基本情報

写真a

倉田 盛人(クラタ モリト)

KURATA Morito


職名

講師

研究室電話番号

03-5803-5175

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 福井医科大学  医学部  医学科  2003年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  分子免疫病理学  博士課程  2007年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 包括病理学 助教
  • 2013年04月
    -
    2013年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 包括病理学 講師
  • 2016年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 包括病理学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2013年10月
    -
    2016年09月
    University of Minnesota Masonic Cancer Center Research Scholar

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会

  • 日本癌学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 病態医化学

  • 実験病理学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • CRISPR screeningを用いた抗癌剤耐性機構の解明

  • 白血病/悪性リンパ腫のtransform機構の解析

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 癌におけるRAS発現量依存的な生存シグナルの解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yamamoto Akiko, Kurata Morito, Onishi Iichiroh, Sugita Keisuke, Matsumura Miwa, Ishibashi Sachiko, Ikeda Masumi, Yamamoto Kouhei, Kitagawa Masanobu. CRISPR screening identifies M1AP as a new MYC regulator with a promoter-reporter system PEERJ. 2020.05; 8 e9046. ( PubMed, DOI )

  • Morito Kurata, Kouhei Yamamoto, Branden S Moriarity, Masanobu Kitagawa, David A Largaespada. CRISPR/Cas9 library screening for drug target discovery. J. Hum. Genet.. 2018.02; 63 (2): 179-186. ( PubMed, DOI )

  • Yamamoto A, Kurata M, Yamamoto K, Nogawa D, Inoue M, Ishibashi S, Ikeda M, Miyasaka N, Kitagawa M. High amplification of PVT1 and MYC predict favorable prognosis in early ovarian carcinoma. Pathology, research and practice. 2020.08; 216 (11): 153175. ( PubMed, DOI )

  • Umemori M, Kurata M, Yamamoto A, Yamamoto K, Ishibashi S, Ikeda M, Tashiro K, Kimura T, Sato S, Takahashi H, Kitagawa M. The expression of MYC is strongly dependent on the circular PVT1 expression in pure Gleason pattern 4 of prostatic cancer. Medical molecular morphology. 2020.01; ( PubMed, DOI )

  • Morito Kurata, Natalie K Wolf, Walker S Lahr, Madison T Weg, Mitchell G Kluesner, Samantha Lee, Kai Hui, Masano Shiraiwa, Beau R Webber, Branden S Moriarity. Highly multiplexed genome engineering using CRISPR/Cas9 gRNA arrays. PLoS ONE. 2018.09; 13 (9): e0198714. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 綾部 真弥, 倉田 盛人, 関根 正喜, 杉田 佳祐, 大西 威一郎, 山本 浩平, 新井 文子, 明石 巧, 北川 昌伸. CAEBV診断に向けたEB virus in situ hybridizationとT細胞マーカー2重染色法の検証. 日本病理学会会誌 2020.03.01

  • 山本 浩平, 倉田 盛人, 大西 威一郎, 桐村 進, 木脇 祐子, 北川 昌伸. 骨髄の病理とゲノム異常 骨髄微小環境の変化からみた骨髄系腫瘍の病態把握. 日本病理学会会誌 2020.03.01

  • 大西 威一郎, 倉田 盛人, 山本 浩平, 木村 剛, 岸田 晶夫, 北川 昌伸. 脱細胞化骨組織を用いたヒト骨髄微小環境の構築. 日本病理学会会誌 2020.03.01

  • 川出 玄二, 山本 浩平, 立澤 杏奈, 大西 威一郎, 倉田 盛人, 北川 昌伸. 肝細胞癌におけるGPX4の臨床病理学的検討. 日本病理学会会誌 2020.03.01

  • 田口 登和子, 山本 浩平, 倉田 盛人, 大西 威一郎, 北川 昌伸. 悪性リンパ腫におけるSBP2とセレノプロテイン発現についての臨床病理学的検討. 日本病理学会会誌 2020.03.01

全件表示 >>