基本情報

写真a

玉村 啓和(タマムラ ヒロカズ)

TAMAMURA Hirokazu


職名

教授

生年

1964年

研究室住所

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-3-10

研究室電話番号

03-5280-8036

研究室FAX番号

03-5280-8039

ホームページ

http://tamamura-tmd.sakura.ne.jp/

研究分野・キーワード

創薬化学,ケミカルバイオロジー,有機化学,生物化学,エイズ,がん,癌

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  薬学部  薬学研究科  1988年  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学)  京都大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能分子研究部門 メディシナルケミストリー 教授
  • 2014年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 創薬科学 教授
  • 2014年01月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 医薬品化学 教授
  • 2015年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 メディシナルケミストリー 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1984年4月 京都大学薬学部入学
  • 1988年3月 京都大学薬学部卒業 (矢島治明教授)
  • 1988年4月 京都大学大学院薬学研究科修士課程入学 (矢島治明教授)
  • 1988年6月 薬剤師免許証下付
  • 1989年5月 京都大学薬学部助手 (藤井信孝教授)

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本ケミカルバイオロジー研究会

  • 日本薬学会

  • 日本ペプチド学会

  • アメリカ化学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    現在
    日本ケミカルバイオロジー研究会 世話人
  • 2006年04月
    -
    現在
    日本ペプチド学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 創薬化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 構造固定化テンプレートの創出とドラッグ・ディスカバリー

  • 蛍光プローブの創製、バイオセンシング、創薬を目指したケミカルバイオロジー研究

  • 受容体や酵素・リガンド相互作用の解析

  • 亜鉛フィンガーツールによる遺伝子治療法の開発

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 環状ペプチド誘導体を用いた標的選択的な中分子医薬品の創製研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2022年

  • HIV感染症・エイズの根治を目指した潜伏感染を標的とする新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2020年

  • GPCR二量体認識ユニットを活用したケミカルバイオロジー研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • ペプチドミメティックを活用した中分子型創薬リードの創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • ウイルスの複製機構の弱点をターゲットとした抗HIV剤の創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kobayakawa T, Azuma C, Watanabe Y, Sawamura S, Taniguchi A, Hayashi Y, Tsuji K, Tamamura H. Development of Methods for Convergent Synthesis of Chloroalkene Dipeptide Isosteres and Its Application. The Journal of organic chemistry. 2021.03; ( PubMed, DOI )

  • Kobayakawa T, Yokoyama M, Tsuji K, Fujino M, Kurakami M, Boku S, Nakayama M, Kaneko M, Ohashi N, Kotani O, Murakami T, Sato H, Tamamura H. Small-Molecule Anti-HIV-1 Agents Based on HIV-1 Capsid Proteins. Biomolecules. 2021.02; 11 (2): ( PubMed, DOI )

  • Kobayakawa T, Tsuji K, Konno K, Himeno A, Masuda A, Yang T, Takahashi K, Ishida Y, Ohashi N, Kuwata T, Matsumoto K, Yoshimura K, Sakawaki H, Miura T, Harada S, Matsushita S, Tamamura H. Hybrids of Small-Molecule CD4 Mimics with Polyethylene Glycol Units as HIV Entry Inhibitors. Journal of medicinal chemistry. 2021.01; ( PubMed, DOI )

  • Tsuji K, Wang R, Kobayakawa T, Owusu KB, Fujino M, Kaneko M, Yamamoto N, Murakami T, Tamamura H. Potent leads based on CA-19L, an anti-HIV active HIV-1 capsid fragment. Bioorganic & medicinal chemistry. 2020.12; 30 115923. ( PubMed, DOI )

  • Miller SE, Tsuji K, Abrams RPM, Burke TR Jr, Schneider JP. Uncoupling the Folding-Function Paradigm of Lytic Peptides to Deliver Impermeable Inhibitors of Intracellular Protein-Protein Interactions. Journal of the American Chemical Society. 2020.11; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Takuya Kobayakawa & Hirokazu Tamamura. “Chloroalkene Dipeptide Isosteres as Peptidomimetics” In “Methods in Enzymology on Synthetic and Enzymatic Modifications of the Peptide Backbone,” Elsevier Inc., Vol. 656. 2021.04

  • Tetsuo Narumi & Hirokazu Tamamura (edition). “PEPTIDE SCIENCE 2019” The Japanese Peptide Society, 4-1-2 Ina, Minoh, Osaka 562-8686, Japan. 2020

  • 小早川拓也、玉村啓和. 医薬品モダリティの特許戦略と技術開発動向~核酸医薬・ペプチド・次世代抗体・遺伝子治療・再生医療・細胞治療など~. 株式会社技術情報協会, 2019.05 第3章 ペプチド医薬に関連した今後の特許戦略と開発動向 5節 ペプチドミメティクス技術の現状と今後の動向 (ISBN : 978-4-86104-749-7)

  • 小早川拓也、玉村啓和. ペプチド創薬の最前線. 株式会社シーエムシー出版, 2019.05 第6章 ペプチドミメティックを活用した中分子型創薬リードの創製 (ISBN : 978-4-7813-1417-4)

  • 小早川 拓也, 玉村 啓和. 「第II編 第6章 ペプチドミメティックを活用した中分子型創薬リードの創製」 ペプチド創薬の最前線「監修 木曽良明」. 株式会社 シーエムシー出版 東京, 2019.05

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 玉村 啓和. ペプチドミメティックを基盤とした中分子創薬. 国際医薬品開発展2021 バイオファーマジャパン 2021.04.14 東京

  • Hirokazu Tamamura. Development of Anti-HIV and Anti-cancer Peptides. The 18th Akabori Conference: Japanese-German Symposium on Peptide Science 2021.03.08 online

  • Kohei Tsuji. Kinase inhibitors for anti-cancer drugs. The 7th Joint Symposium between Chulalongkorn University and IBB/TMDU on Biomedical Materials and Engineering 2020.12.22 online (Thailand)

  • Hirokazu Tamamura. Mid-size drugs based on peptidomimetics. The 7th Joint Symposium between Chulalongkorn University and IBB/TMDU on Biomedical Materials and Engineering 2020.12.22 online (Thailand)

  • Hirokazu Tamamura. Bioimaging of GPCR dimers and its application to molecular probes for cancer cells. A3 Foresight & 5 Star Alliance Joint Workshop on Organic/Inorganic Hybrid Nano Materials and Bio Imaging 2020.12.03 online

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • HIV感染阻害剤

    特許番号: 特許第6710376号

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 18th IBB BioFuture Research Encouragement Prize 研究発表会 大学院修士課程の部 最優秀賞 (渡邊 優基),国立大学法人 東京医科歯科大学 (TMDU) 生体材料工学研究所 (IBB) ,2020年01月

  • 17th IBB BioFuture Research Encouragement Prize 研究発表会 博士課程の部 最優秀賞 (松本 大亮),国立大学法人 東京医科歯科大学 (TMDU) 生体材料工学研究所 (IBB) ,2019年01月

  • 17th IBB BioFuture Research Encouragement Prize 研究発表会 修士課程の部 最優秀賞 (澤村 俊祐),国立大学法人 東京医科歯科大学 (TMDU) 生体材料工学研究所 (IBB) ,2019年01月

  • 日本薬学会第138年会 学生優秀発表賞(口頭発表の部)(サキヤマ マクスウエル) ,日本薬学会,2018年03月

  • 16th IBB BioFuture Research Encouragement Prize 研究発表会 学部生の部 最優秀賞 (神村 拓美),国立大学法人 東京医科歯科大学 (TMDU) 生体材料工学研究所 (IBB) ,2018年02月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「クロロアルケン型ジペプチドイソスターの収束的合成法の開発とその応用」― ペプチド創薬への期待 ―,2021年03月

    The Journal of Organic Chemistry

  • 「HIV-1カプシドタンパク質を標的とした低分子抗HIV活性化合物」― 薬剤耐性ウイルスに対する新規治療薬開発としての期待 ―,2021年02月

    Biomolecules

  • 「HIV侵入阻害剤としての小分子CD4ミミックとポリエチレングリコールユニットのハイブリッド化合物」― 根治を目指した抗体との併用療法の期待 ―,2021年01月

    Journal of Medicinal Chemistry

  • クリスパーキャスによる正確で安全なゲノム編集を細胞周期の利用によって実現,2020年10月

    Communications Biology

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生体システム制御学:薬理学に関する基礎研究

  • 機能分子総論:ペプチド・蛋白質化学, 6月16日 8:50-10:20 10:30-12:00

  • ゲノム化学・機能分子特論:ペプチド・蛋白質化学, 6月16日 8:50-12:00

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • ペプチド使い薬剤送達 がん細胞に入りやすく,日経産業新聞,日経産業新聞,2018年05月31日

  • EGFRに薬物送達 医科歯科大環状ペプチド開発,化学工業日報,化学工業日報,2018年05月31日

  • 東京医科歯科大 遺伝子切断、薬剤で制御 「ゲノム編集」で新手法 基礎研究などに応用 ,日本経済新聞社,日経産業新聞,2017年12月07日