基本情報

写真a

永石 宇司(ナガイシ タカシ)

NAGAISHI Takashi


職名

准教授

研究室住所

〒113-8519 東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学消化器内科

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2006年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 准教授(消化管先端治療学)
  • 2006年10月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 教務補佐員
  • 2007年04月
    -
    2009年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 消化管先端治療学講座 助教
  • 2009年06月
    -
    2010年01月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 助教
  • 2010年02月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 学部内講師

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2000-2003 Postdoc, Div. Gastroenterology, Brigham and Women's Hospital, Harvard Medical School, Boston, MA
  • 2003-2006 Research Associate, Div. Gastroenterology, Brigham and Women's Hospital, Harvard Medical School, Boston, MA
  • 2006-2007 Medical Fellow, Dep. Gastroenterology, Tokyo Medical and Detal University, Tokyo, Japan
  • 2007-current Assictant Professor, Dep. Gastroenterology, Tokyo Medical and Detal University Graduate School of Medical Science, Tokyo, Japan

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2003-2006 Research Fellowship, Crohn and Colitis Foundation of America
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 炎症性腸疾患発症過程の病態解析基盤樹立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 脂質応答性リンパ球の制御によるIBD新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 腸管上皮による抗原処理調節機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 粘膜内脂質輸送調節による炎症性腸疾患の病態制御

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 腸管上皮オートファジーによる粘膜免疫調節機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yuria Takei, Yasuhiro Nemoto, Ryo Morikawa, Shohei Tanaka, Shigeru Oshima, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. T cells show amoeboid shape and frequent morphological change in vitro, and localize to small intestinal intraepithelial region in vivo. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2020.03; 523 (2): 328-335. ( PubMed, DOI )

  • Shohei Tanaka, Yasuhiro Nemoto, Yuria Takei, Ryo Morikawa, Shigeru Oshima, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Susanne Stutte, Mamoru Watanabe. High-fat diet-derived free fatty acids impair the intestinal immune system and increase sensitivity to intestinal epithelial damage. Biochem Biophys Res Commun. 2020.02; 522 (4): 971-977. ( PubMed, DOI )

  • Takashi Nagaishi, Daiki Yamada, Kohei Suzuki, Ryosuke Fukuyo, Eiko Saito, Masayoshi Fukuda, Taro Watabe, Naoya Tsugawa, Kengo Takeuchi, Kouhei Yamamoto, Ayako Arai, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Indolent T cell lymphoproliferative disorder with villous atrophy in small intestine diagnosed by single-balloon enteroscopy. Clin J Gastroenterol. 2019.10; 12 (5): 434-440. ( PubMed, DOI )

  • 永石宇司. 腸管粘膜の新たな免疫調節機構-炎症性腸疾患から学ぶこと 日大医学雑誌. 2018.06; 77 (3): 197-200.

  • Taro Watabe, Takashi Nagaishi, Naoya Tsugawa, Yudai Kojima, Nisha Jose, Akinori Hosoya, Michio Onizawa, Yasuhiro Nemoto, Shigeru Oshima, Tetsuya Nakamura, Hajime Karasuyama, Takahiro Adachi, Mamoru Watanabe. B cell activation in the cecal patches during the development of an experimental colitis model. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2018.02; 496 (2): 367-373. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Nagaishi T, Watanabe M. Crohn's Disease and Ulcerative Colitis: from Epidemiology and Immunobiology to a Rational Diagnostic and Therapeutic Approach. 2017.03 Paradigm of T cell differentiation in IBD: Crohn's disease and ulcerative colitis (ISBN : 978-3-319-33701-2)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Takashi Nagaishi. BCR signaling-mediated activation in lymphoid tissues is regulated by the long isoform of Ceacam1.. DDW2021 2021.05.21 Online

  • 五月女浩子、河本亜美、竹中健人、日比谷秀爾、清水寛路、伊藤 剛、水谷知裕、油井史郎、根本泰宏、藤井俊光、齊藤詠子、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、岡本隆一、小金井一隆、冨井翔平. 回腸に多発潰瘍を伴い診断に苦慮した腸管子宮内膜症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第363回例会 2021.02.27 Web開催

  • Takashi Nagaishi, Naoya Tsugawa, Daiki Yamada, Yudai Kojima, Michio Onizawa, Taro Watabe, Richard S. Blumberg, Mamoru Watanabe. BCR signaling in lymphoid tissues regulated by the long isoform of Ceacam1.. FOCIS2020 2020.10.28 Web開催

  • 山田大貴、永石宇司、津川直也、小島裕大、渡部太郎、渡辺 守. 慢性大腸炎モデルにおけるAPLの発現解析. 第48回 日本臨床免疫学会総会 2020.10.15 Web開催

  • Takashi Nagaishi, Daiki Yamada, Naoya Tsugawa, Taro Watabe, Eiko Saito, Masayoshi Fukuda, Ayako Arai, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. A case of villous atrophy with CCR4+ T cell infiltration in the small intestine.. UEGW2020 2020.10.10 Web開催

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 令和元年度 文部科学省科学技術人材育成費補助事業 ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型) 「腸管在住自然リンパ球を標的とした免疫疾患の制御法開発」  受賞者:永石宇司,2020年07月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):20K08304 「NK細胞サブセットによるクローン病新規治療標的に抽出」 研究代表者:藤井俊光 分担研究者:永石宇司,2020年04月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):20H03658 「腸管免疫寛容誘導と炎症性腸疾患発症過程の解析」 研究代表者:永石宇司 分担研究者:長堀正和,2020年04月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08388「タイトジャンクション制御による大腸腫瘍予防戦略の構築」 研究代表者:福田将義 分担研究者:鬼澤道夫、永石宇司、渡辺 守,2020年04月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08364 「炎症性腸疾患発症におけるミオシン軽鎖キナーゼの役割」 研究代表者:齊藤詠子 分担研究者:鬼澤道夫、永石宇司、渡辺 守,2020年04月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2021年07月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「免疫グロブリンAの欠損により回腸特異的に炎症が自然発症することを発見」― 炎症性腸疾患の病因・病態解明や治療法開発に期待 ―,2021年05月

    Gut

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 腸管粘膜の新たな免疫調節機構-炎症性腸疾患から学ぶこと.,日大医学同窓新聞 5面 掲載,2017年11月25日