基本情報

写真a

岡本 隆一(オカモト リュウイチ)

OKAMOTO Ryuichi


職名

教授

生年

1972年

研究室住所

東京都文京区湯島1−5−45

メールアドレス

rokamoto.gast@tmd.ac.jp

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1996年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  消化器病態学  博士課程  2004年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 再生医療研究センター 教授
  • 2007年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学  
  • 2007年04月
    -
    2014年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 消化管先端治療学講座 准教授
  • 2014年04月
    -
    2014年09月
    東京医科歯科大学 再生医療研究センター 特任教授
  • 2014年10月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 再生医療研究センター 教授

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2014年10月
    -
    現在
    再生医療研究センター 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本消化器病学会

  • 日本内科学会

  • 日本消化器内視鏡学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本消化器病学会 関東地方会評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 消化管上皮の分化・再生

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 炎症性腸疾患における可塑性上皮細胞脱分化機構の解析と粘膜再生治療への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 培養ヒト腸管上皮を用いた消化管ホルモン・ファームの構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 再生腸上皮幹細胞ニッチの誘導・再構築による炎症腸管粘膜再生治療の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 生体センサー腸上皮によるバイオスクリーニング法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2015年

  • 再生腸上皮幹細胞ニッチの誘導・再構築による炎症腸管粘膜再生治療の確立

    文部科学省/日本学術振興会

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Sho Anzai, Ami Kawamoto, Sayaka Nagata, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Reiko Kuno, Sakurako Kobayashi, Satoshi Watanabe, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Yui Hiraguri, Sayaka Takeoka, Hady Yuki Sugihara, Shiro Yui, Shigeru Oshima, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. TGF-β promotes fetal gene expression and cell migration velocity in a wound repair model of untransformed intestinal epithelial cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2020.04; 524 (3): 533-541. ( PubMed, DOI )

  • Yuria Takei, Yasuhiro Nemoto, Ryo Morikawa, Shohei Tanaka, Shigeru Oshima, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. T cells show amoeboid shape and frequent morphological change in vitro, and localize to small intestinal intraepithelial region in vivo. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2020.03; 523 (2): 328-335. ( PubMed, DOI )

  • Ryuichi Okamoto, Hiromichi Shimizu, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Sayaka Nagata, Yui Hiraguri, Sayaka Takeoka, Hady Yuki Sugihara, Shiro Yui, Mamoru Watanabe. Organoid-based regenerative medicine for inflammatory bowel disease. Regen Ther. 2020.03; 13 1-6. ( PubMed, DOI )

  • Shohei Tanaka, Yasuhiro Nemoto, Yuria Takei, Ryo Morikawa, Shigeru Oshima, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Susanne Stutte, Mamoru Watanabe. High-fat diet-derived free fatty acids impair the intestinal immune system and increase sensitivity to intestinal epithelial damage. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2020.02; 522 (4): 971-977. ( PubMed, DOI )

  • Sho Watanabe, Kiichiro Tsuchiya, Ryu Nishimura, Tomoaki Shirasaki, Nobuhiro Katsukura, Shuji Hibiya, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Mutation by CRISPR System Enhances the Malignant Potential of Colon Cancer. Mol. Cancer Res.. 2019.07; 17 (7): 1459-1467. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 岡本隆一. 【今日の治療指針 2015年版】私はこう治療している「消化管寄生条虫症」. 医学書院, 2015.01 「消化管寄生条虫症」

  • 金井隆典、岡本隆一、渡辺 守. 【Annual Review消化器2004】炎症性腸疾患. 2004.01

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 河﨑 翔、清水寛路、日比谷秀爾、本林麻衣子、竹中健人、油井史郎、根本泰宏、齊藤詠子、藤井俊光、岡田英理子、大島 茂、岡本隆一、土屋輝一郎、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守、松山貴俊、加藤恒平. 抗TNFα製剤治療が有効であった潰瘍性大腸炎術後に発症した壊疽性膿皮症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第359回例会 2020.05.01 Web開催

  • 久壽米木駿、勝田景統、北畑富貴子、新田沙由梨、村川美也子、油井史郎、根本泰宏、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、朝比奈靖浩、渡辺 守、石田尚子、伊藤 崇 . 肝膿症との鑑別を要したG-CSF生産を伴う肝内胆管癌の1例. 日本消化器病学会関東支部第358回例会 2020.02.22 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  • 岡本隆一、清水寛路、鈴木康平、髙橋純一、川井麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、竹中健人、齋藤詠子、福田将義、藤井俊光、長堀正和、油井史郎、土屋輝一郎、大塚和朗、渡辺 守. 【バイオマーカーと創薬に関するプロジェクト】培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和元年度 第2回総会 2020.01.24 コングレスクエア日本橋(東京都中央区)

  • Sakurako Kobayashi, Satoshi Watanabe, Yosuke Yoneyama, Kousuke Tanimoto, Ryu Nishimura, Sayaka Nagata, Masami Inoue, Kouhei Suzuki, Sei Kakinuma, Kiichiro Tsuchiya, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe, Takanori Takebe, Shiro Yui. Conceptual basis of lineage shift between intestinal epithelium and hepatocytes. Keystone Symposia, Tissue Organoids as Models of Host Physiology and Pathophysiology of Disease 2020.01.22 Vancouver(Canada)

  • 岡本隆一. 【Keynote lecture】腸上皮オルガノイドを用いた再生医療の開発. ヒューマン・オルガノイド技術の最前線2019 2019.11.25 コングレスクエア日本橋(東京都中央区)

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2019年度 日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 技術開発個別課題「iPS細胞を用いた機能的ヒト腸管グラフト構築・製造法の開発」研究代表者:岡本隆一,2019年09月

  • 2019年度 日本医療研究開発機構 再生医療実用化研究事業 再生医療等安全性確保法に従い、医療として提供されている再生医療等において、患者に投与する細胞加工物の微生物等の汚染を防ぎ、安全性を効率的に確保する方策を検討するための研究「医療として提供される再生医療等の微生物安全性確保に関する研究」分担研究者:岡本隆一,2019年04月

  • 2019年度 文部科学省科学研究穂補助金 若手研究「クローン病病変部における新規幹細胞分画の同定と機能解析」研究代表者:鈴木康平 ,2019年04月

  • 2019年度 文部科学省科学研究費補助金(基金) 基盤研究(B)「大腸Label-retaining杯細胞の同定・機能解析と炎症粘膜再生への応用」研究代表者:岡本隆一,2019年04月

  • 2019年度 日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究分担者:岡本隆一,2019年04月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 炎症性腸疾患の腸上皮における新たな炎症・再生応答の協調機構を解明」― 早期の治療効果予測に期待 ―,2018年12月

    Journal of Crohn's and Colitis

  • 「 大腸分泌系上皮細胞の可塑性による新たな組織再生・腫瘍発生機構を解明」― 炎症性腸疾患における粘膜再生治療の開発や腫瘍発生機構の解明に期待―,2017年12月

    Stem Cell Reports

  • 日本炎症性腸疾患研究会教育セミナー「炎症性腸疾患治療における再生医療の最前線」,2015年11月

     

  • 【北海道医師会認定生涯教育講座】Hokkaido Digestive Disease Forum 2015「消化管領域における再生医療」,2015年09月

     

  • 記者懇談会「本学の再生医療研究の取組について」,2015年06月

     

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 炎症性腸疾患に対する再生医療,ラジオNIKKEI,医学講座,2019年11月21日

  • 消化管の再生医療,メディカルトリビューン,メディカルトリビューン,2019年03月21日

  • 岡本教授の研究について 学びの魅力、高校生、受験生への,株式会社河合塾マナビス,河合塾マナビスinfo,2019年02月15日

  • 腸疾患の再生医療,日本経済新聞社,日本経済新聞,2018年12月27日

  • 潰瘍性大腸炎の臨床研究,共同通信社,共同通信配信先の加盟紙,2018年08月16日

全件表示 >>