基本情報

写真a

石黒 太郎(イシグロ タロウ)

ISHIGURO Taro


職名

助教

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5234

研究室FAX番号

03-5803-0169

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

神経変性疾患

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2001年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科 脳神経病態学  博士課程  2009年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任助教
  • 2014年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 助教
  • 2019年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 助教
  • 2019年11月
    -
    2020年01月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 助教
  • 2020年02月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経内科 助教

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2019年03月
    メイヨークリニック医科大学 神経科学部門 シニアリサーチフェロー

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経学会 日本神経科学会 日本人類遺伝学会

  • 日本内科学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経内科学

  • 神経生理学・神経科学一般

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 脊髄小脳失調症など神経変性疾患の発症機序解明および治療法の開発

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • RNA凝集を抑制する人工RNAシャペロン、ペプチドの探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年

  • 超急性期脳梗塞に対する脂質ライガンド結合型ヘテロ核酸による経静脈的病態制御薬開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Iwase R, Ishiguro T, Fujita K, Ishibashi S, Yokota T. Dupilumab for Atopic Dermatitis, a Possible Risk Factor of Juvenile Ischemic Stroke: A Case Report. Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association. 2020.06; 29 (6): 104763. ( PubMed, DOI )

  • 上山 盛夫, 石黒 太郎, Gendron Tania F, 今野 卓哉, 小山 哲秀, 和田 圭司, 石川 欣也, 小野寺 理, Petrucelli Leonard, 永井 義隆. C9-ALS/FTDモデルショウジョウバエにおけるリピート関連非ATG翻訳の制御 Dementia Japan. 2019.10; 33 (4): 551. ( 医中誌 )

  • 石川 欽也, 石黒 太郎, 佐藤 望, 永井 義隆. 【非翻訳領域の繰り返し配列伸長変異による神経疾患の臨床および病態機序】RNA結合蛋白と病態機序 脳神経内科. 2019.10; 91 (4): 458-464. ( 医中誌 )

  • Ueyama M., Ishiguro T., Konno T., Koyama A., Wada K., Ishikawa K., Onodera O., Nagai Y.. Repeat associated non-atg translation and its regulation in C9orf72-associated amyotrophic lateral sclerosis/frontotemporal dementia model fly JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES. 2017.10; 381 717. ( DOI )

  • Ishiguro T., Sato N., Ueyama M., Fujikake N., Sellier C., Tokuda E., Zamiri B., Gall-Duncan T., Mirceta M., Furukawa Y., Yokota T., Wada K., Taylor P., Pearson C. E., Charlet-Berguerand N., Mizusawa H., Nagai Y., Ishikawa K.. Balance between RNA binding proetin TDP-43 and an RNA UGGAA repeat underlies pathogenesis of spinocerebellar ataxia type 31 (SCA31) and motor neuron disease fly models JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES. 2017.10; 381 56. ( DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Taro Ishiguro. Expanded UGGAA repeat RNA associated with SCA31 causes progressive neurodegeneration in Drosophila.. Symposium : Non-coding repeat diseases - underlying pathogenesis in RNA and protein metabolism; The 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 2015.07.29

  • T. Ishiguro, N. Fujikake, N. Sato, M. Ueyama, H. Mizusawa, K. Wada, Y. Nagai, K. Ishikawa. Expanded UGGAA repeat RNA associated with SCA31 causes progressive neurodegeneration in Drosophila.. Cold Spring Horbor Laboratory Meeting 2014.12.03