基本情報

写真a

森田 圭一(モリタ ケイイチ)

MORITA Keiichi


職名

准教授

生年

1972年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学 顎顔面外科学分野

研究室電話番号

03-5803-5499

研究室FAX番号

03-5803-0298

メールアドレス

keiichi.m.osur@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

口腔外科, 口唇裂, 口蓋裂, 口腔がん, ゲノム解析

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  1997年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  博士課程  2001年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2004年11月
    -
    2010年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 口腔外科外来 助教
  • 2010年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 硬組織疾患ゲノムセンター 特任講師
  • 2015年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 口腔外科外来 助教
  • 2016年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面外科学 助教
  • 2018年04月
    -
    2018年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面外科学 助教
  • 2018年10月
    -
    2020年08月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面外科学 講師
  • 2020年09月
    -
    2021年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面外科学 講師
  • 2021年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面外科学 准教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 平成13年4月 東京医科歯科大学歯学部附属病院回復系診療科医員
  • 平成16年11月 東京医科歯科大学歯学部附属病院回復系診療科助手
  • 平成19年4月 東京医科歯科大学歯学部附属病院回復系診療科助教
  • 平成22年4月 東京医科歯科大学硬組織疾患ゲノムセンター特任講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔外科学会

  • 日本人類遺伝学会

  • 日本癌学会

  • 日本癌治療学会

  • 日本口蓋裂学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 外科系歯学

  • 医化学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 口腔がんのゲノム解析

  • 顎口腔先天異常のゲノム解析

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 再発転移頭頸部癌に対するニボルマブ最適化投与のためのバイオマーカーに関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • ナノ磁性複合分子によるDDSを用いた新規細胞周期制御法の確立と癌治療への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 舌発生におけるShhの役割

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • バイオバンク研究試料付随匿名化臨床情報管理システムの開発と無償配布への取り組み

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • ナノ磁性複合分子と生体埋込型ネオジム磁石によるマイクロDDSの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • 11q13.3増幅ナビゲーションマイクロダイセクト口腔癌ゲノム構造解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • ナノ磁性複合分子によるDDSを用いた新規細胞周期制御法の確立と癌治療への応用

    文部科学省/日本学術振興会

  • 口腔・咽頭器官の発生におけるShhの役割

    文部科学省/日本学術振興会

  • FGF23 産生機序とリン代謝異常を基軸とする顎骨繊維性骨異形成症の包括的病態理解

    文部科学省/日本学術振興会

  • 口腔・咽頭器官の発生におけるShhの役割

    文部科学省/日本学術振興会

  • 再発転移頭頸部癌に対する近赤外光線免疫療法症例におけるバイオマーカー探索研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 咽頭諸器官の発生におけるSHHシグナリングの役割

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Takahara N, Tomomatsu N, Kimura A, Kosugi M, Kurasawa Y, Morita KI, Yoda T. Changes in the condylar volume and skeletal relapse following orthognathic surgery in patients with dentofacial deformity: A retrospective study Cranio. 2022.05; ( DOI )

  2. Takahara N, Tomomatsu N, Hsieh D, Kurasawa Y, Morita KI, Yoda T. Short-Term Stability After Segmental Le Fort I Maxillary Impaction Surgery With Mandibular Autorotation in Seven High-Angle Class II Patients: A Case Series. J Craniofac Surg.. 2022.03; 33 (2): e135-e138. ( PubMed, DOI )

  3. Harazono Y, Morita KI, Tonouchi E, Anzai E, Takahara N, Kohmoto T, Imoto I, Yoda T. TP63 mutation mapping information in TP63 mutation-associated syndromes Advances in Oral and Maxillofacial Surgery. 2022.01; 5 ( DOI )

  4. ティーラウォン・チャンヤーヌット , 坂本 啓, 布川 裕規, 土谷 麻衣子, 栢森 高, 明石 巧, 濱垣 美和子, 富岡 博文, 黒嶋 雄志, 森田 圭一, 原田 浩之, 池田 通. 舌癌症例にみられるヒトパピローマウイルス(HPV)感染と無関係なp16免疫染色陽性反応 口腔病学会雑誌. 2021.11; 88 (2-3): 115-126. ( 医中誌 )

  5. Shibata E, Morita KI, Kayamori K, Tange S, Shibata H, Harazono Y, Michi Y, Ikeda T, Harada H, Imoto I, Yoda T. Detection of novel fusion genes by next-generation sequencing-based targeted RNA sequencing analysis in adenoid cystic carcinoma of head and neck ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY. 2021.10; 132 (4): 426-433. ( DOI )

  6. Kaida Atsushi, Yamamoto Satomi, Parrales Alejandro, Young Eric D., Ranjan Atul, Alalem Mohamed A., Morita Kei-ichi, Oikawa Yu, Harada Hiroyuki, Ikeda Tohru, Thomas Sufi M., Diaz Francisco J., Iwakuma Tomoo. DNAJA1 promotes cancer metastasis through interaction with mutant p53 ONCOGENE. 2021.06; ( DOI )

  7. Kawasaki R, Sasaki Y, Nishimura T, Katagiri K, Morita KI, Sekine Y, Sawada S, Mukai S, Akiyoshi K. Magnetically Navigated Protein Transduction In Vivo using Iron Oxide-Nanogel Chaperone Hybrid ADVANCED HEALTHCARE MATERIALS. 2021.05; 10 (9): ( DOI )

  8. Shibata E, Morita KI, Kayamori K, Maruiwa M, Michi Y, Sato Y, Takeuchi K, Ikeda T, Harada H, Yoda T. Secretory carcinoma around Stensen's duct misdiagnosed as salivary duct cyst. Int J Clin Exp Pathol. 2020.08; 13 (8): 2211-2217. ( PubMed )

  9. Yahara H, Horita S, Yanamoto S, Kitagawa Y, Asaka T, Yoda T, Morita K, Michi Y, Takechi M, Shimasue H, Maruoka Y, Kondo E, Kusukawa J, Tsujiguchi H, Sato T, Kannon T, Nakamura H, Tajima A, Hosomichi K, Yahara K. A Targeted Genetic Association Study of the Rare Type of Osteomyelitis. J Dent Res.. 2020.03; 99 (3): 271-276. ( DOI )

  10. Yokokawa M, Morita KI, Oikawa Y, Kayamori K, Sakamoto K, Ikeda T, Harada H. Co-expression of EGFR and MET has a synergistic effect on the prognosis of patients with oral squamous cell carcinoma J Oral Pathol Med. 2020.03; 49 (3): 235-242. ( DOI )

  11. Nguyen CTK, Sawangarun W, Mandasari M, Morita KI, Harada H, Kayamori K, Yamaguchi A, Sakamoto K. AIRE is induced in oral squamous cell carcinoma and promotes cancer gene expression PLOS ONE. 2020.02; 15 (2): e0222689. ( DOI )

  12. Sawangarun W, Mandasari M, Aida J, Morita K, Kayamori K, Ikeda T, Sakamoto K. Loss of Notch1 predisposes oro-esophageal epithelium to tumorigenesis Experimental Cell Research. 2018.11; 372 (2): 129-140. ( DOI )

  13. Kanai Y, Nishihara H, Miyagi Y, Tsuruyama T, Taguchi K, Katoh H, Takeuchi T, Gotoh M, Kuramoto J, Arai E, Ojima H, Shibuya A, Yoshida T, Akahane T, Kasajima R, Morita K, Inazawa J, Sasaki T, Fukayama M, Oda Y. The Japanese Society of Pathology Guidelines on the handling of pathological tissue samples for genomic research: Standard operating procedures based on empirical analyses Pathology International. 2018.02; 68 (2): 63-90. ( DOI )

  14. Yukimori A, Oikawa Y, Morita KI, Nguyen CTK, Harada H, Yamaguchi S, Kayamori K, Yamaguchi A, Ikeda T, Sakamoto K. Genetic basis of calcifying cystic odontogenic tumors. PLoS One. 2017.06; 12 (6): e0180224.

  15. Nguyen CT, Okamura T, Morita KI, Yamaguchi S, Harada H, Miki Y, Izumo T, Kayamori K, Yamaguchi A, Sakamoto K. LAMC2 is a predictive marker for the malignant progression of leukoplakia. Journal of Oral Pathology & Medicine. 2017.03; 46 (3): 223-231.

  16. Oikawa Y, Morita KI, Kayamori K, Tanimoto K, Sakamoto K, Katoh H, Ishikawa S, Inazawa J, Harada H. Receptor tyrosine kinase amplification is predictive of distant metastasis in patients with oral squamous cell carcinoma. Cancer Science. 2017.02; 108 (2): 256-266.

  17. Kato Y, Ogasawara S, Oki H, Honma R, Takagi M, Fujii Y, Nakamura T, Saidoh N, Kanno H, Umetsu M, Kamata S, Kubo H, Yamada M, Sawa Y, Morita K, Harada H, Suzuki H, Kaneko MK. Novel Monoclonal Antibody LpMab-17 Developed by CasMab Technology Distinguishes Human Podoplanin from Monkey Podoplanin. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. . 2016; 35 (2): 109-116.

  18. Kohmoto T, Tsuji A, Morita K, Naruto T, Masuda K, Kashimada K, Enomoto K, Morio T, Harada H, Imoto I. A novel COL11A1 missense mutation in siblings with non-ocular Stickler syndrome. Hum Genome Var.. 2016; 7 (3): 16003.

  19. Sato M, Morita K, Kabasawa Y, Harada H. Bilateral nasolabial cysts: a case report. J Med Case Rep.. 2016; 10 (1): 246.

  20. Pal SK, Nguyen CT, Morita KI, Miki Y, Kayamori K, Yamaguchi A, Sakamoto K. THBS1 is induced by TGFB1 in the cancer stroma and promotes invasion of oral squamous cell carcinoma. J Oral Pathol Med.. 2016; 45 (10): 730-739.

  21. Khanom R, Nguyen CT, Kayamori K, Zhao X, Morita K, Miki Y, Katsube K, Yamaguchi A, Sakamoto K. Keratin 17 Is Induced in Oral Cancer and Facilitates Tumor Growth. PLoS One. . 2016; 11 (8): e0161163.

  22. Morita K, Naruto T, Tanimoto K, Yasukawa C, Oikawa Y, Masuda K, Imoto I, Inazawa J, Omura K, Harada H. Simultaneous detection of both single nucleotide variations and copy number alterations by next-generation sequencing in gorlin syndrome. PLoS One. 2015.11; 10 (11): e0140480.

  23. Kuribayashi Y, Tsushima F, Morita K, Matsumoto K, Sakurai J, Uesugi A, Sato K, Oda S, Sakamoto K, Harada H. Long-term outcome of non-surgical treatment in patients with oral leukoplakia. Oral Oncology. 2015.11; 51 (11): 1020-1025.

  24. Sakamoto Kei, Morita Kei-Ichi, Shimada Yasuyuki, Omura Ken, Izumo Toshiyuki, Yamaguchi Akira. Peripheral odontogenic keratocyst associated with nevoid basal cell carcinoma syndrome: a case report. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2014.07; 118 (1): e19-e23. ( PubMed, DOI )

  25. Matsukawa Sho, Morita Kei-ichi, Negishi Ayako, Harada Hiroyuki, Nakajima Yusuke, Shimamoto Hiroaki, Tomioka Hirofumi, Tanaka Kae, Ono Masaya, Yamada Tesshi, Omura Ken. Galectin-7 as a potential predictive marker of chemo- and/or radio-therapy resistance in oral squamous cell carcinoma. Cancer Med. 2014.04; 3 (2): 349-361. ( PubMed, DOI )

  26. Matsumoto Kanako, Morita Kei-Ichi, Jinno Shigeharu, Omura Ken. Sensory changes after tongue reduction for macroglossia. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2014.01; 117 (1): e1-e2. ( PubMed, DOI )

  27. Rushatamukayanunt Pradit, Morita Kei-ichi, Matsukawa Sho, Harada Hiroyuki, Shimamoto Hiroaki, Tomioka Hirofumi, Omura Ken. Lack of association between high-risk human papillomaviruses and oral squamous cell carcinoma in young Japanese patients. Asian Pac J Cancer Prev. 2014; 15 (10): 4135-4141. ( PubMed )

  28. Shimada Yasuyuki, Morita Kei-ichi, Kabasawa Yuji, Taguchi Takahide, Omura Ken. Clinical manifestations and treatment for keratocystic odontogenic tumors associated with nevoid basal cell carcinoma syndrome: a study in 25 Japanese patients. J Oral Pathol Med. 2013.03; 42 (3): 275-280. ( PubMed, DOI )

  29. Shimada Yasuyuki, Katsube Ken-ichi, Kabasawa Yuji, Morita Kei-ichi, Omura Ken, Yamaguchi Akira, Sakamoto Kei. Integrated genotypic analysis of hedgehog-related genes identifies subgroups of keratocystic odontogenic tumor with distinct clinicopathological features. PLoS One. 2013; 8 (8): e70995. ( PubMed, DOI )

  30. Kuribayashi Yuri, Tsushima Fumihiko, Sato Masaru, Morita Kei-ichi, Omura Ken. Recurrence patterns of oral leukoplakia after curative surgical resection: important factors that predict the risk of recurrence and malignancy. J Oral Pathol Med. 2012.10; 41 (9): 682-688. ( PubMed, DOI )

  31. Kugimoto T, Morita K, Omura K. Development of oral cancer screening test by detection of squamous cell carcinoma among exfoliated oral mucosal cells. Oral Oncol. 2012.09; 48 (9): 794-798. ( PubMed, DOI )

  32. Khanom R, Sakamoto K, Pal SK, Shimada Y, Morita K, Omura K, Miki Y, Yamaguchi A. Expression of basal cell keratin 15 and keratin 19 in oral squamous neoplasms represents diverse pathophysiologies. Histol Histopathol. 2012.07; 27 (7): 949-959. ( PubMed )

  33. Hanabata Y, Nakajima Y, Morita K, Kayamori K, Omura K. Coexpression of SGLT1 and EGFR is associated with tumor differentiation in oral squamous cell carcinoma. Odontology. 2012.07; 100 (2): 156-163. ( PubMed, DOI )

  34. Sakamoto K, Fujii T, Kawachi H, Miki Y, Omura K, Morita K, Kayamori K, Katsube K, Yamaguchi A. Reduction of NOTCH1 expression pertains to maturation abnormalities of keratinocytes in squamous neoplasms. Lab Invest. 2012.05; 92 (5): 688-702. ( PubMed, DOI )

  35. Uesugi A, Kozaki K, Tsuruta T, Furuta M, Morita K, Imoto I, Omura K, Inazawa J. The tumor suppressive microRNA miR-218 targets the mTOR component Rictor and inhibits AKT phosphorylation in oral cancer. Cancer Res. 2011.09; 71 (17): 5765-5778. ( PubMed, DOI )

  36. Marukawa E, Oshina H, Iino G, Morita K, Omura K. Reduction of bone resorption by the application of platelet-rich plasma (PRP) in bone grafting of the alveolar cleft. J Craniomaxillofac Surg. 2011.06; 39 (4): 278-283. ( PubMed, DOI )

  37. Sakamoto K, Aragaki T, Morita K, Kawachi H, Kayamori K, Nakanishi S, Omura K, Miki Y, Okada N, Katsube K, Takizawa T, Yamaguchi A. Down-regulation of keratin 4 and keratin 13 expression in oral squamous cell carcinoma and epithelial dysplasia: a clue for histopathogenesis. Histopathology. 2011.03; 58 (4): 531-542. ( PubMed, DOI )

  38. Uekusa M, Omura K, Nakajima Y, Hasegawa S, Harada H, Morita KI, Tsuda H. Uptake and kinetics of 5-aminolevulinic acid in oral squamous cell carcinoma. Int J Oral Maxillofac Surg. 2010.08; 39 (8): 802-805. ( PubMed, DOI )

  39. Prapinjumrune C, Morita K, Kuribayashi Y, Hanabata Y, Shi Q, Nakajima Y, Inazawa J, Omura K. DNA amplification and expression of FADD in oral squamous cell carcinoma. J Oral Pathol Med. 2010.08; 39 (7): 525-532. ( PubMed, DOI )

  40. Kayamori K, Sakamoto K, Nakashima T, Takayanagi H, Morita K, Omura K, Nguyen ST, Miki Y, Iimura T, Himeno A, Akashi T, Yamada-Okabe H, Ogata E, Yamaguchi A. Roles of interleukin-6 and parathyroid hormone-related peptide in osteoclast formation associated with oral cancers: significance of interleukin-6 synthesized by stromal cells in response to cancer cells. Am J Pathol. 2010.02; 176 (2): 968-980. ( PubMed, DOI )

  41. Kuribayashi Y, Morita K, Tomioka H, Uekusa M, Ito D, Omura K. Gene expression analysis by oligonucleotide microarray in oral leukoplakia. J Oral Pathol Med. 2009.04; 38 (4): 356-361. ( PubMed, DOI )

  42. Morita K, Iwasa T, Imaizumi F, Negishi A, Omura K. A case of maxillary duplication with a soft palate reconstruction using a forearm flap. Int J Oral Maxillofac Surg. 2008.09; 37 (9): 862-865. ( PubMed, DOI )

  43. Tomioka H, Morita K, Hasegawa S, Omura K. Gene expression analysis by cDNA microarray in oral squamous cell carcinoma. J Oral Pathol Med. 2006.04; 35 (4): 206-211. ( PubMed, DOI )

  44. Morita K, Saitoh M, Tobiume K, Matsuura H, Enomoto S, Nishitoh H, Ichijo H. Negative feedback regulation of ASK1 by protein phosphatase 5 (PP5) in response to oxidative stress. EMBO J. 2001.11; 20 (21): 6028-6036. ( PubMed, DOI )

  45. Sawada Y, Nakamura K, Doi K, Takeda K, Tobiume K, Saitoh M, Morita K, Komuro I, De Vos K, Sheetz M, Ichijo H. Rap1 is involved in cell stretching modulation of p38 but not ERK or JNK MAP kinase. J Cell Sci. 2001.03; 114 (Pt 6): 1221-1227. ( PubMed )

  46. Tobiume K, Matsuzawa A, Takahashi T, Nishitoh H, Morita K, Takeda K, Minowa O, Miyazono K, Noda T, Ichijo H. ASK1 is required for sustained activations of JNK/p38 MAP kinases and apoptosis. EMBO Rep. 2001.03; 2 (3): 222-228. ( PubMed, DOI )

  47. 倉沢 泰浩, 森田 圭一, 高原 楠旻, 友松 伸允, 佐久間 朋美, 原園 陽介, 池田 通, 依田 哲也. エナメル上皮腫再発に関与する因子の臨床病理学的検討 日本口腔外科学会雑誌. 2022.04; 68 (4): 184-192. ( 医中誌 )

  48. 森田 圭一, 金井 雅史, 松本 繁巳. 研究試料付随臨床情報管理システム BIO Clinica. 2018.09; 33 (10): 956-961. ( 医中誌 )

  49. 田口 貴英, 森田 圭一, 島田 泰如, 小村 健. 角化嚢胞性歯原性腫瘍再発に関する臨床的検討 日本口腔腫瘍学会誌. 2012; 24 (1): 9-19. ( 医中誌 )

  50. 菊池 剛, 森田 圭一, 樺沢 勇司, 小村 健. Le Fort I型骨切り術後に生じた皮下気腫の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2011; 57 (3): 124-127. ( 医中誌 )

  51. 森田 圭一, 菊池 剛, 今泉 史子, 根岸 綾子, 辻 美千子, 小村 健. 新規創内固定型上顎骨延長装置を用いて治療した両側唇顎口蓋裂術後上顎後退症の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2010; 56 (7): 450-454. ( 医中誌 )

  52. 本田 綾, 馬場 祥行, 片岡 恵一, 鈴木 聖一, 森田 圭一, 小村 健, 森山 啓司. Le Fort I型骨切り術により幅の広い顎裂を閉鎖した成人片側性口唇口蓋裂の1症例 日本顎変形症学会雑誌. 2010; 20 (3): 258-265. ( 医中誌 )

  53. 高根 努, 森田 圭一, 佐藤 昌, 樺沢 勇司, 丸岡 豊, 小村 健. Le Fort I型骨切り術後に生じたsurgical ciliated cystの1例 日本口腔外科学会雑誌. 2008; 54 (11): 616-620. ( 医中誌 )

  54. 櫻井 由美子, 馬場 祥行, 石崎 敬, 辻 美千子, 佐藤 豊, 天笠 光雄, 森田 圭一, 小村 健, 鈴木 聖一, 大山 紀美栄. 東京医科歯科大学歯学部附属病院における口唇裂口蓋裂患者の統計的調査 日本口蓋裂学会雑誌. 2007; 32 (3): 307-316. ( 医中誌 )

  55. 森田 圭一, 丸川 恵理子, 小村 健. 腸骨からの骨髄海綿骨細片採取におけるBoneHOGの使用経験 日本口腔外科学会雑誌. 2007; 53 (11): 682-685. ( 医中誌 )

  56. 生田 稔, 小村 健, 丸岡 豊, 長谷川 正午, 森田 圭一. 下顎骨関節突起骨折に関する臨床的検討 口腔顎顔面外傷. 2006; 5 (1): 2-7. ( 医中誌 )

  57. 森田 圭一, 石井 正俊, 森山 孝, 今泉 史子, 小村 健. 片側性口唇裂の外鼻修正術後における外鼻形態の後戻り評価 日本口蓋裂学会雑誌. 2004; 29 (3): 298-304. ( 医中誌 )

  58. 森田 圭一, 郡司 明美, 石井 正俊, 森山 孝, 今泉 史子, 小村 健. 術前鼻歯槽形成法による片側性完全唇顎口蓋裂患者の初期治療 日本口腔外科学会雑誌. 2004; 50 (11): 643-648. ( 医中誌 )

  59. 石井 正俊, 森山 孝, 森田 圭一, 今泉 史子, 小村 健, 石井 良昌, 大山 紀美栄, 本橋 信義, 飯田 敏明, 谷口 尚, 小野 富昭, 杉山 芳樹. 顎裂部への二次的骨移植に関する臨床的検討(第一報) 手術時期別骨架橋形成について 日本口蓋裂学会雑誌. 2004; 29 (3): 270-277. ( 医中誌 )

  60. 渡邉 洋次, 樺沢 勇司, 大倉 一徳, 森山 孝, 高橋 悦子, 生田 稔, 森田 圭一, 丸川 恵理子, 石畝 亘, 小村 健. 顎骨に生じた開花性セメント質骨異形成症の臨床病理学的検討 日本口腔外科学会雑誌. 2003; 49 (5): 323-328. ( 医中誌 )

  61. 森田 圭一, 一條 秀憲. 酸化ストレスとアポトーシス ストレスキナーゼASK1の解析から 臨床免疫. 2002; 38 (1): 107-112. ( 医中誌 )

  62. 佐戸 敦子, 石井 正俊, 石井 良昌, 森山 孝, 森田 圭一, 郡司 明美, 今泉 史子, 村瀬 嘉代子, 高橋 雄三, 榎本 昭二. 口唇口蓋裂患者の病名告知に関する研究 日本口蓋裂学会雑誌. 2001; 26 (1): 97-113. ( 医中誌 )

  63. 松沢 厚, 森田 圭一, 一條 秀憲. 【酸化ストレス フリーラジカル医学生物学の最前線】 酸化ストレスの基礎 ASK1によるストレス誘導性アポトーシスと疾患 ASK1ノックアウトマウスの解析から 医学のあゆみ. 2001; 別冊 (酸化ストレスーフリーラジカル医学生物学の最前線): 76-81. ( 医中誌 )

  64. 今泉 史子, 石井 正俊, 石井 良昌, 森山 孝, 郡司 明美, 森田 圭一, 榎本 昭二, 小村 健, 壬生 美智子. 上顎骨骨切り術が鼻咽腔閉鎖機能に及ぼす影響について 日本口蓋裂学会雑誌. 2001; 26 (3): 325-332. ( 医中誌 )

  65. 森田 圭一, 一條 秀憲. 【情報伝達研究の最前線】 細胞増殖・生存・アポトーシスに関する情報伝達 セリン・スレオニンキナーゼを介したアポトーシス制御機構 ストレス活性化MAPキナーゼ系による制御 医学のあゆみ. 2000; 194 (5): 314-318. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 森田 圭一. 有病者歯科治療ハンドブック 医科×歯科. デンタルダイヤモンド社, 2020.08 T アペンディクス 3. 誤嚥・気道内異物. 4. 薬剤投与(抗菌薬・鎮痛薬の使用). 5. 薬剤投与(小児・高齢者・胃切除後の患者). 6. 歯科治療と関連の深い症候群リスト. 7. 意識障害の対処法. (ISBN : 978-4885104787)

  2. 一般社団法人日本病理学会編集. ゲノム研究用・診療用病理組織検体取扱い規程. 2019.03 実証データ12 脱灰方法のゲノムDNAの品質に対する影響 (ISBN : 978-4-7581-1846-0)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 2. Tsujikawa T, Ohno K, Saburi S, Mitsuda J, Yoshimura K, Kimura A, Morimoto H, Ohmura G, Arai A, Ogi H, Shibata S, Ariizumi Y, Tasaki A, Takahashi R, Tateishi Y, Kawabe H, Ikeda S, Morita KI, Tsunoda T, Akashi T, Kurata M, Imoto I, Shimizu Y, Watanabe A, Asada Y, Hayashi R, Saito Y, Ozawa H, Tsukahara K, Oridate N, Horii A, Maruo T, Hanai N, Inohara H, Iwai H, Fujii T, Nibu KI, Iwae S, Ueda T, Yasumatsu R, Umeno H, Masuda M, Itoh K, Hirano S, Asakage T. Tumor immune characterization identifies age-stratified biomarkers for nivolumab in patients with head and neck squamous cell carcinoma: A nationwide collaborative study in Japan.. American Association for Cancer Research (AACR) Annual Meeting 2022; 2022 Apr 8-13. 2022.04.08 Philadelphia (PA)

  2. Shibata E, Morita K, Kayamori K, Maruiwa M, Michi Y, Sato Y, Takeuchi K, Ikeda T, Harada H, Yoda T. A case of mammary analogue secretory carcinoma in salivary duct of parotid gland. 13th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery (ACOMS) 2018.11.08

  3. Morita K, Naruto T, Tanimoto K, Yasukawa C, Oikawa Y, Masuda K, Imoto I, Inazawa J, Omura K, Harada H. Simultaneous detection of both single nucleotide variations and copy number alterations by next-generation sequencing in gorlin syndrome. . The 13th International Congress of Human Genetics 2016.04.03 Kyoto

  4. Takada J, Ogawa T, Sato C, Uezono M, Morita K, Moriyama K. A case of Holoprosencephaly with unilateral cleft lip and palate treated with maxillary distraction osteogenesis in adolescence.. The 8th International Orthodontic Congress. 2015/9/27-30 2015.09.27 London, UK.

  5. Morita K, Oikawa Y, Kayamori K, Sakamoto K, Ishikawa S, Inazawa J, Harada H. Targeted resequencing of cancer-related genes in oral cancer.. The 34th Sapporo International Cancer Symposium, 2015/6/25-27 2015.06.25 Sapporo, Japan.

  6. Keiichi Morita. Symposium II: DO & Deformity - Distraction osteogenesis for patients with cleft lip and palate at Tokyo Medical and Dental University.. The 56th Congress of the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons. April 23-25, 2015 2015.04.23 Goyang, Korea.

  7. 1. 竹本 暁, 谷本 幸介, 森田 圭一, 栢森 高, 西村 耕一, Song Shuo Lin, 稲澤 譲治, 田中 敏博. 東京医科歯科大学バイオバンク事業及び大腸癌における癌関連遺伝子変異解析.. 第7回クリニカルバイオバンク学会シンポジウム 2022年7月8-10日 2022.07.08 岡山市(ハイブリッド開催)

  8. 原園 陽介, 外内 えり奈, 石橋 麗美, 正木 啓太, 安西 絵梨, 高原 楠旻, 森田 圭一, 依田 哲也. 粘膜下口蓋裂の治療方針に関する臨床的検討. 第46回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2022年5月26−27日 2022.05.26 鹿児島市(ハイブリッド開催)

  9. 外内 えり奈, 原園 陽介, 安西 絵梨, 高原 楠旻, 森田 圭一, 依田 哲也. 中間顎骨切り併施顎裂部骨移植術における中間顎固定法の工夫. 第66回日本口腔外科学会総会・学術大会 2021.11.12 幕張市(Hybrid開催)

  10. 赤池優, 安西絵梨, 森田圭一, 津島文彦, 依田哲也. 機械学習を用いた扁平苔癬用病変に特徴的な病理画像であるSpongiosisの識別. 第3回日本メディカルAI学会学術集会 2021.06.11 Web開催

  11. 外内 えり奈, 正木 啓太, 原園 陽介, 星 礼子, 安西 絵梨, 高原 楠旻, 森田 圭一, 依田 哲也. Pushback法とFurlow法における鼻咽腔閉鎖機能の初期獲得状況に関する比較. 日本口蓋裂学会雑誌 2021.05.20 Web開催

  12. 竹本 暁, 田中 敏博, 森田 圭一, 栢森 高, 北川 昌伸, 稲澤 譲治. 東京医科歯科大学疾患バイオリソースセンター(TMDU BRC)におけるバイオバンク事業. 第110回日本病理学会総会 2021年4月22-24日 2021.04.22 東京

  13. 柴田恵里, 森田圭一, 栢森高, 原園陽介, 道泰之, 原田浩之. 新規融合遺伝子の同定を含めた腺様嚢胞癌の遺伝子検索. 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021.01.28

  14. 原園 陽介,森田 圭一,安西 絵梨,外内 えり奈,依田 哲也. p63 変異関連疾患に関する遺伝子変異情報の再マッピング. 第65回公益社団法人 日本口腔外科学会総会・学術大会 2020年11月13−15日 2020.11.13 名古屋市(Hybrid開催)

  15. 森田 圭一. ミニレクチャー35 口腔外科医のためのゲノム研究入門2. 第65回公益社団法人 日本口腔外科学会総会・学術大会 2020年11月13-15日 2020.11.13 名古屋市(Hybrid開催)

  16. 倉沢 泰浩,森田 圭一,佐久間 朋美,原園 陽介,依田 哲也. エナメル上皮腫再発に関する因子の臨床的検討. 第65回公益社団法人 日本口腔外科学会総会・学術大会 2020年11月13−15日 2020.11.13 名古屋市(Hybrid開催)

  17. 門田 千穂, 小川 卓也, 森田 圭一, 依田 哲也, 森山 啓司. 上顎骨延長ならびに下顎後方移動術を適応したEEC症候群の1例. 第44回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2020年6月4-5日 2020.06.04 名古屋市(紙面開催)

  18. 星 礼子, 森田 圭一, 安西 絵梨, 原園 陽介, 高原 楠旻, 依田 哲也. 口唇口蓋裂患者の歯槽骨形成に対する歯肉骨膜形成術の有効性の検討. 第44回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2020年6月4-5日 2020.06.04 名古屋市(紙面開催)

  19. 馬場 優里, 小川 卓也, 上園 将慶, 壬生 美智子, 隅田 由香, 森田 圭一, 依田 哲也, 森山 啓司. 口唇口蓋裂における上顎骨延長前後の上咽頭気道の三次元的形態変化と言語機能に関する検討. 第44回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2020年6月4-5日 2020.06.04 名古屋市(紙面開催)

  20. 森田 圭一. シンポジウム3 最終補綴を含めた口唇裂口蓋裂症例の治療 −東京医科歯科大学歯学部の取り組み− 東京医科歯科大学歯学部附属病院CLP合同カンファレンスについて. 第44回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2020年6月4-5日 2020.06.04 名古屋市(紙面開催)

  21. 石田 雄之, 森田 圭一, 米満 郁男, 臼見 莉沙, 島崎 一夫, 沖原 秀政, 前川 南, 依田 哲也, 小野 卓史. 上顎歯槽部骨切り術・骨延長術・顎裂部骨移植術を併施した慢性歯周炎を伴う成人両側唇顎口蓋裂症例. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019年11月20-22日 2019.11.20 長崎市

  22. 柴田恵里,森田圭一,栢森高,横川美咲,及川悠,道泰之,池田通,原田浩之,依田哲也. 唾液腺の分泌癌(secretory carcinoma)の診断におけるMammaglobinとETV6 splitとの関連性についての検討. 第64回大会日本人類遺伝学会 2019.11.08

  23. 森田 圭一,安西 絵梨,原園 陽介,高原 楠旻,依田 哲也. 口唇口蓋裂患者における上顎延長術の移動量および術後安定性の検討. 第64回公益社団法人 日本口腔外科学会総会・学術大会 2019年10月25-27日 2019.10.25 札幌

  24. 森田 圭一. ミニレクチャー10 口腔外科医のためのゲノム研究入門. 第64回公益社団法人 日本口腔外科学会総会・学術大会 2019年10月25-27日 2019.10.25 札幌市

  25. 矢原 寛子, 依田 哲也, 堀田 彰一朗, 柳本 惣市, 北川 善政, 浅香 卓哉, 森田 圭一, 道 泰之, 武知 正晃, 島末 洋, 丸岡 豊, 近藤 英司, 楠川 仁悟, 田嶋 敦, 細道 一善, 矢原 耕史. 骨髄炎感受性の新規遺伝的リスク要因としてのHLA/KIR多様性の解析. 第61回歯科基礎医学会学術大会 2019年 10月12-14日 2019.10.12 東京

  26. 荒木 美祐, 東堀 紀尚, 雲内 裕子, 有村 恵, 紙本 裕幸, 松本 英和, 小川 卓也, 森田 圭一, 依田 哲也, 森山 啓司. 成人期に至るまで咬合管理がなされず外科的矯正治療により咬合改善を図った片側性口唇口蓋裂の一症例. 第43回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019年5月30-31日 2019.05.30 新潟市

  27. 土田 絵梨, 森田 圭一, 高原 楠旻, 依田 哲也. 片側性唇顎口蓋裂患者の5歳時における顎矯正手術必要性予測. 第43回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019年5月30-31日 2019.05.30 新潟市

  28. 横川 美咲, 森田 圭一, 及川 悠, 栢森 高, 坂本 啓, 池田 通, 原田 浩之. 口腔扁平上皮癌患者におけるEGFRおよびMET発現の検証. 第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019年1月24-25日 2019.01.24 長崎市

  29. 柴田 恵里, 森田 圭一, 栢森 高, 及川 悠, 道 泰之, 池田 通, 原田 浩之. 腺房細胞癌と診断された症例におけるETV6-NTRK3融合遺伝子検索. 第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019年1月24-25日 2019.01.24 長崎市

  30. 森田 圭一, 外内 えり奈, 友松 伸充, 高原 楠旻, 中久木 康一, 依田 哲也. 東京医科歯科大学における顎口腔変形疾患研究情報DB構築とバイオバンク事業との連携. 第63回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2018年11月2-4日 2018.11.02

  31. 森田 圭一, 丹下 正一朗, 井本 逸勢, 及川 悠, 栢森 高, 柴田 恵里, 外内 えり奈, 道 泰之, 池田 通, 原田 浩之, 依田 哲也. FFPEサンプルのRNAシークエンス解析による融合遺伝子検出の条件検討. 日本人類遺伝学会第63回大会 2018年10月11-13日 2018.10.11

  32. 森田 圭一, 原田 浩之, 依田 哲也. Gorlin症候群に付随する顎骨嚢胞の治療およびPTCH1遺伝子診断ストラテジー. 第50回日本臨床分子形態学会 2018年9月7-8日 2018.09.07 東京

  33. 馬場優里、小川卓也、上園将慶、壬生美智子、隅田由香、三島木節、佐藤豊、森田圭一、森山啓司. 片側性口唇口蓋裂2例における上顎骨延長前後の上咽頭形態の三次元的変化と言語機能に関する検討. 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2018.05.24 大阪府大阪市

  34. 香月 祐子, 三島木 節, 長岡 亮介, 森田 圭一, 佐藤 豊, 山口 聰. 片側完全唇顎口蓋裂患児における術前顎発育誘導の効果に関する検討. 第42回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2018年5月24-25日 2018.05.24 大阪市

  35. 森田 圭一, 横川 美咲, 及川 悠, 栢森 高, 坂本 啓, 池田 通, 原田 浩之. 口腔扁平上皮癌患者における遠隔転移予測因子の検討. 日本人類遺伝学会第62回大会 2017年11月16-18日 2017.11.16

  36. 丸岩真由子、森田圭一、柏森高、田中香衣、道泰之、山口聰、池田通、原田浩之. 腺房細胞癌および乳腺相似分泌癌の臨床病理学的検討. 第62回日本口腔外科学会総会・学術大会 2017.10.21 京都

  37. 河崎 陸, 佐々木 善浩, 西村 智貴, 関根 由莉奈, 森田 圭一, 丸川 恵理子, 澤田 晋一, 向井 貞篤, 秋吉 一成. 磁性ナノゲルシャペロンによるタンパク質デリバリー. 第33回日本DDS学会学術集会 2017年7月6-7日 2017.07.06 京都市

  38. 森田 圭一、栢森 高、名生 邦彦、道 泰之、山口 聰、佐藤 由紀子、竹内 賢吾. 耳下腺導管部に発生した乳腺相似分泌癌の一例. 第41回 日本頭頸部癌学会 2017年6月8-9日 2017.06.08 京都市

  39. 栗林亜実、坂本潤一郎、森田圭一、栢森高、鈴木紀子、倉林亨. 頬部に発生した乳腺相似分泌癌の1例. 日本歯科放射線学会第58回学術大会 2017.06.03 鹿児島市

  40. 香月 佑子, 三島木 節, 佐藤 豊, 森田 圭一, 長岡 亮介, 山口 聰. 片側完全唇顎口蓋裂患児における術前顎発育誘導の効果予測に関する検討. 第41回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2017年5月18-19日 2017.05.18

  41. 宮本 順, 田村 明日香, 小倉 健司, 小川 卓也, 森田 圭一, 森山 啓司. 思春期性成長後期に上顎骨延長法を適応した片側性口唇口蓋裂の一例. 第41回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2017年5月18-19日 2017.05.18 東京

  42. 森田 圭一、壬生 美智子、乙丸 貴史、島﨑 一夫、小川 卓也、立川 敬子、宮新 美智世、小野 卓史、森山 啓司、谷口 尚、原田 浩之. 東京医科歯科大学歯学部附属病院顎口腔変形疾患外来の取り組み. 第41回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2017年5月18-19日 2017.05.18 東京

  43. 及川 悠, 森田 圭一, 栢森 高, 坂本 啓, 谷本 幸介, 加藤 洋人, 石川 俊平, 稲澤 譲治, 原田 浩之. 口腔扁平上皮癌における遠隔転移予測因子としてのチロシンキナーゼ受容体. 第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2017年1月26-27日 2017.01.26 福岡市

  44. 鈴木紀子、栗林亜実、森田圭一、原田浩之、渡邊 裕、倉林 亨. 下顎に生じた乳児黒色性神経外胚葉性腫瘍の1例. 2016.10.29 東京

  45. 及川 悠, 森田 圭一, 栢森 高, 坂本 啓, 谷本 幸介, 石川 俊平, 稲澤 譲治, 原田 浩之. ワークショップ 頭頸部癌の集学的治療 口腔がんにおけるがん関連遺伝子変異のターゲットリシーケンス.. 第54回日本癌治療学会学術集会 2016.10.20 横浜

  46. 及川 悠, 森田 圭一, 栢森 高, 坂本 啓, 石川 俊平, 稲澤 譲治, 原田 浩之. 口腔がんにおけるcell-free DNAの臨床応用. . 第75回日本癌学会学術総会 2016.10.06 横浜

  47. 森田 圭一, 成戸 卓也, 高原 楠旻, 井本 逸勢, 原田 浩之. 口蓋裂を伴う先天異常患者のクリニカルシークエンスの経験. . 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2016.05.26 大阪

  48. 廣田 由佳, 大西 威一郎, 森田 圭一, 及川 悠, 原田 浩之, 谷本 幸介, 石川 俊平, 坂本 啓, 明石 巧, 江石 義信. Melanotic neuroectodermal tumor of infancyの1例.. 日本病理学会第105回総会 2016.05.12 宮城

  49. 森田 圭一, 及川 悠, 柏森 高, 坂本 啓, 石川 俊平, 稲澤 譲治, 原田 浩之. Melanotic neuroectodermal tumor of infancyの1例.. 第60回日本人類遺伝学会 2015年10月14-17日 2015.10.14 東京

  50. 森田 圭一, 及川 悠, 柏森 高, 坂本 啓, 谷本 幸介, 石川 俊平, 稲澤 譲治, 原田 浩之. 口腔がんにおけるがん関連遺伝子変異のターゲットリシーケンス.. 第60回日本人類遺伝学会 2015年10月14-17日 2015.10.14 東京

  51. 森田 圭一, 及川 悠, 栢森 高, 坂本 啓, 石川 俊平, 稲澤 譲治, 原田 浩之. 口腔がんにおけるがん関連遺伝子変異のターゲットリシーケンス.. 第74回日本癌学会学術総会 2015年10月8-10日 2015.10.08 名古屋市

  52. 西井 直人, 平井 秀明, 富岡 寛文, 森田 圭一, 遠山 怜, 出雲 俊之, 山口 朗, 原田 浩之. 臼後三角に生じた腺扁平上皮癌の一例.. 第26回日本臨床口腔病理学会 2015年7月29-31日 2015.07.29 札幌市

  53. 及川 悠, 森田 圭一, 谷本 幸介, 平井 秀明, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 原田 浩之, 稲澤 譲治, 小村 健. 口腔扁平上皮癌におけるがん関連遺伝子のターゲットリシーケンス.. 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2015年1月29-30日 2015.01.29 奈良市

  54. 安川 知里, 成戸 卓也, 森田 圭一, 谷本 幸介, 原田 浩之, 井本 逸勢, 稲澤 譲治, 小村 健. NGSを用いたGorlin症候群患者におけるPTCH1のゲノム解析.. 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2015年1月29-30日 2015.01.29 奈良市

  55. 森田 圭一, 小村 健. 顎口腔領域における先端診断法開発. 第8回硬組織疾患ゲノムセンターシンポジウム 2014.12.18 東京

  56. 西井 直人,平井 秀明,磯部 薫,大迫 利光,富岡 寛文,森田 圭一,原田 浩之. 臼後三角に生じた腺扁平上皮癌の一例. 第198回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2014年12月6日 2014.12.06 横浜市

  57. 森田 圭一, 谷本 幸介, 及川 悠, 島本 裕彰, 原田 浩之, 稲澤 譲治. 口腔扁平上皮癌におけるがん関連遺伝子のターゲットリシーケンス. 日本人類遺伝学会第59回大会 2014年11月19-22日 2014.11.19 東京

  58. 森田 圭一, 及川 悠, 島本 裕彰, 原田 浩之. 口腔扁平上皮癌におけるがん関連遺伝子のターゲットシーケンス. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 2014年10月17-19日 2014.10.17 千葉市

  59. 安川 知里, 森田 圭一, 田口 貴英, 原田 浩之. 生検にて確定診断に至らなかった角化嚢胞性歯原性腫瘍. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 2014年10月17-19日 2014.10.17 千葉市

  60. 森田 圭一. 最近の口唇口蓋裂治療. 東京北医療センター 小児科公開勉強会 2014年6月5日 2014.06.05 東京

  61. 齋藤 絵里, 島崎 一夫, 森田 圭一, 小野 卓史. 片側性唇顎口蓋裂患児の乳幼児セファログラム分析. 第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2014年5月29-30日 2014.05.29 札幌市

  62. 今村 俊博, 小野 理恵子, Privatananupunt Jutiporn, 平沼 麻耶, 窪野 真理子, 服部 育子, 島崎 一夫, 森田 圭一, 小野 卓史. 上顎劣成長を呈する片側性唇顎口蓋裂患者の幼児期における上下顎骨の形態的特徴. 第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2014年5月29-30日 2014.05.29 札幌市

  63. 森田 圭一, 谷本 幸介, 原田 浩之, 島本 裕彰, 富岡 寛文, 林 深, 小崎 健一, 稲澤 譲治, 小村 健. 次世代シーケンサーを用いた口腔扁平上皮癌におけるがん関連遺伝子のターゲットシーケンス. 第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014年1月23-24日 2014.01.23 札幌市

  64. 森田 圭一, 谷本 幸介, 林 深, 小崎 健一, 稲澤 譲治, 小村 健. 次世代シーケンサーを用いたGorlin症候群患者におけるhedgehog pathwayのゲノム解析.. 日本人類遺伝学会第58回大会 2013年11月21-23日 2013.11.21 仙台市

  65. 外内 えり奈, 森田 圭一, 道 泰之, 山口 聰. 口腔がんにおけるcell-free DNAの検討. 第82回口腔病学会学術大会 2017年11月19-20日 2017.11.19 東京

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター発表賞,原園 陽介:第65回公益社団法人 日本口腔外科学会総会・学術大会「p63 変異関連疾患に関する遺伝子変異情報の再マッピング」,2020年11月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費補助金・挑戦的萌芽,2016年

    バイオバンク研究試料付随匿名化臨床情報管理システムの開発と無償配布への取り組み.森田圭一

  • 科学研究費補助金・基盤研究B,2016年

    ナノ磁性複合分子によるDSSを用いた新規細胞周期制御法の確立と癌治療への応用.森田圭一

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院 特論 口腔化学・機能コース,2017年

  • 顎口腔医療 先天異常,2016年 - 現在

  • 課題統合セミナー 口唇口蓋裂,2016年 - 現在

  • 歯学部 包括臨床実習,2016年 - 現在

  • 大学院 特論 発生・再構築学,2016年

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 疾患バイオリソースセンター,2014年11月 - 現在