expression dynamics. Communications biology. 2024.03; 7 (1): 344. ( PubMed, DOI )

  3. Kei Taga, Hiroaki Takeuchi. Novel role of host protein SLC25A42 in the HIV-1 reactivation of latent HIV-1 provirus Microbiology and Immunology. 2024.01; 1-10. ( DOI )

  4. Tatsuya Iida, Jun Ando, Hajime Shinoda, Asami Makino, Mami Yoshimura, Kazue Murai, Makiko Mori, Hiroaki Takeuchi, Takeshi Noda, Hiroshi Nishimasu, Rikiya Watanabe. Compact wide-field femtoliter-chamber imaging system for high-speed and accurate digital bioanalysis. Lab on a Chip. 2023.02; ( PubMed, DOI )

  5. Takatsuki Y., Takahashi Y., Nakajima J., Iwasaki Y., Nagano K., Tani-Sassa C., Yuasa S., Kanehira S., Sonobe K., Nukui Y., Takeuchi H., Tanimoto K., Tanaka Y., Kimura A., Ichimura N., and Tohda S.. Viral load of SARS-CoV-2 Omicron BA.5 is lower than that of BA.2 despite higher infectivity of BA.5. Immunity, Inflammation and Disease. 2023.02; 11 e783. ( DOI )

  6. Kitamura H., Sukegawa S., Matsuda K., Tanimoto K., Kobayakawa T., Takahashi K., Tamamura H., Tsuchiya K., Gatanaga H., Maeda K., and Takeuchi H.. 4-phenylquinoline-8-amine induces HIV-1 reactivation and apoptosis in latently HIV-1 infected cells. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2023.01; 641 139-147. ( PubMed, DOI )

  7. Yuasa Sonoka, Nakajima Jun, Takatsuki Yuna, Takahashi Yuta, Tani-Sassa Chihiro, Iwasaki Yumi, Nagano Katsutoshi, Sonobe Kazunari, Yoshimoto Tomoyo, Nukui Yoko, Takeuchi Hiroaki, Tanimoto Kousuke, Tanaka Yukie, Kimura Akinori, Ichimura Naoya, Tohda Shuji. Viral load of SARS-CoV-2 Omicron is not high despite its high infectivity JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY. 2022.07; 94 (11): 5543-5546. ( PubMed, DOI )

  8. Sayaka Sukegawa and Hiroaki Takeuchi. Toward the unveiling of HIV-1 dynamics: involvement of monocytes/macrophages in HIV-1 infection Frontiers in Virology. 2022.07; 2 (934892): ( DOI )

  9. Nishiyama Takara, Takada Toru, Takeuchi Hiroaki, Iwami Shingo. Maternal embryonic leucine zipper kinase (MELK) optimally regulates the HIV-1 uncoating process JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY. 2022.07; 545 111152. ( PubMed, DOI )

  10. Shinoda Hajime, Iida Tatsuya, Makino Asami, Yoshimura Mami, Ishikawa Junichiro, Ando Jun, Murai Kazue, Sugiyama Katsumi, Muramoto Yukiko, Nakano Masahiro, Kiga Kotaro, Cui Longzhu, Nureki Osamu, Takeuchi Hiroaki, Noda Takeshi, Nishimasu Hiroshi, Watanabe Rikiya. Automated amplification-free digital RNA detection platform for rapid and sensitive SARS-CoV-2 diagnosis COMMUNICATIONS BIOLOGY. 2022.05; 5 (1): 473. ( PubMed, DOI )

  11. Horiguchi Yukichi, Naono Norihiko, Sakamoto Osamu, Takeuchi Hiroaki, Yamaoka Shoji, Miyahara Yuji. Methodology to Detect Biological Particles Using a Biosensing Surface Integrated in Resistive Pulse Sensing ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES. 2022.04; 14 (17): 20168-20178. ( PubMed, DOI )

  12. Arakawa M, Tabata K, Ishida K, Kobayashi M, Arai A, Ishikawa T, Suzuki R, Takeuchi H, Tripathi LP, Mizuguchi K, Morita E. Flavivirus recruits the valosin-containing protein (VCP)/NPL4 complex to induce stress granule disassembly for efficient viral genome replication. The Journal of biological chemistry. 2022.01; 298 (3): 101597. ( PubMed, DOI )

  13. Tani-Sassa Chihiro, Iwasaki Yumi, Ichimura Naoya, Nagano Katsutoshi, Takatsuki Yuna, Yuasa Sonoka, Takahashi Yuta, Nakajima Jun, Sonobe Kazunari, Nukui Yoko, Takeuchi Hiroaki, Tanimoto Kousuke, Tanaka Yukie, Kimura Akinori, Tohda Shuji. Viral loads and profile of the patients infected with SARS-CoV-2 Delta, Alpha, or R.1 variants in Tokyo JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY. 2021.12; 94 (4): 1707-1710. ( PubMed, DOI )

  14. Oba Seiya, Hosoya Tadashi, Amamiya Miki, Mitsumura Takahiro, Kawata Daisuke, Sasaki Hirokazu, Kamiya Mari, Yamamoto Akio, Ando Takahiro, Shimada Sho, Shirai Tsuyoshi, Okamoto Tsukasa, Tateishi Tomoya, Endo Akira, Aiboshi Junichi, Nosaka Nobuyuki, Yamanouchi Hideo, Ugawa Toyomu, Nagaoka Eiki, Oi Keiji, Tao Susumu, Maejima Yasuhiro, Tanaka Yukie, Tanimoto Kousuke, Takeuchi Hiroaki, Tohda Shuji, Hirakawa Akihiro, Sasano Tetsuo, Arai Hirokuni, Otomo Yasuhiro, Miyazaki Yasunari, Yasuda Shinsuke. Arterial and Venous Thrombosis Complicated in COVID-19: A Retrospective Single Center Analysis in Japan FRONTIERS IN CARDIOVASCULAR MEDICINE. 2021.11; 8 767074. ( PubMed, DOI )

  15. Reda O., Monde K., Sugata K., Rahman A., Sakhor W., Tan B. J., Matsuo M., Takeuchi H., Ono M., Satou Y.. A new in-vitro model to monitor HIV-1 proviral transcription by timer-fluorescence protein HIV MEDICINE. 2021.10; 22 54-55.

  16. Deletsu Selase D., Kitamura Haruki, Ishida Takaomi, Gohda Jin, Yamaoka Shoji, Takeuchi Hiroaki. Identification and characterization of Stathmin 1 as a host factor involved in HIV-1 latency BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS. 2021.08; 567 106-111. ( PubMed, DOI )

  17. Nagano Katsutoshi, Tani-Sassa Chihiro, Iwasaki Yumi, Takatsuki Yuna, Yuasa Sonoka, Takahashi Yuta, Nakajima Jun, Sonobe Kazunari, Ichimura Naoya, Nukui Yoko, Takeuchi Hiroaki, Tanimoto Kousuke, Tanaka Yukie, Kimura Akinori, Tohda Shuji. SARS-CoV-2 R.1 lineage variants that prevailed in Tokyo in March 2021 JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY. 2021.08; 93 (12): 6833-6836. ( PubMed, DOI )

  18. Lotfi S, Nasser H, Noyori O, Hiyoshi M, Takeuchi H, Koyanagi Y, Suzu S. M-Sec facilitates intercellular transmission of HIV-1 through multiple mechanisms. Retrovirology. 2020.07; 17 (1): 20. ( PubMed, DOI )

  19. Weitong Yao, Takeshi Yoshida, Saki Hashimoto, Hiroaki Takeuchi, Klaus Strebel, Shoji Yamaoka. Vpu of a Simian Immunodeficiency Virus Isolated from Greater Spot-Nosed Monkey Antagonizes Human BST-2 via Two AxxxxxxxW Motifs. J. Virol.. 2020.01; 94 (2): ( PubMed, DOI )

  20. H. Takeuchi, T. Ishida, Y. Satou, J. Gohda, H. Kitamura, S. Gan, K. Takahashi, S. Yamaoka. Genome-wide RNAi screen identifies MAPK-RPK required for HIV-1 proviral silencing in non-T cell reservoir cell-line model Journal of Virus Eradication. 2019.12; 5 (Supplement 3): 5. ( DOI )

  21. Iwase CS., Miyazato P., Katsuya H., Islam S., Yang TJS., Ito J., Matsuo M., Takeuchi H., Ishida T., Matsuda K., Maeda K., and Satou Y.. HIV-1 DNA-capture-seq is a useful tool for the comprehensive characterization of HIV-1 provirus. Scientific Reports. 2019.08; 9 (1): 12326. ( DOI )

  22. Maeda K., Das D., Kobayakawa T., Tamamura H., and Takeuchi H. Discovery and Development of anti-HIV Therapeutic Agents: Progress Towards Improved HIV Medication. Current Topics in Medicinal Chemistry. 2019.07; 19 1-29. ( DOI )

  23. Aziati ID, Yoshida T, Hamano A, Maeda K, Takeuchi H, Yamaoka S. PATZ1 is required for efficient HIV-1 infection. Biochemical and biophysical research communications. 2019.06; 514 (2): 538-544. ( PubMed, DOI )

  24. Yoshida Takeshi, Kawamura Saki, Yamaguchi Haruka, Takeuchi Hiroaki, Yamaoka Shoji. Identification of a host factor supporting HIV-1 entry(和訳中) 日本エイズ学会誌. 2018.11; 20 (4): 537. ( 医中誌 )

  25. Suzuki N., Yoshida T., Takeuchi H., Sakuma R., Sukegawa S., and Yamaoka S.. Robust enhancement of lentivirus production by promoter activation. Scientific Reports. 2018.09;

  26. Yukichi Horiguchi, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Hiroaki Takeuchi, Shoji Yamaoka, Yuji Miyahara. Gold Nanoparticles with Ligand/Zwitterion Hybrid Layer for Individual Counting of Influenza A H1N1 Subtype Using Resistive Pulse Sensing. Langmuir. 2018.08; 35 (5): 1798-1806. ( PubMed, DOI )

  27. Jerry Kwame Ndzinu, Hiroaki Takeuchi, Hideki Saito, Takeshi Yoshida, Shoji Yamaoka. eIF4A2 is a host factor required for efficient HIV-1 replication. Microbes Infect.. 2018.05; 20 (6): 346-352. ( PubMed, DOI )

  28. Jin Gohda, Kazuo Suzuki, Kai Liu, Xialin Xie, Hiroaki Takeuchi, Jun-Ichiro Inoue, Yasushi Kawaguchi, Takaomi Ishida. BI-2536 and BI-6727, dual Polo-like kinase/bromodomain inhibitors, effectively reactivate latent HIV-1. Sci Rep. 2018.02; 8 (1): 3521. ( PubMed, DOI )

  29. Osako M., Itsumi M., Yamaguchi H., Takeuchi H., and Yamaoka S.. A20 restores phorbol ester-induced differentiation of THP-1 cells in the absence of nuclear factor-κB activation. Journal of Cellular Biochemistry. 2018.02; 119 (2): 1475-1487. ( PubMed, DOI )

  30. Hai W., Goda T., Takeuchi H., Yamaoka S., Horiguchi Y., Matsumoto A., and Miyahara Y. Human Influenza Virus Detection Using Sialyllactose-Functionalized Organic Electrochemical Transistors. Sensors & Actuators B-Chemical. 2018.01;

  31. Takeshi Yoshida, Akiko Hamano, Asuka Ueda, Hiroaki Takeuchi, Shoji Yamaoka. Human SMOOTHENED inhibits human immunodeficiency virus type 1 infection. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2017.11; 493 (1): 132-138. ( PubMed, DOI )

  32. Hideki Saito, Hiroaki Takeuchi, Takao Masuda, Takeshi Noda, Shoji Yamaoka. N-terminally truncated POM121C inhibits HIV-1 replication. PLoS ONE. 2017.09; 12 (9): e0182434. ( PubMed, DOI )

  33. Hiroaki Takeuchi, Hideki Saito, Takeshi Noda, Tadashi Miyamoto, Tomokazu Yoshinaga, Kazutaka Terahara, Hiroshi Ishii, Yasuko Tsunetsugu-Yokota, Shoji Yamaoka. Phosphorylation of the HIV-1 capsid by MELK triggers uncoating to promote viral cDNA synthesis. PLoS Pathog. 2017.07; 13 (7): e1006441. ( PubMed, DOI )

  34. Yukichi Horiguchi, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Hiroaki Takeuchi, Shoji Yamaoka, Yuji Miyahara. Direct and label-free influenza virus detection based on multisite binding to sialic acid receptors. Biosens Bioelectron. 2017.06; 92 234-240. ( PubMed, DOI )

  35. Wenfeng H., Goda T., Takeuchi H., Yamaoka S., Horiguchi Y., Akira M., and Miyahara Y.. Specific Recognition of Human Influenza Virus with PEDOT Bearing Sialic Acid-Terminated Trisaccharides. ACS Applied Materials & Interfaces. 2017.04; 9 (16): 14162-14170. ( PubMed, DOI )

  36. Sukegawa S., Sakuma R., Ohmine S., Takeuchi H., Ikeda Y and Yamaoka S.. Suppressor of Cytokine Signaling 1 Counteracts Rhesus Macaque TRIM5a-Induced Inhibition of Human Immunodeficiency Virus Type-1 Production. PLoS ONE. 2014.09; 9 (10): e109640. ( PubMed )

  37. Sugiyama R., Abe M., Nishitsuji H., Murakami Y., Takeuchi H., and Takaku H.. Induction of heat-shock protein 70 by prostaglandin A1 inhibits HIV-1 Vif-mediated degradation of APOBEC3G. Antiviral Research. 2013.09; 99 (3): 307-311. ( PubMed )

  38. Takanori Hori, Hiroaki Takeuchi, Hideki Saito, Ryuta Sakuma, Yoshio Inagaki, Shoji Yamaoka. A carboxy-terminally truncated human CPSF6 lacking residues encoded by exon 6 inhibits HIV-1 cDNA synthesis and promotes capsid disassembly. J. Virol.. 2013.07; 87 (13): 7726-7736. ( PubMed, DOI )

  39. Ryuta Sakuma, Hiroaki Takeuchi. SIV replication in human cells. Front Microbiol. 2012.04; 3 162. ( PubMed, DOI )

  40. Hiroaki Takeuchi, Hiroshi Ishii, Tetsuya Kuwano, Natsuko Inagaki, Hirofumi Akari, Tetsuro Matano. Host cell species-specific effect of cyclosporine A on simian immunodeficiency virus replication. Retrovirology. 2012.01; 9 3. ( PubMed, DOI )

  41. Sugiyama R., Nishitsuji H., Furukawa A., Katahira M., Habu Y., Takeuchi H., Ryo A., and Takaku H.. Heat shock protein 70 inhibits HIV-1 Vif-mediated ubiquitination and degradation of APOBEC3G. Journal of Biological Chemistry. 2011; 286 (12): 10051-10057.

  42. Ohmine S., Sakuma R., Sakuma T., Thatava T., Takeuchi H., and Ikeda Y.. The antiviral spectra of TRIM5α orthologues and human TRIM family proteins against lentiviral production. PLoS ONE. 2011; 6 (1): e16121.

  43. Hiroaki Takeuchi. Contribution of Cyclophilin A to determination of simian immunodeficiency virus tropism: a progress update. Vaccine. 2010.05; 28 Suppl 2 B51-B54. ( PubMed, DOI )

  44. Iwamoto N., Tsukamoto T., Kawada M., Takeda A., Yamamoto H., Takeuchi H., and Matano T.. Broadening of CD8+ cell responses in vaccine-based simian immunodeficiency virus controllers. AIDS. 2010; 24 (18): 2777-2787.

  45. Inagaki N., Takeuchi H*., Yokoyama M., Sato H., Ryo A., Yamamoto H., Kawada M., and Matano T.. A structural constraint for functional interaction between N-terminal and C-terminal domains in simian immunodeficiency virus capsid proteins. Retrovirology. 2010; (7): 90.

  46. Hiroaki Takeuchi, Tetsuro Matano. Host factors involved in resistance to retroviral infection. Microbiol. Immunol.. 2008.06; 52 (6): 318-325. ( PubMed, DOI )

  47. Kawada M., Tsukamoto T., Yamamoto H., Iwamoto N., Kurihara K., Takeda A., Moriya C., Takeuchi H., Akari H., and Matano T.. Gag-specific cytotoxic T-lymphocyte-based control of primary simian immunodeficiency virus replication in a vaccine trial. Journal of Virology. 2008; 82 (20): 10199-10206.

  48. Goila-Gaur R., Khan MA., Miyagi E., Kao S., Opi S., Takeuchi H., and Strebel K.. HIV-1 Vif promotes the formation of high molecular mass APOBEC3G complexes. Virology. 2008; 372 (1): 136-146.

  49. Hiroaki Takeuchi, Alicia Buckler-White, Ritu Goila-Gaur, Eri Miyagi, Mohammad A Khan, Sandrine Opi, Sandra Kao, Elena Sokolskaja, Thomas Pertel, Jeremy Luban, Klaus Strebel. Vif counteracts a cyclophilin A-imposed inhibition of simian immunodeficiency viruses in human cells. J. Virol.. 2007.08; 81 (15): 8080-8090. ( PubMed, DOI )

  50. Miyagi E., Opi S., Takeuchi H., Khan MA., Goila-Gaur R., Kao S., and Strebel K. . Enzymatically Active APOBEC3G Is required for Efficient Inhibition of HIV-1. Journal of Virology. 2007; 81 (24): 13346-13353.

  51. Khan MA., Goila-Gaur R., Opi S., Miyagi E., Takeuchi H., Kao S., and Strebel K. . Analysis of the contribution of cellular and viral RNA to the packaging of APOBEC3G into HIV-1 virions. Retrovirology. 2007; 4 (1): 48.

  52. Opi S., Kao S., Goila-Gaur R., Khan MA., Miyagi E., Takeuchi H., and Strebel K. . Human immunodeficiency virus type 1 Vif inhibits packaging and antiviral activity of a degradation-resistant APOBEC3G variant. Journal of Virology. 2007; 81 (15): 8236-8246.

  53. Kao S., Goila-Gaur R., Miyagi E., Kahn MA., Opi S., Takeuchi H., and Strebel K. . Production of infectious virus and degradation of APOBEC3G are separable functional properties of human immunodeficiency virus type 1 Vif. Virology. 2007; 369 (2): 329-339.

  54. Iwatani Y., Takeuchi H*., Strebel K., and Levin JG.. Biochemical activities of highly purified, catalytically active human APOBEC3G: correlation with antiviral effect. Journal of Virology. 2006; 80 (12): 5992-6002.

  55. Opi S., Takeuchi H*., Kao S., Khan MA., Miyagi E., Goila-Gaur R., Iwatani Y., Levin LG., and Strebel K.. Monomeric APOBEC3G is catalytically active and has antiviral activity. Journal of Virology. 2006; 80 (10): 4673-4682.

  56. Eda Y., Murakami T., Ami Y., Nakasone T., Takizawa M., Someya K., Kaizu M., Izumi Y., Yoshino N., Matsushita S., Higuchi H., Matsui H., Shinohara K., Takeuchi H., Koyanagi Y., Yamamoto N., and Honda M.. Anti-V3 Humanized Antibody KD-247 Effectively Suppresses Ex Vivo Generation of Human Immunodeficiency Virus Type 1 and Affords Sterile Protection of Monkeys against a Heterologous Simian/Human Immunodeficiency Virus Infection. Journal of Virology. 2006; 80 (11): 5563-5570.

  57. Hiroaki Takeuchi, Sandra Kao, Eri Miyagi, Mohammad A Khan, Alicia Buckler-White, Ron Plishka, Klaus Strebel. Production of infectious SIVagm from human cells requires functional inactivation but not viral exclusion of human APOBEC3G. J. Biol. Chem.. 2005.01; 280 (1): 375-382. ( PubMed, DOI )

  58. Habu Y., Nagawa T., Matsumoto N., Takeuchi H., Miyano-Kurosaki N., and Takaku H.. Suppression of human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) replication by an HIV-1-dependent double locked vector with the Cre/loxP system. Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids. 2005; 24 (10-12): 1907-1917.

  59. Khan MA., Kao S., Miyagi E., Takeuchi H., Goila-Gaur R., Opi S., Gipson CL., Parslow TG., Ly H., and Strebel K. . Viral RNA is required for the Association of APOBEC3G with HIV-1 Nucleoprotein Complexes. Journal of Virology. 2005; 79 (9): 5870-5874.

  60. Kao S., Miyagi E., Khan MA., Takeuchi H., Opi S., Goila-Gaur R., and Strebel K.. Production of infectious human immunodeficiency virus type 1 does not require depletion of APOBEC3G from virus-producing cells. Retrovirology. 2004; 1 (1): 27.

  61. Miyano-Kurosaki N., Barnor JS., Takeuchi H., Owada T., Nakashima H., Yamamoto N., Matsuzaki T., Shimada F., and Takaku H.. In vitro and in vivo transport and delivery of phosphorothioate oligonucleotides with cationic liposomes. Antiviral Chemistry and Chemotherapy. 2004; 15 (2): 93-100.

  62. Kuwasaki T., Hatta M., Takeuchi H., and Takaku H.. Inhibition of human immunodeficiency virus 1 replication in vitro by a self-stabilized oligonucleotide with 2'-O-methyl-guanosine-uridine quadruplex motifs. Journal of Antimicrobial Chemotherapy. 2003; 51 (4): 813-819.

  63. Hiroaki Takeuchi, Youichi Suzuki, Masashi Tatsumi, Hiroo Hoshino, Eric S Daar, Yoshio Koyanagi. Isolation and characterization of an infectious HIV type 1 molecular clone from a patient with primary infection. AIDS Res. Hum. Retroviruses. 2002.10; 18 (15): 1127-1133. ( PubMed, DOI )

  64. Habu Y., Miyano-Kurosaki N., Nagawa T., Matsumoto N., Takeuchi H*., and Takaku H.. Inhibition of HIV-1 replication by an HIV-1 dependent ribozyme expression vector with the Cre/loxP (ON/OFF) system. Antiviral Chemistry and Chemotherapy. 2002; 13 (5): 273-281.

  65. Suzuki J., Miyano-Kurosaki N., Kuwasaki T., Takeuchi H., Kawai G., and Takaku H.. Inhibition of human immunodeficiency virus type 1 activity in vitro by a new self-stabilized oligonucleotide with guanosine-thymidine quadruplex motifs. Journal of Virology. 2002; 76 3015-3022.

  66. Yukita M., Kitano M., Miyano-Kurosaki N., Takeuchi H., Nashimoto M., and Takaku H.. RNA cleavage by a mammalian tRNA 3' processing endoribonuclease (3'tRNase) reduces HIV-1 expression. Nucleic Acids Resarch. 2002; Supplement 2 297-298.

  67. Nagawa T., Habu Y., Matsumoto N., Takeuchi H., Miyano-Kurosaki N., and Takaku H.. Development of HIV-1 dependent gene expression vector with the Cre/loxP (ON) system. Nucleic Acids Resarch. 2002; Supplement 2 295-296.

  68. Inagawa T., Nakashima H., Karwowski B., Guga P., Stec WJ., Takeuchi H., and Takaku H.. Inhibition of Human Immunodeficiency Virus Type-1 replication by P-stereodefined oligo (nucleoside phosphorothioate)s in a long-term infection model. FEBS Letter . 2002; 528 (1-3): 48-52.

  69. Habu Y., Miyano-Kurosaki N., Takeuchi H., Matsumoto N., Tamura Y., and Takaku H.. Inhibition of HIV-1 replication by the Cre-loxP hammerhead ribozyme. Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids. 2001; 20 (4-7): 723-726.

  70. Kitano M., Barnor JS., Miyano-Kurosaki N., Endo Y., Yukita M., Takeuchi H., Tamura Y., Takai K., Nashimoto M., and Takaku H.. Effective suppression of HIV-1 gene expression by a mammalian tRNA 3' processing endoribonuclease and external guide sequence oligozymes. Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids. 2001; 20 (4-7): 719-722.

  71. Kitano M., Miyano-Kurosaki N., Endo Y., Yukita M., Takeuchi H., Tamura Y., Takai K., Nashimoto M., and Takaku H. . Effective suppression of HIV-1 gene expression by a mammalian tRNA 3' processing endoribonuclease and external guide sequence oligozymes. Nucleic Acids Symposium Series. 1999; (42): 207-208.

  72. Hosoya T., Takeuchi H*., Kanesaka Y., Yamakawa H., Miyano-Kurosaki N., Takai K., Yamamoto N., and Takaku H.. Sequence-specific inhibition of a transcription factor by circular dumbbell DNA oligonucleotides. FEBS Letters . 1999; 19 (461 (3)): 136-140.

  73. Suzuki J., Miyano-Kurosaki N., Takeuchi H., Tamura Y., Kawai G., Takai K., Tanaka Y., Tanaka R., Yamamoto N., and Takaku H.. Phosphorothioate G3T4G3 motifs inhibit the early stage of HIV-1 infection. Nucleic Acids Symposium Series. 1999; (42): 227-228.

  74. Habu Y., Takeuchi H*., Tamura Y., Miyano-Kurosaki N., Takai K., and Takaku H.. Development of an HIV-1-dependent expression vector with the Cre/loxP system. Nucleic Acids Symposium Series. 1999; (42): 295-296.

  75. Tsukahara S., Suzuki J., Goto Y., Inagawa T., Takeuchi H., Takai K., Koyanagi Y., Yamamoto N., and Takaku H.. Inhibition of gene expression by oligonucleotides forming triple-helices with the polypurine tract of HIV-1. Nucleic Acids Symposium Series. 1996; (35): 181-182.

  76. 北村 義浩, 武内 寛明, 俣野 哲朗. 【コロナ感染症の後遺症】COVID-19免疫の展望 カレントテラピー. 2022.08; 40 (8): 808-814. ( 医中誌 )

  77. 武内 寛明. 【新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のすべて】病態と診断 SARS-CoV-2変異ウイルス 突然変異と選択から見えてくる進化の方向性 呼吸器ジャーナル. 2022.08; 70 (3): 338-343. ( 医中誌 )

  78. 北村 春樹, 多賀 佳, 助川 明香, 武内 寛明. 【新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策のこれから-ワクチンを中心に】COVID-19パンデミック下のSARS-CoV-2変異株の特徴および本邦市中流行株の遷移 臨床と微生物. 2021.11; 48 (6): 673-680. ( 医中誌 )

  79. Sukegawa S, Takeuchi H. [Genomics and epidemiology of SARS-CoV-2 lineage]. Uirusu. 2021; 71 (1): 19-32. ( PubMed, DOI )

  80. 芳田 剛, Yao Weitong, 橋本 紗希, 武内 寛明, 山岡 昇司. HIV学術研究の今「ウイルスと宿主とのせめぎ合いから」(複製および病原性) ウイルスの宿主適応メカニズム 宿主防御機構とのせめぎ合いと攻略能獲得まで 日本エイズ学会誌. 2020.11; 22 (4): 336. ( 医中誌 )

  81. 武内 寛明. HIV機能的治癒に向けた取り組みの現状 潜伏HIVリザーバー維持メカニズム 感染細胞レベルからその要因を解く リザーバー特異的排除戦略によるHIV寛解をめざして 日本エイズ学会誌. 2020.11; 22 (4): 340. ( 医中誌 )

  82. Yao Weitong, 芳田 剛, 橋本 紗希, 武内 寛明, 山岡 昇司. HIV-1は抗ウイルスタンパク質ヒトBST-2を妨害する機能をどのように獲得したのか 日本エイズ学会誌. 2019.11; 21 (4): 464. ( 医中誌 )

  83. 堀口 諭吉, 直野 典彦, 坂本 修, 武内 寛明, 山岡 昇司, 谷口 正輝, 鷲尾 隆, 宮原 裕二. 分子認識とAIを活用したヒトインフルエンザウイルス粒子測定 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2019.11; 41回 157. ( 医中誌 )

  84. 堀口 諭吉, 直野 典彦, 坂本 修, 武内 寛明, 山岡 昇司, 谷口 正輝, 鷲尾 隆, 宮原 裕二. 分子認識界面とAIテクノロジーを応用したウイルス粒子計測技術の創出 日本分析化学会講演要旨集. 2019.08; 68年会 241. ( 医中誌 )

  85. Iwase Saori C., Miyazato Paola, Katsuya Hiroo, Islam Saiful, Yang Benjy Tan Jek, Ito Jumpei, Matsuo Misaki, Takeuchi Hiroaki, Ishida Takaomi, Matsuda Kouki, Maeda Kenji, Satou Yorifumi. HIV-1 DNA-capture-seq is a useful tool for the comprehensive characterization of HIV-1 provirus SCIENTIFIC REPORTS. 2019.08; 9 (1): 12326. ( PubMed, DOI )

  86. Maeda Kenji, Das Debananda, Kobayakawa Takuya, Tamamura Hirokazu, Takeuchi Hiroaki. Discovery and Development of Anti-HIV Therapeutic Agents: Progress Towards Improved HIV Medication CURRENT TOPICS IN MEDICINAL CHEMISTRY. 2019; 19 (18): 1621-1649. ( PubMed, DOI )

  87. 武内 寛明, 合田 仁, 石田 尚臣, 佐藤 賢文, 岩瀬 早織, 山岡 昇司. HIV潜伏感染を制御する宿主因子の同定および解析 日本エイズ学会誌. 2018.11; 20 (4): 490. ( 医中誌 )

  88. 合田 仁, 武内 寛明, 石田 尚臣. HIV感染に必要な細胞因子スクリーニングのためのジフテリア毒素とGFPのデュアルスプリットタンパク質の構築 日本エイズ学会誌. 2018.11; 20 (4): 515. ( 医中誌 )

  89. 堀口 諭吉, 合田 達郎, 松元 亮, 武内 寛明, 山岡 昇司, 宮原 裕二. 細孔電気抵抗法を用いたヒトインフルエンザウイルスの特異的検出 日本分析化学会講演要旨集. 2018.08; 67年会 87. ( 医中誌 )

  90. 武内 寛明. 新規HIV-1感染制御宿主因子の同定およびその機能解明 日本エイズ学会誌. 2018.06; 20 117-123.

  91. 武内 寛明. 新規HIV-1感染制御宿主因子の同定およびその機能解明 日本エイズ学会誌. 2018.05; 20 (2): 117-123. ( 医中誌 )

  92. 武内 寛明. コア・サイエンス HIV-1コア・サイエンス HIV-1コア(キャプシドコア)崩壊プロセスおよびHIV-1複合体コア(核)移行プロセスのさらなる展望 日本エイズ学会誌. 2017.11; 19 (4): 294. ( 医中誌 )

  93. 堀口 諭吉, 合田 達郎, 松元 亮, 武内 寛明, 山岡 昇司, 宮原 裕二. ウイルス認識ナノ粒子を用いた電気抵抗ナノパルス法によるウイルス計測 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2017.11; 39回 253. ( 医中誌 )

  94. Hashimoto Saki, Yoshida Takeshi, Takeuchi Hiroaki, Yamaoka Shoji. HIV-1の祖先ウイルスが発現するVpuタンパク質の機能における種特異性とそのメカニズム 日本エイズ学会誌. 2017.11; 19 (4): 438. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Sakuma R and Takeuchi H. Retroviral Host Cell Factors: APOBEC3G, TRIM5, and Cyclophilins.. 2011.11 (ISBN : 978-953-307-665-2)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Hiroaki Takeuchi. Identification of Host Factors Regulating HIV-1 Latency and Their Potential Therapeutic Targets in HIV-1 Latency Reversal.. U.S-Japan Cooperative Medical Sciences Program (USJCMSP) AIDS Panel Meeting 2024.03.07 Seoul, KR

  2. Hiroaki Takeuchi. Identification of host factors regulating HIV-1 latency and their potential therapeutic targets in HIV-1 latency reversal. The 2nd France-Japan symposium on HIV/AIDS and infectious disease basic research 2022.11.05 Tokyo, Japan

  3. Sithi Sharmin Nahar, Reda Omnia, Sakhor Wajihah, Rahman Akhinur, Monde Kazuaki, Rajib Samiul Alam, Sugata Kenji, Takeuchi Hiroaki, Ono Masahiro, Maeda Kenji, Satou Yorifumi. Application of Timer-HIV-1 system to identify novel Latency Promoting Agents(タイトル和訳中). 日本エイズ学会誌 2022.11.01

  4. Sakhor Wajihah, Sugata Kenji, Tan Benjy Jek Yang, Monde Kazuoki, Motozono Chihiro, Reda Omnia, Rahman Akhinur, Matsuo Misaki, Nakamura Hitomi, Ueno Takamasa, Sagara Yasuko, Takeuchi Hiroaki, Ono Masahiro, Maeda Kenji, Satou Yorifumi. Novel recombinant HIV model reveals the fate of HIV activation and latency by transcriptomic and epigenomic analysis(タイトル和訳中). 日本エイズ学会誌 2022.11.01

  5. Sithi Sharmin Nahar, Reda Omnia, Sakhor Wajihah, Rahman Akhinur, Monde Kazuaki, Rajib Samiul Alam, Sugata Kenji, Takeuchi Hiroaki, Ono Masahiro, Maeda Kenji, Satou Yorifumi. 新規Latency Promoting Agentsの同定におけるTimer-HIV-1 systemの応用(Application of Timer-HIV-1 system to identify novel Latency Promoting Agents). 日本エイズ学会誌 2022.11.01

  6. Sakhor Wajihah, Sugata Kenji, Tan Benjy Jek Yang, Monde Kazuoki, Motozono Chihiro, Reda Omnia, Rahman Akhinur, Matsuo Misaki, Nakamura Hitomi, Ueno Takamasa, Sagara Yasuko, Takeuchi Hiroaki, Ono Masahiro, Maeda Kenji, Satou Yorifumi. 新規組換えHIVモデルを用いてトランスクリプトーム解析・エピゲノム解析によりHIVの活性化・潜伏感染の運命を明らかにする(Novel recombinant HIV model reveals the fate of HIV activation and latency by transcriptomic and epigenomic analysis). 日本エイズ学会誌 2022.11.01

  7. Sithi Sharmin Nahar, Reda Omnia, Sakhor Wajihah, Rahman Akhinur, Monde Kazuaki, Rajib Samiul Alam, Sugata Kenji, Takeuchi Hiroaki, Ono Masahiro, Maeda Kenji, Satou Yorifumi. 新規Latency Promoting Agentsの同定におけるTimer-HIV-1 systemの応用(Application of Timer-HIV-1 system to identify novel Latency Promoting Agents). 日本エイズ学会誌 2022.11.01

  8. Sakhor Wajihah, Sugata Kenji, Tan Benjy Jek Yang, Monde Kazuoki, Motozono Chihiro, Reda Omnia, Rahman Akhinur, Matsuo Misaki, Nakamura Hitomi, Ueno Takamasa, Sagara Yasuko, Takeuchi Hiroaki, Ono Masahiro, Maeda Kenji, Satou Yorifumi. 新規組換えHIVモデルを用いてトランスクリプトーム解析・エピゲノム解析によりHIVの活性化・潜伏感染の運命を明らかにする(Novel recombinant HIV model reveals the fate of HIV activation and latency by transcriptomic and epigenomic analysis). 日本エイズ学会誌 2022.11.01

  9. Sithi Sharmin Nahar, Reda Omnia, Sakhor Wajihah, Rahman Akhinur, Monde Kazuaki, Rajib Samiul Alam, Sugata Kenji, Takeuchi Hiroaki, Ono Masahiro, Maeda Kenji, Satou Yorifumi. 新規Latency Promoting Agentsの同定におけるTimer-HIV-1 systemの応用(Application of Timer-HIV-1 system to identify novel Latency Promoting Agents). 日本エイズ学会誌 2022.11.01

  10. Sakhor Wajihah, Sugata Kenji, Tan Benjy Jek Yang, Monde Kazuoki, Motozono Chihiro, Reda Omnia, Rahman Akhinur, Matsuo Misaki, Nakamura Hitomi, Ueno Takamasa, Sagara Yasuko, Takeuchi Hiroaki, Ono Masahiro, Maeda Kenji, Satou Yorifumi. 新規組換えHIVモデルを用いてトランスクリプトーム解析・エピゲノム解析によりHIVの活性化・潜伏感染の運命を明らかにする(Novel recombinant HIV model reveals the fate of HIV activation and latency by transcriptomic and epigenomic analysis). 日本エイズ学会誌 2022.11.01

  11. Reda Omnia, Monde Kazuaki, Sugata Kenji, Rahman Akhinur, Sakhor Wajihah, Tan Benjy J.Y., Matsuo Misaki, Takeuchi Hiroaki, Ono Masahiro, Satou Yorifumi. タイマー蛍光タンパク質によるHIV-1プロウイルス転写監視のための新しいin-vitroモデル(A new in-vitro model to monitor HIV-1 proviral transcription by timer-fluorescence protein). 日本エイズ学会誌 2021.11.01

  12. Reda O, Monde K, Sugata K, Rahman A, Sakhor W, Rajib SA, Tan BJY, Matsuo M, Ono M, Takeuchi H and Satou Y. A new in-vitro model to monitor HIV-1 proviral transcription by timer-fluorescence protein.. Cold Spring Harbor Laboratory Meeting on Retroviruses 2021.05.27 New York, USA

  13. Ishida T, Satou Y, Gohda J, Kitamura H, Gan S, Takahashi K, Yamaoka S, and Takeuchi H.. Genome-wide RNAi screen identifies MAPK-RPK required for HIV-1 proviral silencing in non-T cell reservoir cell-line model.. The 9th international workshop on HIV persistence during therapy 2019.12.10 Miami, USA

  14. Takeuchi Hiroaki. Multiple approach to HIV cure: Towards a better understanding of the precise cellular regulation of HIV-1 infection.. France-Japan Symposium on HIV and hepatitis basic research 2019.10 Paris, France

  15. Hiroaki Takeuchi. Dynamics and Regulation of HIV-1 Uncoating and Nuclear Movements of HIV-1 Complexes: Our Recent Advances and Future Perspectives.. CAIDS/ACC/ARC Joint Symposium 2018.11.10 東京

  16. Yoshida Takeshi, Kawamura Saki, Yamaguchi Haruka, Takeuchi Hiroaki, Yamaoka Shoji. HIV-1の侵入を支援する宿主因子の同定(Identification of a host factor supporting HIV-1 entry). 日本エイズ学会誌 2018.11.01

  17. 武内 寛明. Dynamics and regulation of HIV-1 uncoating and nuclear movements of HIV-1 complexes. 熊本大学エイズ学研究センター「エイズ学演習VI」大学院セミナー 2018.07.25 熊本、日本

  18. Hiroaki Takeuchi. The timing and triggering of uncoating in an early stage of HIV-1 infection: the essential role of MELK for optimal capsid core disassembly. Special AMR seminar at St. Vincent's Centre of Applied Medical Research 2017.09.27 Sydney, Australia

  19. Hiroaki Takeuchi. The timing and triggering of HIV-1 uncoating: the essential role of MELK for optimal capsid core disassembly.. U.S-Japan Cooperative Medical Sciences Program (USJCMSP) AIDS Panel Meeting 2016.01.13 Washington DC, USA

  20. Hideki Saito. N-terminally truncated POM121C, a component of nuclear pore complexes, inhibits HIV-1 replication. 2015.05.19 Cold Spring Harbor Laboratory

  21. Takeuchi H, Saito H, Miyamoto T, Yoshinaga T, Ishii H and Yamaoka S. AMPK-RPK is a host essential factor for optimal capsid disassembly to promote viral cDNA synthesis during the early stage of HIV-1 infection. Cold Spring Harbor Laboratory Meeting on Retroviruses 2014.05.20 New York, USA

  22. Takeuchi H. Species-specific Effect of Cyclosporine A on Simian Immunodeficiency Virus Replication: Possible Contribution of Cyclophilins to the Determination of Viral Tropism. China-Japan Research Collaboration on Emerging and Reemerging Infections 2009.10.22 Beijing, China

  23. Takeuchi H, Ishii H and Matano T. Cyclophilin B has an inhibitory effect on SIV but not HIV-1 replication in human cells. Cold Spring Harbor Laboratory Meeting on Retroviruses 2009.05.20 New York, USA

  24. Takeuchi H. Contribution of cyclophilin A to determination of simian immunodeficiency virus tropism. The 8th Awaji International Forum on Infection and Immunity 2008.09.10 Awaji Island, Japan

  25. Takeuchi H, Inagaki. N, H. Ishii, T. Kuwano, H. Akari and T. Matano. Cyclophilin A affects SIV replication positively in monkey but negatively in human cells. Cold Spring Harbor Laboratory Meeting on Retroviruses 2008.05.20 New York, USA

  26. 武内 寛明. SARS-CoV-2市中流行株:変異と選択から見えてくる進化の方向性. 第24回日本抗加齢医学会学術集会 2024.05.31 熊本

  27. 武内 寛明. 次なる感染症パンデミックに備えて 〜ロボティック・バイオロジーを用いた病原体研究の新たな展開〜. ソニークリニカルサミット 2024.03.08 御茶ノ水、東京

  28. 武内 寛明. 【次なる感染症パンデミックに備える】〜COVID-19パンデミックの経験を無駄にしないために〜. 令和5年度第2回公衆衛生専門技術研修:神奈川県衛生研究所・学術講演会 2024.03.08 茅ヶ崎、神奈川県

  29. 井上 健斗, 友政 弾, 中釜 悠, 大西 秀典, 岡田 賢, 武内 寛明, 城戸 康年, 森尾 友宏, 金兼 弘和. 抗体産生不全症患者に対するチキサゲビマブ・シルガビマブの予防効果. 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.11.01

  30. 武内 寛明. Cutting Edge in HIV CureResearch~latent reservoir克服への新規戦略 HIV潜伏感染維持再活性化相克の分子メカニズム. 日本エイズ学会誌 2023.11.01

  31. 大倉 定之, 石野 孔祐, 清水 真澄, 武内 寛明, 森田 林平. HIV-1 capsid coreに結合するコウモリ宿主因子の網羅的プロテオーム解析. 日本エイズ学会誌 2023.11.01

  32. 新里 大毅, 磯田 健志, 友政 弾, 森尾 友宏, 武内 寛明, 金兼 弘和. 先天性免疫異常症患者におけるCOVID-19持続感染の過程で異なる変異を認めたSARS-CoV-2のウイルス学的特徴. 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.11.01

  33. 多賀 佳, 武内 寛明. 単球系リザーバ細胞におけるプロウイルス活性制御因子SCPの解析. 日本エイズ学会誌 2023.11.01

  34. 新里 大毅, 井上 健斗, 磯田 健志, 満生 紀子, 武内 寛明, 具 芳明, 森尾 友宏, 金兼 弘和. 造血細胞移植後に遷延する免疫再構築障害はSARS-CoV-2感染の持続感染を引き起こす. 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2022.11.01

  35. 助川 明香, 辻 耕平, 松田 幸樹, 北村 春樹, 谷本 幸介, 小早川 拓也, 月谷 知也, 芳野 広起, 玉村 啓和, 前田 賢次, 武内 寛明. HIV-1潜伏感染細胞を再活性化する新規作用機序を有する低分子化合物の探索および合成展開. 日本エイズ学会誌 2022.11.01

  36. 北村 春樹, 松田 幸樹, 助川 明香, 高橋 一帆, 谷本 幸介, 小早川 拓也, 玉村 啓和, 前田 賢次, 武内 寛明. キノリン骨格を有する新規低分子化合物はHIV-1潜伏感染細胞死を選択的に誘導する. 日本エイズ学会誌 2022.11.01

  37. 武内 寛明. ウイルス感染と宿主免疫のせめぎあい 〜ウイルスと宿主の共存プロセス〜. コスモバイオセミナー 2022.09.16

  38. 助川明香、松田幸樹、北村春樹、月谷知也、芳野広起、小早川拓也、玉村啓和、山岡昇司、前田賢次、武内寛明. HIV-1転写動態制御に関わる新規低分子化合物の探索. 第68回 日本ウイルス学会学術集会 2021.11.16 神戸

  39. 北村 春樹, 松田 幸樹, 助川 明香, 高橋 一帆, 小早川 拓也, 玉村 啓和, 山岡 昇司, 前田 賢次, 武内 寛明. HIV-1潜伏感染細胞排除戦略に有用な新規低分子化合物や既存医薬品の探索および評価. 日本エイズ学会誌 2021.11.01

  40. 武内 寛明. HIV感染症の根治に向けて-1-HIVリザーバーの制御への課題- 潜伏HIVリザーバー縮小・排除への道のり HIVリザーバー形成・維持メカニズムは制御可能か?. 日本エイズ学会誌 2021.11.01

  41. 古賀 道子, 佐藤 賢文, 武内 寛明. HIV感染症の根治に向けて HIVリザーバーの制御への課題. 日本エイズ学会誌 2021.11.01

  42. 関口 佳, 北村 春樹, 助川 明香, 山岡 昇司, 武内 寛明. HIV潜伏感染維持動態に関わる新規宿主因子の同定および解析. 日本エイズ学会誌 2021.11.01

  43. 助川 明香, 松田 幸樹, 北村 春樹, 月谷 知也, 芳野 広起, 小早川 拓也, 玉村 啓和, 山岡 昇司, 前田 賢次, 武内 寛明. HIV-1潜伏感染細胞を再活性化する新規低分子化合物の探索. 日本エイズ学会誌 2021.11.01

  44. 武内 寛明. 本邦由来SARS-CoV-2ゲノムの分子系統解析. QIAGENウェビナー 2021.07.21

  45. 武内 寛明. 病原体と宿主が織りなす感染現象(せめぎあい)とは? 〜エイズウイルスと新型コロナウイルスを中心に〜. 早稲田大学大学院先進理工学研究科講演会 2021.03.12

  46. 武内 寛明. 【潜伏HIVリザーバー維持メカニズム】感染細胞レベルからその要因を解く〜リザーバー特異的排除戦略によるHIV寛解をめざして〜. 第34回日本エイズ学会学術集会 2020.11.27

  47. 武内 寛明. HIV-1感染細胞内動態に関わる宿主タンパク質の同定および機能解析. 第20回白馬シンポジウム 2018.09.04 鹿児島

  48. 武内 寛明. HIV-1コア・サイエンス 〜HIV-1コア(キャプシドコア)崩壊プロセスおよびHIV-1複合体コア(核)移行プロセスのさらなる展望〜. 第31回日本エイズ学会学術集会 2017.11.24 中野サンプラザ

  49. 武内 寛明. コア・サイエンス HIV-1コア・サイエンス HIV-1コア(キャプシドコア)崩壊プロセスおよびHIV-1複合体コア(核)移行プロセスのさらなる展望. 日本エイズ学会誌 2017.11.01

  50. 武内 寛明. HIV-1キャプシドコア構造体崩壊を制御する宿主因子群 〜それらの理解の深化からHIV-1感染制御への展望〜. 第30回日本エイズ学会学術集会 2016.11.26 鹿児島、日本

  51. 武内 寛明. リン酸化酵素MELKによるHIV-1感染後期過程制御機構の解析. 第29回日本エイズ学会学術集会 2015.12.01 東京

  52. 武内 寛明. MELKは複数のHIV-1感染過程を制御する宿主因子である. 第63回日本ウイルス学会学術集会 2015.11.23 福岡

  53. 武内 寛明、山岡 昇司. 新規HIV感染制御因子AMPK-RPKによるHIV感染制御機構の解析. 第28回日本エイズ学会学術集会 2014.12.04 大阪、日本

  54. 武内 寛明. レトロウイルス(ラパトアセッション). 第62回日本ウイルス学会学術集会 2014.11.12 横浜、日本

  55. 武内 寛明、山岡 昇司. 新規HIV感染制御因子AMPK-RPKによるHIVコア構造体崩壊制御機構の解析. 第62回日本ウイルス学会学術集会 2014.11.11 横浜、日本

  56. 武内 寛明、山岡 昇司. 機能遺伝子発現抑制T細胞ライブラリーから同定した新規HIV感染必須因子の解析. 第27回日本エイズ学会学術集会 2013.11.21 熊本、日本

  57. 武内 寛明、山岡 昇司. 機能遺伝子発現抑制T細胞ライブラリーから同定した新規HIV感染制御因子の解析. 第61回日本ウイルス学会学術集会 2013.11.11 神戸、日本

  58. 武内 寛明、佐久間 龍太、山岡 昇司. 機能遺伝子発現抑制T細胞ライブラリーから同定した新規感染必須因子群の解析. 第26回日本エイズ学会学術集会 2012.11.25 横浜、日本

  59. 武内 寛明、山岡 昇司. 機能遺伝子発現抑制T細胞ライブラリーから同定した新規HIV-1感染制御因子群の解析. 第60日本ウイルス学会学術集会 2012.11.14 大阪、日本

  60. 武内 寛明. エイズウイルスの異種間感染メカニズム 〜新興・再興感染症に対する新規治療および予防法の確立に向けて〜. 第22回日本エイズ学会学術集会 2008.11.27 大阪、日本

  61. 武内 寛明. SIVagm Vif targets novel APOBEC-independent viral restriction factors in human cells. 第53回日本ウイルス学会学術集会 2005.11.21 横浜、日本

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本エイズ学会ECC山口メモリアルエイズ研究奨励賞(武内寛明),日本エイズ学会,2017年11月

  • 免疫学・病態生化学領域合同シンポジウム・優秀若手研究奨励賞(武内寛明),東京医科歯科大学,2017年03月

  • 免疫学・病態生化学領域合同シンポジウム・最優秀発表賞(武内寛明),東京医科歯科大学,2017年03月

  • 武田科学振興財団医学系研究奨励(感染症)(武内寛明),武田科学振興財団,2015年11月

  • 上原記念生命科学財団研究奨励(武内寛明),2008年

  • 米国NIHフェロー研究優秀賞,2006年

  • 米国NIHフェロー研究優秀賞,2005年

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 細胞内のHIVウイルス動態を高精度で可視化する新規感染系を確立 ~HIV感染の治癒を目指した研究の有用なツールになることが期待~,2024年04月

    -

  • 感染症に強い社会づくりに貢献する研究・教育・診療を推進する 「TMDU感染症センター」が2023年11月1日に設立,2023年11月

    -

  • 新型コロナウイルス世界最速検出装置の小型化・低コスト化 -汎用的な感染症診断装置としての実用化に期待-,2022年10月

    -

  • 「デルタ株の特徴が追加された国内由来オミクロン株 BA.2 系統の市中感染事例を初めて確認」 〜第6波長期化への懸念〜 ― 医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第13報 ―,2022年05月

    -

  • 「デルタ株の特徴に類似した変異が追加された 国内由来BA.2系統の市中感染事例をさらに確認」 〜第6波の下げ止まりから感染再拡大(第7波)への懸念〜 ― 医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第14報 ―,2022年05月

    -

  • 新型コロナウイルスの超高感度・全自動迅速検出装置の開発 -汎用的な感染症診断装置としての社会実装に期待-,2022年05月

    -

  • 「新たな変異を有するオミクロン系統株を含むBA.1.1系統株の流行拡大、 およびBA.2系統株への置き換わりに影響をおよぼす可能性」 ― 医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第12報 ―,2022年02月

    -

  • 「北米地域で確認されているオミクロン系統株の本邦市中流行、および市中に長期間存続しているデルタ系統株への感染事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第10報~,2022年01月

    -

  • 「オミクロン系統株:BA.2の新たな市中感染、および本邦において長期間存続しているデルタ系統株へのさらなる市中感染事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第11報~,2022年01月

    -

  • 「N501S変異を有する新たなデルタ株(B.1.617.2系統)のブレイクスルー感染事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第9報~,2021年09月

    -

  • 「デルタ株(B.1.617.2系統)およびデルタ亜系統株(AY.3系統)の市中感染共存事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第7報~,2021年08月

    -

  • 「N501S 変異を有する新たなデルタ株(B.1.617.2 系統)の市中感染事例(国内第1例目)を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第8報~,2021年08月

    -

  • 「インド型SARS-CoV-2系統株(B.1.617系統)の新たな市中感染事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第6報~,2021年05月

    -

  • 「免疫逃避型(E484K 変異)変異株を含む多様な市中流行株の感染事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第4報~,2021年04月

  • 「免疫逃避型(E484K変異)系統株と英国型(N501Y変異)系統株の市中感染共存事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第5報~,2021年04月

  • 「市中感染事例における海外系統株の増加を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第3報,2021年03月

  • 「免疫逃避型変異(E484K 変異)を有する海外(カナダ)系統株の新たな市中感染事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第2報~,2021年02月

    -

  • 「英国SARS-CoV-2系統株の新たな市中感染事例を確認」―市中流行株の変遷に影響をおよぼす可能性―,2021年01月

    -

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 免疫検査学講義,2022年 - 現在

  • 研究実践プログラム,2012年 - 現在

  • 「感染・基礎」実習,2011年 - 現在

  • 「感染・基礎」講義,2011年 - 現在

  • プロジェクトセメスター,2011年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • エイズ学演習VI,熊本大学エイズ学研究センター

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • BSL3施設内「生細胞単離・回収装置」仕様策定委員会・委員長,2021年09月

  • 「BSL3実験室ユニット一式」に係る仕様策定委員会・委員長,2021年07月

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 新型コロナ 変異ウイルス「XBB.1.5」は,NHK,NHK NEWS WEB,2023年01月20日 - 2023年01月23日

  • オミクロン株亜種の中和抗体について,読売新聞社,読売新聞,2022年11月30日 - 2022年12月01日

  • 新型コロナ現在の病院の状況について,NHK,首都圏ネットワーク,2022年07月22日 - 2022年07月25日

  • コロナウイルス「BA.5」 と 「ゲノム解析」について,テレビ朝日,スーパーJチャンネル,2022年07月07日 - 2022年07月08日

  • 新型コロナウイルスの変異株について,ジャパンタイムズ,ジャパンタイムズ,2022年04月22日

  • 新型コロナのピークアウトの謎について,毎日新聞,毎日新聞,2022年03月02日

  • 新型コロナウイルスオミクロン株の亜系統について,東京新聞,東京新聞,2022年02月28日

  • 変異ウイルス(オミクロン株)について,日刊工業新聞社,日刊工業新聞,2022年02月16日

  • オミクロン株のBA.2系統について,東京新聞,東京新聞,2022年01月27日

  • オミクロン株の全ゲノム解析完了で専門家は,NHK,ネタドリ!,2022年01月15日

  • オミクロン株の重症化に関連する変異について,フジテレビ,バイキングMORE,2022年01月12日

  • 感染再拡大に伴う医療現場の現状について,TBSテレビ,Nスタ,2022年01月11日

  • 新型コロナ オミクロン株,日本テレビ,newsevery,2022年01月07日

  • 新型コロナ オミクロン株,テレビ朝日,報道ステーション,2022年01月07日

  • 新型コロナウイルスに対するゲノム解析,公明新聞,公明新聞,2021年12月24日

  • 新型コロナウイルスのゲノム解析,日経新聞,日経新聞,2021年12月14日

  • オミクロン株について,日経新聞,日経新聞,2021年12月09日

  • オミクロン株に対する見解と院内の対策,テレビ朝日,サタデーステーション,2021年12月04日

  • オミクロン株について,TBS,報道特集,2021年12月03日

  • 変異株について,東京新聞,東京新聞,2021年12月03日

  • 変異株について,産経新聞,産経新聞,2021年12月03日

  • 新型コロナウイルスの変異株について,朝日新聞,朝日新聞,2021年11月29日

  • 新型コロナウイルス「オミクロン株」,日本経済新聞社,日経新聞,2021年11月29日

  • 東京の感染状況について,テレビ朝日,報道ステーション,2021年09月15日

  • プレスリリース 追加取材,NHK,2021年08月30日

  • プレスリリース 追加取材,テレビ東京,ワールドビジネスサテライト,2021年08月30日

  • 変異株について,朝日新聞,朝日新聞,2021年08月11日

  • 新型コロナ ウイルスの変異を追う東京医科歯科大チーム,しんぶん赤旗,しんぶん赤旗,2021年06月18日

  • インド型変異株について,テレビ大阪,2021年06月02日

  • インド型変異株とは,テレビ朝日,グッド!モーニング,2021年05月27日

  • 新型コロナウイルスのインド株について,NHK,ニュース7,2021年05月25日

  • 新型コロナウイルスについて,テレビ東京,WBS,2021年05月18日

  • インド株の検査体制強化について,テレビ東京,ワールドビジネスサテライト,2021年05月10日

  • ゲノム解析について,TBSテレビ,報道特集,2021年04月22日

  • ゲノム解析について,毎日新聞,毎日新聞,2021年04月22日

  • ゲノム解析について,日本経済新聞社,日本経済新聞,2021年04月21日

  • E484Kについて,日本経済新聞社,日本経済新聞,2021年04月07日

  • 新型コロナPCR検査態勢について,読売新聞社,読売新聞,2020年07月01日

  • なぜウイルス学を志したのか,毎日新聞社,毎日新聞播磨姫路版,2020年05月22日

  • 一つのこと(真髄)を極める,兵庫県立姫路西高等学校,文化講演会,兵庫県立姫路西高等学校、姫路市、兵庫,2019年11月08日

  • 若手研究者 学生向け先端研究者紹介,メルク株式会社ライフサイエンス シグマアルドリッチジャパン合同会社,M-hub,2018年08月30日

  • HIVウイルスの体内からの完全排除に向けた研究,日本経済新聞社,日本経済新聞 日経産業新聞,2018年08月21日

▼全件表示