基本情報

写真a

関矢 一郎(セキヤ イチロウ)

SEKIYA Ichiro


職名

教授

生年

1964年

研究室住所

〒113-8519 東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学 再生医療研究センター

研究室電話番号

03-5803-4017

研究室FAX番号

03-5803-0192

メールアドレス

sekiya.arm@tmd.ac.jp

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1990年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  整形外科学  博士課程  2000年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 再生医療研究センター 教授
  • 2009年06月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 再生医療研究センター 教授
  • 2014年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 細胞治療センター 教授
  • 2014年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 再生医療研究センター センター長
  • 2014年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 応用再生医学 教授

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 平成8年4月より東京医科歯科大学分子薬理学教室(野田政樹教授)で大学院生として軟骨細胞分化制御に関する研究に従事
  • 平成12年4月よりMCP Hahnemann University (米国 フィラデルフィア)Gene Therapy Centerのポスドク
  • 平成12年7月Tulane University(米国 ニューオリンズ)Gene Therapy Center ポスドク。いずれもDr. Darwin J Prockopと骨髄間葉幹細胞の増殖と軟骨分化に関する研究に従事
  • 平成14年7月より 東京医科歯科大学大学院運動器外科学教室で、間葉幹細胞の増殖と関節軟骨・半月板分化に関する研究に従事
  • 平成23年4月より東京医科歯科大学大学院軟骨再生学教授

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 整形外科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 滑膜幹細胞による半月板・関節軟骨の治癒促進・再生,2013年09月 - 2016年03月

  • 滑膜幹細胞による膝半月板再生,2011年 - 2018年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • RGDペプチド三次元細胞構造体を用いた新規半月板再生医療技術の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 骨形成因子BMP2による半月板の恒常性の分子機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 脱細胞化異種半月板移植は同種半月板移植に代替するか

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 間葉系幹細胞の増殖と可塑性に関わるシグナルの解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 軟骨・半月板再生を目的とした同種滑膜間葉系幹細胞の安全性の検証

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Masaki Amemiya, Kunikazu Tsuji, Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Yusuke Nakagawa, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Synovial fluid-derived mesenchymal cells have non-inferior chondrogenic potential and can be utilized for regenerative therapy as substitute for synovium-derived cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2020.03; 523 (2): 465-472. ( PubMed, DOI )

  • Kaori Nakamura, Tomomasa Nakamura, Masafumi Horie, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Yusuke Nakagawa, Masaki Amemiya, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Anatomic femoral tunnel placement is difficult by the transtibial technique: comparison of three different femoral tunnel drilling techniques in double-bundle anterior cruciate ligament reconstructions. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2020.02; 28 (2): 584-593. ( PubMed, DOI )

  • Mai Katakura, Kaori Nakamura, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie, Tomomasa Nakamura, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Yusuke Nakagawa, Toshiyuki Ohara, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Risk factors for residual anterolateral rotational instability after double bundle anterior cruciate ligament reconstruction: Evaluation by quantitative assessment of the pivot shift phenomenon using triaxial accelerometer. Knee. 2020.01; 27 (1): 95-101. ( PubMed, DOI )

  • Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Yusuke Nakagawa, Koji Otabe, Toshiyuki Ohara, Mikio Shioda, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. The effect of a longitudinal tear of the medial meniscus on medial meniscal extrusion in anterior cruciate ligament injury patients. Knee. 2019.12; 26 (6): 1292-1298. ( PubMed, DOI )

  • Mitsuru Mizuno, Hisako Katano, Yuri Shimozaki, Sho Sanami, Nobutake Ozeki, Hideyuki Koga, Ichiro Sekiya. Time-lapse image analysis for whole colony growth curves and daily distribution of the cell number per colony during the expansion of mesenchymal stem cells. Sci Rep. 2019.11; 9 (1): 16835. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 関矢 一郎. 関節・軟骨の再生医療. シーエムシー出版, 2019.12 滑膜由来間葉系幹細胞による半月板治癒促進(第5章 自家細胞利用-1) (ISBN : 978-4-7813-1486-0 C3047)

  • 関矢 一郎. 半月板のすべて-解剖から手術、再生医療まで- 半月板修復と滑膜幹細胞を組み合わせた関節機能改善法. 株式会社メジカルビュー社, 2019.09 半月板修復と滑膜幹細胞を組み合わせた関節機能改善法

  • 関矢 一郎. 半月板のすべて-解剖から手術、再生医療まで- 半月板治療の歴史. 株式会社メジカルビュー社, 2019.09 半月板と治療の歴史-半月板治療の歴史-

  • 関矢 一郎, 片野 尚子. 半月板のすべて-解剖から手術、再生医療まで- 半月板の歴史. 株式会社メジカルビュー社, 2019.09 半月板と治療の歴史-半月板の歴史- (ISBN : 978-4-7583-1869-3)

  • 片野 尚子, 関矢 一郎. 組織・細胞の採取. 一般社団法人日本再生医療学会, 2019.03 (ISBN : 978-4-9910591-0-0)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 関矢 一郎. 半月板・軟骨疾患をMRI3次元画像で評価し幹細胞で再生させる. 産業医科大学整形外科学大学院講義 2019.12.04 北九州

  • 関矢 一郎. 中高年齢者の半月板損傷と変形性膝関節症. 第47回日本関節病学会 2019.11.22 福岡

  • Ichiro Sekiya. Regeneration of Degenerated Meniscus by Synovial Stem Cells : Evaluation by 3D MRI. The Koret Foundation Lecture 2019.11.05 Davis,USA

  • 久保田 礼, 古賀 英之, 大関 信武, 松田 純平, 河野 佑二, 関矢 一郎. Centralization法の荷重分散における生体力学的効果・異なる膝屈曲角度での解析. 第46回日本臨床バイオメカニクス学会 2019.11.02 福岡

  • 関矢 一郎, 古賀 英之, 片野 尚子, 水野 満, 小田邉 浩二, 河野 佑二, 大川 淳, 大関 信武. 滑膜幹細胞による変性断裂半月板の温存. 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.18 横浜

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 細胞領域決定方法、細胞撮像システム、細胞画像の処理装置及びコンピュータプログラム

    特許番号: 10482605

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 大関 信武, 平成28年度研究助成事業,日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会,2017年05月

  • 中川 裕介, Best Poster Presentation Award,米国日本人医師会、独立行政法人日本学術振興会,2017年04月

  • 中川 裕介, 第17回三越海外留学渡航費助成,公益財団法人 三越厚生事業団,2016年08月

  • 水野 満, 平成28年度奨励賞,日本組織培養学会,2016年05月

  • 関矢 一郎, 日本再生医療学会賞(臨床部門),日本再生医療学会,2016年03月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 富士フイルムと東京医科歯科大学半月板損傷を対象とした、世界初の自家間葉系幹細胞移植技術に関する特許ライセンス契約を締結-再生医療により半月板温存治療が可能に。早期実用化に向けた取り組みを加速-,2019年03月

    -

  • 「自家滑膜幹細胞の半月板損傷を対象とする医師主導治験」開始のお知らせ― 国内で初めての半月板損傷患者を対象とした再生医療等製品の治験開始―,2017年07月

    治験開始

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 自家滑膜幹細胞の半月板損傷を対象とする治療,読売新聞東京本社,医療ルネサンス,2020年02月21日

  • 膝の痛みを解消して、いつまでも歩ける体づくり,全薬工業株式会社,月刊みすみ,2020年01月28日

  • 膝が痛い!解消するためのポイントを知ろう,全薬工業株式会社,月刊みすみ,2018年01月20日

  • インタビュー「変形性膝関節症の再生医療への挑戦」,JMS,SIESTA,2018年01月10日

  • 軟骨再生,読売新聞社,読売新聞,2017年12月05日

全件表示 >>