基本情報

写真a

中島 友紀(ナカシマ トモキ)

NAKASHIMA Tomoki


職名

教授

研究室住所

〒113-8549 東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

naka.csi@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

骨生物学、骨代謝学、分子生物学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学)  長崎大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2006年06月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 助手
  • 2007年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 助教
  • 2013年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 准教授
  • 2016年03月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 教授
  • 2018年04月
    -
    2020年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 教授

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2002年04月
    長崎大学 大学院医歯薬総合研究科 特任研究員
  • 2002年04月
    -
    2002年09月
    長崎大学 大学院医歯薬総合研究科 助手
  • 2002年10月
    -
    2003年09月
    トロント大学オンタリオ癌研究所 Josef PENNINGER研究室 ポスドク研究員
  • 2003年10月
    -
    2006年05月
    オーストリア科学アカデミー分子生物工学研究所 (IMBA) Josef PENNINGER研究室 ポスドク研究員
  • 2004年08月
    -
    2006年05月
    欧州連合(EU) Marie Curie財団  国際特別研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本骨代謝学会

  • 歯科基礎医学会

  • 日本免疫学会

  • 日本炎症再生医学会

  • 日本リウマチ学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年07月
    -
    現在
    日本骨代謝学会  理事
  • 2015年01月
    -
    現在
    日本骨免疫学会  理事、事務局
  • 2013年07月
    -
    現在
    日本骨代謝学会  広報委員会委員長 理事会メンバー
  • 2014年10月
    -
    現在
    歯科基礎医学会  代議員
  • 2011年09月
    -
    現在
    Clinical Calcium (医薬ジャーナル社) 雑誌モニター

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 代謝学

  • 病態医化学

  • 医化学一般

  • 骨生物学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 骨リモデリングの制御機構

  • 運動器と多臓器の連環

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 骨細胞における新規力学感知分子の探索を基盤にした骨恒常性の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2022年

  • 咀嚼・運動と高次機能の連関クロストークの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 骨恒常性を司る骨細胞の分化と機能制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 骨細胞による骨ミネラリゼーションの制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 骨細胞による骨ミネラリゼーションの制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Lin Liu, Hiroyuki Koike, Takehito Ono, Shinichiro Hayashi, Fujimi Kudo, Atsushi Kaneda, Hiroyuki Kagechika, Ichiro Manabe, Tomoki Nakashima, Yumiko Oishi. Identification of a KLF5-dependent program and drug development for skeletal muscle atrophy. Proc Natl Acad Sci U S A. 2021.08; 118 (35): ( PubMed, DOI )

  • 小野岳人、中島友紀. 骨による心身の健康の維持 FOOD STYLE21. 2021.08; 25 (8): 34-37.

  • Long Guo, Aritoshi Iida, Gandham SriLakshmi Bhavani, Kalpana Gowrishankar, Zheng Wang, Jing-Yi Xue, Juan Wang, Noriko Miyake, Naomichi Matsumoto, Takanori Hasegawa, Yusuke Iizuka, Masashi Matsuda, Tomoki Nakashima, Masaki Takechi, Sachiko Iseki, Shinsei Yambe, Gen Nishimura, Haruhiko Koseki, Chisa Shukunami, Katta M Girisha, Shiro Ikegawa. Deficiency of TMEM53 causes a previously unknown sclerosing bone disorder by dysregulation of BMP-SMAD signaling. Nat Commun. 2021.04; 12 (1): 2046. ( PubMed, DOI )

  • Noriko Komatsu, Stephanie Win, Minglu Yan, Nam Cong-Nhat Huynh, Shinichiro Sawa, Masayuki Tsukasaki, Asuka Terashima, Warunee Pluemsakunthai, George Kollias, Tomoki Nakashima, Hiroshi Takayanagi. Plasma cells promote osteoclastogenesis and periarticular bone loss in autoimmune arthritis. J Clin Invest. 2021.03; 131 (6): ( PubMed, DOI )

  • Fumiyuki Sasaki, Mikihito Hayashi, Takehito Ono, Tomoki Nakashima. The regulation of RANKL by mechanical force. J Bone Miner Metab. 2021.01; 39 (1): 34-44. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 中島友紀. 骨恒常性の制御機構の解明. 東京骨関節フォーラム 2021.07.10 東京(オンライン開催)

  • 中島友紀. 骨恒常性の制御機構. 第42回日本炎症・再生医学会 2021.07.08 東京(オンライン開催)

  • 林幹人、土谷洋輔、中島友紀. ロイヤルゼリーに含まれる10H2DAはFFAR4を介してNF-kB活性化と破骨細胞を抑制することで閉経後骨粗鬆症モデルマウスにおける骨量を維持する. 第42回日本炎症・再生医学会 2021.07.07 東京(オンライン開催)

  • 中島友紀. 骨細胞と骨リモデリング. 第41回日本骨形態計測学会 2021.07.03 東京

  • 山下祐、林幹人、中島友紀. 骨芽細胞由来Sema3Aはアンドロゲン非依存的に骨恒常性を制御する. 第6回日本骨免疫学会 2021.07.01 沖縄(オンライン開催) 

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • U.S. National Academy of Medicine Catalyst Award,全米医学アカデミー,2020年10月

  • TOBIRA研究助成とびら賞,東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合(TOBIRA),2019年05月

  • 第一三共生命科学研究振興財団 研究助成,第一三共生命科学研究振興財団,2018年12月

  • 内藤記念科学奨励金・研究助成,内藤記念科学振興財団,2018年10月

  • 武田科学振興財団ビジョナリーリサーチ継続助成 ステップ,武田科学振興財団,2018年08月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 転写因子 KLF5 が筋萎縮の発症に重要であることを発見〜KLF5 の働きを抑える薬が筋萎縮を防ぐ治療法となる可能性〜,2021年08月

    -

  • 咀嚼機能が失われると「認知機能の低下」につながる 歯のメンテナンスを定期的に行い、しっかり噛む意識を,2021年07月

    iZa掲載

  • 70代まで働く健康術(連載4回),2020年11月

    夕刊フジ新聞 
    骨研究と健康術を概説
    4回連載の新聞記事

  • 【今から始めよう!70代まで働く健康術】骨の健康維持しながら足腰鍛えれば、いつまでも働くことが可能 そのサポートを骨の研究で行いたい,2020年11月

    Zakzak:夕刊フジ公式サイト

  • ロイヤルゼリーが骨量減少抑制を発見 TOKYO MXテレビ,2020年08月

    TOKYO MXテレビ:MEDICAL NEWS LINE

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 骨量減少と脂肪酸の関係、エストロゲンと骨の恒常性を維持する仕組み,産経新聞社,夕刊フジ,2020年10月09日