基本情報

写真a

細道 純(ホソミチ ジユン)

HOSOMICHI Jun


職名

講師

研究室住所

〒113-8549 東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科咬合機能矯正学分野

メールアドレス

hosomichi.orts@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/dent/ort1/ort1-J.htm; https://researchmap.jp/read0076004/; https://www.researchgate.net/profile/Jun_Hosomichi

研究分野・キーワード

小児性睡眠時無呼吸症候群における顎顔面骨成長, 骨代謝疾患とエピゲノム, 高血圧症における骨粗鬆症の病態機構, ペリオスチンによる骨および歯の形成制御, 核酸医薬による口腔疾患の新規治療, 光遺伝学ツールによる骨軟骨再生, 医科疾患および口腔疾患のトランスレーショナル研究

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科(2001年3月 長尾優学術奨励賞 受賞)  2001年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  咬合機能矯正学  博士課程  2005年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2006年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 育成系診療科 矯正歯科外来 医員(歯病)
  • 2006年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能矯正学 助教
  • 2013年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能矯正学 講師
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能矯正学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2012年03月
    日本学術振興会 海外特別研究員 (文部科学省/日本学術振興会 公費留学)
  • 2010年04月
    -
    2012年03月
    アメリカ合衆国・ミシガン大学アナーバー校 歯学部歯科矯正学小児歯科学講座 Prof. Dr. Sunil Kapila Lab 研究員
  • 2015年01月
    -
    現在
    東京医科大学 大学院医学研究科法医学講座 客員研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本矯正歯科学会

  • 国際歯科研究学会(International Association for Dental Research)

  • アメリカ睡眠医学会(Sleep Research Society)

  • 日本顎変形症学会

  • 日本顎関節学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年
    -
    現在
    日本矯正歯科学会 代議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 矯正・小児系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • エックス線作業主任者

  • 臨床修練指導歯科医(厚生労働省外国医師臨床修練制度)

  • AHA ACLSプロバイダー

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • セロトニンを標的とした小児睡眠時無呼吸症モデル動物における軟骨性骨形成障害の検証,2020年04月 - 現在

  • 睡眠時無呼吸症候群ラットモデルにおける高脂肪食付加の心・血管機能への影響,2019年04月 - 現在

  • セロトニン受容体障害を介した小児睡眠時無呼吸症候群における上気道閉塞機構の解明(文部科学省・日本学術振興会 基盤研究C(一般)),2016年04月 - 2019年03月

  • 中枢性骨形成シグナルによる小児閉塞性睡眠時無呼吸症候群の顎顔面成長障害機構の解明(文部科学省・日本学術振興会 挑戦的萌芽研究),2015年04月 - 2018年03月

  • アンジオテンシン受容体亢進を介した小児高血圧症における骨代謝変調の解明(文部科学省・日本学術振興会 研究活動スタート支援),2017年04月 - 2019年03月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 妊娠期の間欠的低酸素がもたらすエピゲノム変化の分子機構解明と医療応用の基盤構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2022年

  • 「光」で骨を造る:革新的な骨再生療法の創出

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • 血行性幹細胞供給システムを利用した歯の移動制御の新戦略:核酸医薬開発に向けて

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • セロトニン受容体障害を介した小児睡眠時無呼吸症候群における上気道閉塞機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • NFκBデコイ核酸の超音波マイクロバブル導入による変形性顎関節症の新規治療の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yo-ichiro Kuma, Jun Hosomichi, Hideyuki Maeda, Shuji Oishi, Risa Usumi-Fujita, Yasuhiro Shimizu, Sawa Kaneko, Jun-ichi Suzuki, Ken-ichi Yoshida, Takashi Ono. Intermittent hypoxia induces turbinate mucosal hypertrophy via upregulating the gene expression related to inflammation and EMT in rats. Sleep and Breathing. 2020.08; ( PubMed, DOI )

  • Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Lekvijittada K, Oishi S, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Kaneko S, Suzuki JI, Yoshida KI, Ono T. Intermittent hypoxia retards mandibular growth and alters RANKL expression in adolescent and juvenile rats. European Journal of Orthodontics. 2020.03; ( PubMed, DOI )

  • Asano T, Okamoto K, Nakai Y, Tsutsumi M, Muro R, Suematsu A, Hashimoto K, Okumura T, Ehata S, Nitta T, Takayanagi H. Soluble RANKL is physiologically dispensable but accelerates tumour metastasis to bone. Nature Metabolism. 2019.09; 1 868-875.

  • Yoshida M, Honda E, Ozawa E, Inoue-Arai SM, Ohmori H, Moriyama K, Ono T, Kurabayashi H, Yoshihara H, Nunthayanon Parakonthun K. Principles of the magneticresonance imaging movie method for articulatory movement. Oral Radiology. 2019.05; 35 (2): 91-100.

  • Inoue M, Ono T, Kameo Y, Sasaki F, Ono T, Adachi T, Nakashima T. Forceful mastication activates osteocytes and builds a stout jawbone. Scientific Reports. 2019.03; 9 (1):

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 飯田順一郎 編集代表/葛西一貴・後藤滋巳・末石研二・槇宏太郎・山城隆 編著. 歯科矯正学 第6版 . 医歯薬出版, 2019.01 (ISBN : 978-4-263-45832-7)

  • 監修 小野卓史,小海暁,執筆 細道純,石田雄之,臼見莉沙,沖原秀政,上杉俊輔, 池田侑平,今村俊博. 矯正歯科のための重要16キーワード ベスト320論文 (トムソン・ロイターシリーズ). クインテッセンス出版, 2017.10 (ISBN : 978-4-7812-0579-3)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 内川 雄太, 細道 純, 鈴木 淳一, 山口 博之, 石田 雄之, 畑野 香澄, 臼見 莉沙, 清水 康広, 金香 佐和, 上杉 俊輔, 小野 卓史. ラットにおける交感神経機能亢進関与による高血圧と頭蓋骨および脛骨の差次成長. 第85回 口腔病学会学術大会 2020.12.02

  • Yonemitsu I, Omura S, Fujita K, Kimizuka S, Imai H, Honda K, Shimazaki K, Ono T. Accurate posterio-superior movement of the maxilla using an SLM technique to treat a patient with skeletal class II malocclusion with a gummy smile. The 9th International Orthodontic Congress 2020.10.04

  • Fujita K, Omura S, Imai H, Honda K, Takeda A, Minamiyama S, Yamashita Y, Takasu H, Usumi-Fujita R, Iwai T, Hirota M, Mitsudo K, Ono T. Prospective condylar changes of MAC surgery (maxillary impaction surgery with mandibular autorotation) compared with conventional bimaxillary surgery for skeletal Class II retrognathia patients. The 9th International Orthodontic Congress 2020.10.04

  • Ohmori H, Kirimoto H, Ono T. The relationship among food textures, the autonomic nervous system activity and cerebral circulation during mastication. The 9th International Orthodontic Congress 2020.10.04

  • Lekvijittada K, Hosomichi J, Maeda H, Hong H, Changsiripun C, Kuma Y, Oishi S, Suzuki JI, Yoshida KI, Ono T. Intermittent hypoxia inhibits mandibular cartilage growth by reducing TGF-β and SOX9 expression levels in infant rats. The 9th International Orthodontic Congress 2020.10.04

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第78回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2019年11月

  • 佐藤 萌, 浅野 豪文, 細道 純, 石田 雄之, 臼見 莉沙, 清水 康広, 金香 佐和, 中田 隆夫, 小野 卓史. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2018年11月

  • Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Lekvijittada K, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. The 77th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society, Excellent Exhibition Award,Japanese Orthodotic Society,2018年11月

  • Hosomichi J. Certificate of Recognition for Orthodontic Waves Reviewer,Japanese Orthodontic Society,2018年10月

  • Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Kochakorn L, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ishida Y, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference Best Presentation Award (1st Prize),Asian Pacific Orthodontic Society,2018年03月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「小児期の間欠的低酸素曝露による下顎成長障害がβ2受容体遮断薬により改善 」― 小児の閉塞性睡眠時無呼吸症における小下顎症の新規治療法の糸口 ―,2021年07月

    Frontiers in Physiology

  • 2021年03月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「新生児期の間欠的低酸素曝露が、下顎の軟骨性成長を阻害するメカニズムを発見」― 小児の閉塞性睡眠時無呼吸症における小顎症の新規病態解明への期待 ―,2021年01月

    Scientific Reports

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学・チュラロンコーン大学国際連携歯学系専攻(博士課程・日タイ ジョイント・ディグリープログラム(JDP)),2017年 - 現在

  • 咬合機能矯正学(博士課程),2012年 - 現在

  • 歯学科5年 咬合育成・発達 顎顔面の成長発達機構と矯正治療の生物学的背景,2012年 - 現在

  • 歯学科5年 咬合育成・発達 不正咬合と歯科矯正・外科的矯正治療,2012年 - 現在

  • 歯学科5-6年 包括臨床実習 Phase I/II,2012年 - 現在

全件表示 >>