基本情報

写真a

細道 純(ホソミチ ジユン)

HOSOMICHI Jun


職名

講師

研究室住所

〒113-8549 東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科咬合機能矯正学分野

メールアドレス

hosomichi.orts@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/dent/ort1/ort1-J.htm; https://researchmap.jp/read0076004/; https://www.researchgate.net/profile/Jun_Hosomichi

研究分野・キーワード

小児性睡眠時無呼吸症候群における顎顔面骨成長, 骨代謝疾患とエピゲノム, 高血圧症における骨粗鬆症の病態機構, ペリオスチンによる骨および歯の形成制御, 核酸医薬による口腔疾患の新規治療, 光遺伝学ツールによる骨軟骨再生, 医科疾患および口腔疾患のトランスレーショナル研究

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科(2001年3月 長尾優学術奨励賞 受賞)  2001年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  咬合機能矯正学  博士課程  2005年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2006年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 育成系診療科 矯正歯科外来 医員(歯病)
  • 2006年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能矯正学 助教
  • 2013年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能矯正学 講師
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能矯正学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2012年03月
    日本学術振興会 海外特別研究員 (文部科学省/日本学術振興会 公費留学)
  • 2010年04月
    -
    2012年03月
    アメリカ合衆国・ミシガン大学アナーバー校 歯学部歯科矯正学小児歯科学講座 Prof. Dr. Sunil Kapila Lab 研究員
  • 2015年01月
    -
    現在
    東京医科大学 大学院医学研究科法医学講座 客員研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本矯正歯科学会

  • 国際歯科研究学会(International Association for Dental Research)

  • アメリカ睡眠医学会(Sleep Research Society)

  • 日本顎変形症学会

  • 日本顎関節学会

  • 日本口蓋裂学会

  • 東京矯正歯科学会

  • 骨免疫学会

  • 口腔病学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年
    -
    現在
    日本矯正歯科学会 代議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 成長、発育系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • エックス線作業主任者

  • 臨床修練指導歯科医(厚生労働省外国医師臨床修練制度)

  • AHA ACLSプロバイダー

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • セロトニンを標的とした小児睡眠時無呼吸症モデル動物における軟骨性骨形成障害の検証(文部科学省・日本学術振興会 基盤研究C(一般)) ,2020年04月 - 現在

  • 妊娠期の間欠的低酸素がもたらすエピゲノム変化の分子機構解明と医療応用の基盤構築(文部科学省・日本学術振興会 基盤研究B(一般)),2020年04月 - 現在

  • 睡眠時無呼吸症候群ラットモデルにおける高脂肪食付加の心・血管機能への影響(文部科学省・日本学術振興会 基盤研究C(一般)) ,2019年04月 - 現在

  • 「光」で骨を造る:革新的な骨再生療法の創出(文部科学省・日本学術振興会 挑戦的研究(萌芽)) ,2019年04月 - 現在

  • アンジオテンシン受容体亢進を介した小児高血圧症における骨代謝変調の解明(文部科学省・日本学術振興会 研究活動スタート支援),2017年04月 - 2019年03月

  • NFκBデコイ核酸の超音波マイクロバブル導入による変形性顎関節症の新規治療の開発(文部科学省・日本学術振興会 基盤研究C(一般)),2016年04月 - 2019年03月

  • セロトニン受容体障害を介した小児睡眠時無呼吸症候群における上気道閉塞機構の解明(文部科学省・日本学術振興会 基盤研究C(一般)),2016年04月 - 2019年03月

  • 中枢性骨形成シグナルによる小児閉塞性睡眠時無呼吸症候群の顎顔面成長障害機構の解明(文部科学省・日本学術振興会 挑戦的萌芽研究),2015年04月 - 2018年03月

  • メカニカルストレスによる歯根膜幹細胞ニッチを介した骨形成シグナル制御機構の解明(文部科学省・日本学術振興会 基盤研究C(一般)),2014年04月 - 2017年03月

  • 呼吸様式の変化に伴う味覚情報処理機構の破綻と回復に関するメカニズムの解明(文部科学省・日本学術振興会 基盤研究B(一般)) ,2013年04月 - 2017年03月

  • 不死化顎関節円板クローン細胞による顎関節のバイオエンジニアリング技術の基盤的開発(文部科学省・日本学術振興会 基盤研究C(一般)),2013年04月 - 2016年03月

  • 変形性関節症軟骨におけるエストロゲン受容体を介した病的血管新生の制御機構の解明(文部科学省・日本学術振興会 若手研究B),2011年04月 - 2013年03月

  • 変形性関節症軟骨におけるマトリックスメタロプロテアーゼ発現制御機構の解明(日本学術振興会 海外特別研究員),2010年04月 - 2012年03月

  • 時計遺伝子クロックを介した, 血管新生概日リズム調節機構の同定(文部科学省・日本学術振興会 基盤研究C(一般)),2008年04月 - 2011年03月

  • 血管新生抑制因子PEDFの細胞外マトリックス受容体の同定(文部科学省・日本学術振興会 若手研究B),2006年04月 - 2008年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 妊娠期の間欠的低酸素がもたらすエピゲノム変化の分子機構解明と医療応用の基盤構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2022年

  • 「光」で骨を造る:革新的な骨再生療法の創出

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • 血行性幹細胞供給システムを利用した歯の移動制御の新戦略:核酸医薬開発に向けて

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • セロトニン受容体障害を介した小児睡眠時無呼吸症候群における上気道閉塞機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • NFκBデコイ核酸の超音波マイクロバブル導入による変形性顎関節症の新規治療の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • GLUT4およびHIF-1αを介した鼻呼吸障害に伴う不正咬合の新たな発現機序解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 歯の移動に伴う歯根吸収重篤化に関わる好塩基球性免疫機構の解明と修復活性化の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 歯の移動を促進する骨代謝活性化制御の新戦略:ナノ粒子を利用したDDSアプローチ

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 歯の移動に伴う歯根吸収重篤化に関わる好塩基球性免疫機構の解明と修復活性化の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 歯の移動を促進する骨代謝活性化制御の新戦略:ナノ粒子を利用したDDSアプローチ

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 呼吸様式の変化に伴う味覚情報処理機構の破綻と回復に関するメカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • メカニカルストレスによる歯根膜幹細胞ニッチを介した骨形成シグナル制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 顎関節へのLIPUS照射がもたらす新たな軟骨再生メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2016年

  • 不死化顎関節円板クローン細胞による顎関節のバイオエンジニアリング技術の基盤的開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 顎関節へのLIPUS照射がもたらす新たな軟骨再生メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 睡眠時無呼吸症候群ラットモデルにおける高脂肪食付加の心・血管機能への影響

    文部科学省/日本学術振興会

  • 妊娠期の間欠的低酸素がもたらすエピゲノム変化の分子機構解明と医療応用の基盤構築

    文部科学省/日本学術振興会

  • セロトニンを標的とした小児睡眠時無呼吸症モデル動物における軟骨性骨形成障害の検証

    文部科学省/日本学術振興会

  • 咬合刺激低下歯の歯周組織に与えるペリオスチンスプライスバリアントの機能的差異

    文部科学省/日本学術振興会

  • 幼若永久歯再植後の新規治療法を探索する:NFκBデコイ核酸導入の効果

    文部科学省/日本学術振興会

  • 睡眠時無呼吸症候群に伴う低酸素血症と不妊および乳幼児突然死症候群に関する基礎研究

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Yoshida KI, Ono T. Selective β2-Adrenoceptor Blockade Rescues Mandibular Growth Retardation in Adolescent Rats Exposed to Chronic Intermittent Hypoxia. Front Physiol. 2021.06; 12 676270. ( PubMed, DOI )

  2. Wirongrong Wongkitikamjorn, Jun Hosomichi, Eiji Wada, Hideyuki Maeda, Sirichom Satrawaha, Haixin Hong, Yukiko K Hayashi, Ken-Ichi Yoshida, Takashi Ono. Gestational Intermittent Hypoxia Induces Mitochondrial Impairment in the Geniohyoid Muscle of Offspring Rats. Cureus. 2022.05; 14 (5): e25088. ( PubMed, DOI )

  3. Narubhorn Ongprakobkul, Yuji Ishida, Kasumi Hatano-Sato, Kai Li, Sirima Petdachai, Risa Usumi-Fujita, Jun Hosomichi, Korapin Mahatumarat, Takashi Ono. Effects of local vs systemic administration of CXCR4 inhibitor AMD3100 on orthodontic tooth movement in rats. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2022.03; ( PubMed, DOI )

  4. Li K, Ishida Y, Hatano-Sato K, Ongprakobkul N, Hosomichi J, Usumi-Fujita R, Kaneko S, Yamaguchi H, Ono T. Nuclear factor-kappa B decoy oligodeoxynucleotide-loaded poly lactic-co-glycolic acid nanospheres promote periodontal tissue healing after tooth replantation in rats. J Periodontol. 2021.07; ( PubMed, DOI )

  5. Yo-Ichiro Kuma, Jun Hosomichi, Hideyuki Maeda, Shuji Oishi, Risa Usumi-Fujita, Yasuhiro Shimizu, Sawa Kaneko, Jun-Ichi Suzuki, Ken-Ichi Yoshida, Takashi Ono. Intermittent hypoxia induces turbinate mucosal hypertrophy via upregulating the gene expression related to inflammation and EMT in rats. Sleep Breath. 2021.06; 25 (2): 677-684. ( PubMed, DOI )

  6. Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Lekvijittada K, Oishi S, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Kaneko S, Suzuki JI, Yoshida KI, Ono T. Intermittent hypoxia retards mandibular growth and alters RANKL expression in adolescent and juvenile rats. European Journal of Orthodontics. 2020.03; ( PubMed, DOI )

  7. Tang H, Yonemitsu I, Ikeda Y, Watakabe K, Shibata S, Hosomichi J, Ono T. Effects of unilateral nasal obstruction on the characteristics of jaw-closing muscles in growing rats. The Angle Orthodontist. 2019.01; 89 (1): 102-110. ( PubMed, DOI )

  8. Uchikawa Y, Hosomichi J, Suzuki JI, Yamaguchi H, Ishida Y, Hatano K, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Uesugi S, Ono T.. Differential growth of craniofacial and tibial bones to sympathetic hyperactivity-related hypertension in rats. Archives of Oral Biology. 2019.01; 99 73-81. ( DOI )

  9. Hosomichi J, Shibutani N, Yamaguchi H, Hatano K, Kuma Y, Suzuki T, Kaneko S, Ono T. Localization of leucine-rich repeat-containing G-protein-coupled receptor 5- and Ki67-positive periodontal cells expressing runt-related transcription factor 2 during tooth movement. Orthodontic Waves. 2018.12; 77 (4): 197-208. ( DOI )

  10. Sato M, Asano T, Hosomichi J, Ono T, Nakata T. Optogenetic manipulation of intracellular calcium by BACCS promotes differentiation of MC3T3-E1 cells. Biochemical and biophysical research communications. 2018.10; 506 (3): 716-722.

  11. Hatano K, Ishida Y, Yamaguchi H, Hosomichi J, Suzuki J, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Shibutani N, Kaneko S, Ono T. The chemokine receptor type 4 antagonist, AMD3100, interrupts experimental tooth movement in rats. Archives of Oral Biology. 2018.02; 86 35-39. ( PubMed, DOI )

  12. Yamaguchi H, Ishida Y, Hosomichi J, Suzuki JI, Hatano K, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Ono T. Ultrasound microbubble-mediated transfection of NF-κB decoy oligodeoxynucleotide into gingival tissues inhibits periodontitis in rats in vivo PLoS One. 2017.11; 1 (11): e0186264. ( PubMed, DOI )

  13. Hosomichi J, Maeda H, Kuma Y, Oishi S, Yoshida KI, Ono T. . Differential effects of intermittent hypoxia on phenotypic and metabolic features of airway muscles in weaning- and adolescent-aged rats. Sleep Medicine. 2017.11; 40 e135. ( DOI )

  14. Yamaguchi H, Ishida Y, Hosomichi J, Suzuki J, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Ono T. A new approach to transfect NF-κB decoy oligodeoxynucleotides into the periodontal tissue using the ultrasound-microbubble method. Int J Oral Sci. 2017.06; 9 (2): 80-86. ( PubMed, DOI )

  15. Kasahara Y, Usumi-Fujita R, Hosomichi J, Kaneko S, Ishida Y, Shibutani N, Shimizu Y, Okito O, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ono T. Low-intensity pulsed ultrasound reduces periodontal atrophy in occlusal hypofunctional teeth. Angle Orthod. 2017.05; 87 (5): 709-716. ( PubMed, DOI )

  16. Hosomichi J, Kuma Y, Oishi S, Nagai H, Maeda H, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Shitano C, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Intermittent hypoxia causes mandibular growth retardation and macroglossia in growing rats. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2017.02; 151 (2): 363-371.

  17. Oishi S, Shimizu Y, Hosomichi J, Kuma Y, Nagai H, Maeda H, Usumi-Fujita R, Kaneko S, Shibutani N , Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Intermittent hypoxia Influences alveolar bone proper microstructure via hypoxia-inducible factor and VEGF expression in periodontal ligaments of growing rats. Front phsyiol. 2016.09; 7 Article 416.

  18. Oishi S, Shimizu Y, Hosomichi J, Kuma Y, Nagai H, Maeda H, Usumi-Fujita R, Kaneko S, Shitano C, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Intermittent hypoxia induces disturbances in craniofacial growth and defects in craniofacial morphology. Arch Oral Biol. 2016.01; 61 115-124. ( PubMed )

  19. Park Y, Hosomichi J, Ge C, Xu J, Franceschi R, Kapila S. Immortalization and characterization of mouse temporomandibular joint disc cell clones with capacity for multi-lineage differentiation. Osteoarthr Cartil. 2015.09; 23 (9): 1532-1542. ( PubMed, DOI )

  20. Kuma Y, Usumi-Fujita R, Hosomichi J, Oishi S, Maeda H, Nagai H, Shimizu Y, Kaneko S, Shitano C, Suzuki J, Yoshida K, Ono T.. Impairment of nasal airway under intermittent hypoxia during growth period in rats. Arch Oral Biol. 2014.11; 59 (11): 1139-1145. ( PubMed, DOI )

  21. Shimizu Y, Hosomichi J, Nakamura S, Ono T.. Micro-computed tomography analysis of changes in the periodontal ligament and alveolar bone proper induced by occlusal hypofunction of rat molars. Korean J Orthod. 2014.09; 44 (5): 263-267. ( PubMed, DOI )

  22. Shitano C, Baba O, Kaneko S, Hosomichi J, Shimizu Y, Shibutani N, Usumi-Fujita R, Takano Y, Ono T.. Alveolar bone loss induced by the orthodontic tooth movement under hypofunctional conditions in rats. Orthodontic Waves. 2013.11; 72 (4): 148-155. ( DOI )

  23. Shimizu Y, Ishida T, Hosomichi J, Kaneko S, Hatano K, Ono T.. Soft diet causes greater alveolar osteopenia in the mandible than in the maxilla. Arch Oral Biol. 2013.08; 58 (8): 907-911. ( PubMed, DOI )

  24. Usumi-Fujita R, Hosomichi J, Ono N, Shibutani N, Kaneko S, Shimizu Y, Ono T.. Occlusal hypofunction causes periodontal atrophy and VEGF/VEGFR inhibition in tooth movement. Angle Orthod. 2013.01; 83 (1): 48-56. ( PubMed, DOI )

  25. Kapila S, Park Y, Ahmad N, Hosomichi J, Hayami T, Tacon C.. Mechanisms for relaxin's modulation of MMPs and matrix loss in fibrocartilages. Ital J Anat Embryol. 2013; 118 (1 Suppl): 62-65. ( PubMed )

  26. Yasuhiro Shimizu, Jun Hosomichi, Sawa Kaneko, Naoki Shibutani, Takashi Ono. Effect of sympathetic nervous activity on alveolar bone loss induced by occlusal hypofunction in rats. Arch. Oral Biol.. 2011.11; 56 (11): 1404-1411. ( PubMed, DOI )

  27. Sako E, Hosomichi J.. Alteration of bFGF expression with growth and age in rat molar periodontal ligament. Angle Orthod. 2010.09; 80 (5): 904-911. ( PubMed, DOI )

  28. Shibutani N, Hosomichi J, Ishida Y, Soma K.. Influence of occlusal stimuli on the microvasculature in rat dental pulp. Angle Orthod. 2010.03; 80 (2): 316-321. ( PubMed, DOI )

  29. Wada H, Hosomichi J, Shimomoto Y, Soma K.. Influence of occlusal hypofunction on the elastic property and bone formation of rat alveolar bone. Orthodontic Waves. 2008.09; 67 (1): 9-14. ( DOI )

  30. Termsuknirandorn S, Hosomichi J, Soma K.. Occlusal stimuli influence on the expression of IGF-1 and the IGF-1 receptor in the rat periodontal ligament. Angle Orthod. 2008.07; 78 (4): 610-616. ( PubMed, DOI )

  31. Hu FW, Hosomichi J, Kanno Z, Soma K.. The influence of occlusal stimuli on basic fibroblast growth factor expression in the periodontal healing of replanted teeth. J Med Dent Sci. 2008.03; 55 (1): 129-135. ( PubMed )

  32. Kishimoto G, Hosomichi J, Muramoto T, Kanno Z, Soma K.. Influence of estrogen cycle on temporomandibular joint synovial membrane in rat with deviated mandible. J Med Dent Sci. 2007.03; 54 (1): 79-85. ( PubMed )

  33. Hosomichi J, Yasui N, Koide T, Soma K, Morita I.. Involvement of the collagen I-binding motif in the anti-angiogenic activity of pigment epithelium-derived factor. Biochem Biophys Res Commun. 2005.09; 335 (3): 756-761. ( PubMed, DOI )

  34. 細道 純, 鈴木 拓海, 渋谷 直樹, 細野 香澄, 山口 博之, 隈 陽一郎, 金香 佐和, 笠原 由紀, 大石 修史, 臼見 莉沙, 清水 康広, 小野 卓史. 矯正的歯の移動時におけるKi67およびLGR5陽性歯根膜細胞の局在変化 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 184. ( 医中誌 )

  35. 細道純, 中浜健一, 森田育男.. 血管新生抑制因子PEDFによる血管新生の制御. 口腔病学会雑誌. 2003.12; 70 (4): 249.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 飯田順一郎 編集代表/葛西一貴・後藤滋巳・末石研二・槇宏太郎・山城隆 編著. 歯科矯正学 第6版 . 医歯薬出版, 2019.01 (ISBN : 978-4-263-45832-7)

  2. 監修 小野卓史,小海暁,執筆 細道純,石田雄之,臼見莉沙,沖原秀政,上杉俊輔, 池田侑平,今村俊博. 矯正歯科のための重要16キーワード ベスト320論文 (トムソン・ロイターシリーズ). クインテッセンス出版, 2017.10 (ISBN : 978-4-7812-0579-3)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Angkanawaraphan K, Hosomichi J, Maeda H, Changsiripun C, Haixin H, Ono T. Effects of intermittent hypoxia on learning and memory functions in infant rats. The 9th International Orthodontic Congress 2020.10.04

  2. Lekvijittada K, Hosomichi J, Maeda H, Hong H, Changsiripun C, Kuma Y, Oishi S, Suzuki JI, Yoshida KI, Ono T. Intermittent hypoxia inhibits mandibular cartilage growth by reducing TGF-β and SOX9 expression levels in infant rats. The 9th International Orthodontic Congress 2020.10.04

  3. Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Oishi S, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Kaneko S, Yoshida KI, Ono T. . Intermittent hypoxia reduces RANKL expression in impaired mandibular growth through the β2-adrenergic receptor in adolescent rats.. The 9th International Orthodontic Congress 2020.10.04

  4. Wongkitikamjorn W, Hosomichi J, Wada E, Maeda H, Satrawaha S, Hong H, Hayashi Y, Yoshida K, Ono T . Effect of Prenatal Intermittent Hypoxia on Muscle Development in Offspring . 2019 IADR/AADR/CADR General Session 2019.06 Vancouver, CANADA

  5. Sato M, Asano T, Hosomichi J, Nakata T, Ono T. Optogenetic manipulation of intracellular calcium by blue light-activated Ca2+ channel switch promotes osteogenic differentiation of MC3T3-E1 cells. 95th congress of the European Orthodontic Society 2019.06 Nice, France

  6. Ongprakobkul N, Ishida Y, Hatano-sato K, Li K, Petdachai S, Hosomichi J, Mahatumarat K, Ono T . Effects of AMD3100 on Orthodontic Tooth Movement After Local/Systemic Administration. 2019 IADR/AADR/CADR General Session 2019.06 Vancouver, Canada

  7. Torikai K, Kijima T, Kaida E, Nagaoka R, Shimazaki K. Long-term treatment results of bilateral cleft lip and palate treated by all-in-one repair. 76th ACPA's(American Cleft Palate Craniofacial association) Annual Meeting 2019.04 Arizona, USA

  8. Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Lekvijittada K, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. β2-adrenergic antagonist butoxamine reduces the mandibular growth retardation caused by intermittent hypoxia in adolescent rats. The 77th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2018.11.01 Yokomaha, Japan

  9. Hong H, Hosomichi J, Maeda M, Lekvijittada K, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Suzuki JI, Yoshida KI, Ono T. Different effects of intermittent hypoxia on mandibular growth in the juvenile and adolescent rats. Wuhan University PhD seminar 2018.08.20 Wuhan, China

  10. Uchikawa Y, Hosomichi J, Suzuki J, Yamaguchi H, Ishida Y, Hatano K, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Uesugi S, Ono T. Differential growth response of craniofacial and limb bones to hypertension with sympathetic hyperactivity in rats. 96th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR) 2018.07.27 London, UK

  11. Lekvijittada K, Hosomichi J, Maeda H, Hong H, Changsiripun C, Kuma Y, Oishi S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Influence of intermittent hypoxia on condylar growth : A study in infant rats. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference 2018.03.25 Boracay, Republic of the Philippines

  12. Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Kochakorn L, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ishida Y, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. The impact of a ß2-adrenergic antagonist, butoxamine on mandibular growth retardation caused by intermittent hypoxia in growing rats. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference 2018.03.05 Boracay, Republic of the Philippines

  13. Lekvijittada K, Hosomichi J, Maeda H, Hong H, Changsiripun C, Kuma Y, Oishi S, Yamaguchi H, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Suzuki JI, Yoshida KI, Ono T. Influences of intermittent hypoxia on condylar growth: A study in infant rats. 5th Tokyo Medical University Memorial Hall Poster Conference 2018.02.22 Tokyo, Japan

  14. Hosomichi J, Maeda H, Kuma Y, Oishi S, Yoshida KI, Ono T. Differential effects of intermittent hypoxia on phenotypic and metabolic features of airway muscles in weaning- and adolescent-aged rats. 5th Tokyo Medical University Memorial Hall Poster Conference 2018.02.22 Tokyo, Japan

  15. Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Kochakorn L, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ishida Y, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. The impact of a ß2-adrenergic antagonist, butoxamine on mandibular growth retardation caused by intermittent hypoxia in growing rats. 5th Tokyo Medical University Memorial Hall Poster Conference 2018.02.22 Tokyo, Japan

  16. Hosomichi J, Maeda H, Yoichiro Kuma, Oishi S, Yoshida KI, Ono T. Differential effects of intermittent hypoxia on phenotypic and metabolic features of airway muscles in weaning- and adolescent-aged rats.. World Sleep 2017 2017.10.11 Prague, Czech Republic

  17. Hiroyuki Yamaguchi, Yuji Ishida, Jun Hoshomichi, Jun-ichi Suzuki, Takashi Ono. Transfection of NF-κB decoy into the rodent periodontium using ultrasound-microbubble technique prevents the progression of the periodontitis. The 93rd congress of the European Orthodontic Society 2017.06.05 Montreux, Switzerland

  18. Hosomichi J, Suzuki T, Shibutani N, Hatano K, Yamaguchi H, Kuma K, Kaneko S, Ono T. . Distribution of Ki67 and LGR5-positive Periodontal Cells During Tooth Movement. 2017 IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition 2017.03.22 San Francisco, CA, USA

  19. Oishi S, Shimizu Y, Hosomichi J, Kuma Y, Usumi-Fujita R, Maeda H, Nagai H, Kaneko S, Shibutani N, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Intermittent hypoxia influences bone microstructure via hypoxia inducible factor and VEGF in growing rats. The 10th Asia Pacific Orthodontic Conference 2016.09.01 Bali, Indonesia

  20. Kasahara Y, Usumi-Fujita R, Hosomichi J, Kaneko S, Ishida Y, Shibutani N, Shimizu Y, Okito A, Oishi S, Kuma Y, Ono T. Effect of low-intensity pulsed ultrasound on periodontal tissues in occlusal hypofunctional teeth. The 38th Annual Scientific Conference on Dental Research 2016.04.04 Ho Chi Minh city, Vietnam

  21. Hosomichi J, Nakai Y, Maeda H, Kuma Y, Oishi S, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Ishida Y, Shibutani N, Yoshida K, Ono T. Intermittent hypoxia triggers inflammatory pathway with down-regulated myofibrillar and mitochondrial biogenesis in the geniohyoid muscle. The 74th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2015.11.20 Fukuoka, Japan

  22. Hosomichi J, Kuma Y, Oishi S, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Maeda H, Nagai H, Shitano C, Kaneko S, Ishida Y, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Up-regulation of inflammatory pathway through interleukins and NOS in the geniohyoid muscle. SLEEP 2015 2015.06.08 Seattle, WA, USA

  23. Oishi S, Shimizu Y, Hosomichi J, Kuma Y, Maeda H, Nagai H, Kaneko S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T.. Disturbance of maxillofacial bone growth induced by intermittent hypoxia in growing rats.. 28th Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies (SLEEP 2014) 2014.06.04 Minneapolis, MN, USA

  24. Kuma Y, Usumi-Fujita R, Hosomichi J, Oishi S, Nagai H, Maeda H, Kaneko S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T.. Growth impairment of nasal airway under intermittent hypoxia during growth period in rats.. 28th Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies (SLEEP2014), 2014.05.31 Minneapolis

  25. Hosomichi J, Oishi S, Kuma Y, Maeda H, Nagai H, Kaneko S, Shitano C, Suzuki J, Yoshida K, Ono T.. Intermittent-hypoxia-induced expression of autophagy accelerates BNIP3 in the geniohyoid muscles in contrast to gastrocnemius muscle in rats.. 28th Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies (SLEEP2014) 2014.05.29 Minneapolis, MN, USA

  26. Kuma Y, Usumi-Fujita R, Hosomichi J, Oishi S, Nagai H, Shimizu Y, Kaneko S, Shitano C, Suzuki J, Yoshida K, Ono T.. Impairment of nasal airway under intermittent hypoxia during growth period in rats.. The 36th Annual Scientific Conference on Dental Research 2014.03.31 Ho Chi Minh City, Vietnam

  27. Oishi S, Shimizu Y, Hosomichi J, Kuma Y, Maeda H, Nagai H, Kaneko S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T.. The Intermittent hypoxia induced discrepancy of bone growth and density in rat maxillofacial bone.. The 36th Annual Scientific Conference on Dental Research 2014.03.31 Ho Chi Minh city, Vietnam

  28. Shitano C, Baba O, Kaneko S, Hosomichi J, Shimizu Y, Shibutani N, Usumi-Fujita R, Takano Y, Ono T.. Alveolar bone loss induced by hypofunctional tooth movement in rats. . 2nd Meeting of the IADR Asia Pacific Region 2013.08.21 Bangkok, Tahiland

  29. Hosomichi J, Park Y, Kapila S.. Immortalization and characterization of mouse temporomandibular joint disc cells. . 41 st Annual Meeting & Exhibition of the AADR, 36th Annual Meeting of the CADR 2012.03.22 Tampa, FL, USA

  30. Shimizu Y, Hosomichi J, Kaneko S, Shibutani N, Ono T.. β-adrenergic receptor antagonist suppresses occlusal force unroading-induced alveolar bone loss in rats.. 2011 Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research 2011.09 San Diego, CA, USA

  31. Hosomichi J, Park Y, Kapila S.. Immortalization and characterization of mouse temporomandibular joint (TMJ) disc cell clones.. The 2nd Asian Academic Congress for Temporomandibular Joint 2011.07.23 Hiroshima, JAPAN

  32. Usumi R, Shibutani N, Ono N, Hosomichi J, Kaneko S, Ono T.. Occlusal stimuli influence VEGFR-2/CD31 expressions in periodontium during tooth movement.. The 89th General Session and Exhibition of IADR/AADR/CADR 2011.03.17 San Diego, CA, USA

  33. Hu F, Hosomichi J, Kanno Z, Soma K.. Occlusal forces promote periodontal healing of transplanted teeth with enhanced basic fibroblast growth factor synthesis.. The 65th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society and the 1st Joint Meeting of the Japanese Orthodontic Society and the Korea Association of Orthodontists 2006.09.15 Sapporo, JAPAN

  34. 細道純, 臼見莉沙, 藤田紘一, 今井治樹, 本田康二, 山下陽介, 廣田誠, 大村進, 小野卓史. 上顎臼歯の先天性欠如に留意してWunderer 法併用Le Fort I 型骨切り術を行った骨格性Ⅱ級開咬の一例.. 第31回日本顎変形症学会総会学術大会 2021.06.11 宮城県仙台市

  35. 内川 雄太, 細道 純, 鈴木 淳一, 山口 博之, 石田 雄之, 畑野 香澄, 臼見 莉沙, 清水 康広, 金香 佐和, 上杉 俊輔, 小野 卓史. ラットにおける交感神経機能亢進関与による高血圧と頭蓋骨および脛骨の差次成長. 第85回 口腔病学会学術大会 2020.12.02

  36. 佐藤萌, 浅野豪文, 細道純, 中田隆夫, 小野卓史. 光遺伝学ツールBACCSを用いた骨芽細胞分化メカニズムの制御. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12 東京

  37. 細道純, 田中崇嗣, 小澤英里佳, 阿部泰典, 小野卓史. 歯科矯正用アンカープレートを用いた矯正治療により外科矯正を回避した骨格性下顎前突症例における機能適応. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11 長崎市

  38. 木村綾, 細道純, 前田秀将, 洪海シン, 大石修史, 臼見莉沙, 石田雄之, 金香佐和, 吉田謙一, 小野卓史. 成長期の間欠的低酸素曝露による上部気道粘膜病態への交感神経β2受容体の関与の検証. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11

  39. 石原聖子, 臼見莉沙, 笠原由紀, 大石修史, 柴田佳那, 清水康弘, 石田雄之, 金香佐和, 細道純, 谷山義明, 小野卓史. 選択的スプライシングバリアントによるペリオスチンの頭蓋骨成長、歯の形態に与える影響の解明. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11

  40. 木島毅, 鳥飼勝行, 長岡亮介, 開田恵理子, 島崎一夫. 一期手術で治療した両側唇顎口蓋裂の1例. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05 新潟市

  41. 佐藤萌, 浅野豪文, 細道純, 小野卓史, 中田隆夫. 光遺伝学ツールBACCSを用いた骨芽細胞分化メカニズムの制御. 第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019.03 新潟市

  42. 佐藤萌, 浅野豪文, 細道純, 小野卓史, 中田隆夫. 光遺伝学ツールBACCSを用いた骨芽細胞分化メカニズムの制御. 第11回 CBIR 若手インスパイアシンポジウム 2019.02 東京

  43. 佐藤 萌, 浅野 豪文, 細道 純, 石田 雄之, 臼見 莉沙, 清水 康広, 金香 佐和, 中田 隆夫, 小野 卓史. 光遺伝学を用いた骨芽細胞分化メカニズムの解明と制御. 第77回日本矯正歯科学会大会 2018.11.01 横浜

  44. 山口博之, 石田雄之, 細道純, 鈴木淳一, 小野卓史. 新たな歯周病治療戦略としての核酸医薬DDSの応用. 第2回核酸医薬DDS研究会 2017.12.01 東京

  45. 細道純, 鈴木拓海, 渋谷直樹, 畑野香澄, 山口博之, 隈陽一郎, 金香佐和, 笠原由紀, 大石修史, 臼見莉沙, 清水康広, 小野卓史. 矯正的歯の移動時におけるKi67およびLGR5陽性歯根膜細胞の局在変化. 第76 回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  46. 細道純. 成長期における間欠的低酸素曝露は,顎顔面領域の骨成長障害とともに関節頭海綿骨の骨密度増生をもたらす. 第4回東京医科大学記念会館ポスター発表懇談会 2017.02.24 東京

  47. 畑野香澄, 石田雄之, 山口博之, 細道純, 鈴木淳一, 笠原由紀, 大石修史, 隈陽一郎, 沖藤明日香, 臼見莉沙, 清水康広, 渋谷直樹, 金香佐和, 小野卓史. SDF-1/CXCR4シグナル阻害はラット臼歯の矯正的移動を遅延する. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  48. 隈陽一郎, 臼見莉沙, 細道純, 大石修史, 山口博之, 沖藤明日香, 清水康広,  渋谷直樹, 石田雄之, 金香佐和, 鈴木淳一, 吉田謙一, 小野卓史. 成長期における間欠的低酸素曝露がラット鼻腔気道の炎症亢進と形態変化をもたらす. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  49. 笠原由紀, 臼見莉沙, 隈陽一郎, 大石修史, 沖藤明日香, 清水康広, 渋谷直樹、石田雄之, 金香佐和, 細道純, 小野卓史. LIPUS照射は咬合刺激低下歯の歯周組織を回復する. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  50. 山口博之, 石田雄之, 細道純, 渡邊亮, 鈴木淳一, 小野卓史. 超音波マイクロバブル法によるNF-κBデコイの歯周組織への導入は歯周病モデルラットの歯槽骨吸収を抑制する. 第59回秋季日本歯周病学会学術大会 2016.10.07 新潟

  51. 沖藤明日香, 穐山雅子, 細道 純, 小野卓史, 中浜健一. 骨芽細胞におけるオステオポンチンの転写制御機構. 第2回日本骨免疫学会 2016.07.07 沖縄

  52. 大石修史, 清水康広, 細道純, 隈陽一郎, 前田秀将, 臼見莉沙, 金香佐和, 舌野知佐, 鈴木淳一, 吉田謙一, 小野卓史. 成長期ラットにおける間欠的低酸素曝露は, 骨成長障害とともに関節頭海綿骨の骨密度増生をもたらす. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 千葉

  53. 加藤千穂, 藪下忠親, 藤田紘一, 石田雄之, 細道純, 小野卓史. 選択的に上顎側切歯の抜歯を行った2症例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 千葉

  54. 細道純、隈陽一郎、大石修史、永井恒志、前田秀将、金香佐和、臼見莉沙、清水康広、舌野知佐、. 成長期の間欠的低酸素曝露は、ラット顎顔面の成長障害とともに舌の肥大および下顎歯列の拡大をもたらす. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  55. 沖藤明日香、中浜健一、細道純、舌野知佐、臼見莉沙、清水康広、石田雄之、金香佐和、森田育男、. 骨芽細胞の破骨細胞支持能の獲得におけるプロトンセンサーGPR4の関与. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  56. 沖藤明日香、中浜健一、穐山雅子、細道純、小野卓史、森田育男. 骨芽細胞におけるプロトンセンサーGPR4の役割. 第35回日本炎症・再生医学会 2014.07.01 沖縄

  57. 大石修史, 清水康広, 細道純, 隈陽一郎, 前田秀将, 臼見莉沙, 金香佐和, 舌野知佐, 鈴木淳一, 吉田謙一, 小野卓史. 間欠的低酸素はラット顎顔面領域の骨成長を抑制し形態の不調和をもたらす. 第72回日本矯正歯科学会大会 2013.10.09 松本

  58. 隈陽一郎, 臼見莉沙, 細道純, 大石修史, 永井恒志, 清水康広, 金香佐和, 舌野知佐, 鈴木淳一, 吉田謙一, 小野卓史. 成長期における間欠的低酸素がラット鼻腔気道の三次元形態に与える影響. 第72回日本矯正歯科学会大会 2013.10.09 松本

  59. 清水康広, 青木和広, カーン・マスード, 細道純, 金香佐和, 大谷啓一, 小野卓史. 咬合異常によるストレスホルモンの上昇が骨密度に与える影響~マウス成長期咬合異常モデルを用いた長管骨骨密度解析~. 第11回日本歯科骨粗鬆症研究会学術大会・総会 2013.03.02 東京

  60. 細道純, パクヤング, カピラスニル. 不死化顎関節円板クローン細胞はエストロゲン, リラキシンおよびプロゲステロンに対する反応性が異なる. 第71回日本矯正歯科学会大会  2012.09.28 盛岡

  61. 清水康広, 石田宝義, 細道純, 金香佐和, 小野卓史. 軟性飼料飼育した成長期ラットの歯槽骨は上下顎において異なる構造変化を示す. 第71回日本矯正歯科学会大会  2012.09.28 盛岡

  62. 舌野知佐, 馬場麻人, 金香佐和, 細道純, 渋谷直樹, 清水康広, 臼見莉沙, 高野吉郎, 小野卓史. 咬合刺激低下歯の矯正学的移動に伴う歯槽骨の変化について. 第71回日本矯正歯科学会大会  2012.09.28 盛岡

  63. 清水康広, 細道純, 渋谷直樹, 金香佐和, 小野卓史. 咬合刺激低下時における歯槽骨代謝に交感神経系が与える影響について. 第69回日本矯正歯科学会大会 2010.09.29

  64. 細道純, 安井典久, 森田育男, 相馬邦道. 血管新生抑制因子PEDFはタイプIコラーゲンへの結合を介して血管新生を抑制する. 第64回日本矯正歯科学会大会 2005.10.14 横浜

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第78回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2019年11月

  • Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Lekvijittada K, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. The 77th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society, Excellent Exhibition Award,Japanese Orthodotic Society,2018年11月

  • 佐藤 萌, 浅野 豪文, 細道 純, 石田 雄之, 臼見 莉沙, 清水 康広, 金香 佐和, 中田 隆夫, 小野 卓史. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2018年11月

  • Hosomichi J. Certificate of Recognition for Orthodontic Waves Reviewer,Japanese Orthodontic Society,2018年10月

  • Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Kochakorn L, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ishida Y, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference Best Presentation Award (1st Prize),Asian Pacific Orthodontic Society,2018年03月

  • 第75回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2016年10月

  • The 74th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society Award of Excellence (English Session),日本矯正歯科学会,2015年11月

  • 第73回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2014年10月

  • 第73回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2014年10月

  • 第72回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2013年09月

  • 第72回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2013年09月

  • 第71回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2012年09月

  • 第71回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2012年09月

  • 第69回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2010年11月

  • The 1st Joint Meeting of the Japanese Orthodontic Society and the Korean Association of Orthodontists Excellent Exhibition Award,日本矯正歯科学会,2006年09月

  • 第64回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2005年10月

  • 長尾優学術奨励賞,東京医科歯科大学,2001年03月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 NFkBデコイ核酸医薬による幼若永久歯の再植後の治癒の促進 」― NFkBデコイ核酸医薬含有PLGAナノ粒子を用いた新規治療法の開発 ―,2021年08月

    Journal of Periodontology

  • 「小児期の間欠的低酸素曝露による下顎成長障害がβ2受容体遮断薬により改善 」― 小児の閉塞性睡眠時無呼吸症における小下顎症の新規治療法の糸口 ―,2021年07月

    Frontiers in Physiology

  • The jaws of life - how hypoxia exposure affects jaw cartilage growth,2021年03月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「新生児期の間欠的低酸素曝露が、下顎の軟骨性成長を阻害するメカニズムを発見」― 小児の閉塞性睡眠時無呼吸症における小顎症の新規病態解明への期待 ―,2021年01月

    Scientific Reports

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学・チュラロンコーン大学国際連携歯学系専攻(博士課程・日タイ ジョイント・ディグリープログラム(JDP)),2017年 - 現在

  • 咬合機能矯正学(博士課程),2012年 - 現在

  • 歯学科5年 咬合育成・発達 顎顔面の成長発達機構と矯正治療の生物学的背景,2012年 - 現在

  • 歯学科5年 咬合育成・発達 不正咬合と歯科矯正・外科的矯正治療,2012年 - 現在

  • 歯学科5-6年 包括臨床実習 Phase I/II,2012年 - 現在

  • 口腔保健衛生学科3-4年 臨床実習,2017年 - 現在

▼全件表示