基本情報

写真a

石川 智則(イシカワ トモノリ)

ISHIKAWA Tomonori


職名

准教授

生年

1971年

研究室住所

文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5322

研究室FAX番号

03-5803-0295

メールアドレス

t.ishikawa.crm@tmd.ac.jp

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1997年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  博士課程  2006年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 生殖機能協関学 助教
  • 2017年01月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 茨城県小児・周産期地域医療学講座 講師
  • 2017年04月
    -
    2019年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 茨城県小児・周産期地域医療学講座 講師
  • 2019年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 茨城県小児・周産期地域医療学講座 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1997.3月 東京医科歯科大学医学部医学科卒業
  • 2006.3月 東京医科歯科大学大学院終了
  • 2007.1月 生殖機能協関学助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本産科婦人科学会 日本生殖医学会 日本受精着床学会 日本産科婦人科内視鏡学会、日本内視鏡外科学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本がん・生殖医療学会 幹事
  • 関東連合産科婦人科学会編集委員会 委員
  • 日本産科婦人科学会登録・調査小委員会 委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 産婦人科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生殖内分泌

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Asghari A, Ishikawa T, Hiramitsu S, Lee WR, Umetani J, Bui L, Korach KS, Umetani M. 27-Hydroxycholesterol Promotes Adiposity and Mimics Adipogenic Diet-induced Inflammatory Signaling. Endocrinology. 2019.08; ( PubMed, DOI )

  • Fusegi A, Oshima N, Nakasuji T, Ishikawa T, Wakana K, Yoshiki N, Miyasaka N. Port site recurrence and unusual diffuse subcutaneous metastases of unexpected early stage ovarian cancer after laparoscopic surgery: a case report. Journal of rural medicine : JRM. 2019.05; 14 (1): 143-147. ( PubMed, DOI )

  • Fusegi Atsushi, Oshima Noriko, Nakasuji Takashi, Ishikawa Tomonori, Wakana Kimio, Yoshiki Naoyuki, Miyasaka Naoyuki. Port site recurrence and unusual diffuse subcutaneous metastases of unexpected early stage ovarian cancer after laparoscopic surgery: a case report(和訳中) Journal of Rural Medicine. 2019.05; 14 (1): 143-147. ( 医中誌 )

  • Nakasuji Takashi, Kawai Kiyotaka, Ishikawa Tomonori, Teraoka Kaori, Takeuchi Shiho, Miyagawa Tomoko, Nara Kazuko, Kidera Nobuyuki, Harada Tatsuya, Miyasaka Naoyuki. Random-start ovarian stimulation with aromatase inhibitor for fertility preservation in women with Japanese breast cancer(和訳中) Reproductive Medicine and Biology. 2019.04; 18 (2): 167-172. ( 医中誌 )

  • 船崎 俊也, 岩原 由樹, 齊藤 和毅, 中筋 貴史, 平光 史朗, 石川 智則, 宮坂 尚幸. 乳癌術後化学療法前に受精卵を凍結し,融解胚移植により妊娠し生児を得た1例 関東連合産科婦人科学会誌. 2019.03; 56 (1): 131-136. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 石川智則. エストロゲン作用を示すコレステロール代謝物:27-hydroxycholesterol. 金原出版, 2015.10 女性ヘルスケア集中講義!次世代の女性医学の可能性を求めて.産婦人科の実際2015年臨時増刊号(64巻11号)

  • 石川智則、久保田俊郎. 特集/現代生殖医療のメインストリーム~ARTマスターたちの治療戦略~、産婦人科の実際63巻2014年臨時増刊号(63巻11号). 金原出版, 2014.10 Ⅳ.不妊治療の実際 2.排卵誘発剤

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 関 文恵, 齊藤 和毅, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 石川 智則, 寺内 公一, 宮坂 尚幸. 婦人科手術後に無石性胆嚢炎を発症した3例における危険因子の検討. 関東連合産科婦人科学会誌 2019.05.01

  • K. Kawai, M. Kawahara, N. Kidera, K. Teraoka, A. Yamamoto, K. Ohuchi, Y. Iwahara, T. Ishikawa, T. Harada, N. Miyasaka. EFFICACY OF LUTEAL PHASE (LP) -COS AND FOLLICULAR AND LUTEAL PHASE OVARIAN STIMULATION DURING THE SAME MENSTRUAL CYCLE (DUOSTIM) IN BREAST CANCER PATIENTS . the 7th Congress of the Asia Pacific Initiative on Reproduction (ASPIRE 2017) 2017.11.19 Kuala Lumpur

  • 齋藤 雅人、資延優梨、梶哲也、市橋あゆみ、伊林恵美、久我彰、栖原貴子、平岡謙一郎、大塚喜人、石川智則、大内久美、川井清考、原田竜也. Piezo-ICSIが経験年数1年目培養土のICSI後の受精成績へおよぼす影響. 第62回日本生殖医学会学術講演会 2017.11.17 山口

  • 木寺信之、石川智則、川原麻美、中筋貴史、岩原由樹、大内久美、原田竜也、川井清考、宮坂尚幸. 抗核抗体陽性患者における胚発生の評価. 第62回日本生殖医学会学術講演会 2017.11.17 山口

  • K. Hiraoka, Y. Otsuka, T. Ishikawa, K. Kawai, T. Harada. Effect the sperm selection magnification (400x vs 1,200x) on fertilization results and embryo development in human Piezo-ICSI. ASRM 73rd Scientific Congress 2017.10.28 San Antonio

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第68回日本産科婦人科学会学術講演会International Session Mini Workshop Award,第68回日本産科婦人科学会,2016年04月

  • 第67回日本産科婦人科学会学術講演会 優秀演題賞,日本産科婦人科学会学,2015年04月