基本情報

写真a

井上 カタジナアンナ(イノウエ カタジナアンナ)

INOUE Katarzyna Anna


職名

助教

研究室住所

〒113-8549 東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5449

研究室FAX番号

03-5803-0187

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

がん微小環境 ヘパラン硫酸プロテオグライカン、細胞外マトリックス、

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士  東京工業大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織病態生化学 教務職員
  • 2007年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織病態生化学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本癌学会

  • 日本糖質学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年10月
    -
    現在
    プロテオグライカンフォーラム 委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 機能生物化学

  • 細胞生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • がん細胞の悪性化におけるTGF-βシグナルの役割,2016年 - 現在

  • ヘパラン硫酸プロテオグライカンを介したロジスティックの解明,2002年 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • がんの悪性化とがん微小環境変化を誘導するエクソソームを標的とした治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • GPCR転写ネットワーク制御と骨再生を目指したRNA核酸医療への挑戦

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 歯槽骨再生におけるHSPGを介したエクソソーム取り込みのメカニズム

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • LAMP2を標的としたリソソーム細胞内輸送のブロッキングによる顎骨吸収の抑制

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2016年

  • 次世代シークエンサーによるGPCR転写制御マップの作成と骨再生遺伝子治療

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yoshimatsu Y, Wakabayashi I, Kimuro S, Takahashi N, Takahashi K, Kobayashi M, Maishi N, Podyma-Inoue KA, Hida K, Miyazono K, Watabe T. TNF-α enhances TGF-β-induced endothelial-to-mesenchymal transition via TGF-β signal augmentation. Cancer science. 2020.05; ( PubMed, DOI )

  • Yang W, Podyma-Inoue KA, Yonemitsu I, Watari I, Ikeda Y, Guo X, Watabe T, Ono T. Mechanoresponsive and lubricating changes of mandibular condylar cartilage associated with mandibular lateral shift and recovery in the growing rat. Clinical oral investigations. 2020.02; ( PubMed, DOI )

  • Yoshimatsu Y, Kimuro S, Pauty J, Takagaki K, Nomiyama S, Inagawa A, Maeda K, Podyma-Inoue KA, Kajiya K, Matsunaga YT, Watabe T. TGF-beta and TNF-alpha cooperatively induce mesenchymal transition of lymphatic endothelial cells via activation of Activin signals. PloS one. 2020; 15 (5): e0232356. ( PubMed, DOI )

  • Miki Hara-Yokoyama, Hidetake Kurihara, Shozo Ichinose, Hironori Matsuda, Shizuko Ichinose, Masaru Kurosawa, Norihiro Tada, Chihiro Iwahara, Kazue Terasawa, Katarzyna A. Podyma-Inoue, Koichi Furukawa and Kazuhisa Iwabuchi. KIF11 as a potential marker of spermatogenesis within mouse seminiferous tubule cross-sections. Journal Histochem Cytochem. 2019.08; 22155419871027. ( PubMed, DOI )

  • Hayato Okamoto, Yasuhiro Yoshimatsu, Taishi Tomizawa, Akiko Kunita, Rina Takayama, Teppei Morikawa, Daisuke Komura, Kazuki Takahashi, Tsukasa Oshima, Moegi Sato, Mao Komai, Katarzyna A Podyma-Inoue, Hiroaki Uchida, Hirofumi Hamada, Katsuhito Fujiu, Shumpei Ishikawa, Masashi Fukayama, Takeshi Fukuhara and Tetsuro Watabe. Interleukin-13 receptor α2 is a novel marker and potential therapeutic target for human melanoma. Sci Rep. 2019.02; 9 (1): 1281. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Ippei Watari, Mona Aly Abbassy, Katarzyna Anna Podyma-Inoue and Takashi Ono. Major Topics in Type 1 Diabetes, Dr. Kenia Nunes (Ed.). InTech, 2015.11 Complication of Type 1 Diabetes in Craniofacial and Dental Hard Tissue (ISBN : 978-953-51-2204-3)

  • Masaki Yanagishita and Katarzyna A. Inoue (N. Taniguchi et al. Editors). Experimental Glycoscience: Glycobiology; N. Taniguchi et al. (Eds). Springer, 2008.08 Golgi and Lysosomal Disease: Degradation of hyaluronan and its disorder (ISBN : 978-4431779216)

  • 日本生化学会 編. 基礎生化学実験法 5 脂質・糖質・複合糖質. 東京化学同人, 2000.12 糖鎖生物学実験例・ヘパラン硫酸の代謝的標識法 (ISBN : 978-4-8079-11851)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 榊谷 振太郎、井上 カタジナ アンナ、黒嶋 雄志、 富岡 寛文、坂本 啓、池田 通、原田 浩之、渡部 徹郎. 口腔扁平上皮がん細胞の悪性化を制御する 転写因子の同定. 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020.01.24 東京

  • 高山莉那、岡本勇人 、吉松康裕、富澤泰志、国田朱子、高橋和樹、 井上カタジナアンナ、深山正久、 福原武志 、渡部徹郎. 悪性黒色腫の進展におけるIL13Rα2の機能解析. 第27回日本血管生物医学会学術集会(血管代謝週間2019) 2019.12.14 神戸市

  • Katarzyna Inoue, Rina Takayama, Kazuki Takahashi, Tetsuro Watabe. Characterization of exosomes secreted from oral squamous carcinoma cells during epithelial to mesenchymal transition. Proteoglycans 2019 2019.10.01 Kanazawa, Japan

  • 高橋和樹、井上カタジナアンナ、戒田篤志、高橋恵生、久保田晋平、須河内昭成、内橋俊大、田中晋、古郷幹彦、三浦雅彦、宮園浩平、渡部徹郎. TGF-βにより細胞周期が停止した口腔扁平上皮がん細胞の運動能ならびに転移能は亢進する. 第78回日本癌学術総会 2019.09.28 京都

  • 高橋和樹, 井上カタジナアンナ, 戒田篤志, 高橋恵生, 久保田晋平, 須河内 昭成,内橋 峻大, 田中 晋, 古郷 幹彦, 三浦雅彦, 宮園 浩平, 渡部 徹郎1. 口腔がんの進展におけるTGF-βシグナルの役割. Research PlaNet 2019 2019.07.20

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生命の分子的基盤実習,2007年 - 現在

  • 生命の分子的基盤:細胞外マトリックス,2016年 - 現在

  • 生化学:細胞外マトリックスの構造・機能・代謝,2018年 - 現在

  • 栄養と代謝(糖・脂質・タンパク質代謝・応答),2016年 - 現在