基本情報

写真a

船戸 紀子(フナト ノリコ)

FUNATO Noriko


職名

准教授

研究室住所

〒113-8510 東京都文京区湯島1−5−45 東京医科歯科大学 医歯学研究支援センター 8号館南4階

メールアドレス

noriko-funato@umin.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/cmn/gene/index.htm

研究分野・キーワード

骨、 口蓋、 発生、 タンパク相互作用、 転写因子

プロフィール

歯科医師免許(日本)・博士(歯学)(東京医科歯科大学)

 主要な研究テーマは、「頭蓋顔面の形態形成における転写調節因子の機能解析」です。頭蓋冠、頭蓋底、顔面骨、顎骨、口蓋の発生機構に関わる転写因子を分子生物学および発生生物学の両面から解明することで、顎頭蓋顔面骨の形態異常や口蓋裂の治療へと研究を展開するのが目標です。

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2014年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 シグナル遺伝子制御学 講師
  • 2014年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 医歯学研究支援センター 准教授
  • 2014年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 シグナル遺伝子制御学 准教授
  • 2017年04月
     
     
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 医歯学研究支援センター 准教授
  • 2017年05月
    -
    2017年07月
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 医歯学研究支援センター リサーチコアセンター 准教授
  • 2017年08月
    -
    2020年09月
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 医歯学研究支援センター リサーチコアセンター 准教授
  • 2020年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 医歯学研究支援センター リサーチコアセンター 准教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • UT Southwestern Medical Center Department of Molecular Biology 特任講師
  • 日本学術振興会 海外特別研究員
  • 日本学術振興会 特別研究員 (PD)
  • UT Southwestern Medical Center Department of Molecular Biology 特任講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ細胞生物学会 (The American Society for Cell Biology)

  • 国際歯科研究学会 (The International Association for Dental Research)

  • 歯科基礎医学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年
    -
    現在
    歯科基礎医学会 代議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 常態系口腔科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • DiGeorge症候群疾患遺伝子産物TBX1の新たな転写標的とその分子機構の解明,2020年04月 - 現在

  • 下顎頭軟骨初期形成を制御する因子の探求,2018年04月 - 現在

  • ディジョージ症候群疾患遺伝子による顎顔面発生制御,2017年12月 - 現在

  • 骨形成促進コラーゲンペプチドの探索およびその作用機序解析研究,2016年01月 - 2018年03月

  • トリペプチドX-Hyp-Glyを高含有するコラーゲン加水分解物の摂取が生体の骨代謝および脂質代謝にもたらす作用の研究,2018年04月 - 2021年03月

  • DiGeorge症候群疾患遺伝子産物TBX1の新たな転写標的とその分子機構の解明,2020年04月 - 2023年03月

  • DiGeorge症候群疾患遺伝子産物TBX1の新たな転写標的とその分子機構の解明,2020年04月 - 2023年03月

  • DiGeorge症候群疾患遺伝子産物TBX1の新たな転写標的とその分子機構の解明,2020年04月

  • 口蓋の初期発生に関わる転写制御ネットワークの解明,2015年04月 - 2019年03月

  • 口腔上皮幹細胞の機能維持におけるTbx1の関与,2013年04月 - 2015年03月

  • 口腔粘膜上皮細胞の病的癒着に関与する新規分子機構の探索 ,2011年04月 - 2013年03月

  • 骨軟骨幹細胞の初期分化に関わる転写制御ネットワークの解明,2010年04月 - 2013年03月

  • 軟骨細胞におけるbHLH型転写因子Handの機能解析,2009年09月 - 2010年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 下顎頭軟骨初期形成を制御する因子の探求

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 口蓋の初期発生に関わる転写制御ネットワークの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 口蓋の初期発生に関わる転写制御ネットワークの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 口腔上皮幹細胞の機能維持におけるTbx1の関与

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 口腔上皮幹細胞の機能維持におけるTbx1の関与

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • 骨軟骨幹細胞の初期分化に関わる転写制御ネットワークの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

  • DiGeorge症候群疾患遺伝子産物TBX1の新たな転写標的とその分子機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yuki Taga, Yu Iwasaki, Chisa Tometsuka, Noriko Funato, Yasutaka Shigemura, Masashi Kusubata, Kazunori Mizuno. Identification of a highly stable bioactive 3-hydroxyproline-containing tripeptide in human blood after collagen hydrolysate ingestion. NPJ Sci Food. 2022.06; 6 (1): 29. ( PubMed, DOI )

  2. Noriko Funato. Craniofacial Phenotypes and Genetics of DiGeorge Syndrome. J Dev Biol. 2022.05; 10 (2): ( PubMed, DOI )

  3. Tometsuka C, Funato N, Mizuno K, Taga Y. Long-term intake of ginger protease-degraded collagen hydrolysate reduces blood lipid levels and adipocyte size in mice. Current research in food science. 2021.03; 4 175-181. ( PubMed, DOI )

  4. Noriko Funato, Yuki Taga, Lindsay E Laurie, Chisa Tometsuka, Masashi Kusubata, Kiyoko Ogawa-Goto. The Transcription Factor HAND1 Is Involved in Cortical Bone Mass through the Regulation of Collagen Expression. Int J Mol Sci. 2020.11; 21 (22): 8638. ( PubMed, DOI )

  5. N Funato*, D Srivastava, S Shibata, H Yanagisawa. TBX1 Regulates Chondrocyte Maturation in the Spheno-occipital Synchondrosis. Journal of Dental Research. 2020.09; 99 (10): 1182-1191. ( PubMed, DOI )

  6. Funato N*. New Insights into Cranial Synchondrosis Development: A Mini Review. Frontiers in Cell and Developmental Biology. 2020.08; 8 (706): 1-9. ( PubMed, DOI )

  7. *Noriko Funato, Hiromi Yanagisawa. Deletion of the T-box transcription factor gene, Tbx1, in mice induces differential expression of genes associated with cleft palate in humans. Archives of Oral Biology. 2018.08; 95 149-155. ( PubMed, DOI )

  8. Yuki Taga, Masashi Kusubata, Kiyoko Ogawa-Goto, Shunji Hattori, and Noriko Funato. Collagen-derived X-Hyp-Gly-type tripeptides promote differentiation of MC3T3-E1 pre-osteoblasts Journal of Functional Foods. 2018.07; 46 456-462. ( DOI )

  9. *Noriko Funato, Masataka Nakamura. Identification of shared and unique gene families associated with oral clefts. Int J Oral Sci. 2017.06; 9 (2): 104-109. ( PubMed, DOI )

  10. *Noriko Funato, Hiroki Kokubo, Yumiko Saga. Transcriptomic analyses of Hand2 transgenic embryos. Genom Data. 2016.06; 9 60-62. ( PubMed, DOI )

  11. *Noriko Funato, Hiroki Kokubo, Masataka Nakamura, Hiromi Yanagisawa, Yumiko Saga. Specification of jaw identity by the Hand2 transcription factor. Sci Rep. 2016.06; 6 28405. ( PubMed, DOI )

  12. Lindsay E Laurie, Hiroki Kokubo, Masataka Nakamura, Yumiko Saga, *Noriko Funato. The transcription factor Hand1 is involved in Runx2-Ihh-regulated endochondral ossification PLoS ONE. 2016.02; 11 (2): e0150263. ( PubMed, DOI )

  13. Mariko Mizuguchi, Yuka Sasaki, Toshifumi Hara, Masaya Higuchi, Yuetsu Tanaka, Noriko Funato, Nobuyuki Tanaka, Masahiro Fujii, Masataka Nakamura. Induction of Cell Death in Growing Human T-Cells and Cell Survival in Resting Cells in Response to the Human T-Cell Leukemia Virus Type 1 Tax. PLoS ONE. 2016.02; 11 (2): e0148217. ( PubMed, DOI )

  14. Noriko Funato, Masataka Nakamura, Hiromi Yanagisawa. Molecular basis of cleft palates in mice. World J Biol Chem. 2015.08; 6 (3): 121-138. ( PubMed, DOI )

  15. Noriko Funato, Masataka Nakamura, James A. Richardson, Deepack Srivastava, Hiromi Yanagisawa.. Loss of Tbx1 induces bone phenotypes similar to cleidocranial dysplasia. Hum Mol Genet. 2015.01; 24 (2): 424-435. ( PubMed, DOI )

  16. Jumpei Morita, Masataka Nakamura, Yukiho Kobayashi, Chu-Xia Deng, Noriko Funato, Keiji Moriyama. Soluble form of FGFR2 with S252W partially prevents craniosynostosis of the apert mouse model. Dev. Dyn.. 2014.04; 243 (4): 560-567. ( PubMed, DOI )

  17. Terumi Mizukoshi, Hideyuki Komori, Mariko Mizuguchi, Hussein Abdelaziz, Toshifumi Hara, Masaya Higuchi, Yuetsu Tanaka, Yoshiro Ohara, Noriko Funato, Masahiro Fujii, Masataka Nakamura. Failure in activation of the canonical NF-κB pathway by human T-cell leukemia virus type 1 Tax in non-hematopoietic cell lines. Virology. 2013.09; 443 (2): 226-235. ( PubMed, DOI )

  18. Funato N, Nakamura M, Richardson JA, Srivastava D, Yanagisawa H. Tbx1 regulates oral epithelial adhesion and palatal development. Hum Mol Genet. 2012.03; 21 (11): 2524-2537. ( PubMed, DOI )

  19. Funato N, Chapman SL, McKee MD, Funato H, Morris JA, Shelton JM, Richardson JA, Yanagisawa H. Hand2 controls osteoblast differentiation in the branchial arch by inhibiting DNA binding of Runx2. Development. 2009.02; 136 (4): 615-625. ( PubMed, DOI )

  20. Barbosa AC, Funato N, Chapman S, McKee MD, Richardson JA, Olson EN, Yanagisawa H. Hand transcription factors cooperatively regulate development of the distal midline mesenchyme. Dev Biol. 2007.10; 310 (1): 154-168. ( PubMed, DOI )

  21. Ohkuma M, Funato N, Higashihori N, Murakami M, Ohyama K, Nakamura M. Unique CCT repeats mediate transcription of the TWIST1 gene in mesenchymal cell lines. Biochem Biophys Res Commun. 2007.01; 352 (4): 925-931. ( PubMed, DOI )

  22. Funato N, Twigg SR, Higashihori N, Ohyama K, Wall SA, Wilkie AO, Nakamura M. Functional analysis of natural mutations in two TWIST protein motifs. Hum Mutat. 2005.06; 25 (6): 550-556. ( PubMed, DOI )

  23. Funato N, Nohtomi-Ohyama J, Ohyama K. Monozygotic twins concordant for Crouzon syndrome. Am J Med Genet A. 2005.03; 133A (2): 225. ( PubMed, DOI )

  24. Takahashi E, Funato N, Higashihori N, Hata Y, Gridley T, Nakamura M. Snail regulates p21(WAF/CIP1) expression in cooperation with E2A and Twist. Biochem Biophys Res Commun. 2004.12; 325 (4): 1136-1144. ( PubMed, DOI )

  25. Kanda T, Funato N, Baba Y, Kuroda T. Evidence for fibroblast growth factor receptors in myofibroblasts during palatal mucoperiosteal repair. Arch Oral Biol. 2003.03; 48 (3): 213-221. ( PubMed )

  26. Funato N, Ohyama K, Kuroda T, Nakamura M. Basic helix-loop-helix transcription factor epicardin/capsulin/Pod-1 suppresses differentiation by negative regulation of transcription. J Biol Chem. 2003.02; 278 (9): 7486-7493. ( PubMed, DOI )

  27. Funato N, Ohtani K, Ohyama K, Kuroda T, Nakamura M. Common regulation of growth arrest and differentiation of osteoblasts by helix-loop-helix factors. Mol Cell Biol. 2001.11; 21 (21): 7416-7428. ( PubMed, DOI )

  28. Hatai T, Yokozeki M, Funato N, Baba Y, Moriyama K, Ichijo H, Kuroda T. Apoptosis of periodontal ligament cells induced by mechanical stress during tooth movement. Oral Dis. 2001.09; 7 (5): 287-290. ( PubMed )

  29. Funato N, Moriyama K, Baba Y, Kuroda T. Evidence for apoptosis induction in myofibroblasts during palatal mucoperiosteal repair. J Dent Res. 1999.09; 78 (9): 1511-1517. ( PubMed )

  30. Funato N, Moriyama K, Saitoh M, Baba Y, Ichijo H, Kuroda T. Evidence for apoptosis signal-regulating kinase 1 in the regenerating palatal epithelium upon acute injury. Lab Invest. 1998.04; 78 (4): 477-483. ( PubMed )

  31. Funato N, Moriyama K, Shimokawa H, Kuroda T. Basic fibroblast growth factor induces apoptosis in myofibroblastic cells isolated from rat palatal mucosa. Biochem Biophys Res Commun. 1997.11; 240 (1): 21-26. ( PubMed, DOI )

  32. 船戸 紀子, 柴田 俊一. 転写因子TBX1は頭蓋底軟骨結合発生においてRUNX2下流シグナルを調節する Journal of Oral Biosciences Supplement. 2020.09; 2020 195. ( 医中誌 )

  33. 多賀 祐喜, 岩崎 優, 船戸 紀子, 重村 泰毅, 水野 一乘. コラーゲン加水分解物経口摂取後のヒト血中における3-hydroxyproline含有トリペプチドの同定 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集. 2020.04; 74回 227. ( 医中誌 )

  34. 船戸 紀子, 多賀 祐喜, 楠畑 雅, Laurie Lindsay E., 小久保 博樹, 相賀 裕美子, 後藤 希代子, 服部 俊治. HAND1転写因子は、長骨においてI、V、XI型コラーゲンの発現を制御する 日本結合組織学会学術大会プログラム・抄録集. 2019.05; 51回 171. ( 医中誌 )

  35. 遠目塚 千紗, 多賀 祐喜, 楠畑 雅, 熊澤 雄基, 陽 曉艶, 船戸 紀子, 水野 一乘. トリペプチドX-Hyp-Glyを高含有するコラーゲン加水分解物の摂取が生体の脂質代謝・骨代謝にもたらす作用 日本結合組織学会学術大会プログラム・抄録集. 2019.05; 51回 161. ( 医中誌 )

  36. 船戸 紀子, Srivastava Deepak, Yanagisawa Hiromi. 転写因子Tbx1はヒト口蓋裂の疾患遺伝子の発現調節により口蓋の発生に関与する Journal of Oral Biosciences Supplement. 2018.09; 2018 407. ( 医中誌 )

  37. Funato N, Ohyama K, Nakamura M. Basic helix-loop-helix (bHLH) factors in osteoblast differentiation. 歯科基礎医学会雑誌. 2002.09;

  38. Funato N, Ohyama J, Ohyama K, Kuroda T. Mutation analysis of the FGFR2 gene in patients with Crouzon syndrome 口腔病学会雑誌. 1999.09; 66 (1): 132.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Kevin V. Urbano (Editor), Noriko Funato et al.,. Advances in Genetics Research. Vol 21. Nova Science Publishers, Inc., 2022.02 Genetic Factors Associated with Cleft Lip and/or Palate (ISBN : 978-1-68507-562-0)

  2. Kuroda T, Ohyama K, Motohashi N, Moriyama K Eds/Funato N et al.. Atlas of Orthodontic Treatment for Patients with Birth Defects. Needham Press, 2012

  3. 新井 克彦 (著, 編集), 服部 俊治 (著, 編集), 他. 細胞外マトリックス実験法: コラーゲンの基礎研究から再生医療への応用まで. 丸善出版, 2021.12 マトリックス研究に関する培養法ー骨芽細胞 (ISBN : 978-4621306857)

  4. 黒田敬之、大山紀美栄、本橋信義、鈴木聖一 他. アトラス顎顔面矯正学. 医歯薬出版株式会社, 2002.03 叢生を伴う下顎前突症例、開咬を伴う下顎前突症例 (ISBN : 4-263-45522-3)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Funato N, Srivastava D, Shibata S, Yanagisawa H. TBX1 suppresses transcriptional activity of RUNX2 and regulates chondrocyte maturation. Cell Bio Virtual 2020-An Online ASCB|EMBO Meeting 2020.12.01 Online

  2. Noriko Funato, Yuki Taga, Lindsay E. Laurie, Chisa Tometsuka, Masashi Kusubata, Kiyoko Ogawa-Goto.. The bHLH transcription factor HAND1 is involved in cortical bone volume through the regulation of collagen expression.. the 68th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2020.11.07 Online

  3. Funato N, Srivastava D, Shibata S, Yanagisawa H.. TBX1 regulates chondrocyte maturation in the spheno-occipital synchondrosis through TBX1-RUNX2 axis. the 62nd Annual Meeting of Japanese Association for Oral Biology 2020.09.12 Online

  4. Noriko Funato. Craniofacial Development: Using Computational Data for Generating Experimental Data. Frontier Meeting 2019.02.15 Tokyo Medical and Dental University, Tokyo, Japan

  5. Funato N, Srivastava D, Yanagisawa H. Tbx1 knockout mice exhibit dysregulated expression of genes associated with cleft palate in humans. ASCB/EMBO 2017 Meeting 2017.12.05 Philadelphia, USA

  6. Taga Y, Laurie LE, Kokubo H, Saga Y, Kusubata M, Ogawa-Goto K, Hattori S, Funato N. Role of HAND1 in collagen expression and post-translational modifications in the long bone. ASCB/EMBO 2017 Meeting 2017.12.05 Philadelphia, USA

  7. Taga Y, Kusubata M, Ogawa-Goto K, Hattori S, Funato N. Gelatin Hydrolysates Prepared Using Ginger Protease Promote Osteoblast Differentiation. The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2017.11.18 Showa University, Tokyo

  8. Funato N, Yanagisawa H, Nakamura M. Gene Ontology Analysis for Cleft Palate. 2015 ASCB(The American Society for Cell Biology) Annual Meeting 2015.12.15

  9. Funato N, Nakamura M, Richardson JA, Srivastava D, Yanagisawa H. Loss of Tbx1 induces bone phenotypes similar to cleidocranial dysplasia. Japanese Division of the International Association for Dental Research (JADR). 2014.12.05

  10. Preston LE, Kokubo H, Nakamura M, Saga Y, Funato N. Hand1 regulates endochondral ossification. IADR (International Association for Dental Research) 2014.06.27

  11. Funato N, Nakamura M. Protein inhibitors of activated STAT (PIAS) proteins are new negative regulators of Runx2. Annual Meeting of the American Society for Cell Biology in San Francisco 2012.12.16

  12. Morita J, Funato N, Kobayashi Y, Nakamura M, and Moriyama K. Soluble FGFR2 with S252W prevent craniosynostosis of Apert model mouse.. Japanese Association of Dental Research 2012.12.12

  13. Funato N, Nakamura M.. Protein Inhibitors of Activated STAT (PIAS) Proteins Regulate Runx2 Transactivation Activity.. ASBMR 2011 Annual Meeting 2011.09.19

  14. 多賀祐喜, 岩崎優, 船戸紀子, 重村泰毅, 水野一乘. コラーゲン加水分解物経口摂取後のヒト血中における3-含有トリペプチドの同定. 第74回日本栄養・食糧学会大会 2020.09.20 Web開催

  15. 船戸 紀子, 多賀 祐喜, 楠畑 雅, Laurie Lindsay E., 小久保 博樹, 相賀 裕美子, 後藤 希代子, 服部 俊治. HAND1転写因子は、長骨においてI、V、XI型コラーゲンの発現を制御する . 第51回日本結合組織学会学術大会 2019.05.31 東京

  16. 遠目塚千紗, 多賀祐喜, 楠畑雅, 熊澤雄基, 陽曉艶, 船戸紀子, 水野一乘. トリペプチドX-Hyp-Glyを高含有するコラーゲン加水分解物の摂取が生体の脂質代謝・骨代謝にもたらす作用 . 第51回日本結合組織学会学術大会 2019.05.31 東京

  17. 船戸紀子. ディジョージ症候群疾患遺伝子による顎顔面発生制御. 公益財団法人アステラス病態代謝研究会第49回研究報告会 2018.10.20 日本工業倶楽部、東京

  18. 船戸紀子. 転写因子Tbx1はヒト口蓋裂の疾患遺伝子の発現調節により口蓋の発生に関与する. 第60回歯科基礎医学会学術大会 2018.09.06 九州大学、福岡

  19. 多賀祐喜、 楠畑雅、 後藤希代子、 服部俊治、船戸紀子. コラーゲン由来トリペプチドX-Hyp-Glyによる骨芽細胞分化促進作用. 日本農芸化学会2018年度大会 2018.03.16 名城大学、名古屋

  20. 船戸紀子. 転写因子Hand2はホメオボックス型転写因子群の発現調節を伴って上顎を下顎へ形質転換する. 第58回歯科基礎医学会学術大会 2016.08.25

  21. 船戸紀子. 転写因子からみた骨組織の発生. ニッピバイオマトリックス研究所 2016.07.11

  22. 船戸紀子. 口蓋裂に関与する疾患遺伝子群のオントロジー解析. 第57回歯科基礎医学会学術大会 2015.09.12 新潟

  23. 船戸紀子. Tbx1は口腔粘膜上皮の病的癒着と口蓋発生に関与する. 第55回歯科基礎医学会学術大会・総会 2013.09.22

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • 新規トリペプチド、骨芽細胞の分化促進剤および骨形成促進剤

    特許番号: 特許第6989842号

  • 骨芽細胞の分化促進剤および骨形成促進剤

    特許番号: 特許第6860877号

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」産学連携共同研究 最優秀賞,東京医科歯科大学DDユニット事業推進室,2018年03月

  • 平成29年度研究助成,アステラス病態代謝研究会,2017年12月

  • 第24回基礎医学医療研究助成、金原一郎記医学医療振興財団,2009年09月

  • UT Southwestern Medical Center 5th Annual Postdoctoral Research Symposium, Grand Prize,2007年12月

  • 第6回 東京医科歯科大学歯科同窓会 研究者奨励・最優秀論文賞,2004年01月

  • 第5回 日本矯正歯科学会学術奨励賞,2003年10月

  • 第15回 歯科基礎医学会賞,2003年09月

  • Hatton Travel Award, 77th International Association for Dental Research,77th International Association for Dental Research,1999年02月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • コラーゲンペプチドの継続的な摂取が脂質代謝に有益な作用をもたらす可能性,2021年12月

    PR TIMES(プレスリリース・ニュースリリース配信サービス)
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000083625.html

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2021年04月

    「DiGeorge症候群疾患遺伝子産物TBX1の新たな転写標的とその分子機構の解明」 研究代表者 船戸紀子

  • 2020年度 DDユニット事業共同研究,2021年01月

    「トリペプチドX-Hyp-Glyを高含有するコラーゲン加水分解物の摂取が生体の骨代謝および脂質代謝にもたらす作用の研究」研究分担者 船戸紀子 

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2020年04月

    「DiGeorge症候群疾患遺伝子産物TBX1の新たな転写標的とその分子機構の解明」 研究代表者 船戸紀子

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2020年04月

    「下顎頭軟骨初期形成を制御する因子の探求」研究代表者 柴田俊一

  • 2020年度 DDユニット事業共同研究,2020年04月

    「トリペプチドX-Hyp-Glyを高含有するコラーゲン加水分解物の摂取が生体の骨代謝および脂質代謝にもたらす作用の研究」研究分担者 船戸紀子

  • 2020年度 DDユニット事業共同研究,2020年04月

    「トリペプチドX-Hyp-Glyを高含有するコラーゲン加水分解物の摂取が生体の骨代謝および脂質代謝にもたらす作用の研究」研究分担者 船戸紀子

  • Unboxing the role of TBX1 in palatal development: a gene profiling study,2020年02月

    Atlas of Science - another view of science (https://atlasofscience.org)

  • 2019年度 DDユニット事業共同研究,2019年04月

    「トリペプチドX-Hyp-Glyを高含有するコラーゲン加水分解物の摂取が生体の骨代謝および脂質代謝にもたらす作用の研究」研究分担者 船戸紀子

  • 2019年度 DDユニット事業共同研究,2019年04月

    「トリペプチドX-Hyp-Glyを高含有するコラーゲン加水分解物の摂取が生体の骨代謝および脂質代謝にもたらす作用の研究」研究分担者 船戸紀子

  • 2018年度 DDユニット事業共同研究,2018年07月

    「トリペプチドX-Hyp-Glyを高含有するコラーゲン加水分解物の摂取が生体の骨代謝および脂質代謝にもたらす作用の研究」研究分担者 船戸紀子

  • 2018年度 DDユニット事業共同研究,2018年07月

    「トリペプチドX-Hyp-Glyを高含有するコラーゲン加水分解物の摂取が生体の骨代謝および脂質代謝にもたらす作用の研究」研究分担者 船戸紀子

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2018年04月

    「下顎頭軟骨初期形成を制御する因子の探求」研究代表者 柴田俊一

  • アステラス病態代謝研究会 平成29年度研究助成金,2017年12月

    「ディジョージ症候群疾患遺伝子による顎顔面発生制御」研究代表者 船戸紀子

  • アステラス病態代謝研究会 平成29年度研究助成金,2017年12月

    「ディジョージ症候群疾患遺伝子による顎顔面発生制御」研究代表者 船戸紀子

  • 平成27年度「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ事業(連携型)」平成29年度 研究力強化共同研究支援事業,2017年04月

    「転写因子とコラーゲン分子群の相関に対する解析および新規コラーゲンペプチドの骨芽細胞誘導メカニズムの解析」研究代表者 船戸紀子

  • 平成27年度 科学技術人材育成費補助事業 「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」 平成29年度 産学連携共同研究支援事業 ,2017年04月

    「新規コラーゲンペプチドの骨芽細胞誘導メカニズムの解析」研究代表者 船戸紀子

  • 平成27年度 科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ事業(連携型)」平成28年度 研究力強化共同研究支援事業,2016年

    「先天性疾患に関わるTbx1転写因子とコラーゲン分子群の相関に対する網羅的解析と創傷治癒改善効果への可能性」 研究代表者 船戸紀子

  • 平成27年度 科学技術人材育成費補助事業 「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」 平成28年度 産学連携共同研究支援事業,2016年

    「骨形成促進コラーゲンペプチドの探索およびその作用機序解析研究」 研究代表者 船戸紀子

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2015年

    「口蓋の初期発生に関わる転写制御ネットワークの解明」 研究代表者 船戸紀子

  • 平成27年度 科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ事業(連携型)」平成27年度 研究力強化共同研究支援事業,2015年

    「先天性疾患に関わるTbx1転写因子とコラーゲン分子群の相関に対する網羅的解析と創傷治癒改善効果への可能性」 研究代表者 船戸紀子

  • 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究,2013年

    「口腔上皮幹細胞の機能維持におけるTbx1の関与」 研究代表者 船戸紀子

  • 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究,2011年

    「口腔粘膜上皮細胞の病的癒着に関与する新規分子機構の探索」 研究代表者 船戸紀子

  • 日本学術振興会,2010年

    平成22年度第I期 国際学会等派遣事業採用 船戸紀子

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究B,2010年

    「骨軟骨幹細胞の初期分化に関わる転写制御ネットワークの解明」 研究代表者 船戸紀子

  • 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(スタートアップ),2009年

    「軟骨細胞におけるbHLH型転写因子Handの機能解析」 研究代表者 船戸紀子

  • 金原一郎記医学医療振興財団 第24回基礎医学医療研究助成金,2009年

    「軟骨細胞におけるbHLH型転写因子の機能解析」研究代表者 船戸紀子

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • シグナル遺伝子制御学特論,2019年 - 2020年

  • シグナル遺伝子制御学特論,2017年 - 2018年

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • BD FACSLyric 操作講習会,2021年12月

  • Agilent 2100 バイオアナライザ 電気泳動システムセミナー,2021年12月

  • シングルセル解析テクニカルセミナー (10X Genomics社製 Chromium),2021年12月

  • 阻害剤実験スタートアップセミナー,2021年09月

  • タカラバイオ技術セミナーシリーズ (セミナー1〜7),2021年06月 - 2021年07月

  • 遺伝子発現解析セミナー,2021年06月

  • Lumat3 操作講習会,2021年06月

  • StepOnePlusリアルタイムPCR装置講習会,2021年06月

  • FLUOstar OPTIMA-6マルチプレートリーダー 操作講習会,2021年02月

  • BD FACSLyric 操作講習会,2021年01月

  • QX200 デジタルPCRシステムセミナー ,2021年01月

  • 遺伝子発現解析セミナー,2020年12月

  • StepOnePlusリアルタイムPCR装置講習会,2020年12月

  • 阻害剤実験スタートアップセミナー,2020年11月

  • BD FACSLyric 操作講習会,2020年07月

  • タカラバイオ技術セミナーシリーズ (セミナー1〜9),2020年06月 - 2020年07月

  • NanoDropOne 操作講習会,2020年06月

  • Lumat3 操作講習会,2020年06月

  • 阻害剤実験スタートアップセミナー,2020年02月

  • StepOnePlusリアルタイムPCR装置講習会,2019年11月

  • QX200 デジタルPCRシステムセミナー ,2019年11月

  • 遺伝子発現解析セミナー,2019年11月

  • Multiskan Sky 吸光マイクロプレートリーダー操作講習会,2019年10月

  • FACSCalibur 操作講習会,2019年07月

  • 超遠心機操作講習会,2019年06月 - 2019年07月

  • タカラバイオ技術セミナーシリーズ (セミナー1〜5),2019年05月 - 2019年06月

  • Eppendorfマイクロピペットセミナー,2019年05月

  • ヒトiPS/ES細胞分化誘導セミナー,2018年11月

  • 超遠心機アプリケーションセミナー (エクソソーム精製・密度勾配),2018年11月

  • 阻害剤実験スタートアップセミナー,2018年10月

  • 超遠心機アプリケーションセミナー (エクソソーム精製・密度勾配),2018年09月

  • 超遠心機・遠心機の安全教育セミナー,2018年08月

  • 遺伝子発現解析セミナー,2018年07月

  • QX200 デジタルPCRシステムセミナー ,2018年07月

  • StepOnePlusリアルタイムPCR装置講習会,2018年07月

  • タカラバイオ技術セミナー(セミナー1〜5) ,2018年06月 - 2018年07月

  • BD FACSCalibur 講習会,2018年05月

  • BD FACSCalibur 講習会,2017年11月

  • QX200 デジタルPCRシステムセミナー,2017年05月

  • StepOnePlusリアルタイムPCR装置講習会

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 高大連携プログラム,東京医科歯科大学 統合教育機構 入試課,2018年07月30日

  • 高大連携プログラム,東京医科歯科大学 統合教育機構 入試課,2017年07月18日

  • 高大連携プログラム,東京医科歯科大学 統合教育機構 入試課,2016年08月15日

  • 歯科基礎医学会代議員,2016年04月01日 - 現在