基本情報

写真a

金井 正美(カナイ マサミ)

KANAI Masami


職名

教授

ホームページ

http://www.tmd-cea.jp/

研究分野・キーワード

疾患モデル動物

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学  農学部  獣医学科  1988年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  農学系研究科  獣医学  博士課程  1992年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 疾患モデル動物解析学 教授
  • 2010年04月
    -
    2014年09月
    東京医科歯科大学 学内共同教育研究施設 実験動物センター 教授
  • 2014年10月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 実験動物センター 教授
  • 2017年04月
     
     
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 実験動物センター 教授
  • 2017年05月
    -
    2019年08月
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 実験動物センター 教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本解剖学会

  • 日本発生生物学会

  • 日本実験動物学会

  • 日本獣医学会

  • 日本分子生物学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    現在
    東京都医学総合研究所 動物実験倫理委員会委員
  • 2013年02月
    -
    現在
    全国医学部長病院長会議 動物実験検討委員会委員
  • 2014年10月
    -
    現在
    日本学術会議 日本学術会議連携会員
  • 2015年03月
    -
    現在
    文部科学省 科学技術・学術審議会専門委員
  • 2017年
    -
    現在
    日本科学協会 笹川科学研究助成生物(A)系選考委員会委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 解剖学一般(含組織学・発生学)

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 着床メカニズムと母体年齢に関するIn vivo解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • in vivo細胞再構築による腎臓微細環境の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • Sox17へテロ不全マウスを用いた着床メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • Sox17へテロ不全マウスの新生児肝炎疾患モデル動物としての応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Okiko Habara, Catriona Y Logan, Masami Kanai-Azuma, Roeland Nusse, Hinako M Takase. WNT signaling in pre-granulosa cells is required for ovarian folliculogenesis and female fertility. Development. 2021.05; 148 (9): ( PubMed, DOI )

  • Yoshikazu Hirate, Kana Hayakawa, Yuki Nakano, Shiori Kumazawa, Kento Miura, Yoshiakira Kanai, Masami Kanai-Azuma. Early Crypt Formation Defects in the Uterine Epithelia of Sox17 Heterozygous Mice. Sex Dev. 2021.03; 1-11. ( PubMed, DOI )

  • Tadashi Shin, Yuichi Hiraoka, Tokiwa Yamasaki, Jamey D Marth, Josef M Penninger, Masami Kanai-Azuma, Kohichi Tanaka, Satoshi Kofuji, Hiroshi Nishina. MKK7 deficiency in mature neurons impairs parental behavior in mice. Genes Cells. 2021.01; ( PubMed, DOI )

  • Kasane Imura-Kishi, Aya Uchida, Naoki Tsunekawa, Hitomi Suzuki, Hinako M Takase, Yoshikazu Hirate, Masami Kanai-Azuma, Ryuji Hiramatsu, Masamichi Kurohmaru, Yoshiakira Kanai. Low retinoic acid levels mediate regionalization of the Sertoli valve in the terminal segment of mouse seminiferous tubules. Sci Rep. 2021.01; 11 (1): 1110. ( PubMed, DOI )

  • Montri Pattarapanawan, Mami Uemura, Nanae Miyazaki, Shohei Takami, Hirotaka Tomiyasu, Naoki Tsunekawa, Yoshikazu Hirate, Jun Fujishiro, Masamichi Kurohmaru, Masami Kanai-Azuma, Hiroki Higashiyama, Yoshiakira Kanai. Anatomical and histological characteristics of the hepatobiliary system in adult Sox17 heterozygote mice. Anat Rec (Hoboken). 2020.12; 303 (12): 3096-3107. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 獣医組織学 第8版. 学窓社, 2020.03 (ISBN : 978-4-8736-2773-1)

  • 監訳:坂井建雄、川上速人. ジュンケイラ組織学 第5版 (原著14版). 丸善出版, 2018.11 (ISBN : 978-4-621-30339-9)

  • 獣医発生学 第二版. 学窓社, 2018

  • 日本獣医解剖学会/編. 獣医組織学 第七版. 学窓社, 2017.03 第15章 胎盤 (ISBN : 978-4-87362-754-0)

  • 日本獣医解剖学会/編. 獣医組織学 第六版. 学窓社, 2014.03 胎盤 (ISBN : 978-4-87362-744-1)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 蓬田 裕、伊藤 日加瑠、平手 良和、宮坂 尚幸、金井 正美. マウス・ヒトにおけるNrk遺伝子発現の比較検討. 第163回日本獣医学会学術集会 2020.09.14 web開催

  • Rie Saba,Keiko Kitajima,Yasunori Shintani,Yoshiakira Kanai,Masami Kanai-Azuma,Chikara Meno,Yumiko Saga,Ken Suzuki,Shigeru Miyagawa,Yoshiki Sawa,Hideya Yamazaki,Kei Yamada,Kenta Yashiro. SOX17 expression in the endocardium precursor cells regulates the mouse heart development.. 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.03 福岡県福岡市

  • 塚原涼太、信久幾夫、齋藤清香、金井克晃、金井正美、田賀哲也. 胎生中期マウス大動脈内腔の未分化血液細胞塊における造血活性維持に対するGIMAPファミリーの役割. 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.03

  • Masami Kanai. Defects in the early crypt formation of the uterine epithelia in Sox17 heterozygous mice. SOX meeting 2019 : Vth International SOX Research Conference 2019.10.01 Marseille,FRANCE

  • 上村麻実、高見尚平、Montri Pattarapanawan、五十嵐瞳、平松竜司、平手良和、藤代準、九郎丸正道、金井正美、金井克晃. 胆嚢組織におけるWntファミリーを中心としたSox17誘導シグナル探索. 第162回日本獣医学会学術集会 2019.09.10 茨城県つくば市

全件表示 >>

 

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 発生学,東京大学

  • 発生学特論,杏林大学

  • 細胞組織学,岡山大学