基本情報

写真a

小林 宏明(コバヤシ ヒロアキ)

KOBAYASHI Hiroaki


職名

非常勤講師

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5488

研究分野・キーワード

歯周免疫学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  歯周病学  博士課程  2000年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2002年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 医員(歯病)
  • 2004年04月
    -
    2008年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 医員(歯病)
  • 2008年06月
    -
    2015年08月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 助教
  • 2015年09月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 非常勤講師
  • 2016年05月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 非常勤講師
  • 2017年05月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 非常勤講師
  • 2018年05月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 歯周病学分野 非常勤講師
  • 2019年05月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 歯周病学分野 非常勤講師
  • 2020年05月
    -
    2021年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 歯周病学分野 非常勤講師
  • 2021年05月
    -
    2022年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 歯周病学分野 非常勤講師
  • 2021年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 非常勤講師
  • 2022年05月
    -
    2023年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 歯周病学分野 非常勤講師
  • 2023年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 歯周病学分野 非常勤講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2004年03月
    トロント大学歯学部 Matrix in Dynamics講座 ポストドクトラルフェロー

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯周病学会

  • 日本歯科保存学会

  • 日本免疫学会

  • 日本炎症・再生医学会

  • 日本産業衛生学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 保存治療系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 労務衛生コンサルタント

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 多機能マトリックスタンパクThrombospondin-1の歯周疾患における役割,2016年04月 - 2019年03月

  • 早産の予防戦略―歯周病原細菌および歯周病由来自己抗体の妊婦子宮への影響―,2014年04月 - 2017年03月

  • 閉塞性動脈疾患における歯周病治療の有効性について,2014年04月 - 2017年03月

  • レーザー・LED光線を用いた歯周炎およびインプラント周囲炎の治療・予防法の開発,2013年04月 - 2017年03月

  • バイオインフォマテック解析を用いた歯周疾患新規バイオマーカーの検索,2013年04月 - 2016年03月

  • IL-17AとIL-17Fバランスによる歯周炎生体防御機構の解明,2013年04月 - 2016年03月

  • タイムコントロール-ナノゲル-サイトカインカクテルによる歯周組織再生療法の開発,2012年04月 - 2015年03月

  • 医学歯学教育における術者目線3Dムービー作成・供覧・遠隔指導システムの開発と評価,2012年04月 - 2015年03月

  • 歯周病由来の自己抗体による早産・低体重児出産への影響,2012年04月 - 2014年03月

  • 光エネルギーを応用した歯周炎およびインプラント周囲炎の革新的治療法・予防法の開発,2010年04月 - 2013年03月

  • 歯周炎疾患進行におけるTGFbetaを起点としたTh17制御メカニズムの解析,2010年04月 - 2012年03月

  • 器官形成シグナルのコントロールを基盤にした歯周病に対する新規治療戦略,2009年04月 - 2011年03月

  • 歯槽骨破壊の防止と動脈硬化抑制のためのWntシグナル制御による新規治療の開発,2008年04月 - 2010年03月

  • Th17免疫細胞を主軸とした歯周炎進行機序に関する研究,2008年 - 2009年

  • 新規炎症調節物質(ANAとHMGB-1)を軸とした歯周病態形成機構の解明と制御,2006年 - 2008年

  • 歯周組織再生における亜鉛フィンガー転写調節因子の働き,2005年 - 2006年

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 労働安全衛生法に基づく歯科医師による健康診断のより適切な実施に資する研究

    厚生労働省 : 2022年04月 - 2025年03月

  • 多機能マトリックスタンパクThrombospondin-1の歯周疾患における役割

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 早産の予防戦略―歯周病原細菌および歯周病由来自己抗体の妊婦子宮への影響―

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 閉塞性動脈疾患における歯周病治療の有効性について

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 患者データベースに基づく糖尿病の新規合併症マーカーの探索と均てん化に関する研究―合併症予防と受診中断抑止の視点から

    厚生労働省 : 2013年04月 - 2016年03月

  • レーザー・LED光線を用いた歯周炎およびインプラント周囲炎の治療・予防法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2016年

  • IL-17AとIL-17Fバランスによる歯周炎生体防御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • レーザー・LED光線を用いた歯周炎およびインプラント周囲炎の治療・予防法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • バイオインフォマテック解析を用いた歯周疾患新規バイオマーカーの検索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • タイムコントロール-ナノゲル-サイトカインカクテルによる歯周組織再生療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 医学歯学教育における術者目線3Dムービー作成・供覧・遠隔指導システムの開発と評価

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 歯周病由来の自己抗体による早産・低体重児出産への影響

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • 光エネルギーを応用した歯周炎およびインプラント周囲炎の革新的治療法・予防法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

  • バイオインフォマテック解析を用いた歯周疾患新規バイオマーカーの検索

    文部科学省/日本学術振興会

  • 治癒する歯内歯周病変を診断するための細菌学的検査方法の確立

    文部科学省/日本学術振興会

  • 人骨から読み解く日本列島人の食生活―食物の変遷と多様性の復元―

    文部科学省/日本学術振興会

  • レーザー応用による非外科的低侵襲歯周組織再生療法の確立と治癒促進効果の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 3DプリンターによるNCCL発生メカニズムの解明 -摩耗とアブフラクション-

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Hirasawa I, Odagiri H, Park G, Sanghavi R, Oshita T, Togi A, Yoshikawa K, Mizutani K, Takeuchi Y, Kobayashi H, Katagiri S, Iwata T, Aoki A. Anti-inflammatory effects of cold atmospheric plasma irradiation on the THP-1 human acute monocytic leukemia cell line. PloS one. 2023; 18 (10): e0292267. ( PubMed, DOI )

  2. Takahiko Shiba, Keiji Komatsu, Takeaki Sudo, Rikai Sawafuji, Aiko Saso, Shintaroh Ueda, Takayasu Watanabe, Takashi Nemoto, Chihiro Kano, Takahiko Nagai, Yujin Ohsugi, Sayaka Katagiri, Yasuo Takeuchi, Hiroaki Kobayashi, Takanori Iwata. Comparison of Periodontal Bacteria of Edo and Modern Periods Using Novel Diagnostic Approach for Periodontitis With Micro-CT. Front Cell Infect Microbiol. 2021.09; 11 723821. ( PubMed, DOI )

  3. 1. Tanabe G, Hasunuma T, Inai Y, Takeuchi Y, Kobayashi H, Hayashi K, Shimizu S, Kamiya NS, Churei H, Sumita YI, Suzuki K, Moriya N, Ueno T.. Potential Assessment of Dehydration during High-Intensity Training Using a Capacitance Sensor for Oral Mucosal Moisture: Evaluation of Elite Athletes in a Field-Based Survey. Chemosensors. 2021.07; 9 (8): 196. ( DOI )

  4. Nomura Y, Morozumi T, Saito A, Yoshimura A, Kakuta E, Suzuki F, Nishimura F, Takai H, Kobayashi H, Noguchi K, Takahashi K, Tabeta K, Umeda M, Minabe M, Fukuda M, Sugano N, Hanada N, Yoshinari N, Sekino S, Takashiba S, Sato S, Nakamura T, Sugaya T, Nakayama Y, Ogata Y, Numabe Y, Nakagawa T. Prospective Longitudinal Changes in the Periodontal Inflamed Surface Area Following Active Periodontal Treatment for Chronic Periodontitis Journal of Clinical Medicine. 2021.03; 10 (6): 1165. ( DOI )

  5. Ikawa Takahiro, Mizutani Koji, Sudo Takeaki, Kano Chihiro, Ikeda Yuichi, Akizuki Tatsuya, Kobayashi Hiroaki, Izumi Yuichi, Iwata Takanori. Clinical comparison of an electric-powered ionic toothbrush and a manual toothbrush in plaque reduction: A randomized clinical trial INTERNATIONAL JOURNAL OF DENTAL HYGIENE. 2021.02; 19 (1): 93-98. ( PubMed, DOI )

  6. Nomura Y, Morozumi T, Numabe Y, Ogata Y, Nakayama Y, Sugaya T, Nakamura T, Sato S, Takashiba S, Sekino S, Yoshinari N, Hanada N, Sugano N, Fukuda M, Minabe M, Umeda M, Tabeta K, Takahashi K, Noguchi K, Kobayashi H, Takai H, Nishimura F, Suzuki F, Kakuta E, Yoshimura A, Saito A, Nakagawa T. Estimation of the Periodontal Inflamed Surface Area by Simple Oral Examination Journal of Clinical Medicine. 2021.02; 10 (4): ( PubMed, DOI )

  7. Ikeda Yuichi, Kawada Ayako, Tanaka Daiki, Ikeda Eri, Kobayashi Hiroaki, Iwata Takanori. A comparative questionnaire study of patient complaint levels between magnetostrictive ultrasonic scaler (Cavitron(R)) and piezoelectric ultrasonic scalers INTERNATIONAL JOURNAL OF DENTAL HYGIENE. 2020.12; ( PubMed, DOI )

  8. Ye Changchang, Katagiri Sayaka, Miyasaka Naoyuki, Kobayashi Hiroaki, Khemwong Thatawee, Nagasawa Toshiyuki, Izumi Yuichi. The periodontopathic bacteria in placenta, saliva and subgingival plaque of threatened preterm labor and preterm low birth weight cases: a longitudinal study in Japanese pregnant women CLINICAL ORAL INVESTIGATIONS. 2020.12; 24 (12): 4261-4270. ( PubMed, DOI )

  9. Nomura Y, Morozumi T, Fukuda M, Hanada N, Kakuta E, Kobayashi H, Minabe M, Nakamura T, Nakayama Y, Nishimura F, Noguchi K, Numabe Y, Ogata Y, Saito A, Sato S, Sekino S, Sugano N, Sugaya T, Suzuki F, Takahashi K, Takai H, Takashiba S, Umeda M, Yoshie H, Yoshimura A, Yoshinari N, Nakagawa T. Optimal Examination Sites for Periodontal Disease Evaluation: Applying the Item Response Theory Graded Response Model Journal of Clinical Medicine. 2020.11; 9 (11): ( PubMed, DOI )

  10. Ye C, Xia Z, Tang J, Khemwong T, Kapila Y, Kuraji R, Huang P, Wu Y, Kobayashi H. Unculturable and culturable periodontal-related bacteria are associated with periodontal inflammation during pregnancy and with preterm low birth weight delivery. Scientific Reports. 2020.09; 10 (1): 15807. ( PubMed, DOI )

  11. Ye Changchang, Kobayashi Hiroaki, Katagiri Sayaka, Miyasaka Naoyuki, Takeuchi Yasuo, Kuraji Ryutaro, Izumi Yuichi. The relationship between the anti-Porphyromonas gingivalisimmunoglobulin G subclass antibody and small for gestational age delivery: a longitudinal study in pregnant Japanese women INTERNATIONAL DENTAL JOURNAL. 2020.08; 70 (4): 296-302. ( PubMed, DOI )

  12. 加納 千博, 小林 宏明, 野崎 浩佑, 妻沼 有香, 須藤 毅顕, Khemwong Thatawee, 三神 亮, 和泉 雄一. 生物学的に許容できる歯根面を得るためのルートプレーニング 実験的研究(Effective root planing for biologically acceptable root surfaces: an experimental study) 日本歯周病学会会誌. 2020.03; 62 (1): 1-15. ( 医中誌 )

  13. Techatanawat S, Surarit R, Chairatvit K, Khovidhunkit W, Roytrakul S, Thanakun S, Kobayashi H, Khovidhunkit SP, Izumi Y. Salivary and serum interleukin-17A and interleukin-18 levels in patients with type 2 diabetes mellitus with and without periodontitis PLoS One. 2020.02; 15 (2): e0228921. ( PubMed, DOI )

  14. Khemwong Thatawee, Kobayashi Hiroaki, Ikeda Yuichi, Matsuura Takanori, Sudo Takeaki, Kano Chihiro, Mikami Ryo, Izumi Yuichi. Fretibacterium sp. human oral taxon 360 is a novel biomarker for periodontitis screening in the Japanese population PLOS ONE. 2019.06; 14 (6): e0218266. ( PubMed, DOI )

  15. Khemwong T, Kobayashi H Ikeda Y, Sudo T, Kano C, Matsuura T, Izumi Y . Eubacterium Saphenum as a Novel Bacterial Biomarker for Periodontitis Screening 口腔病学会雑誌. 2018.07; 85 (2): 62-67.

  16. Khemwong Thatawee, 小林 宏明, 池田 裕一, 須藤 毅顕, 加納 千博, 松浦 孝典, 和泉 雄一. 歯周炎スクリーニングのための新規細菌バイオマーカー Eubacterium saphenum(Eubacterium saphenum as a Novel Bacterial Biomarker for Periodontitis Screening) 口腔病学会雑誌. 2018.07; 85 (2): 62-68. ( 医中誌 )

  17. Sineepat Talungchit, Waranun Buajeeb, Chotima Lerdtripop, Rudee Surarit, Kongthawat Chairatvit, Sittiruk Roytrakul, Hiroaki Kobayashi, Yuichi Izumi, Siribang-On Piboonniyom Khovidhunkit. Putative salivary protein biomarkers for the diagnosis of oral lichen planus: a case-control study. BMC Oral Health. 2018; 18 (1): 42. ( PubMed, DOI )

  18. Yoshiaki Nomura, Toshiya Morozumi, Taneaki Nakagawa, Tsutomu Sugaya, Masamitsu Kawanami, Fumihiko Suzuki, Keiso Takahashi, Yuzo Abe, Soh Sato, Asako Makino-Oi, Atsushi Saito, Satomi Takano, Masato Minabe, Yohei Nakayama, Yorimasa Ogata, Hiroaki Kobayashi, Yuichi Izumi, Naoyuki Sugano, Koichi Ito, Satoshi Sekino, Yukihiro Numabe, Chie Fukaya, Nobuo Yoshinari, Mitsuo Fukuda, Toshihide Noguchi, Tomoo Kono, Makoto Umeda, Osamu Fujise, Fusanori Nishimura, Atsutoshi Yoshimura, Yoshitaka Hara, Toshiaki Nakamura, Kazuyuki Noguchi, Erika Kakuta, Nobuhiro Hanada, Shogo Takashiba, Yasuharu Amitani, Hiromasa Yoshie. Site-level progression of periodontal disease during a follow-up period. PLoS ONE. 2017.12; 12 (12): e0188670. ( PubMed, DOI )

  19. Khemwong Thatawee, Kobayashi Hiroaki, Sudo Takeaki, Kano Chihiro, Izumi Yuichi. Beta-defensins inducing by interleukin-17s in oral epithelial cell CYTOKINE. 2017.12; 100 155.

  20. T Sudo, Y Okada, K Ozaki, K Urayama, M Kanai, H Kobayashi, M Gokyu, Y Izumi, T Tanaka. Association of NOD2 Mutations with Aggressive Periodontitis. J. Dent. Res.. 2017.09; 96 (10): 1100-1105. ( PubMed, DOI )

  21. Kakuta E, Nomura Y, Morozumi T, Nakagawa T, Nakamura T, Noguchi K, Yoshimura A, Hara Y, Fujise O, Nishimura F, Kono T, Umeda M, Fukuda M, Noguchi T, Yoshinari N, Fukaya C, Sekino S, Numabe Y, Sugano N, Ito K, Kobayashi H, Izumi Y, Takai H, Ogata Y, Takano S, Minabe M, Makino-Oi A, Saito A, Abe Y, Sato S, Suzuki F, Takahashi K, Sugaya T, Kawanami M, Hanada N, Takashiba S, Yoshie H. Assessing the progression of chronic periodontitis using subgingival pathogen levels: a 24-month prospective multicenter cohort study. BMC Oral Health. 2017.01; 17 (1): 46. ( PubMed, DOI )

  22. T Morozumi, T Nakagawa, Y Nomura, T Sugaya, M Kawanami, F Suzuki, K Takahashi, Y Abe, S Sato, A Makino-Oi, A Saito, S Takano, M Minabe, Y Nakayama, Y Ogata, H Kobayashi, Y Izumi, N Sugano, K Ito, S Sekino, Y Numabe, C Fukaya, N Yoshinari, M Fukuda, T Noguchi, T Kono, M Umeda, O Fujise, F Nishimura, A Yoshimura, Y Hara, T Nakamura, K Noguchi, E Kakuta, N Hanada, S Takashiba, H Yoshie. Salivary pathogen and serum antibody to assess the progression of chronic periodontitis: a 24-mo prospective multicenter cohort study. J. Periodont. Res.. 2016.12; 51 (6): 768-778. ( PubMed, DOI )

  23. Supanee Thanakun, Suchaya Pornprasertsuk-Damrongsri, Misa Gokyu, Hiroaki Kobayashi, Yuichi Izumi. Inverse Association of Plasma IgG Antibody to Aggregatibacter actinomycetemcomitans and High C-Reactive Protein Levels in Patients with Metabolic Syndrome and Periodontitis. PLoS ONE. 2016; 11 (2): e0148638. ( PubMed, DOI )

  24. Ogita M, Tsuchida S, Aoki A, Satoh M, Kado S, Sawabe M, Nanbara H, Kobayashi H, Takeuchi Y, Mizutani K, Sasaki Y, Nomura F, Izumi Y. Increased cell proliferation and differential protein expression induced by low-level Er:YAG laser irradiation in human gingival fibroblasts: proteomic analysis. Lasers in Medical Science. 2015.09; 30 (7): 1855-1866.

  25. Tomonari Suda, Hiroaki Kobayashi, Toshiharu Akiyama, Takuya Takano, Misa Gokyu, Takeaki Sudo, Thatawee Khemwong, Yuichi Izumi. Desensitizing Agent Reduces Dentin Hypersensitivity During Ultrasonic Scaling: A Pilot Study. J Clin Diagn Res. 2015.09; 9 (9): ZC46-ZC49. ( PubMed, DOI )

  26. S. Shimizu, Y. Momozawa, A. Takahashi, T. Nagasawa, K. Ashikawa, Y. Terada, Y. Izumi, H. Kobayashi, M. Tsuji, M. Kubo, and Y. Furuichi2. A Genome-wide Association Study of Periodontitis in a Japanese Population Journal of Dental Research. 2015.02; 11

  27. Ogita M, Tsuchida S, Aoki A, Satoh M, Kado S, Sawabe M, Nanbara H, Kobayashi H, Takeuchi Y, Mizutani K, Sasaki Y, Nomura F, Izumi Y. Increased cell proliferation and differential protein expression induced by low-level Er:YAG laser irradiation in human gingival fibroblasts: proteomic analysis. Lasers Med Sci.. 2014.12; 28

  28. Misa Gokyu, Hiroaki Kobayashi, Hiromi Nanbara, Takeaki Sudo, Yuichi Ikeda, Tomonari Suda, Yuichi Izumi. Thrombospondin-1 production is enhanced by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide in THP-1 cells. PLoS ONE. 2014; 9 (12): e115107. ( PubMed, DOI )

  29. Tsuchida S, Satoh M, Kawashima Y, Sogawa K, Kado S, Sawai S, Nishimura M, Ogita M, Takeuchi Y, Kobyashi H, Aoki A, Kodera Y, Matsushita K, Izumi Y, Nomura F.. Application of quantitative proteomic analysis using tandem mass tags for discovery and identification of novel biomarkers in periodontal disease. Proteomics. Proteomics. 2013.08;

  30. Changchang Ye, Sayaka Katagiri, Naoyuki Miyasaka, Pariksha Bharti, Hiroaki Kobayashi, Yasuo Takeuchi, Yoshihito Momohara, Masaki Sekiguchi, Satoko Takamine, Toshiyuki Nagasawa, Yuichi Izumi. The anti-phospholipid antibody-dependent and independent effects of periodontopathic bacteria on threatened preterm labor and preterm birth. Arch. Gynecol. Obstet.. 2013.07; 288 (1): 65-72. ( PubMed, DOI )

  31. Pariksha Bharti, Sayaka Katagiri, Hiroshi Nitta, Toshiyuki Nagasawa, Hiroaki Kobayashi, Yasuo Takeuchi, Hajime Izumiyama, Isao Uchimura, Shuji Inoue, Yuichi Izumi. Periodontal treatment with topical antibiotics improves glycemic control in association with elevated serum adiponectin in patients with type 2 diabetes mellitus. Obes Res Clin Pract. 2013; 7 (2): e129-e138. ( PubMed, DOI )

  32. Sayaka Katagiri, Toshiyuki Nagasawa, Hiroaki Kobayashi, Hideyuki Takamatsu, Pariksha Bharti, Hajime Izumiyama, Isao Uchimura, Tadashi Tagami, Takafumi Suzuki, Hiromi Nanbara, Youichi Taniguchi, Sae Hayakumo, Tatsuro Koyanagi, Akiko Himeno-Ando, Maki Goto, Hiroshi Kajio, Yoshihiko Takahashi, Yuichi Izumi, Mitsuhiko Noda. Improvement of glycemic control after periodontal treatment by resolving gingival inflammation in type 2 diabetic patients with periodontal disease. J Diabetes Investig. 2012.08; 3 (4): 402-409. ( PubMed, DOI )

  33. Yasuo Takeuchi, Toshiyuki Nagasawa, Sayaka Katagiri, Satoshi Kitagawara, Hiroaki Kobayashi, Tatsurou Koyanagi, Yuichi Izumi. Salivary levels of antibacterial peptide (LL-37/hCAP-18) and cotinine in patients with chronic periodontitis. J. Periodontol.. 2012.06; 83 (6): 766-772. ( PubMed, DOI )

  34. Hiromi Nanbara, Nawarat Wara-aswapati, Toshiyuki Nagasawa, Yasuhiro Yoshida, Reiko Yashiro, Yukiko Bando, Hiroaki Kobayashi, Janjura Khongcharoensuk, Doosadee Hormdee, Waranuch Pitiphat, Jason A Boch, Yuichi Izumi. Modulation of Wnt5a expression by periodontopathic bacteria. PLoS ONE. 2012; 7 (4): e34434. ( PubMed, DOI )

  35. Uraiwan Chokechanachaisakul, Tomoatsu Kaneko, Yusuke Yamanaka, Reika Kaneko, Ken-ichi Katsube, Hiroaki Kobayashi, Jacques E Nör, Takashi Okiji, Hideaki Suda. Gene expression analysis of resident macrophages in lipopolysaccharide-stimulated rat molar pulps. J Endod. 2011.09; 37 (9): 1258-1263. ( PubMed, DOI )

  36. Yuichi Izumi, Akira Aoki, Yoichi Yamada, Hiroaki Kobayashi, Takanori Iwata, Tatsuya Akizuki, Tomonari Suda, Sayaka Nakamura, Nawarat Wara-Aswapati, Minoru Ueda, Isao Ishikawa. Current and future periodontal tissue engineering. Periodontol. 2000. 2011.06; 56 (1): 166-187. ( PubMed, DOI )

  37. Chie Kobayashi, Ken Yaegaki, Bogdan Calenic, Nikolay Ishkitiev, Toshio Imai, Hisataka Ii, Izumi Aoyama, Hiroaki Kobayashi, Yuichi Izumi, Markus Haapasalo. Hydrogen sulfide causes apoptosis in human pulp stem cells. J Endod. 2011.04; 37 (4): 479-484. ( PubMed, DOI )

  38. Marika Takahashi, Zhiyong Chen, Kaoru Watanabe, Hiroaki Kobayashi, Toshiaki Nakajima, Akinori Kimura, Yuichi Izumi. Toll-like receptor 2 gene polymorphisms associated with aggressive periodontitis in Japanese. Open Dent J. 2011; 5 190-194. ( PubMed, DOI )

  39. Toshiyuki Nagasawa, Mitsuhiko Noda, Sayaka Katagiri, Maki Takaichi, Yoshihiko Takahashi, Nawarat Wara-Aswapati, Hiroaki Kobayashi, Satoko Ohara, Yoko Kawaguchi, Tadashi Tagami, Yasushi Furuichi, Yuichi Izumi. Relationship between periodontitis and diabetes - importance of a clinical study to prove the vicious cycle. Intern. Med.. 2010; 49 (10): 881-885. ( PubMed )

  40. Yi-Wen Chen, Toshiyuki Nagasawa, Nawarat Wara-Aswapati, Yuka Ushida, Dongqing Wang, Yasuo Takeuchi, Hiroaki Kobayashi, Makoto Umeda, Yoshinori Inoue, Takehisa Iwai, Isao Ishikawa, Yuichi Izumi. Association between periodontitis and anti-cardiolipin antibodies in Buerger disease. J. Clin. Periodontol.. 2009.10; 36 (10): 830-835. ( PubMed, DOI )

  41. T Suda, T Nagasawa, N Wara-Aswapati, H Kobayashi, K Iwasaki, R Yashiro, D Hormdee, H Nitta, I Ishikawa, Y Izumi. Regulatory roles of beta-catenin and AP-1 on osteoprotegerin production in interleukin-1alpha-stimulated periodontal ligament cells. Oral Microbiol. Immunol.. 2009.10; 24 (5): 384-389. ( PubMed, DOI )

  42. Y Bando, K Noguchi, H Kobayashi, N Yoshida, I Ishikawa, Y Izumi. Cyclooxygenase-2-derived prostaglandin E2 is involved in vascular endothelial growth factor production in interleukin-1alpha-stimulated human periodontal ligament cells. J Periodontal Res. 2009.06; 44 (3): 395-401. ( PubMed, DOI )

  43. Yuichi Izumi, Toshiyuki Nagasawa, Makoto Umeda, Hiroaki kobayashi, Yasuo Takeuchi, Reiko Yashiro, Doosadee Hormdee, Tomonari Suda, Yuka Ushida, Nawarat Wara-aswapati. . 28. Periodontitis and cardiovascular diseases: The link and relevant mechanisms. Japanese Dental Sciense Review. 2009; 45 98-108.

  44. D Wang, T Nagasawa, Y Chen, Y Ushida, H Kobayashi, Y Takeuchi, M Umeda, Y Izumi. Molecular mimicry of Aggregatibacter actinomycetemcomitans with beta2 glycoprotein I. Oral Microbiol Immunol. 2008.10; 23 (5): 401-405. ( PubMed, DOI )

  45. Tomohiko Gunji, Yoshihiro Onouchi, Toshiyuki Nagasawa, Sayaka Katagiri, Hisashi Watanabe, Hiroaki Kobayashi, Shinichi Arakawa, Kazuyuki Noguchi, Akira Hata, Yuichi Izumi, Isao Ishikawa. Functional polymorphisms of the FPR1 gene and aggressive periodontitis in Japanese. Biochem Biophys Res Commun. 2007.12; 364 (1): 7-13. ( PubMed, DOI )

  46. M Kiji, T Nagasawa, D Hormdee, R Yashiro, H Kobayashi, K Noguchi, H Nitta, Y Izumi, I Ishikawa. Internal prostaglandin synthesis augments osteoprotegerin production in human gingival fibroblasts stimulated by lipopolysaccharide. Clin Exp Immunol. 2007.08; 149 (2): 327-334. ( PubMed, DOI )

  47. Tomoe Fukui, Hiroaki Kobayashi, Urara Hasegawa, Toshiyuki Nagasawa, Kazunari Akiyoshi, Isao Ishikawa. Intracellular delivery of nanogel-quantum dot hybrid nanoparticles into human periodontal ligament cells. Drug Metab Lett. 2007.04; 1 (2): 131-135. ( PubMed, DOI )

  48. Toshiyuki Nagasawa, Makoto Kiji, Reiko Yashiro, Doosadee Hormdee, He Lu, Melanie Kunze, Tomonari Suda, Geena Koshy, Hiroaki Kobayashi, Shigeru Oda, Hiroshi Nitta, Isao Ishikawa. Roles of receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand (RANKL) and osteoprotegerin in periodontal health and disease. Periodontol 2000. 2007; 43 65-84. ( PubMed, DOI )

  49. R Yashiro, T Nagasawa, M Kiji, D Hormdee, H Kobayashi, G Koshy, H Nitta, I Ishikawa. Transforming growth factor-beta stimulates interleukin-11 production by human periodontal ligament and gingival fibroblasts. J Clin Periodontol. 2006.03; 33 (3): 165-171. ( PubMed, DOI )

  50. D Hormdee, T Nagasawa, M Kiji, R Yashiro, H Kobayashi, G Koshy, K Noguchi, H Nitta, I Ishikawa. Protein kinase-A-dependent osteoprotegerin production on interleukin-1 stimulation in human gingival fibroblasts is distinct from periodontal ligament fibroblasts. Clin Exp Immunol. 2005.12; 142 (3): 490-497. ( PubMed, DOI )

  51. Yuguang Gao, Andrew Jheon, Houman Nourkeyhani, Hiroaki Kobayashi, Bernhard Ganss. Molecular cloning, structure, expression, and chromosomal localization of the human Osterix (SP7) gene. Gene. 2004.10; 341 101-110. ( PubMed, DOI )

  52. T Nagasawa, H Kobayashi, M Aramaki, M Kiji, S Oda, Y Izumi. Expression of CD14, CD16 and CD45RA on monocytes from periodontitis patients. J Periodontal Res. 2004.02; 39 (1): 72-78. ( PubMed, DOI )

  53. Y Gao, H Kobayashi, B Ganss. The human KROX-26/ZNF22 gene is expressed at sites of tooth formation and maps to the locus for permanent tooth agenesis (He-Zhao deficiency). J Dent Res. 2003.12; 82 (12): 1002-1007. ( PubMed, DOI )

  54. Yuya Murakami, Takehisa Kojima, Toshiyuki Nagasawa, Hiroaki Kobayashi, Isao Ishikawa. Novel isolation of alkaline phosphatase-positive subpopulation from periodontal ligament fibroblasts. J Periodontol. 2003.06; 74 (6): 780-786. ( PubMed, DOI )

  55. Makoto Umeda, Hiroaki Kobayashi, Yasuo Takeuchi, Joichiro Hayashi, Yoko Morotome-Hayashi, Kazuko Yano, Akira Aoki, Toshifumi Ohkusa, Isao Ishikawa. High prevalence of Helicobacter pylori detected by PCR in the oral cavities of periodontitis patients. J Periodontol. 2003.01; 74 (1): 129-134. ( PubMed, DOI )

  56. Bernhard Ganss, Hiroaki Kobayashi. The zinc finger transcription factor Zfp60 is a negative regulator of cartilage differentiation. J Bone Miner Res. 2002.12; 17 (12): 2151-2160. ( PubMed, DOI )

  57. T Nagasawa, H Kobayashi, M Kiji, M Aramaki, R Mahanonda, T Kojima, Y Murakami, M Saito, Y Morotome, I Ishikawa. LPS-stimulated human gingival fibroblasts inhibit the differentiation of monocytes into osteoclasts through the production of osteoprotegerin. Clin Exp Immunol. 2002.11; 130 (2): 338-344. ( PubMed, DOI )

  58. H Kobayashi, T Nagasawa, M Aramaki, R Mahanonda, I Ishikawa. Individual diversities in interferon gamma production by human peripheral blood mononuclear cells stimulated with periodontopathic bacteria. J Periodontal Res. 2000.12; 35 (6): 319-328. ( PubMed, DOI )

  59. 小林宏明. 粉じんの粒子が小さいとどうなるのか 日本労働衛生研究協議会. 2021.04; 27 (2): 11-14.

  60. 金森 悟, 坂本宣明, 白田千佳子, 海野賀央, 江口泰正, 山下奈々, 北島文子, 厚美直孝, 小林宏明, 高家 望, 福田 洋. 【健康教育・ヘルスプロモーションとCOVID-19】多職種産業保健スタッフの研究会による夏季セミナー開催報告 コロナは世界・健康教育・ヘルスプロモーションをどう変えたのか? 日本健康教育学会誌. 2021.02; 29 (1): 79-86. ( 医中誌 )

  61. 福岡 裕樹, 鈴木 聖一, 三上 友絵, 小林 宏明, 田中 敬子, 和泉 雄一, 森山 啓司. 電子歯ブラシを用いた口腔衛生指導が口腔内環境に及ぼす影響 歯科矯正治療患者における検討 口腔病学会雑誌. 2020.11; 87 (2-3): 60-66. ( 医中誌 )

  62. 小林 宏明, 川島 伸之, 須藤 毅顕, 加納 千博, 三神 亮, 片桐 さやか, 竹内 康雄, 岩田 隆紀. 治癒する歯周歯内病変を診断するための細菌学的検索 日本歯周病学会会誌. 2020.10; 62 (秋季特別): 123. ( 医中誌 )

  63. 田邊 元, 蓮沼 哲哉, 稲井 勇仁, 中禮 宏, 林 海里, 神谷 菜々, 深沢 慎太郎, 竹内 康雄, 小林 宏明, 上野 俊明. 簡易型唾液中LDH測定と自覚的疲労・筋肉痛の関係についての基礎調査 日本臨床スポーツ医学会誌. 2020.10; 28 (4): S268. ( 医中誌 )

  64. 田邊 元, 蓮沼 哲也, 稲井 勇仁, 中禮 宏, 林 海里, 神谷 菜々, 深沢 慎太郎, 竹内 康雄, 小林 宏明, 森谷 直樹, 岩田 隆紀, 上野 俊明. 高強度トレーニングによる主観的疲労・唾液免疫指標の変化と歯周組織炎症指標の関係 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集. 2020.06; 152回 153. ( 医中誌 )

  65. 小林 宏明. 【あなどってはいけない!保存版 口腔トラブル対策ポイント15】押さえておきたい対策ポイント×5 気づいたときには手遅れ!?歯周病 産業保健と看護. 2019.09; 11 (5): 441-446. ( 医中誌 )

  66. 須藤 毅顕, 小林 宏明, 青木 章, 田中 敏博. 【バイオインフォマティクスの進展・臨床応用】全エクソーム解析による疾患遺伝子の同定 侵襲性歯周炎のNOD2遺伝子の変異の同定 最新医学. 2019.02; 74 (2): 207-213. ( 医中誌 )

  67. 須藤毅顕、小林宏明、青木章、田中敏博. 全エクソーム解析による疾患遺伝子の同定-侵襲性歯周炎のNOD2遺伝子の変異の同定- 最新醫學. 2019.01; 74 (2): 207-214.

  68. 須藤 毅顕, 岡田 随象, 尾崎 浩一, 浦山 ケビン, 金井 仁弘, 小林 宏明, 御給 美沙, 和泉雄一, 田中 敏博. 侵襲性歯周炎における遺伝子変異の同定 歯界展望. 2018.12; 132 (6): 1101-1104.

  69. 須藤 毅顕, 岡田 随象, 尾崎 浩一, 浦山 ケビン, 金井 仁弘, 小林 宏明, 御給 美沙, 和泉 雄一, 田中 敏博. 侵襲性歯周炎における遺伝子変異の同定 歯界展望. 2018.12; 132 (6): 1101-1104. ( 医中誌 )

  70. 小林 宏明, 川島 伸之, 須藤 毅顕, 加納 千博, 和泉 雄一. 治るエンド・ペリオ病変の診断をめざして The Quintessence. 2018.08; 37 (8): 1862-1870. ( 医中誌 )

  71. 小林 宏明. 【歯周外科の基本テクニック 術前検査からメインテナンスまで】Chapter2 歯周外科手術の基本テクニック メインテナンス 歯周外科後のメインテナンス 歯界展望. 2017.12; 別冊 (歯周外科の基本テクニック 術前検査からメインテナンスまで): 122-123. ( 医中誌 )

  72. 小林 宏明. 【プロケアの本】 (chapter 1)なぜ、プロケアが必要なのか? 良好なプラークスコアの維持に大切なこと デンタルハイジーン. 2017.11; 別冊 (プロケアの本): 19-21. ( 医中誌 )

  73. 小林 宏明. 【プロケアの本】(chapter 5)症例に合わせたプロケア 補綴物とPMTCの関係 デンタルハイジーン. 2017.11; 別冊 (プロケアの本): 117-118. ( 医中誌 )

  74. 小林 宏明. 【プロケアの本】(chapter 3)プラークをターゲットとしたプロケア 歯面(エナメル質・象牙質)へのダメージ デンタルハイジーン. 2017.11; 別冊 (プロケアの本): 63-64. ( 医中誌 )

  75. 小林 宏明. 【プロケアの本】(chapter 3)プラークをターゲットとしたプロケア ステインへの対応 デンタルハイジーン. 2017.11; 別冊 (プロケアの本): 69. ( 医中誌 )

  76. 青山 典生, 小林 宏明, 田中 敬子, 安原 雄介, 木ノ内 聡, 高野 琢也, 今村 亮祐, 和泉 雄一. 電子歯ブラシ使用において変化するパラメータの検索 健常者におけるパイロットスタディ 口腔病学会雑誌. 2017.03; 84 (1): 19-24. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 和泉 雄一, 小田 茂, 菊池 重成, 秋月 達也 他. 歯周外科の基本テクニック 術前検査からメインテナンスまで. 医歯薬出版株式会社, 2017.12

  2. 編集 和泉 雄一、 執筆 和泉 雄一,青木 章,小林 宏明 他. 歯周病と全身の健康Q&A 補訂版. 医学情報社, 2017.08 (ISBN : 978-4-903553-46-7)

  3. 和泉雄一 監著 小田茂・竹内康雄・水谷幸嗣 編著 他. 歯周外科のハプニング・リカバリー 早わかりQ&A96. クインテッセンス出版株式会社, 2016.11

  4. 和泉 雄一. 垂直性骨欠損への対応 歯周治療成功が見えてくる. 医学情報社, 2016.10 Ⅳ 垂直性骨欠損の非外科的治療 ー基本編

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Shimizu S, Hayashi K, Takeuchi Y, Tanabe G, Churei H, Kobayashi H, Ueno T, Fueki K. Effect of Administration of Sonicated P. gingivalis on skeletal muscle injury healing using a rat model. . ECSS Paris 2023 2023.07.04 Paris

  2. Chihiro Kano, Koji Mizutani, Takahiro Ikawa, Takeaki Sudo, Hiroaki Kobayashi, Yuichi Izumi. The effect of electric-powered ionic toothbrushing on plaque removal – randomized clinical trial –. Europerio9 2018.09.20

  3. Chihiro Kano, Hiroaki Kobayashi, Kosuke Nozaki, Yuka Tsumanuma, Takeaki Sudo, Thatawee Khemwong, Yuichi Izumi. The effective scaling strokes for root planing. The 32nd IADR-SEA Division Annual Scientific Meeting 2018.09.14

  4. T. Khemwong, H. Kobayashi, T. Sudo, C. Kano, T. Matsuura, Y. Ikeda, Y. Izumi. Fretibacterium oral taxon 360 is salivary biomarker for periodontitis. Europerio9 2018.06.23 アムステルダム オランダ

  5. Matsuura T, Ikeda Y, Kobayashi H, Gokyu M, Sakamaki Y, Tsuchiya Y, Nose S, Takahashi Y, Izumi Y. A NOVEL DIAGNOSTIC LOGIC USING SALIVA PATHOGEN AND A SELF-ADMINISTERED QUESTIONNAIRE FOR SCREENING PERIODONTITIS. 101st Annual Meeting of American Academy of Periodontology 2015.11.15 Orland, USA

  6. Misa Gokyu, Hiroaki Kobayashi, Nobuyuki Kawashima, Yuichi Ikeda, Hiromi Nanbara, Takeaki Sudo, Tomonari Suda, Yuichi Izumi. Bacterial evaluation in Periodontal-Endodontic lesion. The International Association for Dental Research (IADR) 2015.03.14

  7. Misa Gokyu, Yuichi Ikeda, Hiroaki Kobayashi, Yuichi Izumi. Quantitative evaluation for counting bacterial cells using synthesis gene. 国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会 (JADR) (第62回) 2014.12.05

  8. M.Gokyu, H.Kobayashi, H.Nanbara, Y.Changchang, Y.Izumi. Thrombospondin 1 expression in THP-1 cells stimulated with periodontopathic bacteria. 15th INTERNATIONAL CONGRESS OF IMMUNOLOGY 2013.08.24

  9. 林 海里,清水慎太郎,竹内康雄,小林宏明,中禮 宏,笛木賢治. 歯周病原細菌の全身波及がスポーツに関連する骨格筋反応に及ぼす影響について. 第88回口腔病学会学術大会 2023.12.02 東京

  10. 林 海里,清水慎太郎,竹内康雄,小林宏明,朱秋爽,李泽群,田邊元,中禮 宏,上野俊明. P. gingivalis投与が持久性運動後の骨格筋PGC-1αおよびTNFα発現に与える影響. 日本スポーツ歯科医学会第34回総会・学術大会 2023.11.19 福岡

  11. 平澤 以冬, 小田切 悠, 朴 起里, サンガヴィ・ルタヴィ , 東儀 彰子, 大下 貴也, 吉川 勝徳, 水谷 幸嗣, 竹内 康雄, 小林 宏明, 片桐 さやか, 岩田 隆紀, 青木 章. ヒト由来単球細胞株THP-1に対する大気圧プラズマの抗炎症効果. 日本歯周病学会会誌 2023.10.01

  12. 田邊 元, 蓮沼哲哉, 神谷菜々, 中禮 宏, 林 海里, 外川海斗, 清水慎太郎, 渡辺孝士郎, 竹内康雄, 小林宏明, 都尾元宣, 森谷直樹, 上野俊明. 水泳中の脱水評価法開発に向けた口腔内指標の動特性評価 ―身体と喉、口の渇きの実測調査―. 日本スポーツ歯科医学会 第33回総会・学術大会 2022.12.04 東京

  13. 林 海里, 竹内康雄, 清水慎太郎, 田邊 元, 中禮 宏, 小林宏明, 上野俊明. 歯周病原因菌抗原の持続的投与が持久トレーニング後の骨格筋 PGC-1 α発現に与える影響. 日本スポーツ歯科医学会 第33回総会・学術大会 2022.12.03 東京

  14. 清水慎太郎, 林 海里, 田邊 元, 中禮 宏, 竹内康雄, 小林宏明, 上野俊明. 歯周病原細菌抗原の投与がラット骨格筋損傷治癒期間に与える 影響. 日本スポーツ歯科医学会 第33回総会・学術大会 2022.12.03 東京

  15. 清水 慎太郎, 林 海里, 田邊 元, 中禮 宏, 竹内 康雄, 小林 宏明, 上野 俊明. 歯周病原細菌投与がラット骨格筋損傷治癒に与える影響. 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 2022.05.01

  16. 小林宏明. 四部会合同シンポジウム 変化する働き方における 産業保健サービスの在り方. 日本産業衛生学会 全国協議会 2021.12.05 津、三重県

  17. 両角俊哉, 高柴正悟, 小林宏明他. 歯周病のポケット検査における代表歯・部位の選定. 日本口腔検査学会総会・学術大会 2021.08.21 Web開催

  18. 両角俊哉, 野村義明, 小林宏明他. 歯周病評価における最適検査部位の選定 一 項目反応理論Graded response modeの応用一. 第64回春季日本歯周病学会学術大会 2021.05.21 Web開催

  19. 小林宏明. 歯科領域での遠隔産業衛生について. 遠隔産業衛生研究会 第9回研究会 2021.03.07 Web開催

  20. 小林宏明. 健康診断・診療時における新型コロナウイルス感染対策の取り組み. 関東産業歯科保健部会研修会 2021.02.06 Web会議

  21. 小林 宏明, 川島 伸之, 須藤 毅顕, 加納 千博, 三神 亮, 片桐 さやか, 竹内 康雄, 岩田 隆紀. 治癒する歯周歯内病変を診断するための細菌学的検索. 日本歯周病学会会誌 2020.10.01

  22. 田邊 元, 蓮沼 哲也, 稲井 勇仁, 中禮 宏, 林 海里, 神谷 菜々, 深沢 慎太郎, 竹内 康雄, 小林 宏明, 森谷 直樹, 岩田 隆紀, 上野 俊明. 高強度トレーニングによる主観的疲労・唾液免疫指標の変化と歯周組織炎症指標の関係. 第152回日本歯科保存学会度春季学術大会 2020.06.11

  23. 河田 絢子, 池田 裕一, 田中 大貴, 池田 恵莉, 小林 宏明, 岩田 隆紀. マグネット式超音波スケーラーCavitron®使用時の満足感・不快感に関する患者アンケート研究. 第63回春季日本歯周病学会学術大会 2020.05.29 Web開催

  24. 加納千博,小林宏明,野崎浩佑,妻沼有香,須藤毅顕,Thatawee Khemwong,和泉雄一. 露出歯根表面における炎症起因物質浸透度の測定. 第61回秋季日本歯周病学会学術大会 2018.10.26

  25. 加納 千博, 小林 宏明, 野崎 浩佑, 妻沼 有香, 須藤 毅顕, Khemwong Thatawee, 和泉 雄一. 露出歯根表面における炎症起因物質浸透度の測定. 日本歯周病学会会誌 2018.10.01

  26. 鈴木 苗穂, 小林 宏明, 加納 千博, 和泉 雄一. 歯肉線維芽細胞に対するラクトフェリンの作用について. 第147回日本歯科保存学会 2017年度秋季学術大会 2017.10.27 マリオス(盛岡地域交流センター), 岩手

  27. 鈴木 苗穂, 小林 宏明, 加納 千博, 和泉 雄一. 歯肉線維芽細胞に対するラクトフェリンの作用について. 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 2017.10.01

  28. 小林 宏明, 須藤 毅顕, Kengwong Thatwee, 鈴木 苗穂, 加納 千博, 和泉 雄一. 核内タンパク質HMGM1 歯周組織破壊におけるDAMPsの役割. Journal of Oral Biosciences Supplement 2017.09.01

  29. 青木 章,水谷幸嗣,谷口陽一,秋月達也,小林宏明,上窪彩乃,高木 徹,林 泰誠,野田昌宏,荻田真弓,江尻健一郎,澤辺正規,竹内康雄,小牧基浩,佐々木好幸,和泉雄一. Er:YAGレーザーを併用した新規の歯周ポケット治療法の臨床評価:ランダム化比較試験. 第60回春季日本歯周病学会学術大会 2017.05.13 福岡国際会議場,福岡

  30. 両角 俊哉, 中川 種昭, 野口 和行, 原 宜興, 西村 英紀, 梅田 誠, 野口 俊英, 吉成 伸夫, 沼部 幸博, 伊藤 公一, 和泉 雄一, 小方 頼昌, 三邉 正人, 齋藤 淳, 佐藤 聡, 高橋 慶壮, 川浪 雅光, 花田 信弘, 高柴 正悟, 吉江 弘正, 角田 衣理加, 中村 利明, 吉村 篤利, 前田 勝正, 藤瀬 修, 上田 雅俊, 河野 智生, 福田 光男, 横井 隆, 高橋 美穂, 深谷 千絵, 関野 愉, 菅野 直之, 小林 宏明, 高井 英樹, 中山 洋平, 高野 聡美, 山田 了, 大井 麻子, 奥田 倫子, 横山 智子, 阿部 祐三, 鈴木 史彦, 菅谷 勉, 野村 義明. 歯肉縁下細菌と血清抗体価による慢性歯周炎進行の予知判定 24ヵ月多施設前向きコホート研究. 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 2017.05.01

  31. 青木 章, 水谷 幸嗣, 谷口 陽一, 秋月 達也, 小林 宏明, 上窪 彩乃, 高木 徹, 林 泰誠, 野田 昌宏, 荻田 真弓, 江尻 健一郎, 澤辺 正規, 竹内 康雄, 小牧 基浩, 佐々木 好幸, 和泉 雄一. Er:YAGレーザーを併用した新規の歯周ポケット治療法の臨床評価 ランダム化比較試験. 日本歯周病学会会誌 2017.04.01

  32. 松浦孝典, 池田裕一, 小林宏明, 御給美沙, Thatawee Khemwong, 加納千博, 和泉雄一. 唾液中の歯周病原細菌量とアンケート調査を用いた歯周炎スクリーニングのための新規診断ロジックの開発. 第59回日本歯周病学会学術大会 2016.10.07 新潟

  33. 小林 宏明. 歯周治療に活用するCBCT. 第57回秋期日本歯周病学会学術大会 2014.10.19 神戸国際会議場、神戸

  34. 小林宏明. Perioに必要な画像診断. Sirona CT Day 2014.09.21 汐留、東京

  35. 須藤毅顕、小林宏明、南原弘美、御給美沙. 侵襲性歯周炎におけるIL-17A、IL-17Fの役割. 日本炎症・再生医学会 (第35回) 2014.07.02

  36. 御給美沙、小林宏明、南原弘美、須藤毅顕、和泉雄一. Porphyromonas gingivalis LPSはTLR2を介してThrombospondin 1を誘導する. 日本炎症・再生医学会 (第35回) 2014.07.02

  37. 御給美沙、葉暢暢、片桐さやか、小林宏明、竹内康雄、南原弘美、須田智也、池田裕一、須藤毅顕、長澤敏行、和泉雄一. 切迫早産と低体重児出産における歯周病原細菌とその抗体価に関する研究. 日本歯科保存学会 2014年度春期学術大会 (第140回) 2014.06.19

  38. 小林宏明. 検査・診断(1)TMDU モダン· ペリオドンティクス—東京医科歯科大学歯周病学分野のフィロソフィー. 東京医科歯科大学歯科同窓会Continuing Dental Education 2014.06.01 お茶の水、東京

  39. 南原弘美, 長澤敏行, 小林宏明, 和泉雄一. P. gingivalis LPS刺激による細胞内クロストークを介するWnt5a遺伝子発現. 第57回春期日本歯周病学会学術大会 2014.05.23 長良川国際会議場,岐阜

  40. 齋藤成未, 小林宏明, 難波佳子, 釼持 郁, 十川裕子, 小田 茂, 足達淑子, 和泉雄一. 侵襲性歯周炎の治療から気づいたこと - SPT の大切さ-. 第57回春期日本歯周病学会学術大会 2014.05.23 長良川国際会議場,岐阜 

  41. 御給美沙, 小林宏明, 南原弘美, 和泉雄一. P.gingivalis LPS刺激によるTHP-1細胞からのThrombospondin 1発現. 日本歯科保存学会 2013年度春期学術大会 (第138回) 2013.06.27

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • 歯周病進行度の数値化装置、及び、数値化プログラム

    特許番号: 特許第6709031号

  • 歯周病菌検出用オリゴヌクレオチドセット及び歯周病菌の検出方法

    特許番号: 特許第6579874号

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 学会賞(日本メディカルテクノロジー賞),日本スポーツ歯科医学会,2023年11月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 江戸時代の人骨から口腔内細菌叢を解析 」― 歯石DNAから江戸時代の口腔内細菌群を特定 ―,2021年09月

    Frontiers in Cellular and Infection Microbiology

  • ひるおび「ひるおびハテナ?」,2014年06月

    「糖尿病に認知症…虫歯は万病のもと!
    “歯と口の健康週間”ことしの重点目標は“8020運動”
    そして虫歯予防のキーワード「希少糖」とは?」

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • ひるおび「ひるおびハテナ?」,TBS,ひるおび,TBS,2014年06月06日

  • ひるおび「ひるおびハテナ?」,TBS,ひるおび,TBS,2013年11月15日

  • はなまるマーケット「今日から出来る歯周病ケア 歯垢をとる正しい歯磨き」,TBS,はなまるマーケット,TBS,2013年10月17日