基本情報

写真a

井上 カタジナアンナ(イノウエ カタジナアンナ)

INOUE Katarzyna Anna


職名

助教

研究室住所

〒113-8549 東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5449

研究室FAX番号

03-5803-0187

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://cellular-biochemistry-tmdu.net/

研究分野・キーワード

がん微小環境 ヘパラン硫酸プロテオグライカン、細胞外マトリックス、

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士  東京工業大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織病態生化学 教務職員
  • 2007年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織病態生化学 助教
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 病態生化学分野 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本癌学会

  • 日本糖質学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年10月
    -
    現在
    プロテオグライカンフォーラム 委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 機能生物化学

  • 細胞生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • がん細胞の悪性化におけるTGF-βシグナルの役割,2016年 - 現在

  • ヘパラン硫酸プロテオグライカンを介したロジスティックの解明,2002年 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • がんの悪性化とがん微小環境変化を誘導するエクソソームを標的とした治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • GPCR転写ネットワーク制御と骨再生を目指したRNA核酸医療への挑戦

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 歯槽骨再生におけるHSPGを介したエクソソーム取り込みのメカニズム

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • LAMP2を標的としたリソソーム細胞内輸送のブロッキングによる顎骨吸収の抑制

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2016年

  • LAMP2を標的としたリソソーム細胞内輸送のブロッキングによる顎骨吸収の抑制

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Shingo Kodama, Katarzyna Α Podyma-Inoue, Toshihiro Uchihashi, Kyoko Kurioka, Hitomi Takahashi, Akinari Sugauchi, Kazuki Takahashi, Toshihiro Inubushi, Mikihiko Kogo, Susumu Tanaka, Tetsuro Watabe. Progression of melanoma is suppressed by targeting all transforming growth factor‑β isoforms with an Fc chimeric receptor. Oncol Rep. 2021.09; 46 (3): ( PubMed, DOI )

  • Shintaro Sakakitani, Katarzyna A Podyma-Inoue, Rina Takayama, Kazuki Takahashi, Mari Ishigami-Yuasa, Hiroyuki Kagechika, Hiroyuki Harada, Tetsuro Watabe. Activation of β2-adrenergic receptor signals suppresses mesenchymal phenotypes of oral squamous cell carcinoma cells. Cancer Science. 2021.01; 112 (1): 155-167. ( PubMed, DOI )

  • Kazuki Takahashi, Yuichi Akatsu, Katarzyna A Podyma-Inoue, Takehisa Matsumoto, Hitomi Takahashi, Yasuhiro Yoshimatsu, Daizo Koinuma, Mikako Shirouzu, Kohei Miyazono, Tetsuro Watabe. Targeting all transforming growth factor-β isoforms with an Fc chimeric receptor impairs tumor growth and angiogenesis of oral squamous cell cancer. J. Biol. Chem.. 2020.09; 295 (36): 12559-12572. ( PubMed, DOI )

  • Yoshimatsu Y, Wakabayashi I, Kimuro S, Takahashi N, Takahashi K, Kobayashi M, Maishi N, Podyma-Inoue KA, Hida K, Miyazono K, Watabe T. TNF-α enhances TGF-β-induced endothelial-to-mesenchymal transition via TGF-β signal augmentation. Cancer Science. 2020.07; 111 (7): 2385-2399. ( PubMed, DOI )

  • Yoshimatsu Y, Kimuro S, Pauty J, Takagaki K, Nomiyama S, Inagawa A, Maeda K, Podyma-Inoue KA, Kajiya K, Matsunaga YT, Watabe T. TGF-beta and TNF-alpha cooperatively induce mesenchymal transition of lymphatic endothelial cells via activation of Activin signals. PloS One. 2020.05; 15 (5): e0232356. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Ippei Watari, Mona Aly Abbassy, Katarzyna Anna Podyma-Inoue and Takashi Ono. Major Topics in Type 1 Diabetes, Dr. Kenia Nunes (Ed.). InTech, 2015.11 Complication of Type 1 Diabetes in Craniofacial and Dental Hard Tissue (ISBN : 978-953-51-2204-3)

  • Masaki Yanagishita and Katarzyna A. Inoue (N. Taniguchi et al. Editors). Experimental Glycoscience: Glycobiology; N. Taniguchi et al. (Eds). Springer, 2008.08 Golgi and Lysosomal Disease: Degradation of hyaluronan and its disorder (ISBN : 978-4431779216)

  • 日本生化学会 編. 基礎生化学実験法 5 脂質・糖質・複合糖質. 東京化学同人, 2000.12 糖鎖生物学実験例・ヘパラン硫酸の代謝的標識法 (ISBN : 978-4-8079-11851)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 藤原花汐, 小林美穂, 井上カタジナアンナ, 渡部徹郎. 口腔扁平上皮がん細胞が放出するエクソソームによるがん悪性化誘導機構. 第44回 日本分子生物学会年会 2021.12 横浜

  • Katarzyna A. Inoue, Kazuki Takahashi, Sakakitani Shintaro, Daizo Koinuma, Akinari Sugauchi, Maki Saito, Atsushi Kaida, Yasuhiro Yoshimatsu, Toshihiro Uchihashi, Masahiko Miura, Kohei Miyazono, Tetsuro Watabe. Activation of epithelial-mesenchymal transition program in oral cancer cells under TGF-β-induced cell cycle arrest. TGF-β Superfamily Conference: Signaling in Development and Disease (FASEB) 2021.07.20

  • ƒ谷振太郎,井上カタジナアンナ,高橋和樹,原田浩之,渡部徹郎. β2 アドレナリン受容体シグナルは口腔がんの悪性化を抑制する. 第85回 口腔病学会学術大会 2020.12.04 東京

  • Katarzyna A. Inoue, Shintaro Sakakitani, Kazuki Takahashi, Hiroyuki Harada, Tetsuro Watabe. Novel approach for treatment of oral squamous cell carcinoma. 第79回日本癌学会学術総会 2020.10.03 広島

  • 榊谷 振太郎、井上 カタジナ アンナ、高橋 和樹、原田 浩之、渡部 徹郎. β2-アドレナリン受容体シグナルは口腔扁平癌の進行を阻害する. 第79回日本癌学会学術総会 2020.10.01 広島

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2020年12月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • β2アドレナリン受容体シグナルの活性化が、がんの悪性化を抑制することを発見― 副作用の少ない口腔がんの新規治療法の開発に期待 ―,2020年11月

    Cancer Science

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生命の分子的基盤実習,2007年 - 現在

  • 生命の分子的基盤:細胞外マトリックス,2016年 - 現在

  • 生化学:細胞外マトリックスの構造・機能・代謝,2018年 - 現在

  • 栄養と代謝(糖・脂質・タンパク質代謝・応答),2016年 - 現在