基本情報

写真a

山本 浩平(ヤマモト コウヘイ)

YAMAMOTO Kouhei


職名

助教

生年

1978年

研究室住所

東京医科歯科大学医歯学総合研究科包括病理学分野

研究室電話番号

03-5803-5175

メールアドレス

yamamoto.pth2@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

血液病理学、悪性リンパ腫、白血病、MDS、プロテオミクス、腫瘍学、細胞死

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2003年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  包括病理学分野  博士課程  2007年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 包括病理学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 包括病理学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年10月
    -
    2011年08月
    スローンケタリング記念がんセンター ポスドク
  • 2011年09月
    -
    2013年09月
    シダーズサイナイ医療センター 客員研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会

  • 日本癌学会

  • 日本リンパ網内系学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年01月
    -
    2017年08月
    日本病理学会 病理専門医試験実施委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 病理学、とくに血液腫瘍病理

  • 実験病理学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 病理専門医

  • 死体解剖資格

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 悪性リンパ腫に過剰発現を来すHADHA遺伝子の分子病理学的研究,2013年10月 - 現在

  • B細胞性リンパ腫治療標的遺伝子の選択的スプライシングによる発現調節に関する研究,2011年09月 - 2013年09月

  • 抗アポトーシス蛋白VDAC2の白血病発症におよぼす影響に関する研究,2010年10月 - 2011年08月

  • ショットガンプロテオミクスを用いた濾胞性リンパ腫の網羅的タンパク発現解析,2009年04月 - 2010年09月

  • B細胞性リンパ腫におけるToll-like receptor の発現の検討,2008年04月 - 2009年03月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 難治性がんに対するセレノプロテイン遺伝子の発現制御に着目した新規細胞死の誘導

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 脂質異常に着目した悪性リンパ腫の層別化と新規治療戦略開発のための基礎的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • HOX関連白血病における15-PGDHによる白血病幹細胞制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Iwayam K, Ogawa A, Tanaka Y, Yajima K, Park I, Ando A, Ogata H, Kayaba M, Zhang S, Tanji F, Nabekura Y, Yamamoto K, Tokuyama K. Effects of exercise before breakfast on plasma free fatty acid profile and 24-h fat oxidation. Metabolism open. 2020.12; 8 100067. ( PubMed, DOI )

  • Yamamoto Akiko, Kurata Morito, Yamamoto Kohei, Nogawa Daichi, Inoue Miori, Ishibashi Sachiko, Ikeda Masumi, Miyasaka Naoyuki, Kitagawa Masanobu. High amplification of PVT1 and MYC predict favorable prognosis in early ovarian carcinoma PATHOLOGY RESEARCH AND PRACTICE. 2020.11; 216 (11): ( DOI )

  • Taguchi Towako, Kurata Morito, Onishi Iichiroh, Kinowako Yuko, Sato Yunosuke, Shiono Sayuri, Ishibashi Sachiko, Ikeda Masumi, Yamamoto Masahide, Kitagawa Masanobu, Yamamoto Kouhei. SECISBP2 is a novel prognostic predictor that regulates selenoproteins in diffuse large B-cell lymphoma LABORATORY INVESTIGATION. 2020.10; ( PubMed, DOI )

  • Miura Keiko, Akashi Takumi, Namiki Takeshi, Hishima Tsunekazu, Bae Yuan, Sakurai Urara, Murano Keimei, Shiraishi Junichi, Warabi Masahiro, Tanizawa Toru, Tanaka Michio, Bhunchet Ekapot, Kumagai Jiro, Ayabe Shinya, Sekiya Takahiro, Ando Noboru, Shintaku Hiroshi, Kinowaki Yuko, Tomii Shohei, Kirimura Susumu, Kayamori Kou, Yamamoto Kurara, Ito Takashi, Eishi Yoshinobu. Engrailed Homeobox 1 and Cytokeratin 19 Are Independent Diagnostic Markers of Eccrine Porocarcinoma and Distinguish It From Squamous Cell Carcinoma AMERICAN JOURNAL OF CLINICAL PATHOLOGY. 2020.10; 154 (4): 499-509. ( DOI )

  • Inoue Maiko, Isoda Takeshi, Yamashita Motoi, Tomoda Takahiro, Inoue Kento, Okano Tsubasa, Ohkawa Teppei, Endo Akifumi, Mitsuiki Noriko, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Yamamoto Kouhei, Inaba Yuichiro, Sasaki Toru, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. Cytomegalovirus Laryngitis in Primary Combined Immunodeficiency Diseases JOURNAL OF CLINICAL IMMUNOLOGY. 2020.10; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 山本浩平, 北川昌伸. 病理と臨床クイックリファレンス. 文光堂, 2015.03 骨髄

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Ayako Arai, Hiroshi Takase, Kouhei Yamamoto, Hiroki Akiyama, Manabu Mochizuki, Osamu Miura. Gene expression profiling of primary vitreoretinal lymphoma. 57th ASH Annual Meeting and Exposition 2015.12.05 Orlando

  • 新井文子、高瀬博、山本浩平、秋山弘樹、望月學、三浦修. 原発性硝子体網膜リンパ腫の遺伝子発現プロファイリング. 第77回日本血液学会総会 2015.10.17 金沢

  • 小松穂菜実、今留謙一、柴山春奈、矢田知隆、山田桃子、山本浩平、小山孝敏、藤原成悦、三浦修、新井文子. EBV陽性T,NKリンパ増殖症におけるSTAT3の恒常的活性化とその意義. 第24回EBV感染症研究会 2015.03.15 東京

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本網内系学会優秀演題,日本網内系学会,2010年06月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学とサスメド、ブロックチェーン技術を用いたモニタリング手法の開発で AMED 採択,2021年04月

  • アカデミア初! 経済産業省Healthcare Innovation Hubのサポーター団体として登録されました,2020年02月


  • 「 口腔EBウイルス陽性高悪性度B細胞腫瘍は予後良好であることを証明 」 WHO新分類のEBウイルス陽性粘膜皮膚潰瘍に合致―,2017年11月

    Human Pathology

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • CPE,2015年 - 現在

  • がんプロジェクト,2014年 - 現在

  • 腫瘍学ブロック,2014年 - 現在

  • CC1 腹部,2013年 - 2014年

  • 呼吸器ブロック,2009年 - 現在

全件表示 >>