基本情報

写真a

樗木 俊聡(オオテキ トシアキ)

OHTEKI Toshiaki


職名

教授

生年

1961年

研究室住所

〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mri/bre/index.html

研究分野・キーワード

樹状細胞、マクロファージ、組織幹細胞、粘膜免疫

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  歯学部  1987年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  歯学研究科  基礎歯学系専攻  博士課程  1991年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東北大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年03月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 生体防御学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2009年03月
    -
    現在
    東京医科歯科大学難治疾患研究所  生体防御学分野 教授
  • 2008年10月
    -
    2014年03月
    独立行政法人科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業CREST 代表研究者
  • 2007年06月
    -
    2009年03月
    群馬大・秋田大連携グローバルCOEプログラム 秋田大リーダー
  • 2007年04月
    -
    2009年03月
    秋田大学大学院医学系研究科 教授
  • 2003年04月
    -
    2006年03月
    秋田大学21世紀COEプログラム コアメンバー

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会、日本細菌学会、日本癌学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年06月
    -
    現在
    マクロファージ分子細胞生物学研究会 会長
  • 2010年10月
    -
    2014年12月
    特定営利活動法人日本免疫学会 総務副委員長、学術委員会委員
  • 2009年12月
    -
    現在
    International Society for Dendritic Cell & Vaccine Science (ISDCVS) Scientific Advisory Committee Member
  • 2008年12月
    -
    現在
    特定営利活動法人日本免疫学会 研究構想推進委員会委員
  • 2008年10月
    -
    現在
    日本樹状細胞研究会 世話人

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • 実験病理学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 樹状細胞・マクロファージの分化・機能、組織幹細胞を基軸とした疾患病態の理解、腸粘膜における免疫寛容維持と破綻,2009年03月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 腸損傷後の再生起点細胞の同定と関連炎症細胞社会ネットワークの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • 造血幹前駆細胞による免疫特権領域誘導メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • 病的・生理的免疫系干渉による組織幹細胞性低下メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • ヒトDC前駆細胞、ヒト単球前駆細胞の同定

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 新規in vivo 幹細胞競合モデルの創成と分子基盤解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Shunsuke Kawamura, Nobuyuki Onai, Fuyuki Miya, Taku Sato, Tatsuhiko Tsunoda, Kazutaka Kurabayashi, Satoshi Yotsumoto, Shoko Kuroda, Katsuto Takenaka, Koichi Akashi, Toshiaki Ohteki. Identification of a Human Clonogenic Progenitor with Strict Monocyte Differentiation Potential: A Counterpart of Mouse cMoPs. Immunity. 2017.05; 46 (5): 835-848.e4. ( PubMed, DOI )

  • Nobuyuki Onai, Toshiaki Ohteki. Bipotent or Oligopotent? A Macrophage and DC Progenitor Revisited. Immunity. 2014.07; 41 (1): 5-7. ( PubMed, DOI )

  • A Yokota-Nakatsuma, H Takeuchi, Y Ohoka, C Kato, S-Y Song, T Hoshino, H Yagita, T Ohteki, M Iwata. Retinoic acid prevents mesenteric lymph node dendritic cells from inducing IL-13-producing inflammatory Th2 cells. Mucosal Immunol. 2014.07; 7 (4): 786-801. ( PubMed, DOI )

  • Hideaki Ohyagi, Nobuyuki Onai, Taku Sato, Satoshi Yotsumoto, Jiajia Liu, Hisaya Akiba, Hideo Yagita, Koji Atarashi, Kenya Honda, Axel Roers, Werner Müller, Kazutaka Kurabayashi, Mayuka Hosoi-Amaike, Naoto Takahashi, Makoto Hirokawa, Kouji Matsushima, Kenichi Sawada, Toshiaki Ohteki. Monocyte-derived dendritic cells perform hemophagocytosis to fine-tune excessive immune responses. Immunity. 2013.09; 39 (3): 584-598. ( PubMed, DOI )

  • Takayuki Sato, Toshio Kitawaki, Haruyuki Fujita, Makoto Iwata, Tomonori Iyoda, Kayo Inaba, Toshiaki Ohteki, Suguru Hasegawa, Kenji Kawada, Yoshiharu Sakai, Hiroki Ikeuchi, Hiroshi Nakase, Akira Niwa, Akifumi Takaori-Kondo, Norimitsu Kadowaki. Human CD1c⁺ myeloid dendritic cells acquire a high level of retinoic acid-producing capacity in response to vitamin D₃. J. Immunol.. 2013.09; 191 (6): 3152-3160. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 樗木 俊聡. 標準免疫学. 医学書院, 2020 マクロファージと樹状細胞

  • 樗木俊聡. 南山堂医学大辞典 第20版. 南山堂, 2015.03 クロスプレゼンテーション (ISBN : 978-4-5250-1080-5)

  • 樗木俊聡. 南山堂医学大辞典 第20版. 南山堂, 2015.03 形質細胞様樹状細胞

  • 小内伸幸, 樗木俊聡, 大八木秀明, 澤田賢一. Annual Review 血液. 中外医学社, 2015.01 単球由来樹状細胞による血球貪食と免疫制御 (ISBN : 978-4498125810)

  • 樗木俊聡. Annual Review 呼吸器. 中外医学社, 2015.01 樹状細胞の起源 (ISBN : 978-4498130135)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 樗木 俊聡. 単球・マクロファージの分化経路と疾患標的としての可能性. 第48回日本臨床免疫学会総会 2020.10.15 web開催

  • 樗木 俊聡. 単球・マクロファージの分化経路と疾患標的としての可能性. 第2回神奈川がん免疫療法講演会 2020.09.11 web開催

  • 樗木俊聡. ヒトおよびマウス樹状細胞の発生分化と機能的特異性. 第119回日本皮膚科学会総会 2020.06.07

  • 樗木 俊聡. 単球・マクロファージの発生分化と疾患標的としての可能性. 第34回日本糖尿病・肥満動物学会 2020.01.31 高崎市

  • 樗木俊聡. マクロファージ:樹状細胞の分化と機能. 第61回歯科基礎医学会学術大会 2019.10.14 東京

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 科研費審査委員表彰(樗木俊聡),独立行政法人日本学術振興会,2016年03月

  • 特定非営利活動法人日本免疫学会 日本免疫学会賞(樗木俊聡),特定非営利活動法人日本免疫学会,2007年11月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「単球の源細胞除去による新規がん治療法の開発」― 抗体-薬剤複合体による副作用の少ないがん治療へ福音 ―,2021年02月

    Frontiers in Immunology

  • 「機能的な大腸幹細胞を維持するための新たな仕組みを発見」― 炎症性腸疾患の発症原因解明に期待 ―,2020年09月

    Scientific Reports

  • 2020年08月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「インターフェロンシグナル制御が腸幹細胞の維持に重要なことを発見」―頑強な腸上皮を保つための新たな仕組み―,2020年07月

    Nature Cell Biology

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学特論 (日本語)(英語),2020年

  • 教養部 主題別選択(I) (II),2019年 - 現在

  • Development and Regenerative Bioscience,2019年

  • コース特論「口腔化学・機能コース」,2018年 - 2019年

  • コース特論「口腔化学・機能コース」,2018年

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 免疫・生体防御学,宮崎大学

  • 細胞調節講義,群馬大学

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 次世代研究育成ユニットタスクフォース委員,2019年10月 - 現在

  • 大学院医歯学総合研究科生命理工医療科学研究科運営委員会 陪席,2019年10月 - 現在

  • 難治疾患研究所個人評価委員会 委員,2019年10月 - 現在

  • 難治疾患研究所大学院教育研究支援施設運営管理委員会 委員,2019年10月 - 現在

  • 難治疾患研究所教授会 委員,2019年10月 - 現在

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 腸幹細胞の維持にはIFNシグナルの抑制が重要,Nature japan,Nature ダイジェスト ,2020年12月10日

  • 持続的なインターフェロン刺激で腸幹細胞の機能低下,科学新聞社,科学新聞,2020年08月07日

  • 造血応答の正確な解析 感染・炎症時でも可能に,2020年06月05日

  • 「感染から守る免疫とは」,NHKワールド,Medical Frontiers,2020年04月24日

  • 腸上皮幹細胞の維持と腸の再生にオートファジーが必要不可欠-東京医歯大,株式会社Qlife,QLifePro医療ニュース,2017年08月04日

全件表示 >>