基本情報

写真a

細谷 孝充(ホソヤ タカミツ)

HOSOYA Takamitsu


職名

教授

生年

1966年

研究室住所

東京都千代田区神田駿河台2-3-10

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

https://chembiolab.sakura.ne.jp/Home.html

研究分野・キーワード

有機合成化学, ケミカルバイオロジー

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  理工学部  化学科  1990年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  理工学研究科  化学専攻  修士課程  1992年03月  修了

  • 慶應義塾大学  理工学研究科  化学専攻  博士課程  1995年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学(博士)  慶應義塾大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能分子研究部門 生命有機化学 教授
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 生命有機化学 教授
  • 2009年04月
    -
    2012年03月
    東京医科歯科大学 大学院疾患生命科学研究部 ケミカルバイオロジー分野 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    現在
    理化学研究所 生命機能科学研究研究センター 分子標的化学研究チーム チームリーダー
  • 2014年04月
    -
    2018年03月
    理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター 分子標的化学研究チーム チームリーダー
  • 2013年01月
    -
    2014年03月
    理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター 分子標的化学研究チーム 客員主管研究員
  • 2009年04月
    -
    2011年03月
    東京工業大学 大学院生命理工学研究科 生命情報専攻 連携教授
  • 2007年04月
    -
    2009年03月
    東京工業大学 大学院生命理工学研究科 生命情報専攻 准教授
  • 2005年04月
    -
    2007年03月
    東京工業大学 大学院生命理工学研究科 生命情報専攻 助教授
  • 2002年04月
    -
    2005年03月
    岐阜大学 大学院医学研究科 再生医科学専攻 助手
  • 1995年04月
    -
    2002年03月
    岐阜大学 工学部 生命工学科 助手
  • 1992年04月
    -
    1995年03月
    日本学術振興会 特別研究員DC

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 有機合成化学協会

  • 日本ケミカルバイオロジ―学会

  • 米国化学会

  • 日本薬学会

  • 日本分子イメージング学会

  • 日本生化学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年02月
    -
    現在
    有機合成化学協会 関東支部 幹事
  • 2016年01月
    -
    現在
    日本化学会 Chemistry Letters編集委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物有機化学

  • 構造有機化学、物理有機化学

  • 有機合成化学

  • 生物分子化学

  • 機能物性化学

  • 生体化学

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生物活性物質の標的タンパク質の解明

  • 新規生物発光・蛍光システム開発のための基質の合成

  • 生体分子の新しい化学修飾法の開発

  • 有用PETトレーサーの開発

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 実践的プローブ分子開発のためのクリックケミストリーの新展開

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 異種アジド基の選択的な利用を鍵とする機能性中分子の迅速合成法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • ミトコンドリア、ゴルジ体に関連する応答ゾーン、連携ゾーン解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2021年

  • ミトコンドリア、ゴルジ体に関連する応答ゾーン、連携ゾーン解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2021年

  • アジド基の導入を鍵とする中分子の迅速機能化法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • 高機能プローブ分子開発のための実践的クリックケミストリーの創成

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • ジアジドプローブ法に基づく革新的標的タンパク質同定システムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • アジド基の特性を利用した生物発光による硫化水素検出系の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • 革新的クリックケミストリーによる生命科学研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 活性酸素種の生体内イメージングを指向した新規セレンテラジン類縁体の創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • アジドケミストリーによる革新的標的タンパク質同定システムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • 革新的クリックケミストリーによる生命科学研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • CRISPRによるRNA病モデルiPS細胞・動物の構築と病態解明・治療薬創製

    文部科学省/日本学術振興会

  • タウ蛋白不安定化剤による新しいタウオパチー治療戦略の構築

    文部科学省/日本学術振興会

  • 抗肥満作用を有する褐藻由来デオキシガラクトースの作用機序解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • プロスタグランジン受容体を標的とした構造に基づく創薬

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Idogawa R, Kobayashi A, Kim Y, Shimomori K, Hosoya T, Yoshida S. Hydride reduction of o-(fluorosilyl)benzodifluorides for subsequent C-F transformations. Chem Commun. 2022.03; 58 (21): 3521-3524. ( PubMed, DOI )

  2. Kimura N, Saito K, Niwa T, Yamanaka M, Igaue S, Ohkanda J, Hosoya T, Kii I. Expression and purification of DYRK1A kinase domain in complex with its folding intermediate-selective inhibitor FINDY. Protein Expres Purif. 2022.03;

  3. Takemura H, Orimoto G, Kobayashi A, Hosoya T, Yoshida S. Modular synthesis of triazoles from 2-azidoacrylamides having a nucleophilic amino group. Org Biomol Chem. 2022.02; ( PubMed, DOI )

  4. Nakaoka T, Kaneko K, Irie S, Mawatari A, Igesaka A, Uetake Y, Ochiai H, Niwa T, Yamano E, Wada Y, Tanaka M, Kotani K, Kawahata H, Kawabe J, Miki Y, Doi H, Hosoya T, Maeda K, Kusuhara H, Sugiyama Y, Watanabe Y. Clinical evaluation of [18F]pitavastatin for quantitative analysis of hepatobiliary transporter activity. Drug Metab Pharmacok. 2022.02; ( DOI )

  5. Inouye S, Nakamura M, Hosoya T. Enzymatic conversion of dehydrocoelenterazine to coelenterazine using FMN-bound flavin reductase of NAD(P)H:FMN oxidoreductase. Biochem Biophys Res Commun. 2022.01; 587 24-28. ( PubMed, DOI )

  6. Miyazaki Y, Kikuchi M, Umezawa K, Descamps A, Nakamura D, Furuie G, Sumida T, Saito K, Kimura N, Niwa T, Sumida Y, Umehara T, Hosoya T, Kii I. Structure-activity relationship for the folding intermediate-selective inhibition of DYRK1A. Eur J Med Chem. 2022.01; 227 113948. ( PubMed, DOI )

  7. Niwa T, Uetake Y, Isoda M, Takimoto T, Nakaoka M, Hashizume D, Sakurai H, Hosoya T. Lewis acid-mediated Suzuki–Miyaura cross-coupling reaction. Nat Catal. 2021.12; 4 (12): 1080-1088. ( DOI )

  8. Inouye S, Nakamura M, Hosoya T. Formation of Coelenteramine from 2-Peroxycoelenterazine in the Ca2+-Binding Photoprotein Aequorin. Photochem Photobiol. 2021.12; ( PubMed, DOI )

  9. Takahashi K, Hosoya T, Onoe K, Mori T, Tazawa S, Mawatari A, Wada Y, Watanabe Y, Doi H, Watanabe Y. PET imaging of brain aromatase in humans and rhesus monkeys by 11C-labeled cetrozole analogs. Sci Rep. 2021.12; 11 (1): 23623. ( PubMed, DOI )

  10. Taguchi J, Kimura K, Igawa K, Tomooka K, Hosoya T. 3-Azidoarynes: Generation and Regioselective Reactions. Chem Lett. 2021.11; 51 (2): 94-98. ( DOI )

  11. Sakata Y, Yoshida S, Hosoya T. Synthesis of Azidoanilines by the Buchwald-Hartwig Amination. J Org Chem. 2021.11; 86 (21): 15674-15688. ( PubMed, DOI )

  12. Watanabe K, Terao N, Niwa T, Hosoya T. Direct 3-Acylation of Indolizines by Carboxylic Acids for the Practical Synthesis of Red Light-Releasable Caged Carboxylic Acids. J Org Chem. 2021.09; 86 (17): 11822-11834. ( PubMed, DOI )

  13. Kobayashi K, Matsuzawa T, Hosoya T, Yoshida S. Thioxanthone Synthesis from Benzoic Acid Esters through Directed ortho-Lithiation. Chem Lett. 2021.06; 50 (9): 1624-1627. ( DOI )

  14. Aimi T, Meguro T, Kobayashi A, Hosoya T, Yoshida S. Nucleophilic transformations of azido-containing carbonyl compounds via protection of the azido group. Chem Commun. 2021.06; 57 (49): 6062-6065. ( PubMed, DOI )

  15. Inouye S, Sumida Y, Tomabechi Y, Taguchi J, Shirouzu M, Hosoya T. Chiral deaza-coelenterazine analogs for probing a substrate-binding site in the Ca2+-binding photoprotein aequorin. PLoS ONE. 2021.06; 16 (6): e0251743. ( PubMed, DOI )

  16. Yoshida S, Hosoya T. Recent Insertion Reactions of Aryne Intermediates. Modern Aryne Chemistry (Ed. Biju AT). 2021.05; 111-148. ( DOI )

  17. Kobayashi T, Hosoya T, Yoshida S. Facile Synthetic Methods for Diverse N-Arylphenylalanine Derivatives via Transformations of Aryne Intermediates and Cross-Coupling Reactions. Bull Chem Soc Jpn. 2021.05; 94 (7): 1823-1832. ( DOI )

  18. Nakajima H, Hazama Y, Sakata Y, Uchida K, Hosoya T, Yoshida S. Diverse diaryl sulfide synthesis through consecutive aryne reactions. Chem Commun. 2021.03; 57 (21): 2621-2624. ( PubMed, DOI )

  19. Matsuzawa T, Hosoya T, Yoshida S. Transition-Metal-Free Synthesis of N-Arylphenothiazines through an N- and S-Arylation Sequence. Org Lett. 2021.03; 23 (6): 2347-2352. ( PubMed, DOI )

  20. Minoshima M, Uchida K, Nakamura Y, Hosoya T, Yoshida S. Acylalkylation of Arynes Generated from o-Iodoaryl Triflates with Hydrosilanes and Cesium Fluoride. Org Lett. 2021.03; 23 (5): 1868-1873. ( PubMed, DOI )

  21. Suzuki M, Kanemoto K, Nakamura Y, Hosoya T, Yoshida S. Palladium-Catalyzed Sulfinylation of Aryl- and Alkenylborons with Sulfinate Esters. Org Lett. 2021.03; 23 (9): 3793-3797. ( PubMed, DOI )

  22. Toyomoto M, Inoue A, Iida K, Denawa M, Kii I, Kadj F M N, Kishi T, Im D, Shimamura T, Onogi H, Yoshida S, Iwata S, Aoki J, Hosoya T, Hagiwara M. S1PR3–G12-biased agonist ALESIA targets cancer metabolism and promotes glucose starvation. Cell Chem Biol. 2021.02; 28 (8): 1132-1144. ( PubMed, DOI )

  23. Isoda M, Uetake Y, Takimoto T, Tsuda J, Hosoya T, Niwa T. Convergent Synthesis of Fluoroalkenes Using a Dual-Reactive Unit. J Org Chem. 2021.01; 86 (2): 1622-1632. ( PubMed, DOI )

  24. Yoshida S, Sakata Y, Misawa Y, Morita T, Kuribara T, Ito H, Koike Y, Kii I, Hosoya T. Assembly of four modules onto a tetraazide platform by consecutive 1,2,3-triazole formations. Chem Commun. 2021.01; 57 (7): 899-902. ( PubMed, DOI )

  25. Nishiyama Y, Akiyama K, Sakata Y, Hosoya T, Yoshida S. Facile Synthesis of Tetraarylpyrazines by Sequential Cross-coupling Approach. Chem Lett. 2021.01; 50 (1): 180-183. ( DOI )

  26. Takemura H, Goto S, Hosoya T, Yoshida S. 2-Azidoacrylamides as compact platforms for efficient modular synthesis. Chem Commun (Camb). 2020.12; 56 (99): 15541-15544. ( PubMed, DOI )

  27. Idogawa R, Kim Y, Shimomori K, Hosoya T, Yoshida S. Single C–F Transformations of o-Hydrosilyl Benzotrifluorides with Trityl Compounds as All-in-One Reagents. Org Lett. 2020.12; 22 (23): 9292-9297. ( PubMed, DOI )

  28. Jonasson M, Nordeman P, Eriksson J, Wilking H, Wikström J, Takahashi K, Niwa T, Hosoya T, Watanabe Y, Antoni G, Sundström Poromaa I, Lubberink M, Comasco E. Quantification of aromatase binding in the female human brain using [11C]cetrozole positron emission tomography. J Neurosci Res. 2020.11; 98 (11): 2208-2218. ( PubMed, DOI )

  29. Terashima N, Sakata Y, Meguro T, Hosoya T, Yoshida S. Triazole formation of phosphinyl alkynes with azides through transient protection of phosphine by copper. Chem Commun (Camb). 2020.11; 56 (90): 14003-14006. ( PubMed, DOI )

  30. Nakano-Kobayashi A, Fukumoto A, Morizane A, Nguyen D T , Le T M, Hashida K, Hosoya T, Takahashi R, Takahashi J, Hori O, Hagiwara M. Therapeutics potentiating microglial p21-Nrf2 axis can rescue neurodegeneration caused by neuroinflammation. Sci Adv. 2020.11; 6 (46): eabc1428. ( PubMed, DOI )

  31. Matsuzawa T, Hosoya T, Yoshida S. One-step synthesis of benzo[b]thiophenes by aryne reaction with alkynyl sulfides. Chem Sci. 2020.11; 11 (35): 9691-9696. ( DOI )

  32. Nakamura Y, Sakata Y, Hosoya T, Yoshida S. Synthesis of Functionalized Benzopyran/Coumarin-Derived Aryne Precursors and Their Applications. Org Lett. 2020.10; 22 (21): 8505-8510. ( PubMed, DOI )

  33. Ikeda M, Matsuzawa T, Morita T, Hosoya T, Yoshida S. Synthesis of Diverse Aromatic Ketones through C-F Cleavage of Trifluoromethyl Group. Chem Eur J. 2020.09; 26 (54): 12333-12337. ( PubMed, DOI )

  34. Sato Y, Miyamoto Y, Sumida Y, Hosoya T, Ohmiya H. Boracene-based alkylborate enabled Ni/Ir hybrid catalysis. Org Biomol Chem. 2020.09; 18 (34): 6598-6601. ( PubMed, DOI )

  35. Makio N, Sakata Y, Kuribara T, Adachi K, Hatakeyama Y, Meguro T, Igawa K, Tomooka K, Hosoya T, Yoshida S. (Hexafluoroacetylacetonato)copper(I)-cycloalkyne complexes as protected cycloalkynes. Chem Commun (Camb). 2020.09; 56 (77): 11449-11452. ( PubMed, DOI )

  36. Adachi K, Meguro T, Sakata Y, Igawa K, Tomooka K, Hosoya T, Yoshida S. Selective strain-promoted azide-alkyne cycloadditions through transient protection of bicyclo[6.1.0]nonynes with silver or gold. Chem Commun (Camb). 2020.08; 56 (68): 9823-9826. ( PubMed, DOI )

  37. Sumida Y, Harada R, Sumida T, Johmoto K, Uekusa H, Hosoya T. Synthesis of Dibenzofurans by Cu-Catalyzed Deborylative Ring Contraction of Dibenzoxaborins. Org Lett. 2020.08; 22 (16): 6687-6691. ( PubMed, DOI )

  38. Kobayashi A, Matsuzawa T, Hosoya T, Yoshida S. One-pot Synthesis of Allyl Sulfides from Sulfinate Esters and Allylsilanes through Reduction of Alkoxysulfonium Intermediates. Chem Lett. 2020.07; 49 (7): 813-816. ( DOI )

  39. Kobayashi T, Hosoya T, Yoshida S. Aryne Reaction and Cross-Coupling Approach for the Synthesis of Diverse N-Arylphenylalanine Derivatives. Chem Lett. 2020.07; 49 (7): 809-812. ( DOI )

  40. Tamura Y, Minami Y, Nishiyama Y, Sakata Y, Karaki F, Hosoya T, Yoshida S. Synthesis of multisubstituted cycloalkenes through carbomagnesiation of strained cycloalkynes. Chem Commun (Camb). 2020.07; 56 (52): 7147-7150. ( PubMed, DOI )

  41. Inouye S, Nakamura M, Taguchi J, Hosoya T. Identification of a novel oxidation product from yellow fluorophore in the complex of apoPholasin and dehydrocoelenterazine. Bioorg Med Chem Lett. 2020.07; 30 (19): 127435. ( PubMed, DOI )

  42. Watanabe K, Terao N, Isao Kii, Nakagawa R, Niwa T, Hosoya T. Indolizines Enabling Rapid Uncaging of Alcohols and Carboxylic Acids by Red Light-Induced Photooxidation. Org Lett. 2020.07; 22 (14): 5434-5438. ( PubMed, DOI )

  43. Nakaoka T, Uetake Y, Kaneko K, Niwa T, Ochia Hi, Irie S, Suezaki Y, Otsuka N, Hayashinaka E, Wada Y, Cui Y, Maeda K, Kusuhara H, Sugiyama Y, Hosoya T, Watanabe Y. Practical synthesis of [18F]Pitavastatin and Evaluation of Hepatobiliary Transport Activity in Rats by Positron Emission Tomography. Mol Pharm. 2020.06; 17 (6): 1884-1898. ( PubMed, DOI )

  44. Kanemoto K, Sakata Y, Hosoya T, Yoshida S. Synthesis of Phenoxathiins and Phenothiazines by Aryne Reactions with Thiosulfonates. Chem Lett. 2020.05; 49 (5): 593-596. ( DOI )

  45. Sato Y, Nakamura K, Sumida Y, Hashizume D, Hosoya T, Ohmiya H. Generation of Alkyl Radical through Direct Excitation of Boracene-Based Alkylborate. J Am Chem Soc. 2020.05; 142 (22): 9938-9943. ( PubMed, DOI )

  46. Nishiyama Y, Hosoya T, Yoshida S. Synthesis of benzyl sulfides via substitution reaction at the sulfur of phosphinic acid thioesters. Chem Commun (Camb). 2020.05; 56 (43): 5771-5774. ( PubMed, DOI )

  47. Kobayashi A, Matsuzawa T, Hosoya T, Yoshida S. Sulfoxide synthesis from sulfinate esters under Pummerer-like conditions. Chem Commun (Camb). 2020.05; 56 (40): 5429-5432. ( PubMed, DOI )

  48. Mutsuura K, Sakata Y, Uchida K, Hosoya T, Yoshida S. Synthesis of Thioxanthones through Formal C–H Thiolation of Benzoic Acid Esters and Acid-mediated Direct Cyclization. Chem Lett. 2020.05; 49 (7): 753-756. ( DOI )

  49. Kim Y, Kanemoto K, Shimomori K, Hosoya T, Yoshida S. Functionalization of a Single C-F Bond of Trifluoromethylarenes Assisted by an ortho-Silyl Group Using a Trityl-Based All-in-One Reagent with Ytterbium Triflate Catalyst. Chem Eur J. 2020.05; 26 (28): 6136-6140. ( PubMed, DOI )

  50. Inouye S, Miura-Sahara Y, Iimori R, Sakata Y, Hazama Y, Yoshida S, Nakamura M, Hosoya T. A novel yellow fluorescent protein of recombinant apoPholasin with dehydrocoelenterazine. Biochem Biophys Res Commun. 2020.05; 526 (2): 404-409. ( PubMed, DOI )

  51. Meguro T, Sakata Y, Morita T, Hosoya T, Yoshida S. Facile assembly of three cycloalkyne-modules onto a platform compound bearing thiophene S,S-dioxide moiety and two azido groups. Chem Commun (Camb). 2020.04; 56 (34): 4720-4723. ( PubMed, DOI )

  52. Niwa T, Hosoya T. Molecular Renovation Strategy for Expeditious Synthesis of Molecular Probes. Bull Chem Soc Jpn. 2020.02; 93 (2): 230-248. ( DOI )

  53. Inouye S, Sahara-Miura Y, Nakamura M, Hosoya T. Expression, purification, and characterization of recombinant apoPholasin. Protein Expr Purif. 2020.02; 171 105615. ( PubMed, DOI )

  54. Kobayashi T, Hosoya T, Yoshida S. Consecutive Aryne Generation Strategy for the Synthesis of 1,3-Diarylpyrazoles. J Org Chem. 2020.02; 85 (6): 4448-4462. ( PubMed, DOI )

  55. Yazaki J, Kawashima Y, Ogawa T, Kobayashi A, Okoshi M, Watanabe T, Yoshida S, Kii I, Egami S, Amagai M, Hosoya T, Shiroguch Ki, Ohara O. HaloTag-based conjugation of proteins to barcoding-oligonucleotides. Nucleic Acids Res. 2020.01; 48 (2): e8. ( PubMed, DOI )

  56. Kitakaze K, Taniuchi S, Kawano E, Hamada Y, Miyake M, Oyadomari M, Kojima H, Kosako H, Kuribara T, Yoshida S, Hosoya T, Oyadomari S. Cell-based HTS identifies a chemical chaperone for preventing ER protein aggregation and proteotoxicity. eLife. 2019.12; 8 e43302. ( PubMed, DOI )

  57. Nakamura Y, Yoshida S, Hosoya T. Recent Advances in Synthetic Hetaryne Chemistry. Heterocycles. 2019.12; 98 (12): 1623-1677. ( DOI )

  58. Nakamura Y, Ozawa S, Yoshida S, Hosoya T. Facile Synthesis of Diverse 2,6-Disubstituted Arylsilanes via Silylamination and Silylsulfanylation of Aryne Intermediates Generated from o-Iodoaryl Triflates. Chem Lett. 2019.11; 48 (11): 1296-1299. ( DOI )

  59. Uchida K, Minami Y, Yoshida S, Hosoya T. Synthesis of Diverse γ-Aryl-β-ketoesters via Aryne Intermediates Generated by C-C Bond Cleavage. Org Lett. 2019.11; 21 (22): 9019-9023. ( PubMed, DOI )

  60. Yoshida S, Goto S, Nishiyama Y, Hazama Y, Kondo M, Matsushita T, Hosoya T. Effect of Resonance on the Clickability of Alkenyl Azides in the Strain-promoted Cycloaddition with Dibenzo-fused Cyclooctynes. Chem Lett. 2019.09; 48 (9): 1038-1041. ( DOI )

  61. Yoshida S, Hazama Y, Kanemoto K, Nakamura Y, Hosoya T. Facile Synthesis of Diverse o-Iodoaryl Triflates from o-Silylaryl Triflates by Aluminum-mediated Desilyliodination. Chem Lett. 2019.07; 48 (7): 742-745. ( DOI )

  62. Nakamura Y, Miyata Y, Uchida K, Yoshida S, Hosoya T. 3-Thioaryne Intermediates for the Synthesis of Diverse Thioarenes. Org Lett. 2019.07; 21 (13): 5252-5258. ( PubMed, DOI )

  63. Uetake Y, Isoda M, Niwa T, Hosoya T. Synthesis of (2,2-Diborylvinyl)arenes by Rhodium-Catalyzed Desulfanylative gem-Diborylation of 2-Arylvinyl Sulfides. Org Lett. 2019.07; 21 (13): 4933-4938. ( PubMed, DOI )

  64. Nishiyama Y, Misawa Y, Hazama Y, Oya K, Yoshida S, Hosoya T. Synthesis of Diverse 3-Azido-5-(azidomethyl)benzene Derivatives via Formal C–H Azidation and Functional Group-Selective Transformations. Heterocycles. 2019.06; 99 (2): 1053-1072. ( DOI )

  65. Yoshida S, Hosoya T. Target Identification of Bioactive Compounds by Photoaffinity Labeling Using Diazido Probes. Cutting-Edge Organic Synthesis and Chemical Biology of Bioactive Molecules – The Shape of Organic Synthesis to Come. 2019.06; 335-355. ( DOI )

  66. Meguro T, Chen S, Kanemoto K, Yoshida S, Hosoya T. Modular Synthesis of Unsymmetrical Doubly-ring-fused Benzene Derivatives Based on a Sequential Ring Construction Strategy Using Oxadiazinones as a Platform Molecule. Chem Lett. 2019.06; 48 (6): 582-585. ( DOI )

  67. Watanabe K, Tsuda J, Ochiai H, Niwa T, Hosoya T. Divergent Synthesis of Photoaffinity Probe Candidates by Click Reactions of Azido-Substituted Aryltrifluoromethyldiazirines. Heterocycles. 2019.06; 99 (2): 1366-1387. ( DOI )

  68. Kanemoto K, Yoshida S, Hosoya T. Synthesis of Alkynyl Sulfides by Copper-Catalyzed Thiolation of Terminal Alkynes Using Thiosulfonates. Org Lett. 2019.04; 21 (9): 3172-3177. ( PubMed, DOI )

  69. Yoshida S, Kuribara T, Ito H, Meguro T, Nishiyama Y, Karaki F, Hatakeyama Y, Koike Y, Kii I, Hosoya T. A facile preparation of functional cycloalkynes via an azide-to-cycloalkyne switching approach. Chem Commun. 2019.03; 55 (24): 3556-3559. ( PubMed, DOI )

  70. Toyoda Y, Morimoto K, Suno R, Horita S, Yamashita K Hirata K, Sekiguchi Y, Yasuda S, Shiroishi M, Shimizu T, Urushibata Y, Kajiwara Y, Inazumi T, Hotta Y, Asada H, Nakane T, Shiimura Y, Nakagita T, Tsuge K, Yoshida S, Kuribara T, Hosoya T, Sugimoto Y, Nomura N, Sato M, Hirokawa T, Kinoshita M, Murata T, Takayama K, Yamamoto M, Narumiya S, Iwata S, Kobayashi T. Ligand binding to human prostaglandin E receptor EP4 at the lipid-bilayer interface. Nat Chem Biol. 2019.01; 15 (1): 18-26. ( PubMed, DOI )

  71. Takahashi K, Hosoya T, Onoe K, Takashima T, Tanaka M, Ishii A, Nakatomi Y, Tazawa S, Takahashi K, Doi H, Wada Y, Watanabe Y. Association between aromatase in human brains and personality traits. Sci Rep. 2018.11; 8 (1): 16841. ( PubMed, DOI )

  72. Yoshida S, Tanaka J, Nishiyama Y, Hazama Y, Matsushita T, Hosoya T. Further enhancement of the clickability of doubly sterically-hindered aryl azides by para-amino substitution. Chem Commun. 2018.11; 54 (96): 13499-13502. ( PubMed, DOI )

  73. Zhang Z, Niwa T, Watanabe Y, Hosoya T. Palladium(II)-mediated rapid 11C-cyanation of (hetero)arylborons. Org Biomol Chem. 2018.11; 16 (41): 7711-7716. ( PubMed, DOI )

  74. Matsuzawa T, Yoshida S, Hosoya T. Recent advances in reactions between arynes and organosulfur compounds. Tetrahedron Lett. 2018.10; 59 (48): 4197-4208 . ( DOI )

  75. Sumida Y, Harada R, Sumida T, Hashizume D, Hosoya T. Hydrosilyl Group-directed Iridium-catalyzed peri-Selective C–H Borylation of Ring-fused (Hetero)Arenes. Chem Lett. 2018.10; 47 (10): 1251-1254. ( DOI )

  76. Nishiyama Y, Kamada S, Yoshida S, Hosoya T. Generation of Arynes by Selective Cleavage of a Carbon–Phosphorus Bond of o-(Diarylphosphinyl)aryl Triflates Using a Grignard Reagent. Chem Lett. 2018.09; 47 (9): 1216-1219. ( DOI )

  77. Inouye S, Tomabechi Y, Hosoya T, Sekine S, Shirouzu M. Slow luminescence kinetics of semi-synthetic aequorin: expression, purification and structure determination of cf3-aequorin. J Biochem. 2018.09; 164 (3): 247-255. ( PubMed, DOI )

  78. Meguro T, Terashima N, Ito H, Koike Y, Kii I, Yoshida S, Hosoya T. Staudinger reaction using 2,6-dichlorophenyl azide derivatives for robust aza-ylide formation applicable to bioconjugation in living cells. Chem Commun. 2018.07; 54 (57): 7904-7907. ( PubMed, DOI )

  79. Matsuzawa T, Uchida K, Yoshida S, Hosoya T. Synthesis of Diverse Phenothiazines by Direct Thioamination of Arynes with S-(o-Bromoaryl)-S-methylsulfilimines and Subsequent Intramolecular Buchwald–Hartwig Amination. Chem Lett. 2018.07; 47 (7): 825-828. ( DOI )

  80. Meguro T, Yoshida S, Igawa K, Tomooka K, Hosoya T. Transient Protection of Organic Azides from Click Reactions with Alkynes by Phosphazide Formation. Org Lett. 2018.06; 20 (13): 4126-4130. ( PubMed, DOI )

  81. Yoshida S, Kuribara T, Morita T, Matsuzawa T, Morimoto K, Kobayashi T, Hosoya T. Expanding the synthesizable multisubstituted benzo[b]thiophenes via 6,7-thienobenzynes generated from o-silylaryl triflate-type precursors. RSC Adv. 2018.06; 8 (39): 21754-21758. ( DOI )

  82. Yoshida S, Kanno K, Kii I, Misawa Y, Hagiwara M, Hosoya T. Convergent synthesis of trifunctional molecules by three sequential azido-type-selective cycloadditions. Chem Commun. 2018.04; 54 (30): 3705-3708. ( PubMed, DOI )

  83. Kii I, Hirahara-Owada S, Yamaguchi M, Niwa T, Koike Y, Sonamoto R, Ito H, Takahashi K, Yokoyama C, Hayashi T, Hosoya T, Watanabe Y. Quantification of receptor activation by oxytocin and vasopressin in endocytosis-coupled bioluminescence reduction assay using nanoKAZ. Anal Biochem. 2018.04; 549 174-183. ( PubMed, DOI )

  84. Ajiro M, Sakai H, Onogi H, Yamamoto M, Sumi E, Sawada T, Nomura T, Kabashima K, Hosoya T, Hagiwara M. CDK9 Inhibitor FIT-039 Suppresses Viral Oncogenes E6 and E7 and Has a Therapeutic Effect on HPV-Induced Neoplasia. Clin Cancer Res. 2018.04; ( PubMed, DOI )

  85. Kanemoto K, Yoshida S, Hosoya T. Modified Conditions for Copper-Catalyzed ipso-Thiolation of Arylboronic Acid Esters with Thiosulfonates. Chem Lett. 2018.01; 47 (1): 85-88. ( DOI )

  86. Kusuhara H, Takashima T, Fujii H, Takashima T, Tanaka M, Ishii A, Tazawa S, Takahashi K, Takahashi K, Tokai H, Yano T, Kataoka M, Inano A, Yoshida S, Hosoya T, Sugiyama Y, Yamashita S, Hojo T, Watanabe Y. Comparison of pharmacokinetics of newly discovered aromatase inhibitors by a cassette microdosing approach in healthy Japanese subjects. Drug Metab Pharmacokinet. 2017.12; 32 (6): 293-300. ( PubMed, DOI )

  87. Yoshida S, Shimizu K, Uchida K, Hazama Y, Igawa K, Tomooka K, Hosoya T. Construction of Condensed Polycyclic Aromatic Frameworks through Intramolecular Cycloaddition Reactions Involving Arynes Bearing an Internal Alkyne Moiety. Chem Eur J. 2017.11; 23 (61): 15332-15335. ( PubMed, DOI )

  88. Matsuzawa T, Uchida K, Yoshida S, Hosoya T. Synthesis of Diverse o-Arylthio-Substituted Diaryl Ethers by Direct Oxythiolation of Arynes with Diaryl Sulfoxides Involving Migratory O-Arylation. Org Lett. 2017.10; 19 (20): 5521-5524. ( PubMed, DOI )

  89. Hatakeyama M, Sakamoto Y, Ogata K, Sumida Y, Sumida T, Hosoya T, Nakamura S. A study on an unusual SN2 mechanism in the methylation of benzyne through nickel-complexation. Phys Chem Chem Phys. 2017.10; 19 (39): 26926-26933. ( PubMed, DOI )

  90. Nakano-Kobayashi A, Awaya T, Kii I, Sumida Y, Okuno Y, Yoshida S, Sumida T, Inoue H, Hosoya T, Hagiwara M. Prenatal neurogenesis induction therapy normalizes brain structure and function in Down syndrome mice. Proc Natl Acad Sci USA. 2017.09; 114 (38): 10268-10273. ( PubMed, DOI )

  91. Kanemoto K, Sugimura Y, Shimizu S, Yoshida S, Hosoya T. Rhodium-catalyzed odorless synthesis of diaryl sulfides from borylarenes and S-aryl thiosulfonates. Chem Commun. 2017.09; 53 (77): 10640-10643. ( PubMed, DOI )

  92. Sakaguchi H, Uetake Y, Ohashi M, Niwa T, Ogoshi S, Hosoya T. Copper-Catalyzed Regioselective Monodefluoroborylation of Polyfluoroalkenes en Route to Diverse Fluoroalkenes. J Am Chem Soc. 2017.09; 139 (36): 12855-12862. ( PubMed, DOI )

  93. Niwa T, Ochiai H, Hosoya T. Facile Transformation of α,β-Unsaturated Carboxylic Acids to Alkenylboronic Esters via Rhodium-Catalyzed Decarbonylative Borylation of α,β-Unsaturated Thioesters. Chem Lett. 2017.09; 46 (9): 1315-1318. ( DOI )

  94. Meguro T, Yoshida S, Hosoya T. Sequential Molecular Conjugation using Thiophene S,S-Dioxides Bearing a Clickable Functional Group. Chem Lett. 2017.08; 46 (8): 1137-1140. ( DOI )

  95. Nishiyama Y, Hazama Y, Yoshida S, Hosoya T. Synthesis of Unsymmetrical Tertiary Phosphine Oxides via Sequential Substitution Reaction of Phosphonic Acid Dithioesters with Grignard Reagents. Org Lett. 2017.07; 19 (14): 3899-3902. ( PubMed, DOI )

  96. Furubayashi T, Motohashi K, Wakao K, Matsuda T, Kii I, Hosoya T, Hayashi N, Sadaie M, Ishikawa F, Matsushita M, Fujiyoshi S. Three-Dimensional Localization of an Individual Fluorescent Molecule with Angstrom Precision. J Am Chem Soc. 2017.07; 139 (26): 8990-8994. ( PubMed, DOI )

  97. Nakamura Y, Yoshida S, Hosoya T. Facile Synthesis of Phthalides from Methyl ortho-Iodobenzoates and Ketones via an Iodine–Magnesium Exchange Reaction Using a Silylmethyl Grignard Reagent. Chem Lett. 2017.06; 46 (6): 858-861. ( DOI )

  98. Sumida Y, Sumida T, Hosoya T. Nickel-Catalyzed Reductive Cross-Coupling of Aryl Triflates and Nonaflates with Alkyl Iodides. Synthesis. 2017.06; 49 (16): 3590-3601. ( DOI )

  99. Yoshida S, Nagai A, Uchida K, Hosoya T. Enhancing the Synthetic Utility of 3-Haloaryne Intermediates by their Efficient Generation from Readily Synthesizable ortho-Iodoaryl Triflate-type Precursors. Chem Lett. 2017.05; 46 (5): 733-736. ( DOI )

  100. Niwa T, Ochia H, Hosoya T. Copper-Catalyzed ipso-Borylation of Fluoroarenes. ACS Catal. 2017.05; 7 (7): 4535-4541. ( DOI )

  101. Sako Y, Ninomiya K, Okuno Y, Toyomoto M, Nishida A, Koike Y, Ohe K, Kii I, Yoshida S, Hashimoto N, Hosoya T, Matsuo M, Hagiwara M. Development of an orally available inhibitor of CLK1 for skipping a mutated dystrophin exon in Duchenne muscular dystrophy. Sci Rep. 2017.05; 7 46126. ( PubMed, DOI )

  102. Meguro T, Yoshida S, Hosoya T . Aromatic Azido-selective Reduction via the Staudinger Reaction Using Tri-n-butylphosphonium Tetrafluoroborate with Triethylamine. Chem Lett. 2017.04; 46 (4): 473-476. ( DOI )

  103. Uchida K, Yoshida S, Hosoya T. Three-Component Coupling of Triflyloxy-Substituted Benzocyclobutenones, Organolithium Reagents, and Arynophiles Promoted by Generation of Aryne via Carbon-Carbon Bond Cleavage. Org Lett. 2017.03; 19 (5): 1184-1187. ( PubMed, DOI )

  104. Ochiai H, Uetake Y, Niwa T, Hosoya T. Rhodium-Catalyzed Decarbonylative Borylation of Aromatic Thioesters for Facile Diversification of Aromatic Carboxylic Acids. Angew Chem Int Ed. 2017.02; 56 (9): 2482-2486. ( PubMed, DOI )

  105. Yoshida S, Nakajima H, Uchida K, Yano T, Kondo M, Matsushita T, Hosoya T. Reactions of Arynes with Sulfoximines: Formal Sulfinylamination vs. N-Arylation. Chem Lett. 2017.01; 46 (1): 77-80. ( DOI )

  106. Morita T, Yoshida S, Kondo M, Matsushita T, Hosoya T. Facile Diversification of Simple Benzo[b]thiophenes via Thienobenzyne Intermediates. Chem Lett. 2017.01; 46 (1): 81-84. ( DOI )

  107. Morita T, Nishiyama Y, Yoshida S, Hosoya T. Facile Synthesis of Multisubstituted Benzo[b]furans via 2,3-Disubstituted 6,7-Furanobenzynes Generated from ortho-Iodoaryl Triflate-type Precursors. Chem Lett. 2017.01; 46 (1): 118-121. ( DOI )

  108. Yoshida S, Nakamura Y, Uchida K, Hazama Y, Hosoya T. Aryne Relay Chemistry en Route to Aminoarenes: Synthesis of 3-Aminoaryne Precursors via Regioselective Silylamination of 3-(Triflyloxy)arynes.. Org Lett. 2016.12; 18 (23): 6212-6215. ( PubMed, DOI )

  109. Ochiai H, Niwa T, Hosoya T. Stereoinversion of Stereocongested Carbocyclic Alcohols via Triflylation and Subsequent Treatment with Aqueous N,N-Dimethylformamide. Org Lett. 2016.12; 18 (23): 5982-5985. ( PubMed, DOI )

  110. Okamoto-Uchida Y, Yu R, Miyamura N, Arima N, Ishigami-Yuasa M, Kagechika H, Yoshida S, Hosoya T, Nawa M, Kasama T, Asaoka Y, Alois RW, Elling U, Penninger JM, Nishina S, Azuma N, Nishina H. The mevalonate pathway regulates primitive streak formation via protein farnesylation. Sci Rep. 2016.11; 6 37697. ( PubMed, DOI )

  111. Doi H, Sato K, Shindou H, Sumi K, Koyama H, Hosoya T, Watanabe Y, Ishii S, Tsukada H, Nakanishi K, Suzuki M. Blood-brain barrier permeability of ginkgolide: Comparison of the behavior of PET probes 7α-[18F]fluoro- and 10-O-p-[11C]methylbenzyl ginkgolide B in monkey and rat brains. Bioorg Med Chem. 2016.11; 24 (21): 5148-5157. ( PubMed, DOI )

  112. Sumida Y, Sumida T, Hashizume D, Hosoya T. Preparation of Aryne-Nickel Complexes from ortho-Borylaryl Triflates. Org Lett. 2016.11; 18 (21): 5600-5603. ( PubMed, DOI )

  113. Yoshida S, Yano T, Nishiyama Y, Misawa Y, Kondo M, Matsushita T, Igawa K, Tomooka K, Hosoya T. Thiazolobenzyne: a versatile intermediate for multisubstituted benzothiazoles. Chem Commun. 2016.09; 52 (75): 11199-11202. ( PubMed, DOI )

  114. Tanaka T, Okuyama-Dobashi K, Murakami S, Chen W, Okamoto T, Ueda K, Hosoya T, Matsuura Y, Ryo A, Tanaka Y, Hagiwara M, Moriishi K. Inhibitory effect of CDK9 inhibitor FIT-039 on hepatitis B virus propagation. Antiviral Res. 2016.09; 133 156-164. ( PubMed, DOI )

  115. Controlled Generation of 3-Triflyloxyarynes. Synthesis. 2016.08; 48 (23): 4099-4109. ( DOI )

  116. Yoshida S, Shimomori K, Kim Y, Hosoya T. Single C-F Bond Cleavage of Trifluoromethylarenes with an ortho-Silyl Group. Angew Chem Int Ed Engl. 2016.08; 55 (35): 10406-10409. ( PubMed, DOI )

  117. Yoshida S, Morita T, Hosoya T. Synthesis of Diverse Benzotriazoles from Aryne Precursors Bearing an Azido Group via Inter- and Intramolecular Cycloadditions. Chem Lett. 2016.07; 45 (7): 726-728. ( DOI )

  118. Uetake Y, Niwa T, Hosoya T. Rhodium-Catalyzed ipso-Borylation of Alkylthioarenes via C-S Bond Cleavage. Org Lett. 2016.06; 18 (11): 2758-2761. ( PubMed, DOI )

  119. Kii I, Sumida Y, Goto T, Sonamoto R, Okuno Y, Yoshida S, Kato-Sumida T, Koike Y, Abe M, Nonaka Y, Ikura T, Ito N, Shibuya H, Hosoya T, Hagiwara M. Selective inhibition of the kinase DYRK1A by targeting its folding process. Nat Commun. 2016.04; 7 11391. ( PubMed, DOI )

  120. Tomabechi Y, Hosoya T, Ehara H, Sekine S, Shirouzu M, Inouye S. Crystal structure of nanoKAZ: The mutated 19 kDa component of Oplophorus luciferase catalyzing the bioluminescent reaction with coelenterazine. Biochem Biophys Res Commun. 2016.01; 470 (1): 88-93. ( PubMed, DOI )

  121. Yoshida S, Sugimura Y, Hazama Y, Nishiyama Y, Yano T, Shimizu S, Hosoya T. A mild and facile synthesis of aryl and alkenyl sulfides via copper-catalyzed deborylthiolation of organoborons with thiosulfonates. Chem Commun. 2015.12; 51 (93): 16613-16616. ( PubMed, DOI )

  122. Yoshida S, Hosoya T. The Renaissance and Bright Future of Synthetic Aryne Chemistry. Chem Lett. 2015.11; 44 (11): 1450-1460. ( DOI )

  123. Niwa T, Ochiai H, Watanabe Y, Hosoya T. Ni/Cu-Catalyzed Defluoroborylation of Fluoroarenes for Diverse C-F Bond Functionalizations. J Am Chem Soc. 2015.11; 137 (45): 14313-14318. ( PubMed, DOI )

  124. Yoshida S, Yano T, Misawa Y, Sugimura Y, Igawa K, Shimizu S, Tomooka K, Hosoya T. Direct thioamination of arynes via reaction with sulfilimines and migratory N-arylation. J Am Chem Soc. 2015.11; 137 (44): 14071-14074. ( PubMed, DOI )

  125. Okamoto M, Hidaka A, Toyama M, Hosoya T, Yamamoto M, Hagiwara M, Baba M. Selective inhibition of HIV-1 replication by the CDK9 inhibitor FIT-039. Antiviral Res. 2015.11; 123 1-4. ( PubMed, DOI )

  126. Yoshida S, Shimomori K, Nonaka T, Hosoya T. Facile Synthesis of Diverse Multisubstituted ortho-Silylaryl Triflates via C–H Borylation. Chem Lett. 2015.10; 44 (10): 1324-1326. ( DOI )

  127. Hosoya T, Iimori R, Yoshida S, Sumida Y, Sahara-Miura Y, Sato J, Inouye S. Concise Synthesis of v-Coelenterazines. Org Lett. 2015.08; 17 (15): 3888-3891. ( PubMed, DOI )

  128. Masaki S, Kii I, Sumida Y, Kato-Sumida T, Ogawa Y, Ito N, Nakamura M, Sonamoto R, Kataoka N, Hosoya T, Hagiwara M. Design and synthesis of a potent inhibitor of class 1 DYRK kinases as a suppressor of adipogenesis. Bioorg Med Chem. 2015.08; 23 (15): 4434-4441. ( PubMed, DOI )

  129. Sonamoto R, Kii I, Koike Y, Sumida Y, Kato-Sumida T, Okuno Y, Hosoya T, Hagiwara M. Identification of a DYRK1A Inhibitor that Induces Degradation of the Target Kinase using Co-chaperone CDC37 fused with Luciferase nanoKAZ. Sci Rep. 2015.08; 5 12728. ( PubMed, DOI )

  130. Morooka S, Hoshina M, Kii I, Okabe T, Kojima H, Inoue N, Okuno Y, Denawa M, Yoshida S, Fukuhara J, Ninomiya K, Ikura T, Furuya T, Nagano T, Noda K, Ishida S, Hosoya T, Ito N, Yoshimura N, Hagiwara M. Identification of a Dual Inhibitor of SRPK1 and CK2 That Attenuates Pathological Angiogenesis of Macular Degeneration in Mice. Mol Pharmacol. 2015.08; 88 (2): 316-325. ( PubMed, DOI )

  131. Yoshida S, Hazama Y, Sumida Y, Yano T, Hosoya T. An Alternative Method for Generating Arynes from ortho-Silylaryl Triflates: Activation by Cesium Carbonate in the Presence of a Crown Ether. Molecules. 2015.06; 20 (6): 10131-10140. ( PubMed, DOI )

  132. Yoshida S, Uchida K, Hosoya T. Generation of Arynes Using Trimethylsilylmethyl Grignard Reagent for Activation of ortho-Iodoaryl or ortho-Sulfinylaryl Triflates. Chem Lett. 2015.05; 44 (5): 691-693. ( DOI )

  133. Yoshida S, Karaki F, Uchida F, Hosoya T. Generation of cycloheptynes and cyclooctynes via a sulfoxide-magnesium exchange reaction of readily synthesized 2-sulfinylcycloalkenyl triflates. Chem Commun. 2015.05; 51 (42): 8745-8748. ( PubMed, DOI )

  134. Yoshida M, Kataoka N, Miyauchi K, Ohe K, Iida K, Yoshida S, Nojima T, Okuno Y, Onogi H, Usui T, Takeuchi A, Hosoya T, Suzuki T, Hagiwara M. Rectifier of aberrant mRNA splicing recovers tRNA modification in familial dysautonomia. Proc Natl Acad Sci USA. 2015.03; 112 (9): 2764-2769. ( PubMed, DOI )

  135. Yoshida S, Uchida K, Igawa K, Tomooka K, Hosoya T. An efficient generation method and remarkable reactivities of 3-triflyloxybenzyne. Chem Commun (Camb.). 2014.11; 50 (95): 15059-15062. ( PubMed, DOI )

  136. Sumida Y, Harada R, Kato-Sumida T, Johmoto K, Uekusa H, Hosoya T. Boron-Selective Biaryl Coupling Approach to Versatile Dibenzoxaborins and Application to Concise Synthesis of Defucogilvocarcin M. Org Lett. 2014.11; 16 (23): 6240-6243. ( PubMed, DOI )

  137. Xu F, Peng L, Shinohara K, Morita T, Yoshida S, Hosoya T, Orita A, Otera J. Substituted 5,6,11,12-Tetradehydrodibenzo[a,e]cyclooctenes: Syntheses, Properties, and DFT Studies of Substituted Sondheimer-Wong Diynes. J Org Chem. 2014.11; 79 (23): 11592-11608. ( PubMed, DOI )

  138. Yoshida S, Nonaka T, Morita T, Hosoya T. Modular synthesis of bis- and tris-1,2,3-triazoles by permutable sequential azide-aryne and azide-alkyne cycloadditions. Org Biomol Chem. 2014.10; 12 (38): 7489-7493. ( PubMed, DOI )

  139. Yoshida S, Hatakeyama Y, Johmoto K, Uekusa H, Hosoya T. Transient protection of strained alkynes from click reaction via complexation with copper. J Am Chem Soc. 2014.10; 136 (39): 13590-13593. ( PubMed, DOI )

  140. Inouye S, Sato J-i, Sahara-Miura Y, Hosoya T, Suzuki T. Unconventional secretion of the mutated 19 kDa protein of Oplophorus luciferase (nanoKAZ) in mammalian cells. Biochem Biophys Res Commun. 2014.08; 450 (4): 1313-1319. ( PubMed, DOI )

  141. Yamamoto M, Onogi H, Kii I, Yoshida S, Iida K, Sakai H, Abe M, Tsubota T, Ito N, Hosoya T, Hagiwara M. CDK9 inhibitor FIT-039 prevents replication of multiple DNA viruses. J Clin Invest. 2014.08; 124 (8): 3479-3488. ( PubMed, DOI )

  142. Suzuki M, Doi H, Koyama H, Zhang Z, Hosoya T, Onoe H, Watanabe Y. Pd0-mediated rapid cross-coupling reactions, the rapid C-[11C]methylations, revolutionarily advancing the syntheses of short-lived PET molecular probes. Chem Rec. 2014.06; 14 (3): 516-541. ( PubMed, DOI )

  143. Yoshida S, Misawa Y, Hosoya T. Formal C–H-Azidation Based Shortcut to Diazido Building Blocks for the Versatile Preparation of Photoaffinity Labeling Probes. Eur J Org Chem. 2014.05; (19): 3991-3995. ( DOI )

  144. Takahashi K, Hosoya T, Onoe K, Doi H, Nagata H, Hiramatsu T, Li XL, Watanabe Y, Wada Y, Takashima T, Suzuki M, Onoe H, Watanabe Y. 11C-Cetrozole: An Improved C-11C-Methylated PET Probe for Aromatase Imaging in the Brain. J Nucl Med. 2014.03; 55 (5): 852-857. ( PubMed, DOI )

  145. Inouye S, Sato J, Sahara-Miura Y, Yoshida S, Hosoya T. Luminescence enhancement of the catalytic 19kDa protein (KAZ) of Oplophorus luciferase by three amino acid substitutions. Biochem Biophys Res Commun. 2014.02; 445 (1): 157-162. ( PubMed, DOI )

  146. Sumi K, Inoue Y, Nishio M, Naito Y, Hosoya T, Suzuki M, Hidaka H. IOP-lowering effect of isoquinoline-5-sulfonamide compounds in ocular normotensive monkeys. Bioorg Med Chem Lett. 2014.02; 24 (3): 831-834. ( PubMed, DOI )

  147. Yoshida S, Uchida K, Hosoya T. Generation of arynes triggered by sulfoxide-metal exchange reaction of ortho-sulfinylaryl triflates. Chem Lett. 2014; 43 (1): 116-118. ( DOI )

  148. Tanaka K, Nakamoto Y, Siwu ER, Pradipta AR, Morimoto K, Fujiwara T, Yoshida S, Hosoya T, Tamura Y, Hirai G, Sodeoka M, Fukase K. Development of bis-unsaturated ester aldehydes as amino-glue probes: sequential double azaelectrocyclization as a promising strategy for bioconjugation. Org Biomol Chem. 2013.11; 11 (42): 7326-7333. ( PubMed, DOI )

  149. Miyajima M, Kusuhara H, Takahashi K, Takashima T, Hosoya T, Watanabe Y, Sugiyama Y. Investigation of the effect of active efflux at the blood-brain barrier on the distribution of nonsteroidal aromatase inhibitors in the central nervous system. J Pharm Sci. 2013.09; 102 (9): 3309-3319. ( PubMed, DOI )

  150. Inouye S, Sato J, Sahara-Miura Y, Yoshida S, Kurakata H, Hosoya T. C6-Deoxy coelenterazine analogues as an efficient substrate for glow luminescence reaction of nanoKAZ: the mutated catalytic 19 kDa component of Oplophorus luciferase. Biochem Biophys Res Commun. 2013.07; 437 (1): 23-28. ( PubMed, DOI )

  151. Sumida Y, Kato T, Hosoya T. Generation of arynes via ate complexes of arylboronic esters with an ortho-leaving group. Org Lett. 2013.06; 15 (11): 2806-2809. ( PubMed, DOI )

  152. Inouye S, Sahara-Miura Y, Sato J, Iimori R, Yoshida S, Hosoya T. Expression, purification and luminescence properties of coelenterazine-utilizing luciferases from Renilla, Oplophorus and Gaussia: comparison of substrate specificity for C2-modified coelenterazines. Protein Expr Purif. 2013.03; 88 (1): 150-156. ( PubMed, DOI )

  153. Koyama H, Zhang Z, Ijuin R, Siqin, Son J, Hatta Y, Ohta M, Wakao M, Hosoya T, Doi H, Suzuki M.. Pd(0)-mediated rapid coupling of methyl iodide with excess amounts of benzyl- and cinnamylboronic acid esters: efficient method for incorporation of positron-emitting (11)C radionuclide into organic frameworks by coupling between two sp(3)-hybridized carbons. RSC Adv. 2013; 3 (24): 9391-9401. ( DOI )

  154. Yoshida S, Hosoya T. Synthesis of diverse aromatic oxophosphorus compounds by the Michaelis-Arbuzov-type reaction of arynes. Chem Lett. 2013; 42 (6): 583-585. ( DOI )

  155. Yoshimura SH, Khan S, Ohno S, Yokogawa T, Nishikawa K, Hosoya T, Maruyama H, Nakayama Y, Takeyasu K. Site-specific attachment of a protein to a carbon nanotube end without loss of protein function. Bioconjug Chem. 2012.07; 23 (7): 1488-1493. ( PubMed, DOI )

  156. Sumida Y, Kato T, Yoshida S, Hosoya T. Palladium-catalyzed regio- and stereoselective hydrosilylation of electron-deficient alkynes. Org Lett. 2012.03; 14 (6): 1552-1555. ( PubMed, DOI )

  157. Ozawa M, Takahashi K, Akazawa KH, Takashima T, Nagata H, Doi H, Hosoya T, Wada Y, Cui Y, Kataoka Y, Watanabe Y. PET of aromatase in gastric parietal cells using 11C-vorozole. J Nucl Med. 2011.12; 52 (12): 1964-1969. ( PubMed, DOI )

  158. Takahashi K, Onoe K, Doi H, Nagata H, Yamagishi G, Hosoya T, Tamura Y, Wada Y, Yamanaka H, Yokoyama C, Mizuma H, Takashima T, Bergström M, Onoe H, Långström B, Watanabe Y. Increase in hypothalamic aromatase in macaque monkeys treated with anabolic-androgenic steroids: PET study with [11C]vorozole. NeuroReport. 2011.05; 22 (7): 326-330. ( PubMed, DOI )

  159. Takahashi K, Yamagishi G, Hiramatsu T, Hosoya A, Onoe K, Doi H, Nagata H, Wada Y, Onoe H, Watanabe Y, Hosoya T. Practical synthesis of precursor of [N-methyl-11C]vorozole, an efficient PET tracer targeting aromatase in the brain. Bioorg Med Chem. 2011.02; 19 (4): 1464-1470. ( PubMed, DOI )

  160. Sakai D, Kii I, Nakagawa K, Matsumoto HN, Takahashi M, Yoshida S, Hosoya T, Takakuda K, Kudo A. Remodeling of actin cytoskeleton in mouse periosteal cells under mechanical loading induces periosteal cell proliferation during bone formation. PLoS ONE. 2011; 6 (9): e24847. ( PubMed, DOI )

  161. Islam MS, Nagasaka R, Ohara K, Hosoya T, Ozaki H, Ushio H, Hori M. Biological abilities of rice bran-derived antioxidant phytochemicals for medical therapy. Curr Top Med Chem. 2011; 11 (14): 1847-1853. ( PubMed )

  162. Yoshida S, Shiraishi A, Kanno K, Matsushita T, Johmoto K, Uekusa H, Hosoya T. Enhanced clickability of doubly sterically-hindered aryl azides. Sci Rep. 2011; 1 82. ( PubMed, DOI )

  163. Anwar A, Hosoya T, Leong KM, Onogi H, Okuno Y, Hiramatsu T, Koyama H, Suzuki M, Hagiwara M, Garcia-Blanco MA. The kinase inhibitor SFV785 dislocates dengue virus envelope protein from the replication complex and blocks virus assembly. PLoS ONE. 2011; 6 (8): e23246. ( PubMed, DOI )

  164. Inouye S, Iimori R, Sahara Y, Hisada S, Hosoya T. Application of new semisynthetic aequorins with long half-decay time of luminescence to G-protein-coupled receptor assay. Anal Biochem. 2010.12; 407 (2): 247-252. ( PubMed, DOI )

  165. Abe Y, Okumura E, Hosoya T, Hirota T, Kishimoto T. A single starfish Aurora kinase performs the combined functions of Aurora-A and Aurora-B in human cells. J Cell Sci. 2010.11; 123 (Pt 22): 3978-3988. ( PubMed, DOI )

  166. Ogawa Y, Nonaka Y, Goto T, Ohnishi E, Hiramatsu T, Kii I, Yoshida M, Ikura T, Onogi H, Shibuya H, Hosoya T, Ito N, Hagiwara M. Development of a novel selective inhibitor of the Down syndrome-related kinase Dyrk1A. Nat Commun. 2010.10; 1 (7): 86. ( PubMed, DOI )

  167. Kii I, Shiraishi A, Hiramatsu T, Matsushita T, Uekusa H, Yoshida S, Yamamoto M, Kudo A, Hagiwara M, Hosoya T. Strain-promoted double-click reaction for chemical modification of azido-biomolecules. Org Biomol Chem. 2010.09; 8 (18): 4051-4055. ( PubMed, DOI )

  168. Kohta R, Kotake Y, Hosoya T, Hiramatsu T, Otsubo Y, Koyama H, Hirokane Y, Yokoyama Y, Ikeshoji H, Oofusa K, Suzuki M, Ohta S. 1-Benzyl-1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline binds with tubulin beta, a substrate of parkin, and reduces its polyubiquitination. J Neurochem. 2010.09; 114 (5): 1291-1301. ( PubMed, DOI )

  169. Ikemoto T, Hosoya T, Takata K, Aoyama H, Hiramatsu T, Onoe H, Suzuki M, Endo M. Functional role of neuroendocrine-specific protein-like 1 in membrane translocation of GLUT4. Diabetes. 2009.12; 58 (12): 2802-2812. ( PubMed, DOI )

  170. Islam MS, Yoshida H, Matsuki N, Ono K, Nagasaka R, Ushio H, Guo Y, Hiramatsu T, Hosoya T, Murata T, Hori M, Ozaki H. Antioxidant, free radical-scavenging, and NF-kappaB-inhibitory activities of phytosteryl ferulates: structure-activity studies. J Pharmacol Sci. 2009.12; 111 (4): 328-337. ( PubMed )

  171. Suzuki M, Sumi K, Koyama H, Siqin, Hosoya T, Takashima-Hirano M, Doi H. Pd(0)-Mediated rapid coupling between methyl iodide and heteroarylstannanes: an efficient and general method for the incorporation of a positron-emitting (11)C radionuclide into heteroaromatic frameworks. Chem Eur J. 2009.11; 15 (45): 12489-12495. ( PubMed, DOI )

  172. Inouye S, Hosoya T. Reconstitution of blue fluorescent protein from recombinant apoaequorin and synthetic coelenteramide. Biochem Biophys Res Commun. 2009.09; 386 (4): 617-622. ( PubMed, DOI )

  173. Hosoya T, Inoue A, Hiramatsu T, Aoyama H, Ikemoto T, Suzuki M. Facile synthesis of diazido-functionalized biaryl compounds as radioisotope-free photoaffinity probes by Suzuki-Miyaura coupling. Bioorg Med Chem. 2009.03; 17 (6): 2490-2496. ( PubMed, DOI )

  174. Kuramori C, Azuma M, Kume K, Kaneko Y, Inoue A, Yamaguchi Y, Kabe Y, Hosoya T, Kizaki M, Suematsu M, Handa H. Capsaicin binds to prohibitin 2 and displaces it from the mitochondria to the nucleus. Biochem Biophys Res Commun. 2009.02; 379 (2): 519-525. ( PubMed, DOI )

  175. Doi H, Ban I, Nonoyama A, Sumi K, Kuang C, Hosoya T, Tsukada H, Suzuki M. Palladium(0)-mediated rapid methylation and fluoromethylation on carbon frameworks by reacting methyl and fluoromethyl iodide with aryl and alkenyl boronic acid esters: useful for the synthesis of [11C]CH(3)--C- and [18F]FCH2--C-Containing PET tracers (PET=positron emission tomography). Chem Eur J. 2009; 15 (16): 4165-4171. ( PubMed, DOI )

  176. Yomoda J, Muraki M, Kataoka N, Hosoya T, Suzuki M, Hagiwara M, Kimura H. Combination of Clk family kinase and SRp75 modulates alternative splicing of Adenovirus E1A. Genes Cells. 2008.03; 13 (3): 233-244. ( PubMed, DOI )

  177. Hiramatsu T, Guo Y, Hosoya T. 3-Azidodifluoromethyl-3H-diazirin-3-yl group as an all-in-one functional group for radioisotope-free photoaffinity labeling. Org Biomol Chem. 2007.09; 5 (18): 2916-2919. ( PubMed, DOI )

  178. Abe M, Ohno S, Yokogawa T, Nakanishi T, Arisaka F, Hosoya T, Hiramatsu T, Suzuki M, Ogasawara T, Sawasaki T, Nishikawa K, Kitamura M, Hori H, Endo Y. Detection of structural changes in a cofactor binding protein by using a wheat germ cell-free protein synthesis system coupled with unnatural amino acid probing. Proteins. 2007.05; 67 (3): 643-652. ( PubMed, DOI )

  179. Ohno S, Matsui M, Yokogawa T, Nakamura M, Hosoya T, Hiramatsu T, Suzuki M, Hayashi N, Nishikawa K. Site-selective post-translational modification of proteins using an unnatural amino acid, 3-azidotyrosine. J Biochem. 2007.03; 141 (3): 335-343. ( PubMed, DOI )

  180. Cui Y, Takamatsu H, Kakiuchi T, Ohba H, Kataoka Y, Yokoyama C, Onoe H, Watanabe Y, Hosoya T, Suzuki M, Noyori R, Tsukada H, Watanabe Y. Neuroprotection by a central nervous system-type prostacyclin receptor ligand demonstrated in monkeys subjected to middle cerebral artery occlusion and reperfusion: a positron emission tomography study. Stroke. 2006.11; 37 (11): 2830-2836. ( PubMed, DOI )

  181. Fukuhara T, Hosoya T, Shimizu S, Sumi K, Oshiro T, Yoshinaka Y, Suzuki M, Yamamoto N, Herzenberg LA, Herzenberg LA, Hagiwara M. Utilization of host SR protein kinases and RNA-splicing machinery during viral replication. Proc Natl Acad Sci USA. 2006.07; 103 (30): 11329-11333. ( PubMed, DOI )

  182. Hosoya T, Sumi K, Doi H, Wakao M, Suzuki M. Rapid methylation on carbon frameworks useful for the synthesis of 11CH3-incorporated PET tracers: Pd(0)-mediated rapid coupling of methyl iodide with an alkenyltributylstannane leading to a 1-methylalkene. Org Biomol Chem. 2006.02; 4 (3): 410-415. ( PubMed, DOI )

  183. Hosoya T, Hiramatsu T, Ikemoto T, Aoyama H, Ohmae T, Endo M, Suzuki M. Design of dantrolene-derived probes for radioisotope-free photoaffinity labeling of proteins involved in the physiological Ca2+ release from sarcoplasmic reticulum of skeletal muscle. Bioorg Med Chem Lett. 2005.03; 15 (5): 1289-1294. ( PubMed, DOI )

  184. Suzuki M, Doi H, Kato K, Hosoya T, Watanabe Y, Watanabe Y. Designed molecular probes in brain research: molecular imaging of IP2 receptor in the human brain. Jpn J Neuropsychopharmacol. 2004.08; 24 (4): 221-229. ( PubMed )

  185. Muraki M, Ohkawara B, Hosoya T, Onogi H, Koizumi J, Koizumi T, Sumi K, Yomoda J, Murray MV, Kimura H, Furuichi K, Shibuya H, Krainer AR, Suzuki M, Hagiwara M. Manipulation of alternative splicing by a newly developed inhibitor of Clks. J Biol Chem. 2004.06; 279 (23): 24246-24254. ( PubMed, DOI )

  186. Hosoya T, Hiramatsu T, Ikemoto T, Nakanishi M, Aoyama H, Hosoya A, Iwata T, Maruyama K, Endo M, Suzuki M. Novel bifunctional probe for radioisotope-free photoaffinity labeling: compact structure comprised of photospecific ligand ligation and detectable tag anchoring units. Org Biomol Chem. 2004.03; 2 (5): 637-641. ( PubMed, DOI )

  187. Hosoya T, Wakao M, Kondo Y, Doi H, Suzuki M. Rapid methylation of terminal acetylenes by the Stille coupling of methyl iodide with alkynyltributylstannanes: a general protocol potentially useful for the synthesis of short-lived 11CH3-labeled PET tracers with a 1-propynyl group. Org Biomol Chem. 2004.01; 2 (1): 24-27. ( PubMed, DOI )

  188. Suzuki M, Doi H, Hosoya T, Långström B, Watanabe Y.. Rapid methylation on carbon frameworks leading to the synthesis of a PET tracer capable of imaging a novel CNS-type prostacyclin receptor in living human brain. Trends Anal Chem. 2004; 23 (8): 595-607. ( DOI )

  189. Hosoya T, Aoyama H, Ikemoto T, Kihara Y, Hiramatsu T, Endo M, Suzuki M. Dantrolene analogues revisited: general synthesis and specific functions capable of discriminating two kinds of Ca2+ release from sarcoplasmic reticulum of mouse skeletal muscle. Bioorg Med Chem. 2003.03; 11 (5): 663-673. ( PubMed )

  190. Hosoya T, Aoyama H, Ikemoto T, Hiramatsu T, Kihara Y, Endo M, Suzuki M. [(125)I]-N-[(3-azido-5-iodo)benzyl]dantrolene and [(125)I]-N-[[3-iodo-5-(3-trifluoromethyl-3H-diazirin-3-yl)]benzyl]dantrolene: photoaffinity probes specific for the physiological Ca(2+) release from sarcoplasmic reticulum of skeletal muscle. Bioorg Med Chem Lett. 2002.11; 12 (22): 3263-3265. ( PubMed )

  191. Ikenoya M, Hidaka H, Hosoya T, Suzuki M, Yamamoto N, Sasaki Y. Inhibition of rho-kinase-induced myristoylated alanine-rich C kinase substrate (MARCKS) phosphorylation in human neuronal cells by H-1152, a novel and specific Rho-kinase inhibitor. J Neurochem. 2002.04; 81 (1): 9-16. ( PubMed )

  192. Takamatsu H, Tsukada H, Watanabe Y, Cui Y, Kataoka Y, Hosoya T, Suzuki M, Watanabe Y. Specific ligand for a central type prostacyclin receptor attenuates neuronal damage in a rat model of focal cerebral ischemia. Brain Res. 2002.01; 925 (2): 176-182. ( PubMed )

  193. Hamura T, Hosoya T, Yamaguchi H, Kuriyama Y, Tanabe M, Miyamoto M, Yasui Y, Matsumoto T, Suzuki K.. Facile access to versatile polyaromatic building blocks: selectively protected benzocyclobutenedione derivatives via regioselective [2 + 2] cycloaddition of α-alkoxybenzyne and ketene silyl acetal. Helv Chim Acta. 2002; 85 (11): 3589-3604. ( DOI )

  194. Ikemoto T, Hosoya T, Aoyama H, Kihara Y, Suzuki M, Endo M. Effects of dantrolene and its derivatives on Ca(2+) release from the sarcoplasmic reticulum of mouse skeletal muscle fibres. Br J Pharmacol. 2001.10; 134 (4): 729-736. ( PubMed, DOI )

  195. Hosoya T, Hamura T, Kuriyama Y, Miyamoto M, Matsumoto T, Suzuki K.. Silicon-Directed Regioselective [2+2] Cycloaddition of α-Alkoxybenzyne and Ketene Silyl Acetals. Synlett. 2000; (4): 520-522. ( DOI )

  196. Futagami S, Ohashi Y, Imura K, Hosoya T, Omori K, Matsumoto T, Suzuki K.. Total synthesis of ravidomycin: revision of absolute and relative stereochemistry. Tetrahedron Lett. 2000; 41 (7): 1063-1067. ( DOI )

  197. Furuta K, Hosoya T, Tomokiyo K, Okuda S, Kuniyasu A, Nakayama H, Ishikawa T, Suzuki M. [35S]S-[5-(4-benzoylphenyl)pentyl]glutathione: a versatile radioligand targeting GS-X pumps with the ability of photoaffinity labeling. Bioorg Med Chem Lett. 1999.09; 9 (18): 2661-2666. ( PubMed )

  198. Hosoya T, Takashiro E, Yamamoto Y, Matsumoto T, Suzuki K.. Total Syntheses of BE-12406 A and Its C(8)-Vinyl Analog. Heterocycles. 1996; 42 (1): 397-414. ( DOI )

  199. Hosoya T, Ohashi Y, Matsumoto T, Suzuki K.. On the Stereochemistry of Aryl C-Glycosides: Unusual Behavior of Bis-TBDPS Protected Aryl C-Olivosides. Tetrahedron Lett. 1996; 37 (5): 663-666. ( DOI )

  200. Suzuki K, Matsumoto T, Hosoya T.. Total Synthesis of the Gilvocarcins. J Synth Org Chem, Jpn. 1995; 53 (11): 1045-1054.

  201. Hosoya T, Hasegawa T, Kuriyama Y, Suzuki K. Stereospecificity in [2 + 2] Cycloaddition of Benzyne and Ketene Silyl Acetal. Tetrahedron Lett. 1995; 36 (19): 3377-3380. ( DOI )

  202. Hosoya T, Kuriyama Y, Suzuki K.. Convenient Synthesis of Phthalides via Regioselective Baeyer-Villiger Oxidation of Benzocyclobutenones. Synlett. 1995; (6): 635-638. ( DOI )

  203. Hosoya T, Hasegawa T, Kuriyama Y, Matsumoto T, Suzuki K.. [2 + 2] Cycloaddition of Benzyne and Ketene Silyl Acetal as an Efficient Route to Benzocyclobutenones. Synlett. 1995; (2): 177-179. ( DOI )

  204. Hosoya T, Takashiro E, Matsumoto T, Suzuki K.. First Total Synthesis of BE-12406 A. Tetrahedron Lett. 1994; 35 (26): 4591-4594. ( DOI )

  205. Hosoya T, Takashiro E, Matsumoto T, Suzuki K.. Total Synthesis of the Gilvocarcins. J Am Chem Soc. 1994; 116 (3): 1004-1015. ( DOI )

  206. Matsumoto T, Hosoya T, Suzuki K.. Total Synthesis and Absolute Stereochemical Assignment of Gilvocarcin M. J Am Chem Soc. 1992; 114 (9): 3568-3570. ( DOI )

  207. Matsumoto T, Hosoya T, Katsuki M, Suzuki K.. New Efficient Protocol for Aryne Generation. Selective Synthesis of Differentially Protected 1,4,5-Naphthalenetriols. Tetrahedron Lett. 1991; 32 (46): 6735-6736. ( DOI )

  208. Matsumoto T, Hosoya T, Suzuki K.. O->C-Glycoside Rearrangement of Resorcinol Derivatives. Versatile Intermediates in the Synthesis of Aryl C-Glycosides. Synlett. 1991; (10): 709-711. ( DOI )

  209. Matsumoto T, Hosoya T, Suzuki K.. Improvement in O->C-Glycoside Rearrangement Approach to C-Aryl Glycosides: Use of 1-O-Acetyl Sugar as Stable but Efficient Glycosyl Donor. Tetrahedron Lett. 1990; 31 (32): 4629-4632. ( DOI )

  210. 細谷孝充. 異種アジド選択的反応 ファルマシア. 2021.11; 57 (11): 989-993. ( DOI )

  211. 丹羽 節, 細谷孝充. 芳香族フッ化物の脱フッ素ホウ素化反応 有機合成化学協会誌. 2019.09; 77 (9): 883-894.

  212. 内田圭祐, 吉田 優, 細谷孝充. 多成分集積を指向した合成のためのアライン化学 有機合成化学協会誌. 2019.02; 77 (2): 145-162.

  213. 丹羽 節, 細谷孝充. 分子をつくり変える ―PETイメージングへの応用に向けて― 現代化学. 2018.07; 568 (7): 42-46.

  214. 丹羽 節, 細谷孝充. 低分子PETプローブの開発 日本レーザー医学会誌. 2017.01; 37 (4): 465-472.

  215. 吉田 優, 喜井 勲,細谷孝充. 2種のアジド分子を効率的に連結する手法の開発 有機合成化学協会誌. 2016.05; 74 (5): 453-461.

  216. 吉田 優. 歪みの制御に基づく分子連結法の開発 化学と工業. 2015.10; 68 (10): 952-953.

  217. 吉田 優, 細谷孝充. 逐次環化付加反応によるビストリアゾール合成 化学工業. 2015.05; 66 (5): 389-393.

  218. 細谷孝充, 吉田 優. Part II 4章 光親和性標識法の基礎と実際 「生物活性分子のケミカルバイオロジー:標的同定と作用機構(CSJカレントレビュー19)」(日本化学会 編). 2015.03; 63-70.

  219. 細谷孝充, 吉田 優. Part I 2章 Basic concept-2:標的分子同定の基礎 「生物活性分子のケミカルバイオロジー:標的同定と作用機構(CSJカレントレビュー19)」(日本化学会 編). 2015.03; 20-25.

  220. 山本 誠, 小野木博, 細谷孝充, 萩原正敏. CDK9を標的とした次世代抗ウイルス薬FIT-039の開発 ケミカルバイオロジー. 2015; 8 (1): 2-5.

  221. 細谷孝充, 吉田 優. 第3章 異種アジド基の反応性の差を利用した分子連結 「クリックケミストリー ―基礎から実用まで―」(高田十志和、小山靖人、深瀬浩一 編). 2014.08; 18-28.

  222. 細谷孝充, 吉田 優. 「くすり(候補)」の効き方を調べるー新しい光親和性標識法の開発. 実験医学増刊「研究成果を薬につなげる アカデミア創薬の戦略と実例」(長野哲雄編). 2014; 32 (2): 212-221.

  223. 細谷孝充. ダブルクリック反応による新規生体分子標識法. G. I. Research. 2013; 21 (5): 372-378.

  224. 細谷孝充, 隅田有人, 吉田 優, 鈴木崇弘、井上 敏. 生物発光系によるin vivoイメージングを指向した発光基質の開発. JSMI Report(日本分子イメージング学会機関誌). 2012; 6 (1): 3-6.

  225. 喜井 勲, 吉田 優, 細谷孝充. ダブルクリック反応:生体分子の新しい化学修飾法. 生化学. 2012; 84 (4): 306-311.

  226. 菅野貴美幸, 吉田 優, 細谷孝充. 異種アジド選択的反応:かさ高い芳香族アジドの意外な反応性の発見. ケミカルバイオロジー. 2012; 5 (1): 11-15.

  227. 細谷孝充. 15章 光親和性標識法. 医療・診断ををめざす先端バイオテクノロジー(バイオ研究のフロンティア3)(関根光雄編). 2009; 141-150.

  228. 細谷孝充. アジド基の特性を利用したnon-RI光親和性標識法の開発. 有機合成化学協会誌. 2007; 65 (9): 842-851.

  229. 細谷孝充. 標的タンパク質探索の化学. 化学工業. 2007; 58 (5): 345-350.

  230. 鈴木正昭, 土居久志, 細谷孝充. 生体可視化用分子プローブの創製と活用. オプトロニクス. 2006; 25 (3): 94-100.

  231. 鈴木正昭, 土居久志, 細谷孝充. 脳化学:PET研究基盤を刷新するプローブ創製と11C新導入法. 神経研究の進歩. 2005; 49 (6): 939-947.

  232. 鈴木正昭, 土居久志, 細谷孝充, 渡辺恭良. Positron Emission Tomography(PET)法による生体の分子イメージング研究と創薬・医療への応用. 生物物理. 2004; 44 (6): 265-270. ( DOI )

  233. 鈴木正昭, 土居久志, 加藤孝一, 細谷孝充, 渡辺由美子, 渡辺恭良. 脳を探る分子プローブ設計:ヒト脳内IP2受容体の分子イメージング. 日本神経精神薬理学雑誌. 2004; 24 (4): 221-229.

  234. 鈴木正昭, 土居久志, 細谷孝充, Bengt Langstrom, 渡辺由美子, 渡辺恭良. 設計PGプローブによるヒト脳内IP2受容体の分子イメージング. 細胞工学. 2003; 22 (2): 167-171.

  235. 鈴木正昭, 土居久志, 細谷孝充, 渡辺恭良. 生体系の非破壊分析(9):PET法による脳内中枢型プロスタサイクリン受容体の分子イメージング. 現代化学. 2003; 387 (6): 46-54.

  236. 鈴木正昭, 古田享史, 細谷孝充. 「設計分子による生体機能制御ソフトの構築」を目指して. 有機合成化学協会誌. 1997; 55 (5): 365-374.

  237. 鈴木啓介, 松本隆司, 細谷孝充. ハイブリッド型抗腫瘍性化合物ギルボカルシン類の全合成. 化学と工業. 1993; 46 (7): 1103-1105.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Watanabe K, Terao N, Kii I, Nakagawa R, Niwa T, Hosoya T. Rapid uncaging of alcohols and carboxylic acids by red light-induced photooxidation of indolizines. Pacifichem 2021 2021.12.18 オンライン

  2. Kitakaze K, Taniuchi S, Kawano E, Hamada Y, Miyake M, Oyadomari M, Kojima H, Kosako H, Kuribara T, Yoshida S, Hosoya T, Oyadomari S. Identification of a chemical chaperone for mitigating protein aggregation and proteotoxicity during endoplasmic reticulum stress. Experimental Biology 2021 2021.04.27 オンライン

  3. Watanabe K, Terao N, Kii I, Nakagawa R, Niwa T, Hosoya T. Indolizines Enabling Rapid Uncaging of Alcohols and Carboxylic Acids by Red Light-Induced Photooxidation. ACS SPRING 2021 2021.04.15 オンライン

  4. Yoshida S, Uchida K, Minami Y, Hosoya T. Synthesis of Diverse Arenes via Aryne Intermediates Generated by C–C Bond Cleavage. 2019.11.09 Chino

  5. Matsuzawa T, Yoshida S, Hosoya T. Facile Synthesis of N-Arylphenothiazines by Rearrangement of o-Sulfanylanilines. 27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress (27th ISHC Congress 2019) 2019.09.03 Kyoto

  6. Nakamura Y, Yoshida S, Hosoya T. Synthesis of Diverse Heterocyclic Compounds via Au-Catalyzed Cyclization and Generation of Arynes. 27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress (27th ISHC Congress 2019) 2019.09.03 Kyoto

  7. Niwa T, Isoda M, Uetake Y, Hosoya T. Convergent synthesis of fluoroalkenes using a bis-reactive unit. 19th European Symposium on Fluorine Chemistry 2019.08.30 Warsaw, Poland

  8. Niwa T, Isoda M, Uetake Y, Hosoya T. Cu-Catalyzed Defluoroborylation for Facile Synthesis of Fluoroalkenes. 20th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (OMCOS 20) 2019.07.22 Heidelberg, Germany

  9. Matsuzawa T, Uchida K, Yoshida S, Hosoya T. SYNTHESIS OF DIVERSE BENZOTHIOPHENES VIA REACTION OF ARYNES WITH ALKYNYL SULFIDES. European Symposium on Organic Chemistry (ESOC2019) 2019.07.16 Vienna, Austria

  10. Yoshida S, Shimomori K, Kim Y, Kanemoto K, Hosoya T. SINGLE C–F BOND CLEAVAGE OF TRIFLUOROMETHYLARENES WITH A LATENTLY TRANSFORMABLE ORTHO-SILYL GROUP. European Symposium on Organic Chemistry (ESOC2019) 2019.07.15 Vienna, Austria

  11. Nakamura Y, Yoshida S, Hosoya T. FACILE SYNTHESIS OF DIVERSE BENZOPYRAN DERIVATIVES VIA GOLD-CATALYZED CYCLIZATION AND GENERATION OF ARYNES. European Symposium on Organic Chemistry (ESOC2019) 2019.07.15 Vienna, Austria

  12. Nishiyama Y, Misawa Y, Hazama Y, Oya K, Yoshida S, Hosoya T. Facile Synthesis of Diazido Compounds via Formal C–H Azidation and Functional Group-Selective Conversions. The 4th International Symposium of Middle Molecular Strategy (ISMMS-4) and The 7th Innovative Area Symposium on Middle Molecular Strategy: Creation of Higher Bio-Functional Molecules by Integrated Synthesis 2018.11.30 Sendai, Japan

  13. Meguro T, Yoshida S, Igawa K, Tomooka K, Hosoya T. Protection of Azido Group from Click Reaction by Formation of Phosphazide. The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-14) 2018.11.15 Kyoto, Japan

  14. Nishiyama Y, Kamada S, Hazama Y, Yoshida S, Hosoya T. Selective Cleavage Reactions of Pentavalent Organophosphorus Electrophiles. The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-14) 2018.11.15 Kyoto, Japan

  15. Matsuzawa T, Uchida K, Yoshida S, Hosoya T. Synthesis of Multisubstituted Benzo[b]thiophenes via Reaction of Arynes with Alkynyl Sulfides. The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-14) 2018.11.14 Kyoto, Japan

  16. Nakamura Y, Yoshida S, Hosoya T. Facile Synthesis of Diverse Benzopyran Derivatives via Au-Catalyzed Cyclization and Generation of Arynes. The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-14) 2018.11.14 Kyoto, Japan

  17. Yoshida S, Meguro T, Igawa K, Tomooka T, Hosoya T. Transient Protection of Organic Azides from Click Reactions with Alkynes by Phosphazide Formation. Tateshina Conference on Organic Chemistry 2018 2018.11.09 Chino, Japan

  18. Nishiyama Y, Kamada S, Yoshida S, Hosoya T. Synthesis of Unsymmetrical Tertiary Phosphine Oxides via Sequential Substitution Reaction of Phosphonic Acid Dithioesters with Grignard Reagents. 22nd International Conference on Organic Synthesis (22-ICOS) 2018.09.17 Florence, Italy

  19. Yoshida S. Controlled Click Chemistry Based on Transient Protection of Strained Alkynes via Complexation with Copper. 2018.09.01 Chiba, Japan

  20. Matsuzawa T. Uchida K, Yoshida S, Hosoya T. Synthesis of Diverse Aromatic Organosulfurs by Reactions of Arynes with Organosulfur(IV) Compounds. 28th International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur (ISOCS-28) 2018.08.27 Tokyo, Japan

  21. Kanemoto K, Yoshida S, Hosoya T. Rhodium-Catalyzed Odorless Thiolation of Organoboronic Acids Using Thiosulfonates. 28th International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur (ISOCS-28) 2018.08.27 Tokyo, Japan

  22. Yoshida S, Uchida K, Karaki F, Nagai A. Tamura Y. Nishiyama Y. Hosoya T. Generation of Arynes and Cycloalkynes via Sulfoxide-Magnesium Exchange Reaction. 28th International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur (ISOCS-28) 2018.08.27 Tokyo, Japan

  23. Nakamura Y, Yoshida S, Uchida K, Hazama Y, Hosoya T. Aryne Relay Chemistry en Route to Aminoarenes: Synthesis of 3-Aminoaryne Precursors via Regioselective Silylamination of 3-(Triflyloxy)arynes. International Symposium on Main Group Chemistry Directed towards Organic Synthesis (MACOS) 2018.08.25 Kyoto, Japan

  24. Nishiyama Y, Hazama Y, Yoshida S, Hosoya T. Synthesis of Unsymmetrical Tertiary Phosphine Oxides via Sequential Substitution Reaction Using Stable Substrates with Thio Leaving Groups. International Symposium on Main Group Chemistry Directed towards Organic Synthesis (MACOS) 2018.08.25 Kyoto, Japan

  25. Nakamura Y, Yoshida S, Hosoya T. Facile Synthesis of Diverse Benzopyran Derivatives via Au-Catalyzed Cyclization and Generation of Arynes. 28th International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2018) 2018.07.19 Florence, Italy

  26. Uchida K, Yoshida S, Hosoya T. Generation of Arynes via Carbon-Carbon Bond Cleavage of Benzocyclobutenones Using an Organolithium Reagent. 28th International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2018) 2018.07.17 Florence, Italy

  27. Yoshida S, Hatakeyama Y, Kuribara T, Makio N, Karaki F, Johmoto K, Uekusa H, Hosoya T. Molecular Conjugations Based on Transient Protection of Strained Alkynes via Complexation with Copper. 28th International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2018) 2018.07.16 Florence, Italy

  28. Kanemoto K, Sugimura Y, Shimizu S, Yoshida S, Hosoya T. Synthesis of Divergent Sulfur-Containing Heterocycles Using Thiosulfonates as Sulfur Surrogates. The 99th CSJ Annual Meeting 2018.03.21 Funabashi, Japan

  29. Nishiyama Y, Fujii S, Hazama Y, Yoshida S, Hosoya T. Multi-Click Chemistry for Rapid Functionalization of Middle Molecules. 11th International Symposium on Integrated Synthesis (ISONIS-11) & 3rd International Symposium on Middle Molecular Strategy (ISMMS-3) 2017.11.16 Kobe

  30. Yoshida S. Single C–F Bond Cleavage of Trifluoromethylarenes with an ortho-Silyl Group. Tateshina Conference on Organic Chemistry 2017 2017.11.10

  31. Ito H, Yoshida S, Hosoya T, Kii I. Fluorescence pulse-chase trace analysis on assembly of extracellular matrix. The 2nd International Symposium on Biomedical Engineering 2017.11.09 Tokyo

  32. Nishiyama Y, Kamada S, Yoshida S, Hosoya T. Generation of Arynes Triggered by Cleavage of a Carbon-Phosphorus Bond. Otsu Conference 2017 2017.09.11 Otsu

  33. Uchida K, Yoshida S, Hosoya T. Generation of Arynes Triggered by Carbon-Carbon Bond Cleavage Reaction. 26th International Society of Heterocyclic Chemistry (ISHC 2017) 2017.09.06 Regensburg, Germany

  34. Yoshida S, Nakamura Y, Yano T, Uchida K, Hazama Y, Misawa Y, Sugimura Y, Igawa K, Shimizu S, Tomooka K, Hosoya T. Synthesis of Aniline Derivatives via Aryne Intermediates Enabling Facile Preparation of Nitrogen-Containing Heterocyclic Compounds. 26th International Society of Heterocyclic Chemistry (ISHC 2017) 2017.09.05 Regensburg, Germany

  35. Hosoya T. Azido-type selective reactions for target identification and probe synthesis. 3rd Symposium of SPU Innovative Project for Pharmaceutical Analyses of Covalent Modification in Biomolecules "Chemistry-Natural Product Chemistry, Structural Chemistry, Synthetic Chemistry and Chemical Biology" 2016.09.01 Tokyo, Japan

  36. Yoshida S, Uchida K, Nakamura Y, Nonaka T, Morita T, Nagai A, Igawa K, Tomooka K, Hosoya T. Trimethylsilylmethyl Grignard Reagent: a Mild Activator Triggering Efficient Generation of Arynes from Various ortho-Iodoaryl Triflates. 11th International Symposium on Carbanion Chemistry (ISCC-11) 2016.07.20 Rouen, France

  37. Nakamura Y, Uchida K, Hazama Y, Yoshida S, Hosoya T. Facile Synthesis of 3-Aminoaryne Precursors via Aminosilylation of 3-Triflyloxyarynes. The 12th International Symposium on Organic Reactions (ISOR-12) 2016.04.23 Kyoto, Japan

  38. Uchida K, Yoshida S, Igawa K, Tomooka K, Hosoya T. An efficient generation method and remarkable reactivities of 3-triflyloxybenzyne. The 12th International Symposium on Organic Reactions (ISOR-12) 2016.04.22 Kyoto, Japan

  39. Hosoya T, Yoshida S, Misawa Y. Formal C–H azidation-based shortcut to diazido building blocks for the versatile preparation of photoaffinity labeling probes of natural products and pharmaceuticals. PACIFICHEM 2015 2015.12 Honolulu, Hawaii, USA

  40. Yoshida S, Hatakeyama Y, Johmoto K, Uekusa H, Hosoya T. Transient Protection of strained alkynes from click reaction via complexation with copper. PACIFICHEM 2015 2015.12 Honolulu, Hawaii, USA

  41. Hosoya T, Yoshida S, Shiraishi A, Kanno K, Kii I, Johmoto K, Uekusa H, Hagiwara M. Azido-type selective reactions for molecular conjugation. PACIFICHEM 2015 2015.12 Honolulu, Hawaii, USA

  42. Uchida K, Yoshida S, Igawa K, Tomooka K, Hosoya T. Efficient generation method and remarkable reactivities of 3-triflyloxyaryne. PACIFICHEM 2015 2015.12 Honolulu, Hawaii, USA

  43. Yoshida S, Uchida K, Karaki F, Hosoya T. Generation of arynes and cycloalkynes via a sulfoxide–magnesium exchange reaction of readily synthesized precursors. PACIFICHEM 2015 2015.12 Honolulu, Hawaii, USA

  44. Morita T, Yoshida S, Hosoya T. Synthesis of Diverse Multisubstituted Benzo[b]thiophenes Based on Transformations via Thienobenzyne Intermediates. The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13) 2015.11 Kyoto, Japan

  45. Meguro T, Yoshida S, Hosoya T. Cycloaddition of Thiophene S,S-Dioxide Derivatives with Strained Cycloalkynes. The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13) 2015.11 Kyoto, Japan

  46. Sumida Y, Sumida T, Hosoya T. Generation of Arynes and Formation of Aryne–Nickel Complexes from o-Borylaryl Triflates. The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13) 2015.11 Kyoto, Japan

  47. Uetake Y, Niwa T, Hosoya T. Rh-Catalyzed Ipso-Borylation of Methylthioarenes via C–SMe Bond Cleavage. The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13) 2015.11 Kyoto, Japan

  48. Yoshida S, Shimomori K, Kim Y, Hosoya T. Selective C–F Bond Cleavage via a Silylium Intermediate. The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13) 2015.11 Kyoto, Japan

  49. Hosoya T, Hatakeyama Y, Karaki F, Johmoto K, Uekusa H, Yoshida S. Transient Protection of Strained Alkynes from Click Reaction via Complexation with Copper. The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13) 2015.11 Kyoto, Japan

  50. Morooka S, Okuno Y, Hosoya T, Hagiwara M, Yoshimura N. Development of new anti-VEGF drug by SRPK1 inhibitor screening. European Association for Vision and Eye Research (EVER 2014) 2014.10

  51. Hosoya T. Novel synthetic approaches to diazido probes for target identification by photoaffinity labeling. The 3rd International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity 2014.10

  52. Takahashi K, Hosoya T, Takashima T, Tanaka M, Ishii A, Nakatomi Y, Tazawa S, Takahashi K, Shiomi S, Wada Y, Watanabe Y. PET Imaging of aromatase expression in human brain and its associations with characters and traits. World Molecular Imaging Congress 2014 (WMIC 2014) 2014.09

  53. Yoshida S, Hatakeyama Y, Johmoto K, Uekusa H, Hosoya T. A Transient Protection of Strained Alkyne from Click Reaction by the Complexation with Copper. 26th International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC2014) 2014.07

  54. Yoshida S, Shiraishi A, Kanno K, Matsushita T, Johmoto K, Uekusa H, Hosoya T. Molecular conjugation based on enhanced clickability of doubly sterically-hindered aryl azides. 20th International Conference on Organic Synthesis (ICOS-20) 2014.07

  55. 大畠瑶平、田口純平、丹羽 節、細谷孝充. ボリル置換ベンゾオキサボロールの異種ホウ素基選択的変換反応. 日本化学会第102春季年会 2022.03.26 オンライン

  56. 片山彰人、金 源、西山義剛、細谷孝充、横島 聡. α位のアジド基が関与するチオラートを用いたスルホニル化合物での新奇置換反応. 日本薬学会第142回年会 2022.03.26 オンライン

  57. 織本雅久、竹村ひなの、小林瑛宏、細谷孝充、吉田 優. アルケニルアジドをプラットフォームとして用いる多成分集積法の開発. 日本化学会第102春季年会 2022.03.26 オンライン

  58. 坂田優希、鍋倉涼斗、細谷孝充. 新規脱コバルト法による環状アルキン合成. 日本化学会第102春季年会 2022.03.25 オンライン

  59. 丹羽 節、瀧本 正、陌間由貴、坂田優希、細谷孝充. パラジウム触媒とルイス酸を用いるハロゲン化アリールのホウ素化反応の開発. 日本化学会第102春季年会 2022.03.25 オンライン

  60. 徳永健人、田口純平、細谷孝充. コンパクトな1,3-ジイニルスルフィド型トリアルキンプラットフォーム分子の開発と多成分集積への応用. 日本化学会第102春季年会 2022.03.25 オンライン

  61. 渡邊賢司、倉津飛鳥、丹羽 節、細谷孝充. 赤色光照射によるインドリジンのアンケージングが誘起するアミンと共有結合形成. 日本化学会第102春季年会 2022.03.23 オンライン

  62. 小林瑛宏、松澤 翼、細谷孝充、吉田 優. アルキニルスルホキシドの求電子的活性化を鍵とするベンゾフラン類の簡便合成法の開発. 日本化学会第102春季年会 2022.03.23 オンライン

  63. 鈴木美之里、金本和也、中村 悠、細谷孝充、吉田 優. スルフィン酸エステルとボロン酸を用いた触媒的スルホキシド合成法の開発. 日本化学会第102春季年会 2022.03.23 オンライン

  64. 奥山拓海、田口純平、細谷孝充. 3-トリアゼニルアライン活性種の発生と変換. 日本化学会第102春季年会 2022.03.23 オンライン

  65. 木村洸太、田口純平、井川和宣、友岡克彦、細谷孝充. 3-アジドアライン活性種の発生と位置選択的な反応による芳香族アジド化合物の合成. 日本化学会第102春季年会 2022.03.23 オンライン

  66. 尾本優太、田口純平、細谷孝充. アライン中間体を経る[2.2]パラシクロファン誘導体の簡便合成. 日本化学会第102春季年会 2022.03.23 オンライン

  67. 田端慎也、美濃島麻衣、小林瑛宏、細谷孝充、吉田 優. ヨード基の活性化を利用したアラインのチオアミノ化反応の開発. 日本化学会第102春季年会 2022.03.23 オンライン

  68. 八代田陽子、木村寛美、吉村麻美、臼井正哉、丹羽 節、高橋一光、俣賀宣子、細谷孝充、Ilies L、吉田 稔、Boone C. 酵母の増殖阻害活性を示す含ホウ素化合物の作用機序解析. 日本農芸化学会2022年度大会 2022.03.17 オンライン

  69. 中岡貴義、入江さつき、津田隼平、丹羽 節、和田康弘、林中恵美、細谷孝充、 渡辺恭良. PETイメージングによる[18F]pitavastatinのラット胎児輸送の定量的評価. 日本薬物動態学会第36回年会 2021.11.17 オンライン

  70. 小林瑛宏、松澤 翼、細谷孝充、吉田 優. 多彩な含硫黄化合物の簡便合成を指向したスルフィン酸エステルのアリル化反応の開発. 第119回有機合成シンポジウム 2021.11.09 オンライン

  71. 細谷孝充. 生命科学・創薬研究に役立つ分子プローブの創製. 東京工業大学・講演 2021.10.06 オンライン

  72. 丹羽 節、植竹裕太、落合秀紀、津田隼平、末﨑圭恵、金山洋介、角田ちぬよ、中岡貴義、入江さつき、小川健司、市川保恵、和田康弘、林中恵美、小嶋聡一、渡辺恭良、細谷孝充. B型肝炎ウイルスの可視化を目指したPETプローブ開発における11C-および19F-標識法の検討. 第10回フッ素化学若手の会 2021.09.24 オンライン

  73. 植竹裕太、丹羽 節、細谷孝充、櫻井英博. 亜鉛を活性化剤として用いる鈴木・宮浦クロスカップリングの反応機構. 第128回触媒討論会 2021.09.15 オンライン

  74. 丹羽 節、植竹裕太、磯田紀之、中岡光妃、瀧本 正、櫻井英博、細谷孝充. ルイス酸を用いる鈴木・宮浦クロスカップリング反応の開発. 第67回有機金属化学討論会 2021.09.09 オンライン

  75. 矢崎潤史、川島祐介、小川泰策、小林敦夫、大越麻友、渡辺貴志、吉田 優、喜井 勲、江上将平、天谷雅行、細谷孝充、 城口克之、小原 収. 高親和性キャプチャーHaloTagを用いた新規のタンパク質-オリゴDNA結合法. 日本プロテオーム学会2021年大会 2021.07.20 オンライン

  76. 鈴木美之里、金本和也、中村 悠、細谷孝充、吉田 優. スルフィン酸エステルとボロン酸を用いたパラジウム触媒による新規スルホキシド合成法の開発. 第118回有機合成シンポジウム 2021.06.24 福岡

  77. 田原 強、丹羽 節、室橋道子、武玉萍、井上美智子、吉田 優、細谷孝充、清水重臣、崔 翼龍. オートファジー活性化抗癌化合物を基盤としたPETプローブの開発. 第15回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2021.05.26 オンライン

  78. 丹羽 節、植竹裕太、中岡光妃、瀧本 正、櫻井英博、細谷孝充. 塩基を用いない鈴木・宮浦クロスカップリング反応の開発. 日本化学会第101春季年会(2021) 2021.03.21 オンライン

  79. 渡邊賢司, 寺尾和花, 丹羽 節, 細谷孝充. 生物活性カルボン酸の赤色光誘導放出のための水溶性3-アシル-2-アルコキシインドリジンの合成. 日本化学会第101春季年会(2021) 2021.03.21 オンライン

  80. 植竹裕太、丹羽 節、細谷孝充、櫻井英博. 塩基を用いない鈴木・宮浦クロスカップリング反応における反応機構研究. 日本化学会第101春季年会(2021) 2021.03.21 オンライン

  81. 鍋倉涼斗、坂田優希、細谷孝充. アセチレンコバルト錯体を利用したジベンゾアザシクロオクチン誘導体の簡便合成法の開発. 日本化学会第101春季年会(2021) 2021.03.20 オンライン

  82. 杉山和也、坂田優希、吉田 優、細谷孝充. イリジウム触媒による異種アジド基選択的トリアゾール形成反応の開発. 日本化学会第101春季年会(2021) 2021.03.20 オンライン

  83. 坂田優希、吉田 優、細谷孝充. Buchwald−Hartwigアミノ化反応によるアジドアニリン類の合成. 日本化学会第101春季年会(2021) 2021.03.20 オンライン

  84. 細谷孝充. 生命科学研究に役立つ分子プローブの創製. 第32回万有札幌シンポジウム 2020.12.12 オンライン

  85. 細谷孝充. 生命科学研究に役立つ分子プローブの開発. 第13回ChemBioハイブリッドレクチャー 2020.11.14 オンライン

  86. 渡邊賢司、寺尾和花、喜井勲、中川れい子、丹羽節、細谷孝充. 赤色光によるアンケージングが可能な3-アシルインドリジンの簡便合成. 反応と合成の進歩2020特別企画シンポジウム 2020.11.10 オンライン

  87. 渡邊賢司、寺尾和花、喜井勲、中川れい子、丹羽節、細谷孝充. 赤色光を用いたインドリジンの光酸化反応によるアルコールおよびカルボン酸の高速放出. 第53回酸化反応討論会 2020.11.07 オンライン

  88. 坂田優希、吉田優、細谷孝充. 遷移金属触媒存在下でのC-N結合形成反応を利用したジアジドアニリン類の簡便合成法の開発. 新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」取りまとめシンポジウム 2020.10.22 オンライン

  89. 細谷孝充. 生命科学・創薬研究に役立つ分子プローブの創製. 東京工業大学・講演 2020.10.07 オンライン

  90. 渡辺賢司、寺尾和花、喜井勲、中川れい子、丹羽節、細谷孝充. 赤色光を用いたインドリジンの光酸化反応によるアルコールおよびカルボン酸の高速放出. 第14回バイオ関連化学シンポジウム2020 2020.09.08 オンライン

  91. 細谷孝充. ヒット化合物のプローブ化支援. AMED/BINDS利用セミナー 2020.09.03 オンライン

  92. Watanabe K, Terao N, Kii I, Nakagawa R, Niwa T, Hosoya T. Designer Indolizines Enabling Rapid Uncaging of Alcohols and Carboxylic Acids by Red Light-Induced Photooxidation. 第18回次世代を担う有機化学シンポジウム 2020.08.28 オンライン

  93. 中村 渓,佐藤由季也,隅田有人,細谷孝充,大宮寛久. 第三級アルキルボレートの直接光励起を活用した炭素ー炭素結合形成反応. 日本化学会第100春季年会(2020) 2020.03.25 野田

  94. 渡辺賢司,寺尾和花,丹羽 節,細谷孝充. インドリジンを主骨格とする光ケージド化合物の開発. 日本化学会第100春季年会(2020) 2020.03.23 野田

  95. 杉山和也,坂田優希,陌間由貴,吉田優,細谷孝充. 異種アジド基選択的反応とクロスカップリング反応を利用した逐次連結法の開発. 日本化学会第100春季年会(2020) 2020.03.23 野田

  96. 坂田優希,吉田 優,細谷孝充. ジアジドプローブ法のための遷移金属触媒を用いた炭素ーヘテロ原子結合形成反応の開発. 日本化学会第100春季年会(2020) 2020.03.23 野田

  97. 井戸川りか,Kim Youngchan,下森 顕,細谷孝充,吉田 優. トリフルオロメチル基の選択的クロロ化反応を経るジフルオロメチレン合成法の開発. 日本化学会第100春季年会(2020) 2020.03.22 野田

  98. 中村 悠,細谷孝充,吉田 優. 金触媒を利用した骨格構築とヘテロアライン発生を鍵とする多置換ヘテロ環化合物の簡便合成法の開発. 日本化学会第100春季年会(2020) 2020.03.22 野田

  99. 松澤 翼,細谷孝充,吉田 優. Smile転位と分子SNAr反応の一挙進行を鍵とするN-アリールヘテロ環化合物の簡便合成法の開発. 日本化学会第100春季年会(2020) 2020.03.22 野田

  100. 會見貴宏,目黒友啓,細谷孝充,吉田 優. ホスファジド形成を利用した多彩なアジド化合物の保護. 日本化学会第100春季年会(2020) 2020.03.22 野田

  101. 竹村ひなの,後藤沙由里,細谷孝充,吉田 優. 2-アジドアクリル酸類縁体の反応性を利用した逐次分子連結法の開発. 日本化学会第100春季年会(2020) 2020.03.22 野田

  102. 小林恒之,細谷孝充,吉田 優. アラインの変換とクロスカップリングを活用した多様なN-アリールフェニルアラニン類の簡便合成法の開発. 日本化学会第100春季年会(2020) 2020.03.22 野田

  103. 小林瑛宏,松澤 翼,細谷孝充,吉田 優. スルフィン酸エステルの求電子的活性化を鍵とするスルホキシド類の簡便合成法の開発. 日本化学会第100春季年会(2020) 2020.03.22 野田

  104. 鈴木美之里,金本和也,細谷孝充,吉田 優. スルフィン酸エステルを用いたスルホキシド類の触媒的合成法の開発. 日本化学会第100春季年会(2020) 2020.03.22 野田

  105. 美濃島麻衣,内田圭祐,中村 悠,細谷孝充,吉田 優. o-ヨードアリールトリフラートをアライン前駆体として用いるアシルアルキル化反応の開発. 日本化学会第100春季年会(2020) 2020.03.22 野田

  106. 吉田 優,陌間由貴,中島 華,坂田優希,内田圭祐,細谷孝充. アラインの逐次発生を利用した多彩な芳香族化合物の効率的合成法の開発. 日本化学会第100春季年会(2020) 2020.03.22 野田

  107. 北風圭介,谷内秀輔,河野恵理,濱田良真,三宅雅人,親泊美帆,小島宏建,小迫英尊,栗原ともこ,吉田 優,細谷孝充,親泊政一. Identification of a chemical chaperone for preventing protein aggregation and proteotoxicity under endoplasmic reticulum stress. 第93回日本薬理学会年会 2020.03.17 横浜

  108. 坂田優希,吉田 優,細谷孝充. 遷移金属触媒存在下での炭素ーヘテロ原子結合形成反応を利用したジアジド化合物群の簡便合成法の開発. 新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」第9回成果報告会 2020.01.24 大阪

  109. 松澤 翼,吉田 優,細谷孝充. 転位・環化の一挙進行を鍵とする N-アリールフェノチアジン類の高効率合成法の開発. 2019.12.07 松山

  110. 寺嶌紀和,目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. リンと銅塩との錯形成を利用した末端アルキン選択的反応による機能性ホスフィン類の簡便合成法の開発. 第78回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新津シンポジウム) 2019.12.01 新潟

  111. 井戸川りか,Kim Youngchan,下森 顕,吉田 優,細谷孝充. トリフルオロメチル基の選択的ハロゲン化反応の開発とジフルオロベンジルエーテル合成への応用. 第78回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新津シンポジウム) 2019.12.01 新潟

  112. 郡 大輔,西山義剛,藤井 咲,吉田 優,細谷孝充. ペプチド型プラットフォーム分子を用いた逐次クリック反応の開発. 第78回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新津シンポジウム) 2019.12.01 新潟

  113. 坂田優希,三澤善大,吉田 優,細谷孝充. ジアジドプローブ法のための遷移金属触媒を用いた炭素-ヘテロ原子結合反応の開発. 第78回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新津シンポジウム) 2019.12.01 新潟

  114. 小林恒之,吉田 優,細谷孝充. 多様性に富んだ1,3-ジアリールピラゾール類の簡便合成のための逐次アライン発生法の開発. 第37回メディシナルケミストリーシンポジウム 2019.11.28 東京

  115. 吉田 優,目黒友啓,畠山泰朋,栗原ともこ,伊藤晴海,西山義剛,唐木文霞,小池悠華,上本紘平,植草秀裕,井川和宣,友岡克彦,喜井 勲,細谷孝充. クリックケミストリー制御法:アジド・環状アルキン保護法の開発と抗体の化学修飾への応用. 第37回メディシナルケミストリーシンポジウム 2019.11.28 東京

  116. 小林瑛宏,松澤 翼,細谷孝充,吉田 優. スルフィン酸エステルの求電子的活性化を鍵とするスルホキシド合成法の開発. 第116回有機合成シンポジウム 2019.11.01 東京

  117. 池田まい,松澤 翼,森田隆太,吉田 優,細谷孝充. 三臭化ホウ素による芳香族トリフルオロメチル基の脱フッ素化を伴う変換反応の開発. 第116回有機合成シンポジウム 2019.11.01 東京

  118. 中村 悠,吉田 優,細谷孝充. 金触媒を利用した骨格構築とアライン発生を鍵とする多置換ヘテロ環化合物の簡便合成法の開発. 第116回有機合成シンポジウム 2019.11.01 東京

  119. 吉田 優,内田圭祐,南 安規,細谷孝充. 多置換ベンゼン類のモジュラー合成のための炭素-炭素結合切断を経るアライン発生法の開発. 第45回反応と合成の進歩シンポジウム 2019.10.29 倉敷

  120. 北風圭介,谷内秀輔,河野恵理,濱田良真,三宅雅人,親泊美帆,小島宏建,小迫英尊,栗原ともこ,吉田 優,細谷孝充,親泊政一. 小胞体ストレス下のタンパク質凝集を標的とする新規化学シャペロンの同定. 第92回日本生化学会大会 2019.09.19 横浜

  121. 小林瑛宏,松澤 翼,細谷孝充,吉田 優. スルフィン酸エステルの活性化を経た多彩なスルホキシド類の簡便合成法の開発. 第36回有機合成化学セミナー 2019.09.18 岐阜

  122. 杉山和也,坂田優希,陌間由貴,吉田 優,細谷孝充. 安息香酸エステル類の形式的なオルト位アジド化を経る含窒素化合物の簡便合成法の開発. 第36回有機合成化学セミナー 2019.09.18 岐阜

  123. 美濃島麻衣,内田圭祐,中村 悠,吉田 優,細谷孝充. ヒドロシランと塩基を活性化剤として用いる穏和なアライン発生法の開発と多置換クマリンへの応用. 第36回有機合成化学セミナー 2019.09.18 岐阜

  124. 吉田 優,目黒友啓,畠山泰朋,栗原ともこ,伊藤晴海,西山義剛,唐木文霞,小池悠華,上本紘平,植草秀裕,井川和宣,友岡克彦,喜井 勲,細谷孝充. 天然物リガンドのプローブ化のためのクリックケミストリー制御法:アジド・環状アルキン保護法の開発と抗体の化学修飾への応用. 第61回天然有機化合物討論会 2019.09.11 広島

  125. 吉田 優. 多彩な元素の特性を利用したクリックケミストリー制御法の開発. 第二回BINDS合成勉強会 2019.09.07 札幌

  126. 松澤 翼,吉田 優,細谷孝充. o-スルファニルアニリンの転位を経るN-アリールフェノチアジン類の高効率合成. 革新的分子科学の創成を担う若手シンポジウム(第10回サブウェイセミナー) 2019.08.29 東京

  127. 吉田 優. 機能性分子集積のためのクリックケミストリー制御法の開発. 革新的分子科学の創成を担う若手シンポジウム(第10回サブウェイセミナー) 2019.08.29 東京

  128. 小林瑛宏,松澤 翼,細谷孝充,吉田 優. スルフィン酸エステルの活性化を経た多彩なスルホキシド類の簡便合成法の開発. 革新的分子科学の創成を担う若手シンポジウム(第10回サブウェイセミナー) 2019.08.29 東京

  129. 吉田 優. 高歪み化学種を制御して利用する合成化学. 名古屋大学ITbM-GTR Seminar 2019.08.02 名古屋

  130. 北風圭介,谷内秀輔,河野恵理,濱田良真,三宅雅人,親泊美帆,小島宏建,小迫英尊,栗原ともこ,吉田 優,細谷孝充,親泊政一. プロテオパチーの治療薬創出を目指した新規化学シャペロンの探索. 第31回創薬・薬理フォーラム 2019.07.27 岡山

  131. Takahashi K, Hosoya T, Onoe K, Doi H, Wada Y, Watanabe Y. Aromatase in the brain and human personality – A PET study. NEURO2019 2019.07.26 新潟

  132. Takahashi K, Hosoya T, Onoe K, Doi H, Wada Y, Watanabe Y. Brain aromatase imaging and human personality. Brain & Brain PET 2019.07.05 Yokohama

  133. 吉田 優,目黒友啓,寺嶌紀和,栗原ともこ,伊藤晴海,小池悠華,喜井 勲,細谷孝充. 新しいクリック反応制御法を利用した生体分子の化学修飾. 2019.06.11 名古屋

  134. 吉田 優,目黒友啓,寺嶌紀和,伊藤晴海,小池悠華,井川和宣,友岡克彦,喜井 勲,細谷孝充. アジド化合物とホスフィン類との反応を活用した新しい分子連結法の開発. 第115回有機合成シンポジウム2019年【春】 2019.06.04 仙台

  135. 中村 悠,吉田 優,細谷孝充. 金触媒を用いた骨格構築とアライン発生法を鍵とする多置換ヘテロ環化合物の簡便合成法の開発. 第17回次世代を担う有機化学シンポジウム 2019.06.01 東京

  136. 細谷孝充. 異種アジド基の選択的な利用を鍵とする機能性中分子の迅速合成法の開発. 新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」第8回成果報告会 2019.05.31 京都

  137. 吉田 優,畠山泰朋,栗原ともこ,伊藤晴海,目黒友啓,西山義剛,唐木文霞,小池悠華,上本紘平,植草秀裕,喜井 勲,細谷孝充. 環状アルキン保護法の開発と生体分子の化学修飾への応用. 第77回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(横浜シンポジウム) 2019.05.18 横浜

  138. 北風圭介,谷内秀輔,河野恵理,濱田良真,三宅雅人,親泊美帆,小島宏建,小迫英尊,栗原ともこ,吉田 優,細谷孝充,親泊政一. 小胞体におけるタンパク質凝集と細胞毒性を軽減する新規化学シャペロンの同定. 第60回日本生化学中国・四国支部例会 2019.05.18 宇部

  139. 池田まい,松澤 翼,森田隆太,吉田 優,細谷孝充. トリフルオロメチル基の効率的な変換を鍵とする多置換芳香族化合物の簡便合成法の開発. 第77回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(横浜シンポジウム) 2019.05.18 横浜

  140. 松澤 翼,吉田 優,細谷孝充. o-スルファニルアニリンの転位を経るN-アリールフェノチアジン類の高効率合成法の開発. 第77回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(横浜シンポジウム) 2019.05.18 横浜

  141. 西山義剛,德永直也,吉田 優,細谷孝充. アライン中間体を利用した9-ホスファチオキサントン類の効率的合成法の開発. 日本薬学会第139年会(千葉) 2019.03.23 千葉

  142. 渡辺賢司,津田隼平,落合秀紀,丹羽 節,細谷孝充. 光親和性プローブ候補化合物の簡便合成のためのアジド基置換アリールトリフルオロメチルジアジリンの開発. 日本薬学会第139年会(千葉) 2019.03.21 千葉

  143. 隅田有人,隅田ともえ,橋爪大輔,細谷孝充. 高選択的有機基転移能を有する有機ホウ素化合物の開発. 日本薬学会第139年会(千葉) 2019.03.21 千葉

  144. 隅田有人,隅田ともえ,力武 緑,橋爪大輔,細谷孝充. 再利用可能な有機ホウ素分子を用いたNi/Ir協働触媒による可視光レドックスカップリング反応の開発. 日本化学会第99春季年会(2019) 2019.03.18 神戸

  145. Watanabe K, Tsuda J, Ochiai H, Niwa T, Hosoya T. Toward expeditious development of photoaffinity probes by click reactions of azido-substituted aryltrifluoromethyldiazirines. 日本化学会第99春季年会(2019) 2019.03.18 神戸

  146. 郡 大輔,西山義剛,牧尾直明,藤井 咲,吉田 優,細谷孝充. 多機能性分子プローブの効率的合成のための新規クリック反応ツールの開発. 日本化学会第99春季年会(2019) 2019.03.17 神戸

  147. 中村 悠,吉田 優,細谷孝充. アラインリレーにもとづく多置換キノリン類の簡便合成法の開発. 日本化学会第99春季年会(2019) 2019.03.17 神戸

  148. 宮田敬大,中村 悠,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. アラインリレーを経る異なる酸化度の含硫黄多置換芳香族化合物の簡便合成法の開発. 日本化学会第99春季年会(2019) 2019.03.17 神戸

  149. 内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. ヒドロシランと塩基によるヨード基の活性化を経たアライン発生法の開発. 日本化学会第99春季年会(2019) 2019.03.17 神戸

  150. 目黒友啓,井川和宣,友岡克彦,吉田 優,細谷孝充. ホスファジド形成反応を利用した異種アジド選択的保護法の開発. 日本化学会第99春季年会(2019) 2019.03.17 神戸

  151. 小林恒之,吉田 優,細谷孝充. 連続クロスカップリングと逐次アライン発生を利用した多置換ジアリールピラゾール類の簡便合成法の開発. 日本化学会第99春季年会(2019) 2019.03.16 神戸

  152. 池田まい,松澤 翼,森田隆太,吉田 優,細谷孝充. トリフルオロメチル基の効率的な変換を経る多置換ベンゾヘテロール類の多様性指向型合成法の開発. 日本化学会第99春季年会(2019) 2019.03.16 神戸

  153. 松澤 翼,吉田 優,細谷孝充. o-スルファニルアニリンの転位反応を経たN-アリールフェノチアジン類の簡便合成法の開発. 日本化学会第99春季年会(2019) 2019.03.16 神戸

  154. 金本和也,吉田 優,細谷孝充. ヒドロキシ基を有するアリールチオスルホナートとアラインとの反応によるフェノキサチイン類の合成法の開発. 日本化学会第99春季年会(2019) 2019.03.16 神戸

  155. 清水敬太,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 1,3-ジイン部位を有するアラインを経る多環式化合物の収束的合成法の開発. 日本化学会第99春季年会(2019) 2019.03.16 神戸

  156. 吉田 優,陌間由貴,金本和也,中村 悠,細谷孝充. 脱シリルヨウ素化反応を利用したo-ヨードアリールトリフラート類の簡便合成法の開発. 日本化学会第99春季年会(2019) 2019.03.16 神戸

  157. 清水敬太,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 1,3-ジイン部位を有するアラインを起点としたアラインリレーによる縮環型化合物の新規合成法の開発. 第76回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟(長岡)シンポジウム) 2018.12.02 長岡

  158. 宮田敬大,中村 悠,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 3-トリフリルオキシアラインのオキシシリル化反応の開発と多置換ベンゼン合成への展開. 第76回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟(長岡)シンポジウム) 2018.12.01 長岡

  159. 吉田 優. 環状アルキンを用いる合成化学. 平成30年度後期(秋季)有機合成化学講習会 2018.11.22 東京

  160. 松澤 翼,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. ベンゾ[b]チオフェン環の迅速構築のためのアルキニルスルフィドによるアラインの新規変換の開発. 第114回有機合成シンポジウム2018年【秋】 2018.11.06 東京

  161. 内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 炭素−炭素結合切断を経るアライン発生を利用した多置換芳香族化合物の簡便合成法の開発. 第44回反応と合成の進歩シンポジウム 2018.11.06 熊本

  162. 安立啓介,目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. 環状アルキンと銀塩および金塩との錯形成を利用した選択的クリック反応の開発. 第44回反応と合成の進歩シンポジウム 2018.11.06 熊本

  163. 隅田有人,隅田ともえ,細谷孝充. 再利用可能な有機ホウ素試薬を用いる選択的有機基転移反応の開発. 第44回反応と合成の進歩シンポジウム 2018.11.06 熊本

  164. 金本和也,吉田 優,細谷孝充. 求核部位を有するチオスルホナートとアラインを用いるフェノキサチイン類の合成法の開発. 第44回反応と合成の進歩シンポジウム 2018.11.06 熊本

  165. 内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 多置換芳香族化合物合成を指向したアライン発生法の開発. 第41回フッ素化学討論会 2018.10.26 弘前

  166. 池田まい,松澤 翼,森田隆太,吉田 優,細谷孝充. 三臭化ホウ素を用いたC−F結合切断を鍵とするトリフルオロメチル基の変換反応の開発. 第41回フッ素化学討論会 2018.10.25 弘前

  167. 金本和也,吉田 優,細谷孝充. 銅触媒とチオスルホナートを用いるアルキニルスルフィド類の無臭合成法の開発. 第65回有機金属化学討論会 2018.09.21 京都

  168. 郡 大輔,西山義剛,牧尾直明,藤井 咲,吉田 優,細谷孝充. 多機能性分子プローブ創製を指向した新たなクリック反応ツールの開発. 第35回有機合成化学セミナー 2018.09.19 天童

  169. 池田まい,松澤 翼,森田隆太,吉田 優,細谷孝充. ルイス酸を用いたC−F結合切断を経るトリフルオロメチル基の変換反応の開発. 第35回有機合成化学セミナー 2018.09.19 天童

  170. 吉田 優. クリックケミストリー制御による自在な分子連結法の開発. 平成30年度化学系学協会東北大会 有機化学コロキウム〜ケミカルバイオロジーを指向した有機合成化学〜 2018.09.15 秋田

  171. 吉田 優. クリックケミストリーをもっと便利にする手法開発. 新学術領域研究「中分子戦略」「分子夾雑化学」ジョイントシンポジウム, 第21回生命科学研究会 2018.09.08 豊中

  172. 目黒友啓,吉田 優,井川和宣,友岡克彦,細谷孝充. ホスファジド形成反応を利用したアジド基の保護法の開発. 第29回基礎有機化学討論会 2018.09.07 東京

  173. 德永直也,西山義剛,吉田 優,細谷孝充. アライン中間体の反応性を利用した多彩な9-ホスファチオキサントン類の簡便合成法の開発. 第29回基礎有機化学討論会 2018.09.06 東京

  174. 清水敬太,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 1,3-ジイン部位を有するアラインを経る縮環型複素環化合物の新規合成法の開発. 第48回複素環化学討論会 2018.09.04 長崎

  175. 中村 悠,吉田 優,細谷孝充. 金触媒を用いた環化反応とアラインの発生を経る多置換ヘテロ環化合物の簡便合成法の開発. 第48回複素環化学討論会 2018.09.03 長崎

  176. 宮田敬大,中村 悠,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 3-トリフリルオキシアラインのオキシシリル化反応の開発と多置換ヘテロ環化合物の簡便合成への応用. 第48回複素環化学討論会 2018.09.03 長崎

  177. 西山義剛. リン原子に秘められた特性を引き出して活用する合成化学的手法の開拓. 平成30年度若手研究者のためのセミナー有機合成化学協会関東支部 2018.08.04 東京

  178. 丹羽 節,植竹裕太,磯田紀之,大江知之,安田大輔,増田匡彦,細谷孝充. 銅触媒を用いた脱フッ素ホウ素化反応を鍵とするアミド医薬品のフルオロアルケンミミック化合物合成とその評価. 日本ケミカルバイオロジー学会第13回年会 2018.06.13 東京

  179. 目黒友啓,井川和宣,友岡克彦,吉田 優,細谷孝充. ホスファジド形成によるアジド基の保護法の開発. 日本ケミカルバイオロジー学会第13回年会 2018.06.12 東京

  180. 伊藤晴海,小池悠華,祖納元りえ,吉田 優,細谷孝充,喜井 勲. タンデムHaloTagによる高感度蛍光イメージング. 日本ケミカルバイオロジー学会第13回年会 2018.06.12 東京

  181. 清水重臣,室橋道子,吉田 優,細谷孝充. ケミカルバイオロジーを用いた新規オートファジーの基礎研究と応用研究. 日本ケミカルバイオロジー学会第13回年会 2018.06.12 東京

  182. 寺嶌紀和,目黒友啓,小池悠華,伊藤晴海,喜井 勲,吉田 優,細谷孝充. 安定なアザイリド形成を利用した生体分子の化学修飾法の開発. 日本ケミカルバイオロジー学会第13回年会 2018.06.12 東京

  183. 安立啓介,目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. 環状アルキンと金属塩との錯形成を利用した異種アルキン選択的クリック反応に関する検討. 日本ケミカルバイオロジー学会第13回年会 2018.06.12 東京

  184. 豊本雅靖,井上飛鳥,飯田 慶,出縄政嗣,喜井 勲,林 佳子,Francois Marie Ngako Kadji,岸 貴之,小野木博,吉田 優,青木淳賢,細谷孝充,萩原正敏. 抗がん表現型スクリーニングが導いたGPCR新規バイアスド作動薬の発見と創薬. 日本ケミカルバイオロジー学会第13回年会 2018.06.11 東京

  185. 西山義剛,鎌田修平,陌間由貴,吉田 優,細谷孝充. 有機リン化合物へのGrignard反応剤の選択的求核置換反応の開発. 第113回有機合成シンポジウム2018年【春】 2018.06.06 名古屋

  186. 宮田敬大,中村 悠,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. アラインリレーを鍵とする多彩なスルフィドおよびエーテル類の簡便合成法の開発. 第113回有機合成シンポジウム2018年【春】 2018.06.06 名古屋

  187. 西山義剛,鎌田修平,陌間由貴,吉田 優,細谷孝充. リン原子の二面的な反応性を利用した含ヘテロ化合物群の新規合成法の開発. 新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」第6回成果報告会 2018.06.01 東京

  188. 細谷孝充. 異種アジド基の選択的な利用を鍵とする機能性中分子の迅速合成法の開発. 新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」第6回成果報告会 2018.06.01 東京

  189. 安立啓介,目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. クリック反応性の抑制のための環状アルキンと銀塩および金塩との錯形成に関する検討. 第75回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(千葉大シンポジウム) 2018.05.20 千葉

  190. 德永直也,西山義剛,吉田 優,細谷孝充. アライン中間体を利用する多彩な9-ホスファチオキサントン類の効率的合成法の開発. 第75回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(千葉大シンポジウム) 2018.05.20 千葉

  191. 中村 悠,吉田 優,細谷孝充. 金触媒による環化およびアライン発生を利用した多置換ベンゾピラン類の簡便合成法の開発. 第75回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(千葉大シンポジウム) 2018.05.20 千葉

  192. 西山義剛,鎌田修平,吉田 優,細谷孝充. ホスフィンオキシドからのアライン発生法を利用した多置換芳香族化合物群の簡便合成法の開発. 第16回次世代を担う有機化学シンポジウム 2018.05.18 吹田

  193. 吉田 優. 高反応性中間体を経る多置換ベンゼン類の合成法の開発. 第6回慶應有機化学若手シンポジウム 2018.05.12 横浜

  194. 西山義剛,鎌田修平,吉田 優,細谷孝充. 炭素-リン結合の切断を利用したアライン発生法の開発と多置換芳香族化合物の合成への応用. 日本薬学会第138年会(金沢) 2018.03.26 金沢

  195. 寺嶌紀和,目黒友啓,小池悠華,伊藤晴海,喜井 勲,吉田 優,細谷孝充. 機能性ホスフィン類の簡便合成法の開発と生体分子の化学修飾への応用. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.22 船橋

  196. 西山義剛,三澤善大,陌間由貴,吉田 優,細谷孝充. 官能基選択的な連結反応を利用したジアジド化合物群の簡便合成法の開発. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.22 船橋

  197. 清水敬太,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 1,3-ジイン部位を有する前駆体を用いたアラインリレーによる多環芳香族化合物の簡便合成. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.22 船橋

  198. 吉田 優,栗原ともこ,森田隆太,松澤 翼,森本和志,小林拓也,細谷孝充. シリルアリールトリフラート型のチエノベンザイン前駆体の合成と多置換ベンゾチオフェン合成への応用. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.22 船橋

  199. 小沢早紀,中村 悠,吉田 優,細谷孝充. アラインリレーを鍵とする多彩な5-アミノクマリン類の合成研究. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.22 船橋

  200. 中村 悠,吉田 優,細谷孝充. 金触媒を用いた環化反応とアラインの発生による多置換ベンゾピラン合成法の開発. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.22 船橋

  201. 宮田敬大,中村 悠,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 3-トリフリルオキシアラインのチオシリル化およびオキシシリル化を経る多置換ベンゼン類の簡便合成法の開発. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.22 船橋

  202. 鎌田修平,西山義剛,吉田 優,細谷孝充. ホスフィニルベンゾキノンへの1,4-付加を利用した多置換アライン前駆体の簡便合成とその利用. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.22 船橋

  203. 德永直也,西山義剛,吉田 優,細谷孝充. アライン中間体を用いた9-ホスファチオキサントン類の直接的合成法の開発. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.22 船橋

  204. 藤井 咲,西山義剛,陌間由貴,吉田 優,細谷孝充. ペプチド型マルチアジドプラットフォーム分子の開発と逐次クリック反応への応用. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.21 船橋

  205. 安立啓介,目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. 銀塩および金塩との錯形成を利用した環状アルキンのクリック反応性の抑制. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.21 船橋

  206. 目黒友啓,井川和宣,友岡克彦,吉田 優,細谷孝充. ホスファジド形成を利用したアジド基の保護法の開発. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.21 船橋

  207. 松澤 翼,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. アルキニルスルフィドとアラインとの反応による多置換ベンゾ[b]チオフェン類の直接的合成法の開発. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.21 船橋

  208. Kim Youngchan,下森 顕,細谷孝充,吉田 優. 連続的C−F結合活性化を経る複雑な含フッ素化合物の合成法の開発. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.21 船橋

  209. 陳 勝男,目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. 多環式化合物合成を指向した電子不足ジエンと2種のアラインとの環化付加反応の検討. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.21 船橋

  210. 内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 高度に官能基化されたベンゼン類の合成を指向した炭素−炭素結合切断を経るアライン発生法の開発. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.21 船橋

  211. 田村祐也,内田圭祐,西山義剛,唐木文霞,吉田 優,細谷孝充. シクロアルキン前駆体の効率的合成のための改良法に関する検討と多彩なシクロアルケン類の合成への応用. 日本化学会第98春季年会(2018) 2018.03.21 船橋

  212. Hosoya T. Azido-type selective reactions for target identification and probe synthesis. JSPS Core-to-core Program Symposium 29th(JSPS拠点形成事業「難治疾患に対する分子標的薬創製のための国際共同研究拠点の構築」) 2018.01.29 東京

  213. 細谷孝充. 生体分子の標識を指向したアジド基を利用する連結反応法の開発. 新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」第5回成果報告会 2018.01.26 豊中

  214. 吉田 優. ライフサイエンス研究のための分子連結法の開発. 岡山大学若手研究者育成支援事業第1回講演会 2018.01.24 岡山

  215. 吉田 優. 高活性分子の反応性制御を基盤とする分子連結法の開発. 明治薬科大学 平成29年度若手研究者講話(化学系第1回) 2017.12.14 東京

  216. 寺嶌紀和、目黒友啓、小池悠華、伊藤晴海、喜井 勲、吉田 優、細谷孝充. Staudinger反応を利用した安定なアザイリドの形成に基づく分子連結法の開発. 第44回有機典型元素化学討論会 2017.12.08 東京

  217. 鎌田修平、西山義剛、吉田 優、細谷孝充. 炭素ーリン結合の切断を経るアライン発生法の開発と多置換芳香族化合物の簡便合成への利用. 第44回有機典型元素化学討論会 2017.12.08 東京

  218. 豊本雅靖、井上飛鳥、飯田 慶、出縄政嗣、喜井 勲、林 佳子、岸 貴之、小野木博、吉田 優、細谷孝充、青木淳賢、萩原正敏. がん細胞の代謝がもたらす組織微小環境を標的にしたがん治療. ConBio2017(2017年度生命科学系学会合同年次大会) 2017.12.08 神戸

  219. 小林亜希子、粟屋智就、喜井 勲、隅田有人、奥野友紀子、和根崎圭子、吉田 優、隅田ともえ、井上治久、細谷孝充、萩原正敏. 神経新生促進によるダウン症モデルにおける脳発達障害の是正. ConBio2017(2017年度生命科学系学会合同年次大会) 2017.12.07 神戸

  220. 清水敬太、内田圭祐、陌間由貴、井川和宣、友岡克彦、吉田 優、細谷孝充. 内部アルキン部位を有するアラインの分子内環化付加反応による多環芳香族化合物の簡便合成法の開発. 第112回有機合成シンポジウム 2017.12.07 東京

  221. 田村祐也、西山義剛、内田圭祐、唐木文霞、吉田 優、細谷孝充. 短寿命シクロアルキン類のカルボマグネシウム化反応の開発. 第112回有機合成シンポジウム 2017.12.07 東京

  222. 松澤 翼、内田圭祐、吉田 優、細谷孝充. アラインのオキシチオ化反応による多置換ジアリールエーテル類の簡便合成法の開発. 第44回有機典型元素化学討論会 2017.12.07 東京

  223. 佐古有季哉、二宮賢介、奥野友紀子、豊本雅靖、西田篤史、小池悠華、大江賢治、喜井 勲、吉田 優、橋本有弘、細谷孝充、松尾雅文、萩原正敏. Duchenne型筋ジストロフィーに対して変異ジストロフィンエキソンのスキッピング誘導活性を有する経口投与可能な新規CLK1阻害剤の開発. ConBio2017(2017年度生命科学系学会合同年次大会) 2017.12.07 神戸

  224. 伊藤晴海、池悠華、三好洋美、吉田 優、渡辺恭良、細谷孝充、喜井 勲. マルチカラーパルスチェイスによる細胞外マトリックスの継時的変化の可視化. ConBio2017(2017年度生命科学系学会合同年次大会) 2017.12.06 神戸

  225. Kim Youngchan、下森 顕、細谷孝充、吉田 優. 芳香族トリフルオロメチル基のC-F結合の選択的官能基化反応の開発. 第74回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム) 2017.11.19 新潟

  226. 内田圭祐、吉田 優、細谷孝充. 高度に官能基化されたベンゼン類の合成のための炭素—炭素結合切断を経るアライン発生法の開発. 第74回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム) 2017.11.19 新潟

  227. 細谷孝充. 化学と生命科学を革新する有機化学の開拓を目指して:岐阜大学ではじめた研究の現状. 第48回中部化学関係学協会支部連合秋季大会特別討論会「躍進する有機化学」 2017.11.12 岐阜

  228. 吉田 優、下森 顕、Kim Youngchan、細谷孝充. オルト位のシリル基を利用するベンゾトリフルオリド類のC-F結合の選択的変換反応の開発. 第43回反応と合成の進歩シンポジウム 2017.11.07 富山

  229. 宮田敬大、中村 悠、内田圭祐、吉田 優、細谷孝充. 3-チオアラインを経る多彩な芳香族化合物の短工程合成法の開発. 第43回反応と合成の進歩シンポジウム 2017.11.06 富山

  230. 陳 勝男、目黒友啓、吉田 優、細谷孝充. 環状アルキンの逐次集積を利用した多環式化合物のモジュラー合成法の開発. 第43回反応と合成の進歩シンポジウム 2017.11.06 富山

  231. 中村 悠、吉田 優、細谷孝充. 金触媒を用いた分子内環化反応とアラインの発生を経る多彩な多置換ベンゾピラン類の合成. 第43回反応と合成の進歩シンポジウム 2017.11.06 富山

  232. 吉田 優. 高活性化学種の発生を鍵とする多置換ベンゼン類の合成法の開発. 第1回産総研化学研究シンポジウム「夢見る30代化学者たちの挑戦」 2017.11.02 つくば

  233. 細谷孝充. 生命科学研究に用いるプローブ創製に役立つ有機反応化学. 有機合成化学協会九州山口支部平成29年度秋季講演会 2017.11.01 北九州

  234. 金本和也、杉村康行、清水重臣、吉田 優、細谷孝充. 多彩な含硫黄複素環化合物の合成のためのチオスルホナートを用いる穏和なC-S結合形成反応の開発. 第47回複素環化学討論会 2017.10.27 高知

  235. 德永直也、西山義剛、吉田 優、細谷孝充. アライン中間体を利用した9-ホスファチオキサントン類の簡便合成法の開発. 第47回複素環化学討論会 2017.10.27 高知

  236. 藤井 咲、西山義剛、陌間由貴、田中淳子、吉田 優、細谷孝充. 逐次クリック反応による分子集積のためのペプチド型マルチアジドプラットフォーム分子の開発. 第47回複素環化学討論会 2017.10.26 高知

  237. 西山義剛、陌間由貴、吉田 優、細谷孝充. ホスフィン類およびスルフィド類の合成を指向したホスフィン酸チオエステルに対する求核置換反応. 第35回メディシナルケミストリーシンポジウム 2017.10.25 名古屋

  238. 丹羽 節、植竹裕太、阪口博信、大橋理人、生越專介、細谷孝充. フルオロアルケン型イソスターの簡便合成のためのジフルオロアルケン類の脱フッ素ホウ素化反応の開発. 第35回メディシナルケミストリーシンポジウム 2017.10.25 名古屋

  239. 安立啓介、目黒友啓、吉田 優、細谷孝充. 様々な金属塩との錯形成による環状アルキンのクリック反応性の抑制. 第7回CSJ化学フェスタ2017 2017.10.19 東京

  240. 小沢早紀、中村 悠、吉田 優、細谷孝充. アラインリレーを経る多彩な5-アミノクマリン類の合成. 第7回CSJ化学フェスタ2017 2017.10.19 東京

  241. 六浦弘太郎、内田圭祐、松下武司、近藤正一、山梨裕介、高橋 彬、吉田 優、細谷孝充. 触媒的チオ化反応を利用した多環式チオキサントン類合成法の開発と新規半導体素子創製への応用. 第7回CSJ化学フェスタ2017 2017.10.18 東京

  242. 細谷孝充. 創薬研究に役立つ分子プローブの簡便合成法の開発. 第61回日本薬学会関東支部大会 2017.09.16 東京

  243. 宮田敬大、中村 悠、内田圭祐、吉田 優、細谷孝充. 3-チオアラインを経る多彩な芳香族化合物の簡便合成法の開発. 第34回有機合成化学セミナー 2017.09.13 金沢

  244. 鎌田修平、西山義剛、吉田 優、細谷孝充. 多置換芳香族化合物の簡便合成を指向した炭素ーリン結合の切断を経るアライン発生法の開発. 第34回有機合成化学セミナー 2017.09.13 金沢

  245. 清水敬太、内田圭祐、陌間由貴、井川和宣、友岡克彦、吉田 優、細谷孝充. プロパルギルオキシ基を有するo-ヨードアリールトリフラートを用いた多環芳香族化合物の簡便合成法の開発. 第34回有機合成化学セミナー 2017.09.13 金沢

  246. 寺嶌紀和、目黒友啓、吉田 優、細谷孝充. Staudinger反応による安定なアザイリド形成を利用した分子連結法の開発. 第34回有機合成化学セミナー 2017.09.13 金沢

  247. 中村 悠、細谷孝充、吉田 優. 金触媒を用いた環化反応とアラインの発生を経る多置換ベンゾピラン類の簡便合成法の開発. 第64回有機金属化学討論会 2017.09.08 仙台

  248. 目黒友啓、吉田 優、細谷孝充. チオフェン-S,S-ジオキシドとアジド基との直交性に基づく多機能性分子合成法の開発. 第28回基礎有機化学討論会 2017.09.08 福岡

  249. Kim Youngchan、下森 顕、細谷孝充、吉田 優. 平衡的なトリルカチオン発生によるヒドロシリル基の活性化を鍵としたC-F結合の選択的変換反応の開発. 第64回有機金属化学討論会 2017.09.08 仙台

  250. Kim Youngchan、下森 顕、細谷孝充、吉田 優. トリフルオロメチル基のC-F結合の選択的官能基化を可能にする新反応剤の開発. 第7回フッ素化学若手の会 2017.08.22 亀岡

  251. 細谷孝充. 錯形成による環状アルキン類の反応性制御. 第50回有機金属若手の会夏の学校 2017.08.08 札幌

  252. 中村 悠. 「アラインリレー」を経る3-アミノアライン前駆体の簡便合成法の開発と多彩な含窒素化合物の合成への展開. 第50回有機金属若手の会夏の学校 2017.08.08 札幌

  253. 細谷孝充. 生命科学研究のための分子連結・切断法. 分子イメージングサマースクール2017 2017.08.03 神戸

  254. 細谷孝充. 中分子の迅速機能化のためのマルチクリックケミストリーの創成. 新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」第4回成果報告会 2017.07.29 京都

  255. 松澤 翼、内田圭祐、吉田 優、細谷孝充. アラインのオキシチオ化を経る多置換ジアリールエーテル類の簡便合成法の開発. 第52回天然物化学談話会 2017.07.06 静岡

  256. 吉田 優. ライフサイエンス研究のための高活性化学種を用いる分子連結法の開発. 第52回天然物化学談話会 2017.07.06 静岡

  257. 目黒友啓、吉田 優、細谷孝充. チオフェン-S,S-ジオキシドとアジドとの直交性を利用した逐次クリック反応の開発. 日本ケミカルバイオロジー学会第12回年会 2017.06.09 札幌

  258. 吉田 優、栗原とも子、伊藤晴海、喜井 勲、畠山泰朋、唐木文霞、渡辺恭良、細谷孝充. 環状アルキンの銅錯体形成を利用した生体分子の化学修飾法の開発. 日本ケミカルバイオロジー学会第12回年会 2017.06.09 札幌

  259. 寺嶌紀和、目黒友啓、吉田 優、細谷孝充. 安定なアザイリドの形成を利用した分子連結法の開発. 日本ケミカルバイオロジー学会第12回年会 2017.06.09 札幌

  260. 内田圭祐、吉田 優、細谷孝充. 炭素—炭素結合切断を経るアライン発生法を利用するα-アリールカルボニル化合物の合成. 第111回有機合成シンポジウム2017年【春】 2017.06.09 岡山

  261. 陳 勝男、目黒友啓、吉田 優、細谷孝充. 高歪み分子の逐次集積による非対称アントラセン類のモジュラー合成法の開発. 第111回有機合成シンポジウム2017年【春】 2017.06.08 岡山

  262. 松澤 翼、内田圭祐、吉田 優、細谷孝充. 酸素原子へのアリール基の転位を鍵とするアラインのオキシチオ化反応の開発. 第111回有機合成シンポジウム2017年【春】 2017.06.08 岡山

  263. 清水敬太、内田圭祐、陌間由貴、井川和宣、友岡克彦、吉田 優、細谷孝充. フェニルアセチレン部位を有するo-ヨードアリールトリフラートを用いたフェナントレン類の簡便合成法の開発. 第73回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(目白シンポジウム) 2017.05.20 東京

  264. 細谷孝充. 生命科学研究に用いるプローブ創製に役立つ有機反応化学. 第73回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(目白シンポジウム) 2017.05.20 東京

  265. 鎌田修平、西山義剛、吉田 優、細谷孝充. 炭素—リン結合の切断を利用した新たなアライン発生法の開発. 第73回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(目白シンポジウム) 2017.05.20 東京

  266. 宮田敬大、中村 悠、内田圭祐、吉田 優、細谷孝充. 3-チオアラインを経る多彩な含硫黄芳香族化合物の簡便合成法の開発. 第73回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(目白シンポジウム) 2017.05.20 東京

  267. 藤井 咲、西山義剛、陌間由貴、田中淳子、吉田 優、細谷孝充. 異種アジド選択的クリック反応による多成分集積を指向したペプチド型マルチアジドプラットフォーム分子の開発. 第73回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(目白シンポジウム) 2017.05.20 東京

  268. 寺嶌紀和、目黒友啓、吉田 優、細谷孝充. 分子連結のための安定なアザイリド形成法の開発. 第73回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(目白シンポジウム) 2017.05.20 東京

  269. 吉田 優. 高活性化学種の反応性に着目した生命科学研究に役立つ分子連結法の開発. 第118回分子システムデバイスセミナー 2017.04.21 福岡

  270. 隅田有人、隅田ともえ、細谷孝充. アラインーニッケル錯体の簡便調製法の開発とそれを利用した多彩な芳香族化合物の合成. 日本薬学会第137年会 2017.03.26 仙台

  271. 吉田 優、中村 悠、内田圭祐、宮田敬大、陌間由貴、細谷孝充. 3-(トリフリルオキシ)アラインを利用する多置換ベンゼン類のモジュラー合成法の開発. 日本薬学会第137年会 2017.03.25 仙台

  272. 吉田 優. ジアジドプローブ法のための分子連結法の開発. 日本薬学会第137年会 2017.03.25 仙台

  273. 西山義剛、陌間由貴、吉田 優、細谷孝充. ホスフィン酸チオエステルに対する求核剤依存的置換反応によるホスフィン類およびスルフィド類の選択的合成. 日本薬学会第137年会 2017.03.25 仙台

  274. 森田隆太、近藤正一、松下武司、西山義剛、吉田 優、細谷孝充. ヘテロアライン中間体を利用した縮環型複素環化合物の合成. 日本薬学会第137年会 2017.03.25 仙台

  275. 金本和也、吉田 優、細谷孝充. 銅触媒とチオスルホナートを用いる末端アルキンの無臭チオ化反応の開発. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.19 横浜

  276. 六浦弘太郎、内田圭祐、松下武司、近藤正一、山梨裕介、高橋 彬、吉田 優、細谷孝充. 触媒的チオ化を鍵とする多置換チオキサントン合成法の開発と新規有機半導体創製への応用. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.19 横浜

  277. 吉田 優、栗原とも子、伊藤晴海、喜井 勲、畠山泰朋、唐木文霞、細谷孝充. 環状アルキン-銅錯体を利用する生体分子の化学修飾法の開発. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.18 横浜

  278. 隅田有人、原田 龍、細谷孝充. Ir触媒による1-ヒドロシリルナフタレンのペリ位選択的C–Hホウ素化. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.18 横浜

  279. 牧尾直明、吉田 優、井川和宣、友岡克彦、細谷孝充. 異種環状アルキンの銅との配位能の差を利用した逐次連結法の開発. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.18 横浜

  280. 目黒友啓、吉田 優、細谷孝充. チオフェン-S,S-ジオキシドとアジドとの直交反応を利用した逐次連結法の開発. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.17 横浜

  281. 鎌田修平、西山義剛、吉田 優、細谷孝充. 炭素−リン結合の選択的開裂によるアライン発生法の開発. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.17 横浜

  282. 西山義剛、陌間由貴、吉田 優、細谷孝充. ホスフィン酸チオエステルをアンビデント求電子剤として用いるホスフィン類およびスルフィド類の合成. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.17 横浜

  283. 秋山 圭、西山義剛、吉田 優、細谷孝充. 連続的なカップリング反応を利用した多置換ピラジン類の網羅的合成法の開発. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.17 横浜

  284. Kim Youngchan、下森 顕、細谷孝充、吉田 優. 平衡的に生じるトリチルカチオンを利用したC-F結合の選択的変換. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.17 横浜

  285. 藤井 咲、西山義剛、陌間由貴、田中淳子、吉田 優、細谷孝充. 逐次クリック反応による多分子集積を指向したペプチド型マルチアジドプラットフォーム分子の開発. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.17 横浜

  286. 寺嶌紀和、目黒友啓、吉田 優、細谷孝充. 安定なホスフィンイミドを利用した分子連結法の開発. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.17 横浜

  287. 陳 勝男、目黒友啓、吉田 優、細谷孝充. オキサジアジノンを利用した非対称アントラセン類のモジュラー合成法の開発. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.16 横浜

  288. 吉田 優. 高活性化学種の反応性制御にもとづく分子連結法の開発. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.16 横浜

  289. 田村祐也、西山義剛、内田圭祐、唐木文霞、吉田 優、細谷孝充. シクロヘプチン類のカルボマグネシウム化反応. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.16 横浜

  290. 宮田敬大、中村 悠、内田圭祐、吉田 優、細谷孝充. 3-トリフリルオキシアラインを経る3-チオアライン前駆体の短工程合成. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.16 横浜

  291. 中村 悠、内田圭祐、陌間由貴、吉田 優、細谷孝充. アラインのアミノシリル化反応を経る多彩な多置換アニリン類の合成. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.16 横浜

  292. 永井 晶、内田圭祐、吉田 優、細谷孝充. スルホキシド部位を足がかりとする多置換ベンゼン類の簡便合成. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.16 横浜

  293. 清水敬太、内田圭祐、陌間由貴、井川和宣、友岡克彦、吉田 優、細谷孝充. アリールプロパルギルオキシ基を有するo-ヨードアリールトリフラートを用いたフェナントレン類の簡便合成. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.16 横浜

  294. 内田圭祐、吉田 優、細谷孝充. 炭素-炭素結合切断を経るアライン発生法を利用したアリール酢酸エステル類の簡便合成. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.16 横浜

  295. 松澤 翼、内田圭祐、吉田 優、細谷孝充. ジアリールスルホキシドを用いるアラインのオキシチオ化反応の開発. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.16 横浜

  296. 中島 華、内田圭祐、陌間由貴、吉田 優、細谷孝充. アリールメチルスルフィドとアラインとの反応を利用した多彩なジアリールスルフィド合成法の開発. 日本化学会第97春季年会(2017) 2017.03.16 横浜

  297. 目黒友啓. アジド基を有するチオフェン-S,S-ジオキシドを用いた逐次分子連結法の開発. 第3回新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」若手シンポジウム 2017.03.08 京都

  298. 吉田 優. 高活性化学種を用いる分子連結法の開発. 2nd Organic Chemistry Symposium Dedicated to Prof. Koichiro Oshima on the occasion of his 70th birthday 2017.02.11 京都

  299. 細谷孝充. スクリーニングヒット化合物の標的分子同定による新規創薬シーズの発掘. 第5回医歯工連携ブレインストーミング 2017.02.02 東京

  300. 細谷孝充. スクリーニングヒット化合物の標的分子同定による新規創薬シーズの発掘. 第5回医歯工連携ブレインストーミング 2017.01.31 東京

  301. 細谷孝充. アジド基の利用を鍵とする中分子の迅速機能化法の開発. 新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」第3回成果報告会 2017.01.28 東京

  302. 西山義剛,秋山 圭,陌間由貴,吉田 優,細谷孝充. 逐次カップリング反応を利用したピラジンおよび有機リン化合物の多様性指向型合成. 新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」第3回成果報告会 2017.01.28 東京

  303. 西山義剛,吉田 優,細谷孝充. リン—硫黄結合の開裂を鍵とするホスフィン類およびスルフィド類の簡便合成法の開発. 第43回有機典型元素化学討論会 2016.12.10 仙台

  304. 陳 勝男,目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. オキサジアジノンと歪みアルキンとの反応を鍵とする多成分集積法. 第72回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム) 2016.11.26 新潟

  305. 秋山 圭,西山義剛,吉田 優,細谷孝充. パラジウム触媒を利用した逐次カップリング反応による多置換ピラジン類合成法の開発. 第72回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム) 2016.11.26 新潟

  306. 牧尾直明,畠山泰朋,井川和宣,友岡克彦,吉田 優,細谷孝充. 環状アルキン—銅錯体を利用した機能性環状アルキン合成法の開発. 第72回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム) 2016.11.26 新潟

  307. 細谷孝充. 化学と生物をつなぐ有機合成. 第6回CSJ化学フェスタ2016「私たちの生活に欠かせない有機合成化学!「匠の技」で豊かな分子と社会を生み出そう!」 2016.11.16 東京

  308. 六浦弘太郎,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 銅触媒による無臭チオ化反応を鍵とするチオキサントン類の簡便合成法の開発. 第6回CSJ化学フェスタ2016 2016.11.16 東京

  309. 松澤 翼,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. アラインのチオアミノ化を経るフェノチアジン類の簡便合成法の開発. 第6回CSJ化学フェスタ2016 2016.11.15 東京

  310. 大谷和弘,後藤沙由里,三澤善大,吉田 優,細谷孝充. アジド基を有するα-ジアゾアセトフェノンの反応性に基づく多成分連結法の開発. 第6回CSJ化学フェスタ2016 2016.11.14 東京

  311. 内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 炭素—炭素結合切断を経るアライン発生法を鍵とした多成分連結法の開発. 第6回CSJ化学フェスタ2016 2016.11.14 東京

  312. Kim Youngchan,下森 顕,細谷孝充,吉田 優. トリチルカチオンと求核剤とを一体型にした新反応剤を用いるトリフルオロメチル基の選択的官能基化反応の開発. 第110回有機合成シンポジウム2016【秋】 2016.11.11

  313. 中村 悠,内田圭祐,陌間由貴,吉田 優,細谷孝充. 3-アミノアライン:前駆体の簡便合成法の開発と多彩な含窒素化合物の合成への展開. 第110回有機合成シンポジウム2016【秋】 2016.11.10

  314. 中島 華,内田圭祐,矢野貴久,近藤正一,松下武司,吉田 優,細谷孝充. N-Hスルホキシイミンとアラインの反応によるN-アリールスルホキシイミンおよびo-スルフィニルアニリン類の簡便合成法の開発. 第42回反応と合成の進歩シンポジウム 2016.11.08 静岡

  315. 藤井 咲,西山義剛,陌間由貴,田中淳子,吉田 優,細谷孝充. ペプチド型トリアジドプラットフォーム分子の創製を目指した異種アジド選択的クリック反応に関する検討. 第42回反応と合成の進歩シンポジウム 2016.11.08 静岡

  316. 田村祐也,西山義剛,唐木文霞,吉田 優,細谷孝充. シクロヘプチン類のカルボマグネシウム化反応の開発. 第42回反応と合成の進歩シンポジウム 2016.11.08 静岡

  317. 永井 晶,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. o-スルフィニルアリールトリフラートを用いる多置換ベンゼン類の簡便合成法の開発. 第42回反応と合成の進歩シンポジウム 2016.11.07 静岡

  318. Moriishi K, Tanaka T, Okuyama-Dobashi K, Chen W, Okamoto T, Ueda K, Hosoya T, Matsuura Y, Ryo A, Tanaka Y, Hagiwara M. CDK9 inhibitor FIT-039 suppresses HBV propagation. 第64回日本ウイルス学会学術集会 2016.10.24 札幌

  319. 細谷孝充. フッ素官能基の脱離を経る分子変換法の開発. 第5回フッ素化学研究講演会 2016.10.06 名古屋

  320. Kim Youngchan,下森 顕,細谷孝充,吉田 優. トリフルオロメチル基のC−F結合の選択的官能基化を可能にする新反応剤の開発. 第39回フッ素化学討論会 2016.09.29 佐賀

  321. 内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. トリフリルオキシ基を脱離基として利用した炭素—炭素結合切断を経るアライン発生法の開発. 第39回フッ素化学討論会 2016.09.29 佐賀

  322. 目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. 複数のアジド基を有するチオフェン-S,S-ジオキシドを用いた多成分集積法の開発. 第46回複素環化学討論会 2016.09.27 金沢

  323. 豊本雅靖,笹ケ迫智紀,喜井 勲,小池悠華,林 佳子,石田憲太郎,隅田有人,吉田 優,細谷孝充,萩原正敏. タウ蛋白質分解誘導による認知症治療を目指した新規化合物の発見. 第89回日本生化学会大会 2016.09.27 仙台

  324. 秋山 圭,西山義剛,吉田 優,細谷孝充. 高選択的クロスカップリング反応を利用した多置換ピラジン類の網羅的合成法の開発. 第46回複素環化学討論会 2016.09.26 金沢

  325. 松澤 翼,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. アラインのチオアミノ化反応を利用したフェノチアジン類の簡便合成法の開発. 第46回複素環化学討論会 2016.09.26 金沢

  326. 金本和也,杉村康行,吉田 優,細谷孝充. ロジウム触媒を用いるチオスルホナートと有機ボロン酸類からの芳香族スルフィド類の無臭合成法の開発. 第63回有機金属化学討論会 2016.09.16 東京

  327. 吉田 優,畠山泰朋,喜井 勲,牧尾直明,栗原ともこ,伊藤晴海,唐木文霞,上本紘平,植草秀裕,井川和宣,友岡克彦,渡辺恭良,細谷孝充. 銅—環状アルキン錯体を利用した分子連結法の開発. 第63回有機金属化学討論会 2016.09.14 東京

  328. 松澤 翼,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. アラインのチオアミノ化を経由する多置換フェノチアジン類の簡便合成法の開発. 第33回有機合成化学セミナー 2016.09.07 ニセコ

  329. 陳 勝男,目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. オキサジアジノンの反応性を利用した分子連結法の開発. 第33回有機合成化学セミナー 2016.09.06 ニセコ

  330. Kim Youngchan,下森 顕,吉田 優,細谷孝充. リチルカチオンと求核剤を一体型にした新反応剤を用いるトリフルオロメチル基の選択的官能基化反応の開発. 第33回有機合成化学セミナー 2016.09.06 ニセコ

  331. 森田隆太,吉田 優,細谷孝充. ハロゲン—マグネシウム交換反応を鍵とするヘテロアラインの新規発生法の開発と多置換複素環化合物の合成への応用. 第27回基礎有機化学討論会 2016.09.02 広島

  332. 陳 勝男,目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. オキサジアジノンの反応性を活かした新たな分子連結法の開発. 第27回基礎有機化学討論会 2016.09.02 広島

  333. 牧尾直明,畠山泰朋,井川和宣,友岡克彦,吉田 優,細谷孝充. 分子連結部位を有する環状アルキン—銅錯体の開発. 第27回基礎有機化学討論会 2016.09.01 広島

  334. 西山義剛. 多様性を指向したピラジンと有機リン化合物のモジュラー合成. 第2回新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」若手シンポジウム 2016.08.19 鳥取

  335. 細谷孝充. 生命科学研究のための分子連結法. 分子イメージングサマースクール2016 2016.08.04 神戸

  336. 森田隆太,吉田 優,細谷孝充. 多置換複素環化合物の簡便合成を目指したヘテロアラインの発生法の開発. 第51回天然物化学談話会 2016.07.07 南魚沼

  337. 細谷孝充. ジアジドプローブ法による標的タンパク質同定のための基盤技術開発. 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」研究成果報告シンポジウム 2016.07.01 横浜

  338. 細谷孝充. 高機能分子プローブ創製のための有機化学. 理研シンポジウム:第11回有機合成化学のフロンティア 2016.06.24 和光

  339. 小林亜希子,喜井 勲,隅田有人,吉田 優,細谷孝充,萩原正敏. ダウン症モデルでの神経新生の低下を改善するDYRK1A阻害剤の創製. 日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会 2016.06.17 京都

  340. 中村 悠,内田圭祐,陌間由貴,吉田 優,細谷孝充. 3-アミノアライン前駆体の簡便合成法の開発と5-アミノクマリン類の合成への応用. 日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会 2016.06.17 京都

  341. 豊本雅靖,笹ケ迫智紀,喜井 勲,小池悠華,林 佳子,石田憲太郎,隅田有人,吉田 優,細谷孝充,萩原正敏. タウ蛋白質分解誘導によるタウオパチー治療を目指した新規化合物の発見. 日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会 2016.06.17 京都

  342. 吉田 優,三澤善大,栗原ともこ,森田隆太,喜井 勲,渡辺恭良,細谷孝充. 多機能性分子プローブ開発を指向したマルチアジド化合物を用いる機能性分子集積法の開発. 日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会 2016.06.15 京都

  343. 喜井 勲,祖納元りえ,隅田有人,小池悠華,隅田ともえ,細谷孝充,萩原正敏. 低分子化合物FINDYによるリン酸化酵素DYRK1Aのフォールディング阻害メカニズムの解析. 日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会 2016.06.15 京都

  344. 佐古有季哉,二宮賢介,奥野友紀子,豊本雅靖,西田篤史,小池悠華,大江賢治,喜井 勲,吉田 優,細谷孝充,松尾雅文,萩原正敏. Duchenne型筋ジストロフィーに対するエキソンスキッピング治療薬候補化合物である新規CLK1特異的阻害剤. 日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会 2016.06.15 京都

  345. 目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. チオフェン-S,S-ジオキシドを利用した簡便な多分子連結法の開発. 日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会 2016.06.15 京都

  346. 内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 炭素—炭素結合切断を経るアライン発生法の開発. 第109回有機合成シンポジウム2016【春】 2016.06.08 東京

  347. 西山義剛,陌間由貴,吉田 優,細谷孝充. 多彩な有機リン化合物群の合成を指向したホスホン酸チオエステルの逐次置換反応の開発. 第109回有機合成シンポジウム2016【春】 2016.06.08 東京

  348. 中村 悠,内田圭祐,陌間由貴,吉田 優,細谷孝充. 3-トリフリルオキシアラインの反応性を利用した3-アミノアライン前駆体の簡便合成法の開発. 第70回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(東京農工大シンポジウム) 2016.05.14 小金井

  349. Kim Youngchan,下森 顕,細谷孝充,吉田 優. トリチルカチオンと求核剤とを一体型にした新反応剤を用いるC−F結合の選択的官能基化反応の開発. 第70回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(東京農工大シンポジウム) 2016.05.14 小金井

  350. 陳 勝男,目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. オキサジアジノンを利用した多成分集積法の開発. 第70回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(東京農工大シンポジウム) 2016.05.14 小金井

  351. 松澤 翼,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. アリールボロン酸のチオ化およびアラインのチオアミノ化を鍵反応とするフェノチアジン類の簡便合成法の開発. 第70回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(東京農工大シンポジウム) 2016.05.14 小金井

  352. 中島 華,内田圭祐,矢野貴久,近藤正一,松下武司,吉田 優,細谷孝充. アラインとN-Hスルホキシイミンとの反応:チオアミノ化 vs 付加反応. 第70回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(東京農工大シンポジウム) 2016.05.14 小金井

  353. 豊田洋輔,森本和志,寿野良二,関口雄介,山下恵太郎,平田邦夫,安田賢司,白石充典,堀田韻虹,浅田秀基,中根崇智,椎村祐樹,中北智哉,稲住知明,告恭史郎,梶原佑太,清水朋子,漆畑祐司,吉田 優,栗原ともこ,細谷孝充,木下正弘,杉本幸彦,野村紀通,村田武士,高山喜好,山本雅貴,成宮 周,岩田 想,小林拓也. 抗体を用いたプロスタグランジン受容体のX線結晶構造解析. 第13回GPCR研究会 2016.05.13 東京

  354. 目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. 穏和な芳香族アジド基選択的還元反応の開発. 日本化学会第96春季年会 2016.03.26 京田辺

  355. 永井 晶,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. スルホキシドの特性を利用した3,6-二置換アライン前駆体の簡便合成法の開発. 日本化学会第96春季年会 2016.03.26 京田辺

  356. 内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. ベンゾシクロブテノン類の炭素−炭素結合切断を経るアライン発生法の開発. 日本化学会第96春季年会 2016.03.26 京田辺

  357. 中村 悠,内田圭祐,陌間由貴,吉田 優,細谷孝充. 3-トリフリルオキシアラインのアミノシリル化による3-アミノアライン前駆体の簡便合成法の開発. 日本化学会第96春季年会 2016.03.26 京田辺

  358. 田村祐也,唐木文霞,西山義剛,吉田 優,細谷孝充. シクロアルキン類との環化付加反応を利用したビストリアゾール類の簡便合成法の開発. 日本化学会第96春季年会 2016.03.26 京田辺

  359. 陳 勝男,目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. オキサジアジノンと環状アルキンとの環化付加反応を利用した分子連結法の開発. 日本化学会第96春季年会 2016.03.26 京田辺

  360. 吉田 優,三澤善大,栗原ともこ,森田隆太,喜井 勲,渡辺恭良,細谷孝充. 新しいマルチアジド化合物をプラットフォーム分子として用いる機能性分子集積法の開発. 日本化学会第96春季年会 2016.03.25 京田辺

  361. 森田隆太,吉田 優,細谷孝充. フラノベンザイン中間体を利用した多置換ベンゾフランの合成. 日本化学会第96春季年会 2016.03.25 京田辺

  362. 中島 華,内田圭祐,矢野貴久,吉田 優,細谷孝充. アライン前駆体を利用するスルホキシイミンのN-アリール化反応の開発. 日本化学会第96春季年会 2016.03.25 京田辺

  363. 松澤 翼,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. スルフィルイミンによるアラインのチオアミノ化反応を利用したフェノチアジン類の簡便合成法の開発. 日本化学会第96春季年会 2016.03.25 京田辺

  364. 金本和也,杉村康行,吉田 優,細谷孝充. ロジウム触媒とチオスルホナートを用いる有機ボロン酸類の無臭チオ化反応の開発. 日本化学会第96春季年会 2016.03.25 京田辺

  365. 大谷和弘,後藤沙由里,三澤善大,吉田 優,細谷孝充. アジド基を有するα-ジアゾアセトフェノンを用いる多様性指向型合成. 日本化学会第96春季年会 2016.03.25 京田辺

  366. 後藤沙由里,近藤正一,松下武司,吉田 優,細谷孝充. アルケニルアジドを利用する多様性に富んだトリアゾール類の簡便合成法の開発. 日本化学会第96春季年会 2016.03.25 京田辺

  367. 下森 顕,Kim Youngchan,細谷孝充,吉田 優. 炭素-フッ素結合の変換を経る多様性に富んだ含フッ素化合物の合成. 日本化学会第96春季年会 2016.03.25 京田辺

  368. 西山義剛,陌間由貴,吉田 優,細谷孝充. チオ基を脱離基としたリン原子上での逐次置換反応の開発. 日本化学会第96春季年会 2016.03.24 京田辺

  369. 六浦弘太郎,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 銅触媒を用いた無臭チオ化反応によるチオキサントン類の簡便な合成法の開発. 日本化学会第96春季年会 2016.03.24 京田辺

  370. 牧尾直明,畠山泰朋,唐木文霞,井川和宣,友岡克彦,吉田 優,細谷孝充. シリカゲルカラムで精製できる環状アルキン−銅錯体の開発. 日本化学会第96春季年会 2016.03.24 京田辺

  371. 秋山 圭,西山義剛,吉田 優,細谷孝充. クロスカップリング反応により4つの置換基を自在に導入可能なピラジン合成法の開発. 日本化学会第96春季年会 2016.03.24 京田辺

  372. 吉田 優. 高反応性化学種を利用した複雑な芳香族化合物の新しい合成法の開発. 創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業合成領域第3回勉強会 2016.03.04 名古屋

  373. 内田圭祐,吉田 優,井川和宣,友岡克彦,細谷孝充. 3-トリフリルオキシアラインの効率的な発生法の開発と多様な芳香族化合物合成への応用. 第48回(平成27年度)日本大学生産工学部学術講演会 2015.12 習志野

  374. 椎崎 繁,名黒 功,吉田 優,細谷孝充,一條秀憲. 高浸透圧ストレスにより形成されるASK3グラニュール構成因子の探索. 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会 2015.12 神戸

  375. 森田隆太,吉田 優,細谷孝充. チエノベンザインを利用した多置換ベンゾ[b]チオフェンの効率的合成法の開発. 第70回記念有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟(長岡)シンポジウム) 2015.11 長岡

  376. 下森 顕,Youngchan Kim,細谷孝充,吉田 優. シリリウム中間体を経由する炭素-フッ素結合の選択的変換法の開発. 第108回有機合成シンポジウム 2015.11 東京

  377. 中村 悠,吉田 優,細谷孝充. シリルメチルGrignard反応剤を用いた選択的ハロゲン-金属交換反応の開発. 第108回有機合成シンポジウム 2015.11 東京

  378. 内田圭祐,吉田 優,井川和宣,友岡克彦,細谷孝充. 3-トリフリルオキシアラインの効率的な発生法の開発と多様な複素環化合物合成への応用. 第45回複素環化学討論会 2015.11 東京

  379. 後藤沙由里,吉田 優,近藤正一,松下武司,細谷孝充. さまざまなアルケニルアジドの環状アルキンとのクリック反応性に関する検討. 第45回複素環化学討論会 2015.11 東京

  380. 永井 晶,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. ヨウ素-マグネシウム交換反応を経由する3-ハロアラインの発生と複素環化合物合成への利用. 第45回複素環化学討論会 2015.11 東京

  381. 目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. チオフェン-S,S-ジオキシドの反応性を利用した分子連結法の開発. 第70回記念有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟(長岡)シンポジウム) 2015.11 長岡

  382. 西山義剛,吉田 優,細谷孝充. ホスホン酸チオエステルの逐次置換反応による有機リン化合物群の合成法の開発. 第70回記念有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟(長岡)シンポジウム) 2015.11 長岡

  383. 中島 華,内田圭祐,矢野貴久,吉田 優,細谷孝充. ベンザイン中間体を利用するN-アリールスルホキシイミンの簡便合成法の開発. 第70回記念有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟(長岡)シンポジウム) 2015.11 長岡

  384. 大谷和弘,三澤善大,後藤沙由里,吉田 優,細谷孝充. アジド基を有するα-ジアゾアセトフェノンの合成と多成分連結への応用. 第5回CSJ化学フェスタ2015 2015.10 東京

  385. 秋山 圭,西山義剛,吉田 優,細谷孝充. 4度のクロスカップリング反応を利用した4置換ピラジン合成法の開発. 第5回CSJ化学フェスタ2015 2015.10 東京

  386. 細谷孝充. ケミカルバイオロジーのツールを開発する. 第5回CSJ化学フェスタ2015:「分子」の生体内での働きを調べる新しい化学「ケミカルバイオロジー」 2015.10 横浜

  387. 中島 華,内田圭祐,矢野貴久,吉田 優,細谷孝充. ベンザイン中間体を利用するスルホキシイミンのアリール化反応に関する検討. 第32回有機合成化学セミナー 2015.09 熱海

  388. 牧尾直明,唐木文霞,畠山泰朋,上本紘平,植草秀裕,吉田 優,細谷孝充. カチオン性銅塩との錯形成による様々な環状アルキンの保護に関する検討. 第62回有機金属化学討論会 2015.09 吹田

  389. 永井 晶,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 3-ハロアラインを経由する多置換芳香族化合物の合成. 第32回有機合成化学セミナー 2015.09 熱海

  390. 牧尾直明,唐木文霞,畠山泰朋,上本紘平,植草秀裕,吉田 優,細谷孝充. 銅塩を用いた様々な環状アルキンのクリック反応の抑制. 第32回有機合成化学セミナー 2015.09 熱海

  391. 中村 悠,吉田 優,細谷孝充. ハロゲン-金属交換反応を経由するフタリド類の簡便合成法の開発. 第32回有機合成化学セミナー 2015.09 熱海

  392. 細谷孝充. 生命科学研究のための分子連結法. 分子イメージングサマースクール2015 2015.08 神戸

  393. 小林亜希子,喜井 勲,隅田有人,隅田ともえ,細谷孝充,萩原正敏. DYRK1Aはダウン症モデルにおける神経新生低下を制御する. 第38回日本神経科学大会 2015.07 神戸

  394. 内田圭祐,吉田 優,井川和宣,友岡克彦,細谷孝充. 3-トリフリルオキシアラインを利用した多環式芳香族化合物の合成. 第50回天然物化学談話会 2015.07 岩沼

  395. 吉田 優. 高活性化学種の反応性制御にもとづく分子連結法の開発. 第50回天然物化学談話会 2015.07 岩沼

  396. 細谷孝充. アジド基の特性に着目した「ジアジドプローブ法」による標的分子同定. 第365回CBI学会講演会:「フェノタイプスクリーニング 古くて新しい創薬手法 Part2」 2015.07 横浜

  397. 細谷孝充. アジド化学にもとづく新規創薬標的同定法の開発. 東京医科歯科大学 第6回医学・歯学・工学連携セミナー「創薬標的探索ケミカルバイオロジー」 2015.06 東京

  398. 細谷孝充. 歪み分子の特異な反応性に着目した分子連結法の開発. 新規素材探索研究会第14回セミナー 2015.06 横浜

  399. 細谷孝充,吉田 優,唐木文霞,畠山泰朋,上本紘平,植草秀裕. 高歪みアルキン保護法を利用する高機能環状アルキンの合成. 日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会 2015.06 横浜

  400. 目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. チオフェン-S,S-ジオキシドと環状アルキンとの環化付加反応に関する研究. 日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会 2015.06 横浜

  401. 吉田 優,三澤善大,森田隆太,細谷孝充. 異種アジド選択的マルチクリック反応の開発. 日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会 2015.06 横浜

  402. 吉田 優,畠山泰朋,唐木文霞,上本紘平,植草秀裕,細谷孝充. 高機能性分子プローブ創製を目指した環状アルキン保護法の開発. 第107回有機合成シンポジウム 2015.06 東京

  403. 目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. 標的タンパク質の多重標識を目指した多機能性分子の効率的創製法の開発. 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」 第7回若手研究者ワークショップ 2015.06 仙台

  404. 細谷孝充. マルチアジドプラットフォーム分子に対する機能性分子の逐次集積法の開発. 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」 第8回公開シンポジウム 2015.06 仙台

  405. 森田隆太,吉田 優,細谷孝充. 多置換ベンゾ[b]チオフェンの簡便合成を目指したチエノベンザインの発生法の開発. 新規素材探索研究会第14回セミナー 2015.06 横浜

  406. 内田圭祐,吉田 優,井川和宣,友岡克彦,細谷孝充. 3-トリフリルオキシアラインの特性を利用した多様性指向型合成. 新規素材探索研究会第14回セミナー 2015.06 横浜

  407. 下森 顕,細谷孝充,吉田 優. C-F結合活性化を鍵とするジフルオロメチレン化合物の新規合成法の開発. 第69回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(横浜国大シンポジウム) 2015.05 船橋

  408. 永井 晶,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. o-ヨードアリールトリフラートを用いる3-ハロアラインの発生とその利用. 第69回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(横浜国大シンポジウム) 2015.05 船橋

  409. 吉田 優,細谷孝充. 高歪み環状アルキンと高反応性アジド化合物を組み合わせ用いる生体分子修飾法の開発. 第5回物質・デバイス領域共同研究拠点活動報告会 2015.04 福岡

  410. 細谷孝充. 多機能性分子プローブ創製技術の革新を目指した異種アジド選択的反応の開発. 公益財団法人 長瀬科学技術振興財団 平成26年度受賞者研究成果発表会 2015.04 大阪

  411. 細谷孝充. アジド化学を基盤とした生命科学研究に役立つ分子連結法の開発. 微化研セミナー 2015.04 東京

  412. 吉田 優. 生命科学研究における手法開発を目指した高活性化学種の反応性制御に関する研究. 野口遵研究助成講演会 2015.03 東京

  413. 細谷孝充,三澤善大,吉田 優. 形式的なC-Hアジド化反応によるジアジド化合物の簡便合成法の開発と異種アジド選択的な逐次分子連結への応用. 日本化学会第95春季年会 2015.03 船橋

  414. 畠山泰朋,吉田 優,上本紘平,植草秀裕,細谷孝充. 環状アルキンの保護・脱保護法の開発と機能性環状アルキン合成への応用. 日本化学会第95春季年会 2015.03 船橋

  415. 杉村康行,吉田 優,清水重臣,細谷孝充. 銅触媒を用いるチオスルホナートによる芳香族ボロン酸の無臭チオ化反応. 日本化学会第95春季年会 2015.03 船橋

  416. 内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 3-トリフリルオキシアライン:改良発生法の開発と発生における位置選択性の検討、及び多環式骨格構築への応用. 日本化学会第95春季年会 2015.03 船橋

  417. 永井 晶,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. ヨウ素-マグネシウム交換反応を経由する3-ハロアラインの発生とその利用. 日本化学会第95春季年会 2015.03 船橋

  418. 森田隆太,吉田 優,細谷孝充. チエノベンザイン中間体を利用した多置換ベンゾ[b]チオフェンの合成. 日本化学会第95春季年会 2015.03 船橋

  419. 吉田 優,塚本史雄,下森 顕,細谷孝充. アラインのMichaelis-Arbuzov型反応による多置換芳香族リン化合物合成法の開発. 日本化学会第95春季年会 2015.03 船橋

  420. 目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. 生体分子の化学修飾法の開発を指向したチオフェン-S,S-ジオキシドと環状アルキンとの環化付加反応に関する研究. 日本化学会第95春季年会 2015.03 船橋

  421. 下森 顕,細谷孝充,吉田 優. トリフルオロメチル基のピンポイントC-F結合活性化法の開発. 日本化学会第95春季年会 2015.03 船橋

  422. 後藤沙由里,吉田 優,松下武司,細谷孝充. アルケニルアジドと環状アルキンとの環化付加反応. 日本化学会第95春季年会 2015.03 船橋

  423. 田中淳子,吉田 優,松下武司,細谷孝充. 環状アルキンとの環化付加反応において1,3-双極子の骨格や置換基が及ぼす影響. 日本化学会第95春季年会 2015.03 船橋

  424. 唐木文霞,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. スルホキシド-金属交換反応を利用した高歪み環状アルキンの発生法の開発. 日本薬学会第135年会 2015.03 神戸

  425. 吉田 優. 高歪み環状アルキン類を用いる分子連結法の開発. 創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業合成領域第2回勉強会 2015.03 東京

  426. 吉田 優. 官能基の「歪み」に着目した分子連結法の開発. 日本化学会第95春季年会:若い世代の特別講演 2015.03 船橋

  427. 細谷孝充. ヒット化合物の標的同定を起点とする創薬支援. PDIS最先端セミナー:創薬につなぐ日本の創薬基盤技術 構造生物学とゲノム科学の最前線はここまで来た 2015.02 東京

  428. 畠山泰朋,吉田 優,上本紘平,植草秀裕,細谷孝充. 銅塩を用いる環状アルキンの保護・脱保護法の開発. 第68回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム) 2014.11

  429. 後藤沙由里,吉田 優,松下武司,細谷孝充. アルケニルアジドの反応性に基づく分子連結法の開発. 第68回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム) 2014.11

  430. 杉村康行,吉田 優,清水重臣,細谷孝充. チオスルホナートを硫黄源とする芳香族スルフィド類の新規合成法の開発. 第106回有機合成シンポジウム 2014.11

  431. 唐木文霞,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 高歪み環状アルキンの効率的発生法の開発とその利用. 第106回有機合成シンポジウム 2014.11

  432. 田中淳子,吉田 優,松下武司,細谷孝充. クリック反応の高速化を目指した新しい芳香族アジドの開発. 第106回有機合成シンポジウム 2014.11

  433. 唐木文霞,内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 高歪み環状アルキンの効率的発生法の開発と縮環型複素環構築への展開. 第40回反応と合成の進歩シンポジウム 2014.11

  434. 山本 誠,小野木博,酒井博幸,吉田 優,細谷孝充,萩原正敏. 宿主リン酸化酵素を標的とした次世代抗ウイルス薬の開発. 第62回日本ウイルス学会学術集会 2014.11

  435. 椎崎 繁,名黒 功,吉田 優,細谷孝充,一條秀憲. Exploration of the components of ASK3 granule formed under hypertonic stress. 第37回日本分子生物学会年会 2014.11

  436. 内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 穏和なGrignard反応剤を用いたアライン発生法の開発. 第68回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム) 2014.11

  437. 椎崎 繁,名黒 功,吉田 優,細谷孝充,一條秀憲. 高浸透圧ストレス下形成されるASK3顆粒構成因子の探索. 第87回日本生化学会大会 2014.10

  438. 杉村康行,吉田 優,清水重臣,細谷孝充. 銅触媒を用いるボロン酸とチオスルホナートとの炭素—硫黄結合形成反応の開発. 第61回有機金属化学討論会 2014.09

  439. 目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. チオフェン-S,S-ジオキシド誘導体を用いる分子連結法の開発. 第25回基礎有機化学討論会 2014.09

  440. 田中淳子,吉田 優,松下武司,細谷孝充. 両オルト位への置換基導入による芳香族アジドのクリック反応性の向上. 第25回基礎有機化学討論会 2014.09

  441. 森田隆太,吉田 優,細谷孝充. アジドとアラインとの分子内環化付加反応による新規縮環型ベンゾトリアゾールの合成. 第44回複素環化学討論会 2014.09

  442. 内田圭祐,吉田 優,松下武司,井川和宣,友岡克彦,細谷孝充. 3-トリフリルオキシベンザインの特性を利用した多様性指向型合成. 第44回複素環化学討論会 2014.09

  443. 下森 顕,吉田 優,野中貴子,細谷孝充. アライン前駆体のC-Hホウ素化を経由する多置換ヘテロ環合成法の開発. 第44回複素環化学討論会 2014.09

  444. 細谷孝充,田中淳子,畠山泰朋,松下武司,上本紘平,植草秀裕,吉田 優. アジドと環状アルキンとの環化付加反応における反応性制御法の開発. 第44回複素環化学討論会 2014.09

  445. 内田圭祐,吉田 優,松下武司,井川和宣,友岡克彦,細谷孝充. 超高速反応性3-トリフリルオキシベンザインの発生と利用. 第31回有機合成化学セミナー 2014.09

  446. 下森 顕,吉田 優,野中貴子,細谷孝充. C-Hホウ素化を経由する多置換o-シリルアリールトリフラート合成法の開発. 第31回有機合成化学セミナー 2014.09

  447. 後藤沙由里,吉田 優,細谷孝充. アルケニルアジドを利用する逐次分子連結法の開発. 第31回有機合成化学セミナー 2014.09

  448. 目黒友啓,吉田 優,細谷孝充. チオフェン-S,S-ジオキシド誘導体を用いる分子連結法の開発. 第31回有機合成化学セミナー 2014.09

  449. 細谷孝充. ヒット化合物の標的分子同定技術の高度化・共用による革新的創薬支援—ジアジドプローブ法による標的分子同定. 第二回(平成26年度)創薬等支援技術基盤プラットフォーム公開シンポジウム 〜知って、使って、進む あなたの研究〜 2014.08

  450. 細谷孝充. 生命科学研究のための分子連結法. 分子イメージングサマースクール2014 2014.08

  451. 細谷孝充,下森 顕,内田圭祐,森田隆太,野中貴子,吉田 優. 多様性指向型合成のための官能性アライン前駆体の開発. 日本ケミカルバイオロジー学会第9回年会 2014.06

  452. 細谷孝充. アジド基の使いこなし方:自在な分子連結に向けたクリック化学の新展開. 平成26年度前期(春季)有機合成化学講習会—シリーズ 使える反応—使い方のコツから実用化まで〜その2〜 2014.06

  453. 吉田 優,内田圭祐,松下武司. 3-トリフリルオキシベンザインの発生とその利用. 第105回有機合成シンポジウム 2014.06

  454. 豊本雅晴,喜井 勲,栗原 崇,木村 亮,小野木博,山本 誠,吉田 優,細谷孝充,萩原正敏. 副作用を示さない新規疼痛治療薬候補化合物の発見. 日本ケミカルバイオロジー学会第9回年会 2014.06

  455. 吉田 優,畠山泰朋,上本紘平,植草秀裕,細谷孝充. 高機能環状アルキン合成を指向した高歪みアルキン保護法の開発. 日本ケミカルバイオロジー学会第9回年会 2014.06

  456. 細谷孝充. 標的同定のためのジアジドプローブ合成法の新展開. 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」 第6回公開シンポジウム 2014.05

  457. 高橋佳代,細谷孝充,高島忠之,田中雅彰,石井 聡,中富康仁,田沢周作,高橋和弘,土居久志,和田康弘,鈴木正昭,尾上浩隆,渡辺恭良. 脳内aromataseとヒトの性格・気質との関連―PET研究. 第9回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2014.05

  458. 吉田 優,三澤善大,細谷孝充. ジアジド化合物の光延反応を利用する効率的分子変換法の開発. 第67回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(横浜シンポジウム) 2014.05

  459. 吉田 優,矢野貴久,松下武司,細谷孝充. 多置換ベンゾチアゾール類の簡便合成を指向したアライン類の新規利用法の開発. 第12回次世代を担う有機化学シンポジウム 2014.05

  460. 吉田 優,野中貴子,森田隆太,内田圭祐,細谷孝充. 新しいアライン発生法にもとづくビストリアゾール類の簡便合成. 日本化学会第94春季年会 2014.03

  461. 細谷孝充. 官能基の歪みに着目した分子連結法の開発. 日本化学会第94春季年会“有機合成化学を起点とするものづくり戦略”特別企画シンポジウム 2014.03

  462. 下森 顕,吉田 優,野中貴子,細谷孝充. C-Hホウ素化反応を利用する多置換o-シリルアリールトリフラートの簡便合成. 日本化学会第94春季年会 2014.03

  463. 矢野貴久,吉田 優,松下武司,細谷孝充. 多置換ベンゾチアゾール類の簡便合成を目指した置換チアゾロベンザインの利用およびアラインのチオアミノ化反応の開発. 日本化学会第94春季年会 2014.03

  464. 森田隆太,吉田 優,細谷孝充. 新しいアライン発生法を利用したアジドとアラインとの分子内環化付加反応の開発. 日本化学会第94春季年会 2014.03

  465. 内田圭祐,吉田 優,細谷孝充. 超高反応性3-トリフリルオキシベンザインの発生と利用. 日本化学会第94春季年会 2014.03

  466. 原田 龍,隅田有人,細谷孝充. ホウ素の特性を利用したジベンゾオキサボリン類の簡便合成法の開発とdefucogilvocarcin Mの高効率合成への応用. 日本化学会第94春季年会 2014.03

  467. 隅田有人,原田 龍,加藤ともえ,細谷孝充. 銅触媒を用いたジベンゾオキサボリンの脱ホウ素環化反応によるジベンゾフラン合成. 日本化学会第94春季年会 2014.03

  468. 田中淳子,吉田 優,松下武司,細谷孝充. 環状アルキンとのクリック反応における芳香族アジドの両オルト位置換基の効果. 日本化学会第94春季年会 2014.03

  469. 畠山泰朋,吉田 優,上本紘平,植草秀裕,細谷孝充. 高機能環状アルキン合成のための銅錯体による高歪みアルキン保護法の開発. 日本化学会第94春季年会 2014.03

  470. 細谷孝充. 官能基の歪みに着目した分子連結法の開発. 創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業合成領域勉強会 2014.02

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • 精神神経疾患又は悪性腫瘍に関する化合物及び医薬組成物

    特許番号: CA3006139

  • 精神神経疾患又は悪性腫瘍に関する化合物及び医薬組成物

    特許番号: EP2881397

  • セレンテラジン類縁体及びセレンテラミド類縁体

    特許番号: US 9075058

  • v-セレンテラジン化合物の製造方法

    公開番号: US 2015/0266833

  • v-セレンテラジン化合物の製造方法

    特許番号: 第5837973号

  • セレンテラジン類縁体及びセレンテラミド類縁体

    特許番号: US 9056840

  • 血管新生増殖因子を阻害する医薬組成物

    公開番号: WO 2015/147204

  • v-セレンテラジン化合物の製造方法

    特許番号: US 8975403

  • 疼痛に関する化合物及び医薬組成物

    公開番号: WO 2015/093567

  • セレンテラジン類縁体及びセレンテラミド類縁体

    特許番号: US 8883432

  • 精神神経疾患又は悪性腫瘍に関する化合物及び医薬組成物

    特許番号: 9745323

  • 精神神経疾患又は悪性腫瘍に関する化合物及び医薬組成物

    特許番号: CA2880487

  • 精神神経疾患又は悪性腫瘍に関する化合物及び医薬組成物

    特許番号: ZL201380040385.8

  • 疾病の発症又は進行の一因となる異常スプライシングを抑制できる物質のスクリーニング方法

    公開番号: WO 2015/005491

  • ベンゾチオフェン化合物、該化合物を有効成分とする オルタナティブオートファジー誘導剤及び抗癌剤、並びに 抗癌活性を有する化合物をスクリーニングするための方法

    特許番号: US10954222

  • 精神神経疾患又は悪性腫瘍に関する化合物及び医薬組成物

    公開番号: WO 2014/021337

  • スクリーニング方法、タンパク質の不安定性及び/又は安定性を誘導する物質、及び、タンパク質の活性評価

    公開番号: WO 2013/183718

  • 抗ウイルス組成物

    公開番号: WO 2013/137456

  • v-セレンテラジン化合物の製造方法

    特許番号: US 8772484

  • ベンゾチオフェン化合物、該化合物を有効成分とするオルタナティブオートファジー誘導剤及び抗癌剤、並びに抗癌活性を有する化合物をスクリーニングするための方法

    公開番号: WO 2013/118842

  • v-セレンテラジン化合物の製造方法

    特許番号: US 8642281

  • セレンテラジン類縁体及びセレンテラミド類縁体

    特許番号: GB2543965

  • セレンテラジン類縁体及びセレンテラミド類縁体

    特許番号: GB2479441

  • セレンテラジン類縁体及びセレンテラミド類縁体

    特許番号: GB2540897

  • セレンテラジン類縁体及びセレンテラミド類縁体

    特許番号: GB2540896

  • v-セレンテラジン化合物の製造方法

    特許番号: 第5637907号

  • セレンテラジン類縁体及びセレンテラミド類縁体

    特許番号: 第5605727号

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学 Excellent Research Award(井戸川りか),2021年03月

  • 東京医科歯科大学 Excellent Research Award(竹村ひなの),2021年03月

  • 東京医科歯科大学 Excellent Research Award(小林瑛宏),2021年03月

  • 19th IBB BioFuture Encouragement Prize.大学院修士課程の部 優秀賞(鈴木美之里),2021年01月

  • 東京医科歯科大学 Excellent Research Award(池田まい),2020年03月

  • 18th IBB BioFuture Encouragement Prize 大学院博士課程の部 最優秀賞(松澤 翼),2020年01月

  • 18th IBB BioFuture Encouragement Prize.学部学生の部 最優秀賞(鈴木美之里),2020年01月

  • 第116回有機合成シンポジウム 優秀ポスター賞(中村 悠),2019年11月

  • 文部科学省 平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰(若手科学者賞)(吉田 優),2019年04月

  • 東京医科歯科大学 Excellent Research Award(宮田敬大),2019年03月

  • 東京医科歯科大学 Excellent Research Award(安立啓介),2019年03月

  • 17th IBB BioFuture Encouragement Prize.大学院修士課程の部 優秀賞(池田まい),2019年01月

  • Thieme Verlagsgruppe Thieme Chemistry Journals Award 2019(Suguru Yoshida),2019年01月

  • 第76回有機合成化学協会関東支部シンポジウム 若手講演賞(宮田敬大),2018年12月

  • Thieme Chemistry Journals Award 2019 (Suguru Yoshida),2018年11月

  • 第29回基礎有機化学討論会 Chemical Science賞(若手口頭発表賞)(目黒友啓),2018年09月

  • International Symposium on Main Group Chemistry Directed towards Organic Synthesis (MACOS): Chemistry Letters Young Award (Yu Nakamura),2018年08月

  • 第75回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(千葉大シンポジウム)若手講演賞(中村 悠),2018年05月

  • 東京医科歯科大学 Excellent Research Award(松澤 翼),2018年03月

  • 16th IBB BioFuture Encouragement Prize 大学院博士課程の部 優秀賞(内田圭祐),2018年02月

  • 16th IBB BioFuture Encouragement Prize 大学院修士課程の部 最優秀賞(清水敬太),2018年02月

  • 16th IBB BioFuture Encouragement Prize 大学院博士課程の部 最優秀賞(目黒友啓),2018年02月

  • 第112回有機合成シンポジウム2017【秋】 優秀ポスター賞(清水敬太),2017年12月

  • ISHC 2017 (26th International Society of Heterocyclic Chemistry) Thieme Chemistry Poster Prize(Keisuke Uchida),2017年09月

  • 第73回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(目白シンポジウム)若手講演賞(宮田敬大),2017年05月

  • 東京医科歯科大学 Excellent Research Award(中島 華),2017年03月

  • 日本化学会 第66回 進歩賞(吉田 優),2017年03月

  • 15th IBB BioFuture Encouragement Prize 大学院博士課程の部 最優秀賞(金本和也),2017年01月

  • 15th IBB BioFuture Encouragement Prize 学部学生の部 優秀賞(清水啓太),2017年01月

  • 15th IBB BioFuture Encouragement Prize 学部学生の部 最優秀賞(宮田敬大),2017年01月

  • 15th IBB BioFuture Encouragement Prize 大学院修士課程の部 優秀賞(松澤 翼),2017年01月

  • 15th IBB BioFuture Encouragement Prize 大学院修士課程の部 最優秀賞(陳 勝男),2017年01月

  • 第72回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム)学生優秀発表賞(牧尾直明),2016年11月

  • 第110回有機合成シンポジウム ポスター発表優秀賞(中村 悠),2016年11月

  • 東京医科歯科大学優秀研究賞(吉田 優),2016年10月

  • 第39回フッ素化学討論会 最優秀ポスター賞(キム ヨンチャン),2016年09月

  • 第46回複素環化学討論会 Heterocycles賞(学生講演賞)(目黒友啓),2016年09月

  • 第33回有機合成化学セミナー 優秀ポスター賞(キム ヨンチャン),2016年09月

  • 14th IBB BioFuture Encouragement Prize 学部学生の部 最優秀賞(陳 勝男),2016年01月

  • 14th IBB BioFuture Encouragement Prize 学部学生の部 優秀賞(キム ヨンチャン),2016年01月

  • 14th IBB BioFuture Encouragement Prize 学部学生の部 優秀賞(松澤 翼),2016年01月

  • 14th IBB BioFuture Encouragement Prize 大学院修士課程の部 最優秀賞(中島 華),2016年01月

  • 14th IBB BioFuture Encouragement Prize 大学院博士課程の部 優秀賞(森田隆太),2016年01月

  • 第70回記念有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟(長岡)シンポジウム) 学生優秀発表賞(目黒友啓),2015年11月

  • 第108回有機合成シンポジウム ポスター発表優秀賞(下森 顕),2015年11月

  • 第15回天然物化学談話会奨励賞(吉田 優),2015年07月

  • 日本化学会第95春季年会 若い世代の特別講演賞(吉田 優),2015年03月

  • 東京医科歯科大学 The Biomedical Research Award(畠山泰朋),2015年03月

  • 13th IBB BioFuture Encouragement Prize 大学院修士課程の部 最優秀賞(下森 顕),2015年01月

  • 13th IBB BioFuture Encouragement Prize 学部学生の部 優秀賞(永井 晶),2015年01月

  • 第68回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム) 学生優秀発表賞(内田圭祐),2014年11月

  • 第68回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム) 学生優秀発表賞(畠山泰朋),2014年11月

  • 長瀬科学技術振興財団 長瀬研究振興賞(細谷孝充),2014年04月

  • 平成26年度生体材料工学研究所医歯科学研究助成(吉田 優),2014年01月

  • 12th IBB BioFuture Encouragement Prize 学部学生の部 最優秀賞(下森 顕),2014年01月

  • 12th IBB BioFuture Encouragement Prize 大学院修士課程の部 最優秀賞(畠山泰朋),2014年01月

  • 第66回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(東工大シンポジウム) 学生優秀発表賞(原田 龍),2013年11月

  • The First Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry (ACMS) ポスター発表賞(加藤ともえ),2013年07月

  • 日本ケミカルバイオロジー学会第8回年会 ポスター発表賞(吉田 優),2013年06月

  • 11th IBB BioFuture Encouragement Prize 学部学生の部 最優秀賞(田中淳子),2013年01月

  • 10th IBB BioFuture Encouragement Prize 大学院修士課程の部 最優秀賞(菅野貴美幸),2012年01月

  • 2011年有機合成化学協会ADEKA研究企画賞(吉田 優),2011年12月

  • 第46回有機反応若手の会 ポスター賞(菅野貴美幸) ,2011年07月

  • 日本ケミカルバイオロジー学会第6回年会 ポスター発表賞(菅野貴美幸),2011年05月

  • 9th IBB BioFuture Encouragement Prize 大学院修士課程の部 最優秀賞(白石 旭),2011年01月

  • 9th IBB BioFuture Encouragement Prize 学部学生の部 最優秀賞(菅野貴美幸),2011年01月

  • 有機合成化学協会 有機合成化学奨励賞(細谷孝充),2004年

  • 井上科学振興財団 井上研究奨励賞(細谷孝充),1995年

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 塩基の代わりに酸を使うクロスカップリング反応-放射光が解き明かすルイス酸の役割-,2021年12月

    -プレスリリース(2021.12.22)、Nat Catal 2021, 4, 1080-1088.

  • 「有機ホウ素化合物と光エネルギーを活用した 新しい有機合成技術を開発」,2020年05月

    プレスリリース(2020.5.18)、J Am Chem Soc 2020, 142, 9938-9943.

  • 「医薬品開発を加速する新型アラインの発生法を開発」 ―炭素−炭素結合の切断を経たγ-アリール-β-ケトエステル類の簡便合成に成功!―,2019年11月

    プレスリリース(2019.11.1)、Org Lett 2019, 21, 9091-9023.

  • A Nice Reactive Ring to It: New Synthetic Pathways for Diverse Aromatic Compounds,2019年11月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「医薬品開発を加速する芳香族スルフィド合成法を開発」―2度のアライン発生を経る新しい合成法の確立―,2019年06月

    プレスリリース(2019.6.28)、Org Lett 2019, 21, 5252-5258. 科学新聞(2019.7.12).

  • 「 アルキニルスルフィド類の効率的な新規合成法を開発 」― 医薬品開発などに有用な複素環式化合物合成を可能にする新技術に期待 ―,2019年04月

    プレスリリース(2019.4.23)、Org Lett 2019, 21, 3172-3177.

  • 「 様々な機能性分子をクリック反応性転換を用いて簡便に合成する手法を開発 」― 抗体の化学修飾などライフサイエンス・創薬研究領域への応用に期待 ―,2019年03月

    プレスリリース(2019.3.7)、Chem Comm 2019, 55, 3556-3559. 化学工業日報(2019.3.14).

  • 「 アジドを保護する手法の開発に成功 」― ライフサイエンスや高分子化学などの幅広い分野での応用への期待 ―,2018年06月

    プレスリリース(2018.6.19)、Org Lett 2018, 20, 4126-4130. 日経産業新聞(2018.6.26).

  • 「 細胞中でも使える分子連結法の開発に成功 」 タンパク質などの生体分子への機能付与に有用なクリック反応 ―,2018年05月

    プレスリリース(2018.5.22)、Chem Comm 2018, 54, 7904-7907.

  • 「 3種の機能を備えた分子の収束的合成法の開発に成功 」 高機能プローブの開発などに役立つ、3種のアジド基を区別して利用する手法 ―,2018年03月

    プレスリリース(2018.3.14)、Chem Comm 2018, 54, 3705-3708.

  • フルオロアルケンの簡便合成を実現 -創薬や機能性高分子開発への応用に期待-,2017年10月

    プレスリリース(2017.10.12)、J Am Chem Soc 2017, 139, 12855-12862.

  • 「 複雑なジアリールエーテル類の新しい合成法の開発 」 ― 医薬品開発などに役立つ、3種の結合を一挙に形成する反応 ―,2017年10月

    プレスリリース(2017.10.11)、Org Lett 2017, 19, 5521-5524.

  • 「 複雑なジアリールエーテル類の新しい合成法の開発 」 医薬品開発などに役立つ、3種の結合を一挙に形成する反応 ―,2017年10月

    プレスリリース(2017.10.11)、Org Lett 2018, 19, 5521-5524. 日経産業新聞(2017.10.13).

  • 「 3つの異なる置換基を有するホスフィンオキシド類の合成法の開発 」 ― 医薬品開発などに役立つ逐次置換反応 ―,2017年07月

    プレスリリース(2017.7.14)、Org Lett 2017, 19, 3899-3902.

  • 強固な炭素ー炭素結合の開裂を経る合成中間体「アライン」発生法の開発 ― 医薬品開発などに役立つ3成分連結反応 ―,2017年02月

    プレスリリース(2017.2.24)、Org Lett 2017, 19, 1184-1187.

  • 炭素−フッ素結合の変換を経る含フッ素化合物の新しい合成法を開発 ― 含フッ素医薬品開発に新たな光 ―,2017年02月

    プレスリリース(2016.6.21)、Angew Chem Int Ed 2016, 55, 10406-10409.

▼全件表示

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • ノーベル化学賞受賞内容に関するコメントについて,毎日新聞社,毎日新聞WEB,2022年10月05日