基本情報

写真a

石黒 太郎(イシグロ タロウ)

ISHIGURO Taro


職名

助教

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5234

研究室FAX番号

03-5803-0169

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

神経変性疾患

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2001年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科 脳神経病態学  博士課程  2009年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任助教
  • 2014年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 助教
  • 2019年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 助教
  • 2019年11月
    -
    2020年01月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 助教
  • 2020年02月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経内科 助教
  • 2020年04月
    -
    2021年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 助教
  • 2021年06月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経内科 助教
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 脳・神経・精神診療領域 脳神経内科 助教

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2019年03月
    メイヨークリニック医科大学 神経科学部門 シニアリサーチフェロー

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経学会 日本神経科学会 日本人類遺伝学会

  • 日本内科学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経内科学

  • 神経科学一般

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 脊髄小脳失調症など神経変性疾患の発症機序解明および治療法の開発

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • RNA凝集を抑制する人工RNAシャペロン、ペプチドの探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年

  • 超急性期脳梗塞に対する脂質ライガンド結合型ヘテロ核酸による経静脈的病態制御薬開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • RAN翻訳を抑制するRGq核酸の開発研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Nishida Y, Ishiguro T, Yokota T. Tap-Elicited Clonus of the Biceps and Triceps Brachii. JAMA neurology. 2022.02; 79 (2): 194. ( PubMed, DOI )

  2. Iwase R, Ishiguro T, Fujita K, Ishibashi S, Yokota T. Dupilumab for Atopic Dermatitis, a Possible Risk Factor of Juvenile Ischemic Stroke: A Case Report. Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association. 2020.06; 29 (6): 104763. ( PubMed, DOI )

  3. Ueyama M., Ishiguro T., Konno T., Koyama A., Wada K., Ishikawa K., Onodera O., Nagai Y.. Repeat associated non-atg translation and its regulation in C9orf72-associated amyotrophic lateral sclerosis/frontotemporal dementia model fly JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES. 2017.10; 381 717. ( DOI )

  4. Ishiguro T., Sato N., Ueyama M., Fujikake N., Sellier C., Tokuda E., Zamiri B., Gall-Duncan T., Mirceta M., Furukawa Y., Yokota T., Wada K., Taylor P., Pearson C. E., Charlet-Berguerand N., Mizusawa H., Nagai Y., Ishikawa K.. Balance between RNA binding proetin TDP-43 and an RNA UGGAA repeat underlies pathogenesis of spinocerebellar ataxia type 31 (SCA31) and motor neuron disease fly models JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES. 2017.10; 381 56. ( DOI )

  5. Ishiguro Taro, Sato Nozomu, Ueyama Morio, Fujikake Nobuhiro, Sellier Chantal, Kanegami Akemi, Tokuda Eiichi, Zamiri Bita, Gall-Duncan Terence, Mirceta Mila, Furukawa Yoshiaki, Yokota Takanori, Wada Keiji, Taylor J. Paul, Pearson Christopher E., Charlet-Berguerand Nicolas, Mizusawa Hidehiro, Nagai Yoshitaka, Ishikawa Kinya. Regulatory Role of RNA Chaperone TDP-43 for RNA Misfolding and Repeat-Associated Translation in SCA31 NEURON. 2017.04; 94 (1): 108-+. ( PubMed, DOI )

  6. 石黒 太郎, 廣瀬 哲郎. 【核酸医薬 本領を発揮する創薬モダリティ 新たな作用機序を生む核酸のサイエンスから、新薬・ワクチン承認をもたらした核酸修飾・DDS技術、難治性疾患治療への挑戦まで】(第4章)生物学 Long noncoding RNAを標的とする創薬医学研究 実験医学. 2021.11; 39 (17): 2779-2786. ( 医中誌 )

  7. Ishiguro Taro, Nagai Yoshitaka, Ishikawa Kinya. Insight Into Spinocerebellar Ataxia Type 31 (SCA31) From Drosophila Model FRONTIERS IN NEUROSCIENCE. 2021.05; 15 648133. ( PubMed, DOI )

  8. 石黒 太郎, 石川 欽也, 永井 義隆. 【RAN翻訳と相分離で紐解くリピート病 くり返し配列の"長さ"が発症の原因となる謎に挑む】RNA結合タンパク質によるRNA foci形成およびRAN翻訳の制御 実験医学. 2020.08; 38 (13): 2165-2170. ( 医中誌 )

  9. 上山 盛夫, 石黒 太郎, Gendron Tania F, 今野 卓哉, 小山 哲秀, 和田 圭司, 石川 欣也, 小野寺 理, Petrucelli Leonard, 永井 義隆. C9-ALS/FTDモデルショウジョウバエにおけるリピート関連非ATG翻訳の制御 Dementia Japan. 2019.10; 33 (4): 551. ( 医中誌 )

  10. 石川 欽也, 石黒 太郎, 佐藤 望, 永井 義隆. 【非翻訳領域の繰り返し配列伸長変異による神経疾患の臨床および病態機序】RNA結合蛋白と病態機序 脳神経内科. 2019.10; 91 (4): 458-464. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Ueyama Morio, Ishiguro Taro, Ozawa Daisaku, Sugiki Toshihiko, Ishiguro Akira, Tokuda Eiichi, Konno Takuya, Koyama Akihide, Takeuchi Toshihide, Furukawa Yoshiaki, Fujiwara Toshimichi, Wada Keiji, Onodera Osamu, Nagai Yoshitaka. Regulation of RAN translation by RBP1 that modulates the structure of G4C2 repeat RNA in C9-ALS/FTD(和訳中). 臨床神経学 2021.09.01

  2. Higashi Miwa, Okita Michi, Aoki Hanako, Ishii Takashi, Nagata Tetsuya, Ishiguro Taro, Yokota Takanori, Ishikawa Kinya. What are the roles of TGGAA penta-nucleotide repeats as bidirectional transcripts in SCA31?(和訳中). 臨床神経学 2021.09.01

  3. Miura Motoki, Sakaue Fumika, Ishiguro Taro, Iwase Ryo, Sano Tatsuhiko, Hara Rintaro, Wada Takeshi, Nagata Tetsuya, Yokota Takanori. TDP-43-specific aptamer rescues ALS phenotype in TDP-43 transgenic mice(和訳中). 臨床神経学 2021.09.01

  4. Higashi Miwa, Okita Michi, Sato Nozomu, Asaka Meiko, Ishii Takashi, Aoki Hanako, Ishiguro Taro, Yanagihara Dai, Yokota Takanori, Ishikawa Kinya. SCA31トランスジェニックマウスはヒトの患者と類似した病理学的特徴を示す(SCA31 transgenic mice show pathologic features similar to human patients). 臨床神経学 2020.11.01

  5. Ishikawa Kinya, Higashi Miwa, Okita Michi, Aoki Hanako, Asaka Meiko, Ishiguro Taro, Sato Nozomu, Nagai Yoshitaka, Yanagihara Dai, Yokota Takanori. 日本から世界へのSCAに関する最初の発見や治療 脊髄小脳失調症31型(SCA31)の病状形成機序(Original discovery and therapy for SCA from Japan to the world Pathogenesis of spinocerebellar ataxia type 31(SCA31)). 臨床神経学 2020.11.01

  6. Iwase Ryo, Sanjo Nobuo, Ishiguro Taro, Yokota Takanori. 脳表シデローシスにおける稀な筋萎縮の臨床的特徴と病態生理(Clinical characteristics and pathophysiology of a rare muscle atrophy in superficial siderosis). 臨床神経学 2020.11.01

  7. Ishiguro Taro, Yokota Takanori, Ishikawa Kinya, Nagai Yoshitaka, Petrucelli Leonard. ショウジョウバエのSpt4ノックダウンはSCA31関連の伸長UGGAAリピート誘発毒性を抑制する(Spt4 knockdown suppressed SCA31-linked expanded UGGAA repeat-induced toxicity in Drosophila). 臨床神経学 2019.11.01

  8. Ishikawa Kinya, Ishiguro Taro, Nagai Yoshitaka. 神経疾患の克服を目指して SCA31 分子病態とRNAシャペロンの役割(SCA31: molecular pathogenesis and role of RNA chaperone). 臨床神経学 2018.12.01

  9. Taro Ishiguro. Expanded UGGAA repeat RNA associated with SCA31 causes progressive neurodegeneration in Drosophila.. Symposium : Non-coding repeat diseases - underlying pathogenesis in RNA and protein metabolism; The 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 2015.07.29

  10. T. Ishiguro, N. Fujikake, N. Sato, M. Ueyama, H. Mizusawa, K. Wada, Y. Nagai, K. Ishikawa. Expanded UGGAA repeat RNA associated with SCA31 causes progressive neurodegeneration in Drosophila.. Cold Spring Horbor Laboratory Meeting 2014.12.03

  11. 砂生 奈那美, 杉田 陽一郎, 飯田 真太朗, 赤座 実穂, 桑原 宏哉, 石黒 太郎, 叶内 匡, 石川 欽也, 横田 隆徳. 大腿四頭筋に目立つ筋萎縮を呈したLambert-Eaton筋無力症候群の73歳男性例. 臨床神経学 2022.04.01

  12. 川名 康仁, 杉田 陽一郎, 小野 大介, 平田 浩聖, 石黒 太郎, 西田 陽一郎, 永田 哲也, 横田 隆徳. 嚥下障害・不随意運動を呈しVPS13A遺伝子の新規変異を有する有棘赤血球舞踏病の38歳女性例. 臨床神経学 2022.04.01

  13. 佐川 博貴, 黒田 隆之, 舘野 広美, 古木 美紗子, 石黒 太郎, 大林 正人. 2歳半より失調症状を呈した眼球運動失行を伴う失調症2型(AOA2)の男性例. 臨床神経学 2022.01.01

  14. 藤野 真樹, 石黒 太郎, 八木 洋輔, 西田 陽一郎, 三條 伸夫, 横田 隆徳. 典型的CIDPで発症しIVIgでは効果不十分となり長期PE維持療法を要した治療難渋例4例の臨床的検討. 神経免疫学 2021.10.01

  15. 坂上 史佳, 三浦 元輝, 石黒 太郎, 原 倫太朗, 岩瀬 遼, 佐野 達彦, 和田 猛, 永田 哲也, 横田 隆徳. TDP-43の相分離を制御する核酸医薬の開発. Dementia Japan 2021.10.01

  16. 金 亮秀, 小野 大介, 石黒 太郎, 西田 陽一郎, 石川 欽也, 横田 隆徳. RFC1遺伝子変異を伴う小脳失調症の臨床像の検討. 臨床神経学 2021.09.01

  17. 蓑毛 翔吾, 石黒 太郎, 西田 陽一郎, 小野 大介, 八木 洋輔, 服部 高明, 桑原 宏哉, 石川 欽也, 三條 伸夫, 横田 隆徳. 顔面部帯状疱疹を契機に肥厚性硬膜炎が再燃した63歳女性例. NEUROINFECTION 2021.09.01

  18. 酒井 爽子, 竹中 彩乃, 石黒 太郎, 八木 洋輔, 西田 陽一郎, 石橋 哲, 三條 伸夫, 横田 隆徳. 左視神経病変で発症し、多発リンパ節腫脹、FDG-PETでリンパ節に高度の集積を認め、悪性リンパ腫との鑑別を要した全身性サルコイドーシスの53歳女性例. 臨床神経学 2021.01.01

  19. 黒岩 伸明, 石黒 太郎, 森 崇博, 八木 洋輔, 服部 高明, 大久保 卓哉, 西田 陽一郎, 石橋 哲, 三條 伸夫, 石川 欽也, 横田 隆徳. 抗SRP抗体陽性壊死性ミオパチーにおけるタクロリムスの有効性の検討. 臨床神経学 2020.11.01

  20. 坂本 路果, 岩瀬 遼, 石黒 太郎, 八木 洋輔, 石橋 哲, 三條 伸夫, 横田 隆徳. 片側上肢筋力低下で発症し、8年後に難聴を来した脳表ヘモジデリン沈着症の1例. 臨床神経学 2020.01.01

  21. 上山 盛夫, 石黒 太郎, Gendron Tania F, 今野 卓哉, 小山 哲秀, 望月 秀樹, 和田 圭司, 石川 欣也, 小野寺 理, 永井 義隆. ショウジョウバエモデルによるC9-ALS/FTDの病態解明. Dementia Japan 2018.09.01

▼全件表示