基本情報

写真a

味岡 逸樹(アジオカ イツキ)

AJIOKA Itsuki


職名

准教授

生年

1973年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-4972

研究室FAX番号

03-5803-4716

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/cbir/1/ajioka/index.html

研究分野・キーワード

脳再生、神経発生生物学、バイオマテリアル工学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  生命理工学部  生体分子工学科  1996年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  生命理工学研究科  バイオテクノロジー専攻  博士課程  2001年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年11月
    -
    2014年09月
    東京医科歯科大学 脳統合機能研究センター 准教授
  • 2014年10月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 脳統合機能研究センター 准教授
  • 2017年04月
     
     
    東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 脳統合機能研究センター 准教授
  • 2017年05月
    -
    2020年09月
    東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 脳統合機能研究センター 准教授
  • 2020年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 脳統合機能研究センター 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2002年07月
    日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2002年08月
    -
    2005年07月
    慶應義塾大学 医学部・解剖学教室 助手
  • 2005年08月
    -
    2009年02月
    米国セントジュード小児研究病院 発生神経生物学部門 ポスドク
  • 2009年03月
    -
    2009年10月
    慶應義塾大学 医学部・総合医科学研究センター 特別研究講師
  • 2014年10月
    -
    2018年03月
    科学技術振興機構 さきがけ「分子技術と新機能創出」 研究員(兼任)

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経化学会

  • Asian-Pacific Society for Neurochemistry

  • International Society for Neurochemistry

  • 日本化学会

  • 高分子学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年
    -
    現在
    日本神経化学会 国際対応委員会委員
  • 2019年
    -
    現在
    日本神経化学会 国際対応委員会委員長
  • 2017年04月
    -
    2019年03月
    日本神経化学会 理事
  • 2012年
    -
    現在
    Asian-Pacific Society for Neurochemistry 理事
  • 2020年
    -
    現在
    Asian-Pacific Society for Neurochemistry APSN School Chair

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経解剖学・神経病理学

  • 神経化学・神経薬理学

  • 生体医工学・生体材料学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 脳内微小環境を人為制御する光応答性バイオマテリアルの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • 人工足場の創製による大脳ニューロン潜在再生能の解明と発揮制御

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 大脳組織修復をめざすニューロン・グリア・血管内皮細胞の生体外三次元構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • 細胞周期に着目した神経変性疾患と脳腫瘍発症機構の統合的理解

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2013年

  • 腫瘍神経細胞が無秩序に動き始める転移能獲得のメカニズム

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2012年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Atsuya Ishida, Mio Oshikawa, Itsuki Ajioka, and Takahiro Muraoka. Sequence-Dependent Bioactivity and Self-Assembling Properties of RGD-Containing Amphiphilic Peptides as Extracellular Scaffolds ACS Applied Bio Materials. 2020.05; 3 (6): 3605-3611. ( DOI )

  • Komabayashi-Suzuki M, Yamanishi E, Watanabe C, Okamura M, Tabata H, Iwai R, Ajioka I, Matsushita J, Kidoya H, Takakura N, Okamoto T, Kinoshita K, Ichihashi M, Nagata KI, Ema M, Mizutani KI. Spatiotemporally Dependent Vascularization Is Differently Utilized among Neural Progenitor Subtypes during Neocortical Development. Cell reports. 2019.10; 29 (5): 1113-1129.e5. ( PubMed, DOI )

  • Sasaki Y, Oshikawa M, Bharmoria P, Kouno H, Hayashi-Takagi A, Sato M, Ajioka I, Yanai N, Kimizuka N. Near-infrared optogenetic genome engineering based on photon upconversion hydrogels. Angewandte Chemie (International ed. in English). 2019.09; ( PubMed, DOI )

  • Ishida A, Watanabe G, Oshikawa M, Ajioka I, Muraoka T. Glycine Substitution Effects on the Supramolecular Morphology and Rigidity of Cell-Adhesive Amphiphilic Peptides. Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany). 2019.07; ( PubMed, DOI )

  • 酒井 崇匡, 味岡 逸樹, 鄭 雄一. 再生医療や立体組織培養のための高分子足場材料 再生医療. 2018.08; 17 279-292.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 味岡 逸樹. 歯科再生医学(村上 信也, 網塚 憲生, 齋藤 正寛, 松本 卓也 編). 医歯薬出版株式会社, 2019.04 神経組織再生医療(4・6節)

  • Itsuki Ajioka. Molecular Technology, Volume 2: Life Innovation (Hisashi Yamamoto & Takashi Kato, Ed). Wiley-VCH, Weinheim, 2018 Molecular Technology for Injured Brain Regeneration (ISBN : 978-3-527-34162-7)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 味岡 逸樹、村岡 貴博、渡辺 豪. 損傷脳の機能回復を能動的に制御するペプチド分子集合体材料の設計と評価. 第69回高分子討論会 2020.09.16 オンライン

  • 味岡 逸樹、村岡 貴博、渡辺 豪. 神経と血管の相互作用を人為操作する超分子ペプチド材料. 第63回日本神経化学会大会 2020.09.12 オンライン

  • 味岡 逸樹. 化学に立脚した神経再生研究. 第13回 神経化学の若手研究者育成セミナー 2020.09.09 オンライン

  • Itsuki Ajioka. Cell Cycle and Biomaterial Engineering for Injured Brain Regeneration. Invited lecture 2020.01.29 Pune (India)

  • Itsuki Ajioka. Cell Cycle and Biomaterial Engineering for Injured Brain Regeneration. Invited lecture 2020.01.28 Pune (India)

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本神経化学会奨励賞,2008年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 近赤外光で脳神経細胞の遺伝子を操作するアップコンバージョン分子技術の開発に成功 ~生体深部におけるオプトジェネティクスと高次脳機能の解明に道~,2019年10月

    Angewandte Chemie International Edition

  • ―ペプチドナノファイバーの集合構造と熱応答性の制御に成功―細胞接着性ヒドロゲルの新たな力学特性・温度応答性制御法の構築,2019年07月

    Chemistry–A European Journal

  • 「 なぜニューロンは増えないのか? 」脳梗塞などで脱落するニューロンを分裂させて補充する革新的な再生医療への期待―,2017年09月

    Development

  • 「 なぜニューロンは増えないのか? 」―脳梗塞などで脱落するニューロンを分裂させて補充する革新的な再生医療への期待―,2017年09月

    Development

  • 脳梗塞領域に血管を誘引するスポンジ形状の人工細胞足場の開発〜損傷した脳の再生への第一歩〜,2017年05月

    Advanced Healthcare Materials

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 神経疾患特論,2013年 - 現在