基本情報

写真a

小林 起穗(コバヤシ ユキホ)

KOBAYASHI Yukiho


職名

助教

生年

1974年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

yukiho-kobayashi.mort@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

歯科矯正学、頭蓋冠縫合部、先天異常、骨代謝

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 徳島大学  歯学部  歯学科  1999年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 徳島大学  歯学研究科  博士課程  2003年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  徳島大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 硬組織疾患ゲノムセンター 特任助教
  • 2013年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 助教
  • 2018年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔育成系診療領域 矯正歯科 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2003年4月~2004年3月  徳島大学病院研修医
  • 2004年4月~2007年9月  徳島大学病院 助教(矯正歯科)
  • 2008年9月~2010年8月  ヘルシンキ大学歯学部矯正歯科post-doctoral fellow

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本矯正歯科学会

  • 日本口蓋裂学会

  • 日本顎変形症学会

  • 日本骨代謝学会

  • 口腔病学会

  • 日本先天異常学会

  • 米国骨代謝学会

  • 国際歯科研究学会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 成長、発育系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 日本矯正歯科学会認定医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 頭蓋骨癒合症の病態成立機序の解明と新規治療法の開発

  • 種々の先天異常患者における顎顔面領域における形態解析

  • 矯正的歯の移動における歯根吸収発症機序の解明

  • 頭蓋顎顔面領域の骨縫合部制御機構に関する研究

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 標的指向型liposomeを用いたリラキシンによる口蓋瘢痕組織新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • Characteristics of Oral Tissue-Derived MSCs from CLP Patients

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 頭蓋骨縫合部早期癒合症に対する新規microRNA治療開発にむけた基礎的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • エピジェネティック機構の破綻が顎顔面発生過程に与える影響

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 顎成長の調和の破綻を来すバイオメカニズムのゲノム・フェノム統合解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • 頭蓋冠縫合部早期癒合症におけるmicroRNAの発現および機能解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • ナノサイエンスを応用した新規顎顔面領域の縫合部制御法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • ゲノム・ナノサイエンスを応用した顎顔面先天異常に対する分子標的治療開発の基盤創成

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2013年

  • エキソソームデリバリーsiRNAを用いた頭蓋骨縫合癒合症の治療法開発基盤構築

    文部科学省/日本学術振興会

  • ナノサイエンスを応用した新規顎顔面領域の縫合部制御法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • ゲノム・フェノーム統合解析に立脚した顎顔面非対称の成立機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Niki Y, Kobayashi Y, Moriyama K. Expression pattern of transcriptional enhanced associate domain family member 1 (Tead1) in developing mouse molar tooth Gene Expression Patterns. 2021.06; 40 119182. ( DOI )

  2. Miyazaki T, Kurimoto R, Chiba T, Matsushima T, Nakamichi R, Tsutsumi H, Takada K, Yagasaki L, Kato T, Shishido K, Kobayashi Y, Matsumoto T, Moriyama K, Asahara H. Mkx regulates the orthodontic tooth movement via osteoclast induction. Journal of Bone and Mineral Metabolism. 2021.05; ( PubMed, DOI )

  3. Min Swe NM, Kobayashi Y, Kamimoto H, Moriyama K. Aberrantly activated Wnt/β-catenin pathway co-receptors LRP5 and LRP6 regulate osteoblast differentiation in the developing coronal sutures of an Apert syndrome (Fgfr2 S252W /+ ) mouse model Developmental Dynamics. 2020.08; ( PubMed, DOI )

  4. Kobayashi Y, Ogura K, Hikita R, Tsuji M, Moriyama K. Craniofacial, oral, and cervical morphological characteristics in Japanese patients with Apert syndrome or Crouzon syndrome. European Journal of Orthodontics. 2020.03; ( PubMed, DOI )

  5. Kamimoto H, Kobayashi Y, Moriyama K. Relaxin 2 carried by magnetically directed liposomes accelerates rat midpalatal suture expansion and subsequent new bone formation. Bone Reports. 2019.06; 10 100202. ( PubMed, DOI )

  6. Veistinen LK, Mustonen T, Hasan MR, Takatalo M, Kobayashi Y, Kesper DA, Vortkamp A, Rice DP. Regulation of Calvarial Osteogenesis by Concomitant De-repression of GLI3 and Activation of IHH Targets. Frontiers in Physiology. 2017.12; 8 1036. ( PubMed, DOI )

  7. Duarte C, Kobayashi Y, Morita J, Kawamoto T, Moriyama K. A preliminary investigation of the effect of relaxin on bone remodelling in suture expansion. The European Journal of Orthodontics. 2017.06; 39 (3): 227-234. ( PubMed, DOI )

  8. Duarte C, Kobayashi Y, Kawamoto T, Moriyama K.. RELAXIN enhances differentiation and matrix mineralization through Relaxin/insulin-like family peptide receptor 2 (Rxfp2) in MC3T3-E1 cells in vitro. Bone.. 2014.08;

  9. Yokota M, Kobayashi Y, Morita J, Suzuki H, Hashimoto Y, Sasaki Y, Akiyoshi K, Moriyama K.. Therapeutic effect of nanogel-based delivery of soluble FGFR2 with S252W mutation on craniosynostosis. PLoS One.. 2014.07;

  10. Hikita R, Kobayashi Y, Tsuji M, Kawamoto T, Moriyama K.. Long-term orthodontic and surgical treatment and stability of a patient with Beckwith-Wiedemann syndrome. Am J Orthod Dentofacial Orthop.. 2014.05;

  11. Morita J, Nakamura M, Kobayashi Y, Deng CX, Funato N, Moriyama K.. Soluble form of FGFR2 with S252W partially prevents craniosynostosis of the apert mouse model. Dev Dyn. . 2014.04;

  12. Duarte C, Kobayashi Y, Kawamoto T, Moriyama K.. Relaxin receptors 1 and 2 and nuclear receptor subfamily 3, group C, member 1 (glucocorticoid receptor) mRNAs are expressed in oral components of developing mice. Arch Oral Biol. . 2014.02;

  13. Suzuki H, Suda N, Shiga M, Kobayashi Y, Nakamura M, Iseki S, Moriyama K.. Apert syndrome mutant FGFR2 and its soluble form reciprocally alter osteogenesis of primary calvarial osteoblasts. J Cell Physiol. . 2012.09;

  14. Tanimoto Y, Veistinen L, Alakurtti K, Takatalo M, Rice DP.. Prevention of premature fusion of calvarial suture in GLI-Kruppel family member 3 (Gli3)-deficient mice by removing one allele of Runt-related transcription factor 2 (Runx2). J Biol Chem. . 2012.06;

  15. Veistinen L, Takatalo M, Tanimoto Y, Kesper DA, Vortkamp A, Rice DP.. Loss-of-Function of Gli3 in Mice Causes Abnormal Frontal Bone Morphology and Premature Synostosis of the Interfrontal Suture. Front Physiol.. 2012.05;

  16. Rice DP, Connor EC, Veltmaat JM, Lana-Elola E, Veistinen L, Tanimoto Y, Bellusci S, Rice R. Gli3Xt-J/Xt-J mice exhibit lambdoid suture craniosynostosis which results from altered osteoprogenitor proliferation and differentiation. Hum Mol Genet. 2010.09; 19 (17): 3457-3467. ( PubMed, DOI )

  17. Miraoui H, Oudina K, Petite H, Tanimoto Y, Moriyama K, Marie PJ. Fibroblast growth factor receptor 2 promotes osteogenic differentiation in mesenchymal cells via ERK1/2 and protein kinase C signaling. J Biol Chem. 2009.02; 284 (8): 4897-4904. ( PubMed, DOI )

  18. Kinouchi N, Ohsawa Y, Ishimaru N, Ohuchi H, Sunada Y, Hayashi Y, Tanimoto Y, Moriyama K, Noji S. Atelocollagen-mediated local and systemic applications of myostatin-targeting siRNA increase skeletal muscle mass. Gene Ther. 2008.08; 15 (15): 1126-1130. ( PubMed, DOI )

  19. Tanimoto Y, Yokozeki M, Hiura K, Matsumoto K, Nakanishi H, Matsumoto T, Marie PJ, Moriyama K. A soluble form of fibroblast growth factor receptor 2 (FGFR2) with S252W mutation acts as an efficient inhibitor for the enhanced osteoblastic differentiation caused by FGFR2 activation in Apert syndrome. J Biol Chem. 2004.10; 279 (44): 45926-45934. ( PubMed, DOI )

  20. Matsumoto K, Nakanishi H, Koizumi Y, Seike T, Tanimoto Y, Yokozeki M, Hiura K, Moriyama K, Minami M, Urano Y, Hirabayashi S. Correction of a deformed thumb by distraction of the phalanx. Scand J Plast Reconstr Surg Hand Surg. 2002; 36 (6): 368-372. ( PubMed )

  21. 小林起穂. 東京医科歯科大学歯科講演会『顎顔面矯正学の現在と未来-顎顔面矯正学分野のめざすもの』-9:顎顔面縫合部でのリモデリングをナノテクノロジーでコントロールする. 矯正臨床ジャーナル. 2017.06; 33 (6): 35-40.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Kobayashi Y, Duarte C, Moriyama K. Biomarkers in Bone Disease. Part of the series Biomarkers in Disease: Methods, Discoveries and Applications. Springer, 2017.07 15.Hormone Relaxin as Biomarker for Bone Health and Disease. (ISBN : 978-94-007-7692-0)

  2. Kobayashi Y, Duarte C, Moriyama K.. Biomarkers in Bone Disease. Part of the series Biomarkers in Disease: Methods, Discoveries and Applications. 2016.07 Hormone Relaxin as Biomarker for Bone Health and Disease. (ISBN : 978-94-007-7745-3)

  3. 小林 起穂. 顎顔面骨縫合部でのリモデリングをナノテクノロジーでコントロールする. 2017.06

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Jindarojanakul P, Kobayashi Y, Kamimoto H, Satraha S, Moriyama K. Sod3 regulates periodontal tissue remodeling through ROS modulation during orthodontic tooth movement of rat molars. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03

  2. Niki Y, Kobayashi Y, Moriyama K . Expression pattern of transcriptional enhanced associate domain family member 1 in the developing mouse molar tooth . EOS 2021 Annual Virtual Conference 2021.07.02 ondemand

  3. Teramoto A, Sagawa Y, Akiyama S, Funahashi K, Kobayashi Y, Moriyama K. Interdisciplinary Approach for an Adult Orthodontic Patient with Angle Class III Malocclusion Complicated with Severe Periodontitis. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemad

  4. Niki Y, Kobayashi Y, Moriyama K. Expression pattern of transcriptional enhanced associate domain family member 1in developing mouse molar tooth. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  5. Funahashi K, Kobayashi Y, Niki Y, Higashihori N, Nakakuki K,Yoda T, Moriyama K. A Case Report of Severe Class II Malocclusion Treated with Anterior Segmental Maxillary Osteotomy and Genioplasty. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  6. Kobayashi Y, Minswe NM, Kamimoto H, Moriyama K. Aberrant Wnt/β-catenin Signaling in Coronal Sutures of Apert Mouse Model. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  7. Minswe NM, Kobayashi Y, Kamimoto H, Moriyama K . Aberrant Wnt/β-catenin Signaling in Coronal Sutures of Apert Mouse Model. 2020 IADR/AADR/CADR General Session 2020.03.18 special online only issue of the Journal of Dental Research

  8. Minswe NM, Kobayashi Y, Kamimoto H, Moriyama K. Aberrant activation of Wnt/β-catenin signaling in the coronal sutures of an Apert syndrome mouse model. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  9. Tsuji M, Shoji A, Hirabayashi K, Kobayashi Y, Moriyama K. Analysis of dentocraniofacial morphology in patients with achondroplasia. 第59回日本先天異常学会・The 13th World Congress of International Cleft Lip and Palate oundation CLEFT 2019 ICPF合同学術集会 2019.07.26 愛知県名古屋市

  10. Ogura K, Kobayashi Y, Hikita R, Shoji A, Tsuji M, Moriyama K. Analysis of palatal morphology of craniosynostosis patients: Comparison between Apert syndrome and Crouzon syndrome . The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) 2018.03.05 Boracay, Phillipines

  11. Megumi Arimura,Yuko Komazaki,Jun J Miyamoto,Kenji Ogura,Yukiho Kobayashi,Keiji Moriyama. Clinical study of Japanese Marfan syndrome patients: craniofacial morphology. The 49th Annual Scientific Congress,Korean Association of Orthodontists 2016.10.07 Korea

  12. Michiko Tsuji, Kenji Ogura, Rina Hikita, Yukiho Kobayashi,Keiji Moriyama. Maxillofacial morphological characteristics of two Japanese patients with chromosome 18p deletion syndrome. International Congress of Human Genetics 2016 2016.04.03 Kyoto

  13. Acceleration of osteoblastic cell differentiation and mineralization by fibroblast growth factor receptor(FGFR)2 with Apert mutation.. 1st Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society (IBMS) and Japan Bone and Mineral Society. (15th Conference of the IBMS 2003

  14. Fibroblast growth factor receptor 2 with apert mutation (S252W) increase osteoblast differentiation and mineralization.. 24th Annual Meeting American Society for Bone and Mineral Research. 2002

  15. Enhanced differentiation in Apert osteoblastic cells with FGFR2 S252W mutation.. 79th General Session of The International Association for Dental Research. 2001

  16. Molecular cloning and characterization of FGFR2 in osteoblast-like cells derived from an Apert syndrome patient.. 23rd Annual Meeting American Society for Bone and Mineral Research. 2001

  17. 高橋義充、上園将慶、荒井英絵、鈴木彩子、吉澤英之、舩橋健太、小林起穂、森山啓司. BWS患者に対する舌縮小術が気道および舌に与える影響:側面頭部X線規格写真を用いた検討. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03

  18. 宮崎貴行、栗本遼太、松本力、小林起穂、浅原弘嗣、森山啓司. メカニカルストレスによる歯槽骨リモデリングに及ぼす転写制御因子Mohawk homeobox の作用. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03

  19. 小林起穂、ネイミョミンスイ、紙本裕幸、森山啓司. Apert症候群モデルマウスの頭蓋縫合早期癒合症におけるWnt/β-cateninシグナル伝達機構の解析. 第60回日本先天異常学会学術集会 2020.07.11 Web開催

  20. 紙本裕幸、小林起穂、森山啓司. 磁性制御型リポソームにより標的指向化されたリラキシンはラット正中蓋縫合拡大と骨形成を促進する. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12.06 東京都文京区

  21. 仁木佑紀、小林起穂、森山啓司. Hippo-Yap/Tazシグナル関連転写因子TEA domain family member 1 (Tead1)のマウス歯胚発生における発現解析. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  22. 井上貴裕、庄司あゆみ、小倉健司、狩野桜子、佐川夕季、小林起穂、辻美千子、松本力、森山啓司. トリーチャー・コリンズ症候群患者の下顎骨におけるantegonial notchの形態に関する検討 . 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  23. 紙本裕幸、小林起穂、森山啓司. 磁性制御型リポソームにより標的指向化されたリラキシンはラット正中口蓋縫合各台と骨形成を促進する. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  24. 庄司あゆみ、辻美千子、木下由紀子、小倉健司、小林起穂、三浦佳子、葛西美樹、鈴木聖一、森山啓司. ダウン症候群患者における口腔筋機能療法に関する検討. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  25. 中村留理子、小林起穂、紙本裕幸、疋田理奈、東堀紀尚、高原楠旻、樺沢勇司、森山啓司. 外科的急速拡大およびtwo-jaw surgeryを施行した上顎狭窄歯列弓を伴う骨格性Ⅲ級開咬症例. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  26. 仁木佑紀、東堀紀尚、上園将慶、五十嵐七瀬、稲垣有美、井上雅葵、会坂善也、バダラフノミン、小林起穂、辻美千子、森山啓司. 顎関節形成不全の重症度により分類したoculo-auriculo-vertebral spectrum患者の顎顔面形態に関する検討. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  27. 庄司あゆみ、辻美千子、木下由紀子、小倉健司、小林起穂、鈴木聖一、森山啓司. 口腔顎顔面領域の筋機能異常を有する先天異常疾患患者に対する口腔筋機能療法の試み . 日本人類遺伝学会第63回大会 2018.10.10 神奈川県横浜市

  28. 富永千慧、幸田直己、高橋由記、門脇佳緒里、小倉健司、辻美千子、小林起穂、森山啓司. 成長終了後に下顎頭肥大を呈したStickler症候群の1症例. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  29. 小倉健司、小林起穂、疋田理奈、庄司あゆみ、辻美千子、森山啓司. 頭蓋縫合早期癒合症患者の口蓋形態の三次元的解析-アペール症候群とクルーゾン症候群の比較-. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  30. 木下由紀子、高橋由記、幸田直己、斎藤小百合、宮崎貴行、ピョティハ、辻美千子、小林起穂、森山啓司. Stickler症候群患者の口腔内の特徴に関する検討. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18

  31. 早川大地、幸田直己、高橋由記、姜順花、松本英和、ネイミョミンスイ、辻美千子、小林起穂、森山啓司. Stickler症候群とRobin sequence患者の臨床症状の比較-頭蓋顎顔面形態と全身症状に着目して-. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  32. 小倉健司、小林起穂、疋田理奈、辻美千子、森山啓司.. 矯正歯科治療により咬合改善を行ったアペール症候群2症例におけるビザンチン口蓋の長期的形態変化. 第57回日本先天異常学会学術集会 2017.08.26 東京都新宿区

  33. 小林起穂、辻美千子、疋田理奈、小倉健司、森山啓司 . 頭蓋縫合早期癒合症(Craniosynostosis)患者の顎顔面形態の解析―アペール症候群とクルーゾン症候群の比較 . 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島

  34. 小林起穂、森山啓司. 頭蓋縫合早期癒合症発症および頭蓋骨縫合部発生に関与するmicro RNAの同定. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島

  35. 疋田理奈、辻美千子、小林起穂、小倉健司、森山啓司. 臨床症状からSeathre-Chozen症候群と診断された2症例の顎顔面領域の臨床的特徴について. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島

  36. 馬場優里、駒崎裕子、宮本順、小倉健司、高田潤一、平林恭子、阿彦希、馬場祥行、小林起穂、辻美千子、森山啓司. Marfan症候群関連疾患4症例の混合歯列期における頭蓋顎顔面形態の特徴について. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島

  37. 有村恵、駒崎裕子、宮本順、小倉健司、高田潤一、チェンエリック、馬場優里、寺本アイリ、舩橋健太、小林起穂、森山啓司. 当分野を受診したMarfan症候群患者に関する検討-頭蓋顎顔面形態の特徴について-. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島

  38. 小林起穂、辻美千子、疋田理奈、小倉健司、森山啓司. 頭蓋縫合早期癒合症(Craniosynostosis)患者の顎顔面形態の解析―アペール症候群とクルーゾン症候群の比較 . 第56回日本先天異常学会学術集会 2016.07.30 兵庫

  39. 小倉健司、辻美千子、疋田理奈、小林起穂、森山啓司. 当分野を受診した18p-症候群2症例の顎顔面形態の特徴. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 優秀演題賞(Jindarojanakul P, Kobayashi Y, Kamimoto H, Satraha S, Moriyama K),日本矯正歯科学会,2021年11月

  • 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 優秀演題賞(高橋義充、上園将慶、荒井英絵、鈴木彩子、吉澤英之、舩橋健太、小林起穂、森山啓司),日本矯正歯科学会,2021年11月

  • 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 優秀演題賞(宮崎貴行、栗本遼太、松本力、小林起穂、浅原弘嗣、森山啓司),日本矯正歯科学会,2021年11月

  • 第84回口腔病学会学術大会 最優秀演題(紙本裕幸、小林起穂、森山啓司),口腔病学会,2019年12月

  • 第78回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(仁木佑紀、小林起穂、森山啓司),日本矯正歯科学会,2019年11月

  • ICPF and JTS The Best Authors for Oral and Poster Presentation“The Gold Award”(Tsuji M, Shoji A, Hirabayashi K, Kobayashi Y, Moriyama K),ICPF,JTS,2019年07月

  • 第77回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(庄司あゆみ、辻美千子、木下由紀子、小倉健司、小林起穂、三浦佳子、葛西美樹、鈴木聖一、森山啓司),日本矯正歯科学会,2018年10月

  • Posterboard Presentation 3rd Place Research"Analysis of palatal morphology of craniosynostosis patients: Comparison between Apert syndrome and Crouzon syndrome"(Ogura K, Kobayashi Y, Hikita R, Shoji A, Tsuji M, Moriyama K),The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018),2018年03月

  • 優秀発表賞「頭蓋縫合早期癒合症患者の口蓋形態の三次元的解析-アペール症候群とクルーゾン症候群の比較-」(小倉健司、小林起穂、疋田理奈、庄司あゆみ、辻美千子、森山啓司),第76回日本矯正歯科学会大会,2017年10月

  • 第75回日本矯正歯科学会大会優秀発表賞,第75回日本矯正歯科学会大会,2016年11月

  • 第70回日本矯正歯科学会優秀発表賞,第70回日本矯正歯科学会,2011年10月

  • 日本矯正歯科学会学術奨励賞,2005年

  • 若野医学賞(徳島大学),2004年

  • Travel grant award (1st Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society (IBMS) and Japan Bone and Mineral Society. (15th Conference of the IBMS),2003年

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2018年

    「頭蓋骨縫合部早期癒合症に対する新規miroRNA治療開発にむけた基礎的研究」研究代表者 小林起穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2017年

    「頭蓋骨縫合部早期癒合症に対する新規miroRNA治療開発にむけた基礎的研究」研究代表者 小林起穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2016年

    「頭蓋骨縫合部早期癒合症に対する新規miroRNA治療開発にむけた基礎的研究」研究代表者 小林起穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2015年

    「頭蓋冠縫合部早期癒合症におけるmicroRNAの発現および機能解析」研究代表者 小林起穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2014年04月

    「頭蓋冠縫合部早期癒合症におけるmicroRNAの発現および機能解析」研究代表者 小林起穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2013年04月

    「頭蓋冠縫合部早期癒合症におけるmicroRNAの発現および機能解析」研究代表者 小林起穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B ,2012年04月

    「頭蓋冠縫合部早期癒合症に関与する細胞群の同定とその分化制御に関する研究」研究代表者 小林起穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B ,2011年04月

    「頭蓋冠縫合部早期癒合症に関与する細胞群の同定とその分化制御に関する研究」研究代表者 小林起穂

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 歯学部基礎実習(D5)

  • 咬合発育・発達(D5)

  • 病態科学演習(D3)

  • 歯学部包括臨床実習(phase I, II)