基本情報

写真a

東堀 紀尚(ヒガシホリ ノリヒサ)

HIGASHIHORI Norihisa


職名

講師

研究室住所

東京都文京区湯島1−5−45

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

歯科矯正学、顎顔面矯正学、先天異常、口唇口蓋裂、顎変形症、顎顔面発生、骨分化

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  2000年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  顎顔面矯正学  博士課程  2004年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 助教
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2006年03月
    平成17年 東京医科歯科大学疾患遺伝子実験センター研究機関研究員 博士研究員
  • 2006年04月
    -
    2006年12月
    平成18年 東京医科歯科大学歯学部附属病院医員 医員
  • 2007年01月
    -
    2010年03月
    加国ブリティッシュコロンビア大学歯学部博士研究員 博士研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • International Association of Dental Research

  • 日本先天異常学会

  • 日本顎関節症学会

  • 口腔病学会

  • 日本顎変形症学会

  • 日本口蓋裂学会

  • 日本矯正歯科学会

  • 東京矯正歯科学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2012年05月
    日本矯正歯科学会 IOC日本招致ワーキンググループ
  • 2011年04月
    -
    2017年03月
    日本矯正歯科学会 国際渉外委員会
  • 2012年08月
    -
    2020年12月
    日本矯正歯科学会 IOC組織委員会
  • 2017年03月
    -
    2019年03月
    日本矯正歯科学会 歯科矯正用アンカースクリューワーキンググループ
  • 2018年04月
    -
    2021年03月
    日本矯正歯科学会 財務委員会
  • 2020年04月
    -
    現在
    日本矯正歯科学会 臨床疫学臨床•疫学研究倫理審査委員会
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京矯正歯科学会 学術委員会
  • 2022年04月
    -
    現在
    日本矯正歯科学会 国際渉外委員会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 成長、発育系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本矯正歯科学会指導医

  • 日本矯正歯科学会認定医

  • 歯科医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 標的指向型liposomeを用いたリラキシンによる口蓋瘢痕組織新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • ミニブタ歯牙移動実験系を用いた矯正用Hap/Colオンプラントの実用性の検証

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • エピジェネティック機構の破綻が顎顔面発生過程に与える影響

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 顎成長の調和の破綻を来すバイオメカニズムのゲノム・フェノム統合解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • 顎顔面発生におけるエピジェネティック制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • ナノサイエンスを応用した新規顎顔面領域の縫合部制御法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • エピゲノムからみた顎顔面領域の先天性疾患~ヒストンメチル化酵素の役割~

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • ゲノム・ナノサイエンスを応用した顎顔面先天異常に対する分子標的治療開発の基盤創成

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2013年

  • ゲノム・フェノーム統合解析に立脚した顎顔面非対称の成立機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 異常なエピジェネティック制御機構が引き起こす口蓋裂発症メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • ナノサイエンスを応用した新規顎顔面領域の縫合部制御法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 顎顔面領域におけるエピジェネティックな見地からみた上皮間葉ネットワークの解明

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kano Sakurako, Higashihori Norihisa, Thiha Phyo, Takechi Masaki, Iseki Sachiko, Moriyama Keiji. The role of the histone methyltransferase SET domain bifurcated 1 during palatal development BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS. 2022.04; 598 74-80. ( DOI )

  2. Thiha P, Higashihori N, Kano S, Moriyama K. Histone methyltransferase SET domain bifurcated 1 negatively regulates parathyroid hormone/parathyroid hormone-related peptide receptor to control chondrocyte proliferation in Meckel’s cartilage Archives of Oral Biology . 2021.08; 131 105251. ( DOI )

  3. Watanabe M, Hong C, Liu Z, Takao C, Suga T, Huyen Tu TT, Yoshikawa T, Takenoshita M, Sato Y, Higashihori N, Moriyama K, Motomura H, Toyofuku A. Case Report: Iatrogenic Dental Progress of Phantom Bite Syndrome: Rare Cases With the Comorbidity of Psychosis. Frontiers in Psychiatry. 2021.07; 12 701232. ( PubMed, DOI )

  4. Takayuki Suga, Trang Thi Huyen Tu, Miho Takenoshita, Norihisa Higashihori, Yuji Kabasawa, Takashi Ono, Keiji Moriyama, Akira Toyofuku. Psychosocial indication for orthognathic surgery in patients with psychiatric comorbidities. Psychiatry Clin Neurosci. 2020.11; 74 (11): 621-623. ( PubMed, DOI, 医中誌 )

  5. Teramoto A, Suzuki S, Higashihori N, Ohbayashi N, Kurabayashi T, Moriyama K. 3D evaluation of the morphological and volumetric changes of the tongue and oral cavity before and after orthognathic surgery for mandibular prognathism: a preliminary study. Progress in Orthodontics . 2020.08; 21 (1): 30. ( PubMed, DOI )

  6. Takahashi Y, Higashihori N, Yasuda Y, Takada JI, Moriyama K. Examination of craniofacial morphology in Japanese patients with congenitally missing teeth: a cross-sectional study. Progress in orthodontics. 2018.10; 19 (1): 38. ( PubMed, DOI )

  7. Higashihori N, Takada JI, Katayanagi M, Takahashi Y, Moriyama K. Frequency of missing teeth and reduction of mesiodistal tooth width in Japanese patients with tooth agenesis. Progress in orthodontics. 2018.08; 19 (1): 30. ( PubMed, DOI )

  8. Kamata H, Higashihori N, Fukuoka H, Shiga M, Kawamoto T, Moriyama K. Comprehending the three-dimensional mandibular morphology of facial asymmetry patients with mandibular prognathism. Progress in orthodontics. 2017.12; 18 (1): 43. ( PubMed, DOI )

  9. Higashihori N, Lehnertz B, Sampaio A, Underhill T M, Rossi F, Richman J M . Methyltransferase G9A Regulates Osteogenesis via Twist Gene Repression. Journal of Dental Research. 2017.09; 96 (10): 1136-1144. ( PubMed, DOI )

  10. Yahiro K, Higashihori N, Moriyama K. Histone methyltransferase Setdb1 is indispensable for Meckel's cartilage development. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2017.01; 482 (4): 883-888. ( PubMed, DOI )

  11. Sato M, Baba Y, Haruyama N, Higashihori N, Tsuji M, Suzuki S, Moriyama K. Clinicostatistical analysis of congenitally missing permanent teeth in Japanese patients with cleft lip and/or palate Orthodontic Waves. 2016.06; 75 (2): 41-45.

  12. Erika Suzuki-Okamura, Norihisa Higashihori, Tatsuo Kawamoto, Keiji Moriyama. Three-dimensional analysis of hard and soft tissue changes in patients with facial asymmetry undergoing 2-jaw surgery. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2015.09; 120 (3): 299-306. ( PubMed, DOI )

  13. Shiying Liu, Norihisa Higashihori, Kohei Yahiro, Keiji Moriyama. Retinoic acid inhibits histone methyltransferase Whsc1 during palatogenesis. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2015.03; 458 (3): 525-530. ( PubMed, DOI )

  14. Higashihori N, Buchtova M, Richman JM. The function and regulation of TBX22 in avian frontonasal morphogenesis. Dev Dyn. 2010.02; 239 (2): 458-473. ( PubMed, DOI )

  15. Mukai-Higashihori K, Baba Y, Tetsumura A, Tsuji M, Ishizaki T, Higashihori N, Ohbayashi N, Kurabayashi T, Suzuki S, Ohyama K. Ultrasonographic assessment of new bone formation in maxillary distraction osteogenesis. J Oral Maxillofac Surg. 2008.08; 66 (8): 1750-1753. ( PubMed, DOI )

  16. Higashihori N, Song Y, Richman JM. Expression and regulation of the decoy bone morphogenetic protein receptor BAMBI in the developing avian face. Developmental Dynamics. 2008.05; 237 (5): 1500-1508. ( PubMed, DOI )

  17. Suda N, Handa S, Higashihori N, Ogawa T, Tsuji M, Ohyama K.. Orthodontic treatment of a patient with Stickler syndrome. The Angle Orthodontist. 2007.09; 77 (5): 931-939. ( PubMed, DOI )

  18. Ohkuma M, Funato N, Higashihori N, Murakami M, Ohyama K, Nakamura M. Unique CCT repeats mediate transcription of the TWIST1 gene in mesenchymal cell lines. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2007.01; 352 (4): 925-931. ( PubMed, DOI )

  19. Funato N, Twigg SR, Higashihori N, Ohyama K, Wall SA, Wilkie AO, Nakamura M. Functional analysis of natural mutations in two TWIST protein motifs. Hum Mutat. 2005.06; 25 (6): 550-556. ( PubMed, DOI )

  20. Takahashi E, Funato N, Higashihori N, Hata Y, Gridley T, Nakamura M. Snail regulates p21(WAF/CIP1) expression in cooperation with E2A and Twist. Biochem Biophys Res Commun. 2004.12; 325 (4): 1136-1144. ( PubMed, DOI )

  21. Suda N, Matsuda A, Yoda S, Ishizaki T, Higashihori N, Kim F, Otani-Saito K, Ohyama K. Orthodontic treatment of a case of Becker muscular dystrophy Orthodontics & Craniofacial Research. 2004; 7 (1): 55-62.

  22. 秋山咲子、東堀紀尚、疋田理奈、伊藤洋介、門田千穂、高橋由記、松本力、森山啓司. 上下顎移動術を施行した顔面非対称を伴う顎変形症患者の鼻形態に対する三次元解析 日本顎変形症学会雑誌. 2018.12; 28 (4): 259-268. ( DOI 医中誌 )

  23. 東堀紀尚. 東京医科歯科大学歯科講演会『顎顔面矯正学の現在と未来-顎顔面矯正学分野のめざすもの』-2:顎変形症患者への外科的矯正治療 矯正臨床ジャーナル. 2016.06; 32 (6): 11-20.

  24. 三上 智彦、福岡 裕樹、東堀 紀尚、川元 龍夫、森山 啓司. 上顎前歯部歯槽骨切り術を適応した骨格性下顎後退症患者の側貌軟組織変化 日本顎変形症学会雑誌. 2015.03; 25 (1): 17-31. ( DOI )

  25. 冨永直子, 川元龍夫, 東堀紀尚, 福岡裕樹, 森山啓司. 開咬を伴う骨格性下顎前突症例に対する下顎枝矢状分割術後の長期安定性について 日本顎変形症学会雑誌. 2012.12; 22 (4): 255-263. ( DOI )

  26. 山田大輔, 東堀紀尚, 鈴木剛史, 鈴木聖一, 川元龍夫, 森山啓司. Le Fort I型骨切り術を併用し上下顎移動術を行った骨格性下顎前突症例の鼻形態変化に対する三次元的検討 日本顎変形症学会雑誌. 2012.03; 22 (1): 12-19. ( DOI )

  27. Higashihori N. [Regulation of p21(WAF1/CiP1) expression during cellular differentiation] Kokubyo Gakkai Zasshi. 2005.03; 72 (1): 42-48. ( PubMed )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 森山啓司 編著/上園将慶、小笠原毅、庄司あゆみ、東堀紀尚 他執筆. 症例でわかる歯科矯正用アンカースクリュー活用術. 医歯薬出版株式会社, 2019.11 (ISBN : 978-4-263-44574-7)

  2. 後藤滋巳,清水典佳,槇宏太郎,森山啓司,石川博之,東堀紀尚 他. 矯正歯科治療この症例にこの装置 第2版. 医歯薬出版株式会社, 2017.11 (ISBN : 978-4-263-44514-3)

  3. 後藤滋巳,清水典佳,槇宏太郎,森山啓司,石川博之,森山啓司、宮澤健、槇宏太郎、石川博之, 東堀紀尚 他. 安心・安全歯科矯正用アンカースクリューこの症例にこの方法. 医歯薬出版株式会社, 2013.01

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Thiha P, Higashihori N, Kano S, Moriyama K. Histone methyltransferase SETDB1 negatively regulates PTH/PTHrP receptor in chondrocytes. The 68th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2020.11.07 virtual congress

  2. Kadota-Watanabe C, Higashihori N, Kang J, Ogawa T, Yoda T, Moriyama K. A skeletal Class II open bite case in which functional disharmony was improved after surgical-orthodontic treatment. The 59th Congress of the Korean Association of Maxillofacial Plastic and Reconstructive Surgeons 2020.10.29 e-conference

  3. Kano S, Higashihori N, Ogura K, Kadota-Watanabe C, Matsumoto T, Takahara N, Yoda T, Moriyama K. Skeletal mandibular retrognathic cases in which occlusion and respiratory function during sleep were improved after surgical-orthodontic treatment . The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  4. Kamimoto H, Higashihori N, Akiyama S, Ogasawara T, Kadota-Watanabe C, Matsumoto T, Moriyama K. Usefulness of the Index of Orthognathic Functional Treatment Need in Surgical-Orthodontic Treatment for Japanese Skeletal Class III Patients: A Retrospective Study. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  5. Funahashi K, Kobayashi Y, Niki Y, Higashihori N, Nakakuki K,Yoda T, Moriyama K. A Case Report of Severe Class II Malocclusion Treated with Anterior Segmental Maxillary Osteotomy and Genioplasty. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  6. Arimura M, Yoshizawa Araki M, Unnai Yasuda Y, Higashihori N, Ogawa T, Moriyama K. A Survey of Unilateral Cleft Lip and Palate Patients Who Missed Orthodontic Management Until the Permanent Dentition Stage. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  7. Higashihori N, Yahiro K, Phyo Thiha, Kano S, Moriyama K. Histone Methyltransferase SETDB1 is Crucial for Craniofacial Development. 97th General Session & Exhibition of International Association for Dental Research 2019.06.19 Vancouver, Canada

  8. Higashihori N, Moriyama K. Long-term management of occlusion after surgical-orthodontic treatment for jaw deformity patient with schizophrenia: a case report. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) 2018.03.05 Boracay, Phillipines

  9. Hikita R, Higashihori N, Kadota C, Akiyama S, Takahashi Y, Ito Y, Moriyama K. Effects of tongue-jaw bone relationship on respiratory function during sleep after orthognathic surgery in patients with mandibular prognathism: Comparison between one-jaw and two-jaw surgery. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) 2018.03.05 Boracay, Phillipines

  10. Ito Y, Takahashi Y, Hikita R, Watanabe C, Akiyama S, Higashihori N, Moriyama K. Long-term changes in clinical crown height after surgical orthodontic treatment for mandibular prognathism. The 10th Asia Pacific orthodontic Conference and 11th Annual Meeting of the Indonesian Association of Orthodontists 2016.09.03 Bali,Indonesia

  11. Higashihori N, Hikita R, Moriyama K. Surgical-orthodontic treatment for facial asymmetry patient whose occlusal plane canted opposite to the mandibular deviation. The 10th Asia Pacific orthodontic Conference and 11th Annual Meeting of the Indonesian Association of Orthodontists 2016.09.03 Bali,Indonesia

  12. Yuki Takahashi, Norihisa Higashihori, Keiji Moriyama. Correction of a high-angle class II malocclusion with condylar resorption using a skeletal anchorage system. 2015 APOS (Asian Pacific Orthodontic Society) Resident Forum 2015.12.04 Taiwan

  13. Chiho Watanabe, Norihisa Higashihori, Rina Hikita, Tsutomu Matsumoto, Yosuke Ito, Tatsuo Kawamoto, Keiji Moriyama. Long-term observations after surgical orthodontic treatment for mandibular prognathism with facial asymmetry. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London

  14. Tsutomu Matsumoto, Norihisa Higashihori, Rina Hikita, Chiho Watanabe, Jun Miyamoto, Tatsuo Kawamoto, Shoichi Suzuki, Keiji Moriyama. Three-dimensional analysis of lower lip movement during articulation in patients with mandibular prognathism by motion capture system. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London

  15. Chiho Watanabe, Norihisa Higashihori, Rina Hikita, Tsutomu Matsumoto, Yosuke Ito, Tatsuo Kawamoto and Keiji Moriyama. Long-term Observations After Surgical Orthodontic Treatment For Mandibular Prognathism With Facial Asymmetry. International Seminar on Cleft Lip and/or Plate and Related Craniofacial Anomalies 2015.06.08 Tokyo

  16. 14. Liu S, Higashihori N, Moriyama K. Retinoic acid inhibits histone methyltransferase Whsc1 during palatogenesis. 第62回国際歯科研究学会日本支部会総会・学術大会 2014.12.04

  17. Higashihori N, Katayanagi M, Takada J, Moriyama K. Variation in tooth number and size in NTA patients. International Orthodontic Forum 2014.11.21

  18. Takahashi Y, Higashihori N, Komazaki Y, Takada J, Moriyama K. Examination of craniofacial morphology in tooth agenesis patients. 90th Congress of the European Orthodontic Society 2014.06.18

  19. 1. Kamata H, Fukuoka H, Shiga M, Higashihori N, Kawamoto T, Moriyama K. Three-dimensional analysis of mandibular morphology in patients with facial asymmetry and mandibular prognathism. The 45th Annual Scientific Congress of Korean Association of Orthodontists 2012.11.01

  20. Higashihori N, Nakayama Y, Fukuoka H, Kawamoto T, Moriyama K. Long-term stability of occlusion after sagittal split ramus osteotomy for mandibular prognathism. XIV International Symposium on Dentofacial Development and Function 2012.09.20

  21. Kataoka K, Ogawa T, Haruyama N, Kobayahsi Y, Higashihori N, Moriyama K. Post operative stability of maxillary intraoral distraction osteogenesis in cleft lip and palate patients. The 14th International Symposium on Dentofacial Development and Function. Beijing 2012.09.19

  22. Mikami T, Higashihori N, Fukuoka H, Kawamoto T, Moriyama K. Soft tissue profile changes following anterior segmental maxillary osteotomy in mandibular retrognathia patients. The 14th International Symposium on Dentofacial Development and Function 2012.09.19

  23. Kataoka K, Ogawa T, Baba Y, Higashihori N, Suzuki S, Moriyama K. Ultrasonographic monitoring for bony healing after maxillary distraction osteogenesis in an adult cleft lip and palate case. 9th European Craniofacial Congress 2011.09.14

  24. Higashihori N, Buchtová M, Richman JM. A role of TBX22 during avian frontonasal prominence morphogenesis. 第34回日本口蓋裂学会総会 2010.05.27

  25. Higashihori N, Lehnertz B, Rossi FM, Richman JM. G9a negatively regulates osteoblast differentiation. UBC Dentistry Research Day 2009.01.27

  26. Higashihori N, Buchtova M, Richman JM. Function of human TBX22 during chicken facial development. 86th General Session & Exhibition of the International Association of Dental Research 2008.07.02

  27. Higashihori N, Song Y-P, Richman JM. Regulation and Function of a BMP Receptor Antagonist in the Face. UBC Dentistry Research Day 2008.01.29

  28. Higashihori N, Funato N, Nakamura M, Ohyama K. Transcriptional regulation of p21Waf1/Cip1 by basic helix-loop-helix factors. 84th General Session & Exhibition of the International Association of Dental Research 2006.07.01

  29. Mukai K, Baba Y, Tsuji M, Ishizaki T, Higashihori N, Tetsumura A, Ohbayashi N, Kurabayashi T, Suzuki S, Ohyama K. Ultrasonographic observation after distraction osteogenesis in maxillary region. 84th General Session & Exhibition of the International Association of Dental Research 2006.07.01

  30. Ohkuma M, Higashihori N, Funato N, Nakamura M, Ohyama K. Regulation of Twist-1 expression in osteoblast differentiation. 84th General Session & Exhibition of the International Association of Dental Research 2006.07.01

  31. 73. Inoue MS, BabaY, Gereltzul E, Tsuji M, Shin I, Higashihori N, Ohkuma M, Ohyama K. A report of patient with 18q interstitial deletion and ring chromosome mosaicism. The 45th Annual Meeting of the Japanese Teratology Society 2005.07.14

  32. 仁木 佑紀, 東堀 紀尚, 井上 貴裕, 堀 夏菜子, 門田 千穂, 森山 啓司. 骨格性II級患者における顎態および硬軟組織バランスが睡眠時呼吸動態に及ぼす影響. 第32回特定非営利活動法人日本顎変形症学会 2022.06.09 新潟

  33. 井上 貴裕, 東堀 紀尚, 武内 聡佳, 中久木 康一, 依田 哲也, 森山 啓司. 骨格性下顎前突症を伴う顔面片側萎縮症患者に対し外科的矯正治療を施行した一症例. 第32回特定非営利活動法人日本顎変形症学会 2022.06.09

  34. 狩野 桜子, 東堀 紀尚, 森山 啓司. ヒストンメチル化酵素SETDB1が口蓋発生に与える影響. 第46回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2022.05.26

  35. 狩野桜子、東堀紀尚、ピョティハ、武智正樹、井関祥子、森山啓司. 口蓋の発生過程におけるヒストンメチル化酵素SETDB1の役割. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web開催

  36. 舩橋健太、吉澤英之、紙本裕幸、大河原愛奈、井上貴裕、横内里帆、佐川夕季、姜順花、東堀紀尚、小川卓也、森山啓司. 新型コロナウイルス感染症流行下における当分野の感染予防対策と矯正歯科診療活動状況. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03

  37. 東堀紀尚. 顎関節の形態と機能に配慮した外科的矯正治療を目指して. 第31回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2021.06.11 宮城 / Web開催

  38. 松村健二郎、松本力、門田千穂、井上貴裕、東堀紀尚、森山啓司. 上顎骨単独の顎矯正手術を施行した骨格性Ⅱ級患者の術後安定性について. 第31回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2021.06.11 宮城県仙台市(仙台国際センター)/ Web開催

  39. 井上貴裕、門田千穂、松本力、松村健二郎、東堀紀尚、森山啓司. 顔面非対称を伴う顎変形症症例における術前後の頬部軟組織形態変化の三次元解析. 第31回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2021.06.11 宮城県仙台市(仙台国際センター)/WEB

  40. 松村 健二郎, 松本 力, 門田 千穂, 井上 貴裕, 東堀 紀尚, 森山 啓司. 上顎骨単独の顎矯正手術を施行した骨格性II級患者の術後安定性について. 日本顎変形症学会雑誌 2021.05.01

  41. 東堀 紀尚. 顎変形症と顎関節疾患のインターフェイスを探る 顎関節の形態と機能に配慮した外科的矯正治療を目指して. 日本顎変形症学会雑誌 2021.05.01

  42. 門田千穂、東堀紀尚、小笠原毅、紙本裕幸、秋山秀平、松本力、森山啓司. 下顎骨前方移動術を適用した骨格性Ⅱ級症例の術後安定性と下顎頭形態変化の関連性について. 第30回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2020.06.24 Webinar開催

  43. 東堀紀尚. 骨格性下顎前突症に対する外科的矯正治療の難易度を矯正歯科医の視点から考察する. 第30回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2020.06.24 Webinar開催

  44. 狩野桜子、東堀紀尚、小倉健司、門田千穂、松本力、高原楠旻、依田哲也、森山啓司. 骨格性下顎後退症患者に対し上顎骨およびオトガイ部への顎矯正手術を併用し外科的矯正治療を施行した2症例. 第30回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2020.06.24 Webinar開催

  45. 門田千穂、小川卓也、姜順花、東堀紀尚、依田哲也、森山啓司. 顎口腔機能の不調和を伴う骨格性II級開咬症に上顎骨単独の顎矯正手術を併用した外科的矯正治療の一例. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  46. 紙本裕幸、東堀紀尚、早川大地、依田哲也、森山啓司. 吸指癖を伴う骨格性開咬症例に対し上下顎移動術による外科的矯正治療を行った一症例. 第78回東京矯正歯科学会学術大会 2019.07.11 東京都千代田区

  47. 秋山咲子、東堀紀尚、疋田理奈、伊藤洋介、門田千穂、高橋由記、松本力、森山啓司. 上下顎移動術を施行した顔面非対称を伴う顎変形症患者の鼻形態に対する三次元解析. 第29回日本顎変形症学会総会・学術大会 2019.06.08 東京都千代田区

  48. 松本力、小笠原毅、木下理恵、富永千慧、門田千穂、東堀紀尚、森山啓司. 顎変形症患者における顎顔面形態および顎口腔機能の主観的評価に関するアンケート調査. 第29回日本顎変形症学会総会・学術大会 2019.06.08 東京都千代田区

  49. 秋山秀平、東堀紀尚、疋田理奈、小笠原毅、木下理恵、富永千慧、松本力、森山啓司. 骨格性下顎後退症患者における外科的矯正治療に伴う硬軟組織の位置変化が睡眠時呼吸動態に及ぼす影響. 第29回日本顎変形症学会総会・学術大会 2019.06.08 東京都千代田区

  50. 荒木美祐、東堀紀尚、雲内(保田)裕子、有村恵、紙本裕幸、松本英和、小川卓也、森田圭一、依田哲也、森山啓司. 成人期に至るまで咬合管理がなされず外科的矯正治療により咬合改善を図った片側性口唇口蓋裂の一症例. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 新潟県新潟市

  51. 有村恵、荒木美祐、雲内(保田)裕子、東堀紀尚、小川卓也、森山啓司. 当科における永久歯列期まで矯正歯科的管理がなされなかった口唇裂・口蓋裂患者の実態調査  . 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 新潟県新潟市

  52. 中村留理子、小林起穂、紙本裕幸、疋田理奈、東堀紀尚、高原楠旻、樺沢勇司、森山啓司. 外科的急速拡大およびtwo-jaw surgeryを施行した上顎狭窄歯列弓を伴う骨格性Ⅲ級開咬症例. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  53. 仁木佑紀、東堀紀尚、上園将慶、五十嵐七瀬、稲垣有美、井上雅葵、会坂善也、バダラフノミン、小林起穂、辻美千子、森山啓司. 顎関節形成不全の重症度により分類したoculo-auriculo-vertebral spectrum患者の顎顔面形態に関する検討. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  54. 寺本アイリ、松本力、門田千穂、東堀紀尚、鈴木聖一、大林尚人、倉林亨、森山啓司. 骨格性下顎前突症例における手術前後の舌体積、口腔容積変化の観察-シリコン印象法を用いた検討-. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  55. 秋山秀平、荒木美祐、保田裕子、東堀紀尚、辻美千子、小川卓也、森山啓司. 当分野における過去10年間の初診患者の実態調査. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  56. 幸田直己、東堀紀尚、松村健二郎、有村恵、秋山秀平、上園将慶、鈴木聖一、森山啓司. 当分野における10年間の歯科矯正用アンカースクリュー使用状況. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  57. 6. 門田千穂, 東堀紀尚, 疋田理奈, 秋山咲子, 木下理恵, 林エンテイ, 高橋由記, 伊藤洋介, 森山啓司. 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症の中期的術後変化について―下顎枝矢状分割術単独と上下顎移動術の比較 . 第28回日本顎変形症学会総会・学術大会 2018.06.14 大阪府大阪市

  58. 木下理恵、東堀紀尚、門田千穂、疋田理奈、高橋由記、秋山咲子、伊藤洋介、森山啓司.. 骨格性下顎後退症患者の側貌軟組織変化:下顎骨前方移動術と上顎前歯部歯槽骨切り術との比較. 第28回日本顎変形症学会総会・学術大会 2018.06.14 大阪府大阪市

  59. 伊藤洋介、東堀紀尚、金澤学、樺沢勇司、森山啓司. 下顎枝矢状分割術による外科的矯正治療を行った大臼歯部の咬合支持喪失を伴う骨格性Ⅲ級不正咬合の一症例. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  60. 八尋浩平、東堀紀尚、森山啓司. メッケル軟骨の発生過程に及ぼすヒストンメチル化酵素Setdb1の影響とBMPシグナルの関与. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  61. 林婉婷、辻美千子、庄司あゆみ、東堀紀尚、森山啓司. 過去10年間に当分野を受診した埋伏歯を有する患者の臨床統計学的検討. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  62. 東堀紀尚. 外科的矯正治療による顎顔面形態と機能の調和. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  63. 寺本アイリ、秋山咲子、高橋由記、門田千穂、伊藤洋介、東堀紀尚、鈴木聖一、大林尚人、倉林亨、森山啓司. シリコン印象法を用いた舌と口腔形態との相関関係に関する研究. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  64. 庄司あゆみ、東堀紀尚、林婉婷、辻美千子、森山啓司. 上顎埋伏犬歯の診断・治療に関する歯科矯正学的検討. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  65. 高橋由記、東堀紀尚、舩橋健太、松村健二郎、伊藤洋介、上園将慶、門田千穂、秋山咲子、疋田理奈、鈴木聖一、森山啓司. 骨格性Ⅱ級不正咬合患者の発音時における口腔周囲軟組織動態の解析. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  66. 東堀紀尚、疋田理奈、門田千穂、秋山咲子、高橋由記、伊藤洋介、森山啓司. 骨格性下顎前突患者に対する外科的矯正治療による呼吸機能動態変化-主観的評価と客観的評価の比較-. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  67. 寺本アイリ、秋山咲子、高橋由記、門田千穂、伊藤洋介、東堀紀尚、鈴木聖一、大林尚人、倉林亨、森山啓司. シリコン印象材を用いた舌体積、口腔容積計測の試み. 第76回東京矯正歯科学会学術大会 2017.07.13 東京都千代田区

  68. 高橋由記. 骨格性上顎前突症患者におけるモーションキャプチャーを用いた発音時口唇動態解析の試み. 第27回日本顎変形症学会総会・学術大会 2017.06.16 東京都江東区

  69. 八尋浩平、東堀紀尚、森山啓司. 顎顔面発生過程におけるヒストンメチル化酵素Setdb1の役割. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島

  70. 髙橋由記、東堀紀尚、森山啓司. 矯正用インプラントアンカー(仮称)を併用し治療を行った下顎頭変形症を伴う廃アングルII級症例. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島

  71. 小笠原毅、伊藤洋介、浅見拓也、東堀紀尚、鈴木聖一、樺沢勇司、原田浩之、森山啓司. 硬軟組織シミュレーションを導入して外科的矯正治療を施行した顔面非対称症例の術後硬軟組織の三次元的検討. 第75回東京矯正歯科学会学術大会 2016.07.14 東京

  72. 秋山咲子、東堀紀尚、疋田理奈、渡辺千穂、高橋由記、伊藤洋介、森山啓司. 上下顎移動術を施行した顔面非対称を伴う顎変形症患者の鼻形態に対する三次元解析. 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会 2016.06.25

  73. 伊藤洋介、高橋由記、疋田理奈、渡辺千穂、秋山咲子、東堀紀尚、森山啓司. 長期術後経過からみた骨格性下顎前突症例の臨床的歯冠長変化-下顎枝矢状分割術単独と上下顎移動術の比較. 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会 2016.06.24 東京

  74. 東堀紀尚. 多数歯欠損を伴う顎変形症に対する治療計画の立案 . 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会 2016.06.24 東京

  75. 八尋浩平、東堀紀尚、森山啓司. ヒストンメチル化酵素SETDB1が顎顔面発生過程に及ぼす影響. 第80回口腔病学会学術大会 2015.12.25 東京

  76. 東堀紀尚,劉世頴,八尋浩平,森山啓司. ヒストンメチル化酵素Whsc1はレチノイン酸による口蓋裂発症に関与する. 第55回先天異常学会学術集会 2015.07.26 神奈川

  77. 上園将慶,松本力,東堀紀尚,鈴木聖一,樺沢勇司,原田清,森山啓司. 上顎前歯部歯槽骨切り術によって上顎の著しい前突感が改善された1症例-三次元再構築画像を用いた軟組織変化の検討-. 第74回東京矯正学会学術大会 2015.07.16 東京

  78. 東堀紀尚. 顎変形症治療における併発症の要因とその予防法~ 矯正歯科医の立場から~. 第25回日本顎変形症学会総会・学術大会 2015.06.04 東京

  79. 疋田理奈、東堀紀尚、宮本順、福岡裕樹、高橋由記、渡辺千穂、伊藤洋介、松本力、川元龍夫、森山啓司. 外科的矯正治療に伴う呼吸器能動態に舌の位置変化が与える影響. 第25回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2015.06.04 東京

  80. 高橋由記、伊藤洋介、東堀紀尚、松本力、疋田理奈、渡辺千穂、松本力、川元龍夫、森山啓司. 下顎枝矢状分割術を施行した骨格性下顎前突症例の長期術後経過からみた臨床的歯冠長の変化. 第25回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2015.06.04 東京

  81. 伊藤洋介,森下真紀,澤田紘美,東堀紀尚,川元龍夫,森山啓司. 上顎前歯部歯槽骨切り術と下顎枝矢状 分割術の併用により外科的矯正治療を行った骨格性 II 級不正咬合の一症例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20

  82. 駒﨑裕子,高橋由記,東堀紀尚,川元龍夫,森山啓司. 馬蹄形骨切り併用上下顎移動術を行い長期にわたり良好な咬合状態を維持した骨格性 II 級ハイアングル症例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20

  83. 片柳みなみ,東堀紀尚,高田潤一,森山啓司. 非症候群性部分性無歯症患者における欠損頻度および歯冠幅径に関する検討. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20

  84. 疋田理奈,東堀紀尚,福岡裕樹,宮本順,川元龍夫,森山啓司. 外科的矯正治療に伴う舌骨の位置変化が睡眠時呼吸動態に及ぼす影響. 第24回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2014.06.10 東京

  85. 渡辺千穂,東堀紀尚,疋田理奈,川元龍夫,森山啓司. 下顎非対称を伴う骨格性下顎前突症の長期術後変化について. 第24回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2014.06.10 東京

  86. 松本静,東堀紀尚,高田潤一,八尋浩平,志賀百年,辻美千子,森山啓司. 非症候性部分性無歯症の臨床的特徴について-当科における患者動向に関する実態調査−. 第72回日本矯正歯科学会大会 2013.10.07

  87. 植野智子,東堀紀尚,福岡裕樹,鈴木聖一,森山啓司. 下顎頭変形を伴うII級不正咬合に対し上顎前歯部歯槽骨切りによる外科的矯正治療を行った一症例. 第72回日本矯正歯科学会大会 2013.10.07

  88. 片岡恵一,東堀紀尚,小川卓也,佐藤豊,原田清,森山啓司. Le Fort I型骨切り術により顎裂閉鎖と上顎骨延長を行い咬合の改善を図った片側性口唇口蓋裂の一症例. 第72回日本矯正歯科学会大会 2013.10.07

  89. 片柳みなみ,高田潤一,東堀紀尚,池田安紀津,Tsasan Tumurkhuu,志賀百年,辻美千子,森山啓司. 非症候性部分性無歯症の臨床的特徴について-家族歴、欠如部位および歯冠形態に関する検討. 第72回日本矯正歯科学会大会 2013.10.07

  90. 7. 髙橋由記,東堀紀尚,高田潤一,幸田直己,森下真紀,志賀百年,辻美千子,森山啓司. 非症候性部分性無歯症の臨床的特徴について−顎顔面形態に関する検討−. 第72回日本矯正歯科学会大会 2013.10.07

  91. 松本力,東堀紀尚,川元龍夫,鈴木聖一,森山啓司. 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症患者における中顔面部の三次元形態解析. 第47回日本口腔科学会関東地方部会 2013.09.28

  92. 中山友美子,川元龍夫,福岡裕樹,東堀紀尚,森山啓司. 下顎枝矢状分割術を施行した骨格性下顎前突症例の長期術後経過からみた咬合安定性の検討. 第71回日本矯正歯科学会大会 2012.09.26

  93. 片岡恵一, 小川卓也, 春山直人,小林起穂、,阿彦希, 大宅彩,東堀紀尚、,森山啓司. 創内型装置を用いて上顎骨延長法を行った口唇裂・口蓋裂症例における術後変化. 第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2012.05.24

  94. 茂木和久,川元龍夫,東堀紀尚,森山啓司. 東京医科歯科大学歯学部附属病院顎顔面矯正学分野を受診し下顎頭変形を認めた不正咬合患者に関する臨床統計学的検討. 第24回日本顎関節学会総会・学術大会 2011.07.23

  95. 川元龍夫,鈴木剛史,岡村江里花,中山友美子,茂木和久,山田大輔,東堀紀尚,森山啓司. 東京医科歯科大学顎顔面矯正学分野における31年間の顎変形症治療に関する検討. 第21回日本顎変形症学会総会・30周年記念国際シンポジウム 2011.06.16

  96. 岡村絵里花,川元龍夫,山田大輔,東堀紀尚,森山啓司. 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突患者における顎矯正手術前後の硬軟組織変化に対する三次元的解析. 第21回日本顎変形症学会総会・30周年記念国際シンポジウム 2011.06.16

  97. 中山友美子,川元龍夫,鈴木一史,東堀紀尚,森山啓司. 下顎枝矢状分割術を施行した骨格性下顎前突症例の長期術後経過からみた咬合安定性に関する検討. 第21回日本顎変形症学会総会・30周年記念国際シンポジウム 2011.06.16

  98. 片岡恵一,小川卓也,馬場祥行,東堀紀尚,鈴木聖一,森山啓司. 上顎骨延長法適用後に超音波画像を用い延長部硬組織の治癒過程を経時的に観察した口唇口蓋裂の一症例. 第35回日本口蓋裂学会総会 2011.05.25

  99. 山田大輔,川元龍夫,東堀紀尚,鈴木剛史,鈴木聖一,森山啓司. 上下顎移動術を適用した骨格性下顎前突症例の鼻形態変化に対するCT画像を用いた三次元的検討. 第44回日本口腔科学会関東地方部会 2010.09.04

  100. 須田直人,半田幸子,東堀紀尚,小川卓也,辻美千子,大山紀美栄. Stickler症候群の一治療例. 2006.09.13

  101. ,小川卓也,辻美千子,ウイラハディクスマシンタ,半田幸子,東堀紀尚,須田直人,大山紀美栄. Shprintzen-Goldberg症候群の一治療例. 第65回日本矯正歯科学会大会 2006.09.13

  102. 半田幸子,小川卓也,東堀紀尚,辻美千子,須田直人,大山紀美栄,鳥飼勝行. Crouzon症候群に対する顎顔面矯正治療の一例. 第65回日本矯正歯科学会大会 2006.09.13

  103. ,石崎敬,馬場祥行,向香奈,東堀紀尚,鉄村明美,大林尚人,倉林亨,鈴木聖一,大山紀美栄. 上顎骨延長法後の経過観察時における超音波画像診断の有用性. 第30回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2006.05.25

  104. 東堀紀尚,馬場祥行,志賀百年,北原裕,辻美千子,大山紀美栄. Cervico-oculo-acoustic症候群の一治験例. 第64回日本矯正歯科学会大会 2005.10.12

  105. 辻美千子,須田直人,船戸紀子,塚脇寛之,市川雅代,東堀紀尚,大山紀美栄. 東京医科歯科大学大学院顎顔面矯正学分野における先天異常症例に関する調査. 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2005.07.14

  106. 東堀紀尚,渡辺雅代,船戸紀子,辻美千子,須田直人,大山紀美栄. Beckwith-Wiedemann症候群の一治験例. 第63回日本矯正歯科学会大会 2004.11.17

  107. 辻美千子,渡辺雅代,東堀紀尚,船戸紀子,須田直人,大山紀美栄. 当科を受診した保険適用の先天異常10疾患. 第63回日本矯正歯科学会大会 2004.11.17

  108. 北原裕,馬場祥行,東堀紀尚,鈴木聖一,石井正俊,吉増秀寛,大山紀美栄. RED systemを用いた上顎骨延長術後の保定に必要な力の決定および保定法の選択. 第63回日本矯正歯科学会大会 2004.11.17

  109. 船戸紀子,辻美千子,東堀紀尚,渡辺雅代,須田直人,大山紀美栄. Kabuki症候群の1症例. 第63回日本矯正歯科学会大会 2004.11.17

  110. 篠原享太郎,馬場祥行,辻美千子,北原裕,東堀紀尚,船戸紀子,横関雅彦,原田清,大山紀美栄. RED systemを適用し反対咬合および上顎骨側方偏位を改善したCrouzon症候群の一治験例. 第63回日本矯正歯科学会大会 2004.11.17

  111. 北原裕,馬場祥行,東堀紀尚,鈴木優吾,鈴木聖一,大山紀美栄,石井正俊,吉増秀實. RED system を用いた上顎骨延長術後の保定に適用する牽引力についての臨床的考察. 第28回日本口蓋裂学会 2004.05.27

  112. 東堀紀尚,船戸紀子,中村正孝,大山紀美栄. 骨芽細胞におけるp21の発現制御. 第68回口腔病学会 2003.11.28

  113. 東堀紀尚,船戸紀子,大山紀美栄,中村正孝. 骨芽細胞におけるp21の発現制御. 第62回日本癌学会総会 2003.09.25

  114. 東堀紀尚,船戸紀子,大山紀美栄,中村正孝. bHLH型転写因子によるFGFR-1, 2遺伝子の転写制御. 第44回歯科基礎医学会 2002.10.03

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第32回日本顎変形症学会 若手優秀ポスター賞(吉武賞),日本顎変形症学会,2022年06月

  • 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 優秀演題賞(狩野桜子、東堀紀尚、ピョティハ、武智正樹、井関祥子、森山啓司),日本矯正歯科学会,2021年11月

  • 第31回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 優秀ポスター賞(松村健二郎、松本力、門田千穂、井上貴裕、東堀紀尚、森山啓司),日本顎変形症学会,2021年07月

  • 第30回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 最優ポスター賞(狩野桜子、東堀紀尚、小倉健司、門田千穂、松本力、高原楠旻、依田哲也、森山啓司),日本顎変形症学会,2020年06月

  • 第78回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(門田千穂、小川卓也、姜順花、東堀紀尚、依田哲也、森山啓司),日本矯正歯科学会,2019年11月

  • 平成30年度学会賞(秋山咲子、東堀紀尚、疋田理奈、伊藤洋介、門田千穂、高橋由記、松本力、森山啓司),日本顎変形症学会,2019年06月

  • 第77回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(寺本アイリ、松本力、門田千穂、東堀紀尚、鈴木聖一、大林尚人、倉林亨、森山啓司),日本矯正歯科学会,2018年10月

  • The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) Posterboard Presentation 2nd Place Research(Hikita R, Higashihori N, Kadota C, Akiyama S, Takahashi Y, Ito Y, Moriyama K),The Asian Pacific Orthodontic Society,2018年03月

  • 第76回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(八尋浩平、東堀紀尚、森山啓司),日本矯正歯科学会,2017年10月

  • 第76回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(東堀紀尚、疋田理奈、門田千穂、秋山咲子、高橋由記、伊藤洋介、森山啓司),日本矯正歯科学会,2017年10月

  • 優秀発表賞「矯正用インプラントアンカー(仮称)を併用し治療を行った下顎頭変形を伴うハイアングルⅡ級症例」(高橋由記、東堀紀尚、森山啓司),第75回日本矯正歯科学会大会,2016年11月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2022年

    「顎顔面領域におけるエピジェネティックな見地からみた上皮間葉ネットワークの解明」研究代表者 東堀紀尚

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2021年

    「異常なエピジェネティック制御機構が引き起こす口蓋裂発症メカニズムの解明」研究代表者 東堀紀尚

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2020年

    「異常なエピジェネティック制御機構が引き起こす口蓋裂発症メカニズムの解明」研究代表者 東堀紀尚

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2019年

    「異常なエピジェネティック制御機構が引き起こす口蓋裂発症メカニズムの解明」研究代表者 東堀紀尚

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2018年

    「エピジェネティック機構の破綻が顎顔面発生過程に与える影響」研究代表者 東堀紀尚

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2017年

    「エピジェネティック機構の破綻が顎顔面発生過程に与える影響」研究代表者 東堀紀尚

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2016年

    「エピジェネティック機構の破綻が顎顔面発生過程に与える影響」研究代表者 東堀紀尚

  • 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B,2015年04月

    「顎顔面発生におけるエピジェネティック制御機構の解明」研究代表者 東堀紀尚

  • 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B,2014年

    「顎顔面発生におけるエピジェネティック制御機構の解明」研究代表者 東堀紀尚

  • 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B,2013年04月

    「エピゲノムからみた顎顔面領域の先天性疾患~ヒストンメチル化酵素の役割~」研究代表者 東堀紀尚

  • 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B,2012年04月

    「エピゲノムからみた顎顔面領域の先天性疾患~ヒストンメチル化酵素の役割~」研究代表者 東堀紀尚

  • 文部科学省科学研究費補助金 研究スタート支援,2011年04月

    「口唇裂発症時におけるエピジェネティックな変化」研究代表者 東堀紀尚

  • 文部科学省科学研究費補助金 研究スタート支援,2010年04月

    「口唇裂発症時におけるエピジェネティックな変化」研究代表者 東堀紀尚

  • Canadian Post-Doctoral Research Fellowships (PDRF),2008年03月

    カナダ外務・国際貿易省(2008.3〜2009.2) より博士研究員助成金を授与

  • Alpha Omega Foundation 博士研究員助成金,2008年02月

    Alpha Omega Foundation (2008.2〜2009.1) より博士研究員助成金を授与

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 学年混合選択セミナー「明るい開業の道しるべ」,2021年 - 現在

  • 臨床歯学イントロダクション,2019年 - 現在

  • 咬合育成・発達「歯科矯正・顎顔面矯正の基礎・診断」,2015年 - 現在

  • 咬合育成・発達「歯科矯正・顎顔面矯正の治療」,2015年 - 現在

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 症例でわかる歯科矯正用アンカースクリュー活用術,2019年

  • 矯正歯科治療 この症例にこの装置 第2版,2017年

  • 安心・安全歯科矯正用アンカースクリューこの症例にこの方法,2013年

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 医科歯科C.D.E. (Continuing Dental Education),東京医科歯科大学同窓会,2018年02月03日