基本情報

写真a

小林 起穗(コバヤシ ユキホ)

KOBAYASHI Yukiho


職名

助教

生年

1974年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

yukiho-kobayashi.mort@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

歯科矯正学、頭蓋冠縫合部、先天異常、骨代謝

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 徳島大学  歯学部  歯学科  1999年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 徳島大学  歯学研究科  博士課程  2003年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  徳島大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 硬組織疾患ゲノムセンター 特任助教
  • 2013年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2003年4月~2004年3月  徳島大学病院研修医
  • 2004年4月~2007年9月  徳島大学病院 助教(矯正歯科)
  • 2008年9月~2010年8月  ヘルシンキ大学歯学部矯正歯科post-doctoral fellow

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本矯正歯科学会

  • 日本口蓋裂学会

  • 日本顎変形症学会

  • 日本骨代謝学会

  • 口腔病学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 矯正・小児系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 日本矯正歯科学会認定医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 頭蓋骨癒合症の病態成立機序の解明と新規治療法の開発

  • 種々の先天異常患者における顎顔面領域における形態解析

  • 矯正的歯の移動における歯根吸収発症機序の解明

  • 頭蓋顎顔面領域の骨縫合部制御機構に関する研究

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 標的指向型liposomeを用いたリラキシンによる口蓋瘢痕組織新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • Characteristics of Oral Tissue-Derived MSCs from CLP Patients

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 頭蓋骨縫合部早期癒合症に対する新規microRNA治療開発にむけた基礎的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • エピジェネティック機構の破綻が顎顔面発生過程に与える影響

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 顎成長の調和の破綻を来すバイオメカニズムのゲノム・フェノム統合解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Min Swe NM, Kobayashi Y, Kamimoto H, Moriyama K. Aberrantly activated Wnt/β-catenin pathway co-receptors LRP5 and LRP6 regulate osteoblast differentiation in the developing coronal sutures of an Apert syndrome (Fgfr2 S252W /+ ) mouse model Developmental Dynamics. 2020.08; ( PubMed, DOI )

  • Kobayashi Y, Ogura K, Hikita R, Tsuji M, Moriyama K. Craniofacial, oral, and cervical morphological characteristics in Japanese patients with Apert syndrome or Crouzon syndrome. European Journal of Orthodontics. 2020.03; ( PubMed, DOI )

  • Kamimoto H, Kobayashi Y, Moriyama K. Relaxin 2 carried by magnetically directed liposomes accelerates rat midpalatal suture expansion and subsequent new bone formation. Bone Reports. 2019.06; 10 100202. ( PubMed, DOI )

  • Veistinen LK, Mustonen T, Hasan MR, Takatalo M, Kobayashi Y, Kesper DA, Vortkamp A, Rice DP. Regulation of Calvarial Osteogenesis by Concomitant De-repression of GLI3 and Activation of IHH Targets. Frontiers in Physiology. 2017.12; 8 1036. ( PubMed, DOI )

  • 小林起穂. 東京医科歯科大学歯科講演会『顎顔面矯正学の現在と未来-顎顔面矯正学分野のめざすもの』-9:顎顔面縫合部でのリモデリングをナノテクノロジーでコントロールする. 矯正臨床ジャーナル. 2017.06; 33 (6): 35-40.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Kobayashi Y, Duarte C, Moriyama K. Biomarkers in Bone Disease. Part of the series Biomarkers in Disease: Methods, Discoveries and Applications. Springer, 2017.07 15.Hormone Relaxin as Biomarker for Bone Health and Disease. (ISBN : 978-94-007-7692-0)

  • 小林 起穂. 顎顔面骨縫合部でのリモデリングをナノテクノロジーでコントロールする. 2017.06

  • Kobayashi Y, Duarte C, Moriyama K.. Biomarkers in Bone Disease. Part of the series Biomarkers in Disease: Methods, Discoveries and Applications. 2016.07 Hormone Relaxin as Biomarker for Bone Health and Disease. (ISBN : 978-94-007-7745-3)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Teramoto A, Sagawa Y, Akiyama S, Funahashi K, Kobayashi Y, Moriyama K. Interdisciplinary Approach for an Adult Orthodontic Patient with Angle Class III Malocclusion Complicated with Severe Periodontitis. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemad

  • Niki Y, Kobayashi Y, Moriyama K. Expression pattern of transcriptional enhanced associate domain family member 1in developing mouse molar tooth. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  • Funahashi K, Kobayashi Y, Niki Y, Higashihori N, Nakakuki K,Yoda T, Moriyama K. A Case Report of Severe Class II Malocclusion Treated with Anterior Segmental Maxillary Osteotomy and Genioplasty. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  • Kobayashi Y, Minswe NM, Kamimoto H, Moriyama K. Aberrant Wnt/β-catenin Signaling in Coronal Sutures of Apert Mouse Model. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  • 小林起穂、ネイミョミンスイ、紙本裕幸、森山啓司. Apert症候群モデルマウスの頭蓋縫合早期癒合症におけるWnt/β-cateninシグナル伝達機構の解析. 第60回日本先天異常学会学術集会 2020.07.11 Web開催

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第84回口腔病学会学術大会 最優秀演題(紙本裕幸、小林起穂、森山啓司),口腔病学会,2019年12月

  • 第78回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(仁木佑紀、小林起穂、森山啓司),日本矯正歯科学会,2019年11月

  • ICPF and JTS The Best Authors for Oral and Poster Presentation“The Gold Award”(Tsuji M, Shoji A, Hirabayashi K, Kobayashi Y, Moriyama K),ICPF,JTS,2019年07月

  • 第77回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(庄司あゆみ、辻美千子、木下由紀子、小倉健司、小林起穂、三浦佳子、葛西美樹、鈴木聖一、森山啓司),日本矯正歯科学会,2018年10月

  • Posterboard Presentation 3rd Place Research"Analysis of palatal morphology of craniosynostosis patients: Comparison between Apert syndrome and Crouzon syndrome"(Ogura K, Kobayashi Y, Hikita R, Shoji A, Tsuji M, Moriyama K),The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018),2018年03月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2018年

    「頭蓋骨縫合部早期癒合症に対する新規miroRNA治療開発にむけた基礎的研究」研究代表者 小林起穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2017年

    「頭蓋骨縫合部早期癒合症に対する新規miroRNA治療開発にむけた基礎的研究」研究代表者 小林起穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2016年

    「頭蓋骨縫合部早期癒合症に対する新規miroRNA治療開発にむけた基礎的研究」研究代表者 小林起穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2015年

    「頭蓋冠縫合部早期癒合症におけるmicroRNAの発現および機能解析」研究代表者 小林起穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2014年04月

    「頭蓋冠縫合部早期癒合症におけるmicroRNAの発現および機能解析」研究代表者 小林起穂

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 歯学部基礎実習(D5)

  • 咬合発育・発達(D5)

  • 病態科学演習(D3)

  • 歯学部包括臨床実習(phase I, II)