基本情報

写真a

池田 正臣(イケダ マサオミ)

IKEDA Masaomi


職名

講師

生年

1973年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5780

研究室FAX番号

03-5803-0237

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部附属歯科技工士学校  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  摂食機能保存学講座う蝕制御学分野  博士課程

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 歯学部 口腔保健学科 口腔保健工学専攻 口腔保健基礎工学講座 口腔臨床科学 講師
  • 2014年11月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 口腔機能再建工学 講師
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 口腔機能再建工学 講師
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 高濃度フッ化物と金属イオンによる根面う蝕抑制と過石灰化の評価

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2019年

  • 地域医療支援病院の看護職向けCBRNE災害応急対応のための自己学習教材の有用性

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ko AK, Matsui N, Nakamoto A, Ikeda M, Nikaido T, Burrow MF, Tagami J. Effect of silver diammine fluoride application on dentin bonding performance. Dental materials journal. 2020.01; ( PubMed, DOI )

  • Tichy A, Hosaka K, Bradna P, Ikeda M, Abdou A, Nakajima M, Tagami J. Subsequent application of bonding agents to a one-step self-etch adhesive - Its effect with/without previous light-curing Dent Mater. 2019.12; 35 (12): E299-E309. ( PubMed, DOI )

  • Kuno Y, Hosaka K, Nakajima M, Ikeda M, Klein Junior CA, Foxton RM, Tagami J. Incorporation of a hydrophilic amide monomer into a one-step self-etch adhesive to increase dentin bond strength: Effect of application time(和訳中) Dent Mater J. 2019.12; 38 (6): 892-899. ( 医中誌 )

  • Alsandi Q, Ikeda M, Nikaido T, Tsuchida Y, Sadr A, Yui N, Suzuki T, Tagami J. Evaluation of mechanical properties of new elastomer material applicable for dental 3D printer J Mech Behav Biomed Mater. 2019.12; 100 103390. ( PubMed, DOI )

  • Hosaka K, Tichy A, Ikeda M, Nakagawa K, Sadr A, Tagami J, Takahashi M, Sato K, Nishitani Y, Klein-Junior CA, Pashley DH, Nakajima M. Ultra-high-speed videography of resin-dentin interface failure dynamics under tensile load Dent Mater. 2019.07; 35 (7): E153-E161. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 佐藤隆明,高橋礼奈,盧山晨,内山沙紀,馬場雄大,佐藤綾花,池田正臣,髙垣智博,二階堂徹,田上順次. 仮封材およびその除去法がレジンコーティング面に対する接着へ及ぼす影響. 日本歯科保存学会 2019年度秋季大会(第151回) 福岡 2019.11.08 福岡

  • Vicheva M, Sato T, Takagaki T, Baba Y, Ikeda M, Nikaido T, Tagami J. Effect of Repair Systems on Dentin Bonding Performance. 97th General Session & Exhibition of the IADR 2019.06.20 Vancouver, Canada

  • Kobayashi T, Horike A, Takagaki T, Ikeda M, Ozer F, Blatz M, Tagami J. Bond Strength of Self-adhesive Resin Cements to Y-TZP after Etching . 97th General Session & Exhibition of the IADR 2019.06.20 Vancouver, Canada

  • Lyann SK, Takagaki T, Ikeda M, Nikaido T, Hayashi J, Sadr A, Tagami J. Effect of Adhesive-Resin-Cements on Sealing Performance of Lithium-Disilicate Glass-Ceramic to Dentin. 97th General Session & Exhibition of the IADR 2019.06.20 Vancouver, Canada

  • Ko Ko MK, Takagaki T, Uo M, Ikeda M, Nikaido T, Tagami J. Influence of Cleansing Agent on Bond Durability of Saliva-contaminated Zirconia Ceramics.. 97th General Session & Exhibition of the IADR 2019.06.20 Vancouver, Canada

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター発表賞(アントニンティヒー,保坂啓一,池田正臣,中島正俊,田上順次),日本歯科保存学会,2019年06月

  • 優秀ポスター発表賞,センサ・マイクロマシンと応用システム,2018年10月

  • 優秀発表賞,日本歯科技工学会,2014年09月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月

    4年制の歯科技工士養成校であり、国家資格を持つ日本、台湾、大韓民国の3か国の大学6校が集まり、第1回のコンソーシアムを東京医科歯科大学口腔保健工学専攻で主催した。4年制の口腔保健工学の教育についてPanel Discussionと、学部学生や大学院生によるOral Presentation Competetionを開催した。