基本情報

写真a

小池 竜司(コイケ リュウジ)

KOIKE Ryuji


職名

教授

生年

1961年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室FAX番号

03-5803-0396

メールアドレス

koike.rheu@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/crc/

研究分野・キーワード

内科学、リウマチ学、感染症学、臨床薬理学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1987年  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1987年06月
    -
    1988年06月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 臨床研修医
  • 1991年01月
    -
    1992年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 医員(医病)
  • 1994年09月
    -
    2003年03月
    東京医科歯科大学 医学部 医学科 助手
  • 2005年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 特任准教授
  • 2005年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 薬害監視学講座 特任准教授
  • 2007年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 医療イノベーション推進センター 教授
  • 2007年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 臨床試験管理センター 准教授
  • 2013年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 感染制御部 准教授
  • 2015年03月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 教授
  • 2017年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 教授
  • 2017年04月
     
     
    東京医科歯科大学 統合研究機構 イノベーション推進本部 医療イノベーション推進センター 教授
  • 2017年05月
     
     
    東京医科歯科大学 統合研究機構 イノベーション推進本部 医療イノベーション推進センター 教授
  • 2017年06月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 統合研究機構 イノベーション推進本部 医療イノベーション推進センター 教授
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合イノベーション推進機構 医療イノベーション推進センター 教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1987年05月
    -
    1988年06月
    東京医科歯科大学医学部附属病院 第一内科 臨床研修医
  • 1988年07月
    -
    1990年12月
    総合病院国保旭中央病院 内科 医員
  • 1991年01月
    -
    1992年03月
    東京医科歯科大学医学部附属病院 第一内科 医員(医病)
  • 1992年04月
    -
    1994年08月
    東京都臨床医学総合研究所 免疫研究部門 研究員
  • 1994年09月
    -
    2003年03月
    東京医科歯科大学 第一内科学 文部教官助手
  • 2003年04月
    -
    2005年03月
    草加市立病院 内科 医長
  • 2005年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 医歯学総合研究科薬害監視学 特任准教授
  • 2007年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学医学部附属病院 臨床試験管理センター 准教授
  • 2009年04月
    -
    2013年09月
    東京医科歯科大学医学部附属病院 感染対策室(兼任) 准教授
  • 2013年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学医学部附属病院 感染制御部 准教授
  • 1988.7 Asahi General Hospital
  • 1991.1 Tokyo Medical and Dental University
  • 1992.4 Tokyo Metropolitan Institute of Medical science
  • 1994.9 Tokyo Medical and Dental University
  • 2003.4 Soka Municipal Hospital
  • 2005.4 Tokyo Medical and Dental university, Dept. Pharmacovigilance
  • 2007.4 Tokyo Medical and Dental University Hospital of Medicine, Clinical Cesearch Center

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本臨床薬理学会

  • 日本化学療法学会

  • 日本感染症学会

  • 日本リウマチ学会

  • 日本環境感染学会

  • 日本医師会

  • 日本呼吸器学会

  • 大学病院臨床試験アライアンス

  • 国立大学附属病院臨床研究推進会議

  • 国公立大学附属病院感染対策協議会

  • 米国内科学会(American College of Physicians)

  • 日本薬剤疫学会

  • 日本アレルギー学会

  • 日本食糧・栄養学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本リウマチ学会 評議員
  • 日本感染症学会 評議員
  • 2009年05月
    -
    現在
    介護福祉士国家試験委員
  • 2010年04月
    -
    2014年03月
    日本内科学会 内科認定医・総合内科専門医試験委員
  • 2010年04月
    -
    現在
    日本内科学会 内科認定医・総合内科専門医試験病歴査読委員
  • 2011年04月
    -
    2013年03月
    日本リウマチ学会 選挙管理委員
  • 2012年10月
    -
    現在
    国立大学附属病院臨床研究推進会議 トピックグループ1サブリーダー
  • 2012年10月
    -
    現在
    国立大学附属病院臨床研究推進会議 幹事委員
  • 2013年04月
    -
    2015年03月
    日本リウマチ学会 広報委員会ニュースレター小委員会委員
  • 2014年04月
    -
    2016年03月
    日本栄養・食糧学会 編集委員
  • 2014年04月
    -
    2019年03月
    国公立大学附属病院感染対策協議会 常任会議委員
  • 2014年04月
    -
    現在
    国公立大学附属病院感染対策協議会 臨床研究推進・データ集積ワーキンググループ 委員長
  • 2016年04月
    -
    2018年03月
    日本栄養・食糧学会 用語委員
  • 2016年05月
    -
    2017年02月
    日本環境感染学会 第32回学術集会プログラム委員
  • 2016年05月
    -
    現在
    介護福祉士国家試験委員 副委員長
  • 2016年12月
    -
    現在
    日本臨床薬理学会 社員(評議員)
  • 2017年02月
    -
    2018年02月
    日本環境感染学会 第33回学術集会プログラム委員
  • 2021年03月
    -
    現在
    日本栄養・食糧学会 英文誌編集委員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 膠原病、アレルギー内科学

  • 医療薬学

  • 感染症内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 内科学、膠原病・リウマチ内科学、感染症内科学

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の長期合併症の実態把握と病態生理解明に向けた基盤研究

    厚生労働省 : 2020年09月 - 2021年03月

  • 本邦の診療事情に合わせた支持的抗菌薬管理プログラムの有用性と経済性の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Mori Masaaki, Watabe Shinichi, Taguchi Tomoaki, Hasegawa Hisaya, Ishige Mika, Tanuma Naoyuki, Hirakawa Akihiro, Koike Ryuji, Kusuda Satoshi. Study protocol: a multicenter, uncontrolled, open-label study of palivizumab in neonates, infants, and preschool children at high risk of severe respiratory syncytial virus infection BMC PEDIATRICS. 2021.03; 21 (1): 106. ( PubMed, DOI )

  2. Tanaka N, Terao C, Nakayama Y, Sasai T, Umezawa N, Yagyu Y, Ito K, Koike R, Nakashima R, Hatta K, Mizoguchi F. Anti-MDA5 antibody-positive dermatomyositis with rapidly progressive interstitial lung disease disguising as anti-synthetase syndrome. Rheumatology (Oxford, England). 2021.03; 60 (3): e104-e106. ( PubMed, DOI )

  3. Usui Y, Nukui Y, Koike R, Tohda S, Saito R. Draft Genome Sequence of a Clostridioides difficile Sequence Type 97 Strain Belonging to Hypervirulent Clade 2. Microbiology resource announcements. 2020.04; 9 (14): ( PubMed, DOI )

  4. Yokoyama-Kokuryo Waka, Yamazaki Hayato, Takeuchi Tsutomu, Amano Koichi, Kikuchi Jun, Kondo Tsuneo, Nakamura Seiji, Sakai Ryoko, Hirano Fumio, Nanki Toshihiro, Koike Ryuji, Harigai Masayoshi. Identification of molecules associated with response to abatacept in patients with rheumatoid arthritis ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY. 2020.03; 22 (1): 46. ( PubMed, DOI )

  5. Nukui Yoko, Chino Takashi, Tani Chihiro, Sonobe Kazunari, Aiso Yoshibumi, Tohda Shuji, Koike Ryuji, Saito Ryoichi. Molecular epidemiologic and clinical analysis of Helicobacter cinaedi bacteremia in Japan HELICOBACTER. 2020.02; 25 (1): e12675. ( PubMed, DOI )

  6. Utsunomiya M, Dobashi H, Odani T, Saito K, Yokogawa N, Nagasaka K, Takenaka K, Soejima M, Sugihara T, Hagiyama H, Hirata S, Matsui K, Nonomura Y, Kondo M, Suzuki F, Nawata Y, Tomita M, Kihara M, Yokoyama-Kokuryo W, Hirano F, Yamazaki H, Sakai R, Nanki T, Koike R, Miyasaka N, Harigai M. An open-label, randomized controlled trial of sulfamethoxazole-trimethoprim for <i>Pneumocystis</i> prophylaxis: results of 52-week follow-up. Rheumatology advances in practice. 2020; 4 (2): rkaa029. ( PubMed, DOI )

  7. Saito Ryoichi, Usui Yukino, Ayibieke Alafate, Nakajima Jun, Prah Isaac, Sonobe Kazunari, Aiso Yoshibumi, Ito Shiori, Itsui Yasuhiro, Hadano Yoshiro, Nukui Yoko, Koike Ryuji, Tohda Shuji. Hypervirulent clade 2, ribotype 019/sequence type 67 Clostridioides difficile strain from Japan GUT PATHOGENS. 2019.11; 11 (1): 54. ( PubMed, DOI )

  8. Kasai Shoko, Sakai Ryoko, Koike Ryuji, Kohsaka Hitoshi, Miyasaka Nobuyuki, Harigai Masayoshi. Higher risk of hospitalized infection, cardiovascular disease, and fracture in patients with rheumatoid arthritis determined using the Japanese health insurance database Modern Rheumatology. 2019.09; 29 (5): 788-794. ( 医中誌 )

  9. Nukui Y, Ayibieke A, Taniguchi M, Aiso Y, Shibuya Y, Sonobe K, Nakajima J, Kanehira S, Hadano Y, Tohda S, Koike R, Saito R. Whole-genome analysis of EC129, an NDM-5-, CTX-M-14-, OXA-10- and MCR-1-co-producing Escherichia coli ST167 strain isolated from Japan. Journal of global antimicrobial resistance. 2019.07; 18 148-150. ( PubMed, DOI )

  10. Kameda Hideto, Fujii Takao, Nakajima Ayako, Koike Ryuji, Sagawa Akira, Kanbe Katsuaki, Tomita Tetsuya, Harigai Masayoshi, Suzuki Yasuo, Japan College of Rheumatology subcommittee on the guideline for the use of methotrexate in patients with rheumatoid arthritis. Japan College of Rheumatology guideline for the use of methotrexate in patients with rheumatoid arthritis Modern Rheumatology. 2019.01; 29 (1): 31-40. ( 医中誌 )

  11. Takagi Masatoshi, Ogawa Chitose, Aoki-Nogami Yuki, Iehara Tomoko, Ishibashi Eri, Imai Minoru, Kihara Tetsuro, Nobori Kiyoshi, Hasebe Kazuhisa, Mizutani Shuki, Kimura Toshimi, Nagata Masashi, Yasuhara Masato, Yoshimura Kenichi, Yorozu Pariko, Hosoi Hajime, Koike Ryuji. Phase I clinical study of oral olaparib in pediatric patients with refractory solid tumors: study protocol BMC PEDIATRICS. 2019.01; 19 (1): 31. ( PubMed, DOI )

  12. Kasai S, Sakai R, Koike R, Kohsaka H, Miyasaka N, Harigai M. Higher risk of hospitalized infection, cardiovascular disease, and fracture in patients with rheumatoid arthritis determined using the Japanese health insurance database. Modern rheumatology. 2018.11; 1-7. ( PubMed, DOI )

  13. Hideto Kameda, Takao Fujii, Ayako Nakajima, Ryuji Koike, Akira Sagawa, Katsuaki Kanbe, Tetsuya Tomita, Masayoshi Harigai, Yasuo Suzuki, . Japan College of Rheumatology guideline for the use of methotrexate in patients with rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. 2018.05; 1-10. ( PubMed, DOI )

  14. Shinji Ogihara, Ryoichi Saito, Etsuko Sawabe, Takahiro Kozakai, Mari Shima, Yoshibumi Aiso, Toshihide Fujie, Yoko Nukui, Ryuji Koike, Michio Hagihara, Shuji Tohda. Molecular typing of methicillin-resistant Staphylococcus aureus: Comparison of PCR-based open reading frame typing, multilocus sequence typing, and Staphylococcus protein A gene typing. J. Infect. Chemother.. 2018.04; 24 (4): 312-314. ( PubMed, DOI )

  15. Ryoko Sakai, Shoko Kasai, Fumio Hirano, Sayoko Harada, Mari Kihara, Waka Yokoyama, Michi Tsutsumino, Kenji Nagasaka, Ryuji Koike, Hisashi Yamanaka, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai. No increased risk of herpes zoster in TNF inhibitor and non-TNF inhibitor users with rheumatoid arthritis: epidemiological study using the Japanese health insurance database. Int J Rheum Dis. 2018.04; ( PubMed, DOI )

  16. Ogihara Shinji, Saito Ryoichi, Sawabe Etsuko, Kozakai Takahiro, Shima Mari, Aiso Yoshibumi, Fujie Toshihide, Nukui Yoko, Koike Ryuji, Hagihara Michio, Tohda Shuji. Molecular typing of methicillin-resistant Staphylococcus aureus: Comparison of PCR-based open reading frame typing, multilocus sequence typing, and Staphylococcus protein A gene typing Journal of Infection and Chemotherapy. 2018.04; 24 (3-4): 312-314. ( 医中誌 )

  17. Harigai Masayoshi, Utsunomiya Masako, Dobashi Hiroaki, Odani Toshio, Saito Kazuyoshi, Yokogawa Naoto, Nagasaka Kenji, Takenaka Kenchi, Soejima Makoto, Sugihara Takahiko, Hagiyama Hiroyuki, Hirata Shinya, Matsui Kazuo, Nonomura Yoshinori, Kondo Masahiro, Suzuki Fumihito, Tomita Makoto, Kihara Mari, Yokoyama Waka, Hirano Fumio, Yamazaki Hayato, Sakai Ryoko, Nanki Toshihiro, Koike Ryuji, Kohsaka Hitoshi, Miyasaka Nobuyuki. Optimal Regimens of Sulfamethoxazole-Trimethoprim for Chemoprophylaxis of Pneumocystis Pneumonia in Patients with Systemic Rheumatic Diseases: 52-Week Follow-up of a Non-Blinded, Randomized Controlled Trial ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2017.10; 69

  18. Hirano Fumio, Yokoyama Waka, Yamazaki Hayato, Amano Koichi, Kawakami Atsushi, Hayashi Taichi, Tamura Naoto, Yasuda Shinsuke, Dobashi Hiroaki, Fujii Takao, Ito Satoshi, Kaneko Yuko, Matsui Toshihiro, Okuda Yasuaki, Saito Kazuyoshi, Suzuki Fumihito, Yoshimi Ryusuke, Sakai Ryoko, Koike Ryuji, Kohsaka Hitoshi, Miyasaka Nobuyuki, Harigai Masayoshi, T2T Epidemiological Study Group. 活動性関節リウマチ患者におけるsimplified disease activity index寛解到達は目標達成に向けた治療方針下の実際の臨床環境におけるその後の良好な機能的および構造的転帰に関連する(Achieving simplified disease activity index remission in patients with active rheumatoid arthritis is associated with subsequent good functional and structural outcomes in a real-world clinical setting under a treat-to-target strategy) Modern Rheumatology. 2017.09; 27 (5): 811-819. ( 医中誌 )

  19. Yamazaki Hayato, Hirano Fumio, Takeuchi Tsutomu, Amano Koichi, Kikuchi Jun, Kihara Mari, Yokoyama Waka, Sugihara Takahiko, Nagasaka Kenji, Hagiyama Hiroyuki, Nonomura Yoshinori, Sakai Ryoko, Tanaka Michi, Koike Ryuji, Nanki Toshihiro, Kohsaka Hitoshi, Miyasaka Nobuyuki, Harigai Masayoshi. 関節リウマチ患者におけるアバタセプト治療中の6ヵ月時のSimplified Disease Activity Index寛解は12ヵ月時の機能的および構造的寛解の独立予測因子である 日本における多施設共同前向きコホート研究(Simplified Disease Activity Index remission at month 6 is an independent predictor of functional and structural remissions at month 12 during abatacept treatment in patients with rheumatoid arthritis: A multi-center, prospective cohort study in Japan) Modern Rheumatology. 2017.09; 27 (5): 787-794. ( 医中誌 )

  20. Masako Utsunomiya, Hiroaki Dobashi, Toshio Odani, Kazuyoshi Saito, Naoto Yokogawa, Kenji Nagasaka, Kenchi Takenaka, Makoto Soejima, Takahiko Sugihara, Hiroyuki Hagiyama, Shinya Hirata, Kazuo Matsui, Yoshinori Nonomura, Masahiro Kondo, Fumihito Suzuki, Makoto Tomita, Mari Kihara, Waka Yokoyama, Fumio Hirano, Hayato Yamazaki, Ryoko Sakai, Toshihiro Nanki, Ryuji Koike, Hitoshi Kohsaka, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai. Optimal regimens of sulfamethoxazole-trimethoprim for chemoprophylaxis of Pneumocystis pneumonia in patients with systemic rheumatic diseases: results from a non-blinded, randomized controlled trial. Arthritis Research and Therapeutics. 2017.01; 19 (1): 7. ( PubMed, DOI )

  21. Fumio Hirano, Waka Yokoyama, Hayato Yamazaki, Koichi Amano, Atsushi Kawakami, Taichi Hayashi, Naoto Tamura, Shinsuke Yasuda, Hiroaki Dobashi, Takao Fujii, Satoshi Ito, Yuko Kaneko, Toshihiro Matsui, Yasuaki Okuda, Kazuyoshi Saito, Fumihito Suzuki, Ryusuke Yoshimi, Ryoko Sakai, Ryuji Koike, Hitoshi Kohsaka, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai, . Achieving simplified disease activity index remission in patients with active rheumatoid arthritis is associated with subsequent good functional and structural outcomes in a real-world clinical setting under a treat-to-target strategy. Mod Rheumatol. 2016.12; 1-9. ( PubMed, DOI )

  22. Gene Igawa, Mika Casey, Etsuko Sawabe, Yoko Nukui, Shu Okugawa, Kyoji Moriya, Ryuji Koike, Shuji Tohda, Ryoichi Saito. Comparison of agar dilution and broth microdilution methods for Clostridium difficile antimicrobial susceptibility testing. J Glob Antimicrob Resist. 2016.12; 7 43-45. ( PubMed, DOI )

  23. Hayato Yamazaki, Fumio Hirano, Tsutomu Takeuchi, Koichi Amano, Jun Kikuchi, Mari Kihara, Waka Yokoyama, Takahiko Sugihara, Kenji Nagasaka, Hiroyuki Hagiyama, Yoshinori Nonomura, Ryoko Sakai, Michi Tanaka, Ryuji Koike, Toshihiro Nanki, Hitoshi Kohsaka, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai. Simplified Disease Activity Index remission at month 6 is an independent predictor of functional and structural remissions at month 12 during abatacept treatment in patients with rheumatoid arthritis: A multi-center, prospective cohort study in Japan. Mod Rheumatol. 2016.12; 1-8. ( PubMed, DOI )

  24. Takeshi Kusuda, Tadashi Hosoya, Takayasu Mori, Katsuhito Ihara, Hidenori Nishida, Motoko Chiga, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Ryuji Koike, Shinichi Uchida, Hitoshi Kohsaka. Acquired Gitelman Syndrome in an Anti-SSA Antibody-positive Patient with a SLC12A3 Heterozygous Mutation. Intern. Med.. 2016.11; 55 (21): 3201-3204. ( PubMed, DOI )

  25. Masayoshi Harigai, Toshihiro Nanki, Ryuji Koike, Michi Tanaka, Kaori Watanabe-Imai, Yukiko Komano, Ryoko Sakai, Hayato Yamazaki, Takao Koike, Nobuyuki Miyasaka. Risk for malignancy in rheumatoid arthritis patients treated with biological disease-modifying antirheumatic drugs compared to the general population: A nationwide cohort study in Japan. Mod Rheumatol. 2016.03; 1-9. ( PubMed, DOI )

  26. Ryoko Sakai, Fumio Hirano, Mari Kihara, Waka Yokoyama, Hayato Yamazaki, Sayoko Harada, Toshihiro Nanki, Ryuji Koike, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai. High prevalence of cardiovascular comorbidities in patients with rheumatoid arthritis from a population-based cross-sectional study of a Japanese health insurance database. Mod Rheumatol. 2015.12; 1-7. ( PubMed, DOI )

  27. Michi Tanaka, Ryoko Sakai, Ryuji Koike, Masayoshi Harigai. Pneumocystis Jirovecii Pneumonia in Japanese Patients with Rheumatoid Arthritis Treated with Tumor Necrosis Factor Inhibitors: A Pooled Analysis of 3 Agents. J. Rheumatol.. 2015.09; 42 (9): 1726-1728. ( PubMed, DOI )

  28. Y Kuwata, S Tanimoto, E Sawabe, M Shima, Y Takahashi, H Ushizawa, T Fujie, R Koike, N Tojo, T Kubota, R Saito. Molecular epidemiology and antimicrobial susceptibility of Clostridium difficile isolated from a university teaching hospital in Japan. Eur. J. Clin. Microbiol. Infect. Dis.. 2015.04; 34 (4): 763-772. ( PubMed, DOI )

  29. Hayato Yamazaki, Ryoko Sakai, Ryuji Koike, Yasunari Miyazaki, Michi Tanaka, Toshihiro Nanki, Kaori Watanabe, Shinsuke Yasuda, Takashi Kurita, Yuko Kaneko, Yoshiya Tanaka, Yasuhiko Nishioka, Yoshinari Takasaki, Kenji Nagasaka, Hayato Nagasawa, Shigeto Tohma, Makoto Dohi, Takahiko Sugihara, Haruhito Sugiyama, Yasushi Kawaguchi, Naohiko Inase, Sae Ochi, Hiroyuki Hagiyama, Hitoshi Kohsaka, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai, . Assessment of risks of pulmonary infection during 12 months following immunosuppressive treatment for active connective tissue diseases: a large-scale prospective cohort study. J. Rheumatol.. 2015.04; 42 (4): 614-622. ( PubMed, DOI )

  30. Ryoko Sakai, Soo-Kyung Cho, Toshihiro Nanki, Kaori Watanabe, Hayato Yamazaki, Michi Tanaka, Ryuji Koike, Yoshiya Tanaka, Kazuyoshi Saito, Shintaro Hirata, Koichi Amano, Hayato Nagasawa, Takayuki Sumida, Taichi Hayashi, Takahiko Sugihara, Hiroaki Dobashi, Shinsuke Yasuda, Tetsuji Sawada, Kazuhiko Ezawa, Atsuhisa Ueda, Takao Fujii, Kiyoshi Migita, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai, . Head-to-head comparison of the safety of tocilizumab and tumor necrosis factor inhibitors in rheumatoid arthritis patients (RA) in clinical practice: results from the registry of Japanese RA patients on biologics for long-term safety (REAL) registry. Arthritis Res. Ther.. 2015; 17 74. ( PubMed, DOI )

  31. Tadashi Hosoya, Fumitaka Mizoguchi, Hisanori Hasegawa, Keiko Miura, Ryuji Koike, Tetsuo Kubota, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka. A Case Presenting with the Clinical Characteristics of Tumor Necrosis Factor (TNF) Receptor-associated Periodic Syndrome (TRAPS) without TNFRSF1A Mutations Successfully Treated with Tocilizumab. Intern. Med.. 2015; 54 (16): 2069-2072. ( PubMed, DOI )

  32. Michi Tanaka, Ryuji Koike, Ryoko Sakai, Kazuyoshi Saito, Shintaro Hirata, Hayato Nagasawa, Hideto Kameda, Masako Hara, Yasushi Kawaguchi, Shigeto Tohma, Yoshinari Takasaki, Makoto Dohi, Yasuhiko Nishioka, Shinsuke Yasuda, Yasunari Miyazaki, Yuko Kaneko, Toshihiro Nanki, Kaori Watanabe, Hayato Yamazaki, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai. Pulmonary infections following immunosuppressive treatments during hospitalization worsen the short-term vital prognosis for patients with connective tissue disease-associated interstitial pneumonia. Mod Rheumatol. 2014.12; 1-6. ( PubMed, DOI )

  33. Ryoko Sakai, Soo-Kyung Cho, Toshihiro Nanki, Ryuji Koike, Kaori Watanabe, Hayato Yamazaki, Hayato Nagasawa, Koichi Amano, Yoshiya Tanaka, Takayuki Sumida, Atsushi Ihata, Shinsuke Yasuda, Atsuo Nakajima, Takahiko Sugihara, Naoto Tamura, Takao Fujii, Hiroaki Dobashi, Yasushi Miura, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai, . The risk of serious infection in patients with rheumatoid arthritis treated with tumor necrosis factor inhibitors decreased over time: a report from the registry of Japanese rheumatoid arthritis patients on biologics for long-term safety (REAL) database. Rheumatol. Int.. 2014.12; 34 (12): 1729-1736. ( PubMed, DOI )

  34. Soo-Kyung Cho, Ryoko Sakai, Toshihiro Nanki, Ryuji Koike, Kaori Watanabe, Hayato Yamazaki, Hayato Nagasawa, Yoshiya Tanaka, Atsuo Nakajima, Shinsuke Yasuda, Atsushi Ihata, Kazuhiko Ezawa, Soyoung Won, Chan-Bum Choi, Yoon-Kyoung Sung, Tae-Hwan Kim, Jae-Bum Jun, Dae-Hyun Yoo, Nobuyuki Miyasaka, Sang-Cheol Bae, Masayoshi Harigai, , . A comparison of incidence and risk factors for serious adverse events in rheumatoid arthritis patients with etanercept or adalimumab in Korea and Japan. Mod Rheumatol. 2014.07; 24 (4): 572-579. ( PubMed, DOI )

  35. Shin Fukuda, Toshihiro Nanki, Tomohiro Morio, Hisanori Hasegawa, Ryuji Koike, Nobuyuki Miyasaka. Recurrent mitral valve regurgitation with neutrophil infiltration in a patient with multiple aseptic abscesses. Mod Rheumatol. 2014.05; 24 (3): 537-539. ( PubMed, DOI )

  36. Satoka Shimogaki, Sayaka Ito, Sachiyo Komatsu, Ryuji Koike, Nobuyuki Miyasaka, Kazuo Umezawa, Tetsuo Kubota. Inhibition of the NF-κB pathway as a candidate therapeutic strategy for cryopyrin-associated periodic syndrome. Mod Rheumatol. 2014.05; 24 (3): 517-524. ( PubMed, DOI )

  37. Ryoichi Saito, Rieko Takahashi, Etsuko Sawabe, Saho Koyano, Yutaka Takahashi, Mari Shima, Hiroto Ushizawa, Toshihide Fujie, Naoki Tosaka, Yuko Kato, Kyoji Moriya, Shuji Tohda, Naoko Tojo, Ryuji Koike, Tetsuo Kubota. First report of KPC-2 Carbapenemase-producing Klebsiella pneumoniae in Japan. Antimicrob. Agents Chemother.. 2014.05; 58 (5): 2961-2963. ( PubMed, DOI )

  38. Kenji Nakagawa, Eva Gonzalez-Roca, Alejandro Souto, Toshinao Kawai, Hiroaki Umebayashi, Josep María Campistol, Jeronima Cañellas, Syuji Takei, Norimoto Kobayashi, Jose Luis Callejas-Rubio, Norberto Ortego-Centeno, Estíbaliz Ruiz-Ortiz, Fina Rius, Jordi Anton, Estibaliz Iglesias, Santiago Jimenez-Treviño, Carmen Vargas, Julian Fernandez-Martin, Inmaculada Calvo, José Hernández-Rodríguez, María Mendez, María Teresa Dordal, Maria Basagaña, Segundo Bujan, Masato Yashiro, Tetsuo Kubota, Ryuji Koike, Naoko Akuta, Kumiko Shimoyama, Naomi Iwata, Megumu K Saito, Osamu Ohara, Naotomo Kambe, Takahiro Yasumi, Kazushi Izawa, Tomoki Kawai, Toshio Heike, Jordi Yagüe, Ryuta Nishikomori, Juan I Aróstegui. Somatic NLRP3 mosaicism in Muckle-Wells syndrome. A genetic mechanism shared by different phenotypes of cryopyrin-associated periodic syndromes. Ann. Rheum. Dis.. 2013.12; ( PubMed, DOI )

  39. Kaori Watanabe, Ryoko Sakai, Ryuji Koike, Fumikazu Sakai, Haruhito Sugiyama, Michi Tanaka, Yukiko Komano, Yuji Akiyama, Toshihide Mimura, Motohide Kaneko, Hitoshi Tokuda, Takenobu Iso, Mitsuru Motegi, Kei Ikeda, Hiroshi Nakajima, Hirofumi Taki, Tetsuo Kubota, Hirotaka Kodama, Shoji Sugii, Takashi Kuroiwa, Yasushi Nawata, Kazuko Shiozawa, Atsushi Ogata, Shigemasa Sawada, Yoshihiro Matsukawa, Takahiro Okazaki, Masaya Mukai, Mitsuhiro Iwahashi, Kazuyoshi Saito, Yoshiya Tanaka, Toshihiro Nanki, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai. Clinical characteristics and risk factors for Pneumocystis jirovecii pneumonia in patients with rheumatoid arthritis receiving adalimumab: a retrospective review and case-control study of 17 patients. Mod Rheumatol. 2013.11; 23 (6): 1085-1093. ( PubMed, DOI )

  40. Ryoko Sakai, Michi Tanaka, Toshihiro Nanki, Kaori Watanabe, Hayato Yamazaki, Ryuji Koike, Hayato Nagasawa, Koichi Amano, Kazuyoshi Saito, Yoshiya Tanaka, Satoshi Ito, Takayuki Sumida, Atsushi Ihata, Yoshiaki Ishigatsubo, Tatsuya Atsumi, Takao Koike, Atsuo Nakajima, Naoto Tamura, Takao Fujii, Hiroaki Dobashi, Shigeto Tohma, Takahiko Sugihara, Yukitaka Ueki, Akira Hashiramoto, Atsushi Kawakami, Noboru Hagino, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai, . Drug retention rates and relevant risk factors for drug discontinuation due to adverse events in rheumatoid arthritis patients receiving anticytokine therapy with different target molecules. Ann. Rheum. Dis.. 2012.11; 71 (11): 1820-1826. ( PubMed, DOI )

  41. Michi Tanaka, Ryoko Sakai, Ryuji Koike, Yukiko Komano, Toshihiro Nanki, Fumikazu Sakai, Haruhito Sugiyama, Hidekazu Matsushima, Toshihisa Kojima, Shuji Ohta, Yoji Ishibe, Takuya Sawabe, Yasuhiro Ota, Kazuhisa Ohishi, Hajime Miyazato, Yoshinori Nonomura, Kazuyoshi Saito, Yoshiya Tanaka, Hayato Nagasawa, Tsutomu Takeuchi, Ayako Nakajima, Hideo Ohtsubo, Makoto Onishi, Yoshinori Goto, Hiroaki Dobashi, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai. Pneumocystis jirovecii pneumonia associated with etanercept treatment in patients with rheumatoid arthritis: a retrospective review of 15 cases and analysis of risk factors. Mod Rheumatol. 2012.11; 22 (6): 849-858. ( PubMed, DOI )

  42. Ryuji Koike, Michi Tanaka, Yukiko Komano, Fumikazu Sakai, Haruhito Sugiyama, Toshihiro Nanki, Hiroshi Ide, Satoshi Jodo, Kou Katayama, Hidekazu Matsushima, Yusuke Miwa, Koichi Morita, Hiroshi Nakashima, Hiroyuki Nakamura, Masamitsu Natsumeda, Yoshiko Sato, Seitaro Semba, Mutsuto Tateishi, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai. Tacrolimus-induced pulmonary injury in rheumatoid arthritis patients. Pulm Pharmacol Ther. 2011.08; 24 (4): 401-406. ( PubMed, DOI )

  43. Ryoko Sakai, Yukiko Komano, Michi Tanaka, Toshihiro Nanki, Ryuji Koike, Atsuo Nakajima, Tatsuya Atsumi, Shinsuke Yasuda, Yoshiya Tanaka, Kazuyoshi Saito, Shigeto Tohma, Takao Fujii, Atsushi Ihata, Naoto Tamura, Atsushi Kawakami, Takahiko Sugihara, Satoshi Ito, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai. The REAL database reveals no significant risk of serious infection during treatment with a methotrexate dose of more than 8 mg/week in patients with rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. 2011.08; 21 (4): 444-448. ( PubMed, DOI )

  44. Yukiko Komano, Michi Tanaka, Toshihiro Nanki, Ryuji Koike, Ryoko Sakai, Hideto Kameda, Atsuo Nakajima, Kazuyoshi Saito, Mitsuhiro Takeno, Tatsuya Atsumi, Shigeto Tohma, Satoshi Ito, Naoto Tamura, Takao Fujii, Tetsuji Sawada, Hiroaki Ida, Akira Hashiramoto, Takao Koike, Yoshiaki Ishigatsubo, Katsumi Eguchi, Yoshiya Tanaka, Tsutomu Takeuchi, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai, . Incidence and risk factors for serious infection in patients with rheumatoid arthritis treated with tumor necrosis factor inhibitors: a report from the Registry of Japanese Rheumatoid Arthritis Patients for Longterm Safety. J. Rheumatol.. 2011.07; 38 (7): 1258-1264. ( PubMed, DOI )

  45. Tetsuo Kubota, Ryuji Koike. Cryopyrin-associated periodic syndromes: background and therapeutics. Mod Rheumatol. 2010.06; 20 (3): 213-221. ( PubMed, DOI )

  46. Kayoko Kaneko, Yoshinori Nonomura, Kaori Watanabe, Ryuji Koike, Tetsuo Kubota, Masayoshi Harigai, Yoshinori Inoue, Takehisa Iwai, Nobuyuki Miyasaka. Infected abdominal aortic aneurysm caused by nontyphoid Salmonella in an immunocompromised patient with rheumatoid arthritis. J. Infect. Chemother.. 2009.10; 15 (5): 312-315. ( PubMed, DOI )

  47. Yukiko Komano, Masayoshi Harigai, Ryuji Koike, Haruhito Sugiyama, Jun Ogawa, Kazuyoshi Saito, Naoya Sekiguchi, Masayuki Inoo, Ikuko Onishi, Hiroyuki Ohashi, Fujio Amamoto, Masayuki Miyata, Hideo Ohtsubo, Kazuko Hiramatsu, Masahiro Iwamoto, Seiji Minota, Naoki Matsuoka, Goichi Kageyama, Kazuyoshi Imaizumi, Hitoshi Tokuda, Yasumi Okochi, Koichiro Kudo, Yoshiya Tanaka, Tsutomu Takeuchi, Nobuyuki Miyasaka. Pneumocystis jiroveci pneumonia in patients with rheumatoid arthritis treated with infliximab: a retrospective review and case-control study of 21 patients. Arthritis Rheum.. 2009.03; 61 (3): 305-312. ( PubMed, DOI )

  48. Koike R, Harigai M, Atsumi T, Amano K, Kawai S, Saito S, Yamamura M, Matsubara T, Miyasaka N.. Japan College of Rheumatology 2009 guidelines for the use of tocilizumab, a humanized anti-interleukin-6 receptor monoclonal antibody, in rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. 2009; 19 351-357.

  49. Komano Y, Harigai M, Koike R, Sugiyama H, Ogawa J Saito K, Sekiguchi N, Inoo M, Onishi I, Ohashi H, Amamoto F, Miyata M, Ohtsubo H, Hiramatsu K, Iwamoto M, Minota S, Matsuoka N, Kageyama G, Imaizumi K, Tokuda H, Okochi Y, Kudo K, Tanaka Y, Takeuchi T, Miyasaka N.. Pneumocystis pneumonia in patients with rheumatoid arthritis treated with infliximab: a retrospective review and case-control study of 21 patients. Arthritis Care Res. 2009; 61 (3): 305-312.

  50. Harigai M, Koike R, Miyasaka N.. Pneumocystis pneumonia associated with infliximab in Japan. N Engl J Med. 2007; 357 1874-1876.

  51. Koike R, Kubota T, Hara Y, Ito S, Suzuki K, Yanagisawa K, Uchibori K, Miyasaka N.. A case of Muckle-Wells syndrome caused by a novel H312P mutation in NALP3(cryopyrin). Mod Rheumatol. 2007; 17 496-499.

  52. Koike R, Takeuchi T, Eguchi K, Miyasaka N.. Update on the Japanese guidelines for the use of infliximab and etanercept in rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. 2007; 17 451-458.

  53. Asako Emori, Eisuke Matsushima, Okihiko Aihara, Katsuya Ohta, Ryuji Koike, Nobuyuki Miyasaka, Motoichiro Kato. Cognitive dysfunction in systemic lupus erythematosus. Psychiatry Clin. Neurosci.. 2005.10; 59 (5): 584-589. ( PubMed, DOI )

  54. Kenji Oda, Eisuke Matsushima, Yoshiro Okubo, Katsuya Ohta, Yuji Murata, Ryuji Koike, Nobuyuki Miyasaka, Motoichiro Kato. Abnormal regional cerebral blood flow in systemic lupus erythematosus patients with psychiatric symptoms. J Clin Psychiatry. 2005.07; 66 (7): 907-913. ( PubMed )

  55. H Hagiyama, R Koike, K Nagasaka, Y Nonomura, J Nishio, T Nanki, H Kohsaka, T Kubota, N Miyasaka. Two cases of acute respiratory distress syndrome resulting from adult-onset Still's disease. Mod Rheumatol. 2003.03; 13 (1): 76-80. ( PubMed, DOI )

  56. K Shimabukuro, S Ichinose, R Koike, T Kubota, M Yamaguchi, M Miyasaka, T Aso. Hepatocyte growth factor/scatter factor is implicated in the mode of stromal invasion of uterine squamous cervical cancer. Gynecol. Oncol.. 2001.11; 83 (2): 205-215. ( PubMed, DOI )

  57. R Koike, T Iizuka, T Watanabe, N Miyasaka. The GOR gene product cannot cross-react with hepatitis C virus in humans. Clin. Exp. Immunol.. 2001.06; 124 (3): 429-434. ( PubMed )

  58. Y Nonomura, R Koike, J Nishio, R Tsubata, H Kohsaka, T Kubota, N Miyasaka. Overlap syndrome with cerebral hemorrhage caused by prostaglandin E1 infusion. Intern. Med.. 2001.03; 40 (3): 265-266. ( PubMed )

  59. T Nishimura, R Koike, M Miyasaka. Mammary glands of Aly mice: developmental changes and lactation-related expression of specific proteins, alpha-casein, GLyCAM-1 and MAdCAM-1. Am. J. Reprod. Immunol.. 2000.06; 43 (6): 351-358. ( PubMed )

  60. T Iizuka, T Tanaka, M Suematsu, S Miura, T Watanabe, R Koike, Y Ishimura, H Ishii, N Miyasaka, M Miyasaka. Stage-specific expression of mucosal addressin cell adhesion molecule-1 during embryogenesis in rats. J. Immunol.. 2000.03; 164 (5): 2463-2471. ( PubMed )

  61. T Nanki, R Koike, N Miyasaka. Subacute severe steatohepatitis during prednisolone therapy for systemic lupus erythematosis. Am. J. Gastroenterol.. 1999.11; 94 (11): 3379. ( PubMed, DOI )

  62. H Satoh, T Iizuka, R Koike, N Miyasaka, K Kitada, T Kuramoto, T Serikawa, T Watanabe. Assignment of the Madcam1 gene to rat chromosome 7q11.2-->q12 by fluorescence in situ hybridization, somatic cell hybrids and linkage analysis. Cytogenet. Cell Genet.. 1999.10; 86 (3-4): 223-224. ( PubMed, DOI )

  63. T Iizuka, R Koike, N Miyasaka, M Miyasaka, T Watanabe. Cloning and characterization of the rat MAdCAM-1 cDNA and gene. Biochim. Biophys. Acta. 1998.02; 1395 (3): 266-270. ( PubMed )

  64. T Nanki, R Koike, N Mizushima, H Kohsaka, T Kubota, N Miyasaka. Severe anemia due to hemorrhagic gastritis associated with Sjögren's syndrome. Clin. Exp. Rheumatol.. 1998.02; 16 (1): 105. ( PubMed )

  65. R Koike, T Watanabe, H Satoh, C S Hee, K Kitada, T Kuramoto, T Serikawa, S Miyawaki, M Miyasaka. Analysis of expression of lymphocyte homing-related adhesion molecules in ALY mice deficient in lymph nodes and Peyer's patches. Cell. Immunol.. 1997.08; 180 (1): 62-69. ( PubMed, DOI )

  66. N Mizushima, R Koike, H Kohsaka, Y Kushi, S Handa, H Yagita, N Miyasaka. Ceramide induces apoptosis via CPP32 activation. FEBS Lett.. 1996.10; 395 (2-3): 267-271. ( PubMed )

  67. R Koike, T Nishimura, R Yasumizu, H Tanaka, Y Hataba, Y Hataba, T Watanabe, S Miyawaki, M Miyasaka. The splenic marginal zone is absent in alymphoplastic aly mutant mice. Eur. J. Immunol.. 1996.03; 26 (3): 669-675. ( PubMed, DOI )

  68. H Komachi, K Tsuchiya, M Ikeda, R Koike, T Matsunaga, K Ikeda. Radiation myelopathy: a clinicopathological study with special reference to correlation between MRI findings and neuropathology. J. Neurol. Sci.. 1995.10; 132 (2): 228-232. ( PubMed )

  69. R Koike, I Miki, M Otoshi, T Totsuka, H Inoue, H Kase, I Saito, N Miyasaka. Gold sodium thiomalate down-regulates intercellular adhesion molecule-1 and vascular cell adhesion molecule-1 expression on vascular endothelial cells. Mol. Pharmacol.. 1994.10; 46 (4): 599-604. ( PubMed )

  70. M Nanno, S Matsumoto, R Koike, M Miyasaka, M Kawaguchi, T Masuda, S Miyawaki, Z Cai, T Shimamura, Y Fujiura. Development of intestinal intraepithelial T lymphocytes is independent of Peyer's patches and lymph nodes in aly mutant mice. J. Immunol.. 1994.09; 153 (5): 2014-2020. ( PubMed )

  71. T Kuramoto, T Mashimo, R Koike, S Miyawaki, J Yamada, M Miyasaka, T Serikawa. The alymphoplasia (aly) mutation co-segregates with the intercellular adhesion molecule-2 (lcam-2) on mouse chromosome 11. Int. Immunol.. 1994.07; 6 (7): 991-994. ( PubMed )

  72. H Yoshinaga, R Koike, T Maruyama, H Iizuka, H Matsuoka, T Kubota, N Miyasaka. Still's disease relapse with severe pneumonitis after prolonged remission. Intern. Med.. 1993.12; 32 (12): 902-905. ( PubMed )

  73. R Koike, M Yamada, T Matsunaga, S Yoshida, H Tsukagoshi. Polyarteritis nodosa (PN) complicated with unilateral exophthalmos. Intern. Med.. 1993.03; 32 (3): 232-236. ( PubMed )

  74. N Miyasaka, H Inoue, T Totsuka, R Koike, K Kino, H Tsunoo. An immunomodulatory protein, Ling Zhi-8, facilitates cellular interaction through modulation of adhesion molecules. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 1992.07; 186 (1): 385-390. ( PubMed )

  75. 小池 竜司. 臨床研究における倫理的原則 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2021.03; 65回 252. ( 医中誌 )

  76. 小池 竜司. 新興・再興感染症とどう向き合うか? 日本病理学会会誌. 2021.03; 110 (1): 213. ( 医中誌 )

  77. Ayibieke Alafate, 山田 華代, 山田 景土, 荻原 真二, 相曽 啓史, 羽田野 義郎, 貫井 陽子, 小池 竜司, 東田 修二, 齋藤 良一. 東京の2病院から分離されたS.epidermidis血流感染症の分子性状(Molecular characterization of S.epidermidis bloodstream isolates from two hospitals in Tokyo) 日本臨床微生物学会雑誌. 2020.12; 31 (Suppl.1): 198. ( 医中誌 )

  78. 小池 竜司. 【感染症の発熱とその治療-患者背景からの診断・治療のコツ】一般外来・通院患者における感染症の発熱と治療 膠原病・リウマチ患者 感染と抗菌薬. 2020.03; 23 (1): 28-34. ( 医中誌 )

  79. 貫井 陽子, 齋藤 良一, 相曽 啓史, 井上 健斗, 羽田野 義郎, 東田 修二, 小池 竜司. NDM-5メタロβラクタマーゼ・OXA-1同時産生Klebsiella oxytoca検出事例 感染症学雑誌. 2020.03; 94 (臨増): 314. ( 医中誌 )

  80. 小池 竜司, 新井 文子. 感染症と腫瘍の性質をもつ慢性活動性Epstein-Barrウイルス感染症の治療開発研究 感染症学雑誌. 2020.03; 94 (2): 267-268. ( 医中誌 )

  81. 田中 奈緒, 溝口 史高, 伊藤 加菜絵, 佐々木 広和, 平野 史生, 小池 竜司. 全身性強皮症を背景とした異所性石灰化に対してトシリズマブが有効であった一例 関東リウマチ. 2020.03; 53 29-32. ( 医中誌 )

  82. Ayibieke Alafate, 山田 景士, 相曽 啓史, 羽田野 義郎, 貫井 陽子, 小池 竜司, 東田 修二, 齋藤 良一. Epidemiological characteristics of bloodstream S. epidermidis isolates from two hospitals in Tokyo 日本細菌学雑誌. 2020.01; 75 (1): 113. ( 医中誌 )

  83. 佐瀬 裕子, 磯崎 亮輔, 渋谷 正則, 小池 竜司, 尾林 聡, 高橋 弘充. 未承認新規医薬品等モニタリング基準の作成と今後の課題 医療の質・安全学会誌. 2019.11; 14 (Suppl.): 359. ( 医中誌 )

  84. 小池 竜司, 今井 穣, 石見 香, 新井 文子. 希少難治疾患の医師主導治験の問題点 慢性活動性Epstein-Barrウイルス感染症対象の治験の立案から開始まで 臨床薬理. 2019.11; 50 (Suppl.): S261. ( 医中誌 )

  85. 遠藤 明史, 今井 耕輔, 神谷 尚宏, 磯田 健志, 柳町 昌克, 高木 正稔, 金兼 弘和, 森尾 友宏, 平川 晃弘, 小池 竜司. 原発性免疫不全症データベース(PIDJ)を活用した希少疾患の臨床開発プラットフォームの構築 臨床薬理. 2019.11; 50 (Suppl.): S259. ( 医中誌 )

  86. 澁木 克也, 町野 曜生, 帆苅 茉由子, 後藤 啓太, 遠藤 明史, 小池 竜司. IRBの現状分析と品質向上に向けた取り組み 治験事務局と臨床研究コーディネーターによる共同プロジェクト 臨床薬理. 2019.11; 50 (Suppl.): S317. ( 医中誌 )

  87. 小池 竜司, 栗原 千絵子, 鈴木 千惠子, 佐藤 弥生, 星 順子, 渡邉 裕司. 医師主導治験・医学系研究における健康被害補償に関する調査 臨床薬理. 2019.07; 50 (4): 157-166. ( 医中誌 )

  88. 長堀 正和, 内野 三菜子, 小池 竜司. 医学科6年生を対象とした医薬品開発に関する企業訪問選択実習の経験(3年間) 医学教育. 2019.07; 50 (Suppl.): 163. ( 医中誌 )

  89. 栗原 千絵子, 鈴木 千惠子, 小池 竜司, 佐藤 弥生, 渡邉 裕司. 臨床研究法の現状における課題と運用改善に向けた提言 GCP・医学系指針及び海外制度との比較から(第1報) 医薬品等の品質・安全性の確保 臨床評価. 2019.06; 47 (1): 127-152. ( 医中誌 )

  90. 小池 竜司, 新井 文子. 慢性活動性Epstein-Barrウイルス感染症の新規治療薬開発 日本化学療法学会雑誌. 2019.03; 67 (Suppl.A): 252. ( 医中誌 )

  91. 貫井 陽子, 羽田野 義郎, 齋藤 良一, 相曽 啓史, 東田 修二, 小池 竜司, Ayibieke Alfate. 本邦初のNDM-5メタロβラクタマーゼ産生大腸菌ST167による感染事例 感染症学雑誌. 2019.03; 93 (臨増): 348. ( 医中誌 )

  92. 小池 竜司. 【RA治療薬の副作用-機序、臨床的特徴と対応策】 TNF阻害薬とニューモシスチス肺炎 リウマチ科. 2018.11; 60 (5): 497-502. ( 医中誌 )

  93. 栗原 千絵子, 小池 竜司, 岡田 潔, 鈴木 千惠子, 星 順子, 佐藤 弥生, 村山 敏典, 山本 学, 渡邉 裕司. 医薬品・医療機器・再生医療等製品の企業主導・医師主導治験における被験者健康被害補償 共通点・相違点と医法研ガイドライン適用性 臨床評価. 2018.09; 46 (2): 335-383. ( 医中誌 )

  94. 小池 竜司. 【ドラッグリポジショニング-新たな治療戦略】 Key words プレシジョンメディスン(precision medicine) カレントテラピー. 2018.05; 36 (5): 487. ( 医中誌 )

  95. 貫井 陽子, 相曽 啓史, 齋藤 良一, 谷 千尋, 東田 修二, 小池 竜司. Clostridium difficileアウトブレイクの分子疫学解析 日本化学療法学会雑誌. 2018.04; 66 (Suppl.A): 249. ( 医中誌 )

  96. 鍋岡 勇造, 栗原 千絵子, 三村 まり子, 小池 竜司, 渡邉 裕司. 治験/臨床研究に起因する健康被害の治療に対する公的医療保険制度の適用について 臨床評価. 2018.02; 45 (4): 701-709. ( 医中誌 )

  97. 萬 巴里子, 吉田 雅幸, 小池 竜司. 東京医科歯科大学における倫理審査申請Webシステムの導入と人を対象とする研究の把握 臨床薬理. 2017.11; 48 (Suppl.): S335. ( 医中誌 )

  98. 冨田 誠, 小池 竜司. 東京医科歯科大学における臨床試験管理センター等で取り組んだ統計相談の傾向と実績についての可視化と還元 臨床薬理. 2017.11; 48 (Suppl.): S329. ( 医中誌 )

  99. 佐瀬 裕子, 高橋 裕, 渋谷 正則, 小池 竜司, 尾林 聡, 高橋 弘充. 当院における未承認新規医薬品等を用いた医療提供と薬剤師の役割 医療の質・安全学会誌. 2017.10; 12 (Suppl.): 276. ( 医中誌 )

  100. 小池 竜司. 新規帯状疱疹ワクチンHZ/suの有効性と安全性 リウマチ科. 2017.05; 57 (5): 507-513. ( 医中誌 )

  101. 笠井 祥子, 酒井 良子, 小池 竜司, 上阪 等, 針谷 正祥. リウマチ性疾患の疫学 大規模保険データベースを用いた我が国の関節リウマチ患者における合併症のリスクの検討 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2017.03; 61回 502. ( 医中誌 )

  102. 小池 竜司. 抗菌薬適正使用は定型的注意喚起のコメントだけで可能か? 感染症学雑誌. 2017.03; 91 (臨増): 237. ( 医中誌 )

  103. 小池 竜司. 関節リウマチの治療 臨床試験・観察研究 日本におけるリツキシマブの関節リウマチへの適応拡大のための戦略 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2017.03; 61回 489. ( 医中誌 )

  104. 貫井 陽子, 齋藤 良一, 谷 千尋, 相曽 啓史, 藤江 俊秀, 東田 修二, 小池 竜司, 茅野 崇. Helicobacter cinaedi菌血症の臨床的・分子疫学的解析 感染症学雑誌. 2017.03; 91 (臨増): 298. ( 医中誌 )

  105. 笠井 祥子, 酒井 良子, 小池 竜司, 上阪 等, 針谷 正祥. リウマチ性疾患の疫学 大規模保険データベースを用いた我が国の関節リウマチ患者における合併症のリスクの検討 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2017.03; 61回 502. ( 医中誌 )

  106. 小池 竜司, 貫井 陽子. 東京医科歯科大学医学部附属病院における大腸菌、緑膿菌のアンチバイオグラムの変遷とその検討 感染症学雑誌. 2017.01; 91 (1): 108. ( 医中誌 )

  107. 小池 竜司. 卒前医学教育におけるシミュレーション型感染予防策実習の試み 感染症学雑誌. 2016.05; 90 (3): 394. ( 医中誌 )

  108. 貫井 陽子, 島 眞理, 小堺 隆寛, 小野 和代, 齋藤 良一, 澤辺 悦子, 荻原 真二, 相曽 啓史, 藤江 俊秀, 小池 竜司. 環境培養結果をもとにした蓄尿検査適正化への取り組み 日本環境感染学会誌. 2016.02; 31 (Suppl.): 289. ( 医中誌 )

  109. 小池 竜司, 藤江 俊秀, 島 眞理, 小野 和代. 結核感染菌対策再考 東京医科歯科大学医学部附属病院における職員結核罹患事例とその検証 日本環境感染学会誌. 2016.02; 31 (Suppl.): 210. ( 医中誌 )

  110. 小池 竜司, 島 眞理, 相曽 啓史, 齋藤 良一, 藤江 俊秀. 簡易な支持的抗菌薬管理プログラムの有用性と経済性の検討(第二報) 日本環境感染学会誌. 2016.02; 31 (Suppl.): 438. ( 医中誌 )

  111. 相曽 啓史, 小堺 隆寛, 佐瀬 裕子, 島 眞理, 齋藤 良一, 澤辺 悦子, 北村 優佳, 荻原 真二, 藤江 俊秀, 貫井 陽子, 小池 竜司. 医療情報を利用したカンジダ血症に対するクオリティマネジメントの検討 日本環境感染学会誌. 2016.02; 31 (Suppl.): 380. ( 医中誌 )

  112. 小堺 隆寛, 島 眞理, 相曽 啓史, 北村 優佳, 澤辺 悦子, 齋藤 良一, 小野 和代, 藤江 俊秀, 小池 竜司, 貫井 陽子. 当院における人工呼吸器関連事象(VAE)サーベイランス導入の現状 日本環境感染学会誌. 2016.02; 31 (Suppl.): 366. ( 医中誌 )

  113. 岡村 澄子, 小堺 隆寛, 島 眞理, 小野 和代, 荻原 真二, 澤辺 悦子, 相曽 啓史, 齋藤 良一, 藤江 俊英, 小池 竜司, 貫井 陽子. 直接観察によるNICUの手指衛生の分析 日本環境感染学会誌. 2016.02; 31 (Suppl.): 336. ( 医中誌 )

  114. 島 眞理, 小堺 隆寛, 小野 和代, 齋藤 良一, 荻原 真二, 澤辺 悦子, 相曽 啓史, 藤江 俊秀, 小池 竜司, 貫井 陽子. ITシステムを活用した院内ラウンドの評価 日本環境感染学会誌. 2016.02; 31 (Suppl.): 276. ( 医中誌 )

  115. 牛澤 洋人, 世良 俊樹, 貫井 陽子, 小池 竜司, 大友 康裕. 2014年の東京医科歯科大学救命救急センターにおける血液培養症例の検討 日本救急医学会雑誌. 2015.08; 26 (8): 365. ( 医中誌 )

  116. 篠原 樹彦, 山本 晃央, 高村 聡人, 小池 竜司, 上阪 等. 致死的内臓播種性帯状疱疹ウイルス(VZV)感染を合併した免疫抑制治療中の全身性エリテマトーデスの1例 日本内科学会関東地方会. 2015.05; 614回 23. ( 医中誌 )

  117. 小池 竜司. 【リウマチ医に必要な消化器疾患の最新知識】 免疫抑制療法下における消化管日和見感染症(CD、結核、CMVなど) リウマチ科. 2015.05; 53 (5): 472-478. ( 医中誌 )

  118. 高村 聡人, 吉橋 洋子, 木村 直樹, 田中 みち, 小池 竜司, 川畑 仁人, 上阪 等. 次世代を越える膠原病医療が目指すもの 多発性筋炎・皮膚筋炎における筋力低下からの回復 分岐鎖アミノ酸を用いた治療について 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2015.03; 59回 184. ( 医中誌 )

  119. 小池 竜司, 藤江 俊秀, 齋藤 良一, 牛澤 洋人. 当院における侵襲性インフルエンザ菌感染症の後方視的検討 感染症学雑誌. 2015.03; 89 (臨増): 209. ( 医中誌 )

  120. 平野 史生, 横山 和佳, 山崎 隼人, 小池 竜司, 天野 宏一, 金子 祐子, 川上 純, 松井 利浩, 宮坂 信之, 針谷 正祥. 関節リウマチの治療評価と予測 T2T実施コホートにおける機能的・構造的予後の予測因子 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2015.03; 59回 364. ( 医中誌 )

  121. 針谷 正祥, 酒井 良子, 田中 みち, 平野 史生, 横山 和佳, 長坂 憲治, 小池 竜司, 小池 隆夫, 宮坂 信之. リウマチ性疾患の疫学 生物学的製剤使用は日本人RA患者の発癌リスクを上昇させない SECURE研究中間解析結果から 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2015.03; 59回 359. ( 医中誌 )

  122. 小池 竜司, 藤江 俊秀, 島 眞理, 小野 和代, 高橋 裕, 齋藤 良一, 相曽 啓史. 簡易な支持的抗菌薬管理プログラムの有用性と経済性の検討(第一報) 日本環境感染学会誌. 2015.01; 30 (Suppl.): 370. ( 医中誌 )

  123. 小池 竜司. 【リウマチ性疾患における神経病変】 リウマチ性疾患における中枢神経系の日和見感染症 リウマチ科. 2014.11; 52 (5): 503-509. ( 医中誌 )

  124. 渡邊 浩基, 野口 佳裕, 伊藤 卓, 高橋 正時, 小池 竜司, 窪田 哲朗. Muckle-Wells症候群における聴平衡覚障害の検討 Audiology Japan. 2014.10; 57 (5): 497-498. ( 医中誌 )

  125. 小池 竜司. 【内科疾患 最新の治療 明日への指針】(第6章)膠原病・免疫・アレルギー 再発性多発軟骨炎 内科. 2014.06; 113 (6): 1371-1372. ( 医中誌 )

  126. 小池 竜司. 【感染対策のための院内ラウンド強力サポートブック 準備→実施→フィードバックを完全フォロー!】 (4章)「問題解決!」目的別ラウンドの実践 感染症診療のラウンド 感染症科がない施設の場合 INFECTION CONTROL. 2014.05; (2014春季増刊): 166-174. ( 医中誌 )

  127. 藤江 俊秀, 齋藤 良一, 小池 竜司. 当院における過去10年間のMRSA検出の頻度の推移 日本化学療法学会雑誌. 2014.05; 62 (Suppl.A): 367. ( 医中誌 )

  128. 楠田 岳, 細矢 匡, 小池 竜司, 上阪 等. Sjoegren症候群の診断後にgitelman症候群様の尿細管機能障害を来した1例 日本内科学会関東地方会. 2014.05; 605回 21. ( 医中誌 )

  129. 平野 史生, 横山 和佳, 山崎 隼人, 小池 竜司, 天野 宏一, 金子 祐子, 川上 純, 松井 利浩, 宮坂 信之, 針谷 正祥. 関節リウマチの治療 DMARDs、NSAIDs 我が国における「目標に向けた治療(T2T)」の有効性と問題点 T2T疫学研究を用いた検討 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2014.03; 58回 339. ( 医中誌 )

  130. 桑田 祐輔, 藤江 俊秀, 高橋 裕, 登坂 直規, 東條 尚子, 小池 竜司, 齋藤 良一, 谷本 詩奈, 笠井 彩子, 澤辺 悦子, 島 眞理, 小野 和代. 東京医科歯科大学医学部附属病院にて分離されたClostridium difficileの分子疫学解析 感染症学雑誌. 2014.03; 88 (2): 238. ( 医中誌 )

  131. 福澤 学, 唐 文涛, 小池 竜司, 石川 ひろの, 木内 貴弘, 津谷 喜一郎. 日本の臨床試験の登録は被験者の組み入れ前に行われているか? UMIN-CTR登録情報から 日本薬学会年会要旨集. 2014.03; 134年会 (3): 243. ( 医中誌 )

  132. 横山 和佳, 平野 史生, 山崎 隼人, 酒井 良子, 小池 竜司, 宮坂 信之, 上阪 等, 針谷 正祥. 人ANCA関連血管炎6例に対するRituximabの初回投与・再投与の安全性と有効性 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2014.03; 58回 710. ( 医中誌 )

  133. 酒井 良子, 山崎 隼人, 横山 和佳, 平野 史生, 田中 みち, 小池 竜司, 南木 敏宏, 上阪 等, 宮坂 信之, 針谷 正祥. リウマチ性疾患の疫学 生物学的製剤使用関節リウマチ患者における罹病期間2年以下の患者と2年超の患者の安全性の比較 REALデータベースより 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2014.03; 58回 423. ( 医中誌 )

  134. 山崎 隼人, 酒井 良子, 小池 竜司, 田中 みち, 南木 敏宏, 今井 香織, 宮坂 信之, 上阪 等, 針谷 正祥. 感染症と自己免疫疾患 免疫抑制療法下のリウマチ性疾患患者におけるST合剤によるニューモシスチス肺炎予防の有効性の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2014.03; 58回 394. ( 医中誌 )

  135. 小池 竜司. 各領域の薬物治療のトピックスから今後の医薬品開発の課題を探る リウマチ・膠原病領域の治療薬開発のトピックスと問題点 臨床薬理. 2013.11; 44 (Suppl.): S180. ( 医中誌 )

  136. 小池 竜司. 【生物学的製剤の使用前と使用中における感染症(B型肝炎を含む)のスクリーニングとモニタリングをいかにおこなうか?】 生物学的製剤使用前におけるニューモシスチス肺炎のスクリーニングと使用中のモニタリング 分子リウマチ治療. 2013.10; 6 (4): 179-182. ( 医中誌 )

  137. 小池 竜司. 【寛解を目指す膠原病診療】 特殊な状況と合併症への対応 免疫抑制療法下の感染症 内科. 2013.07; 112 (1): 97-102. ( 医中誌 )

  138. 藤江 俊秀, 登坂 直規, 齋藤 良一, 小池 竜司. 東京医科歯科大学医学部附属病院における過去4年間のカンジダ血症の臨床的検討 感染症学雑誌. 2013.05; 87 (臨増): 279. ( 医中誌 )

  139. 松本 和彦, 荒川 義弘, 小池 竜司, 中村 哲也, 花岡 英紀, 本間 真人, 吉澤 弘久, 大学病院臨床試験アライアンス共同IRB推進検討作業斑. 大学病院間の共同IRB等の体制 大学病院臨床試験アライアンスにおける検討 臨床薬理. 2013.05; 44 (3): 207-215. ( 医中誌 )

  140. 酒井 良子, 趙 秀卿, 南木 敏宏, 山崎 隼人, 渡部 香織, 田中 みち, 小池 竜司, 宮坂 信之, 針谷 正祥. 関節リウマチの治療 生物学的製剤(TNF阻害薬) REALを用いた関節リウマチ患者におけるTNF阻害薬の重篤な有害事象発現リスクの経年変化 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2013.03; 57回・22回 296. ( 医中誌 )

  141. 山崎 隼人, 酒井 良子, 小池 竜司, 田中 みち, 南木 敏宏, 渡部 香織, 宮坂 信之, 針谷 正祥. リウマチ性疾患の疫学 膠原病における免疫抑制療法下の肺感染症に関する前向き研究(PREVENT研究) 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2013.03; 57回・22回 319. ( 医中誌 )

  142. 小池 竜司. 【臨床試験の倫理:ダブルスタンダードの解消はなるか】 大学病院における「治験」と「臨床試験」 臨床薬理. 2013.03; 44 (2): 136-140. ( 医中誌 )

  143. 小池 竜司, 齋藤 良一, 藤江 俊秀, 登坂 直規, 澤辺 悦子. 東京医科歯科大学医学部附属病院におけるノカルジア症の臨床的検討 感染症学雑誌. 2013.01; 87 (1): 165-166. ( 医中誌 )

  144. 藤江 俊秀, 登坂 直規, 小池 竜司, 齋藤 良一, 島 眞理, 小野 和子, 澤辺 悦子. 当院における、2007年~2011年の血液培養分離菌の動向 感染症学雑誌. 2013.01; 87 (1): 128. ( 医中誌 )

  145. 小池 竜司. 【関節リウマチ治療における分子標的薬の進歩】 細胞表面抗原を標的とした生物学的製剤 臨床薬理. 2013.01; 44 (1): 15-21. ( 医中誌 )

  146. 高橋 里枝子, 澤辺 悦子, 金平 紗季, 市村 直也, 萩原 友希, 北村 優佳, 武部 功, 古畑 紀子, 萩原 三千男, 東田 修二, 斎藤 良一, 島 真理, 小池 竜司, 東條 尚子. KPC-2産生Klebsiella pneumoniaeが分離された1例 日本臨床微生物学雑誌. 2012.12; 22 (4): 158. ( 医中誌 )

  147. 小池 竜司. 【心血管病における免疫機構の関わり-循環器医が知っておきたい知識】 膠原病学からみた心血管病における免疫機構 呼吸と循環. 2012.11; 60 (11): 1099-1106. ( 医中誌 )

  148. 小池 竜司. リウマチ膠原病諸疾患の薬効評価法 進歩と問題点 全身性エリテマトーデス 臨床薬理. 2012.10; 43 (Suppl.): S139. ( 医中誌 )

  149. 粕谷 由希, 傳野 富紀, 小池 竜司. 東京医科歯科大学医学部附属病院における未承認薬・適応外薬の使用実態とその問題点の検討 臨床薬理. 2012.10; 43 (Suppl.): S359. ( 医中誌 )

  150. 土岐 浩介, 本間 真人, 幸田 幸直, 中村 哲也, 松本 和彦, 吉澤 弘久, 花岡 英紀, 荒川 義弘, 小池 竜司, 大学病院臨床試験アライアンス. 大学病院臨床試験アライアンスにおける大学間相互チェック体制構築の取り組み 臨床薬理. 2012.10; 43 (Suppl.): S258. ( 医中誌 )

  151. 小池 竜司. 臨床試験の倫理 ダブルスタンダードの解消はなるか 大学病院における「治験」と「臨床試験」 臨床薬理. 2012.10; 43 (Suppl.): S192. ( 医中誌 )

  152. 小池 竜司. 潜在性結核の新たなレジメン リウマチ科. 2012.10; 48 (4): 465-471. ( 医中誌 )

  153. 小池 竜司. 【トシリズマブUpdate】 トシリズマブの安全性(国内PMSおよび海外安全性データ) Frontiers in Rheumatology & Clinical Immunology. 2012.08; 6 (3): 144-149. ( 医中誌 )

  154. 小池 竜司. 関節リウマチ治療における肺合併症 東京内科医会会誌. 2012.08; 28 (1): 45-49. ( 医中誌 )

  155. 花岡 英紀, 青柳 玲子, 松本 和彦, 吉澤 弘久, 小池 竜司, 大学病院臨床試験アライアンス推進室および中央IRB検討ワーキンググループ. これからの時代を担うIRBの機能と責務 中央IRB(共同IRBを含む)の普及に向けて 中央IRB等への移行過程で生じた課題とその解決に向けた取り組み 薬理と治療. 2012.06; 40 (6): 457-458. ( 医中誌 )

  156. 梅澤 夏佳, 小池 竜司, 窪田 哲朗, 野口 佳裕, 宮坂 信之. 新生児期に発症し、成人後に診断に至ったMuckle-Wells症候群の1例 日本内科学会関東地方会. 2012.05; 587回 37. ( 医中誌 )

  157. 小池 竜司. 緑膿菌敗血症を反復する全身性エリテマトーデスの1症例 感染症学雑誌. 2012.03; 86 (2): 195-196. ( 医中誌 )

  158. 渡部 香織, 酒井 良子, 田中 みち, 駒野 有希子, 山崎 隼人, 南木 敏宏, 小池 竜司, 宮坂 信之, 針谷 正祥. 感染症と自己免疫疾患(1) TNF阻害薬使用関節リウマチ患者におけるニューモシスチス肺炎 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2012.03; 56回・21回 333. ( 医中誌 )

  159. 酒井 良子, 田中 みち, 南木 敏宏, 山崎 隼人, 渡部 香織, 小池 竜司, 宮坂 信之, 針谷 正祥. リウマチ性疾患の疫学 REALを用いた関節リウマチ患者における重篤な有害事象に対する肺合併症の影響 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2012.03; 56回・21回 312. ( 医中誌 )

  160. 小池 竜司. 自己炎症症候群の多様性(第3回) CAPSの遺伝子変異と臨床症状 炎症と免疫. 2011.10; 19 (6): 617-622. ( 医中誌 )

  161. 窪田 哲朗, 伊藤 さやか, 小池 竜司, 原 諭吉, 宮坂 信之. 当科における自己炎症疾患の遺伝子解析結果 臨床病理. 2011.10; 59 (補冊): 132. ( 医中誌 )

  162. 小池 竜司. 【グルココルチコイドup to date】 グルココルチコイド治療と感染症 リウマチ科. 2011.09; 46 (3): 215-221. ( 医中誌 )

  163. 渡部 香織, 小池 竜司, 酒井 良子, 田中 みち, 山崎 隼人, 駒野 有希子, 南木 敏宏, 宮坂 信之, 針谷 正祥. アダリムマブ使用関節リウマチ患者におけるニューモシスチス肺炎 日本臨床免疫学会会誌. 2011.08; 34 (4): 300. ( 医中誌 )

  164. 小池 竜司, 中村 哲也, 荒川 義弘. トピックス アジア臨床試験の最前線 UHCTアライアンス3ヶ国視察レポート シンガポールにおける臨床薬理試験の実施体制 医薬ジャーナル. 2011.07; 47 (7): 1834-1838. ( 医中誌 )

  165. 小池 竜司. 多施設感染症臨床研究推進の基盤作り 感染症臨床研究推進のための組織戦略 感染症学雑誌. 2011.07; 85 (4): 414-415. ( 医中誌 )

  166. 酒井 良子, 駒野 有希子, 田中 みち, 山崎 隼人, 渡部 香織, 南木 敏宏, 小池 竜司, 宮坂 信之, 針谷 正祥. 生物学的製剤総論 関節リウマチ患者における生物学的製剤の中長期継続率および中止リスク因子の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2011.06; 55回・20回 306. ( 医中誌 )

  167. 山崎 隼人, 酒井 良子, 渡部 香織, 田中 みち, 南木 敏宏, 小池 竜司, 宮坂 信之, 針谷 正祥. 関節リウマチの治療の寛解基準 REALデータベースにおけるACR/EULAR新RA寛解基準の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2011.06; 55回・20回 260. ( 医中誌 )

  168. 田中 みち, 酒井 良子, 駒野 有希子, 南木 敏宏, 小池 竜司, 針谷 正祥, 宮坂 信之. リウマチ性疾患の肺病変 リウマチ性疾患の肺合併症の診断および治療法に関する後ろ向き研究 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2011.06; 55回・20回 335. ( 医中誌 )

  169. 針谷 正祥, 南木 敏宏, 田中 みち, 酒井 良子, 渡部 香織, 山崎 隼人, 小池 竜司, 宮坂 信之. 関節リウマチの病因・病態 生物学的製剤使用日本人関節リウマチ患者における発癌リスク SECURE研究から 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2011.06; 55回・20回 329. ( 医中誌 )

  170. 小池 竜司. 【新版 感染症診療実践ガイド 有効な抗菌薬の使いかたのすべて】 主な感染症に対する実地医家の抗菌薬使用の実際 特定の患者、特定の病態での抗菌薬療法のポイントとコツ 原因不明熱患者 Medical Practice. 2011.04; 28 (臨増): 559-563. ( 医中誌 )

  171. 小池 竜司. RA臨床試験におけるプラセボ比較期間はどうあるべきか リウマチ科. 2011.03; 45 (3): 331-336. ( 医中誌 )

  172. 小池 竜司. 多施設感染症臨床研究推進の基盤作り 感染症臨床研究推進のための組織戦略 感染症学雑誌. 2011.03; 85 (臨増): 114-115. ( 医中誌 )

  173. 小池 竜司. 【リウマチ診療における感染症対策を考える】 免疫抑制療法に伴う真菌・ウイルス感染症にはどう対処する? 分子リウマチ治療. 2011.01; 4 (1): 22-26. ( 医中誌 )

  174. 酒井 良子, 駒野 有希子, 田中 みち, 野々村 美紀, 南木 敏宏, 小池 竜司, 宮坂 信之, 針谷 正祥. サイトカインを標的とした病態制御の可能性 REALを用いた関節リウマチ患者における生物学的製剤の長期安全性に関する検討 Inflammation and Regeneration. 2010.07; 30 (4): 303. ( 医中誌 )

  175. 小池 竜司. ステロイドの使い方 ステロイド誘発感染症に対するリスクマネジメント 日本医師会雑誌. 2010.04; 139 (1): 84-85. ( 医中誌 )

  176. 野々村 美紀, 酒井 良子, 田中 みち, 南木 敏宏, 小池 竜司, 宮坂 信之, 針谷 正祥. RAの新しい診断基準 REALデータベースからみた2009ACR/EULAR RA分類基準(2009ACR/EULAR)の検証 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2010.03; 54回・19回 284. ( 医中誌 )

  177. 針谷 正祥, 南木 敏宏, 田中 みち, 酒井 良子, 野々村 美紀, 駒野 有希子, 小池 竜司, 宮坂 信之. RAの疫学・予後 生物学的製剤使用日本人関節リウマチ患者における発癌リスクの検討 SECURE研究 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2010.03; 54回・19回 568. ( 医中誌 )

  178. 小池 竜司. 新規抗リウマチ薬の諸問題 一般細菌呼吸器感染症 日本呼吸器学会雑誌. 2010.03; 48 (増刊): 39. ( 医中誌 )

  179. 酒井 良子, 駒野 有希子, 田中 みち, 野々村 美紀, 南木 敏宏, 小池 竜司, 宮坂 信之, 針谷 正祥. RAの疫学・予後 REALを用いた関節リウマチ患者における生物学的製剤の長期安全性に関する検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2010.03; 54回・19回 568. ( 医中誌 )

  180. 小池 竜司. 対照的な経過をとった劇症型溶血性レンサ球菌感染症の2症例 感染症学雑誌. 2010.01; 84 (1): 135-136. ( 医中誌 )

  181. 小池 竜司, 中山 健夫. 臨床医にとっての医薬品安全性情報 医師は副作用に関心がないのか? 薬剤疫学. 2009.12; 14 (2): 89-98. ( 医中誌 )

  182. 小池 竜司. 関節リウマチ患者における肺炎球菌ワクチンの使い方 Frontiers in Rheumatology & Clinical Immunology. 2009.11; 3 (4): 227. ( 医中誌 )

  183. 小池 竜司. 【メトトレキサート(MTX)を有効かつ安全に使用するための最新の知見】 副作用による死亡例からみたリスクマネージメント 患者選択とモニタリング リウマチ科. 2009.11; 42 (5): 498-504. ( 医中誌 )

  184. 花岡 英紀, 荒川 義弘, 中村 哲也, 小池 竜司, 吉澤 弘久, 本間 真人, 松本 和彦, 青木 敦, 鈴木 由加利, 寺元 剛, 廣岡 和美, 青柳 玲子, 大学病院臨床試験アライアンス. 大学病院臨床試験アライアンスの3年間の取り組みと今後の課題 臨床薬理. 2009.11; 40 (Suppl.): S266. ( 医中誌 )

  185. 小池 竜司. 【自己炎症疾患】 内科領域において自己炎症疾患が意味するもの Topics in Atopy. 2009.09; 8 (3): 22-27. ( 医中誌 )

  186. 窪田 哲朗, 小池 竜司. Inflammasomeをめぐる最近の進歩 自己炎症疾患、関節リウマチ、アルツハイマー病の病態解明から新規治療薬の開発まで リウマチ科. 2009.07; 42 (1): 82-88. ( 医中誌 )

  187. 小池 竜司. 【ステロイド療法の実際】 ステロイドの副作用に対する診断・治療 ステロイド誘発感染症 Modern Physician. 2009.05; 29 (5): 695-698. ( 医中誌 )

  188. 小池 竜司. 最近のリウマチ治療薬と周術期管理 臨床麻酔. 2009.05; 33 (5): 853-860. ( 医中誌 )

  189. 小池 竜司. トシリズマブを投与するときに注意する点(安全性・TNF阻害薬との違い)について教えてください Frontiers in Rheumatology & Clinical Immunology. 2009.05; 3 (2): 104. ( 医中誌 )

  190. 田中 みち, 酒井 良子, 駒野 有希子, 南木 敏宏, 小池 竜司, 宮坂 信之, 針谷 正祥. エタネルセプト投与下での関節リウマチ患者におけるニューモシスチス肺炎 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2009.03; 53回・18回 311. ( 医中誌 )

  191. 酒井 良子, 駒野 有希子, 田中 みち, 南木 敏宏, 小池 竜司, 宮坂 信之, 針谷 正祥. MTXの有効性と安全性 関節リウマチ患者におけるメトトレキサートの安全性 8mg/週以下と8mg/週超の比較 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2009.03; 53回・18回 188. ( 医中誌 )

  192. 田中 みち, 酒井 良子, 駒野 有希子, 南木 敏宏, 小池 竜司, 針谷 正祥, 宮坂 信之. リウマチ性疾患の肺病変 膠原病の肺合併症診断および治療法に関する後ろ向き研究 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2009.03; 53回・18回 204. ( 医中誌 )

  193. 小池 竜司, 針谷 正祥. 【リウマチ性疾患診療における日本のエビデンス】 TNF阻害薬使用下のニューモシスチス肺炎 リウマチ科. 2009.01; 41 (1): 36-41. ( 医中誌 )

  194. 小池 竜司, 窪田 哲朗. Inflammasomeと疾患 Frontiers in Rheumatology & Clinical Immunology. 2008.11; 2 (4): 217-224. ( 医中誌 )

  195. 花房 伊保里, 津谷 喜一郎, 小池 竜司. ヘルシンキ宣言エジンバラ改訂がプラセボ対照試験に与えた影響 臨床薬理. 2008.11; 39 (Suppl.): S279. ( 医中誌 )

  196. 小池 竜司. 医薬品の安全使用のための情報管理 医師の立場から見た医薬品安全使用と情報管理 国立病院総合医学会講演抄録集. 2008.11; 62回 215. ( 医中誌 )

  197. 小池 竜司. Biologicsケース・スタディ 安全性 TNF阻害薬とニューモシスチス肺炎 分子リウマチ治療. 2008.10; 1 (3): 136-139. ( 医中誌 )

  198. 金子 佳代子, 小池 竜司, 針谷 正祥. 血球貪食症候群 血球貪食症候群およびParadoxical Reactionを伴った粟粒結核の1例 感染症学雑誌. 2008.09; 82 (5): 546. ( 医中誌 )

  199. 窪田 哲朗, 小松 幸世, 小池 竜司. Inflammasomeとその機能を調節する分子群 リウマチ科. 2008.09; 40 (3): 321-326. ( 医中誌 )

  200. 小池 竜司, 東條 尚子. 当院における過去5年間の血液培養検出菌の傾向と背景の検討 感染症学雑誌. 2008.09; 82 (5): 598. ( 医中誌 )

  201. 小池 竜司, 針谷 正祥. 関節リウマチに対するTNF阻害薬投与下におけるニューモシスチス肺炎発症の危険因子 臨床薬理の進歩. 2008.07; (29): 197-205. ( 医中誌 )

  202. 小池 竜司. 【内科必携画像診断 Imaging Revolution】 膠・免・アレ 再発性多発軟骨炎 内科. 2008.06; 101 (6): 1461-1464. ( 医中誌 )

  203. 窪田 哲朗, 小池 竜司. 【膠原病診療のブレークスルー 早期診断・早期治療のポイント】 Autoinflammatory syndromesとは 内科. 2008.04; 101 (4): 617-621. ( 医中誌 )

  204. 小池 竜司, 針谷 正祥, 宮坂 信之. 膠原病患者における間質性肺疾患マーカーKL-6およびSP-D同時測定の意義の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2008.04; 52回・17回 485. ( 医中誌 )

  205. 駒野 有希子, 田中 みち, 小池 竜司, 南木 敏宏, 宮坂 信之, 針谷 正祥. 日本における生物学的製剤使用関節リウマチ患者に関する疫学研究(REAL研究)による生物学的製剤の安全性の検討(中間報告) 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2008.04; 52回・17回 256. ( 医中誌 )

  206. 窪田 哲朗, 小池 竜司, 宮坂 信之. Muckle-Wells症候群に認められた新規CIAS1遺伝子変異はIL-1βの自発的産生を惹起する 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2008.04; 52回・17回 246. ( 医中誌 )

  207. 小池 竜司, 針谷 正祥, 宮坂 信之. レスピラトロジーからリウマトロジーへのメッセージ TNF阻害薬使用下のニューモシスチス肺炎 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2008.04; 52回・17回 176. ( 医中誌 )

  208. 金子 佳代子, 小池 竜司, 針谷 正祥. 血球貪食症候群 血球貪食症候群およびParadoxical Reactionを伴った粟粒結核の一例 感染症学雑誌. 2008.03; 82 (臨増): 192. ( 医中誌 )

  209. 小池 竜司, 窪田 哲朗. 【Autoinflammatory syndromes】 Muckle-Wells症候群の臨床像と原因遺伝子 炎症と免疫. 2008.02; 16 (2): 171-176. ( 医中誌 )

  210. 小池 竜司. 生物学的製剤投与前のスクリーニング Frontiers in Rheumatology & Clinical Immunology. 2008.02; 2 (1): 50. ( 医中誌 )

  211. 小池 竜司. 薬剤学 TGN1412事件 新規生物学的製剤によるサイトカインストームと臨床第I相試験の安全性 医学のあゆみ. 2007.12; 223 (11-12): 923-924. ( 医中誌 )

  212. 小池 竜司, 宮坂 信之. 【関節リウマチ治療 インフリキシマブとエタネルセプト】 インフリキシマブの使い方 ガイドライン Mebio. 2007.12; 24 (12): 20-25. ( 医中誌 )

  213. 伊藤 さやか, 福谷 泰子, 中村 久美子, 菅原 佳奈子, 小池 竜司, 窪田 哲朗, 原 諭吉. Muckle-Wells syndromeにおける新規変異NALP3の機能解析 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集. 2007.11; 80回・30回 4T22-4T25. ( 医中誌 )

  214. 荒川 義弘, 中村 哲也, 花岡 英紀, 針谷 正祥, 小池 竜司, 鈴木 由加利, 吉澤 弘久, 細野 浩之, 松本 和彦, 谷口 忠明, 小林 利彦, 藤居 靖久. 大学病院臨床試験アライアンスの活動から学んだこと 国際共同治験に向けた依頼者との連携体制 臨床薬理. 2007.11; 38 (Suppl.): S269. ( 医中誌 )

  215. 小池 竜司. ファーマコビジランスをもっと身近に 生物学的製剤のリスク管理 医学のあゆみ. 2007.11; 223 (8): 647-652. ( 医中誌 )

  216. 粕谷 晴子, 津谷 喜一郎, 小池 竜司. 治験プロトコールと同意説明のための説明文書におけるファーマコジェネティクス情報の記載の現状 臨床薬理. 2007.11; 38 (Suppl.): S263. ( 医中誌 )

  217. 花房 伊保里, 津谷 喜一郎, 小池 竜司. 治験プロトコールでは旧版のヘルシンキ宣言が使われがちである 臨床薬理. 2007.11; 38 (Suppl.): S258. ( 医中誌 )

  218. 宮坂 信之, 小池 竜司. 【関節リウマチ 患者さんに信頼されるための最新知識とその活用】 関節リウマチ・セミナー 関節リウマチに対する生物学的製剤の使用ガイドライン Medical Practice. 2007.10; 24 (10): 1745-1753. ( 医中誌 )

  219. 小池 竜司, 針谷 正祥. 【関節リウマチにおける生物学的製剤の使用 わが国のエビデンス】 インフリキシマブ使用中にみられるニューモシスチス肺炎の特徴とその対策 リウマチ科. 2007.09; 38 (3): 212-219. ( 医中誌 )

  220. 宮部 斉重, 野々村 美紀, 本根 杏子, 駒野 有希子, 小池 竜司, 針谷 正祥, 宮坂 信之. TNF阻害療法が有効であった治療抵抗性成人ステイル病の4例 日本臨床免疫学会会誌. 2007.08; 30 (4): 323. ( 医中誌 )

  221. 小池 竜司, 針谷 正祥. 【生物学的製剤の免疫薬理と臨床 変貌する関節リウマチ治療ストラテジー】 TNF阻害薬の臨床 我が国における臨床成績を中心に 主な副作用とその対策 感染症 細菌性肺炎、ニューモシスチス肺炎 日本臨床. 2007.07; 65 (7): 1314-1320. ( 医中誌 )

  222. 宮坂 信之, 小池 竜司. 【生物学的製剤の免疫薬理と臨床 変貌する関節リウマチ治療ストラテジー】 関節リウマチに対する生物学的製剤の使用ガイドライン 現状と将来像 日本臨床. 2007.07; 65 (7): 1169-1178. ( 医中誌 )

  223. Nobuyuki Miyasaka, Ryuji Koike. [Treatment guidelines for the use of biologics in rheumatoid arthritis; present and future]. Nippon Rinsho. 2007.07; 65 (7): 1169-1178. ( PubMed )

  224. Ryuji Koike, Masayoshi Harigai. [Pneumonia, pneumocystis pneumonia]. Nippon Rinsho. 2007.07; 65 (7): 1314-1320. ( PubMed )

  225. 小池 竜司. 生物学的製剤使用ガイドライン 新たな統一ガイドラインについて 臨床リウマチ. 2007.06; 19 (2): 107-115. ( 医中誌 )

  226. 小池 竜司. 【関節リウマチのパラダイムシフト 生物学的製剤時代の最新治療動向】 生物学的製剤の適応 わが国における生物学的製剤使用ガイドライン 医学のあゆみ. 2007.05; 221 (5): 375-382. ( 医中誌 )

  227. 窪田 哲朗, 小池 竜司. 【Autoinflammatory syndromeの新たなる展開と治療法の確立】 Muckle-Wells症候群の基礎と臨床 日本臨床免疫学会会誌. 2007.04; 30 (2): 114-122. ( 医中誌 )

  228. 小池 竜司. 【リウマチ治療の新時代 治療薬を使いこなす】 内科医が知っておくべき関節リウマチの実地診療 生物学的製剤使用ガイドライン 内科. 2007.04; 99 (4): 607-611. ( 医中誌 )

  229. 小池 竜司, 窪田 哲朗, 柳澤 佳代子, 鈴木 恭子, 宮坂 信之. 新規遺伝子変異が確認されたMuckle-Wells症候群の1例 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2007.04; 51回・16回 333. ( 医中誌 )

  230. 小池 竜司, 針谷 正祥, 駒野 有希子, 小川 純, 宮坂 信之. 生物学的製剤使用関節リウマチ患者登録システム(REAL)の集計結果と今後の課題 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2007.04; 51回・16回 303. ( 医中誌 )

  231. 駒野 有希子, 針谷 正祥, 小池 竜司, 小川 純, 宮坂 信之. インフリキシマブ(IFX)投与下の関節リウマチ患者におけるニューモシスティス肺炎(PCP)発症危険因子の解析 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2007.04; 51回・16回 239. ( 医中誌 )

  232. Tetsuo Kubota, Ryuji Koike. [Biological and clinical aspects of Muckle-Wells syndrome]. Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2007.04; 30 (2): 114-122. ( PubMed )

  233. 小池 竜司, 宮坂 信之. 【プライマリ・ケア医のための関節リウマチの診かた 知っておきたいその基本と最新知見】 関節リウマチの治療 生物学的製剤の使用のためのガイドライン 治療. 2007.02; 89 (2): 297-302. ( 医中誌 )

  234. 小池 竜司. 関節リウマチにおける肺炎のリスクファクターはステロイド薬である リウマチ科. 2007.01; 37 (1): 46-53. ( 医中誌 )

  235. 小池 竜司, 宮坂 信之. 【関節リウマチのaggressive therapy】 インフリキシマブ 市販後調査結果と使用ガイドライン Mebio. 2006.12; 23 (12): 40-51. ( 医中誌 )

  236. 小池 竜司, 宮坂 信之. 【関節リウマチに対する生物学的製剤の使い方】 生物学的製剤使用ガイドラインの意味するところ リウマチ科. 2006.12; 36 (6): 543-551. ( 医中誌 )

  237. 小池 竜司. 【最新臨床検査のABC】 検査項目各論 感染症検査 エンドトキシン 日本医師会雑誌. 2006.10; 135 (特別2): S351. ( 医中誌 )

  238. 柳澤 佳代子, 野々村 美紀, 渡部 香織, 小池 竜司, 針谷 正祥, 宮坂 信之, 井上 芳徳, 岩井 武尚. 関節リウマチの治療中に合併し診断に苦慮したサルモネラ属菌による感染性腹部大動脈瘤の1例 日本内科学会関東地方会. 2006.10; 539回 23. ( 医中誌 )

  239. 小池 竜司, 友利 正樹, 大谷 義夫. Mycobacterium avium complexによる殿部皮下膿瘍、脊椎炎の1例 感染症学雑誌. 2006.09; 80 (5): 630-631. ( 医中誌 )

  240. 小池 竜司, 針谷 正祥. ニューモシスチス肺炎の危険因子とそのスクリーニング リウマチ科. 2006.09; 36 (3): 312-320. ( 医中誌 )

  241. 小池 竜司. 【内科疾患最新の治療 専門家からのアドバイス】 膠原病・免疫・アレルギー 成人Still病 内科. 2006.06; 97 (6): 1247. ( 医中誌 )

  242. 小池 竜司. 【内科疾患最新の治療 専門家からのアドバイス】 膠原病・免疫・アレルギー 高安動脈炎 内科. 2006.06; 97 (6): 1228-1229. ( 医中誌 )

  243. 小池 竜司. 【内科疾患最新の治療 専門家からのアドバイス】 膠原病・免疫・アレルギー 再発性多発軟骨炎 内科. 2006.06; 97 (6): 1250. ( 医中誌 )

  244. 小池 竜司, 宮坂 信之. 【生物学的製剤update2006】 関節リウマチに対する生物学的製剤の使用ガイドライン リウマチ科. 2006.05; 35 (5): 413-421. ( 医中誌 )

  245. 宮坂 信之, 小池 竜司, 針谷 正祥. 【関節リウマチに対する生物学的製剤の効果と問題点】 生物学的製剤を安全に使用するために 整形・災害外科. 2006.05; 49 (6): 695-704. ( 医中誌 )

  246. 針谷 正祥, 小池 竜司. 【生物学的製剤update2006】 日本における生物学的製剤の安全性評価とデータベース構築 リウマチ科. 2006.05; 35 (5): 422-428. ( 医中誌 )

  247. 小池 竜司. 【リウマチ・膠原病と栄養】 強皮症と栄養 臨床栄養. 2006.04; 108 (4): 403-408. ( 医中誌 )

  248. 小池 竜司, 友利 正樹, 大谷 義夫. Mycobacterium avium complexによる臀部皮下膿瘍,脊椎炎の1例 感染症学雑誌. 2006.03; 80 (臨増): 211. ( 医中誌 )

  249. 小川 純, 小池 竜司, 宮坂 信之, 針谷 正祥. 関節リウマチの治療 インフリキシマブ 関節リウマチ(RA)患者に対するインフリキシマブ(IFX)投与下のニューモシスティス肺炎(PCP)症例のレトロスペクティブ検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2006.03; 50回・15回 222. ( 医中誌 )

  250. 針谷 正祥, 小川 純, 小池 竜司, 江口 勝美, 竹内 勤, 宮坂 信之. 関節リウマチの治療 インフリキシマブ 日本における生物学的製剤使用関節リウマチ患者登録システム 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2006.03; 50回・15回 168. ( 医中誌 )

  251. 針谷 正祥, 小池 竜司, 小川 純, 宮坂 信之. 関節リウマチの治療 インフリキシマブ 関節リウマチにおける生物学的製剤のPost-Marketing Surveillance(PMS)の現状と課題 PMSは今後どうあるべきか 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2006.03; 50回・15回 103. ( 医中誌 )

  252. 針谷 正祥, 小池 竜司. 【薬剤性肺障害をめぐって】 大学における「薬害監視学講座」の設立 日本医師会雑誌. 2006.02; 134 (11): 2165. ( 医中誌 )

  253. 小池 竜司, 小川 純, 針谷 正祥, 宮坂 信之. 抗リウマチ剤関連肺障害におけるアルゴリズムを用いた因果関係評価の試み 日本臨床免疫学会会誌. 2005.08; 28 (4): 286. ( 医中誌 )

  254. 藤井 俊光, 山崎 智久, 山地 統, 小池 竜司, 鈴木 俊雄. マイコプラズマ関連髄膜脳炎の1成人例 日本内科学会関東地方会. 2004.02; 515回 31. ( 医中誌 )

  255. 中村 暢和, 小池 竜司. 副腎クリーゼによるプレショック状態で搬送された乾癬性関節炎の1例 日本内科学会関東地方会. 2003.09; 511回 28. ( 医中誌 )

  256. 萩山 裕之, 小池 竜司, 宮坂 信之. 成人発症スティル病(AOSD)に合併した重症肝障害におけるサイトカインの関与 リウマチ. 2003.03; 43 (2): 291. ( 医中誌 )

  257. 小川 純, 長坂 憲治, 小池 竜司, 宮坂 信之. 膠原病患者に対する免疫抑制療法下におけるカリニ肺炎の合併に関する臨床的検討 リウマチ. 2003.03; 43 (2): 394. ( 医中誌 )

  258. 越智 小枝, 小池 竜司, 駒野 有希子, 長坂 憲治, 鈴木 文仁, 野々村 美紀, 萩山 裕之, 西尾 純子, 鍔田 利恵子, 南木 敏宏, 上坂 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 皮膚筋炎に合併した進行性間質性肺炎にタクロリムスが有効であった一例 リウマチ. 2003.03; 43 (2): 450. ( 医中誌 )

  259. 小川 純, 小池 竜司, 杉原 毅彦, 萩山 裕之, 西尾 純子, 上阪 等, 窪田 哲朗, 河内 洋, 笠原 一郎, 宮坂 信之. 全身性エリテマトーデス及び抗リン脂質抗体症候群に合併した慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)の一剖検例 日本臨床免疫学会会誌. 2002.12; 25 (6): 458-465. ( 医中誌 )

  260. 鈴木 文仁, 前田 慎吾, 杉原 毅彦, 小川 純, 長坂 憲治, 野々村 美紀, 萩山 裕之, 西尾 純子, 南木 敏宏, 小池 竜司, 上阪 等, 宮坂 信之. 骨髄異形成症候群を合併した腸管型ベーチェット病の1例 関東リウマチ. 2002.12; (36): 117-126. ( 医中誌 )

  261. Jun Ogawa, Ryuji Koike, Takahiko Sugihara, Hiroyuki Hagiyama, Junko Nishio, Hitoshi Kohsaka, Tetsuo Kubota, Hiroshi Kawachi, Ichiro Kasahara, Nobuyuki Miyasaka. [An autopsied case of chronic active Epstein-Barr virus infection complicated in systemic lupus erythematosus and antiphospholipid antibody syndrome]. Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2002.12; 25 (6): 458-465. ( PubMed )

  262. 小川 純, 長坂 憲治, 富永 慎一郎, 鈴木 文仁, 小池 竜司, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 抗ヒト型化IL-6レセプター抗体(MRA)投与によりEBウイルス(EBV)関連Hodgkin病を発症した関節リウマチ(RA)の一剖検例 日本臨床免疫学会会誌. 2002.10; 25 (5): 421. ( 医中誌 )

  263. 小池 竜司. SLE治療経過中ST合剤予防投与にも拘わらず発症したカリニ肺炎と思われた1症例 感染症学雑誌. 2002.09; 76 (9): 792. ( 医中誌 )

  264. 岩井 秀之, 小池 竜司, 小川 純, 杉原 毅彦, 萩山 裕之, 長坂 憲治, 野々村 美紀, 西尾 純子, 南木 敏宏, 鍔田 利恵子, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 筋症状に先行して著明な胸水を認めた皮膚筋炎の一例 日本臨床免疫学会会誌. 2002.06; 25 (3): 270-276. ( 医中誌 )

  265. 鈴木 文仁, 杉原 毅彦, 小川 純, 長坂 憲治, 萩山 裕之, 西尾 純子, 南木 敏宏, 小池 竜司, 上阪 等, 宮坂 信之. 肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)接種後に全身性エリテマトーデスを発症した一例 日本内科学会関東地方会. 2002.06; 500回 20. ( 医中誌 )

  266. 越智 小枝, 鈴木 良夫, 神戸 敏行, 大谷 彰, 櫻井 隆之, 嶋田 勉, 中村 朗, 小池 竜司, 志村 謙次, 伊良部 徳次, 他. Wegener肉芽腫症として治療中に急性増悪した1例 旭中央病院医報. 2002.06; 24 (1): 142-173. ( 医中誌 )

  267. 杉原 毅彦, 小池 竜司, 野坂 ゆりか, 小川 純, 萩山 裕之, 長坂 憲治, 野々村 美紀, 西尾 純子, 南木 敏宏, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 皮下及び腸間膜に急性脂肪織炎を伴ったシェーグレン症候群の1例 日本臨床免疫学会会誌. 2002.06; 25 (3): 277-284. ( 医中誌 )

  268. Hideyuki Iwai, Ryuji Koike, Jun Ogawa, Takahiko Sugihara, Hiroyuki Hagiyama, Kenji Nagasaka, Yoshinori Nonomura, Junko Nishio, Toshihiro Nanki, Rieko Tsubata, Hitoshi Kohsaka, Tetsuo Kubota, Nobuyuki Miyasaka. [Case of dermatomyositis complicated with massive pleural effusion that preceded the myopathy]. Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2002.06; 25 (3): 270-276. ( PubMed )

  269. Takahiko Sugihara, Ryuji Koike, Yurika Nosaka, Jun Ogawa, Hiroyuki Hagiyama, Kenji Nagasaka, Yoshinori Nonomura, Junko Nishio, Toshihiro Nanki, Hitoshi Kohsaka, Tetsuo Kubota, Nobuyuki Miyasaka. [Case of subcutaneous and mesenteric acute panniculitis with Sjögren's syndrome]. Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2002.06; 25 (3): 277-284. ( PubMed )

  270. 小池 竜司, 宮坂 信之. SLEにおけるサイトカイン遺伝子のメチル化の検討 リウマチ. 2002.03; 42 (2): 366. ( 医中誌 )

  271. 小池 竜司. SLE治療経過中ST合剤予防投与にも拘わらず発症したカリニ肺炎と思われた1症例 感染症学雑誌. 2002.03; 76 (臨増): 209. ( 医中誌 )

  272. 杉原 毅彦, 窪田 哲朗, 小川 純, 萩山 裕之, 長坂 憲治, 野々村 美紀, 西尾 純子, 南木 敏宏, 小池 竜司, 上阪 等, 宮坂 信之. 眼で見るリウマチ科 炎症性腹部大動脈瘤と後腹膜線維症 リウマチ科. 2002.02; 27 (2): 210-212. ( 医中誌 )

  273. 杉原 毅彦, 小川 純, 萩山 裕之, 長坂 憲治, 野々村 美紀, 西尾 純子, 南木 敏宏, 小池 竜司, 鍔田 利恵子, 野坂 ゆりか, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 皮下及び腸間膜に急性脂肪織炎を伴ったシェーグレン症候群の1例 関東リウマチ. 2001.12; (35): 147-158. ( 医中誌 )

  274. 小池 竜司. 【慢性関節リウマチ 症状別にみた処方の実際】 治療レビュー ステロイド薬の使い方 今月の治療. 2001.10; 9 (11): 45-50. ( 医中誌 )

  275. 野々村 美紀, 小池 竜司, 西尾 純子, 鍔田 利恵子, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. シクロスポリン併用により改善をみた縦隔気腫併発皮膚筋炎の1症例 リウマチ. 2001.07; 41 (3): 653-658. ( 医中誌 )

  276. Y Nonomura, R Koike, J Nishio, R Tsubata, H Kohsaka, T Kubota, N Miyasaka. [A case of dermatomyositis complicated with pneumomediastinum that was successfully treated with cyclosporin A]. Ryumachi. 2001.06; 41 (3): 653-658. ( PubMed )

  277. 萩山 裕之, 小池 竜司, 長坂 憲治, 野々村 美紀, 西尾 純子, 南木 敏宏, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 成人スティル病に合併した成人呼吸促迫症候群の3例 リウマチ. 2001.04; 41 (2): 477. ( 医中誌 )

  278. 小池 竜司, 長坂 憲治, 野々村 美紀, 上阪 等, 宮坂 信之. SLEの病態に対するエストロゲンの影響の基礎的検討 リウマチ. 2001.04; 41 (2): 463. ( 医中誌 )

  279. 小川 純, 小池 竜司, 西尾 純子, 南木 敏宏, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 肺高血圧症,遷延する肝機能障害にて死亡した全身性エリテマトーデス(SLE)の一剖検例 リウマチ. 2001.04; 41 (2): 561. ( 医中誌 )

  280. 岩井 秀之, 小池 竜司, 萩山 裕之, 長坂 憲治, 古賀 道子, 野々村 美紀, 西尾 純子, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 鼻咽腔腫瘤と神経病変を主徴としたサルコイドーシスの1症例 日本臨床免疫学会会誌. 2001.02; 24 (1): 21-28. ( 医中誌 )

  281. 萩山 裕之, 長坂 憲治, 小池 竜司, 岩井 秀之, 古賀 道子, 野々村 美紀, 西尾 純子, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 急性肝炎様の肝機能障害を伴った成人発症Still病の3症例 関東リウマチ. 2000.12; (34): 50-61. ( 医中誌 )

  282. R Koike. [Relapsing polychondritis]. Ryoikibetsu Shokogun Shirizu. 2000.12; (31): 400-402. ( PubMed )

  283. 小池 竜司. 【免疫症候群(上巻)】 自己免疫疾患 全身性自己免疫疾患 再発性多発軟骨炎 日本臨床. 2000.11; 別冊 (免疫症候群(上)): 400-402. ( 医中誌 )

  284. 小池 竜司, 山田 寛子, 飯塚 利彦, 宮坂 信之. エストロゲン誘導遺伝子産物の免疫応答への影響 日本臨床免疫学会会誌. 2000.08; 23 (4): 342. ( 医中誌 )

  285. 飯塚 利彦, 小池 竜司. 【免疫担当細胞上の細胞表面分子とその機能】 血管外遊出,組織定着に関わる分子 MAdCAM-1 臨床免疫. 2000.07; 34 (Suppl.19): 402-406. ( 医中誌 )

  286. 小池 竜司, 飯塚 利彦, 宮坂 信之. 性ホルモンにより発現誘導される新規遺伝子産物の自己抗原性 リウマチ. 2000.04; 40 (2): 436. ( 医中誌 )

  287. 川嶋 道子, 小池 竜司, 岩井 秀之, 西尾 純子, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 肺病変の急性増悪にシクロスポリンAが著効した全身性硬化症の1症例 リウマチ. 2000.04; 40 (2): 502. ( 医中誌 )

  288. 小池 竜司, 宮坂 信之. 【リウマチ,痛風,膠原病診療update】 全身性エリテマトーデスの病態と治療 臨床医. 2000.03; 26 (3): 318-321. ( 医中誌 )

  289. 飯塚 利彦, 田中 稔之, 小池 竜司, 末松 誠, 三浦 総一郎, 宮坂 信之, 宮坂 昌之. 粘膜免疫のリンパ装置 GALT特異的接着分子MAdCAM-1のラット腸管での発現 消化器と免疫. 2000.02; (36): 39-42. ( 医中誌 )

  290. 小池 竜司. 【検査の進め方と読み方の疾患系統別マニュアル】 膠原病が疑われる場合 レジデントノート. 1999.12; 1 (5): 95-102. ( 医中誌 )

  291. 川嶋 道子, 小池 竜司, 野々村 美紀, 西尾 純子, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 腸間膜静脈血栓症を発症した抗リン脂質抗体症候群の1例 関東リウマチ. 1999.12; (33): 153-162. ( 医中誌 )

  292. M Kawashima, R Koike, J Nishio, T Nanki, H Kohsaka, T Kubota, N Miyasaka. [A case of Takayasu's arteritis with ulcerative colitis diagnosed by carotodynia and MRI findings]. Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 1999.10; 22 (5): 317-323. ( PubMed )

  293. 小池 竜司, 山田 寛子, 飯塚 利彦, 宮坂 信之, 渡邉 俊樹. エストロゲンで発現誘導されるGOR遺伝子産物の細胞内局在と自己抗原性 日本免疫学会総会・学術集会記録. 1999.10; 29 29. ( 医中誌 )

  294. 小池 竜司. 【これだけは知っておきたい検査のポイント】 免疫学的検査 自己免疫関連検査 抗核抗体 Medicina. 1999.10; 36 (11): 568-571. ( 医中誌 )

  295. 川嶋 道子, 小池 竜司, 野々村 美紀, 西尾 純子, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 眼で見るリウマチ科 全身性エリテマトーデスに認められた後腹膜線維症 リウマチ科. 1999.10; 22 (4): 406-408. ( 医中誌 )

  296. 川嶋 道子, 小池 竜司, 西尾 純子, 南木 敏宏, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 頸部痛のみを初発症状とし,MRIにて診断しえた潰瘍性大腸炎合併の高安動脈炎の一例 日本臨床免疫学会会誌. 1999.10; 22 (5): 317-323. ( 医中誌 )

  297. 飯塚 利彦, 小池 竜司, 田中 稔之, 宮坂 昌之, 宮坂 信之. 接着分子MAdCAM-1の発生段階特異的な発現 日本免疫学会総会・学術集会記録. 1999.10; 29 216. ( 医中誌 )

  298. 小池 竜司. 【これだけは知っておきたい検査のポイント】 免疫学的検査 自己免疫関連検査 抗RNP抗体 Medicina. 1999.10; 36 (11): 572-573. ( 医中誌 )

  299. 小池 竜司. 【炎症担当細胞及びケミカルメディエータの制御】 リンパ球レベルにおける炎症反応の制御戦略 医学のあゆみ. 1999.09; 190 (10): 879-883. ( 医中誌 )

  300. 飯塚 利彦, 小池 竜司. 【細胞接着】 インテグリンα4β7,MAdCAM-1と炎症性腸疾患 組織培養工学. 1999.06; 25 (6): 224-228. ( 医中誌 )

  301. 川嶋 道子, 小池 竜司, 野々村 美紀, 西尾 純子, 谷口 顕, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 非典型的Cogan症候群の1例 リウマチ. 1999.04; 39 (2): 484. ( 医中誌 )

  302. 野々村 美紀, 小池 竜司, 鍔田 利恵子, 上阪 等, 西尾 純子, 谷口 顕, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 皮膚潰瘍に対しPGE1製剤投与中,脳出血を合併した重複症候群の1例 関東リウマチ. 1998.12; (32): 228-235. ( 医中誌 )

  303. 西尾 純子, 小池 竜司, 谷口 顕, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 大腿骨頭壊死に伴って発症した多発性化膿性関節炎と全身性多発膿瘍の1例 リウマチ科. 1998.11; 20 (5): 513-518. ( 医中誌 )

  304. 小池 竜司. 【膠原病・リウマチ性疾患】 全身性エリテマトーデス(SLE)と抗リン脂質抗体症候群 全身性エリテマトーデスの臨床像 Medicina. 1998.10; 35 (10): 1728-1730. ( 医中誌 )

  305. 川嶋 道子, 野々村 美紀, 西尾 純子, 小池 竜司, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 多発滑液包炎が出現したシェーグレン症候群の1例 日本臨床免疫学会会誌. 1998.10; (26回抄録集): 53. ( 医中誌 )

  306. 小池 竜司, 飯塚 利彦, 渡邉 俊樹, 宮坂 信之. エストロゲンにより発現誘導される自己抗原性を有する新規遺伝子 日本臨床免疫学会会誌. 1998.10; (26回抄録集): 241. ( 医中誌 )

  307. 飯塚 利彦, 小池 竜司, 田中 稔之, 末松 誠, 渡邉 俊樹, 宮坂 昌之, 宮坂 信之. 抗ラットMAdCAM-1モノクローナル抗体を用いた粘膜固有層における部位特異的なMAdCAM-1発現の解析 日本臨床免疫学会会誌. 1998.10; (26回抄録集): 255. ( 医中誌 )

  308. 飯塚 利彦, 小池 竜司. 【接着分子の全て】 接着分子の構造・リガンド・機能・発現制御 シアロムチンファミリー 臨床免疫. 1998.10; 30 (Suppl.18): 67-76. ( 医中誌 )

  309. 飯塚 利彦, 小池 竜司. 【細胞接着分子研究の最新動向】 基礎的研究 最近のトピックス インテグリンリガンドとしての免疫グロブリンスーパーファミリー 医学のあゆみ. 1998.10; 187 (1): 17-23. ( 医中誌 )

  310. Y Nosaka, J Nishio, T Nanki, R Koike, T Kubota, N Miyasaka. [A refractory case of relapsing polychondritis]. Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 1998.04; 21 (2): 80-86. ( PubMed )

  311. 小池 竜司. 侵襲学上の話題用語 ホーミング現象(リンパ球) Surgery Frontier. 1998.03; 5 (1): 71-74. ( 医中誌 )

  312. 飯塚 利彦, 小池 竜司. 粘膜リンパ組織特異的接着分子MAdCAM-1 臨床免疫. 1998.03; 30 (3): 384-389. ( 医中誌 )

  313. 小池 竜司. 腸管周囲リンパ組織の形成にβ7インテグリンが必要である 臨床免疫. 1998.02; 30 (2): 252-258. ( 医中誌 )

  314. 西尾 純子, 小池 竜司, 大谷 義夫, 他. 膠原病疾患,呼吸器疾患,血液疾患 東京内科医会会誌. 1998.01; 13 (3): 222-228. ( 医中誌 )

  315. 西尾 純子, 中村 香織, 水島 昇, 南木 敏宏, 小池 竜司, 谷口 顕, 野坂 ゆりか, 上阪 等, 窪田 哲朗, 宮坂 信之. 大腿骨頭置換術1年後に発症し,化膿性多発関節炎を伴った全身性多発膿瘍の1例 関東リウマチ. 1997.12; (31): 58-65. ( 医中誌 )

  316. 飯塚 利彦, 小池 竜司. 【腎尿路系疾患の検査 ベッドサイドノート】 免疫学的検査(成績の解析) 接着因子 腎と透析. 1997.11; 43 (増刊): 700-702. ( 医中誌 )

  317. 小池 竜司. 細胞接着分子の分子生物学 リンパ球ホーミング現象の分子機構 動脈硬化. 1997.10; 25 (1~2): 45-51. ( 医中誌 )

  318. 西尾 純子, 小池 竜司, 飯塚 秀樹, 他. 多剤抵抗性の成人発症Still病の1例 日本臨床免疫学会会誌. 1997.06; 20 (3): 191-198. ( 医中誌 )

  319. J Nishio, R Koike, H Iizuka, T Nanki, N Mizushima, H Kohsaka, T Kubota, N Miyasaka. [A refractory case of adult-onset Still's disease]. Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 1997.06; 20 (3): 191-198. ( PubMed )

  320. 小池 竜司. 遺伝子分析 5'RACE法 臨床免疫. 1997.05; 29 (Suppl.17): 445-450. ( 医中誌 )

  321. 小池 竜司, 他. 全身性エリテマトーデス患者におけるエストロゲンレセプター遺伝子多型の検討 リウマチ. 1997.04; 37 (2): 353. ( 医中誌 )

  322. 西尾 純子, 谷口 顕, 小池 竜司, 南木 敏宏, 水島 昇, 宮坂 信之, 上阪 等, 窪田 哲朗. 多剤抵抗性であった成人発症Still病の1例 関東リウマチ. 1996.12; (30): 208-214. ( 医中誌 )

  323. N Mizushima, T Kubota, T Nanki, R Koike, H Kohsaka, N Miyasaka. [Two cases of lupus nephritis having a high titer of anti-(histone-DNA) complex antibody without IgG anti-dsDNA antibody]. Rinsho Byori. 1996.06; 44 (6): 585-589. ( PubMed )

  324. 小池 竜司. ループスモデルに対する可溶性CTLA4の有効性 臨床免疫. 1996.01; 28 (1): 103-107. ( 医中誌 )

  325. 小池 竜司. リンパ節欠損(aly)マウス Annual Review免疫. 1995.12; 1996 233-240. ( 医中誌 )

  326. 小池 竜司. 慢性関節リウマチ 炎症細胞浸潤と接着分子発現異常 Mebio. 1995.11; 12 (11): 70-76. ( 医中誌 )

  327. 小池 竜司. 免疫病態モデル動物 alyマウス 免疫薬理. 1995.01; 13 (1): 95-102. ( 医中誌 )

  328. 庫本 高志, 真下 知士, 小池 竜司, 他. aly遺伝子のマッピング Medical Immunology. 1994.06; 27 (5~6): 495-498. ( 医中誌 )

  329. 小池 竜司. alyマウスにおける接着分子発現の解析 Medical Immunology. 1994.06; 27 (5~6): 487-494. ( 医中誌 )

  330. 野坂 ゆりか, 小池 竜司, 丸山 俊昭, 他. 遺伝子解析によりモノクローナリティーが証明されたシェーグレン症候群に合併した偽リンパ腫の1例 日本臨床免疫学会会誌. 1993.08; 16 (4): 296-304. ( 医中誌 )

  331. 小池 竜司, 反町 典子, 宮坂 昌之. 血管の分子生物学 内皮細胞接着分子の分子機構 血管と内皮. 1993.06; 3 (3): 288-296. ( 医中誌 )

  332. 小池 竜司, 反町 典子, 宮坂 昌之. CD 44分子の機能 病理と臨床. 1993.05; 11 (5): 623-628. ( 医中誌 )

  333. 小池 竜司, 高橋 英則, 吉田 象二. 膠原病患者におけるOKT 4エピトープ欠損の検討 リウマチ. 1993.02; 33 (1): 37-43. ( 医中誌 )

  334. R Koike, H Takahashi, S Yoshida. [OKT4 epitope deficiency in collagen disease patients]. Ryumachi. 1993.02; 33 (1): 37-43. ( PubMed )

  335. 小池 竜司, 他. 抗リウマチ剤によるICAM-1発現調節 リウマチ. 1992.12; 32 (6): 749. ( 医中誌 )

  336. 南木 敏宏, 小池 竜司, 丸山 俊昭, 他. 低用量methotrexate間歇投与療法にて汎血球減少をきたした血清陰性慢性関節リウマチの1例 日本臨床免疫学会会誌. 1992.08; 15 (4): 378-384. ( 医中誌 )

  337. 小池 竜司, 宮坂 信之. 血管炎と接着分子 綜合臨床. 1992.05; 41 (5): 849-851. ( 医中誌 )

  338. 小池 竜司, 宮坂 信之. RAにおける接着分子発現異常 医学のあゆみ. 1992.05; 161 (9): 593-596. ( 医中誌 )

  339. 小池 竜司, 浅田 学, 大西 洋英, 他. 十二指腸原発T細胞性悪性リンパ腫の1例 日本消化器病学会雑誌. 1991.12; 88 (12): 2883-2886. ( 医中誌 )

  340. R Koike, M Asada, H Ohnishi, S Yoshida, E Itobayashi, N Iijima. [A case of T cell-malignant lymphoma of the duodenum]. Nihon Shokakibyo Gakkai Zasshi. 1991.12; 88 (12): 2883-2886. ( PubMed )

  341. 小池 竜司, 宮坂 信之. 慢性関節リウマチをめぐるトピックス 慢性関節リウマチ滑膜細胞,血管内皮細胞接着分子の発現異常 臨床免疫. 1991.10; 23 (10): 1445-1453. ( 医中誌 )

  342. R Koike, S Yoshida, H Takahashi. [A case of idiopathic hypereosinophilic syndrome (HES) complicated by pulmonary infarction]. Arerugi. 1991.09; 40 (9): 1232-1238. ( PubMed )

  343. 小池 竜司, 吉田 象二, 高橋 英則. Idiopathic Hypereosinophilic Syndrome (HES)に肺梗塞を合併した1例 アレルギー. 1991.09; 40 (9): 1232-1238. ( 医中誌 )

  344. 小池 竜司, 宮坂 信之. 全身性エリテマトーデス SLEにおけるサイトカイン異常 医学のあゆみ. 1991.07; 158 (1): 61-64. ( 医中誌 )

  345. 小池 竜司, 宮坂 信之. サイトカイン 臨床医. 1991.07; 17 (7): 1648-1651. ( 医中誌 )

  346. 小池 竜司, 他. 経過中に汎赤芽球癆様の骨髄像を呈した全身性エリテマトーデスの一例 日本内科学会関東地方会抄録集. 1991.03; (2): 135. ( 医中誌 )

  347. 桑名 謙治, 宮内 義浩, 小池 竜司, 他. 経過中筋酵素の上昇を認めなかった多発性筋炎の1例 旭中央病院医報. 1990.12; 12 (2): 313-315. ( 医中誌 )

  348. 小池 竜司, 他. 膠原病におけるOKT4エピトープ欠損の検討 リウマチ. 1990.12; 30 (6): 601. ( 医中誌 )

  349. 小池 竜司, 他. γδT細胞が末梢血中に著増した3症例 アレルギー. 1990.09; 39 (9): 1193. ( 医中誌 )

  350. 小池 竜司, 他. Hypereosinophilic syndromeに肺塞栓症を合併した一例 アレルギー. 1990.02; 39 (2-2): 258. ( 医中誌 )

  351. 小池 竜司, 他. 膵頭十二指腸切除術にて切除しえた十二指腸原発悪性リンパ腫の1例 日本消化器病学会雑誌. 1989.11; 86 (11): 2651-2652. ( 医中誌 )

  352. 小池 竜司, 他. ステロイド誘発喘息の一例 日本胸部疾患学会雑誌. 1989.08; 27 (8): 1007. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 小池竜司. 系統看護学講座 別巻 臨床薬理学. 医学書院, 2017.01 第4章 特定の行為に関する臨床薬理学 E 感染徴候がある者に対する薬物の臨時投与

  2. 小池竜司. リウマチ病学テキスト 改訂第2版. 診断と治療社, 2016.01 M リウマチ性疾患における合併症 2 呼吸器感染症・間質性肺炎

  3. 小池竜司. リウマチ病学テキスト 改訂第2版. 診断と治療社, 2016.01 M リウマチ性疾患における合併症 1 日和見感染―総論―

  4. 小池竜司. 健康・栄養科学シリーズ 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち各論. 南江堂, 2013.09 第24章 感染症 C-11. HIV感染症、後天性免疫不全症候群(AIDS)

  5. 小池竜司. 健康・栄養科学シリーズ 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち各論. 南江堂, 2013.09 第22章 免疫・アレルギー系

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Masatoshi Takagi, Chitose Ogawa, Tomoko Iehara, Yuki Aoki-Nogami, Eri Isibashi, Minoru Imai, Toshimi Kimura, Masashi Nagata, Masato Yasuhara, Mitsuko Masutani, Kenichi Yoshimura, Daisuke Tomizawa, Atsushi Ogawa, Kan Yonemori, Tetsuro Kihara, Kiyoshi Nobori, Kazuhisa Hasebe, Shuki Mizutani, Tomohiro Morio, Hajime Hosoi, Ryuji Koike. First In Children Phase I Clinical Study Of Oral Olaparib In Pediatric Patients With Refractory Solid Tumors. SIOP2021 2021.10.24 Honolulu(Web)

  2. F. Hirano, W. Yokoyama, H. Yamazaki, K. Amano, Y. Kaneko, A. Kawakami, T. Matsui, R. Sakai, R. Koike, N. Miyasaka, M. Harigai. SDAI REMISSION AT WEEK 24 IS A PREDICTOR OF GOOD FUNCTIONAL AND STRUCTURAL OUTCOMES AT WEEK 72 IN A T2T IMPLEMENTING COHORT. EULAR2015 2015.06.11 Rome

  3. 中原隆裕、神谷麻理、長谷川久紀、小池竜司、岩崎優子、高瀬 博、保田晋助. トシリズマブが有効であったベーチェット病の再発性眼病変. 日本内科学会 第662回関東地方会 2020.09.13 東京

  4. 野田 聖二, 岩井 秀之, 小池 竜司. 関節リウマチの実診療におけるサリルマブ使用例の後方視的検討. 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会 2020.08.01

  5. 酒井良子, 駒野有希子, 堤野みち, 野々村美紀, 南木敏宏, 小池竜司, 宮坂信之, 針谷正祥. 日本人関節リウマチ患者における生物学的製剤の安全性に関する疫学研究. 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会 2020.08

  6. 野田 聖二, 岩井 秀之, 小池 竜司, 保田 晋助. 関節リウマチ実診療におけるサリルマブ適応例の後方視的検討. 第48回日本臨床免疫学会総会 2020.08

  7. 梅澤夏佳, 溝口史高, 木村直樹, 上阪等, 小池竜司. 炎症性筋疾患を対象とした低侵襲筋生検法の有用性. 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会 2020.08

  8. 庭野智子、細矢匡、溝口文高、今井耕輔、森尾友宏、小池竜司. 冠動脈病変による心筋梗塞を契機に診断したA20ハプロ不全症の一成人例. 日本リウマチ学会関東支部学術集会 2019.12 東京

  9. 板倉卓司、梅澤夏佳、田中奈緒、溝口史高、大畑八重、堤寛、森尾友宏、小池竜司. 腸炎と肝不全により死亡したX連鎖無ガンマグロブリン血症の1症例. 日本内科学会関東地方会 2019.06 東京

  10. 伊藤加菜絵、梅澤夏佳、柳生有理子、小池竜司. 血球貪食症候群を呈したTAFRO症候群. 日本リウマチ学会関東支部学術集会 2018.12 東京

  11. 金井美波、小宮力、馬場洋行、柴久美子、辻本和峰、泉山肇、吉本貴宣、橋本貢士、小池竜司、山田哲也. 全身性エリテマトーデスに合併し治療に難渋した重症高Ca血症の1例. 日本内科学会関東地方会 2018.10

  12. 小池竜司. リウマチ性疾患合併感染症の新展開 リウマチ性疾患における感染症リスクの層別化. 日本感染症学会 2018.04 岡山

  13. Alafate Ayibieke、溝口美祐紀、山田景士、佐藤智明、森屋恭爾、相曽啓史、藤江俊秀、貫井陽子、小池竜司、齋藤良一. Staphylococcus epidermidis分離菌における消毒薬に対する不応性について. 日本環境感染学会総会 2018.02 東京

  14. 小池竜司. 有害事象とSAE報告 安全性情報の見方. 平成29年度国公私立大学病院医療技術関係職員研修(臨床研究(治験)コーディネーター養成) 2017.06.22 東京(東京大学医学部附属病院)

  15. 小池竜司. 日本におけるリツキシマブの関節リウマチへの適応拡大のための戦略. 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 2017.04.21 福岡

  16. 小池竜司. 抗菌薬適正使用は定型的注意喚起のコメントだけで可能か?. 第91回日本感染症学会総会・学術講演会 2017.04.06 東京

  17. 小池竜司. 東京医科歯科大学による医療イノベーションへの挑戦. 医療分野の特例を活用した研究成果に関する講演会 2017.03.23 東京

  18. 小池竜司. 東京医科歯科大学における臨床研究申請システムの導入とその現状. 平成28年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議 2017.01.26 滋賀

  19. 新井文子、吉森真由美、大橋彩香、西尾美和子、小池竜司. 慢性活動性Epstein-Barrウイルス感染症におけるSTAT3活性化とその制御. 日本臨床免疫学会総会 2016.12 札幌

  20. 小池竜司. 新薬実用化までの道のりー治験ってどういうもの?-. 千葉大学医薬看学部大学祭 講演会 2016.11.06 千葉

  21. 小池竜司,貫井陽子. 東京医科歯科大学医学部附属病院における大腸菌、緑膿菌のアンチバイオグラムの変遷とその検討. 第65回日本感染症学会東日本地方会学術集会 2016.10.28 新潟

  22. 小池竜司. 新薬実用化までの道のりー治験ってどういうもの?-. 平成28年度御茶ノ水祭 公開模擬授業 2016.10.16

  23. 小池竜司、島眞理、相曽啓史、齋藤良一、藤江俊秀. 簡易な支持的抗菌薬管理プログラムの有用性と経済性の検討(第二報). 第31回日本環境感染学会総会・学術集会 2016.02.20 京都

  24. 小池竜司、藤江俊秀、島眞理、小野和代. 結核感染菌再考 東京医科歯科大学医学部附属病院における職員結核罹患事例とその検証. 第31回日本環境感染学会総会・学術集会 2016.02.20 京都

  25. 小池竜司. 卒前医学教育におけるシミュレーション型感染予防策実習の試み. 第64回日本感染症学会東日本地方会学術集会 2015.10.22 札幌

  26. 平野 史生, 横山 和佳, 山崎 隼人, 小池 竜司, 天野 宏一, 金子 祐子, 川上 純, 松井 利浩, 宮坂 信之, 針谷 正祥. 関節リウマチの治療評価と予測 T2T実施コホートにおける機能的・構造的予後の予測因子. 日本リウマチ学会総会・学術集会 2015.04.24 名古屋

  27. 高村聡人、吉橋洋子、木村直樹、田中みち、小池竜司、川畑仁人、上阪等. 多発性筋炎・皮膚筋炎における筋力低下からの回復~分岐鎖アミノ酸を用いた治療について~. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 2015.04.23 名古屋

  28. 小池竜司、藤江俊秀、齋藤良一、牛澤洋人. 当院における侵襲性インフルエンザ菌感染症の後方視的検討. 第89回日本感染症学会総会・学術集会 2015.04.17 京都

  29. 小池竜司、藤江俊秀、島眞理、小野和代、高橋裕、齋藤良一、相曽啓史. 簡易な支持的抗菌薬管理プログラムの有用性と経済性の検討(第一報). 第30回日本環境感染学会総会・学術集会 2015.02.21 京都

  30. 酒井良子、山崎隼人、横山和佳、平野史生、田中みち、小池竜司、南木敏宏、上阪等、宮坂信之、針谷正祥、REAL研究グループ. 生物学的製剤使用関節リウマチ患者における罹病期間2年以下の患者と2年超の患者の安全性の比較:REALデータベースより. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会 2014.04.26 東京

  31. 平野 史生, 横山 和佳, 山﨑 隼人, 小池 竜司, 天野 宏一, 金子 祐子, 川上 純, 松井 利浩, 宮坂 信之, 針谷 正祥. 我が国における「目標に向けた治療(T2T)」の有効性と問題点―T2T疫学研究を用いた検討. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会 2014.04.25 東京

  32. 山崎 隼人, 酒井 良子, 小池 竜司, 田中 みち, 南木 敏宏, 今井 香織, 宮坂 信之, 上阪 等, 針谷 正祥. 感染症と自己免疫疾患 免疫抑制療法下のリウマチ性疾患患者におけるST合剤によるニューモシスチス肺炎予防の有効性の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2014.04.18

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第一回臨床薬理研究振興財団研究大賞,財団法人臨床薬理研究振興財団,2008年11月

  • エバーグリーンアワード,アメリカ内科学会,2007年04月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 世界最大の新型コロナウイルス感染症のゲノムワイド関連解析にアジア最大のグループとして貢献-新型コロナウイルス感染症の重症化に関わる遺伝子多型を同定-,2021年07月

    -

  • 「コロナ制圧タスクフォース」日本人集団における新型コロナウイルス感染症重症化因子の有力候補を発見-アジア最大のグループとして新型コロナウイルス感染症国際ゲノム研究にも大きな貢献- ,2021年05月

  • 共同研究グループ「コロナ制圧タスクフォース」発足 -新型コロナウイルス感染症の遺伝学的知見に基づいたCOVID-19粘膜免疫ワクチンの研究開発を促進-,2020年05月

  • 臨床研究説明会,2017年04月

    国公立大学附属病院感染対策協議会において計画中の多施設共同臨床研究について、参加希望施設対象の説明会を行った。

  • 日本医師会治験促進センター研究費ヒアリング参加,2017年03月

    本学の研究者が計画中の臨床試験に対する日本医師会の研究費補助金獲得のためのヒアリングに同席し、意見交換の支援を行った。

  • PMDA対面助言参加,2017年03月

    本学研究者が知財を有する医療機器の開発に際して、PMDAの対面助言に同席し、議論と意見交換に参加した。

  • 都庁訪問,2017年02月

    本学が選定されている国家行政特区の保険外併用療養の拡充事業に関する進捗状況や問題点について、東京都の要請に応じて説明を行った。

  • PMDA事前面談参加,2017年01月

    本学研究者が知財を有する医療機器の開発に際して、PMDAでの事前面談に同席し、議論に参加した。

  • AMED研究費審査ヒアリング参加,2017年01月

    本学研究者が臨床試験を企画している案件に対するAMED研究費獲得のためのヒアリングに同席し、議論に参加した。

  • 臨床研究審査委員会委員セミナー,2017年01月

    臨床研究審査委員会の委員に対する教育セミナーを企画し開催した。

  • PMDA事前面談参加,2017年01月

    本学研究者が知財を有する医療機器の開発に関する事前面談に同席し、協議に参加した。

  • 臨床研究準備相談,2016年12月

    本学と連携する広島大学の研究者が開発中の医療機器を用いた臨床研究について、本学臨床系専門家との面談を調整し、臨床研究計画作成の支援を行った。

  • PMDA事前面談参加,2016年11月

    本学研究者が知財を有して開発中の医療機器について、開発のたけのPMDA事前面談に同席して議論に参加した。

  • 第36回お茶の水セミナー,2016年11月

    上記セミナー(本学医科同窓会主催)に参加し、計画中のTMDU臨床研究ネットワーク事業について説明を行った。

  • 臨床研究補償保険に関する講演会,2016年11月

    AMED班研究として実施中の被験者保護に関する研究の一環として、補償保険に関するセミナーを開催した。

  • 医系連携病院連絡協議会,2016年10月

    上記会議に出席し、計画中の臨床研究連携事業(TMDU臨床研究ネットワーク)について説明した。

  • 医療イノベーションセミナー,2016年10月

    PMDA現役審査官による医療機器開発、実用化に向けた学内研究者向けのセミナーを主催した。

  • PMDA対面助言参加,2016年10月

    再生医療研究センターが準備中の医師主導治験のための対面助言に同席し、当局との議論に参加した。

  • 学校の先生にも知ってほしいアレルギーの子どもの学校生活,2016年06月

    日本栄養・食糧学会誌に書評を執筆掲載した。

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 系統講義「感染」コーディネーター、膠原病・リウマチ内科学

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • CBT問題作成,2017年04月

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 膠原病・リウマチ内科診療科長,2018年04月 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 東京都内の感染者 過去最多224人,日本テレビ,news zero,2020年07月09日

  • ‟海外が注目するコロナ対策日本成功の謎“,TBSテレビ,新・情報7daysニュースキャスター ,2020年05月29日

  • 日本(東京)におけるコロナウィルスの状況,AFP通信社 東京支局,世界7,000社の新聞社、テレビ・ラジオ局に配信,2020年05月08日

  • 新型コロナが与える医療現場への影響,テレビ朝日,「大下容子 ワイド!スクランブル」,2020年04月28日

  • 新型コロナウイルス感染症患者受け入れの体制,医薬経済社,日刊紙「 RISFAX」 、雑誌「医薬経済」 ,2020年04月22日 - 2020年04月24日

  • 新型コロナウイルス,フジテレビ,報道番組「Live News it」,2020年04月17日

  • 新型コロナウイルス感染症での病院の体制,読売新聞東京本社,読売新聞,2020年04月10日

  • 有害事象とSAE報告 安全性情報の見方,東京大学医学部附属病院,平成29年度国公私立大学病院医療技術関係職員研修(臨床研究(治験)コーディネーター養成),東京大学医学部附属病院,2017年06月22日

  • シンポジウム 臨床研究にかかる環境の変化,日本医療研究開発機構(AMED),キックオフ・シンポジウム 臨床研究の質の担保に必要な倫理教育,TKP御茶ノ水カンファレンスセンター(東京),2017年06月15日

  • 平成29年度研究倫理講習会,生命倫理研究センター,2017年05月11日

  • インフルエンザ曝露後予防に関する臨床研究説明会,国公立大学附属病院感染対策協議会,名古屋大学医学部附属病院,2017年04月14日

  • AMED研究班シンポジウム,平成28年度AMED医薬品等規制調和・評価研究事業「効率的な治験の実施に資するGCPの運用等に関する研究」班,2017年03月21日

  • 大学病院臨床試験アライアンス講演会,千葉大学医学部・薬学部・看護学部,千葉大学医薬看学部大学祭,千葉大学亥鼻キャンパス,2016年11月06日

  • 公開模擬授業,東京医科歯科大学,御茶ノ水祭公開模擬授業,東京医科歯科大学,2016年10月16日

  • 文京区サッカー協会会長,文京区サッカー協会,2016年04月01日 - 現在

  • 健康相談医,日本女子大学,2011年04月01日 - 現在

  • 非常勤医師,王子生協病院,2010年11月01日 - 現在

  • 会員,日本生態系協会,2005年01月01日 - 現在

▼全件表示