基本情報

写真a

伊藤 真以(イトウ マイ)

ITOH Mai


職名

講師

研究分野・キーワード

臨床検査医学、白血病治療、骨髄ニッチ、既存薬再開発、コンパニオン検査 

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2008年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 臨床検査医学 助教
  • 2009年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 臨床検査医学 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 臨床検査医学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業(CREST) 研究員
  • 理化学研究所 脳科学総合研究センター 特任研究員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 血液、腫瘍内科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 白血病細胞の増殖機構の解明

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 骨髄ニッチを再現した低酸素環境での白血病幹細胞の病態解析に基づく分子標的治療

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 白血病幹細胞に対する骨髄微小環境を模した抗白血病薬感受性検査法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Saito T, Itoh M, Tohda S. TYRO3 knockdown suppresses the growth of myeloid leukaemia cells. Anticancer Research. 2022.04; 42 (4): 1757-1761. ( PubMed, DOI )

  2. Sonoda Y, Itoh M, Tohda S. Effects of HOXA9 Inhibitor DB818 on the Growth of Acute Myeloid Leukaemia Cells. Anticancer Research. 2021.04; 41 (4): 1841-1847. ( PubMed, DOI )

  3. Saito T, Itoh M, Tohda S. Metformin suppresses the growth of leukemia cells partly through downregulation of AXL receptor tyrosine kinase Leukemia Research. 2020.05; 94 106383.

  4. Okasha SM, Itoh M, Tohda S . Sirtuin 1 activation suppresses the growth of T-lymphoblastic leukemia cells by inhibiting NOTCH an NF-kB pathways. Anticancer Research. 2020.04; 40 3155-3161.

  5. Itoh M, Okuhashi Y, Takahashi Y, Sonoda Y, Mohammad S, Saito T, Shiratori E, Tohda S. Hypoxia Up-regulates HIF Expression While Suppressing Cell Growth and NOTCH Activity in Leukaemia Cells. Anticancer Research. 2019.08; 39 (8): 4165-4170. ( PubMed, DOI )

  6. Yuki Okuhashi, Mai Itoh, Shuji Tohda. GLI1 and CTNNB1 Knockdown Activates NOTCH and mTOR Signalling in NB4 Myeloid Leukaemia Cells. Anticancer Research. 2018.11; 38 (11): 6329-6332.

  7. Wang S, Itoh M, Shiratori E, Ohtaka M, Tohda S. NOTCH activation promotes glycosyltransferase expression in human myeloid leukemia cells Hematology Reports. 2018.09; 10 7576.

  8. Wang S, Itoh M, Shiratori E, Ohtaka M, Tohda S. NOTCH activation promotes glycosyltransferase expression in human myeloid leukemia cells. Hematology reports. 2018.09; 10 (3): 7576. ( PubMed, DOI )

  9. Yonekura S, Itoh M, Shiratori E, Ohtaka M, Tohda S. FOXP3 knockdown inhibits the proliferation and reduces NOTCH1 expression of T cell acute lymphoblastic leukemia cells BMC Research Notes. 2018.08; 11 582.

  10. Yonekura S, Itoh M, Shiratori E, Ohtaka M, Tohda S. FOXP3 knockdown inhibits the proliferation and reduces NOTCH1 expression of T cell acute lymphoblastic leukemia cells. BMC research notes. 2018.08; 11 (1): 582. ( PubMed, DOI )

  11. Koda Y, Itoh M, Tohda S. Effects of MERTK inhibitors UNC569 and UNC1062 on the growth of acute myeloid leukaemia cells. Anticancer Research. 2018.01; 38 (1): 199-204.

  12. Mika Ohtaka, Mai Itoh, Shuji Tohda. BMI1 Inhibitors Down-regulate NOTCH Signaling and Suppress Proliferation of Acute Leukemia Cells. Anticancer Research. 2017.11; 37 (11): 6047-6053. ( PubMed, DOI )

  13. Erika Shiratori, Mai Itoh, Shuji Tohda. MYD88 Inhibitor ST2825 Suppresses the Growth of Lymphoma and Leukaemia Cells. Anticancer Research. 2017.11; 37 (11): 6203-6209. ( PubMed, DOI )

  14. Okuhashi Y, Itoh M, Tohda S. Hedgehog stimulation suppresses clonogenicity and activates NOTCH signalling in T-lymphoblastic leukaemia Jurkat cells. Anticancer Research . 2017.09; 37 (9): 5005-5009.

  15. Nogami S, Kwaguchi-Ihara N, Shiratori E, Ohtaka M, Itoh M, Tohda S. Detection of the MYD88 mutation by the combination of the allele-specific PCR and quenching probe methods. International Journal of Laboratory Hematology . 2017.04; 39 (2): 163-168.

  16. Noriko Kawaguchi-Ihara, Mai Itoh, Ikuo Murohashi, Shuji Tohda. Establishment of a quenching probe method for detection of NPM1 mutations in acute myeloid leukemia cells. Oncology Letters. 2016.04; 11 (4): 2429-2432. ( PubMed, DOI )

  17. Yusuke Takahashi, Mai Itoh, Nobuo Nara, Shuji Tohda. Effect of EPH-ephrin signaling on the growth of human leukemia cells. Anticancer Research. 2014.06; 34 (6): 2913-2918. ( PubMed )

  18. Yuki Okuhashi, Mai Itoh, Nobuo Nara, Shuji Tohda. NOTCH knockdown affects the proliferation and mTOR signaling of leukemia cells. Anticancer Research. 2013.10; 33 (10): 4293-4298. ( PubMed )

  19. Satoru Yonekura, Mai Itoh, Yuki Okuhashi, Yusuke Takahashi, Aya Ono, Nobuo Nara, Shuji Tohda. Effects of the HIF1 inhibitor, echinomycin, on growth and NOTCH signalling in leukaemia cells. Anticancer Research. 2013.08; 33 (8): 3099-3103. ( PubMed )

  20. Aya Ono, Ryo Oike, Yuki Okuhashi, Yusuke Takahashi, Mai Itoh, Nobuo Nara, Shuji Tohda. Comparative effects of PP242 and rapamycin on mTOR signalling and NOTCH signalling in leukemia cells. Anticancer Research. 2013.03; 33 (3): 809-813. ( PubMed )

  21. Eriko Kanamori, Mai Itoh, Naoko Tojo, Takatoshi Koyama, Nobuo Nara, Shuji Tohda. Flow cytometric analysis of Notch1 and Jagged1 expression in normal blood cells and leukemia cells. Experimental and Therapeutic Medicine. 2012.09; 4 (3): 397-400. ( PubMed, DOI )

  22. Aya Ono, Yuki Okuhashi, Yusuke Takahashi, Mai Itoh, Nobuo Nara, Shuji Tohda. Advantages of the quenching probe method over other PCR-based methods for detection of the JAK2 V617F mutation. Oncology Letters. 2012.08; 4 (2): 205-208. ( PubMed, DOI )

  23. Yusuke Takahashi, Tomohiro Ishigaki, Yuki Okuhashi, Aya Ono, Mai Itoh, Nobuo Nara, Shuji Tohda. Effect of BMP4 on the growth and clonogenicity of human leukemia and lymphoma cells. Anticancer Research. 2012.07; 32 (7): 2813-2817. ( PubMed )

  24. Noriko Kawaguchi-Ihara, Yuki Okuhashi, Mai Itoh, Ikuo Murohashi, Nobuo Nara, Shuji Tohda. Promotion of the self-renewal capacity of human leukemia cells by sonic hedgehog protein. Anticancer Research. 2011.03; 31 (3): 781-784. ( PubMed )

  25. Yuki Okuhashi, Mai Itoh, Nobuo Nara, Shuji Tohda. Effects of combination of notch inhibitor plus hedgehog inhibitor or Wnt inhibitor on growth of leukemia cells. Anticancer Research. 2011.03; 31 (3): 893-896. ( PubMed )

  26. Yuki Okuhashi, Mai Itoh, Ayako Arai, Nobuo Nara, Shuji Tohda. Gamma-secretase inhibitors induce erythroid differentiation in erythroid leukemia cell lines. Anticancer Research. 2010.10; 30 (10): 4071-4074. ( PubMed )

  27. Tatsuo Kawahara, Noriko Kawaguchi-Ihara, Yuki Okuhashi, Mai Itoh, Nobuo Nara, Shuji Tohda. Cyclopamine and quercetin suppress the growth of leukemia and lymphoma cells. Anticancer Research. 2009.11; 29 (11): 4629-4632. ( PubMed )

  28. Mai Itoh, Lu Fu, Shuji Tohda. NF-kappaB activation induced by Notch ligand stimulation in acute myeloid leukemia cells. Oncology Reports. 2009.09; 22 (3): 631-634. ( PubMed, DOI )

  29. Hiromi Akeboshi, Yasunori Chiba, Yoshiko Kasahara, Minako Takashiba, Yuki Takaoka, Mai Ohsawa, Youichi Tajima, Ikuo Kawashima, Daisuke Tsuji, Kohji Itoh, Hitoshi Sakuraba, Yoshifumi Jigami. Production of recombinant beta-hexosaminidase A, a potential enzyme for replacement therapy for Tay-Sachs and Sandhoff diseases, in the methylotrophic yeast Ogataea minuta. Applied and Environmental Microbiology. 2007.08; 73 (15): 4805-4812. ( PubMed, DOI )

  30. Jihwa Chung, Takatoshi Koyama, Mai Ohsawa, Aya Shibamiya, Asuka Hoshi, Shinsaku Hirosawa. 1,25(OH)(2)D(3) blocks TNF-induced monocytic tissue factor expression by inhibition of transcription factors AP-1 and NF-kappaB. Laboratory Investigation. 2007.06; 87 (6): 540-547. ( PubMed, DOI )

  31. Ikuo Kawashima, Mai Ohsawa, Tomoko Fukushige, Yoshihisa Nagayama, Yo Niida, Masaharu Kotani, Youichi Tajima, Takuro Kanekura, Tamotsu Kanzaki, Hitoshi Sakuraba. Cytochemical analysis of storage materials in cultured skin fibroblasts from patients with I-cell disease. Clinica Chimica Acta. 2007.03; 378 (1-2): 142-146. ( PubMed, DOI )

  32. Ikuo Kawashima, Ichiro Takeuchi, Mai Ohsawa, Masaharu Kotani, Youichi Tajima, Takayuki Inomata, Tohru Izumi, Hitoshi Sakuraba. Phospholipid storage in the myocardium of a unique Japanese case of idiopathic cardiomyopathy. Clinica Chimica Acta. 2006.10; 372 (1-2): 154-157. ( PubMed, DOI )

  33. Yutaka Tatano, Tsutomu Takahashi, Daisuke Tsuji, Naohiro Takeuchi, Kohji Tsuta, Goro Takada, Mai Ohsawa, Hitoshi Sakuraba, Kohji Itoh. Significant decrease in tropoelastin gene expression in fibroblasts from a Japanese Costello syndrome patient with impaired elastogenesis and enhanced proliferation. Journal of Biochemistry. 2006.08; 140 (2): 193-200. ( PubMed, DOI )

  34. Yukako Oheda, Masaharu Kotani, Mai Ohsawa, Hitoshi Sakuraba, Yoshito Kadota, Yutaka Tatano, Jun Kuwahara, Kohji Itoh. Elimination of abnormal sialylglycoproteins in fibroblasts with sialidosis and galactosialidosis by normal gene transfer and enzyme replacement. Glycobiology. 2006.04; 16 (4): 271-280. ( PubMed, DOI )

  35. Hitoshi Sakuraba, Mai Ohsawa, Ikuo Kawashima, Youichi Tajima, Masaharu Kotani, Toshio Ohshima, Yasunori Chiba, Minako Takashiba, Yoshifumi Jigami, Tomoko Fukushige, Tamotsu Kanzaki, Kohji Itoh. Comparison of the effects of agalsidase alfa and agalsidase beta on cultured human Fabry fibroblasts and Fabry mice. Journal of Human Genetics. 2006; 51 (3): 180. ( PubMed, DOI )

  36. Hitoshi Sakuraba, Yasunori Chiba, Masaharu Kotani, Ikuo Kawashima, Mai Ohsawa, Youichi Tajima, Yuki Takaoka, Yoshifumi Jigami, Hiroshi Takahashi, Yukihiko Hirai, Takashi Shimada, Yasuhiro Hashimoto, Kumiko Ishii, Toshihide Kobayashi, Kazuhiko Watabe, Tomoko Fukushige, Tamotsu Kanzaki. Corrective effect on Fabry mice of yeast recombinant human alpha-galactosidase with N-linked sugar chains suitable for lysosomal delivery. Journal of Human Genetics. 2006; 51 (4): 341-352. ( PubMed, DOI )

  37. Mai Ohsawa, Shuji Tohda, Hanae Kogoshi, Seiji Sakano, Nobuo Nara. The Notch ligand, Delta-1, alters retinoic acid (RA)-induced neutrophilic differentiation into monocytic and reduces RA-induced apoptosis in NB4 cells. Leukemia Research. 2005.02; 29 (2): 197-203. ( PubMed, DOI )

  38. Mai Ohsawa, Masaharu Kotani, Youichi Tajima, Daisuke Tsuji, Yasuhiro Ishibashi, Aya Kuroki, Kohji Itoh, Kazuhiko Watabe, Kazunori Sango, Shoji Yamanaka, Hitoshi Sakuraba. Establishment of immortalized Schwann cells from Sandhoff mice and corrective effect of recombinant human beta-hexosaminidase A on the accumulated GM2 ganglioside. Journal of Human Genetics. 2005; 50 (9): 460-467. ( PubMed, DOI )

  39. Mai Ohsawa, Shuji Tohda, Hanae Kogoshi, Nobuo Nara. The Notch ligand, Delta-1, reduces TNF-alpha-induced growth suppression and apoptosis by decreasing activation of caspases in U937 cells. International Journal of Molecular Medicine. 2004.11; 14 (5): 861-866. ( PubMed )

  40. Mai Ohsawa, Shuji Tohda, Nobuo Nara. Cellular analysis of growth suppression induced by the Notch ligands, Delta-1 and Jagged-1 in two myeloid leukemia cell lines. International Journal of Molecular Medicine. 2004.08; 14 (2): 223-226. ( PubMed )

  41. Mai Ohsawa, Shuji Tohda, Seiji Sakano, Nobuo Nara. The Notch ligand, Delta-1, partially inhibits GM-CSF-induced differentiation and apoptosis along with reducing the cleavage of PARP in U937 cells. International Journal of Molecular Medicine, Tokyo Medical and Dental University. 2004.03; 13 (3): 419-423. ( PubMed )

  42. Shuji Tohda, Mai Ohsawa, Seiji Sakano, Nobuo Nara. Notch ligands, Delta-1 and Delta-4 suppress the self-renewal capacity and long-term growth of two myeloblastic leukemia cell lines. International Journal of Oncology. 2003.05; 22 (5): 1073-1079. ( PubMed )

  43. Mai Ohsawa, Takatoshi Koyama, Nobuo Nara, Shinsaku Hirosawa. Induction of tissue factor expression in human monocytic cells by protease inhibitors through activating activator protein-1 (AP-1) with phosphorylation of Jun-N-terminal kinase and p38. Thrombosis Research. 2003; 112 (5-6): 313-320. ( PubMed, DOI )

  44. Shuji Tohda, Seiji Sakano, Mai Ohsawa, Naomi Murakami, Nobuo Nara. A novel cell line derived from de novo acute myeloblastic leukaemia with trilineage myelodysplasia which proliferates in response to a Notch ligand, Delta-1 protein. British Journal of Haematology. 2002.05; 117 (2): 373-378. ( PubMed, DOI )

  45. Koyama T, Ohsawa M, Nakazawa F, Shibamiya S . Anticoagulant effects of synthetic retinoids and activated vitamin D3 (1,25(OH)2D3) analogs Modern Trends in Skin Pharmacology. 2002;

  46. M Ohsawa, T Koyama, K Yamamoto, S Hirosawa, S Kamei, R Kamiyama. 1alpha,25-dihydroxyvitamin D(3) and its potent synthetic analogs downregulate tissue factor and upregulate thrombomodulin expression in monocytic cells, counteracting the effects of tumor necrosis factor and oxidized LDL. Circulation. 2000.12; 102 (23): 2867-2872. ( PubMed, DOI )

  47. M Ohsawa, T Koyama, M Shibakura, S Kamei, S Hirosawa. Arsenic trioxide (As2O3) gradually downregulates tissue factor expression without affecting thrombomodulin expression in acute promyelocytic leukemia cells. Leukemia. 2000.05; 14 (5): 941-943. ( PubMed, DOI )

  48. T Koyama, M Shibakura, M Ohsawa, R Kamiyama, S Hirosawa. Anticoagulant effects of 1alpha,25-dihydroxyvitamin D3 on human myelogenous leukemia cells and monocytes. Blood. 1998.07; 92 (1): 160-167. ( PubMed )

  49. M Shibakura, T Koyama, M Ohsawa, R Kamiyama, S Hirosawa. A retinoic acid receptor-alpha (RAR alpha) selective agonist modulates procoagulant activity of acute promyelocytic cells and induces their differentiation into neutrophils. Blood. 1998.01; 91 (2): 724-725. ( PubMed )

  50. 薗田 由莉, 伊藤 真以, 東田 修二. HOXA9阻害剤による白血病細胞株の増殖抑制作用 臨床病理. 2020.10; 68 (補冊): 146. ( 医中誌 )

  51. Saito Tatsuya, Itoh Mai, Tohda Shuji. Metformin suppresses the growth of leukemia cells partly through downregulation of AXL receptor tyrosine kinase LEUKEMIA RESEARCH. 2020.07; 94 106383. ( PubMed, DOI )

  52. Okasha Salwa M., Itoh Mai, Tohda Shuji. Sirtuin 1 Activation Suppresses the Growth of T-lymphoblastic Leukemia Cells by Inhibiting NOTCH and NF-kappa B Pathways ANTICANCER RESEARCH. 2020.06; 40 (6): 3155-3161. ( PubMed, DOI )

  53. 伊藤 真以 白鳥 恵理香, 東田 修二. 白血病細胞におけるチロシンキナーゼAXLの細胞・分子生物学的機能解析 臨床病理. 2019.10; 67 (補冊): 148. ( 医中誌 )

  54. Okuhashi Yuki, Itoh Mai, Tohda Shuji. GLI1 and CTNNB1 Knockdown Activates NOTCH and mTOR Signalling in NB4 Myeloid Leukaemia Cells ANTICANCER RESEARCH. 2018.11; 38 (11): 6329-6332. ( PubMed, DOI )

  55. 井原(川口) 寛子, 伊藤 真以, 東田 修二. 白血病細胞の増殖とNOTCHシグナルに対するCyclosporin Aの作用 臨床病理. 2018.10; 66 (補冊): 173. ( 医中誌 )

  56. 白鳥 恵理香, 伊藤 真以, 大高 美香, 東田 修二. TIM-3蛋白のバーキットリンパ腫細胞株の増殖における意義の検討 臨床病理. 2018.10; 66 (補冊): 171. ( 医中誌 )

  57. 大高 美香, 伊藤 真以, 東田 修二. 種々の白血病細胞の増殖に対するBrequinar sodiumの作用 臨床病理. 2018.10; 66 (補冊): 169. ( 医中誌 )

  58. 白鳥 恵理香, 伊藤 真以, 大高 美香, 東田 修二. TIM-3蛋白のバーキットリンパ腫細胞株の増殖における意義の検討 臨床病理. 2018.10; 66 (補冊): 171. ( 医中誌 )

  59. Koda Yuki, Itoh Mai, Tohda Shuji. Effects of MERTK Inhibitors UNC569 and UNC1062 on the Growth of Acute Myeloid Leukaemia Cells ANTICANCER RESEARCH. 2018.01; 38 (1): 199-204. ( PubMed, DOI )

  60. 白鳥 恵理香, 大高 美香, 伊藤 真以, 東田 修二. リンパ系腫瘍細胞に対するMYD88阻害薬の細胞分子生物学的作用 臨床病理. 2017.10; 65 (補冊): 275. ( 医中誌 )

  61. 甲田 祐樹, 伊藤 真以, 東田 修二. MERチロシンキナーゼ阻害による白血病細胞の増殖抑制作用 臨床病理. 2017.10; 65 (補冊): 146. ( 医中誌 )

  62. 大高 美香, 白鳥 恵理香, 伊藤 真以, 東田 修二. siRNAを用いた白血病細胞におけるBMI1の機能解析 臨床病理. 2017.10; 65 (補冊): 147. ( 医中誌 )

  63. Okuhashi Yuki, Itoh Mai, Tohda Shuji. Hedgehog Stimulation Suppresses Clonogenicity and Activates NOTCH Signalling in T-lymphoblastic Leukaemia Jurkat Cells ANTICANCER RESEARCH. 2017.09; 37 (9): 5005-5009. ( PubMed, DOI )

  64. Nogami S., Kawaguchi-Ihara N., Shiratori E., Ohtaka M., Itoh M., Tohda S.. Detection of the MYD88 mutation by the combination of the allele-specific PCR and quenching probe methods INTERNATIONAL JOURNAL OF LABORATORY HEMATOLOGY. 2017.04; 39 (2): 163-168. ( DOI )

  65. 大高 美香, 野上 祥平, 白鳥 恵理香, 伊藤 真以, 東田 修二. BMI1阻害剤による白血病細胞のアポトーシス誘導を介した増殖抑制作用 臨床病理. 2016.09; 64 (補冊): 69. ( 医中誌 )

  66. 甲田 祐樹, 大高 美香, 白鳥 恵理香, 伊藤 真以, 東田 修二. 白血病細胞の増殖に対するMERチロシンキナーゼの阻害剤の作用 臨床病理. 2016.09; 64 (補冊): 3-7. ( 医中誌 )

  67. 白鳥 恵理香, 野上 祥平, 大高 美香, 伊藤 真以, 東田 修二. MYD88の阻害によるリンパ腫細胞の増殖抑制作用 臨床病理. 2016.09; 64 (補冊): 3-65. ( 医中誌 )

  68. 野上 祥平, 白鳥 恵理香, 大高 美香, 伊藤 真以, 東田 修二. 白血病細胞でのNOTCHシグナル活性化に伴うmicroRNA発現の変化 臨床病理. 2016.09; 64 (補冊): 3-68. ( 医中誌 )

  69. 白鳥 恵理香, 野上 祥平, 王 詩淳, 大高 美香, 伊藤 真以, 東田 修二. リンパ腫・白血病細胞株の増殖に対するMYD88阻害薬とBTK阻害薬の作用 臨床病理. 2015.10; 63 (補冊): 247. ( 医中誌 )

  70. 大高 美香, 白鳥 恵理香, 王 詩淳, 野上 祥平, 伊藤 真以, 東田 修二. 白血病・リンパ腫細胞に対するBMI1阻害剤の細胞分子生物学的作用 臨床病理. 2015.10; 63 (補冊): 169. ( 医中誌 )

  71. 奥橋 佑基, 伊藤 真以, 細萱 茂実, 東田 修二. Notchシグナル阻害剤に耐性を示す白血病細胞の分子病態 臨床病理. 2015.10; 63 (補冊): 170. ( 医中誌 )

  72. 王 詩淳, 野上 祥平, 白鳥 恵理香, 大高 美香, 伊藤 真以, 東田 修二. 白血病細胞における糖転移酵素の発現とNotchシグナル活性化との関連 臨床病理. 2015.10; 63 (補冊): 170. ( 医中誌 )

  73. 野上 祥平, 井原 寛子, 王 詩淳, 白鳥 恵理香, 大高 美香, 伊藤 真以, 東田 修二. リンパ系腫瘍におけるMYD88遺伝子変異の新規検査法の開発 臨床病理. 2015.10; 63 (補冊): 246. ( 医中誌 )

  74. 大高 美香, 高橋 祐介, 白鳥 恵理香, 伊藤 真以, 東田 修二. 白血病細胞の増殖に対するBmi1阻害剤の作用 臨床病理. 2014.10; 62 (補冊): 226. ( 医中誌 )

  75. 白鳥 恵理香, 大高 美香, 高橋 祐介, 伊藤 真以, 東田 修二. BCR-ABL融合遺伝子の定量RT-PCR法と定性RT-Nested PCR法での検出感度の比較 臨床病理. 2014.10; 62 (補冊): 225. ( 医中誌 )

  76. 奥橋 佑基, 高橋 祐介, 伊藤 真以, 東田 修二. Wntシグナル、Hedgehogシグナル関連遺伝子のノックダウンが及ぼす白血病への効果 臨床病理. 2014.10; 62 (補冊): 225. ( 医中誌 )

  77. 井原 寛子, 伊藤 真以, 室橋 郁生, 東田 修二. Quenching probe法を用いたNPM1遺伝子変異の検出 臨床病理. 2014.10; 62 (補冊): 226. ( 医中誌 )

  78. 伊藤 真以, 奥橋 佑基, 高橋 祐介, 東田 修二. 白血病細胞の生存に対するHIF蛋白の役割 臨床病理. 2013.09; 61 (補冊): 300. ( 医中誌 )

  79. 高橋 祐介, 奥橋 佑基, 伊藤 真以, 東田 修二. 白血病細胞におけるEph/ephrin系とNotch系との相互作用 臨床病理. 2013.09; 61 (補冊): 299. ( 医中誌 )

  80. 奥橋 佑基, 高橋 祐介, 伊藤 真以, 東田 修二. Notchを標的とするsiRNAを用いた白血病細胞の増殖に対する効果の検討 臨床病理. 2013.09; 61 (補冊): 299. ( 医中誌 )

  81. 東田 修二, 大野 彩, 高橋 祐介, 奥橋 佑基, 伊藤 真以. チロシンキナーゼ阻害薬投与中の慢性骨髄性白血病患者における微少残存病変検出の3種の遺伝子検査法の比較 臨床病理. 2012.10; 60 (補冊): 280. ( 医中誌 )

  82. 奥橋 佑基, 大野 彩, 高橋 祐介, 伊藤 真以, 東田 修二. 白血病細胞におけるNotchシグナルのmTORシグナルへの作用 臨床病理. 2012.10; 60 (補冊): 278. ( 医中誌 )

  83. 大野 彩, 奥橋 佑基, 高橋 祐介, 伊藤 真以, 東田 修二. 白血病細胞の増殖に対するmTOR阻害剤の作用 臨床病理. 2012.10; 60 (補冊): 277. ( 医中誌 )

  84. 高橋 祐介, 奥橋 佑基, 大野 彩, 伊藤 真以, 東田 修二. Eph/ephrinの白血病細胞の増殖に対する作用 臨床病理. 2012.10; 60 (補冊): 277. ( 医中誌 )

  85. 伊藤 真以, 奥橋 佑基, 高橋 祐介, 大野 彩, 東田 修二. 骨髄微小環境を再現した低酸素培養が白血病細胞に及ぼす影響 臨床病理. 2012.10; 60 (補冊): 278. ( 医中誌 )

  86. 大野 彩, 高橋 祐介, 奥橋 佑基, 伊藤 真以, 東田 修二. 骨髄増殖性腫瘍におけるJAK2V617F変異の種々の検出法の比較 臨床病理. 2011.10; 59 (補冊): 280. ( 医中誌 )

  87. 奥橋 佑基, 大野 彩, 高橋 祐介, 伊藤 真以, 東田 修二. 白血病細胞の増殖におけるHedgehogシグナルとNotchシグナルの相互作用 臨床病理. 2011.10; 59 (補冊): 192. ( 医中誌 )

  88. 高橋 祐介, 石垣 智寛, 奥橋 佑基, 大野 彩, 伊藤 真以, 東田 修二. BMP4の白血病細胞の増殖に対する作用 臨床病理. 2011.10; 59 (補冊): 193. ( 医中誌 )

  89. 石垣 知寛, 奥橋 佑基, 伊藤 真以, 東田 修二. 原発性形質細胞白血病において認めたIGH/CCND1融合遺伝子の増幅 臨床病理. 2010.07; 58 (補冊): 215. ( 医中誌 )

  90. 奥橋 佑基, 石垣 知寛, 伊藤 真以, 東田 修二. 白血病細胞の増殖におけるNotchシグナルとWnt、Hedgehogシグナルとの相互作用 臨床病理. 2010.07; 58 (補冊): 214. ( 医中誌 )

  91. 伊藤 真以, 奥橋 佑基, 付 王路, 東田 修二. 白血病細胞におけるNotchリガンド刺激による網罹的な遺伝子発現の変化 臨床病理. 2008.10; 56 (補冊): 181. ( 医中誌 )

  92. 付 王路, 奥橋 佑基, 伊藤 真以, 東田 修二. Notchリガンド刺激による白血病細胞の蛋白と遺伝子発現の変化 臨床病理. 2008.10; 56 (補冊): 180. ( 医中誌 )

  93. 奥橋 佑基, 付 王路, 伊藤 真以, 東田 修二. Notchシグナル阻害剤による白血病細胞の増殖抑制作用の多様性 臨床病理. 2008.10; 56 (補冊): 180. ( 医中誌 )

  94. 井原 寛子, 室橋 郁生, 伊藤 真以, 奈良 信雄, 東田 修二. 急性白血病の細胞増殖に対するWntシグナルとNotchシグナルの作用 臨床血液. 2008.09; 49 (9): 995. ( 医中誌 )

  95. 鄭 智化, 小山 高敏, 大澤 真以, 柴宮 綾, 星 明日香, 廣澤 信作. 単球系細胞における病的な組織因子発現を活性型ビタミンD3が抑制する機序の解析 臨床血液. 2007.09; 48 (9): 848. ( 医中誌 )

  96. 田北 博保, 村山 耕一郎, 斉藤 純代, 島田 佳明, 大澤 真以, 桜庭 均, 米谷 新. ガラクトシアリドーシスの眼所見と網膜機能 日本眼科学会雑誌. 2006.03; 110 (臨増): 102. ( 医中誌 )

  97. 桜庭 均, 大澤 真以, 川島 育夫, 田島 陽一, 小谷 政晴, 千葉 靖典, 高柴 みな子, 地神 芳文, 福重 智子, 神崎 保. ファブリー病患者線維芽細胞及びファブリー病マウスに対するアガルシダーゼ・アルファとベータの効果の比較 日本先天代謝異常学会雑誌. 2005.11; 21 (2): 65. ( 医中誌 )

  98. 小山 高敏, 大澤 真以, 中澤 文恵, 山本 恵子. 活性型ビタミンD3及びその誘導体の抗凝固作用 臨床薬理の進歩. 2001.06; 22 111-117.

  99. 大澤 真以, 小山 高敏, 奈良 信雄, 廣澤 信作. 活性型ビタミンD3誘導体の抗凝固作用 日本血栓止血学会誌. 2000.10; 11 (5): 506. ( 医中誌 )

  100. 大澤 真以, 奈良 信雄, 小山 高敏, 神山 隆一, 廣澤 信作. 急性前骨髄球性白血病(APL)細胞の組織因子(TF)・トロンボモジュリン(TM)発現に対するヒ素化合物(As2O3)の効果 臨床血液. 2000.10; 41 (10): 1107. ( 医中誌 )

  101. 大澤 真以, 小山 高敏, 神山 隆一, 広沢 信作. 組織因子発現の制御 各種プロテアーゼインヒビターの効果 International Journal of Hematology. 2000.04; 71 (Suppl.1): 228. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 野口琴未、伊藤真以、東田修二. c-MYC阻害剤の白血病細胞の増殖に対する効果. 第68回日本臨床検査医学会学術集会 2021.11.12 富山

  2. Tatsuya Saito, Mai Itoh, Shuji Tohda. Metformin inhibits the growth of myeloid leukemia cells partly due to suppression of TYRO3 expression. The 24th Congress of the European Hematology Association 2019.06.14 Amsterdam, Holland

  3. Mika Ohtaka, Mai Itoh, Shuji Tohda. BMI1 inhibitors suppress cell growth and Notch signalling of acute leukemia cells. The 46th International Society of Experimental Hematology 2017.08.26 Frankfurt, Germany

  4. Erika Shiratori, Mai Itoh, Mika Ohtaka, Shohei Nogami, Shuji Tohda. Mechanisms of suppressive effects of MYD88 inhibitors on the growth of lymphoma and leukemia cells. The 58th American Society of Hematology 2016.12.04 San Diego, USA

  5. Shohei Nogami, Mai Itoh, Shuji Tohda. Highly sensitive detection of MYD88 mutation by combination of allele-specific PCR and quenching probe method. The 14th Asian Society for Clinical Pathology and Laboratory Medicine Congress 2016.03.26 Taipei, Taiwan

  6. Yuki Okuhashi, Yusuke Takahashi, Mika Ohtaka, Erika Shiratori, Shijun O, Mai Itoh, Shuji Tohda. Effets of GLI1 and CTNNB1 knockdown on Notch signaling and proliferation of AML and T-ALL cell lines. The 56th American Society of Hematology 2014.12.06 San Francisco, USA

  7. Mai Itoh, Yusuke Takahashi, Yuki Okihashi, Shuji Tohda. Effects of hypoxia on HIF, Notch, Akt, and NF-kB signaling in leukemia cell lines. The 55th American Society of Hematology 2013.12.09 New Orleans, USA

  8. Yuki Okuhashi, Mai Itoh, Nobuo Nara, Shuji Tohda. Effects of NOTCH knockdown on the proliferation and mTOR signaling of T-ALL and AML cell lines. The 55th American Society of Hematology 2013.12.07 New Orleans, USA

  9. Akeboshi H, Chiba Y, Kasahara Y, Takaoka Y, Ohsawa M, Kawashima I, Tsuji D, Itoh K, Sakuraba H, Jigami Y. Production of recombinant beta-hexosaminidase A that is applicable to enzyme replacement therapy for GM2 gangliosidosis, in methylotrophic yeast. Annual Conference of The Society for Glycobiology 2006.11 Los Angeles, USA

  10. Murayama K, Shimada Y, Takita H, Otake A, Ohsawa M, Sakuraba H, Yoneya S. Electrophysiological and clinical aspects of adult-form galactosialidosis. The 44th Annual Symposium of International Society for Clinical Electrophysiology of Vision 2006.11 Fontevraud, France

  11. Akeboshi H, Chiba Y, Kasahara Y, Takaoka Y, Ohsawa M, Kawashima I, Tsuji D, Itoh K, Sakuraba H, Jigami Y. Production of recombinant beta-hexosaminidase A that is applicable to enzyme replacement therapy for GM2 gangliosidosis, in methylotrophic yeast. Annual Conference of The Society for Glycobiology 2006.11 Los Angeles, USA

  12. Sakuraba H, Matsuzawa F, Aikawa S, Kotani M, Kawashima I, Ohsawa M, Tajima Y, Chiba Y, Kanzaki T. Structural basis of Fabry disease and corrective effect of yeast recombinant human alpha-galactosidase on Fabry mice. The 10th International Congress of Inborn Errors of Metabolism 2006.09 Chiba, Japan

  13. Kawashima I, Ohsawa M, Kotani M, Tajima Y, Itoh K, Watabe K, Sakuraba H. Establishment of immortalized Schwann cells from Sandhoff mice and corrective effect of recombinant human beta-hexosaminidase A on the accumulated GM2 ganglioside. The 10th International Congress of Inborn Errors of Metabolism 2006.09 Chiba, Japan

  14. Tsuji D, Kuga N, Ohsawa M, Sakuraba H, Itoh K. Analysis of glycoconjugates accumulated in oligodendrocyte precursor cells and Schwann cells derived from Sandhoff disease model mice. The 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and The 11th FAOBMB Congress 2006.06 Kyoto, Japan

  15. Tatano Y, Fujinawa R, Yamamoto H, Kozutsumi Y, Takeuchi N, Tsuta K, Ohsawa M, Sakuraba H, Takahashi T, Takada G, Itoh K. Up-regulation of chemokine and cytokine expression in skin fibroblast derived from Costello syndrome with impaired elastogenesis. The 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and The 11th FAOBMB Congress 2006.06 Kyoto, Japan

  16. Ohsawa M, Koyama T, Nakazawa F, Kamiyama R. 1a,25-dihydroxyvitamin D3 and its potent synthetic analogs downregulate tissue factor and upregulate thrombomodulin expression in monocytic cells, counteracting the effects of tumor necrosis factor and oxidized low-density lipoprotein. Athens Dermatology Symposium 2000.06 Athens, Greece

  17. 伊藤千紗、伊藤真以、東田修二. NOTCH阻害剤SAHM1のTリンパ芽球性白血病細胞の増殖に対する効果. 第68回日本臨床検査医学会学術集会 2021.11.12 富山

  18. 薗田由莉、伊藤真以、東田修二. HOXA9阻害剤による白血病細胞株の増殖抑制作用. 第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020.11.20 岩手

  19. 薗田 由莉, 伊藤 真以, 東田 修二. HOXA9阻害剤による白血病細胞株の増殖抑制作用. 臨床病理 2020.10.01

  20. 白鳥恵理香、伊藤真以、東田修二. TIM-3ノックダウンによるバーキットリンパ腫細胞株の増殖に対する作用の検討. 第66回日本臨床検査医学会学術集会 2019.11.22 岡山

  21. 伊藤真以、白鳥恵理香、東田修二. 白血病細胞におけるチロシンキナーゼAXLの細胞・分子生物学的機能解析. 第66回日本臨床検査医学会学術集会 2019.11.22 岡山

  22. 白鳥 恵理香, 伊藤 真以, 東田 修二. TIM-3ノックダウンによるバーキットリンパ腫細胞株の増殖に対する作用の検討. 臨床病理 2019.10.01

  23. 伊藤 真以, 白鳥 恵理香, 東田 修二. 白血病細胞におけるチロシンキナーゼAXLの細胞・分子生物学的機能解析. 臨床病理 2019.10.01

  24. 大高美香、伊藤真以、東田修二. 種々の白血病細胞の増殖に対するBrequinar sodiumの作用. 第65回日本臨床検査医学会学術集会 2018.11.16 東京

  25. 井原(川口)寛子、伊藤真以、東田修二. 白血病細胞の増殖とNOTCHシグナルに対するCyclosporin Aの作用. 第65回日本臨床検査医学会学術集会 2018.11.16 東京

  26. 白鳥恵理香、伊藤真以、大高美香、東田修二. TIM-3蛋白のバーキットリンパ腫細胞株の増殖における意義の検討. 第65回日本臨床検査医学会学術集会 2018.11.16 東京

  27. 白鳥 恵理香, 伊藤 真以, 大高 美香, 東田 修二. TIM-3蛋白のバーキットリンパ腫細胞株の増殖における意義の検討. 臨床病理 2018.10.01

  28. 大高 美香, 伊藤 真以, 東田 修二. 種々の白血病細胞の増殖に対するBrequinar sodiumの作用. 臨床病理 2018.10.01

  29. 井原 寛子[川口], 伊藤 真以, 東田 修二. 白血病細胞の増殖とNOTCHシグナルに対するCyclosporin Aの作用. 臨床病理 2018.10.01

  30. 白鳥恵理香、大髙美香、伊藤真以、東田修二. リンパ系腫瘍細胞に対するMYD88阻害薬の細胞分子生物学的作用. 第64回日本臨床検査医学会学術集会 2017.11.19 京都

  31. 甲田祐樹、大髙美香、白鳥恵理香、伊藤真以、東田修二. MER チロシンキナーゼ阻害による白血病細胞の増殖抑制作用. 第64回日本臨床検査医学会学術集会 2017.11.17 京都

  32. 大髙美香、白鳥恵理香、伊藤真以、東田修二. siRNAを用いた白血病細胞におけるBMI1の機能解析. 第64回日本臨床検査医学会学術集会 2017.11.17 京都

  33. 大高 美香, 白鳥 恵理香, 伊藤 真以, 東田 修二. siRNAを用いた白血病細胞におけるBMI1の機能解析. 臨床病理 2017.10.01

  34. 白鳥 恵理香, 大高 美香, 伊藤 真以, 東田 修二. リンパ系腫瘍細胞に対するMYD88阻害薬の細胞分子生物学的作用. 臨床病理 2017.10.01

  35. 大高美香、野上祥平、白鳥恵理香、伊藤真以、東田修二. BMI1阻害剤による白血病細胞のアポトーシス誘導を介した増殖抑制作用. 第63回日本臨床検査医学会学術集会 2016.09.04 神戸

  36. 白鳥恵理香、野上祥平、大高美香、伊藤真以、東田修二. MYD88の阻害によるリンパ腫細胞の増殖抑制作用. 第63回日本臨床検査医学会学術集会 2016.09.04 神戸

  37. 野上祥平、白鳥恵理香、大高美香、伊藤真以、東田修二. 白血病細胞でのNOTCHシグナル活性化に伴うmicroRNA発現の変化. 第63回日本臨床検査医学会学術集会 2016.09.04 神戸

  38. 甲田祐樹、大髙美香、白鳥恵理香、伊藤真以、東田修二. 白血病細胞の増殖に対するMERチロシンキナーゼの阻害剤の作用. 第63回日本臨床検査医学会学術集会 2016.09.02 神戸

  39. 野上祥平、井原寛子、王詩淳、白鳥恵理香、大高美香、伊藤真以、東田修二. リンパ系腫瘍におけるMYD88遺伝子変異の新規検査法の開発. 第62回日本臨床検査医学会学術集会 2015.11.21 岐阜

  40. 白鳥恵理香、野上祥平、王詩淳、伊藤真以、東田修二. リンパ腫・白血病細胞株の増殖に対するMYD88阻害薬とBTK阻害薬の作用. 第62回日本臨床検査医学会学術集会 2015.11.20 岐阜

  41. 大高美香、白鳥恵理香、王詩淳、野上祥平、伊藤真以、東田修二. 白血病・リンパ腫細胞に対するBMI1阻害剤の細胞分子生物学的作用. 第62回日本臨床検査医学会学術集会 2015.11.20 岐阜

  42. 奥橋佑基、伊藤真以、細萱茂実、東田修二. Notchシグナル阻害剤に耐性を示す白血病細胞の分子病態. 第62回日本臨床検査医学会学術集会 2015.11.20 岐阜

  43. 王詩淳、野上祥平、白鳥恵理香、大高美香、伊藤真以、東田修二. 白血病細胞における糖転移酵素の発現とNotchシグナル活性化との関連. 第62回日本臨床検査医学会学術集会 2015.11.20 岐阜

  44. 井原寛子、伊藤真以、室橋郁生、東田修二. Quenching probe法を用いたNPM1遺伝子変異の検出. 第61回日本臨床検査医学会学術集会 2014.11.24 福岡

  45. 白鳥恵理香、大高美香、高橋祐介、伊藤真以、東田修二. BCR-ABL融合遺伝子の定量RT-PCR法と定性RT-Nested PCR法での検出感度の比較. 第61回日本臨床検査医学会学術集会 2014.11.24 福岡

  46. 奥橋佑基、高橋祐介、伊藤真以、東田修二. Wntシグナル、Hedgehogシグナル関連遺伝子のノックダウンが及ぼす白血病への効果. 第61回日本臨床検査医学会学術集会 2014.11.24 福岡

  47. 大高美香、高橋祐介、白鳥恵理香、伊藤真以、東田修二. 白血病細胞の増殖に対するBMI1阻害剤の作用. 第61回日本臨床検査医学会学術集会 2014.11.24 福岡

  48. 奥橋佑基、高橋祐介、伊藤真以、東田修二. Notchを標的とするsiRNAを用いた白血病細胞の増殖に対する効果の検討. 第60回日本臨床検査医学会学術集会 2013.11.03 神戸

  49. 高橋祐介、奥橋佑基、伊藤真以、東田修二. 白血病細胞におけるEph/ephrin系とNotch系との相互作用. 第60回日本臨床検査医学会学術集会 2013.11.03 神戸

  50. 伊藤真以、奥橋佑基、高橋祐介、東田修二. 白血病細胞の生存に対するHIF蛋白の役割. 第60回日本臨床検査医学会学術集会 2013.11.03 神戸

  51. 東田修二、大野彩、高橋祐介、奥橋佑基、伊藤真以. チロシンキナーゼ阻害薬投与中の慢性骨髄性白血病患者における微小残存病変検出の3種の遺伝子検査法の比較. 第59回日本臨床検査医学会学術集会 2012.12.02 京都

  52. 大野彩、奥橋佑基、高橋祐介、伊藤真以、東田修二. 白血病細胞の増殖に対するmTOR阻害剤の作用. 第59回日本臨床検査医学会学術集会 2012.12.02 京都

  53. 高橋祐介、奥橋佑基、大野彩、伊藤真以、東田修二. Eph/ephrinの白血病細胞の増殖に対する作用. 第59回日本臨床検査医学会学術集会 2012.12.02 京都

  54. 伊藤真以、奥橋佑基、高橋祐介、大野彩、東田修二. 骨髄微小環境を再現した低酸素培養が白血病細胞に及ぼす影響. 第59回日本臨床検査医学会学術集会 2012.12.02 京都

  55. 奥橋佑基、大野彩、高橋祐介、伊藤真以、東田修二. 白血病細胞におけるNotchシグナルのmTORシグナルへの作用. 第59回日本臨床検査医学会学術集会 2012.12.02 京都

  56. 大野彩、高橋祐介、奥橋佑基、伊藤真以、東田修二. 骨髄増殖性腫瘍におけるJAK2V617F変異の種々の検出法の比較. 第58回日本臨床検査医学会学術集会 2011.11.20 岡山

  57. 高橋祐介、石垣智寛、奥橋佑基、大野彩、伊藤真以、東田修二. BMP4の白血病細胞の増殖に対する作用. 第58回日本臨床検査医学会学術集会 2011.11.19 岡山

  58. 奥橋佑基、大野彩、高橋祐介、伊藤真以、東田修二. 白血病細胞の増殖におけるHedgehogシグナルとNotchシグナルの相互作用. 第58回日本臨床検査医学会学術集会 2011.11.19 岡山

  59. 高橋祐介、石垣智寛、奥橋佑基、大野彩、伊藤真以、東田修二. BMP4の白血病細胞の増殖に対する作用. 第58回日本臨床検査医学会学術集会 2011.11.19 岡山

  60. 奥橋佑基、付王路、伊藤真以、東田修二. Notchシグナル阻害剤による白血病細胞の増殖抑制作用の多様性. 第55回日本臨床検査医学会学術集会 2008.11.29 名古屋

  61. 伊藤真以、奥橋佑基、付王路、東田修二. 白血病細胞におけるNotchリガンド刺激による網羅的な遺伝子発現の変化. 第55回日本臨床検査医学会学術集会 2008.11.29 名古屋

  62. 付王路、奥橋佑基、伊藤真以、東田修二. Notchリガンド刺激による白血病細胞の蛋白と遺伝子発現の変化. 第55回日本臨床検査医学会学術集会 2008.11.29 名古屋

  63. 井原寛子、室橋郁生、伊藤真以、奈良信雄、東田修二. 急性白血病の細胞増殖に対するWntシグナルとNotchシグナルの作用. 第70回日本血液学会総会 2008.10 京都

  64. 川島育夫、大澤真以、福重智子、永山義久、新井田要、神崎保、桜庭均. I-cell病患者由来の培養線維芽細胞における蓄積物質の解析. 第12回日本ライソゾーム病研究会 2006.11 東京

  65. 田北博保、村山耕一郎、斉藤純代、島田佳明、大澤真以、桜庭均、米谷新. ガラクトシアリドーシスの眼所見と網膜機能. 第110回日本眼科学会総会 2006.04 大阪

  66. 大澤真以、小谷政晴、三川浩輝、田島陽一、伊藤孝司、渡部和彦、櫻庭均. Sandhoff病マウス由来Schwann細胞の樹立と組換えヒト・β-ヘキソサミニダーゼの取り込みの解析. 第11回日本ライソゾーム病研究会 2005.12 東京

  67. 桜庭均、大澤真以、川島育夫、田島陽一、小谷政晴、千葉靖典、高柴みな子、地神芳文、福重智子、神崎保. ファブリー病患者線維芽細胞及びファブリー病マウスに対するアガルシダーゼ・アルファとベータの比較. 第48回日本先天代謝異常学会大会 2005.11 熊本

  68. 大澤真以、小谷政晴、田島陽一、辻大輔、石橋靖浩、伊藤孝司、渡部和彦、櫻庭均. Sandhoff病マウス由来Schwann細胞に対する組換えヒト・ヘキソサミニダーゼの治療効果. 第78回日本生化学会大会 2005.10 神戸

  69. 黒木綾、辻大輔、東根ゆかり、大澤真以、桜庭均、伊藤孝司. Sandhoff病マウス由来不死化グリア前駆細胞に対するレンチウィルスベクターによる遺伝子導入効果. 第78回日本生化学会大会 2005.10 神戸

  70. 桜庭均、小谷政晴、田島陽一、大澤真以、伊藤孝司、山田秀雄、永山善久、 神崎保. レクチンおよび特異抗体を用いたリソソーム病蓄積物質の同定とその臨床への応用. 平成16年度都立病院共同研究成果報告会 2005.03 東京

  71. 大澤真以、東田修二、坂野誠治、奈良信雄. 細胞のGM-CSFによる分化に対するNotchシグナルの作用. 第65回日本血液学会総会 2003.10 大阪

  72. 東田修二、大澤真以、坂野誠治、奈良信雄. 急性骨髄性白血病細胞の増殖に対するNotchリガンドの作用. 第65回日本血液学会総会 2003.10 大阪

  73. 大澤真以、東田修二、奈良信雄、坂野誠治. 細胞株の分化に対するNotchシグナルの作用. 第64回日本血液学会総会 2002.09 横浜

  74. 大澤真以、小山高敏、廣澤信作、神山隆一、奈良信雄. 急性前骨髄球性白血病細胞の組織因子・トロンボモジュリン発現に対するヒ素化合物(As2O3)の効果. 第42回日本臨床血液学会総会 2000.11 岡山

  75. 大澤真以、小山高敏、廣澤信作、奈良信雄. 活性型ビタミンD3の抗凝固作用. 第23回日本血栓止血学会学術集会 2000.11 名古屋

  76. 大澤真以、小山高敏、神山隆一、廣澤信作. 組織因子発現の制御-各種プロテアーゼインヒビターの効果. 第62回日本血液学会総会 2000.03 福岡

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 保健衛生学科 血液検査学,2017年 - 現在

  • 医学科 臨床医学導入,2015年 - 現在

  • 医学科 臨床導入実習(PCC),2010年 - 現在

  • 医歯学総合研究科 修士課程 医歯理工保健学専攻 医歯学総合概論,2010年 - 現在

  • 医歯学総合研究科 修士課程 医歯理工保健学専攻 病院実習,2010年 - 2019年

  • 保健衛生学科 臨地実習,2009年 - 現在

▼全件表示