基本情報

写真a

渡邊 裕(ワタナベ ヒロシ)

WATANABE Hiroshi


職名

准教授

研究室住所

東京都文京区湯島1−5−45 東京医科歯科大学大学院口腔放射線医学分野

研究室電話番号

03-5803-5547

研究室FAX番号

03-5803-0205

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/orad/index.html

研究分野・キーワード

radiation, cell death, apoptosis, nodal metastasis, tumor, microarray, signal transduction, MTF (Modulation transfer function) analysis, MDCT (Multi-detector raw Computed Tomography)

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  1996年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  口腔放射線医学  博士課程  2000年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2022年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔放射線医学 准教授
  • 2011年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔放射線医学 准教授
  • 2003年04月
    -
    2011年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔放射線医学 助教
  • 2000年04月
    -
    2003年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔放射線医学 医員(歯病)
  • 2022年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 歯科放射線診断・治療学分野 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    現在
    東京滋慶学園新東京歯科衛生士学校 非常勤講師
  • 2014年04月
    -
    現在
    学校法人昭和大学 兼任講師
  • 2021年06月
    -
    2021年09月
    The University of Hong Kong Applied Oral Sciences and Community Dental Care 名誉准教授
  • 2006年04月
    -
    2017年03月
    国立大学法人東京工業大学 非常勤講師
  • 2006年04月
    -
    2009年03月
    独立行政法人放射線医学研究所 重粒子医科学センター 客員協力研究員
  • 2003年04月
    -
    2006年03月
    独立行政法人放射線医学総合研究所 フロンティア研究センター 客員協力研究員

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 特定非営利活動法人日本歯科放射線学会

  • 公益社団法人日本放射線腫瘍学会

  • 公益社団法人日本口腔インプラント学会

  • 一般社団法人日本口腔腫瘍学会

  • 公益社団法人日本口腔外科学会

  • 一般社団法人日本放射線影響学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    現在
    Odontology Associate Editor
  • 2018年04月
    -
    現在
    Dentomaxillofacial Radiology International Editorial Board member
  • 2016年04月
    -
    現在
    Oral Radiology International Editorial Board member
  • 2011年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学口腔病学会 評議員
  • 2016年04月
    -
    現在
    特定非営利活動法人日本歯科放射線学会 代議員
  • 2014年04月
    -
    現在
    特定非営利活動法人日本歯科放射線学会 認定委員会委員
  • 2005年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学歯科同窓会 IT委員会
  • 2011年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学歯科同窓会 卒業年次代議員
  • 2012年04月
    -
    2014年03月
    特定非営利活動法人日本歯科放射線学会 防護委員会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 放射線科学

  • 病態系口腔科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 特定非営利活動法人日本歯科放射線学会口腔放射線腫瘍認定医

  • 特定非営利活動法人日本歯科放射線学会指導医

  • 特定非営利活動法人日本歯科放射線学会専門医

  • X線作業主任者•ガンマ線透過作業主任者

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)

  • 歯科医師

  • 普通自動車免許(一種)

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Radiation Oncology,1996年

  • 放射線腫瘍学,1996年

  • 高精細MRI画像情報に基づくより高度な歯科臨床の確立,2016年04月 - 2020年03月

  • 近赤外光・レーザー等を用いた新たな歯科疾患診断・治療機器の開発に関する研究,2016年04月 - 2017年03月

  • 「上顎前歯あるいは小臼歯に埋入されたストローマン ボーンレベルインプラントの臨床成績評価に関する研究」における口内法エックス線フィルムの読影,2013年04月 - 2016年03月

  •  「上顎または下顎臼歯部の単歯中間欠損に埋入されたSLA/TLインプラントの臨床成績評価に関する研究」  における口内法エックス線フィルムの読影,2012年04月 - 2015年03月

  • 単歯中間欠損に埋入されたmodSLAインプラントの規格エックス線フィルムの読影に関する研究,2010年04月 - 2013年03月

  • インスリン様増殖因子I型受容体による放射線抵抗性の獲得とその活性化機構について,2004年04月 - 2006年03月

  • 放射線感受性遺伝子プロジェクト,2002年04月 - 2006年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 高精細MRI画像情報に基づくより高度な歯科臨床の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 光干渉断層画像診断法の歯科領域への応用と最適化に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2013年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Wamasing N, Watanabe H, Sakamoto J, Tomisato H, Kurabayashi T. Differentiation of cystic lesions in the jaws by conventional magnetic resonance imaging and diffusion-weighted imaging Dentomaxillofacial Radiology. 2022.01; 51 (1): 20210212. ( PubMed, DOI )

  2. Watanabe H, Kurabayashi T. Letters to the Editor. Effects of differences in pixel size on image characteristics of digital intraoral radiographic systems: A physical and visual evaluation. Dentomaxillofacial Radiology. 2021.12; 50 20210093.

  3. Yoshimura R, Toda K, Watanabe H, Kaida A, Harada H, Asakage T, Miura M. Efficacy and Safety of Induction Chemotherapy and/or External Beam Radiotherapy Followed by Brachytherapy in Patients With Tongue Cancer Anticancer Research. 2021.12; 41 (12): 6259-6266.

  4. Ozaki Y, Watanabe H, Kurabayashi T. Effective dose estimation in cone-beam computed tomography for dental use by Monte Carlo simulation optimizing calculation numbers using a step and shoot method Dentomaxillofacial Radiology. 2021.10; 50 (7): 20210084. ( PubMed, DOI )

  5. Taguchi M, Wamasing P, Watanabe H, Sakamoto J, Kurabayashi T. Applying the paralleling technique in periapical radiographs for Japanese patients by analyzing CT images. Oral Radiology. 2021.04; 37 (2): 311-320. ( PubMed, DOI )

  6. Adel S, Wada T, Kawashima N, Abdou A, Watanabe H, Kurabayashi T, Okiji T, Uo M. Preparation and properties of tristrontium aluminate as an alternative component of mineral trioxide aggregate (MTA) cement Dental Materials Journal. 2021.01; 40 (1): 184-190. ( DOI )

  7. Yoshikazu Nomura, Hiroshi Watanabe, Nisha Gowri Manila, Sakurako Asai, Tohru Kurabayashi. Evaluation of streak metal artifacts in cone beam computed tomography by using the Gumbel distribution: a phantom study Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology. 2020.08; ( DOI )

  8. Tran LTX, Sakamoto J, Kuribayashi A, Watanabe H, Tomisato H, Kurabayashi T. Quantitative evaluation of artefact reduction from metallic dental materials in short tau inversion recovery imaging: efficacy of <i>syngo</i> WARP at 3.0 tesla. Dento maxillo facial radiology. 2019.07; 20190036. ( PubMed, DOI )

  9. Yumi Tsuchida, Hidekazu Takahashi, Hiroshi Watanabe, Meiko Oki, Maho Shiozawa, Tohru Kurabayashi, Tetsuya Suzuki. Effects of number of metal restorations and mandibular position during computed tomography imaging on accuracy of maxillofacial models. Journal of Prosthodontic Research. 2019.04; 63 (2): 239-244.

  10. Wamasing P, Watanabe H, Tsuchida Y, Ohbayashi N, Suzuki T, Kurabayashi T. The development of new image receptor-holding instruments with appropriate horizontal X-ray beam angulation for periapical radiographs Dentomaxillofacial Radiology. 2019.01; 48 20180354. ( PubMed, DOI )

  11. Suzuki N, Kuribayashi A, Sakamoto K, Sakamoto J, Nakamura S, Watanabe H, Harada H, Kurabayashi T. Diagnostic abilities of 3T MRI for assessing mandibular invasion of squamous cell carcinoma in the oral cavity: comparison with 64-row multidetector CT. Dento maxillo facial radiology. 2019.01; ( PubMed, DOI )

  12. Wamasing P, Deepho C, Watanabe H, Hayashi Y, Sakamoto J, Kurabayashi T. Imaging the bifid mandibular canal using high resolution MRI Dentomaxillofacial Radiology. 2018.10; 47 20180305. ( PubMed, DOI )

  13. Watanabe H, Nomura Y, Kuribayashi A, Kurabayashi T. Spatial resolution measurements using Radia diagnostic software with SEDENTEXCT Image Quality phantom in cone beam CT for dental use. Dentomaxillofacial Radiology. 2018.03; 47 (3): 20170307. ( PubMed, DOI )

  14. Deepho C, Watanabe H, Sakamoto J, Kurabayashi T. Mandible canal visibility using a plain volumetric interpolated breath-hold examination sequence in MRI. Dentomaxillofacial Radiology. 2018.01; 47 (1): 20170245. ( PubMed, DOI )

  15. Sato M, Saitoh Y, Takayama T, Omata T, Watanabe H, Yoshimura R, Miura M.. Remote radioactive seed-loading device for permanent brachytherapy of oral cancer with Au-198 grains. Robomech Journal. 2017.09; 4 23.

  16. Kaida A, Watanabe H, Toda K, Yuasa-Nakagawa K, Yoshimur R, Miura M. Effects of dose rate on early and late complications in low dose rate brachytherapy for mobile tongue carcinoma using Ir-192 sources Oral Radiology. 2017.09; 33 (3): 187-192.

  17. Chie Watanabe, Junichiro Wada, Koji Mizutani, Hiroshi Watanabe, Noriyuki Wakabayashi. Chronological grey scale changes in supporting alveolar bone by removable partial denture placement on patients with periodontal disease: A 6-month follow-up study using digital subtraction analysis. J Dent. 2017.05; 63 8-13. ( PubMed, DOI )

  18. Watanabe H, Kuribayashi A, Sumi Y, Kurabayashi T. Resolution characteristics of optical coherence tomography for dental use. Dentomaxillofacial Radiology. 2017.03; 46 (3): 20160358. ( PubMed, DOI )

  19. Deepho C, Watanabe H, Kotaki S, Sakamoto J, Sumi Y, Kurabayashi T. Utility of fusion volumetric images from computed tomography and magnetic resonance imaging for localizing the mandibular canal. Dentomaxillofacial Radiology. 2017.03; 46 (3): 20160383. ( DOI )

  20. Ozaki Y, Watanabe H, Kaida A, Miura M, Nakagawa K, Toda K, Yoshimura R, Sumi Y, Kurabayashi T. Estimation of whole-body radiation exposure from brachytherapy for oral cancer using Monte Carlo simulation. Journal of Radiation Research. 2017.02; 58 (4): 523-528. ( PubMed, DOI )

  21. Atsushi Kaida, Hiroshi Watanabe, Kazuma Toda, Keiko Yuasa-Nakagawa, Ryoichi Yoshimura, Masahiko Miura. Effects of dose rate on early and late complications in low dose rate brachytherapy for mobile tongue carcinoma using Ir-192 sources. Oral Radiol. 2016.12; published online ( DOI )

  22. Kuppusamy M, Watanabe H, Kasugai S, Kuroda S. Effects of abutment removal and reconnection on inflammatory cytokine production around dental implants. Implant Dentistry. 2015.12; 24 730-734.

  23. Eslami A, Miyaguchi K, Mogushi K, Watanabe H, Okada N, Shibuya H, Mizushima H, Miura M, Tanaka H.. PARVB overexertion increased cell migration capability and defines high risk for endophytic growth and metastasis in tongue squamous cell carcinoma. British Journal of Cancer. 2014.11; 112 (2): 338-344. ( DOI )

  24. Nomura Y, Watanabe H, Kamiyama Y, Kurabayashi T. Physical quality evaluation of voxel values in cone-beam computed tomography for dental use: three-dimensional fluctuation of voxel values in uniform materials placed inside a phantom Oral Radiol. 2014.09; 30 (3): 226-235. ( DOI )

  25. Ozaki Y, Watanabe H, Nomura Y, Honda E, Sumi Y, Kurabayashi T. Location dependency of the spatial resolution of cone beam computed tomography for dental use. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2013.11; 116 (5): 648-655. ( PubMed, DOI )

  26. Takahashi A, Watanabe H, Kamiyama Y, Honda E, Sumi Y, Kurabayashi T. Localizing the mandibular canal on dental CT reformatted images: usefulness of panoramic views. Surg Radiol Anat. 2013.11; 35 (9): 803-809. ( PubMed, DOI )

  27. Nomura Y, Watanabe H, Shirotsu K, Honda E, Sumi Y, Kurabayshi T. Stability of voxel values from cone-beam computed tomography for dental use in evaluating bone mineral content. Clin Oral Implants Res. 2013.05; 24 (5): 543-548. ( PubMed, DOI )

  28. Yuasa-Nakagawa K, Shibuya H, Yoshimura R, Miura M, Watanabe H, Kishimoto S, Omura K. Cervical lymph node metastasis from early-stage squamous cell carcinoma of the oral tongue. Acta Otolaryngol. 2013.05; 133 (5): 544-551. ( PubMed, DOI )

  29. Kamrun N, Tetsumura A, Nomura Y, Yamaguchi S, Baba O, Nakamura S, Watanabe H, Kurabayashi T. Visualization of the superior and inferior borders of the mandibular canal: a comparative study using digital panoramic radiographs and cross-sectional computed tomography images. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2013.04; 115 (4): 550-557. ( PubMed, DOI )

  30. Nakamura S, Toriihara A, Okochi K, Watanabe H, Shibuya H, Kurabayashi T. Optimal timing of post-treatment [18F]fluorodeoxyglucose-PET/CT for patients with head and neck malignancy. Nucl Med Commun. 2013.02; 34 (2): 162-167. ( PubMed, DOI )

  31. Kamiyama Y, Nakamura S, Abe T, Munakata M, Nomura Y, Watanabe H, Akiyama M, Kurabayashi T. Linear measurement accuracy of dental CT images obtained by 64-slice multidetector row CT: the effects of mandibular positioning and pitch factor at CT scanning. Implant Dent. 2012.12; 21 (6): 496-501. ( PubMed, DOI )

  32. Imaizumi A, Kuribayashi A, Watanabe H, Ohbayashi N, Nakamura S, Sumi Y, Sano T, Kurabayashi T. Non-Hodgkin lymphoma involving the mandible: imaging findings. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2012.05; 113 (5): e33-9. ( PubMed, DOI )

  33. Tetsumura A, Nakamura S, Yoshino N, Watanabe H, Kuribayashi A, Nagumo K, Okada N, Sasaki T, Kurabayashi T. USPIO-enhanced MRI of highly invasive and highly metastasizing transplanted human squamous cell carcinoma: an experimental study. Dentomaxillofac Radiol. 2012.01; 41 (1): 55-63. ( PubMed, DOI )

  34. Yoshimura RI, Shibuya H, Hayashi K, Nakagawa K, Toda K, Watanabe H, Kaida A, Miura M. Repeat Brachytherapy for Patients with Residual or Recurrent Tumors of Oral Cavity. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2011.11; ( PubMed, DOI )

  35. Yoshimura R, Shibuya H, Hayashi K, Toda K, Watanabe H, Miura M. Disease control using low-dose-rate brachytherapy is unaffected by comorbid severity in oral cancer patients. Br J Radiol. 2011.10; 84 (1006): 930-938. ( PubMed, DOI )

  36. Watanabe H, Honda E, Tetsumura A, Kurabayashi T. A comparative study for spatial resolution and subjective image characteristics of a multi-slice CT and a cone-beam CT for dental use. Eur J Radiol. 2011.03; 77 (3): 397-402. ( PubMed, DOI )

  37. Nomura Y, Watanabe H, Honda E, Kurabayashi T. Reliability of voxel values from cone-beam computed tomography for dental use in evaluating bone mineral density. Clin Oral Implants Res. 2010.05; 21 (5): 558-562. ( PubMed, DOI )

  38. Kuribayashi A, Watanabe H, Imaizumi A, Tantanapornkul W, Katakami K, Kurabayashi T. Bifid mandibular canals: cone beam computed tomography evaluation. Dentomaxillofac Radiol. 2010.05; 39 (4): 235-239. ( PubMed, DOI )

  39. Watanabe H, Mohammad Abdul M, Kurabayashi T, Aoki H. Mandible size and morphology determined with CT on a premise of dental implant operation Surgical and radiologic anatomy. 2010.04; ( PubMed, DOI )

  40. Watanabe H, Honda E, Kurabayashi T. Modulation transfer function evaluation of cone beam computed tomography for dental use with the oversampling method. Dentomaxillofac Radiol. 2010.01; 39 (1): 28-32. ( PubMed, DOI )

  41. Watanabe H, Wagatsuma T, Nomura Y, Honda E, Kurabayashi T. Spatial resolution of FineCube, a newly developed cone-beam computed tomography system Oral Radiology. 2010; 26 56-60.

  42. Momin MA, Okochi K, Watanabe H, Imaizumi A, Omura K, Amagasa T, Okada N, Ohbayashi N, Kurabayashi T. Diagnostic accuracy of cone-beam CT in the assessment of mandibular invasion of lower gingival carcinoma: Comparison with conventional panoramic radiography European journal of radiology. 2009.10; ( PubMed, DOI )

  43. Yoshimura R, Shibuya H, Miura M, Watanabe H, Ayukawa F, Hayashi K, Toda K. Quality of life of oral cancer patients after low-dose-rate interstitial brachytherapy Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2009.03; 73 (3): 772-778. ( PubMed, DOI )

  44. Watanabe H, Mogushi K, Miura M, Yoshimura R, Kurabayashi T, Shibuya H, Tanaka H, Noda S, Iwakawa M, Imai T. Prediction of lymphatic metastasis based on gene expression profile analysis after brachytherapy for early-stage oral tongue carcinoma Radiotherapy and oncology : journal of the European Society for Therapeutic Radiology and Oncology. 2008.05; 87 (2): 237-242. ( PubMed, DOI )

  45. Ayukawa F, Shibuya H, Yoshimura R, Watanabe H, Miura M. Curative brachytherapy for recurrent/residual tongue cancer Strahlentherapie und Onkologie : Organ der Deutschen Röntgengesellschaft ... [et al]. 2007; 183 (3): 133-137. ( PubMed, DOI )

  46. Kishino M, Shibuya H, Yoshimura R, Miura M, Watanabe H. A retrospective analysis of the use of brachytherapy in relation to early stage squamous cell carcinoma of the oropharynx and its relationship to second primary respiratory and upper digestive tract cancers The British journal of radiology. 2006.07; 80 (950): 121-125. ( PubMed, DOI )

  47. Oota S, Shibuya H, Yoshimura R, Watanabe H, Miura M. Brachytherapy of stage II mobile tongue carcinoma. Prediction of local control and QOL Radiation oncology (London, England). 2006.07; 1 21. ( PubMed, DOI )

  48. Ida M, Watanabe H, Tetsumura A, Kurabayashi T. CT findings as a significant predictive factor for the curability of mandibular osteomyelitis: multivariate analysis Dento maxillo facial radiology. 2005.03; 34 (2): 86-90. ( PubMed, DOI )

  49. Ihara N, Shibuya H, Yoshimura R, Oota S, Miura M, Watanabe H. Interstitial brachytherapy and neck dissection for Stage III squamous cell carcinoma of the mobile tongue Acta Oncol. 2004.10; 44 (7): 709-716. ( PubMed, DOI )

  50. Watanabe H, Kurabayashi T, Miura M. Inhibition of the extracellular signal-regulated kinase (ERK) pathway and the induction of radioresistance in rat 3Y1 cells Int J Radiat Biol. 2004.06; 80 (6): 451-457. ( PubMed, DOI )

  51. Yu D, Watanabe H, Shibuya H, Miura M. Redundancy of radioresistant signaling pathways originating from insulin-like growth factor I receptor J Biol Chem. 2003.02; 278 (9): 6702-6709. ( PubMed, DOI )

  52. Dong Y, Watanabe H, Shibuya H, Miura M. The phosphatidylinositol-3 kinase pathway is not essential for insulin-like growth factor I receptor-mediated clonogenic radioresistance J Radiat Res. 2002.09; 43 (3): 325-329. ( PubMed )

  53. Watanabe H, Yu D, Sasaki T, Shibuya H, Hosoi Y, Asada M, Komatsu K, Miura M. Insulin-like growth factor I receptor is expressed at normal levels in Nijmegen breakage syndrome cells Biochem Biophys Res Commun. 2002.08; 296 (1): 62-66. ( PubMed )

  54. Tezuka M, Watanabe H, Nakamura S, Yu D, Aung W, Sasaki T, Shibuya H, Miura M. Antiapoptotic activity is dispensable for insulin-like growth factor I receptor-mediated clonogenic radioresistance after gamma-irradiation Clin Cancer Res. 2001.10; 7 (10): 3206-3214. ( PubMed )

  55. Miura M, Watanabe H, Sasaki T, Tatsumi K, Muto M. Dynamic changes in subnuclear NP95 location during the cell cycle and its spatial relationship with DNA replication foci Exp Cell Res. 2001.02; 263 (2): 202-208. ( PubMed, DOI )

  56. Miura M, Watanabe H, Okochi K, Sasaki T, Shibuya H. Biological response to ionizing radiation in mouse embryo fibroblasts with a targeted disruption of the DNA polymerase beta gene Radiat Res. 2000.06; 153 (6): 773-780. ( PubMed )

  57. Watanabe H, Miura M, Sasaki T. Differential effects of the insulin-like growth factor I receptor on radiosensitivity and spontaneous necrosis formation of human glioblastoma cells grown in multicellular spheroids Exp Cell Res. 1999.07; 250 (1): 99-111. ( PubMed, DOI )

  58. Nakamura S, Watanabe H, Miura M, Sasaki T. Effect of the insulin-like growth factor I receptor on ionizing radiation-induced cell death in mouse embryo fibroblasts Exp Cell Res. 1997.08; 235 (1): 287-294. ( PubMed, DOI )

  59. 渡邊 裕. 早期口腔がんの小線源治療 日本口腔外科学会誌. 2011; 57 526-532.

  60. 渡邊 裕, 茂櫛 薫, 三浦雅彦, 倉林 亨, 渋谷 均, 田中 博, 岩川真由美, 今井高志.. 口腔がんの小線源治療と遺伝子発現プロファイル解析 放射線科学. 2008; 9 18-19.

  61. 渋谷 均, 鮎川文夫, 林 敬二, 戸田一真, 三浦雅彦, 渡邊 裕. 頭頸部の診断と治療update 放射線治療 2.各論 口腔 臨床放射線. 2008; 53 1610-1620.

  62. 渡邊 裕, 三浦雅彦, 倉林 亨. 口腔癌小線源治療患者を対象としたマイクロアレイによる網羅的遺伝子解析 口腔病学会誌. 2007; 74 51.

  63. 渋谷 均, 吉村亮一, 三浦雅彦, 鮎川文夫, 渡邊 裕. 頭頸部癌の組織内照射治療 頭頸部癌. 2005; 31 432-437.

  64. 細胞の放射線感受性におけるMEK/ERKの経路活性化の意義 口腔病学会誌. 2004; 71 121.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 解説と例題でわかる歯科放射線テキスト. 永末書店, 2021.01 放射線の生体への影響、放射線治療の生物学的・物理学的基礎、インプラントの画像検査 (ISBN : 9784816013843)

  2. 渡邊 裕(共著). 歯科衛生士教育協議会. 歯科衛生学辞典. 永末出版, 2019.07

  3. Patel S, Harvey S, Shemesh H, Durack C, 月星光博. 歯内療法成功のためのコーンビームCT活用術. クインテッセンス出版株式会社, 2018.01 第2章 放射線を理解する(放射線物理学)

  4. 戸塚靖則, 高戸毅, 他. 口腔科学. 2013.11 (ISBN : ISBN-978-4-254-35001-2)

  5. 倉林亨, 笹野高嗣, 佐野司, 林孝文, 土持眞, 清水谷公成, 吉浦一紀, 他. 歯科臨床における画像診断アトラス. 2008.01

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Watanabe H, Ozaki Y, Kurabayashi T. Effective dose estimation in cone-beam computed tomography for dental use (CBCT) by Monte Carlo simulation employing a step and shoot method. The 23rd International Congress of Oral and Maxillofacial Radiology 2021.04.28 Web

  2. Taguchi M, Sakamoto J, Watanabe H, Kurabayashi T.. Application of texture analysis to odontogenic lesions. The 23rd International Congress of DentoMaxilloFacial Radiology 2021.04.28 Web

  3. Watanabe H, Wamasing P, Deepho C, Sakamoto J, Kurabayashi T. Imaging of the bifid mandibular canal using MRI. 2019 Joint Conference of IADMFR/AAOMR 2019.08.24 Philadelphia, USA

  4. Chie Watanabe, Junichiro Wada, Koji Mizutani, Hiroshi Watanabe, Noriyuki Wakabayashi. Chronological changes in supporting alveolar bone by RPD placement. IADR 86th General Session & Exhibition 2018.07.24 London

  5. 能村嘉一,渡邊 裕,神山洋介,倉林 亨. 歯科用コーンビームCTにおけるリングアーチファクトに対する新たな定量的評価. 第82回口腔病学会学術大会 2017.11.20 東京

  6. Watanabe H, Kuribayashi A, Sumi Y, Kurabayashi T. Developing a chart device for measuring spatial resolution of optical coherence tomography for dental use. The 21th International Congress of Dent-Maxillofacial Radiology 2017.04.27 Kaohsiung, Taiwan

  7. 能村嘉一, 渡邊裕, 神山洋介, 倉林亨. 歯科用コーンビームCTにおいて不可避であるリングアーチファクトに対する定量的評価. 第81回口腔病学会学術大会 2016.11.26

  8. Watanabe H, Ozaki Y, Miura M, Yoshimura R, Sumi Y, Kurabayashi T. Estimation of whole body radiation exposure induced by oral cancer brachytherapy using Monte Carlo simulation. The 11th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology 2016.11.12 Chiang Mai, Thailand

  9. Deepho C, Watanabe H, Kotaki K, Sakamoto J, Sumi Y, Kurabayashi T. Utility of CT/MRI fusion volumetric images for localizing the mandibular canal. The 11th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology 2016.11.12 Chiang Mai, Thailand

  10. Watanabe H, Nomura Y, Sumi Y, Honda E, Kurabayashi T. An experience of using SEDENTEXCT IQ phantom and Radia software to analyze the spatial resolution of cone-beam computed tomography for dental use. The 20th International Congress of Dento-maxillo-facial Radiology 2015.08.26 Santiago, Chile

  11. Watanabe H, Ozaki Y, Nomura Y, Honda E, Sumi Y, Kurabayashi T. Location dependency of the spatial resolution of cone-beam computed tomography for dental use. The 10th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology 2014.11.22 Bali, Indonesia

  12. Watanabe H, Nomura Y, Takahashi A, Sumi Y, Honda E, Kurabayashi T. Variance of the spatial resolution dependent on the locations in cone-beam CT.. The 18th International Congress of Dento-Maxillo-Facial Radiology and 52nd Annual Congress of Japanese Society for Oral and Maxillofacial Radiology 2011

  13. 森田康彦, 渡邊 裕, 倉林 亨. ベクトル演算命令とOpen MP/Open ACCによるCT投影/再構成シミュレーションとお湯割りの作法 The Look of Bug in oyur..... NPO法人日本歯科放射線学会第233回関東地方会 2022.03.05 Web会議

  14. Wamasing N, Watanabe H, Sakamoto J, Tomisato H, Kurabayashi T. The differentiation of the cystic lesions in the jaws by conventional magnetic resonance imaging and diffusion-weighted imaging . 第86回口腔病学会学術大会 2021.12.03 東京

  15. ワーマシン ナッドニチャー, 渡邊 裕, 坂本潤一郎, 倉林 亨. The differentiation of the cystic lesions in the jaws by conventional magnetic resonance imaging and diffusion-weighted imaging. NPO法人日本歯科放射線学会第2回秋季学術大会 2021.10.30 Web

  16. 賣代隆弘, 里見智恵子, 浅井孝史郎, 仲田恵里佳, 渡邊 裕, 江島堅一郎, 新井嘉則, 本田和也. マルチアングルインジケータの試用経験. NPO法人日本歯科放射線学会 第232回関東地方会・第40回北日本地方会・第28回合同地方会 2021.08.21 Web

  17. 中村伸, 渡邉裕, 倉林亨. 口腔癌患者における乳突蜂巣炎発症リスクの検討. NPO法人日本歯科放射線学会第232回関東地方会 2021.08.21 Web開催

  18. 能村嘉一, 渡邊 裕, 倉林 亨. 歯科用コーンビームCT撮影時に複数の金属間の海綿骨上に発生するストリークアーチファクトを独自に開発した画像解析ソフトウェアと極値統計学を用いて評価したファントム実験. 日本歯科放射線学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.23 東京

  19. 渡邊 裕, 尾崎吉弘, 倉林 亨. 歯科用コーンビームCT検査時の臓器線量および実効線量について−モンテカルロシミュレーションによる検討. NPO法人日本歯科放射線学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 Web

  20. 森田康彦, 渡邊 裕, 倉林 亨. 歯科用CTに対する関数解析とInteriorCTからの対策(3)ーフーリエ面とρフィルター再構成からの解析ー. NPO法人日本歯科放射線学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 Web

  21. 森田康彦, 倉林 亨, 渡邊 裕. 歯科用CTに対する関数解析とInteriorCTからの対策(4)ー簡単なシミュレーションー. NPO法人日本歯科放射線学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 Web

  22. 坂本潤一郎,田口美晴,栗林亜実,渡邊 裕,倉林 亨. 機械学習による歯原性病変のCT鑑別診断支援:アンサンブル分類器の適応とその評価. 日本歯科放射線学会大61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 Web開催

  23. 田口美晴,坂本潤一郎,渡邊 裕,倉林 亨. 歯原性病変の鑑別診断:CTテクスチャ解析の適応. 日本歯科放射線学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 Web開催

  24. 森田康彦, 渡邊 裕, 倉林 亨. 歯科用 CT に対する関数解析と InteriorCT からの対策(1/2) ”本質的 CT 再構成=微分 Hilbert 変換”と”凸解析”の紹介. NPO法人日本歯科放射線学会第231回関東地方会 2021.02.06 Web

  25. 森田康彦, 渡邊 裕, 倉林 亨. 歯科用 CT に対する関数解析と InteriorCT からの対策(2/2) -口腔内外既知情報の設計-. NPO法人日本歯科放射線学会第231回関東地方会 2021.02.06 Web

  26. 能村嘉一, 渡邊 裕, 倉林 亨. 医科用CTと歯科用コーンビームCTにおける金属アーチファクトの強さの比較. 第85回口腔病学会学術大会 2020.12.04 東京

  27. 田口 美晴、ワーマシン ピーラポン、渡邊 裕、坂本 潤一郎、倉林 亨. 平行法は日本人に適応可能か?. 2020.10.31 Web会場

  28. 三浦雅彦, 小野里祐佑, 渡邊裕, 戸田一真, 吉村亮一. α線源を用いた小線源治療における生物学的基盤. 第22回菅原・大西記念癌治療増感シンポジウムin奈良 2020.02.08 奈良

  29. 坂本潤一郎, 渡邊 裕, 田口美晴, 栗林亜実, 持田薫利, 原田浩之, 倉林 享. 咀嚼筋隙腫瘍が鑑別診断となった歯原性角化嚢胞の1例. 日本歯科放射線学会第230回関東地方会 2020.01.25 東京

  30. Wamasing P, Deepho C, Watanabe H, Hayashi Y, Sakamoto J, Kurabayashi T. Imaging the bifid mandibular canal by MRI. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12.07 東京

  31. 能村嘉一, 渡邉 裕, 倉林 亨. 歯科用コーンビームCTにおける金属アーチファクトの位置依存性. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12.07 東京

  32. 富里博, 渡邊 裕, 坂本潤一郎, 渡部拓弥, 倉林 亨. 東京医科歯科大学歯学部附属病院で発生したMRIのクエンチ(磁場消失)事象について. NPO法人日本歯科放射線学会第229回関東地方会・第39回北日本地方会・第27回合同地方会 2019.07.13 東京

  33. チャン・チ スアン ラン, 坂本潤一郎, 栗林亜実, 渡邊 裕, 富里 博, 倉林 亨. Quantitative evaluation of artifact reduction from metallic dental materials in short tau inversion recovery imaging: efficacy of Syngo WARP at 3 tesla.. 日本歯科放射線学会第229回関東地方会・第39回北日本地方会・第27回合同地方会 2019.07.13 東京

  34. 渡邊 裕, Wamasing P, 坂本潤一郎, 倉林 亨. MRIによる二分下顎管の描出について. NPO法人日本歯科放射線学会第60回学術大会・第16回定例総会 2019.06.16 東京

  35. Wamasing P, Watanabe H, Tuchida Y, Ohbayashi N Suzuki T, Kurabayashi T. The development of new image receptor-holding instruments with adequate horizontal X-ray beam angulation for periapical radiograph. NPO法人日本歯科放射線学会第60回学術大会・第16回定例総会 2019.06.15 東京

  36. 能村嘉一, 渡邊 裕, 倉林 亨. 歯科用コーンビームCTの管電圧と管電流が金属アーチファクトに与える影響. 第83回口腔病学会学術大会 2018.12.01 東京

  37. Wamasing P, Watanabe H, Tsuchida Y, Ohbayashi T, Suzuki T, Kurabayashi T. The development of new image receptor-holding instruments with adequate horizontal X-ray beam angulation for periapical radiograph. 第83回口腔病学会学術大会 2018.11.30 東京

  38. 土田優美、鈴木哲也、渡邊裕、大木明子、塩沢真穂、高橋英和. CTデータと歯列模型スキャンデータの合成による手術支援モデルの精度の検討. 日本補綴歯科学会第127回学術大会 2018.06.16 岡山市

  39. 渡邊 裕, Deepho C, 坂本潤一郎, 倉林 亨. 単純Volumetric interpolated breath-hold examination sequenceを用いた下歯槽神経血管束の描出能について. NPO法人日本歯科放射線学会第59回学術大会・第15回定例総会 2018.05.27 横須賀市

  40. Deepho C, 渡邊 裕, 坂本潤一郎, 倉林 亨. Utility of fusion volumetric images from computed tomography and magnetic resonance imaging for localizing the mandibular canal. NPO法人日本歯科放射線学会第59回学術大会・第15回定例総会 2018.05.27 横須賀市

  41. Deepho C, Watanabe H, Sakamoto J, Kurabayashi T. Utility of fusion volumetric images from computed tomography and magnetic resonance imaging for localizing the mandibular canal. 第82回口腔病学会学術大会 2017.11.20 東京

  42. 吉村 亮一,戸田 一真,中川 惠子,小島 未央,三浦 雅彦,戒田 篤志,渡邊 裕. 厚みのある口腔癌に対する導入化学療法併用小線源治療の安全性に関する前方視的研究. 2017.11.18 大阪

  43. 鈴木紀子、栗林亜実、坂本潤一郎、坂本 啓、渡邊 裕、倉林 亨. 口腔悪性腫瘍の下顎骨浸潤における3D-VIBEとCTとの比較. 日本歯科放射線学会 第22回臨床画像大会 2017.11.11 岩手県盛岡市

  44. 渡邉知恵,和田淳一郎,水谷幸嗣,渡邊裕,勝木梓,若林則幸. 部分床義歯の支台歯周囲骨への経時的影響 デジタルサブトラクション法による評価. 日本補綴歯科学会第126回学術大会 2017.07.01 横浜

  45. 渡邊 裕, 栗林亜実, 角 保徳, 倉林 亨. 歯科用Optical coherence tomographyの空間分解能測定用テストチャートの開発. NPO法人日本歯科放射線学会第58回学術大会・第14回定例総会 2017.06.03 鹿児島市

  46. 金崎和馬, 野田幸矢, 高山俊男, 小俣 透, 三浦雅彦, 渡邊 裕. 口腔がん小線源遠隔刺入システムのための口腔内器官把持グリッパの開発. 第5回次世代がん治療推進専門家養成プランシンポジウム 2016.12.03 東京

  47. 渡邊 裕, 尾崎吉弘, 戒田篤志, 三浦雅彦, 中川惠子, 戸田一真, 吉村亮一, 角 保徳, 倉林 亨. 口腔がん小線源治療におけるモンテカルロシミュレーションによる全身被曝線量の推定. 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会 2016.11.25 京都市

  48. 鈴木紀子、栗林亜実、森田圭一、原田浩之、渡邊 裕、倉林 亨. 下顎に生じた乳児黒色性神経外胚葉性腫瘍の1例. 2016.10.29 東京

  49. 渡邊 裕. 歯科臨床における放射線防護ー果たして防護エプロンは必要なのか?. 東京医科歯科大学歯科東京同窓会第12回医療管理部研修会 2016.10.26

  50. 金崎和馬, 野田幸矢, 高山俊男, 小俣 透, 三浦雅彦, 渡邊 裕. 口腔がん小線源治療遠隔刺入システムのためのバルーン吸盤を用いた口腔内器官把持グリッパの開発. 平成28年度秋季フルードパワーシステム学会講演会 2016.10.19

  51. 渡邉知恵,和田淳一郎,水谷幸嗣,渡邊 裕,若林則幸. 歯周炎患者のRPD支台歯周囲骨の経時的変化 デジタルサブトラクション法による評価. 日本補綴歯科学会 2016.07.10

  52. 渡邊 裕, 尾崎吉弘, 戒田篤志, 三浦雅彦, 中川惠子, 戸田一真, 吉村亮一, 角 保徳, 倉林 亨. 口腔がん小線源治療におけるモンテカルロシミュレーションによる全身被曝線量の推定. NPO法人日本歯科放射線学会第57回学術大会・第13回定例総会 2016.06.19 大阪市

  53. 野田幸矢, David Mclaughlin, 高山俊男, 小俣 透, 三浦雅彦, 渡邊 裕. 口腔がん小線源治療のための遠隔線源刺入装置の開発. 第4回次世代がん治療推進専門家養成プランシンポジウム 2016.01.23 東京

  54. 坂田朋美, 松本良恵, 原口美穂子, 渡邊 裕, 難波佳子, 足達淑子, 戒田篤志, 三浦雅彦, 吉村亮一, 谷口 尚. 舌癌小線源治療患者に対して歯科衛生士による積極的な周術期口腔機能管理が施された1例. 第34回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会 2016.01.22 横浜市

  55. 能村嘉一, 渡邊裕, 神山洋介, 倉林亨. 歯科用コーンビームCTのリングアーチファクトの測定. 第80回口腔病学会記念学術大会 2015.12.25 東京.

  56. Yoshimura R, Miura M, Watanabe H, Hayashi K, Nakagawa K, Toda K, Kaida A, Kuwabara H, Shibuya H. Brachytherapy using Au-198 grains for oral or oropharyngeal carcinomas in patients with past histories of cancer treatments in those regions. 日本放射線腫瘍学会第28回学術大会 2015.11.21 前橋市.

  57. 吉村亮一, 三浦雅彦, 中川惠子, 渡邊裕, 戒田篤志, 後藤達明, 桑原宏文, 長野拓也, 林啓二, 戸田一真. 口腔癌に対するTS-1を用いた導入化学療法併用低線量率小線源治療の安全性について. 日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第17回学術大会 2015.06.26 さいたま市.

  58. 渡邊裕, 能村嘉一, 誉田栄一, 角保徳, 倉林亨. 歯科用コーンビームCTの空間分解能におけるSEDENTEXCT IQファントムとRadiaソフトウェアの使用経験. NPO法人日本歯科放射線学会第56会学術大会・第12回定期総会 2015.06.07 仙台市.

  59. 能村嘉一, 渡邊 裕, 神山洋介, 倉林 亨. 複数の歯科用コーンビームCT機種の特性調査. 第79回口腔病学会学術大会・総会 2014.12.06 東京

  60. 松田悠平, 吉増秀實, 三浦雅彦, 荒川真一, 渡邊 裕. 舌癌小線源治療患者に対するQOL調査ー2種類のアンケートによる評価ー. 第11回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2014.06.28 旭川市

  61. 能村嘉一, 渡邊 裕, 神山洋介, 倉林 亨. 歯科用コーンビームCTによる軟組織撮影について:画素値の三次元的な変動. NPO法人日本歯科放射線学会第55回総会・学術大会 2014.06.08 東京

  62. 齋藤由佳理, 小俣透, 高山俊男, 三浦雅彦, 渡邊 裕. 口腔がん小線源治療の被ばく低減のための遠隔線源装填装置ー被ばく低減量の評価実験ー. 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2014.05.28 富山

  63. 渡邊 裕. 早期口腔癌の小線源治療. 社団法人日本口腔外科学会総会・学術大会 2010.10.18

  64. 渡邊 裕, 誉田栄一, 鉄村明美, 倉林 亨. マルチスライスCTと歯科用コーンビームCTの空間分解能の比較. 第51回日本歯科放射線学会総会 2010

  65. 渡邊 裕, 誉田栄一, 倉林 亨. オーバーサンプリング法を用いた歯科用CBCTのMTF評価について. 第50回日本歯科放射線学会総会•大阪府大阪市 2009

  66. 渡邊 裕, 誉田栄一, 倉林 亨. CTの画質評価に関する基礎的検討:マルチスライスCTと歯科用コーンビームCTとの比較. 第21回日本歯科医学会総会•平成20年•神奈川県横浜市 2008

  67. 渡邊 裕, 倉林 亨, 三浦雅彦. 口腔癌小線源治療患者を対象としたマイクロアレイによる網羅的遺伝子解析. 第48回日本歯科放射線学会総会•平成19年•埼玉県さいたま市 2008

  68. 渡邊 裕, 誉田栄一, 倉林 亨. CTの画質評価に関する基礎的検討:マルチスライスCTと歯科用コーンビームCTとの比較. 日本歯科医学会総会 2008

  69. 渡邊 裕, 倉林 亨, 三浦雅彦. 口腔癌小線源治療患者の転移事象を対象としたマイクロアレイによる網羅的遺伝子解析. 日本歯科放射線学会総会 2007.04

  70. 渡邊 裕, 倉林 亨, 三浦雅彦. 口腔癌小線源治療患者を対象としたマイクロアレイによる網羅的遺伝子解析. 日本歯科放射線学会第204回関東地方会 2007.01.20

  71. 渡邊 裕, 茂櫛 薫, 三浦雅彦, 吉村亮一, 倉林 亨, 渋谷 均, 田中 博. 舌癌遺伝子発現プロファイルによる小線源治療後の後発リンパ節転移予測. 日本放射線腫瘍学会第20回学術大会•平成19年•福岡県福岡市 2007

  72. 渡邊 裕, 倉林 亨, 三浦雅彦. マイクロアレイ遺伝子発現解析に基づいた舌癌小線源治療後の治癒/再発の予測. 第46回日本歯科放射線学会総会•平成17年•新潟県新潟市 2005

  73. 渡邊 裕, 倉林 亨, 三浦雅彦. 舌に扁平上皮癌と乳頭腫を併発した症例における各病変の放射線反応性の違いとマイクロアレイを用いた遺伝子発現解析. 第45回日本歯科放射線学会総会・平成16年・広島県広島市 2004

  74. 渡邊 裕, 倉林 亨, 三浦雅彦. 3Y1細胞の放射線感受性におけるMEK/ERK経路活性化の意義. 日本歯科放射線学会第195回関東地方会 2003.12.13

  75. 渡邊 裕, 倉林 亨, 三浦雅彦. 3Y1細胞の放射線感受性におけるMEK /ERK経路活性化の意義. 第46回日本放射線影響学会大会・平成15年・京都府京都市 2003

  76. 渡邊 裕, Dong Yu, 佐々木武仁, 渋谷 均, 細井義夫, 三浦雅彦. A-T細胞におけるI型インスリン様増殖因子受容体 (IGF-IR)の発現と放射線感受性との関連性. 第44回日本放射線影響学会大会・平成13年・大阪府大阪市 2001

  77. 渡邊 裕, 三浦雅彦, 佐々木武仁. I型インスリン様増殖因子受容体(IGF-IR)遺伝子ノックアウトマウス由来細胞に見られるX線誘導性caspase-8活性. 第42回日本放射線影響学会大会・平成11年・広島県広島市 1999

  78. 渡邊 裕, 三浦雅彦, 佐々木武仁. I型インスリン様増殖因子レセプター(IGF-IR)のヒト神経膠芽腫細胞の放射線感受性に及ぼす影響ー単層培養と多細胞球状体(スフェロイド)における比較. 第41回日本放射線影響学会大会・平成10年・長崎県長崎市 1998

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • 装填器

    特許番号: 6085800

  • Method of Predicting Metastasis of Oral Cavity Cancer into Cervical Lymph Node and Diagnostic Kit to be used in the Prediction (Watanabe H)

    特許番号: 8129122 United States Patent

  • 口腔癌の頚部リンパ節転移予測方法およびその予測に用いる診断キット(渡邊 裕)

    特許番号: 5046150

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第83回口腔病学術大会最優秀演題賞 (Wamasing P),2018年11月

  • ロボティクス・メカトロニクス部門欧文誌表彰,日本機械学会,2018年06月

  • 第82回口腔病学術大会最優秀演題賞 (Deepho C),2017年11月

  • 平成28年度歯学研究奨励賞 (渡邊 裕),東京医科歯科大学歯学部,2017年02月

  • 東京医科歯科大学医療チーム功労賞,東京医科歯科大学,2014年10月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 放射線物理学,2003年 - 現在

  • 放射線管理学・放射線防護学,2019年 - 現在

  • 臨床歯科放射線治療,2015年 - 現在

  • 学年混合選択セミナー 研究論文作成・特許取得,2015年 - 現在

  • 画像解析学,2020年 - 現在

  • 放射線生物学,2017年 - 現在

  • 放射線腫瘍学、治療学,2011年 - 2014年

  • 放射線の人体に与える影響,2008年 - 2019年

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 口腔がんの放射線治療 口腔がんの放射線治療と口腔ケア,学校法人昭和大学

  • 歯科の画像診断,株式会社ジーシー

  • 歯科放射線学,新東京歯科衛生士学校

  • 腫瘍放射線生物学特論,国立大学法人東京医科歯科大学

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学附属病院放射線部口腔放射線診断学領域病院掛主任,2021年10月 - 現在

  • 東京医科歯科大学歯学部附属病院歯科放射線外来副科長,2011年04月 - 2021年09月

  • 東京医科歯科大学歯学部附属病院歯科放射線外来外来医長,2009年04月 - 2019年03月