基本情報

写真a

内田 信一(ウチダ シンイチ)

UCHIDA Shinichi


職名

教授

研究室住所

東京都文京区湯島1−5−45

研究室電話番号

03-5803-5214

研究室FAX番号

03-5803-5215

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/grad/kid/kid-J.htm

研究分野・キーワード

高血圧、腎臓、輸送体、チャネル

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 私立武蔵高校  1979年03月  卒業

  • 東京医科歯科大学  医学部  1985年03月  卒業

  • 東京医科歯科大学  大学院医学研究科 博士課程  内科学専攻、第二内科武内重五郎教授  1989年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  内科学  博士課程  1989年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1985年11月
    東京医科歯科大学 医学部 医員
  • 1986年12月
    -
    1988年05月
    東京医科歯科大学 医学部 医員
  • 1992年01月
    -
    1994年12月
    東京医科歯科大学 医学部 第二内科 医員
  • 1997年04月
    -
    2000年07月
    東京医科歯科大学 医学部 第二内科 助手
  • 2000年08月
    -
    2005年05月
    東京医科歯科大学 医学部 第二内科 講師
  • 2005年06月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 医学部 腎臓内科 助教授
  • 2007年04月
    -
    2014年07月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 准教授
  • 2014年08月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 教授
  • 2016年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 副病院長(診療・安全管理)
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 病院長

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1985年12月
    -
    1986年12月
    取手総合病院 医員
  • 1988年06月
    -
    1989年06月
    武蔵野赤十字病院 腎臓内科 医員
  • 1989年07月
    -
    1991年12月
    米国ジョンスホプキンス大学 医学部内科腎臓部門リサーチフェロー
  • 1995年01月
    -
    1997年03月
    東京医科歯科大学霞ヶ浦分院 助手
  • 2018年04月
    -
    現在
    日本学術振興会 学術システム研究センター研究員(医歯薬学)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会(評議員)、日本腎臓学会(理事)、日本透析医学会(評議員)、日本生理学会(評議員)、アメリカ腎臓学会、国際腎臓学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、アメリカ腎臓学会、国際腎臓学会 日本腎臓学会評議員、日本透析医学会評議員、日本生理学会評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 腎臓内科学

  • 医療薬学

  • 生理学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本腎臓学会専門医・指導医、日本透析医学会専門医・指導医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 腎臓の体液恒常性維持機構とその破綻病態の解明と治療法の開発,1987年 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 間脳下垂体機能障害に関する調査研究

    厚生労働省 : 2020年04月 - 2023年03月

  • WNK4シグナル遮断による新しい生活習慣病予防的治療薬の創出

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • KLHL2/3 を標的とした新規WNKキナーゼシグナル阻害法の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • WNKシグナルによる塩分ストレス応答の分子病態解明と治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2017年

  • WNKキナーゼの制御機構とその破綻病態の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2016年

  • SPAKキナーゼ阻害薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • WNKキナーゼをターゲットとしたCKD進展阻止のための新規治療薬の開発と最適降圧薬選択法の確立

    厚生労働省 : 2012年04月 -

  • 腎臓膜輸送体を制御する新規細胞内刺激伝達系の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2008年 - 2012年

  • 細いヘンレの上行脚における細胞間隙ナトリウムイオン輸送の解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • AKAP-PKA結合阻害剤による新規PKA制御法の疾患治療への応用

    文部科学省/日本学術振興会

  • 病態に直結するPKAシグナル伝達機構の解明と治療法開発

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Nakano Y, Mandai S, Genma T, Akagi Y, Fujiki T, Ando F, Susa K, Mori T, Iimori S, Naito S, Sohara E, Uchida S, Fushimi K, Rai T. Nationwide mortality associated with perioperative acute dialysis requirement in major surgeries. International journal of surgery (London, England). 2022.08; 104 106816. ( PubMed, DOI )

  2. Hara Y, Ando F, Oikawa D, Ichimura K, Yanagawa H, Sakamaki Y, Nanamatsu A, Fujiki T, Mori S, Suzuki S, Yui N, Mandai S, Susa K, Mori T, Sohara E, Rai T, Takahashi M, Sasaki S, Kagechika H, Tokunaga F, Uchida S. LRBA is essential for urinary concentration and body water homeostasis. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2022.07; 119 (30): e2202125119. ( PubMed, DOI )

  3. Oki Y, Katsuma A, Okabe M, Watanabe M, Sagasaki M, Takahashi D, Kimura A, Kato J, Ueda H, Hataya H, Fujimaru T, Mori T, Sohara E, Uchida S, Miyazaki Y, Yokoo T. Different Clinical Courses of Nephronophthisis in Dizygotic Twins. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2022.06; ( PubMed, DOI )

  4. Iio K, Mori T, Bessho S, Imai Y, Hatanaka M, Omori H, Kouhara H, Chiga M, Sohara E, Uchida S, Kaimori JY. Gitelman syndrome with a novel frameshift variant in SLC12A3 gene accompanied by chronic kidney disease and type 2 diabetes mellitus. CEN case reports. 2022.05; 11 (2): 191-195. ( PubMed, DOI )

  5. Mori A, Chen JF, Uchida S, Durlach C, King SM, Jenner P. The Pharmacological Potential of Adenosine A<sub>2A</sub> Receptor Antagonists for Treating Parkinson's Disease. Molecules (Basel, Switzerland). 2022.04; 27 (7): ( PubMed, DOI )

  6. Shintaro Mandai, Tetsuo Yamada, Toshiki Uchihara, Tadatsune Iida, Takashi Ito, Hidehiko Sato, Keiko Sato, Yoshiko Chida, Katsuiku Hirokawa, Yumi Noda. Severe Dialysis-Related Amyloidosis Spared the Brain: An Autopsy Case of a Patient Receiving Hemodialysis for 41 Years. J Neuropathol Exp Neurol. 2021.10; 80 (10): 997-999. ( PubMed, DOI )

  7. Sakurasawa Takatoshi, Ohkubo Atsushi, Hoshikawa Yuki, Yamauchi Daisuke, Yamamoto Hiroko, Seshima Hiroshi, Kurashima Naoki, Iimori Soichiro, Rai Tatemitsu, Uchida Shinichi, Naito Shotaro. 治療的アフェレーシスの除去率計算におけるヘマトクリット値による調整(Adjustment by hematocrit level in calculation of removal rate in therapeutic apheresis) Therapeutic Apheresis and Dialysis. 2021.08; 25 (4): 425-431. ( 医中誌 )

  8. Sakurasawa Takatoshi, Ohkubo Atsushi, Hoshikawa Yuki, Yamauchi Daisuke, Yamamoto Hiroko, Seshima Hiroshi, Kurashima Naoki, Iimori Soichiro, Rai Tatemitsu, Uchida Shinichi, Naito Shotaro. Adjustment by hematocrit level in calculation of removal rate in therapeutic apheresis THERAPEUTIC APHERESIS AND DIALYSIS. 2021.08; 25 (4): 425-431. ( PubMed, DOI )

  9. Fujii Shinya, Kikuchi Eriko, Suzuyama Honoka, Watanabe Yuko, Ishigami-Yuasa Mari, Masuno Hiroyuki, Mori Takayasu, Isobe Kiyoshi, Uchida Shinichi, Kagechika Hiroyuki. Structural Development of Salicylanilide-Based SPAK Inhibitors as Candidate Antihypertensive Agents CHEMMEDCHEM. 2021.07; 16 (18): 2817-2822. ( PubMed, DOI )

  10. Kumagai A, Takeda S, Sohara E, Uchida S, Iijima H, Itakura A, Koya D, Kanasaki K. Dietary Magnesium Insufficiency Induces Salt-Sensitive Hypertension in Mice Associated With Reduced Kidney Catechol-O-Methyl Transferase Activity. Hypertension (Dallas, Tex. : 1979). 2021.07; 78 (1): 138-150. ( PubMed, DOI )

  11. Nanamatsu A, Mori T, Ando F, Furusho T, Mandai S, Susa K, Sohara E, Rai T, Uchida S. Vasopressin Induces Urinary Uromodulin Secretion By Activating PKA (Protein Kinase A). Hypertension. 2021.06; 77 (6): 1953-1963. ( PubMed, DOI )

  12. Shimohata H, Miyake Y, Yoshida Y, Usui J, Mori T, Sohara E, Uchida S, Hirayama K, Kobayashi M. LMX1B-associated nephropathy that showed myelin figures on electron microscopy. CEN case reports. 2021.06; 10 (4): 588-591. ( PubMed, DOI )

  13. Fujimaru T, Kawanishi K, Mori T, Mishima E, Sekine A, Chiga M, Mizui M, Sato N, Yanagita M, Ooki Y, Nagahama K, Ohnuki Y, Hamano N, Watanabe S, Mochizuki T, Nagatsuji K, Tanaka K, Tsukamoto T, Tsushima H, Shimamoto M, Tsuji T, Kuyama T, Kawamoto S, Maki K, Katsuma A, Oishi M, Yamamoto K, Mandai S, Kikuchi H, Ando F, Mori Y, Susa K, Iimori S, Naito S, Rai T, Hoshino J, Ubara Y, Miyazaki M, Nagata M, Uchida S, Sohara E. Genetic Background and Clinicopathologic Features of Adult-onset Nephronophthisis. Kidney international reports. 2021.05; 6 (5): 1346-1354. ( PubMed, DOI )

  14. Takahashi Naohiro, Kikuchi Hiroaki, Usui Ayaka, Furusho Taisuke, Fujimaru Takuya, Fujiki Tamami, Yanagi Tomoki, Matsuura Yoshiaki, Asano Kenichi, Yamamoto Kouhei, Ando Fumiaki, Susa Koichiro, Mandai Shintaro, Mori Takayasu, Rai Tatemitsu, Uchida Shinichi, Arita Makoto, Sohara Eisei. Deletion of Alox15 improves kidney dysfunction and inhibits fibrosis by increased PGD2 in the kidney(和訳中) Clinical and Experimental Nephrology. 2021.05; 25 (5): 445-455. ( 医中誌 )

  15. Takahashi Naohiro, Kikuchi Hiroaki, Usui Ayaka, Furusho Taisuke, Fujimaru Takuya, Fujiki Tamami, Yanagi Tomoki, Matsuura Yoshiaki, Asano Kenichi, Yamamoto Kouhei, Ando Fumiaki, Susa Koichiro, Mandai Shintaro, Mori Takayasu, Rai Tatemitsu, Uchida Shinichi, Arita Makoto, Sohara Eisei. Deletion of Alox15 improves kidney dysfunction and inhibits fibrosis by increased PGD(2) in the kidney CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY. 2021.05; 25 (5): 445-455. ( DOI )

  16. Tao K, Awazu M, Honda M, Shibata H, Mori T, Uchida S, Hasegawa T, Ishii T. An infant with congenital nephrogenic diabetes insipidus presenting with hypercalcemia and hyperphosphatemia. Endocrinology, diabetes & metabolism case reports. 2021.04; 2021 ( PubMed, DOI )

  17. Oe Y, Mishima E, Mori T, Okamoto K, Honkura Y, Nagasawa T, Yoshida M, Sato H, Suzuki J, Ikeda R, Sohara E, Uchida S, Katori Y, Miyazaki M. A Novel Mutation in LMX1B (p.Pro219Ala) Causes Focal Segmental Glomerulosclerosis with Alport Syndrome-like Phenotype. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2021.04; 60 (18): 2991-2996. ( PubMed, DOI )

  18. Mori T, Chiga M, Fujimaru T, Kawamoto R, Mandai S, Nanamatsu A, Nomura N, Ando F, Susa K, Sohara E, Rai T, Uchida S. Phenotypic differences of mutation-negative cases in Gitelman syndrome clinically diagnosed in adulthood. Hum Mutat. 2021.03; 42 (3): 300-309. ( PubMed, DOI )

  19. Hiroko Hashimoto, Satomi Shikuma, Shintaro Mandai, Susumu Adachi, Shinichi Uchida. Calcium-based phosphate binder use is associated with lower risk of osteoporosis in hemodialysis patients. Sci Rep. 2021.01; 11 (1): 1648. ( PubMed, DOI )

  20. Umene Ryusuke, Kitamura Mineaki, Arai Hideyuki, Matsumura Kazuki, Ishimaru Yuka, Maeda Kanenori, Uramatsu Tadashi, Obata Yoko, Mori Takayasu, Sohara Eisei, Uchida Shinichi, Nishino Tomoya. 腎機能障害により悪化した2遺伝子性の塩類喪失性尿細管機能異常症を呈したBartter症候群(Bartter syndrome representing digenic-based salt-losing tubulopathies presumably accelerated by renal insufficiency) CEN Case Reports. 2020.11; 9 (4): 375-379. ( 医中誌 )

  21. Furusho T, Uchida S, Sohara E. The WNK signaling pathway and salt-sensitive hypertension Hypertension Research. 2020.08; 43 (8): 733-743. ( 医中誌 )

  22. Shoda W, Nomura N, Ando F, Tagashira H, Iwamoto T, Ohta A, Isobe K, Mori T, Susa K, Sohara E, Rai T, Uchida S. Sodium-calcium exchanger 1 is the key molecule for urinary potassium excretion against acute hyperkalemia PLoS One. 2020.06; 15 (6): e0235360. ( PubMed, DOI )

  23. Furusho T, Sohara E, Mandai S, Kikuchi H, Takahashi N, Fujimaru T, Hashimoto H, Arai Y, Ando F, Zeniya M, Mori T, Susa K, Isobe K, Nomura N, Yamamoto K, Okado T, Rai T, Uchida S. Renal TNFα activates the WNK phosphorylation cascade and contributes to salt-sensitive hypertension in chronic kidney disease. Kidney Int. 2020.02; ( PubMed, DOI )

  24. Kikuchi Hiroaki, Sasaki Emi, Nomura Naohiro, Mori Takayasu, Minamishima Yoji Andrew, Yoshizaki Yuki, Takahashi Naohiro, Furusho Taisuke, Arai Yohei, Mandai Shintaro, Yamashita Takahiro, Ando Fumiaki, Maejima Yasuhiro, Isobe Kiyoshi, Okado Tomokazu, Rai Tatemitsu, Uchida Shinichi, Sohara Eisei. Failure to sense energy depletion may be a novel therapeutic target in chronic kidney disease Kidney Int.. 2019.01; 95 (1): 123-137. ( PubMed, DOI )

  25. Fujimaru T, Mori T, Sekine A, Mandai S, Chiga M, Kikuchi H, Ando F, Mori Y, Nomura N, Iimori S, Naito S, Okado T, Rai T, Hoshino J, Ubara Y, Uchida S, Sohara E. Kidney enlargement and multiple liver cyst formation implicate mutations in PKD1/2 in adult sporadic polycystic kidney disease Clin Genet. 2018.07; 94 (1): 125-131. ( DOI )

  26. Ando F, Mori S, Yui N, Morimoto T, Nomura N, Sohara E, Rai T, Sasaki S, Kondo Y, Kagechika H, Uchida S. AKAPs-PKA disruptors increase AQP2 activity independently of vasopressin in a model of nephrogenic diabetes insipidus Nat Commun. 2018.04; 9 (1): 1411. ( PubMed, DOI )

  27. Sasaki E, Susa K, Mori T, Isobe K, Araki Y, Inoue Y, Yoshizaki Y, Ando F, Mori Y, Mandai S, Zeniya M, Takahashi D, Nomura N, Rai T, Uchida S, Sohara E. KLHL3 knockout mice reveal the physiological role of KLHL3 and the pathophysiology of pseudohypoaldosteronism type II caused by mutant KLHL3. Mol Cell Biol. 2017.04; 37 (7): ( PubMed, DOI )

  28. Takahashi D, Mori T, Sohara E, Tanaka M, Chiga M, Inoue Y, Nomura N, Zeniya M, Ochi H, Takeda S, Suganami T, Rai T, Uchida S. WNK4 is an adipogenic factor and its deletion reduces diet-induced obesity in mice. EBioMedicine. 2017.04; 18 118-127. ( PubMed, DOI )

  29. Nagata Soichiro, Ikegaya Naoki, Ogino Shuhei, Uchida Shinichi, Itaya Mikiko, Momita Aoi, Shinozaki Shingo, Ohura Masaharu, Kuriki Ken, Kono Satoshi, Miyajima Hiroaki, Hishida Akira. 無セルロプラスミン血症を呈する血液透析患者において甲状腺癌切除は赤血球産生刺激製剤への低反応性を改善する(The Resection of Thyroid Cancer Was Associated with the Resolution of Hyporesponsiveness to an Erythropoiesis-stimulating Agent in a Hemodialysis Patient with Aceruloplasminemia) Internal Medicine. 2017.04; 56 (7): 805-810. ( 医中誌 )

  30. Shoda W, Nomura N, Ando F, Mori Y, Mori T, Sohara E, Rai T, Uchida S. Calcineurin inhibitors block sodium-chloride cotransporter dephosphorylation in response to high potassium intake. Kidney Int. 2017.02; 91 (2): 402-411. ( PubMed, DOI )

  31. Ando F, Sohara E, Morimoto T, Yui N, Nomura N, Kikuchi E, Takahashi D, Mori T, Vandewalle A, Rai T, Sasaki S, Kondo Y, Uchida S. Wnt5a induces renal AQP2 expression by activating calcineurin signalling pathway. Nat Commun. 2016.11; 7 13636. ( PubMed, DOI )

  32. Mandai S, Mori T, Sohara E, Rai T, Uchida S. Generation of hypertension-associated STK39 polymorphism knockin cell lines with the clustered regularly interspaced short palindromic repeats/Cas9 system. Hypertension. 2015.12; 66 (6): 1199-1206. ( PubMed, DOI )

  33. Zeniya M, Morimoto N, Takahashi D, Mori Y, Mori T, Ando F, Araki Y, Yoshizaki Y, Inoue Y, Isobe K, Nomura N, Oi K, Nishida H, Sasaki S, Sohara E, Rai T, Uchida S. Kelch-Like Protein 2 mediates angiotensin II-With No Lysine 3 signaling in the regulation of vascular tonus. J Am Soc Nephrol. 2015.09; 26 (9): 2129-2138. ( PubMed, DOI )

  34. Kikuchi E, Mori T, Zeniya M, Isobe K, Ishigami-Yuasa M, Fujii S, Kagechika H, Ishihara T, Mizushima T, Sasaki S, Sohara E, Rai T, Uchida S. Discovery of novel SPAK inhibitors that block WNK kinase signaling to cation chloride transporters. J Am Soc Nephrol. 2015.07; 26 (7): 1525-1536. ( PubMed, DOI )

  35. Inoue Y, Sohara E, Kobayashi K, Chiga M, Rai T, Ishibashi K, Horie S, Su X, Zhou J, Sasaki S, Uchida S. Aberrant glycosylation and localization of polycystin-1 cause polycystic kidney in an AQP11 knockout model. J Am Soc Nephrol. 2014.12; 25 (12): 2789-2799. ( PubMed, DOI )

  36. Susa K, Sohara E, Rai T, Zeniya M, Mori Y, Mori T, Chiga M, Nomura N, Nishida H, Takahashi D, Isobe K, Inoue Y, Takeishi K, Takeda N, Sasaki S, Uchida S. Impaired degradation of WNK1 and WNK4 kinases causes PHAII in mutant KLHL3 knock-in mice. Hum Mol Genet. 2014.10; 23 (19): 5052-5060. ( PubMed, DOI )

  37. Uchida S. Regulation of blood pressure and renal electrolyte balance by Cullin-RING ligases. Curr Opin Nephrol Hypertens. 2014.09; 23 (5): 487-493. ( PubMed, DOI )

  38. Zeniya M, Sohara E, Kita S, Iwamoto T, Susa K, Mori T, Oi K, Chiga M, Takahashi D, Yang SS, Lin SH, Rai T, Sasaki S, Uchida S. Dietary salt intake regulates WNK3-SPAK-NKCC1 phosphorylation cascade in mouse aorta through angiotensin II. Hypertension. 2013.11; 62 (5): 872-878. ( PubMed, DOI )

  39. Wakabayashi M, Mori T, Isobe K, Sohara E, Susa K, Araki Y, Chiga M, Kikuchi E, Nomura N, Mori Y, Matsuo Y, Murata T, Nomura S, Asano T, Kawaguchi H, Nonoyama S, Rai T, Sasaki S, Uchida S. Impaired KLHL3-mediated ubiquitination of WNK4 causes human hypertension. Cell Rep. 2013.03; 3 (3): 858-868. ( PubMed, DOI )

  40. Nishida H, Sohara E, Nomura N, Chiga M, Alessi DR, Rai T, Sasaki S, Uchida S. Phosphatidylinositol 3-kinase/Akt signaling pathway activates the WNK-OSR1/SPAK-NCC phosphorylation cascade in hyperinsulinemic db/db mice. Hypertension. 2012.10; 60 (4): 981-990. ( PubMed, DOI )

  41. Uchida S, Chiga M, Sohara E, Rai T, Sasaki S. Does a β2-adrenergic receptor-WNK4-Na-Cl co-transporter signal cascade exist in the in vivo kidney? Nat Med. 2012.09; 18 (9): 1324-5; author reply 1325. ( PubMed, DOI )

  42. Lin SH, Yu IS, Jiang ST, Lin SW, Chu P, Chen A, Sytwu HK, Sohara E, Uchida S, Sasaki S, Yang SS. Impaired phosphorylation of Na(+)-K(+)-2Cl(-) cotransporter by oxidative stress-responsive kinase-1 deficiency manifests hypotension and Bartter-like syndrome. Proc Natl Acad Sci U S A. 2011.10; 108 (42): 17538-17543. ( PubMed, DOI )

  43. Ohta A, Rai T, Yui N, Chiga M, Yang SS, Lin SH, Sohara E, Sasaki S, Uchida S. Targeted disruption of the Wnk4 gene decreases phosphorylation of Na-Cl cotransporter, increases Na excretion and lowers blood pressure. Hum Mol Genet. 2009.10; 18 (20): 3978-3986. ( PubMed, DOI )

  44. Yang SS, Morimoto T, Rai T, Chiga M, Sohara E, Ohno M, Uchida K, Lin SH, Moriguchi T, Shibuya H, Kondo Y, Sasaki S, Uchida S. Molecular pathogenesis of pseudohypoaldosteronism type II: generation and analysis of a Wnk4(D561A/+) knockin mouse model. Cell Metab. 2007.05; 5 (5): 331-344. ( PubMed, DOI )

  45. Sohara E, Rai T, Yang SS, Uchida K, Nitta K, Horita S, Ohno M, Harada A, Sasaki S, Uchida S. Pathogenesis and treatment of autosomal-dominant nephrogenic diabetes insipidus caused by an aquaporin 2 mutation. Proc Natl Acad Sci U S A. 2006.09; 103 (38): 14217-14222. ( PubMed, DOI )

  46. Yamauchi K, Rai T, Kobayashi K, Sohara E, Suzuki T, Itoh T, Suda S, Hayama A, Sasaki S, Uchida S. Disease-causing mutant WNK4 increases paracellular chloride permeability and phosphorylates claudins. Proc Natl Acad Sci U S A. 2004.03; 101 (13): 4690-4694. ( PubMed, DOI )

  47. Matsumura Y, Uchida S, Kondo Y, Miyazaki H, Ko SB, Hayama A, Morimoto T, Liu W, Arisawa M, Sasaki S, Marumo F. Overt nephrogenic diabetes insipidus in mice lacking the CLC-K1 chloride channel. Nat Genet. 1999.01; 21 (1): 95-98. ( PubMed, DOI )

  48. Uchida S, Sasaki S, Nitta K, Uchida K, Horita S, Nihei H, Marumo F. Localization and functional characterization of rat kidney-specific chloride channel, ClC-K1. J Clin Invest. 1995.01; 95 (1): 104-113. ( PubMed, DOI )

  49. Kawasaki M, Uchida S, Monkawa T, Miyawaki A, Mikoshiba K, Marumo F, Sasaki S. Cloning and expression of a protein kinase C-regulated chloride channel abundantly expressed in rat brain neuronal cells. Neuron. 1994.03; 12 (3): 597-604. ( PubMed, DOI )

  50. Uchida S, Yamauchi A, Preston AS, Kwon HM, Handler JS. Medium tonicity regulates expression of the Na(+)- and Cl(-)-dependent betaine transporter in Madin-Darby canine kidney cells by increasing transcription of the transporter gene. J Clin Invest. 1993.04; 91 (4): 1604-1607. ( PubMed, DOI )

  51. Fushimi K, Uchida S, Hara Y, Hirata Y, Marumo F, Sasaki S. Cloning and expression of apical membrane water channel of rat kidney collecting tubule. Nature. 1993.02; 361 (6412): 549-552. ( PubMed, DOI )

  52. Uchida S, Sasaki S, Furukawa T, Hiraoka M, Imai T, Hirata Y, Marumo F. Molecular cloning of a chloride channel that is regulated by dehydration and expressed predominantly in kidney medulla. J Biol Chem. 1993.02; 268 (6): 3821-3824. ( PubMed )

  53. Uchida S, Kwon HM, Yamauchi A, Preston AS, Marumo F, Handler JS. Molecular cloning of the cDNA for an MDCK cell Na(+)- and Cl(-)-dependent taurine transporter that is regulated by hypertonicity. Proc Natl Acad Sci U S A. 1992.09; 89 (17): 8230-8234. ( PubMed, DOI )

  54. Kwon HM, Yamauchi A, Uchida S, Preston AS, Garcia-Perez A, Burg MB, Handler JS. Cloning of the cDNa for a Na+/myo-inositol cotransporter, a hypertonicity stress protein. J Biol Chem. 1992.03; 267 (9): 6297-6301. ( PubMed )

  55. Uchida S, Nakanishi T, Kwon HM, Preston AS, Handler JS. Taurine behaves as an osmolyte in Madin-Darby canine kidney cells. Protection by polarized, regulated transport of taurine. J Clin Invest. 1991.08; 88 (2): 656-662. ( PubMed, DOI )

  56. Uchida S, Kwon HM, Preston AS, Handler JS. Expression of Madin-Darby canine kidney cell Na(+)-and Cl(-)-dependent taurine transporter in Xenopus laevis oocytes. J Biol Chem. 1991.05; 266 (15): 9605-9609. ( PubMed )

  57. Uchida S, Endou H. Substrate specificity to maintain cellular ATP along the mouse nephron. Am J Physiol. 1988.11; 255 (5 Pt 2): F977-F983. ( PubMed, DOI )

  58. Nakashima Hirotaka, Uchida Soshi, Hatakeyama Akihisa, Murata Yoichi, Yamanaka Yoshiaki, Tsukamoto Manabu, Sekiya Ichiro, Sakai Akinori. Isolation and Characterization of Synovial Mesenchymal Stem Cells Derived From Patients With Chronic Lateral Ankle Instability: A Comparative Analysis of Synovial Fluid, Adipose Synovium, and Fibrous Synovium of the Ankle Joint ORTHOPAEDIC JOURNAL OF SPORTS MEDICINE. 2022.05; 10 (5): ( DOI )

  59. Nakano Yuta, Susa Koichiro, Yanagi Tomoki, Hiraoka Yuichi, Suzuki Takefumi, Mori Takayasu, Ando Fumiaki, Mandai Shintaro, Fujiki Tamami, Rai Tatemitsu, Uchida Shinichi, Sohara Eisei. Generation of NPHP1 knockout human pluripotent stem cells by a practical biallelic gene deletion strategy using CRISPR/Cas9 and ssODN IN VITRO CELLULAR & DEVELOPMENTAL BIOLOGY-ANIMAL. 2022.02; 58 (2): 85-95. ( PubMed, DOI )

  60. Kobayashi Satoru, Mizuno Nana, Yokoi Kyoko, Mori Takayasu, Sohara Eisei, Uchida Shinichi. Congenital nephrogenic diabetes insipidus presenting as osmotic demyelination syndrome in infancy A case report MEDICINE. 2022.01; 101 (3): e28552. ( PubMed, DOI )

  61. Oda Yukako, Takahashi Chisato, Harada Shota, Nakamura Shun, Sun Daxiao, Kiso Kazumi, Urata Yuko, Miyachi Hitoshi, Fujiyoshi Yoshinori, Honigmann Alf, Uchida Seiichi, Ishihama Yasushi, Toyoshima Fumiko. Discovery of anti-inflammatory physiological peptides that promote tissue repair by reinforcing epithelial barrier formation SCIENCE ADVANCES. 2021.11; 7 (47): ( DOI )

  62. Miyamoto Ryohei, Sekine Akinari, Fujimaru Takuya, Suwabe Tatsuya, Mizuno Hiroki, Hasegawa Eiko, Yamanouchi Masayuki, Chiga Motoko, Mori Takayasu, Sohara Eisei, Uchida Shinichi, Sawa Naoki, Ubara Yoshifumi, Hoshino Junichi. Echocardiographic Findings and Genotypes in Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease KIDNEY DISEASES. 2021.11; 8 (3): 246-252. ( PubMed, DOI )

  63. Lin Meng-Hsuan, Chen Jen-Chi, Tian Xuejiao, Lee Chia-Ming, Yu I-Shing, Lo Yi-Fen, Uchida Shinichi, Huang Chou-Long, Chen Bi-Chang, Cheng Chih-Jen. Impairment in renal medulla development underlies salt wasting in Clc-k2 channel deficiency JCI INSIGHT. 2021.10; 6 (20): ( PubMed, DOI )

  64. 安藤 史顕, 原 悠, 内田 信一. 理解が深まる!水・ナトリウム代謝の新知見 AQP2水チャネルの制御メカニズムと治療標的としての有用性 日本腎臓学会誌. 2021.06; 63 (4): 401. ( 医中誌 )

  65. 原 悠, 安藤 史顕, 内田 信一. 【水・電解質を科学する】体液異常の病態と治療 細胞外液量が低下する病態と治療 多尿、尿崩症 腎と透析. 2021.05; 90 (5): 830-834. ( 医中誌 )

  66. 小松 大介, 内田 信一, 亀田 信介. 【コロナ禍と医療機関の現実〜医療と医業経営を立て直す7つの方策〜】(Part 2)医療体制と医療機関をどう立て直すか 保険診療. 2021.05; 76 (5): 15-25. ( 医中誌 )

  67. 原 美都, 萬代 新太郎, 森 崇寧, 内藤 省太郎, 吉嶺 朝陽, 安藤 史顕, 飯盛 聡一郎, 磯部 清志, 須佐 紘一郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 気がつきにくい水・電解質異常 急性心不全および腎障害を呈した高安動脈炎急性発症例 臨床体液. 2020.12; 47 8. ( 医中誌 )

  68. 酒匂 崇史, 関根 章成, 星野 純一, 水野 裕基, 川田 真宏, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 藤丸 拓也, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 乳原 善文, 高市 憲明. 種々の病態における水電解質異常 29歳で初めて診断に至ったWNK4遺伝子変異による偽性低アルドステロン症2型の一例 臨床体液. 2019.09; 46 7. ( 医中誌 )

  69. 久保 沙記, 田中 春奈, 安藤 史顕, 飯盛 聡一郎, 磯部 清志, 須佐 紘一郎, 森 崇寧, 野村 尚弘, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 種々の病態における水電解質異常 タクロリムス内服開始後に著明な低Na血症を認めた自己末梢血幹細胞移植後肺障害の1例 臨床体液. 2019.09; 46 33-36. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 野村尚弘, 内田信一. §7-26 尿細管性アシドーシス. 私の治療 [2019-20年度版]. 日本医事新報, 2019

  2. 野村尚弘, 内田信一. §7-29 Liddle症候群. 私の治療 [2019-20年度版]. 日本医事新報, 2019

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Nakano Yuta, Mandai Shintaro, Genma Taku, Akagi Yuichiro, Fujiki Tamami, Ando Fumiaki, Susa Koichiro, Mori Takayasu, Iimori Soichiro, Naito Shotaro, Sohara Eisei, Uchida Shinichi, Fushimi Kiyohide, Rai Tatemitsu. Nationwide Mortality Risk Associated with Perioperative Acute Dialysis Requirement in Major Surgeries(和訳中). 日本腎臓学会誌 2022.05.01

  2. Mandai Shintaro, Ando Fumiaki, Mori Takayasu, Susa Koichiro, Iimori Soichiro, Naito Shotaro, Sohara Eisei, Uchida Shinichi, Fushimi Kiyohide, Rai Tatemitsu. 腎臓病に関する入院理由と死因の不一致がもたらす負荷 日本人成人に関する全国調査(Burden of Kidney Disease on Discrepancy between Reasons for Admission and Death:A Nationwide Cohort Study of Japanese Adults). 第64回日本腎臓学会学術総会 2021.06

  3. 高橋直宏, 蘇原映誠, 有田誠, 菊池寛昭, 安藤史顕, 須佐紘一郎, 萬代新太郎, 森崇寧, 頼建光, 内田信一. Alox15 knock-outマウスは、腎臓におけるPGD2の増加を介してCKDの腎障害及び線維化を改善する. 第64回日本腎臓学会学術総会 2021.06

  4. Ando F, Uchida S. Development of Novel Therapeutic Strategies for Congenital NDI and Other PKA-Related Diseases. 第43回⽇本分⼦⽣物学会年会 2020.12 web

  5. Adya Saran Sinha , Wang Tianying, Hosoi Yasushi, Sohara Eisei, Akita Tenpei, Uchida Shinichi, Fukuda Atsuo. WNK3キナーゼはマウス内側前頭前野のV層錐体神経細胞における内向き整流と細胞内クロライドを調節することで興奮を維持する(WNK3 kinase maintains basal excitability by regulating inward rectification and intracellular chloride in layer V pyramidal neurons of mouse medial prefrontal cortex). The Journal of Physiological Sciences 2020.03.01

  6. Furusho T, Sohara E, Mandai S, Kikuchi H, Takahashi N, Fujimaru T, Hashimoto H, Arai Y, Ando F, Zeniya M, Mori T, Susa K, Isobe K, Nomura N, Yamamoto K, Okado T, Rai T, Uchida S. Renal TNFα activates the WNK phosphorylation cascade and contributes to salt-sensitive hypertension in chronic kidney disease. 第9回CKD frontier meeting 2020.02 名古屋

  7. Sohara Eisei, Kikuchi Hiroaki, Uchida Shinichi. 腎機能の再生医療におけるNew Frontiers 慢性腎臓病におけるエネルギー状態感知不全(New Frontiers in Regenerative Medicine of Renal Function Failure to sense energy depletion in chronic kidney disease). The Journal of Physiological Sciences 2019.06.01

  8. Sinha Adya Saran, Wang Tianying, Hosoi Yasushi, Sohara Eisei, Akita Tenpei, Uchida Shinichi, Fukuda Atsuo. WNK3キナーゼによる前頭前皮質におけるニューロン興奮性の調節メカニズム(Mechanisms underlying WNK3 kinase mediated regulation of neuronal excitability in prefrontal cortex). The Journal of Physiological Sciences 2019.06.01

  9. Uchida Shinichi. 生体システムの構築およびその破壊に関する統合的かつ理論的研究 慢性腎臓病に対するマルチオミックスなアプローチ(Integrative and theoretical research on the architecture of biological system and its disorder Multi-omics approaches to chronic kidney disease). The Journal of Physiological Sciences 2018.03.01

  10. Saran Saran Adya, Hosoi Yasushi, Sohara Eisei, Mutoh Hiroki, Akita Tenpei, Uchida Shinichi, Fukuda Atsuo. WNK3 kinaseはマウス前頭前皮質のV層錐体神経細胞における内向き整流性potassium電流を制御する(WNK3 kinase regulates inwardly rectifying potassium current in layer V pyramidal neurons of the mouse prefrontal cortex). The Journal of Physiological Sciences 2018.03.01

  11. Shinichi Uchida. Translational researches in the field of water and electrolyte disorders. The annual meeting of the American Society of Nephrology 2017.11.02 New Orleans, USA

  12. Daiei Takahashi, Takayasu Mori, Eisei Sohara, Motoko Chiga, Yuichi Inoue, Naohiro Nomura, Moko Zeniya, Tatemitsu Rai, and Shinichi Uchida. WNK4 regulates adipocyte differentiation in 3T3-L1 cells. The 47th Annual Meeting of American Society of Nephrology 2016.11.19

  13. Takuya Fujimaru, Takayasu Mori, Shintaro Mandai, Motoko Chiga, Hiroaki Kikuchi, Fumiaki Ando, Yutaro Mori, Naohiro Nomura, Shotaro Naito, Tomokazu Okado, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida, Eisei Sohara. Development of a Customized Diagnostic Panel for Targeted Exome Sequencing of Polycystic Kidney Diseases. Kidney Week 2016 2016.11.19

  14. Yohei Arai, Eiichiro Kanda, Soichiro Iimori, Shotaro Naito, Yumi Noda, Sei Sasaki, Eisei Sohara, Tomokazu Okado, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida. Low White Blood Cell Count Is Independently Associated with the Progression of Chronic Kidney Disease in the Elderly: The CKD-ROUTE Study. The 49th Annual Meeting of American Society of Nephrology 2016.11.18

  15. Wakana Shoda, Naohiro Nomura, Fumiaki Ando, Yutaro Mori, Takayasu Mori, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida. Calcineurin Rapidly Dephosphorylates Sodium-ChlorideCotransporter in Response to High Potassium Intake. The 49th Annual Meeting of American Society of nephrology. 2016.11.18

  16. Yuki Yoshizaki, Eisei Sohara, Takayasu Mori, Eriko Kikuchi, Daiei Takahashi, Moko Zeniya, Yuya Araki, Yutaro Mori, Fumiaki Ando, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida.. Drug Repositioning Screening for Keap1-Nrf2 Binding Inhibitors by Using Fluorescent Correlation Spectroscopy. The 49th Annual Meeting of American Society of Nephrology 2016.11.18

  17. Emi Sasaki, Koichiro Susa, Takayasu Mori, Kiyoshi Isobe, Yuya Araki, Yuichi Inoue, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida, Eisei Sohara. Generation and Analysis of KLHL3 Knockout Mice. The 49th Annual Meeting of American Society of nephrology 2016.11.18

  18. Yutaro Mori, Shintaro Mandai, Takayasu Mori, Eisei Sohara, Tatematsu Rai, Shinichi Uchida. Generation of p62/SQSTM1 (p62) KO Cell Lines Using CRISPR/Cas9 -The Role of p62 on WNK1 Regulation by Changes of Extracellular Potassium Concentration-. The 49th Annual Meeting of the American Society of Nephrology 2016.11.17

  19. Zeniya M, Mori T, Yui N, Nomura N, Chiga M, Sohara E, Rai T, Uchida S.. The proteasome inhibitor bortezomib attenuates renal fibrosis in mice.. The 49th Annual Meeting of American Society of Nephrology 2016.11.15

  20. Hiroaki Kikuchi, Naohiro Nomura, Yoji Andrew Minamishima, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida?and Eisei Sohara.. Targeted Metabolomic Analysis of Kidney from the Subtotal Nephrectomy Mouse Model of Chronic Kidney Disease. The 49th Annual Meeting of American Society of Nephrology. 2016.11.15

  21. Wakana Shoda, Naohiro Nomura, Fumiaki Ando, Yutaro Mori, Takayasu Mori, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida. Calcineurin rapidly dephosphorylates sodium-chloride cotransporter in response to high potassium intake. 第26回御茶ノ水腎研究会 2016.10.27

  22. Uchida Shinichi. The KLHL proteins, the WNKs and renal Na+ transport.. 8Th FAOPS (Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies) Congress 2015.11.23 Bangkok, Thailand

  23. Takehara Eriko, Mandai Shintaro, Uchida Shinichi . Reversal of Dialysis-Dependent Renal Failure and Nephrotic Syndrome after Conservative Therapy in an Adult with Proliferative Glomerulonephritis with C3-Dominant Deposition. 2015.11.07 San Diego, USA

  24. 蘇原映誠, 森崇寧, 内田信一. 次世代シークエンサーを用いた遺伝性腎疾患の解析. 第60回日本腎臓学会学術総会, シンポジウム 2017.05.26

  25. 源馬 拓, 萬代 新太郎, 安藤 史顕, 森 崇寧, 須佐 紘一郎, 飯盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 内田 信一, 伏見 清秀, 頼 建光. 悪性高血圧の入院死亡率と緊急透析実施率の10年間の傾向. 日本腎臓学会誌 2022.05.01

  26. 小澤 征良, 関根 章成, 藤丸 拓也, 諏訪部 達也, 水野 裕基, 井上 典子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 田中 希穂, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 澤 直樹, 乳原 善文, 星野 純一. 多発性嚢胞腎患者における遺伝学的背景と大腸憩室の関係性について. 日本腎臓学会誌 2022.05.01

  27. 柳 智貴, 蘇原 映誠, 菊池 寛昭, 竹内 恒, 須佐 紘一郎, 高橋 直宏, 中野 雄太, 安藤 史顕, 萬代 新太郎, 森 崇寧, 本多 真也, 鳥居 暁, 清水 重臣, 頼 建光, 内田 信一. ULK1によるAMPKのAMP感受性制御の発見とCKDにおける破綻の解明. 日本腎臓学会誌 2022.05.01

  28. 原 悠, 安藤 史顕, 及川 大輔, 市村 浩一郎, 藤木 珠美, 萬代 新太郎, 森 崇寧, 須佐 紘一郎, 蘇原 映誠, 頼 建光, 徳永 文稔, 内田 信一. LRBAは尿濃縮と体液恒常性維持に必須の分子である. 日本腎臓学会誌 2022.05.01

  29. 安藤 史顕, 内田 信一. GPCRシグナルにおける治療標的の探索 尿濃縮のバゾプレシン応答性を制御するアンカータンパクの発見. 日本腎臓学会誌 2022.05.01

  30. 関根 章成, 藤丸 拓也, 諏訪部 達也, 水野 裕基, 井上 典子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 田中 希穂, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 澤 直樹, 乳原 善文, 星野 純一. ADPKD患者における遺伝学的背景や総腎容積と脳動脈瘤の関係性について. 日本腎臓学会誌 2022.05.01

  31. 栗本 隼樹, 高木 博史, 津村 哲郎, 蓬臺 優一, 川口 頌平, 宮田 崇, 萩原 大輔, 須賀 英隆, 安藤 史顕, 内田 信一, 有馬 寛. 部分的なバソプレシン分泌不全状態ではミネラルコルチコイドの作用により多尿が顕在化する. 日本内分泌学会雑誌 2022.04.01

  32. 桐野 玄, 安達 恵利子, 我有 茉希, 中谷 久恵, 金森 透, 宇田川 智宏, 高澤 啓, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 鹿島田 健一, 森尾 友宏. WT1 Zinc Finger domain 4病的多型による46,XXDSD世界初の家系例. 日本内分泌学会雑誌 2022.04.01

  33. 桐野 玄, 安達 恵利子, 我有 茉希, 中谷 久恵, 金森 透, 宇田川 智宏, 高澤 啓, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 鹿島田 健一, 森尾 友宏. WT1 Zinc Finger domain 4病的多型による46,XX DSD世界初の家系例. 日本内分泌学会雑誌 2022.04.01

  34. 高野 英実, 橋詰 真衣, 西川 雄人, 飯田 達也, 田所 梨枝, 大塚 史子, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 長坂 昌一郎. 若年性高血圧で受診し原発性アルドステロン症が疑われたがLiddle症候群の確定診断に至った1症例. 日本内科学会関東地方会 2021.10.01

  35. 巻口遥翔, 須佐紘一郎, 飯盛聡一郎, 源馬拓, 赤木祐一朗, 藤木珠美, 安藤史顕, 萬代新太郎, 森崇寧, 内藤省太郎, 蘇原映誠, 頼建光, 内田信一. Gitelman症候群にネフローゼ症候群を発症した一例. 第53回臨床体液研究会 2021.10 Web

  36. 巻口 遥翔, 飯盛 聡一郎, 須佐 紘一郎, 源馬 拓, 赤木 祐一朗, 藤木 珠美, 安藤 史顕, 萬代 新太郎, 森 崇寧, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 頼 建光, 内田 信一. 開胸術8年後に胸骨骨髄炎を発症したCKD患者の一例. 第51回日本腎臓学会東部学術大会 2021.09.01

  37. 東出 理栄子, 赤木 祐一朗, 源馬 拓, 藤木 珠美, 安藤 史顕, 萬代 新太郎, 飯盛 聡一郎, 須佐 紘一郎, 森 崇寧, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 頼 建光, 内田 信一. 糸球体係蹄壁のIgA沈着が特徴的なステロイド抵抗性IgA腎症に対し、口蓋扁桃摘出が奏功した一例. 日本腎臓学会誌 2021.09.01 Web

  38. 廣瀬 友里佳, 田中 佑樹, 内藤 省太郎, 森 崇寧, 安藤 史顕, 萬代 新太郎, 須佐 紘一郎, 飯盛 聡一郎, 蘇原 映誠, 頼 建光, 内田 信一. ステロイド治療が奏功した半月体形成性IgA腎症によるRPGNの一例. 第51回日本腎臓学会東部学術大会 2021.09.01

  39. 小山 紗佑実, 源馬 拓, 赤木 祐一朗, 藤木 珠美, 萬代 新太郎, 安藤 史顕, 須佐 紘一郎, 森 崇寧, 飯盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 頼 建光, 内田 信一. 五苓散による薬剤性急性尿細管間質性腎炎の1例. 第51回日本腎臓学会東部学術大会 2021.09.01

  40. 森 克夫, 東出 理栄子, 森 崇寧, 萬代 新太郎, 飯盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 頼 建光, 内田 信一. 慢性心不全増悪時にEdwardsiellatarda菌血症が判明した1例. 日本内科学会関東地方会 2021.07.01

  41. 関口裕太, 内藤省太郎, 萬代新太郎, 安藤史顕, 須佐紘一郎, 森崇寧, 飯盛聡一郎, 蘇原映誠, 頼建光, 田中陽典, 坂本啓, 冨井翔平, 大橋健一, 内田信一. ANCA関連腎炎にPLA2R陽性の膜性腎症を合併した1例. 第103回東京腎生検カンファランス 2021.07 Web

  42. 藤丸拓也, 蘇原映誠, 川西邦夫, 森崇寧, 千賀宗子, 萬代新太郎, 安藤史顕, 須佐紘一郎, 飯盛聡一郎, 内藤省太郎, 頼建光, 長田道夫, 内田信一. 尿細管基底膜の厚い二重化は、成人ネフロン癆の遺伝学的診断根拠となり得る. 第64回日本腎臓学会学術総会 2021.06 横浜/web

  43. 赤木祐一朗, 内藤省太郎, 須佐紘一郎, 安藤史顕, 萬代新太郎, 飯盛聡一郎, 森崇寧, 岡本師, 蘇原映誠, 宮埼泰成, 内田信一, 頼建光. COVID-19入院患者における急性腎障害の発症率とリスク因子の検討. 第64回日本腎臓学会学術総会 2021.06

  44. 藤木珠美, 安藤史顕, 萬代新太郎, 須佐紘一郎, 森崇寧, 蘇原映誠, 頼建光, 内田信一. PKA活性化薬は白色脂肪のベージュ化を促進し、高脂肪食負荷マウスで体重増加を抑制する. 第64回日本腎臓学会学術総会 2021.06 横浜/web

  45. 七松優, 赤木祐一朗, 安藤史顕, 萬代新太郎, 飯盛聡一郎, 須佐紘一郎, 森崇寧, 内藤省太郎, 蘇原映誠, 頼建光, 内田信一. 当院におけるCOVID-19肺炎維持透析患者6症例の報告. 第66回日本透析医学会学術集会総会 2021.06 横浜/web

  46. 関口裕太, 小島一紀, 須佐紘一郎, 飯盛聡一郎, 萬代新太郎, 安藤史顕, 森崇寧, 内藤省太郎, 蘇原映誠, 頼建光, 内田信一. 腎提供後にドナーが慢性腎炎を生じ末期腎不全に至った親子間生体腎移植の例. 第66回日本透析医学会学術集会総会 2021.06 横浜/web

  47. 河本亮介, 森崇寧, 安藤史顕, 萬代新太郎, 須佐紘一郎, 蘇原映誠, 頼建光, 内田信一. 遺伝性腎臓病が疑われた症例において嚢胞性腎疾患を除く約半数にCOL4A遺伝子群の希少変異を認めた. 第64回日本腎臓学会学術総会 2021.06 横浜/web

  48. 飯盛聡一郎, 萬代新太郎, 安藤史顕, 森崇寧, 須佐紘一郎, 内藤省太郎, 蘇原映誠, 内田信一, 頼建光. 当院における糖尿病透析予防指導の効果. 第64回日本腎臓学会学術総会 2021.06 横浜/web

  49. 廣瀬友里佳, 萬代新太郎, 小島一紀, 赤木祐一朗, 安藤史顕, 須佐紘一郎, 森崇寧, 飯盛聡一郎, 内藤省太郎, 蘇原映誠, 頼建光, 内田信一. タッチコンタミネーションが原因と考えられたK. pneumoniaeによるPD腹膜炎の一例. 第66回日本透析医学会学術集会総会 2021.06 横浜/web

  50. 中溝 智也, 多田 憲正, 宇田川 智宏, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 渡辺 章充. CsA投与により長期寛解を維持しているGalloway-Mowat症候群の1例. 第57回日本小児腎臓病学会学術集会 2021.05.01

  51. 谷口 洋平, 三浦 健一郎, 白井 陽子, 安藤 太郎, 石和 翔, 金子 直人, 石塚 喜世伸, 秋岡 祐子, 堀田 茂, 原 聡, 藤丸 拓也, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 山口 裕, 服部 元史. PKD1遺伝子の複合ヘテロ接合性変異により胎児期発症多発性嚢胞腎を呈した症例における一次線毛の観察. 第57回日本小児腎臓病学会学術集会 2021.05

  52. 星野幹, 萬代新太郎, 内藤省太郎, 赤木祐一朗, 安藤史顕, 森崇寧, 須佐紘一郎, 飯盛聡一郎, 蘇原映誠, 頼建光, 内田信一. 子宮体癌を背景に治療抵抗性の低Na血症を来した一例. 第52回臨床体液研究会 2020.11.21 web開催

  53. 秦美沙, 太田潤, 吉嶺朝陽, 安藤史顕, 萬代新太郎, 飯盛聡一郎, 磯部清志, 須佐紘一郎, 森崇寧, 内藤省太郎, 岡戸丈和, 賴建光, 内田信一. エテルカルセチド過剰投与により高Ca血症を来した維持透析患者の3例. 第65回日本透析医学会学術集会総会 2020.11 web開催

  54. 原美都, 萬代新太郎, 森崇寧, 内藤省太郎, 吉嶺朝陽, 安藤史顕, 飯盛聡一郎, 磯部清志, 須佐紘一郎, 蘇原映誠, 岡戸丈和, 頼建光, 内田信一. 両腎動脈狭窄と心筋炎に伴う難治性心不全を合併し急性期に血液透析を要した高安動脈炎の一例. 第65回日本透析医学会学術集会総会 2020.11 web開催

  55. 安原遼, 飯盛聡一郎, 須佐紘一郎, 七松優, 吉嶺朝陽, 安藤史顕, 萬代新太郎, 磯部清志, 森崇寧, 内藤省太郎, 蘇原映誠, 岡戸丈和, 頼建光, 内田信一. トシリズマブとシクロスポリンが奏功した最重症型TAFRO症候群の1例. 第65回日本透析医学会学術集会総会 2020.11 web開催

  56. 秦美沙, 石川聖子, 鈴木健文, 久保沙記, 田中悠紀子, 大井克征. 反復する透析シャント閉塞を契機に診断されたヘパリン起因性血小板減少症の一例. 第663回日本内科学会関東地方会 2020.10 東京, web

  57. 高見純, 飯盛聡一郎, 須佐紘一郎, 佐々木幹人, 赤木祐一朗, 安藤史顕, 萬代新太郎, 森崇寧, 内藤省太郎, 蘇原映誠, 頼建光, 内田信一. 急性腎障害を伴う初発のネフローゼ症候群に対してシクロスポリン単剤で寛解を得た超高齢男性の一例. 第50回日本腎臓学会東部学術大会 2020.09 web開催

  58. 柳川英輝, 井上佑一, 西田友理子, 大山早乃, 真崎里紗, 源馬拓, 古橋健太, 森崇寧, 蘇原映誠, 内田信一, 井下聖司. 新規SLC4A1ナンセンス変異による遠位尿細管性アシドーシス(dRTA)と診断した末期腎不全の1例. 第50回日本腎臓学会東部学術大会 2020.09 web開催

  59. 廣瀬友里佳, 中牧尚子, 池ノ内健, 内藤省太郎, 安藤史顕, 萬代新太郎, 須佐紘一郎, 森崇寧, 飯盛聡一郎, 蘇原映誠, 頼建光, 内田信一. 経口メコバラミン製剤による薬剤性腎障害が疑われた一例. 第50回日本腎臓学会東部学術大会 2020.09 web開催

  60. 太田潤, 内藤省太郎, 萬代新太郎, 安藤史顕, 森崇寧, 須佐紘一郎, 飯盛聡一郎, 蘇原映誠, 頼建光, 内田信一. セツキシマブにてネフローゼ症候群を呈した一例. 第50回日本腎臓学会東部学術大会 2020.09 web開催

  61. 星野幹, 池ノ内健, 内藤省太郎, 萬代新太郎, 安藤史顕, 森崇寧, 須佐紘一郎, 飯盛聡一郎, 蘇原映誠, 頼建光, 内田信一. 脳腫瘍に対するBevacizumab投与中にネフローゼ症候群を呈した一例. 第50回日本腎臓学会東部学術大会 2020.09 web開催

  62. 西田友理子, 廣瀬友里佳, 山西綾香, 森崇寧, 萬代新太郎, 安藤史顕, 須佐紘一郎, 飯盛聡一郎, 内藤省太郎, 蘇原映誠, 頼建光, 内田信一. ネフローゼ症候群に合併した上行大動脈壁在血栓症の一例. 第50回日本腎臓学会東部学術大会 2020.09 web開催

  63. 藤木珠美, 安藤史顕, 萬代新太郎, 磯部清志, 須佐紘一郎, 森崇寧, 蘇原映誠, 頼建光, 内田信一. PKA活性化薬は高脂肪食負荷マウスにおいて熱産生を亢進し体重増加を抑制する. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 横浜, web

  64. 藤丸拓也, 蘇原映誠, 森崇寧, 萬代新太郎, 千賀宗子, 菊池寛昭, 安藤史顕, 森雄太郎, 岡戸丈和, 頼建光, 川西邦夫, 長田道夫, 内田信一. 腎生検にてネフロン癆が疑われた成人症例における臨床・病理所見と遺伝的背景の関係. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 横浜, web

  65. 橋本博子, 志熊聡美, 萬代新太郎, 内田信一. 血液透析患者の骨密度低下のリスク因子・薬剤の検討. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 横浜, web

  66. 油井直史, 名和眞希子, 内田信一. 腎臓線維芽細胞活性化における非筋肉型ミオシン2Aの重要性. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 横浜, web

  67. 池ノ内健, 鳥羽三佳代, 萬代新太郎, 森崇寧, 岡戸丈和, 吉嶺朝陽, 安藤史 顕, 磯部清志, 須佐紘一郎, 飯盛聡一郎, 内藤省太郎, 蘇原映誠, 頼建光, 伏見清秀, 内田信一. 当院にお けるVA カテーテル挿入代行体制の現況と安全性の検証. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 横浜, web

  68. 七松東, 森崇寧, 安藤史顕, 萬代新太郎, 磯部清志, 須佐紘一郎, 蘇原映誠, 頼建光, 内田信一. PKAはhepsinの活性に影響しuromodulinの細胞外分泌を促進する. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 横浜, web

  69. 高橋直宏, 蘇原映誠, 有田誠, 菊池寛昭, 安藤史顕, 磯部清志, 須佐紘一郎, 萬代新太郎, 森崇寧, 頼建光, 内田信一. Alox15 KOマウスは、CKDの腎障害及び線維化に抵抗性を示す. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 横浜, web

  70. 池上 怜花, 原 美都, 森本 靖久, 飯盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 岡戸 丈和, 内田 信一 小林 伸暉, 坂下 祥太, 安藤 亮一. 難治性再燃性腹膜炎のため25年以上の長期腹膜透析を離脱した1例. 第25回日本腹膜透析医学会学術集会総会 2019.11

  71. 吉田真梨子, 池ノ内健, 原悠, 田中春奈, 安藤史顕, 萬代新太郎, 飯盛聡一郎, 磯部清志, 須佐紘一郎, 森崇寧, 内藤省太郎, 蘇原映誠, 岡戸丈和, 頼建光, 内田信一. スニチニブによる薬剤性FSGSの1例. 第49回日本腎臓学会東部学術大会 2019.10.04

  72. 三橋 友理子, 森 崇寧, 久保 沙記, 野村 尚弘, 田中 絵里子, 萬代 新太郎, 田中 春奈, 安藤 史顕, 磯部 清志, 須佐 紘一郎, 飯 盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 小児期発症難治性FSGSに対し成人期にミトコンドリア病の診断に至った一例. 第49回日本腎臓学会東部学術大会 2019.10.04

  73. 森本靖久, 田邉まどか, 芋野充紘, 大谷恵, 塩路慎吾, 平澤卓, 安藝昇太, 青柳誠, 田中啓之. 炭酸リチウムとビタミンD製剤内服中に高カルシウム血症をきたした1例. 第49回日本腎臓学会東部学術大会 2019.10 東京

  74. 原美都, 當間勇人, 田中春奈, 安藤史顕, 萬代新太郎, 飯盛聡一郎, 磯部清志, 須佐紘一郎, 森崇寧, 内藤省太郎, 蘇原映誠, 岡戸丈和, 頼建光, 内田信一. 巣状分節性糸球体硬化症の患者に対して、遠心分離法によるLDLアフェレシスを施行した一例. 第49回日本腎臓学会東部学術大会 2019.10 東京

  75. 池上 怜花, 田中 春奈, 吉嶺 朝陽, 安藤 史顕, 萬代 新太郎, 飯盛 聡一郎, 磯部 清志, 須佐 紘一郎, 森 崇寧, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 膵内分泌腫瘍に対し投薬されたstreptozocinによる薬剤性間質性腎炎が疑われた一例. 第49回日本腎臓学会東部学術大会 2019.10

  76. 久保 沙記, 田中 春奈, 安藤 史顕, 飯盛 聡一郎, 磯部 清志, 須佐 紘一郎, 森 崇寧, 野村 尚弘, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 胃前庭部毛細血管拡張症によるESA抵抗性貧血を呈した透析患者の一例. 第64回日本透析医学会学術集会総会 2019.06 横浜

  77. 芋野 充紘, 田中 春奈, 安藤 史顕, 森 崇寧, 磯部 清志, 須佐 紘一郎, 飯盛 聡一郎, 野村 尚弘, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 薬剤性QT延長症候群により心肺停止に至った透析患者の一例. 第64回日本透析医学会学術集会総会 2019.06

  78. 山崎 佳穗, 内藤 省太郎, 磯部 清志, 田中 春奈, 飯盛 聡一郎, 安藤 史顕, 森 崇寧, 野村 尚弘, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 慢性腎不全急性増悪で入院中、原因不明の貧血進行を認めショックとなり死亡した一例. 第64回日本透析医学会学術集会総会 2019.06 横浜

  79. 森本靖久, 池ノ内健, 田中春奈, 磯部清志, 飯盛聡一郎, 野村尚弘, 内藤省太郎, 蘇原映誠, 岡戸丈和, 頼建光, 内田信一. 初期に血栓性微小血管障害が疑われたが, 感染性心内膜炎の診断に至った1例. 日本内科学会 第650回関東地方会 2019.05 東京

  80. 池ノ内 健, 野村 尚弘, 磯部 清志, 森 崇寧, 田中 春奈, 安藤 史顕, 飯盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 重篤な腎不全家系の原因としてUromodulin(UMOD)遺伝子変異を認めた一例. 第48回日本腎臓学会東部学術大会 2018.10.21 新宿

  81. 山﨑 佳穗, 内藤 省太郎, 磯部 清志, 田中 春奈, 飯盛 聡一郎, 安藤 史顕, 森 崇寧, 野村 尚弘, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 賴 建光, 内田 信一. 家族性地中海熱に尿細管間質性腎炎による腎機能障害を合併した1例. 第48回日本腎臓学会東部学術大会 2018.10.21 新宿

  82. 芋野 充紘, 田中 春奈, 安藤 史顕, 森 崇寧, 磯部 清志, 飯盛 聡一郎, 野村 尚弘, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 7年後の再腎生検でANCA関連腎炎と診断した1例. 第48回日本腎臓学会東部学術大会 2018.10.20 新宿

  83. 財津 亜友子, 田中 征治, 江崎 拓也, 藤丸 拓也, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 山下 裕史朗. ADPKDとLiddle症候群様所見を伴うPKD2のlarge deletion変異の1例. 第53回日本小児腎臓病学会学術集会 2018.06.29 福島

  84. 渡辺 麗子, 赤澤 政信, 秋田 渉, 丸毛 淳史, 水木 太郎, 田野崎 栄, 内田 信一. 血漿交換にて対応困難であった血栓性血小板減少性紫斑病に対しRituximab投与が著効した一例. 第63回日本透析医学会学術集会総会 2018.06.29 神戸

  85. 當間 勇人, 安藤 史顕, 森 崇寧, 磯部 清志, 飯盛 聡一郎, 野村 尚弘, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 肺外結核の診断に難渋した維持透析患者の一例. 第63回日本透析医学会学術集会総会 2018.06.29 神戸

  86. 久保 沙記, 當間 勇人, 石川 聖子, 安藤 史顕, 飯盛 総一郎, 磯部 清志, 森 崇寧, 野村 尚弘, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 維持透析患者に発症した腰椎化膿性脊椎炎の一例. 第63回日本透析医学会学術集会総会 2018.06.29 神戸

  87. 戸島 範之, 坂下 翔太, 飯盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 野村 尚弘, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 維持透析中に高Ca血症を呈し、サルコイドーシスの診断に至った一例. 第63回日本透析医学会学術集会総会 2018.06.29 神戸

  88. 新井 洋平, 蘇原 映誠, 浅野 謙一, 田中 正人, 頼 建光, 内田 信一. WNK1はマクロファージにおいてLPS誘導性サイトカイン産生を抑制する. 第61回日本腎臓学会学術総会 2018.06.04 新潟

  89. 石川 聖子, 内藤 省太郎, 飯盛 総一郎, 磯部 清志, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 高齢保存期慢性腎臓病患者における血清Myostatin濃度の関連因子の検討. 第61回日本腎臓学会学術総会 2018.06.04 新潟

  90. 内田 信一. 腎臓病領域における希少疾患と指定難病 尿細管疾患領域における希少難病のトランスレーショナルリサーチ. 第61回日本腎臓学会学術総会 2018.06.04 新潟

  91. 関根 章成, 星野 純一, 藤丸 拓也, 小黒 昌彦, 水野 裕基, 川田 真宏, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 早見 典子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 高市 憲明, 乳原 善文. 多発性嚢胞腎弧発例における遺伝子変異と臨床経過の関係性. 第61回日本腎臓学会学術総会 2018.06.04 新潟

  92. 蘇原 映誠, 森 崇寧, 藤丸 拓也, 内田 信一. ゲノムから解くADPKD 嚢胞性腎疾患の網羅的遺伝子解析システムの開発と応用. 第61回日本腎臓学会学術総会 2018.06.04 新潟

  93. 森本 靖久, 大谷 恵, 小出 高彰, 西山 早乃, 柳 智貴, 金久 恵理子, 安藝 昇太, 青柳 誠, 田中 啓之. 繰り返す肺炎で判明した巨大椎骨動脈瘤の1例. 第95回神奈川腎研究会 2018.05.12 横浜

  94. 芋野 充紘, 坂下 祥太, 石川 聖子, 飯盛 聡一郎, 野村 尚弘, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 初回生検では確定診断に至らず再生検でANCA関連腎炎と診断した1例. 日本内科学会関東地方会 2018.05.01

  95. 安澤 由香利, 中山 良朗, 本間 健一郎, 屋比久 賢光, 國場 司, 照屋 太輝, 仲村 武裕, 與那嶺 正人, 上原 盛幸, 竹本 のぞみ, 仲村 英昭, 難波 豊隆, 河本 絵里子, 砂川 澄人, 植田 玲, 池間 朋己, 島尻 佳典, 森 崇寧, 内田 信一, 益崎 裕章. 若年発症で濃厚な家族歴より家族性高アルドステロン症2型が疑われた一家系. 第91回日本内分泌学会学術総会 2018.04.27 宮崎

  96. 伊藤 佐久耶, 甲斐田 裕介, 児玉 豪, 中山 陽介, 蘇原 映誠, 内田 信一, 深水 圭. 5/6腎摘モデルラットにおけるNCC発現変化とARB+CCB+HCTZ治療による腎保護効果の検討. 第61回日本腎臓学会学術総会 2018.04.01

  97. 内田 信一. 腎臓病領域における希少疾患と指定難病 尿細管疾患領域における希少難病のトランスレーショナルリサーチ. 日本腎臓学会誌 2018.04.01

  98. 蘇原 映誠, 森 崇寧, 藤丸 拓也, 内田 信一. ゲノムから解くADPKD 嚢胞性腎疾患の網羅的遺伝子解析システムの開発と応用. 日本腎臓学会誌 2018.04.01

  99. 伊藤 佐久耶, 甲斐田 裕介, 児玉 豪, 中山 陽介, 蘇原 映誠, 内田 信一, 深水 圭. 腎不全ステージの違いによるNa-Cl共輸送体(NCC)発現の変化とARB+CCB+HCTZ3剤投与の効果. 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 2017.10.01

  100. 近藤 勲, 庄司 紀和, 高橋 大栄, 銭谷 慕子, 佐藤 英彦, 飯盛 聡一郎, 野村 尚弘, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 抗GBM、MPO-ANCA両者陽性急速進行性糸球体腎炎(RPGN)に対し、血漿交換とステロイドパルス療法により改善を認めた一例. 第62回日本透析医学会学術集会総会 2017.06.17

  101. 鈴木 聡一郎, 庄司 紀和, 銭谷 慕子, 高橋 大栄, 佐藤 英彦, 飯盛 聡一郎, 野村 尚弘, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. セフトリアキソン(CTRX)により脳症を来たした血液透析患者の1例. 第62回日本透析医学会学術集会 2017.06.17

  102. 竹原 慧理子, 近藤 勲, 鈴木 聡一郎, 坂本 絵美, 宮崎 崇, 松本 優子, 高橋 直宏, 庄司 紀和, 高橋 大栄, 銭谷 慕子, 佐藤 英彦, 飯盛 聡一郎, 野村 尚弘, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 選択的血漿交換を併用し奏功した尋常性天疱瘡と水疱性天疱瘡の2例. 第62回日本透析医学会学術集会 2017.06.17

  103. 松本 優子, 庄司 紀和, 佐藤 英彦, 飯盛 聡一郎, 野村 尚弘, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 腹水ADA高値を契機に早期治療に踏み切った結核性腹膜炎の1例. 第632回日本内科学会関東地方会 2017.05.13

  104. 蘇原 映誠, 森 崇寧, 内田 信一. ゲノム医療が腎臓病学に果たす役割と展望 次世代シークエンサーを用いた遺伝性腎疾患の解析. 日本腎臓学会誌 2017.04.01

  105. 蘇原 映誠, 安藤 史顕, 佐々木 成, 内田 信一. 水バランスの調節 腎性尿崩症治療を目指したAQP2細胞内局在制御機構の解明. 日本内分泌学会雑誌 2017.01.01

  106. 蘇原 映誠, 森 崇寧, 内田 信一. 次世代シークエンサーを用いた遺伝性腎疾患の解析. 第46回日本腎臓学会東部学術大会, シンポジウム 2016.10.07

  107. 内田信一. 遺伝性腎疾患に学ぶ腎臓の水・電解質代謝制御機構. 第19回小児分子内分泌研究会 2015.07.04 北海道

  108. 菊池 寛昭, 青柳 誠, 長濱 清隆, 山村 知里, 平澤 卓, 安藝 昇太, 田中 啓之, 田村 禎一, 内田 信一. 吸収不良症候群、MGUS診断9年後に合併した重鎖軽鎖沈着症の一例. 第44回日本腎臓学会東部学術大会 2014.10.25 横浜

  109. 頼 建光, 磯部 清志, 蘇原 映誠, 内田 信一, 佐々木 成. 腎疾患と体液 新たな体液評価の指標としての尿中エキソソーム. 第44回日本腎臓学会東部学術大会 2014.10.24 横浜

  110. 大和田 めぐみ, 石神 淳一, 飯盛 聡一郎, 佐藤 文絵, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 弾性線維性偽黄色腫症に合併した腎血管性高血圧症の1例. 第44回日本腎臓学会東部学術大会 2014.10.24 横浜

  111. 渭原 克仁, 飯盛 聡一郎, 佐藤 文絵, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. ソラフェニブ使用中にネフローゼ症候群をきたすもステロイド治療で完全寛解が得られた一例. 第44回日本腎臓学会東部学術大会 2014.10.24 横浜

  112. 藤木 珠美, 石神 淳一, 飯盛 総一郎, 須佐 紘一郎, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 強皮症腎クリーゼに対し腹膜透析を導入した一例. 第44回日本腎臓学会東部学術大会 2014.10.24 横浜

  113. 石川 聖子, 田中 啓之, 飯盛 聡一郎, 佐藤 文絵, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. ネフローゼ症候群で発症し自然軽快した溶連菌感染後急性糸球体腎炎の一例. 第44回日本腎臓学会東部学術大会 2014.10.24 横浜

  114. 高橋 大栄, 森 崇寧, 野村 尚弘, Khan Muhammad Hossain Zakir, 荒木 雄也, 銭谷 慕子, 蘇原 映誠, 頼 建光, 佐々木 成, 内田 信一. WNK4は腎NCCの正の制御因子である. 第57回日本腎臓学会学術集会総会 2014.07.06 横浜

  115. 森 雄太郎, 若林 麻衣, 蘇原 映誠, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. p62が関わる選択的オートファジーがKLHL3依存性のWNK4分解機構に関与している. 第57回日本腎臓学会学術集会総会 2014.07.06 横浜

  116. 油井 直史, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. AQP2の細胞内輸送におけるSer-261リン酸化の意義. 第57回日本腎臓学会学術集会総会 2014.07.06 横浜

  117. 須佐 紘一郎, 蘇原 映誠, 頼 建光, 銭谷 慕子, 森 雄太郎, 竹田 直樹, 佐々木 成, 内田 信一. KLHL3変異マウスはWNK1及びWNK4の分解低下により偽性低アルドステロン症II型を発症する. 第57回日本腎臓学会学術集会総会 2014.07.06 横浜

  118. 森 崇寧, 細道 一善, 井ノ上 逸朗, 内田 信一, 佐々木 成. ChIP-seqを用いた新規塩分反応性遺伝子の同定. 第57回日本腎臓学会学術集会総会 2014.07.06 横浜

  119. 内田 信一. 食塩感受性高血圧の発症機序と対策 WNKと食塩感受性高血圧. 第57回日本腎臓学会学術集会総会 2014.07.05 横浜

  120. 飯盛 聡一郎, 西田 秀範, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. CKD初診患者の貧血管理と心血管疾患発症リスクの検討. 第57回日本腎臓学会学術集会総会 2014.07.05 横浜

  121. 後藤 雄輔, 喜多 紗斗美, 藤井 誠, 堀江 一郎, 荒井 勇二, 内田 信一, 岩本 隆宏. 尿生成およびCa2+排泄におけるNCX2の機能的役割. 第57回日本腎臓学会学術集会総会 2014.07.05 横浜

  122. 桑名 仁, 西田 秀範, 油井 直史, 太田 哲人, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. 表計算ソフトによる解析は慢性腎不全の診療を30%改善する. 第57回日本腎臓学会学術集会総会 2014.07.05 横浜

  123. 銭谷 慕子, 高橋 大栄, 森 崇寧, 森本 靖久, 蘇原 映誠, 頼 建光, 佐々木 成, 内田 信一. マウス血管平滑筋においてangiotensinII刺激はKLHL2を介してWNK3-SPAK-NKCC1リン酸化カスケードを制御する. 第57回日本腎臓学会学術集会総会 2014.07.04 横浜

  124. 蘇原 映誠,頼 建光,佐々木 成,内田 信一. 偽性低アルドステロン症2型が明らかにしたWNKシグナルとその制御機構. 日本腎臓学会学術集会総会 2014.07.04 横浜

  125. 蘇原 映誠, 石本 育栄, 大西 剛史, 笠木 佑里, 河崎 智樹, 田中 啓之, 石神 淳一, 渭原 克仁, 山口 若葉, 畔津 春奈, 野崎 真由子, 荒木 雄也, 西田 秀範, 飯盛 聡一郎, 油井 直史, 太田 哲人, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. メシル酸ナファモスタットによる薬剤性貧血を認めた透析患者の一例. 第59回日本透析医学会学術集会・総会 2014.06.15 神戸

  126. 松本 優子, 石神 淳一, 田中 啓之, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. アデフォビルによる薬剤性腎障害の1例. 第606回日本内科学会関東地方会 2014.06.14 東京

  127. 山口 若葉, 畔津 春奈, 野崎 真由子, 渭原 克仁, 石神 淳一, 田中 啓之, 飯盛 聡一郎, 西田 秀範, 油井 直史, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. ボルテゾミブ・デキサメサゾン(BD)療法により血液透析離脱した多発性骨髄腫(MM)の2例. 第59回日本透析医学会学術集会・総会 2014.06.14 神戸

  128. 畔津 春奈, 野崎 真由子, 渭原 克仁, 山口 若葉, 石神 淳一, 田中 啓之, 飯盛 聡一郎, 西田 秀範, 油井 直史, 太田 哲人, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成, 能勢 裕里江, 水澤 英洋. アトピー性脊髄炎に対して血漿交換(PE)を施行した一例. 第59回日本透析医学会学術集会・総会 2014.06.13 神戸

  129. 荒木 雄也, 飯盛 聡一郎, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. 尿毒症性心外膜炎に感染性心外膜炎を合併し高度心嚢液貯留をきたし透析S導入となった一例. 第59回日本透析医学会学術集会・総会 2014.06.13

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 大橋敦希. Young Investigator Award. 第27回日本腹膜透析医学会学術集会,日本腹膜透析医学会,2021年10月

  • Kikuchi H. First Author Spotlight. American Journal of Physiology Renal Physiology,American Journal of Physiology Renal Physiology,2021年08月

  • Kikuchi H. KAITOKU-NIH (The JSPS Research Fellowship for Japanese Biomedical and Behavioral Researchers at NIH). The Japan Society for the Promotion of Science,The Japan Society for the Promotion of Science,2021年08月

  • 萬代新太郎. Best Abstract Award. 第64回日本腎臓学会学術総会,日本腎臓学会,2021年06月

  • 渭原克仁. YIA (Young Investigator Award). 第64回日本腎臓学会学術総会,日本腎臓学会,2021年06月

  • 内田信一. 腎臓財団 学術賞,2021年03月

  • 平成7年度大島賞(第38回日本腎臓学会),1995年06月

  • 東京医科歯科大学医学部 長尾賞,1985年03月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • A Matter of Concentration: Molecular Mechanisms of Water Homeostasis,2022年08月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「LRBAは尿濃縮と体内の水恒常性維持に必須のタンパクである」 ― 尿濃縮力が低下し多尿をきたす疾患の新たな治療標的の解明 ―,2022年07月

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America

  • 慢性腎臓病の新たな治療標的としてエネルギー不全の感知障害を発見― 慢性腎臓病の新たな治療法開発へ期待 ―,2018年11月

    Kidney International

  • 「 多発性骨髄腫治療薬のボルテゾミブは腎臓の線維化を抑制する 」 新しい慢性腎臓病治療薬となる可能性 ―,2017年10月

    Scientific Reports

  • 「腎臓において尿濃縮に重要な水チャンネルをWnt5aが活性化する」-尿崩症の新規治療法開発へ期待-,2016年11月

    Nature Communications

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 腎臓ブロック講義

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 医師の働き方改革について,日経新聞社,日本経済新聞,2022年10月28日 - 2022年10月31日

  • 新型コロナウイルスによる大学病院の状況について,株式会社じほう,メディファックス,2022年07月05日 - 2022年07月25日

  • 東京医科歯科大学のコロナ対応,関東医事新報,2021年05月14日

  • 内田信一. 新型コロナ,讀賣テレビ放送,情報ライブミヤネ屋,2020年07月02日

  • 内田信一. "感染者増加を受け、受け入れや病床についての受け止め,日本テレビ,news zero,2020年07月01日

  • 内田信一. 緊急事態宣言解除も張続く医療現場,テレビ朝日,ANNニュース・報道テションなど,2020年05月25日

  • 内田信一. 新型コロナウイルス 院内感染対策について,TBS,サンデーモーニング,2020年04月17日

  • 内田信一. コロナ疑い救急患者の受け入れについて,テレビ朝日,ANNニュースなどテレビ朝日番組内,2020年04月14日

  • 内田信一. 新型コロナウイルス感染症での病院の体制,読売新聞東京本社,読売新聞,2020年04月10日

▼全件表示