基本情報

写真a

東田 修二(トウダ シュウジ)

TOHDA Shuji


職名

教授

生年

1959年

研究室住所

文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5334

研究室FAX番号

03-5803-5629

メールアドレス

tohda.mlab@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/mlab/mlab-J.html

研究分野・キーワード

臨床検査医学, 遺伝子検査, 白血病細胞学, 血液内科学, 臨床細菌学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1984年  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医学部長、医歯学総合研究科長
  • 1984年06月
    -
    1985年06月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 第一内科 医員(研修医)
  • 1987年07月
    -
    1987年12月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 第一内科 医員(医病)
  • 1988年07月
    -
    1990年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 第一内科 医員(医病)
  • 1993年01月
    -
    1993年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 第一内科 医員(医病)
  • 1993年04月
    -
    1993年12月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 第一内科 助手
  • 1994年07月
    -
    1996年02月
    東京医科歯科大学 医学部 医学科 臨床検査医学講座 助手
  • 1996年03月
    -
    1999年03月
    東京医科歯科大学 医学部 医学科 臨床検査医学講座 講師
  • 1999年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 臨床検査医学 助教授
  • 2007年04月
    -
    2015年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 臨床検査医学 准教授
  • 2015年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 検査部 部長
  • 2015年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 臨床検査医学 教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1985年
    -
    1987年
    横浜赤十字病院 内科 医師
  • 1988年
     
     
    東京都立駒込病院 血液内科 医師
  • 1990年
    -
    1992年
    トロント大学 オンタリオ癌研究所 研究員
  • 1994年
     
     
    取手協同病院 内科 医師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床検査医学会

  • 日本血液学会

  • 日本内科学会

  • 日本癌学会

  • 日本臨床検査医自動化学会

  • 日本検査血液学会

  • 日本感染症学会

  • 日本臨床微生物学会

  • アメリカ血液学会

  • 日本臨床化学会

  • 日本医学教育学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床検査医学会 評議員、医療安全委員会委員、学会賞委員会委員、ガイドライン作成委員会委員、教育委員会委員、検査管理医試験実行委員長、関東甲信越支部長、理事
  • 日本検査血液学会 評議員、学術教育委員会委員、編集委員会委員、認定技師試験(関東)実行委員長、骨髄検査技師認定試験実行委員
  • 日本臨床検査医自動化学会 評議員、遺伝子プロテオミクス技術委員会委員、倫理COI委員会委員
  • 日本血液学会 評議員、専門医試験問題作成委員
  • 2011年
    -
    2021年
    厚生労働省 臨床検査技師国家試験 試験委員、試験委員長(2019/2020年度)
  • 日本臨床検査同学院 二級臨床検査士資格認定試験 試験委員
  • 日本臨床検査専門医会 常任理事
  • 一般社団法人臨床試験医師養成協議会 理事
  • 2022年04月
    -
    現在
    国立大学医学部長会議 常置委員会 委員長

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • その他

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 検査専門医(日本臨床検査医学会)

  • 総合内科専門医(日本内科学会)

  • 血液専門医(日本血液学会)

  • がん治療認定医(がん治療認定医機構)

  • 微生物学会認定医(日本臨床微生物学会)

  • 臨床検査管理医(日本臨床検査医学会)

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 細胞分子生物学的手法を用いた白血病細胞の増殖機構の検査法

  • 造血器腫瘍や感染症の遺伝子診断法の開発

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 急性白血病の幹細胞を根絶する分子標的薬の効果を予測するコンパニオン検査法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 急性白血病の症例ごとの幹細胞自己複製シグナルとその分子標的薬の効果予測の検査法

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 白血病の遺伝子パネル検査とシグナル蛋白解析を統合した分子標的薬感受性検査法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Tohda S, Nara N, Murohashi I, Aoki N. Establishment of an interleukin-3-dependent leukemic cell line from a patient with chronic lymphocytic leukemia in the acute phase. Blood. 1991.10; 78 (7): 1789-1794. ( PubMed )

  2. Tohda S, Kurokawa H, Nara N. Diversity and similarity in signaling pathways of hematopoietic growth factors in human leukemia cell lines. Leukemia. 1995.05; 9 (5): 879-883. ( PubMed )

  3. Tohda S, Curtis JE, McCulloch EA, Minden MD. Comparison of the effects of all-trans and cis-retinoic acid on the blast stem cells of acute myeloblastic leukemia in culture. Leukemia. 1992.07; 6 (7): 656-661. ( PubMed )

  4. Tohda S, Minden MD, McCulloch EA. Interactions between retinoic acid and colony-stimulating factors affecting the blast cells of acute myeloblastic leukemia. Leukemia. 1991.11; 5 (11): 951-957. ( PubMed )

  5. Tohda S, Nara N, Imai Y, Aoki N. Effect of protein kinase inhibitors on the proliferation of leukemic cells stimulated by granulocyte colony-stimulating factor, granulocyte-macrophage colony-stimulating factor or interleukin-3. Leukemia. 1991.09; 5 (9): 813-814. ( PubMed )

  6. Tohda S, Sakano S, Ohsawa M, Murakami N, Nara N. A novel cell line derived from de novo acute myeloblastic leukaemia with trilineage myelodysplasia which proliferates in response to a Notch ligand, Delta-1 protein. Br J Haematol. 2002.05; 117 (2): 373-378. ( PubMed )

  7. Tohda S, Kogoshi H, Murakami N, Sakano S, Nara N. Diverse effects of the Notch ligands Jagged1 and Delta1 on the growth and differentiation of primary acute myeloblastic leukemia cells. Exp Hematol. 2005.05; 33 (5): 558-563. ( PubMed, DOI )

  8. Tohda S. NOTCH signaling roles in acute myeloid leukemia cell growth and interaction with other stemness-related signals. Anticancer Research. 2014; 34 (11): 6259-6264. ( PubMed )

  9. Tohda S, Yang GS, Ashman LK, McCulloch EA, Minden MD. Relationship between c-Kit expression and proliferation in acute myeloblastic leukemia cell lines. J Cell Physiol. 1993.02; 154 (2): 410-418. ( PubMed, DOI )

  10. Tohda S, Sato T, Kogoshi H, Fu L, Sakano S, Nara N. Establishment of a novel B-cell lymphoma cell line with suppressed growth by gamma-secretase inhibitors. Leuk Res. 2006.11; 30 (11): 1385-1390. ( PubMed, DOI )

  11. Tohda S, Sakashita C, Fukuda T, Murakami N, Nara N. Establishment of a double Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukemia-derived cell line, TMD5: effects of cytokines and differentiation inducers on growth of the cells. Leuk Res. 1999.03; 23 (3): 255-261. ( PubMed )

  12. Tohda S, Ohkusa T. Resolution of refractory idiopathic thrombocytopenic purpura after eradication of Helicobacter pylori. Am J Hematol. 2000.12; 65 (4): 329-330. ( PubMed )

  13. Tohda S, Nara N. Expression of Notch1 and Jagged1 proteins in acute myeloid leukemia cells. Leuk Lymphoma. 2001.07; 42 (3): 467-472. ( PubMed )

  14. Tohda S, Murata-Ohsawa M, Sakano S, Nara N. Notch ligands, Delta-1 and Delta-4 suppress the self-renewal capacity and long-term growth of two myeloblastic leukemia cell lines. Int J Oncol. 2003.05; 22 (5): 1073-1079. ( PubMed )

  15. Tohda S, Murakami N, Nara N. Human herpesvirus 8 DNA in HIV-negative Japanese patients with multicentric Castleman's disease and related diseases. Int J Mol Med. 2001.11; 8 (5): 549-551. ( PubMed )

  16. Tohda S, Murakami N, Nara N. Polymerase chain reaction detection of rearranged immunoglobulin heavy chain DNA in plasma samples is useful in the diagnosis of B-cell lymphoma. Int J Hematol. 2000.07; 72 (1): 74-78. ( PubMed )

  17. Tohda S, Koyama N, Tanaka M, Kida Y, Murakami N, Nara N. A case of atypical chronic myeloid leukemia regarded as MDS with myeloproliferative features. Acta Haematol. 1998; 100 (4): 191-194. ( PubMed )

  18. Tohda S, Maruyama M, Nara N. Molecular typing of methicillin-resistant Staphylococcus aureus by polymerase chain reaction: distribution of the typed strains in hospitals. Intern Med. 1997.10; 36 (10): 694-699. ( PubMed )

  19. Tohda S, Nara N. Phosphorylation of signaling proteins in factor-independent myeloid leukemia cell lines. Int J Oncol. 1997.10; 11 (4): 843-847. ( PubMed )

  20. Tohda S, Kurokawa H, Nara N. Relation of protein kinase A and protein kinase C to signaling pathways of hematopoietic factors in leukemia cell lines. Int J Oncol. 1996.03; 8 (3): 521-524. ( PubMed )

  21. Tohda S, Shudo K, Minden M. The effects of retinoic Acid analogs on the blast cells of acute myeloblastic-leukemia in culture. Int J Oncol. 1994.06; 4 (6): 1311-1314. ( PubMed )

  22. Tohda S, Minden MD. Modulation of growth factor receptors on acute myeloblastic leukemia cells by retinoic acid. Jpn J Cancer Res. 1994.04; 85 (4): 378-383. ( PubMed )

  23. Tohda S, Ashman L, Minden M. The role of stroma cells on the proliferation and C-kit expression of acute myeloblastic-leukemia cells. Int J Oncol. 1993.12; 3 (6): 1141-1147. ( PubMed )

  24. Tohda S, Nara N, Tanikawa S, Imai Y, Murakami N, Aoki N. Pure red cell aplasia following autoimmune haemolytic anaemia. Cell-mediated suppression of erythropoiesis as a possible pathogenesis of pure red cell aplasia. Acta Haematol. 1992; 87 (1-2): 98-102. ( PubMed )

  25. Tohda S, Morio T, Suzuki T, Nagata K, Kamiyama T, Imai Y, Nara N, Aoki N. Richter syndrome with two B cell clones possessing different surface immunoglobulins and immunoglobulin gene rearrangements. Am J Hematol. 1990.09; 35 (1): 32-36. ( PubMed )

  26. Tohda S, Suzuki T, Nagata K, Nara N, Aoki N. Successful treatment of a patient with posthepatitic severe aplastic anemia with bolus methylprednisolone. Jpn J Med. 1990.03; 29 (2): 191-194. ( PubMed )

  27. Tohda S, Suzuki T, Nagata K, Nara N, Aoki N. Haematopoietic suppressing activity of gamma-interferon in serum and bone marrow of aplastic anaemia patients. Nippon Ketsueki Gakkai Zasshi. 1990.02; 53 (1): 14-20. ( PubMed )

  28. Tohda S, Nagata K, Suzuki T, Nara N. Comparative effects of busulfan, cytosine arabinoside and adriamycin on different maturation stages of normal human bone marrow cells. Acta Haematol. 1990; 83 (1): 16-21. ( PubMed )

  29. Takebe I, Sawabe E, Ohkusu K, Tojo N, Tohda S. Catheter-related Bloodstream Infection by Tsukamurella inchonensis in an Immunocompromised Patient. J Clin Microbiol. 2014.03; 52 (6): 2251-2253. ( PubMed, DOI )

  30. Mizuno N, Kanamori E, Saito H, Murakami N, Tojo N, Tohda S. A Case of Gray Platelet Syndrome Masked by Immune Thrombocytopenia at Presentation. Acta Haematol. 2014.02; 132 (2): 163-165. ( PubMed, DOI )

  31. Takahashi Y, Itoh M, Nara N, Tohda S. Effect of EPH-ephrin signaling on the growth of human leukemia cells. Anticancer Research. 2014; 34 2913-2918.

  32. Okuhashi Y, Itoh M, Nara N, Tohda S. NOTCH knockdown affects the proliferation and mTOR signaling of leukemia cells. Anticancer Res. 2013.10; 33 (10): 4293-4298. ( PubMed )

  33. Yonekura S, Itoh M, Okuhashi Y, Takahashi Y, Ono A, Nara N, Tohda S. Effects of the HIF1 inhibitor, echinomycin, on growth and NOTCH signalling in leukaemia cells. Anticancer Res. 2013.08; 33 (8): 3099-3103. ( PubMed )

  34. Ono A, Oike R, Okuhashi Y, Takahashi Y, Itoh M, Nara N, Tohda S. Comparative effects of PP242 and rapamycin on mTOR signalling and NOTCH signalling in leukemia cells. Anticancer Research. 2013.03; 33 (3): 809-813. ( PubMed )

  35. Kanamori E, Itoh M, Tojo N, Koyama T, Nara N, Tohda S. Flow cytometric analysis of Notch1 and Jagged1 expression in normal blood cells and leukemia cells. Exp Ther Med. 2012.09; 4 (3): 397-400. ( PubMed, DOI )

  36. Ono A, Okuhashi Y, Takahashi Y, Itoh M, Nara N, Tohda S. Advantages of the quenching probe method over other PCR-based methods for detection of the JAK2 V617F mutation. Oncol Lett. 2012.08; 4 (2): 205-208. ( PubMed, DOI )

  37. Takahashi Y, Ishigaki T, Okuhashi Y, Ono A, Itoh M, Nara N, Tohda S. Effect of BMP4 on the growth and clonogenicity of human leukemia and lymphoma cells. Anticancer Res. 2012.07; 32 (7): 2813-2817. ( PubMed )

  38. Kitamura Y, Sawabe E, Ohkusu K, Tojo N, Tohda S. First report of sepsis caused by Rhodococcus corynebacterioides in a patient with myelodysplastic syndrome. J Clin Microbiol. 2012.03; 50 (3): 1089-1091. ( PubMed, DOI )

  39. Okuhashi Y, Itoh M, Nara N, Tohda S. Effects of combination of notch inhibitor plus hedgehog inhibitor or Wnt inhibitor on growth of leukemia cells. Anticancer Res. 2011.03; 31 (3): 893-896. ( PubMed )

  40. Kawaguchi-Ihara N, Okuhashi Y, Itoh M, Murohashi I, Nara N, Tohda S. Promotion of the self-renewal capacity of human leukemia cells by sonic hedgehog protein. Anticancer Res. 2011.03; 31 (3): 781-784. ( PubMed )

  41. Okuhashi Y, Itoh M, Arai A, Nara N, Tohda S. Gamma-secretase inhibitors induce erythroid differentiation in erythroid leukemia cell lines. Anticancer Res. 2010.10; 30 (10): 4071-4074. ( PubMed )

  42. Ishigaki T, Sasaki K, Watanabe K, Nakamura N, Toyota S, Kobayashi H, Tohda S. Amplification of IGH/CCND1 fusion gene in a primary plasma cell leukemia case. Cancer Genet Cytogenet. 2010.08; 201 (1): 62-65. ( PubMed, DOI )

  43. Okuhashi Y, Nara N, Tohda S. Effects of gamma-secretase inhibitors on the growth of leukemia cells. Anticancer Res. 2010.02; 30 (2): 495-498. ( PubMed )

  44. Kawahara T, Kawaguchi-Ihara N, Okuhashi Y, Itoh M, Nara N, Tohda S. Cyclopamine and quercetin suppress the growth of leukemia and lymphoma cells. Anticancer Res. 2009.11; 29 (11): 4629-4632. ( PubMed )

  45. Fu L, Katsube K, Tohda S. Transition of cleaved Notch1 and gene expression changes in myeloblastic leukemia cells stimulated with notch ligands. Anticancer Res. 2009.10; 29 (10): 3967-3970. ( PubMed )

  46. Itoh M, Fu L, Tohda S. NF-kappaB activation induced by Notch ligand stimulation in acute myeloid leukemia cells. Oncol Rep. 2009.09; 22 (3): 631-634. ( PubMed )

  47. Kawaguchi-Ihara N, Murohashi I, Nara N, Tohda S. Promotion of the self-renewal capacity of human acute leukemia cells by Wnt3A. Anticancer Res. 2008.09; 28 (5A): 2701-2704. ( PubMed )

  48. Fu L, Nara N, Tohda S. Involvement of Notch signaling in myelodysplastic syndrome. Leuk Res. 2007.08; 31 (8): 1160-1161. ( PubMed, DOI )

  49. Kogoshi H, Sato T, Koyama T, Nara N, Tohda S. Gamma-secretase inhibitors suppress the growth of leukemia and lymphoma cells. Oncol Rep. 2007.07; 18 (1): 77-80. ( PubMed )

  50. Fu L, Kogoshi H, Nara N, Tohda S. NOTCH1 mutations are rare in acute myeloid leukemia. Leuk Lymphoma. 2006.11; 47 (11): 2400-2403. ( PubMed, DOI )

  51. Kogoshi H, Tohda S, Fu L, Koyama T, Nara N. Effect of notch ligands on in vitro sensitivity to chemo-therapeutic drugs in leukemia and lymphoma cells. Oncol Rep. 2005.09; 14 (3): 723-726. ( PubMed )

  52. Murata-Ohsawa M, Tohda S, Kogoshi H, Sakano S, Nara N. The Notch ligand, Delta-1, alters retinoic acid (RA)-induced neutrophilic differentiation into monocytic and reduces RA-induced apoptosis in NB4 cells. Leuk Res. 2005.02; 29 (2): 197-203. ( PubMed, DOI )

  53. Murata-Ohsawa M, Tohda S, Kogoshi H, Nara N. The Notch ligand, Delta-1, reduces TNF-alpha-induced growth suppression and apoptosis by decreasing activation of caspases in U937 cells. Int J Mol Med. 2004.11; 14 (5): 861-866. ( PubMed )

  54. Murata-Ohsawa M, Tohda S, Nara N. Cellular analysis of growth suppression induced by the Notch ligands, Delta-1 and Jagged-1 in two myeloid leukemia cell lines. Int J Mol Med. 2004.08; 14 (2): 223-226. ( PubMed )

  55. Saito R, Takahashi R, Sawabe E, Koyano S, Takahashi Y, Shima M, Ushizawa H, Fujie T, Tosaka N, Kato Y, Moriya K, Tohda S, Tojo N, Koike R, Kubota T. First Report of KPC-2 Carbapenemase-Producing Klebsiella pneumoniae in Japan. Antimicrob Agents Chemother. 2014.05; 58 (5): 2961-2963. ( PubMed, DOI )

  56. Murata-Ohsawa M, Tohda S, Sakano S, Nara N. The Notch ligand, Delta-1, partially inhibits GM-CSF-induced differentiation and apoptosis along with reducing the cleavage of PARP in U937 cells. Int J Mol Med. 2004.03; 13 (3): 419-423. ( PubMed )

  57. Nagao T, Kurosu T, Umezawa Y, Nogami A, Oshikawa G, Tohda S, Yamamoto M, Miura O. Proliferation and survival signaling from both Jak2-V617F and Lyn involving GSK3 and mTOR/p70S6K/4EBP1 in PVTL-1 cell line newly established from acute myeloid leukemia transformed from polycythemia vera. PLoS ONE. 2014; 9 (1): e84746. ( PubMed, DOI )

  58. Siegers GM, Dhamko H, Wang XH, Mathieson AM, Kosaka Y, Felizardo TC, Medin JA, Tohda S, Schueler J, Fisch P, Keating A. Human Vδ1 γδ T cells expanded from peripheral blood exhibit specific cytotoxicity against B-cell chronic lymphocytic leukemia-derived cells. Cytotherapy. 2011.07; 13 (6): 753-764. ( PubMed, DOI )

  59. Nara N, Suzuki T, Tohda S. The current medical education system in the world. J Med Dent Sci. 2011; 58 (2): 79-83. ( PubMed )

  60. Nara N, Beppu M, Tohda S, Suzuki T. The introduction and effectiveness of simulation-based learning in medical education. Intern Med. 2009; 48 (17): 1515-1519. ( PubMed )

  61. Nemoto Y, Kanai T, Tohda S, Totsuka T, Okamoto R, Tsuchiya K, Nakamura T, Sakamoto N, Fukuda T, Miura O, Yagita H, Watanabe M. Negative feedback regulation of colitogenic CD4+ T cells by increased granulopoiesis. Inflamm Bowel Dis. 2008.11; 14 (11): 1491-1503. ( PubMed, DOI )

  62. Kobayashi T, Terada Y, Kuwana H, Tanaka H, Okado T, Kuwahara M, Tohda S, Sakano S, Sasaki S. Expression and function of the Delta-1/Notch-2/Hes-1 pathway during experimental acute kidney injury. Kidney Int. 2008.06; 73 (11): 1240-1250. ( PubMed, DOI )

  63. Morita-Hoshi Y, Tohda S, Miura O, Nara N. An autopsy case of multicentric Castleman's disease associated with interstitial nephritis and secondary AA amyloidosis. Int J Hematol. 2008.01; 87 (1): 69-74. ( PubMed, DOI )

  64. Nara N, Kurokawa H, Tohda S, Tomiyama J, Nagata K, Tanikawa S. Effect of vesnarinone, a quinolinone derivative, on the growth of leukemic blasts in acute myelogenous leukemia. Exp Hematol. 1997.03; 25 (3): 199-204. ( PubMed )

  65. Imai Y, Yasuhara S, Hanafusa N, Ohsaka A, Enokihara H, Tomizuka H, Sonoyama M, Miura YS, Tohda S, Nara N, Takahashi A. Clonal involvement of eosinophils in therapy-related myelodysplastic syndrome with eosinophilia, translocation t(1;7) and lung cancer. Br J Haematol. 1996.12; 95 (4): 710-714. ( PubMed )

  66. Nara N, Kurokawa H, Tohda S, Tomiyama J, Nagata K, Tanikawa S. The effect of basic and acidic fibroblast growth factors (bFGF and aFGF) on the growth of leukemic blast progenitors in acute myelogenous leukemia. Exp Hematol. 1995.08; 23 (9): 1030-1034. ( PubMed )

  67. Koyama T, Hirosawa S, Kawamata N, Tohda S, Aoki N. All-trans retinoic acid upregulates thrombomodulin and downregulates tissue-factor expression in acute promyelocytic leukemia cells: distinct expression of thrombomodulin and tissue factor in human leukemic cells. Blood. 1994.11; 84 (9): 3001-3009. ( PubMed )

  68. Nara N, Tohda S. Successful treatment of refractory pure red cell aplasia by buserelin acetate. Acta Haematol. 1994; 92 (1): 42-45. ( PubMed )

  69. Murohashi I, Tohda S, Imai Y, Hirai Y, Nara N. Growth potentiating activity of endogenous production of interleukin-1 and tumor necrosis factor alpha in blast cells of acute myeloblastic leukemia. Exp Hematol. 1993.07; 21 (7): 846-851. ( PubMed )

  70. Nara N, Chen GJ, Murohashi I, Tohda S, Imai Y, Tomiyama J, Nagata K, Suzuki T, Tanikawa S, Shiina S. The in vitro growth patterns and drug sensitivities of leukemic blast progenitors among the subtypes of acute myelocytic leukemia. Exp Hematol. 1992.08; 20 (7): 904-908. ( PubMed )

  71. Kawamata N, Maruyama Y, Toda S, Takase K, Akiyama H, Sakamaki H, Onozawa Y. A case of chronic lymphocytic leukaemia with myeloid associated antigen. Br J Haematol. 1992.01; 80 (1): 129-130. ( PubMed )

  72. Suzuki T, Tohda S, Nagata K, Imai Y, Murohashi I, Nara N. Enhanced effect of mutant granulocyte-colony-stimulating factor (KW-2228) on the growth of normal and leukemic hemopoietic progenitor cells in comparison with recombinant human granulocyte-colony-stimulating factor (G-CSF). Acta Haematol. 1992; 87 (4): 181-189. ( PubMed )

  73. Nara N, Tohda S, Suzuki T, Nagata K, Tanikawa S, Imai Y, Tomiyama J, Shiina S. Comparison of the proliferative activity and sensitivity to cytosine arabinoside of leukemic blast progenitors in acute myeloblastic leukemia at diagnosis and in relapse. Acta Haematol. 1992; 88 (1): 17-21. ( PubMed )

  74. Suzuki T, Bessho M, Hirashma K, Tohda S, Nagata K, Imai Y, Nara N. Interleukin-6 reduces the optimal growth in vitro of leukemic blast progenitors from acute myeloblastic leukemia patients. Acta Haematol. 1992; 87 (1-2): 63-68. ( PubMed )

  75. Yamashita Y, Tohda S, Nagata K, Suzuki T, Imai Y, Nara N. The in vitro effect of vincristine on the blast cell renewal in acute myeloblastic leukemia. Jpn J Med. 1991.09; 30 (5): 412-419. ( PubMed )

  76. Suzuki T, Bessho M, Hirashima K, Tohda S, Nagata K, Morio T, Imai Y, Nara N. Enhancement by transforming growth factor-beta 1 (TGF-beta 1) of the proliferation of leukemic blast progenitors stimulated with IL-3. J Cell Physiol. 1991.09; 148 (3): 396-403. ( PubMed, DOI )

  77. Imai Y, Nara N, Tohda S, Nagata K, Suzuki T, Nagasawa M, Murohashi I, Aoki N. Antiproliferative and differentiative effects of recombinant interleukin-4 on a granulocyte colony-stimulating factor-dependent myeloblastic leukemic cell line. Blood. 1991.07; 78 (2): 471-478. ( PubMed )

  78. Imai Y, Tohda S, Nagata K, Suzuki T, Nara N, Aoki N. Effects of recombinant interleukin 4 on the growth and differentiation of blast progenitors stimulated with G-CSF, GM-CSF and IL-3 from acute myeloblastic leukaemia patients. Br J Haematol. 1991.06; 78 (2): 173-179. ( PubMed )

  79. Nara N, Tohda S, Suzuki T, Nagata K, Yamashita Y, Imai Y, Maruyama Y, Tomiyama J. Effects of N4-behenoyl-1-beta-D-arabinofuranosylcytosine on blast progenitors of acute myeloblastic leukemia. Cancer Res. 1990.12; 50 (23): 7587-7592. ( PubMed )

  80. Suzuki T, Morio T, Tohda S, Nagata K, Yamashita Y, Imai Y, Aoki N, Hirashima K, Nara N. Effects of interleukin-6 and granulocyte colony-stimulating factor on the proliferation of leukemic blast progenitors from acute myeloblastic leukemia patients. Jpn J Cancer Res. 1990.10; 81 (10): 979-986. ( PubMed )

  81. Nara N, Suzuki T, Nagata K, Tohda S, Yamashita Y, Nakamura Y, Imai Y, Morio T, Minamihisamatsu M. Granulocyte colony-stimulating factor-dependent growth of an acute myeloblastic leukemia cell line. Jpn J Cancer Res. 1990.06; 81 (6-7): 625-631. ( PubMed )

  82. Murohashi I, Tohda S, Suzuki T, Nagata K, Yamashita Y, Nara N. Mechanism of action of interleukin 1 on the progenitors of blast cells in acute myeloblastic leukemia. Exp Hematol. 1990.02; 18 (2): 133-137. ( PubMed )

  83. Nara N, Tohda S, Suzuki T, Nagata K, Yamashita Y, Imai Y, Morio T, Bessho M, Shibuya A, Adachi Y. Terminal differentiation to mature neutrophils and eosinophils in suspension culture of the blast progenitors in acute myeloblastic leukemia. Hematol Pathol. 1990; 4 (3): 125-134. ( PubMed )

  84. Nara N, Tohda S, Nagata K, Suzuki T, Yamashita Y, Imai Y. Effect of platelet-derived growth factor on the proliferation of blast progenitors from acute myeloblastic leukemia patients. Acta Haematol. 1990; 83 (4): 187-192. ( PubMed )

  85. Maruyama Y, Tohda S, Nagata K, Suzuki T, Murohashi I, Nara N. Role of humoral and cellular factors on the growth of blast progenitors of acute myeloblastic leukemia in serum-free culture. Hematol Pathol. 1990; 4 (3): 115-123. ( PubMed )

  86. Nagata K, Tohda S, Suzuki T, Nara N. Effects of recombinant human tumor necrosis factor on the self-renewal capacity of leukemia blast progenitors in acute myeloblastic leukemia. Leukemia. 1989.09; 3 (9): 626-630. ( PubMed )

  87. Nara N, Tohda S, Nagata K, Suzuki T, Yamashita Y. Inhibition of the in vitro growth of blast progenitors from acute myeloblastic leukemia patients by transforming growth factor-beta (TGF-beta). Leukemia. 1989.08; 3 (8): 572-577. ( PubMed )

  88. Murohashi I, Tohda S, Suzuki T, Nagata K, Yamashita Y, Nara N. Autocrine growth mechanisms of the progenitors of blast cells in acute myeloblastic leukemia. Blood. 1989.07; 74 (1): 35-41. ( PubMed )

  89. Murohashi I, Tohda S, Suzuki T, Nagata K, Yamashita Y, Nara N, Aoki N. Expression of interleukin 1 beta receptors on blast cells in acute myeloblastic leukemia: comparison with interleukin 1 beta proliferative activity. Cancer Res. 1989.06; 49 (12): 3431-3435. ( PubMed )

  90. Murohashi I, Tohda S, Suzuki T, Nagata K, Yamashita Y, Nara N. Specific binding of radioiodinated human GM-CSF to the blast cells of acute myeloblastic leukemia. Leuk Res. 1989; 13 (7): 599-604. ( PubMed )

  91. S Nogami, N Kawaguchi-Ihara, E Shiratori, M Ohtaka, M Itoh, S Tohda. Detection of the MYD88 mutation by the combination of the allele-specific PCR and quenching probe methods. Int J Lab Hematol. 2017.04; 39 (2): 163-168. ( PubMed, DOI )

  92. Shinji Ogihara, Ryoichi Saito, Etsuko Sawabe, Takahiro Kozakai, Mari Shima, Yoshibumi Aiso, Toshihide Fujie, Yoko Nukui, Ryuji Koike, Michio Hagihara, Shuji Tohda. Molecular typing of methicillin-resistant Staphylococcus aureus: Comparison of PCR-based open reading frame typing, multilocus sequence typing, and Staphylococcus protein A gene typing. J. Infect. Chemother.. 2018.04; 24 (4): 312-314. ( PubMed, DOI )

  93. Erika Shiratori, Mai Itoh, Shuji Tohda. MYD88 Inhibitor ST2825 Suppresses the Growth of Lymphoma and Leukaemia Cells. Anticancer Res.. 2017.07; 37 (11): 6203-6209. ( PubMed, DOI )

  94. Mika Ohtaka, Mai Itoh, Shuji Tohda. BMI1 Inhibitors Down-regulate NOTCH Signaling and Suppress Proliferation of Acute Leukemia Cells. Anticancer Res.. 2017.08; 37 (11): 6047-6053. ( PubMed, DOI )

  95. Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Hiroko Nagata, Mina Nakagawa, Sei Kakinuma, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Satoshi Otani, Shun Kaneko, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Yu Asano, Ayako Sato, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Toshihiko Nouchi, Yohei Furumoto, Tooru Asano, Yoshimichi Chuganji, Shuji Tohda, Mamoru Watanabe. ITPA gene variation and ribavirin-induced anemia in patients with genotype 2 chronic hepatitis C treated with sofosbuvir plus ribavirin. Hepatol. Res.. 2017.10; 47 (11): 1212-1218. ( PubMed, DOI )

  96. Yuki Okuhashi, Mai Itoh, Shuji Tohda. Hedgehog Stimulation Suppresses Clonogenicity and Activates NOTCH Signalling in T-lymphoblastic Leukaemia Jurkat Cells. Anticancer Res.. 2017.05; 37 (9): 5005-5009. ( PubMed, DOI )

  97. Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Fukiko Kawai-Kitahata, Mina Nakagawa, Sayuri Nitta, Satoshi Otani, Hiroko Nagata, Shun Kaneko, Yu Asano, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Yasuhito Tanaka, Sayuki Iijima, Kaoru Tsuchiya, Namiki Izumi, Shuji Tohda, Mamoru Watanabe. Hepatic IFNL4 expression is associated with non-response to interferon-based therapy through the regulation of basal interferon-stimulated gene expression in chronic hepatitis C patients. J. Med. Virol.. 2017.07; 89 (7): 1241-1247. ( PubMed, DOI )

  98. Salwa M Okasha, Mai Itoh, Shuji Tohda. Sirtuin 1 Activation Suppresses the Growth of T-lymphoblastic Leukemia Cells by Inhibiting NOTCH and NF-κB Pathways. Anticancer Res. 2020.06; 40 (6): 3155-3161. ( PubMed, DOI )

  99. Tatsuya Saito, Mai Itoh, Shuji Tohda. Metformin suppresses the growth of leukemia cells partly through downregulation of AXL receptor tyrosine kinase. Leuk Res. 2020.05; 94 106383. ( PubMed, DOI )

  100. Yuki Koda, Mai Itoh, Shuji Tohda. Effects of MERTK Inhibitors UNC569 and UNC1062 on the Growth of Acute Myeloid Leukaemia Cells. Anticancer Res.. 2018; 38 (1): 199-204. ( PubMed, DOI )

  101. Yamada Toru, Suzuki Risa, Ichimura Naoya, Mabuchi Suguru, Nagamine Yuiko, Sassa Chihiro, Tohda Shuji. Clinical Evaluation of Reverse Transcription-Polymerase Chain Reaction and Rapid Antigen Tests of Tongue Swabs for Detecting COVID-19(和訳中) Journal of Hospital General Medicine. 2022.01; 4 (1): 12-20. ( 医中誌 )

  102. Ryoichi Saito, Jun Nakajima, Isaac Prah, Masatomo Morita, Samiratu Mahazu, Yusuke Ota, Ayuka Kobayashi, Shuji Tohda, Hajime Kamiya, Hideyuki Takahashi, Makoto Ohnishi. Penicillin- and ciprofloxacin-resistant invasive Neisseria meningitidis isolates from Japan. Microbiol Spectr. 2022;

  103. Mitsumura Takahiro, Okamoto Tsukasa, Shirai Tsuyoshi, Iijima Yuki, Sakakibara Rie, Honda Takayuki, Ishizuka Masahiro, Aiboshi Junichi, Tateishi Tomoya, Tamaoka Meiyo, Shigemitsu Hidenobu, Arai Hirokuni, Otomo Yasuhiro, Tohda Shuji, Anzai Tatsuhiko, Takahashi Kunihiko, Yasuda Shinsuke, Miyazaki Yasunari. Predictors associated with clinical improvement of SARS-CoV-2 pneumonia JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY. 2021.06; 27 (6): 857-863. ( PubMed, DOI )

  104. Yamazaki Azusa, Ohkawa Ryunosuke, Yamagata Yuka, Horiuchi Yuna, Lai Shao-Jui, Kameda Takahiro, Ichimura Naoya, Tohda Shuji, Tozuka Minoru. Apolipoprotein C-II and C-III preferably transfer to both high-density lipoprotein (HDL)(2) and the larger HDL3 from very low-density lipoprotein (VLDL) BIOLOGICAL CHEMISTRY. 2021.03; 402 (4): 439-449. ( PubMed, DOI )

  105. Shimano S., Ohkawa R., Nambu M., Sasaoka M., Yamazaki A., Fujii Y., Horiuchi Y., Lai S.J., Kameda T., Ichimura N., Fujita K., Tohda S. and Tozuka M.. Marked changes in serum amyloid A distribution and high-density lipoprotein structure during acute inflammation BioMed Research International. 2021.01;

  106. Nagano K, Tani-Sassa C, Iwasaki Y, Takatsuki Y, Yuasa S, Takahashi Y, Nakajima J, Sonobe K, Ichimura N, Nukui Y, Takeuchi H, Tanimoto K, Tanaka Y, Kimura A, Tohda S. SARS-CoV-2 R.1 lineage variants that prevailed in Tokyo in March 2021. Journal of Medical Virology. 2021; 93 (12): 6833-6836. ( PubMed, DOI )

  107. Sonoda Yuri, Itoh Mai, Tohda Shuji. Effects of HOXA9 Inhibitor DB818 on the Growth of Acute Myeloid Leukaemia Cells ANTICANCER RESEARCH. 2021; 41 (4): 1841-1847. ( PubMed, DOI )

  108. Kameda T., Horiuchi Y., Shimano S., Yano K., Lai S.J., Ichimura N., Tohda S., Kurihara Y., Tozuka M., Ohkawa, R. Effect of myeloperoxidase oxidation and N-homocysteinylation of high-density lipoprotein on endothelial repair function Biological Chemistry. 2021; 403 (3): 265-277.

  109. Usui Y, Nukui Y, Koike R, Tohda S, Saito R. Draft Genome Sequence of a Clostridioides difficile Sequence Type 97 Strain Belonging to Hypervirulent Clade 2. Microbiology resource announcements. 2020.04; 9 (14): ( PubMed, DOI )

  110. Usui Y, Ayibieke A, Kamiichi Y, Okugawa S, Moriya K, Tohda S, Saito R. Impact of deoxycholate on <i>Clostridioides difficile</i> growth, toxin production, and sporulation. Heliyon. 2020.04; 6 (4): e03717. ( PubMed, DOI )

  111. Yamazaki, A., Ohkawa, R., Yamagata, Y., Horiuchi, Y., Lai, S.J., Kameda, T., Ichimura, N., Tohda, S. and Tozuka, M.. Apolipoprotein C-II and C-III preferably transfer to both HDL2 and the larger HDL3 from VLDL Biological Chemistry. 2020;

  112. Saito Ryoichi, Usui Yukino, Ayibieke Alafate, Nakajima Jun, Prah Isaac, Sonobe Kazunari, Aiso Yoshibumi, Ito Shiori, Itsui Yasuhiro, Hadano Yoshiro, Nukui Yoko, Koike Ryuji, Tohda Shuji. Hypervirulent clade 2, ribotype 019/sequence type 67 Clostridioides difficile strain from Japan GUT PATHOGENS. 2019.11; 11 (1): 54. ( PubMed, DOI )

  113. Nukui Y, Chino T, Tani C, Sonobe K, Aiso Y, Tohda S, Koike R, Saito R. Molecular epidemiologic and clinical analysis of Helicobacter cinaedi bacteremia in Japan. Helicobacter. 2019.11; e12675. ( PubMed, DOI )

  114. Nogami Ayako, Watanabe Daisuke, Okada Keigo, Akiyama Hiroki, Umezawa Yoshihiro, Nagao Toshikage, Tohda Shuji, Miura Osamu. FLT3-ITD Enhances Proliferation and Survival of AML Cells through Activation of RSK1 to Upregulate the mTORC1/eIF4F Pathway Cooperatively with PIM or PI3K and to Inhibit Bad and Bim BLOOD. 2019.11; 134 ( DOI )

  115. Itoh M, Okuhashi Y, Takahashi Y, Sonoda Y, Mohammad S, Saito T, Shiratori E, Tohda S. Hypoxia Up-regulates HIF Expression While Suppressing Cell Growth and NOTCH Activity in Leukaemia Cells. Anticancer research. 2019.08; 39 (8): 4165-4170. ( PubMed, DOI )

  116. Nukui Y, Ayibieke A, Taniguchi M, Aiso Y, Shibuya Y, Sonobe K, Nakajima J, Kanehira S, Hadano Y, Tohda S, Koike R, Saito R. Whole-genome analysis of EC129, an NDM-5-, CTX-M-14-, OXA-10- and MCR-1-co-producing Escherichia coli ST167 strain isolated from Japan. Journal of global antimicrobial resistance. 2019.07; 18 148-150. ( PubMed, DOI )

  117. Hamada S, Hasegawa Y, Oono A, Suzuki A, Takahashi N, Nishimura T, Koyama T, Hagihara M, Tohda S, Furukawa T, Hirao K, Sasano T. Author Correction: Differential Assessment of Factor Xa Activity and Global Blood Coagulability Utilizing Novel Dielectric Coagulometry. Scientific reports. 2019.03; 9 (1): 4957. ( PubMed, DOI )

  118. Horiuchi Y, Ohkawa R, Lai SJ, Shimano S, Hagihara M, Tohda S, Kameda T, Tozuka M. Usefulness of apolipoprotein B-depleted serum in cholesterol efflux capacity assays using immobilized liposome-bound gel beads. Bioscience reports. 2019.03; ( PubMed, DOI )

  119. Kawaguchi-Ihara Noriko, Zhao Yan, Nakamura Suzune, Suzuki Keiko, Zhang Yi, Tohda Shuji, Murohashi Ikuo. Chloroquine Inhibits Self-Renewal of Blast Progenitors Synergistically With Phytochemicals or Nonsteroidal Anti-inflammatory Drugs in Hematological Malignant Cell Lines ANTICANCER RESEARCH. 2019.01; 39 (1): 87-98. ( PubMed, DOI )

  120. Okuhashi Yuki, Itoh Mai, Tohda Shuji. GLI1 and CTNNB1 Knockdown Activates NOTCH and mTOR Signalling in NB4 Myeloid Leukaemia Cells ANTICANCER RESEARCH. 2018.11; 38 (11): 6329-6332. ( PubMed, DOI )

  121. Hamada Satomi, Hasegawa Yuki, Oono Ai, Suzuki Anna, Takahashi Naomi, Nishimura Takuro, Koyama Takatoshi, Hagihara Michio, Tohda Shuji, Furukawa Tetsushi, Hirao Kenzo, Sasano Tetsuo. Differential Assessment of Factor Xa Activity and Global Blood Coagulability Utilizing Novel Dielectric Coagulometry SCIENTIFIC REPORTS. 2018.10; 8 (1): 16129. ( PubMed, DOI )

  122. Wang S, Itoh M, Shiratori E, Ohtaka M, Tohda S. NOTCH activation promotes glycosyltransferase expression in human myeloid leukemia cells. Hematology reports. 2018.09; 10 (3): 7576. ( PubMed, DOI )

  123. Yonekura S, Itoh M, Shiratori E, Ohtaka M, Tohda S. FOXP3 knockdown inhibits the proliferation and reduces NOTCH1 expression of T cell acute lymphoblastic leukemia cells. BMC research notes. 2018.08; 11 (1): 582. ( PubMed, DOI )

  124. Horiuchi Yuna, Lai Shao-Jui, Yamazaki Azusa, Nakamura Ayaka, Ohkawa Ryunosuke, Yano Kouji, Kameda Takahiro, Okubo Shigeo, Shimano Shitsuko, Hagihara Michio, Tohda Shuji, Tozuka Minoru. VALIDATION AND APPLICATION OF A NOVEL CHOLESTEROL EFFLUX ASSAY USING IMMOBILIZED LIPOSOMES AS A SUBSTITUTE FOR CULTURED CELLS ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS. 2018.06; 32 59.

  125. Horiuchi Yuna, Lai Shao-Jui, Yamazaki Azusa, Nakamura Ayaka, Ohkawa Ryunosuke, Yano Kouji, Kameda Takahiro, Okubo Shigeo, Shimano Shitsuko, Hagihara Michio, Tohda Shuji, Tozuka Minoru. Validation and application of a novel cholesterol efflux assay using immobilized liposomes as a substitute for cultured cells BIOSCIENCE REPORTS. 2018.04; 38 (2): ( PubMed, DOI )

  126. Murakawa Miyako, Asahina Yasuhiro, Nagata Hiroko, Nakagawa Mina, Kakinuma Sei, Nitta Sayuri, Kawai-Kitahata Fukiko, Otani Satoshi, Kaneko Shun, Miyoshi Masato, Tsunoda Tomoyuki, Asano Yu, Sato Ayako, Itsui Yasuhiro, Azuma Seishin, Nouchi Toshihiko, Furumoto Yohei, Asano Tooru, Chuganji Yoshimichi, Tohda Shuji, Watanabe Mamoru. ソホスブビル+リバビリン治療を行ったC型慢性肝炎ジェノタイプ2患者におけるITPA遺伝的変異とリバビリン誘発性貧血(ITPA gene variation and ribavirin-induced anemia in patients with genotype 2 chronic hepatitis C treated with sofosbuvir plus ribavirin) Hepatology Research. 2017.10; 47 (11): 1212-1218. ( 医中誌 )

  127. Yoshimoto Ryoto, Watanabe Ken, Uchida Emi, Suwa Shihoko, Tohda Shuji, Hatano Masahiko, Miura Osamu, Fukuda Tetsuya. IVNS1ABP/Nd1は新規治療標的分子として難治性リンパ腫に強発現する(IVNS1ABP/Nd1 is highly expressed in refractory lymphoma as a novel therapeutic target molecule) 臨床血液. 2017.09; 58 (9): 1655. ( 医中誌 )

  128. Gene Igawa, Mika Casey, Etsuko Sawabe, Yoko Nukui, Shu Okugawa, Kyoji Moriya, Ryuji Koike, Shuji Tohda, Ryoichi Saito. Comparison of agar dilution and broth microdilution methods for Clostridium difficile antimicrobial susceptibility testing. J Glob Antimicrob Resist. 2016.12; 7 43-45. ( PubMed, DOI )

  129. Hiroko Nagata, Mina Nakagawa, Yuki Nishimura-Sakurai, Yu Asano, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Shun Kaneko, Fumio Goto, Satoshi Otani, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Naoko Tojo, Shuji Tohda, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe, . Serial measurement of Wisteria floribunda agglutinin positive Mac-2-binding protein is useful for predicting liver fibrosis and the development of hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis C patients treated with IFN-based and IFN-free therapy. Hepatol Int. 2016.11; 10 (6): 956-964. ( PubMed, DOI )

  130. Shinji Ogihara, Ryoichi Saito, Etsuko Sawabe, Michio Hagihara, Shuji Tohda. First Japanese case of infectious endocarditis due to Enterococcus faecalis small-colony variants. J. Infect. Chemother.. 2016.10; 22 (10): 716-719. ( PubMed, DOI )

  131. Noriko Kawaguchi-Ihara, Mai Itoh, Ikuo Murohashi, Shuji Tohda. Establishment of a quenching probe method for detection of NPM1 mutations in acute myeloid leukemia cells. Oncol Lett. 2016.04; 11 (4): 2429-2432. ( PubMed, DOI )

  132. 秋山 めぐみ,吉藤 康太,福田 哲也,東田 修二,三木 徹,三浦 修,山本 正英. 自己免疫性溶血性貧血に対するprednisolone治療中に発症した皮膚症状を伴わない劇症型内臓播種性VZV感染症 臨床血液. 2016.04; 57 (4): 467-471. ( PubMed, DOI )

  133. Mari Kamiya, Peter Y Shane, Makoto Soejima, Shuji Tohda, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka. IgG4-Related Sialoadenitis with a Skin Lesion and Multiple Mononeuropathies Suggesting Coexistent Cryoglobulinemic Vasculitis. Intern. Med.. 2016; 55 (10): 1355-1361. ( PubMed, DOI )

  134. 東田修二. リンパ系腫瘍:造血器腫瘍の新展開 WHO分類第4版. 臨床病理. 2012.06; 60 (6): 560-564. ( PubMed )

  135. 東田修二. 白血病の病態におけるNotchの機能解析. 臨床病理. 2009.04; 57 (4): 351-356. ( PubMed )

  136. 東田修二. 悪性リンパ腫の診断に必要な遺伝子解析と結果の読み方 日本検査血液学会雑誌. 2012; 13 432-434.

  137. 東田修二. 白血病の分子標的治療のケミカルバイオロジー 臨床化学. 2010; 38 234-237.

  138. 東田 修二、鈴木 利哉、奈良 信雄. ドイツにおける医学教育の改革 医学教育. 2009; 40 317-321.

  139. 東田 修二、仁田 善雄、福島 統、奈良 信雄. オーストラリアの医学教育と学士入学制度 医学教育. 2008; 39 367-369.

  140. 東田修二. 遺伝子検査の有用性 特に診断と治療効果判定 日本検査血液学会雑誌. 2006; 7 340-343.

  141. 東田修二. 造血器腫瘍の遺伝子検査. 「一目でわかる遺伝子検査マニュアル」 日本臨床検査自動化学会会誌. 2004; 29 56-65.

  142. 東田修二. リンパ節を正しく見るために/リンパ節生検と生検適応となる疾患の総論 日本検査血液学会雑誌. 2004; 5 378-379.

  143. 東田修二. DNAマイクロアレイの血液疾患の検査への応用 日本検査血液学会雑誌. 2004; 5 289-293.

  144. 東田修二. 臨床血液学における遺伝子検査 日本検査血液学会雑誌. 2003; 4 340-345.

  145. 東田修二、奈良信雄. 血液疾患の遺伝子検査. 臨床病理. 2001.03; 49 (3): 205-209. ( PubMed )

  146. 東田修二. 遺伝子検査の流れ、造血器腫瘍とFISH - 遺伝子検査マニュアル 日本臨床検査自動化学会会誌. 2001; 26 28-31.

  147. 東田修二、黒川浩、奈良信雄. インターロイキン-3 動脈硬化. 1997; 25 35-38.

  148. 東田修二、椎貝達夫、地引政利、青井東呉、上江田芳明、川崎恒雄、黒川浩、奈良信雄. 薬剤性溶血性尿毒症症候群の3例. 癌と化学療法. 1996.02; 23 (3): 361-364. ( PubMed )

  149. 東田修二、中村聡子、坂巻寿、小野沢康輔. 膵腫脹と汎血球減少を呈したCastlemanリンパ腫の1例 臨床血液. 1989.10; 30 (10): 1815-1819. ( PubMed )

  150. 東田修二、赤川志のぶ、三浦寧子、佐藤隆、室田直樹、田ノ上雅彦、大玉信一、橋本憲一、青木延雄、須田吉広. 尿崩症、下垂体前葉機能障害と中枢性肺胞低換気を合併したサルコイドーシスの1例. 日本内科学会誌. 1989.03; 78 (3): 374-378. ( PubMed )

  151. 東田修二、山中昭良、小林泰文、天川孝則. 内視鏡的食道静脈瘤硬化療法後に乳び胸・腹水を生じた肝硬変の1例. 日本内科学会誌. 1988.08; 77 (8): 1282-1283. ( PubMed )

  152. 東田修二、小林泰文、鈴木利哉、小山高敏、神山尚、中村裕一、三浦修、丸山保夫、加藤淳、村上直巳、室橋郁生、広沢信作、奈良信雄、青木延雄. Daunorubicinにより急性心膜炎をきたしたAMLの1例. 臨床血液. 1988.06; 29 (6): 874-878. ( PubMed )

  153. 東田修二. 微少残存白血病の検出法 検査と技術. 2013; 41 19-24.

  154. 東田修二. 未分化大細胞リンパ腫 臨床検査. 2013; 57 1638-1640.

  155. 東田修二. MDSの染色体・遺伝子検査 臨床検査. 2012; 56 1355-1358.

  156. 東田修二. 白血病の分子マーカーと分子標的治療 レジデント. 2012; 5 11-16.

  157. 東田修二. 臨床的検査データのとらえ方-赤芽球癆 Medical Technology. 2010; 38 187-189.

  158. 東田修二. 骨髄検査のすべて-遺伝子検査 Medical Technology. 2010; 38 797-800.

  159. 東田修二. 白血病とNotch 検査と技術. 2009; 37 1340-1342.

  160. 東田修二. BおよびT前駆細胞の腫瘍成熟B細胞腫瘍、成熟T細胞・NK細胞腫瘍:顕微鏡検査のコツ 検査と技術. 2009; 37 1118-1126.

  161. 東田修二、奈良信雄. 血液疾患にみられる症候-発熱 Medicina. 2008; 45 2137-2139.

  162. 東田修二. Reversed C.P.C. 同胞間末梢血幹細胞移植後に皮疹と下痢を来した36歳女性 Junior. 2008; 478 37-43.

  163. 東田修二、奈良信雄. ツベルクリン反応の手技・判定 Junior. 2008; 470 8-9.

  164. 東田修二、奈良信雄. 血液型判定・交差適合試験 Junior. 2008; 469 8-9.

  165. 東田修二、奈良信雄. 遺伝子検査の動向と利用法-従来検査との使い分け-造血器疾患 Medical Technology. 2008; 36 1208-1213.

  166. 東田修二、奈良信雄. 血液検査から何がわかるか-染色体・遺伝子検査 Medicina. 2008; 45 2161-2165.

  167. 東田修二. 遺伝子検査の実際:白血病 臨床検査. 2007; 51 1388-1394.

  168. 東田修二. 細菌検査の検体の採取 Junior. 2007; 468 8-9.

  169. 東田修二. 臨床的検査データのとらえ方-慢性リンパ性白血病 Medical Technology. 2007; 35 1277-1279.

  170. 東田修二. 貧血の診断と治療 医学と薬学. 2007; 58 5-8.

  171. 東田修二. 白血病発症におけるNOTCH遺伝子異常- Notch阻害剤による治療の可能性 医学のあゆみ. 2006; 217 1093-1096.

  172. 東田修二. これだけは知っておきたい検査のポイント 赤沈(赤血球沈降速度) Medicina 増刊号. 2005; 36 160-161.

  173. 東田修二. 虚血性心疾患の検体検査/von Willebrand因子 Medical Technology. 2004; 32 1498-1499.

  174. 東田修二. リンパ節の臨床検査/遺伝子検査 Medical Technology. 2004; 32 49-52.

  175. 東田修二. 深部静脈血栓症/凝固検査系 Medical Technology. 2004; 32 910-912.

  176. 東田修二. 血清IgG高値からIgA高値へ移行した61歳女性 日本医事新報ジュニア. 2002; 409 31-36.

  177. 東田修二. 慢性白血病-誰でもわかる遺伝子検査 検査と技術. 2002; 30 1070-1073.

  178. 東田修二. 検査データを読みきる”原発性マクログロブリン血症” Medical Technology. 2002; 30 1145-1147.

  179. 東田修二. 持続する頭重感により来院した76歳男性 日本医事新報ジュニア418. 2002; 418 29-34.

  180. 東田修二. 血液・造血器腫瘍-最近の動向- 遺伝子検査 Medical Technology. 2001; 29 297-303.

  181. 東田修二. 感染症による発熱 レジデントノート. 2000; 2 17-26.

  182. 東田修二. 芽球化反応 Medical Technology. 2000; 28 1209.

  183. 東田修二. 遺伝子検査の実際-造血器腫瘍を中心に-:サザンブロット法 Medical Technology. 2000; 28 395-400.

  184. 東田修二. 遺伝子検査の実際-造血器腫瘍を中心に-:PCR法とRT-PCR法 Medical Technology. 2000; 28 157-162.

  185. 東田修二. 遺伝子検査の実際-造血器腫瘍を中心に-:DNAとRNAの抽出 Medical Technology. 2000; 28 69-72.

  186. 東田修二. 検査の進め方と読み方の疾患系統別マニュアル:感染症が疑われる場合 レジデントノート. 1999; 1 89-94.

  187. 東田修二. 医学に関わる最近のトピックス:血液学 Laboratory and Clinical Practice. 1999; 17 104-106.

  188. 東田修二. EBウイルス Medicina 増刊号. 1999; 36 534-535.

  189. 東田修二. 血栓止血のメカニズム Medicina 増刊号. 1999; 36 143-145.

  190. 東田修二、奈良信雄. G-CSFの急性骨髄性白血病細胞に対する作用 血液・免疫・腫瘍. 1998; 3 41-45.

  191. 東田修二. 止血機構と検査の進め方 Medical Technology. 1998; 26 1076-1081.

  192. 東田修二. 遺伝子検査の実際-造血器腫瘍を中心に-:サザンブロット法 Medical Technology. 1998; 26 1076-1081.

  193. 東田修二、奈良信雄. DICにみられる検査データ 検査と技術. 1997; 25 541-544.

  194. 東田修二、奈良信雄. 急性混合型白血病 Medical Technology. 1997; 24 60-64.

  195. 東田修二、黒川浩、奈良信雄. アポトーシス Medical Technology. 1996; 24 874-879.

  196. 東田修二、奈良信雄. 白血病幹細胞と細胞増殖因子 生体の科学. 1995; 45 352-355.

  197. 東田修二、黒川浩、奈良信雄. 造血幹細胞腫瘍と細胞増殖因子 病理と臨床. 1995; 13 1518-1522.

  198. 新井文子, 廣田理子, 福田哲也, 東田修二, 森吉寛, 寺田典生, 佐々木成, 三浦修. 腎障害を有する日本人多発性骨髄腫患者のサリドマイド血中濃度の解析 臨床血液. 2009.04; 50 (4): 295-299. ( PubMed )

  199. 新井文子、押川学、黒須哲也、三木徹、東田修二、小山高敏、村上直巳、三浦修. Bortezomib投与により著明な高LDH血症を伴う腫瘍崩壊症候群の所見を呈した再発性治療抵抗性多発性骨髄腫. 臨床血液. 2006.08; 47 (8): 777-780. ( PubMed )

  200. 鈴木隆之、新井文子、小山高敏、押川学、山本正英、水地大輔、黒須哲也、東田修二、村上直巳、三木徹、三浦修. 後天性血友病Aの急性出血に対する治療後に発症した虚血性大腸炎. 臨床血液. 2006.04; 47 (4): 310-314. ( PubMed )

  201. 垣花和彦、水地大輔、山口光子、坂下千瑞子、福田哲也、山本晃、三木徹、東田修二、小山高敏、村上直巳、三浦修. 慢性骨髄性白血病急性転化にみられた副甲状腺ホルモン関連蛋白(PTHrP)産生に伴う高カルシウム血症. 臨床血液. 2002.02; 43 (2): 102-106. ( PubMed )

  202. 奈良信雄、東田修二. 造血器腫瘍の遺伝子検査. 臨床病理. 1999.11; 47 (11): 1014-1019. ( PubMed )

  203. 黒須哲也、坂下千瑞子、山本晃、東田修二、三木徹、小山高敏、三浦修、村上直巳、根本哲生、宮坂信之、神山隆一、広沢信作. 髄外性形質細胞腫の部位にアミロイド沈着と骨形成像を認めた形質細胞性白血病. 臨床血液. 1997.01; 38 (1): 58-63. ( PubMed )

  204. 今井康文、山本晃、鈴木謙、東田修二、三木徹、中村裕一、加藤淳、広沢信作、奈良信雄、青木延雄、松原修、神山隆一. 瀘胞性リンパ腫寛解中に発症したLymphomatoid granulomatosisの1例. 臨床血液. 1992.04; 33 (4): 507-513. ( PubMed )

  205. 山本克也、東田修二、三木徹、鈴木利哉、長田薫、神山尚、三浦修、今井康文、村上直巳、加藤淳、奈良信雄、青木延雄. 原発性マクログロブリン血症の経過中に急性骨髄性白血病と肝細胞癌を合併した1例. 臨床血液. 1990.07; 31 (7): 984-988. ( PubMed )

  206. 島野志都子, 小島和茂, 菅沼真紀子、萩原三千男, 東田修二, 東條尚子. クリオグロブリンによりCRP値に影響を及ぼしたマクログロブリン血症の1例-異常反応検出方法- 日本臨床検査自動化学会会誌. 2011; 36 26-31.

  207. 澤辺悦子, 北村優佳, 古畑紀子, 高橋 里枝子, 市村 直也, 春山 友希, 武部 功, 萩原 三千男, 東田 修二, 東條 尚子. Clostridium difficile感染症の迅速診断における糞便中C. difficile抗原およびトキシンA/B同時検出キット:C. DIFF QUIK CHEK COMPLETEの有用性に関する検討 日本臨床微生物学雑誌. 2011; 21 253-259.

  208. 小笠原 弘子、林 恭子、遠井 初子、萩原 三千男、東田 修二、宮坂 信之、東條 尚子. ブシラミンに起因する尿中ケトン体の偽陽性について 臨床病理. 2008; 56 (584): 588.

  209. 小山高敏、東田修二、神山尚、鈴木利哉、長田薫、中村裕一、三浦修、丸山保夫、加藤淳、村上直巳、室橋郁生、広沢信作、奈良信雄、青木延雄. Ara-C療法におけるmyeloblastomaヘの効果と血液学的効果の解離. 臨床血液. 1988.12; 29 (12): 2302-2306. ( PubMed )

  210. 東田修二. 造血器腫瘍WHO分類2016を支える遺伝子検査 医学のあゆみ. 2017.12; 263 1153-1157.

  211. 東田修二. 腫瘍マーカーとコンパニオン診断の適切利用による個別化医療の推進 臨床病理. 2017.08; 65 314-316.

  212. 東田修二. 胚細胞変異を伴う(生殖細胞素因を有する)骨髄系腫瘍 臨床検査. 2017.07; 61 814-815.

  213. 本多弘子, 赤羽あゆみ, 萩原三千男, 東田修二. 全自動化学発光酵素免疫測定システム「ルミパルスL2400」プロトタイプ機の性能評価 日本臨床検査自動化学会会誌. 2017.03; 42 76-82.

  214. 山本雄彬, 堂前祐一, 佐藤明日香, 小山祥美, 萩原三千男, 東田修二. 自動血球分析装置XN-9000を用いた髄液・体液の細胞数と分画測定の性能評価 日本臨床検査自動化学会会誌. 2017.01; 42 45-51.

  215. 東田修二. 造血器腫瘍のバイオマーカー:白血病幹細胞の個性診断をめざして 臨床病理. 2015; 63 1110-1113.

  216. 東田 修二. がんの遺伝子検査とコンパニオン診断の現状 臨床病理. 2020; 67 1072-1074.

  217. 東田 修二. 臨床検査のガイドライン 2018 の概要と活用法 血液・造血器分野 臨床病理. 2020; 68 800-803.

  218. 東田 修二, 市村 直也. 新型コロナウイルスRT-PCR検査の中間総括と第2波に備えた問題点の提起 臨床病理. 2020; 68 665-669.

  219. 市村直也, 萩原三千男, 東田修二, 東條尚子. 検査依頼伝票による外部委託検査結果のオンライン報告システムの構築 日本臨床検査自動化学会会誌. 2015; 40 214-218.

  220. 東田修二. 白血球数、白血球分類 medicina 増刊号. 2015; 52 53-55.

  221. 東田修二. 骨髄像 medicina 増刊号. 2015; 52 64-65.

  222. 東田修二. 特殊染色 medicina 増刊号. 2015; 52 66-67.

  223. 渡部 芽以,島野 志都子,亀田 貴寛,藤井 祐葵,平尾 裕子,大野 一彦,市村 直也,東田 修二,大川 龍之介. 生化学自動分析装置を用いたアポリポタンパクE含有高比重リポタンパクコレステロール測定試薬の性能評価 医療検査と自動化. 2022.02; 47 (1): 43-49.

  224. Kameda Takahiro, Horiuchi Yuna, Shimano Shitsuko, Yano Kouji, Lai Shao-Jui, Ichimura Naoya, Tohda Shuji, Kurihara Yuriko, Tozuka Minoru, Ohkawa Ryunosuke. Effect of myeloperoxidase oxidation and N-homocysteinylation of high-density lipoprotein on endothelial repair function BIOLOGICAL CHEMISTRY. 2022.02; 403 (3): 265-277. ( PubMed, DOI )

  225. Kawahara Tomoki, Ueki Yutaka, Nawa Nobutoshi, Miyamae Shigeru, Hanafusa Mariko, Goto Yuki, Tohda Shuji, Fujiwara Takeo. Characteristics of SARS-CoV-2 super-spreaders in Japan JOURNAL OF INFECTION. 2022.02; 84 (2): e6-e9. ( PubMed, DOI )

  226. Ota Yusuke, Hongou Natsune, Nukui Yoko, Koike Ryuji, Tohda Shuji, Saito Ryoichi. Evaluation of polymerase chain reaction-based open reading frame typing method for the clonality investigation of Clostridioides difficile isolates ANAEROBE. 2021.12; 72 102462. ( PubMed, DOI )

  227. Oba Seiya, Hosoya Tadashi, Amamiya Miki, Mitsumura Takahiro, Kawata Daisuke, Sasaki Hirokazu, Kamiya Mari, Yamamoto Akio, Ando Takahiro, Shimada Sho, Shirai Tsuyoshi, Okamoto Tsukasa, Tateishi Tomoya, Endo Akira, Aiboshi Junichi, Nosaka Nobuyuki, Yamanouchi Hideo, Ugawa Toyomu, Nagaoka Eiki, Oi Keiji, Tao Susumu, Maejima Yasuhiro, Tanaka Yukie, Tanimoto Kousuke, Takeuchi Hiroaki, Tohda Shuji, Hirakawa Akihiro, Sasano Tetsuo, Arai Hirokuni, Otomo Yasuhiro, Miyazaki Yasunari, Yasuda Shinsuke. Arterial and Venous Thrombosis Complicated in COVID-19: A Retrospective Single Center Analysis in Japan FRONTIERS IN CARDIOVASCULAR MEDICINE. 2021.11; 8 767074. ( PubMed, DOI )

  228. 山崎 あずさ, 糸井 彩子, 甲田 祐樹, 永野 勝稔, 市村 直也, 東田 修二. 全自動血液凝固測定装置CS-5100を用いた活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)測定試薬「レボヘムAPTT SLA」の基礎的性能評価およびループスアンチコアグラント感受性に着目した相関乖離検体の解析 医療検査と自動化. 2021; 46 (3): 208-214. ( 医中誌 )

  229. 東田修二. 新型コロナウイルス検査の感度・特異度と検査結果の標準化 日本臨床検査医学会誌. 2021; 69 (6): 405-409.

  230. 山本 雄彬, 市村 直也, 東田 修二. ディープラーニングを用いた尿中赤血球の形態分類 医療検査と自動化. 2020.11; 45 (5): 581-588. ( 医中誌 )

  231. 野上 彩子, 山本 正英, 山本 浩平, 伊藤 雅文, 梅澤 佳央, 東田 修二, 三浦 修, 福田 哲也. 汎血球減少の長期経過後に明らかとなった辺縁帯リンパ腫様の骨髄原発リンパ腫 臨床血液. 2020.10; 61 (10): 1469-1475. ( 医中誌 )

  232. 市村 直也, 萩原 三千男, 東田 修二. 翼状採血針における製品別の溶血率調査 医療検査と自動化. 2020.06; 45 (3): 208-212. ( 医中誌 )

  233. 大西 澪奈子, 本多 弘子, 武部 功, 萩原 三千男, 東田 修二. ルミパルスPresto IIを用いた可溶性インターロイキン2レセプター(sIL-2R)測定試薬「ルミパルスプレストIL-2R」の基礎的検討 臨床病理. 2020.06; 68 (6): 513-519. ( 医中誌 )

  234. 松本 梨沙, 市村 直也, 青柳 栄子, 鳴海 純, 萩原 三千男, 東田 修二. 中央採血室における採血時の録画・録音システムの構築 医学検査. 2020.04; 69 (2): 224-228. ( 医中誌 )

  235. 島野 志都子, 大川 龍之介, 戸塚 実, 萩原 三千男, 東田 修二. Dimension EXL200によるタクロリムス測定の基礎的検討とTurn Around Timeの評価 医療検査と自動化. 2020.02; 45 (1): 53-58. ( 医中誌 )

  236. 阿部 広輝, 島野 志都子, 大川 龍之介, 戸塚 実, 萩原 三千男, 東田 修二. 尿中アルブミン測定試薬「LZテスト'栄研'U-ALB」の性能評価と検体前処理の検討 医療検査と自動化. 2020.02; 45 (1): 59-66. ( 医中誌 )

  237. 野上 彩子、山本 正英、山本 浩平、伊藤 雅文、梅澤 佳央、東田 修二、三浦 修 、福田 哲也. 汎血球減少の長期経過後に明らかとなった辺縁帯リンパ腫様の骨髄原発リンパ腫 臨床血液. 2020; 61 (10): 1469-1475. ( PubMed, DOI )

  238. 東田修二. がんの遺伝子検査とコンパニオン診断の現状 臨床病理. 2019.10; 67 (10): 1072-1074.

  239. 東田 修二. がん診療における遺伝子検査の現状と将来展望 がんの遺伝子検査とコンパニオン診断の現状 臨床病理. 2019.10; 67 (10): 1072-1074. ( 医中誌 )

  240. 市村 直也, 萩原 三千男, 東田 修二. 採血担当者による品質指標の層別化と業務プロセスの改善 日本臨床検査自動化学会会誌. 2019.06; 44 (3): 218-223. ( 医中誌 )

  241. 東田 修二. 免疫電気泳動と免疫固定法の解釈のしかた 臨床病理. 2019.06; 67 (6): 609-613. ( 医中誌 )

  242. 東田 修二. 臨床検査アップデート 骨髄増殖性腫瘍の遺伝子検査 Modern Media. 2019.06; 65 (6): 119-122. ( 医中誌 )

  243. 甲田 祐樹, 大久保 有希, 糸井 彩子, 金盛 英里子, 永野 勝稔, 西家 里奈, 萩原 三千男, 東田 修二. LPIAジェネシスDダイマー試薬の基礎的検討および採血管内凝固によるDダイマー測定値への影響に関する検討 日本検査血液学会雑誌. 2019.02; 20 (1): 43-51. ( 医中誌 )

  244. 永野 勝稔, 小山 祥美, 北村 優佳, 山本 雄彬, 佐藤 明日香, 町田 友美, 萩原 三千男, 東田 修二, 山本 貴信, 前嶋 康浩, 平尾 見三. Fabry病を疑う契機となった尿沈渣中のマルベリー細胞の意義 臨床病理. 2019.02; 67 (2): 112-116. ( 医中誌 )

  245. 渡邉 健, 吉藤 康太, 齋藤 達也, 山下 知子, 野上 彩子, 坂下 千瑞子, 福田 哲也, 新井 文子, 東田 修二, 川又 紀彦, 三浦 修, 山本 正英. 腫瘍随伴性天疱瘡と閉塞性細気管支炎を合併した濾胞性リンパ腫 臨床血液. 2019.01; 60 (1): 7-11. ( 医中誌 )

  246. 市村 直也, 小山 祥美, 佐藤 明日香, 町田 友美, 萩原 三千男, 東田 修二. 尿沈渣目視法における内部精度管理システムの構築と技師間差に及ぼす効果の検証 医学検査. 2018.10; 67 (5): 708-715. ( 医中誌 )

  247. 池田 朱里, 堤 大樹, 渡邉 健, 青山 慧, 齊藤 達也, 長尾 俊景, 坂下 千瑞子, 山本 正英, 福田 哲也, 東田 修二, 新井 文子, 川又 紀彦, 三浦 修. 二次性骨髄線維症による門脈圧亢進症性消化管出血に対しルキソリチニブが著効した1例 臨床血液. 2018.05; 59 (5): 626-627. ( 医中誌 )

  248. 貫井 陽子, 相曽 啓史, 齋藤 良一, 谷 千尋, 東田 修二, 小池 竜司. Clostridium difficileアウトブレイクの分子疫学解析 日本化学療法学会雑誌. 2018.04; 66 (Suppl.A): 249. ( 医中誌 )

  249. 加藤 優子, 市村 直也, 青柳 栄子, 萩原 三千男, 安藤 登, 明石 巧, 東田 修二, 角 勇樹, 沢辺 元司, 戸塚 実, 窪田 哲朗. つながりを創る特色ある臨床検査技師教育 大学院における臨床検査技師職能教育 臨床検査学教育. 2018.03; 10 (1): 113-117. ( 医中誌 )

  250. 東田 修二. リンパ腫診療におけるsIL-2Rの有用性と骨髄腫診療におけるM蛋白検査の進展 東京都医学検査. 2018.03; 46 (1): 45-46. ( 医中誌 )

  251. 山本雄彬、岩崎由美、萩原三千男、東田修二. 先進医療としての多項目迅速ウイルスPCR法によるウイルス感染症の早期診断 臨床病理. 2018; 66 1306-1313.

  252. 東田 修二. 【臨床検査の最前線-将来の検査を展望する】 血液 造血器腫瘍WHO分類2016を支える遺伝子検査 医学のあゆみ. 2017.12; 263 (13): 1153-1157. ( 医中誌 )

  253. 渡邉 健, 吉藤 康太, 齋藤 達也, 山下 知子, 野上 彩子, 山本 正英, 坂下 千瑞子, 福田 哲也, 新井 文子, 東田 修二, 川又 紀彦, 三浦 修. 腫瘍随伴性天疱瘡と閉塞性細気管支炎を合併した濾胞性リンパ腫の1例 臨床血液. 2017.11; 58 (11): 2274. ( 医中誌 )

  254. 甲田 祐樹, 大高 美香, 白鳥 恵理香, 伊藤 真以, 東田 修二. MERチロシンキナーゼ阻害による白血病細胞の増殖抑制作用 臨床病理. 2017.10; 65 (補冊): 146. ( 医中誌 )

  255. 本橋 智子, 島野 志都子, 大川 龍之介, 戸塚 実, 萩原 三千男, 東田 修二. LABOSPECT 008を用いた「ナノピアIL-2R」試薬の性能評価 臨床病理. 2017.10; 65 (補冊): 137. ( 医中誌 )

  256. 永野 勝稔, 小山 祥美, 山本 雄彬, 佐藤 明日香, 町田 友美, 萩原 三千男, 東田 修二, 山本 貴信. Fabry病を疑う契機となった尿沈渣のmulberry cellの意義 臨床病理. 2017.10; 65 (補冊): 222. ( 医中誌 )

  257. 奥橋 佑基, 細萱 茂実, 東田 修二. siRNAとCRISPR/Cas9システムを用いたゲノム編集による白血病細胞の増殖への効果 臨床病理. 2017.10; 65 (補冊): 147. ( 医中誌 )

  258. 鳴海 純, 叶内 匡, 赤座 実穂, 飯田 真太朗, 青柳 栄子, 太田 那津美, 宮崎 健太郎, 角 勇樹, 横田 隆徳, 萩原 三千男, 東田 修二. 手根管症候群の異なる電気診断法における検査間変動を考慮した特異度に関する考察 臨床神経生理学. 2017.10; 45 (5): 451. ( 医中誌 )

  259. 市村 直也, 小山 祥美, 佐藤 明日香, 町田 友美, 萩原 三千男, 東田 修二. 尿沈渣検査鏡検法における分類精度定量化の試み 臨床病理. 2017.10; 65 (補冊): 221. ( 医中誌 )

  260. 山本 雄彬, 岩崎 由美, 萩原 三千男, 東田 修二. 先進医療として実施している多項目迅速ウイルスPCR法によるウイルス感染症の早期診断 臨床病理. 2017.10; 65 (補冊): 159. ( 医中誌 )

  261. 白鳥 恵理香, 大高 美香, 伊藤 真以, 東田 修二. リンパ系腫瘍細胞に対するMYD88阻害薬の細胞分子生物学的作用 臨床病理. 2017.10; 65 (補冊): 275. ( 医中誌 )

  262. 大高 美香, 白鳥 恵理香, 伊藤 真以, 東田 修二. siRNAを用いた白血病細胞におけるBMI1の機能解析 臨床病理. 2017.10; 65 (補冊): 147. ( 医中誌 )

  263. 迎 純一, 新井 康祐, 齊藤 達也, 秋山 めぐみ, 東田 修二, 山本 晃. 仙骨形質細胞腫、骨髄腫に対するタンデムPBSCTの11年後に発症したPOEMS症候群 臨床血液. 2017.09; 58 (9): 1697. ( 医中誌 )

  264. 山本 雄彬, 萩原 三千男, 東田 修二. Microsoft Excel Visual Basic for Applications及びVLOOKUP関数を利用した機材管理方法 日本臨床検査自動化学会会誌. 2017.08; 42 (4): 458. ( 医中誌 )

  265. 垂門 碧, 島野 志都子, 大川 龍之介, 戸塚 実, 萩原 三千男, 東田 修二. Dimension EXL200によるタクロリムス測定の基礎的検討とTurn Around Timeの評価 日本臨床検査自動化学会会誌. 2017.08; 42 (4): 485. ( 医中誌 )

  266. 中山 智祥, 糸賀 栄, 青木 留美子, 野村 文夫, 横田 浩充, 南木 融, 渡邉 直樹, 内海 健, 斉藤 邦明, 末岡 榮三朗, 末広 寛, 長井 篤, 菱沼 昭, 宮島 栄治, 宮地 勇人, 村上 正巳, 和田 隆志, 竹越 一博, 東田 修二, 中谷 中, 渡邉 淳, 松下 一之, 中西 豊文, 日高 恵以子, 竹田 真由, 曽川 一幸, 草場 耕二, 松本 竹久, 渡邊 正治, 渡 智久, 清祐 麻紀子, 品川 雅明, 中村 明子, 大隈 雅紀, 東山 智宣, 長田 誠, 藤本 英也, 中條 聖子, 山口 敏和, 福井 崇史, 神山 誠, 森 篤雄, 三浦 俊昭, 関口 幸恵, 松山 由美子, 濱崎 梓, 副島 隆浩, 日本臨床検査自動化学会. いまどきの遺伝子・プロテオミクス技術と自動分析機器2017 日本臨床検査自動化学会会誌. 2017.08; 42 (Suppl.2): 1-267. ( 医中誌 )

  267. 角 勇樹, 加藤 優子, 萩原 三千男, 東田 修二, 窪田 哲朗, 戸塚 実, 田中 雄二郎. 卒後臨床教育として修士学生(生体検査学専攻)に導入したHealth Care Assistant制度の1年目評価 医学教育. 2017.08; 48 (Suppl.): 202. ( 医中誌 )

  268. 東田 修二. 【造血器・リンパ系腫瘍のWHO分類 2016 version】骨髄系腫瘍と急性白血病 胚細胞変異を伴う(生殖細胞素因を有する)骨髄系腫瘍 臨床検査. 2017.07; 61 (7): 814-815. ( 医中誌 )

  269. 大久保 有希, 甲田 祐樹, 糸井 彩子, 金盛 英里子, 永野 勝稔, 西家 里奈, 萩原 三千男, 長濱 裕, 東田 修二. LPIAジェネシスDダイマー試薬の基礎的検討 日本検査血液学会雑誌. 2017.06; 18 (学術集会): S221. ( 医中誌 )

  270. 甲田 祐樹, 糸井 彩子, 大久保 有希, 金盛 英里子, 永野 勝稔, 西家 里奈, 萩原 三千男, 長濱 裕, 東田 修二. LPIAジェネシスDダイマー試薬の試験管内凝固によるDダイマー測定値への影響に関する検討 日本検査血液学会雑誌. 2017.06; 18 (学術集会): S220. ( 医中誌 )

  271. 東田 修二. sIL-2Rと最近の免疫検査の臨床トピックス 東京都医学検査. 2017.06; 45 (2): 105-106. ( 医中誌 )

  272. 市村 直也, 赤羽 あゆみ, 大野 一彦, 阿部 広輝, 大西 澪奈子, 本橋 智子, 須賀 洋子, 萩原 三千男, 東田 修二. 患者-検体容器照合システムの開発と導入効果の検証 日本臨床検査自動化学会会誌. 2017.06; 42 (3): 248-256. ( 医中誌 )

  273. 西家 里奈, 大久保 有希, 永野 勝稔, 金盛 英里子, 甲田 祐樹, 糸井 彩子, 萩原 三千男, 東田 修二. 基礎疾患を認めない成人発症の血球貪食症候群の一例 日本検査血液学会雑誌. 2017.06; 18 (学術集会): S232. ( 医中誌 )

  274. 赤羽 あゆみ, 本多 弘子, 萩原 三千男, 東田 修二. 全自動免疫測定装置HISCL-5000によるKL-6測定試薬の性能評価 日本臨床検査自動化学会会誌. 2017.06; 42 (3): 283-287. ( 医中誌 )

  275. 貫井 陽子, 齋藤 良一, 谷 千尋, 相曽 啓史, 藤江 俊秀, 東田 修二, 小池 竜司, 茅野 崇. Helicobacter cinaedi菌血症の臨床的・分子疫学的解析 感染症学雑誌. 2017.03; 91 (臨増): 298. ( 医中誌 )

  276. 東田 修二. 臨床検査のガイドラインJSLM2015活用のポイント 腫瘍マーカーとコンパニオン診断の適切利用による個別化医療の推進 臨床病理. 2017.03; 65 (3): 314-316. ( 医中誌 )

  277. 本多 弘子, 赤羽 あゆみ, 萩原 三千男, 東田 修二. 全自動化学発光酵素免疫測定システム「ルミパルスL2400」プロトタイプ機の性能評価 日本臨床検査自動化学会会誌. 2017.02; 42 (1): 76-82. ( 医中誌 )

  278. 山本 雄彬, 堂前 祐一, 佐藤 明日香, 小山 祥美, 萩原 三千男, 東田 修二. 自動血球分析装置XN-9000を用いた髄液・体液の細胞数と分画測定の性能評価 日本臨床検査自動化学会会誌. 2017.02; 42 (1): 45-51. ( 医中誌 )

  279. 市村 直也, 糸井 彩子, 甲田 祐樹, 大久保 有希, 萩原 三千男, 東田 修二. 顆粒球系幼若細胞分類における内部精度管理の構築と技師間差是正効果の検証 医学検査. 2017.01; 66 (1): 25-32. ( 医中誌 )

  280. 島野志都子、額千裕、本橋智子、細川幹夫、神原久美子、萩原三千男、東田修二、東條尚子. M蛋白による尿酸測定の異常反応に対する「セロテックUA-L」改良試薬の効果 日本臨床検査自動化学会会誌. 2016; 41 13-19.

  281. 東田修二. M蛋白の検査の現状と適切な利用法 日本臨床検査自動化学会会誌. 2016; 41 259-263.

  282. 東田修二. これだけでAMLと診断できるアウエル小体 検査と技術. 2016; 44 866-868.

  283. 東田修二. 医療安全の観点からの感染対策の医科歯科大学病院検査部の取り組み 臨床病理. 2016; 64 334-337.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 東田修二、他. 臨床検査のガイドライン JSLM2021. 2021.12

  2. 東田修二、他. スタンダード検査血液学第4版. 医歯薬出版, 2021.05 染色体異常

  3. 東田修二、他. 今日の臨床検査2021-2022. 南江堂, 2021.05

  4. 東田修二、他. 遺伝子・染色体検査学第2版. 医歯薬出版, 2021.02 (ISBN : 978-4-263-22378-9)

  5. 病期・病態・重症度からみた疾患別看護過程 第4版. 医学書院, 2020.11 白血病

  6. 東田 修二. 臨床検査ガイド2020年版. 文光堂, 2020.06 赤血球数、形態、ヘモグロビン、ヘマトクリット、網赤血球

  7. 東田修二. がんの臨床検査ハンドブック. 日本医事新報社, 2019.01 血液学的検査 (ISBN : 978-4-7849-5663-0)

  8. 東田修二. 臨床検査のガイドラインJSLM2018. 日本臨床検査医学会, 2018.12 腫瘍マーカー検査・コンパニオン診断検査

  9. 東田修二. 検査と適応疾患平成28年版. 社会保険研究所, 2016.04 尿・糞便等検査、血液学的検査

  10. 東田修二. 内科診断学第3版. 医学書院, 2016.02 無痛性の頸部リンパ節腫脹、間欠的な赤色尿と息切れ

  11. 東田修二. 臨床検査のガイドラインJSLM2015. 日本臨床検査医学会, 2015.11 腫瘍マーカー検査・コンパニオン診断検査

  12. 東田修二(共著). 最新臨床検査学講座 遺伝子・染色体検査学. 医歯薬出版, 2015 遺伝子の検査法

  13. 東田修二(分担執筆). 考える臨床検査. 文光堂, 2015 異型リンパ球の出現

  14. 東田修二(分担執筆). 日常診療のための検査値のみかた. 中外医学社, 2015 造血器腫瘍関連染色体・遺伝子検査

  15. 東田修二(分担執筆). 臨床検査ガイド2015年改訂版. 文光堂, 2015 赤血球数・形態、ヘモグロビン、ヘマトクリット、網赤血球

  16. 東田修二(分担執筆). 系統看護学講座 臨床検査. 医学書院, 2014 血液学的検査、免疫・血清学検査

  17. 東田修二(分担執筆). 血液疾患 最新の治療 2014-2016. 南江堂, 2014 遺伝子診断

  18. 東田修二(分担編著). 検査と適応疾患 平成26年版(櫻林郁之介 監修). じほう社, 2014 尿・糞便等検査、血液学的検査

  19. 東田修二(分担執筆). スタンダード検査血液学第3版(日本検査血液学会編). 医歯薬出版, 2014 染色体異常

  20. ウィリアムズ血液学マニュアル第2版(訳:分担)血小板異常と凝固異常、凝固蛋白の異常. メディカル・サイエンス・インターナショナル社, 2013

  21. 臨床検査ガイド2013-2014(分担)血球計数. 文光堂, 2013

  22. 東田修二. 研修指導ノート. ソフトナイン(株), 2013 抗菌薬の分類・特徴・代表的な薬剤名

  23. 病期・病態・重症度からみた疾患別看護過程第2版(分担)白血病. 医学書院, 2012

  24. 血液検査学(分担)造血器腫瘍、染色体・遺伝子検査、造血器腫瘍の検査結果の評価・解釈. 医学書院, 2012

  25. 顕微鏡検査ハンドブック-臨床に役立つ形態学(分担)BおよびT前駆細胞の腫瘍、成熟B細胞腫瘍、成熟T細胞腫瘍・NK細胞腫瘍. 医学書院, 2012

  26. 症状別看護過程(分担)リンパ節腫脹. 医学書院, 2011

  27. 遺伝子分析科学(分担)遺伝子検査結果の評価-血液疾患. 宇宙堂八木書店, 2011

  28. これだけは知っておきたい検査のポイント(分担)赤沈. 医学書院, 2010

  29. 臨床検査のガイドラインJSLM2009(分担)リンパ節腫脹. 宇宙堂八木書店, 2009

  30. 内科確定診断完全マスター(分担)M蛋白血症. メジカルビュー社, 2009

  31. 内科診断学第2版(分担)急性白血病、血友病など17項目. 医学書院, 2008 (ISBN : 978-4-260-00287-5)

  32. ウィントローブ臨床血液学アトラス(訳:分担). メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2008

  33. 最新臨床検査項目辞典(分担)可溶性IL-2レセプターなど15項目. 医歯薬出版, 2008

  34. 図解基本手技(分担)細菌検査検体の採取など3項目. 日本医事新報社, 2008

  35. 薬の処方ハンドブック(分担)伝染性単核球症、多発性骨髄腫、原発性マクログロブリン血症、特発性血小板減少性紫斑病、血栓性血小板減少性紫斑病. 羊土社, 2008

  36. スタンダード検査血液学第2版(分担)染色体異常. 医歯薬出版, 2008

  37. 疾患からまとめた病態生理FIRST AID(分担)急性白血病、悪性リンパ腫など12項目. メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2007

  38. よくわかる病態生理5:血液疾患(分担)リンパ節腫脹、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、単クローン性免疫グロブリン血症. 日本医事新報社, 2007

  39. 遺伝子検査技術 遺伝子分析科学認定士テキスト(分担)遺伝子検査結果の評価:血液疾患. 宇宙堂八木書店, 2007

  40. EBMのためのベストアプローチ臨床検査ガイド(分担)血液・造血器疾患. 中外医学社, 2006

  41. 臨床研修実践マニュアル(分担)免疫血清学的検査など. 南光堂, 2004

  42. 血液/腫瘍学シークレット(訳:分担)HIV関連疾患、腫瘍遺伝学. メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2004

  43. 根拠がわかる臨床検査Q&A(分担)採血関連、検体検査. 南光堂, 2004

  44. スタンダード検査血液学(分担)染色体異常. 医歯薬出版, 2003

  45. 臨床検査項辞典(分担執筆)顆粒球コロニー刺激因子など18項目. 医歯薬出版, 2003

  46. 遺伝子・染色体検査学(共著). 医歯薬出版, 2002 (ISBN : 978-4-263-22891-3)

  47. 臨床検査の診かた・読みかた・考え方(分担)急性混合型白血病. 医歯薬出版, 2001

  48. 遺伝子検査早わかり事典(分担)T細胞性腫瘍、B細胞性腫瘍、濾胞性リンパ腫. 中外医学社, 2001

  49. プライマリケア/診察、検査(分担) 一般臨床検査. 一般臨床検査, 2001

  50. ベッドサイドデータブック(分担)感染症、薬物療法. 羊土社, 2001

  51. Reversed C.P.C.による臨床検査データ読み方トレーニング(分担). 日本医事新報社, 2001

  52. 内科診断学(分担執筆)疾患編 血液・造血器 . 医学書院, 2000

  53. 臨床研修イラストレイテッド1、基本手技(分担)抗生物質の選択. 羊土社, 1999

  54. 検査の診断効率とピットフォール(分担)染色体、赤血球沈降速度、EBウイルス抗体. 中外医学社, 1998

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 野上 彩子, 岡田 啓五, 本村 鷹多朗, 吉藤 康太, 東田 修二, 長尾 俊景. Inhibition of USP14 induces apoptosis in FLT3-ITD-positive AML cells through upregulation of Nrf-2(和訳中). 日本血液学会学術集会 2021.09.01

  2. 木村 萌, 西山 優, 上田 浩樹, 有松 朋之, 久保木 麻衣, 高畑 篤, 斎藤 真貴子, 東田 修二, 野上 彩子. Perioperative management of a PNH patient treated with ravulizumab: in case of gallstone disease(和訳中). 日本血液学会学術集会 2021.09.01

  3. 吉藤 康太, 本村 鷹多朗, 野上 彩子, 岡田 啓五, 東田 修二, 長尾 俊景. Involvement of TPL2/p105/STAT3 axis in tumorigenesis of ABC-DLBCL(和訳中). 日本血液学会学術集会 2021.09.01

  4. Horiuchi Y., Lai SJ., Shimano S., Kameda T., Ichimura N., Tohda S., Tozuka M. and Ohkawa R. Novel cholesterol efflux assay using immobilized liposome-bound gel beads: confirmation and improvement for application in clinical laboratory. 2020 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2020.12.16 On-line

  5. Shimano S., Ohkawa R., Nambu M., Sasaoka M., Yamazaki A., Fujii Y., Igarashi K., Horiuchi Y., Lai SJ., Kameda T., Ichimura N., Fujita K., Tohda S. and Tozuka M. Dramatic change of high-density lipoprotein structure and serum amyloid A distribution after orthopedic surgery. 2020 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2020.12.16 On-line

  6. Horiuchi Y., Lai SJ., Shimano S., Kameda T., Ichimura N., Tohda S., Tozuka M. and Ohkawa R. Novel cholesterol efflux assay using immobilized liposome-bound gel beads: confirmation and improvement for application in clinical laboratory. 2020 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2020.12.16 On-line

  7. Ayibieke Alafate, 山田 華代, 山田 景土, 荻原 真二, 相曽 啓史, 羽田野 義郎, 貫井 陽子, 小池 竜司, 東田 修二, 齋藤 良一. 東京の2病院から分離されたS.epidermidis血流感染症の分子性状(Molecular characterization of S.epidermidis bloodstream isolates from two hospitals in Tokyo). 日本臨床微生物学会雑誌 2020.12.01

  8. 東田 修二. 見えてきた微小環境依存的Notchシグナルの役割と病態生理 急性白血病の治療標的としてのNOTCHシグナル(NOTCH signaling as a therapeutic target for acute leukemia). 日本薬学会年会要旨集 2020.03.01

  9. Ayibieke Alafate, 山田 景士, 相曽 啓史, 羽田野 義郎, 貫井 陽子, 小池 竜司, 東田 修二, 齋藤 良一. 東京の2病院で分離された血中のS.epidermidisの疫学的特性(Epidemiological characteristics of bloodstream S. epidermidis isolates from two hospitals in Tokyo). 日本細菌学雑誌 2020.01.01

  10. Ayako Nogami, Watanabe Daisuke, Keigo Okada, Hiroki Akiyama, Yoshihiro Umezawa, Toshikage Nagao, Shuji Tohdaand Osamu Miura. FLT3-ITD Enhances Proliferation and Survival of AML Cells through Activation of RSK1 to Upregulate the mTORC1/eIF4F Pathway Cooperatively with PIM or PI3K and to Inhibit Bad and Bim. 60th ASH Annual Meeting and Exposition 2019.12.01 FL, Orange County Convention Center

  11. Chihiro Tani, Kazunari Sonobe, Ayuka Kobayashi, Jun Nakajima, Rieko Takahashi, Saki Kanehira, Sonoka Yuasa, Tomoko Motohashi, Michio Hagihara, Takashi Yaguchi, Shuji Tohda. The impact of the morphological difference of fungal colonies among several potato dextrose agars on the identification. The 30th World Congress of World Association of Societies of Pathology and Laboratory Medicine 2019.09.20

  12. Yamazaki A., Ohkawa R., Horiuchi Y., Lai SJ., Shimano S., Itoi A., Ichimura N., Hagihara M., Tozuka M., Tohda S. Analysis of Apolipoprotein C-II and C-III Transfers between High-density Lipoprotein and Very Low-density Lipoprotein. 2019 KAMT congress & International conference 2019.08.31 Pyeongchang

  13. Fujii Y., Ohkawa R., Lai SJ., Horiuchi Y., Shimano S., Ohno K., Ichimura N., Hagihara M., Tozuka M., Tohda S. Analysis of Serum Amyloid A Containing HDL Formation in HepG2. 2019 KAMT congress & International conference 2019.08.31 Pyeongchang

  14. Tatsuya Saito, Mai Itoh, Shuji Tohda. Metformin inhibits the growth of myeloid leukemia cells partly due to suppression of tyro3 expression. 24th Congress of European Hematology Association 2019.06.14 Amsterdam

  15. Horiuchi Y., Ohkawa R., Lai SJ., Shimano S., Hagihara M., Tohda S., and Tozuka M. Availability of apoB-depleted serum in clinical assay for cholesterol efflux capacity using immobilized liposome-bound gel beads. 3rd IFCC-EFLM European Congress of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine 2019.05.19 Barcelona

  16. Kazuaki Yamamoto, Yumi Iwasaki, Michio Hagihara, Shuji Tohda. Multiplex strip PCR test for rapid and simultaneous detection of twelve kinds of virus DNA in patients' samples. 15th congress of the Asian society of clinical pathology and laboratory medicine 2018.09.07

  17. Mika Ohtaka, Mai Itoh, and Shuji Tohda. BMI1 inhibitors suppress cell growth and NOTCH signalling of acute leukemia cells. 46th Annual Scientific Meeting of the International Society for Experimental Hematology 2017.08.26 Frankfurt, Germany

  18. Erika Shiratori, Mai Itoh, Mika Ohtaka, Shohei Nogami, Shuji Tohda. Mechanisms of suppressive effects of MYD88 Inhibitors on the Growth of Lymphoma and Leukemia Cells. The 58th American Society of Hematology 2016.12.04 San Diego

  19. Kazuaki Yamamoto, Seiya Watanabe, Michio Hagihara, Shuji Tohda. Development of a novel measurement method for L-hydroxyproline using a new enzyme. The 32th World Congress of Biomedical Laboratory Science 2016.09.02

  20. Naoya Ichimura, Ayako Itoi, Yuki Ohkubo, Yuki Koda, Michio Hagihara, Shuji Tohda. Evaluation of an internal QC application for correctly recognizing immature granulocytes on blood smear. The 32th World Congress of Biomedical Laboratory Science 2016.09.02 Kobe

  21. Naoya Ichimura, Ayako Itoi, Yuki Ohkubo, Yuki Koda, Michio Hagihara, Shuji Tohda. Development of an internal quality control application for immature granulocytes differential. The 32th World Congress of Biomedical Laboratory Science 2016.09.02 Kobe

  22. Shohei Nogami, Mai Itoh, Shuji Tohda. Clinical usefulness of allele-specific/quenching probe method for detection of the MYD88 L265P mutation. The 14th Asian Society for Clinical Pathology and Laboratory Medicine Congress 2016.03.26 Taipei

  23. 渡邉健 他. Short chemotherapy prior to 90Y-ibritumomab tiuxetan for relapsed FL in a single institution.. 第77回日本血液学会学術集会 2015.10.18 石川県金沢市

  24. Yuki Okuhashi, Yusuke Takahashi, Mika Ohtaka, Erika Shiratori, Shijun O, Mai Itoh, Shuji Tohda. Effects of GLI1 and CTNNB1 knockdown on NOTCH signaling of leukemia cells. The 56th American Society of Hematology 2014.12.06 San Francisco, USA

  25. 太田 悠介, 貫井 陽子, 東田 修二, 齋藤 良一. Clostridioides difficileの分子疫学解析におけるPCR-based ORF Typing法の有用性の検討. 日本臨床微生物学会雑誌 2021.12.01

  26. 湯淺 そのか, 園部 一成, 伊藤 悦子, 高橋 祐太, 中島 淳, 金平 紗季, 高橋 里枝子, 本橋 智子, 佐々 千尋, 市村 直也, 東田 修二. 全自動血液培養機器における内部精度管理. 日本臨床微生物学会雑誌 2021.12.01

  27. 東田修二. シンポジウム 新型コロナウイルス検査の現状と展望:変異株同定の実際とあり方. 第68回日本臨床検査医学会学術集会 2021.11.13 富山

  28. 堀内 優奈,亀田 貴寛,市村 直也,喜納 勝成,三宅 一徳,東田 修二,戸塚 実,三井田 孝,大川龍之介. 無細胞系コレステロール引き抜き能評価法における血清のポリエチレングリコール処理条件の検討. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2021.11.07 福岡

  29. 東田修二. シンポジウム 新型コロナウイルス感染症:SARS-CoV-2変異株の流行と検査、その対応. 第28回日本遺伝子診療学会大会 2021.10.14 横浜

  30. 伊藤 千紗, 伊藤 真以, 東田 修二. NOTCH阻害剤SAHM1のTリンパ芽球性白血病細胞の増殖に対する効果. 日本臨床検査医学会誌 2021.10.01

  31. 齋藤 良一, Alafate Ayibieke, 東田 修二. SCCmec型分類に資するメチシリン耐性表皮ブドウ球菌のゲノミクス研究. 日本臨床検査医学会誌 2021.10.01

  32. 吉本 知世, 小山 祥美, 甲田 祐樹, 糸井 彩子, 大久保 有希, 永野 勝稔, 山崎 あずさ, 高槻 祐菜, 白鳥 恵理香, 宮本 菜央, 山本 花菜, 市村 直也, 野上 彩子, 東田 修二. 尿沈渣にて腫瘍細胞を認めた急性前骨髄球性白血病の一症例. 日本臨床検査医学会誌 2021.10.01

  33. 野上彩子、岡田啓五、本村鷹多朗、吉藤康太、東田修二、長尾俊景. USP14の阻害は、ITD陽性AMLにおいてNrf-2の増加を介してアポトーシスを誘導する. 第83回日本血液学会学術集会 2021.09.23 仙台

  34. 木村 萌,西山 優,上田 浩樹,有松 朋之,久保木 麻衣,高畑 篤,斎藤 真貴子,東田 修二,野上 彩子. Ravulizumab投与中PNH患者の周術期管理:総胆管結石症、急性胆管炎後の腹腔鏡下胆嚢摘出術. 第83回日本血液学会学術集会 2021.09.23 仙台

  35. 山本 雄彬, 市村 直也, 東田 修二. Googleアプリケーションを用いた文書作業申請システムの構築. 医療検査と自動化 2021.08.01

  36. 山本 雄彬, 市村 直也, 東田 修二. Deep Learningを用いた尿中赤血球の形態分類. 医療検査と自動化 2021.08.01

  37. 白鳥 恵理香, 甲田 祐樹, 糸井 彩子, 山崎 あずさ, 野上 彩子, 市村 直也, 東田 修二. 抗リン脂質抗体症候群の経過中に発症した骨髄原発と考えられるびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の一例. 日本検査血液学会雑誌 2021.08.01

  38. 赤羽 あゆみ, 山本 雄彬, 市村 直也, 東田 修二. 真空採血管の採取量を増量したことによる溶血率改善の効果. 医療検査と自動化 2021.08.01

  39. 木村 萌, 有松 朋之, 久保木 麻衣, 高畑 篤, 斎藤 真貴子, 東田 修二, 岡田 啓五. 高IgE症候群に合併したびまん性大細胞型B細胞リンパ腫. 臨床血液 2021.06.01

  40. 渡部 芽以, 本多 弘子, 市村 直也, 東田 修二. AIA-CL2400を用いた甲状腺ホルモン測定試薬の基礎的検討. 日本医学検査学会抄録集 2021.05.01

  41. 福島 紘子, 大野 一彦, 市村 直也, 東田 修二. 血中薬物濃度測定における血清分離剤入り採血管の検討. 日本医学検査学会抄録集 2021.05.01

  42. 齋藤 良一, 神谷 元, 東田 修二. 侵襲性髄膜炎菌感染症患者由来髄膜炎菌の薬剤感受性成績. 感染症学雑誌 2021.04.01

  43. 宮崎 健太郎, 村川 美也子, 青柳 栄子, 斉木 有美, 鈴木 委久江, 平地 渉, 松本 梨沙, 市村 直也, 梅澤 佳央, 東田 修二. 特徴的な超音波像を呈した膵頭部悪性リンパ腫の1例. 超音波医学 2021.04.01

  44. 高畑 篤, 田村 一洋, 川名 康仁, 野上 彩子, 梅澤 佳央, 東田 修二. レナリドミドおよび局所放射線療法を行った孤立性形質細胞腫に伴うPOEMS症候群. 日本内科学会関東地方会 2021.02.01

  45. 佐々 千尋, 中島 淳, 園部 一成, 市村 直也, 貫井 陽子, 東田 修二. 新型コロナウイルスPCR検査におけるDTT前処理の有用性および、PCR試薬の比較検討. 日本臨床微生物学会雑誌 2020.12.01

  46. 藤井 祐葵,島野 志都子,渡部 芽以,堀内 優奈,亀田 貴寛,大野 一彦,市村 直也,東田 修二,大川 龍之介. 自動分析装置による高比重リポタンパク亜分画コレステロールの測定. 第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020.11.20 岩手(on-line とのハイブリッド形式)

  47. 渡部 芽以,島野 志都子,亀田 貴寛,藤井 祐葵,大野 一彦,市村 直也,東田 修二,大川 龍之介. 生化学自動分析装置を用いたアポリポタンパクE含有高比重リポタンパクコレステロール測定試薬の性能評価. 第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020.11.20 岩手(on-line とのハイブリッド形式)

  48. 堀内 優奈,賴 劭睿,島野 志都子,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 無細胞系コレステロール引き抜き能測定法におけるreference serumに代わるタンパクの探索. 第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020.11.20 岩手(on-line とのハイブリッド形式)

  49. 山崎 あずさ,堀内 優奈,賴 劭睿,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,大川 龍之介. 赤血球膜コレステロール含有量測定法の検討. 第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020.11.20 岩手(on-line とのハイブリッド形式)

  50. 東田修二. withコロナ時代の臨床検査専門医試験-2020年度試験の運営の総括と次年度の取り組み. 第57回日本臨床検査専門医会総会講演会 2020.11.19 盛岡

  51. 町田友美、甲田祐樹、市村直也、野上彩子、東田修二. ペムブロリズマブ投与後の血球減少に対して骨髄検査を行った2例. 第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020.11.19

  52. 薗田由莉、伊藤真以、東田修二. HOXA9阻害剤による白血病細胞株の増殖抑制作用. 第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020.11.19 盛岡

  53. 堀内 優奈,島野 志都子,賴 劭睿,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 無細胞系コレステロール引き抜き能測定法の臨床現場での測定に向けた検討. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 学生シンポジウム 2020.11.01

  54. 村川 美也子, 朝比奈 靖浩, 青柳 栄子, 斉木 有美, 鈴木 委久江, 平地 渉, 宮崎 健太郎, 松本 梨沙, 市村 直也, 東田 修二. 代償性・非代償性C型肝硬変の病態進展予測における肝硬度測定の有用性の検討. 超音波医学 2020.11.01

  55. 山崎 あずさ,堀内 優奈,賴 劭睿,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. HDL亜分画におけるタイトルアポリポプロテインC-IIおよびアポリポプロテインC-IIIの分布とVLDLからの転送について. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2020.10.30

  56. 亀田 貴寛,島野 志都子,堀内 優奈,矢野 康次,賴 劭睿,市村 直也,東田 修二,栗原 由利子,戸塚 実,大川 龍之介. MPO酸化修飾およびN-ホモシステイン化修飾がHDLの血管内皮修復能に及ぼす影響について. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2020.10.30

  57. 堀内 優奈,島野 志都子,賴 劭睿,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 無細胞系コレステロール引き抜き能測定法の臨床現場での測定に向けた検討. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2020.10.30

  58. 陸田 優芽,堀内 優奈,島野 志都子,藤井 祐葵,山崎 あずさ,賴 劭睿,亀田 貴寛,市村 直也,藤田 浩二,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 炎症患者における血清アミロイドAによる高比重リポタンパクのコレステロール引き抜き能への影響. 日本医療検査科学会第52回大会 2020.10.01 On-line

  59. 藤井 祐葵, 古城 京花, 本多 弘子, 大川 龍之介, 市村 直也, 東田 修二. 心筋マーカー測定におけるヘパリンLiおよびEDTA-2Na採血管による差異の検討. 日本医療検査科学会第52回大会 2020.10.01 On-line

  60. 山崎 あずさ, 堀内 優奈, 頼 劭睿, 亀田 貴寛, 市村 直也, 東田 修二, 戸塚 実, 大川 龍之介. HDL亜分画におけるアポリポタンパクC-IIおよびアポリポタンパクC-IIIの分布とVLDLからの転送について. 臨床化学 2020.10.01

  61. 町田友美、甲田祐樹、糸井彩子、金盛英里子、佐藤明日香、山崎あすか、市村直也、野上彩子、東田修二. 凝固時間試薬コアグジェネシスPT・Fbgの性能評価. 日本医療検査科学会第52回大会 2020.09.24

  62. 市村直也、山本雄彬、東田修二. COVID-19患者受け入れ施設での医療従事者に対する接触者検診システムの構築. 日本医療検査科学会第52回大会 2020.09.24

  63. 山本雄彬、市村直也、東田修二. ディープラーニングを用いた尿沈渣成分の検出. 本医療検査科学会第52回大会 2020.09.24

  64. 大野一彦、市村直也、土屋輝一郎、東田修二. LRG測定用試薬「ナノピアLRG」の基礎的検討. 日本医療検査科学会第52回大会 2020.09.24

  65. 甲田祐樹、市村直也、東田修二. 文書管理システムとしてのLa-vietal QMの使用経験. 日本医療検査科学会第52回大会 2020.09.24

  66. 市村 直也, 山本 雄彬, 東田 修二. COVID-19患者受入施設での医療従事者に対する接触者検診システムの構築. 医療検査と自動化 2020.08.01

  67. 渡部 芽以, 大野 一彦, 市村 直也, 東田 修二. 生化学自動分析装置による電解質データの血清と血漿間の相関性の検討. 医療検査と自動化 2020.08.01

  68. 堀内 優奈,山崎 あずさ,島野 志都子,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 培養細胞および放射性物質を用いない新たな測定法によるコレステロール引き抜き能とHbA1cの関連の検討. 第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2020.07.17

  69. 町田友美、甲田祐樹、糸井彩子、金盛英里子、佐藤明日香、山崎あすか、市村直也、野上彩子、東田修二. 凝固時間試薬コアグジェネシスAPTTの性能評価. 第21回日本検査血液学会学術集会 2020.07.11 金沢

  70. 濱田 里美, 近藤 優里, 佐々木 奏絵, 千葉 里沙子, 渡辺 芙由子, 市村 直也, 棗 祐有, 古川 哲史, 東田 修二, 笹野 哲郎. 心房細動のバイオマーカーとしての血中microRNAの安定性の評価. 日本循環器学会学術集会抄録集 2020.07.01

  71. 貫井 陽子, 齋藤 良一, 相曽 啓史, 井上 健斗, 羽田野 義郎, 東田 修二, 小池 竜司. NDM-5メタロβラクタマーゼ・OXA-1同時産生Klebsiella oxytoca検出事例. 感染症学雑誌 2020.03.01

  72. 中島淳、小林亜由香、菊池孝司、松本裕子、東田修二、齋藤良一. 侵襲性髄膜炎菌感染症患者由来の髄膜炎菌における薬剤感受性成績. 第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会 2020.01.31 金沢

  73. 谷千尋、園部一成、金平紗希、高橋里枝子、萩原友希、本橋智子、市村直也、谷口貴志、東田修二. ポテトデキストロース寒天のメーカーの違いが質量分析法による真菌同定結果に影響する. 第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会 2020.01.31 金沢

  74. 湯淺そのか、園部一成、金平紗希、高橋里枝子、萩原友希、本橋智子、羽田野義郎、東田修二. 健常成人膣内の嫌気性菌細菌叢について. 第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会 2020.01.31

  75. 小林亜由香、中島淳、飯草正実、大城健哉、大塚武、菊池孝司、松本裕子、東田修二、齋藤良一. 髄膜炎菌の輸送条件に関する検討. 第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会 2020.01.31 金沢

  76. 湯淺 そのか, 園部 一成, 金平 紗季, 高橋 里枝子, 萩原 友希, 本橋 智子, 市村 直也, 羽田野 義郎, 東田 修二. 健常成人腟内の嫌気性菌細菌叢について. 日本臨床微生物学会雑誌 2019.12.01

  77. 藤井 祐葵,大川 龍之介,堀内 優奈,賴 劭睿,島野 志都子,大野 一彦,萩原 三千男,戸塚 実,東田 修二. HepG2を用いたSAA含有HDLの形成メカニズムの解析. 第66回日本臨床検査医学会学術集会 2019.11.23 岡山

  78. 藤井 祐葵,大川 龍之介,堀内 優奈,賴 劭睿,島野 志都子,大野 一彦,萩原 三千男,戸塚 実,東田 修二. HepG2を用いたSAA含有HDLの形成メカニズムの解析. 第66回日本臨床検査医学会学術集会 2019.11.23 岡山

  79. 東田修二. 臨床検査のガイドライン2018の概要と活用法 血液・造血器分野. 第66回日本臨床検査医学会学術集会 2019.11.23

  80. 糸井 彩子, 甲田 祐樹, 永野 勝稔, 山崎 あずさ, 萩原 三千男, 東田 修二. 新APTT試薬の性能評価においてLA感度の差異が影響している可能性が示唆された検体群. 第66回日本臨床検査医学会学術集会 2019.11.23

  81. 白鳥 恵理香, 伊藤 真以, 東田 修二. TIM-3ノックダウンによるバーキットリンパ腫細胞株の増殖に対する作用の検討. 第66回日本臨床検査医学会学術集会 2019.11.23

  82. 奥橋 佑基, 東田 修二. 白血病における細胞周期制御に関与する偽遺伝子の解析. 第66回日本臨床検査医学会学術集会 2019.11.23

  83. 伊藤 真以, 白鳥 恵理香, 東田 修二. 白血病細胞におけるチロシンキナーゼAXLの細胞・分子生物学的機能解析. 第66回日本臨床検査医学会学術集会 2019.11.23

  84. 大西 澪奈子, 本多 弘子, 萩原 三千男, 東田 修二. Atellica IM1600免疫自動分析装置による性腺ホルモン4項目と感染症5項目の基礎的検討. 日本臨床検査自動化学会第51回大会 2019.10.05

  85. 市村 直也, 萩原 三千男, 東田 修二. 翼状採血針における製品別溶血率調査. 日本臨床検査自動化学会第51回大会 2019.10.05

  86. 山崎 あずさ, 糸井 彩子, 甲田 祐樹, 金盛 英里子, 永野 勝稔, 佐藤 明日香, 萩原 三千男, 東田 修二. 新APTT試薬の性能評価. 日本臨床検査自動化学会第51回大会 2019.10.05

  87. 山本 雄彬, 小山 祥美, 北村 優佳, 町田 友美, 高槻 祐菜, 萩原 三千男, 東田 修二. Kerasによる深層学習(ディープラーニング)を利用した尿中赤血球形態分類の試行. 日本臨床検査自動化学会第51回大会 2019.10.05

  88. 堀内 優奈,賴 劭睿,島野 志都子,萩原 三千男,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 臨床現場で利用可能なコレステロール引き抜き能測定法の開発と評価. 日本臨床検査自動化学会第51回大会 2019.10.04

  89. 新井 康祐, 濱村 貴史, 野口 侑真, 渡邉 健, 野上 彩子, 東田 修二, 三浦 修. 医原性免疫不全関連リンパ増殖性疾患を合併したγ鎖病. 臨床血液 2019.10.01

  90. 野上 彩子, 福田 哲也, 山本 浩平, 東田 修二. 汎血球減少の長期経過後に明らかとなったMarginal zone lymphoma様の骨髄原発リンパ腫. 臨床病理 2019.10.01

  91. 濱田 里美, 佐々木 奏絵, 萩原 三千男, 東田 修二, 笹野 哲郎. 小型1ch心電計の不整脈診断における有用性と安定性. 臨床病理 2019.10.01

  92. 堀内 優奈,賴 劭睿,島野 志都子,萩原 三千男,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 血清を測定対象とする固相化リポソーム結合ゲルビーズを用いたコレステロール引き抜き能測定の検討. 第59回日本臨床化学会年次学術集会 学生シンポジウム 2019.09.29

  93. 堀内 優奈,賴 劭睿,島野 志都子,萩原 三千男,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 血清を測定対象とする固相化リポソーム結合ゲルビーズを用いたコレステロール引き抜き能測定の検討. 第59回日本臨床化学会年次学術集会 2019.09.29

  94. 佐藤明日香、甲田祐樹、金盛英里子、糸井彩子、永野 勝稔、山崎あずさ、萩原三千男、野上彩子、東田修二. APL variantとの鑑別に苦慮したcup like blastとFLT3-ITD/NPM1変位を伴うAMLの一例. 第20回日本検査血液学会学術集会 2019.07.06

  95. 平地 渉, 村川 美也子, 青柳 栄子, 齊木 有美, 鈴木 委久江, 宮崎 健太郎, 萩原 三千男, 叶内 匡, 朝比奈 靖浩, 東田 修二. 造影超音波検査が診断に有用であった肝血管肉腫の一例. 超音波医学 2019.04.01

  96. 貫井 陽子, 羽田野 義郎, 齋藤 良一, 相曽 啓史, 東田 修二, 小池 竜司, Ayibieke Alfate. 本邦初のNDM-5メタロβラクタマーゼ産生大腸菌ST167による感染事例. 感染症学雑誌 2019.03.01

  97. 小林亜由香、 園部一成、久保田栞、中島淳、高橋里枝子、金平紗季、谷千尋、湯淺そのか、本橋智子、羽田野義郎、貫井陽子、東田修二. ポテトデキストロース寒天培地における糸状菌のジャイアントコロニーの比較. 第30回日本臨床微生物学会学術集会 2019.02.03

  98. 金平紗季、園部一成、湯淺そのか、谷千尋、小林亜由香、中島淳、久保田栞、高橋里枝子、本橋智子、羽田野義郎、貫井陽子、東田修二. レミエール症候群の血液培養よりVerigeneシステムと培養法で異なる菌種が検出された1例. 第30回日本臨床微生物学会学術集会 2019.02.03

  99. 東田修二. 免疫電気泳動と固定法の解釈のしかた. 第65回日本臨床検査医学会学術集会 Catch upセミナー 2018.11.17 東京

  100. 大西澪奈子,武部功,本多弘子,萩原三千男,東田修二. ルミパルスPrestoⅡを用いた可溶性インターロイキン2レセプター(sIL-2R)測定試薬の基礎的検討. 第65回日本臨床検査医学会学術集会 2018.11.17 東京

  101. 松本梨沙、市村直也、鳴海純、青柳栄子、萩原三千男、東田修二. 中央採血室における患者採血行為の録音・録画の試み. 第65回日本臨床検査医学会学術集会 2018.11.17 東京

  102. 島野志都子、大川龍之介、垂門碧、南部真由、笹岡真衣、山崎あずさ、藤井祐葵、五十嵐好、堀内優奈、賴劭睿、萩原三千男、戸塚実、東田修二. 炎症による高比重リポタンパク(HDL)の構造変化の解析. 第65回日本臨床検査医学会学術集会 2018.11.16 東京

  103. 井原寛子、伊藤真以、東田修二. 白血病細胞の増殖とNOTCHシグナルに対するCyclosporin Aの作用. 第65回日本臨床検査医学会学術集会 2018.11.16 東京

  104. 白鳥恵理香、大高美香、伊藤真以、東田修二. TIM-3蛋白のバーキットリンパ腫細胞株の増殖における意義の検討. 第65回日本臨床検査医学会学術集会 2018.11.16 東京

  105. 大高美香、伊藤真以、東田修二. 種々の白血病細胞の増殖に対するBrequinar sodiumの作用. 第65回日本臨床検査医学会学術集会 2018.11.16 東京

  106. 奥橋佑基、細萓茂実、東田修二. 白血病細胞の増殖における偽遺伝子PTENP1の役割. 第65回日本臨床検査医学会学術集会 2018.11.16 東京

  107. 町田友美、小山祥美、佐藤明日香、北村優佳、萩原三千男、藤井俊光、北澤優美、松岡克善、東田修二. 潰瘍性大腸炎の臨床的寛解と便中カルプロテクチンとの関連性. 第65回日本臨床検査医学会学術集会 2018.11.16 東京

  108. 東田修二. リンパ節の検査. 第17回日本検査血液学会指定研修会 2018.11.10 東京

  109. 赤羽あゆみ、加藤優子、大西澪奈子、武部功、本多弘子、萩原三千男、東田修二. PIVKA-II測定試薬5種の性能評価と溶血試料での測定値の変動. 日本臨床検査自動化学会第48回大会 2018.10.13 神戸

  110. 市村直也、萩原三千男、東田修二. 採血業務に関する品質指標の設定と業務プロセス改善効果の検証. 日本臨床検査自動化学会第48回大会 2018.10.13 神戸

  111. 阿部広輝、島野志都子、大川龍之介、戸塚実、萩原三千男、東田修二. 尿中アルブミン測定用検体の安定性と前処理についての検討. 日本臨床検査自動化学会第48回大会 2018.10.12 神戸

  112. 永野勝稔、糸井彩子、金盛英里子、甲田祐樹、大久保有希、佐藤明日香、萩原三千男、東田修二. 脾梗塞と同時に自己免疫性溶血性貧血の再発がみられた一例. 第19回日本検査血液学会学術集会 2018.07.21 さいたま

  113. 東田修二. リンパ節の検査. 第15回日本検査血液学会指定研修会 2017.11.25 東京

  114. 白鳥恵理香、大高美香、伊藤真以、東田修二. リンパ系腫瘍細胞に対するMYD88阻害薬の細胞分子 生物学的作用. 第64回日本臨床検査医学会学術集会 2017.11.19 京都

  115. 市村直也、小山祥美、佐藤明日香、町田友美、萩原三千男、東田修二. 尿沈渣検鏡法における分類精度定量化の試み. 第64回日本臨床検査医学会学術集会 2017.11.18

  116. 永野勝稔、小山祥美、山本雄彬、佐藤明日香、町田友美、萩原三千男、東田修二、山本貴信. Fabry病を疑う契機となった尿沈渣のmulberry cellの意義. 第64回日本臨床検査医学会学術集会 2017.11.18 京都

  117. 甲田祐樹、大高美香、白鳥恵理香、伊藤真以、東田修二. MERチロシンキナーゼ阻害による白血病細胞の増殖抑制. 第64回日本臨床検査医学会学術集会 2017.11.17 京都

  118. 大高美香、白鳥恵理香、伊藤真以、東田修二. siRNAを用いた白血病細胞におけるBMI1の機能解析. 第64回日本臨床検査医学会学術集会 2017.11.17 京都

  119. 山本雄彬、岩崎由美、萩原三千男、東田修二. 先進医療として実施している多項目迅速ウイルスPCR法によるウイルス感染症の早期診断. 第64回日本臨床検査医学会学術集会 2017.11.17 京都

  120. 本橋智子、島野志都子、大川龍之介、戸塚実、萩原三千男、東田修二. LABOSPECT008を用いた「ナノピアIL-2R」試薬の性能評価. 第64回日本臨床検査医学会学術集会 2017.11.17 京都

  121. 奥橋佑基、細萓茂実、東田修二. siRNAとCRISPER/Cas9システムを用いたゲノム編集による白血病細胞の増殖への効果. 第64回日本臨床検査医学会学術集会 2017.11.17 京都

  122. 垂門碧、島野志都子、大川龍之介、戸塚実、萩原三千男、東田修二. Dimension EXL200によるタクロリムス測定の基礎的検討とTurn Around Timeの評価. 日本臨床検査自動化学会第49回大会 2017.09.22 横浜

  123. 山本雄彬、萩原三千男、東田修二. Microsoft Excel Visual Basic for Aplications及びVLOOKUP関数を利用した機材管理方法. 日本臨床検査自動化学会第49回大会 2017.09.21 横浜

  124. 西家里奈、大久保有希、永野勝稔、金盛英里子、甲田祐樹、糸井彩子、萩原三千男、東田修二. 基礎疾患を認めない成人発症の血球貪食症候群の一例. 第18回日本検査血液学会学術集会 2017.07.23 札幌

  125. 甲田祐樹、糸井彩子、大久保有希、金盛英里子、永野勝稔、西家里奈、萩原三千男、長濱裕、東田修二. LPIAジェネシスDダイマー試薬の試験管内凝固によるDダイマー測定値への影響に関する検討. 第18回日本検査血液学会学術集会 2017.07.23 札幌

  126. 大久保有希、甲田祐樹、糸井彩子、金盛英里子、永野勝稔、西家里奈、萩原三千男、長濱裕、東田修二. LPIAジェネシスDダイマー試薬の基礎的検討. 第18回日本検査血液学会学術集会 2017.07.23 札幌

  127. 金平紗季、園部一成、中島淳、久保田栞、萩原友希、武部功、北村優佳、東田修二. Clostridium difficile検出の弁検体の空気暴露における生育菌数に関する検討. 第28回日本臨床微生物学会総会 2017.01.22 長崎

  128. 青栁栄子、叶内 匡、赤座実穂、飯田真太朗、鳴海 純、太田那津美、角 勇樹、横田隆徳、萩原三千男、東田修二. 神経伝導検査における精度管理の検討. 第46回日本臨床神経生理学会学術大会 2016.10.29 郡山

  129. 叶内 匡,関口輝彦,東田修二,横田隆徳. 筋萎縮性側索硬化症(ALS)における下位運動神経の障害速度に上位運動神経障害は影響するか。. 第46回日本臨床神経生理学会学術大会 2016.10.28 郡山

  130. 永野勝稔、糸井彩子、甲田祐樹、金盛英里子、大久保有希、西家里奈、萩原三千男、村上直巳、東田修二. 自動血球分析装置XN-9000を用いたIPFの基礎的検討と血小板減少性疾患における測定意義. 日本臨床検査自動化学会第48回大会 2016.09.24 横浜

  131. 大野一彦、島野志都子、細川幹夫、萩原三千男、東田修二. 総蛋白測定試薬「セロテック」TP-SLの検討. 日本臨床検査自動化学会第48回大会 2016.09.23 横浜

  132. 萩原三千男、高田穂菜実、市村直也、東田修二. 臨床検査室の温度管理システム構築と運用. 日本臨床検査自動化学会第48回大会 2016.09.22 横浜

  133. 本多弘子、赤羽あゆみ、萩原三千男、東田修二. 全自動化学発光酵素免疫測定システム「ルミパルスL2400」プロトタイプ機の性能評価. 日本臨床検査自動化学会第48回大会 2016.09.22 横浜

  134. 萩原三千男、高田穂菜実、市村直也、東田修二. 検査試薬等を納品するまでの温度管理の試み. 日本臨床検査自動化学会第48回大会 2016.09.22

  135. 白鳥恵理香、野上祥平、大高美香、伊藤真以、東田修二. MYD88の阻害によるリンパ腫細胞の増殖抑制作用. 第63回日本臨床検査医学会 2016.09.04

  136. 奥橋佑基、細萓茂実、東田修二. 急性Tリンパ芽球性白血病におけるPTENの機能解析. 第63回日本臨床検査医学会 2016.09.04 神戸

  137. 大高美香、野上祥平、白鳥恵理香、伊藤真以、東田修二. BMI1 阻害剤による白血病細胞のアポトーシス誘導を介した増殖抑制作用. 第63回日本臨床検査医学会 2016.09.04 神戸

  138. 野上祥平、白鳥恵理香、大高美香、伊藤真以、東田修二. 白血病細胞でのNOTCHシグナル活性化に伴うmicroRNA発現の変化. 第63回日本臨床検査医学会 2016.09.04 神戸

  139. 東田修二. 教育講演:臨床検査のガイドラインJSLM2015活用のポイント:腫瘍マーカーとコンパニオン診断の適切利用による個別化医療の推進. 第63回日本臨床検査医学会 2016.09.03 神戸

  140. 山口委久江、東亮子、櫻井幸、村川美也子、青柳栄子、佐藤晴香、別府史子、鳴海純、大野めぐみ、木元麻美、田中美幸、萩原三千男、叶内匡、吉田宗一郎、木原和徳、東田修二. 下大静脈腫瘍塞栓および右房進展を来した左腎細胞癌の一例. 第63回日本臨床検査医学会 2016.09.03 神戸

  141. 甲田祐樹、大高美香、白鳥恵理香、伊藤真以、東田修二. 白血病細胞の増殖に対するMERチロシンキナーゼの阻害剤の作用. 第63回日本臨床検査医学会 2016.09.02 神戸

  142. 宮崎健太郎、叶内匡、青柳栄子、別府史子、鳴海純、大野めぐみ、木元麻美、田中美幸、山口委久江、島村晴香、額千裕、太田那津美、新井淳美、萩原三千男、東亮子、東田修二. 左右腕電極の付け間違えにおける3 例の検討. 第63回日本臨床検査医学会 2016.09.02 神戸

  143. 甲田祐樹、糸井彩子、大久保有希、永野勝稔、西家里奈、金盛英里子、萩原三千男、村上直巳、東田修二. 免疫固定法により微量のM蛋白を検出した形質細胞性白血病の1例. 第17回日本検査血液学会学術集会 2016.08.07 福岡

  144. 太田那津美、叶内 匡、赤座実穂、青栁栄子、鳴海 純、柳奈緒美、角 勇樹、横田隆徳、萩原三千男、東田修二. 神経伝導検査における精度管理のための検討. 第57回日本神経学会学術大会 2016.05.20 神戸

  145. 鳴海  純、東  亮子、別府 史子、大野 めぐみ、木元 麻美、田中 美幸、長岡 英気、荒井 裕国、 萩原 三千男、東田 修二. 左房内未分化多形肉腫の一例. 日本エコー図学会第27回学術集会 2016.04.23 大阪

  146. 天野永一朗,鈴木基弘,尾崎心,石橋哲,赤座実穂,叶内 匡,東田修二,横田隆徳. 遠位部に病変の強い感覚優位型CIDPの1例. 第10回首都圏神経筋電気診断フォーラム 2016.01.30 東京

  147. 荻原真二、齋藤良一、久保田栞、金平紗季、萩原友希、高橋里枝子、北村優佳、武部功、澤辺悦子、萩原三千男、東田修二. 当院における基質拡張型β-ラクタマーゼ産生E.coliの遺伝子型解析. 第27回日本臨床微生物学会総会 2016.01.30 仙台

  148. 堂前祐一、櫻井幸、本多弘子、萩原三千男、東條尚子、朝比奈靖浩、東田修二. 肝線維化マーカー「HISCL M2BPGi試薬」の基礎的検討と評価. 第62回日本臨床検査医学会学術集会 2015.11.21

  149. 白鳥恵理香、野上祥平、王詩淳、大高美香、伊藤真以、東田修二. リンパ腫・白血病細胞株の増殖に対するMYD88阻害薬とBTK阻害薬の作用. 第62回日本臨床検査医学会学術集会 2015.11.21

  150. 東田修二(講演). 医療安全シンポジウム:医療安全の観点からの感染対策の医科歯科大病院検査部の取り組み. 第62回日本臨床検査医学会学術集会 2015.11.21 岐阜

  151. 野上祥平、川口寛子、王詩淳、白鳥恵理香、大高美香、伊藤真以、東田修二. リンパ系腫瘍におけるMYD88遺伝子変異の新規検査法の開発. 第62回日本臨床検査医学会学術集会 2015.11.21

  152. 太田那津美、東條尚子、青柳栄子、鳴海純、別府史子、大野めぐみ、木元麻美、田中美幸、柳奈緒美、山口委久江、島村晴香、有光絵美、宮崎健太郎、萩原三千男、叶内匡、東田修二. 機能的残気量(FRC)測定の精度管理. 第62回日本臨床検査医学会学術集会 2015.11.20

  153. 奥橋佑基、伊藤真以、細萱茂実、東田修二. Notchシグナル阻害剤に耐性を示す白血病細胞の分子病態. 第62回日本臨床検査医学会学術集会 2015.11.20

  154. 大高美香、白鳥恵理香、王詩淳、野上祥平、伊藤真以、東田修二. 白血病細胞に対するBMI阻害剤の細胞分子生物学的作用. 第62回日本臨床検査医学会学術集会 2015.11.20

  155. 王詩淳、野上祥平、白鳥恵理香、大高美香、伊藤真以、東田修二. 白血病細胞における糖転移酵素の発現とNotchシグナル活性化との関連. 第62回日本臨床検査医学会学術集会 2015.11.20

  156. 鳴海 純,叶内 匡,赤座実穂,青栁栄子,柳奈緒美,太田那津美,角 勇樹,横田隆徳,萩原三千男,東田修二. 神経伝導検査における精度管理のための基礎的検討. 第45回日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.05 大阪

  157. 市村直也、小山祥美、萩原三千男、東田修二. 尿沈渣における採尿時刻を起点としたTurn Around Timeの検証. 日本臨床検査自動化学会第47回大会 2015.10.10

  158. 赤羽あゆみ、本多弘子、萩原三千男、東田修二. 全自動免疫測定装置HISCL-5000によるKL-6測定試薬の性能評価. 日本臨床検査自動化学会第47回大会 2015.10.10

  159. 赤羽あゆみ、本多弘子、萩原三千男、東田修二. 全自動免疫測定装置HISCL-5000によるPIVKA-II測定試薬の性能評価. 日本臨床検査自動化学会第47回大会 2015.10.09

  160. 大久保有希、甲田祐樹、糸井彩子、永野勝稔、萩原三千男、村上直巳、東條尚子、東田修二. 破砕赤血球比率の計測におけるCellaVision DM96の有用性. 第16回日本検査血液学会学術集会 2015.07.11 名古屋

  161. 東田修二. 造血器腫瘍のバイオマーカー:白血病幹細胞の個性診断をめざして. シンポジウム 癌生物学とバイオマーカー探索. 第61回日本臨床検査医学会学術集会 2014.11.25 福岡

  162. 東條尚子,萩原三千男,東田修二. 臨床検査室は診療科からの要望をどう取り入れるか. 第61回日本臨床検査医学会学術集会 2014.11.25

  163. 白鳥恵理香、大高美香、高橋祐介、伊藤真以、東田修二. BCR-ABL融合遺伝子の定量RT-PCR法と定性RT-Nested PCR法での検出感度の比較. 第61回日本臨床検査医学会学術集会 2014.11.24 福岡

  164. 川口寛子, 伊藤真以, 室橋郁生, 東田修二. Quenching probe法を用いたNPM1遺伝子変異の検出法. 第61回日本臨床検査医学会学術集会 2014.11.24 福岡

  165. 大高美香, 高橋祐介, 白鳥恵理香, 伊藤真以, 東田修二. 白血病細胞の増殖に対するBmi1阻害剤の作用. 第61回日本臨床検査医学会学術集会 2014.11.24 福岡

  166. 奥橋佑基,高橋祐介,伊藤真以,東田修二. Wntシグナル、Hedgehogシグナル関連遺伝子のノックダウンが及ぼす白血病への効果. 第61回日本臨床検査医学会学術集会 2014.11.24 福岡

  167. 東田修二(講演). リンパ節の検査. 第12回日本検査血液学会指定研修会 2014.11.15 東京

  168. 額千裕, 島野志都子, 本橋智子, 萩原三千男, 東田修二, 東條尚子. 「セロテック」(株式会社セロテック)UA-L改良試薬の検討. 第46回日本臨床検査自動化学会大会 2014.10.11

  169. 甲田祐樹, 齊藤弘子, 糸井彩子, 小沼真理子, 萩原三千男, 村上直己, 東條尚子, 東田修二. 血液像自動分析装置CellaVision DM96の院内導入における基礎的検討. 第15回日本検査血液学会学術集会 2014.07.21 仙台

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 東田修二:公益信託臨床検査医学研究振興基金「小酒井望賞」,2018年02月

  • 日本臨床検査医学会学会賞(生命科学賞),2008年

  • 黒住医学研究振興財団第9回研究助成金,2001年

  • 平成7年度公益信託臨床病理学研究奨励金,1996年

  • 第11回井上研究奨励賞,1995年

  • 第6回お茶の水会医科同窓会研究奨励賞,1992年

  • 第5回横山臨床薬理研究助成金,1991年

  • Fellowship (Medical Research Council of Canada),1991年

  • 財団法人臨床薬理研究振興財団海外留学補助金,1990年

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2021年

    東田修二:白血病の遺伝子パネル検査とシグナル蛋白解析を統合した分子標的薬感受性検査法の開発.科学研究費補助金 基盤研究C(研究代表者)継続

  • 2020年

    東田修二:白血病の遺伝子パネル検査とシグナル蛋白解析を統合した分子標的薬感受性検査法の開発.科学研究費補助金 基盤研究C(研究代表者)新規

  • 2019年04月

    東田修二.急性白血病の幹細胞を根絶する分子標的薬の効果を予測するコンパニオン検査法の開発文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)(研究代表者)継続

  • 2018年04月

    東田修二.急性白血病の幹細胞を根絶する分子標的薬の効果を予測するコンパニオン検査法の開発文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)(研究代表者)継続

  • 2017年04月

    東田修二.急性白血病の幹細胞を根絶する分子標的薬の効果を予測するコンパニオン検査法の開発文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)(研究代表者)新規

  • 2016年04月

    東田修二. 急性白血病の症例ごとの幹細胞自己複製シグナルとその分子標的薬の効果予測の検査法. 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)(研究代表者)継続

  • 2015年04月

    東田修二. 急性白血病の症例ごとの幹細胞自己複製シグナルとその分子標的薬の効果予測の検査法. 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)(研究代表者)継続

  • 2014年04月

    東田修二. 急性白血病の症例ごとの幹細胞自己複製シグナルとその分子標的薬の効果予測の検査法. 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)(研究代表者)新規

  • 2011年04月

    -2014年3月 東田修二. 基盤研究(C)(研究代表者)

  • 2008年04月

    -2011年3月 東田修二. 基盤研究(C)(研究代表者)

  • 2006年04月

    -2008年3月 東田修二. 基盤研究(C)(研究代表者)

  • 2004年04月

    -2006年3月 東田修二. 基盤研究(C)(研究代表者)

  • 2001年04月

    -2003年3月 東田修二. 基盤研究(C)(研究代表者)

  • 1998年04月

    -2000年3月 東田修二. 基盤研究(C)(研究代表者)

  • 1995年04月

    -1996年3月 東田修二. 奨励研究(A)(研究代表者)

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 臨床検査医学講義(医学科3年)

  • 感染:細菌実習(医学科2年)

  • 腫瘍学:講義(医学科3年)

  • プレクリニカルクラークシップ:採血と血液検査実習(医学科5年)

  • 血液検査学講義(保健衛生学科3年)

  • 検査部臨地実習:細菌検査(保健衛生学科4年)

  • 大学院修士課程病院実習(修士1年)

  • 卒業研究(保健衛生学科4年)

  • プロジェクトセメスター(医学科4年)

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 感染者における変異ウイルスの状況、対応及び課題,文化放送,斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI,2021年04月08日

  • 新型コロナの変異ウイルスに関して,TBSテレビ,news23,2021年04月06日

  • 新たな変異ウイルスの患者について,日本テレビ,newszero,2021年04月06日

  • 新型コロナウイルス変異株の患者増について,テレビ朝日,報道ステーション,2021年04月06日

  • 新型コロナの変異ウイルス,TBSテレビ,あさチャン!,2021年04月05日

  • 変異ウイルス感染者対応について,テレビ東京,WBS,2021年04月02日

  • 変異ウイルスについて,NHK,NHKニュース,2021年04月02日

  • 変異株について,読売新聞,読売新聞,2021年04月01日

  • 変異株の現状,日本経済新聞社,日本経済新聞,2021年04月01日

  • E484Kについて,フジテレビ,ライブニュースα,2021年04月01日

  • 変異ウイルスについて,日本テレビ,newszero,2021年04月01日

  • コロナとインフルの検査方法など,日本テレビ,「news every.」「news zero」,2020年10月06日

  • PCR検査の特異度について,日本経済新聞社,日本経済新聞,2020年07月20日

  • 新型コロナウイルスの検査体制について,テレビ東京,ワールドビジネスサテライト,2020年07月07日

  • 新型コロナPCR検査態勢について,読売新聞社,読売新聞,2020年06月30日

  • 学内におけるPCR検査の状況,時事通信社,地方紙に配信,2020年06月26日

  • 入院患者全員のPCR検査実施について,日本テレビ,news zero、報道番組「ミヤネ屋」,2020年05月22日

  • 医学部付属病院での入院患者全員のPCR検査について,TBSテレビ,NEWS23,2020年05月19日

  • 基礎系研究室でのスクリーニングPCR検査について,日本経済新聞社,日本経済新聞,2020年05月13日

▼全件表示