基本情報

写真a

岡本 隆一(オカモト リュウイチ)

OKAMOTO Ryuichi


職名

教授

生年

1972年

研究室住所

東京都文京区湯島1−5−45

メールアドレス

rokamoto.gast@tmd.ac.jp

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1996年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  消化器病態学  博士課程  2004年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 教授
  • 2007年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学  
  • 2007年04月
    -
    2014年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 消化管先端治療学講座 准教授
  • 2014年04月
    -
    2014年09月
    東京医科歯科大学 再生医療研究センター 特任教授
  • 2014年10月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 再生医療研究センター 教授
  • 2017年04月
     
     
    東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 再生医療研究センター 教授
  • 2017年05月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 再生医療研究センター 教授
  • 2018年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 再生医療研究センター 教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2020年05月
    -
    現在
    大学院医歯学総合研究科 消化器病態学分野 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本消化器病学会

  • 日本内科学会

  • 日本消化器内視鏡学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本消化器病学会 関東地方会評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 消化管上皮の分化・再生

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • パーソナル化機能性蛋白産生オルガノイドの腸上皮移植による単回完結型補充療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2022年 - 2023年

  • 膵神経内分泌腫瘍の分子生物学的特性と転移機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2023年

  • 自己組織化に依存しない多細胞人工発癌オルガノイドモデルの開発と細胞連関解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2023年

  • スフェロイド・デザイニングによる原腸由来臓器作成技術の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2021年

  • 炎症性腸疾患における可塑性上皮細胞脱分化機構の解析と粘膜再生治療への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 培養ヒト腸管上皮を用いた消化管ホルモン・ファームの構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 再生腸上皮幹細胞ニッチの誘導・再構築による炎症腸管粘膜再生治療の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 生体センサー腸上皮によるバイオスクリーニング法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2015年

  • 再生腸上皮幹細胞ニッチの誘導・再構築による炎症腸管粘膜再生治療の確立

    文部科学省/日本学術振興会

  • 大腸Label-retaining杯細胞の同定・機能解析と炎症粘膜再生への応用

    文部科学省/日本学術振興会

  • 天然物ケミカルバイオロジーの研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 組織学的治癒を目指したIBD病態リセット機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 肝星細胞におけるTNFシグナルを基軸とした肝線維化分子機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 肝癌オルガノイドを用いた肝癌微小環境中免疫学的プロファイルに関わる病態解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 腸内環境における生命金属の役割

    文部科学省/日本学術振興会

  • 炎症性腸疾患における小腸難治化機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • ヒトiPS細胞由来肝細胞オルガノイドの開発と肝線維化・発癌病態モデルの創成

    文部科学省/日本学術振興会

  • 複合イメージング系による腸管腫瘍ニッチにおけるT細胞動態の可視化

    文部科学省/日本学術振興会

  • CD4-CD8αβ-TCRαβ+T細胞のアナジー誘導性抗原提示能の解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • ヒトiPS細胞由来複合型自己組織化腸管組織を用いた難治性腸炎モデルの確立

    文部科学省/日本学術振興会

  • 病態を再現するヒト肝臓オルガノイドの創成と肝星細胞脱活性化をめざした細胞種間解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • 難治性消化管疾患に対する統合オルガノイド医療の創成

    文部科学省/日本学術振興会

  • 新規RASシグナル阻害剤の頭頸部癌治療応答基盤解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 肝癌ゲノム情報と癌微小環境の空間的多様性の機械学習による臨床予測モデルの構築

    文部科学省/日本学術振興会

  • オルガノイド培養系を用いた膵充実性偽乳頭腫瘍の成立・悪性化機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • ウイルス制御下の肝病態制御機構に関与する新規標的分子の探索

    文部科学省/日本学術振興会

  • 患者由来大腸オルガノイド移植法を用いたdysplasia-PDOXモデルの開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 炎症性腸疾患病態におけるT-T presentationの役割の解明

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Ami Kawamoto, Toshimitsu Fujii, Ryuji Mitani, Yasuhiro Suzuki, Tsunehito Yauchi, Ryuichi Okamoto. Serum Levels of Infliximab Biosimilar in a Child Delivered From a Mother Treated for Ulcerative Colitis.( Online ahead of print.) Inflamm Bowel Dis. 2022.06; ( PubMed, DOI )

  2. Shuji Hibiya, Kazuo Ohtsuka, Kento Takenaka, Ami Kawamoto, Yusuke Matsuyama, Yumi Udagawa, Maiko Motobayashi, Hiromichi Shimizu, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Mucosal healing of small intestinal stricture is associated with improved prognosis post-dilation in Crohn's disease. BMC Gastroenterol. 2022.05; 22 (1): 218. ( PubMed, DOI )

  3. Satoshi Watanabe, Sakurako Kobayashi, Nobuhiko Ogasawara, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe, Kim B Jensen, Shiro Yui. Transplantation of intestinal organoids into a mouse model of colitis. Nat Protoc. 2022.03; 17 (3): 649-671. ( PubMed, DOI )

  4. Hiroki Matsuda, Yoichi Nibe-Shirakihara, Akiko Tamura, Emi Aonuma, Satoko Arakawa, Kana Otsubo, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Kiichiro Tsuchiya, Shigeomi Shimizu, Averil Ma, Mamoru Watanabe, Motohiro Uo, Ryuichi Okamoto, Shigeru Oshima. Nickel particles are present in Crohn's disease tissue and exacerbate intestinal inflammation in IBD susceptible mice. Biochem Biophys Res Commun. 2022.02; 592 74-80. ( PubMed, DOI )

  5. Hiromichi Shimizu, Toshimitsu Fujii, Kenji Kinoshita, Ami Kawamoto, Shuji Hibiya, Kento Takenaka, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Intravenous tacrolimus is a superior induction therapy for acute severe ulcerative colitis compared to oral tacrolimus. BMC Gastroenterol. 2021.12; 21 (1): 494. ( PubMed, DOI )

  6. Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Ami Kawamoto, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Chiaki Maeyashiki, Osamu Yamaji, Maiko Motobayashi, Akira Igarashi, Ryoichi Hanazawa, Shuji Hibiya, Masakazu Nagahori, Eiko Saito, Ryuichi Okamoto, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Deep neural network for video colonoscopy of ulcerative colitis: a cross-sectional study. Lancet Gastroenterol Hepatol. 2021.11; ( PubMed, DOI )

  7. Yuka Hayakawa, Kaoru Tsuchiya, Masayuki Kurosaki, Yutaka Yasui, Shun Kaneko, Yuki Tanaka, Shun Ishido, Kento Inada, Sakura Kirino, Koji Yamashita, Tsubasa Nobusawa, Hiroaki Matsumoto, Tatsuya Kakegawa, Mayu Higuchi, Kenta Takaura, Shohei Tanaka, Chiaki Maeyashiki, Nobuharu Tamaki, Hiroyuki Nakanishi, Jun Itakura, Yuka Takahashi, Yasuhiro Asahina, Ryuichi Okamoto, Namiki Izumi. Early experience of atezolizumab plus bevacizumab therapy in Japanese patients with unresectable hepatocellular carcinoma in real-world practice. Invest New Drugs. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  8. Ai Minamidate, Michio Onizawa, Chikako Saito, Rie Hikichi, Tomoaki Mochimaru, Mai Murakami, Chiharu Sakuma, Takehito Asakawa, Yuichi Hiraoka, Shigeru Oshima, Takashi Nagaishi, Kiichiro Tsuchiya, Hiromasa Ohira, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. A potent endocytosis inhibitor Ikarugamycin up-regulates TNF production. Biochem Biophys Rep. 2021.09; 27 101065. ( PubMed, DOI )

  9. Naoya Tsugawa, Daiki Yamada, Taro Watabe, Michio Onizawa, Shuang Wang, Yasuhiro Nemoto, Shigeru Oshima, Takeshi Tsubata, Takahiro Adachi, Yohei Kawano, Mamoru Watanabe, Richard S Blumberg, Ryuichi Okamoto, Takashi Nagaishi. Corrigendum to "CEACAM1 specifically suppresses B cell receptor signaling-mediated activation". Biochem Biophys Res Commun. 2021.08; 565 97. ( PubMed, DOI )

  10. Takehito Asakawa, Michio Onizawa, Chikako Saito, Rie Hikichi, Daiki Yamada, Ai Minamidate, Tomoaki Mochimaru, Shun-Ichiro Asahara, Yoshiaki Kido, Shigeru Oshima, Takashi Nagaishi, Kiichiro Tsuchiya, Hiromasa Ohira, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Oral administration of D-serine prevents the onset and progression of colitis in mice. J Gastroenterol. 2021.08; 56 (8): 732-745. ( PubMed, DOI )

  11. Kento Takenaka, Ami Kawamoto, Shuji Hibiya, Kohei Suzuki, Toshimitsu Fujii, Maiko Motobayashi, Hiromichi Shimizu, Masakazu Nagahori, Eiko Saito, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe, Kazuo Ohtsuka. Higher concentrations of cytokine blockers are needed to obtain small bowel mucosal healing during maintenance therapy in Crohn's disease. Aliment Pharmacol Ther. 2021.07; 54 (8): 1052-1060. ( PubMed, DOI )

  12. A Kawamoto, K Takenaka, S Hibiya, K Ohtsuka, R Okamoto, M Watanabe. Serum Leucine-Rich α 2 Glycoprotein: A Novel Biomarker For Small Bowel Mucosal Activity in Crohn's Disease Clin Gastroenterol Hepatol. 2021.06; ( PubMed, DOI )

  13. Go Ito, Shiro Yui, Ryuichi Okamoto. A Cellular "Hub" Function to Resolve Colitis. Cell Mol Gastroenterol Hepatol. 2021.05; ( PubMed, DOI )

  14. Takashi Nagaishi, Taro Watabe, Kunihiko Kotake, Toshihiko Kumazawa, Tomomi Aida, Kohichi Tanaka, Ryuichi Ono, Fumitoshi Ishino, Takako Usami, Takamasa Miura, Satomi Hirakata, Hiroko Kawasaki, Naoya Tsugawa, Daiki Yamada, Kazuhiro Hirayama, Soichiro Yoshikawa, Hajime Karasuyama, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe, Richard S Blumberg, Takahiro Adachi. Immunoglobulin A-specific deficiency induces spontaneous inflammation specifically in the ileum. Gut. 2021.05; ( PubMed, DOI )

  15. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Toshimitsu Fujii, Shiori Oshima, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Deep Neural Network Accurately Predicts Prognosis of Ulcerative Colitis Using Endoscopic Images. Gastroenterology. 2021.05; 160 (6): 2175-2177.e3. ( PubMed, DOI )

  16. Reiko Kuno, Go Ito, Ami Kawamoto, Yui Hiraguri, Hady Yuki Sugihara, Sayaka Takeoka, Sayaka Nagata, Junichi Takahashi, Mao Tsuchiya, Sho Anzai, Tomohiro Mizutani, Hiromichi Shimizu, Shiro Yui, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Notch and TNF-α signaling promote cytoplasmic accumulation of OLFM4 in intestinal epithelium cells and exhibit a cell protective role in the inflamed mucosa of IBD patients. Biochem Biophys Rep. 2021.03; 25 100906. ( PubMed, DOI )

  17. Shuji Hibiya, Yusuke Matsuyama, Toshimitsu Fujii, Chiaki Maeyashiki, Eiko Saito, Kimiko Ito, Hiromichi Shimizu, Ami Kawamoto, Maiko Motobayashi, Kento Takenaka, Masakazu Nagahori, Masayuki Kurosaki, Tsunehito Yauchi, Kazuo Ohtsuka, Takeo Fujiwara, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. 5-aminosalicylate-intolerant patients are at increased risk of colectomy for ulcerative colitis. Aliment Pharmacol Ther. 2021.01; 53 (1): 103-113. ( PubMed, DOI )

  18. Mao Tsuchiya, Go Ito, Minami Hama, Sayaka Nagata, Ami Kawamoto, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Sho Anzai, Junichi Takahashi, Reiko Kuno, Sayaka Takeoka, Yui Hiraguri, Hady Yuki Sugihara, Tomohiro Mizutani, Shiro Yui, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Functional analysis of isoflavones using patient-derived human colonic organoids. Biochem Biophys Res Commun. 2021.01; 542 40-47. ( PubMed, DOI )

  19. Emi Aonuma, Akiko Tamura, Hiroki Matsuda, Takehito Asakawa, Yuriko Sakamaki, Kana Otsubo, Yoichi Nibe, Michio Onizawa, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Motohiro Uo, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto, Shigeru Oshima. Nickel ions attenuate autophagy flux and induce transglutaminase 2 (TG2) mediated post-translational modification of SQSTM1/p62. Biochem Biophys Res Commun. 2021.01; 542 17-23. ( PubMed, DOI )

  20. Naoya Tsugawa, Daiki Yamada, Taro Watabe, Michio Onizawa, Shuang Wang, Yasuhiro Nemoto, Shigeru Oshima, Takeshi Tsubata, Takahiro Adachi, Yohei Kawano, Mamoru Watanabe, Richard S Blumberg, Ryuichi Okamoto, Takashi Nagaishi. CEACAM1 specifically suppresses B cell receptor signaling-mediated activation. Biochem Biophys Res Commun. 2021.01; 535 99-105. ( PubMed, DOI )

  21. Ryo Morikawa, Yasuhiro Nemoto, Yuki Yonemoto, Shohei Tanaka, Yuria Takei, Shigeru Oshima, Takashi Nagaishi, Kiichiro Tsuchiya, Kengo Nozaki, Tomohiro Mizutani, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Intraepithelial Lymphocytes Suppress Intestinal Tumor Growth by Cell-to-Cell Contact via CD103/E-Cadherin Signal. Cell Mol Gastroenterol Hepatol. 2021; 11 (5): 1483-1503. ( PubMed, DOI )

  22. Shuji Hibiya, Yusuke Matsuyama, Toshimitsu Fujii, Chiaki Maeyashiki, Eiko Saito, Kimiko Ito, Hiromichi Shimizu, Ami Kawamoto, Maiko Motobayashi, Kento Takenaka, Masakazu Nagahori, Masayuki Kurosaki, Tsunehito Yauchi, Kazuo Ohtsuka, Takeo Fujiwara, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. 5-aminosalicylate-intolerant patients are at increased risk of colectomy for ulcerative colitis. Aliment Pharmacol Ther. 2020.11;

  23. Taku Sato, Shun Ishikawa, Jumpei Asano, Hirona Yamamoto, Masayuki Fujii, Toshiro Sato, Kouhei Yamamoto, Keisuke Kitagaki, Takumi Akashi, Ryuichi Okamoto, Toshiaki Ohteki. Regulated IFN signalling preserves the stemness of intestinal stem cells by restricting differentiation into secretory-cell lineages. Nat Cell Biol. 2020.08; 22 (8): 919-926. ( PubMed, DOI )

  24. Kana Otsubo, Chiaki Maeyashiki, Yoichi Nibe, Akiko Tamura, Emi Aonuma, Hiroki Matsuda, Masanori Kobayashi, Michio Onizawa, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Satoru Torii, Eisuke Itakura, Mamoru Watanabe, Shigeru Oshima. Receptor-Interacting Protein Kinase 3 (RIPK3) inhibits autophagic flux during necroptosis in intestinal epithelial cells. FEBS Lett. 2020.05; 594 (10): 1586-1595. ( PubMed, DOI )

  25. Sho Anzai, Ami Kawamoto, Sayaka Nagata, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Reiko Kuno, Sakurako Kobayashi, Satoshi Watanabe, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Yui Hiraguri, Sayaka Takeoka, Hady Yuki Sugihara, Shiro Yui, Shigeru Oshima, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. TGF-β promotes fetal gene expression and cell migration velocity in a wound repair model of untransformed intestinal epithelial cells. Biochem Biophys Res Commun. 2020.04; 524 (3): 533-541. ( PubMed, DOI )

  26. Yuria Takei, Yasuhiro Nemoto, Ryo Morikawa, Shohei Tanaka, Shigeru Oshima, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. T cells show amoeboid shape and frequent morphological change in vitro, and localize to small intestinal intraepithelial region in vivo. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2020.03; 523 (2): 328-335. ( PubMed, DOI )

  27. Ryuichi Okamoto, Hiromichi Shimizu, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Sayaka Nagata, Yui Hiraguri, Sayaka Takeoka, Hady Yuki Sugihara, Shiro Yui, Mamoru Watanabe. Organoid-based regenerative medicine for inflammatory bowel disease. Regen Ther. 2020.03; 13 1-6. ( PubMed, DOI )

  28. Shohei Tanaka, Yasuhiro Nemoto, Yuria Takei, Ryo Morikawa, Shigeru Oshima, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Susanne Stutte, Mamoru Watanabe. High-fat diet-derived free fatty acids impair the intestinal immune system and increase sensitivity to intestinal epithelial damage. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2020.02; 522 (4): 971-977. ( PubMed, DOI )

  29. Sho Watanabe, Kiichiro Tsuchiya, Ryu Nishimura, Tomoaki Shirasaki, Nobuhiro Katsukura, Shuji Hibiya, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Mutation by CRISPR System Enhances the Malignant Potential of Colon Cancer. Mol. Cancer Res.. 2019.07; 17 (7): 1459-1467. ( PubMed, DOI )

  30. Hiromichi Shimizu, Kohei Suzuki, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Stem cell-based therapy for inflammatory bowel disease. Intest Res. 2019.07; 17 (3): 311-316. ( PubMed, DOI )

  31. Ami Kawamoto, Sayaka Nagata, Sho Anzai, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Minami Hama, Daichi Nogawa, Kouhei Yamamoto, Reiko Kuno, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Yui Hiraguri, Shiro Yui, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Ohtsuka, Masanobu Kitagawa, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Ubiquitin D is Upregulated by Synergy of Notch Signalling and TNF-α in the Inflamed Intestinal Epithelia of IBD Patients. J Crohns Colitis. 2019.03; 13 (4): 495-509. ( PubMed, DOI )

  32. Kohei Suzuki, Tatsuro Murano, Hiromichi Shimizu, Go Ito, Toru Nakata, Satoru Fujii, Fumiaki Ishibashi, Ami Kawamoto, Sho Anzai, Reiko Kuno, Konomi Kuwabara, Junichi Takahashi, Minami Hama, Sayaka Nagata, Yui Hiraguri, Kento Takenaka, Shiro Yui, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Single cell analysis of Crohn's disease patient-derived small intestinal organoids reveals disease activity-dependent modification of stem cell properties. J. Gastroenterol.. 2018.09; 53 (9): 1035-1047. ( PubMed, DOI )

  33. Fumiaki Ishibashi, Hiromichi Shimizu, Toru Nakata, Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Sho Anzai, Reiko Kuno, Sayaka Nagata, Go Ito, Tatsuro Murano, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Contribution of ATOH1+ Cells to the Homeostasis, Repair, and Tumorigenesis of the Colonic Epithelium. Stem Cell Reports. 2018.01; 10 (1): 27-42. ( PubMed, DOI )

  34. Yoichi Nibe, Shigeru Oshima, Masanori Kobayashi, Chiaki Maeyashiki, Yu Matsuzawa, Kana Otsubo, Hiroki Matsuda, Emi Aonuma, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Shinichiro Nakada, Mamoru Watanabe. Novel polyubiquitin imaging system, PolyUb-FC, reveals that K33-linked polyubiquitin is recruited by SQSTM1/p62. Autophagy. 2018.01; 14 (2): 347-358. ( PubMed, DOI )

  35. Tatsuro Yoneyama, Midori A Arai, Ryuta Akamine, Kazune Koryudzu, Anna Tsuchiya, Samir K Sadhu, Firoj Ahmed, Motoyuki Itoh, Ryuichi Okamoto, Masami Ishibashi. Notch Inhibitors from Calotropis gigantea That Induce Neuronal Differentiation of Neural Stem Cells. J. Nat. Prod. 2017.09; 80 (9): 2453-2461. ( PubMed, DOI )

  36. Shuji Hibiya, Kiichiro Tsuchiya, Ryohei Hayashi, Keita Fukushima, Nobukatsu Horita, Sho Watanabe, Tomoaki Shirasaki, Ryu Nishimura, Natsuko Kimura, Tatsunori Nishimura, Noriko Gotoh, Shigeru Oshima, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Long-term Inflammation Transforms Intestinal Epithelial Cells of Colonic Organoids. J Crohns Colitis. 2017.05; 11 (5): 621-630. ( PubMed, DOI )

  37. Chiaki Maeyashiki, Shigeru Oshima, Kana Otsubo, Masanori Kobayashi, Yoichi Nibe, Yu Matsuzawa, Michio Onizawa, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. HADHA, the alpha subunit of the mitochondrial trifunctional protein, is involved in long-chain fatty acid-induced autophagy in intestinal epithelial cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2017.03; 484 (3): 636-641. ( PubMed, DOI )

  38. Toru Nakata, Hiromichi Shimizu, Sayaka Nagata, Go Ito, Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Reiko Kuno, Sho Anzai, Tatsuro Murano, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Katsuto Hozumi, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Data showing proliferation and differentiation of intestinal epithelial cells under targeted depletion of Notch ligands in mouse intestine. Data Brief. 2017.02; 10 551-556. ( PubMed, DOI )

  39. Toru Nakata, Hiromichi Shimizu, Sayaka Nagata, Go Ito, Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Reiko Kuno, Sho Anzai, Tatsuro Murano, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Katsuto Hozumi, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Indispensable role of Notch ligand-dependent signaling in the proliferation and stem cell niche maintenance of APC-deficient intestinal tumors. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2017.01; 482 (4): 1296-1303. ( PubMed, DOI )

  40. Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Toru Nakata, Tatsuro Murano, Go Ito, Hiromichi Shimizu, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Akihiro Araki, Kazuo Ohtsuka, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. PGE2 is a direct and robust mediator of anion/fluid secretion by human intestinal epithelial cells. Sci Rep. 2016.11; 6 36795. ( PubMed, DOI )

  41. Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Functional relevance of intestinal epithelial cells in inflammatory bowel disease. Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2016.11; 39 (6): 522-527. ( PubMed, DOI )

  42. Masanori Kobayashi, Shigeru Oshima, Chiaki Maeyashiki, Yoichi Nibe, Kana Otsubo, Yu Matsuzawa, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. The ubiquitin hybrid gene UBA52 regulates ubiquitination of ribosome and sustains embryonic development. Sci Rep. 2016.11; 6 36780. ( PubMed, DOI )

  43. Ryuichi Okamoto, Mariko Negi, Syohei Tomii, Yoshinobu Eishi, Mamoru Watanabe. Diagnosis and treatment of microscopic colitis. Clin J Gastroenterol. 2016.08; 9 (4): 169-174. ( PubMed, DOI )

  44. Ryohei Hayashi, Kiichiro Tsuchiya, Keita Fukushima, Nobukatsu Horita, Shuji Hibiya, Keisuke Kitagaki, Mariko Negi, Eisaku Itoh, Takumi Akashi, Yoshinobu Eishi, Eriko Okada, Akihiro Araki, Kazuo Ohtsuka, Shinji Fukuda, Hiroshi Ohno, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Shinji Tanaka, Kazuaki Chayama, Mamoru Watanabe. Reduced Human α-defensin 6 in Noninflamed Jejunal Tissue of Patients with Crohn's Disease. Inflamm. Bowel Dis.. 2016.05; 22 (5): 1119-1128. ( PubMed, DOI )

  45. Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Investigating cell therapy for inflammatory bowel disease. Expert Opin Biol Ther. 2016.04; 1-9. ( PubMed, DOI )

  46. Satoshi Otani, Sei Kakinuma, Akihide Kamiya, Fumio Goto, Shun Kaneko, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Yu Asano, Fukiko Kawai-Kitahata, Sayuri Nitta, Toru Nakata, Ryuichi Okamoto, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Yasuhiro Asahina, Tomoyuki Yamaguchi, Naohiko Koshikawa, Motoharu Seiki, Hiromitsu Nakauchi, Mamoru Watanabe. Matrix metalloproteinase-14 mediates formation of bile ducts and hepatic maturation of fetal hepatic progenitor cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2016.01; 469 (4): 1062-1068. ( PubMed, DOI )

  47. Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Role of epithelial cells in the pathogenesis and treatment of inflammatory bowel disease. J. Gastroenterol. 2016.01; 51 (1): 11-21. ( PubMed, DOI )

  48. Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Perspectives for Regenerative Medicine in the Treatment of Inflammatory Bowel Diseases. Digestion. 2015.07; 92 (2): 73-77. ( PubMed, DOI )

  49. Yu Matsuzawa, Shigeru Oshima, Masahiro Takahara, Chiaki Maeyashiki, Yasuhiro Nemoto, Masanori Kobayashi, Yoichi Nibe, Kengo Nozaki, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Averil Ma, Mamoru Watanabe. TNFAIP3 promotes survival of CD4 T cells by restricting MTOR and promoting autophagy. Autophagy. 2015.06; 11 (7): 1052-1062. ( PubMed, DOI )

  50. Keita Fukushima, Kiichiro Tsuchiya, Yoshihito Kano, Nobukatsu Horita, Shuji Hibiya, Ryohei Hayashi, Keisuke Kitagaki, Mariko Negi, Eisaku Itoh, Takumi Akashi, Yoshinobu Eishi, Shigeru Oshima, Takashi Nagaishi, Okamoto Ryuichi, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Atonal homolog 1 protein stabilized by tumor necrosis factor α induces high malignant potential in colon cancer cell line. Cancer Sci. 2015.05; 106 (8): 1000-1007. ( PubMed, DOI )

  51. Yu Matsuzawa, Shigeru Oshima, Yoichi Nibe, Masanori Kobayashi, Chiaki Maeyashiki, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. RIPK3 regulates p62-LC3 complex formation via the caspase-8-dependent cleavage of p62. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2015.01; 456 (1): 298-304. ( PubMed, DOI )

  52. Nobukatsu Horita, Kiichiro Tsuchiya, Ryohei Hayashi, Keita Fukushima, Shuji Hibiya, Masayoshi Fukuda, Yoshihito Kano, Tomohiro Mizutani, Yasuhiro Nemoto, Shiro Yui, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Fluorescent labelling of intestinal epithelial cells reveals independent long-lived intestinal stem cells in a crypt. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2014.10; 454 (4): 493-499. ( PubMed, DOI )

  53. Hiromichi Shimizu, Ryuichi Okamoto, Go Ito, Satoru Fujii, Toru Nakata, Kohei Suzuki, Tatsuro Murano, Tomohiro Mizutani, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Katsuto Hozumi, Mamoru Watanabe. Distinct expression patterns of Notch ligands, Dll1 and Dll4, in normal and inflamed mice intestine. PeerJ. 2014.05; 2 (1): e370. ( PubMed, DOI )

  54. Masahiro Suzuki, Takashi Nagaishi, Motomi Yamazaki, Michio Onizawa, Taro Watabe, Yuriko Sakamaki, Shizuko Ichinose, Mamoru Totsuka, Shigeru Oshima, Ryuichi Okamoto, Motoyuki Shimonaka, Hideo Yagita, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Myosin light chain kinase expression induced via tumor necrosis factor receptor 2 signaling in the epithelial cells regulates the development of colitis-associated carcinogenesis. PLoS ONE. 2014.02; 9 (2): e88369. ( PubMed, DOI )

  55. Tatsuro Murano, Ryuichi Okamoto, Go Ito, Toru Nakata, Shuji Hibiya, Hiromichi Shimizu, Satoru Fujii, Yoshihito Kano, Tomohiro Mizutani, Shiro Yui, Junko Akiyama-Morio, Yasuhiro Nemoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Hes1 promotes the IL-22-mediated antimicrobial response by enhancing STAT3-dependent transcription in human intestinal epithelial cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2014.01; 443 (3): 840-846. ( PubMed, DOI )

  56. Okamoto R, Nagaori T, Watanabe M. Prespectives for IBD in Japan. AGA Perspectives. 2013.12; 9 (2): 18-19.

  57. Masahiro Takahara, Yasuhiro Nemoto, Shigeru Oshima, Yu Matsuzawa, Takanori Kanai, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuhide Yamamoto, Mamoru Watanabe. IL-7 promotes long-term in vitro survival of unique long-lived memory subset generated from mucosal effector memory CD4+ T cells in chronic colitis mice. Immunol. Lett.. 2013.11; 156 (1-2): 82-93. ( PubMed, DOI )

  58. Go Ito, Ryuichi Okamoto, Tatsuro Murano, Hiromichi Shimizu, Satoru Fujii, Toru Nakata, Tomohiro Mizutani, Shiro Yui, Junko Akiyama-Morio, Yasuhiro Nemoto, Eriko Okada, Akihiro Araki, Kazuo Ohtsuka, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Lineage-specific expression of bestrophin-2 and bestrophin-4 in human intestinal epithelial cells. PLoS ONE. 2013.11; 8 (11): e79693. ( PubMed, DOI )

  59. Yasuhiro Nemoto, Takanori Kanai, Masahiro Takahara, Shigeru Oshima, Tetsuya Nakamura, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Mamoru Watanabe. Bone marrow-mesenchymal stem cells are a major source of interleukin-7 and sustain colitis by forming the niche for colitogenic CD4 memory T cells. Gut. 2013.08; 62 (8): 1142-1152. ( PubMed, DOI )

  60. Yasuhiro Nemoto, Takanori Kanai, Masahiro Takahara, Shigeru Oshima, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Satoshi Matsumoto, Mamoru Watanabe. Th1/Th17-mediated interstitial pneumonia in chronic colitis mice independent of intestinal microbiota. J. Immunol.. 2013.06; 190 (12): 6616-6625. ( PubMed, DOI )

  61. Kei Kiyohashi, Sei Kakinuma, Akihide Kamiya, Naoya Sakamoto, Sayuri Nitta, Hideto Yamanaka, Kouhei Yoshino, Junko Fujiki, Miyako Murakawa, Akiko Kusano-Kitazume, Hiromichi Shimizu, Ryuichi Okamoto, Seishin Azuma, Mina Nakagawa, Yasuhiro Asahina, Naoki Tanimizu, Akira Kikuchi, Hiromitsu Nakauchi, Mamoru Watanabe. Wnt5a signaling mediates biliary differentiation of fetal hepatic stem/progenitor cells in mice. Hepatology. 2013.06; 57 (6): 2502-2513. ( PubMed, DOI )

  62. Yoshihito Kano, Kiichiro Tsuchiya, Xiu Zheng, Nobukatsu Horita, Keita Fukushima, Shuji Hibiya, Yuhki Yamauchi, Tatsunori Nishimura, Kunihiko Hinohara, Noriko Gotoh, Shinji Suzuki, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. The acquisition of malignant potential in colon cancer is regulated by the stabilization of Atonal homolog 1 protein. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2013.03; 432 (1): 175-181. ( PubMed, DOI )

  63. Akihiro Araki, Kiichiro Tsuchiya, Shigeru Oshima, Eriko Okada, Shinji Suzuki, Junko Morio Akiyama, Toshimitsu Fujii, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Endoscopic ultrasound with double-balloon endoscopy for the diagnosis of inverted Meckel's diverticulum: a case report. J Med Case Rep. 2012.09; 6 (1): 328. ( PubMed, DOI )

  64. Tomohiro Mizutani, Tetsuya Nakamura, Ryo Morikawa, Masayoshi Fukuda, Wakana Mochizuki, Yuhki Yamauchi, Kengo Nozaki, Shiro Yui, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Mamoru Watanabe. Real-time analysis of P-glycoprotein-mediated drug transport across primary intestinal epithelium three-dimensionally cultured in vitro. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2012.03; 419 (2): 238-243. ( PubMed, DOI )

  65. Shiro Yui, Tetsuya Nakamura, Toshiro Sato, Yasuhiro Nemoto, Tomohiro Mizutani, Xiu Zheng, Shizuko Ichinose, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Hans Clevers, Mamoru Watanabe. Functional engraftment of colon epithelium expanded in vitro from a single adult Lgr5⁺ stem cell. Nat. Med.. 2012.03; 18 (4): 618-623. ( PubMed, DOI )

  66. Osamu Yamaji, Takashi Nagaishi, Teruji Totsuka, Michio Onizawa, Masahiro Suzuki, Naoto Tsuge, Atsuhiko Hasegawa, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Hisashi Arase, Takanori Kanai, Mamoru Watanabe. The development of colitogenic CD4(+) T cells is regulated by IL-7 in collaboration with NK cell function in a murine model of colitis. J. Immunol.. 2012.03; 188 (6): 2524-2536. ( PubMed, DOI )

  67. Yasuhiro Nemoto, Takanori Kanai, Tamako Shinohara, Takashi Ito, Tetsuya Nakamura, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Martin Lipp, Yoshinobu Eishi, Mamoru Watanabe. Luminal CD4⁺ T cells penetrate gut epithelial monolayers and egress from lamina propria to blood circulation. Gastroenterology. 2011.12; 141 (6): 2130-2139.e11. ( PubMed, DOI )

  68. Xiu Zheng, Kiichiro Tsuchiya, Ryuichi Okamoto, Michiko Iwasaki, Yoshihito Kano, Naoya Sakamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Suppression of hath1 gene expression directly regulated by hes1 via notch signaling is associated with goblet cell depletion in ulcerative colitis. Inflamm. Bowel Dis.. 2011.11; 17 (11): 2251-2260. ( PubMed, DOI )

  69. Tamako Shinohara, Yasuhiro Nemoto, Takanori Kanai, Kaori Kameyama, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Teruji Totsuka, Koichi Ikuta, Mamoru Watanabe. Upregulated IL-7 receptor α expression on colitogenic memory CD4+ T cells may participate in the development and persistence of chronic colitis. J. Immunol.. 2011.02; 186 (4): 2623-2632. ( PubMed, DOI )

  70. Michiko Iwasaki, Kiichiro Tsuchiya, Ryuichi Okamoto, Xiu Zheng, Yoshihito Kano, Eiko Okamoto, Eriko Okada, Akihiro Araki, Shinji Suzuki, Naoya Sakamoto, Keisuke Kitagaki, Takumi Akashi, Yoshinobu Eishi, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Longitudinal cell formation in the entire human small intestine is correlated with the localization of Hath1 and Klf4. J. Gastroenterol.. 2011.02; 46 (2): 191-202. ( PubMed, DOI )

  71. Masakazu Nagahori, Sea Bong Hyun, Teruji Totsuka, Ryuichi Okamoto, Erika Kuwahara, Toru Takebayashi, Makoto Naganuma, Mamoru Watanabe. Prevalence of metabolic syndrome is comparable between inflammatory bowel disease patients and the general population. J. Gastroenterol.. 2010.10; 45 (10): 1008-1013. ( PubMed, DOI )

  72. Kaori Kameyama, Yasuhiro Nemoto, Takanori Kanai, Tamako Shinohara, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Naoya Sakamoto, Teruji Totsuka, Toshifumi Hibi, Mamoru Watanabe. IL-2 is positively involved in the development of colitogenic CD4+ IL-7R alpha high memory T cells in chronic colitis. Eur J Immunol. 2010.09; 40 (9): 2423-2436. ( PubMed, DOI )

  73. Junko Akiyama, Ryuichi Okamoto, Michiko Iwasaki, Xiu Zheng, Shiro Yui, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Delta-like 1 expression promotes goblet cell differentiation in Notch-inactivated human colonic epithelial cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2010.03; 393 (4): 662-667. ( PubMed, DOI )

  74. Yasuhiro Nemoto, Takanori Kanai, Kaori Kameyama, Tamako Shinohara, Naoya Sakamoto, Teruji Totsuka, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Tetsuo Sudo, Satoshi Matsumoto, Mamoru Watanabe. Long-lived colitogenic CD4+ memory T cells residing outside the intestine participate in the perpetuation of chronic colitis. J. Immunol.. 2009.10; 183 (8): 5059-5068. ( PubMed, DOI )

  75. Takayuki Tomita, Takanori Kanai, Teruji Totsuka, Yasuhiro Nemoto, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Naoya Sakamoto, Toshiaki Ohteki, Toshifumi Hibi, Mamoru Watanabe. IL-7 is essential for lymphopenia-driven turnover of colitogenic CD4(+) memory T cells in chronic colitis. Eur J Immunol. 2009.10; 39 (10): 2737-2747. ( PubMed, DOI )

  76. Teruji Totsuka, Takanori Kanai, Yasuhiro Nemoto, Takayuki Tomita, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Naoya Sakamoto, Hisaya Akiba, Ko Okumura, Hideo Yagita, Mamoru Watanabe. RANK-RANKL signaling pathway is critically involved in the function of CD4+CD25+ regulatory T cells in chronic colitis. J. Immunol.. 2009.05; 182 (10): 6079-6087. ( PubMed, DOI )

  77. Michio Onizawa, Takashi Nagaishi, Takanori Kanai, Ken-ichi Nagano, Shigeru Oshima, Yasuhiro Nemoto, Atsushi Yoshioka, Teruji Totsuka, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Naoya Sakamoto, Kiichiro Tsuchiya, Kazuhiro Aoki, Keiichi Ohya, Hideo Yagita, Mamoru Watanabe. Signaling pathway via TNF-alpha/NF-kappaB in intestinal epithelial cells may be directly involved in colitis-associated carcinogenesis. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2009.04; 296 (4): G850-G859. ( PubMed, DOI )

  78. Minekazu Murayama, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Junko Akiyama, Tetsuya Nakamura, Naoya Sakamoto, Takanori Kanai, Mamoru Watanabe. Musashi-1 suppresses expression of Paneth cell-specific genes in human intestinal epithelial cells. J. Gastroenterol.. 2009.03; 44 (3): 173-182. ( PubMed, DOI )

  79. Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Yasuhiro Nemoto, Junko Akiyama, Tetsuya Nakamura, Takanori Kanai, Mamoru Watanabe. Requirement of Notch activation during regeneration of the intestinal epithelia. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2009.01; 296 (1): G23-G35. ( PubMed, DOI )

  80. Toshimitsu Fujii, Takayuki Tomita, Takanori Kanai, Yasuhiro Nemoto, Teruji Totsuka, Naoya Sakamoto, Tetsuya Nakamura, Kiichiro Tsuchiya, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. FTY720 suppresses the development of colitis in lymphoid-null mice by modulating the trafficking of colitogenic CD4+ T cells in bone marrow. Eur J Immunol. 2008.12; 38 (12): 3290-3303. ( PubMed, DOI )

  81. Takayuki Tomita, Takanori Kanai, Yasuhiro Nemoto, Toshimitsu Fujii, Kengo Nozaki, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Naoya Sakamoto, Teruji Totsuka, Mamoru Watanabe. Colitogenic CD4+ effector-memory T cells actively recirculate in chronic colitic mice. Inflamm. Bowel Dis.. 2008.12; 14 (12): 1630-1640. ( PubMed, DOI )

  82. 50. Akihiro Araki, Kiichiro Tsuchiya, Eriko Okada, Shinji Suzuki, Shigeru Oshima, Ryuichi Okamoto, Takanori Kanai, Mamoru Watanabe. Single-operator method for double-balloon endoscopy: a pilot study. Endoscopy. 2008.11; 40 (11): 936-938. ( PubMed, DOI )

  83. Yasuhiro Nemoto, Takanori Kanai, Shuji Tohda, Teruji Totsuka, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Naoya Sakamoto, Tetsuya Fukuda, Osamu Miura, Hideo Yagita, Mamoru Watanabe. Negative feedback regulation of colitogenic CD4+ T cells by increased granulopoiesis. Inflamm. Bowel Dis.. 2008.11; 14 (11): 1491-1503. ( PubMed, DOI )

  84. Atsushi Yoshioka, Ryuichi Okamoto, Shigeru Oshima, Junko Akiyama, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Takanori Kanai, Mamoru Watanabe. Flagellin stimulation suppresses IL-7 secretion of intestinal epithelial cells. Cytokine. 2008.10; 44 (1): 57-64. ( PubMed, DOI )

  85. Kimihiro Hino, Kiichiro Tsuchiya, Taro Fukao, Kotaro Kiga, Ryuichi Okamoto, Takanori Kanai, Mamoru Watanabe. Inducible expression of microRNA-194 is regulated by HNF-1alpha during intestinal epithelial cell differentiation. RNA. 2008.07; 14 (7): 1433-1442. ( PubMed, DOI )

  86. Teruji Totsuka, Takanori Kanai, Yasuhiro Nemoto, Takayuki Tomita, Kiichiro Tsuchiya, Naoya Sakamoto, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Immunosenescent colitogenic CD4(+) T cells convert to regulatory cells and suppress colitis. Eur J Immunol. 2008.05; 38 (5): 1275-1286. ( PubMed, DOI )

  87. Takayuki Tomita, Takanori Kanai, Toshimitsu Fujii, Yasuhiro Nemoto, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Teruji Totsuka, Naoya Sakamoto, Mamoru Watanabe. Continuous generation of colitogenic CD4(+) T cells in persistent colitis. Eur J Immunol. 2008.05; 38 (5): 1264-1274. ( PubMed, DOI )

  88. Takayuki Tomita, Takanori Kanai, Toshimitsu Fujii, Yasuhiro Nemoto, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Teruji Totsuka, Naoya Sakamoto, Shizuo Akira, Mamoru Watanabe. MyD88-dependent pathway in T cells directly modulates the expansion of colitogenic CD4+ T cells in chronic colitis. J. Immunol.. 2008.04; 180 (8): 5291-5299. ( PubMed )

  89. Mikayo Aragaki, Kiichiro Tsuchiya, Ryuichi Okamoto, Sanae Yoshioka, Tetsuya Nakamura, Naoya Sakamoto, Takanori Kanai, Mamoru Watanabe. Proteasomal degradation of Atoh1 by aberrant Wnt signaling maintains the undifferentiated state of colon cancer. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2008.04; 368 (4): 923-929. ( PubMed, DOI )

  90. Takayuki Tomita, Takanori Kanai, Yasuhiro Nemoto, Teruji Totsuka, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Naoya Sakamoto, Mamoru Watanabe. Systemic, but not intestinal, IL-7 is essential for the persistence of chronic colitis. J. Immunol.. 2008.01; 180 (1): 383-390. ( PubMed )

  91. Y Ito, T Kanai, T Totsuka, R Okamoto, K Tsuchiya, Y Nemoto, A Yoshioka, T Tomita, T Nagaishi, N Sakamoto, T Sakanishi, K Okumura, H Yagita, M Watanabe. Blockade of NKG2D signaling prevents the development of murine CD4+ T cell-mediated colitis. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2008.01; 294 (1): G199-G207. ( PubMed, DOI )

  92. Teruji Totsuka, Takanori Kanai, Yasuhiro Nemoto, Shin Makita, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Mamoru Watanabe. IL-7 Is essential for the development and the persistence of chronic colitis. J. Immunol.. 2007.04; 178 (8): 4737-4748. ( PubMed )

  93. Shin Makita, Takanori Kanai, Yasuhiro Nemoto, Teruji Totsuka, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Masafumi Yamamoto, Hiroshi Kiyono, Mamoru Watanabe. Intestinal lamina propria retaining CD4+CD25+ regulatory T cells is a suppressive site of intestinal inflammation. J. Immunol.. 2007.04; 178 (8): 4937-4946. ( PubMed )

  94. Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Ryuichi Okamoto, Takanori Kanai, Mamoru Watanabe. Reciprocal targeting of Hath1 and beta-catenin by Wnt glycogen synthase kinase 3beta in human colon cancer. Gastroenterology. 2007.01; 132 (1): 208-220. ( PubMed, DOI )

  95. Yasuhiro Nemoto, Takanori Kanai, Shin Makita, Ryuichi Okamoto, Teruji Totsuka, Kiyoshi Takeda, Mamoru Watanabe. Bone marrow retaining colitogenic CD4+ T cells may be a pathogenic reservoir for chronic colitis. Gastroenterology. 2007.01; 132 (1): 176-189. ( PubMed, DOI )

  96. R Fujii, T Kanai, Y Nemoto, S Makita, S Oshima, R Okamoto, K Tsuchiya, T Totsuka, M Watanabe. FTY720 suppresses CD4+CD44highCD62L- effector memory T cell-mediated colitis. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2006.08; 291 (2): G267-G274. ( PubMed, DOI )

  97. Ryuichi Okamoto, Tomoko Matsumoto, Mamoru Watanabe. Regeneration of the intestinal epithelia: regulation of bone marrow-derived epithelial cell differentiation towards secretory lineage cells. Hum. Cell. 2006.05; 19 (2): 71-75. ( PubMed, DOI )

  98. Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Cellular and molecular mechanisms of the epithelial repair in IBD. Dig. Dis. Sci.. 2005.10; 50 Suppl 1 S34-S38. ( PubMed, DOI )

  99. Teruji Totsuka, Takanori Kanai, Shin Makita, Rei Fujii, Yasuhiro Nemoto, Shigeru Oshima, Ryuichi Okamoto, Akemi Koyanagi, Hisaya Akiba, Ko Okumura, Hideo Yagita, Mamoru Watanabe. Regulation of murine chronic colitis by CD4+CD25- programmed death-1+ T cells. Eur J Immunol. 2005.06; 35 (6): 1773-1785. ( PubMed, DOI )

  100. Tomoko Matsumoto, Ryuichi Okamoto, Tomoharu Yajima, Takehiko Mori, Shinichiro Okamoto, Yasuo Ikeda, Makio Mukai, Motomi Yamazaki, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Takanori Kanai, Hideyuki Okano, Johji Inazawa, Toshifumi Hibi, Mamoru Watanabe. Increase of bone marrow-derived secretory lineage epithelial cells during regeneration in the human intestine. Gastroenterology. 2005.06; 128 (7): 1851-1867. ( PubMed )

  101. Shin Namiki, Tetsuya Nakamura, Shigeru Oshima, Motomi Yamazaki, Yuko Sekine, Kiichiro Tsuchiya, Ryuichi Okamoto, Takanori Kanai, Mamoru Watanabe. IRF-1 mediates upregulation of LMP7 by IFN-gamma and concerted expression of immunosubunits of the proteasome. FEBS Lett.. 2005.05; 579 (13): 2781-2787. ( PubMed, DOI )

  102. Eriko Okada, Motomi Yamazaki, Masanobu Tanabe, Tsutomu Takeuchi, Masanobu Nanno, Shigeru Oshima, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Takanori Kanai, Toshifumi Hibi, Mamoru Watanabe. IL-7 exacerbates chronic colitis with expansion of memory IL-7Rhigh CD4+ mucosal T cells in mice. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2005.04; 288 (4): G745-G754. ( PubMed, DOI )

  103. Shigeru Oshima, Tetsuya Nakamura, Shin Namiki, Eriko Okada, Kiichiro Tsuchiya, Ryuichi Okamoto, Motomi Yamazaki, Takanori Yokota, Masatoshi Aida, Yuki Yamaguchi, Takanori Kanai, Hiroshi Handa, Mamoru Watanabe. Interferon regulatory factor 1 (IRF-1) and IRF-2 distinctively up-regulate gene expression and production of interleukin-7 in human intestinal epithelial cells. Mol. Cell. Biol.. 2004.07; 24 (14): 6298-6310. ( PubMed, DOI )

  104. Kenichi Ishii, Takanori Kanai, Teruji Totsuka, Koji Uraushihara, Takahiro Ishikura, Motomi Yamazaki, Ryuichi Okamoto, Akihiro Araki, Tatsuya Miyata, Katsuaki Tezuka, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Hyperexpression of inducible costimulator on lamina propria mononuclear cells in rat dextran sulfate sodium colitis. J. Gastroenterol. Hepatol.. 2004.02; 19 (2): 174-181. ( PubMed )

  105. Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Molecular and clinical basis for the regeneration of human gastrointestinal epithelia. J. Gastroenterol.. 2004.01; 39 (1): 1-6. ( PubMed, DOI )

  106. Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Prospects for regeneration of gastrointestinal epithelia with donor derived cells. Trends Mol Med. 2003.09; 9 (7): 286-290.

  107. Motomi Yamazaki, Tomoharu Yajima, Masanobu Tanabe, Kazuto Fukui, Eriko Okada, Ryuichi Okamoto, Shigeru Oshima, Tetsuya Nakamura, Takanori Kanai, Masahiro Uehira, Tsutomu Takeuchi, Hiromichi Ishikawa, Toshifumi Hibi, Mamoru Watanabe. Mucosal T cells expressing high levels of IL-7 receptor are potential targets for treatment of chronic colitis. J. Immunol.. 2003.08; 171 (3): 1556-1563. ( PubMed )

  108. Mamoru Watanabe, Motomi Yamazaki, Ryuichi Okamoto, Shinya Ohoka, Akihiro Araki, Tetsuya Nakamura, Takanori Kanai. Therapeutic approaches to chronic intestinal inflammation by specific targeting of mucosal IL-7/IL-7R signal pathway. Curr Drug Targets Inflamm Allergy. 2003.06; 2 (2): 119-123. ( PubMed )

  109. Teruji Totsuka, Takanori Kanai, Ryoichi Iiyama, Koji Uraushihara, Motomi Yamazaki, Ryuichi Okamoto, Toshifumi Hibi, Katsunari Tezuka, Miyuki Azuma, Hisaya Akiba, Hideo Yagita, Ko Okumura, Mamoru Watanabe. Ameliorating effect of anti-inducible costimulator monoclonal antibody in a murine model of chronic colitis. Gastroenterology. 2003.02; 124 (2): 410-421. ( PubMed, DOI )

  110. Ryuichi Okamoto, Tomoharu Yajima, Motomi Yamazaki, Takanori Kanai, Makio Mukai, Shinichiro Okamoto, Yasuo Ikeda, Toshifumi Hibi, Johji Inazawa, Mamoru Watanabe. Damaged epithelia regenerated by bone marrow-derived cells in the human gastrointestinal tract. Nat. Med.. 2002.09; 8 (9): 1011-1017. ( PubMed, DOI )

  111. Takanori Kanai, Mamoru Watanabe, Akira Okazawa, Toshiro Sato, Motomi Yamazaki, Susumu Okamoto, Hiromasa Ishii, Teruji Totsuka, Ryoichi Iiyama, Ryuichi Okamoto, Masao Ikeda, Masashi Kurimoto, Kiyoshi Takeda, Shizuo Akira, Toshifumi Hibi. Macrophage-derived IL-18-mediated intestinal inflammation in the murine model of Crohn's disease. Gastroenterology. 2001.10; 121 (4): 875-888. ( PubMed )

  112. Kazumi Takishima, Yasuharu Maeda, Noriyuki Ogata, Masashi Misawa, Yuichi Mori, Mayumi Homma, Tetsuo Nemoto, Yuki Miyata, Yoshika Akimoto, Kentaro Mochida, Yuki Takashina, Kenta Tanaka, Katsuro Ichimasa, Hiroki Nakamura, Seiko Sasanuma, Toyoki Kudo, Takemasa Hayashi, Kunihiko Wakamura, Hideyuki Miyachi, Toshiyuki Baba, Fumio Ishida, Kazuo Ohtsuka, Shin-Ei Kudo. Beyond complete endoscopic healing: Goblet appearance using an endocytoscope to predict future sustained clinical remission in ulcerative colitis. Dig Endosc. 2022.07; 34 (5): 1030-1039. ( PubMed, DOI )

  113. Masanori Kobayashi, Shomei Ryozawa, Kazuo Ohtsuka, Minoru Tanabe, Ryuichi Okamoto. A convenient and reliable method for endoscopic mapping biopsy of cholangiocarcinoma using a double-lumen cytology device. VideoGIE. 2022.05; 7 (5): 182-184. ( PubMed, DOI )

  114. Yasuharu Maeda, Shin-Ei Kudo, Noriyuki Ogata, Masashi Misawa, Marietta Iacucci, Mayumi Homma, Tetsuo Nemoto, Kazumi Takishima, Kentaro Mochida, Hideyuki Miyachi, Toshiyuki Baba, Kensaku Mori, Kazuo Ohtsuka, Yuichi Mori. Evaluation in real-time use of artificial intelligence during colonoscopy to predict relapse of ulcerative colitis: a prospective study. Gastrointest Endosc. 2022.04; 95 (4): 747-756.e2. ( PubMed, DOI )

  115. Ami Kawamoto, Kento Takenaka, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe, Kazuo Ohtsuka. Systematic review of artificial intelligence-based image diagnosis for inflammatory bowel disease. Dig Endosc. 2022.04; ( PubMed, DOI )

  116. Shuhei Sekiguchi, Kaoru Tsuchiya, Yutaka Yasui, Kento Inada, Sakura Kirino, Koji Yamashita, Yuka Hayakawa, Leona Osawa, Mayu Higuchi, Kenta Takaura, Chiaki Maeyashiki, Shun Kaneko, Nobuharu Tamaki, Hiroyuki Nakanishi, Jun Itakura, Yuka Takahashi, Yasuhiro Asahina, Ryuichi Okamoto, Masayuki Kurosaki, Namiki Izumi. Clinical usefulness of geriatric assessment in elderly patients with unresectable hepatocellular carcinoma receiving sorafenib or lenvatinib therapy.(Online ahead of print.) Cancer Rep (Hoboken). 2022.03; e1613. ( PubMed, DOI )

  117. Lina Welz, Nassim Kakavand, Xiang Hang, Georg Laue, Go Ito, Miguel Gomes Silva, Christina Plattner, Neha Mishra, Felicitas Tengen, Christoph Ogris, Moritz Jesinghaus, Felix Wottawa, Philipp Arnold, Leena Kaikkonen, Stefanie Stengel, Florian Tran, Saumya Das, Arthur Kaser, Zlatko Trajanoski, Richard Blumberg, Christoph Roecken, Dieter Saur, Markus Tschurtschenthaler, Stefan Schreiber, Philip Rosenstiel, Konrad Aden. Epithelial X-Box Binding Protein 1 Coordinates Tumor Protein p53-Driven DNA Damage Responses and Suppression of Intestinal Carcinogenesis. Gastroenterology. 2022.01; 162 (1): 223-237.e11. ( PubMed, DOI )

  118. Noriyuki Ogata, Kazuo Ohtsuka, Masataka Ogawa, Yasuharu Maeda, Fumio Ishida, Shin-Ei Kudo. Image-Enhanced Capsule Endoscopy Improves the Identification of Small Intestinal Lesions. Diagnostics (Basel). 2021.11; 11 (11): ( PubMed, DOI )

  119. Kento Inada, Shun Kaneko, Masayuki Kurosaki, Koji Yamashita, Sakura Kirino, Leona Osawa, Yuka Hayakawa, Shuhei Sekiguchi, Mayu Higuchi, Kenta Takaura, Chiaki Maeyashiki, Nobuharu Tamaki, Yutaka Yasui, Jun Itakura, Yuka Takahashi, Kaoru Tsuchiya, Hiroyuki Nakanishi, Ryuichi Okamoto, Namiki Izumi. Tenofovir alafenamide for prevention and treatment of hepatitis B virus reactivation and de novo hepatitis. JGH Open. 2021.09; 5 (9): 1085-1091. ( PubMed, DOI )

  120. Masanori Kobayashi, Akashi Fujita, Tomoya Ogawa, Yuki Tanisaka, Masafumi Mizuide, Nobuaki Kondo, Yuki Imaizumi, Takaaki Hirotsu, Shomei Ryozawa. Caenorhabditis elegans as a Diagnostic Aid for Pancreatic Cancer. Pancreas. 2021.06; 50 (5): 673-678. ( PubMed, DOI )

  121. Tenghao Zheng, David Ellinghaus, Simonas Juzenas, François Cossais, Greta Burmeister, Gabriele Mayr, Isabella Friis Jørgensen, Maris Teder-Laving, Anne Heidi Skogholt, Sisi Chen, Peter R Strege, Go Ito, Karina Banasik, Thomas Becker, Frank Bokelmann, Søren Brunak, Stephan Buch, Hartmut Clausnitzer, Christian Datz, , Frauke Degenhardt, Marek Doniec, Christian Erikstrup, Tõnu Esko, Michael Forster, Norbert Frey, Lars G Fritsche, Maiken Elvestad Gabrielsen, Tobias Gräßle, Andrea Gsur, Justus Gross, Jochen Hampe, Alexander Hendricks, Sebastian Hinz, Kristian Hveem, Johannes Jongen, Ralf Junker, Tom Hemming Karlsen, Georg Hemmrich-Stanisak, Wolfgang Kruis, Juozas Kupcinskas, Tilman Laubert, Philip C Rosenstiel, Christoph Röcken, Matthias Laudes, Fabian H Leendertz, Wolfgang Lieb, Verena Limperger, Nikolaos Margetis, Kerstin Mätz-Rensing, Christopher Georg Németh, Eivind Ness-Jensen, Ulrike Nowak-Göttl, Anita Pandit, Ole Birger Pedersen, Hans Günter Peleikis, Kenneth Peuker, Cristina Leal Rodriguez, Malte Christoph Rühlemann, Bodo Schniewind, Martin Schulzky, Jurgita Skieceviciene, Jürgen Tepel, Laurent Thomas, Florian Uellendahl-Werth, Henrik Ullum, Ilka Vogel, Henry Volzke, Lorenzo von Fersen, Witigo von Schönfels, Brett Vanderwerff, Julia Wilking, Michael Wittig, Sebastian Zeissig, Myrko Zobel, Matthew Zawistowski, Vladimir Vacic, Olga Sazonova, Elizabeth S Noblin, , Gianrico Farrugia, Arthur Beyder, Thilo Wedel, Volker Kahlke, Clemens Schafmayer, Mauro D'Amato, Andre Franke. Genome-wide analysis of 944 133 individuals provides insights into the etiology of haemorrhoidal disease. Gut. 2021.04; 70 (8): 1538-1549. ( PubMed, DOI )

  122. Masanori Kobayashi, Tomoaki Tashima, Koji Nagata, Shinichi Sakuramoto, Akihiko Osaki, Shomei Ryozawa. Colorectal and gastric metastases from lobular breast cancer that resembled superficial neoplastic lesions. Clin J Gastroenterol. 2021.02; 14 (1): 103-108. ( PubMed, DOI )

  123. 大塚 和朗, 竹中 健人, 日比谷 秀爾, 福田 将義, 岡本 隆一. 【内視鏡データリファレンスブック2022】臓器別 十二指腸・小腸 小腸腫瘍 消化器内視鏡. 2022.04; 34 (4): 678-682. ( 医中誌 )

  124. 高橋 純一, 岡本 隆一. 治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 顕微鏡的大腸炎 日本医事新報. 2022.04; (5110): 39-40. ( 医中誌 )

  125. 福田 将義, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 【こんなときどうする】大腸 診断 回盲弁を越えられない 消化器内視鏡. 2022.03; 34 (3): 416-417. ( 医中誌 )

  126. 藤井 俊光, 日比谷 秀爾, 岡本 隆一, 渡辺 守. 【炎症性腸疾患update-診断・治療の最新知見-】炎症性腸疾患の治療 薬物治療 5-ASA製剤 日本臨床. 2022.03; 80 (3): 433-438. ( 医中誌 )

  127. 岡本 隆一, 水谷 知裕, 清水 寛路. 【炎症性腸疾患update-診断・治療の最新知見-】炎症性腸疾患における再生医療の現状と展望 日本臨床. 2022.03; 80 (3): 529-533. ( 医中誌 )

  128. 斎藤 恵子, 太田 一樹, 長堀 正和, 藤井 俊光, 竹中 健人, 大塚 和朗, 井津井 康浩, 篠原 夏美, 松下 由佳子, 岡本 隆一. 外来クローン病患者における生体インピーダンス法を用いた体組成の評価 学会誌JSPEN. 2022.02; 4 (1): 35-43. ( 医中誌 )

  129. 大塚 和朗, 竹中 健人, 齊藤 詠子, 日比谷 秀爾, 河本 亜美, 森川 亮, 藤井 俊光, 清水 寛路, 長堀 正和, 岡本 隆一. 【炎症性腸疾患の粘膜治癒を再考する】Crohn病における小腸粘膜治癒評価の意義 バルーン内視鏡の立場から 胃と腸. 2022.02; 57 (2): 173-181. ( 医中誌 )

  130. 中川美奈. SVR後の発癌と生命予後 消化器・肝臓内科. 2021.12; 10 (6): 724-731.

  131. 大塚 和朗, 竹中 健人, 小形 典之, 岡本 隆一. 【IBDの粘膜治癒を論じる!】粘膜治癒とは? 小腸内視鏡、カプセル内視鏡 IBD Research. 2021.12; 15 (4): 228-233. ( 医中誌 )

  132. 水谷 知裕, 岡本 隆一. 【再生医療への期待~各疾患領域における現況と展望~】消化管再生医療の最新について Pharma Medica. 2021.12; 39 (12): 31-35. ( 医中誌 )

  133. 河本亜美、藤井俊光. 炎症性腸疾患の分子標的治療を総括する〜抗TNF-α抗体製剤〜 INTESTINE. 2021.09; 25 (3): 259-266.

  134. 大塚和朗, 竹中健人, 日比谷秀爾, 河本亜美, 斎藤詠子, 藤井俊光, 長堀正和, 清水寛路, 岡本隆一. 【最新の内視鏡を使いこなす】最新のスコープを使いこなす 小腸内視鏡 小腸内視鏡 オリンパス社内視鏡 消化器内視鏡. 2021.08; 33 (8): 1283-1287. ( 医中誌 )

  135. 大島 茂. 重要な鍵分子の研究動向〜炎症性腸疾患(クローン病) 創薬研究者・アカデミア研究者が知っておくべき最新の免疫学とその応用技術. 2021.08; 287-296.

  136. 大塚和朗, 竹中健人, 日比谷秀爾, 河本亜美, 齊藤詠子, 藤井俊光, 長堀正和, 岡本隆一. 【エキスパートに学ぶ、安全で楽な外来内視鏡】外来内視鏡診療への展開 外来における小腸のバルーン内視鏡検査 消化器内視鏡. 2021.06; 33 (6): 1041-1046. ( 医中誌 )

  137. 松本浩明, 宍戸華子, 小林諒平, 中村優美, 冲永康一, 平昭衣梨, 渡部 衛, 古山貴基, 近藤純由, 永山和宜, 岡本隆一. 消化管出血をきたし外科的切除を行った胃脂肪腫の2例 Progress of Digestive Endoscopy. 2021.06; 98 (1): 88-90. ( 医中誌 )

  138. 藤井俊光, 岡本隆一. 【同種・同効薬の使い分け 疾患×基本薬のエビデンスを整理する】(第4章)消化器系の基本薬の使い分け 潰瘍性大腸炎への分子標的薬はどう選ぶ? 薬事. 2021.05; 63 (7): 1387-1394. ( 医中誌 )

  139. 日比谷秀爾、藤井俊光、岡本隆一. 特集/炎症性腸疾患診療の新たな展開 鑑別すべき腸疾患 臨牀と研究. 2021.05; 98 (5): 569-572.

  140. 日比谷秀爾、藤井俊光、岡本隆一、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎における5-ASA不耐は予後不良である 腸INTESTINE. 2021.05; 25 (1): 115-118.

  141. 日比谷秀爾, 藤井俊光, 岡本隆一. 【炎症性腸疾患診療の新たな展開】鑑別すべき腸疾患 臨牀と研究. 2021.05; 98 (5): 569-572. ( 医中誌 )

  142. 清水寛路, 岡本隆一. 【炎症性腸疾患-診療と研究の最新情報】再生医療研究から生まれる将来の新規非薬物治療 医学のあゆみ. 2021.03; 276 (11): 1063-1066. ( 医中誌 )

  143. 河本亜美、竹中健人、岡本隆一. 炎症性腸疾患患者におけるロイシンリッチ α2グリコプロテイン測定について Modern Media. 2021.02; 67 (2): 37-39.

  144. 河本亜美, 竹中健人, 岡本隆一. 臨床検査アップデート 炎症性腸疾患患者におけるロイシンリッチα2グリコプロテイン測定について Modern Media. 2021.02; 67 (2): 61-63. ( 医中誌 )

  145. 水谷知裕, 岡本隆一. 【My Medicine(マイ・メディシン)-オルガノイド研究が拓く新しい医療のかたち】移植再生研究の観点から 腸オルガノイドによるマイ・メディシン 炎症性腸疾患に対する腸上皮幹細胞再生医療 医学のあゆみ. 2021.02; 276 (6): 662-666. ( 医中誌 )

  146. 竹中健人、北詰良雄、大塚和朗、藤井俊光、渡辺 守、岡本隆一. MR enterographyの実際と有用性 臨床消化器内科. 2021.01; 36 (2): 208-214.

  147. 藤井 俊光, 岡本 隆一, 渡辺 守. 【UC、CD以外の希少性難治性炎症性腸疾患を知る!】膠原病に伴う消化管病変 IBD Research. 2020.12; 14 (4): 255-260. ( 医中誌 )

  148. 水谷知裕、清水寛路、高橋純一、土屋麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、伊藤 剛、油井史郎、渡辺 守、岡本隆一. 特集:IBD話題の治療法の現況を知る! 「IBDにおける腸管上皮再生医療」 IBD Research. 2020.09; 14 (3):

  149. 高橋純一、岡本隆一. 【消化管症候群(第3版)-その他の消化管疾患を含めて-】空腸、回腸、盲腸、結腸、直腸(上) 炎症性疾患 腸管GVHDの臨床像と鑑別診断 日本臨床. 2020.04; 別冊 (消化管症候群III): 185-189. ( 医中誌 )

  150. 鈴木康平、渡部太郎、岡本隆一. 【消化管感染症のすべて】回盲部・大腸・肛門 寄生虫感染症 鞭虫症 消化器内視鏡. 2019.10; 31 (増刊): 252-254. ( 医中誌 )

  151. 鈴木康平、渡辺 守、岡本隆一. 【腸と健康:腸オルガノイドが挑む次世代バイオモデル】腸上皮オルガノイドによる再生医療最前線 医学のあゆみ. 2019.09; 270 (11): 1049-1052. ( 医中誌 )

  152. 清水寛路、鈴木康平、岡本隆一、渡辺 守. 【炎症性腸疾患診療のupdate-診断・治療の最新知見】炎症性腸疾患の内科治療 粘膜再生治療法 臨床消化器内科. 2019.05; 34 (7): 894-898. ( 医中誌 )

  153. 仲瀬裕志、岡本隆一、寺井崇二、青井貴之. 【特集:再生医療を学ぶ―Translational researchの最先端】座談会_消化器分野における再生医療への期待 消化器病学サイエンス. 2019.03; 3 (1): 1-11. ( 医中誌 )

  154. 油井史郎、岡本隆一、渡辺 守. 【特集:急増する炎症性腸疾患に挑む】培養腸上皮細胞を用いた粘膜再生療法と再生の分子基礎 実験医学. 2018.11; 36 (18): 3092-3096.

  155. 鈴木康平、岡本隆一、渡辺 守. 【III.炎症性腸疾患の病因と病態】炎症性腸疾患における粘膜再生機構 日本臨床 増刊号 炎症性腸疾患(第2版)-病因解明と診断・治療の最新知見-. 2018.04; 76 (3): 113-118.

  156. 高橋純一、鈴木康平、平栗優衣、村野竜朗、岡本隆一、渡辺 守. 【特集:炎症性腸疾患の新しい治療戦略】腸管上皮細胞を用いた粘膜再生治療の現状と展望 Medical Science Digest. 2017.12; 43 (14): 24-27.

  157. 石橋史明、岡本隆一、渡辺 守. 腸管上皮オルガノイドを用いた細胞移植療法の展望 移植. 2017.10; 52 4-5.

  158. 髙橋純一、岡本隆一、渡辺 守. 【特集:オルガノイドがもたらす革新〜掛け算で生み出すクリエイティブ研究最前線〜】8. 内胚葉オルガノイドxTransplanation 実験医学. 2017.09; 35 (16): 2720-2725.

  159. 石橋史明、岡本隆一、渡辺 守. 【特集:幹細胞システム】腸幹細胞システム CLINICAL CALCIUM. 2017.05; 27 (6): 39-44.

  160. 岡本隆一、渡辺 守. 【炎症性腸疾患-最近の診断・治療-】 幹細胞を用いた粘膜再生治療の現状と展望 日本臨床. 2017.03; 75 (3): 477-481. ( 医中誌 )

  161. 岡本隆一、渡辺 守. 【打つ手あり!IBD治療の展望】 IBDに対する腸上皮幹細胞移植 日本医事新報. 2017.01; (4839): 36-41. ( 医中誌 )

  162. 藤井 悟、岡本隆一、渡辺 守. 【臓器の再生に向けて】 腸疾患に対する再生治療戦略 Medical Science Digest. 2017.01; 43 (1): 18-21. ( 医中誌 )

  163. 岡本 隆一, 渡辺 守. 【打つ手あり!IBD治療の展望】 IBDに対する腸上皮幹細胞移植 日本医事新報. 2017.01; (4839): 36-41. ( 医中誌 )

  164. 岡本隆一、渡辺 守. 腸上皮機能と炎症性腸疾患 日本臨床免疫学会雑誌. 2016.12; 39 (6): 522-527.

  165. 藤井 悟、岡本隆一. プロスタグランジン分解酵素15-PGDHの抑制は組織再生を促進する Chemical Biology. 2016.06; 9 (1): 17.

  166. 岡本隆一、渡辺 守. 【疫学と研究の進展】粘膜再生機構からみた炎症性腸疾患治療の展望 医学のあゆみ. 2016.03; 256 (10): 1021-1025.

  167. 岡本隆一、林 歩美、藤井 悟、水谷知裕、土屋輝一郎、中村哲也、渡辺 守. 【特集:消化管の再生】上皮幹細胞を用いた消化管再生医療 Medical Sciense Digest. 2016.02; 42 (2): 69-72.

  168. 岡本隆一、渡辺 守. 【臨床各科 差分解説:炎症性腸疾患と再生医療】再生医療による炎症性腸疾患の難治性潰瘍治療への対応が急速に発展・普及している 日本医事新報. 2016.01; (4786): 50.

  169. 岡本隆一, 渡辺 守. 【炎症性腸疾患(IBD)の最新治療】炎症性腸疾患における粘膜再生治療の展開 BIO Clinica. 2015.11; (30): 38-42.

  170. 岡本隆一, 渡辺 守. 【再生医療-新たな医療を求めて-】 臨床応用を目指した基礎研究 再生医療を目指した前臨床研究 培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発 日本臨床. 2015.06; 73 (増刊5 再生医療): 325-329. ( 医中誌 )

  171. 岡本隆一, 藤井 悟, 中田 徹, 鈴木康平, 伊藤 剛, 清水寛路, 渡辺 守. 【特集:希少消化器疾患に対する萌芽的研究の最前線】 Microscopic Colitisの難治化を予測できるか? 分子消化器病. 2015.03; 12 (1): 32-36. ( 医中誌 )

  172. 岡本隆一, 渡辺 守. 【特集:炎症性腸疾患-病態研究から標的治療への展開-】 病態研究から標的治療へ 腸上皮幹細胞研究の新展開と粘膜再生療法への挑戦 最新医学. 2015.02; 70 (2): 217-221. ( 医中誌 )

  173. 鈴木 康平, 岡本 隆一, 勝倉 暢洋, 渡部 太郎, 和田 祥城, 赤尾 信明, 渡辺 守, 太田 伸生. 当院における消化管寄生虫感染症の診断・治療経験 Clinical Parasitology. 2014.12; 25 (1): 9-12. ( 医中誌 )

  174. 岡本隆一、村野竜朗、渡辺 守. 【炎症性腸疾患の病態解明と治療戦略】炎症性腸疾患における上皮再生機構の解明 消化器内科. 2013.11; 57 (5): 505-508. ( 医中誌 )

  175. 岡本隆一、渡辺 守. トピックスmicroscopic colitis. 専門医のための消化器病学 第2版. 2013.10; 216-217.

  176. 岡本隆一、渡辺 守. 【特集:Microscopic Colitisのすべて】2.わが国における実態-研究班による全国調査の結果から. 大腸疾患NOW 2012. 2012.10; 25-31.

  177. 伊藤 剛、岡本隆一、清水寛路、村野竜朗、水谷知裕、油井史郎、土屋輝一郎、中村哲也、渡辺 守. 【腫瘍をめぐるQ&A】(Question45) Lgr5とは? Surgery Frontier. 2012.06; 19 (2): 224-227. ( 医中誌 )

  178. 岡本隆一、渡辺 守. 【炎症性腸疾患-病因解明と診断・治療の最新知見-】 炎症性腸疾患の病因と病態 炎症性腸疾患における粘膜再生機構 日本臨床. 2012.02; 70 116-121. ( 医中誌 )

  179. 岡本 隆一, 清水 寛路, 村野 竜朗, 伊藤 剛, 堀田 伸勝, 鄭 秀, 加納 嘉人, 野崎 賢吾, 福田 将義, 水谷 知裕, 油井 史郎, 土屋 輝一郎, 中村 哲也, 渡辺 守. 【特集:免疫統御からみた新しいIBD治療】 腸管細胞の分化・再生の制御機構からみたIBD治療へのアプローチ IBD Research. 2011.12; 5 (4): 226-231. ( 医中誌 )

  180. 中村哲也、岡本隆一、渡辺 守. 【特集:粘膜免疫機構:神秘性理解から新概念創出の時代へ】上皮細胞再生による腸炎治療戦略 Medical Science Digest. 2011.11; 37 (13): 548-550. ( 医中誌 )

  181. 岡本隆一、渡辺 守. 【臨床に役立つ腸管免疫学の最新のトピックス】腸管上皮維持にStem cellはどう関与するのか? INTESTINE. 2011.09; 15 (5): 443-447. ( 医中誌 )

  182. 岡本隆一、渡辺 守. 【特集:医農連携と機能性食品】炎症と組織再生 Functional Food. 2011.07; 15 (5): 52-56. ( 医中誌 )

  183. 岡本隆一、渡辺 守. 【特集:炎症性腸疾患の診断と治療をめぐる新展開】炎症性腸疾患における粘膜修復機構 Mebio. 2011.03; 28 (3): 20-29. ( 医中誌 )

  184. 岡本隆一、渡辺守. 【シグナル伝達を理解するために必要な知識(第27回)】(No.53) 腸管におけるNotchシグナル伝達 分子消化器病. 2010.09; 7 (3): 281-285. ( 医中誌 )

  185. 岡本 隆一, 秋山 純子, 鄭 秀, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 油井 史郎, 岩嵜 美智子, 土屋 輝一郎, 中村 哲也, 渡辺 守. 【トピックス第14回:IBDの最新の話題 基礎編】 炎症粘膜上皮の再生制御機構 IBD Research. 2010.06; 4 (2): 121-126. ( 医中誌 )

  186. 岡本隆一、渡辺守. 【特集:臨床に結びつく自己免疫疾患の基礎知識】 Notchシグナル異常と炎症性腸疾患 Mebio. 2010.06; 27 (6): 38-46. ( 医中誌 )

  187. 岡本 隆一, 秋山 純子, 鄭 秀, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 油井 史郎, 岩嵜 美智子, 土屋 輝一郎, 中村 哲也, 渡辺 守. 【特集:幹細胞を用いた消化器再生医療の展望】 クローン病・潰瘍性大腸炎の難治性潰瘍も幹細胞を用いた再生医療で治せるか 分子消化器病. 2009.12; 6 (4): 353-358. ( 医中誌 )

  188. 岡本隆一、土屋輝一郎、新垣美郁代、秋山純子、中村哲也、渡辺 守. 【特集:ここまで明らかになった!IBD の病因・病態】goblet(杯)細胞分裂と潰瘍性大腸炎 IBD Research. 2009.09; 3 (3): 35-40.

  189. 岡本隆一、渡辺 守. 【特集:炎症性腸疾患の新規治療を探る】腸管上皮再生は局所炎症を改善させるか? 分子消化器病. 2009.06; 6 (2): 18-22. ( 医中誌 )

  190. 岡本隆一、秋山純子、小野塚泉、油井史郎、土屋輝一郎、中村哲也、渡辺 守. 【第二部 炎症性腸疾患をめぐる最近の話題】炎症性腸疾患における上皮分化 増殖機構の解析と粘膜再生治療への応用 大腸疾患NOW 2009. 2009.01; 153-157.

  191. 岡本隆一、土屋輝一郎、渡辺守. 【潰瘍性大腸炎:クローン病】腸管上皮の分化・再生 診断と治療. 2008.12; 96 (12): 2555-2562. ( 医中誌 )

  192. 吉岡篤史、大島 茂、岡本隆一、土屋輝一郎、中村哲也、金井隆典、渡辺守. Flagellinの刺激は腸管上皮細胞においてIL-7の分泌を抑制する 消化器と免疫. 2008.06; 44 38-41. ( 医中誌 )

  193. 岡本隆一,土屋輝一郎,渡辺 守. 【特集 分子メカニズムから探る IBD の病態と治療アプローチ】腸管上皮細胞分化制御とIBDに対する上皮細胞療法の可能性 IBD Research. 2007.09; 1 (3): 43-47.

  194. 吉岡篤史、岡本隆一、渡辺守. 【特集:炎症性腸疾患UP TO DATE】潰瘍性大腸炎・クローン病の病因・病態 綜合臨床. 2007.08; 56 (8): 2435-2440. ( 医中誌 )

  195. 岡本隆一、渡辺守. PPARβ/δはHedgehogシグナルの調節を介してパネート細胞分化を調節する Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology 2007. 2007.03; 1 (4): 31-34.

  196. 岡本隆一、土屋輝一郎、渡辺守. 【特集:消化器疾患の病態生理-胃・十二指腸潰瘍を中心に-】消化管上皮の再生におけるNotchシグナルの役割 Progress in Medicine 2007. 2007.03; 27 (3): 603-605. ( 医中誌 )

  197. 岡本隆一、渡辺守. 腸杯細胞とNotch、炎症性腸疾患 医学のあゆみ. 2007.02; 220 (6): 528-529. ( 医中誌 )

  198. 岡本隆一、中村哲也、渡辺守. 活性型Notchの発現調節によるヒト腸管上皮再生の可能性 消化器病学の進歩2005-モノグラフ- 消化器病学のニューフロンテイア編. 2005.12; 361-363.

  199. 岡本隆一、松本智子、渡辺守. 骨髄由来細胞による上皮再生治療 大腸疾患NOW 2005. 2005.12; 198-201.

  200. 松本智子、岡本隆一、渡辺守. 【膵・腸の再生】腸管上皮の再生・分化制御による難治性腸疾患治療 日本再生医療学会雑誌. 2005.08; 4 (3): 357-362. ( 医中誌 )

  201. 岡本隆一、松本智子、渡辺守. 【特集:再生医学 クローン・幹細胞から医療へ】 再生医療最前線 消化管上皮の再生 綜合臨床. 2005.01; 54 (1): 155-160. ( 医中誌 )

  202. 松本智子、岡本隆一、渡辺守. 【消化管粘膜修復機構のメカニズムを探る-生体防御と消化管粘膜修復機構-】消化管粘膜修復と幹細胞のはたらきを探る 分子消化器病. 2004.09; 1 (3): 214-221. ( 医中誌 )

  203. 岡本隆一、松本智子、渡辺守. 骨髄由来細胞の消化管上皮への分化 最新医学. 2004.06; 59 (6): 1252-1256. ( 医中誌 )

  204. 岡本隆一、渡辺守. 【特集:幹細胞と消化器疾患】腸上皮の再生,分化制御による疾患治療 G.I. Research. 2004.04; 12 (2): 111-116. ( 医中誌 )

  205. 松本智子、岡本隆一、渡辺守. 腸管幹細胞  分子細胞治療. 2004.03; 3 383-384.

  206. 松本智子、岡本隆一、渡辺守. 【特集:消化器臓器の幹細胞と発生・再生を探る】骨髄細胞は腸管上皮細胞へどのように分化されるのか 分子消化器病. 2004.03; 1 (1): 6-11. ( 医中誌 )

  207. 金井隆典、岡本隆一、渡辺 守. 炎症性腸疾患 Annual Review消化器2004. 2004.01; 250-261. ( 医中誌 )

  208. 岡本隆一、渡辺 守. 【消化管上皮の再生・分化】消化管上皮の再生・分化制御—臨床応用への期待— 日本消化器病学会雑誌. 2003.09; 100 1369-1374. ( 医中誌 )

  209. 岡本隆一、渡辺守. 腸管上皮再生における骨髄由来細胞の役割 感染・炎症・免疫. 2003.09; 33 (3): 209-216. ( 医中誌 )

  210. 山崎元美、岡田英里子、松本智子、岡本隆一、中村哲也、金井隆典、矢島知治、日比紀文、田邊将信、竹内勤、石川博通、渡辺守. 腸管粘膜浸潤IL-7レセプター高発現細胞による慢性大腸炎発症 消化器と免疫. 2003.07; 39 37-40. ( 医中誌 )

  211. 岡本隆一、渡辺守. 【再生医学】腸管上皮 恒常性維持と傷害修復機構 Molecular Medicine 40巻臨時増刊号. 2003.03; 40 236-244. ( 医中誌 )

  212. 渡辺守、 岡本隆一. 潰瘍性大腸炎と腸管粘膜IL-7/IL-7受容体機構 免疫疾患-state of arts Ver.2 (別冊 医学のあゆみ). 2002.03; 529-533. ( 医中誌 )

  213. 岡本隆一、山崎元美、渡辺守. 【粘膜免疫の分子機構とその破綻-粘膜免疫担当組織・粘膜担当細胞の特殊性】粘膜IL-7/IL-7受容体機構による粘膜内リンパ球増殖調節機構 医学のあゆみ. 2001.10; 199 (1): 53-58. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 岡本隆一. 【今日の治療指針 2015年版】私はこう治療している「消化管寄生条虫症」. 医学書院, 2015.01 「消化管寄生条虫症」

  2. 金井隆典、岡本隆一、渡辺 守. 【Annual Review消化器2004】炎症性腸疾患. 2004.01

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Shuji Hibiya, Kazuo Ohtsuka, Ryuichi Okamoto. Association between mucosal healing and surgery risk after endoscopic balloon dilatation for small intestinal stricture of Crohn's disease. JDDW2021 2021.11.06 神戸コンベンションセンター(兵庫)

  2. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Ryuichi Okamoto. Balloon assisted enteroscopy and Magnetic resonance enterograpy for Small bowel Crohn’s disease. JDDW2021 2021.11.06 神戸コンベンションセンター

  3. 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守、岡本隆一 . 【誌面発表】COVID-19蔓延下におけるスマートデバイスを用いたIBD病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和3年度 第1回総会 2021.07.15 Web開催

  4. Sakurako Kobayashi, Satoshi Watanabe, Yosuke Yoneyama, Kousuke Tanimoto, Ryu Nishimura, Sayaka Nagata, Masami Inoue, Kouhei Suzuki, Sei Kakinuma, Kiichiro Tsuchiya, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe, Takanori Takebe, Shiro Yui. Conceptual basis of lineage shift between intestinal epithelium and hepatocytes. Keystone Symposia, Tissue Organoids as Models of Host Physiology and Pathophysiology of Disease 2020.01.22 Vancouver(Canada)

  5. Shuji Hibiya, Kiichiro Tsuchiya, Ryu Nishimura, Sho Watanabe, Nobuhiro Katsukura, Tomoaki Shirasaki, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Establishment of chronic inflammation model using human small intestinal and colonic organoids. UEG Week 2019 2019.10.23 Fira Gran Via, Barcelona, Spain

  6. Okamoto R, Watanabe M. 【Focus Session: Cutting Edge Regenerative Medicine Using Stem Cells】Intestinal Epithelial Stem Cell Organoids and IBD. ISSCR2019 2019.06.26 Los Angeles(USA)

  7. Shuji Hibiya, Kiichiro Tsuchiya, Ryu Nishimura, Tomoaki Shirasaki, Sho Watanabe, Nobuhiro Katsukura, Shigeru Oshima, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Long-term inflammation model using human colonic organoids. The 7th annual meeting of AOCC 2019.06.15 Taipei, Taiwan

  8. Kawai M, Hama M, Nagata S, Kawamoto A, Suzuki K, Shimizu H, Anzai S, Takahashi J, Kuno R, Takeoka S, Hiraguri Y, Yui S, Okamoto R, Watanabe M. Functional analysis of isoflavones using patient-derived intestinal organoids. AOCC2019 2019.06.14 Taipei(Taiwan)

  9. Ryuichi Okamoto, Mao Kawai, Minami Hama, Sayaka Nagata, Ami Kawamoto, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Sho Anzai, Junichi Takahashi, Reiko Kuno, Sayaka Takeoka, Yui Hiraguri, Shiro Yui, Mamoru Watanabe. 【The 6th JSGE International Topic Conference Lifestyle-related Diseases in Gastroenterology】Gastrointestinal tract(role of gut microbiome and diet):Food-bome factors in inflammatory bowel disease. The105th General Meeting of the Japanese Society of Gastroenterology 2019.05.10 Kanazawa(Japan)

  10. Tsuchiya K, Watanabe S, Shirasaki T, Nishimura R, Katsukura N, Hibiya S, Okamoto R, Nakamura T, Watanabe M. TP53 mutation in human colonic organoids acquires resistance to in vitro long-term inflammation.. ECCO2019 2019.03.09 Copenhagen(Denmark)

  11. Kawamoto A, Nagata S, Anzai S, Takahashi J, Kawai M, Hama M, Nogawa D, Yamamoto K, Kuno R, Suzuki K, Shimizu H, Hiraguri Y, Yui S, Oshima S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Kitagawa M, Okamoto R, Watanabe M. Synergy of Notch signalling and TNF-α in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients leads to up-regulation of UBD, a ubiquitin-like protein. ECCO2019 2019.03.08 Copenhagen(Denmark)

  12. Suzuki K, Shimizu H, Kawai M, Takahashi J, Anzai S, Kawamoto A, Nagata S, Hiraguri Y, Yui S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Okamoto R, Watanabe M . UC-related and segment-specific properties of patientderived colonic organoids. ECCO2019 2019.03.07 Copenhagen(Denmark)

  13. Okamoto R, Watanabe M. 【Session 2: Clinical assessment and therapeutic modulation of intestinal regeneration in IBD】Epithelial transplantation to facilitate mucosal healing. ECCO2019 2019.03.07 Copenhagen(Denmark)

  14. Hibiya S, Tsuchiya K, Nishimura R, Shirasaki T, Watanabe S, Katsukura N, Okamoto R, Nakamura T, Watanabe M. Lesion-specific gene expression in the Epithelial cells of Crohn’s disease by comparing Small intestinal organoids from active and inactive Lesion in the same patient. UEGW 2018 2018.10.22 Vienna(Austria)

  15. Watanabe S, Tsuchiya K, Shirasaki T, Hibiya S, Nishimura S, Katsukura N, Oshima S, Okamoto R, Tetsuya N, Watanabe M. Tp53 mutation enhances cell proliferation and stemness in human colon epithelial organoids and promotes a resistance against long-term inflammation. UEGW 2018 2018.10.22 Vienna(Austria)

  16. Kuwabara K, Ishibashi F, Kawamoto A, Anzai S, Takahashi J, Nagata S, Shimizu H, Yui S, Oshima S, Tsuchiya K, Nakamura T, Watanabe M, Okamoto R. Long-lived secretory cells residing in the Mouse proximal colon serve as reserve stem cells Under DNA damage-induced mucosal injury. UEGW 2018 2018.10.22 Vienna(Austria)

  17. Ishibashi F, Kuwabara K, Kawamoto A, Anzai S, Takahashi J, Nagata S, Shimizu H, Yui S, Oshima S, Tsuchiya K, Nakamura T, Watanabe M, Okamoto R. Ectopic expression of reg3a in the mice distal Colon is mediated by interactions between notch and Il-22 signaling pathways, and promotes tissue repair By the augmentation of EGFR signaling. UEGW 2018 2018.10.22 Vienna(Austria)

  18. Suzuki K, Takahashi J, Hiraguri Y, Yui S, Shimizu H, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Okamoto R, Watanabe M. . Crohn’s disease patient-derived small intestinal organoids reveal diseasestatus related modification of stem cell properties.. 5th TERMIS World Congress 2018 2018.09.07 Kyoto(JAPAN)

  19. Okamoto R, Watanabe M. Regenerative medicine for the treatment of inflammatory bowel disease. 5th TERMIS World Congress 2018 2018.09.07 Kyoto(JAPAN)

  20. Suzuki K, Murano T, Hiraguri Y, Takahashi J, Shimizu H,Anzai S, Kuwabara K, Kawamoto A, Ishibashi F, Yui S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Watanabe M, Okamoto R.. Crohn’s disease patient-derived small intestinal organoids reveal disease-status related modification of stem cell properties.. 5th TERMIS World Congress 2018 2018.09.06 Kyoto(JAPAN)

  21. Ishibashi F, Shimizu H, Kawamoto A, Suzuki K, Anzai S, Kuwabara K, Takahashi J, Nagata S, Oshima S, Tsuchiya K, Nakamura T, Watanabe M, Okamoto R. Mouse colonic secretory cells de-differentiate into intestinal stem cells and promote mucosal repair through activation of NF-KB signalin. ISSCR2018 2018.06.20 Melbourne

  22. Shirasaki T, Tsuchiya K, Nishimura R, Watanabe S, Hibiya S, Katsukura N, Okamoto R, Nakamura T, Watanabe M.. Identification of lesion-specific epithelial function of ulcerative colitis by comparing colonic organoids from lesion and non-lesion parts of same patients.. DDW2018 2018.06.05 Washington D.C (USA)

  23. Hibiya S, Tsuchiya K, Watanabe S, Nishimura R, Shirasaki T, Oshima S, Okamoto R, Nakamura T, Watanabe M.. Human colonic organoid treated with inflammatory factors might mimic the pathophysiology of epithelial cells in ulcerative colitis.. DDW2018 2018.06.05 Washington D.C (USA)

  24. Suzuki K, Kuwabara K, Takahashi J, Anzai S, Kuno R, Kawamoto A, Ishibashi F, Nagata S, Hiraguri Y, Yui S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Okamoto R, Watanabe M.. Single-cell level analysis of organoids derived from CD patients reveals disease-status related modifications of small intestinal stem cells. DDW2018 2018.06.04 Washington D.C (USA)

  25. Shiro Yui, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Fetalization of colonic epithelium medicated by YAP/TAZ links ECM remodeling to tissue regeneration. GI Research Academy 2018 2018.05.25 Keidanren Kaikan、Tokyo, Japan

  26. Nishimura R, Tsuchiya K, Shirasaki T, Watanabe S, Hibiya S, Okamoto R, Nakamura T, Watanabe M.. The identification of lesion-specific gene expression in intestinal epithelial cells of Ulcerative Colitis by comparing colonic organoids from lesion and non-lesion parts of same patients.. The 13th Congress of ECCO 2018.02.16 Vienna

  27. Shuji Hibiya, Kiichiro Tsuchiya, Sho Watanabe, Ryu Nishimura, Tomoaki Shirasaki, Shigeru Oshima, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura ,Mamoru Watanabe. Establishment of in vitro human model for Ulcerative Colitis by using human colon organoid culture. 13th Congress of ECCO 2018.02.16 Vienna(Austria)

  28. S. Watanabe K. Tsuchiya T. Shirasaki S. Hibiya S. Ooshima T. Nakamura R. Nishimura R. Okamoto M. Watanabe. TP53 mutation acquires higher malignant potential in human colon cancer cells. UEGW2017 (欧州消化器病学会週間2017) 2017.11.01 Barcelona(Spain)

  29. A. Kawamoto G. Ito T. Nakata S. Fujii K. Suzuki F. Ishibashi H. Shimizu S. Nagata S. Anzai R. Kuno K. Kuwabara M. Kawai J. Takahashi M. Hama K. Tsuchiya T. Nakamura R. Okamoto M. Watanabe. The ubiquitin-like protein ubiquitin d is up-regulated by synergy of notch and pro-inflammatory cytokines in the inflamed intestinal epithelia of ibd patients.. UEGW2017 (欧州消化器病学会週間2017) 2017.11.01 Barcelona(Spain)

  30. F. Ishibashi H. Shimizu A. Kawamoto G. Ito T. Nakata S. Fujii K. Suzuki R. Kuno S. Anzai K. Kuwabara M. Kawai J. Takahashi M. Hama S. Nagata K. Tsuchiya T. Nakamura R. Okamoto M. Watanabe. Reprogrammed Atoh1+ intestinal epithelial cells contribute to regenerate damaged colonic mucosa in DSS-induced colitis. UEGW2017 (欧州消化器病学会週間2017) 2017.11.01 Barcelona(Spain)

  31. Okamoto R, Watanabe M. Stem cell-based therapies: Ready for clinical practise? . AOCC2017 2017.06.16 Seoul (Korea)

  32. Kawamoto A, Ito G, Nakata T, Fujii S, Suzuki K, Ishibashi F, Shimizu H, Tsuchiya K, Nakamura T, Okamoto R, Watanabe M. Synergy of Notch signaling and pro-inflammatory cytokines leads to up-regulation of UBD in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients. AOCC2017 2017.06.16 Seoul, Korea

  33. Ishibashi F, Shimizu H, Nakata T, Fujii S, Suzuki K, Kawamoto A, Anzai S, Kuno R, Nagata S, Ito G, Murano T, Mizutani T, Oshima S, Tsuchiya K, Nakamura T, Okamoto R, Watanabe M. Lineage tracing reveals contribution of atoh1+ cell-derived stem cells in the homeostasis, repair, and carcinogenesis of the intestinal epithelium. DDW2017 2017.05.09 Chicago(USA)

  34. Kawamoto A, Nakata T, Fujii S, Suzuki K, Ishibashi F, Shimizu H, Tsuchiya K, Nakamura T, Okamoto R, Watanabe M. Notch signaling and TNF-α synergistically up-regulate stem cell-specific genes, OLFM4 and UBD, in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients. 2016 Advances in Inflammatory Bowel Diseases, Crohn’s & Colitis Foundation of America's Clinical & Research Conference (CCFA) 2016.12.10 Orlando, Florida

  35. Tsuchiya K, Hibiya S, Fukushima K, Shirasaki T, Oshima S, Okamoto R, Nakamura T, Watanabe M. Atoh1 protein stabilization in colon tumor acquires the morphological change to signet ring cell carcinoma with cancer stem cell enrichment. APDW 2016 2016.11.03 Kobe convention center, KOBE(JAPAN)

  36. Hibiya S, Tsuchiya K, Watanabe S, Shirasaki T, Oshima S, Okamoto R, Nakamura T, Watanabe M. Construction of in vitro model of ulcerative colitis using mouse primary colonic organoid.. UEGW2016 2016.10.18 Vienna(Austria)

  37. Minami Hama, Ayumi Hayashi, Tomohiro Mizutani, Satoru Fujii, Tatsuro Murano, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Ken Watanabe, Norio Shimizu, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Prevalence of viral DNA in the mucosal tissue and cultured organoids of inflammatory bowel disease patients.. AOCC2016 2016.07.08 Kyoto International Conference Center, Kyoto (JAPAN)

  38. Kiichiro Tsuchiya, Shuji Hibiya, Keita Fukushima, Tomoaki Shirasaki, Shigeru Oshima, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Atoh1 protein stabilization in colon tumor acquires the phenotype of signet ring cell carcinoma with cancer stem cell enrichment.. AOCC2016 2016.07.08 Kyoto International Conference Center, Kyoto (JAPAN)

  39. Shuji Hibiya, Kiichiro Tsuchiya, Tomoaki Shirasaki, Keita Fukushima, Shigeru Oshima, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Mouse colonic organoid acquires wnt-independent survival property after long-term inflammation.. AOCC2016 2016.07.08 Kyoto International Conference Center, Kyoto (JAPAN)

  40. Tomoaki Shirasaki, Kiichiro Tsuchiya, Shuji Hibiya, Ryu Nishimura, Keita Fukushima, Sho Watanabe, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura and Mamoru Watanabe. Stimulation with the ligands of Toll like receptors in primary human organoids.. AOCC2016 2016.07.07 Kyoto International Conference Center, Kyoto (JAPAN)

  41. Ami Kawamoto, Go Ito, Toru Nakata, Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Fumiaki Ishibashi, Hiromichi Shimizu, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. OLFM4 and UBD are up-regulated in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients by synergy of Notch signaling and TNF-α. AOCC2016 2016.07.07 Kyoto International Conference Center, Kyoto (JAPAN)

  42. Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Toru Nakata, Go Ito, Hiromichi Shimizu, Tomohiro Mizutani, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Ohtsuka, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. In Vitro organoid model reveals PGF2 as a Robust Mediator of chloride & water secretion bt human intestinal epithelial cells. DDW2016 2016.05.23 San Diego(USA)

  43. Kiichiro Tsuchiya, Shuji Hibiya, Keita Fukushima, Tomoaki Shirasaki, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. ATOH1 Protein stabillzation in tumor acquires the morphological change to signet ring cell enrichment in colon cancer. DDW2016 2016.05.22 San Diego(USA)

  44. Toru Nakata, Go Ito, Hiromichi Shimizu, Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Fumiaki Ishibashi, Ami Kawamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Katsuto Hozumi, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Jagged1 is indispensable for the maintenance of tumor stem cell niche in APC-Deficient intestinal adenomas. DDW2016 2016.05.22 San Diego(USA)

  45. Stuji Hibiya, Kiichiro Tsuchiya, Tomoaki Shirasaki, Keita Fukushima, Shigeru Oshima, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Construction of in vitro model for inflammatory bowel disease using primary colonic organoid. DDW2016 2016.05.21 San Diego(USA)

  46. Kohei Suzuki, Satoru Fujii, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Toru Nakata, Go Ito, Hiromichi Shimizu, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Otsuka, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Single-cell level analysis reveals hoterogeneous expression of stem-cell specific genes in human small intestinal organoids. DDW2016 2016.05.21 San Diego(USA)

  47. Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. 【Session 4: Novel therapeutic approaches and emerging issues in IBD】Application of regenerative medicine for the treatment of inflammatory bowel disease. The 102nd JSGE-The 5th International Forum 2016.04.21 Tokyo(JAPAN)

  48. Satoru Fujii, Ryuichi Okamoto, Toru Nakata, Kohei Suzuki, Fumiaki Ishibashi, Ami Kawamoto,Sayaka Ohashi Segawa, Tomohiro Mizutani, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Establishment of a 3D cell culture-based screening platform to identify natural products that can regulate transepithelial water transport of the human gastrointestinal tract. Pacifichem2015 2015.12.17 Hawaii

  49. Tomoaki Shirasaki, Keita Fukushima, Kiichiro Tsuchiya, Shuuji Hibiya, Ryohei Hayashi, Nobukatsu Horita, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. . TNF-α stabilizes atoh1 protein in colitis-associated colorectal cancer resulting in enhanced malignant potential. . UEGW2015 2015.10.28 Barcelona

  50. Shuji Hibiya, Kiichiro Tsuchiya, Tomoaki Shirasaki, Keita Fukushima, Ryohei Hayashi, Nobukatsu Horita, Shigeru Oshima ,Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura,Mamoru Watanabe. Contiuous stimulation with cytokines leads to irreversible activation of NF-γb signaling in colonic epithelial cells by organoid culture . UEGW2015 2015.10.27 Barcelona

  51. Tomoaki Shirasaki, Keita Fukushima, Kiichiro Tsuchiya, Shuuji Hibiya, Ryohei Hayashi, Nobukatsu Horita, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. . Atoh1 protein stabilized by TNF-α acquires enhanced malignant potential in colitis-associated colorectal cancer.. AOCC2015 2015.06.19 北京

  52. Kohei Suzuki,Satoru Fujii,Toru Nakata,Ami Kawamoto,Fumiaki Ishibashi,Sayaka Ohashi Segawa, Tomohiro Mizutani, Kiichiro Tsuchiya,Kazuo Otsuka,Tetsuya Nakamura,Ryuichi Okamoto,Mamoru Watanabe. Enrichment of Intestinal Stem Cells by the 3D-Culture of IBD Patient Derived Intestinal epithelium. AOCC2015 2015.06.19 Beijing

  53. Horita N,Tsuchiya K,Hayashi R,Fukushima K,Hibiya S,Fukuda M,Mizutani T,Okamoto R,Nakamura T and Watanabe M.. A novel fluorescent labelling system into small intestinal organoid reveals independent long-lived intestinal stem cells in a crypt.. AOCC2015 2015.06.19 Beijing

  54. Shuji Hibiya, Kiichiro Tsuchiya, Keita Fukushima, Ryohei Hayashi, Nobukatsu Horita, Shigeru Oshima, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Continuous Stimulation With Cytokines Leads to Irreversible Accumulation of NF-kB Signaling in Colonic Epithelial Cells. DDW 2015 2015.05.19 Washinguton DC

  55. Toru Nakata, Hiromichi Shimizu, Kohei Suzuki, Satoru Fujii, Go Ito, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Ryuichi Okamoto, Katsuto Hozumi, Mamoru Watanabe. Distinct Role of Notch Ligands, DLL1 and Dll4, in Normal and in Tumor Intestinal Epithelium. DDW 2015 2015.05.19 Washington, D.C.

  56. Keita Fukushima, Kiichiro Tsuchiya, Shuji Hibiya, Ryohei Hayashi, Nobukatsu Horita, Yoshihito Kano, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Atoh1 Protein Expression by TNF-a and the Acquisition of Malignant Potential in Colitis- Associated Colorectal Cancer. DDW 2015 2015.05.17 Washington, D.C.

  57. Hiromichi Shimizu, Kohei Suzuki, Satoru Fujii, Toru Nakata, Go Ito, Tatsuro Murano, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Ryuichi Okamoto, Katsuto Hozumi, Mamoru Watanabe. Notch Ligands DLL1 and Dll4 Are Expressed by Distinct Population of Epithelial Cells in the Mice Intestine. DDW 2015 2015.05.16 Washington, D.C.

  58. Shuji Hibiya, Kiichiro Tsuchiya, Keita Fukushima, Ryohei Hayashi, Nobukatsu Horita, Yoshihito Kano, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura,Mamoru Watanabe. Continuous stimulation with cytokines leads to irreversible accumulation of NF-κB signaling in colonic epithelial cells. The 5th International Symposium on Carcinogenic Spiral 2015.02.26 Kobe

  59. Shuji Hibiya, Kiichiro Tsuchiya, Keita Fukushima, Ryohei Hayashi, Nobukatsu Horita, Shigeru Oshima, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Long-term stimulation with cytokines acquires irreersible accumulation of NF-κB signaling in colonic epithelial cells. 10th Congress of ECCO - Inflammatory Bowel Diseases 2015 2015.02.20 Barcelona

  60. Go Ito, Ryuichi Okamoto, Tasturo Murano, Hiromichi Shimizu, Satoru Fujii, Toru Nakata, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Notch signaling and TNF-αsynergistically up-regulates expression of OLFM4 in human intestinal epithelial cells.. 第8回Japan-US Collabaration Conference in Gastroenterology 2014.11.21 Tokyo

  61. Ryuichi Okamoto,Tetsuya Nakamura,Mamoru Watanabe. Functional analysis of primary-cultured human intestinal epithelial cells. 新学術領域「天然物ケミカルバイオロジー」 第5回公開シンポジウム 2014.10.28 横浜

  62. Okamoto R, Ito G, Shimizu H, Fujii S, Nakata T, Suzuki K, Watanabe M. Notch signaling regulates expression of gelsolin superfamily genes, gelsolim and scinderin and promotes re-assembly of action cytoskeleton in human intestinal epithelial cells. UEGW2014 2014.10.22 Vienna

  63. Ito G, Okamoto R, Shimizu H, Fujii S, Nakata T, Suzuki K, Tsuchiya K, Nakamura T, Watanabe M. Notch Signaling and TNF-alpha synergistically promotes intracellular protein accumulation of olfm4 in the inflamed mucosa of ulcerative colitis. UEGW2014 2014.10.21 Vienna

  64. Go Ito, Ryuichi Okamoto, Hiromichi Shimizu, Satoru Fujii, Toru Nakata, Kohei Suzuki, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Notch signaling and TNF-α synergistically promotes intracellular protein expression of OLFM4 in human intestinal epithelial cells. The 2nd Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's and Colitis 2014.06.21 Seoul

  65. Hiromichi Shimizu, Ryuichi Okamoto, Go Ito, Satoru Fujii, Toru Nakata, Kohei Suzuki, Tatsuro Murano, Tomohiro Mizutani, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Katsuto Hozumi, Mamoru Watanabe. Distinct Expression Patterns of Notch Ligands, DLL1 and DLL4, in Normal and Inflamed Mice Intestine. The 2nd Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's and Colitis 2014.06.21 Seoul

  66. Horita N, Tsuchiya K, Hayashi R, Fukushima K, Hibiya S, Fukuda M, Kano Y, Mizutani T, Nemoto Y, Yui S, Okamoto R, Nakamura T, Watanabe M . Establishment of the gene transduction into the primary intestinal organoid identified the subpopulation of the stem cells in a crypt.. 第12回幹細胞シンポジウム 2014.05.31 福岡

  67. Hibiya S, Tsuchiya K, Fukushima K, Hayashi R, Horita N, Kano Y , Okamoto R, Nakamura T,Watanabe M. Long-term stimulation with cytokines acquires irreversible accumulation of NF-κB signaling in primary colonic epithelial cells. 4th International Symposium on Carcinogenic Spiral 2014.02.11 Sapporo

  68. 岡本隆一,村野竜朗,伊藤 剛,中田 徹,日比谷秀爾,藤井 悟,清水寛路,水谷知裕,土屋輝一郎,中村哲也,渡辺 守. 炎症性腸疾患におけるNotch-Hes1シグナルを介した粘膜再生機構の解析. 浜名湖シンポジウム 2013.12.21 浜松

  69. Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Proliferation, Differentiation and Tissue Repair of the Intestinal Epithelium. 新学術領域「天然物ケミカルバイオロジー」 第2回国際シンポジウム 2013.10.29 Yokohama

  70. Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Potential of primary cultured intestinal epithelial cells as a tool for biochemical analysis. 新学術領域「天然物ケミカルバイオロジー」 第4回公開シンポジウム 2013.10.28 Yokohama

  71. R Okamoto , T Murano , H Shimizu , G Ito , S Fujii , T Nakata , K Tsuchiya , T Nakamura , M Watanabe. Il-22-mediated antimicrobial response is regulated by hes1 via stat3-dependent transcription in human intestinal epithelial cells.. UEGW 2013 2013.10.16 Berlin

  72. G Ito, R Okamoto, T Murano , H Shimizu , K Tsuchiya , T Nakamura , M Watanabe. Lineage-specific expression of bestrophin-2 and bestrophin-4 is regulated by notch signaling in human intestinal epithelial cells.. UEGW 2013 2013.10.14 Berlin

  73. H Shimizu , R Okamoto , T Nakata , S Fujii , G Ito , T Murano , K Tsuchiya , T Nakamura , M Watanabe. Complete conversion of crypt progenitor cells into atoh1-positive cells by targeted deletion of dll1 and dll4 in lgr5-positive intestinal stem cells.. UEGW 2013 2013.10.14 Germany

  74. 岡本隆一. ここまで解ってきたIBDの病態-goblet細胞と潰瘍性大腸炎-. 第31回 大腸病態治療研究会 2013.06.27 大阪

  75. Ryuichi Okamoto, Tatsuro Murano, Hiromichi Shimizu, Go Ito, Satoru Fujii, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, and Mamoru Watanabe. Hes1 promotes IL-22-mediated antimicrobial response through enhancement of STAT3-dependent transcription in human intestinal epithelial cells. The 1st Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's and Colitis 2013.06.13 品川

  76. Go Ito, Ryuichi Okamoto, Tatsuro Murano, Hiromichi Shimizu, Satoru Fujii, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, and Mamoru Watanabe. Lineage-specific expression of bestrophin genes in normal and inflamed human intestine: implications for ulcerative colitis.. The 1st Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's and Colitis 2013.06.13 Tokyo

  77. Go Ito, Ryuichi Okamoto, Satoru Fujii, Hiromichi Shimizu, Tatsuro Murano, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Notch signaling regulates expression of Bestrophin-4, a novel enterocyte-specific HCO3-/Cl- channel, in human intestinal epithelial cells.. DDW 2013 2013.05.20 Orlando

  78. Hiromichi Shimizu, Ryuichi Okamoto, Satoru Fujii, Go Ito, Tatsuro Murano, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Complete conversion of crypt progenitor cells into Atoh1-positive cells by targeted deletion of Dll1 and Dll4 in Lgr5-positive intestinal stem cells. DDW 2013 2013.05.19 Orlando

  79. Ryuichi Okamoto, Go Ito, Satoru Fujii, Hiromichi Shimizu, Tatsuro Murano, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Hes1 promotes IL-22-mediated epithelial regeneration through enhancement of STAT3-dependent transcription in human intestinal epithelial cells. Asian IBD Symposium 2012.11.03 Seoul

  80. Hiromichi Shimizu, Ryuichi Okamoto, Satoru Fujii, Go Ito, Tatsuro Murano, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Identification of Notch ligand expressing cells in normal and inflamed intestinal mucosa. Asian IBD Symposium 2012.11.03 Seoul

  81. Takahiro Mutoh, Ryuichi Okamoto, Go Ito, Satoru Fujii, Hiromichi Shimizu, Tatsuro Murano, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru . Notch signaling and TNF-alpha synergistically up-regulate OLFM4 expression in human intestinal epithelial cells. Asian IBD Symposium 2012.11.03 Seoul

  82. Ryuichi Okamoto, Go Ito, Satoru Fujii, Hiromichi Shimizu, Tatsuro Murano, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Notch signaling and TNF-alpha synergistically up-regulate OLFM4 expression in human intestinal epithelial cells. UEGW 2012 2012.10.23 Amsterdam

  83. Go Ito, Ryuichi Okamoto, Satoru Fujii, Hiromichi Shimizu, Tatsuro Murano, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Notch signaling regulates expression of Bestrophin-4, a novel enterocyte-specific HCO3-/Cl- channel, in human intestinal epithelial cells.. UEGW 2012 2012.10.23 Amsterdam

  84. Mizutani T, Nakamura T, Morikawa R, Fukuda M, Mochizuki W, Yamauchi Y, Nozaki K, Yui S, Okamoto R, Tsuchiya K, Watanabe M. Real-time analysis of p-glycoprotein-mediated drug transport across primary intestinal epitherial cells three-dimensionally cultured in vitro. DDW 2012 2012.05.19 San Diego

  85. Ryuichi Okamoto, Go Ito, Satoru Fujii, Hiromichi Shimizu, Tatsuro Murano, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Notch-Hes1 pathway and TNF-α synergistically up-regulates OLFM4 expression in the inflamed mucosa of the human intestine. 6th Korea-Japan IBD Symposium 2012.01.28 Tokyo

  86. Tatsuro Murano, Ryuichi Okamoto, Go Ito, Satoru Fujii, Hiromichi Shimizu, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Hes1 promotes IL-22-mediated epithelial regeneration through enhancement of STAT3-dependent transcription in human intestinal epithelial cells. 6th Korea-Japan IBD Symposium 2012.01.28 Tokyo

  87. 竹中 健人、河本 亜美、日比谷 秀爾、大塚 和朗、岡本 隆一. クローン病小腸病変とサイトカイン阻害薬との関係. 第113 回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2021.12.05 Web開催

  88. 日比谷秀爾、土屋輝一郎、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、岡本隆一、渡邉 守、長堀正和. スマートデバイスを用いた軽症潰瘍性大腸炎患者の病診連携システム構築の試み. 第12回日本炎症性腸疾患学会 学術集会 2021.11.27 ホテルイースト21東京(東京)

  89. 宇田川 祐実、藤井 俊光、清水 寛路、日比谷 秀爾、竹中 健人、河本 亜美、齊藤 詠子、長堀 正和、大塚 和朗、田中 真琴、岡本 隆一. IBDセンター初診時に患者が感じていた不安の変化:IBD Nurseの活動評価 . 第12回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2021.11.27 ホテルイースト21東京(東京)

  90. 日比谷秀爾、大塚和朗、岡本隆一. クローン病小腸狭窄の粘膜治癒と内視鏡的拡張術後予後の関連の検討. 第59回日本小腸学会学術集会 2021.11.27 ホテルイースト21東京(東京)

  91. 岡田英理子. 小腸(VCE・クローン病):座長. JDDW2021 2021.11.15 神戸ポートピアホテル(兵庫)

  92. 藤井俊光. 分子標的薬時代の潰瘍性大腸炎治療戦略. JDDW2021 2021.11.06 ポートピアホテル(兵庫)

  93. 河本亜美、竹中健人、岡本隆一. クローン病における小腸潰瘍に対するLRGの有効性. JDDW2021 2021.11.06 神戸国際展示場(兵庫)

  94. 藤井 俊光, 桂田 武彦, 岡本 隆一. クローン病におけるMRenterocolonographyによるTight Control. JDDW 2021 2021.11.06 神戸コンベンションセンター(兵庫)

  95. 藤井俊光. 大腸(クローン病・その他腸炎):座長. JDDW2021 2021.11.05 神戸国際展示場(兵庫)

  96. 栗原 正道 , 福田 将義 , 和田 祥城 , 大塚 和朗 , 岡本 隆一. 大腸腫瘍に対するJNET分類の診断能に関する検討. JDDW2021 2021.11.05 神戸コンベンションセンター(兵庫)

  97. 福田将義、大塚和朗、岡本隆一. 潰瘍性大腸炎罹患粘膜に発生した腫瘍性病変に対する内視鏡治療戦略. JDDW2021 2021.11.04 神戸コンベンションセンター(兵庫)

  98. 藤井俊光. クローン病小腸病変モニタリングの重要性. JDDW2021 2021.11.04 ポートピアホテル(兵庫)

  99. 松田浩紀 青沼映美 田村皓子 仁部洋一 渡辺守 岡本隆一 宇尾基弘 大島茂. 生命金属による腸管炎症惹起機構の解析. 第58回日本消化器免疫学会総会 2021.07.03 京都ホテルオークラ(京都)

  100. 竹中健人、河本亜美、日比谷秀爾、大塚和朗、岡本隆一. クローン病の小腸潰瘍に対するLRGの有効性. 第112回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2021.06.12 Web開催

  101. 竹中健人、大塚和朗、岡本隆一. AIによる潰瘍性大腸炎の内視鏡画像評価の開発. 第107回 日本消化器病学会総会 2021.04.15 Web開催

  102. 五月女浩子、河本亜美、竹中健人、日比谷秀爾、清水寛路、伊藤 剛、水谷知裕、油井史郎、根本泰宏、藤井俊光、齊藤詠子、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、岡本隆一、小金井一隆、冨井翔平. 回腸に多発潰瘍を伴い診断に苦慮した腸管子宮内膜症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第363回例会 2021.02.27 Web開催

  103. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、河本亜美、日比谷秀爾、清水寛路、本林麻衣子、藤井俊光、齊藤詠子、長堀正和、渡辺 守、岡本隆一. 潰瘍性大腸炎内視鏡画像の評価に関するAIシステム開発. 第11回 日本炎症性腸疾患学会学術集会 2020.12.05 Web開催

  104. 川西真明、河﨑 翔、田中将平、伊藤 剛、北畑富貴子、水谷知裕、新田沙由梨、福田将義、村川美也子、油井史郎、根本泰宏、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、朝比奈靖浩、岡本隆一. 遺伝子解析により確定された大量輸血後のE型急性肝炎の1例. 日本消化器病学会 関東支部第362回例会 2020.12.05

  105. 岡本隆一. 【令和元年度版 潰瘍性⼤腸炎・クローン病診断基準治療指針のポイント】座長. Live Webセミナー(Zoomウェビナー) 2020.10.19 Web開催

  106. 岡本隆一. 消化器疾患・消化器免疫:座長. 第48回日本臨床免疫学会総会 2020.10.15 Web開催

  107. 水谷知裕、岡本隆一、渡辺 守. 炎症性腸疾患に対する上皮再生医療. 第48回 日本臨床免疫学会総会 2020.10.15 Web開催

  108. 岡本隆一. 炎症性腸疾患における再生医療. Nexium Web Seminer in Tokyo 2020.08.26 Web開催

  109. 岡本隆一. 【炎症性腸疾患とCOVID-19】JAPAN IBD COVID-19 Taskforceの活動を中心に:座長. IBDネットフォーラム 2020.08.19 Web開催

  110. 日比谷秀爾、白崎友彬、勝倉暢洋、渡辺 翔、岡本隆一、土屋輝一郎、渡辺 守. ヒト小腸オルガノイドを用いたクローン病病態解明の試み. 第106回 日本消化器病学会 2020.08.11 Web開催

  111. 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守、岡本隆一. 【誌面発表】スマートデバイスを用いたIBD病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  112. 河﨑 翔、清水寛路、日比谷秀爾、本林麻衣子、竹中健人、油井史郎、根本泰宏、齊藤詠子、藤井俊光、岡田英理子、大島 茂、岡本隆一、土屋輝一郎、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守、松山貴俊、加藤恒平. 抗TNFα製剤治療が有効であった潰瘍性大腸炎術後に発症した壊疽性膿皮症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第359回例会 2020.05.01 Web開催

  113. 久壽米木駿、勝田景統、北畑富貴子、新田沙由梨、村川美也子、油井史郎、根本泰宏、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、朝比奈靖浩、渡辺 守、石田尚子、伊藤 崇 . 肝膿症との鑑別を要したG-CSF生産を伴う肝内胆管癌の1例. 日本消化器病学会関東支部第358回例会 2020.02.22 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  114. 岡本隆一、清水寛路、鈴木康平、髙橋純一、川井麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、竹中健人、齋藤詠子、福田将義、藤井俊光、長堀正和、油井史郎、土屋輝一郎、大塚和朗、渡辺 守. 【バイオマーカーと創薬に関するプロジェクト】培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和元年度 第2回総会 2020.01.24 コングレスクエア日本橋(東京都中央区)

  115. 岡本隆一. 【Keynote lecture】腸上皮オルガノイドを用いた再生医療の開発. ヒューマン・オルガノイド技術の最前線2019 2019.11.25 コングレスクエア日本橋(東京都中央区)

  116. 岡本隆一、清水寛路、渡辺 守. 【消化器疾患と再生医療】炎症性腸疾患に対する再生医療の開発 . JDDW2019 2019.11.23 ポートピアホテル南館(兵庫県神戸市)

  117. 神谷昂汰、河本亜美、村川美也子、小林正典、北畑富貴子、新田沙由梨、油井史郎、根本泰宏、井津井康浩、大島 茂、岡田英理子、中川美奈、岡本隆一、柿沼 晴、土屋輝一郎、東 正新、永石宇司、朝比奈靖浩、渡辺 守、根木真理子. 造影超音波検査で特徴的な所見を呈した肝血管肉腫の一例. 日本消化器病学会 関東支部第356回例会 2019.09.21 海運クラブ(東京)

  118. 川井麻央、河本亜美、永田紗矢香、安斎 翔、高橋純一、久野玲子、平栗優衣、鈴木康平、清水寛路、油井史郎、岡本隆一、渡辺 守. 患者由来腸上皮オルガノイドを用いたイソフラボン類による腸上皮機能調節機構の解析. 第56回日本消化器免疫学会総会 2019.08.02 メルパルク京都(京都府京都市)

  119. 岡本隆一. 【再生から創生へ_創生医学の最前線】講演2:座長. 創生医学コンソーシアム 第2回シンポジウム 2019.07.29 東京医科歯科大学 鈴木章夫講堂(東京都文京区)

  120. 岡本隆一、清水寛路、鈴木康平、高橋純一、川井麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、竹中健人、齋藤詠子、福田将義、藤井俊光、長堀正和、油井史郎、土屋輝一郎、大塚和朗、渡辺 守. 培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和元年度 第1回総会 2019.07.26 コングレスクエア日本橋(東京都中央区)

  121. 岡本隆一. 炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 第103回IBDミニカンファレンス 2019.07.26 竹橋安田ビル(東京都千代田区)

  122. 岡本隆一. 【シンポジウム13:組織再生とオルガノイド】腸上皮幹細胞オルガノイドによる粘膜再生医療. 第40回日本炎症・再生医学会 2019.07.17 神戸国際会議場(兵庫県神戸市)

  123. 内田 仁、加藤 周、三好正人、清水寛路、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、福田将義、油井史郎、藤井俊光、根本泰宏、齊藤詠子、岡本隆一、土屋輝一郎、東 正新、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 【研修医Ⅱ (⼤腸) 】Epstein-Barr Virusの再活性化を伴った難治性潰瘍性大腸炎の1例. 日本消化器病学会関東支部第355回例会 2019.07.13 海運クラブ(東京都千代田区)

  124. 岡本隆一. 【第7回 細胞移植から臓器移植へ】炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 細胞医療の時代2018シリーズ 2019.03.28 東京大学医科学研究所講堂(東京都港区)

  125. 岡本隆一. 【シンポジウム:消化管の再生医療】炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 第18回日本再生医療学会総会 2019.03.21 神戸国際展示場(兵庫県神戸市)

  126. 日比谷秀爾、土屋輝一郎、白﨑友彬、渡辺 翔、西村 龍、岡本隆一、中村哲也、渡辺 守. ヒトIBD 体外モデル構築による難治化病態解明. 全身性炎症疾患の病因・病態の解明に関する研究助成 第8回研究発表会 2019.01.19 霞山会館(東京)

  127. 油井史郎、岡本隆一、土屋輝一郎、中村哲也、渡辺 守. YAP/TAZ依存症の胎児化誘導を介した間質リモデリングの上皮再生促進機構. 第4回 G-PLUS 2018.12.15 ホテルイースト21東京(東京都江東区)

  128. 山田倫子、秋山慎太郎、堀田伸勝、福田将義、齊藤詠子、藤井俊光、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、中村哲也、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 難治性潰瘍性大腸炎経過中に血球貪食症候群を契機に判明したT 細胞性リンパ腫の一例. 日本消化器病学会関東支部第352回例会 2018.12.01 海運クラブ(東京都千代田区)

  129. 岡本隆一、渡辺 守. 腸上皮オルガノイドを用いた炎症性腸疾患に対する治療の開発. 第46回日本臨床免疫学会総会 2018.11.09 軽井沢プリンスホテルウエスト(長野県北佐久郡)

  130. 伊藤 晃、伊東詩織、渡部太郎、小林正典、福田将義、齊藤詠子、藤井俊光、東 正新、岡本隆一、土屋輝一郎、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎の経過中に原発性硬化性胆管炎を併発した一例. 日本消化器病学会関東支部第351回例会 2018.09.22 海運クラブ(東京都千代田区)

  131. 岡本隆一. 東京医科歯科大学消化器内科における再生医療の取り組み -最新報告-. 第24回東京西部消化器先端医療研究会 2018.06.28 小田急ホテルセンチュリーサザンタワー(東京都新宿区)

  132. 山﨑佳穗、竹中健人、日比谷秀爾、勝倉暢洋、仁部洋一、根本泰宏、鬼澤道夫、新田沙由梨、村川美也子、北畑富貴子、藤井俊光、岡田英里子、柿沼 晴、岡本隆一、中川美奈、大島 茂、福田正義、山内慎一、大西威一郎、大塚和朗、渡辺 守. 貧血を契機に小腸バルーン内視鏡で診断されたLST様回腸腫瘍の一例. 第106回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.06.16 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  133. 豊田早織、日比谷秀爾、竹中健人、齊藤詠子、福田将義、根本泰宏、永石宇司、井津井康浩、大島 茂、東 正新、松岡克善、土屋輝一郎、中村哲也、岡本隆一、大塚和朗、渡辺 守、青山 慧、坂下千瑞子、倉田盛人、江石義信. 【専修医Ⅳ 小腸】日和見感染を契機に診断された消化管T 細胞性リンパ腫の1例. 日本消化器病学会関東支部第349回例会 2018.04.28 海運クラブ(東京都千代田区)

  134. 石橋史明、岡本隆一、渡辺 守. 【シンポジウム3:消化管癌の発生と幹細胞】分泌型腸上皮細胞の腫瘍幹細胞リプログラミングを介した炎症性発癌経路の解析. 第104回 日本消化器病学会総会 2018.04.21 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  135. 鈴木康平, 村野竜朗, 平栗優衣, 高橋純一, 河本亜美, 石橋史明 , 安斎 翔, 久野玲子, 桒原小の実, 川井麻央, 永田紗矢香, 油井史郎, 土屋輝一郎, 中村哲也, 大塚和朗, 渡辺 守, 岡本隆一. クローン病由来の小腸上皮オルガノイド構築による幹細胞形質の解析. 第17回再生医療学会総会 2018.03.22 パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)

  136. 岡本隆一. 【特別講演】 座長. 御茶ノ水GEM Seminar 2018.02.21 お茶の水医学会館(東京都文京区)

  137. 岡本隆一、平栗優衣、鈴木康平、髙橋純一、川井麻央、福田将義、望月和歌菜、徳武美奈、永田紗矢香、中村哲也、土屋輝一郎、渡辺 守. 培養腸上皮幹細胞による炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発. 平成29年度AMED再生医療公開シンポジウム 2018.02.06 TKPガーデンシティ品川 ボールルーム(東京都港区)

  138. 石橋直樹, 藤井 崇, 鈴木康平, 金子, 齊藤詠子, 根本康宏, 福田将義, 松岡克善, 大島 茂, 岡本隆一, 土屋輝一郎, 東 正新, 永石宇司, 中村哲也, 荒木昭博, 朝比奈靖浩, 渡辺 守, 豊田智宏, 秋田くらら, 小林大輔. 【研修医Ⅴ(大腸1) 】ANCA 関連血管炎を合併した潰瘍性大腸炎(UC)の1例. 日本消化器病学会 関東支部第347回例会 2017.12.02 海運クラブ(東京都千代田区)

  139. 岡本隆一. 培養腸上皮幹細胞を利用した粘膜再生治療について. 第20回宝ヶ池セミナー 2017.11.18 メルパルク京都(京都府京都市)

  140. 岡本隆一. 【合同シンポジウム2:免疫疾患の新たな治療開発への方向性】炎症性腸疾患における再生医療の開発. 第45回日本臨床免疫学会総会 2017.09.29 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  141. 西村 龍、土屋輝一郎、白崎友彬、渡辺 翔、日比谷秀爾、岡本隆一、中村哲也、渡辺 守. 【消化管 1】ヒト大腸オルガノイドを用いた炎症性腸疾患擬似モデルの構築による薬効評価システムへの応用. 第54回日本消化器免疫学会総会 2017.09.28 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  142. 岡本隆一、平栗優衣、鈴木康平、髙橋純一、福田将義、望月和歌菜、徳武美奈、永田紗矢香、中村哲也、土屋輝一郎、渡辺 守. 培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点. 平成29年度AMED再生医療・研究交流会 2017.09.05 イイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区)

  143. 岡本隆一、鬼澤道夫、大島 茂、大塚和朗、日比紀文、小林 拓 . 【腸内細菌プロジェクト】炎症性腸疾患における食関連リスク因子に関する研究. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 平成29年度第1回総会 2017.07.20 TKP品川カンファレンスセンター(東京都港区)

  144. 渡辺 守、中村哲也、土屋輝一郎、鈴木康平、高橋純一、村野竜朗、岡本隆一、佐藤俊朗. 【腸内細菌プロジェクト】培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 平成29年度第1回総会 2017.07.20 TKP品川カンファレンスセンター(東京都港区)

  145. 松永史穂, 藤井 崇, 鈴木康平, 松本有加, 渡部太郎, 金子 俊, 本林麻衣子, 仁部洋一, 福田将義, 根本泰宏, 齊藤詠子, 大島 茂, 岡本隆一, 土屋輝一郎, 東正新, 永石宇司, 大岡真也, 中村哲也, 荒木昭博, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 【研修医Ⅲ(大腸・その他)】ビスフォスフォネート投与後に腸間膜脂肪織炎を発症した1例. 日本消化器病学会 関東支部第345回例会 2017.07.15 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  146. 鈴木美麗, 桑原小の実, 福田将義, 和田祥城, 岡田英理子, 松岡克善, 山内 慎一, 安野正道, 和田あかね, 倉田盛人, 仁部洋一, 北畑富貴子, 根本泰宏, 藤井俊光, 大島 茂, 中川美奈, 永石宇司, 柿沼 晴, 岡本隆一, 大塚和朗, 渡辺 守. 直腸絨毛腫瘍により電解質異常を認めた一例. 第104回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2017.06.11 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  147. 岡本隆一、鈴木康平、永田紗矢香、河本亜美、石橋史明、安斎 翔、久野玲子、中田 徹、藤井 悟、村野竜朗、平栗優衣、土屋輝一郎、中村哲也、渡辺 守. 炎症性腸疾患における小腸上皮幹細胞・体外培養の試み. 第16回日本再生医療学会総会 2017.03.08 仙台国際センター(宮城県仙台市)

  148. 岡本隆一、大塚和朗、大島 茂、鬼澤道夫、富田 誠、小林久峰. 炎症性腸疾患における食関連リスク因子に関する研究. 難治性疾患実用化研究事業・免疫アレルギー疾患等実用化研究事業2016年度合同成果報告会「革新への挑戦-疾患克服を目指して-」 2017.02.10 イイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区)

  149. 森崎晶子、松本太一、大岡真也、東正新仁部洋一、根本康宏、藤井俊光、大島 茂、岡田英里子、永石宇司、岡本隆一、土屋輝一郎、長堀正和、中村哲也、渡辺 守、福田将義、大塚和朗、荒木昭博、冨井翔平、明石 巧. 原発切除から20 年以上経過して認めた血管外皮腫肝転移の1例. 日本消化器病学会関東支部第343回例会 2017.02.04 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  150. 岡本隆一、平栗優衣、村野竜朗、藤井 悟、福田将義、望月和歌菜、徳武美奈、永田紗矢香、中村哲也、土屋輝一郎、渡辺 守. 培養腸上皮幹細胞による炎症性腸疾患に対する 粘膜再生治療の開発. 平成28年度AMED再生医療公開シンポジウム 2017.02.02 TKPガーデンシティ品川 (東京都港区)

  151. 渡辺 翔、土屋輝一郎、日比谷秀爾、白崎友彬、西村 龍、大島 茂、岡本隆一、中村哲也、渡辺 守. 遺伝子編集によるヒト炎症関連大腸がん作成の試み. 平成28年度日本医療研究開発機構(AMED)委託費(革新的がん医療実用化研究事業)「スキルスがんにおける癌幹細胞悪性形質獲得機構に関する研究」班 総会 2016.11.30 東京医科歯科大学M&Dタワー(東京都文京区)

  152. 日比谷秀爾、土屋輝一郎、渡辺 翔、西村 龍、白崎友彬、大島 茂、岡本隆一、中村哲也、渡辺 守. 大腸初代培養細胞を用いた炎症発癌モデルの構築. 平成28年度日本医療研究開発機構(AMED)委託費(革新的がん医療実用化研究事業)「スキルスがんにおける癌幹細胞悪性形質獲得機構に関する研究」班 総会 2016.11.30 東京医科歯科大学M&Dタワー(東京都文京区)

  153. 岡本隆一. 腸上皮幹細胞系譜の可塑性と組織再生. SKIP×幹細胞若手の会 Symposium 2016 -Integrative Stem Cell Biology for Regenerative Medicine- 2016.09.30 御茶ノ水トライエッジカンファレンス(東京都千代田区)

  154. 岡本隆一、石橋史明、渡辺 守. 【シンポジウム:最新の幹細胞研究が解き明かす組織再生・疾患のメカニズム】腸上皮幹細胞系譜の可塑性と組織再生. 第89回日本生化学会大会 2016.09.25 仙台国際センター(宮城県仙台市)

  155. 黄野雅恵、矢内真人、大谷賢志、仁部洋一、根本康宏、藤井俊光、大島 茂、岡田英里子、松岡克善、永石宇司、岡本隆一、土屋輝一郎、長堀正和、中村哲也、渡辺  守. OS-1注入下での観察で出血点を特定し内視鏡的止血を得た小腸出血の一例. 日本消化器病学会関東支部第341回例会 2016.09.24 海運クラブ(東京都千代田区)

  156. 藤井 悟、中田 徹、石橋史明、河本亜美、鈴木康平、清水寛路、伊藤 剛、土屋輝一郎、中村哲也、岡本隆一、渡辺 守. 【腸管上皮幹細胞制御探索プロジェクト:a.疑似腸管モデルの構築に関わる技術開発】ヒト腸上皮オルガノイドを用いた腸上皮による体液調節機構の解析法開発. 平成28年度日本医療研究開発機構(AMED)委託費難治性疾患実用化研究事業「独自の体外病態モデルによる難治性炎症性腸疾患の革新的治療薬開発に関する研究班 平成28年度第1回総会 2016.07.22 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂(東京都文京区)

  157. 松川直樹、武井ゆりあ、大塚和朗、新宅 洋、伊藤 崇、明石 巧、三浦夏希、堀家英之、並木 伸、竹中健人、村川美也子、藤井俊光、井津井康浩、大島 茂、松岡克善、中川美奈、岡本隆一、柿沼 晴、永石宇司、渡辺 守. 【研修医セッション:小腸・大腸】小腸内視鏡による観察を行った小腸粘膜内癌を有した里吉病の1例. 第102回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 2016.06.12 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  158. 丘 佳恵、武井ゆりあ、松岡克善、藤井俊光、野崎賢吾、根本泰宏、福島啓太、岡田英里子、大島 茂、永石宇司、岡本隆一、土屋輝一郎、東 正新、中村哲也、長堀正和、荒木昭博、朝比奈靖浩、渡辺 守、福田将義、大塚和朗. 特異な内視鏡所見より5-アミノサリチル酸製剤によるアレルギーを疑った潰瘍性大腸炎の一例. 日本消化器病学会関東支部第339回例会 2016.05.21 海運クラブ(東京都千代田区)

  159. 福島啓太、土屋輝一郎、加納嘉人、白崎友彬、日比谷秀爾、岡本隆一、中村哲也、渡辺 守. 【プレナリーセッション:大腸癌】ヒトLgr5 発現可視化による粘液産生大腸癌ニッチ解析. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.23 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  160. 岡本隆一. 【ワークショップ1:消化管疾患における再生医療の最前線】司会. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  161. 岡本隆一、渡辺 守. 【ワークショップ1:消化管疾患における再生医療の最前線】炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  162. 鈴木康平、石橋史明、河本亜美、藤井 悟、中田 徹、清水寛路、伊藤 剛、土屋輝一郎、水谷知裕、中村哲也、岡本隆一、渡辺 守. 【IBD 基礎1】炎症性腸疾患における小腸上皮幹細胞・体外培養の試み. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  163. 日比谷秀爾、土屋輝一郎、白崎友彬、福島啓太、大島 茂、岡本隆一、中村哲也、渡辺 守. 【消化管 基礎】長期炎症刺激による大腸上皮培養細胞の非可逆的NF κB シグナル活性. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  164. 藤井 悟、中田 徹、鈴木康平、石橋史明、河本亜美、伊藤 剛、清水寛路、土屋輝一郎、中村哲也、岡本隆一、渡辺 守. 【消化管 基礎】ヒト小腸上皮における体液調節機構の解析. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  165. 中田 徹、清水寛路、伊藤 剛、石橋史明、河本亜美、鈴木康平、藤井 悟、土屋輝一郎、中村哲也、穂積勝人、岡本隆一、渡辺 守. 【大腸腫瘍 基礎】大腸腫瘍におけるDll1 及びDll4 分子の機能的解析. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.21 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  166. 岡本隆一、林 歩美、水谷知裕、渡邉 健、清水則夫、松岡克善、土屋輝一郎、大塚和朗、中村哲也、関矢一郎、渡辺 守. 炎症性腸疾患の患者粘膜及び培養腸上皮細胞におけるウィルスDNA検出の試み. 第15回日本再生医療学会総会 2016.03.19 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  167. 篠原元、小橋健一郎、柿沼 晴、東 正新、村川美也子、北畑富貴子、水谷知裕、櫻井 幸、新田沙由梨、井津井康浩、大島 茂、中川美奈、永石宇司、大岡真也、土屋輝一郎、岡本隆一、荒木昭博、中村哲也、朝比奈靖浩、渡辺 守. Direct-Acting Antivirals による抗ウイルス療法が奏功し、続発性クリオグロブリン血症が改善した1例. 日本消化器病学会関東支部第338回例会 2016.02.06 海運クラブ(東京都千代田区)

  168. 岡本隆一. 消化管の再生をみつめて. 第15回御茶ノ水消化器先端治療研究会 2016.02.06 六本木アカデミーヒルズ49(東京都港区)

  169. 岡本隆一. 【疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)】腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発. 平成27年度 AMED再生医療公開シンポジウム 2016.01.26 東京国際フォーラム(東京都千代田区)

  170. 土屋輝一郎、福島啓太、日比谷秀爾、岡本隆一、渡辺 守. ヒト腸管幹細胞可視化技術の構築. 平成27年度日本医療研究開発機構(AMED)委託費 (革新的がん医療実用化研究事業) 「スキルスがんにおける癌幹細胞悪性形質獲得機構に関する研究」班 総会 2015.11.24 東京

  171. 日比谷秀爾、土屋輝一郎、白崎友彬、福島啓太、大島 茂、岡本隆一、中村哲也、渡辺 守. 大腸初代培養を用いた炎症発癌モデルの構築. 平成27年度日本医療研究開発機構(AMED)委託費 (革新的がん医療実用化研究事業) 「スキルスがんにおける癌幹細胞悪性形質獲得機構に関する研究」班 総会 2015.11.24 東京

  172. 岡本隆一、渡辺 守. 炎症性腸疾患治療における再生治療の最前線. 平成27年度日本炎症性腸疾患研究会 教育セミナー 2015.11.03 東京

  173. 堤 大樹、秋山慎太郎、松岡克善、和田祥城、北畑富貴子、福島啓太、水谷知裕、新田沙由梨、藤井俊光、岡田英里子、大島 茂、岡本隆一、東 正新、土屋輝一郎、永石宇司、長堀正和、中村哲也、朝比奈靖浩、渡辺 守、大塚和朗. 鋸歯状病変を合併した潰瘍性大腸炎関連大腸腫瘍の一例. 日本消化器病学会関東支部第336回例会 2015.09.26 東京

  174. 岡本隆一. 消化管領域における再生医療 . 北海道医師会認定生涯教育講座【Hokkaido Digestive Disease Forum 2015】 2015.09.05 北海道札幌市

  175. 引山智香、大谷賢志、勝倉暢洋、藤井俊光、松岡克善、水谷知裕、大島 茂、土屋輝一郎、岡本隆一、東 正新、永石宇司、長堀正和、荒木昭博、中村哲也、渡邊 守、岡田英里子、福田将義、大塚和朗、渡邊 健、石田信也. クローン病で免疫調節薬による加療中に好中球減少を認め、自己免疫性無顆粒球症と診断した一例 . 日本消化器病学会関東支部第335回例会 2015.07.18 東京

  176. 岡本隆一. 【基調講演】消化管再生医療をめざして〜東京医科歯科大学消化器内科における取り組み〜. 第21回東京西部消化器先端医療勉強会 2015.06.15 東京

  177. 秋山慎太郎、大岡真也、水谷知裕、松岡克善、藤井俊光、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、中村哲也、長堀正和、荒木昭博、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 免疫染色が診断の一助となった肝内胆管癌小腸転移の1例. 第100回 日本消化器内視鏡学会関東地方会 2015.06.14 東京

  178. 三代博之、井上恵美、藤井俊光、齊藤詠子、井津井康浩、岡田英里子、大島 茂、松岡克善、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、大岡真也、永石宇司、中村哲也、長堀正和、荒木昭博、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 周期的な腹痛・発熱を主訴としMEFV遺伝子変異を認めた否定型家族性地中海熱の1例. 第334回日本消化器病学会関東支部例会 2015.05.23 東京

  179. 岡本隆一. [セッション3] 上部消化管(座長). 第23回 御茶の水消化器セミナー 2015.03.28 東京

  180. 勝倉暢洋、秋山慎太郎、井上恵美、竹中健人、木村麻衣子、松沢 優、水谷知裕、福田将義、村川美也子、清水寛路、和田祥城、藤井俊光、櫻井 幸、斎藤詠子、渡辺貴子、藤田めぐみ、井津井康浩、岡田英里子、大島 茂、松岡克善、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、大岡真也、中村哲也、長堀正和、荒木昭博、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 肺血栓塞栓症を合併した潰瘍性大腸炎の一例. 第23回 御茶の水消化器セミナー 2015.03.25 東京

  181. 杉本京子、勝倉暢洋、藤井俊光、斎藤詠子、松岡克善、水谷知裕、藤田めぐみ、岡田英理子、土屋輝一郎、柿沼 晴、岡本隆一、東 正新、大岡真也、永石宇司、中村哲也、長堀正和、荒木昭博、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に肺血栓塞栓症を合併した一例. 日本消化器病学会 関東支部 第333回例会 2015.02.28 東京

  182. 日比谷秀爾、土屋輝一郎、福島啓太、林 亮平、堀田伸勝、加納嘉人、大島 茂、岡本隆一、中村哲也、渡辺 守. Continuous stimulation with cytokines acquires irreversible accumulation of NF-κB signaling in primary colonic epithelial cells. がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動 公開シンポジウム 2015.01.31 東京

  183. 土屋輝一郎、堀田伸勝、福島啓太、林 亮平、日比谷秀爾、水谷知裕、大島 茂、永石宇司、岡本隆一、中村哲也、大塚和朗、渡辺 守. 【腸管上皮幹細胞制御探索プロジェクト】a.疑似腸管モデルの構築に関わる技術開発:腸管上皮初代培養細胞を用いた体外病態モデルの構築. 厚生労働科学研究費委託費難治性疾患等実用化研究事業「独自の体外病態モデルによる難治性炎症性腸疾患の革新的治療薬開発に関する研究」班平成26年度第2回総会 2015.01.23

  184. 秋山慎太郎,大岡真也,齊藤詠子,和田祥城,藤井俊光,岡田英理子,大島 茂,井津井康浩,中川美奈,岡本隆一,土屋輝一郎,柿沼 晴,東 正新,永石宇司,中村哲也,長堀正和,荒木昭博,大塚和朗,朝比奈靖浩,渡辺 守. 小腸イレウスを契機に診断した肝内胆管癌小腸転移の1例. 第332回日本消化器病学会関東支部例会 2014.12.13 東京

  185. 村川美也子,和田祥城,藤井俊光,齊藤詠子,藤田めぐみ,井津井康浩,大島 茂,岡田英理子,中川美奈,岡本隆一,土屋輝一郎,柿沼 晴,東 正新,永石宇司,大岡真也,長堀正和,中村哲也,荒木昭博,大塚和朗,朝比奈康浩,渡辺 守,油谷知穀,菊池章史,大石克己,竹本 暁,菅原江美子,伊藤栄作,明石 巧. 転移性骨腫瘍の免疫組織学的所見が診断に有用であった原発性小腸癌の一例. 第52回 小腸研究会 2014.11.15 東京

  186. 伊藤 剛,藤井 悟,岡本隆一,渡辺 守. ヒト腸上皮培養系を用いたイオンチャネル機能制御機構の解析. 第5回Japan Gut Forum 2014.11.01 東京

  187. 峠 千晶,村川美也子,齊藤詠子,藤井俊光,和田祥城,藤田めぐみ,井津井靖浩,大島 茂,岡田英理子,中川美奈,岡本隆一,土屋輝一郎,柿沼 晴,東 正新,永石宇司,大岡真也,長堀正和,中村哲也,荒木昭博,大塚和朗,朝比奈康浩,渡辺 守. 転移性骨髄腫の免疫染色で診断し得た原発性小腸癌の一例. お茶の水消化器病セミナー 2014.08.30 東京

  188. 堤 大樹,竹中健人,長堀正和,大塚和朗,藤井俊光,荒木昭博,永石宇司,東 正新,大島 茂,齊藤詠子,朝比奈靖浩,柿沼 晴,中村哲也,土屋輝一郎,岡本隆一,大岡真也,中川美奈,井津井康浩,岡田英理子,渡辺 守. 慢性偽性腸閉塞においてバルーン内視鏡にて回腸の炎症性腸疾患様の粘膜変化を観察できた一例. 日本消化器病学会 関東支部 第330回例会 2014.07.26 東京

  189. 土屋輝一郎,堀田伸勝,福島啓太,林 亮平,日比谷秀爾,水谷知裕,大島 茂,永石宇司,岡本隆一, 中村哲也,大塚和朗,渡辺 守 . 腸管上皮初代培養細胞を用いた体外病態モデルの構築. 厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」 2014.07.25 東京

  190. 七松 東, 鈴木康平, 水谷知裕, 和田祥城, 藤井俊光, 井津井康浩, 大島 茂, 中川美奈, 岡本隆一, 土屋輝一郎, 柿沼 晴, 東 正新, 永石宇司, 大岡真也, 長堀正和, 中村哲也, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守, 新田沙由梨. 家族性地中海熱の2例. 日本消化器病学会 関東支部例会 第329回例会 2014.05.10 東京

  191. 杉本京子, 勝倉暢洋, 藤井俊光, 斎藤詠子, 松岡克善, 水谷知裕, 藤田めぐみ, 岡田英里子, 土屋輝一郎, 柿沼 晴, 岡本隆一, 東 正新, 大岡真也, 永石宇司, 中村哲也, 長堀正和, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に肺血栓塞栓症を合併した一例. 日本消化器病学会 関東支部例会 第333回例会 2014.02.28 東京

  192. 福与涼介, 鈴木康平, 斎藤詠子, 水谷知裕, 和田祥城, 藤井俊光, 井津井康浩, 大島 茂, 中川美奈, 岡本隆一, 土屋輝一郎, 柿沼 晴, 東 正新, 永石宇司, 大岡真也, 長堀正和, 中村哲也, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 慢性的な水様便および発熱を契機に発見された小腸原発perpheral T-cell lymphoma, not otherwise specified(PTCL-NOS)の一例. 日本消化器病学会 関東支部例会 第328回例会 2014.02.22 東京

  193. 岡本隆一. 初代培養腸管上皮を用いた生体応答解析法. 新学術領域「天然物ケミカルバイオロジー」 第4回公開シンポジウム 2013.05.28 つくば市

  194. 岡本隆一. 消化管上皮の分化・増殖・再生を司る分子機構の解明. 新学術領域「天然物ケミカルバイオロジー」 若手研究者ワークショップ 2013.05.27 東京

  195. 岡本隆一、村野竜朗、渡辺 守. 炎症性腸疾患における上皮再生機構の解明と粘膜再生治療への応用. 第99回 日本消化器病学会総会 2013.03.23 鹿児島

  196. 村野竜朗、岡本隆一、渡辺 守. 腸管上皮Notch-Hes1シグナルによるIL-22誘導性抗菌応答の制御. サイトプロテクション研究会 2013.03.15 京都

  197. 水谷知裕、中村哲也、福田将義、望月和歌菜、山内祐樹、野崎賢吾、油井史郎、根本泰宏、永石宇司、岡本隆一、土屋輝一郎、渡辺 守. 正常小腸上皮培養細胞を用いたP-gp依存性薬剤排出機構の解析. 第20回浜名湖シンポジウム 2012.12.22 アクトシティ浜松コングレスセンター(静岡県浜松市)

  198. 三好正人、藤井俊光、櫻井 幸、齊藤詠子、大島 茂、土屋輝一郎、岡本隆一、永石宇司、中村哲也、岡田英理子、柿沼 晴、東 正新、大岡真也、長堀正和、荒木昭博、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守、鈴木伸治、伴 大輔、河内 洋. 経口胆道内視鏡下生検にて確定診断にいたり自然経過を追えた粘液産生胆管腫瘍の1例. 第320回 日本消化器病学会関東支部例会 2012.07.07 東京

  199. 油井史郎、中村哲也、根本泰宏、水谷知裕、鄭 秀、一ノ瀬志津子、永石宇司、岡本隆一、土屋輝一郎、渡辺 守. 大腸上皮幹細胞新規培養法と培養幹細胞移植による大腸組織修復. 第18回浜名湖シンポジウム 2010.12.25 アクトシティ浜松コングレスセンター(静岡県浜松市)

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • JDDW2021 若手奨励賞「大腸腫瘍に対するJNET分類の診断能に関する検討」受賞者:栗原正道,2021年11月

  • 2021年度 国立研究開発法人科学技術振興機構 創発的研究支援事業: 21467993 「上皮細胞サーキュレーションによる疾患制御イノベーション」 研究代表者:水谷知裕,2021年11月

  • 令和3年度 日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究開発代表者:渡辺 守 研究開発分担者:岡本隆一、水谷知裕、清水寛路,2021年04月

  • 令和3 年度文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):20H03657 「原腸由来臓器の上皮細胞可塑性と互換性の検証」 研究代表者:油井史郎 分担研究者:柿沼 晴,2021年04月

  • 令和3 年度文部科学省科学研究費補助金 研究活動スタート支援「ヒトiPS 細胞由来自己組織化腸管スフェロイドによるグラフト製造および移植法の開発」研究代表者:水谷知裕,2021年04月

  • 令和3 年度文部科学省科学研究費補助金 研究活動スタート支援「 炎症性腸疾患におけるIFN-1によるautophagyを介した新規病態の解明」研究代表者:伊藤 剛,2021年04月

  • 令和3 年度文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):20K08378 「ヒトクローン病モデル構築による粘膜治癒機構の解明」 研究代表者:大塚 和朗,2021年04月

  • 令和3 年度文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):20H03658 「腸管免疫寛容誘導と炎症性腸疾患発症過程の解析」 研究代表者:永石宇司 分担研究者:長堀正和,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)):21KK0146 「膵神経内分泌腫瘍の分子生物学的特性と転移機構の解明」研究代表者:伊藤 剛 研究分担者:小林正典、工藤 篤、田邉 稔,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 若手研究:21K15991「食餌由来因子ゲニステインの腸上皮機能調節作用の解析」研究代表者:河本亜美,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 若手研究:21K15918「ヒト小腸・大腸運命決定因子の同定による人工的腸管長制御の開発」研究代表者:日比谷秀爾,2021年04月

  • 和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 若手研究:21K15967「炎症性腸疾患におけるIFN-1-RIP1経路による腸上皮細胞死誘導機構の解明」研究代表者:伊藤 剛,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 若手研究:21K15992「潰瘍性大腸炎におけるIL-12/23サイトカイン・ネットワークの解明」研究代表者:清水寛路,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C):21K07721「クローン病の腸管MR画像におけるマルチベンダーAI画像診断支援システムの開発」研究代表者:北詰良雄 研究分担者:竹中健人、藤井俊光,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C):21K07978「複合イメージング系による腸管腫瘍ニッチにおけるT細胞動態の可視化」研究代表者:小田柿智之 研究分担者:根本泰宏、岡本隆一,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(B)(一般):21H02897「腸内環境における生命金属の役割」研究代表者:大島 茂 研究分担者:宇尾基弘、岡本隆一,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(B)(一般):21H02895「ヒトiPS細胞由来自己組織化腸管組織を用いた難治性腸炎モデルの確立」研究代表者:水谷知裕 研究分担者:岡本隆一,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(B)(一般):21H02897「腸内環境における生命金属の役割」研究代表者:大島 茂 研究分担者:宇尾基弘、岡本隆一、,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C):21K08003「炎症性腸疾患における小腸難治化機構の解明」研究代表者:竹中健人 研究分担者:土屋輝一郎、岡本隆一,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C):21K07938「CD4-CD8αβ+T細胞のアナジー誘導性抗原提示能の解析」研究代表者:根本泰宏 研究分担者:岡本隆一,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究:20K21597 「スフェロイド・デザイニングによる原腸由来臓器作成技術の開発」研究代表者:岡本隆一,2021年04月

  • 令和3 年度文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):20K08304 「NK 細胞サブセットによるクローン病新規治療標的に抽出」 研究代表者:藤井俊光 分担研究者:永石宇司,2021年04月

  • 令和3 年度文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08461 「ヒトiPS 細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明」 研究代表者:小林正典 分担研究者:柿沼 晴、土屋輝一郎、大島 茂,2021年04月

  • 令和3 年度文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08438 「腸管上皮オートファジーによる新規免疫調節機構の解析とクローン病新規治療標的の抽出」 研究代表者:長堀正和 研究分担者:永石宇司、渡辺 守,2021年04月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08437 「炎症性腸疾患発症/持続/寛解/再燃時における腸炎惹起性メモリーT細胞動態の可視化」 研究代表者:岡田英理子 研究分担者:渡辺 守、根本泰宏,2021年04月

  • 令和3 年度文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08388「タイトジャンクション制御による大腸腫瘍予防戦略の構築」 研究代表者:福田将義 分担研究者:永石宇司、渡辺 守,2021年04月

  • 令和3 年度文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08364「炎症性腸疾患発症におけるミオシン軽鎖キナーゼの役割」 研究代表者:齊藤詠子 分担研究者:永石宇司、渡辺 守,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):19H03634 「大腸Label-retaining杯細胞の同定・機能解析と炎症粘膜再生への応用」 研究代表者:岡本隆一 分担研究者:油井史郎,2021年04月

  • 令和3 年度文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(A):19H01050 「ヒト体外複合臓器モデルによる生体維持機構解析」 研究代表者:渡辺 守 分担研究者:油井史郎、柿沼 晴,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C):21K07909 「肝星細胞におけるTNFシグナルを基軸とした肝線維化分子機構の解明」研究代表者:東 正新 研究分担者:柿沼 晴、朝比奈靖浩、岡本隆一,2021年04月

  • 令和3年度 日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム技術開発個別課題「iPS 細胞を用いた機能的ヒト腸管グラフト構築・製造法の開発」 研究代表者:岡本隆一,2021年04月

  • 令和3年度 日本医療研究開発機構 再生医療実用化研究事業「自家腸上皮幹細胞移植による炎症性腸疾患の粘膜再生治療に関する研究」研究開発代表者:渡辺 守 研究開発分担者:岡本隆一,2021年04月

  • 2020年度 AGCリサーチコラボレーション「底面加工低接着プレートを用いたデザイン化腸組織の自律的構築法の開発」 研究代表者:岡本隆一,2020年09月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究:20K21597「スフェロイド・デザイニングによる原腸由来臓器作成技術の開発」研究代表者:岡本隆一,2020年07月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):19H03634 「大腸Label-retaining杯細胞の同定・機能解析と炎症粘膜再生への応用」 研究代表者:岡本隆一 分担研究者:油井史郎,2020年04月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構再生医療実用化研究事業再生医療等安全性確保法に従い、医療として提供されている再生医療等において、患者に投与する細胞加工物の微生物等の汚染を防ぎ、安全性を効率的に確保する方策を検討するための研究「医療として提供される再生医療等の微生物安全性確保に関する研究」 分担研究者:岡本隆一,2020年04月

  • 2020年度 土田直樹研究助成基金「クローン病小腸潰瘍に対する小腸オルガノイドを用いた再生医療の開発」研究代表者:岡本隆一,2020年04月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム技術開発個別課題「iPS 細胞を用いた機能的ヒト腸管グラフト構築・製造法の開発」 研究代表者:岡本隆一,2020年04月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 再生医療実用化研究事業「自家腸上皮幹細胞移植による炎症性腸疾患の粘膜再生治療に関する研究」研究開発代表者:渡辺 守 研究開発分担者:岡本隆一,2020年04月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究開発代表者:渡辺 守 研究開発分担者:岡本隆一、土屋輝一郎,2020年04月

  • 2019年度 日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 技術開発個別課題「iPS細胞を用いた機能的ヒト腸管グラフト構築・製造法の開発」研究代表者:岡本隆一,2019年09月

  • 2019年度 日本医療研究開発機構 再生医療実用化研究事業 再生医療等安全性確保法に従い、医療として提供されている再生医療等において、患者に投与する細胞加工物の微生物等の汚染を防ぎ、安全性を効率的に確保する方策を検討するための研究「医療として提供される再生医療等の微生物安全性確保に関する研究」分担研究者:岡本隆一,2019年04月

  • 2019年度 文部科学省科学研究穂補助金 若手研究「クローン病病変部における新規幹細胞分画の同定と機能解析」研究代表者:鈴木康平 ,2019年04月

  • 2019年度 文部科学省科学研究費補助金(基金) 基盤研究(B)「大腸Label-retaining杯細胞の同定・機能解析と炎症粘膜再生への応用」研究代表者:岡本隆一,2019年04月

  • 2019年度 日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究分担者:岡本隆一,2019年04月

  • 2018年度 日本医療研究開発機構 再生医療実用化研究事業 再生医療等安全性確保法に従い、医療として提供されている再生医療等において、患者に投与する細胞加工物の微生物等の汚染を防ぎ、安全性を効率的に確保する方策を検討するための研究 「医療として提供される再生医療等の微生物安全性確保に関する研究」 分担研究者:岡本隆一,2018年08月

  • 平成30年度 日本医療研究開発機構 難治性疾患実用化研究事業 医と食をつなげる新規メカニズムの解明と病態制御法の開発「炎症性腸疾患における食関連リスク因子に関する研究」研究代表者:岡本隆一 ,2018年04月

  • 平成30年度 日本医療研究開発機構 再生医療実用化研究事業「自家腸上皮幹細胞移植による炎症性腸疾患の粘膜再生治療に関する研究」研究分担者:岡本隆一 ,2018年04月

  • 平成30年度 日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究分担者:岡本隆一,2018年04月

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金(基金) 基盤研究(B)「炎症性腸疾患における可塑性上皮細胞脱分化機構の解析と粘膜再生治療への応用」研究代表者:岡本隆一 ,2018年04月

  • 平成29年度 TMDU・ソニー研究プロジェクトサポートファンド「MVP法を用いた培養ヒト腸上皮の新規「創傷治癒能」評価系開発」研究代表者:岡本隆一,2017年11月

  • 平成29年度 日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究分担者:岡本隆一 ,2017年04月

  • 平成29年度 国立医療研究開発機構 難治性疾患実用化研究事業 医と食をつなげる新規メカニズムの解明と病態制御法の開発「炎症性腸疾患における食関連リスク因子に関する研究」研究代表者:岡本隆一,2017年04月

  • 平成29年度 文部科学省科学研究費補助金(基金) 基盤研究(B):16H05284「炎症性腸疾患における可塑性上皮細胞脱分化機構の解析と粘膜再生治療への応用」研究代表者:岡本隆一 ,2017年04月

  • 平成28年度 国立医療研究開発機構 難治性疾患実用化研究事業 医と食をつなげる新規メカニズムの解明と病態制御法の開発「炎症性腸疾患における食関連リスク因子に関する研究」研究代表者:岡本隆一 ,2016年11月

  • 平成28年度 文部科学省科学研究費補助金(基金) 基盤研究(B):16H05284「炎症性腸疾患における可塑性上皮細胞脱分化機構の解析と粘膜再生治療への応用」研究代表者:岡本隆一,2016年04月

  • 平成28年度 国立医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究分担者:岡本隆一,2016年04月

  • 平成28年度 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 : 15K15286「培養ヒト腸管上皮を用いた消化管ホルモン・ファームの構築」研究代表者:岡本隆一,2016年04月

  • 平成27年度 国立医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究分担者:岡本隆一,2015年04月

  • 平成27年度 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 : 15K15286「培養ヒト腸管上皮を用いた消化管ホルモン・ファームの構築」研究代表者:岡本隆一,2015年04月

  • 平成27年度 文部科学省科学研究費補助金(基金) 基盤研究(B):25293170「再生腸上皮幹細胞ニッチの誘導・再構築による炎症腸管粘膜再生治療の確立」研究代表者:岡本隆一,2015年04月

  • 平成27年度 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究:課題番号23102003「生体センサー腸上皮によるバイオスクリーニング法の開発」研究代表者:岡本隆一,2015年04月

  • 平成27年度 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究(計画)総括班: 23102001「天然物ケミカルバイオロジーの研究」分担研究者:岡本隆一 ,2015年04月

  • 平成27年度 土田直樹研究助成金「小腸上皮幹細胞の高効率単離培養技術の開発とクローン病における難治性小腸潰瘍に対する再生医療への応用」研究代表者:岡本隆一,2015年02月

  • 平成26年度 独立行政法人 科学技術振興機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究分担者:岡本隆一,平成26年度 独立行政法人 科学技術振興機構,2014年04月

  • 平成26年度 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究(計画)総括班: 23102001「天然物ケミカルバイオロジーの研究」分担研究者:岡本隆一,2014年04月

  • 平成26年度 文部科学省科学研究費補助金(基金) 基盤研究(B):25293170「再生腸上皮幹細胞ニッチの誘導・再構築による炎症腸管粘膜再生治療の確立」研究代表者:岡本隆一,2014年04月

  • 平成26年度 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究:課題番号23102003「生体センサー腸上皮によるバイオスクリーニング法の開発」研究代表者:岡本隆一,2014年04月

  • 平成25年度 独立行政法人 科学技術振興機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究分担者:岡本隆一,2013年10月

  • 1st Annual Meeting of AOCC Best Poster Award「Hes1 promotes IL-22-mediated antimicrobial response through enhancement of STAT3-dependent transcription in human intestinal epithelial cells」研究代表者:岡本隆一,2013年06月

  • 平成25年度 文部科学省科学研究費補助金(基金) 基盤研究(B):25293170「再生腸上皮幹細胞ニッチの誘導・再構築による炎症腸管粘膜再生治療の確立」研究代表者:岡本隆一,2013年04月

  • 平成25年度 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究(計画)総括班: 23102001「天然物ケミカルバイオロジーの研究」分担研究者:岡本隆一,2013年04月

  • 平成25年度 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究:課題番号23102003「生体センサー腸上皮によるバイオスクリーニング法の開発」研究代表者:岡本隆一,2013年04月

  • 平成24年度 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究(計画)総括班: 23102001「天然物ケミカルバイオロジーの研究」分担研究者:岡本隆一,2012年04月

  • 平成24年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B):課題番号23790777「Notchシグナル活性化幹細胞による腸管上皮再生機構の解析」研究代表者:岡本隆一,2012年04月

  • 平成24年度 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究:課題番号23102003「生体センサー腸上皮によるバイオスクリーニング法の開発」研究代表者:岡本隆一 ,2012年04月

  • 平成23年度 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究:課題番号23102003「生体センサー腸上皮によるバイオスクリーニング法の開発」研究代表者:岡本隆一 ,2011年07月

  • 平成23年度 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究(計画)総括班: 23102001「天然物ケミカルバイオロジーの研究」分担研究者:岡本隆一,2011年07月

  • 平成23年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B):課題番号23790777「Notchシグナル活性化幹細胞による腸管上皮再生機構の解析」研究代表者:岡本隆一,2011年04月

  • 平成23年度 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究:課題番号23102003「生体センサー腸上皮によるバイオスクリーニング法の開発」研究代表者:岡本隆一 ,2011年04月

  • 日本応用酵素協会 2010年度 炎症性腸疾患の病因・病態に関する研究助成「Notchシグナルによる炎症腸管粘膜再生機構の解析」研究代表者:岡本隆一,2010年12月

  • 平成22年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B):課題番号09007674「Notchシグナル活性化幹細胞による腸管上皮再生機構の解析」研究代表者:岡本隆一,2010年04月

  • 平成21年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B):課題番号09007674「Notchシグナル活性化幹細胞による腸管上皮再生機構の解析」研究代表者:岡本隆一,2009年04月

  • 財団法人国際科学振興財団 H20年浜名湖シンポジウム「炎症性腸疾患におけるNotchシグナルを介した上皮再生機構」代表研究者:岡本隆一,2008年12月

  • 平成20年度 文部科学省科学研究費補助金 若手スタートアップ:課題番号07844750「腸管特異的Notch標的遺伝子の探索による粘膜再生療法の開発」研究代表者:岡本隆一,2008年04月

  • H19年 三越医学研究助成「Notch シグナルによる消化管上皮の分化・再生制御機構の解析と炎症性腸疾患に対する粘膜再生療法への応用」研究代表者:岡本隆一,2007年09月

  • 平成19年度 文部科学省科学研究費補助金 若手スタートアップ:課題番号07844750「腸管特異的Notch標的遺伝子の探索による粘膜再生療法の開発」研究代表者:岡本隆一,2007年04月

  • 日本消化器病学会 「腸管上皮及び骨髄細胞相互作用による腸管上皮幹細胞システム制御機構の解析」研究代表者:岡本隆一,2006年12月

  • 難病財団医学研究奨励「炎症性腸疾患におけるNotchシグナルによる粘膜修復機構の解析と新規治療法の開発」研究代表者:岡本隆一,2006年11月

  • 消化管分子機構研究会「Notchシグナルによる消化管上皮の分化・再生制御機構の解析」研究代表者:岡本隆一,2006年08月

  • 財団法人国際科学振興財団 H15年浜名湖シンポジウム「骨髄由来上皮細胞による腸管上皮の維持・再生機構」研究代表者:岡本隆一,2003年12月

  • H15年お茶の水会医科同窓会研究奨励賞「Damaged epithelia regenerated by bone marrow-derived cells in the human gastrointestinal tract.」研究代表者:岡本隆一,2003年01月

  • H15年 東京都医師会医学研究賞「骨髄由来細胞によるヒト腸管上皮の再生」研究代表者:岡本隆一,2003年01月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「世界初、自家腸上皮オルガノイドを潰瘍性大腸炎患者に移植」 ―オルガノイド医療の実用化に道を拓く大きな第一歩―,2022年07月

  • 「 炎症性腸疾患の腸上皮における新たな炎症・再生応答の協調機構を解明」― 早期の治療効果予測に期待 ―,2018年12月

    Journal of Crohn's and Colitis

  • 「 大腸分泌系上皮細胞の可塑性による新たな組織再生・腫瘍発生機構を解明」― 炎症性腸疾患における粘膜再生治療の開発や腫瘍発生機構の解明に期待―,2017年12月

    Stem Cell Reports

  • 日本炎症性腸疾患研究会教育セミナー「炎症性腸疾患治療における再生医療の最前線」,2015年11月

     

  • 【北海道医師会認定生涯教育講座】Hokkaido Digestive Disease Forum 2015「消化管領域における再生医療」,2015年09月

     

  • 記者懇談会「本学の再生医療研究の取組について」,2015年06月

     

  • 平成26年度 AMED再生医療公開シンポジウム「腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点~疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)~,2015年01月

     

  • 【iPS Trend:未来の担い手たち】培養腸上皮幹細胞を利用した粘膜再生治療で炎症性腸疾患に挑む,2014年11月

     

▼全件表示

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • プレスリリース「世界初、自家腸上皮オルガノイドを潰瘍性大腸炎患者に移植」について,日経BP社,日経バイオテク 日経バイオテクONLINE,2022年07月14日 - 2022年07月29日

  • 潰瘍性大腸炎、クローン病の最新事情について,日経BP,日経Gooday,2022年05月16日 - 2022年06月30日

  • 炎症性腸疾患に対する再生医療,ラジオNIKKEI,医学講座,2019年11月21日

  • 消化管の再生医療,メディカルトリビューン,メディカルトリビューン,2019年03月21日

  • 岡本教授の研究について 学びの魅力、高校生、受験生への,株式会社河合塾マナビス,河合塾マナビスinfo,2019年02月15日

  • 腸疾患の再生医療,日本経済新聞社,日本経済新聞,2018年12月27日

  • 潰瘍性大腸炎の臨床研究,共同通信社,共同通信配信先の加盟紙,2018年08月16日

  • 潰瘍性大腸炎の治療に向けた再生医療研究について,朝日新聞社,朝日新聞 朝日新聞デジタル,2018年06月18日

  • 再生医療研究センターについて,日刊工業新聞社,日刊工業新聞,2017年11月08日

▼全件表示