基本情報

写真a

田中 真二(タナカ シンジ)

TANAKA Shinji


職名

教授

メールアドレス

tanaka.monc@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/grad/monc/index.html

研究分野・キーワード

分子腫瘍医学、消化器外科、肝胆膵外科、腫瘍外科

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  医学部  1988年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  医学系研究科  外科学  博士課程  1993年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  九州大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2005年12月
    東京医科歯科大学 未入力
  • 2006年01月
    -
    2009年03月
    東京医科歯科大学 情報医科学センター/肝胆膵外科 特任准教授
  • 2009年04月
    -
    2014年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵・総合外科学 准教授
  • 2014年11月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子腫瘍医学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子腫瘍医学 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本外科学会

  • 日本消化器外科学会

  • 日本肝臓学会

  • 日本癌学会

  • 日本癌治療学会

  • 日本消化器病学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年
    -
    2009年
    日本肝臓学会 肝癌診療ガイドライン改訂委員会専門委員
  • 2013年
    -
    2015年
    日本消化器病学会 医学用語委員会ワーキング委員
  • 2013年
    -
    2017年
    日本消化器関連学会機構(JDDW) 広報委員会委員
  • 2015年06月
    -
    現在
    日本消化器病学会 学会雑誌編集委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子腫瘍医学

  • 肝胆膵外科

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • in vivo網羅的ゲノム編集解析によるがん難治性機序の解明と治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2022年 - 2023年

  • 難治性がんサブタイプに対するCAR-T治療開発への多重ゲノム編集技術の応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2021年

  • 難治性がん分子サブタイプ・パネルを構築する革新的ゲノム編集技術の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • 膵癌の進展様式に基づいたバイオマーカー探索と前向き臨床試験による検証

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • がん不均一性メカニズム解明に基づいた難治性癌の先進的治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 難治性消化器癌におけるSET関連ヒストンメチル化修飾酵素の分子病理学的検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • NF-κBと免疫寛容 -がん増殖抑制効果と臓器移植後拒絶反応の抑制-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 可視化癌幹細胞における特異的キナーゼ解析と臨床病理学的検証

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • 肝胆膵領域難治癌に対する新規分子標的治療の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 膵神経内分泌腫瘍の潜在的悪性度診断のための網羅的情報解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 可視化がん幹細胞による細胞競合の解析と根治的癌治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 癌幹細胞可視化メカニズムに基づく生体内ニッチ解析と特異的治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 可視化システムを用いた膵癌幹細胞の特異的分子同定と臨床病理学的解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 癌パスウェイマーカの同定と治療応用の研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 幹細胞可視化システムに基づいた難治性消化器癌の先端的治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 画像情報解析による肝癌バイオマーカーの検索と肝機能評価方法の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • C型肝炎を含む代謝関連肝がんの病態解明及び治療法の開発等に関する研究

    厚生労働省 : 2012年04月 - 2015年03月

  • マクロベジクラー脂肪肝グラフトの脆弱性の原因究明とその対応策

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • NFーκB活性化抑制の臨床応用(新規抗癌剤療法と手術侵襲の軽減)

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • ヒト固形癌の休眠型癌幹細胞とそのニッチ特性の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2014年

  • 消化器癌の難治性メカニズムに基づいた先端的治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

  • 癌パスウェイマーカの同定と治療応用の研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 造影超音波による進行肝癌に対する分子標的薬の早期効果判定法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 肝線維化・脂肪化の新規超音波診断法の開発と発癌予測・バイオマーカーの探索への展開

    文部科学省/日本学術振興会

  • 肝星細胞による加齢肝の肝再生能不全プロセスの解明と治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 悪性膵神経内分泌腫瘍の非侵襲的診断と治療標的の探索

    文部科学省/日本学術振興会

  • 難治性がん多様性メカニズムの解明に基づく先端的治療開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 癌幹細胞を標的とする腫瘍根絶技術の新構築の総括班

    文部科学省/日本学術振興会

  • 加齢グラフト部分肝移植における機能不全の解明と新たな治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 膵臓癌における化合物スクリーニングによる新規抗がん剤併用療法の開発と臨床応用

    文部科学省/日本学術振興会

  • 消化器癌におけるSETDB型ヒストン修飾酵素の異常と腫瘍免疫環境への関与

    文部科学省/日本学術振興会

  • 正常免疫マウス腫瘍モデルを応用したヒトスキルス胃がんに対する複合免疫療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 神経内分泌腫瘍におけるマルチアナライトバイオマーカーの創設と疾患管理

    文部科学省/日本学術振興会

  • 肝癌関連線維芽細胞エクソソームmiRNAの分子生物学的機序解明と革新的治療の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 腸内細菌による膵臓癌化学療法抵抗性の機序解明と革新的治療法開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 円偏光散乱を用いたスキルス胃がん検出および早期がん進行度評価技術の確立

    文部科学省/日本学術振興会

  • 生体内多様性メカニズム解明に基づいた難治性がんの先進的治療開発

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Hatano M, Akiyama Y, Shimada S, Yagi K, Akahoshi K, Itoh M, Tanabe M, Ogawa Y, Tanaka S. Loss of KDM6B epigenetically confers resistance to lipotoxicity in nonalcoholic fatty liver disease-related hepatocellular carcinoma. Hepatology Communications. 2023.10; 7 (10): e0277.

  2. Yamane M, Ishikawa Y, Asano D, Watanabe S, Ueda H, Akahoshi K, Ono H, Kudo A, Tanaka S, Sugiyama Y, Muro S, Akita K, Tanabe M. Surgical anatomy of the dorsal pancreatic artery: Considering embryonic development. Pancreatology. 2023.09; 23 (6): 697-703. ( PubMed, DOI )

  3. Murota Y, Nagane M, Wu M, Santra M, Venkateswaran S, Tanaka S, Bradley N, Taga T, Tabu K. A niche-mimicking polymer hydrogel-based approach to identify molecular targets for tackling human pancreatic cancer stem cells. Inflammation and Regeneration. 2023.09; 43 (1): 46. ( DOI )

  4. Morimoto K, Ueda H, Asano D, Ishikawa Y, Watanabe S, Akahoshi K, Ono H, Kobayashi M, Okamoto R, Tanaka S, Tanabe M. Incidence and Mechanism of Refractory Postoperative Cholangitis After Hepatectomy with Hepaticojejunostomy. Journal of Gastrointestinal Surgery. 2023.06; 27 (8): 1668-1676.

  5. Yagi K, Shimada S, Akiyama Y, Hatano M, Asano D, Ishikawa Y, Ueda H, Watanabe S, Akahoshi K, Ono H, Tanabe M, Tanaka S. Loss of SFXN1 mitigates lipotoxicity and predicts poor outcome in non-viral hepatocellular carcinoma. Sci Rep. 2023.06; 13 (1): 9449. ( PubMed, DOI )

  6. Yamamoto Y, Shimada S, Akiyama Y, Tsukihara S, Sugimoto R, Kabashima A, Tokunaga M, Kinugasa Y, Kawakami Y, Tanaka S. RTP4 silencing provokes tumor-intrinsic resistance to immune checkpoint blockade in colorectal cancer. Journal of Gastroenterology. 2023.06; 58 (6): 540-553.

  7. Yagi K, Ono H, Kudo A, Kinowaki Y, Asano D, Watanabe S, Ishikawa Y, Ueda H, Akahoshi K, Tanaka S, Tanabe M. MGMT is frequently inactivated in pancreatic NET-G2 and is associated with the therapeutic activity of STZ-based regimens. Sci Rep. 2023.05; 13 (1): 7535. ( PubMed, DOI )

  8. Ono H, Murase Y, Yamashita H, Kato T, Asano D, Ishikawa Y, Watanabe S, Ueda H, Akahoshi K, Ogawa K, Kudo A, Akiyama Y, Tanaka S, Tanabe M. RRM1 is mediated by histone acetylation through gemcitabine resistance and contributes to invasiveness and ECM remodeling in pancreatic cancer. International Journal of Oncology. 2023.04; 62 (4): 51.

  9. Ishii T, Akiyama Y, Shimada S, Kabashima A, Asano D, Watanabe S, Ishikawa Y, Ueda H, Akahoshi K, Ogawa K, Ono H, Kudo A, Tanabe M, Tanaka S. Identification of a novel target of SETD1A histone methyltransferase and the clinical significance in pancreatic cancer. Cancer Science. 2023.02; 114 (2): 463-476.

  10. Shimada S, Tanaka S. The chronicles of hepatocellular carcinoma classification: subtyping, modeling and treatment. Hepatology. 2023; in press.

  11. Ichihara M, Takahashi H, Nishida N, Ivan C, Okuzaki D, Yokoyama Y, Ohtsuka M, Miyoshi N, Uemura M, Tanaka S, Calin G, Mori M, Doki Y, Eguchi, H, Yamamoto H. Long noncoding RNA 01534 maintains cancer stemness by down-regulating endoplasmic reticulum stress response in colorectal cancer Annals of Gastroenterological Surgery. 2022.12; 7 (3): 458-470. ( PubMed )

  12. Ichihara M, Takahashi H, Nishida N, Ivan C, Okuzaki D, Yokoyama Y, Ohtsuka M, Miyoshi N, Uemura M, Tanaka S, Calin G, Mori M, Doki Y, Eguchi, H, Yamamoto H. Long noncoding RNA 01534 maintains cancer stemness by down-regulating endoplasmic reticulum stress response in colorectal cancer Annals of Gastroenterological Surgery. 2022.12; 7 (3): 458-470.

  13. Ishii Takeshi, Akiyama Yoshimitsu, Shimada Shu, Kabashima Ayano, Asano Daisuke, Watanabe Shuichi, Ishikawa Yoshiya, Ueda Hiroki, Akahoshi Keiichi, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Kudo Atsushi, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. Identification of a novel target of SETD1A histone methyltransferase and the clinical significance in pancreatic cancer CANCER SCIENCE. 2022.11; 114 (2): 463-476.

  14. Asano D, Kudo A, Akahoshi K, Maekawa A, Murase Y, Ogawa K, Ono H, Ban D, Tanaka S, Tanabe M. Curative Surgery and Ki-67 Value Rather than Tumor Differentiation Predict the Survival of Patients with High-grade Neuroendocrine Neoplasms. Annals of Surgery. 2022.08; 276 (2): e108-e113.

  15. Shimada S, Tanaka S. Molecular targeted drugs, comprehensive classification and preclinical models for the implementation of precision immune oncology in hepatocellular carcinoma International Journal of Clinical Oncology. 2022.07; 27 (7): 1101-1109. ( PubMed, DOI )

  16. Kabashima A, Matsuo Y, Ito S, Akiyama Y, Ishii T, Shimada S, Masamune A, Tanabe M, Tanaka S. cGAS-STING signaling encourages immune cell overcoming of fibroblast barricades in pancreatic cancer. Scientific reports. 2022.06; 12 (1): 10466. ( PubMed, DOI )

  17. Kato T, Kudo A, Kinowaki Y, Ishikawa Y, Watanabe S, Akahoshi K, Ogawa K, Ono H, Ban D, Tanaka S, Tanabe M. A novel classification of portal venous tumor invasion to predict residual tumor status after surgery in patients with pancreatic neuroendocrine neoplasms. J Cancer Res Clin Oncol. 2022.04; 148 (4): 931-941. ( PubMed, DOI )

  18. Maekawa A, Kudo A, Kishino Mitsuhiro, Murase Y, Watanabe S, Ishikawa Y, Ueda Hiroki, Akahoshi K, Ogawa K, Ono H, Tanaka S, Kinowaki Y, Tanabe M.. Hormonal tumor mapping for liver metastases of gastroenteropancreatic neuroendocrine neoplasms: a novel therapeutic strategy. Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2022.03; 148 (3): 697-706. ( DOI )

  19. Wang J, Hirose H, Yokoyama Y, Ikeshima R, Tsujimura N, Bonkobara S, Takeda K, Hata T, Inoue A, Hiraki M, Ohtsuka M, Nishida N, Takahashi H, Haraguchi N, Tanaka S, Wu X, Mori M, Yamamoto H.. Functional assessment of miR-1291 in colon cancer cells. International Journal of Oncology. 2022.02; 60 (2): 13. ( PubMed, DOI )

  20. Zhang M, Sugita I, Komura D, Katoh H, Shimada S, Inazawa J, Tanaka S, Ishikawa S. Genomic landscape of a mouse model of diffuse-type gastric adenocarcinoma Gastric Cancer. 2022.01; 25 (1): 83-95. ( PubMed )

  21. Yamamoto Y, Shimada S, Akiyama Y, Tsukihara S, Sugimoto R, Kabashima A, Tokunaga M, Kinugasa Y, Kawakami Y, Tanaka S. RTP4 silencing provokes tumor-intrinsic resistance to immune checkpoint blockade in colorectal cancer. Journal of Gastroenterology. 2022;

  22. Ishii T, Akiyama Y, Shimada S, Kabashima A, Asano D, Watanabe S, Ishikawa Y, Ueda H, Akahoshi K, Ogawa K, Ono H, Kudo A, Tanabe M, Tanaka S. Identification of a novel target of SETD1A histone methyltransferase and the clinical significance in pancreatic cancer Cancer Science. 2022;

  23. Ichihara M, Takahashi H, Nishida N, Ivan C, Okuzaki D, Yokoyama Y, Ohtsuka M, Miyoshi N, Uemura M, Tanaka S, Calin G, Mori M, Doki Y, Eguchi, H, Yamamoto H. Long noncoding RNA 01534 maintains cancer stemness by down-regulating endoplasmic reticulum stress response in colorectal cancer. Annals of Gastroenterological Surgery. 2022; 7 (3): 458-470. ( PubMed, DOI )

  24. Murase Yoshiki, Ono Hiroaki, Ogawa Kosuke, Yoshioka Risa, Ishikawa Yoshiya, Ueda Hiroki, Akahoshi Keiichi, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Inhibitor library screening identifies ispinesib as a new potential chemotherapeutic agent for pancreatic cancers(和訳中) Cancer Science. 2021.11; 112 (11): 4641-4654. ( 医中誌 )

  25. Taniai Tomohiko, Shirai Yoshihiro, Shimada Yohta, Hamura Ryoga, Yanagaki Mitsuru, Takada Naoki, Horiuchi Takashi, Haruki Koichiro, Furukawa Kenei, Uwagawa Tadashi, Tsuboi Kazuhito, Okamoto Yasuo, Shimada Shu, Tanaka Shinji, Ohashi Toya, Ikegami Toru. Inhibition of acid ceramidase elicits mitochondrial dysfunction and oxidative stress in pancreatic cancer cells(和訳中) Cancer Science. 2021.11; 112 (11): 4570-4579. ( 医中誌 )

  26. Yoshiki Murase, Hiroaki Ono, Kosuke Ogawa, Risa Yoshioka, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Inhibitor library screening identifies ispinesib as a new potential chemotherapeutic agent for pancreatic cancers Cancer Science. 2021.09; Early View (11): 4641-4654. ( PubMed, DOI )

  27. Zhang M, Sugita I, Komura D, Katoh H, Shimada S, Inazawa J, Tanaka S, Ishikawa S. Genomic landscape of a mouse model of diffuse-type gastric adenocarcinoma. Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association. 2021.08; ( PubMed, DOI )

  28. Satoshi Matsui, Hiroaki Ono, Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Pancreatic metastasis from renal cell carcinoma presenting as gastrointestinal hemorrhage: a case report Jornal of Surgical Case Reports. 2021.08; 2021 (8): rjab368.

  29. Masafumi Akasu, Shu Shimada, Ayano Kabashima, Yoshimitsu Akiyama, Masahiro Shimokawa, Keiichi Akahoshi, Atsushi Kudo, Shoji Yamaoka, Minoru Tanabe, Shinji Tanaka. Intrinsic activation of β-catenin signaling by CRISPR/Cas9-mediated exon skipping contributes to immune evasion in hepatocellular carcinoma Scientific Reports. 2021.08; 11 (1): 16732.

  30. Matsui S, Ono H, Asano D, Ishikawa Y, Ueda H, Akahoshi K, Ogawa K, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Pancreatic metastasis from renal cell carcinoma presenting as gastrointestinal hemorrhage: a case report. Journal of surgical case reports. 2021.08; 2021 (8): rjab368. ( PubMed, DOI )

  31. Tomotaka Kato,Hiroaki Ono, Mikiya Fujii, Keiichi Akahoshi, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Cytoplasmic RRM1 activation as an acute response to gemcitabine treatment is involved in drug resistance of pancreatic cancer cells. PLoS One. 2021.06; 16 (6): e0252917.

  32. Hiroyuki Ishida, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Hiroki Ueda, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe.. Laparoscopic distal pancreatectomy in a patient with aberrant splenic artery originating from the superior mesenteric artery: A case report 2021.05; 100 (18): e25704.

  33. Hiroaki Ono, Tomotaka Kato, Yoshiki Murase, Yutaro Nakamura, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Yoshimitsu Akiyama, Shinji Tanaka, Hiromichi Ito, Minoru Tanabe. . C646 inhibits G2/M cell cycle-related proteins and potentiates anti-tumor effects in pancreatic cancer Scientific Reports. 2021.05; 11 (1): 10078.

  34. Fukuda Tatsuya, Bouchi Ryotaro, Takeuchi Takato, Amo-Shiinoki Kikuko, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru, Akashi Takumi, Hirayama Kazuhiro, Odamaki Toshitaka, Igarashi Miki, Kimura Ikuo, Tanabe Katsuya, Tanizawa Yukio, Yamada Tetsuya, Ogawa Yoshihiro. Importance of Intestinal Environment and Cellular Plasticity of Islets in the Development of Postpancreatectomy Diabetes DIABETES CARE. 2021.04; 44 (4): 1002-1011. ( PubMed, DOI )

  35. Maekawa A, Kudo A, Kishino M, Murase Y, Watanabe S, Ishikawa Y, Ueda H, Akahoshi K, Ogawa K, Ono H, Tanaka S, Kinowaki Y, Tanabe M.. Hormonal tumor mapping for liver metastases of gastroenteropancreatic neuroendocrine neoplasms: a novel therapeutic strategy Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2021.04; published online

  36. Toshitaka Sugawara, Daisuke Ban, Jo Nishino, Shuichi Watanabe, Aya Maekawa, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Prediction of early recurrence of pancreatic ductal adenocarcinoma after resection PLoS One. 2021.04; 16 (4): e0249885.

  37. Tatsuya Fukuda, Ryotaro Bouchi, Takato Takeuchi, Kikuko Amo-Shiinoki, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe, Takumi Akashi, Kazuhiro Hirayama, Toshitaka Odamaki, Miki Igarashi, Ikuo Kimura, Katsuya Tanabe, Yukio Tanizawa, Tetsuya Yamada and Yoshihiro Ogawa. Importance of Intestinal Environment and Cellular Plasticity of Islets in the Development of Postpancreatectomy Diabetes Diabetes Care. 2021.04; 44 (4): 1002-1011.

  38. Yoshiki Murase, Atsushi Kudo, Keiichi Akahoshi, Aya Maekawa, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Surgery after sunitinib administration to improve survival of patients with advanced pancreatic neuroendocrine neoplasms Annals of Gastroenterological Surgery. 2021.03; 0 (0): 1-9.

  39. Yasuhito Iwao, Daisuke Ban, Satoru Muro, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Krishna Menon, Minoru Tanabe. Extraordinary first jejunal arterial variation associated with annular pancreas undergoing pancreaticoduodenectomy for pancreatic cancer: a case report Surgical and Radiologic Anatomy. 2021.01;

  40. Kikuko Amo-Shiinoki, Katsuya Tanabe, Yoshinobu Hoshii, Hiroto Matsui, Risa Harano, Tatsuya Fukuda, Takato Takeuchi, Ryotaro Bouchi, Tokiyo Takagi, Masayuki Hatanaka, Komei Takeda, Shigeru Okuya, Wataru Nishimura, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe, Takumi Akashi, Tetsuya Yamada, Yoshihiro Ogawa, Eiji Ikeda, Hiroaki Nagano, and Yukio Tanizawa. Islet cell dedifferentiation is a pathologic mechanism of long-standing progression of type 2 diabetes JCI insight. 2021.01; 6 (1): e143791.

  41. Kabashima Ayano, Shimada Shu, Shimokawa Masahiro, Akiyama Yoshimitsu, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. Molecular and immunological paradigms of hepatocellular carcinoma: Special reference to therapeutic approaches Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences . 2021.01; 28 (1): 62-75. ( PubMed, DOI )

  42. Yoshiki Murase, Daisuke Ban, Aya Maekawa, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Toshifumi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Successful conversion surgery of distal pancreatectomy with celiac axis resection(DP-CAR) with double arterial reconstruction using saphenous vein grafting for locally advanced pancreatic cancer: a case report Surgical Case Reports. 2020.12;

  43. Murase Y, Ban D, Maekawa A, Watanabe S, Ishikawa Y, Akahoshi K, Ogawa K, Ono H, Kudo A, Kudo T, Tanaka S, Tanabe M. Successful conversion surgery of distal pancreatectomy with celiac axis resection (DP-CAR) with double arterial reconstruction using saphenous vein grafting for locally advanced pancreatic cancer: a case report. Surgical case reports. 2020.12; 6 (1): 302. ( PubMed, DOI )

  44. Kimura Koichiro, Tsuchiya Junichi, Kitazume Yoshio, Kishino Mitsuhiro, Akahoshi Keiichi, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru, Tateishi Ukihide. Dynamic Enhancement Pattern on CT for Predicting Pancreatic Neuroendocrine Neoplasms with Low PAX6 Expression: A Retrospective Observational Study DIAGNOSTICS. 2020.11; 10 (11): ( PubMed, DOI )

  45. Koichiro Kimura, Junichi Tsuchiya, Yoshio Kitazume, Mitsuhiro Kishino, Keiichi Akahoshi, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe, Ukihide Tateishi . Dynamic Enhancement Pattern on CT for Predicting Pancreatic Neuroendocrine Neoplasms with Low PAX6 Expression: A Retrospective Observational Study Diagnostics . 2020.11; 10 (11): 919.

  46. 島田 周, 秋山 好光, 田邉 稔, 田中 真二. KDM6A発現低下を特徴とする膵がん予後不良サブタイプにはHDAC阻害剤が著効する 日本癌学会総会記事. 2020.10; 79回 OJ14-6. ( 医中誌 )

  47. Asano D, Kudo A, Akahoshi K, Maekawa A, Murase Y, Ogawa K, Ono H, Ban D, Tanaka S, Tanabe M. Curative Surgery and Ki-67 Value Rather than Tumor Differentiation Predict the Survival of Patients with High-grade Neuroendocrine Neoplasms. Annals of surgery. 2020.09; ( PubMed, DOI )

  48. Asano, Daisuke, Kudo, Atsushi, Akahoshi, Keiichi, Maekawa, Aya, Murase, Yoshiki, Ogawa, Kosuke, Ono, Hiroaki, Ban, Daisuke, Tanaka, Shinji, Tanabe, Minoru . Curative Surgery and Ki-67 Value Rather than Tumor Differentiation Predict the Survival of Patients with High-grade Neuroendocrine Neoplasms Annals of Surgery . 2020.09;

  49. Kudo Atsushi, Akahoshi Keiichi, Ito Sakiko, Akashi Takumi, Shimada Shu, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Tateishi Ukihide, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Downregulated Pancreatic Beta Cell Genes Indicate Poor Prognosis in Patients With Pancreatic Neuroendocrine Neoplasms ANNALS OF SURGERY. 2020.04; 271 (4): 732-739. ( PubMed, DOI )

  50. Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Keiichi Akahoshi, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Combination of weekly streptozocin and oral S-1 treatment for patients of unresectable or metastatic pancreatic neuroendocrine neoplasms Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2020.03; 146 (3): 793-799.

  51. Ono Hiroaki, Kudo Atsushi, Akahoshi Keiichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ban Daisuke, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Combination of weekly streptozocin and oral S-1 treatment for patients of unresectable or metastatic pancreatic neuroendocrine neoplasms JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY. 2020.03; 146 (3): 793-799. ( PubMed, DOI )

  52. Fujita Masashi, Yamaguchi Rui, Hasegawa Takanori, Shimada Shu, Arihiro Koji, Hayashi Shuto, Maejima Kazuhiro, Nakano Kaoru, Fujimoto Akihiro, Ono Atsushi, Aikata Hiroshi, Ueno Masaki, Hayami Shinya, Tanaka Hiroko, Miyano Satoru, Yamaue Hiroki, Chayama Kazuaki, Kakimi Kazuhiro, Tanaka Shinji, Imoto Seiya, Nakagawa Hidewaki. Classification of primary liver cancer with immunosuppression mechanisms and correlation with genomic alterations EBIOMEDICINE. 2020.03; 53 102659. ( PubMed, DOI )

  53. Ono S, Dohi O, Yagi N, Sanomura Y, Tanaka S, Naito Y, Sakamoto N, Kato M. Accuracies of Endoscopic Diagnosis of Helicobacter pylori-Gastritis: Multicenter Prospective Study Using White Light Imaging and Linked Color Imaging. Digestion. 2020; 101 (5): 624-630. ( PubMed, DOI )

  54. Matsui S, Ogura T, Ban D, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M.. Position of the Pancreas Division Line and Postoperative Outcomes After Distal Pancreatectomy. World Journal of Surgery. 2019.11;

  55. Qian Yamin, Wu Xin, Yokoyama Yuhki, Okuzaki Daisuke, Taguchi Mai, Hirose Haruka, Wang Jiaqi, Hata Tsuyoshi, Inoue Akira, Hiraki Masayuki, Ohtsuka Masahisa, Takahashi Hidekazu, Haraguchi Naotsugu, Mizushima Tsunekazu, Tanaka Shinji, Mori Masaki, Yamamoto Hirofumi. E-cadherin-Fc chimera protein matrix enhances cancer stem-like properties and induces mesenchymal features in colon cancer cells CANCER SCIENCE. 2019.11; 110 (11): 3520-3532. ( PubMed, DOI )

  56. Ono Hiroaki, Ikeda Sadakatsu, Ogawa Kosuke, Ogura Toshiro, Ban Daisuke, Kudo Atushi, Miyake Satoshi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. HBP悪性腫瘍のゲノムシーケンス解析(Genomic sequencing in HBP malignancies) 日本消化器病学会雑誌. 2019.11; 116 (臨増大会): A893. ( 医中誌 )

  57. Qian Yamin, Wu Xin, Yokoyama Yuhki, Okuzaki Daisuke, Taguchi Mai, Hirose Haruka, Wang Jiaqi, Hata Tsuyoshi, Inoue Akira, Hiraki Masayuki, Ohtsuka Masahisa, Takahashi Hidekazu, Haraguchi Naotsugu, Mizushima Tsunekazu, Tanaka Shinji, Mori Masaki, Yamamoto Hirofumi. E-カドヘリン-Fcキメラ蛋白質マトリックスは、癌幹細胞の特性を増強し、結腸癌細胞の間葉系特性を誘導する(E-cadherin-Fc chimera protein matrix enhances cancer stem-like properties and induces mesenchymal features in colon cancer cells) Cancer Science. 2019.11; 110 (11): 3520-3532. ( 医中誌 )

  58. Ono Hiroaki, Ikeda Sadakatsu, Ogawa Kosuke, Ogura Toshiro, Ban Daisuke, Kudo Atushi, Miyake Satoshi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. HBP悪性疾患に関するゲノムシークエンス解析(Genomic sequencing in HBP malignancies) 日本消化器外科学会雑誌. 2019.11; 52 (Suppl.2): 306. ( 医中誌 )

  59. Yoshino J, Akiyama Y, Shimada S, Ogura T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Kudo A, Yamaoka S, Tanabe M, Tanaka S.. Loss of ARID1A induces a stemness gene ALDH1A1 expression with histone acetylation in the malignant subtype of cholangiocarcinoma. Carcinogenesis. 2019.10;

  60. Bo Liu, Atsushi Kudo, Yuko Kinowaki, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Takumi Akashi, Minoru Tanabe. A simple and practical index predicting the prognoses of the patients with well-differentiated pancreatic neuroendocrine neoplasms The Japanese Society of Gastroenterology. 2019.09; 54 (9): 819-828.

  61. Liu Bo, Kudo Atsushi, Kinowaki Yuko, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Tanaka Shinji, Akashi Takumi, Tanabe Minoru. A simple and practical index predicting the prognoses of the patients with well-differentiated pancreatic neuroendocrine neoplasms JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY. 2019.09; 54 (9): 819-828. ( PubMed, DOI )

  62. Jun Yoshino, Daisuke Ban, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka & Minoru Tanabe. The Clinial Implications of Peripancreatic Fluid Collection After Distal Pancreatectomy World Journal of Surgery. 2019.08; 43 (8): 2069-2076.

  63. Matsui S, Kudo A, Ogura T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Tanaka S, Tanabe M.. Does sunitinib have a patient-specific dose without diminishing its antitumor effect on advanced pancreatic neuroendocrine neoplasms? Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2019.08; 145 (8): 2097-2104.

  64. Matsui Satoshi, Kudo Atsushi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Does sunitinib have a patient-specific dose without diminishing its antitumor effect on advanced pancreatic neuroendocrine neoplasms? JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY. 2019.08; 145 (8): 2097-2104. ( PubMed, DOI )

  65. Shimada Shu, Tanaka Shinji. A new era for understanding genetic evolution of multistep carcinogenesis JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY. 2019.07; 54 (7): 667-668. ( PubMed, DOI )

  66. Watanabe Shuichi, Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Ishikawa Yoshiya, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Yamaoka Shoji, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. Loss of KDM6A characterizes a poor prognostic subtype of human pancreatic cancer and potentiates HDAC inhibitor lethality INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER. 2019.07; 145 (1): 192-205. ( PubMed, DOI )

  67. Shimada Shu, Tanaka Shinji. 多段階発癌の遺伝的進化の理解の新時代(A new era for understanding genetic evolution of multistep carcinogenesis) Journal of Gastroenterology. 2019.07; 54 (7): 667-668. ( 医中誌 )

  68. Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. HBP外科専門医への教育ロードマップ 腹腔鏡下HBP外科専門医へのロードマップ(Education roadmap to qualified HBP surgeons Roadmap to the qualified laparoscopic HBP surgeon) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2019.06; 31回 ESY1-1. ( 医中誌 )

  69. Fukamachi Hiroshi, Kim Seon-Kyu, Koh Jiwon, Lee Hye Seung, Sasaki Yasushi, Yamashita Kentaro, Nishikawaji Taketo, Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Byeon Sun-ju, Bae Dong-Hyuck, Okuno Keisuke, Nakagawa Masatoshi, Tanioka Toshiro, Inokuchi Mikito, Kawachi Hiroshi, Tsuchiya Kiichiro, Kojima Kazuyuki, Tokino Takashi, Eishi Yoshinobu, Kim Yong Sung, Kim Woo Ho, Yuasa Yasuhito, Tanaka Shinji. A subset of diffuse-type gastric cancer is susceptible to mTOR inhibitors and checkpoint inhibitors JOURNAL OF EXPERIMENTAL & CLINICAL CANCER RESEARCH. 2019.03; 38 (1): 127. ( PubMed, DOI )

  70. Shimada Shu, Mogushi Kaoru, Akiyama Yoshimitsu, Furuyama Takaki, Watanabe Shuichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Arii Shigeki, Tanabe Minoru, Wands Jack R., Tanaka Shinji. Comprehensive molecular and immunological characterization of hepatocellular carcinoma EBIOMEDICINE. 2019.02; 40 457-470. ( PubMed, DOI )

  71. Okuno Keisuke, Akiyama Yoshimitsu, Shimada Shu, Nakagawa Masatoshi, Tanioka Toshiro, Inokuchi Mikito, Yamaoka Shoji, Kojima Kazuyuki, Tanaka Shinji. Asymmetric dimethylation at histone H3 arginine 2 by PRMT6 in gastric cancer progression CARCINOGENESIS. 2019.01; 40 (1): 15-26. ( PubMed, DOI )

  72. Ishikawa Y, Ban D, Watanabe S, Akahoshi K, Ono H, Mitsunori Y, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Splenic artery as a simple landmark indicating difficulty during laparoscopic distal pancreatectomy. Asian journal of endoscopic surgery. 2019.01; 12 (1): 81-87. ( PubMed, DOI )

  73. Watanabe Yuichiro, Honda Shinya, Konishi Akimitsu, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji, Shimizu Shigeomi. Autophagy controls centrosome number by degrading Cep63 CANCER SCIENCE. 2018.12; 109 309.

  74. Akiyama Yoshimitsu, Shimada Shu, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. DAXX acts as a tumor suppressor through histone H3.3/H3K9me3 pathway in pancreatic neuroendocrine tumors CANCER SCIENCE. 2018.12; 109 1103.

  75. Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. FABP4 overexpression in intratumoral hepatic stellate cells within hepatocellular carcinoma with metabolic risk factors CANCER SCIENCE. 2018.12; 109 940.

  76. Fukamachi Hiroshi, Nishikawaji Taketo, Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Yuasa Yasuhito, Tsuchiya Kiichiro, Tanaka Shinji. Diffuse-type gastric cancers are classified into two clusters, which may be formed via different carcinogenic pathways CANCER SCIENCE. 2018.12; 109 1131.

  77. Mizuno Yuki, Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Watanabe Shuichi, Aida Tomomi, Ogawa Kosuske, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Yamaoka Shoji, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. DEPDC5 deficiency contributes to resistance to leucine starvation via p62 accumulation in hepatocellular carcinoma CANCER SCIENCE. 2018.12; 109 952.

  78. Tanaka Shinji. Molecular target therapy for liver cancer under precision medicine CANCER SCIENCE. 2018.12; 109 634.

  79. Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Masafumi Akasu, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Atsuko Konta, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Rapid growth speed of cysts can predict malignant intraductal mucinous papillary neoplasms Journal of Surgical Research. 2018.11; 231 195-200.

  80. Keiichi Akahoshi、Daisuke Ban, Ryo Kuboki, Atsushi Oba, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka and Minoru Tanabe. Orotate phosphoribosyltransferase as a predictor of benefit from S-1 adjuvant chemotherapy for cholangiocarcinoma patients Journal of Gastroenterology and Hepatology. 2018.09;

  81. Kudo A, Akahoshi K, Ito S, Akashi T, Shimada S, Ogura T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Tateishi U, Tanaka S, Tanabe M.. Downregulated Pancreatic Beta Cell Genes Indicate Poor Prognosis in Patients With Pancreatic Neuroendocrine Neoplasms. Ann Surg.. 2018.07;

  82. Ueda H, Akiyama Y, Shimada S, Mogushi K, Serizawa M, Matsumura S, Mitsunori Y, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Kudo A, Tanabe M, Tanaka S.. Tumor suppressor functions of DAXX through histone H3.3/H3K9me3 pathway in pancreatic NETs. Endocr Relat Cancer. 2018.06; 25 (6): 619-631.

  83. 松井 聡、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 減量切除が有用であった血糖制御不能な悪性インスリノーマの1例 臨床外科. 2018.05; 79 (5): 138-144.

  84. Norimichi Chiyonobu, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Kaoru Mogushi, Michiko Itoh, Keiichi Akahoshi, Satoshi Matsumura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shigeki Arii, Takayoshi Suganami, Shoji Yamaoka, Yoshihiro Ogawa, Minoru Tanabe, Shinji Tanaka. Fatty acid binding protein 4 (FABP4) overexpression in intratumoral hepatic stellate cells within hepatocellular carcinoma with metabolic risk factors The American Journal of Pathology. 2018.05; 188 (5):

  85. Chiyonobu Norimichi, Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Mogushi Kaoru, Itoh Michiko, Akahoshi Keiichi, Matsumura Satoshi, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Arii Shigeki, Suganami Takayoshi, Yamaoka Shoji, Ogawa Yoshihiro, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. Fatty Acid Binding Protein 4 (FABP4) Overexpression in Intratumoral Hepatic Stellate Cells within Hepatocellular Carcinoma with Metabolic Risk Factors AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY. 2018.05; 188 (5): 1213-1224. ( PubMed, DOI )

  86. Kawai-Kitahata F., Asahina Y., Kakinuma S., Murakawa M., Nitta S., Nagata H., Kaneko S., Inoue E., Miyoshi M., Tsunoda T., Sato A., Nakagawa M., Itsui Y., Azuma S., Tanaka S., Tanabe M., Maekawa S., Enomoto N., Watanabe M.. Difference of gene mutational profile among viral- and non-viral HCC with or without prior HBV infection: Results of comprehensive deep sequencing analyses of cancer genes and HBV/AAV integration JOURNAL OF HEPATOLOGY. 2018.04; 68 S667.

  87. Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Mogushi Kaoru, Ishigami-Yuasa Mari, Kagechika Hiroyuki, Nagasaki Hiromi, Fukamachi Hiroshi, Yuasa Yasuhito, Tanaka Shinji. Identification of selective inhibitors for diffuse-type gastric cancer cells by screening of annotated compounds in preclinical models BRITISH JOURNAL OF CANCER. 2018.04; 118 (7): 972-984. ( PubMed, DOI )

  88. Yuki Mizuno,Atsushi Kudo,Takumi Akashi,Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa,Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Ukihide Tateishi, Minoru Tanabe. Sunitinib shrinks NET-G3 pancreatic neuroendocrine neoplasms Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2018.03; 144 1155-1163.

  89. Tanaka Shinji. HCCと膵癌に対するオーダーメイド医療(Precision medicine for HCC and pancreatic cancer) 日本消化器病学会雑誌. 2018.03; 115 (臨増総会): A200. ( 医中誌 )

  90. Tanaka Shinji. ゲノム規模解析およびゲノム編集技術の時代に外科腫瘍学に基づいた精密医療(Precision medicine based on surgical oncology in the era of genome-scale analysis and genome editing technology) Annals of Gastroenterological Surgery. 2018.03; 2 (2): 106-115. ( 医中誌 )

  91. Yoshiya Ishikawa, Daisuke Ban, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Splenic artery as a simple landmark indicating difficulty during laparoscopic distal pancreatectomy Asian Journal of Endscopic Surgery. 2018.02; 1-7.

  92. Mizuno Y, Shimada S, Akiyama Y, Watanabe S, Aida T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Kudo A, Arii S, Yamaoka S, Tanabe M, Tanaka S.. DEPDC5 deficiency contributes to resistance to leucine starvation via p62 accumulation in hepatocellular carcinoma. Sci Rep. . 2018.01; 8 (1):

  93. Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Tanaka Shinji. Acquired resistance with epigenetic alterations under long-term anti-angiogenic therapy for hepatocellular carcinoma CANCER SCIENCE. 2018.01; 109 60.

  94. Mizuno Yuki, Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Watanabe Shuichi, Aida Tomomi, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Arii Shigeki, Yamaoka Shoji, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. DEPDC5 deficiency contributes to resistance to leucine starvation via p62 accumulation in hepatocellular carcinoma SCIENTIFIC REPORTS. 2018.01; 8 (1): 106. ( PubMed, DOI )

  95. Fukamachi Hiroshi, Nishikawaji Taketo, Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Yuasa Yasuhito, Tuchiya Kiichiro, Tanaka Shinji. Identification of signal transduction pathway in PDX-derived diffuse-type gastric tumor-initiating cells CANCER SCIENCE. 2018.01; 109 880.

  96. Akiyama Yoshimitsu, Nishikawaji Taketo, Shimada Shu, Yuasa Yasuhito, Tanaka Shinji. Molecular mechanisms of SETDB2 histone methyltransferase overexpression in gastric cancer CANCER SCIENCE. 2018.01; 109 913.

  97. Oba Atsushi, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Kirimura Susumu, Ito Hiromitsu, Matsumura Satoshi, Mitsunori Yusuke, Aihara Arihiro, Ochiai Takanori, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Correlation Between the Acquisition of Resistance to Gemcitabine Therapy and the Expression of HuR in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma: A Case Report INTERNATIONAL SURGERY. 2018; 103 (1-2): 116-120. ( DOI )

  98. Oba A, Kudo A, Kishino M , Akashi T, Katsuta E, Akahoshi E, Iwao Y, Ono H, Mitsunori Y, Ban D , Tanaka S, Eishi Y, Tateishi U, Tanabe M. A simple morphological classification to estimate the malignant potential of pancreatic neuroendocrine tumors. Journal of Gastroenterology. 2017.10; 52 (10): 1140-1146. ( PubMed, DOI )

  99. Ishikawa Y, Ban D, Matsumura S, Mitsunori Y, Ochiai T, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Surgical pitfalls of jejunal vein anatomy in pancreaticoduodenectomy. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2017.07; 4 (7): 394-400. ( DOI )

  100. Ueda H, Ban D, Akahoshi K, Mitsunori Y, Matsumura S, Ochiai T, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Refractory long-term cholangitis after pancreaticoduodenectomy: a retrospective study. World Journal of Surgery. 2017.07; 41 (7): 1882-1889. ( DOI )

  101. Ohata Y, Shimada S, Akiyama Y, Mogushi K, Ito H, Matsumura S, Aihara A, Mitsunori Y, Ban D, Ochiai T, Kudo A, Tanabe M, Tanaka S . Acquired resistance with epigenetic alterations under long-term anti-angiogenic therapy for hepatocellular carcinoma. Molecular Cancer Therapeutics. 2017.06; 16 (6): 1155-1165. ( DOI )

  102. Ohata Yoshiteru, Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Mogushi Kaoru, Nakao Keisuke, Matsumura Satoshi, Aihara Arihiro, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Ochiai Takanori, Kudo Atsushi, Arii Shigeki, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. Acquired Resistance with Epigenetic Alterations Under Long-Term Antiangiogenic Therapy for Hepatocellular Carcinoma MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS. 2017.06; 16 (6): 1155-1165. ( PubMed, DOI )

  103. Oba A, Shimada S, Akiyama Y, Nishikawaji T, Mogushi K, Ito H, Matsumura S, Aihara A, Mitsunori Y, Ban D, Ochiai T, Kudo A, Asahara H, Kaida A, Miura M, Tanabe M, Tanaka S . ARID2 modulates DNA damage response in human hepatocellular carcinoma cells. Journal of Hepatology. 2017.05; 66 (5): 942-951. ( DOI )

  104. Akahoshi K, Ochiai T, Takaoka A, Kitamura T, Ban D, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Emergency Cholecystectomy for Patients on Antiplatelet Therapy. Am Surg. 2017.05; 83 (5): 486-490. ( PubMed )

  105. Ban Daisuke, Asano Daisuke, Akahoshi Keiichi, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Borderline resectable膵癌に対するCT画像の特徴に応じた至適管理(The optimal management depending on the features of CT imaging of borderline resectable pancreatic cancer) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2017.05; 24 (Suppl.1): A165. ( 医中誌 )

  106. Akahoshi Keiichi, Ochiai Takanori, Takaoka Ayumi, Kitamura Takuya, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Emergency Cholecystectomy for Patients on Antiplatelet Therapy AMERICAN SURGEON. 2017.05; 83 (5): 486-490.

  107. Chiyonobu Norimichi, Ono Hiroaki, Iwao Yasuhito, Matsumura Satoshi, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Ochiai Takanori, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. IPMNの術前画像検査において造影される結節の臨床的意義(Clinical significance of enhancing nodules in preoperative imaging studies of IPMN) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2017.05; 24 (Suppl.1): A369. ( 医中誌 )

  108. Ono Hiroaki, Akahoshi Keiichi, Iwao Yasuhito, Matsumura Satoshi, Mitsunori Yuusuke, Ban Daisuke, Ochiai Takanori, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. IPMNに対する手術後におけるリンパ節転移の臨床評価(Clinical evaluation of lymph node metastasis after surgery of IPMN) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2017.05; 24 (Suppl.1): A115. ( 医中誌 )

  109. Kawai-Kitahata F., Asahina Y., Kakinuma S., Murakawa M., Nitta S., Nagata H., Kaneko S., Otani S., Asano Y., Inoue E., Miyoshi M., Tsunoda T., Sato A., Nakagawa M., Itsui Y., Azuma S., Tanaka S., Tanabe M., Maekawa S., Enomoto N., Watanabe M.. Genetic differences in hepatocellular carcinoma among chronic persistent hepatitis B virus infection with or without viral suppression and prior hepatitis B virus infection JOURNAL OF HEPATOLOGY. 2017; 66 (1): S227.

  110. Furuyama T, Kudo A, Matsumura S, Mitsunori Y, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Tanaka S, Tanabe M. Preoperative direct bilirubin to prothrombin time ratio index to prevent liver failure after minor hepatectomy J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2016.12; 23 (12): 763-770. ( DOI )

  111. Munakata K, Uemura M, Tanaka S, Kawai K, Kitahara T, Miyo M, Kano Y, Nishikawa S, Fukusumi T, Takahashi Y, Hata T, Nishimura J, Takemasa I, Mizushima T, Ikenaga M, Kato T, Murata K, Carethers JM, Yamamoto H, Doki Y, Mori M. Cancer stem-like properties in colorectal cancer cells with low proteasome activity Clinical Cancer Research. 2016.11; 22 (21): 5277-5286.

  112. Watanabe Y, Honda S, Konishi A, Satoko Arakawa S, Murohashi M, Yamaguchi H, Torii S, Tanabe M, Tanaka S, Warabi E, Shimizu S. Autophagy controls centrosome number by degrading Cep63. Nature Communications. 2016.11; 21 (7): 13508. ( DOI )

  113. Nishikawaji T, Akiyama Y, Shimada S, Kojima K, Kawano T, Eishi Y, Yuasa Y, Tanaka S. Overexpression of histone methyltransferase SETDB2 acts an oncogene in gastric cancer Oncotarget. 2016.10; 7 (41): 67251-67265. ( DOI )

  114. Akahoshi K, Tanaka S, Mogushi K, Shimada S, Matsumura S, Akiyama Y, Aihara A, Mitsunori Y, Ban D, Ochiai T, Kudo A, Arii S, Tanabe M.. Expression of connective tissue growth factor in the livers of non-viral hepatocellular carcinoma patients with metabolic risk factors. J Gastroenterol. . 2016.09; 51 (9): 910-922.

  115. Akahoshi K, Tanaka S, Mogushi K, Shimada S, Matsumura S, Akiyama Y, Aihara A, Mitsunori Y, Ban D, Ochiai T, Kudo A, Arii S, Tanabe M. Expression of connective tissue growth factor in the livers of non-viral hepatocellular carcinoma patients with metabolic risk factors Journal of Gastroenterology. 2016.09; 51 (9): 910-922. ( DOI )

  116. Oba A, Ban D, Kirimura S, Akahoshi K, Mitsunori Y, Matsumura S, Ochiai T, Kudo A, Tanaka S, Minoru T.. Clinical application of the biomarkers for the selection of adjuvant chemotherapy in pancreatic ductal adenocarcinoma. J Hepatobiliary Pancreat Sci. . 2016.08; 23 (8): 480-488.

  117. Tanaka S. Cancer stem cells as therapeutic targets Human Stem Cell Toxicity (ed. Sherley JL). 2016.08; 280-294. ( DOI )

  118. Oba A, Ban D, Kirimura S, Akahoshi K, Mitsunori Y, Matsumura S, Ochiai T, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. . Clinical application of the biomarkers for the selection of adjuvant chemotherapy in pancreatic ductal adenocarcinoma. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2016.08; 23 (8): 480-488. ( DOI )

  119. Eriko Katsuta, Atsushi Kudo, Takumi Akashi, Yusuke Mitsunori, Satoshi Matsumura, Arihiro Aihara, Daisuke Ban, Takanori Ochiai, Shinji Tanaka, Yoshinobu Eishi, Minoru Tanabe. Macroscopic morphology for estimation of malignant potential in pancreatic neuroendocrine neoplasm J Cancer Res Clin Oncol . 2016.06; 142 1299-1306.

  120. Katsuta E, Kudo A, Akashi T, Mitsunori Y, Matsumura S, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Tanaka S, Eishi Y, Tanabe M. Macroscopic morphology for estimation of malignant potential in pancreatic neuroendocrine neoplasm Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2016.06; 142 (6): 1299-1309. ( DOI )

  121. Furuyama T, Tanaka S, Shimada S, Akiyama Y, Matsumura S, Mitsunori Y, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Kudo A, Fukamachi H, Arii S, Kawaguchi Y, Tanabe M. Proteasome activity is required for the initiation of precancerous pancreatic lesions Scientific Reports. 2016.05; 6 27044. ( DOI )

  122. 4) Kawai-Kitahata F, Asahina Y, Tanaka S, Kakinuma S, Murakawa M, Sayuri Nitta S, Watanabe T, Otani S, Taniguchi M, Goto F, Nagata H, Kaneko S, Tasaka-Fujita M, Nishimura-Sakurai Y, Azuma S, Itsui Y, Nakagawa M, Tanabe M, Takano S, Fukasawa M, Sakamoto M, Maekawa S, Enomoto N, Watanabe M. Comprehensive analyses of mutations and hepatitis B virus integration in hepatocellular carcinoma with clinicopathological features. Journal of Gastroenterology. 2016.05; 51 (5): 473-486. ( DOI )

  123. Yamada N, Yasui K, Dohi O, Gen Y, Tomie A, Kitaichi T, Iwai N, Mitsuyoshi H, Sumida Y, Moriguchi M, Yamaguchi K, Nishikawa T, Umemura A, Naito Y, Tanaka S, Arii S, Itoh Y. Genome-wide DNA methylation analysis in hepatocellular carcinoma Oncology Reports. 2016.04; 35 (4): 2228-2236. ( DOI )

  124. Tanaka S.. Molecular pathogenesis and targeted therapy of pancreatic cancer. Annals of Surgical Oncology. 2016.02; Suppl (2): 197-205.

  125. 4) Katsuta E, Tanaka S, Mogushi K, Shimada S, Akiyama Y, Aihara A, Matsumura S, Mitsunori Y, Ban D, Ochiai T, Kudo A, Fukamachi H, Tanaka H, Nakayama K, Arii S, Tanabe M . CD73 as a therapeutic target for pancreatic neuroendocrine tumor stem cells International Journal of Oncology. 2016.02; 48 (2): 657-669.

  126. Katsuta E, Tanaka S, Mogushi K, Shimada S, Akiyama Y, Aihara A, Matsumura S, Mitsunori Y, Ban D, Ochiai T, Kudo A, Fukamachi H, Tanaka H, Nakayama K, Arii S, Tanabe M.. CD73 as a therapeutic target for pancreatic neuroendocrine tumor stem cells. Int J Oncol. . 2016.02; 48 (2): 657-669.

  127. Nakao K, Tanaka S, Miura T, Sato K, Matsumura S, Aihara A, Mitsunori Y, Ban D, Ochiai T, Kudo A, Arii S, Tanabe M. A novel Aurora/VEGFR dual kinase inhibitor as treatment for hepatocellular carcinoma Cancer Science. 2015; 106 (8): 1016-1022.

  128. Ban D, Kudo A, Irie T, Ochiai T, Aihara A, Matusmura S, Tanaka S, Tanabe M. Advances in reduced port laparoscopic liver resection Asian Journal of Endoscopic Surgery. 2015; 8 (1): 11-15.

  129. Tanaka S. Cancer stem cells as therapeutic targets of hepato-biliary-pancreatic cancers Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2015; 22 (7): 531-537.

  130. Watanabe Y, Yamamoto H, Oikawa R, Toyota M, Yamamoto M, Kokudo N, Tanaka S, Arii S, Yotsuyanagi H, Koike K, Itoh F. DNA methylation at hepatitis B viral integrants is associated with methylation at flanking human genomic sequences Genome Research. 2015; 25 (3): 328-337.

  131. Yasui K, Konishi C, Gen Y, Endo M, Dohi O, Tomie A, Kitaichi T, Yamada N, Iwai N, Nishikawa T, Yamaguchi K, Moriguchi M, Sumida Y, Mitsuyoshi H, Tanaka S, Arii S, Itoh Y. EVI1, a target gene for amplification at 3q26, antagonizes TGF-beta-mediated growth inhibition in hepatocellular carcinoma Cancer Science. 2015; 106 (7): 929-937.

  132. Ban D, Kudo A, Ito H, Mitsunori Y, Matsumura S, Aihara A, Ochiai T, Tanaka S, Tanabe M, Itano O, Kaneko H, Wakabayashi G. The difficulty of laparoscopic liver resection Updates in Surgery. 2015; 67 (2): 123-128.

  133. Okajima C, Arii S, Tanaka S, Matsumura S, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanabe M. Prognostic role of Child-Pugh score 5 and 6 in hepatocellular carcinoma patients who underwent curative hepatic resection American Journal of Surgery. 2015; 209 (1): 199-205.

  134. Sakamoto A, Akiyama Y, Shimada S, Zhu WG, Yuasa Y, Tanaka S. DNA methylation in the exon 1 region and complex regulation of Twist1 expression in gastric cancer PLoS ONE. 2015; 10 (12): e0145630.

  135. Miura T, Ban D, Tanaka S, Mogushi K, Kudo A, Matsumura S, Mitsunori Y, Ochiai T, Tanaka H, Tanabe M. Distinct clinicopathological phenotype of hepatocellular carcinoma with EOB-MRI hyperintensity: association with gene expression signature American Journal of Surgery. 2015; 210 (3): 561-569.

  136. Matsunaga H, Tanaka S, Aihara A, Ogawa K, Matsumura S, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Arii S, Tanabe M. A novel therapeutic combination targeting sequentially Aurora B and Bcl-xL in hepatocellular carcinoma Annals of Surgical Oncology. 2015; 22 (9): 3079-3086.

  137. Kudo A, Matusmura S, Ban D, Irie T, Ochiai T, Tanaka S, Arii S, Tanabe M.. Does the preoperative alpha-fetoprotein predict the recurrence and mortality after hepatectomy for hepatocellular carcinoma without macrovascular invasion in patients with normal liver function? Hepatol. Res.. 2014.12; 44 (14): E437-E446. ( PubMed, DOI )

  138. Matsunaga H, Tanaka S, Aihara A, Ogawa K, Matsumura S, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Arii S, Tanabe M.. A Novel Therapeutic Combination Sequentially Targeting Aurora B and Bcl-xL in Hepatocellular Carcinoma. Ann. Surg. Oncol.. 2014.12; ( PubMed, DOI )

  139. Kudo A, Tanaka S, Ban D, Matsumura S, Irie T, Ochiai T, Nakamura N, Arii S, Tanabe M.. Alcohol consumption and recurrence of non-B or non-C hepatocellular carcinoma after hepatectomy: a propensity score analysis. J. Gastroenterol.. 2014.09; 49 (9): 1352-1361. ( PubMed, DOI )

  140. Kudo A, Tanaka S, Matsumura S, Ban D, Irie T, Ochiai T, Nakamura N, Arii S.. Anatomic resection reduces the recurrence of solitary hepatocellular carcinoma ≤5 cm without macrovascular invasion. Am. J. Surg.. 2014.06; 207 (6): 863-869. ( PubMed, DOI )

  141. Miura T, Ban D, Koyama T, Kudo A, Ochiai T, Irie T, Nakamura N, Tanaka S, Arii S.. Severe postoperative hemorrhage caused by antibody-mediated coagulation factor deficiencies: report of two cases. Surg. Today. 2014.05; 44 (5): 976-981. ( PubMed, DOI )

  142. Katsuta E, Tanaka S, Mogushi K, Matsumura S, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Tanabe M, Arii S.. Age-related clinicopathologic and molecular features of patients receiving curative hepatectomy for hepatocellular carcinoma. Am. J. Surg.. 2014.05; ( PubMed, DOI )

  143. Kudo A, Igari T, Kumagai J, Tanaka S, Ban D, Noguchi N, Irie T, Nakamura N, Arii S.. A simple index to predict liver functional reserve after hepatectomy. Hepatogastroenterology. 2014.04; 61 712-716.

  144. Ogawa K, Tanaka S, Matsumura S, Murakata A, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanabe M, Arii S.. EpCAM-targeted therapy for human hepatocellular carcinoma. Ann. Surg. Oncol.. 2014.04; 21 (4): 1314-1322. ( PubMed, DOI )

  145. Kudo A, Mogushi K, Takayama T, Matsumura S, Ban D, Irie T, Ochiai T, Nakamura N, Tanaka H, Anzai N, Sakamoto M, Tanaka S, Arii S.. Mitochondrial metabolism in the noncancerous liver determine the occurrence of hepatocellular carcinoma: a prospective study. J. Gastroenterol.. 2014.03; 49 (3): 502-510. ( PubMed, DOI )

  146. Yasui Y, Kudo A, Kurosaki M, Matsuda S, Muraoka M, Tamaki N, Suzuki S, Hosokawa T, Ueda K, Matsunaga K, Nakanishi H, Tsuchiya K, Itakura J, Takahashi Y, Tanaka S, Asahina Y, Enomoto N, Arii S, Izumi N.. Reduced organic anion transporter expression is a risk factor for hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis C patients: a propensity score matching study. Oncology. 2014.01; 86 (1): 53-62. ( PubMed, DOI )

  147. Kano Y, Konno M, Kawamoto K, Tamari K, Hayashi K, Fukusumi T, Satoh T, Tanaka S, Ogawa K, Mori M, Doki Y, Ishii H. Novel drug discovery system for cancer stem cells in human squamous cell carcinoma of the esophagus. Oncology Reports. 2014; 86 (1): 53-62.

  148. Sato K, Tanaka S, Mitsunori Y, Mogushi K, Yasen M, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Arii S.. Sato K, Tanaka S, Mitsunori Y, Mogushi K, Yasen M, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Arii S. Contrast-enhanced intraoperative ultrasonography for vascular imaging of hepatocellular carcinoma; clinical and biological significance. Hepatology, 57:1436-1447, 2013 Hepatology, 57:1436-1447, 2013. 2013;

  149. Muramatsu S, Tanaka S, Mogushi K, Adikrisna R, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Nakayama K, Tanaka H, Yamaoka S, Arii S. . Muramatsu S, Tanaka S, Mogushi K, Adikrisna R, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Nakayama K, Tanaka H, Yamaoka S, Arii S. Visualization of stem cell features in human hepatocellular carcinoma enlightened in vivo significance of tumor-host interaction and clinical implication. Hepatology, 58:218-228, 2013 Hepatology. 2013; 58 218 -228.

  150. Adikrisna R, Tanaka S, Muramatsu S, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Yamaoka S, Arii S. Adikrisna R, Tanaka S, Muramatsu S, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Yamaoka S, Arii S. Identification of pancreatic cancer stem cells and selective toxicity of chemotherapeutic agents. Gastroenterology, 143:234-245, 2012 Gastroenterology, 143:234-245, 2012 . 2012;

  151. Matsumura S, Imoto I, Kozaki K, Matsui T, Muramatsu T, Furuta M, Tanaka S, Sakamoto M, Arii S, Inazawa J. . Matsumura S, Imoto I, Kozaki K, Matsui T, Muramatsu T, Furuta M, Tanaka S, Sakamoto M, Arii S, Inazawa J. Integrative array-based approach identifies MZB1 as a frequently methylated putative tumor-suppressor in hepatocellular carcinoma. Clinical Cancer Research, 18:3541-3551, 2012 Clinical Cancer Research, 18:3541-3551, 2012. 2012;

  152. Tanaka S, Arii S.. Tanaka S, Arii S. Molecular targeted therapy in hepatocellular carcinoma. Seminars in Oncology, 39:486-92, 2012 Seminars in Oncology, 39:486-92, 2012. 2012;

  153. Tanaka S, Mogushi K, Yasen M, Ban D, Noguchi N, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Yamamoto M, Kokudo N, Takayama T, Kawasaki S, Sakamoto M, Arii S. . Tanaka S, Mogushi K, Yasen M, Ban D, Noguchi N, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Yamamoto M, Kokudo N, Takayama T, Kawasaki S, Sakamoto M, Arii S. Oxidative stress pathways in non-cancerous human liver tissue to predict hepatocellular carcinoma recurrence; a prospective multi-center study. Hepatology, 54:1273-1281, 2011 Hepatology, 54:1273-1281, 2011. 2011;

  154. Murakata A, Tanaka S, Mogushi K, Yasen M, Noguchi N, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Arii S. Murakata A, Tanaka S, Mogushi K, Yasen M, Noguchi N, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Arii S. Gene expression signature of the gross morphology in hepatocellular carcinoma. Annals of Surgery, 253:94-100, 2011 Annals of Surgery, 253:94-100, 2011. 2011;

  155. Aihara A, Tanaka S, Yasen M, Matsumura S, Mitsunori Y, Murakata A, Noguchi N, Kudo A, Nakamura N, Ito K, Arii S. Aihara A, Tanaka S, Yasen M, Matsumura S, Mitsunori Y, Murakata A, Noguchi N, Kudo A, Nakamura N, Ito K, Arii S. The selective Aurora B kinase inhibitor AZD1152 as a novel treatment for hepatocellular carcinoma. Journal of Hepatology, 52:63-71, 2010 Journal of Hepatology, 52:63-71, 2010. 2010;

  156. Tanaka S, Arii S.. Tanaka S, Arii S. Molecularly targeted therapy for hepatocellular carcinoma. Cancer Science, 100:1-8, 2009 Cancer Science, 100:1-8, 2009. 2009;

  157. Tanaka S, Arii S, Yasen M, Mogusi K, Su N-T, Zhao C, Imoto I, Eishi Y, Inazawa J, Miki Y, Tanaka H.. Tanaka S, Arii S, Yasen M, Mogusi K, Su N-T, Zhao C, Imoto I, Eishi Y, Inazawa J, Miki Y, Tanaka H. Aurora kinase B is a predictive factor for aggressive recurrence of hepatocellular carcinoma after curative hepatectomy. British Journal of Surgery, 95:611-619, 2008 British Journal of Surgery, 95:611-619, 2008. 2008;

  158. Tanaka S, Noguchi N, Ochiai T, Kudo A, Nakamura N, Ito K, Kawamura T, Teramoto K, Arii S. . Tanaka S, Noguchi N, Ochiai T, Kudo A, Nakamura N, Ito K, Kawamura T, Teramoto K, Arii S. Outcomes and recurrence of initially resection of hepatocellular carcinoma meeting Milan criteria: Rationale for partial hepatectomy as first strategy. Journal of the American College of Surgeons, 204:1-6, 2007 Journal of the American College of Surgeons, 204:1-6, 2007. 2007;

  159. Tanaka S, Pero SC, Taguchi K, Shimada M, Mori M, Krag DN, Arii S. Tanaka S, Pero SC, Taguchi K, Shimada M, Mori M, Krag DN, Arii S. Specific peptide ligand for Grb7 signal transduction protein and pancreatic cancer metastasis. Journal of the National Cancer Institute, 98:491-498, 2006 Journal of the National Cancer Institute, 98:491-498, 2006. 2006;

  160. Harimoto N, Taketomi A, Kitagawa D, Kuroda Y, Itoh S, Gion T, Tanaka S, Shirabe K, Shimada M, Maehara Y. Harimoto N, Taketomi A, Kitagawa D, Kuroda Y, Itoh S, Gion T, Tanaka S, Shirabe K, Shimada M, Maehara Y. The newly established human hepatocyte cell line: application for the bioartificial liver. Journal of Hepatology, 42:557-64, 2005 Journal of Hepatology, 42:557-64, 2005. 2005;

  161. Merle P, Kim M, Herrmann M, Gupte A, Lefrancois L, Califano S, Trepo C, Tanaka S, Vitvitski L, Monte SD, Wands JR. Merle P, Kim M, Herrmann M, Gupte A, Lefrancois L, Califano S, Trepo C, Tanaka S, Vitvitski L, Monte SD, Wands JR. Oncogenic role of the frizzled-7/beta-catenin pathway in hepatocellular carcinoma. Journal of Hepatology, 43:854-62, 2005 Journal of Hepatology, 43:854-62, 2005. 2005;

  162. Osoegawa A, Yoshino I, Tanaka S, Sugio K, Kameyama T, Yamaguchi M, Maehara Y. . Osoegawa A, Yoshino I, Tanaka S, Sugio K, Kameyama T, Yamaguchi M, Maehara Y. Regulation of p27 by S-phase kinase-associated protein 2 is associated with aggressiveness in non-small-cell lung cancer. Journal of Clinical Oncology, 22:4165-73, 2004 Journal of Clinical Oncology, 22:4165-73, 2004. 2004;

  163. Maehara Si, Tanaka S, Saito , Shirabe K, Maehara Y. . Maehara Si, Tanaka S, Saito , Shirabe K, Maehara Y. Selenoprotein P, as a predictor for evaluating gemcitabine resistance in human pancreatic cancer cells. International Journal of Cancer, 112:184-9, 2004 International Journal of Cancer, 112:184-9, 2004. 2004;

  164. Merle P, de la Monte S, Kim M, Herrmann M, Tanaka S, Von Dem Bussche A, Kew MC, Trepo C, Wands JR. . Merle P, de la Monte S, Kim M, Herrmann M, Tanaka S, Von Dem Bussche A, Kew MC, Trepo C, Wands JR. Functional consequences of frizzled-7 receptor overexpression in human hepatocellular carcinoma. Gastroenterology, 127(4):1110-22, 2004 Gastroenterology, 127(4):1110-22, 2004. 2004;

  165. Tanaka S, Sugimachi K, Kameyama T, Maehara Si, Shirabe K, Shimada M, Wands JR, Maehara Y. . Tanaka S, Sugimachi K, Kameyama T, Maehara Si, Shirabe K, Shimada M, Wands JR, Maehara Y. Human WISP1v, a member of CCN family, is associated with invasive cholangiocarcinoma. Hepatology, 37:1122-9, 2003 Hepatology, 37:1122-9, 2003. 2003;

  166. Tanaka S, Sugimachi K, Maehara Si, Shimada M, Maehara Y. . Tanaka S, Sugimachi K, Maehara Si, Shimada M, Maehara Y. A loss of function mutation in WISP3 derived from microsatellite unstable gastric carcinoma. Gastroenterology, 125:1563-4, 2003 Gastroenterology, 125:1563-4, 2003. 2003;

  167. Tanaka S, Sugimachi K, Yamashita Yi, Ohga T, Shirabe K, Shimada M, Wands JR, Sugimachi K. . Tanaka S, Sugimachi K, Yamashita Yi, Ohga T, Shirabe K, Shimada M, Wands JR, Sugimachi K. Tie2 vascular endothelial receptor expression and function in hepatocellular carcinoma. Hepatology, 35:861-7, 2002 Hepatology, 35:861-7, 2002. 2002;

  168. Tanaka S, Sugimachi K, Shimada M, Maehara Y, Sugimachi K. . Tanaka S, Sugimachi K, Shimada M, Maehara Y, Sugimachi K. Variant WISPs as targets for gastrointestinal carcinomas. Gastroenterology, 123:392-3, 2002 Gastroenterology, 123:392-3, 2002. 2002;

  169. Tanaka S, Sugimachi K, Saeki H, Kinoshita J, Ohga T, Shimada M, Maehara Y, Sugimachi K. . Tanaka S, Sugimachi K, Saeki H, Kinoshita J, Ohga T, Shimada M, Maehara Y, Sugimachi K. A novel variant of WISP1 lacking a Von Willebrand type C module overexpressed in scirrhous gastric carcinoma. Oncogene, 20:5525-32, 2001 Oncogene, 20:5525-32, 2001. 2001;

  170. Sugimachi K, Aishima S, Taguchi K, Tanaka S, Shimada M, Kajiyama K, Sugimachi K, Tsuneyoshi M. . Sugimachi K, Aishima S, Taguchi K, Tanaka S, Shimada M, Kajiyama K, Sugimachi K, Tsuneyoshi M. The role of overexpression and gene amplification of cyclin D1 in intrahepatic cholangiocarcinoma. Journal of Hepatology, 35:74-79, 2001 Journal of Hepatology, 35:74-79, 2001. 2001;

  171. Etoh T, Inoue H, Tanaka S, Bernard GF, Kitano S, Mori M. . Etoh T, Inoue H, Tanaka S, Bernard GF, Kitano S, Mori M. Angiopoietin-2 is related to tumor angiogenesis in gastric carcinoma: Possible in vivo regulation via induction of proteases. Cancer Research, 61:2145-2153, 2001 Cancer Research, 61:2145-2153, 2001. 2001;

  172. Yamashita Yi, Shimada M, Hamatsu T, Rikimaru T, Tanaka S, Shirabe K, Sugimachi K. . Yamashita Yi, Shimada M, Hamatsu T, Rikimaru T, Tanaka S, Shirabe K, Sugimachi K. Electroporation-mediated interleukin-12 gene therapy for hepatocellular carcinoma in the mice model. Cancer Research, 61:1005–1012, 2001 Cancer Research, 61:1005–1012, 2001. 2001;

  173. Tanaka S, Sugimachi K, Shirabe K, Shimada M, Wands JR, Sugimachi K. . Tanaka S, Sugimachi K, Shirabe K, Shimada M, Wands JR, Sugimachi K. Expression and anti-tumor effects of TRAIL in human cholangiocarcinoma. Hepatology, 32:523-527, 2000 Hepatology, 32:523-527, 2000. 2000;

  174. Tanaka S, Mori M, Sakamoto Y, Makuuchi M, Sugimachi K, Wands JR. Biologic significance of angiopoietin-2 expression in human hepatocellular carcinoma. Journal of Clinical Investigation, 103(3): 341-5, 1999 1999;

  175. de la Monte SM, Ganju N, Tanaka S, Banerjee K, Karl PJ, Brown NV, Wands JR. Differential effects of ethanol on insulin-signaling through the insulin receptor substrate-1. Alcoholism, Clinical and Experimental Research, 23(5): 770-7, 1999 1999;

  176. Fujie T, Tanaka F, Tahara K, Li J, Tanaka S, Mori M, Ueo H, Takesako K, Akiyoshi T. Generation of specific antitumor reactivity by the stimulation of spleen cells from gastric cancer patients with MAGE-3 synthetic peptide. Cancer Immunology and Immunotherapy, 48(4): 189-94, 1999 1999;

  177. Tokumitsu Y, Mori M, Tanaka S, Akazawa K, Nakano S, Niho Y. Prognostic significance of polo-like kinase expression in esophageal carcinoma. International Journal of Oncology, 15(4): 687-92, 1999 1999;

  178. Shibata K, Tanaka S, Shiraishi T, Kitano S, Mori M. G-protein gamma 7 is down-regulated in cancers and associated with p 27kip1-induced growth arrest. Cancer Research, 59(5): 1096-101, 1999 Cancer Research, 59(5): 1096-101, 1999. 1999;

  179. Watanabe M, Kuwano H, Tanaka S, Toh Y, Sadanaga N, Sugimachi K. Flow cytometric DNA analysis is useful in detecting multiple genetic alterations in squamous cell carcinoma of the esophagus. Cancer, 85(11): 2322-8, 1999 1999;

  180. Shimada M, Hasegawa H, Gion T, Shirabe K, Taguchi K, Takenaka K, Tanaka S, Sugimachi K. Risk factors of the recurrence of hepatocellular carcinoma originating from residual cancer cells after hepatectomy. Hepatogastroenterology, 46(28): 2469-75, 1999 1999;

  181. Watanabe M, Kuwano H, Tanaka S, Toh Y, Masuda H, Sugimachi K. A significant morphological transformation is recognized in human esophageal cancer cells with an amplification/overexpression of the Cyclin D1 gene. International Journal of Oncology, 15(6): 1103-1108, 1999 1999;

  182. Mori M, Shiraishi T, Tanaka S, Yamagata M, Mafune K, Tanaka Y, Ueo H, Barnard GF, Sugimachi K. Lack of DMBT1 expression in oesophageal, gatric and colon cancer. British Journal of Cancer, 79(2): 211-213, 1999 1999;

  183. Tanaka S, Komori K, Sugimachi K. Cytomegalovirus infection in aortic aneurysms. Journal of Vascular Surgery, 27(3): 587-588, 1998 1998;

  184. Mohr L, Tanaka S, Wands JR. Ethanol inhibits hepatocytes proliferation through the IRS-1 signal transduciton pathway in transgene mice. Gastroenterology, 115(6): 1558-65, 1998 1998;

  185. Shiraishi T, Mori M, Tanaka S, Sugimachi K, Akiyoshi T. Identification of cystatin B in human esophageal carcinoma using differential displays in which the gene expression is related to lymph node metastasis. International Journal of Cancer, 79(2): 175-178, 1998 1998;

  186. Mimori K, Mori M, Shiraishi T, Tanaka S, Haraguchi M, Ueo H, Shirasaka C, Akiyoshi. Expression of ornithine decarboxylase mRNA and c-myc mRNA in breast tumours. International Journal of Oncology, 12(3):597-601, 1998 1998;

  187. Yonemitsu Y, Kaneda Y, Tanaka S, Nakashima Y, Komori K, Sugimachi K, Sueishi K. Transfer of wild-type p53 gene effectively inhibits vascular smooth muscle cell proliferation in vitro and in vivo. Circulation Research, 82(2): 147-156, 1998 1998;

  188. Shibata K, Mori M, Tanaka S, Kitano S, Akiyoshi T. Identification and cloning of human G-protein gamma 7, down-regulated in pancreatic cancer. Biochemical and Biophysical Research Communications, 246(1): 205-209, 1998 1998;

  189. Tanaka S, Mori M, Akiyoshi T, Tanaka Y, Mafune K, Wands JR, Sugimachi K.. Tanaka S, Mori M, Akiyoshi T, Tanaka Y, Mafune K, Wands JR, Sugimachi K. A novel variant of human Grb7 is associated with invasive esophageal carcinoma. Journal of Clinical Investigation, 102(4): 821-827, 1998 Journal of Clinical Investigation, 102(4): 821-827, 1998. 1998;

  190. Tanaka S, Akiyoshi T, Mori M, Wands JR, Sugimachi K. . Tanaka S, Akiyoshi T, Mori M, Wands JR, Sugimachi K. A novel frizzled gene identified in human esophageal carcinoma mediates APC/beta-catenin signals. Proceedings of the National Academy of Sciences, USA, 95(17): 10164-10169, 1998 Proceedings of the National Academy of Sciences, USA, 95(17): 10164-10169, 1998. 1998;

  191. Tanaka S, Mori M, Akiyoshi T, Tanaka Y, Mafune K, Wands JR, Sugimachi K. Co-expression of Grb7 with EGFR or Her2/erbB2 in human advanced esophageal carcinoma. Cancer Research, 57: 28-31, 1997 1997;

  192. Mimori K, Mori M, Begum NA, Tanaka S, Haraguchi M, Ueo H, Karimine N, Akiyoshi T, Barnard GF. Clinical significance of integrin alpha 6 mRNA expression in gastric carcinoma. International Journal of Oncology, 11(5): 959-964, 1997 1997;

  193. Wands JR, Lavaissiere L, Moradopour D, de la Monte S, Mohr L, Nicolau C, Tanaka S. Immunological approach to hepatocellular carcinoma. Journal of Viral Hepatitis, 4(4): 60-74, 1997 1997;

  194. Mori M, Mimori K, Shiraishi T, Tanaka S, Ueo H, Sugimachi K, Akiyoshi T. p27 expression and gastric carcinoma. Nature Medicine, 3(6): 593, 1997 1997;

  195. Tanaka S, Smidt EV, Mohr L, Sugimachi K, Wands JR. Biological effects of human insulin receptor substrate-1 overexpression in hepatocytes. Hepatology, 26: 598-604, 1997 1997;

  196. Tanaka S, Takenaka K, Matsumata T, Mori R, Sugimachi K. Hepatitis C virus replication is associated with expression of transforming growth factor-alpha and insulin-like growth factor-II in cirrhotic livers. Digestive Diseases and Sciences, 41(1): 208-15, 1996 1996;

  197. Yonemitsu Y, Nakagawa K, Tanaka S, Mori R, Sugimachi K, Sueishi K. In situ detection of frequent and active infection of human cytomegalovirus in inflammatory abdominal aortic aneurysms: possible pathogenic role in sustained chronic inflammatory reaction. Laboratory Investigation, 74(4): 723-36, 1996 1996;

  198. Tanaka S, Wands JR. Tanaka S, Wands JR. Insulin receptor substrate-1 overexpression in human hepatocellular carcinoma cells prevents transforming growth factor-beta1 induced apoptosis. Cancer Research, 56: 3391-4, 1996 Cancer Research, 56: 3391-4, 1996. 1996;

  199. Tanaka S, Ito T, Wands JR.. Tanaka S, Ito T, Wands JR. Neoplastic transformation induced by insulin receptor substrate-1 overexpression requires an interaction with Grb2 and Syp signaling molecules. Journal of Biological Chemistry, 271(24): 14610-6, 1996 Journal of Biological Chemistry, 271(24): 14610-6, 1996 . 1996;

  200. Tanaka S, Wands JR. Tanaka S, Wands JR. A carboxy-terminal truncated IRS-1 dominant negative protein reverses the human hepatocellular carcinoma malignant phenotype. Journal of Clinical Investigation, 98(9): 2100-8, 1996 Journal of Clinical Investigation, 98(9): 2100-8, 1996. 1996;

  201. Mimori K, Mori M, Tanaka S, Akiyoshi T, Sugimachi K. The overexpression of elongation factor 1 gamma mRNA in gastric carcinoma. Cancer, 75(6): 1446-9, 1995 1995;

  202. Li YY, Minagawa H, Tanaka S, Mori R. Suppression of infectious virus spread to the liver by foscarnet following lethal infection of acyclovir-resistant herpes simplex virus type 2 in mice. Antiviral Research, 27(1-2): 111-21, 1995 1995;

  203. Minagawa H, Tanaka S, Toh Y, Mori R. Detection of herpes simplex virus type 1-encoded RNA by polymerase chain reaction: different pattern of viral RNA detection in latently infected murine trigeminal ganglia following in vitro or in vivo reactivation. Journal of General Virology, 75(3): 647-50, 1994 1994;

  204. Tanaka S, Komori K, Okadome K, Sugimachi K, Mori R. Detection of active cytomegalovirus infection in inflammatory aortic aneurysms with RNA polymerase chain reaction. Journal of Vascular Surgery, 20(2): 235-43, 1994 1994;

  205. Mori M, Watanabe M, Tanaka S, Mimori K, Kuwano H, Sugimachi K. Epstein-Barr virus-associated carcinomas of the esophagus and stomach. Archives of Pathology & Laboratory Medicine, 118(10): 998-1001, 1994 1994;

  206. Tanaka S, Toh Y, Adachi E, Matsumata T, Mori R, Sugimachi K. Tumor progression in hepatocellular carcinoma may be mediated by p53 mutation. Cancer Research, 53: 2884-7, 1993 1993;

  207. Hayashi H, Sugio K, Matsumata T, Adachi E, Urata K, Tanaka S, Sugimachi K. The mutation of codon 249 in the p53 gene is not specific in Japanese hepatocellular carcinoma. Liver, 13(5): 279-81, 1993 1993;

  208. Toh Y, Liu Y, Tanaka S, Mori R. Nucleotide sequence of the major DNA-binding protein gene of herpes simplex virus type 2 and a comparison with the type 1. Archives of Virology, 129(1-4): 183-96, 1993 1993;

  209. Toh Y, Tanaka S, Liu Y, Hidaka Y, Mori R. Molecular characterization of naturally occurring glycoprotein C-negative herpes simplex virus type 1. Archives of Virology, 129(1-4): 119-30, 1993 1993;

  210. Tanaka S, Toh Y, Mori R. Molecular analysis of a neurovirulent herpes simplex virus type 2 strain with reduced thymidine kinase activity. Archives of Virology, 131: 61-73, 1993 1993;

  211. Tanaka S, Toh Y, Minagawa H, Mori R, Sugimachi K, Minamishima Y. Reactivation of cytomegalovirus in patients with cirrhosis: analysis of 122 cases. Hepatology, 16(6): 1409-14, 1992 1992;

  212. Toh Y, Kuwano H, Tanaka S, Baba K, Matsuda H, Sugimachi K, Mori R. Detection of human papillomavirus DNA in esophageal carcinoma in Japan by polymerase chain reaction. Cancer, 70(9): 2234-8, 1992 1992;

  213. Tanaka S, Toh Y, Mori R, Komori K, Okadome K, Sugimachi K. Possible role of cytomegalovirus in the pathogenesis of inflammatory aortic diseases. Journal of Vascular Surgery, 16(2): 274-9, 1992 1992;

  214. 丹治 芳明,島田 周,田中 真二. 膵がんにおける最新研究と治療法の展望. BIO Clinica. 2023.10; 38 (10): 844-849.

  215. 山下宏成、石川喜也、浅野大輔、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝外側区域切除術:腹腔鏡下手術 臨床外科増刊号. 2023.10; 78 (11): 276-280.

  216. 浅野大輔、吉野 潤、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 総論 市中病院でもできるビデオ撮影と編集のコツ 臨床外科. 2023.10; 78 (10): 1205-1209.

  217. 谷合 智彦, 島田 周, 秋山 好光, 波多野 恵, 田中 真二. 【臨床医に必要な肝癌Basic Oncology】がんゲノム トランスクリプトーム解析に基づく予後不良型肝細胞癌の分子生物学的特徴 肝胆膵. 2023.05; 86 (5): 579-585. ( 医中誌 )

  218. 奈良 篤, 島田 周, 田中 真二. 【臨床医に必要な肝癌Basic Oncology】免疫微小環境 肝癌のゲノム変異と免疫治療抵抗性の獲得メカニズム 肝胆膵. 2023.05; 86 (5): 623-630. ( 医中誌 )

  219. 谷合 智彦, 島田 周, 秋山 好光, 波多野 恵, 田中 真二. MTM/VETCを形成する高悪性度肝細胞癌同種移植モデルの作製とその分子生物学的特徴および癌免疫微小環境の解明. 肝胆膵. 2023.04; 86 (4): 542-543.

  220. 永田 尚義, 寺井 崇二, 田中 真二. 【マイクロバイオームが切り拓く肝胆膵の新未来】マイクロバイオームの最新トピックス 肝胆膵. 2023.03; 86 (3): 413-428. ( 医中誌 )

  221. 梅村 謙太郎, 島田 周, 田中 真二. 【肝胆膵診療のDX(デジタルトランスフォーメーション)新時代】肝胆膵診療のデジタル化の現状 肝癌ゲノム研究におけるデジタル化の現状と展望 肝胆膵. 2023.02; 86 (2): 191-199. ( 医中誌 )

  222. Ishii Takeshi, Akiyama Yoshimitsu, Shimada Shu, Kabashima Ayano, Asano Daisuke, Watanabe Shuichi, Ishikawa Yoshiya, Ueda Hiroki, Akahoshi Keiichi, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Kudo Atsushi, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. Identification of a novel target of SETD1A histone methyltransferase and the clinical significance in pancreatic cancer CANCER SCIENCE. 2022.11; 114 (2): 463-476. ( PubMed, DOI )

  223. 赤星径一、工藤 篤、上田浩樹、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 神経内分泌腫瘍のオミックス解析 消化器内科. 2022.10; 4 (9): 13-17.

  224. 石川 喜也, 浅野 大輔, 渡辺 秀一, 上田 浩樹, 赤星 径一, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【術前画像の読み解きガイド-的確な術式選択と解剖把握のために】肝臓 腹腔鏡下肝左葉切除 解剖把握と術中所見 臨床外科. 2022.10; 77 (11): 217-221. ( 医中誌 )

  225. 赤星 径一, 工藤 篤, 上田 浩樹, 小野 宏晃, 田中 真二, 田邉 稔. 【消化器領域の神経内分泌腫瘍の最新の知見】神経内分泌腫瘍のオミックス解析 消化器内科. 2022.10; 4 (9): 13-17. ( 医中誌 )

  226. 浅野大輔、工藤 篤、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、赤星径一、田中真二、田邉 稔. 神経内分泌腫瘍ーhg-NENsの治療戦略ー 肝胆膵. 2022.06; 84 (6): 839 -844.

  227. 山下宏成、小川康介、木脇祐子、渡邉亮輔、石田啓之、森本紘一朗、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、明石 巧、田邉 稔. 術前に肝粘液嚢胞腺癌を疑うも、術中所見と病理所見にてIPNBの診断に至った1例 Liver Cancer. 2022.06; 27 (47): 19-21.

  228. 工藤 篤, 池田 公史, 田中 真二. 【膵神経内分泌腫瘍-新たなる胎動2022-】膵神経内分泌腫瘍の最新トピックス 肝胆膵. 2022.06; 84 (6): 853-866. ( 医中誌 )

  229. 浅野 大輔, 工藤 篤, 石川 喜也, 渡邊 秀一, 上田 浩樹, 小野 宏晃, 赤星 径一, 田中 真二, 田邉 稔. 【膵神経内分泌腫瘍-新たなる胎動2022-】集学的治療 神経内分泌腫瘍 hg-NENsの治療戦略 肝胆膵. 2022.06; 84 (6): 839-844. ( 医中誌 )

  230. 石川喜也、上田浩樹、浅野大輔、渡邊秀一、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除術 消化器外科. 2022.04; 45 (4): 461-465.

  231. 石川 喜也, 上田 浩樹, 浅野 大輔, 渡邊 秀一, 赤星 径一, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【腹腔鏡下・ロボット支援下手術のリカバリーショット 私ならこうする!】腹腔鏡下膵体尾部切除術 消化器外科. 2022.04; 45 (4): 461-465. ( 医中誌 )

  232. 赤星径一、上田浩樹、小野宏晃、渡邊秀一、石川喜也、浅野大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における多層オミックス解析 胆と膵. 2022.02; 43 (2): 95-98.

  233. Ono Hiroaki, Akahoshi Keiichi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. RRM1 contributes to the malignant transformation by altering extracellular matrix proteins in pancreatic cancer cells CANCER SCIENCE. 2022.02; 113 847.

  234. Tanaka Shinji. Surgical oncology to develop novel targeted and immunotherapies for hepato-biliary-pancreatic cancer CANCER SCIENCE. 2022.02; 113 1255.

  235. 赤星 径一, 上田 浩樹, 小野 宏晃, 渡邊 秀一, 石川 喜也, 浅野 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【膵神経内分泌腫瘍の病態解明と診療戦略】膵神経内分泌腫瘍における多層オミックス解析 胆と膵. 2022.02; 43 (2): 95-98. ( 医中誌 )

  236. 安川紘矢、秋山好光、島田周、田中真二. 胆管癌の分子生物学的サブタイプと治療戦略 消化器・肝臓内科. 2022.01; 11 (1): 33-42.

  237. 田中 真二. 【Modern Surgeon-Scientistによる恒常性維持器官の外科研究】癌幹細胞の解析と新規治療の開発 日本外科学会雑誌. 2022.01; 123 (1): 32-38. ( 医中誌 )

  238. 安川 紘矢, 秋山 好光, 島田 周, 田中 真二. 【胆道疾患研究最前線】胆道癌の分子生物学的サブタイプと治療戦略 消化器・肝臓内科. 2022.01; 11 (1): 33-42. ( 医中誌 )

  239. Taniai Tomohiko, Shirai Yoshihiro, Shimada Yohta, Hamura Ryoga, Yanagaki Mitsuru, Takada Naoki, Horiuchi Takashi, Haruki Koichiro, Furukawa Kenei, Uwagawa Tadashi, Tsuboi Kazuhito, Okamoto Yasuo, Shimada Shu, Tanaka Shinji, Ohashi Toya, Ikegami Toru. Inhibition of acid ceramidase elicits mitochondrial dysfunction and oxidative stress in pancreatic cancer cells CANCER SCIENCE. 2021.11; 112 (11): 4570-4579. ( PubMed, DOI )

  240. 八木 宏平, 島田 周, 下川 雅弘, 谷合 智彦, 赤星 径一, 田邉 稔, 田中 真二. 肝細胞癌治療の新展開 臨床外科. 2021.10; 76 (10): 1292-1300.

  241. 石川喜也、赤星径一、浅野大輔、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤篤、田中真二、田邉稔. 肝左葉および外側区域の腹腔鏡下切除術 臨床外科増刊号 Stepごとに要点解説 標準術式アトラス最新版. 2021.10; 76 (11 増刊): 180-185.

  242. 八木 宏平, 島田 周, 下川 雅弘, 谷合 智彦, 赤星 径一, 田邉 稔, 田中 真二. FOCUS 肝細胞癌治療の新展開 臨床外科. 2021.10; 76 (10): 1292-1300. ( 医中誌 )

  243. 石川 喜也, 赤星 径一, 浅野 大輔, 上田 浩樹, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【Stepごとに要点解説 標準術式アトラス最新版】肝臓 肝左葉および外側区域の腹腔鏡下切除術 臨床外科. 2021.10; 76 (11): 180-185. ( 医中誌 )

  244. 田中 真二, 溝上 雅史, 落谷 孝広. 【肝胆膵疾患におけるバイオマーカーの意義を探る】バイオマーカー研究の最前線と臨床への導出 肝胆膵. 2021.10; 83 (4): 675-685. ( 医中誌 )

  245. 赤星径一、石川喜也、浅野大輔、上田浩紀、小川康介、小野宏晃、工藤篤、田中真二、田邉稔. 右房内腫瘍栓を有する肝細胞癌手術 臨床外科. 2021.09; 76 (9): 1084-1090.

  246. 赤星 径一, 石川 喜也, 浅野 大輔, 上田 浩樹, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【血管外科的手技を要する肝胆膵・移植手術】肝胆膵悪性腫瘍手術 右房内腫瘍栓を有する肝細胞癌手術 臨床外科. 2021.09; 76 (9): 1084-1090. ( 医中誌 )

  247. Murase Yoshiki, Kudo Atsushi, Akahoshi Keiichi, Maekawa Aya, Ishikawa Yoshiya, Ueda Hiroki, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Surgery after sunitinib administration to improve survival of patients with advanced pancreatic neuroendocrine neoplasms ANNALS OF GASTROENTEROLOGICAL SURGERY. 2021.09; 5 (5): 692-700. ( PubMed, DOI )

  248. 田中 真二. 【ここまできた肝細胞癌の薬物療法:2021 update】肝癌分子標的治療のパラドックス 肝胆膵. 2021.08; 83 (2): 159-162. ( 医中誌 )

  249. Akasu Masafumi, Shimada Shu, Kabashima Ayano, Akiyama Yoshimitsu, Shimokawa Masahiro, Akahoshi Keiichi, Kudo Atsushi, Yamaoka Shoji, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. Intrinsic activation of beta-catenin signaling by CRISPR/Cas9-mediated exon skipping contributes to immune evasion in hepatocellular carcinoma SCIENTIFIC REPORTS. 2021.08; 11 (1): 16732. ( PubMed, DOI )

  250. 山下 宏成, 小野 宏晃, 村瀬 芳樹, 石田 啓之, 森本 紘一朗, 八木 宏平, 前川 彩, 石井 武, 菅原 俊喬, 石川 喜也, 上田 浩樹, 小川 康介, 赤星 径一, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 80歳以上の高齢者に対する腹腔鏡下肝切除術の治療成績 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2021.04; 121回 PS-029. ( 医中誌 )

  251. 上田 浩樹, 森本 紘一朗, 山下 宏成, 石田 啓之, 八木 宏平, 前川 彩, 村瀬 芳樹, 石井 武, 菅原 俊喬, 石川 喜也, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 70歳以上の高齢者に対する腹腔鏡下膵体尾部切除術の短期成績 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2021.04; 121回 PS-087. ( 医中誌 )

  252. Sugawara Toshitaka, Ban Daisuke, Nishino Jo, Watanabe Shuichi, Maekawa Aya, Ishikawa Yoshiya, Akahoshi Keiichi, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Prediction of early recurrence of pancreatic ductal adenocarcinoma after resection PLOS ONE. 2021.04; 16 (4): e0249885. ( PubMed, DOI )

  253. 赤星 径一, 石田 啓之, 石川 喜也, 上田 浩樹, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 保険診療上のルールと学会指針 院内手続きを含めて 臨床外科. 2021.03; 76 (3): 278-281.

  254. 赤星 径一, 石田 啓之, 石川 喜也, 上田 浩樹, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【ロボット膵切除の導入ガイド-先行施設にノウハウを学ぶ】保険診療上のルールと学会指針 院内手続きを含めて 臨床外科. 2021.03; 76 (3): 278-281. ( 医中誌 )

  255. 谷合 智彦, 秋山 好光, 島田 周, 田中 真二. 【肝内胆管癌を極める】肝内胆管癌の病理 肝内胆管癌の分子生物学的特徴 肝胆膵. 2021.02; 82 (2): 261-268. ( 医中誌 )

  256. 下川 雅弘, 田中 真二. 【肝・胆道系症候群(第3版)-その他の肝・胆道系疾患を含めて-肝臓編(下)】肝腫瘍 肝間葉性過誤腫 日本臨床. 2021.02; 別冊 (肝・胆道系症候群II): 241-245. ( 医中誌 )

  257. 前川 彩, 渡辺 秀一, 木脇 祐子, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 明石 巧, 田中 真二, 田邉 稔. brivanibの術前治療後に切除した肝細胞癌の1症例 Liver Cancer. 2021.01; 26 21-26. ( 医中誌 )

  258. Amo-Shiinoki Kikuko, Tanabe Katsuya, Hoshii Yoshinobu, Matsui Hiroto, Harano Risa, Fukuda Tatsuya, Takeuchi Takato, Bouchi Ryotaro, Takagi Tokiyo, Hatanaka Masayuki, Takeda Komei, Okuya Shigeru, Nishimura Wataru, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru, Akashi Takumi, Yamada Tetsuya, Ogawa Yoshihiro, Ikeda Eiji, Nagano Hiroaki, Tanizawa Yukio. Islet cell dedifferentiation is a pathologic mechanism of long-standing progression of type 2 diabetes JCI INSIGHT. 2021.01; 6 (1): ( PubMed, DOI )

  259. 田中 真二, 山本 卓, 相田 知海, 大森 司, 福原 崇介. ゲノム編集の潮流と課題 2020年ノーベル化学賞を記念して 肝胆膵. 2021.01; 82 (1): 135-147. ( 医中誌 )

  260. 田中 真二, 吉野 潤, 奥野 圭祐, 赤須 雅文, 金本 栄美, 渡辺 秀一, 伴 大輔, 工藤 篤, 絹笠 祐介, 田邉 稔. [総論]免疫チェックポイントと消化器外科 ゲノム医療・ゲノム編集時代における複合免疫治療の開発と外科臨床研究の重要性 日本消化器外科学会総会. 2020.12; 75回 WS12-9. ( 医中誌 )

  261. 田中 真二, 吉野 潤, 奥野 圭祐, 赤須 雅文, 金本 栄美, 渡辺 秀一, 伴 大輔, 工藤 篤, 絹笠 祐介, 田邉 稔. [総論]免疫チェックポイントと消化器外科 ゲノム医療・ゲノム編集時代における複合免疫治療の開発と外科臨床研究の重要性 日本消化器外科学会総会. 2020.12; 75回 WS12-9. ( 医中誌 )

  262. 田中 真二, 吉野 潤, 奥野 圭祐, 赤須 雅文, 金本 栄美, 渡辺 秀一, 伴 大輔, 工藤 篤, 絹笠 祐介, 田邉 稔. [総論]免疫チェックポイントと消化器外科 ゲノム医療・ゲノム編集時代における複合免疫治療の開発と外科臨床研究の重要性 日本消化器外科学会総会. 2020.12; 75回 WS12-9. ( 医中誌 )

  263. 多田 稔, 中井 陽介, 中村 造, 田中 真二. 【新型コロナウイルス感染症と肝胆膵】新型コロナウイルス時代の肝胆膵診療 肝胆膵. 2020.12; 81 (6): 1041-1053. ( 医中誌 )

  264. 石川 喜也, 伴 大輔, 工藤 篤, 渡辺 秀一, 上田 浩樹, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 田中 真二, 田邉 稔. 【早わかり縫合・吻合のすべて】(4章)術式別の縫合・吻合法 肝臓 肝切除での大血管の吻合・縫合 臨床外科. 2020.10; 75 (11): 242-246. ( 医中誌 )

  265. Kawai-Kitahata Fukiko, Asahina Yasuhiro, Kakinuma Sei, Murakawa Miyako, Nitta Sayuri, Miyoshi Masato, Sato Ayako, Tsuchiya Jun, Shimizu Taro, Takeichi Eiko, Nakagawa Mina, Itsui Yasuhiro, Azuma Seishin, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru, Maekawa Shinya, Enomoto Nobuyuki, Watanabe Mamoru. Comprehensive analysis of cancer-related genes and AAV/hepatitis B virus integration into genome on development of hepatocellular carcinoma in patients with prior hepatitis B virus infection JOURNAL OF HEPATOLOGY. 2020.08; 73 S636-S637.

  266. Yoshino J, Akiyama Y, Shimada S, Ogura T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Kudo A, Yamaoka S, Tanabe M, Tanaka S. Loss of ARID1A induces a stemness gene ALDH1A1 expression with histone acetylation in the malignant subtype of cholangiocarcinoma Carcinogenesis. 2020.07; 41 (6): 734-742. ( DOI )

  267. 工藤 篤、赤星径一、八木宏平、石井 武、前川 彩、村瀬芳樹、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の長期予後と経過観察の是非 消化器・肝臓内科. 2020.06; 7 (6): 499-505.

  268. Morise Z., Aldrighetti L., Belli G., Ratti F., Belli A., Cherqui D., Tanabe M., Wakabayashi G., Cheung T. T., Lo C. M., Tanaka S., Kubo S., Okamura Y., Uesaka K., Monden K., Sadamori H., Hashida K., Kawamoto K., Gotohda N., Chen K. H., Kanazawa A., Takeda Y., Ohmura Y., Ueno M., Ogura T., Suh K. S., Kato Y., Sugioka A., Nitta H., Yasunaga M., Halium N. A., Laurent A., Kaneko H., Otsuka Y., Kim K. H., Cho H. -D., Lin C. C. -W., Ome Y., Seyama Y., Troisi R. I., Berardi G., Roteller F., Wilson G. C., Geller D. A., Soubrane O., Yoh T., Kaizu T., Kumamoto Y., Han H. -S., Ekmekcigil E., Dagher I., Fuks D., Gayet B., Buell J. F., Ciria R., Briceno J., O'Rourke N., Lewin J., Edwin B., Shinoda M., Abe Y., Abu Hilal M., Alzoubi M.. Laparoscopic repeat liver resection for hepatocellular carcinoma: a multicentre propensity score-based study BRITISH JOURNAL OF SURGERY. 2020.06; 107 (7): 889-895. ( DOI )

  269. 工藤 篤, 赤星 径一, 八木 宏平, 石井 武, 前川 彩, 村瀬 芳樹, 赤須 雅文, 加藤 智隆, 菅原 俊喬, 渡辺 秀一, 小川 康介, 小野 宏晃, 田中 真二, 田邉 稔. 【P-NENの新展開】膵神経内分泌腫瘍の長期予後と経過観察の是非 消化器・肝臓内科. 2020.06; 7 (6): 499-505. ( 医中誌 )

  270. Matsui Satoshi, Ogura Toshiro, Ban Daisuke, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Position of the Pancreas Division Line and Postoperative Outcomes After Distal Pancreatectomy WORLD JOURNAL OF SURGERY. 2020.04; 44 (4): 1244-1251. ( PubMed, DOI )

  271. 坂元 亨宇, 田中 真二, 松井 修, 千葉 哲博. 【肝細胞性腫瘍の分類・亜分類の最前線】肝細胞性腫瘍の分類・亜分類と治療選択 肝胆膵. 2020.04; 80 (4): 719-733. ( 医中誌 )

  272. 田中 真二, 河野 隆志, 小俣 政男, 坂元 亨宇. 【肝胆膵領域のゲノム医療新時代-遺伝子パネルがやってきた!-】ゲノム医療によって変貌する肝胆膵の癌治療 肝胆膵. 2019.12; 79 (6): 1157-1173. ( 医中誌 )

  273. 石井 武、小川康介、富井翔平、今田安津子、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 左肝管内の胆管内腫瘍栓として再発した大腸癌肝転移の1切除例 Liver Cancer. 2019.11; 25 11-15.

  274. 村瀬芳樹、工藤 篤、倉田盛人、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 肝転移のみを呈し5年以上生存した原発不明神経内分泌腫瘍の1症例 Liver Cancer. 2019.11; 25 53-57.

  275. 田中 真二. 外科臨床に基づいた癌多様性の解明と治療開発 日本外科学会雑誌. 2019.11; 120 (6): 725-727. ( 医中誌 )

  276. 工藤 篤, 赤星 径一, 八木 宏平, 石井 武, 前川 彩, 村瀬 芳樹, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 菅原 俊喬, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 【消化器神経内分泌腫瘍を極める】膵神経内分泌腫瘍の外科治療 消化器外科. 2019.10; 42 (11): 1573-1579. ( 医中誌 )

  277. 赤星 径一, 田中 真二. 【肝星細胞活性化と肝硬変・肝がん】代謝関連肝癌の腫瘍内肝星細胞の活性化 細胞. 2019.10; 51 (11): 543-546. ( 医中誌 )

  278. 工藤 篤、赤星径一、八木宏平、石井 武、前川 彩、村瀬芳樹、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵・消化管神経内分泌腫瘍の集学的治療 臨床外科. 2019.09; 74 1092-1096.

  279. 島田 周, 田中 真二. 【がん免疫療法の個別化を支える 新・腫瘍免疫学】第II部 がん免疫療法の臨床開発における課題と対応 (第3章)免疫療法のリバーストランスレーショナル研究 消化器がん(肝・胆・膵がん) 実験医学. 2019.09; 37 (15): 2596-2603. ( 医中誌 )

  280. 工藤 篤, 赤星 径一, 八木 宏平, 石井 武, 前川 彩, 村瀬 芳樹, 赤須 雅文, 加藤 智隆, 菅原 俊喬, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 【膵・消化管神経内分泌腫瘍-診断・治療の基本と最新動向】膵・消化管神経内分泌腫瘍の集学的治療 臨床外科. 2019.09; 74 (9): 1092-1096. ( 医中誌 )

  281. Yoshino Jun, Ban Daisuke, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. The Clinical Implications of Peripancreatic Fluid Collection After Distal Pancreatectomy WORLD JOURNAL OF SURGERY. 2019.08; 43 (8): 2069-2076. ( PubMed, DOI )

  282. 小倉俊郎、伴 大輔、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉稔. 腹腔鏡下肝胆膵手術の周術期合併症と対策 肝胆膵. 2019.07; 79 (1): 35-42.

  283. 小倉 俊郎, 伴 大輔, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【腹腔鏡下肝胆膵手術の新時代-ラパロからロボティクスへ-】腹腔鏡下肝胆膵手術の周術期合併症と対策 肝胆膵. 2019.07; 79 (1): 35-42. ( 医中誌 )

  284. 田中 真二, 若林 剛, 中村 雅史, 永川 裕一. 【腹腔鏡下肝胆膵手術の新時代-ラパロからロボティクスへ-】新しい時代を迎えた腹腔鏡下肝胆膵手術を語る 肝胆膵. 2019.07; 79 (1): 135-147. ( 医中誌 )

  285. Akahoshi Keiichi, Ban Daisuke, Kuboki Ryo, Oba Atsushi, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Orotate phosphoribosyltransferase as a predictor of benefit from S-1 adjuvant chemotherapy for cholangiocarcinoma patients JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY. 2019.06; 34 (6): 1108-1115. ( PubMed, DOI )

  286. 赤須 雅文, 島田 周, 田中 真二. 【非ウイルス性肝細胞癌の臨床的特徴・予後】非ウイルス性肝細胞癌の発癌機構 消化器・肝臓内科. 2019.05; 5 (5): 521-526. ( 医中誌 )

  287. 上田 浩樹, 秋山 好光, 田中 真二. 【膵神経内分泌腫瘍-診断と治療のパラダイムシフト-】病理と基礎 膵神経内分泌腫瘍におけるDAXX/ATRX異常とクロマチン修飾変化 肝胆膵. 2019.01; 78 (1): 39-46. ( 医中誌 )

  288. 赤星 径一, 田中 真二. 【糖尿病と消化器疾患】糖尿病と肝細胞癌 消化器・肝臓内科. 2018.11; 4 (5): 417-423. ( 医中誌 )

  289. Akahoshi Keiichi, Ono Hiroaki, Akasu Masafumi, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Konta Atsuko, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Rapid growth speed of cysts can predict malignant intraductal mucinous papillary neoplasms JOURNAL OF SURGICAL RESEARCH. 2018.11; 231 195-200. ( PubMed, DOI )

  290. Tamari Keisuke, Konno Masamitsu, Asai Ayumu, Koseki Jun, Hayashi Kazuhiko, Kawamoto Koichi, Murai Noriyuki, Matsufuji Senya, Isohashi Fumiaki, Satoh Taroh, Goto Noriko, Tanaka Shinji, Doki Yuichiro, Mori Masaki, Ogawa Kazuhiko, Ishii Hideshi. Polyamine flux suppresses histone lysine demethylases and enhances ID1 expression in cancer stem cells CELL DEATH DISCOVERY. 2018.11; 4 104. ( PubMed, DOI )

  291. 島田 周, 芹沢 海咲, 田中 真二. 【慢性炎症から肝胆膵癌にいたるランドスケープ】癌幹細胞と免疫細胞の腫瘍宿主相関 癌幹細胞の視点から 肝胆膵. 2018.09; 77 (3): 601-609. ( 医中誌 )

  292. 小倉 俊郎, 伴 大輔, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【癌手術エキスパートになるための道】領域別 肝癌手術エキスパートへの道 内視鏡外科編 臨床外科. 2018.09; 73 (9): 1116-1121. ( 医中誌 )

  293. 千代延 記道, 伴 大輔, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【徹底解説! 膵尾側切除を極める】膵断端処理法 膵尾側断端被覆法 臨床外科. 2018.08; 73 (8): 958-962. ( 医中誌 )

  294. 小池 和彦, 川口 巧, 建石 良介, 田中 真二. 代謝関連肝癌の実態と病態 The Liver Cancer Journal. 2018.07; 10 (1): 13-21. ( 医中誌 )

  295. Mizuno Yuki, Kudo Atsushi, Akashi Takumi, Akahoshi Keiichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Tanaka Shinji, Tateishi Ukihide, Tanabe Minoru. Sunitinib shrinks NET-G3 pancreatic neuroendocrine neoplasms JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY. 2018.06; 144 (6): 1155-1163. ( PubMed, DOI )

  296. Ueda Hiroki, Akiyama Yoshimitsu, Shimada Shu, Mogushi Kaoru, Serizawa Misaki, Matsumura Satoshi, Mitsunori Yusuke, Aihara Arihiro, Ban Daisuke, Ochiai Takanori, Kudo Atsushi, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. Tumor suppressor functions of DAXX through histone H3.3/H3K9me3 pathway in pancreatic NETs ENDOCRINE-RELATED CANCER. 2018.06; 25 (6): 619-631. ( PubMed, DOI )

  297. 工藤 篤、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 肝胆膵の神経内分泌腫瘍の治療 病理と臨床・別刷. 2018.05; 36 (5): 437-443.

  298. 工藤 篤, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 【神経内分泌腫瘍(NET)の病理学-治療と診断の新局面-】肝胆膵の神経内分泌腫瘍の治療 病理と臨床. 2018.05; 36 (5): 437-443. ( 医中誌 )

  299. 島田 周, 田中 真二. 【肝胆膵疾患のエピジェネティクスを学ぶ】肝疾患のエピジェネティクス 癌幹細胞におけるエピゲノム異常 肝胆膵. 2018.05; 76 (5): 905-913. ( 医中誌 )

  300. 全 陽, 西田 直生志, 千葉 哲博, 田中 真二. 【肝胆膵疾患のエピジェネティクスを学ぶ】肝細胞癌 Beyond the genome 肝胆膵. 2018.05; 76 (5): 953-964. ( 医中誌 )

  301. 小川康介、赤星径一、小倉俊郎、光法雄介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝切除における胆嚢温存 臨床外科. 2018.04; 73 (4): 482-487.

  302. 赤須 雅文, 工藤 篤, 加藤 智敬, 吉野 潤, 渡邊 秀一, 水野 裕貴, 千代延 記道, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. GEP-NETに対する分子標的治療薬の治療成績 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2018.04; 118回 2392. ( 医中誌 )

  303. 小川 康介, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 光法 雄介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【機能温存と機能再建をめざした消化器外科手術-術後QOL向上のために】肝切除における胆嚢温存 臨床外科. 2018.04; 73 (4): 482-487. ( 医中誌 )

  304. 上野 絢子, 松村 聡, 渡辺 秀一, 伊藤 浩光, 光法 雄介, 藍原 有弘, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. Duodenum inversumを合併し膵腫瘍との判別が困難であった十二指腸GISTの1例 日本臨床外科学会雑誌. 2018.03; 79 (3): 650-651. ( 医中誌 )

  305. Tanaka Shinji. Precision medicine based on surgical oncology in the era o genome-scale analysis and genome editing technology ANNALS OF GASTROENTEROLOGICAL SURGERY. 2018.03; 2 (2): 106-115. ( PubMed, DOI )

  306. 吉野 潤, 伴 大輔, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【外科手術器具の理論と使用法】V.トロカール・開創器 腹部内視鏡外科手術(単孔式)に用いるアクセスポートとトロカール 外科. 2017.11; 79 (12): 1229-1232. ( 医中誌 )

  307. 伊藤浩光、田中真二. 膵癌進展におけるcancer stem cellの役割 肝胆膵. 2017.10; 75 (4): 79-86.

  308. 小野 宏晃, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 水野 裕貴, 千代延 記道, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【Conversion Surgery-進行消化器がんのトータル治療戦略】がん種別Conversion Surgeryの戦略 肝細胞癌 臨床外科. 2017.10; 72 (10): 1204-1210. ( 医中誌 )

  309. 伊藤 浩光, 田中 真二. 【膵癌研究Cutting Edge-from Carcinogenesis to Metastatic Colonization-】Cancer Stem Cells 膵癌進展におけるCancer Stem Cellの役割 肝胆膵. 2017.10; 75 (4): 811-819. ( 医中誌 )

  310. 田中真二. ゲノム解析に基づく個別化医療の可能性 ―ゲノム編集とプレシジョン・メディシン クリニシアン. 2017.09; 659 (64): 853-859.

  311. 田中 真二. 【ターニングポイントを迎えた肝癌診療】ゲノム解析に基づく個別化医療の可能性 ゲノム編集とプレシジョン・メディシン クリニシアン. 2017.09; 64 (8-9): 853-859. ( 医中誌 )

  312. 田邉 稔, 工藤 篤, 伴 大輔, 光法 雄介, 小野 宏晃, 小川 康介, 小倉 俊郎, 赤星 径一, 田中 真二. 「医療安全ガバナンスの確立を目指した外科組織のあり方」 医療安全ガバナンスの確立を目指した外科組織のあり方 肝胆膵外科領域の取り組み 日本外科学会雑誌. 2017.09; 118 (5): 579-581. ( 医中誌 )

  313. 大畠慶映、田中真二. ソラフェニブ不応性獲得の分子メカニズム 肝胆膵. 2017.08; 75 (2): 271-280.

  314. 大畠 慶映, 田中 真二. 【肝細胞癌の化学療法が変わる】ソラフェニブ治療の有効性 ソラフェニブ不応性獲得の分子メカニズム 肝胆膵. 2017.08; 75 (2): 271-280. ( 医中誌 )

  315. 古山貴基、田中真二. 膵癌発生における蛋白分解メカニズムの意義 肝胆膵. 2017.07; 75 (1): 79-86.

  316. Ueda Hiroki, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Ochiai Takanori, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Refractory Long-Term Cholangitis After Pancreaticoduodenectomy: A Retrospective Study WORLD JOURNAL OF SURGERY. 2017.07; 41 (7): 1882-1889. ( PubMed, DOI )

  317. 古山 貴基, 田中 真二. 【ニュートリゲノミクスから斬る肝胆膵疾患】アミノ酸代謝 膵癌発生における蛋白分解メカニズムの意義 肝胆膵. 2017.07; 75 (1): 79-86. ( 医中誌 )

  318. Ishikawa Yoshiya, Ban Daisuke, Matsumura Satoshi, Mitsunori Yusuke, Ochiai Takanori, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Surgical pitfalls of jejunal vein anatomy in pancreaticoduodenectomy JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES. 2017.07; 24 (7): 394-400. ( PubMed, DOI )

  319. 田中 真二, 中尾 光善, 菅波 孝祥, 嘉数 英二. 【ニュートリゲノミクスから斬る肝胆膵疾患】ニュートリゲノミクスの研究と臨床への展望 肝胆膵. 2017.07; 75 (1): 147-160. ( 医中誌 )

  320. 渡邊 秀一, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【術後重大合併症-これだけは知っておきたい緊急処置法】肝不全 臨床外科. 2017.06; 72 (6): 725-729. ( 医中誌 )

  321. 工藤 篤、伴 大輔、光法 雄介、赤星 径一、巌 康仁、小野 宏晃、佐藤 拓、石川 喜也、渡邊 秀一、浅野 大輔、吉野 潤、田中 真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍(P-NET)の診断、内科的治療、外科的治療最前線 消化器外科. 2017.05; 40 (6): 941-950.

  322. 工藤 篤、伴 大輔、光法 雄介、赤星 径一、巌 康仁、小野 宏晃、佐藤 拓、水野 裕貴、千代延 記道、石川 喜也、渡辺 秀一、浅野 大輔、吉野 潤、田中 真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対する術前治療と効果判定法 胆と膵. 2017.05; 38 (5): 519-525.

  323. 田邉稔、工藤篤、伴大輔、光法雄介、小野宏晃、小川康介、小倉俊郎、赤星径一、田中真二. 医療安全ガバナンスの確立を目指した外科組織のあり方 日本外科学会雑誌. 2017.05; 118 (5): 579-581.

  324. 全 陽, 相島 慎一, 阪本 良弘, 田中 真二. 【混合型肝癌をめぐる混乱の終焉を目指して】混合型肝癌はどこへいくのか 肝胆膵. 2017.05; 74 (5): 669-681. ( 医中誌 )

  325. 工藤 篤, 伴 大輔, 光法 雄介, 赤星 径一, 巌 康仁, 小野 宏晃, 佐藤 拓, 水野 裕貴, 千代延 記道, 石川 喜也, 渡邊 秀一, 浅野 大輔, 吉野 潤, 田中 真二, 田邉 稔. 【胆膵腫瘍に対する術前治療と切除前後の効果判定法】膵神経内分泌腫瘍に対する術前治療と効果判定法 胆と膵. 2017.05; 38 (5): 519-525. ( 医中誌 )

  326. 工藤 篤, 伴 大輔, 光法 雄介, 赤星 径一, 巌 康仁, 小野 宏晃, 佐藤 拓, 石川 喜也, 渡邊 秀一, 浅野 大輔, 吉野 潤, 田中 真二, 田邉 稔. 【肝胆膵外科診療の最前線】膵神経内分泌腫瘍(P-NET)の診断、内科的治療、外科的治療最前線 消化器外科. 2017.05; 40 (6): 941-950. ( 医中誌 )

  327. 伴 大輔、石川 喜也、赤星 径一、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 安全な腹腔鏡下肝切除導入のためのDifficulty Scoring System 臨床外科. 2017.03; 72 (3): 270-275.

  328. 工藤 篤, 伴 大輔, 巌 康仁, 松村 聡, 落合 高徳, 赤星 径一, 小野 宏晃, 田中 真二, 田邉 稔. IPMNの手術適応をどう考えるべきか 国際診療ガイドラインの妥当性 日本消化器病学会雑誌. 2017.03; 114 (臨増総会): A348. ( 医中誌 )

  329. 伴 大輔, 石川 喜也, 赤星 径一, 巌 康仁, 小野 宏晃, 光法 雄介, 松村 聡, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【目で見る腹腔鏡下肝切除-エキスパートに学ぶ!】安全な腹腔鏡下肝切除導入のためのdifficulty scoring system 臨床外科. 2017.03; 72 (3): 270-275. ( 医中誌 )

  330. 巌 康仁、赤星 径一、小野 宏晃、松村 聡、光法 雄介、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔 . 特集 ビッグデータにもとづいた—術前リスクの評価と対処法 「肝機能障害」 2017.02; 72 (2): 150-156.

  331. 巌 康仁, 赤星 径一, 小野 宏晃, 松村 聡, 光法 雄介, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【ビッグデータにもとづいた術前リスクの評価と対処法】機能障害別 評価と対処法 肝機能障害 臨床外科. 2017.02; 72 (2): 150-156. ( 医中誌 )

  332. 工藤 篤、巌 康仁、松村 聡、光法 雄介、伴 大輔、落合 高徳、田中 真二、田邉 稔. 転移性肝腫瘍の治療 NET肝転移 臨床外科. 2016.12; 71 (12): 1372-1377.

  333. 田中真二. 癌幹細胞の本質とは何か? ─ 基礎研究から臨床応用へ─ 細胞. 2016.09; 48 (9): 406-409.

  334. 大庭 篤志、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、安野 正道、石川 敏昭、植竹 宏之、田中 真二、田邉 稔. 外科医が攻める高度進行大腸癌 両葉多発転移 臨床外科. 2016.08; 71 (8): 922-930.

  335. 光法 雄介、巌 康仁、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 腹腔鏡下胆嚢摘出後の術後胆汁漏の治療 臨床外科. 2016.07; 71 (7): 806-812.

  336. 水野裕貴、田中真二. 肝発癌ポテンシャル 肝胆膵. 2016.06; 73 (6): 769-778.

  337. 島田周、田中真二. ゲノム編集法を用いた肝癌治療 肝胆膵. 2016.05; 73 (5): 769-778.

  338. 工藤 篤、 伴 大輔、 田中 真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の切除手術と薬物治療 Mebio. 2016.05; 33 (5): 86-94.

  339. 島田周、田中真二. 幹細胞に注目した新薬の可能性 大腸がんperspective. 2016.04; 2 (4): 262-269.

  340. 伊藤 浩光、工藤 篤、落合 高徳、伴 大輔、藍原 有弘、松村 聡、光法 雄介、田中 真二、田邉 稔. 肝胆膵悪性腫瘍に対する各種局所療法 最新医学. 2016.03; 71 (3): 392-399.

  341. 工藤 篤、 伴 大輔、 田中 真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の肝転移の治療~適切な治療選択 内分泌・甲状腺外科. 2016.02; 33 (2): 105-109.

  342. 伴 大輔、工藤 篤、巌 康仁、 田中 真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除;Treitz靭帯とSMAアプローチ 消化器外科. 2016.02; 39 (2): 125-137.

  343. 田邉 稔、伴 大輔、大庭 篤志、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二. 肝胆膵領域から 完全腹腔鏡下肝左葉切除 臨床外科. 2016.01; 71 (13): 1506-1512.

  344. 田中真二. 最新肝癌学-基礎と臨床の最新研究動向- Ⅳ肝癌の分子生物学 肝癌の分子生物学:概論 日本臨牀 . 2015; 73 (増刊号1): 155-163.

  345. 松村聡,田中真二,田邉稔. 最新肝癌学-基礎と臨床の最新研究動向- Ⅳ肝癌の分子生物学 発癌機序 非ウイルス性肝癌発生の分子生物学的メカニズム 日本臨牀. 2015; 73 (増刊号1): 203-207.

  346. 田中真二,有井滋樹. 【特集/肝胆膵腫瘍のバイオインフォマティクス】早期膵癌の分子マーカー. 肝胆膵. 2014; 68 (3): 401-408.

  347. 田中真二. 【特集/肝がん:診断と治療の進歩】病因と病態-最近の遺伝子解析を中心に. 日本内科学会雑誌. 2014; 66 (6): 917-925.

  348. 田中真二, 勝田絵里子, 工藤篤, 田邉稔, 有井滋樹. 【特集/肝胆膵診療のNew Horizon】膵神経内分泌腫瘍.保険収載されたエベロリムス、スニチニブ、オクトレオチドLARを如何に使うか? 肝胆膵. 2014; 69 (6): 1220-1227.

  349. 田中真二, 有井滋樹. 【特集/膵癌退治のはじまり】分子標的治療の現状. 肝胆膵. 2014; 68 (6): 949-958.

  350. 田中真二, 有井滋樹. 【特集/肝胆膵領域におけるNF-κB研究の最前線】肝細胞癌におけるNF-κB活性亢進と癌幹細胞性への関与. 肝胆膵. 2014; 68 (4): 599-607.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Tanaka S. Cancer stem cells as therapeutic targets. in Human Stem Cell Toxicity, ed. Sherley JL. (Royal Society of Chemistry, London), 2016

  2. 石川喜也、浅野大輔、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 臨床外科(第77巻第11号増刊号) 術前画像の読み解きガイド 的確な術式洗濯と解剖把握のために. 株式会社医学書院, 2022.10 Ⅳ 肝臓 腹腔鏡下肝左葉切除

  3. 石川喜也、伴 大輔、工藤 篤、渡辺秀一、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 臨床外科(第75巻第11号増刊号) 早わかり縫合・吻合のすべて. 医学書院, 2020.10 肝切除での大血管の吻合・縫合

  4. 渡辺秀一、田中真二、島田 周、秋山好光、石川喜也、田邉 稔. 分子細胞治療フロンティア2020. 外科分子細胞治療研究会, 2020.04 膵癌予後不良サブタイプを特徴づけるKDM6A不活化を標的とした特異的治療の開発

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Akira Ito, Keiichi Akahoshi, Shotaro Gan, Atsushi Nara, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Prognostic Impact of Reticular Pattern around Superior Mesenteric Artery in CT Images of Pancreatic Cancer. The 3rd International Congress of the Asian Oncology Society 2023.10.20 Yokohama

  2. Shotaro Gan, Daisuke Asano, Akira Ito, Atsushi Nara, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Determining the Indication of Surgery for High grade pNENs. The 3rd International Congress of the Asian Oncology Society 2023.10.20 Yokohama

  3. Atsushi Nara, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Akira Ito, Shotaro Gan, Hironari Yamashita, Koichiro Morimoto, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Preoperative sarcopenia assessment predicts loss of independence after Pancreaticoduodenectomy (PD) in pancreatic cancer patients. The 3rd International Congress of the Asian Oncology Society 2023.10.20 Yokohama

  4. Hiroaki Ono, Keiichi Akahoshi, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. RRM1 is mediated by H3 acetylation through GEM resistance and contributes to invasiveness and ECM remodeling in PDAC. The 82nd Annual Meeting of the Japanese Cancer Association 2023.09.23 Yokohama

  5. Hironari Yamashita, Hiroaki Ono, Kotaro Takizawa, Shuichi Watanabe, Kosuke Ogawa, Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Atsushi Kudo, Yoshimitsu Akiyama, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. PCNA-I1 is identified as a novel therapeutic agent in pancreatic cancer. The 82nd Annual Meeting of the Japanese Cancer Association 2023.09.23 Yokohama

  6. Koya Yasukawa, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Shinji Tanaka. Elucidation of immunotherapy resistance in hepatocellular carcinoma: Novel treatment based on lactate metabolism. The 82nd Annual Meeting of the Japanese Cancer Association 2023.09.22 Yokohama

  7. Yoshimitsu Akiyama, Shu Shimada, Shinji Tanaka. Overexpression of PADI2 and histone citrullination change in gastric cancer. The 82nd Annual Meting of the Japanese Cancer Association 2023.09.21 Yokohama

  8. Masahiro Yamane, Yoshiya Ishikawa, Masaru Takeuchi, Shotaro Gan, Kohei Yagi, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Middle-segment Preserving Pancreatectomy versus Total pancreatectomy: a comparative study of surgical and functional outcomes. The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2023.07.01 Tokyo

  9. Shotaro Gan, Daisuke Asano, Masaru Takeuchi, Masahiro Yamane, Akira Ito, Atsushi Nara, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Kohei Yagi, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Keiichi Akahoshi, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. A case of unresectable pancreatic ductal adenocarcinoma (UR-PDAC) in an elderly patient who underwent radical resection after preoperative chemotherapy and survived without recurrence for 1 year. The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2023.07.01 Tokyo

  10. Hironari Yamashita, Hiroaki Ono, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Proliferating cell nuclear antigen (PCNA) plays important role in malignancy of pancreatic cancer and might be the target protein of novel therapeutic drug. The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2023.07.01 Tokyo

  11. Hiroki Ueda, Atsushi Nara, Masaru Takeuchi, Masahiro Yamane, Akira Ito, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Kohei Yagi, Daisuke Asano, Yoshiya Ishiakwa, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Age and Sarcopenia Are Risk Factors for ADL Decline After Pancreaticoduodenectomy; Our approach to maintain ADLs before and after surgery. The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2023.07.01 Tokyo

  12. Yoshiya Ishikawa, Yuzuki Sugiyama, Satoru Muro, Masahiro Yamane, Masaru Takeuchi, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Keiichi Akita, Minoru Tanabe. Novel landmarks for the left posterior approach to the SMA based on the anatomical research. The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2023.07.01 Tokyo

  13. Koichiro Morimoto, Hiroki Ueda, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Characteristics of refractory postoperative cholangitis after hepatectomy with hepaticojejunostomy: Anastomotic stenosis is not the only cause. The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2023.07.01 Tokyo

  14. Daisuke Asano, Keiichi Akahoshi, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. How to achieve the negative surgical margin for ICC suspicious of invasion to hilum: with the video of laparoscopic left hepatectomy by hilar dissection approach. The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2023.07.01 Tokyo

  15. Shuichi Watanabe, Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Investigation of recurrence format of single recurrent lesions using genomic analysis. The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2023.07.01 Tokyo

  16. Hiroaki Ono, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Emerging Multidisciplinary Therapies Including PRRT Therapy in Pancreatic Neuroendocrine Neoplasms. The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2023.07.01 Tokyo

  17. Akira Ito, Keiichi Akahoshi, Masaru Takeuchi, Masahiro Yamane, Shotaro Gan, Atsushi Nara, Koichiro Morimoto, Munetaka Kimura, Hironari Yamashita, Kohei Yagi, Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Hepatectomy After Pancreatoduodenectomy Has a High Risk of Postoperative Complications. The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2023.06.30 Tokyo

  18. Shinji Tanaka. Educational Session:New currents in the field of HBP surgery. The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2023.06.30 Tokyo

  19. Atsushi Nara, Keiichi Akahoshi, Akira Ito, Shotaro Gan, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Pancreatic duct stent AMY after pancreaticoduodenectomy is a predictor of pancreatic fistula. The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2023.06.30 Tokyo

  20. Shu Tsukihara, Yoshimitsu Akiyama, Shu Shimada, Megumi Hatano, Yusuke Kinugasa, Ken Eto, Shinji Tanaka. Histone H3 lysin 9 methyltransferase SETDB1 promotes gastric carcinogenesis by multiple signaling pathways. Digestive Disease Week 2023 2023.05.10 Chicago

  21. A.Nara, K.Akahoshi, H.Ueda, D.Asano, S.Watanabe, Y.Ishikawa, H.Ono, A.Kudo, S.Tanaka, M.Tanabe. Usefulness of the NRSS in Determining the Timing of TAE for Ruptured Hepatocellular Carcinoma. 18th Annual Academic Surgical Congress 2023.02.08 Houston

  22. Keiichi Akahoshi, Yoshiya Ishikawa, Daisuke Asano, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Safety methods to perform laparoscopic liver resection for liber cirrhosis. ACRLS 2022 2022.12.09 Nagoya

  23. Shinji Tanaka. Surgical oncology to elucidate molecular and immunological mechanisms for clinical application in hepato-biliary-pancreatic cancer (lecture). UCh-TMDU Joint Symposium 2022.11.08 Chile(on-line)

  24. Atsushi Nara, Keiichi Akahoshi, Hiroki Ueda, Koichiro Morimoto, Masaru Takeuchi, Masahiro Yamane, Akira Ito, Shotaro Gan, Munetaka Kimura, Hironari Yamashita, Kohei Yagi, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Isikawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Usefulness of the Novel Rupture Severity Score (NRSS) in Determining the Timing of Transarterial Embolization (TAE) for Ruptured Hepatocellular Carcinoma. IASGO-CME 2022.10.26 Fukuoka

  25. 田中 真二. がんの進展・浸潤に関与する新たな分子生物学的マーカーの開発 外科臨床に基づく難治性がんの分子免疫機序と治療戦略. 日本癌治療学会学術集会抄録集 2022.10.01

  26. Shinji Tanaka. Workshop 9:Molecular mechanisms of liver cancer (including HCC, CCC, metastatic liver cancer) , Molecular and immunological mechanisms of liver cancer; preclinical studies for clinical application (invited lecture). APASL Oncology 2022 2022.09.01 Takamatsu (on-line)

  27. 島田 周, 秋山 好光, 田中 真二. CRISPR/Cas9システムを用いたエクソンスキッピングによるβ-cateninシグナルの内在性活性化が肝がん細胞の免疫回避に寄与する(Intrinsic activation of β-catenin signaling by CRISPR/Cas9-mediated exon skipping contributes to immune evasion in HCC). 日本癌学会総会記事 2022.09.01

  28. Ono Hiroaki, Murase Yoshiki, Asano Daisuke, Watanabe Syuuichi, Ishikawa Yoshiya, Ueda Hiroki, Akahoshi Keiichi, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Basic & translational researches on PanNEN: bench to bedside Evaluation of the efficacy of Ispinesib, a novel Eg 5 inhibitor, for the treatment of high grade Pan-NENs(タイトル和訳中). 膵臓 2022.09.01

  29. Hiroaki Ono, Yoshiki Murase, Daisuke Asano, Syuuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Evaluation of the efficacy of Ispinesib, a novel Eg5 inhibitor, for the treatment of high grade Pan-NENs. Joint Congress of the 26th Meeting of IAP and the 53rd Annual Meeting of JPS 2022.07.08 Kyoto

  30. Yoshiya Ishikawa, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Safe approach to dissect hepatoduodenal ligament during laparoscopic pancreaticoduodenectomy. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.11 Ehime

  31. Aya Maekawa, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Hormonaltumor mapping for liver metastases of gastroenteropancreatic neuroendocrine neoplasms. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.11 Ehime

  32. Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. The novel techniques of distal pancreatectomy using articulation forceps -introducing the desterity of a robotic system to a palaroscopic surgery. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.11 Ehime

  33. Daisuke Asano, Atushi Kudo, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Reappraisal of surgical treatment for liver metastases of neuroendocrine neoplasms. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.11 Ehime

  34. Shotaro Gan, Hiroki Ueda, Atsushi Nara, Akira Ito, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Munetaka Kimura, Kohei Yagi, Takeshi Ishii, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Discussion on the treatment of liver cysts at our hospital. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.11 Ehime

  35. Akira Ito, Daisuke Asano, Shotaro Gan, Atsushi Nara, Koichiro Morimoto, Munetaka Kimura, Hironari Yamashita, Kohei Yagi, Takeshi Ishii, Yoshiya. Strategy of pancreatic ductal adenocarcinoma treatment. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.11 Ehime

  36. Akira Ito, Daisuke Asano, Shotaro Gan, Atsushi Nara, Koichiro Morimoto, Munetaka Kimura, Hironari Yamashita, Kohei Yagi, Takeshi Ishii, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe . Strategy of pancreatic ductal adenocarcinoma treatment. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.11 Ehime

  37. Hiroaki Ono, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Validation of surgical resection for pancreatic neuroendocrine neoplasms with simulataneous liver metastases. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  38. Keiichi Akahoshi, Akira Ito, Atsushi Nara, Shotaro Gan, Takeshi Ishii, Kohei Yagi, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Munetaka Kimura, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Transpapillary or transmural drainage for postoperative pancreatic fistula after distal pancreatectomy. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  39. Hiroki Ueda, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Clinical features of malignant insulinoma from single center experience. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  40. Atsushi Nara, Hiroki Ueda, Yukue Shimizu, Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Evaluation of sarcopenia using preoperative InBody and short-term results after pancreaticoduodenectomy. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  41. Hiroki Ueda, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Clinical features of malignant insulinoma from single center experience. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10

  42. Koichiro Morimoto, Hiroki Ueda, Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Syuichi Watanebe, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Risk factors of postoperative cholangitis after hepatectomy with hepato-jejunostomy for malignancy-Clumping test predicts late refractory cholangitis. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  43. Kohei Yagi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Akira Ito, Atsushi Nara, Syotaro Gan, Munetaka Kimura, Hironari Yamashita, Takeshi Ishii, Daisuke Aasano, Syuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Significance of MGMT expression for streptozocin treatment of pancreatic neuroendocrine neoplasms. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  44. Hironari Yamashita, Keiichi Akahoshi, Akira Ito, Shoutaro Gan, Atsushi Nara, Munetaka Kimura, Koichiro Morimoto, Kouhei Yagi, Takeshi Ishi, Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Clinical outcome of pT1 pancreatic ductal adenocarcinoma-what is the risk factor of poor prognosis?. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  45. Takeshi Ishii, Keiichi Akahoshi, Koichirou Morimoto, Hironari Yamashita, Kouhei Yagi, Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. A single-center retrospective study of 17 cases of pancreatic metastasis from renal cell carcinoma. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10

  46. Shinji Tanaka. Workshop 2: Innovative research of biomarkers for HBP cancers, Biomarker research and clinical application for treatment of hepato-biliary-pancreatic cancer (invited lecture). The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Matsuyama (on-line)

  47. Yamashita Hironari, Akahoshi Keiichi, Ito Akira, Gan Shoutaro, Nara Atsushi, Kimura Munetaka, Morimoto Koichiro, Yagi Kouhei, Ishi Takeshi, Asano Daisuke, Ishikawa Yoshiya, Watanabe Shuichi, Ueda Hiroki, Ono Hiroaki, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. pT1膵管腺癌の臨床転帰 予後不良の危険因子は何か?(Clinical outcome of pT1 pancreatic ductal adenocarcinoma: what is the risk factor of poor prognosis?). 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 2022.06.01

  48. Asano Daisuke, Ishikawa Yoshiya, Watanabe Shuichi, Ueda Hiroki, Akahoshi Keiichi, Ono Hiroaki, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 多自由度鉗子を用いた膵体尾部切除術の新しい手技 腹腔鏡手術にロボットシステムの器用さを導入するために(The novel techniques of distal pancreatectomy using articulating forceps~introducing the dexterity of a robotic system to a laparoscopic surgery). 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 2022.06.01

  49. Nara Atsushi, Ueda Hiroki, Shimizu Yukue, Asano Daisuke, Ishikawa Yoshiya, Watanabe Shuichi, Akahoshi Keiichi, Ono Hiroaki, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. InBodyを用いたサルコペニアの術前評価と膵頭十二指腸切除術後の短期成績(Evaluation of sarcopenia using preoperative InBody and short-term results after pancreaticoduodenectomy). 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 2022.06.01

  50. Shinji Tanaka. Invited Lecture; Stemness and heterogeneity of liver cancer. JSH International Liver Conference 2021 2021.10.02 Hakata International Exhibition Hall & Conference Center, Fukuoka (on-line)

  51. 小野 宏晃, 赤星 径一, 田中 真二, 田邉 稔. RRM1は膵臓癌細胞の細胞外マトリックスタンパク質を転換し悪性化形質獲得に寄与している. 日本癌学会総会記事 2021.09.01

  52. 田中 真二. 外科腫瘍学に基づいた肝胆膵癌に対する新規分子標的-免疫併用療法の開発. 日本癌学会総会記事 2021.09.01

  53. Kohei Yagi, Hiroki Ueda, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Yoshiki Murase, Aya Maekawa, Takeshi Ishii, Toshitaka Sugawara, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akashoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, SHinji Tanaka, Minoru Tanabe. A review of resected cases of primary duodenal cancer in our hospital. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  54. Hironari Yamashita, Keiichi Akahoshi, Koichirou Morimoto, Hiroyuki Ishida, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Takeshi Ishii, Toshitaka Sugawara, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Effect of neoadjuvant chemotherapy on short-term outcome in patients undergoing pancreaticoduodenectomy for borderline resectable pancreatic cancer and resectable pancreatic cancer with elevated serum tumor markers. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  55. Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Combination of Weekly Streptozocin and Oral S-1 Treatment is effective treatment for unresectable or metastatic pancreatic NET-G1 and NET-G2 patients. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  56. Hiroki Ueda, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Hiroyuki Ishida, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Toshitaka Sugawara, Takeshi Ishii, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Perioperative outcomes in elderly patients over 75-years-old undergoing distal pancreatectomy. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  57. Koichiro Morimoto, Keiichi Akahoshi, Hironari Yamashita, Hiroyuki Ishida, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Takeshi Ishii, Toshitaka Sugawara, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Granulomatous Langerhans isletitis followed by nivolumab-induced type 1 diabetes mellitus in a distal pancreatectomy: case report. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  58. Takeshi Ishii, Atsushi Kudo, Yoshiki Murase, Aya Maekawa, Toshitaka Sugawara, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Kousuke Ogawa, Hiroaki Ono, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. The management of GEP-NET with MEN type 1 in our department. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  59. Yoshiya Ishikawa, Hiroyuki Ishida, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Laparoscopic distal pancreatectomy for pancreatic ductal adenocarcinoma using supracolic anterior approach to the superior mesenteric artery. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  60. Hiroyuki Ishida, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Yoshiya Ishikawa, Hironari Yamashita, Koichiro Morimoto, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Early recurrence after curative hepatectomy for colorectal liver metastases. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  61. Keiichi Akahoshi, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Conversion surgery after lenvatinib treatment for advanced hepatocellular carcinoma. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  62. Aya Maekawa, Keiichi Akahoshi, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Validation of the international consensus guideline 2017 for intraductal papillary mucinous neoplasms. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  63. Yoshiki Murase, Hiroaki Ono, Risa Yoshioka, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. High Eg5 expression predicts poor prognosis in pancreatic cancer. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  64. Ueda Hiroki, Morimoto Koichiro, Yamashita Hironari, Ishida Hiroyuki, Yagi Kohei, Maekawa Aya, Murase Yoshiki, Sugawara Toshitaka, Ishii Takeshi, Ishikawa Yoshiya, Akahoshi Keiichi, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 75歳以上の高齢患者に対する膵体尾部切除術の周術期成績(Perioperative outcomes in elderly patients over 75-years-old undergoing distal pancreatectomy). 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 2021.06.01

  65. Ishii Takeshi, Kudo Atsushi, Murase Yoshiki, Maekawa Aya, Sugawara Toshitaka, Ishikawa Yoshiya, Watagebe Shuichi, Ueda Hiroki, Akahoshi Keiichi, Ogawa Kousuke, Ono Hiroaki, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. MEN type 1を伴うGEP-NETの管理(The management of GEP-NET with MEN type1 in our department). 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 2021.06.01

  66. Maekawa Aya, Akahoshi Keiichi, Ishikawa Yoshiya, Ueda Hiroki, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. IPMN国際診療ガイドライン2017年版の検証(Validation of the international consensus guideline 2017 for intraductal papillary mucinous neoplasms). 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 2021.06.01

  67. Tomotaka Kato, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Comparison of open and laparoscopic hepatectomy for obese patients with HCC. The 33rd Annual Meeting of the Japan Society for Endoscopic Surgery 2021.03.10 Web

  68. Takeshi Ishii, Keiichi Akahoshi, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Toshitaka Sugawara, Masafumi Akasu, Tomotaka, Kato, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Kousuke Ogawa, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Clinical Analysis of 23 Cases of total pancreatectomy in Tokyo Medical and Dental University. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  69. Shuichi Watanabe, Shu Shimada, Jo NIshino, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Toshitaka Sugawara, Takeshi Ishii, Tomotaka Kato, Masafumi Akasu, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Estimation of the type of HCC metastasis based on the multicellular colonization model. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  70. Hiroaki Ono, Tomotaka Kato, Aya Maekawa, Kouhei Yagi, Yoshiya Ishikawa, SHuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Kousuke Ogawa, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Cytoplasmic RRM1 activation in acute phase of gemcitabine treatment is involved in acquired resistance of pancreatic cancer. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  71. Keiichi Akahoshi, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Liver resection after systemic chemotherapy improved overallsurvival of metastatic neuroendocrine neoplasms. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  72. Keiichi Akahoshi, Kohei Yagi, Yoshiki Murase, Takeshi Ishii, Toshitaka Sugawara, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Non-viral hepatocellular carcinoma and, diabetes and obesity as its risk factorslar carcinoma and, diabetes and obesity as its risk factors. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  73. Kohei Yagi, Atsushi Kudo, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Takeshi Ishii, Tomotaka Kato, Masafumi Akasu, Toshitaka Sugawara, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Ogawa Kosuke, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Evaluation of laparoscopic distal pancreatectomy for pancreatic neuroendocrine tumors. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  74. 藤田 征志, 山口 類, 有廣 光司, 島田 周, 宮野 悟, 山上 裕機, 茶山 一彰, 垣見 和宏, 田中 真二, 井元 清哉, 中川 英刀. がん免疫ゲノム解析 肝臓がんの免疫ゲノム解析. 日本癌学会総会記事 2020.10.01

  75. Tanaka Shinji, Watanabe Shuichi, Tanabe Minoru. バイオマーカー、遺伝子解析の消化器がん診断・治療への応用 サブタイプ特異的オーダーメイド免疫療法のための肝細胞癌の新しい遺伝的および免疫学的分類(Application of biomarker and genetic tests for diagnosis and treatment of gastrointestinal cancers Novel genetic and immunological classification of hepatocellular carcinoma for the subtype-specific precision immunotherapy). 日本消化器病学会雑誌 2019.11.01

  76. 藤田 征志, 山口 類, 有廣 光司, 島田 周, 宮野 悟, 山上 裕機, 茶山 一彰, 垣見 和宏, 田中 真二, 井元 清哉, 中川 英刀. イムノゲノミクスの進歩と精密医療への応用 肝臓がん免疫抑制機構の免疫ゲノム解析(Advances in immunogenomics and application to precision medicine Immunogenomic analysis of immune suppression mechanisms in primary liver cancer). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  77. Toshitaka Sugawara,Daisuke Ban,Takeshi Ishii,Satoshi Matsui,Masahumi Akasu,Tomotaka Kato,Daisuke Asano,Jun Yoshino,Shuichi Watanabe, Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Atsushi Kudo,Shinji Tanaka,Minoru Tanabe. Preoperative factors for early recurrence of resected pancreatic ductal adenocarcinoma. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.14 Takamatsu

  78. Shuichi Watanabe, Daisuke Ban,Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Atsushi Kudo,Shinji Tanaka,Minoru Tanabe. The analysis of the treatment for the metachronous solitary metastasis after curative surgery in pancreatic cancer. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.14 Takamatsu

  79. Takeshi Ishii,Toshiro Ogura,Yoshiki Murase,Toshitaka Sugawara,Masahumi Akasu, Tomotaka Kato,Jun Yoshino,Shuichi Watanabe, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban,Atsushi Kudo,Shinji Tanaka,Minoru Tanabe. Surgery for obese patients with hepatocellular carcinoma. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.13 Takamatsu

  80. Yuki Mizuno, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Shuichi Watanabe,Tomomi Aida, Kosuke Ogawa、Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shoji Yamaoka, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. DEPDC5 deficiency contributes to resistance to leucine starvation via p62 accumulation in hepatocellular carcinoma. Yuki Mizuno, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Shuichi Watanabe,Tomomi Aida, Kosuke Ogawa、Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shoji Yamaoka, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe 2018.09.28 Osaka

  81. 渡辺 雄一郎, 本田 真也, 小西 昭充, 田邉 稔, 田中 真二, 清水 重臣. オートファジーはCep63を介して中心体数を制御する(Autophagy controls centrosome number by degrading Cep63). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  82. 深町 博史, 西川路 武人, 島田 周, 秋山 好光, 湯浅 保仁, 土屋 輝一郎, 田中 真二. 低分化型胃がんは、形成過程の異なる2つのクラスターに分類できる(Diffuse-type gastric cancers are classified into two clusters, which may be formed via different carcinogenic pathways). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  83. 島田 周, 秋山 好光, 田邉 稔, 田中 真二. メタボリック関連肝癌の腫瘍内星細胞におけるFABP4発現亢進の意義(FABP4 overexpression in intratumoral hepatic stellate cells within hepatocellular carcinoma with metabolic risk factors). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  84. 田中 真二. プレシジョンメディシン時代の分子標的治療 プレシジョンメディシン時代の肝癌分子標的治療(Molecular target therapy under precision medicine Molecular target therapy for liver cancer under precision medicine). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  85. Shuichi Watanabe、Shu Shimada、Yoshimitsu Akiyama、Kosuke Ogawa、Hiroaki Ono、Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban、Atsushi Kudo、Minoru Tanabe、Shinji Tanaka. Precision medicine for the poorest prognosis subtype of pancreatic cancer. The 73rd General Meeting of the Japanese Society of Gastroenterological Surgery 2018.07.12 Kagoshima

  86. Tomotaka Kato、Daisuke Ban、Keiichi Akahoshi、Toshiro Ogura、Kosuke Ogawa、Hiroaki Ono、Yusuke Mitsunori、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、 Minoru Tanabe . Treatment strategies of resectable pancreatic cancer with hazy density around major artery. The 73rd General Meeting of the Japanese Society of Gastroenterological Surgery 2018.07.12 Kagoshima

  87. Yusuke Mitsunori,Masafumi Akasu,Tomotaka Kato,Jun Yoshino, Shuichi Watanabe,Norimichi Chiyonobu,Keiichi Akahoshi,Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. What is predictive factor of postoperative diabetes mellitus in patients with distal pancreatectomy?. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.09 yokohama

  88. Toshiro Ogura, Tomotaka Kato, Masafumi Akasu, Jun Yoshino, Shuichi Watanabe, Norimichi Chiyonobu, Yuki Mizuno, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban, Atsushi Kudo,Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. The implication of lymph node metastasis on survival in cases with distal pancreatic cancer. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.09

  89. Shuichi Watanabe, Atsushi Kudo, Masafumi Akasu, Tomotaka Kato, Jun Yoshino, Norimichi Chiyonobu, Yuki Mizuno, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Toshiro Ogura, Yusuke Mitsunori, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. The efficacy of liver SASI test for the the advanced functional PNET patients. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.09 yokohama

  90. Jun Yoshino,Toshiro Ogura,Keiichi Akahoshi,Kosuke Ogawa, Yusuke Mitsunori,Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Long-term outcomes and prognostic factors of patients with gallbladder cancer resection. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.08

  91. Akasu Masafumi, Kudo Atsushi, Kato Tomotaka, Yoshino Jun, Watanabe Shuichi, Chiyonobu Norimichi, Mizuno Yuki, Akahoshi Keichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. P-NETに対する分子標的薬の治療成績(The results of molecular targeted drugs to P-NET). 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 2018.06.01

  92. Tomotaka Kato,Atsushi Kudo, Hiroaki Ono, Masahumi Akasu, Jun Yoshino, Kosuke Ogawa, Toshiro Ogura , Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Shinji Tanaka,Minoru Tanabe. A Surgical Case of Spontaneous and Asymptomatic Intrahepatic Hemorrhage with HCC. APASL2018 2018.05.12 Yokohama

  93. Minoru Tanabe, Toshiro Ogura, Atsushi Kudo, Daisuke Ban, Shinji Tanaka. Surgery for Obese Patients with HCC. APASL2018 2018.05.12 Yokohama

  94. 深町 博史, 西川路 武人, 島田 周, 秋山 好光, 湯浅 保仁, 土屋 輝一郎, 田中 真二. 低分化型胃がん幹細胞の増殖制御機構 患者由来がん幹細胞の初代培養系を用いた同定. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  95. Watanabe Shuichi, Ban Daisuke, Iwao Yasuhito, Akahoshi Keiichi, Ono Akihiro, Mitsunori Yusuke, Matsumura Satoshi, Ochiai Takanori, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 再発性膵癌の予後の研究 孤立性再発の意義(Study of the prognosis of recurrent pancreatic cancer: The significance of the solitary recurrence). Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences 2017.05.01

  96. Kudo Atsushi, Ban Daisuke, Akahoshi Keiichi, Mitsunori Yusuke, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 切除不能または転移性の膵神経内分泌腫瘍を有する患者では全身療法により手術適応が決まる可能性がある(Systemic therapy may decide surgical indication for patients with Unresectable or Metastatic Pancreatic Neuroendocrine Tumor). Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences 2017.05.01

  97. 田中 真二, 島田 周, 秋山 好光, 松村 聡, 光法 雄介, 藍原 有弘, 落合 高徳, 伴 大輔, 工藤 篤, 有井 滋樹, 田邉 稔. Precision medicine bench to bedside 肝胆膵がんの分子サブタイプと治療抵抗性解析によるprecision medicineの展開. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2017.04.01

  98. Ochiai T, Asano D, Yoshino J, Watanabe S, Ishikawa Y, Chiyonobu N, Mizuno Y, Sato T, Ueda H, Iwao Y, Ono H, Mitsunori Y, Matsumura S, Ban D, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. 07.03 Surgical Strategy of Hepatic Resection with Inferior Vena Cava Resection for Liver Cancers. 12th Annual Academic Surgical Congress 2017.02.07

  99. Tanaka S, Ogawa K, Matsumura S, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Arii S, Tanabe M. A preclinical study of EpCAM-targeted therapy for human hepatocellular carcinoma with stem cell features. 65th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver diseases 2014.11.10 Boston, USA

  100. Katsuta E, Kudo A, Ohata Y, Ueda H, Sato A, Oba A, Akahoshi K, Nakao K, Furuyama T,Ito H, Matsumura S, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Irie T, Tanaka S, Tanabe M. Morphology of pancreatic Neuroendocrine Tumor (P-NET). American Pancreatic Association 2014.11.09 Waimea, Hawaii, USA

  101. Ueda H, Ban D, Ohata Y, Sato T, Ohba A, Akahoshi K, Furuyama T, Ito H, Nakao K, Katsuta E, Matsumura S, Mitsunori Y, Aihara A, Ochiai T, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. The optimal dividing line of the jejunum for pancreatoduodenectomy. The Scientific Meeting of Japan-Hungary-Poland Surgical Society [Triangle Symposium 2014] 2014.10.18 Tokyo

  102. Tanaka S. “Novel molecular targets and therapeutic combinations in hepatocellular carcinoma; rationale and significance” (invited lecture). 4th International Kyoto Liver Cancer Symposium 2014.06.08 Kyoto

  103. Tanaka S, Ogawa K, Murakata A, Mogushi K, Matsumura S, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Arii S, Tanabe M. Preclinical studies of EpCAM-targeted therapy for human hepatocellular carcinoma with specific inhibition of stem cell features. 105th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research 2014.04.06 San Diego, USA

  104. Ochiai T, Shioya A, Honma H, Saitoh Y, Matsumura S, Ban D, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Fujikawa T, Itai A, Tanaka S, Arii S, Yamaoka S, Tanabe M. Combination treatment of IκB kinase β inhibitor IMD-0354 and gemcitabine suppresses oncogenic proliferation of pancreatic cancer cells. 9th Annual Academic Surgical Congress 2014.02.04 San Diego, USA

  105. 上田浩樹、宮澤 傑、鳫翔大郎、伊藤 晃、奈良 篤、山下宏成、森本紘一朗、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、小野宏晃、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除後のADL低下とその推移. 第85回日本臨床外科学会総会 2023.11.18 岡山

  106. 石川喜也、浅野大輔、上田浩樹、 渡邊秀一、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除で内視鏡外科技術認定医を目指す~当科における定型化と教育体制~. 第85回日本臨床外科学会総会 2023.11.16 岡山

  107. 小山照央、石川喜也、浅野大輔、上田浩樹、渡邊秀一、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 低侵襲膵頭十二指腸切除術における肝十二指腸間膜郭清の定型化―右胃動脈牽引による術野展開―. 第85回日本臨床外科学会総会 2023.11.16 岡山

  108. 山根聖弘、石川喜也、浅野大輔、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵体尾部切除術後遅発性膵液瘻に関する新知見. 第15回膵臓内視鏡外科研究会 2023.11.15 岡山

  109. 赤星径一、宮澤 傑、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. ロボット膵切除における開腹移行例・トラブルマネージメントの検討. 第15回膵臓内視鏡外科研究会 2023.11.15 岡山

  110. 石川喜也、浅野大輔、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. Anterior fissure vein をガイドとした腹腔鏡下肝S8背側領域切除. 第17回肝臓内視鏡外科研究会 2023.11.15 岡山

  111. 浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝門個別処理を伴う腹腔鏡下左葉尾状葉切除のtips. 第17回肝臓内視鏡外科研究会 2023.11.15 岡山

  112. 浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. Lap RAMP における良好な背側視野展開~テーピングの活用~. 第15回膵臓内視鏡外科研究会 2023.11.15 岡山

  113. 宮澤 傑、赤星径一、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. ロボット支援下肝切除術における肝離断術野展開の工夫. 第17回肝臓内視鏡外科研究会 2023.11.15 岡山

  114. 伊藤 晃、小野宏晃、山根聖弘、竹内 将、鳫翔大郎、 奈良 篤、森本紘一朗、木村宗貴、山下宏成、八木宏平、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、 田中真二、田邉 稔. 膵癌における Gemcitabine に対するCDK4/6阻害の影響. JDDW 2023 KOBE 2023.11.04 神戸

  115. 梅村謙太郎、秋山好光、島田周、波多野恵、安川紘矢、蒲池厚志、田邉稔、田中真二. 膵癌の新規エピゲノム異常の解明と標的治療の開発. 第21回日本消化器外科学会大会、第31回日本消化器関連学会週間(JDDW 2023) 2023.11.04 神戸

  116. 山下宏成、小野宏晃、竹内 将、山根聖弘、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、木村宗貴、森本紘一朗、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、池田貞勝、田中真二、田邉 稔. 包括的ゲノムプロファイリングに基づいた肝胆膵領域悪性腫瘍に対する横断的な遺伝子変異解析および治療成績. JDDW 2023 KOBE 2023.11.03 神戸

  117. 小野宏晃、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 同時性肝転移を有する膵神経内分泌腫瘍に対する外科切除の有用性と再発リスク因子の解析. JDDW 2023 KOBE 2023.11.03 神戸

  118. 谷合智彦、島田 周、秋山好光、丹治芳明、赤星径一、池上 徹、田邉 稔、田中真二. 癌微小環境に着目した進行肝細胞癌に対する免疫療法. 第21回日本消化器外科学会大会、第31回日本消化器関連学会週間(JDDW 2023) 2023.11.02 神戸

  119. 山下宏成、小野宏晃、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. GEP-NENsにおけるゲノムシークエンス法による横断的な遺伝子変異解析. 第11回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2023.10.14 宇都宮

  120. 森本紘一朗、工藤 篤、赤星径一、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 10mm以下の膵神経内分泌腫瘍の臨床的特徴と予後. 第11回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2023.10.14 宇都宮

  121. 浅野大輔、工藤 篤、小野宏晃、赤星径一、鳫翔大郎、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、田中真二、田邉 稔. Hg-NENs(NET-G3/NEC)に対する手術適応の検討. 第11回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2023.10.14 宇都宮

  122. 浅野大輔、鳫翔大郎、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、小野宏晃、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝転移を伴うNETG2/3患者における手術適応の検討~積極的切除経験から導かれたもの~. 第11回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2023.10.14 宇都宮

  123. 石川喜也、山根聖弘、浅野大輔、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 背側膵動脈の分岐形態およびその形成機序に関する考察. 第50回日本膵切研究会 2023.08.26 東京

  124. 田中真二. シンポジウム1:「肝癌腫瘍微小環境」基調講演「肝癌腫瘍微小環境」. 第59回日本肝癌研究会 2023.07.27 大阪

  125. 赤星径一 、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行肝細胞癌に対する薬物療法後肝切除に関する検討. 第59回日本肝癌研究会 2023.07.27 大阪

  126. 小野宏晃、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行性膵神経内分泌腫瘍におけるアルキル化剤の薬剤特性に基づく治療適応の探索. 第54回日本膵臓学会大会 2023.07.22 福岡

  127. 石川喜也、杉山夕月、室生 暁、浅野大輔、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔、秋田恵一. 拡大視効果から得られた解剖学的知見~SMA左側アプローチにおける新たなランドマーク. 第54回日本膵臓学会大会 2023.07.22 福岡

  128. 伊藤 晃、赤星径一、渡邊秀一、竹内 将、山根聖弘、鳫翔大郎、奈良 篤、森本紘一朗、木村宗貴、 山下宏成、八木宏平、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵断端膿瘍に対する経乳頭的ドレナージの有用性. 第54回日本膵臓学会大会 2023.07.21 福岡

  129. 浅野大輔、工藤 篤、小野宏晃、渡邊秀一、八木宏平、鳫翔大郎、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、田中真二、田邉 稔. 外科医が思い描く膵神経内分泌腫瘍とバイオマーカーの展望. 第54回日本膵臓学会大会 2023.07.21 福岡

  130. 伊藤 晃、小野宏晃、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵癌におけるGemcitabine に対するCDK4/6 阻害の影響. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.14 函館

  131. 鳫翔大郎、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍肝転移患者の手術適応の探究. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.14 函館

  132. 竹内 将、赤星径一、浅野大輔、鳫翔大郎、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下胆嚢摘出術難症例における胆道損傷回避のための当科の手術戦略とICG 胆道造影併用による今後の展望. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.13 函館

  133. 奈良 篤、上田浩樹、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. InBody を用いた術前のサルコペニア評価は、膵頭十二指腸切除術後の自立性の低下を予測する. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.13 函館

  134. 山根聖弘、石川喜也、浅野大輔、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 背側膵動脈の走行経路と分岐形態から推察される形成機序. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.12 函館

  135. 赤星径一、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行肝細胞癌に対する手術と薬物療法の至適組み合わせ治療戦略に関する検討. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.12 函館

  136. 山下宏成、小野宏晃、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. GEP-NENs におけるゲノムシークエンス法による横断的な遺伝子変異解析. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.12 函館

  137. 上田浩樹、森本紘一朗、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除後胆管炎をいかにマネジメントするか?肝胆道シンチグラフィに基づいた治療戦略. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.12 函館

  138. 石川喜也、山根聖弘、浅野大輔、渡邊秀一 、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. ロボット支援下膵頭十二指腸切除術における左SMA アプローチを実行するための解剖学的ランドマーク~検討アプローチにおける解剖学的ランドマーク~. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.12 函館

  139. 森本紘一朗、赤星径一、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵内に多発する神経内分泌腫瘍の治療適応. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.12 函館

  140. 浅野大輔、赤星径一、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝内胆管癌に対する肝門個別処理を伴う腹腔鏡下左葉尾状葉切除のtips. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.12 函館

  141. 渡邊秀一、奥野圭佑、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、絹笠祐介、田邉 稔. マイクロRNA とMSI で胃がん早期再発例を予測する. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.12 函館

  142. 小野宏晃、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 同時性肝転移を伴う膵神経内分泌腫瘍における外科切除ストラテジー. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.12 函館

  143. 奈良 篤、上田浩樹、清水行栄、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 術前InBody・握力を用いた膵頭十二指腸切除術後のサルコペニア発症予測に関する検討. 第38回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2023.05.09 神戸

  144. 森本 紘一朗, 工藤 篤, 赤星 径一, 山根 聖弘, 竹内 将, 奈良 篤, 鳫 翔太郎, 伊藤 晃, 山下 宏成, 八木 宏平, 浅野 大輔, 渡辺 秀一, 石川 喜也, 上田 浩樹, 小野 宏晃, 田中 真二, 田邉 稔. 10mm以下のP-NENにおける臨床病理学的特徴と予後. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.29 東京

  145. 山下 宏成, 赤星 径一, 竹内 将, 山根 聖弘, 伊藤 晃, 鳫 翔太郎, 奈良 篤, 木村 宗貴, 森本 紘一朗, 八木 宏平, 浅野 大輔, 石川 喜也, 渡辺 秀一, 上田 浩樹, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. pT1膵癌における病理学的特徴および予後不良因子について. 第123回日本外科学会定期学術集会. 2023.04.29 東京

  146. 渡辺 秀一, 西野 穣, 島田 周, 浅野 大輔, 石川 喜也, 上田 浩樹, 赤星 径一, 小野 宏晃, 工藤 篤, 角田 達彦, 田中 真二, 田邉 稔. ゲノム解析によって得られる系統樹から理解する癌の進展. 第123回日本外科学会定期学術集会. 2023.04.29 東京

  147. 谷合 智彦, 島田 周, 秋山 好光, 樺嶋 綾乃, 下川 雅弘, 丹治 芳明, 五十嵐 陽介, 月原 秀, 春木 孝一郎, 赤星 径一, 池上 徹, 田邉 稔, 大木 隆生, 田中 真二. 癌免疫療法時代における外科医の役割 癌微小環境に着目した高悪性度肝細胞癌の分子生物学的特徴及び免疫療法の奏功. 第123回日本外科学会定期学術集会. 2023.04.29 東京

  148. 奈良 篤、上田浩樹、清水行栄、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、小野宏晃、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. InBody を用いた術前のサルコペニア評価は、PD術後の自立性の低下を予測する. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.29 東京

  149. 森本紘一朗、工藤 篤、赤星径一、山根聖弘、竹内 将、奈良篤、鳫翔大郎、伊藤 晃、山下宏成、八木宏平、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 10mm以下のP-NENにおける臨床病理学的特徴と予後. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.29

  150. 渡邊秀一、西野 穣、島田 周、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、角田達彦、田中真二、田邉 稔. ゲノム解析によって得られる系統樹から理解する癌の進展. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.29 東京

  151. 山下宏成、赤星径一、竹内 将、山根聖弘、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、木村宗貴、森本紘一朗、八木宏平、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. pT1膵癌における病理学的特徴および予後不良因子について. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.29 東京

  152. 山根聖弘、石川喜也、竹内 将、鳫翔大郎、伊藤 晃、奈良 篤、木村宗貴、山下宏成、森本紘一朗、八木宏平、浅野大輔、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 背側膵動脈の分岐形態. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.28 東京

  153. 木村宗貴、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 膵臓癌における新規治療薬 Clofarabine の検討. 第123回日本外科学会定 2023.04.28 東京

  154. 小野宏晃、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵臓癌の抗癌剤耐性における悪性形質獲得に関連するRRM1遺伝子の機能解析. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.28 東京

  155. 鳫翔大郎、上田浩樹、竹内 将、山根聖弘、伊藤 晃、奈良 篤、森本紘一朗、山下宏成、木村宗貴、八木宏平、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝嚢胞治療のベストプラクティス;手術かドレナージか?. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.27 東京

  156. 浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. iPadを用いた時短でも映えるオペレコ作成術~オペレコは人のためならず~. 第84回日本臨床外科学会総会 2022.11.26 福岡

  157. 浅野大輔、工藤 篤、鳫翔大郎、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、田中真二 、田邉 稔. 外科医による悪性神経内分泌腫瘍への挑戦. 第84回日本臨床外科学会総会 2022.11.25 福岡

  158. 上田浩樹、奈良 篤、伊藤 晃、鳫翔大郎、山下宏成、森本絋一朗、八木宏平、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 「75歳以上」は膵体尾部切除術後のLoss of Independenceのリスクである. 第84回日本臨床外科学会総会 2022.11.25 福岡

  159. 鳫翔大郎、浅野大輔、伊藤 晃、奈良 篤、森本絋一朗、山下宏成、八木宏平、渡邊秀一 、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 積極的肝切除経験から導かれた神経内分泌腫瘍肝転移の治療戦略. 第84回日本臨床外科学会総会 2022.11.25 福岡

  160. 高野祐二 、竹内 将、鳫翔大郎、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、小野宏晃、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下切除術を行った非機能性パラガングリオーマの一例. 第84回日本臨床外科学会総会 2022.11.24 福岡

  161. 浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. CUSAを使いこなす-deviceの特性を意識した肝離断-. 第16回肝臓内視鏡外科研究会 2022.11.23 福岡

  162. 浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部手術の定型化と新世代多自由度鉗子への挑戦. 第14回膵臓内視鏡外科研究会 2022.11.23 福岡

  163. 小川康介、工藤 篤、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍におけるPDXモデルの樹立. JDDW 2022 Fukuoka 2022.10.29 福岡

  164. 石井 武、赤星径一、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、森本紘一朗、木村宗貴、山下宏成、八木宏平、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除不能膵癌に対するFOLFONI療法の有効性と安全性に関する検討. JDDW 2022 Fukuoka 2022.10.28 福岡

  165. 田中真二. シンポジウム3「Etiologyから見た肝細胞癌の病態解明と治療戦略」基調講演「臨床から見た肝細胞癌の分子免疫サブタイプと治療戦略」. 第26回日本肝臓学会大会、第30回日本消化器関連学会週間(JDDW 2022) 2022.10.27 福岡

  166. 田中真二. 領域横断的ワークショップ11「がんの進展・浸潤に関与する新たな分子生物学的マーカーの開発」指定講演「外科臨床に基づく難治性がんの分子免疫機序と治療戦略」. 第60回日本癌治療学会学術集会 2022.10.21 神戸(オンライン)

  167. 小野宏晃、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における治療もしくは予後に関連した分子マーカーの確立. 第60回日本癌治療学会学術集会 2022.10.20 神戸

  168. 秋山 好光、島田 周、田邉 稔、田中 真二.. 膵臓におけるヒストンH3K4メチル化酵素SETD1A発現の臨床的及び生物学的意義.. 第81回日本癌学会学術総会. 2022.10.01 パシフィコ横浜.

  169. 田中 真二. Etiologyから見た肝細胞癌の病態解明と治療戦略 臨床から見た肝細胞癌の分子免疫サブタイプと治療戦略. 日本消化器病学会雑誌 2022.10.01

  170. 石井 武, 赤星 径一, 伊藤 晃, 鳫 翔太郎, 奈良 篤, 森本 絋一郎, 木村 宗貴, 山下 宏成, 八木 宏平, 浅野 大輔, 石川 喜也, 渡辺 秀一, 上田 浩樹, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 切除不能膵癌に対するFOLFONI療法の有効性と安全性に関する検討. 日本消化器外科学会雑誌 2022.10.01

  171. 島田 周、秋山好光、田中真二. CRISPR/Cas9 システムを用いたエクソンスキッピングによる β-catenin シグナルの内在性活性化が肝がん細胞の免疫回避に寄与する. 第81回日本癌学会学術総会 2022.09.30 横浜

  172. 田中 真二. Etiologyから見た肝細胞癌の病態解明と治療戦略 臨床から見た肝細胞癌の分子免疫サブタイプと治療戦略. 肝臓 2022.09.01

  173. 伊藤 晃、赤星径一、石川喜也、浅野大輔、竹内 将、山根聖弘、鳫翔大郎、奈良 篤、森本紘一朗、木村宗貴、山下宏成、八木宏平、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵体尾部切除後の膵液瘻に対するENPDの有用性. 第49回日本膵切研究会 2022.08.20 大津

  174. 石川喜也、浅野大輔、渡邊秀一、 上田浩樹、 赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、 田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除におけるSMA左側アプローチのメルクマール. 第49回日本膵切研究会 2022.08.19 大津

  175. 石川喜也、浅野大輔、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵臓外科で扱う横行結腸周囲の手術手技. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.22 横浜

  176. 伊藤 晃、赤星径一、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵体尾部切除後の膵液瘻に対するENPDの有用性. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.22 横浜

  177. 浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. CUSAを用いた早くて安全な肝離断法~先端と側面を意識したCUSAの使い方. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.21 横浜

  178. 鳫翔大郎、石川喜也、森本紘一朗、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵切除術後出血への当教室での対応. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.21 横浜

  179. 八木宏平、島田 周、秋山好光、下川雅弘、新部彩乃、小野宏晃、赤星径一、工藤 篤、田邉 稔、田中真二. マウス高脂肪食負荷モデルを用いた代謝関連肝癌の病態解明の試み. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.21 横浜

  180. 奈良 篤、上田浩樹、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における肝細胞癌破裂の治療戦略. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.21 横浜

  181. 森本紘一郎、赤星径一、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵全摘術後の血糖コントロール困難症例のリスク因子解析. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.21 横浜

  182. 上田浩樹、森本紘一朗、浅野大輔、 渡邊秀一、 石川喜也、 赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、 田中真二、田邉 稔. 胆道再建後の術後胆管炎に対する当科の治療戦略. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.20 横浜

  183. 小野宏晃、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 同時性肝転移を有する膵神経内分泌腫瘍に対する外科切除の有用性の検討. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.20 横浜

  184. 山下宏成、赤星径一、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 国際診療ガイドラインに基づいたIPMN切除症例の検証. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.20 横浜

  185. 浅野 大輔, 石川 喜也, 渡辺 秀一, 上田 浩樹, 赤星 径一, 小野 宏晃, 田中 真二, 田邉 稔. CUSAを用いた早くて安全な肝離断法 先端と側面を意識したCUSAの使い方. 日本消化器外科学会総会 2022.07.01

  186. 山下 宏成, 赤星 径一, 浅野 大輔, 石川 喜也, 渡辺 秀一, 上田 浩樹, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 国際診療ガイドラインに基づいたIPMN切除症例の検証. 日本消化器外科学会総会 2022.07.01

  187. 小野 宏晃, 浅野 大輔, 渡辺 秀一, 石川 喜也, 上田 浩樹, 赤星 径一, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 同時性肝転移を有する膵神経内分泌腫瘍に対する外科切除の有用性の検討. 日本消化器外科学会総会 2022.07.01

  188. 八木 宏平, 島田 周, 秋山 好光, 下川 雅弘, 新部 彩乃, 小野 宏晃, 赤星 径一, 工藤 篤, 田邉 稔, 田中 真二. マウス高脂肪食負荷モデルを用いた代謝関連肝癌の病態解明の試み. 日本消化器外科学会総会 2022.07.01

  189. 赤星径一、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. アテゾリズマブ、ベバシズマブ併用療法が奏功し根治的切除を施行した進行肝癌の一例. 第26回日本肝がん分子標的治療研究会 2022.06.25 長野

  190. 田中真二. 特別企画4 テクニカルセミナー 肝臓ゲノミクスを日常診療へ. 第58回日本肝臓学会総会 2022.06.02 横浜

  191. 田中真二. 特別講演「外科臨床から見た肝がんの分子機序とpost-SVR治療戦略」. Hiroshima Liver Seminar ~C型肝炎と肝癌~ 2022.05.14 広島大学(オンライン)

  192. 赤星径一、田中真二、田邉 稔. 局所進行膵癌に対する Gemcitabine-based chemotherapy と Chemoradiation 後 conversion surgery の検討. 第108回日本消化器病学会総会 2022.04.21 東京

  193. 浅野大輔、石川喜也、赤星径一、上田浩樹、小野宏晃、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、石井 武、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における腹腔鏡下垂体尾部切除の定型化と新世代多自由度鉗子の使用経験. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.15 熊本

  194. 赤星径一、石井 武、石川喜也、浅野大輔、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行肝細胞癌に対する薬物療法先行後外科的切除治療戦略の意義. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  195. 山下宏成、小野宏晃、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、木村宗貴、森本紘一朗、八木宏平、石井 武、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵癌に対する新規治療法を目指した、細胞増殖関連タンパク PCNA の機能解析. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  196. 八木宏平、小野宏晃、奈良 篤、鳫翔大郎、伊藤 晃、木村宗貴、森本紘一朗、山下宏成、石井 武、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における MGMT 発現解析および STZ ベースレジメンに対する治療効果への影響. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  197. 森本紘一朗、小野宏晃、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、山下宏成、八木宏平、石井 武、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における16番リンパ節転移症例に対する切除の意義. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  198. 石川喜也、赤星径一、浅野大輔、渡邊秀一、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. ロボット尾側膵切除の導入. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  199. 上田浩樹、鳫翔大郎、奈良 篤、伊藤 晃、森本紘一朗、山下宏成、八木宏平、石井 武、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 75歳以上の高齢者に対する膵体尾部切除術の治療成績. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  200. 小野宏晃、村瀬芳樹、小川康介、伊藤 剛、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵臓癌の新規抗がん剤を評価する前臨床試験的な包括的実験モデルの構築. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  201. 石井 武、秋山好光、下川雅弘、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、新部彩乃、島田 周、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔、田中真二. 膵癌におけるヒストン修飾酵素 SETD1A の新規標的遺伝子の同定と臨床的意義の解明. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  202. 赤星 径一, 石井 武, 石川 喜也, 浅野 大輔, 上田 浩樹, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. Intermediate HCCに対する治療戦略:-手術first vs非手術first- 進行肝細胞癌に対する薬物療法先行後外科的切除治療戦略の意義. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2022.04.01

  203. 上田 浩樹, 鳫 翔大郎, 奈良 篤, 伊藤 晃, 森本 耕一朗, 山下 宏成, 八木 宏平, 石井 武, 浅野 大輔, 石川 喜也, 渡辺 秀一, 赤星 径一, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 75歳以上の高齢者に対する膵体尾部切除術の治療成績. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2022.04.01

  204. 石川 喜也, 赤星 径一, 浅野 大輔, 渡辺 秀一, 上田 浩樹, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. ロボット尾側膵切除の導入. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2022.04.01

  205. 田邉 稔、伴 大輔、小野宏晃、小川康介、赤星径一、石川喜也、上田浩樹、浅野大輔、田中真二. 上腸間膜動・静脈周囲の微細な脈管・神経叢解剖を意識した低侵襲膵頭十二指腸切除術. 第34回日本内視鏡外科学会総会 2021.12.03 神戸

  206. 田邉 稔, 伴 大輔, 小野 宏晃, 小川 康介, 赤星 径一, 石川 喜也, 上田 浩樹, 浅野 大輔, 田中 真二. 上腸間膜動・静脈周囲の微細な脈管・神経叢解剖を意識した低侵襲膵頭十二指腸切除術. 日本内視鏡外科学会雑誌 2021.12.01

  207. 河野里咲、上田浩樹、伊藤 晃、奈良 篤、鳫翔太郎、浅野大輔、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵嚢胞内出血後の嚢胞破綻由来の後腹膜膿瘍に対し集学的治療にて救命し得た一例. 第13回日本Acute Care Surgery学会 2021.11.26 長崎

  208. 奈良 篤、上田浩樹、伊藤 晃、鳫翔大郎、木村宗貴、森本紘一朗、山下宏成、石井 武、八木宏平、浅野大輔、石川喜也、小川康介、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔、田中真二. 当院における肝細胞癌破裂例の検討. 第13回日本Acute Care Surgery学会 2021.11.26 長崎

  209. 高橋建叡、浅野大輔、伊藤 晃、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 急速増大する膵頭部腫瘤に対して膵頭十二指腸切除術施行し膵紡錘細胞型退形成癌の診断を得た1例. 第83回日本臨床外科学会総会 2021.11.20 東京

  210. 赤星径一、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行肝細胞癌に対する薬物療法と手術を中心とした集学的治療の試み. 第83回日本臨床外科学会総会 2021.11.20 東京

  211. 山下宏成、上田浩樹、森本紘一朗、木村宗貴、八木宏平、石井 武、菅原俊喬、浅野大輔、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 総肝動脈が膵前面を上行するAdachiⅤ型破格を伴う膵頭部混合型IPMNの1切除例. 第83回日本臨床外科学会総会 2021.11.18 東京

  212. 赤星径一、石川喜也、上田浩樹、浅野大輔、渡邊秀一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . ロボット支援下膵体尾部切除の導入と定型化 . 第13回膵臓内視鏡外科研究会 2021.11.17 東京

  213. 浅野大輔、石川喜也、赤星径一、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、石井 武、渡辺秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における腹腔鏡下膵体尾部切除の定型化と頭側からのアプローチを意識した尾側膵切除. 第13回膵臓内視鏡外科研究会 2021.11.17 東京

  214. 小野宏晃、村瀬芳樹、山下宏成、小川康介、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤篤、田中真二、田邉稔. 膵臓癌における新規治療薬の同定を可能にしたカスタムメイド阻害剤ライブラリーの臨床的有用性および実験的発展性の検証. JDDW 2021 KOBE 2021.11.06 神戸コンベンションセンター

  215. 上田浩樹、森本紘一朗、山下宏成、石田啓之、八木宏平、前川彩、村瀬芳樹、石井武、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤篤、田中真二、田邉稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除時の縫合器による被膜損傷をどうマネジメントするか?. JDDW 2021 KOBE 2021.11.06 神戸コンベンションセンター

  216. 森本紘一朗、赤星径一、山下宏成、八木宏平、石井武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤篤、田中真二、田邉稔. 当科における膵体尾部切除の成績 膵切除後出血の2例に注目して. JDDW 2021 KOBE 2021.11.05 神戸コンベンションセンター

  217. 工藤篤、赤星径一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉稔. 神経内分泌腫瘍の腫瘍マーカー. JDDW 2021 KOBE 2021.11.05 神戸コンベンションセンター

  218. 八木宏平、小野宏晃、森本紘一朗、山下宏成、石田啓之、前川彩、村瀬芳樹、石井武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤篤、田中真二、田邉稔. 膵神経内分泌腫瘍に対するMGMT発現の臨床および腫瘍因子との関連の検討. JDDW 2021 KOBE 2021.11.05

  219. 山下宏成、小野宏晃、森本紘一朗、石田啓之、八木宏平、前川彩、石井武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤篤、田中真二、田邉稔. 切除不能膵神経内分泌腫瘍に対するCapecitabine/Temozolomide併用療法の治療成績. JDDW 2021 KOBE 2021.11.05 神戸コンベンションセンター

  220. 山下 宏成, 小野 宏晃, 森本 絋一郎, 石田 啓之, 八木 宏平, 前川 彩, 石井 武, 菅原 俊喬, 石川 喜也, 上田 浩樹, 赤星 径一, 小川 康介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 切除不能膵神経内分泌腫瘍に対するCapecitabine/Temozolomide併用療法の治療成績. 日本消化器外科学会雑誌 2021.11.01

  221. 田中真二. 招待講演「多様性と科学の発展」. 第25回日本心療内科学会学術大会 2021.10.24 東北大学 Web開催

  222. 小野宏晃、八木宏平、浅野大輔、石川喜也、上田 浩樹、赤星径一、小川康介、工藤篤、田中真二、田邉稔. 進行膵神経内分泌腫瘍に対するTS-1/STZ治療効果およびMGMT 発現やGrade分類との関連性. 第59回 日本癌治療学会学術集会 2021.10.23 パシフィコ横浜

  223. 田中真二. JCA-モヴェルネアワードセッション 外科腫瘍学に基づいた肝胆膵癌に対する新規分子標的-免疫併用療法の開発. 第80回日本癌学会学術総会 2021.10.02 パシフィコ横浜

  224. 小野宏晃、赤星径一、田中真二、田邉稔. RPM1は膵臓癌細胞の細胞外マトリックスタンパク質を転換し悪性化形質獲得に寄与している. 第80回 日本癌学会学術総会 2021.10.01 パシフィコ横浜

  225. 浅野大輔、工藤 篤、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. NETG3/NECG3に対する切除適応の検討. 第52回日本膵臓学会大会 2021.09.23 東京

  226. 森本紘一朗、赤星径一、菅原俊喬、山下宏成、八木宏平、石井 武、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の悪性度に関連するバイオマーカーの多角的検索. 第52回日本膵臓学会大会 2021.09.22 東京

  227. 赤星径一、工藤 篤、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍肝転移に対するスニチニブ投与後肝切除の意義. 第52回日本膵臓学会大会 2021.09.22 東京

  228. 前川 彩、工藤 篤、森本紘一朗、石田啓之、山下宏成、八木宏平、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 肝転移を有する機能性膵消化管神経内分泌腫瘍の治療戦略. 第52回日本膵臓学会大会 2021.09.22 東京

  229. 小野宏晃、村瀬芳樹、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤篤、田中真二、田邉稔. HG-PanNEN における新規治療薬 Eg5 阻害剤 Ispinesib の有用性の検討. 第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.09.11

  230. 山下宏成、小野宏晃、八木宏平、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤篤、田中真二、田邉稔. 切除不能 Pan-NEN に対する Capecitabine/Temozolomide 併用療法の治療成績. 第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.09.11

  231. 赤星径一、村瀬芳樹、前川彩、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤篤、田中真二、田邉稔. 遠隔転移を伴う膵神経内分泌腫瘍に対するスニチニブ投与後切除可能性の検討. 第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.09.11 WEB開催

  232. 山下宏成、赤星径一、森本紘一朗、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 術前化学療法が膵癌周術期成績に与える影響. 第48回日本膵切研究会 2021.08.27 Web開催

  233. 赤星径一、山下宏成、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. StageⅠ膵癌における予後不良因子の解析. 第48回日本膵切研究会 2021.08.27

  234. 浅野 大輔, 工藤 篤, 石川 喜也, 上田 浩樹, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 田中 真二, 田邉 稔. NETG3/NECG3に対する切除適応の検討. 膵臓 2021.08.01

  235. 山下宏成、上田浩樹、森本紘一朗、石田啓之村瀬芳樹、八木宏平、前川 彩、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当院で外科切除を行ったIPNB5例の傾向と術後成績. 第57回日本肝癌研究会 2021.07.23 鹿児島

  236. 森本紘一朗、上田浩樹、山下宏成、八木宏平、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔、田中真二. 肝細胞癌に対する術中焼却療法についての検討. 第57回日本肝癌研究会 2021.07.22 鹿児島

  237. 山下宏成、石川喜也、森本紘一朗、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 中央区域温存膵切除術5例の短期中期成績~膵全摘と比較して~. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.09 京都

  238. 前川 彩、上田浩樹、村瀬芳樹、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における膵粘液嚢胞性腫瘍切除例の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 京都

  239. 石川喜也、石田啓之、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 郭清を伴う腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術の定型化を目指して. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 京都

  240. 村瀬芳樹、小野宏晃、小川康介、吉岡里紗、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 阻害剤ライブラリーから同定されたIspinesibの膵癌新規治療薬への応用. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 京都

  241. 田村華子、上田浩樹、山下宏成、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除術後3年に発症した後腹膜血種による多臓器不全に対し集学的治療にて救命した一例. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.07 京都

  242. 石田啓之、石川喜也、赤星径一、森本紘一朗、山下宏成、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 膵癌に対する腹腔鏡下膵体尾部切除術の治療成績. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.07 京都

  243. 上田浩樹、前川 彩、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科で経験したインスリノーマ36例の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.07 京都

  244. 小野宏晃、池田貞勝、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、三宅 智、田中真二、田邉 稔. GEP-NETにおけるゲノムシークエンス法による横断的な遺伝子変異解析. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.07 京都

  245. 八木宏平、小野宏晃、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対するCAPTEM療法とMGMT発現の関連の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.07 京都

  246. 山下 宏成, 石川 喜也, 森本 絋一郎, 上田 浩樹, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 中央区域温存膵切除術5例の短期中期成績 膵全摘と比較して. 日本消化器外科学会総会 2021.07.01

  247. 田中真二、島田周、秋山好光、新部彩乃、波多野恵、下川雅弘、田邉稔、小川佳宏. シンポジウム2 「肝臓の慢性炎症(ウィルス性と栄養性)と肝がんの発症」指定演者:肝臓外科からみた代謝関連肝癌の分子機序と治療戦略. 第7回肝臓と糖尿病・代謝研究会 2021.05.22 富山大学 Web

  248. 山下宏成、小川康介、木脇祐子、渡邉亮輔、石田啓之、森本紘一朗、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、明石 巧、田邉 稔. 術前に肝粘液嚢胞腺癌を疑うも、術中所見と病理所見にて IPNB の診断に至った1 例. 第61回肝癌症例研究会 2021.05.22 WEB開催

  249. 赤星径一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . 進行肝細胞癌に対するレンバチニブを用いたConversion surgeryの試み . 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.10 幕張

  250. 石川喜也、石田啓久、森本紘一郎、山下宏成、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . 切除不能局所進行膵癌に対するConversion Surgeryを企図した導入化学療法と化学放射線療法の治療成績 . 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  251. 山下宏成、小野宏晃、村瀬芳樹、石田啓久、森本紘一朗、八木宏平、前川 彩、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、小川康介、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . 80歳以上の高齢者に対する腹腔鏡下肝切除術の治療成績 . 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  252. 八木宏平、小野宏晃、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . 当院における切除不能膵神経内分泌腫瘍に対するcapecitabine/temozoromide併用療法の検討 . 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  253. 森本紘一朗、上田浩樹、山下宏成、石田啓久、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . 胆道再建を伴う肝切除における周術期成績 . 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  254. 村瀬芳樹、小野宏晃、吉岡里紗、石川喜也、上田浩紀、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . 阻害剤ライブラリーを用いて同定されたIspinesibの機能解析と膵癌に対する新規治療薬としての検討 . 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  255. 石田啓久、赤星径一、上田浩樹、石川喜也、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . 大腸癌肝転移に対する腹腔鏡下肝切除術の治療成績 . 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  256. 小野宏晃、加藤智敬、村瀬芳樹、石川喜也、渡辺秀一、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . 膵臓癌においてRPM1遺伝子は細胞外マトリックスリモデリングにより悪性形質獲得に寄与する . 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  257. 上田浩樹、森本紘一郎、山下宏成、石田啓久、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . 70歳以上の高齢者に対する副苦境下膵体尾部切除術の短期成績 . 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  258. 石川 喜也, 石田 啓之, 森本 紘一朗, 山下 宏成, 上田 浩樹, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 切除不能局所進行膵癌に対するConversion Surgeryを企図した導入化学療法と化学放射線療法の治療成績. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2021.04.01

  259. 赤星径一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行肝細胞癌に対するレンバチニブを用いたConversion surgeryの試み. 第23回日本肝がん分子標的治療研究会 2021.01.23 御茶ノ水

  260. 島田 周、秋山 好光、有井 滋樹、田邉 稔、田中 真二. 肝細胞癌の分子生物学的・免疫学的分類. 第56回日本肝癌研究会総会 2020.12.22 Web開催

  261. 田中真二、吉野 潤、奥野圭佑、赤須雅文、金本栄美、渡辺秀一、伴 大輔、工藤 篤、絹笠祐介、田邉 稔. ゲノム医療・ゲノム編集時代における複合免疫治療の開発と外科臨床研究の重要性. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12.15 Web 開催

  262. 工藤 篤、鳥羽三佳代、森脇睦子、赤星径一、伴 大輔、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔、伏見清秀. 新しいクオリティインディケーター膵液瘻算出ロジックの創出. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12.15

  263. 赤須 雅文, 小野 宏晃, 石川 喜也, 渡辺 秀一, 赤星 径一, 小川 康介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. PanNENに対するeverolimusの治療効果. 日本消化器外科学会総会 2020.12.01

  264. 八木宏平、石川喜也、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における肝細胞癌破裂例の検討. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  265. 赤須雅文、小野宏晃、石川喜也、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. PanMENに対するeverolimusの治療効果. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  266. 石井 武、赤星径一、石川喜也、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腎細胞癌膵転移例の臨床的検討. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  267. 小野宏晃、加藤智敬、村瀬芳樹、渡辺秀一、石川喜也、赤星径一、小川康介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵臓癌におけるヒストンアセチル化の臨床的意義、機能解析、およびヒストンアセチル化阻害剤の臨床応用性の検討. 第28回日本消化器関連学会週間 2020.11.06 神戸

  268. 村瀬芳樹、工藤 篤、八木宏平、前川 彩、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、菅原俊喬、渡辺秀一、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対する術前スニチニブ投与の意義. 第28回日本消化器関連学会週間 2020.11.06 神戸

  269. 田中真二、絹笠祐介、田邉 稔. ゲノム医療・ゲノム編集時代における難治性消化器がんの治療戦略. 第18回日本消化器外科学会大会、第28回日本消化器関連学会週間(JDDW 2020) 2020.11.06 神戸 Web開催

  270. 田中 真二, 絹笠 祐介, 田邉 稔. ゲノムを用いた消化器疾患の治療戦略. 日本消化器外科学会雑誌 2020.11.01

  271. 石川喜也、伴 大輔、石田啓之、山下宏成、森本紘一朗、渡辺秀一、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除における肝十二指腸間膜、SMA周囲へのアプローチ. 第82回日本臨床外科学会総会 2020.10.31 Web開催

  272. 前川 彩、赤星径一、石川喜也、渡辺秀一、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 総胆管穿破をきたした膵管内乳頭粘液性腫瘍の2例. 第82回日本臨床外科学会総会 2020.10.30 Web開催

  273. 森本紘一朗、赤星径一、石田啓之、山下宏成、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、渡辺秀一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵全摘における血糖コントロール困難症例のリスク因子解析. 第82回日本臨床外科学会総会 2020.10.30 Web開催

  274. 山下宏成、赤星径一、村瀬芳樹、石田啓之、森本紘一朗、石井 武、菅原俊喬、渡辺秀一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下脾臓摘出術を行ったSclerosing Angiomatoid Nodular Transformation(SANT)の2例. 第82回日本臨床外科学会総会 2020.10.29 Web開催

  275. 石川喜也、石田啓之、森本紘一朗、山下宏成、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除の導入を経て. 第12回膵臓内視鏡外科研究会 2020.10.28 Web開催

  276. 石田啓之、石川喜也、赤星径一、渡辺秀一、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 内視鏡技術認定医を目指した腹腔鏡下膵体尾部切除術の術野展開の工夫と教育. 第12回膵臓内視鏡外科研究会 2020.10.28 Web開催

  277. 森本紘一朗、石川喜也、石田啓之、山下宏成、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除における膵液瘻予防法. 第12回膵臓内視鏡外科研究会 2020.10.28 Web開催

  278. 村瀬芳樹、赤星径一、石川喜也、渡辺秀一、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 高齢者に対する腹腔鏡下肝切除術の検討. 第14回肝臓内視鏡外科研究会 2020.10.28 Web開催

  279. 田邉 稔、上田浩樹、石田啓之、山下宏成、森本紘一朗、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二. 肝機能障害合併癌患者の治療. 第58回日本癌治療学会学術集会 2020.10.22 京都

  280. 島田周, 秋山好光, 田邉稔, 田中真二. KDM6A 発現低下を特徴とする膵がん予後不良サブタイプには HDAC 阻害剤が著効する. 第79回日本癌学会総会 2020.10.01 横浜, Web開催

  281. 秋山好光, 島田周, 田邉稔, 田中真二. 胆管癌におけるARID1A欠失はヒストンアセチル化を介して幹細胞遺伝子ALDH1A1の発現亢進に働く. 第79回日本癌学会総会 2020.10.01 横浜 Web開催

  282. 田中 真二, 絹笠 祐介, 田邉 稔. ゲノム医療・ゲノム編集時代における難治性消化器がんの治療戦略. 日本消化器病学会雑誌 2020.10.01

  283. 田邉 稔, 上田 浩樹, 石田 哲之, 山下 宏成, 森本 紘一朗, 石川 喜也, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二. 合併症のある症例の治療 肝機能障害合併癌患者の治療. 日本癌治療学会学術集会抄録集 2020.10.01

  284. 市場 大貴, 赤星 径一, 山下 宏成, 石田 啓之, 森本 紘一郎, 石井 武, 菅原 俊喬, 渡邊 秀一, 石川 喜也, 上田 浩樹, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邊 稔. 十二指腸GISTに対して十二指腸部分切除、ダブルトラクト再建術を施行した一例. 日本臨床外科学会雑誌 2020.10.01

  285. Shimada S, Akiyama Y, Tanaka S.. Loss of KDM6A characterizes a poor prognostic subtype of pancreatic cancer and potentiates HDAC inhibitor lethality.. The 23rd Frontier Scientists Workshop, Post A3-2020 Symposium on Epigenetic Signature of Carcinogenesis 2020.09.19 Seoul, Korea, Online

  286. 田中真二. ゲノム医療・ゲノム編集時代における癌研究と治療展開. 第56回日本肝臓学会総会 2020.08.28 大阪 Web開催

  287. Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Asahina , Sei Kakinuma, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Masato Miyoshi, Ayako Sato, Jun Tsuchiya, Taro Shimizu, Eiko Takeichi, Mina Nakagawa, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Shinji Tanaka , Minoru Tanabe, Shinya Maekawa, Nobuyuki Enomoto and Mamoru Watanabe.. Comprehensive analysis of cancer-related genes and aav/hepatitis b virus integration into genome on development of hepatocellular carcinoma in patients with prior hepatitis b virus infection.. EASL The Digital International Liver Congress 2020 2020.08.28 WEb開催

  288. 加藤智敬、小野宏晃、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. RRM1と膵臓癌における予後およびGemcitabine暴露によるDNAダメージ修復に関連した機能解析ならびに新規治療ターゲットとしての有用性の探索. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  289. 渡辺秀一、西野 穣、島田 周、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、角田達彦、田中真二、田邉 稔. Multicellular colonization modelに基づく肝癌の発生・転移形式推定の試み. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 Web

  290. 伴 大輔、八木宏平、村瀬芳樹、前川 彩、石井 武、菅原俊喬、加藤智敬、赤須雅文、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 局所進行切除不能膵癌に対するConversion surgery後の早期再発例の課題. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  291. 前川 彩、赤星径一、八木宏平、村瀬芳樹、石井 武、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科におけるIPMN切除例の検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  292. 小野宏晃、加藤智敬、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵臓癌におけるヒストンアセチル化の臨床的意義および機能解析とヒストンアセチル化阻害剤の臨床応用性の検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  293. 八木宏平、小倉俊郎、伴 大輔、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤、篤、田中真二、田邉 稔. 当科における膵頭十二指腸切除後の膵液漏の予測因子についての検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.14 完全Web開催

  294. 石井 武、赤星径一、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当院における膵全摘術の治療成績. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.13 完全Web開催

  295. 渡辺 秀一, 西野 穣, 島田 周, 石川 喜也, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 角田 達彦, 田中 真二, 田邉 稔. Multicellular colonization modelに基づく肝癌の発生・転移形式推定の試み. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2020.08.01

  296. 加藤 智敬, 小野 宏晃, 渡辺 秀一, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. RRM1と膵臓癌における予後およびGemcitabine暴露によるDNAダメージ修復に関連した機能解析ならびに新規治療ターゲットとしての有用性の探索. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2020.08.01

  297. 島田 周, 秋山好光, 有井滋樹, 田邉 稔, 田中真二. 肝細胞癌の分子生物学的・免疫学的サブタイプ分類. 第21回日本肝癌分子標的治療研究会 2020.01.11 東京

  298. 浅野 大輔, 工藤 篤, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. NETG3/NECG3 に対する切除適応の検討 . JAPAN DIGESTIVE DISEASE WEEK 2019(消化器外科学会) 2019.11.22 神戸

  299. 松井 聡, 工藤 篤, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対するスニチニブ減量投与の有効性と安全性の検討 . JAPAN DIGESTIVE DISEASE WEEK 2019(消化器外科学会) 2019.11.22 神戸

  300. 田中真二、渡辺秀一、田邉稔. 国際シンポジウム「IS-S3 バイオマーカー,遺伝子解析の消化器がん診断・治療への応用」 Novel genetic and immunological classification of hepatocellular carcinoma for the subtype-specific precision immunotherapy. 第17回日本消化器外科学会大会、第27回日本消化器関連学会週間(JDDW 2019) 2019.11.22 神戸

  301. 前川 彩、渡辺秀一、八木宏平、村瀬芳樹、石井 武、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. brivanibの術前治療後に切除した肝細胞癌の1例. 第60回肝癌症例検討会 2019.11.09 東京

  302. 浅野 大輔, 工藤 篤, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. NETG3/NECG3に対する切除適応の検討. 日本消化器外科学会雑誌 2019.11.01

  303. 赤須雅文、工藤 篤、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、加藤智敬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 小型膵神経内分泌腫瘍の治療戦略. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.26 福岡

  304. 小野宏晃、工藤 篤、赤星径一、小川康介、小倉俊郎、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 進行性膵神経寧分泌腫瘍におけるストレプトゾシン/TS-1併用治療の有用性. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.25 福岡

  305. 松井 聡、工藤 篤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 進行膵神経内分泌腫瘍においてスニチニブ減量投与の有効性と安全性について. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.24 福岡

  306. 浅野大輔、工藤 篤、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 悪性神経内分泌腫瘍患者に対する手術治療~手術治療の可能性~. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.24 福岡

  307. 浅川 雅博, 伊藤 美智子, 菅波 孝祥, 酒井 建, 金井 紗綾香, 白川 伊吹, 畑山 朋美, 田中 真二, 山田 哲也, 小川 佳宏. NASH肝線維芽細胞はFGF9産生を介して腫瘍形成を促進する. 肥満研究 2019.10.01

  308. 伴 大輔, 八木 宏平, 村瀬 芳樹, 前川 彩, 菅原 俊喬, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 渡辺 秀一, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 工藤 敏文, 田中 真二, 田邉 稔. 他科との合同手術 下大静脈高度腫瘍浸潤・腫瘍栓症例に対する血行遮断と治療戦略. 日本臨床外科学会雑誌 2019.10.01

  309. 赤須博文、工藤篤、八木宏平、前川彩、村瀬芳樹、石井武、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴大輔、田中真二、田邉稔. everolimusの治療成績の解析. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  310. 渡辺秀一、工藤篤、鎌谷高志、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴大輔、田中真二、角田達彦、田邉稔. 病理組織画像を用いた深層学習による膵神経内分泌腫瘍肝転移例の特徴抽出の試み. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  311. 渡辺秀一、伴 大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵癌切除術後の単発再発症例の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.19 東京

  312. 浅野大輔、工藤 篤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵NETG3/NECに対する切除適応の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.18 東京

  313. 石井 武、工藤 篤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 当科における消化管神経内分泌腫瘍115例の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.18 東京

  314. 吉野 潤、光法雄介、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝内胆管癌局在. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.17

  315. 松井 聡、工藤 篤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対するスーテントの減量投与の検討. 第50回日本膵臓学会大会 2019.07.12 東京

  316. 光法 雄介, 吉野 潤, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【肝胆膵】膵切除後の長期合併症 尾側膵切除術後における糖尿病発症予測因子の解析. 日本消化器外科学会総会 2019.07.01

  317. 藤田 征志, 山口 類, 有廣 光司, 島田 周, 宮野 悟, 山上 裕機, 茶山 一彰, 垣見 和宏, 田中 真二, 井元 清哉, 中川 英刀. 代謝とがん免疫、免疫応答のモニター法 肝臓がんの免疫ゲノム解析に基づくサブクラス分類. 日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集 2019.07.01

  318. 小野 宏晃, 伊藤 寛倫, 加藤 智敬, 小倉 俊郎, 小川 康介, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. ヒストンアセチル化とジェムザールによる細胞死や細胞周期シグナルに関連した機能解析. 日本消化器外科学会総会 2019.07.01

  319. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、村川美也子、新田沙由梨、柿沼晴、角田知之 、三好正人、四宮恵美、佐藤綾子、土屋淳、井津井康浩、中川美奈、 東正新、田中真二、田邉稔、前川伸哉、榎本信幸、渡辺守. 背景肝の線維化からみた肝細胞癌における癌関連遺伝子変異とviral integrationの検討. 第55回日本肝臓学会総会 2019.05.30 京王プラザホテル

  320. 工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 神経内分泌腫瘍の肝転移に対するConversion Surgery. 第92回日本内分泌学会学術総会 2019.05.11 仙台

  321. 田中真二. 臨床からみた肝癌の分子機序と治療戦略. HCC Meets The Expert in Kanagawa 2019.04.26 横浜

  322. 浅野大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵癌予後因子の術式ごとの検討. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.20 大阪

  323. 田中真二、島田周、秋山好光、大庭篤志、渡辺秀一、奥野圭祐、水野裕貴、上田浩樹、吉野潤、菅原了子、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、小野宏晃、伴大輔、工藤篤、大久保憲一、小嶋一幸、絹笠祐介、田邉稔. プレシジョン・メディシンの外科学への応用 ゲノム医療・ゲノム編集時代におけるプレシジョン免疫複合療法WS-25-6(基調講演). 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.20

  324. 吉野 潤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除症例からみた非ウイルス性、非アルコール性肝癌の病態と分類. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.19 大阪

  325. 田中真二. 外科臨床に基づいた癌多様性の解明と治療開発SP-5-2(指定講演). 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.19 大阪

  326. 赤須雅文、工藤 篤、石井 武、松井 聡、菅原俊喬、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 小型膵内分泌腫瘍の検討. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  327. 石井 武、工藤 篤、松井 聡、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 当院における腎細胞癌膵転移例の臨床的検討. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  328. 渡辺秀一、伴 大輔、西野 穣、石井 武、松井 聡、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田中真二、鎌谷高志、宮 冬樹、田邉 稔. 膵癌の縦断的whole exome sequence解析によるfounder mutation推定の試み. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  329. 浅川 雅博, 伊藤 美智子, 菅波 孝祥, 酒井 建, 金井 紗綾香, 白川 伊吹, 畑山 朋美, 田中 真二, 山田 哲也, 小川 佳宏. NASH肝線維芽細胞特異的に発現するFGF9の機能解析. 日本内分泌学会雑誌 2019.04.01

  330. 浅川 雅博, 伊藤 美智子, 菅波 孝祥, 酒井 建, 金井 紗綾香, 白川 伊吹, 畑山 朋美, 田中 真二, 山田 哲也, 小川 佳宏. NASH肝線維芽細胞特異的に発現するFGF9の病態生理的意義. 糖尿病 2019.04.01

  331. 田中 真二, 島田 周, 秋山 好光, 大庭 篤志, 渡辺 秀一, 奥野 圭祐, 水野 裕貴, 上田 浩樹, 吉野 潤, 菅原 了子, 小倉 俊郎, 小川 康介, 光法 雄介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 大久保 憲一, 小嶋 一幸, 絹笠 祐介, 田邉 稔. プレシジョン・メディシンの外科学への応用 ゲノム医療・ゲノム編集時代におけるプレシジョン免疫複合療法. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2019.04.01

  332. 田中 真二. 外科臨床に基づいた癌多様性の解明と治療開発. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2019.04.01

  333. 吉野 潤, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 切除症例からみた非ウイルス性、非アルコール性肝癌の病態と分類. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2019.04.01

  334. 小野 宏晃, 石井 武, 松井 聡, 浅野 大輔, 菅原 俊喬, 小川 康介, 小倉 俊郎, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 切除不能膵・消化管内分泌腫瘍におけるストレプトゾシンの治療効果と集学的治療における有用性. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2019.04.01

  335. 田中真二. 臨床からみた難治性がんの分子機序と治療戦略. 第11回エピジェネティック療法研究会 2019.02.23

  336. 伴 大輔、小倉俊郎、松井 聡、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、浅野大輔、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下大肝切除における主要グリソン枝のアプローチと定型的離断面形成. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.06 福岡

  337. 石井 武、工藤 篤、松井 聡、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 類洞機能の経時的、生理学的、分子生物学的変化の解析. 第32回肝類洞壁細胞研究会学術集会 2018.12.02 東京

  338. 石井 武、小川康介、松井 聡、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡邊秀一、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 診断に苦慮した左肝管主要栓を伴う大腸癌肝転移の1切除例. 第58回肝癌症例検討会 2018.11.10 東京

  339. 田中真二、小川佳宏、田邉稔. 代謝関連肝癌の特異的バイオマーカーおよび治療標的の同定. 第22回日本肝臓学会大会、第26回日本消化器関連学会週間(JDDW 2018) 2018.11.02

  340. 光法雄介、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、渡邊秀一、千代延紀道、水野裕貴、赤星径一、 小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、 工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝内胆管癌の術後早期再発についての検討. 第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.02 神戸

  341. 田中真二、水野裕貴、田邉稔. 肝癌の予後不良サブタイプの同定とゲノム編集による治療戦略. 第16回日本消化器外科学会大会、第26回日本消化器関連学会週間(JDDW 2018) 2018.11.01 神戸

  342. 田中真二. 肝臓外科からみた代謝関連肝癌の分子機序と治療戦略. 第39回日本肥満学会 2018.10.07 神戸

  343. 田中真二. プレシジョンメディシン時代の肝癌の分子標的治療. 第77回日本癌学会総会 2018.09.28 大阪

  344. 田中真二. 臨床からみた癌幹細胞と免疫微小環境. 第77回日本癌学会学術総会 2018.09.27 大阪

  345. 田中真二. 臨床からみた肝癌の分子機序と治療戦略. 東京肝癌フォーラム2018 2018.09.14 東京

  346. Shinji Tanaka. Molecular classification and precision medicine for hepatocellular carcinoma. 1st TMDU-UCSC-USC Joint Symposium 2018.09.05 Tokyo

  347. 松井 聡、伴 大輔、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科の肝切除におけるエネルギーデバイスの検討. 第37回 Microwave Surgery 研究会 2018.09.01

  348. 小野宏晃、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、伴 大輔、 工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 分枝型 IPMN における手術適応の判断とその検証. 第73回消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  349. 吉野 潤、伴 大輔、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除術~局所解剖を理解したSMA周囲神経叢剥離~ . 第73回消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  350. 光法雄介、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、 工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝部分切除術の手技の工夫. 第73回消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  351. 赤須雅文、伴 大輔、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除におけるトロッカーポジションの定型的コ ンセプトによる視野展開の工夫 . 第73回消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  352. 田中真二. 肝癌の臨床からみたターゲット分子と治療戦略. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  353. 小倉俊郎、赤星径一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、 工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . 腹腔鏡下肝左葉切除術における損傷を回避するグリソン確保の Tips. 第73回消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  354. 伴 大輔、赤須雅文、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 局所進行切除不能膵癌に対する導入化学療法と化学放射線療法 による Conversion surgery の意義. 第73回消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  355. 工藤 篤、小川康介、小倉俊郎、赤星径一、水野裕貴、千代延記道、渡邊秀一、伴 大輔、田中真二、田邉 稔 . 膵神経内分泌腫瘍における集学的治療と微小転移. 2018.07.12 鹿児島

  356. 田中真二、大庭篤志、島田周、秋山好光、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、工藤篤、田邉稔. 肝細胞癌における高頻度変異および特異的免疫サブタイプの解明と免疫precision medicineへの展開. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  357. 小倉 俊郎, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【肝】安全な腹腔鏡下系統的肝切除の普及のために-腹腔鏡下右葉切除と左葉切除の定型化- 腹腔鏡下肝左葉切除術における損傷を回避するグリソン確保のTips. 日本消化器外科学会総会 2018.07.01

  358. 小野 宏晃, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 分枝型IPMNにおける手術適応の判断とその検証. 日本消化器外科学会総会 2018.07.01

  359. 伴 大輔、渡辺秀一、吉野 潤、浅野大輔、加藤智敬、赤須雅文、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. UR膵癌に対する導入化学療法と化学放射線療法によるConversion surgeryの検討. 第49回日本膵臓学会大会 2018.06.29 和歌山

  360. 田中真二. 技術革新と肝癌診療の新時代. 第54回日本肝癌研究会 2018.06.29 久留米

  361. 伴 大輔, 渡辺 秀一, 吉野 潤, 浅野 大輔, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. UR膵癌に対する導入化学療法と化学放射線療法によるConversion surgeryの検討. 膵臓 2018.05.01

  362. 赤須雅文、小川康介、山本浩平、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、千代延記道、小倉俊郎、小野宏晃、 光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、明石 巧、田中真二、田邉 稔. 手術待機中に自然退縮を認めた肝細胞癌の1例. 日本消化器病学会関東支部第349回例会 2018.04.28 東京

  363. 田中真二. Precision medicine for HCC and pancreatic cancer . 第104回日本消化器病学会総会 2018.04.19 東京

  364. 加藤智敬、伴 大輔、赤須雅文、吉野 潤、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵頭部癌の切除可能性分類における動脈周囲Hazy densityの取り扱いと治療戦略. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.07 東京

  365. 光法雄介、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 開腹肝切除例において有用な手技. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.07 東京

  366. 赤須雅文、工藤 篤、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、水野裕貴、千代延記道、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. GEP-NETに対する分子標的治療薬の治療成績. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.07 東京

  367. 吉野 潤、赤星径一、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除症例からみた生活習慣病関連肝癌の臨床病理学的特徴と分類. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.06 東京

  368. 渡辺秀一、伴 大輔、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵癌術後再発例の予後に関わるバイオマーカーの検討. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  369. 工藤 篤、伴 大輔、光法雄介、赤須雅文、加藤智敬、水野裕貴、千代延記道、小野宏晃、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、田中真二、田邉 稔. 肝胆膵外科高度技能手術の総括. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  370. 小野宏晃、赤須雅文、加藤智敬、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小川康介、小倉俊郎、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)切除症例における悪性化の指標となる術前危険因子の評価. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  371. 伴 大輔、小倉俊郎、加藤智敬、赤須雅文、吉野 潤、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下解剖学的肝切除を行うための肝S8グリソンへのアプローチの工夫. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  372. 小倉俊郎、赤星径一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行肝細胞癌に対する術前治療としての肝動注療法の意義. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  373. 佐藤 航, 渡邊 達耶, 金子 麻美, 平野 公雄, 立川 慶一, 小林 英夫, 田中 真二. ACH-Σを用いたクライオフィルトレーション(CF)の洗浄工程の工夫. 日本臨床工学技士会会誌 2018.04.01

  374. 吉野 潤, 赤星 径一, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 渡辺 秀一, 千代延 記道, 水野 裕貴, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 切除症例からみた生活習慣病関連肝癌の臨床病理学的特徴と分類. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2018.04.01

  375. 加藤智敬、伴 大輔、赤須雅文、吉野 潤、渡邊秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 局所進行切除不能膵癌のConversion Surgery2例. 第26回御茶ノ水消化器セミナー 2018.03.17 東京

  376. 加藤智敬、小野宏晃、赤須雅文、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における肝細胞癌破裂の検討. 第54回日本腹部救急医学会総会 2018.03.09 東京

  377. 赤須雅文、小倉俊郎、加藤智敬、吉野 潤、渡邊秀一、水野裕貴、千代延記道、赤星径一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における膵頭十二指腸切除術後の腹腔内出血症例の検討. 第54回日本腹部救急医学会総会 2018.03.09 東京

  378. 森本紘一朗、光法雄介、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、渡邊秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 生体肝移植の10年後に出血性ショックを契機に発見されたde novo十二指腸癌の1切除例. 第54回日本腹部救急医学会総会 2018.03.08 東京

  379. 田中真二、大庭篤志、島田周、秋山好光、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、工藤篤、有井滋樹、田邉稔. 肝がん難治性サブタイプのゲノム編集解析とプレシジョン・メディシンによる治療戦略(ワークショップ). 第55回日本癌治療学会学術集会 2017.10.21 横浜

  380. 田中真二、大畠慶映、田邉稔. 生体内における治療抵抗性獲得メカニズム解明と高度進行肝癌への臨床応用(ワークショップ). 第15回日本消化器外科学会大会 2017.10.14 福岡

  381. 工藤 篤, 伴 大輔, 小倉 俊郎, 小野 宏晃, 赤星 径一, 光法 雄介, 小川 康介, 田中 真二, 田邉 稔. P-NETの予後因子と原発切除、R0/1切除の意義. 日本消化器外科学会雑誌 2017.10.01

  382. 落合 高徳, 浅野 大輔, 吉野 潤, 石川 喜也, 渡辺 秀一, 水野 裕貴, 千代延 紀道, 佐藤 拓, 巌 康仁, 赤星 径一, 小野 宏晃, 光法 雄介, 松村 聡, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. Stage IVA肝細胞癌手術症例の前治療、再発形式に基づいた解析. 日本消化器外科学会雑誌 2017.10.01

  383. 吉野 潤, 伴 大輔, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邊 稔. より低侵襲な腹腔鏡下膵体尾部切除術を目指して Reduced Port Surgery. 日本臨床外科学会雑誌 2017.10.01

  384. 田中 真二, 大庭 篤志, 島田 周, 秋山 好光, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 有井 滋樹, 田邉 稔. 「それぞれの癌」難治性癌に対する治療戦略 肝・胆・膵 肝がん難治性サブタイプのゲノム編集解析とプレシジョン・メディシンによる治療戦略. 日本癌治療学会学術集会抄録集 2017.10.01

  385. Akiyama Y, Nishikawaji T, Shimada S, Yuasa Y, Tanaka S.. Molecular mechanisms of SETDB2 histone methyltransferase overexpression in gastric cancer.. 第76回日本癌学会総会 2017.09.30 横浜

  386. 吉野  潤、伴  大輔、赤星 径一、小倉 俊郎、小川 康介、小野 宏晃、光法 雄介、工藤  篤、田中 真二、田邉  稔. より低侵襲な腹腔鏡下膵体尾部切除術を目指して~Reduced Port Surgery. 6th reduced port surgery forum 2017 2017.08.05

  387. 工藤篤、伴大輔、田中真二、田邉稔. 機能性NET肝転移に対する肝切除術式を決定するLiver SASI testの有用性. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.22

  388. 赤星径一、巌康仁、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 膵頭十二指腸切除術後膵液瘻防止のための当科の工夫. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.22

  389. 田中真二、大庭篤志、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、工藤篤、有井滋樹、田邉稔. プレシジョン・メディシンによる肝細胞癌の予後予測と治療展開. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.22 金沢

  390. 伴大輔、渡邊秀一、小野宏晃、松村聡、光法雄介、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 局所進行切除不能膵癌に対する導入化学療法と放射線化学療法後のConversion Surgeryの有用性. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21

  391. 光法雄介,赤星径一,巌康仁,小野宏晃,松村聡,伴大輔,落合高徳,工藤篤,田中真二,田邉稔. 胆肝細胞癌の局在はリンパ節郭清の適応や範囲の判断基準になりうるか. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21

  392. 上田浩樹,伴大輔,工藤篤,落合高徳,田中真二,田邉稔. 膵頭十二指腸切除後の反復する胆管炎. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21

  393. 田中真二. ワークショップ14関連④臨床応用を目指した消化器外科領域の基礎研究・橋渡し研究4. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21

  394. 渡辺 秀一. 再発形式による膵癌術後再発例の予後の差異の検討. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.20

  395. 小野 宏晃. 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)切除症例におけるリンパ節転移の臨床的評価. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.20

  396. 千代延記道. 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)切除例における術前画像検査での造影される結節の意義. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.20

  397. 伴 大輔、浅野 大輔、吉野 潤、渡辺 秀一、水野 裕貴、千代延 記道、赤星 径一、小倉 俊郎、小川 康介、小野 宏晃、光法 雄介、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. BR膵癌のCT画像膵外進展評価における淡い網目状高吸収所見の意義. 第48回 日本膵臓学会大会 2017.07.15

  398. 工藤 篤、伴 大輔、小倉 俊郎、小野 宏晃、赤星 径一、光法 雄介、小川 康介、田中 真二、田邉 稔. 膵NETの肝転移に対する外科的治療:ガイドラインの問題点と今後の展望. 第48回 日本膵臓学会大会 2017.07.15

  399. 田中真二. 肝癌と抗ウイルス療法. 第53回日本肝癌研究会 2017.07.07

  400. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、田邉稔、田中真二、村川美也子、新田沙由梨、柿沼晴、永田紘子、金子俊、浅野侑、角田知之、三好正人、井上恵美、佐藤綾子、井津. 肝炎ウイルス制御下およびB型肝炎ウイルス既往感染における肝細胞癌遺伝子変異の検討. 第53回日本肝癌研究会 2017.07.06 東京

  401. 田中真二、北畑富貴子、朝比奈靖浩、村川美也子、新田沙由梨、柿沼晴、永田紘子、金子俊、浅野侑、角田知之、三好正人、井上恵美、佐藤綾子、井津井康浩、中川美奈、東正新、田邉稔、前川伸哉、榎本信幸、渡辺守. 肝炎ウイルス制御下およびB型肝炎ウイルス既往感染における肝細胞癌遺伝子変異の検討. 第53回日本肝癌研究会 2017.07.06

  402. 加藤智敬、伴大輔、赤須雅文、吉野潤、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤篤、田中真二、田邉稔 . 胃後壁体外吊り上げ法を用いた術野展開と腹腔鏡下膵体尾部切除術の定型化への取り組み . The 6th SUMMER SEMINAR in OKINAWA 2017.07.01 那覇

  403. 光法雄介、伴大輔、赤須雅文、加藤智敬、吉野潤、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤篤、田中真二、田邉稔 . 腹腔鏡下肝部分切除術における手技の工夫 . The 6th SUMMER SEMINAR in OKINAWA 2017.07.01 那覇

  404. 渡邊秀一、伴大輔、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤篤、田中真二、田邉稔 . 腹腔鏡下膵体尾部切除術後の膵液瘻低減を目指して:吸収性組織補強シート/フィブリン糊による膵断端処理 . The 6th SUMMER SEMINAR in OKINAWA 2017.07.01 那覇

  405. 渡辺 秀一, 伴 大輔, 巌 康仁, 小野 宏晃, 光法 雄介, 松村 聡, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 再発形式による膵癌術後再発例の予後の差異の検討. 日本消化器外科学会総会 2017.07.01

  406. 伴 大輔, 渡邊 秀一, 赤星 径一, 小野 宏晃, 松村 聡, 光法 雄介, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 切除不能膵癌に対するconversion surgeryの位置づけ 局所進行切除不能膵癌に対する導入化学療法と放射線化学療法後のConversion Surgeryの有用性. 日本消化器外科学会総会 2017.07.01

  407. Takehisa Yazawa、Hiroaki Ono¹、Yasuhito Iwao、Satoshi Matsumura、Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban、Takanori Ochiai、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. Clinical significance of enhancing nodules in preoperative imaging studies of IPMN. 第29回 日本肝胆膵外科学会 2017.06.10 横浜

  408. Hiroki Ueda、Daisuke Ban、Atsushi Kudo、Takanori Ochiai、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe . Refractory long-term cholangitis after pancreaticoduodenectomy: a retrospective study . 第29回 日本肝胆膵外科学会 2017.06.09 横浜

  409. Takehiro Okabayashi、Daisuke Asano、Keiichi Akahoshi、Hiroaki Ono、Yusuke Mitsunori、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. The optimal management depending on the features of CT imaging of borderline resectable pancreatic cancer. 第29回 日本肝胆膵外科学会 2017.06.09

  410. Ken-ichi Okada、Daisuke Ban、Keiichi Akahoshi、Yasuhito Iwao、Hiroaki Ono、Yusuke Mitsunori、Satoshi Matsumura、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. The optimal pancreatic stump closure method of a laparoscopic distalpancreatectomy: wrapping and fibrin capping technique. 第29回 日本肝胆膵外科学会 2017.06.09

  411. Shuichi Watanabe、Daisuke Ban、Yasuhito Iwao、Keiichi Akahoshi、Akihiro Ono、Yusuke Mitsunori、Satoshi Matsumura、Takanori Ochiai、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. Study of the prognosis of recurrent pancreatic cancer: The significance of the solitary recurrence. 2017.06.08

  412. Atsushi Kudo、Daisuke Ban、Keiichi Akahoshi、Satoshi Matsumura、Yusuke MItsunori、Yasuhito Iwao、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. How to manage liver metastases of pancreatic NET?. 第29回 日本肝胆膵外科学会 2017.06.08 横浜

  413. Hiroaki Ono、Keiichi Akahoshi、Yasuhito Iwao、Satoshi Matsumura、Yuusuke Mitsunori、Daisuke Ban、Takanori Ochiai、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. Clinical evaluation of lymph node metastasis after surgery of IPMN. 第29回 日本肝胆膵外科学会 2017.06.08 横浜

  414. Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban、Hiroaki Ono、Keiichi Akahoshi、Yasuhito Iwao、Satoshi Matsumura、Takanori Ochiai、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. Can we predict postoperative diabetes mellitus in patient with distal pancreatectomy?. 第29回 日本肝胆膵外科学会 2017.06.08 横浜

  415. Atsushi Kudo、Daisuke Ban、Keiichi Akahoshi、Yusuke Mitsunori、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. Systemic therapy may decide surgical indication for patients with Unresectable of Metastatic Pancreatic Neuroendocrine Tumor. 第29回 日本肝胆膵外科学会 2017.06.08

  416. 工藤 篤. NET-G1/G2の治療戦略 TACE/TAEの位置づけ. 第29回 日本内分泌外科学会総会 2017.05.18 神戸

  417. 落合高徳、吉野潤、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、水野裕貴、佐藤拓、上田浩樹、巌康仁、小野宏晃、光法雄介、松村聡、藍原有弘、伴大輔、工藤篤、田中真二、田邉稔. 肝細胞癌腹膜播種症例における外科的切除の検討. 2017.04.29

  418. 浅野大輔、伴大輔、吉野潤、巌康仁、小野宏晃、光法雄介、松村聡、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 膵切除後脂肪肝~高力価膵酵素剤治療不応症例への治療アプローチ~. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  419. 伴大輔、大井啓司、工藤敏文、齋藤一隆、巌康仁、松村聡、光法雄介、小野宏晃、落合高徳、工藤篤、水野裕貴、田中真二、藤井靖久、井上芳徳、荒井裕国、田邉稔. 下大静脈高度腫瘍浸潤・腫瘍栓症例に対する多領域外科の協力による総合戦略. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  420. 石川喜也、光法雄介、赤星径一、小野宏晃、松村聡、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の手術時にリンパ節郭清は必要か?. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  421. 赤星径一、田中真二、松村聡、光法雄介、小野宏晃、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田邉稔. 糖尿病肥満関連肝癌の背景肝におけるconnective tissue growth factor(CTGF)の発現に関する検討. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  422. 千代延記道、松村聡、浅野大輔、吉野潤、石川喜也、渡邊秀一、水野裕貴、上田浩樹、佐藤拓、巌康仁、光法雄介、藍原有弘、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 非B非Cアルコール性肝細胞癌症例における臨床病理学的検討. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  423. 渡邊秀一、工藤篤、浅野大輔、吉野潤、石川喜也、千代延記道、水野裕貴、上田浩樹、佐藤拓、巌康仁、小野宏晃、光法雄介、松村聡、落合高徳、伴大輔、田中真二、田邉稔 . 内分泌症状の責任病変が肝転移であった膵神経内分泌腫瘍症例における肝SASI試験の有用性. 2017.04.28

  424. 吉野潤、巌康仁、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、千代延記道、水野裕貴、上田浩樹、佐藤拓、小野宏晃、松村聡、光法雄介、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 当科における扁平上皮癌肝転移切除例の検討. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.28

  425. 田邉稔、工藤篤、伴大輔、光法雄介、小野宏晃、赤星径一、田中真二. 特別企画(2) 医療安全ガバナンスの確立を目指した外科組織のあり方:肝胆膵外科領域の取り組み. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.27

  426. 佐藤拓. 超高齢者に対する膵切除の検討. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.27 横浜

  427. 工藤篤. 神経内分泌腫瘍の生物学的悪性度. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.27

  428. 光法雄介. 肝内胆管癌の局在はリンパ節郭清の適応や範囲の判断基準になりうるか. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.27 横浜

  429. 松村聡、水野裕貴、巌康仁、赤星径一、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田中真二、荒井裕国、田邉稔. 右胃大網動脈グラフトによる冠動脈バイパス術後の膵切除術の経験と工夫. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.27 横浜

  430. 田中真二、島田周、秋山好光、松村聡、光法雄介、藍原有弘、落合高徳、伴大輔、工藤篤、有井滋樹、田邉稔. 肝胆膵がんの分子サブタイプと治療抵抗性解析によるprecision medicineの展開. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.27 横浜

  431. 伴 大輔, 大井 啓司, 工藤 敏文, 齋藤 一隆, 巌 康仁, 松村 聡, 光法 雄介, 小野 宏晃, 落合 高徳, 工藤 篤, 水野 友裕, 田中 真二, 藤井 靖久, 井上 芳徳, 荒井 裕国, 田邉 稔. 他科とのコラボレーション手術の実際 下大静脈高度腫瘍浸潤・腫瘍栓症例に対する多領域外科の協力による総合戦略. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2017.04.01

  432. 松村 聡, 水野 友裕, 巌 康仁, 赤星 径一, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 荒井 裕国, 田邉 稔. 右胃大網動脈グラフトによる冠動脈バイパス術後の膵切除術の経験と工夫. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2017.04.01

  433. 田邉 稔, 工藤 篤, 伴 大輔, 光法 雄介, 小野 宏晃, 赤星 径一, 田中 真二. 医療安全ガバナンスの確立を目指した外科組織のあり方 肝胆膵外科領域の取り組み. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2017.04.01

  434. 渡辺 秀一, 工藤 篤, 浅野 大輔, 吉野 潤, 石川 喜也, 千代延 記道, 水野 裕貴, 上田 浩樹, 佐藤 拓, 巌 康仁, 小野 宏晃, 光法 雄介, 松村 聡, 落合 高徳, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 内分泌症状の責任病変が肝転移であった膵神経内分泌腫瘍症例における肝SASI試験の有用性. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2017.04.01

  435. 山本 竜也、赤星 径一、浅野 大輔、松村 聡、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 十二指腸GISTに対して十二指腸部分切除、ダブルトラクト再建術を施行した1例. 2017.02.25 東京

  436. 田中真二、大畠慶映、田邉稔. 肝癌分子標的薬の生体内感受性バイオマーカー探索と臨床展開. 第14回日本消化器外科学会大会、第24回日本消化器関連学会週間(JDDW 2016) 2016.11.04 神戸

  437. 田中真二、伊藤浩光、古山貴基、藍原有弘、松村聡、光法雄介、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田邊稔. 肝胆膵がん個別化分類に基づいた癌幹細胞の治療抵抗性機序の解明と治療展開(シンポジウム). 第72回日本消化器外科学会総会 2016.07.15 徳島

  438. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、田中真二、村川美也子、新田沙由梨、大谷賢志、永田紘子、金子 俊、浅野 侑、角田知之、三好正人、井津井康浩、柿沼 晴、中川美奈、東 正新、田邉 稔、前川伸哉、榎本信幸、渡辺 守. 宿主ゲノム変異の網羅的解析からみた背景肝疾患別の肝癌の特徴. 第52回日本肝癌研究会 2016.07.02 虎ノ門ヒルズ(東京都港区)

  439. 田中真二. 基調講演・がん分子サブタイプと臨床情報に基づく個別化治療戦略. 第52回日本肝癌研究会 2016.07.01 東京

  440. 田中真二. 基礎研究から臨床応用への展望. 第14回日本肝がん分子標的治療研究会 2016.06.11 大阪

  441. 田中真二、佐藤公太、田邉稔. 肝がん個別化分類に基づいた生体内バイオマーカーの同定による新規分子標的治療の開発と臨床展開. 第52回日本肝臓学会総会 2016.05.19 幕張

  442. 田中真二、藍原有弘、田邉稔. 肝癌の幹細胞性解析とゲノム編集技術を用いた治療応用. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.23 東京

  443. 田中真二、島田周、古山貴基、大庭篤志、茂櫛薫、秋山好光、水野裕貴、小川康介、深町博史、伊藤浩光、光法雄介、松村聡、藍原有弘、伴大輔、落合高徳、工藤篤、川口義弥、田邉稔. 臨床検体のゲノム解析に基づいた遺伝子改変およびゲノム編集技術の臨床応用. 第116回日本外科学会定期学術集会 2016.04.16 大阪

  444. Tanaka S. Surgical oncology for identification of novel molecular targets in refractory cancers (symposium). 第74回日本癌学会総会 2015.10.09 名古屋

  445. Tanaka S, Aihara A, Tanabe M. Molecular pathogenesis and targeted therapy for major vascular invasiveness of hepatocellular carcinoma (symposium). 第13回日本消化器外科学会大会、第23回日本消化器関連学会週間(JDDW 2015) 2015.10.08 東京

  446. 田中真二、赤星径一、茂櫛薫、松村聡、藍原有弘、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田邉稔. 非B非C肝癌患者における代謝関連パスウェイと分子メカニズムの解明(ワークショップ). 第51回日本肝癌研究会 2015.07.23 神戸

  447. 田中真二、島田周、伊藤浩光、古山隆貴、藍原有弘、松村聡、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田邉稔. 難治性消化器癌の幹細胞性解析を基盤とした標的治療の前臨床試験(シンポジウム). 第71回日本消化器外科学会総会 2015.07.15 浜松

  448. 田中真二. 「幹細胞特性の機能的解析に基づいた肝癌標的治療」(パネルディスカッション). 第12回日本肝がん分子標的治療研究会 2015.06.06 倉敷

  449. 田中真二、古山隆貴、田邉稔. 幹細胞特性の機能的解析に基づいた肝癌標的治療の前臨床試験(シンポジウム). 第51回日本肝臓学会総会 2015.05.21 熊本

  450. 田中真二、伊藤浩光、茂櫛薫、小川康介、藍原有弘、松村聡、伴大輔、落合高徳、入江工、工藤篤、田中博、有井滋樹、田邉稔. 高度脈管侵襲肝細胞癌に対する術後補助療法の意義と分子生物学的解析(パネルディスカッション). 第115回日本外科学会定期学術集会 2015.04.17 名古屋

  451. 田中真二. 基調講演 「難治性癌の分子機序に基づく治療戦略」. 第14回肝疾患フォーラム学術集会 2014.12.06 大阪

  452. 石井武,松村聡,千代延記道,水野裕貴,中尾圭介,藍原有弘,伴大輔,落合高徳,入江工,工藤篤,田中真二,田邉稔. 腎細胞癌術後四半世紀を経て再発した多発膵転移の1切除例. 第835回外科集談会 2014.12.06 東京

  453. 落合高徳, 藍原有弘, 伊藤浩光, 古山貴基, 田中真二, 工藤 篤, 伴 大輔, 松村 聡, 入江 工, 野口典男, 熊谷洋一, 飯田道夫, 山崎 繁, 田邉 稔. 災害時における患者搬送―東日本大震災時における救命救急センター、災害拠点病院における経験-. 第76回日本臨床外科学会総会 2014.11.22 郡山市

  454. 上田 浩樹, 伴 大輔, 大畠 慶映, 赤星 径一, 伊藤 浩光, 古山 貴基, 勝田 絵里子,中尾 圭介, 松村 聡, 藍原 有弘, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 肝切除シミュレーションの術中活用. 第76回日本臨床外科学会総会 2014.11.22 郡山

  455. 中村 典明, 松村 聡, 藍原 有弘, 伴 大輔, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 肝外胆管癌切除症例における切除断端陰性化の意義. 第76回日本臨床外科学会総会 2014.11.21 郡山

  456. 入江 工, 松村 聡, 藍原 有弘, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 医学生から始める外科医教育システムの構築の試み. 第76回日本臨床外科学会総会 2014.11.21 郡山

  457. 84. 勝田 絵里子, 工藤 篤, 千代延 記道, 上田 浩樹, 赤星 径一, 中尾 圭介, 古山 貴基, 伊藤 浩光, 松村 聡, 藍原 有弘, 伴 大輔, 落合 高徳, 入江 工, 田中 真二, 田邉 稔.. 肝転移を有する膵神経内分泌腫瘍の検討. 第76回日本臨床外科学会総会 2014.11.20 郡山

  458. 大庭篤志,伴大輔,松村聡,藍原有弘,落合高徳,入江工,工藤篤,田中真二,田邉稔. 腹腔鏡下肝切除のデバイスとテクニックの進歩:安全性への寄与. 第8回肝臓内視鏡外科研究会 2014.11.19

  459. 松村聡,田中真二,赤星径一,中尾圭介,伊藤浩光,古山貴基,勝田絵里子,松永浩子,三浦智也,伴大輔,落合高徳,入江工,工藤篤,田邉稔. NBNC肝癌における代謝関連因子の臨床病理学的および分子生物学的解析. JDDW2014 第22回日本消化器関連学会週間 2014.10.25 神戸

  460. 落合 高徳, 田中 真二, 田邉 稔. 進行肝癌の集学的治療 予後とQOLの観点から 進行肝癌(門脈腫瘍栓合併肝細胞癌)に対する治療戦略. JDDW2014 2014.10.24 神戸市

  461. 田中真二、勝田絵里子、田邉稔. 膵神経内分泌腫瘍の癌幹細胞解析に基づいた新規分子標的治療の開発(ワークショップ). 第56回日本消化器病学会大会 2014.10.24 神戸

  462. 上田浩樹, 伴大輔, 千代延記道, 水野裕貴, 劉博, 大畠慶映, 佐藤拓, 赤星径一, 大庭篤志, 伊藤浩光, 古山貴基, 勝田絵里子, 中尾圭介, 松村聡, 藍原有弘, 落合高徳, 入江工, 工藤篤, 田中真二, 田邉稔. 術前放射線化学療法後切除し病理学的CRであった膵扁平上皮癌の一例. 第9回膵癌術前治療研究会 2014.10.19 鹿児島

  463. 大庭篤志、伴大輔、松村聡、藍原有弘、落合高徳、入江工、工藤篤、田中真二、田邉稔. 術前および術後再発時に化学療法が奏功した膵癌の1切除例. 第9回膵癌術前治療研究会 2014.10.18

  464. 大庭 篤志, 伴 大輔, 上田 浩樹, 大畠 慶映, 赤星 径一, 中尾 圭介, 勝田 絵里子, 古山 貴基, 松村 聡, 藍原 有弘, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵体尾部切除術のReduced Port Surgery. 第27回日本内視鏡外科学会総会 2014.10.03

  465. 田中 真二, アテディクリスナ・ ラマ, 茂櫛 薫, 松永 浩子, 松村 聡, 藍原 有弘, 落合 高徳, 田中 博, 山岡 昇司, 有井 滋樹. 可視化がん幹細胞を用いた不均一性とがん宿主相互作用の解析. 第73回日本癌学会学術総会 2014.09.25 横浜

  466. Tanaka S, Adikrisna R, Mogushi K, Matsunaga H, Matsumura S, Aihara A, Ochiai T, Tanaka H, Yamaoka S, Arii S. Visualized cancer stem cells for analysis of heterogenic expansion and microenvironments with tumor-host interaction (symposium). 第73回日本癌学会総会 2014.09.25 横浜

  467. 大庭 篤志、工藤 篤、勝田 絵里子、中尾 圭介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、入江 工、田中 真二、田邉 稔. 病理学的グルカゴン産生膵神経内分泌腫瘍の検討. 第2回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2014.09.20

  468. 茂原富美,松村聡,千代延記道,水野裕貴,劉博,藍原有弘,伴大輔,落合高徳,入江工,工藤篤,田中真二,田邉稔. mixed adenoneuroendocrine carcinoma(MANEC)の1切除例. 第834回外科集談会 2014.09.06 東京

  469. 田中真二、村松俊輔、小川康介、Rama Adikrisna、松村聡、藍原有弘、落合高徳、入江工、伴大輔、工藤篤、中村典明、茂櫛薫、田中博、有井滋樹、田邉稔. 肝癌臨床に基づく再発機序解明と癌幹細胞性を標的とする前臨床試験. 第52回日本癌治療学会学術集会 2014.08.29 横浜

  470. 大庭篤志、伴大輔、松村聡、藍原有弘、落合高徳、入江工、工藤篤、田中真二、田邉稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除術におけるReduced Port Surgery. 第8回単孔式内視鏡手術研究会 2014.08.01 福井

  471. 59. 大庭 篤志, 入江 工, 伊藤 浩光, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔. IPMNの手術適応と術式選択の検討. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.18 郡山

  472. 56. 勝田 絵里子, 田中 真二, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田邉 稔. . 膵神経内分泌腫瘍(P-NET)におけるがん幹細胞の解析. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.18 郡山

  473. 三浦 智也, 伴 大輔, 松村 聡, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔. 肝細胞癌におけるEOBMRIのイメージバイオマーカーとしての有用性の検討. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.18 郡山

  474. 伊藤 浩光, 工藤 篤, 松村 聡, 伴 大輔, 入江 工, 落合 高徳, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔. 術中造影超音波を用いた肝組織評価の新手法. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.18 郡山

  475. 中村 典明, 入江 工, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 浸潤性膵管癌の長期生存に向けた治療戦略. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.17 郡山

  476. 落合高徳,中村典明,工藤篤,入江工,伴大輔,松村聡,伊藤浩光,田中真二,田邉稔. 安全な膵空腸吻合法の工夫-Blumgart変法-. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.17 郡山市

  477. 松永 浩子, 田中 真二, 藍原 有弘, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田邉 稔. 肝癌におけるAurora B阻害メカニズム解析に基づいた新規併用療法の開発. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.17 郡山

  478. 古山 貴基, 伴 大輔, 松村 聡, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔. 腫瘍肉眼型を考慮した肝細胞癌治療選択. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.17 郡山

  479. 田中真二、藍原有弘、松村聡、伴大輔、入江工、落合高徳、工藤篤、中村典明、有井滋樹、田邉稔. 肝癌臨床および代謝解析に基づく難治性機序解明と癌幹細胞性を標的とする前臨床試験(ワークショップ). 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.17 郡山

  480. 入江 工, 勝田 絵里子, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 中村 典明, 田中 真二, 有井 滋樹, 田邉 稔. 高齢者肝細胞癌の切除成績と臨床病理および分子生物学的特徴の検討. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.16 郡山

  481. 松村聡,三浦智也,工藤篤,松永浩子,伴大輔,落合高徳,入江工,中村典明,田中真二,田邉稔. 術後早期肝不全を予測する因子と必要残肝率の検討. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.16 郡山

  482. 中村 典明, 入江 工, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 五関 謹秀, 田邉 稔. 当科における若年性膵管癌の診療経験. 第26回日本肝胆膵外科学会・学術集会 2014.06.13 和歌山

  483. 43. 勝田 絵里子, 工藤 篤, 大畠 慶映, 上田 浩樹, 佐藤 拓, 大庭 篤志, 赤星 径一, 中尾 圭介, 古山 貴基, 伊藤 浩光, 松永 浩子, 三浦 智也, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 入江 工, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔.. 膵神経内分泌腫瘍の肉眼分類の検討. 第26回日本肝胆膵外科学会・学術集会 2014.06.13 和歌山

  484. 松永 浩子, 中村 典明, 上田 浩樹, 大畠 慶映, 佐藤 拓, 大庭 篤志, 赤星 径一, 古山 貴基, 中尾 圭介, 勝田 絵里子, 伊藤 浩光, 三浦 智也, 松村 聡, 伴 大輔, 入江 工, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 肝破裂で発症した肉腫様変化を伴う肝細胞癌の一切除例. 第26回日本肝胆膵外科学会 2014.06.13 和歌山

  485. 大庭 篤志, 工藤 篤, 佐藤 拓, 大畠 慶映, 上田 浩樹, 赤星 径一, 中尾 圭介, 古山 貴基, 勝田 絵里子, 松永 浩子, 三浦 智也, 伊藤 浩光, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 入江 工, 田中 真二, 田邉 稔. 病理学的グルカゴン産生膵神経内分泌腫瘍の検討. 第26回日本肝胆膵外科学会・学術集会 2014.06.13

  486. 入江 工, 赤星 径一, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 安全で確実な膵消化管吻合Blumgart変法. 第26回日本肝胆膵外科学会・学術集会 2014.06.13 和歌山

  487. 松村聡,田中真二,赤星径一,大庭篤志,中尾圭介,伊藤浩光,古山貴基,勝田絵里子,松永浩子,三浦智也,伴大輔,落合高徳,入江工,工藤篤,田邉稔. 非ウイルス性肝癌における代謝関連因子の臨床病理学的および分子生物学的解析. 第26回日本肝胆膵外科学会・学術集会 2014.06.12 和歌山

  488. Tanaka S, Aihara A, Matsumura S, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Arii S, Tanabe M. Molecular targeted therapy for major vascular invasiveness of hepatocellular carcinoma (symposium). 第26回日本肝胆膵外科学会 2014.06.12 和歌山

  489. 伊藤 浩光, 入江 工, 中村 典明, 大畠 慶映, 上田 浩樹, 佐藤 拓, 大庭 篤志, 赤星 径一, 松永 浩子, 勝田 絵里子, 古山 貴基, 中尾 圭介, 三浦 智也, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 新IPMN国際ガイドラインに基づいた手術適応の検討. 第26回日本肝胆膵外科学会 2014.06.11 和歌山

  490. 田中真二、松永浩子、松村聡、藍原有弘、伴大輔、落合高徳、入江工、工藤篤、中村典明、有井滋樹、田邉稔. 肝細胞癌に対する併用分子標的治療の分子基盤と臨床展開. 第50回日本肝癌研究会 2014.06.06 京都

  491. 松村聡,田中真二,赤星径一,中尾圭介,伊藤浩光,古山貴基,勝田絵里子,松永浩子,三浦智也,伴大輔,落合高徳,入江工,工藤篤,田邉稔. NASHを含む非ウイルス性肝癌における代謝関連因子の臨床病理学的および分子生物学的解析. 第50回日本肝癌研究会 2014.06.05 京都

  492. 田中真二. ゲノム・エピゲノム解析に基づく肝癌診療の将来展望(コメンテーター). 第50回日本肝癌研究会 2014.06.05 京都

  493. 落合 高徳, 伴 大輔, 中村 典明, 工藤 篤, 入江 工, 松村 聡, 伊藤 浩光, 三浦 智也, 松永 浩子, 勝田 絵里子, 古山 貴基, 中尾 圭介, 赤星 径一, 大庭 篤志, 上田 浩樹, 大畠 慶映, 佐藤 拓, 田中 真二, 田邉 稔. 術後合併症を減らすための膵切除の工夫 膵体尾部切除後膵液漏の防止 膵断端のネオベール被覆とフィブリングルー塗布. 第26回日本肝胆膵外科学会・学術集会 2014.06.03 和歌山市

  494. 田中真二、松村聡、田邉稔. 肝切除症例における非ウイルス性DM関連肝癌の分子特異性の解明(パネルディスカッション). 第50回日本肝臓学会総会 2014.05.29 東京

  495. 勝田絵里子、工藤篤、大畠慶映、赤星径一、中尾圭介、伊藤浩光、古山貴基、松永浩子、三浦智也、松村聡、伴大輔、落合高徳、入江工、田中真二、田邉稔. 多発性内分泌腫瘍症1型を合併した膵神経内分泌腫瘍の治療経験. 第26回日本内分泌外科学会総会 2014.05.23 名古屋

  496. 石井 秀明, 伊藤 浩光, 工藤 篤, 松村 聡, 伴 大輔, 入江 工, 落合 高徳, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔. 術中造影超音波を用いた肝組織評価の新手法. 日本超音波医学会第87回学術集会 2014.05.09 横浜

  497. 田中真二、藍原有弘、田邉稔. 高度進行肝細胞癌に対するconversion治療の解析と術後高度進行再発に対する治療開発(パネルディスカッション). 第100回日本消化器病学会総会 2014.04.25 東京

  498. 松村聡,工藤篤,赤星径一,佐藤拓,大畠慶映,上田浩樹,中尾圭介,伊藤浩光,古山貴基,勝田絵里子,松永浩子,三浦智也,伴大輔,落合高徳,入江工,中村典明,田中真二,田邉稔. 術前アルコール摂取量は非ウイルス性肝癌の術後再発の指標となる. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.05 京都

  499. 中村 典明, 入江 工, 佐藤 拓, 上田 浩樹, 大畠 慶映, 赤星 径一, 中尾 圭介, 伊藤 浩光, 古山 貴基, 勝田 絵里子, 松永 浩子, 三浦 智也, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 浸潤性膵管癌の長期生存に向けた治療戦略;長期生存例14例の検討から. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.05 京都

  500. 11. 勝田 絵里子, 田中 真二, 上田 浩樹, 大畠 慶映, 佐藤 拓, 古山 貴基, 赤星 径一, 中尾 圭介, 伊藤 浩光, 松永 浩子, 三浦 智也, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田邉 稔.. 膵神経内分泌腫瘍(P-NET)におけるがん幹細胞の解析. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.05 京都

  501. 落合 高徳, 中村 典明, 工藤 篤, 入江 工, 伴 大輔, 松村 聡, 伊藤 浩光, 三浦 智也, 松永 浩子, 勝田 絵里子, 古山 貴基, 中尾 圭介, 赤星 径一, 佐藤 拓, 大畠 慶映, 上田 浩樹, 田中 真二, 田邉 稔. 肝静脈根部大型肝癌に対する肝切除術式の工夫 肝静脈根部、下大静脈浸潤肝癌症例に対する肝切除術の工夫. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.04 京都市

  502. 入江 工, 中村 典明, 伊藤 浩光, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. IPMNガイドライン(2012年版)における、切除適応の妥当性と問題点. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.04 京都

  503. 古山 貴基, 工藤 篤, 上田 浩樹, 大畠 慶映, 佐藤 拓, 赤星 径一, 中尾 圭介, 伊藤 浩光, 勝田 絵里子, 松永 浩子, 三浦 智也, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 入江 工, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔. 術後肝不全予測因子の検討. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.04 京都

  504. 中尾 圭介, 田中 真二, 佐藤 公太, 上田 浩樹, 大畠 慶映, 佐藤 拓, 赤星 径一, 伊藤 浩光, 勝田 絵里子, 古山 貴基, 松永 浩子, 三浦 智也, 松村 聡, 藍原 有弘, 伴 大輔, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田邉 稔. 新規に開発されたAurora/VEGF-R2 dual kinase inhibitorを用いた肝癌分子標的治療の開発. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.04

  505. 三浦 智也, 田中 真二, 伴 大輔, 上田 浩樹, 大畠 慶映, 佐藤 拓, 赤星 径一, 中尾 圭介, 勝田 絵里子, 松永 浩子, 伊藤 浩光, 松村 聡, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田邉 稔. EOB-MRI肝細胞相画像所見を用いた肝細胞癌の術前悪性度予測と分子メカニズムの解明. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.03 京都市

  506. 伊藤浩光, 伴 大輔, 上田 浩樹, 大畠 慶映, 佐藤 拓, 赤星 径一, 古山 貴基, 勝田 絵里子, 松永 浩子, 中尾 圭介, 三浦 智也, 松村 聡, 入江 工, 落合 高徳, 工藤 篤, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔. 細胞癌症例に対する開腹手術と腹腔鏡手術のpropensity score解析. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.03 京都市

  507. 松永 浩子, 田中 真二, 小川 康介, 藍原 有弘, 上田 浩樹, 大畠 慶映, 佐藤 拓, 赤星 径一, 中尾 圭介, 古山 貴基, 勝田 絵里子, 伊藤 浩光, 三浦 智也, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田邉 稔. 肝癌におけるAurora B阻害感受性メカニズムの解析と新規併用療法の開発. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.03 京都市

  508. 田中真二、松永浩子、小川康介、村形綾乃、茂櫛薫、松村聡、伴大輔、落合高徳、入江工、工藤篤、中村典明、田中博、有井滋樹、田邉稔. 肝細胞癌の腫瘍形態に基づく新たな治療アルゴリズムの提唱と遺伝子発現パターンの応用(プレナリーセッション). 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.03 京都

  509. 阿久津智洋,佐藤拓,上田浩樹,松村聡,大畠慶映,赤星径一,中尾圭介,古山貴基,勝田絵里子,松永浩子,三浦智也,伊藤浩光,伴大輔,落合高徳,入江工,工藤篤,中村典明,田中真二,田邉稔. 腹腔鏡下胆嚢摘出後にクリップが核となった結石により急性閉塞性胆管炎を発症した1例. 第50回日本腹部救急医学会総会 2014.03.07 東京

  510. 大庭 篤志, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 糖尿病治療中に発見されたグルカゴーノーマの1切除例. 第832回外科集談会 2014.03.01

  511. 田中真二、勝田絵里子、田邉稔. 高齢者肝癌切除症例の臨床病理と遺伝子発現パターン解析に基づいた応用展開(ワークショップ). 第18回日本肝臓学会大会 2014.10.23 神戸

  512. 田中真二、中尾圭介、有井滋樹. 難治性肝癌を予測するバイオマーカーの探索と治療応用(シンポジウム). 第12回日本消化器外科学会大会 2014.10.23 神戸

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • Compositions and methods for detection and treatment of hepatocellular carcinoma (Tanaka S, MacDonald G)

    出願番号: PCT/CA2014/050373

  • Compositions and methods for detection and treatment of hepatocellular carcinoma (Tanaka S, MacDonald G)

    出願番号: US 61/811,360

  • Dominant negative mutants of IRS-1 and uses there of (Tanaka S, Wands JR)

    特許番号: United States Patent 6,528,479

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会賞,日本学術振興会,2006年

  • 日本癌学会学術賞 JCA-Mauvernay Award,日本癌学会,2012年09月

  • 日本消化器外科学会賞,日本消化器外科学会,2013年07月

  • アメリカ肝臓病学会 Young Investigator Award,アメリカ肝臓病学会,1996年

  • 日本医師会医学研究奨励賞,日本医師会,1997年

  • 日本癌学会奨励賞,日本癌学会,1999年

  • IRPC Gold Medal, Eminent Scientist of the Year,2007年

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 田中真二、ランチョンセミナー「基礎と臨床の観点から考える複合免疫療法」(アストラゼネカ),2023年11月

    第34回日本消化器癌発生学会総会、群馬

  • Shinji Tanaka, Chair, Dan Gabriel Duda; Restore function in a gene that can suppress liver cancer and enhance immunotherapy,2023年11月

    JDDW 2023, Kobe

  • Shinji Tanaka, Chair, Workshop 12; Surgery & Transplantation, TACE, HAIC & Vascular Interventions,2023年10月

    APASL Oncology 2023, Sendai

  • 「 NAFLD関連肝がんにおける脂肪毒性への耐性獲得機序の解明 」 ― 新規治療標的として有望なKDM6B-G0S2-ATGL経路の同定―,2023年10月

    Hepatology Communications

  • Shinji Tanaka, Luncheon Seminar 4 (AstraZeneca), Consideration of Combined Immunotherapy from Basic and Clinical Research,2023年09月

    The 3rd JSH International Liver Conference, Tokyo

  • 田中真二、「基礎と臨床の観点から考える複合免疫療法」,2023年08月

    アストラゼネカ「HCC immuno-Oncology Seminar in Tochigi」、オンライン

  • Shinji Tanaka, Tatsuya Oda, Chair, Workshop 9:The latest translational research for HBP surgery,2023年07月

    The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery,Tokyo

  • 田中真二、司会、研修医セッション15 「肝臓・胆道1」,2023年07月

    第78回日本消化器外科学会総会、函館

  • 竹原徹郎・坂元亨宇・田中真二、司会、シンポジウム1「肝癌腫瘍微小環境」,2023年07月

    第59回日本肝癌研究会、大阪

  • 田中真二、ランチョンセミナー2-8:肝細胞癌における腫瘍微小環境から考えるレンバチニブの新たな可能性(エーザイ)「基礎と臨床から紐解く免疫療法時代におけるレンバチニブの役割」,2023年07月

    第59回日本肝癌研究会、大阪

  • 「 非ウイルス性肝細胞がんの特異的予後予測因子SFXN1の同定と脂肪毒性に対する耐性機序の解明 」 ― 非ウイルス性肝細胞がん予防治療への応用に期待 ―,2023年06月

    Scientific Reports

  • 田中真二、司会、口演 20「肝癌 3(基礎)」,2023年06月

    第59回日本肝臓学会総会、奈良

  • 田中真二、司会、ポスターセッション12「アテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法5」,2023年06月

    第28回日本肝がん分子標的治療研究会、札幌

  • 田中真二、「基礎と臨床の観点から考える抗PD-L1抗体/抗CTLA4抗体初回処方の期待と課題」,2023年05月

    アストラゼネカ「New Normalな肝細胞がん治療を考える」、東京

  • 田中真二、「基礎と臨床の観点から考えるSTRiDEレジメン」,2023年05月

    アストラゼネカ「AZ Hepatocellular Carcinoma Seminar in Saitama」、東京

  • 光冨徹哉・田中真二、司会、シンポジウム「癌免疫療法時代における外科医の役割」,2023年04月

    第123回日本外科学会定期学術集会、東京

  • 「大腸癌におけるRTP4サイレンシングによる腫瘍細胞内因性の免疫チェックポイント阻害薬治療抵抗性獲得メカニズムの解明」 ―免疫チェックポイント阻害薬の効果予測マーカー、治療ターゲットとして有望な遺伝子RTP4の同定―,2023年03月

    Journal of Gastroenterology

  • 田中真二、「臨床からみた肝がんの分子機序と治療戦略」,2023年01月

    アストラゼネカ社内教育企画、オンライン

  • 田中真二・加藤直也、司会、ランチョンセミナー2、「進行肝細胞癌治療に挑む~テセントリク+アバスチン併用療法の実力~」、工藤正俊「肝細胞癌の複合免疫療法-最近の話題を含めて-」,2022年11月

    第26回日本肝臓学会東部会、仙台

  • 田中真二、司会、一般演題1「手術・手技①」,2022年11月

    第26回日本肝臓学会東部会、仙台

  • 田中真二、司会、一般演題「原発性肝癌(薬物療法)9」、肝P-179~肝P-182,2022年10月

    第26回日本肝臓学会大会、第30回日本消化器関連学会週間(JDDW 2022)、福岡

  • 田中真二、司会、ブレックファーストセミナー19、「免疫療法時代に改めてTKIを振り返る」 西川博嘉「肝微小環境における免疫抑制解除の意義」,2022年10月

    第26回日本肝臓学会大会、第30回日本消化器関連学会週間(JDDW 2022)、福岡

  • Shinji Tanaka, Shuichi Kaneko, Chair, Workshop 9:Molecular mechanisms of liver cancer (including HCC, CCC, metastatic liver cancer) ,2022年09月

    APASL Oncology 2022, Takamatsu (on-line)

  • 田中真二、座長、モーニングセミナー2、 演者:冨樫 庸介先生(岡山大学 学術研究院 医歯薬学域 腫瘍微小環境学分野)、テーマ:小環境から肝細胞癌を考える,2022年06月

    第26回日本肝がん分子標的治療研究会、軽井沢

  • 田中真二・泉 浩二、司会、ワークショップ8「浸潤・転移」,2022年06月

    第26回日本がん分子標的治療学会、金沢(オンライン)

  • 田中真二・中尾一彦、司会、「プレナリーセッション1 」,2022年06月

    第26回日本肝がん分子標的治療研究会、軽井沢

  • 田中真二、司会、ワークショップ「肝胆膵領域における Oncology 研究の最前線」,2022年04月

    第122回日本外科学会定期学術集会、熊本

  • 「 β-catenin活性化型肝がんの免疫回避機構を解明 」― 新規多重ゲノム編集技術を用いて内在性β-catenin活性化を実現 ―,2021年08月

    Scientific Reports

  • 「ARID1A欠失は胆管癌の悪性化を促し、ヒストン修飾を介して幹細胞遺伝子の発現亢進に働く」 ―肝内胆管癌治療薬の新しい標的を発見―,2019年11月

    Carcinogenesis

  • Bile duct biomarker? Protein found to pinpoint patients with a lethal cancer,2019年11月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「 肝細胞癌の分子生物学的・免疫学的サブタイプ分類を確立」― 肝癌ゲノム医療の基盤としての応用に期待 ―,2019年01月

    EBioMedicine

  • 「胃がんにおいてヒストン修飾の異常により悪性度を増すメカニズムを解明」― 今後の胃がん治療の新しい標的となることが期待 ―,2018年12月

    Carcinogenesis

  • 「 予後不良膵癌サブタイプにおけるヒストン修飾遺伝子の不活化の意義を解明」― 膵癌のサブタイプ特異的な新規治療法の開発に期待 ―,2018年12月

    International Journal of Cancer

  • 「 化合物スクリーニングによりスキルス胃がん特異的に作用する薬剤を発見 」 マウスモデルを基盤とした新規抗がん剤開発プラットフォームを利用して ―,2018年03月

    British Journal of Cancer:

  • 「 メタボ関連肝がんに特異的なバイオマーカーを発見 」 メタボ関連肝がんの新たな治療法・予防法開発への応用に期待 ―,2018年02月

    American Journal of Pathology

  • 「 肝がんがロイシン欠乏耐性を獲得するメカニズムを解明」 慢性肝障害を伴う肝がん治療への応用が期待 ―,2018年01月

    Scientific Reports

  • 「 肝がん変異遺伝子ARID2による発がんメカニズムを解明 」― 肝がんのプレシジョン・メディシンへ応用が期待 ―,2017年02月

    Journal of Hepatology

  • 「 がんが生体内で治療抵抗性を獲得するメカニズムを解明 」― 薬剤耐性肝がんの新たな治療法開発への期待 ―,2017年02月

    Molecular Cancer Therapeutics

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 肝胆膵外科

  • 医学部講義「衛生学」,2015年 - 現在

  • がんプロ「がんの生物学概論」

  • 医学部講義「腫瘍学」

  • 大学院修士講義「遺伝学特論」

  • 医学部講義「消化器ブロック」

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • エピゲノム異常がかかわる疾患の今後の治療について,日本経済新聞社,日経新聞/日経電子版,2023年05月23日

  • 膵がん治療におけるHDAC阻害薬の可能性,日経BP,WEB,2018年12月27日

  • がん幹細胞を「見える化」し、がん大国日本の治療を変える,株式会社日本ドリコム,ドリコムブック「学びのトレンド&入試対策BOOK」,2018年03月30日