基本情報

写真a

中島 友紀(ナカシマ トモキ)

NAKASHIMA Tomoki


職名

教授

研究室住所

〒113-8549 東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

naka.csi@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

骨生物学、骨代謝学、分子生物学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学)  長崎大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2006年06月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 助手
  • 2007年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 助教
  • 2013年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 准教授
  • 2016年03月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 教授
  • 2018年04月
    -
    2020年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 教授
  • 2020年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2002年04月
    長崎大学 大学院医歯薬総合研究科 特任研究員
  • 2002年04月
    -
    2002年09月
    長崎大学 大学院医歯薬総合研究科 助手
  • 2002年10月
    -
    2003年09月
    トロント大学オンタリオ癌研究所 Josef PENNINGER研究室 ポスドク研究員
  • 2003年10月
    -
    2006年05月
    オーストリア科学アカデミー分子生物工学研究所 (IMBA) Josef PENNINGER研究室 ポスドク研究員
  • 2004年08月
    -
    2006年05月
    欧州連合(EU) Marie Curie財団  国際特別研究員
  • 2009年12月
    -
    2013年09月
    独立行政法人科学技術振興機構 ERATOプロジェクト グループリーダー
  • 2013年10月
    -
    現在
    独立行政法人科学技術振興機構 さきがけ研究 研究代表者
  • 2015年12月
    -
    現在
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構 AMED-CREST プロジェクト 研究開発代表者

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 歯科基礎医学会

  • 日本免疫学会

  • 日本炎症再生医学会

  • 日本リウマチ学会

  • 日本骨代謝学会

  • 日本骨免疫学会

  • 日本筋学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年07月
    -
    現在
    日本骨代謝学会  理事
  • 2015年01月
    -
    現在
    日本骨免疫学会  理事、事務局
  • 2013年07月
    -
    現在
    日本骨代謝学会  広報委員会委員長 理事会メンバー
  • 2014年10月
    -
    現在
    歯科基礎医学会  代議員
  • 2011年09月
    -
    現在
    Clinical Calcium (医薬ジャーナル社) 雑誌モニター
  • 2012年07月
    -
    現在
    Journal of Bone and Mineral Metabolism (JBMM) Editorial Board member
  • 2012年07月
    -
    現在
    日本骨代謝学会  評議員
  • 2013年07月
    -
    現在
    日本炎症再生医学会  評議員
  • 2013年07月
    -
    現在
    歯科基礎医学会  評議員
  • 2013年11月
    -
    現在
    骨代謝研究会 世話人
  • 2013年12月
    -
    現在
    THE BONE (メディカルレビュー社)  編集アドバイザー
  • 2014年01月
    -
    現在
    The International Bone and Mineral Society (IBMS) BoneKEy Reports Board member
  • 2014年04月
    -
    2015年03月
    文部科学省 科学技術政策研究所科学技術動向研究センター  専門調査員
  • 2014年05月
    -
    現在
    International Federation of Musculoskeletal Research Societies (IFMRS) (IFMRS) JSBMR member
  • 2014年05月
    -
    現在
    日本骨代謝学会  国際共同研究委員会 委員
  • 2014年07月
     
     
    第1回日本骨免疫会議  事務局
  • 2014年07月
     
     
    第32回日本骨代謝学会  プログラム委員、プログラム選定委員
  • 2014年07月
     
     
    第35回日本炎症・再生医学会  実行委員、プログラム委員
  • 2014年12月
    -
    2015年07月
    第33回日本骨代謝学会  プログラム委員、プログラム選定委員
  • 2014年12月
    -
    現在
    Bone &Joint Research Update (国際医学出版) 編集委員
  • 2015年06月
    -
    2016年06月
    第2回日本骨免疫学会  プログラム委員長
  • 2015年07月
    -
    2016年07月
    第34回日本骨代謝学会  プログラム委員、プログラム選定委員
  • 2016年06月
    -
    2017年06月
    第3回日本骨免疫学会  プログラム委員長
  • 2016年07月
    -
    2017年07月
    第35回日本骨代謝学会  プログラム委員、プログラム選定委員
  • 2017年07月
    -
    2018年07月
    第36回日本骨代謝学会  プログラム委員、プログラム選定委員
  • 2017年08月
    -
    現在
    Bone Research Board member

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 代謝、内分泌学

  • 病態医化学

  • 医化学

  • 骨生物学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 骨リモデリングの制御機構

  • 運動器と多臓器の連環

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 骨細胞における新規力学感知分子の探索を基盤にした骨恒常性の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2022年

  • 咀嚼・運動と高次機能の連関クロストークの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 骨恒常性を司る骨細胞の分化と機能制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 骨細胞による骨ミネラリゼーションの制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 骨細胞による骨ミネラリゼーションの制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 骨恒常性を司る骨リモデリング制御機構の解明と革新的治療戦略の確立

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Lin Liu, Hiroyuki Koike, Takehito Ono, Shinichiro Hayashi, Fujimi Kudo, Atsushi Kaneda, Hiroyuki Kagechika, Ichiro Manabe, Tomoki Nakashima, Yumiko Oishi. Identification of a KLF5-dependent program and drug development for skeletal muscle atrophy. Proc Natl Acad Sci U S A. 2021.08; 118 (35): ( PubMed, DOI )

  2. Long Guo, Aritoshi Iida, Gandham SriLakshmi Bhavani, Kalpana Gowrishankar, Zheng Wang, Jing-Yi Xue, Juan Wang, Noriko Miyake, Naomichi Matsumoto, Takanori Hasegawa, Yusuke Iizuka, Masashi Matsuda, Tomoki Nakashima, Masaki Takechi, Sachiko Iseki, Shinsei Yambe, Gen Nishimura, Haruhiko Koseki, Chisa Shukunami, Katta M Girisha, Shiro Ikegawa. Deficiency of TMEM53 causes a previously unknown sclerosing bone disorder by dysregulation of BMP-SMAD signaling. Nat Commun. 2021.04; 12 (1): 2046. ( PubMed, DOI )

  3. Noriko Komatsu, Stephanie Win, Minglu Yan, Nam Cong-Nhat Huynh, Shinichiro Sawa, Masayuki Tsukasaki, Asuka Terashima, Warunee Pluemsakunthai, George Kollias, Tomoki Nakashima, Hiroshi Takayanagi. Plasma cells promote osteoclastogenesis and periarticular bone loss in autoimmune arthritis. J Clin Invest. 2021.03; 131 (6): ( PubMed, DOI )

  4. Fumiyuki Sasaki, Mikihito Hayashi, Takehito Ono, Tomoki Nakashima. The regulation of RANKL by mechanical force. J Bone Miner Metab. 2021.01; 39 (1): 34-44. ( PubMed, DOI )

  5. Nasir K Bashiruddin, Mikihito Hayashi, Masanobu Nagano, Yan Wu, Yukiko Matsunaga, Junichi Takagi, Tomoki Nakashima, Hiroaki Suga. Development of cyclic peptides with potent in vivo osteogenic activity through RaPID-based affinity maturation. Proc Natl Acad Sci U S A. 2020.12; 117 (49): 31070-31077. ( PubMed, DOI )

  6. Hayashi M, Ono T, Nakashima T.. Signaling in osteoblast differentiation. Encyclopedia of Bone Biology. 2020.07; 416-426.

  7. Yosuke Tsuchiya, Mikihito Hayashi, Katashi Nagamatsu, Takehito Ono, Masaki Kamakura, Takanori Iwata, Tomoki Nakashima. The key royal jelly component 10-hydroxy-2-decenoic acid protects against bone loss by inhibiting NF-κB signaling downstream of FFAR4. J. Biol. Chem.. 2020.07; ( PubMed, DOI )

  8. Y Kameo, Y Miya, M Hayashi, T Nakashima, T Adachi. In silico experiments of bone remodeling explore metabolic diseases and their drug treatment. Sci Adv. 2020.03; 6 (10): eaax0938. ( PubMed, DOI )

  9. Takehito Ono, Mikihito Hayashi, Fumiyuki Sasaki, Tomoki Nakashima. RANKL biology: bone metabolism, the immune system, and beyond. Inflamm Regen. 2020.02; 40 2. ( PubMed, DOI )

  10. Yusoon Kim, Mikihito Hayashi, Takehito Ono, Tetsuya Yoda, Hiroshi Takayanagi, Tomoki Nakashima. Suppression of hematopoietic cell kinase ameliorates the bone destruction associated with inflammation. Mod Rheumatol. 2020.01; 30 (1): 85-92. ( PubMed, DOI )

  11. Fumiyuki Sasaki, Mikihito Hayashi, Yuki Mouri, Satoshi Nakamura, Taiji Adachi, Tomoki Nakashima. Mechanotransduction via the Piezo1-Akt pathway underlies Sost suppression in osteocytes. Biochem Biophys Res Commun. 2020.01; 521 (3): 806-813. ( PubMed, DOI )

  12. Jing-Yi Xue, Zheng Wang, Satoshi Shinagawa, Hirofumi Ohashi, Nao Otomo, Nursel H Elcioglu, Tomoki Nakashima, Gen Nishimura, Shiro Ikegawa, Long Guo. TNFRSF11A-Associated Dysosteosclerosis: A Report of the Second Case and Characterization of the Phenotypic Spectrum. J. Bone Miner. Res.. 2019.10; 34 (10): 1873-1879. ( PubMed, DOI )

  13. Mikihito Hayashi, Tomoki Nakashima, Noriko Yoshimura, Kazuo Okamoto, Sakae Tanaka, Hiroshi Takayanagi. Autoregulation of Osteocyte Sema3A Orchestrates Estrogen Action and Counteracts Bone Aging. Cell Metab.. 2019.03; 29 (3): 627-637.e5. ( PubMed, DOI )

  14. Masamu Inoue, Takehito Ono, Yoshitaka Kameo, Fumiyuki Sasaki, Takashi Ono, Taiji Adachi, Tomoki Nakashima. Forceful mastication activates osteocytes and builds a stout jawbone. Sci Rep. 2019.03; 9 (1): 4404. ( PubMed, DOI )

  15. Maia Inoue, Kazuo Okamoto, Asuka Terashima, Takeshi Nitta, Ryunosuke Muro, Takako Negishi-Koga, Toshio Kitamura, Tomoki Nakashima, Hiroshi Takayanagi. Arginine methylation controls the strength of γc-family cytokine signaling in T cell maintenance. Nat. Immunol.. 2018.11; 19 (11): 1265-1276. ( PubMed, DOI )

  16. Takehito Ono, Tomoki Nakashima. Recent advances in osteoclast biology. Histochem. Cell Biol.. 2018.04; 149 (4): 325-341. ( PubMed, DOI )

  17. Masayuki Tsukasaki, Noriko Komatsu, Kazuki Nagashima, Takeshi Nitta, Warunee Pluemsakunthai, Chisa Shukunami, Yoichiro Iwakura, Tomoki Nakashima, Kazuo Okamoto, Hiroshi Takayanagi. Host defense against oral microbiota by bone-damaging T cells. Nat Commun. 2018.02; 9 (1): 701. ( PubMed, DOI )

  18. Kazuo Okamoto, Tomoki Nakashima, Masahiro Shinohara, Takako Negishi-Koga, Noriko Komatsu, Asuka Terashima, Shinichiro Sawa, Takeshi Nitta, Hiroshi Takayanagi. Osteoimmunology: The Conceptual Framework Unifying the Immune and Skeletal Systems. Physiol. Rev.. 2017.10; 97 (4): 1295-1349. ( PubMed, DOI )

  19. Kazuki Nagashima, Shinichiro Sawa, Takeshi Nitta, Alejandro Prados, Vasiliki Koliaraki, George Kollias, Tomoki Nakashima, Hiroshi Takayanagi. Targeted deletion of RANKL in M cell inducer cells by the Col6a1-Cre driver. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2017.09; ( PubMed, DOI )

  20. Y Fukushima-Nakayama, Takehito Ono, M Hayashi, M Inoue, H Wake, Takashi Ono, T Nakashima. Reduced Mastication Impairs Memory Function. J. Dent. Res.. 2017.08; 96 (9): 1058-1066. ( PubMed, DOI )

  21. Ayumi Shoji-Matsunaga, Takehito Ono, Mikihito Hayashi, Hiroshi Takayanagi, Keiji Moriyama, Tomoki Nakashima. Osteocyte regulation of orthodontic force-mediated tooth movement via RANKL expression. Sci Rep. 2017.08; 7 (1): 8753. ( PubMed, DOI )

  22. Kazuki Nagashima, Shinichiro Sawa, Takeshi Nitta, Masanori Tsutsumi, Tadashi Okamura, Josef M Penninger, Tomoki Nakashima, Hiroshi Takayanagi. Identification of subepithelial mesenchymal cells that induce IgA and diversify gut microbiota. Nat. Immunol.. 2017.06; 18 (6): 675-682. ( PubMed, DOI )

  23. Lynett Danks, Noriko Komatsu, Matteo M Guerrini, Shinichiro Sawa, Marietta Armaka, George Kollias, Tomoki Nakashima, Hiroshi Takayanagi. RANKL expressed on synovial fibroblasts is primarily responsible for bone erosions during joint inflammation. Ann. Rheum. Dis.. 2016.06; 75 (6): 1187-1195. ( PubMed, DOI )

  24. Asuka Terashima, Kazuo Okamoto, Tomoki Nakashima, Shizuo Akira, Koichi Ikuta, Hiroshi Takayanagi. Sepsis-Induced Osteoblast Ablation Causes Immunodeficiency. Immunity. 2016.06; 44 (6): 1434-1443. ( PubMed, DOI )

  25. Aritoshi Iida, Weirong Xing, Martine K F Docx, Tomoki Nakashima, Zheng Wang, Mamori Kimizuka, Wim Van Hul, Dietz Rating, Jürgen Spranger, Hirohumi Ohashi, Noriko Miyake, Naomichi Matsumoto, Subburaman Mohan, Gen Nishimura, Geert Mortier, Shiro Ikegawa. Identification of biallelic LRRK1 mutations in osteosclerotic metaphyseal dysplasia and evidence for locus heterogeneity. J. Med. Genet.. 2016.04; ( PubMed, DOI )

  26. Takehito Ono, Kazuo Okamoto, Tomoki Nakashima, Takeshi Nitta, Shohei Hori, Yoichiro Iwakura, Hiroshi Takayanagi. IL-17-producing γδ T cells enhance bone regeneration. Nat Commun. 2016.03; 7 10928. ( PubMed, DOI )

  27. Matteo M Guerrini, Kazuo Okamoto, Noriko Komatsu, Shinichiro Sawa, Lynett Danks, Josef M Penninger, Tomoki Nakashima, Hiroshi Takayanagi. Inhibition of the TNF Family Cytokine RANKL Prevents Autoimmune Inflammation in the Central Nervous System. Immunity. 2015.12; 43 (6): 1174-1185. ( PubMed, DOI )

  28. Hayashi M, Nakashima T, Takayanagi H. Semaphorins in bone homeostasis Semaphorin. 2015.02; 159-173. ( DOI )

  29. Haruhiko Nakamura, Tomoki Nakashima, Mikihito Hayashi, Naohiro Izawa, Tetsuro Yasui, Hiroyuki Aburatani, Sakae Tanaka, Hiroshi Takayanagi. Global epigenomic analysis indicates protocadherin-7 activates osteoclastogenesis by promoting cell-cell fusion. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2014.12; 455 (3-4): 305-311. ( PubMed, DOI )

  30. Noriko Komatsu, Kazuo Okamoto, Shinichiro Sawa, Tomoki Nakashima, Masatsugu Oh-hora, Tatsuhiko Kodama, Sakae Tanaka, Jeffrey A Bluestone, Hiroshi Takayanagi. Pathogenic conversion of Foxp3+ T cells into TH17 cells in autoimmune arthritis. Nat. Med.. 2014.01; 20 (1): 62-68. ( PubMed, DOI )

  31. Hideaki Okura, Shintaro Sato, Sari Kishikawa, Satoshi Kaneto, Tomoki Nakashima, Nobuaki Yoshida, Hiroshi Takayanagi, Hiroshi Kiyono. Runx2-I isoform contributes to fetal bone formation even in the absence of specific N-terminal amino acids. PLoS ONE. 2014; 9 (9): e108294. ( PubMed, DOI )

  32. Charles A O'Brien, Tomoki Nakashima, Hiroshi Takayanagi. Osteocyte control of osteoclastogenesis. Bone. 2013.06; 54 (2): 258-263. ( PubMed, DOI )

  33. 中島友紀、林幹人. Semaphorin  骨粗鬆症治療. 2013; 12 (1): 54-57.

  34. Tomoki Nakashima, Mikihito Hayashi, Hiroshi Takayanagi. New insights into osteoclastogenic signaling mechanisms. Trends Endocrinol. Metab.. 2012.11; 23 (11): 582-590. ( PubMed, DOI )

  35. Tsuyoshi Miyazaki, Mitsuyasu Iwasawa, Tomoki Nakashima, Shuuichi Mori, Kazuhiro Shigemoto, Hiroaki Nakamura, Hideki Katagiri, Hiroshi Takayanagi, Sakae Tanaka. Intracellular and extracellular ATP coordinately regulate the inverse correlation between osteoclast survival and bone resorption. J. Biol. Chem.. 2012.11; 287 (45): 37808-37823. ( PubMed, DOI )

  36. Mikihito Hayashi, Tomoki Nakashima, Masahiko Taniguchi, Tatsuhiko Kodama, Atsushi Kumanogoh, Hiroshi Takayanagi. Osteoprotection by semaphorin 3A. Nature. 2012.05; 485 (7396): 69-74. ( PubMed, DOI )

  37. Nakashima T, Takayanagi H. RANK and RANKL. Encyclopedia of Signaling Molecules. 2012; 1581-1589.

  38. Tomoki Nakashima, Hiroshi Takayanagi. New regulation mechanisms of osteoclast differentiation. Ann. N. Y. Acad. Sci.. 2011.12; 1240 E13-E18. ( PubMed, DOI )

  39. Hideki Hayashi, Tomoko Kohno, Kiyoshi Yasui, Hiroyuki Murota, Tohru Kimura, Gordon S Duncan, Tomoki Nakashima, Kazuo Yamamoto, Ichiro Katayama, Yuhua Ma, Koon Jiew Chua, Takashi Suematsu, Isao Shimokawa, Shizuo Akira, Yoshinao Kubo, Tak Wah Mak, Toshifumi Matsuyama. Characterization of dsRNA-induced pancreatitis model reveals the regulatory role of IFN regulatory factor 2 (Irf2) in trypsinogen5 gene transcription. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.. 2011.11; 108 (46): 18766-18771. ( PubMed, DOI )

  40. Tomoki Nakashima, Mikihito Hayashi, Takanobu Fukunaga, Kosaku Kurata, Masatsugu Oh-Hora, Jian Q Feng, Lynda F Bonewald, Tatsuhiko Kodama, Anton Wutz, Erwin F Wagner, Josef M Penninger, Hiroshi Takayanagi. Evidence for osteocyte regulation of bone homeostasis through RANKL expression. Nat. Med.. 2011.10; 17 (10): 1231-1234. ( PubMed, DOI )

  41. Erik Idrus, Tomoki Nakashima, Ling Wang, Mikihito Hayashi, Kazuo Okamoto, Tatsuhiko Kodama, Nobuyuki Tanaka, Tadatsugu Taniguchi, Hiroshi Takayanagi. The role of the BH3-only protein Noxa in bone homeostasis. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2011.07; 410 (3): 620-625. ( PubMed, DOI )

  42. Nakashima T, Takayanagi T. Osteoimmunology: the effect of inflammation on bone. Inflammation and Regeneration. 2011; 31 404-412.

  43. Keizo Nishikawa, Tomoki Nakashima, Shu Takeda, Masashi Isogai, Michito Hamada, Ayako Kimura, Tatsuhiko Kodama, Akira Yamaguchi, Michael J Owen, Satoru Takahashi, Hiroshi Takayanagi. Maf promotes osteoblast differentiation in mice by mediating the age-related switch in mesenchymal cell differentiation. J. Clin. Invest.. 2010.10; 120 (10): 3455-3465. ( PubMed, DOI )

  44. Mikihito Hayashi, Tomoki Nakashima, Tatsuhiko Kodama, Andrew P Makrigiannis, Noriko Toyama-Sorimachi, Hiroshi Takayanagi. Ly49Q, an ITIM-bearing NK receptor, positively regulates osteoclast differentiation. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2010.03; 393 (3): 432-438. ( PubMed, DOI )

  45. Keizo Nishikawa, Tomoki Nakashima, Mikihito Hayashi, Takanobu Fukunaga, Shigeaki Kato, Tatsuhiko Kodama, Satoru Takahashi, Kathryn Calame, Hiroshi Takayanagi. Blimp1-mediated repression of negative regulators is required for osteoclast differentiation. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.. 2010.02; 107 (7): 3117-3122. ( PubMed, DOI )

  46. Kou Kayamori, Kei Sakamoto, Tomoki Nakashima, Hiroshi Takayanagi, Kei-Ichi Morita, Ken Omura, Su Tien Nguyen, Yoshio Miki, Tadahiro Iimura, Akiko Himeno, Takumi Akashi, Hisafumi Yamada-Okabe, Etsuro Ogata, Akira Yamaguchi. Roles of interleukin-6 and parathyroid hormone-related peptide in osteoclast formation associated with oral cancers: significance of interleukin-6 synthesized by stromal cells in response to cancer cells. Am. J. Pathol.. 2010.02; 176 (2): 968-980. ( PubMed, DOI )

  47. Tomoki Nakashima, Hiroshi Takayanagi. Osteoimmunology: crosstalk between the immune and bone systems. J. Clin. Immunol.. 2009.09; 29 (5): 555-567. ( PubMed, DOI )

  48. 中島友紀. RANKL/RANK/OPGと骨疾患  THE BONE. 2009; 23 (4): 37-46.

  49. Tomoki Nakashima, Hiroshi Takayanagi. Osteoclasts and the immune system. J. Bone Miner. Metab.. 2009; 27 (5): 519-529. ( PubMed, DOI )

  50. Tomoki Nakashima, Hiroshi Takayanagi. The dynamic interplay between osteoclasts and the immune system. Arch. Biochem. Biophys.. 2008.05; 473 (2): 166-171. ( PubMed, DOI )

  51. J Andrew Pospisilik, Claude Knauf, Nicholas Joza, Paule Benit, Michael Orthofer, Patrice D Cani, Ingo Ebersberger, Tomoki Nakashima, Renu Sarao, Gregory Neely, Harald Esterbauer, Andrey Kozlov, C Ronald Kahn, Guido Kroemer, Pierre Rustin, Remy Burcelin, Josef M Penninger. Targeted deletion of AIF decreases mitochondrial oxidative phosphorylation and protects from obesity and diabetes. Cell. 2007.11; 131 (3): 476-491. ( PubMed, DOI )

  52. Ayako Suematsu, Yasuhito Tajiri, Tomoki Nakashima, Junko Taka, Sae Ochi, Hiromi Oda, Kozo Nakamura, Sakae Tanaka, Hiroshi Takayanagi. Scientific basis for the efficacy of combined use of antirheumatic drugs against bone destruction in rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. 2007; 17 (1): 17-23. ( PubMed, DOI )

  53. Kojiro Sato, Ayako Suematsu, Tomoki Nakashima, Sayaka Takemoto-Kimura, Kazuhiro Aoki, Yasuyuki Morishita, Hiroshi Asahara, Keiichi Ohya, Akira Yamaguchi, Toshiyuki Takai, Tatsuhiko Kodama, Talal A Chatila, Haruhiko Bito, Hiroshi Takayanagi. Regulation of osteoclast differentiation and function by the CaMK-CREB pathway. Nat. Med.. 2006.12; 12 (12): 1410-1416. ( PubMed, DOI )

  54. D Holstead Jones, Tomoki Nakashima, Otto H Sanchez, Ivona Kozieradzki, Svetlana V Komarova, Ildiko Sarosi, Sean Morony, Evelyn Rubin, Renu Sarao, Carlo V Hojilla, Vukoslav Komnenovic, Young-Yun Kong, Martin Schreiber, S Jeffrey Dixon, Stephen M Sims, Rama Khokha, Teiji Wada, Josef M Penninger. Regulation of cancer cell migration and bone metastasis by RANKL. Nature. 2006.03; 440 (7084): 692-696. ( PubMed, DOI )

  55. Teiji Wada, Tomoki Nakashima, Nishina Hiroshi, Josef M Penninger. RANKL-RANK signaling in osteoclastogenesis and bone disease. Trends Mol Med. 2006.01; 12 (1): 17-25. ( PubMed, DOI )

  56. Teiji Wada, Tomoki Nakashima, Antonio J Oliveira-dos-Santos, Juerg Gasser, Hiromitsu Hara, Georg Schett, Josef M Penninger. The molecular scaffold Gab2 is a crucial component of RANK signaling and osteoclastogenesis. Nat. Med.. 2005.04; 11 (4): 394-399. ( PubMed, DOI )

  57. T Miyashita, A Kawakami, T Nakashima, S Yamasaki, M Tamai, F Tanaka, M Kamachi, H Ida, K Migita, T Origuchi, K Nakao, K Eguchi. Osteoprotegerin (OPG) acts as an endogenous decoy receptor in tumour necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand (TRAIL)-mediated apoptosis of fibroblast-like synovial cells. Clin. Exp. Immunol.. 2004.08; 137 (2): 430-436. ( PubMed, DOI )

  58. S Yamasaki, T Nakashima, A Kawakami, T Miyashita, F Tanaka, H Ida, K Migita, T Origuchi, K Eguchi. Cytokines regulate fibroblast-like synovial cell differentiation to adipocyte-like cells. Rheumatology (Oxford). 2004.04; 43 (4): 448-452. ( PubMed, DOI )

  59. Hiroaki Ida, Tomoki Nakashima, Nancy L Kedersha, Satoshi Yamasaki, Mingguo Huang, Yasumori Izumi, Taiichiro Miyashita, Tomoki Origuchi, Atsushi Kawakami, Kiyoshi Migita, Phillip I Bird, Paul Anderson, Katsumi Eguchi. Granzyme B leakage-induced cell death: a new type of activation-induced natural killer cell death. Eur. J. Immunol.. 2003.12; 33 (12): 3284-3292. ( PubMed, DOI )

  60. Tomoki Nakashima, Teiji Wada, Josef M Penninger. RANKL and RANK as novel therapeutic targets for arthritis. Curr Opin Rheumatol. 2003.05; 15 (3): 280-287. ( PubMed )

  61. Hiroyuki Murota, Youichiro Hamasaki, Tomoki Nakashima, Kazuo Yamamoto, Ichiro Katayama, Toshifumi Matsuyama. Disruption of tumor necrosis factor receptor p55 impairs collagen turnover in experimentally induced sclerodermic skin fibroblasts. Arthritis Rheum.. 2003.04; 48 (4): 1117-1125. ( PubMed, DOI )

  62. S Yamasaki, T Nakashima, A Kawakami, T Miyashita, H Ida, K Migita, K Nakata, K Eguchi. Functional changes in rheumatoid fibroblast-like synovial cells through activation of peroxisome proliferator-activated receptor gamma-mediated signalling pathway. Clin. Exp. Immunol.. 2002.08; 129 (2): 379-384. ( PubMed )

  63. Makoto Kamachi, Atsushi Kawakami, Satoshi Yamasaki, Ayumi Hida, Tomoki Nakashima, Hideki Nakamura, Hiroaki Ida, Masako Furuyama, Koto Nakashima, Kazutaka Shibatomi, Taiichiro Miyashita, Kiyoshi Migita, Katsumi Eguchi. Regulation of apoptotic cell death by cytokines in a human salivary gland cell line: distinct and synergistic mechanisms in apoptosis induced by tumor necrosis factor alpha and interferon gamma. J. Lab. Clin. Med.. 2002.01; 139 (1): 13-19. ( PubMed )

  64. S Hamasaki, T Nakamura, T Furuya, A Kawakami, K Ichinose, T Nakashima, Y Nishiura, S Shirabe, K Eguchi. Resistance of CD4-positive T lymphocytes to etoposide-induced apoptosis mediated by upregulation of Bcl-xL expression in patients with HTLV-I-associated myelopathy. J. Neuroimmunol.. 2001.07; 117 (1-2): 143-148. ( PubMed )

  65. S Yamasaki, A Kawakami, T Nakashima, H Nakamura, M Kamachi, S Honda, Y Hirai, A Hida, H Ida, K Migita, Y Kawabe, T Koji, I Furuichi, T Aoyagi, K Eguchi. Importance of NF-kappaB in rheumatoid synovial tissues: in situ NF-kappaB expression and in vitro study using cultured synovial cells. Ann. Rheum. Dis.. 2001.07; 60 (7): 678-684. ( PubMed )

  66. Y Hashimoto, N Matsuoka, A Kawakami, M Tsuboi, T Nakashima, K Eguchi, T Tomioka, T Kanematsu. Novel immunosuppressive effect of FK506 by augmentation of T cell apoptosis. Clin. Exp. Immunol.. 2001.07; 125 (1): 19-24. ( PubMed )

  67. S Urayama, A Kawakami, T Nakashima, S Yamasaki, A Hida, H Ida, M Kamachi, H Nakamura, T Origuchi, K Migita, Y Kawabe, K Eguchi. New disease-modifying antirheumatic drug 2 acetylthiomethyl-4-(4-methylphenyl)-4-oxobutanoic acid (KE-298) selectively augments activation-induced T cell death. J. Lab. Clin. Med.. 2001.07; 138 (1): 11-17. ( PubMed, DOI )

  68. N Sera, A Kawakami, T Nakashima, H Nakamura, M Imaizumi, T Koji, Y Abe, T Usa, T Tominaga, E Ejima, K Ashizawa, N Yokoyama, N Ishikawa, K Ito, K Eguchi. Fas/FasL mediated apoptosis of thyrocytes in Graves' disease. Clin. Exp. Immunol.. 2001.05; 124 (2): 197-207. ( PubMed )

  69. K Shibatomi, H Ida, S Yamasaki, T Nakashima, T Origuchi, A Kawakami, K Migita, Y Kawabe, M Tsujihata, P Anderson, K Eguchi. A novel role for interleukin-18 in human natural killer cell death: high serum levels and low natural killer cell numbers in patients with systemic autoimmune diseases. Arthritis Rheum.. 2001.04; 44 (4): 884-892. ( PubMed, DOI )

  70. T Origuchi, K Migita, T Nakashima, S Honda, S Yamasaki, A Hida, A Kawakami, T Aoyagi, Y Kawabe, K Eguchi. Regulation of cyclooxygenase-2 expression in human osteoblastic cells by N-acetylcysteine. J. Lab. Clin. Med.. 2000.11; 136 (5): 390-394. ( PubMed, DOI )

  71. Y Abe, A Kawakami, T Nakashima, E Ejima, K Fujiyama, T Kiriyama, A Ide, N Sera, T Usa, T Tominaga, K Ashizawa, N Yokoyama, K Eguchi. Etidronate inhibits human osteoblast apoptosis by inhibition of pro-apoptotic factor(s) produced by activated T cells. J. Lab. Clin. Med.. 2000.11; 136 (5): 344-354. ( PubMed, DOI )

  72. Y Kobayashi, F Hashimoto, H Miyamoto, K Kanaoka, Y Miyazaki-Kawashita, T Nakashima, M Shibata, K Kobayashi, Y Kato, H Sakai. Force-induced osteoclast apoptosis in vivo is accompanied by elevation in transforming growth factor beta and osteoprotegerin expression. J. Bone Miner. Res.. 2000.10; 15 (10): 1924-1934. ( PubMed, DOI )

  73. Y Ichinose, K Migita, T Nakashima, A Kawakami, T Aoyagi, K Eguchi. Effects of bisphosphonate on the release of MMP-2 from cultured human osteoblasts. Tohoku J. Exp. Med.. 2000.10; 192 (2): 111-118. ( PubMed )

  74. H Nakamura, A Kawakami, S Yamasaki, T Nakashima, M Kamachi, K Migita, Y Kawabe, T Nakamura, T Koji, Y Hayashi, K Eguchi. Expression and function of X chromosome-linked inhibitor of apoptosis protein in Sjögren's syndrome. Lab. Invest.. 2000.09; 80 (9): 1421-1427. ( PubMed )

  75. T Nakashima, Y Kobayashi, S Yamasaki, A Kawakami, K Eguchi, H Sasaki, H Sakai. Protein expression and functional difference of membrane-bound and soluble receptor activator of NF-kappaB ligand: modulation of the expression by osteotropic factors and cytokines. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2000.09; 275 (3): 768-775. ( PubMed, DOI )

  76. S Urayama, A Kawakami, T Nakashima, M Tsuboi, S Yamasaki, A Hida, Y Ichinose, H Nakamura, E Ejima, T Aoyagi, T Nakamura, K Migita, Y Kawabe, K Eguchi. Effect of vitamin K2 on osteoblast apoptosis: vitamin K2 inhibits apoptotic cell death of human osteoblasts induced by Fas, proteasome inhibitor, etoposide, and staurosporine. J. Lab. Clin. Med.. 2000.09; 136 (3): 181-193. ( PubMed, DOI )

  77. K Kanaoka, Y Kobayashi, F Hashimoto, T Nakashima, M Shibata, K Kobayashi, Y Kato, H Sakai. A common downstream signaling activity of osteoclast survival factors that prevent nitric oxide-promoted osteoclast apoptosis. Endocrinology. 2000.08; 141 (8): 2995-3005. ( PubMed, DOI )

  78. A Hida, A Kawakami, T Nakashima, S Yamasaki, H Sakai, S Urayama, H Ida, H Nakamura, K Migita, Y Kawabe, K Eguchi. Nuclear factor-kappaB and caspases co-operatively regulate the activation and apoptosis of human macrophages. Immunology. 2000.04; 99 (4): 553-560. ( PubMed )

  79. A Kawakami, N Matsuoka, M Tsuboi, T Koji, S Urayama, N Sera, A Hida, T Usa, H Kimura, N Yokoyama, T Nakashima, N Ishikawa, K Ito, Y Kawabe, K Eguchi. CD4+ T cell-mediated cytotoxicity toward thyrocytes: the importance of Fas/Fas ligand interaction inducing apoptosis of thyrocytes and the inhibitory effect of thyroid-stimulating hormone. Lab. Invest.. 2000.04; 80 (4): 471-484. ( PubMed )

  80. T Origuchi, K Migita, T Nakashima, M Tominaga, H Nakamura, M Nakashima, T Aoyagi, A Kawakami, Y Kawabe, K Eguchi. IL-1-mediated expression of membrane type matrix-metalloproteinase in rheumatoid osteoblasts. Clin. Exp. Rheumatol.. 2000; 18 (3): 333-339. ( PubMed )

  81. A Kawakami, T Nakashima, H Sakai, S Urayama, S Yamasaki, A Hida, M Tsuboi, H Nakamura, H Ida, K Migita, Y Kawabe, K Eguchi. Inhibition of caspase cascade by HTLV-I tax through induction of NF-kappaB nuclear translocation. Blood. 1999.12; 94 (11): 3847-3854. ( PubMed )

  82. A Kawakami, T Nakashima, H Sakai, A Hida, S Urayama, S Yamasaki, H Nakamura, H Ida, Y Ichinose, T Aoyagi, I Furuichi, M Nakashima, K Migita, Y Kawabe, K Eguchi. Regulation of synovial cell apoptosis by proteasome inhibitor. Arthritis Rheum.. 1999.11; 42 (11): 2440-2448. ( PubMed, DOI )

  83. Y Shima, K Nakao, T Nakashima, A Kawakami, K Nakata, K Hamasaki, Y Kato, K Eguchi, N Ishii. Activation of caspase-8 in transforming growth factor-beta-induced apoptosis of human hepatoma cells. Hepatology. 1999.11; 30 (5): 1215-1222. ( PubMed, DOI )

  84. M Tsuboi, A Kawakami, T Nakashima, N Matsuoka, S Urayama, Y Kawabe, K Fujiyama, T Kiriyama, T Aoyagi, K Maeda, K Eguchi. Tumor necrosis factor-alpha and interleukin-1beta increase the Fas-mediated apoptosis of human osteoblasts. J. Lab. Clin. Med.. 1999.09; 134 (3): 222-231. ( PubMed )

  85. A Kawakami, M Tsuboi, S Urayama, N Matsuoka, S Yamasaki, A Hida, T Aoyagi, I Furuichi, T Nakashima, K Migita, Y Kawabe, M Nakashima, T Origuchi, K Eguchi. Inhibitory effect of a new anti-rheumatic drug T-614 on costimulatory molecule expression, cytokine production, and antigen presentation by synovial cells. J. Lab. Clin. Med.. 1999.06; 133 (6): 566-574. ( PubMed )

  86. A Kawakami, K Eguchi, N Matsuoka, M Tsuboi, T Koji, S Urayama, T Nakashima, Y Kawabe, S Nagataki. Expression and function of Fas and Fas ligand on peripheral blood lymphocytes in normal subjects. J. Lab. Clin. Med.. 1998.11; 132 (5): 404-413. ( PubMed )

  87. A Kawakami, N Matsuoka, M Tsuboi, S Urayama, T Nakashima, Y Kawabe, T Koji, T Aoyagi, K Maeda, K Eguchi. CD4+ T-cell-mediated cytotoxicity against staphylococcal enterotoxin B-pulsed synovial cells. Immunology. 1998.09; 95 (1): 38-46. ( PubMed )

  88. A Kawakami, T Nakashima, M Tsuboi, S Urayama, N Matsuoka, H Ida, Y Kawabe, H Sakai, K Migita, T Aoyagi, M Nakashima, K Maeda, K Eguchi. Insulin-like growth factor I stimulates proliferation and Fas-mediated apoptosis of human osteoblasts. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 1998.06; 247 (1): 46-51. ( PubMed, DOI )

  89. T Nakashima, H Sasaki, M Tsuboi, A Kawakami, K Fujiyama, T Kiriyama, K Eguchi, M Ichikawa, S Nagataki. Inhibitory effect of glucocorticoid for osteoblast apoptosis induced by activated peripheral blood mononuclear cells. Endocrinology. 1998.04; 139 (4): 2032-2040. ( PubMed, DOI )

  90. T Kamiya, Y Kobayashi, K Kanaoka, T Nakashima, Y Kato, A Mizuno, H Sakai. Fluorescence microscopic demonstration of cathepsin K activity as the major lysosomal cysteine proteinase in osteoclasts. J. Biochem.. 1998.04; 123 (4): 752-759. ( PubMed )

  91. S Urayama, A Kawakami, N Matsuoka, M Tsuboi, T Nakashima, Y Kawabe, T Koji, K Eguchi. Fas/Fas ligand interaction regulates cytotoxicity of CD4+ T cells against staphylococcal enterotoxin B-pulsed endothelial cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 1997.10; 239 (3): 782-788. ( PubMed, DOI )

  92. A Kawakami, K Eguchi, N Matsuoka, M Tsuboi, T Koji, S Urayama, K Fujiyama, T Kiriyama, T Nakashima, P K Nakane, S Nagataki. Fas and Fas ligand interaction is necessary for human osteoblast apoptosis. J. Bone Miner. Res.. 1997.10; 12 (10): 1637-1646. ( PubMed, DOI )

  93. 小野岳人、中島友紀. 骨による心身の健康の維持 FOOD STYLE21. 2021.08; 25 (8): 34-37.

  94. 林幹人、中島友紀. 骨代謝調節機構 日本臨牀. 2020.12; 78 (12): 1990-1997.

  95. 中島友紀. スクレロスチンと力学的負荷 ファーマナビゲーター 抗スクレロスチン抗体編. 2020.08; 50-61.

  96. 中島友紀. スクレロスチンの遺伝子改変マウス ファーマナビゲーター 抗スクレロスチン抗体編. 2020.08; 82-89.

  97. 中島友紀. 骨恒常性をつかさどる骨リモデリングの制御機構 糖尿病・内分泌代謝科. 2020.07; 51 (1): 47-52.

  98. 中島友紀. 骨恒常性とその破綻を司るメカノバイオロジー 実験医学. 2020.04; 38 (7): 1120-1128.

  99. 中島友紀. 骨におけるメカノ・センシングとレスポンス 細胞. 2019.10; 51 (13): 654-658.

  100. 林幹人、中島友紀、高柳広. 骨細胞が産生するSema3Aはエストロゲンの作用を調整し骨老化を制御する 実験医学. 2019.05; 37 (9): 1464-1467.

  101. Mikihito Hayashi, Tomoki Nakashima. The bone and Wnt signaling : overview Clin Calcium. 2019.04; 29 (3): 277-282. ( PubMed, DOI )

  102. 中島友紀、小野岳人、林幹人. 運動器産生分子がつなぐ臓器連環と動的恒常性 実験医学(増刊). 2019.04; 37 (7): 141-148.

  103. 中島友紀、松本俊夫. Wntシグナルが紡ぎ出す骨生物学とその医療応用 巻頭言 CLINICAL CALCIUM. 2019.03; 29 (3): 275-276.

  104. 中島友紀. 骨と筋肉の恒常性と全身性制御 実験医学(増刊号). 2018.05; 36 (7): 1205-1211.

  105. Tomoki Nakashima. Molecular mechanism of bone metabolism and future therapeutic strategies. Clin Calcium. 2018.03; 28 (3): 344-352. ( PubMed, DOI )

  106. Takehito Ono, Tomoki Nakashima. Exercise and brain function Clin Calcium. 2018.01; 28 (1): 57-64. ( PubMed, DOI )

  107. 権藤理夢、中島友紀. 骨細胞:骨代謝の司令塔 分子リウマチ治療. 2017.11; 11 (1): 29-32.

  108. 中島友紀. 骨恒常性とメカノバイオロジー VIVA ORTHO. 2017.08; 90 8.

  109. 中島友紀. RANKL Biology-骨研究を越えて! 腎と骨代謝. 2017.07; 30 (3): 165-166.

  110. 中島友紀. Myostatinによる破骨細胞分化と関節炎症への関与 リウマチ科. 2017.02; 57 (2): 195-198.

  111. Tomoki Nakashima. 骨代謝とメカノバイオロジー Clin Calcium. 2016.12; 26 (12): 1685-1695. ( PubMed, DOI )

  112. Mikihito Hayashi, Tomoki Nakashima. セマフォリンと骨粗鬆症 Clin Calcium. 2016.10; 26 (10): 1419-1427. ( PubMed, DOI )

  113. 林幹人、中島友紀. セマフォリンシグナルによる骨リモデリング制御 THE BONE. 2016.08; 30 (2): 151-156.

  114. Tomoki Nakashima. RANKL Biology ~Beyond the bone biology~ Clin Calcium. 2016.08; 26 (8): 1135-1142. ( PubMed, DOI )

  115. 中島友紀. 骨粗鬆症~骨の恒常性と破綻~ 医学のあゆみ. 2016.06; 257 (10): 985-991.

  116. 中島友紀. RANKL/OPGの産生細胞 ファーマナビゲーター 抗RANKL抗体編 . 2016.04; 60-69.

  117. 中島友紀. 骨細胞による破骨細胞分化の制御機構 骨・臓器ネットワークとオステサイト. 2016.02; 44-53.

  118. 中島友紀. 骨リモデリングと歯周組織の恒常性 Clin Calcium. 2015.08; 25 (8): 1220-1228. ( PubMed, DOI )

  119. 中島友紀. 骨研究の最前線〜骨を基軸とした多臓器連関システム FOOD STYLE21. 2015.06; 19 (6): 44-47.

  120. 中島友紀. RANKL/RANK/OPG 骨ぺディア. 2015.04; 124-125.

  121. 中島友紀. 骨破壊におけるRANK/RANKL 分子リウマチ治療. 2015.03; 8 (3): 44-48.

  122. 中島友紀. 破骨細胞研究と骨免疫学 日本臨床免疫学会会誌. 2015.01; 38 (1): 17-25.

  123. 中島友紀. 骨細胞の多彩な機能 Clin Calcium. 2015.01; 25 (6): 899-905. ( PubMed, DOI )

  124. 中島友紀. 骨細胞による骨リモデリングの制御 Clin Calcium. 2015.01; 25 (1): 21-28. ( PubMed, DOI )

  125. 中島友紀. 骨細胞による骨代謝調整 Bio Clinica. 2015; 30 (1): 28-32.

  126. 中島友紀. 骨転移とRANKL Clin Calcium. 2014.08; 24 (8): 1201-1208. ( PubMed, DOI )

  127. 中島友紀. 骨構成細胞のカップリングとコミュニケーション Clin Calcium. 2014.06; 24 (6): 853-861. ( PubMed, DOI )

  128. 林幹人、中島友紀. 造血系細胞から分化する破骨細胞分化制御 Clin Calcium. 2014.04; 24 (4): 487-500. ( PubMed, DOI )

  129. 中島友紀. 破骨細胞研究からみた骨破壊治療の新展開 リウマチ科. 2014; 52 (6): 655-662.

  130. 中島友紀. 乳癌の骨転移病変とRANKL 腎と骨代謝 . 2014; 27 15-23.

  131. 中島友紀. 骨細胞による骨制御 腎と骨代謝 . 2014; 27 (2): 136-146.

  132. 中島友紀. RANKLの多彩な作用 実験医学(増刊). 2014; 32 (7): 43-52.

  133. 中島友紀. 骨細胞−骨代謝の司令塔 腎と骨代謝 . 2014; 27 (3): 191-197.

  134. 中島友紀. 骨細胞による骨リモデリングの制御 Current Therapy. 2014; 32 (10): 1015-1020.

  135. 中島友紀. 骨と筋肉との相互連関 Medical Practice. 2014; 31 (12): 1945-1948.

  136. 中島友紀. ストレスと骨の細胞間コミュニケーション Clin Calcium. 2013.11; 23 (11): 1595-1603. ( PubMed, DOI )

  137. 中島友紀. 骨構成細胞による骨恒常性の制御 Clin Calcium. 2013.02; 23 (2): 218-228. ( PubMed, DOI )

  138. 中島友紀. ビタミンDと骨免疫学 ビタミンDと疾患. 2013; 100-108.

  139. 1中島友紀、林幹人、高柳広:. 骨細胞による骨吸収調節機構  日本臨床 増刊号. 2013; 71 (4): 121-125.

  140. 中島友紀、林幹人、高柳広. 骨細胞による骨恒常性の制御 Medical Science Digest. 2013; 39 (8): 353-356.

  141. 中島友紀. 骨細胞による骨吸収制御 THE BONE. 2013; 27 (3): 49-57.

  142. 中島友紀. 乳癌細胞の進展のメカニズムとRANKL 癌と骨 . 2013; 87-94.

  143. 林幹人、中島友紀、高柳広. セマフォリンシグナルによる骨代謝調節 THE BONE. 2013; 24 (4): 379-383.

  144. 中島友紀、高柳広:. 骨吸収作用 ファーマナビゲーターPTH編 . 2013; 46-54.

  145. 林幹人、中島友紀、高柳広. セマフォリンによる骨代謝  実験医学. 2013; 31 (4): 510-514.

  146. 林幹人、中島友紀、高柳広. セマフォリンによる骨代謝  内科 . 2013; 111 (4): 711-715.

  147. 中島友紀、林幹人、高柳広. 骨リモデリングの制御機構 実験医学. 2013; 31 (6): 842-848.

  148. 林幹人、中島友紀、高柳広. セマフォリンによる骨代謝 Clin Calcium. 2012.11; 22 (11): 1693-1699. ( PubMed, DOI )

  149. 骨細胞による骨吸収制御 Clin Calcium. 2012.05; 22 (5): 685-696. ( PubMed, DOI )

  150. 中島友紀、高柳広. 骨を作りか変える指令細胞の発見  整形外科 . 2012; 63 (1): 50.

  151. 中島友紀. 骨細胞による骨恒常性の制御  リウマチ科. 2012; 48 (3): 352-361.

  152. 林幹人、中島友紀、高柳広. Semaphorinシグナルによる骨代謝  アンチ・エイジング医学. 2012; 8 (5): 704-709.

  153. 中島友紀、高柳広. 関節リウマチ骨破壊のメカニズム Jpn J Rehabil Med. 2012; 49 (10): 683-689.

  154. 中島友紀. 骨細胞による骨リモデリング制御 THE BONE. 2012; 26 (3): 5-10.

  155. 中島友紀、林幹人、高柳広. 骨細胞と骨リモデリング  リウマチ科. 2012; 47 (5): 530-537.

  156. 中島友紀、林幹人、高柳広. 骨細胞による破骨細胞形成の制御機構  内分泌・糖尿病・代謝内科. 2012; 34 (5): 457-464.

  157. 林幹人、中島友紀、高柳広. 骨リモデリングの制御機構  細胞. 2012; 44 (7): 8-11.

  158. 中島友紀、高柳広. 破骨細胞分化における正と負の転写制御  炎症と免疫. 2012; 20 (3): 227-233.

  159. 中島友紀、高柳広. 骨免疫学からみたRA治療の新展開  最新医学. 2012; 62 (2): 203-211.

  160. 中島友紀、林幹人、高柳広. 骨疾患の治療標的としてのWnt シグナル リウマチ科. 2012; 48 (3): 363-368.

  161. 中島友紀、高柳広. 骨代謝における骨細胞の新たな役割  Medical Practice. 2012; 29 (11): 1925-1928.

  162. 中島友紀、林幹人、高柳広. 破骨細胞の分化制御と骨免疫学 Clin Calcium. 2011.12; 21 (12): 93-102. ( PubMed, DOI )

  163. 中島友紀、高柳広. RANKLシグナルと骨免疫学 Clin Calcium. 2011.08; 21 (8): 1131-1140. ( PubMed, DOI )

  164. 中島友紀、高柳広. 骨免疫学から見た生物学的製剤療法と新展開  骨粗鬆症治療. 2011; 10 (1): 53-59.

  165. 中島友紀、高柳広. 免疫系と破骨細胞 細胞工学. 2011; 30 (3): 250-258.

  166. 中島友紀、高柳広. 骨破壊制御の新たなアプローチ 医薬ジャーナル . 2009; 45 (10): 87-92.

  167. 林幹人、中島友紀、高柳広. 免疫と骨:骨免疫学Osteoimmunologyの幕開け 臨床検査. 2008; 52 (5): 556-560.

  168. 中島友紀、高柳広. 骨免疫学の最先端 Mebio . 2008; 25 (8): 24-35.

  169. 中島友紀、高柳広. 破骨細胞と免疫系 生体と科学 . 2007; 58 (3): 196-204.

  170. 中島友紀、高柳広. Osteoimmunology – 破骨細胞の誘導と炎症 整形外科 . 2007; 58 (12): 1615-1624.

  171. 中島友紀、Josef PENNINGER :. がん細胞の遊走、骨転移を制御するRANKL 実験医学. 2006; 24 1777-1780.

  172. 和田悌司、中島友紀、仁科博史、Josef PENNINGER:. アダプター分子Gab2は骨密度を制御する 細胞工学. 2005; 24 704-705.

  173. 中島友紀. 破骨細胞分化因子 (RANKL) の可溶化のメカニズム THE BONE. 2001; 15 53-59.

  174. 中島友紀 . Receptor activator of NF-kB ligand (RANKL) の細胞膜からの遊離とcytokineによるその制御 日本骨代謝学会雑誌. 2001; 19 24-27.

  175. 中島友紀、川上純、江口勝美、北島勲. 骨形成系骨芽細胞のアポトーシス THE BONE. 1999; 13 65-72.

  176. 中島友紀. 骨細胞研究の最前線 THE BONE. 2019.05; 33 (1): 63-71.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 小野岳人、傳田良亮、権藤理夢、河崎万鈴、木下佑理、中島友紀. ケミカルライブラリーを用いた新規スクリーニング法による運動器疾患の治療薬探索. 第4回日本骨免疫学会 2018.06.24 沖縄

  2. Tomoki Nakashima. Bone homeostasis and mechanomedicine. 第95回 日本生理学会 2018.03.29 高松

  3. Tomoki Nakashima. Bone homeostasis and mechano-biology. The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2017.03.28 Hamamatsu

  4. Tomoki Nakashima . Regulation of bone remodeling . 3nd Seoul Symposium on Bone Health KSBMR-JSBMR joint symposium 2015.05.27 Seoul

  5. M. Hayashi, T. Nakashima, and H. Takayanagi. Regulation of bone metabolism by Semaphorin 3A derived from osteoblastlineage cells.. ASBMR 2014 Annual Meeting 2014.09.13

  6. Tomoki Nakashima. Young investigator workshop1:Experience of doing a postdoc.. 国際骨代謝学会・日本骨代謝学会第2回 合同国際会議(IBMS-JSBMR 2013) 2013.05.28

  7. Tomoki Nakashima. Regulation of bone remodeling by osteocytes. . 第22回国際リウマチシンポジウム/第57回日本リウマチ学会 2013.04.19

  8. Tomoki Nakashima, Mikihito Hayashi, Hiroshi Takayanagi . Osteocyte-derived RANKL in bone remodeling. ASBMR 2012 Annual Meeting 2012.09.13

  9. Osteocyte-derived RANKL in bone remodeling.. ASBMR 2012 Annual Meeting 2012.09.12

  10. Tomoki Nakashima . Osteoprotection by semaphoring 3A. 22nd Annual Scientific Meeting ANZBMS and Asia-Pacific Bone and Mineral Research Meeting. 2012.09.03 Australia

  11. Tomoki Nakashima, Mikihito Hayashi, Hiroshi Takayanagi. Osteocyte-derived RANKL in bone metabolism.. International Conference on Osteoimmunology. 2012.06.20 Greece

  12. Tomoki Nakashima. The crucial role of osteocyte-derived RANKL in bone homeostasis. . 1st Bio-Rheumatology International Congress (BRIC2011), 8th GARN Meeting. 2011.11.15

  13. Tomoki Nakashima. The crucial role of osteocyte-derived RANKL in bone homeostasis. . 2nd Tokyo-Shanghai Workshop on Rheumatology 2011 2011.11.15

  14. Tomoki Nakashima . Regulation of bone remodeling by osteoclastogenesis. . 7th Meeting of Bone Biology Forum. 2010.08.21 Shizuoka

  15. Tomoki Nakashima, Mikihito Hayashi, Hiroshi Takayanagi.. Identification of novel genes regulated by NFATc1 in osteoclastogenesis.. The 26th Naito Conference on "Osteobiology" 2009.11.04

  16. Mikihito Hayashi, Tomoki Nakashima, Noriko Toyama-Sorimachi, Hiroshi Takayanagi. . Ly49Q, an ITIM-bearing NK receptor, positively regulates osteoclast differentiation. . 3rd International Conference on Osteoimmunology 2009.06.04

  17. T, Nakashima. The crucial role of RANKL in bone loss and cancer metastasis. . he 13th Congress of the Asia Pacific League of Associations for Rheumatology (APLAR 2008). 2008.09.26

  18. A. Suematsu, Y. Tajiri, T, Nakashima, S. Ochi, H. Oda, K. Nakamura, S. Tanaka, H. Takayanagi. Effect of combined use of anti-rheumatic drugs on osteoclast differentiation. . The 13th Congress of the Asia Pacific League of Associations for Rheumatology (APLAR 2008) 2008.09.24

  19. M. Hayashi, T, Nakashima, H. Takayanagi. NFATc1-dependent programme of osteoclast differentiation and function. . The 13th Congress of the Asia Pacific League of Associations for Rheumatology (APLAR 2008). 2008.09.24

  20. H. Inoue, T, Nakashima, A. Iwamatsu, A. Suematsu, A. Yamaguchi, H. Takayanagi. Novel Screening System for Bone Matrix Proteins That Control Bone Mineralization . ASBMR 2008 Annual Meeting 2008.09.12

  21. 中島友紀  . RANKLの役割. 第25回内分泌・代謝学サマーセミナー  2007.07.17 兵庫

  22. 中島友紀. 骨恒常性の制御機構の解明. 2021年度徳島大学大学院 骨・Caクラスター・ミニリトリート 2022.02.18 徳島(オンライン開催)

  23. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構の解明. 第10回県央骨粗鬆症研究会 2021.11.25 神奈川

  24. 中島友紀. 骨恒常性の制御機構の解明. 第80回日本矯正歯科学会・第5回国際会議 2021.11.05 横浜

  25. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構. 第36回日本整形外科学基礎学術集会 シンポジウム 2021.10.14 三重(オンライン開催)

  26. 中島友紀. 性ホルモン欠乏性骨粗鬆症の発症メカニズムと最先端治療戦略の確立. 第23回日本骨粗鬆症学会・第39回日本骨代謝学会 合同シンポジウム 2021.10.08 神戸(オンライン開催)

  27. 中島友紀. 骨細胞が、力を感じて応える仕組み. 第39回日本骨代謝学会 シンポジウム 2021.10.08 神戸(オンライン開催)

  28. 中島友紀. 骨恒常性の制御機構の解明. 東京骨関節フォーラム 2021.07.10 東京(オンライン開催)

  29. 中島友紀. 骨恒常性の制御機構. 第42回日本炎症・再生医学会 2021.07.08 東京(オンライン開催)

  30. 林幹人、土谷洋輔、中島友紀. ロイヤルゼリーに含まれる10H2DAはFFAR4を介してNF-kB活性化と破骨細胞を抑制することで閉経後骨粗鬆症モデルマウスにおける骨量を維持する. 第42回日本炎症・再生医学会 2021.07.07 東京(オンライン開催)

  31. 中島友紀. 骨細胞と骨リモデリング. 第41回日本骨形態計測学会 2021.07.03 東京

  32. 山下祐、林幹人、中島友紀. 骨芽細胞由来Sema3Aはアンドロゲン非依存的に骨恒常性を制御する. 第6回日本骨免疫学会 2021.07.01 沖縄(オンライン開催) 

  33. 岡本一男、中島友紀、高柳広. 血球系細胞におけるカルシウム結合タンパク質Efpの機能解. 第6回日本骨免疫学会 2021.07.01

  34. 林幹人、土谷洋輔、永松剛、中島友紀. ロイヤルゼリー構成成分10H2DAはFFAR4を介してNF-kB抑制による骨量減少を抑制する. 第6回日本骨免疫学会 2021.06.30 沖縄(オンライン開催) 

  35. 中島友紀. 運動器の基軸である骨と筋肉による臓器連環. 第21回日本抗加齢医学会 2021.06.25

  36. 中島友紀. サイトカインによる骨リモデリングの制御機構. 第65回日本リウマチ学会総会・学術集会 2021.04.27 神戸 (オンライン開催)

  37. 中島友紀. 骨量減少を抑制する脂肪酸の発見. 2020年度生理研究所研究会「運動器/代謝系連関による生体機能制御とその変容の仕組み」 2020.12.20 愛知 (オンライン開催)

  38. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構の解明. Novartis Basic Immuno-Academy 2020.12.11 東京 (Web Live講演会)

  39. 中島友紀. Wntシグナルと骨細胞:オーバービュー. 第22回日本骨粗鬆症学会・第38回日本骨代謝学会 合同シンポジウム 2020.10.11 神戸(オンライン大会)

  40. 中島友紀. 骨恒常性とメカノバイオロジー. 第59回日本生体医工学学会 オンライン大会 2020.05.27 岡山(オンライン大会)

  41. 中島友紀. 骨恒常性の制御機構の解明. 第20回フレキシブル医療IT研究会 2019.11.25

  42. 中島友紀. セマフォリンと骨恒常性. 第34回日本整形外科学基礎学術集会 2019.10.18 横浜

  43. 中島友紀. 基礎研究から観る骨代謝研究の最前線. 第37回日本骨代謝学会 2019.10.12 神戸

  44. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構の解明. 令和元年生理研究所研究会 2019.09.21 愛知

  45. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構の解明. 第20回運動器科学研究会 2019.09.06

  46. 佐々木文之、林幹人、中島友紀. 骨メカニカルストレス受容機構の解明を目指して. 第5回日本骨免疫学会 2019.06.25

  47. 中島友紀. 骨老化の制御機構. 第42回日本基礎老化学会 2019.06.08 仙台

  48. 中島友紀. 骨保護因子セマフォリン3Aの発見による新規骨疾患治療法と骨健康マーカーの分子基盤の確立. TOBIRA 第8回研究交流フォーラム 2019.05.10 東京

  49. 中島友紀. 骨細胞による骨リモデリングの制御. 第39回ROD-21研究会 2019.01.26 横浜

  50. 中島友紀. ステロイド性骨粗鬆症の発症メカニズム. 第20回日本骨粗鬆症学会 2018.10.27 長崎

  51. 中島友紀. 骨細胞による骨リモデリングの制御. 第60回歯科基礎医学会 2018.09.06 福岡

  52. 中島友紀. RANKL Biology -骨代謝研究を越えて-. 第39回 日本炎症・再生医学会 2018.07.12 東京

  53. 林幹人、中島友紀. 破骨細胞分化と骨芽細胞分化を正に制御し骨代謝回転を決定づける新規因子の同定. 第4回日本骨免疫学会 2018.06.25

  54. 小松紀子、Lynett Danka、中島友紀、高柳広. RANKLを発現する滑膜線維芽細胞の関節炎の骨破壊における意義. 第4回日本骨免疫学会 2018.06.25 沖縄

  55. 塚崎雅之、小松紀子、中島友紀、高柳広. 骨破壊性T細胞による生体制御. 第4回日本骨免疫学会 2018.06.25 沖縄

  56. 寺島明日香、井上真以亜、岡本一男、古賀貴子、中島友紀. NKT細胞の初期分化に必須な制御因子の同定. 第4回日本骨免疫学会 2018.06.24 沖縄

  57. 中島友紀. 骨恒常性の制御機構. 第16回 ナノ学会 2018.05.10 東京

  58. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構. 第15回線維化病態研究会 2018.02.19 東京

  59. 中島友紀. 骨細胞による骨代謝制御. 第5回臨床骨ネットワーク研究会 2018.02.18 東京

  60. 中島友紀. RANKL Biology -骨研究を越えて-. 抗RANKL抗体 Up to Date in Saitama 2018.02.07 埼玉

  61. 中島友紀. RANKL Biology骨研究を越えて. 第24回徳島骨代謝研究会 2017.11.30 徳島

  62. 中島友紀. 骨細胞による骨リモデリングの制御機構. 第59回歯科基礎医学会アップデートシンポジウム 2017.09.16 松本

  63. 中島友紀. 骨恒常性のバイオロジー. 第3回日本筋学会 2017.09.05 東京

  64. 中島友紀. マウスジェネティクスを基盤とした骨疾患解析. New Insights of Molecular Genetics on Growth Disorders 2017.07.01 東京

  65. 永島一樹、澤新一郎、新田剛、中島友紀、高柳広. IgA産生と腸管細菌叢の多様性を制御する新規間葉系細胞の同定. 第3回日本骨免疫学会 2017.06.29 沖縄

  66. 林幹人、中島友紀、高柳広. 骨細胞でのSema3a-Nrp1による自己調節を介した骨代謝制御. 第3回日本骨免疫学会 2017.06.29 沖縄

  67. 岡本一男、井上真似亜、中島友紀、高柳広. EF-handタンパク質Efpによる赤血球分化制御. 第3回日本骨免疫学会 2017.06.28 沖縄

  68. 塚崎雅之、小松紀子、中島友紀、高柳広. 歯周病におけるFoxp3陽性T細胞の分化可塑性の役割. 第3回日本骨免疫学会 2017.06.27 沖縄

  69. 中島友紀. RANKL Biology -骨研究を越えて-. Rheumatology Bone Seminar in Okayama 2017.06.01 岡山

  70. 中島友紀. 骨恒常性とメカノバイオロジー. 第56回 日本生体医工学会 2017.05.04 仙台

  71. 中島友紀. RANKL Biology. 第3回 病因研究会別府シンポジウム 2017.03.05 大分

  72. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構の解明. 第6回徳島骨カルシウム懇話会 2017.02.23 徳島

  73. 中島友紀. 骨代謝を制御する骨リモデリングの制御機構. 第16回Niigata Bone Research Conference 2017.02.17 新潟

  74. 中島友紀. RANKL Biology -骨破壊から新たな制御システムまで-. 日本リウマチ学会 全国中央教育研修会大阪大会 2016.12.04 大阪

  75. 中島友紀. 骨細胞による骨リモデリングの制御. 第43回日本臨床バイオメカニクス学会 2016.10.08 札幌

  76. 中島友紀. RANKL Biology -骨破壊から新たな制御システムまで-. 日本リウマチ学会 全国中央教育研修会東京大会 2016.08.28 東京

  77. 中島友紀. ビタミンDと骨細胞. Neo VitaminD Workshop 学術集会 2016.08.27 東京

  78. 福島由佳乃、井上維、小野岳人、和気弘明、小野卓史、中島友紀. 咀嚼刺激低下は顎口腔組織の成長を抑制し記憶学習障害を誘発する. 第58回歯科基礎医学会 2016.08.25 札幌

  79. 庄司あゆみ、小野岳人、森山啓司、中島友紀. 歯の矯正学的移動における歯槽骨リモデリングの制御機構の解析. 第58回歯科基礎医学会 2016.08.25 札幌

  80. 中島友紀. RANKLを標的とした治療戦略. 第34回日本骨代謝学会 日本リウマチ学会合同シンポジウム 2016.07.22 大阪

  81. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構. 第2回日本骨免疫学会 2016.07.08

  82. 小松紀子、Lynett Dank、中島友紀、高柳広. 自己免疫関節炎における免疫系による破骨細胞の分化誘導機構. 第2回日本骨免疫学会 2016.07.07 沖縄

  83. 寺島明日香、岡本一男、中島友紀、高柳広. 敗血症において骨芽細胞の消失が免疫不全を誘発する. 第2回日本骨免疫学会 2016.07.07 沖縄

  84. 福島由佳乃、井上維、小野岳人、和気弘明、小野卓史、中島友紀. 咀嚼機能と高次脳機能の連関システムの解析. 第2回日本骨免疫学会 2016.07.07 沖縄

  85. 小野岳人、岡本一男、中島友紀、新田剛、高柳広. γδT細胞によるIL-17を介した骨再生促進作用. 第2回日本骨免疫学会 2016.07.07 沖縄

  86. 庄司あゆみ、小野岳人、森山啓司、中島友紀. 歯の矯正学的移動における歯槽骨リモデリングの制御機構の解析. 第2回日本骨免疫学会 2016.07.06

  87. 塚崎雅之、小松紀子、中島友紀、高柳広. 新規Th17細胞サブセットの歯周炎における役割. 第2回日本骨免疫学会 2016.07.06

  88. 中村春彦、中島友紀、林幹人、高柳広、田中栄. 破骨細胞分化においてヒストン修飾により制御される遺伝子Msi2の解析. 第2回日本骨免疫学会 2016.07.06 沖縄

  89. 中島友紀. RANKL Biology -骨破壊から新たな制御システムまで-. 第60回日本リウマチ学会総会 アニュアルコースレクチャー 2016.04.24

  90. 中島友紀. セマフォリンによる骨リモデリングの制御. 第89回日本薬理学会年会 2016.03.09 横浜

  91. 中島友紀. RANKL Biology. 日本リウマチ学会 ベーシックリサーチカンファレン 2015.10.03

  92. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構. 第57回歯科基礎医学会 日本学術会議シンポジウム 2015.09.13 新潟

  93. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構の解明. 第33回 日本骨代謝学会 2015.07.24 東京

  94. 岡本一男、井上真以亜、林幹人、中島友紀、高柳広. EF-hand タンパク質Efpによる破骨細胞分化と赤血球生成. 第36回 日本炎症・再生医学会 2015.07.22 東京

  95. 井上真以亜、岡本一男、中島友紀、高柳広. T細胞発生におけるEF-handタンパク質Efpの役割. 第36回 日本炎症・再生医学会 2015.07.22

  96. 小松紀子、Lynett Dank、岡本一男、中島友紀、高柳広. 関節炎におけるT細胞による破骨細胞の分化制御. 第36回 日本炎症・再生医学会 2015.07.22 東京

  97. 永島一樹、澤新一郎、中島友紀、高柳広. 腸管RANKL発現間葉系細胞はM細胞分化を誘導しIgA産生を制御する. 第1回骨免疫学会 2015.07.01 沖縄

  98. 中島友紀. 骨破壊を司る破骨細胞の制御機構. 第1回骨免疫学会 日本炎症再生医学会共催セミナー 2015.07.01 沖縄

  99. 林幹人、中島友紀、高柳広. 骨細胞が産生するSema3A による骨代謝制御. 第1回骨免疫学会 2015.07.01 沖縄

  100. 中村春彦、中島友紀、林幹人、高柳広、田中栄. 破骨細胞分化においてヒストン修飾が活性型に変化する遺伝子Pcdh7の解析. 第1回骨免疫学会 2015.07.01 沖縄

  101. 井上真以亜、岡本一男、中島友紀、高柳広. T細胞発生におけるCa結合タンパク質Efpの重要性. 第1回骨免疫学会  2015.06.30 沖縄

  102. 岡本一男、井上真以亜、林幹人、中島友紀、高柳広. Ca結合タンパク質Efpによる赤血球生成. 第1回骨免疫学会 2015.06.30 沖縄

  103. 中島友紀 . 骨を基軸とした多臓器連関(オステオネッオワーク). 12th Asia Congress of Nutrition/第69回日本栄養・食料学会 2015.05.16 横浜

  104. 中島友紀  . 破骨細胞を起点とした骨破壊の制御機構. 骨破壊メカニズムを考える会 2015.03.25 埼玉

  105. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構の解明. 第54回22世紀医療センター産学連携メディカルフロンティアセミナー 2015.02.26

  106. 中島友紀. 骨免疫学の開拓と治療への応用. JBAバイオセミナー 2015.01.20 東京

  107. 林幹人、中島友紀、高柳広. Sema3Aによる骨代謝制御. 第87回日本生化学会大会 2014.10.16 京都

  108. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構と創薬標的. 第2回川越骨代謝セミナー 2014.10.10 埼玉

  109. Tomoki Nakashima. RANKL Biology. 第32回日本骨代謝学会 日韓合同シンポジウム 2014.07.26 大阪

  110. 中島友紀. 炎症と骨破壊. 第32回日本骨代謝学会 日本リウマチ学会合同シンポジウム 2014.07.25

  111. 中島友紀. 骨と運動器の連環システム. 第32回日本骨代謝学会 2014.07.24

  112. 中村春彦、中島友紀、林幹人、高柳広、田中栄. 破骨細胞分化にともないヒストン修飾が活性型に変化する遺伝子群の解析. 第1回日本骨免疫会議  2014.07.05

  113. Lynett Danks,Noriko Komatsu,Shinichiro Sawa,Tomoki Nakashima,Hiroshi Takayanagi. RANKL expressed on synovial fibroblasts rather than on T-cells contributes to osteoclast erosions in the inflamed joint. 第1回日本骨免疫会議  2014.07.04 沖縄

  114. 寺島明日香、岡本一男、中島友紀、高柳広. 骨細胞除去マウスの免疫細胞への影響. 第1回日本骨免疫会議  2014.07.04 沖縄

  115. 小松紀子、岡本一男、澤新一郎、中島友紀、田中 栄、高柳広. Foxp3 陽性T 細胞から分化したTh17 細胞の自己免疫性関節炎における重要性. 第35回 日本炎症・再生医学会  2014.07.02 沖縄

  116. 林幹人、中島友紀、高柳広. Sema3A による骨代謝制御. 第35回 日本炎症・再生医学会  2014.07.02 沖縄

  117. 中村春彦、中島友紀、林幹人、高柳広、田中栄. 破骨細胞分化においてRANKL により活性化される遺伝子群の解析. 第35回 日本炎症・再生医学会  2014.07.02 沖縄

  118. 澤新一郎、永島一樹、中島友紀、高柳広. リンパ節形成におけるRANKL 発現細胞の機能解析. 第35回 日本炎症・再生医学会  2014.07.02 沖縄

  119. Guerrini Matteo、岡本一男、中島 友紀、高柳広. T 細胞上のRANKL は実験的自己免疫性脳脊髄炎におけるT 細胞の中枢神経組織浸潤に関わる. 第35回 日本炎症・再生医学会  2014.07.02 沖縄

  120. 岡本一男、林幹人、中島友紀、高柳広. EF-hand タンパク質を介した破骨細胞分化と赤血球生成制御. 第35回 日本炎症・再生医学会  2014.07.01 沖縄

  121. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構の解明. 阿波いちないフォーラム2013 2013.10.23

  122. 中島友紀. 骨細胞による骨吸収制御機構. 第55回歯科基礎医学会サテライトシンポジウム 2013.09.20 岡山

  123. 林幹人、中島友紀、 高柳広. 破骨細胞分化に必須な転写因子 NFATc1の標的遺伝子の解明. 第34回 日本炎症・再生医学会  2013.07.02 京都

  124. 中島友紀. RANKLと骨疾患. 国際骨代謝学会・日本骨代謝学会第2回 合同国際会議(IBMS-JSBMR 2013) 2013.05.30

  125. 中島友紀. RANKLと骨免疫学. 第27回 日本整形外科学会基礎学術集会  2012.10.26 名古屋

  126. 中島友紀. 骨細胞による破骨細胞分化の制御機構. 第30回 日本骨代謝学会  2012.07.21 東京

  127. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構の解明. 第30回 日本骨代謝学会 2012.07.20

  128. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構の解明 . 第33回 日本炎症・再生医学会 2012.07.05

  129. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構の解明. 第54回 日本老年医学会学術集会 2012.06.29 東京

  130. 中島友紀、林幹人、高柳広. 骨リモデリングの制御機構の解明. 第12回 日本抗加齢医学会総会  2012.06.24

  131. 中島友紀、高柳広. 骨リモデリングの制御機構の解明 . 第66回 日本口腔科学会学術集会 2012.05.16

  132. 中島友紀、高柳広. RANKLと骨免疫学. 第56回日本リウマチ学会  2012.04.28 東京

  133. 骨リモデリングの制御機構の解明. 第6回Bone Research Seminar  2012.02.17 東京

  134. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構の解明. 第5回骨・軟骨フロンティア  2011.11.19 東京

  135. 中島友紀 . 関節リウマチ骨破壊のメカニズム . 第48回日本リハビリテーション医学会  2011.11.02 千葉

  136. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構の解明 . 分子病態医学セミナー  2011.10.18 愛媛

  137. 中島友紀. 骨リモデリングの制御機構の解明 . 第1回Chiba Bone and Mineral Metabolism Research Meeting  2011.10.13 千葉

  138. 中島友紀、高柳広 . 関節リウマチと骨免疫学. 第55回日本リウマチ学会  2011.07.18 神戸

  139. 中島友紀、高柳広. 癌の骨転移における新規創薬ターゲットとしてのRANKL . 第31回日本炎症・再生医学会  2010.08.06 東京

  140. 中島友紀、林幹人、西川恵三、高柳広. 転写因子による破骨細胞の分化制御機構 . 第28回日本骨代謝学会  2010.07.23 東京

  141. 中島友紀. 骨の恒常性を司る骨リモデリングシステムの解明 . 第22回 長崎骨粗鬆症研究会 2009.10.06

  142. 中島友紀. Bone cell biology . 第27回日本骨代謝学会  2009.07.25 大阪

  143. 中島友紀、林幹人、高柳広. 破骨細胞の分化ステージ特異的なNFATc1の機能解析 . 第26回日本骨代謝学会  2008.10.29 大阪

  144. 中島友紀 . 破骨細胞分化の分子機構. 第49回歯科基礎医学会学術大会  2007.08.29 北海道

  145. 末松綾子、佐藤浩二郎、中島友紀、青木和広、大谷啓一、山口朗、高柳広 . CaMK/CREB経路による破骨細胞制御メカニズム. 第25回日本骨代謝学会  2007.07.19 大阪

  146. 末松綾子、田尻康人、中島友紀、越智小枝、織田弘美、中村耕三、田中栄、高柳広 . 抗リウマチ薬の併用による破骨細胞分化抑制作用の増強 . 第51回日本リウマチ学会  2007.04.26 東京

  147. 中島友紀 . 癌転移を制御する新規ターゲットとしてRANKL. 第1回Bone Research Seminar  2007.03.24 東京

  148. 中島友紀 . 癌転移を制御する新規ターゲットとしてRANKL. 第5回口腔医科学フロンティア 2007.02.03 仙台

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • U.S. National Academy of Medicine Catalyst Award,全米医学アカデミー,2020年10月

  • TOBIRA研究助成とびら賞,東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合(TOBIRA),2019年05月

  • 第一三共生命科学研究振興財団 研究助成,第一三共生命科学研究振興財団,2018年12月

  • 内藤記念科学奨励金・研究助成,内藤記念科学振興財団,2018年10月

  • 武田科学振興財団ビジョナリーリサーチ継続助成 ステップ,武田科学振興財団,2018年08月

  • IADR/AADR  William J. Gies Award,International Association for Dental Research,2018年08月

  • 武田報璋医学特別助成,武田科学振興財団,2018年08月

  • 三井生命厚生財団医学研究特別助成,三井生命厚生財団,2018年07月

  • 日本骨代謝学会 尾形学術振興賞,日本骨代謝学会,2017年07月

  • セコム科学技術振興財団一般研究助成,セコム科学技術振興財団,2016年09月

  • 三井生命厚生財団医学研究助成,三井生命厚生財団,2016年07月

  • 旭硝子財団自然科学系研究奨励,旭硝子財団,2016年02月

  • ライフサイエンス振興財団研究助成,ライフサイエンス振興財団,2016年01月

  • 住友財団基礎科学研究助成,住友財団,2015年10月

  • 基礎医学医療研究助成,金原一郎記念医学医療振興財団),2015年09月

  • 日本骨代謝学会  学術賞,日本骨代謝学会,2015年

  • 第一三共生命科学研究振興財団 研究助成,第一三共生命科学研究振興財団,2015年

  • 武田科学振興財団 ビジョナリーリサーチ 継続助成 ホップ,武田科学振興財団,2015年

  • ノバルティス・リウマチ医学賞,2014年

  • 内藤記念科学奨励金 研究助成,内藤記念科学振興財団,2014年

  • 東京医科歯科大学優秀研究賞,2013年

  • 上原記念生命科学財団 研究助成金,上原記念生命科学財団 ,2013年

  • テルモ科学振興財団 一般研究助成,テルモ科学振興財団 ,2013年

  • 持田記念医学薬学振興財団研究助成,持田記念医学薬学振興財団,2013年

  • TaNeDSフィジビリティー研究型 ,第一三共株式会社,2013年

  • 日本骨代謝学会  学会奨励賞,2012年

  • 武田科学振興財団 ビジョナリーリサーチ助成,武田科学振興財団 ,2012年

  • Bio-Rheumatology International Congress Poster Presentation Award,2011年

  • ブリストル・マイヤーズ関節リウマチ研究助成,ブリストル・マイヤーズ,2011年

  • 日本リウマチ財団 リウマチ性疾患調査研究助成費,日本リウマチ財団 ,2008年

  • 病態代謝研究会 研究助成金,病態代謝研究会 ,2008年

  • 口腔医科学フロンティア 研究奨励賞,2007年

  • 武田科学振興財団 医学系研究奨励,武田科学振興財団,2007年

  • 千里ライフサイエンス振興財団 研究助成金,千里ライフサイエンス振興財団 ,2007年

  • かなえ医薬振興財団 研究助成,かなえ医薬振興財団 ,2007年

  • 鈴木謙三記念医科学応用研究財団 調査研究助成,鈴木謙三記念医科学応用研究財団,2007年

  • 住友財団 基礎科学研究助成,住友財団 ,2007年

  • 内藤記念科学奨学金,内藤記念科学振興財団,2007年

  • 金原一郎記念医学医療振興財団 基礎医学医療研究助成金,金原一郎記念医学医療振興財団,2006年

  • ライフサイエンス振興財団 研究助成金,ライフサイエンス振興財団,2006年

  • 永尾武難病研究基金 研究助成金,公益信託永尾武難病研究基金,2006年

  • 中富健康科学振興財団 研究助成金,中富健康科学振興財団 ,2006年

  • 上原記念生命科学財団 研究奨励金,上原記念生命科学財団,2006年

  • Marie Curie Incoming International Fellowships, Human Resources and Mobility Activity,Marie Curie Actions,2004年

  • 日本骨代謝学会  学会奨励賞(現:最優秀演題賞),2000年

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 転写因子 KLF5 が筋萎縮の発症に重要であることを発見〜KLF5 の働きを抑える薬が筋萎縮を防ぐ治療法となる可能性〜,2021年08月

    -

  • 咀嚼機能が失われると「認知機能の低下」につながる 歯のメンテナンスを定期的に行い、しっかり噛む意識を,2021年07月

    iZa掲載

  • 【今から始めよう!70代まで働く健康術】骨の健康維持しながら足腰鍛えれば、いつまでも働くことが可能 そのサポートを骨の研究で行いたい,2020年11月

    Zakzak:夕刊フジ公式サイト

  • 70代まで働く健康術(連載4回),2020年11月

    夕刊フジ新聞 
    骨研究と健康術を概説
    4回連載の新聞記事

  • ロイヤルゼリーが骨量減少抑制を発見 TOKYO MXテレビ,2020年08月

    TOKYO MXテレビ:MEDICAL NEWS LINE

  • 「骨量減少を抑制する脂肪酸をロイヤルゼリーから発見」―骨粗鬆症に対する新たな治療法や食品よる骨健康の増進に期待―,2020年07月

    Journal of Biological Chemistry

  • 2019年05月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 2019年03月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「噛む力が顎の骨を造り変える分子メカニズムを解明」 ―顎の形や大きさの不調和に対する新しい歯科矯正治療法の開発に期待―,2019年03月

    Scientific Reports

  • エストロゲンが骨細胞のSema3Aを介して骨の恒常性を維持するしくみを解明,2019年01月

    Cell Metabolism論文掲載
    東京医科歯科大学 JST AMED 共同プレス

  • 「エストロゲンが骨細胞のSema3Aを介して骨の恒常性を維持するしくみを解明」― 閉経後骨粗鬆症の新たな治療法の開発に期待 ―,2019年01月

    Cell Metabolism

  • 東大・東京医科歯科大など、エストロゲンが骨細胞のSema3Aを介して骨の恒常性を維持するしくみを解明(日本経済新聞),2019年01月

    Cell Metabolism

  • RANKL expressed by osteocytes has an important role in orthodontic tooth movement,2017年10月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「 矯正歯科治療において歯の移動の新たな鍵となる細胞を同定 」 矯正歯科治療の標的細胞が明らかに ―,2017年08月

    Scientific Reports

  • 「 矯正歯科治療において歯の移動の新たな鍵となる細胞を同定 」― 矯正歯科治療の標的細胞が明らかに ―,2017年08月

    Scientific Reports

  • 2017年07月

    Journal of Dental Research

  • Reduced mastication results in the impairment of memory and learning function,2017年06月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • かまないと学習能力低下?(読売新聞),2017年06月

    マウスモデルで咀嚼刺激の低下が記憶・学習機能を障害するメカニズムを解明

  • Science&Tech フラッシュ:成長期よくかむと脳機能の発達を促す(日本経済新聞),2017年06月

    よく噛むことが成長期の高次脳機能の発達に重要である可能性

  • 東京医科歯科大学 成長期よくかむと脳機能の発達を促す(日本経済新聞web刊),2017年06月

    よく噛むことが成長期の高次脳機能の発達に重要である可能性

  • 成長期の咀嚼刺激低下、記憶・学習機能障害を引き起こす東京医科歯科大(医療NEWS QLifePro),2017年06月

    よく噛むことが成長期の高次脳機能の発達に重要である可能性

  • 医科歯科大ら、咀嚼刺激の低下が記憶・学習機能を障害するメカニズム解明(Livedoor NEWS),2017年06月

    よく噛むことが成長期の高次脳機能の発達に重要である可能性

  • マウスモデルで咀嚼刺激の低下が記憶・学習機能を障害するメカニズムを解明(JST共同プレス),2017年06月

    よく噛むことが成長期の高次脳機能の発達に重要である可能性

  • マウスモデルで咀嚼刺激の低下が記憶・学習機能を障害するメカニズムを解明(AMED共同プレス),2017年06月

    よく噛むことが成長期の高次脳機能の発達に重要である可能性

  • マウスモデルで咀嚼刺激の低下が記憶・学習機能を障害するメカニズムを解明―よく噛むことが成長期の高次脳機能の発達に重要である可能性―,2017年06月

    Journal of Dental Research

  • 骨硬化性骨幹端異形成症の原因遺伝子LRRK1を発見(医療NEWSQLife Pro),2016年04月

    骨硬化性骨幹端異形成症の新たな病因遺伝子の発見

  • 骨代謝と免疫をめぐる研究の新展開(健康食品新聞),2015年02月

    骨と免疫を繋げる新規学際領域骨免疫学の最前線を紹介

  • 新風吹く骨代謝研究 破骨・骨芽のバランスなど説く(健康食品新聞),2015年01月

    話題の焦点にて最新の骨代謝研究として紹介

  • Double protection for weakened bones (Nature: News and Views),2012年06月

    新規骨保護因子の発見と治療戦略への応用について論説記事(Nature 485,47-48 (2012)

  • SEMA3A strikes a balance in bone homeostasis(Nat Rev Drug Discov),2012年06月

    新規骨保護因子の発見と治療戦略への応用についての論説記事(Nat Rev Drug Discov 11,442(2012))

  • 骨作るたんぱく質発見 骨粗鬆症治療に期待(朝日新聞),2012年04月

    新規骨保護因子の発見と治療戦略への応用

  • 骨の成長促すたんぱく質(日本経済新聞),2012年04月

    新規骨保護因子の発見と治療戦略への応用

  • 骨の減少抑え成長促進、たんぱく質を発見(読売新聞),2012年04月

    新規骨保護因子の発見と治療戦略への応用

  • Osteocytes communicate with osteoclast linege cells via RANKL(IBMS BoneKEy),2012年

    世界に先駆けた骨細胞の単離法の確立と骨リモデリングの制御機構の解明についての論説記事(IBMS BoneKEy Commentary)

  • 骨を維持する司令塔=内部細胞の機能確認-治療応用期待(時事通信),2011年09月

    世界に先駆けた骨細胞の単離法の確立と骨リモデリングの制御機構の解明

  • 骨に埋め込まれた骨細胞を単離:骨による全身の生体系制御システムの解明を目指す(Nature Japan),2011年09月

    Nature Japan 特集記事
    これまで展開してきた骨研究についてのインタビュー記事

  • マウスで分離成功 骨細胞(日本産業新聞),2011年09月

    世界に先駆けた骨細胞の単離法の確立と骨リモデリングの制御機構の解明

  • 骨を作りかえ骨細胞が指令(科学新聞),2011年09月

    世界に先駆けた骨細胞の単離法の確立と骨リモデリングの制御機構の解明

  • 骨を作りかえ骨細胞が指令(日本歯科新聞),2011年09月

    世界に先駆けた骨細胞の単離法の確立と骨リモデリングの制御機構の解明

  • Osteocyte RANKL in bone homeostasis: a paradigm shift?(Nat Rev Rheumatol ),2011年

    世界に先駆けた骨細胞の単離法の確立と骨リモデリングの制御機構の解明についての論説記事 (Nat Rev Rheumatol Research highlights)に掲載

  • Osteocytes, RANKL and bone loss (Nat Rev Endocrinol),2011年

    世界に先駆けた骨細胞の単離法の確立と骨リモデリングの制御機構の解明についての論説記事 (Nat Rev Endocrinol Research highlights)

  • がん細胞の骨への転移“おとりたんぱく”で阻止(朝日新聞),2006年

    乳がんの骨転移のメカニズムを解明

  • RANKL: A Soil Factor for Cancer Metastasis to Bone? (BoneKEy-Osteovision),2006年

    骨転移におけるRANKLの制御機構の論説記事

▼全件表示

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 骨量減少と脂肪酸の関係、エストロゲンと骨の恒常性を維持する仕組み,産経新聞社,夕刊フジ,2020年10月09日