基本情報

写真a

青木 和広(アオキ カズヒロ)

Kazuhiro AOKI


職名

教授

生年

1961年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45、 2号館2階217号室

研究室電話番号

03-5803-4641

研究室FAX番号

03-5803-4641

メールアドレス

kazuhiro_aoki.bhoe@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/dept/dentistry/bohe/index.html

研究分野・キーワード

骨形成促進薬開発、非浸襲的骨造成法、口腔細菌と全身疾患との関連

プロフィール

http://talk.yumenavi.info/tmd/ 夢ナビ

分野紹介URL

口腔基礎工学とは

 

注射で骨をつくる(ハイライト)21秒

 

注射で骨をつくる(2分27秒)

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  1988年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  歯科薬理学  博士課程  1992年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    2009年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織薬理学 助教
  • 2009年04月
    -
    2017年01月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織薬理学 准教授
  • 2017年02月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 口腔基礎工学 教授
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 口腔基礎工学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1992年10月
    -
    1995年03月
    (財)松翁会診療所・歯科 歯科医師
  • 1997年10月
    -
    1999年09月
    Yale大学 医学部 細胞生物学教室 博士研究員(Prof. Roland Baron's Lab)
  • 2010年08月
    -
    2012年07月
    文部科学省 研究振興局 学術調査官

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 歯科基礎医学会

  • 日本骨形態計測学会

  • 日本骨代謝学会

  • 口腔病学会

  • 米国骨代謝学会

  • 国際歯科研究会

  • 日本薬理学会

  • 日本歯科技工学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年
    -
    2020年
    歯科基礎医学会 理事
  • 2009年
    -
    現在
    歯科基礎医学会 代議員
  • 2009年
    -
    現在
    日本骨代謝学会 評議員
  • 2008年
    -
    現在
    日本骨形態計測学会 評議員
  • 2010年08月
    -
    2012年07月
    文部科学省 学術振興局 学術調査官
  • 口腔病学会 幹事、評議員、理事 (2000~2002年(幹事)、2009年~(評議員)、2017年~(理事))
  • 2009年
    -
    2017年
    日本薬理学会 学術評議員
  • 2004年
    -
    2006年
    国際歯科研究会 幹事
  • 2004年06月
     
     
    日本骨形態計測学会 第24回日本骨形態計測学会 実行委員長
  • 2013年03月
     
     
    日本歯科骨粗鬆症学会 第11回日本歯科骨粗鬆症学会 実行委員長
  • 2013年06月
     
     
    日本歯科薬物療法学会 第33回日本歯科薬物療法学会 実行委員長

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 常態系口腔科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 保険医登録

  • 麻薬研究者

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 骨形成を促進するRANKL逆シグナルスイッチの最適化から新規骨形成促進薬開発へ ,2019年04月 - 2023年03月

  • 口腔細菌と全身健康との関連研究,2017年04月 - 現在

  • プラーク忌避表面コート剤の開発,2017年02月 - 現在

  • 非侵襲的な骨量増量方法の開発,2009年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 骨形成を促進するRANKL逆シグナルスイッチの最適化から新規骨形成促進薬開発へ

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2022年

  • 口腔内細菌の持続的血管内注入による発癌および血栓形成惹起モデル確立への挑戦

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • BMP-2遺伝子発現ベクターとRANKL結合ペプチドによる新規骨形成法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 骨形成を促進する受容体として働くRANKLの解析と治療への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 放射線照射による骨髄内環境の損傷とマクロファージによる修復機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • カテプシンK阻害薬とPTH併用による炎症性骨吸収抑制効果の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • RANK様ペプチドによる新規骨・軟骨形成促進薬の創生

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • TNF2型受容体アゴニストによる新規骨吸収抑制薬の創生

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • RANKL結合ペプチドのオリゴマー化による新規骨形成促進剤の創生

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 抗炎症、骨量増加作用を併せ持つTNF拮抗薬開発と歯周疾患への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • NFーkBの非古典的経路による骨代謝機構の分子基盤の解明と骨再生への応用

    文部科学省/日本学術振興会

  • 副作用の少ない小児ステロイド性顎骨骨粗鬆症治療における骨吸収阻害薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 抗酸化作用とPDE阻害作用を併せ持つ新規骨粗鬆症治療薬の開発に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 成長期骨代謝に与える身体運動刺激と咀嚼刺激の相乗作用:血中ホルモン動態に着目して

    文部科学省/日本学術振興会

  • 根尖部ニッチにおけるセメント質形成微小環境の構築と歯根吸収予防・修復への臨床展開

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Hirohashi Yuna, Kamijo Shingo, Khan Masud, Ikeda Masaomi, Oki Meiko, Matin Khairul, Rashed Fatma, Aoki Kazuhiro. Tetracycline, an Appropriate Reagent for Measuring Bone-Formation Activity in the Murine Model of the Streptococcus mutans-Induced Bone Loss FRONTIERS IN CELLULAR AND INFECTION MICROBIOLOGY. 2021.09; 11 714366. ( PubMed, DOI )

  2. Gao Jing, Muroya Ryusuke, Huang Fei, Nagata Kengo, Shin Masashi, Nagano Ryoko, Tajiri Yudai, Fujii Shinsuke, Yamaza Takayoshi, Aoki Kazuhiro, Tamura Yukihiko, Inoue Mayuko, Chishaki Sakura, Kukita Toshio, Okabe Koji, Matsuda Miho, Mori Yoshihide, Kiyoshima Tamotsu, Jimi Eijiro. Bone morphogenetic protein induces bone invasion of melanoma by epithelial-mesenchymal transition via the Smad1/5 signaling pathway LABORATORY INVESTIGATION. 2021.09; 101 (11): 1475-1483. ( PubMed, DOI )

  3. Rashed Fatma, Kamijyo Shingo, Shimizu Yuri, Hirohashi Yuna, Khan Masud, Sugamori Yasutaka, Murali Ramachandran, Aoki Kazuhiro. The Effects of Receptor Activator of NF-kappa B Ligand-Binding Peptides on Bone Resorption and Bone Formation FRONTIERS IN CELL AND DEVELOPMENTAL BIOLOGY. 2021.07; 9 648084. ( PubMed, DOI )

  4. Okawara H, Arai Y, Matsuno H, Marcián P, Borák L, Aoki K, Wakabayashi N. Effect of load-induced local mechanical strain on peri-implant bone cell activity related to bone resorption and formation in mice: An analysis of histology and strain distributions. Journal of the mechanical behavior of biomedical materials. 2021.04; 116 104370. ( PubMed, DOI )

  5. Takakura N, Matsuda M, Khan M, Hiura F, Aoki K, Hirohashi Y, Mori K, Yasuda H, Hirata M, Kitamura C, Jimi E. A novel inhibitor of NF-κB-inducing kinase prevents bone loss by inhibiting osteoclastic bone resorption in ovariectomized mice. Bone. 2020.03; 135 115316. ( PubMed, DOI )

  6. Keo P, Matsumoto Y, Shimizu Y, Nagahiro S, Ikeda M, Aoki K, Ono T. A pilot study to investigate the histomorphometric changes of murine maxillary bone around the site of mini-screw insertion in regenerated bone induced by anabolic reagents. European journal of orthodontics. 2020.03; ( PubMed, DOI )

  7. Shigeki Nagahiro, Tomoki Uehara, Mariko Yamamoto Kawai, Preksa Keo, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Shinji Kuroda, Takashi Ono, Michiyo Miyashin, Kazuhiro Aoki. RANKL-binding peptide promotes ectopic bone formation induced by BMP-2 gene transfer in murine gastrocnemius muscle Dental, Oral and Maxillofacial Research. 2020.01; 6 (1): ( DOI )

  8. Amano Hitoshi, Iwaki Futoshi, Oki Meiko, Aoki Kazuhiro, Ohba Shinsuke. An osteogenic helioxanthin derivative suppresses the formation of bone-resorbing osteoclasts REGENERATIVE THERAPY. 2019.12; 11 290-296. ( PubMed, DOI )

  9. Touyama K, Khan M, Aoki K, Matsuda M, Hiura F, Takakura N, Matsubara T, Harada Y, Hirohashi Y, Tamura Y, Gao J, Mori K, Kokabu S, Yasuda H, Fujita Y, Watanabe K, Takahashi Y, Maki K, Jimi E. Bif-1/Endophilin B1/SH3GLB1 regulates bone homeostasis. Journal of cellular biochemistry. 2019.06; ( PubMed, DOI )

  10. Sone E, Noshiro D, Ikebuchi Y, Nakagawa M, Khan M, Tamura Y, Ikeda M, Oki M, Murali R, Fujimori T, Yoda T, Honma M, Suzuki H, Ando T, Aoki K. The induction of RANKL molecule clustering could stimulate early osteoblast differentiation. Biochemical and biophysical research communications. 2019.02; 509 (2): 435-440. ( PubMed, DOI )

  11. Urata Mariko, Kokabu Shoichiro, Matsubara Takuma, Sugiyama Goro, Nakatomi Chihiro, Takeuchi Hiroshi, Hirata-Tsuchiya Shizu, Aoki Kazuhiro, Tamura Yukihiko, Moriyama Yasuko, Ayukawa Yasunori, Matsuda Miho, Zhang Min, Koyano Kiyoshi, Kitamura Chiaki, Jimi Eijiro. A peptide that blocks the interaction of NF-B p65 subunit with Smad4 enhances BMP2-induced osteogenesis JOURNAL OF CELLULAR PHYSIOLOGY. 2018.09; 233 (9): 7356-7366. ( PubMed, DOI )

  12. Ikebuchi Yuki, Aoki Shigeki, Honma Masashi, Hayashi Madoka, Sugamori Yasutaka, Khan Masud, Kariya Yoshiaki, Kato Genki, Tabata Yasuhiko, Penninger Josef M., Udagawa Nobuyuki, Aoki Kazuhiro, Suzuki Hiroshi. Coupling of bone resorption and formation by RANKL reverse signalling NATURE. 2018.09; 561 (7722): 195-200. ( PubMed, DOI )

  13. Cui Xinnan, Murakami Tatsuya, Tamura Yukihiko, Aoki Kazuhiro, Hoshino Yu, Miura Yoshiko. Bacterial Inhibition and Osteoblast Adhesion on Ti Alloy Surfaces Modified by Poly(PEGMA-r-Phosmer) Coating ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES. 2018.07; 10 (28): 23674-23681. ( PubMed, DOI )

  14. Hideaki Inagawa, Natsuki Suzuki, Kazuhiro Aoki, Noriyuki Wakabayashi. Potential for estimation of Young's modulus based on computed tomography numbers in bone: A validation study using a nano-indentation test on murine maxilla Dental, Oral and Craniofacial Research. 2018.01; 4 (4): 1-7. ( DOI )

  15. Lin Ding, Peng Zhang, Xin Wang, Jia Hao, Kazuhiro Aoki, Shinji Kuroda, Shohei Kasugai. Effect of doxycycline-treated hydroxyapatite surface on bone apposition: A histomophometric study in murine maxillae. Dent Mater J. 2018.01; 37 (1): 130-138. ( PubMed, DOI )

  16. Yasuhiro Shimizu, Masud Khan, Genki Kato, Kazuhiro Aoki & Takashi Ono. Occlusal disharmony-induced stress causes osteopenia of the lumbar vertebrae and long bones in mice. Scientific Reports. 2018.01; 8 (173): 1-9. ( DOI )

  17. Risako Mikami, Koji Mizutani, Akira Aoki, Yukihiko Tamura, Kazuhiro Aoki, Yuichi Izumi. Low-level ultrahigh-frequency and ultrashort-pulse blue laser irradiation enhances osteoblast extracellular calcification by upregulating proliferation and differentiation via transient receptor potential vanilloid 1 Lasers in Surgery and Medicine. 2017.12; ( DOI )

  18. Aierken MULATI, Songtao WU, Kazuhiro AOKI, Shohei KASUGAI. Effects of Osteotomy with Drilling on Osteocytes Journal of Oral Tissue Engineering. 2017.12; 15 (2): 95-101. ( DOI )

  19. Toru Takemoto, Yuji Kabasawa, Yusuke Higuchi, Yasuhiko Tabata, Kazuhiro Aoki, Yukihiko Tamura, Hiroyuki Harada. Combination of the RANKL-binding peptide W9 and bFGF induces bone regeneration in the rat calvarial defect model. Dent Oral Craniofac Res. 2017.12; 4 (3): 1-7. ( DOI )

  20. Boosana KABOOSAYA, Lia Kartika WULANSARI, Trang Nguyen V.N., Kazuhiro AOKI, Shohei KASUGAI. Ligation Period Required to Induce Periodontitis in Mice: Analysis with Micro-computed Tomography Journal of Oral Tissue Engineering. 2017.10; 15 (1): 25-34. ( DOI )

  21. Md Zahirul Haque Bhuyan, Yukihiko Tamura, Eri Sone, Yuki Yoshinari, Chizuko Maeda, Mariko Takahashi, Yasuhiko Tabata, Ramachandran Murali, Yoshihiro Waki, Kazuhiro Aoki. The intra-articular injection of RANKL-binding peptides inhibits cartilage degeneration in a murine model of osteoarthritis. J. Pharmacol. Sci.. 2017.06; 134 (2): 124-130. ( PubMed, DOI )

  22. Yasutaka Sugamori, Setsuko Mise-Omata, Chizuko Maeda, Shigeki Aoki, Yasuhiko Tabata, Ramachandran Murali, Hisataka Yasuda, Nobuyuki Udagawa, Hiroshi Suzuki, Masashi Honma, Kazuhiro Aoki. Peptide drugs accelerate BMP-2-induced calvarial bone regeneration and stimulate osteoblast differentiation through mTORC1 signaling. Bioessays. 2016.08; 38 (8): 717-725. ( PubMed, DOI )

  23. Yuki Arai, Kazuhiro Aoki, Yasuhiro Shimizu, Yasuhiko Tabata, Takashi Ono, Ramachandran Murali, Setsuko Mise-Omata, Noriyuki Wakabayashi. Peptide-induced de novo bone formation after tooth extraction prevents alveolar bone loss in a murine tooth extraction model. Eur. J. Pharmacol.. 2016.07; 782 89-97. ( PubMed, DOI )

  24. T Uehara, S Mise-Omata, M Matsui, Y Tabata, R Murali, M Miyashin, K Aoki. Delivery of RANKL-Binding Peptide OP3-4 Promotes BMP-2-Induced Maxillary Bone Regeneration. J. Dent. Res.. 2016.03; ( PubMed, DOI )

  25. Moe Htet, Marwa Madi, Ossama Zakaria, Takayuki Miyahara, Wang Xin, Zayar Lin, Kazuhiro Aoki, Shohei Kasugai. Decontamination of Anodized Implant Surface with Different Modalities for Peri-Implantitis Treatment: Lasers and Mechanical Debridement with Citric Acid. J. Periodontol.. 2016.03; 1-17. ( PubMed, DOI )

  26. Trang N Nguyen Vo, Jia Hao, Josh Chou, Masamitsu Oshima, Kazuhiro Aoki, Shinji Kuroda, Boosana Kaboosaya, Shohei Kasugai. Ligature induced peri-implantitis: tissue destruction and inflammatory progression in a murine model. Clin Oral Implants Res. 2016.01; ( PubMed, DOI )

  27. Natsuki Suzuki, Kazuhiro Aoki, Petr Marcián, Libor Borák, Noriyuki Wakabayashi. A threshold of mechanical strain intensity for the direct activation of osteoblast function exists in a murine maxilla loading model. Biomech Model Mechanobiol. 2015.11; ( PubMed, DOI )

  28. Mohannad Nassar, Noriko Hiraishi, Yukihiko Tamura, Masayuki Otsuki, Kazuhiro Aoki, Junji Tagami. Phytic Acid: An Alternative Root Canal Chelating Agent. J Endod. 2015.02; 41 (2): 242-247. ( PubMed, DOI )

  29. Masahiro Chatani, Akiko Mantoku, Kazuhiro Takeyama, Dawud Abduweli, Yasutaka Sugamori, Kazuhiro Aoki, Keiichi Ohya, Hiromi Suzuki, Satoko Uchida, Toru Sakimura, Yasushi Kono, Fumiaki Tanigaki, Masaki Shirakawa, Yoshiro Takano, Akira Kudo. Microgravity promotes osteoclast activity in medaka fish reared at the international space station. Sci Rep. 2015; 5 14172. ( PubMed, DOI )

  30. Toshimi Sato, Neil Alles, Masud Khan, Kenichi Nagano, Mariko Takahashi, Yukihiko Tamura, Asako Shimoda, Keiichi Ohya, Kazunari Akiyoshi, Kazuhiro Aoki. Nanogel-crosslinked nanoparticles increase the inhibitory effects of W9 synthetic peptide on bone loss in a murine bone resorption model. Int J Nanomedicine. 2015; 10 3459-3473. ( PubMed, DOI )

  31. Genki Kato, Yasuhiro Shimizu, Yuki Arai, Natsuki Suzuki, Yasutaka Sugamori, Miki Maeda, Mariko Takahashi, Yukihiko Tamura, Noriyuki Wakabayashi, Ramachandran Murali, Takashi Ono, Keiichi Ohya, Setsuko Mise-Omata, Kazuhiro Aoki. The inhibitory effects of a RANKL-binding peptide on articular and periarticular bone loss in a murine model of collagen-induced arthritis: a bone histomorphometric study. Arthritis Res. Ther. 2015; 17 (1): 251. ( PubMed, DOI )

  32. Mise-Omata S. Alles N. Fukazawa T. Aoki K. Ohya K. Jimi E. Obata Y. Doi T. NF-κB RELA-deficient bone marrow macrophages fail to support bone formation and to maintain the hematopoietic niche after lethal irradiation and stem cell transplantation. Int. Immunol. 2014.11; 26 (11): 607-618. ( PubMed, DOI )

  33. Kimura A. Kabasawa Y. Tabata Y. Aoki K. Ohya K. Omura K. Gelatin hydrogel as a carrier of recombinant human fibroblast growth factor-2 during rat mandibular distraction. J. Oral Maxillofac. Surg. 2014.10; 72 (10): 2015-2031. ( PubMed, DOI )

  34. Aoki K. Maeda M. Nakae T. Okada Y. Ohya K. Chiba K. A disulfide bond replacement strategy enables the efficient design of artificial therapeutic peptides. Tetrahedron. 2014.10; 70 7774-7779. ( DOI )

  35. Tada Y. Kokabu S. Sugiyama G. Nakatomi C. Aoki K. Fukushima H. Osawa K. Sugamori Y. Ohya K. Okamoto M. Fujikawa T. Itai A. Matsuo K. Watanabe S. Jimi E. The novel IκB kinase β inhibitor IMD-0560 prevents bone invasion by oral squamous cell carcinoma. Oncotarget. 2014.10; ( PubMed )

  36. Hirata-Tsuchiya S. Fukushima H. Katagiri T. Ohte S. Shin M. Nagano K. Aoki K. Morotomi T. Sugiyama G. Nakatomi C. Kokabu S. Doi T. Takeuchi H. Ohya K. Terashita M. Hirata M. Kitamura C. Jimi E. Inhibition of BMP2-induced bone formation by the p65 subunit of NF-κB via an interaction with Smad4. Mol. Endocrinol. 2014.09; 28 (9): 1460-1470. ( PubMed, DOI )

  37. Negishi N. Suzuki D. Ito R. Irie N. Matsuo K. Yahata T. Nagano K. Aoki K. Ohya K. Hozumi K. Ando K. Tamaoki N. Ito M. Habu S. Effective expansion of engrafted human hematopoietic stem cells in bone marrow of mice expressing human Jagged1. Exp. Hematol. 2014.06; 42 (6): 487-94.e1. ( PubMed, DOI )

  38. Kaori Shoi, Kazuhiro Aoki, Keiichi Ohya, Yuzo Takagi, Hitoyata Shimokawa. Characterization of pulp and follicle stem cells from impacted supernumerary maxillary incisors. Pediatr Dent. 2014.05; 36 (3): 79-84. ( PubMed )

  39. Wannakorn Sriarj, Kazuhiro Aoki, Keiichi Ohya, Mariko Takahashi, Yuzo Takagi, Hitoyata Shimokawa. TGF-β in dentin matrix extract induces osteoclastogenesis in vitro. Odontology. 2013.12; ( PubMed, DOI )

  40. Yoshie Nagai, Kenji Osawa, Hidefumi Fukushima, Yukihiko Tamura, Kazuhiro Aoki, Keiichi Ohya, Hisataka Yasuda, Hisako Hikiji, Mariko Takahashi, Yuji Seta, Sachiko Seo, Mineo Kurokawa, Shigeaki Kato, Hiroaki Honda, Ichiro Nakamura, Kenshi Maki, Eijiro Jimi. p130Cas, Crk-associated substrate, plays important roles in osteoclastic bone resorption. J. Bone Miner. Res.. 2013.12; 28 (12): 2449-2462. ( PubMed, DOI )

  41. Hitomi Nakamura, Kazuhiro Aoki, Wataru Masuda, Neil Alles, Kenichi Nagano, Hidefumi Fukushima, Kenji Osawa, Hisataka Yasuda, Ichiro Nakamura, Yuko Mikuni-Takagaki, Keiichi Ohya, Kenshi Maki, Eijiro Jimi. Disruption of NF-κB1 prevents bone loss caused by mechanical unloading. J. Bone Miner. Res.. 2013.06; 28 (6): 1457-1467. ( PubMed, DOI )

  42. Khan, M. Alles, N. Soysa, N. Mamun, A. Nagano, K. Mikami, R. Furuya, Y. Yasuda, H. Ohya, K. Aoki, K. The local administration of TNF-a and RANKL antagonist peptide promotes BMP-2-induced bone formation. J Oral Biosciences . 2013; 55 47-54. ( DOI )

  43. Mamun, A. Khan, M. Alles, N. Matsui, M. Tabata, Y. Ohya, K. Aoki, K. Gelatin hydrogel carrier with the W9-peptide elicits synergistic effects on BMP-2-induced bone regeneration. J Oral Biosciences . 2013; 55 217-223. ( DOI )

  44. Furuya,Y. Inagaki, A. Khan, M. Mori, K. Penninger, J.M. Nakamura, M. Udagawa, N. Aoki, K. Ohya, K. Uchida, K. Yasuda, H. Stimulation of bone formation in cortical bone of mice treated with a receptor activator of nuclear factor-κB ligand (RANKL)-binding peptide that possesses osteoclastogenesis inhibitory activity. J Biol Chem . 2013; 288 (8): 5562-5571. ( DOI )

  45. Fujiki K. Aoki K. Marcian P. Borak L. Hudieb M. Ohya K. Igarashi Y. Wakabayashi N.. The influence of mechanical stimulation on osteoclast localization in the mouse maxilla: bone histomorphometry and finite element analysis. Biomechanics and Modeling in Mechanobiology . 2013; 12 (2): 325-333. ( DOI )

  46. Hiroyuki Furuta, Kenji Osawa, Masashi Shin, Ayataka Ishikawa, Kou Matsuo, Masud Khan, Kazuhiro Aoki, Keiichi Ohya, Masato Okamoto, Kazuhiro Tominaga, Tetsu Takahashi, Osamu Nakanishi, Eijiro Jimi. Selective inhibition of NF-κB suppresses bone invasion by oral squamous cell carcinoma in vivo. Int. J. Cancer. 2012.09; 131 (5): E625-E635. ( PubMed, DOI )

  47. Aoki Kazuhiro, Alles Neil, Soysa Niroshani, Ohya Keiichi. Peptide-based delivery to bone. Adv Drug Deliv Rev. 2012.09; 64 (12): 1220-1238. ( PubMed, DOI )

  48. Hiroyuki Nakachi, Kazuhiro Aoki, Nobuyoshi Tomomatsu, Neil Alles, Kenichi Nagano, Masashi Yamashiro, Hongtao Zhang, Ramachandran Murali, Mark I Greene, Keiichi Ohya, Teruo Amagasa. A structural modulator of tumor necrosis factor type 1 receptor promotes bone formation under lipopolysaccharide-induced inflammation in a murine tooth extraction model. Eur. J. Pharmacol.. 2012.03; 679 (1-3): 132-138. ( PubMed, DOI )

  49. Yoshinori Seo, Hidefumi Fukushima, Toshimasa Maruyama, Kayoko Nakao Kuroishi, Kenji Osawa, Kenichi Nagano, Kazuhiro Aoki, Falk Weih, Takahiro Doi, Min Zhang, Keiichi Ohya, Takenobu Katagiri, Ryuji Hosokawa, Eijiro Jimi. Accumulation of p100, a precursor of NF-κB2, enhances osteoblastic differentiation in vitro and bone formation in vivo in aly/aly mice. Mol. Endocrinol.. 2012.03; 26 (3): 414-422. ( PubMed, DOI )

  50. 林 直毅, 田村 幸彦, 楠本 康香, 下川 仁彌太, 青木 和広, 大谷 啓一, 山崎 統資, 篠塚 修. フェニトインによる歯肉増殖について ヒト歯肉組織およびクローン歯肉細胞に関する研究. 障害者歯科. 2012.02; 33 (1): 16-26. ( 医中誌 )

  51. Soysa Niroshani Surangika, Alles Neil, Aoki Kazuhiro, Ohya Keiichi. Osteoclast formation and differentiation: an overview. J Med Dent Sci. 2012; 59 (3): 65-74. ( PubMed )

  52. Kenichi Nagano, Neil Alles, Anower Hussain Mian, Asako Shimoda, Nobuyuki Morimoto, Yukihiko Tamura, Hitoyata Shimokawa, Kazunari Akiyoshi, Keiichi Ohya, Kazuhiro Aoki. The tumor necrosis factor type 2 receptor plays a protective role in tumor necrosis factor-α-induced bone resorption lacunae on mouse calvariae. J. Bone Miner. Metab.. 2011.11; 29 (6): 671-681. ( PubMed, DOI )

  53. Soysa N S, Alles N, Takahashi M, Aoki K, Ohya K. Defective nuclear factor-kappaB-inducing kinase in aly/aly mice prevents bone resorption induced by local injection of lipopolysaccharide. J Periodontal Res. 2011.04; 46 (2): 280-284. ( PubMed, DOI )

  54. Alles Neil, Soysa Niroshani S, Hayashi Juri, Khan Masud, Shimoda Asako, Shimokawa Hitoyata, Ritzeler Olaf, Akiyoshi Kazunari, Aoki Kazuhiro, Ohya Keiichi. Suppression of NF-kappaB increases bone formation and ameliorates osteopenia in ovariectomized mice. Endocrinology. 2010.10; 151 (10): 4626-4634. ( PubMed, DOI )

  55. Takato Inokuchi, Tatsuo Kawamoto, Kazuhiro Aoki, Asato Aoki, Kouhei Nagahama, Yoshiyuki Baba, Syouichi Suzuki, Masaharu Shibayama, Yoshihiro Mano, Keiichi Ohya, Keiji Moriyama. The effects of hyperbaric oxygen on tooth movement into the regenerated area after distraction osteogenesis. Cleft Palate Craniofac. J.. 2010.07; 47 (4): 382-392. ( PubMed, DOI )

  56. Asato Aoki, Tatsuo Kawamoto, Kazuhiro Aoki, Takato Inokuchi, Atsuo Kudoh, Kouhei Nagahama, Yoshiyuki Baba, Syouichi Suzuki, Keiichi Ohya, Keiji Moriyama. Amount of bone lengthening affects blood flow recovery and bone mineralization after distraction osteogenesis in a canine cleft palate model. Cleft Palate Craniofac. J.. 2010.05; 47 (3): 303-313. ( PubMed, DOI )

  57. Soysa Niroshani S, Alles Neil, Weih Debra, Lovas Agnes, Mian Anower Hussain, Shimokawa Hitoyata, Yasuda Hisataka, Weih Falk, Jimi Eijiro, Ohya Keiichi, Aoki Kazuhiro. The pivotal role of the alternative NF-kappaB pathway in maintenance of basal bone homeostasis and osteoclastogenesis. J Bone Miner Res. 2010.04; 25 (4): 809-818. ( PubMed, DOI )

  58. Okamoto K, Iwai Y, Oh-Hora M, Yamamoto M, Morio T, Aoki K, Ohya K, Jetten AM, Akira S, Muta T, Takayanagi H. IkappaBzeta regulates T(H)17 development by cooperating with ROR nuclear receptors. Nature. 2010.04; 464 (7293): 1381-1385. ( PubMed, DOI )

  59. Higuchi Y, Kabasawa Y, Sato M, Kikuchi T, Aoki K, Ohya K, Maruoka Y, Omura K. Effect of recombinant human fibroblast growth factor-2 on bone formation in rabbit mandibular distraction models using beta-tricalcium phosphate. Congenit Anom (Kyoto). 2010.02; ( PubMed, DOI )

  60. Nakalekha C, Yokoyama C, Miura H, Alles N, Aoki K, Ohya K, Morita I. Increased bone mass in adult prostacyclin-deficient mice. J Endocrinol. 2010.02; 204 (2): 125-133. ( PubMed, DOI )

  61. Maruyama T, Fukushima H, Nakao K, Shin M, Yasuda H, Weih F, Doi T, Aoki K, Alles N, Ohya K, Hosokawa R, Jimi E. Processing of the NF-kappaB2 Precursor, p100, to p52 is Critical for RANKL-Induced Osteoclast Differentiation. J Bone Miner Res. 2009.10; ( PubMed, DOI )

  62. Tomomatsu Nobuyoshi, Aoki Kazuhiro, Alles Neil, Soysa Niroshani S, Hussain Anower, Nakachi Hiroyuki, Kita Souma, Shimokawa Hitoyata, Ohya Keiichi, Amagasa Teruo. LPS-induced inhibition of osteogenesis is TNF-alpha dependent in a murine tooth extraction model. J Bone Miner Res. 2009.10; 24 (10): 1770-1781. ( PubMed, DOI )

  63. Soysa Niroshani Surangika, Alles Neil, Aoki Kazuhiro, Ohya Keiichi. Three-dimensional characterization of osteoclast bone-resorbing activity in the resorption lacunae. J Med Dent Sci. 2009.09; 56 (3): 107-112. ( PubMed )

  64. Aoki K. Applications and the Future of Peptide Drugs for Inflammatory Bone Resorption. J Oral Biosci. 2009.06; 51 119-133.

  65. Alles Neil, Soysa Niroshani S, Hussain M D Anower, Tomomatsu Nobuyoshi, Saito Hiroaki, Baron Roland, Morimoto Nobuyuki, Aoki Kazuhiro, Akiyoshi Kazunari, Ohya Keiichi. Polysaccharide nanogel delivery of a TNF-alpha and RANKL antagonist peptide allows systemic prevention of bone loss. Eur J Pharm Sci. 2009.05; 37 (2): 83-88. ( PubMed, DOI )

  66. Onizawa M, Nagaishi T, Kanai T, Nagano K, Oshima S, Nemoto Y, Yoshioka A, Totsuka T, Okamoto R, Nakamura T, Sakamoto N, Tsuchiya K, Aoki K, Ohya K, Yagita H, Watanabe M. Signaling pathway via TNF-alpha/NF-kappaB in intestinal epithelial cells may be directly involved in colitis-associated carcinogenesis. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2009.04; 296 (4): G850-9. ( PubMed, DOI )

  67. Sriarj W, Aoki K, Ohya K, Takagi Y, Shimokawa H. Bovine dentine organic matrix down-regulates osteoclast activity. J Bone Miner Metab. 2009; 27 (3): 315-323. ( PubMed, DOI )

  68. Soysa Niroshani S, Alles Neil, Shimokawa Hitoyata, Jimi Eijiro, Aoki Kazuhiro, Ohya Keiichi. Inhibition of the classical NF-kappaB pathway prevents osteoclast bone-resorbing activity. J Bone Miner Metab. 2009; 27 (2): 131-139. ( PubMed, DOI )

  69. Asagiri M, Hirai T, Kunigami T, Kamano S, Gober HJ, Okamoto K, Nishikawa K, Latz E, Golenbock DT, Aoki K, Ohya K, Imai Y, Morishita Y, Miyazono K, Kato S, Saftig P, Takayanagi H. Cathepsin K-dependent toll-like receptor 9 signaling revealed in experimental arthritis. Science. 2008.02; 319 (5863): 624-627. ( PubMed, DOI )

  70. Hussain Mian A, Saito H, Alles N, Shimokawa H, Aoki K, Ohya K. Lipopolysaccharide-induced bone resorption is increased in TNF type 2 receptor-deficient mice in vivo. (Corresponding author). J Bone Miner Metab. 2008; 26 (5): 469-477. ( PubMed, DOI )

  71. Gil-Henn H, Destaing O, Sims NA, Aoki K, Alles N, Neff L, Sanjay A, Bruzzaniti A, De Camilli P, Baron R, Schlessinger J. Defective microtubule-dependent podosome organization in osteoclasts leads to increased bone density in Pyk2(-/-) mice. J Cell Biol. 2007.09; 178 (6): 1053-1064. ( PubMed, DOI )

  72. Saito H, Kojima T, Takahashi M, Horne WC, Baron R, Amagasa T, Ohya K, Aoki K. A tumor necrosis factor receptor loop peptide mimic inhibits bone destruction to the same extent as anti-tumor necrosis factor monoclonal antibody in murine collagen-induced arthritis. (Corresponding author). Arthritis Rheum. 2007.04; 56 (4): 1164-1174. ( PubMed, DOI )

  73. Kubota T, Hoshino M, Aoki K, Ohya K, Komano Y, Nanki T, Miyasaka N, Umezawa K. NF-kappaB inhibitor dehydroxymethylepoxyquinomicin suppresses osteoclastogenesis and expression of NFATc1 in mouse arthritis without affecting expression of RANKL, osteoprotegerin or macrophage colony-stimulating factor. Arthritis Res Ther. 2007; 9 (5): R97. ( PubMed, DOI )

  74. Sato K, Suematsu A, Nakashima T, Takemoto-Kimura S, Aoki K, Morishita Y, Asahara H, Ohya K, Yamaguchi A, Takai T, Kodama T, Chatila TA, Bito H, Takayanagi H. Regulation of osteoclast differentiation and function by the CaMK-CREB pathway. Nat Med. 2006.12; 12 (12): 1410-1416. ( PubMed, DOI )

  75. Kamijo S, Nakajima A, Ikeda K, Aoki K, Ohya K, Akiba H, Yagita H, Okumura K. Amelioration of bone loss in collagen-induced arthritis by neutralizing anti-RANKL monoclonal antibody. Biochem Biophys Res Commun. 2006.08; 347 (1): 124-132. ( PubMed, DOI )

  76. Aoki K, Saito H, Itzstein C, Ishiguro M, Shibata T, Blanque R, Mian AH, Takahashi M, Suzuki Y, Yoshimatsu M, Yamaguchi A, Deprez P, Mollat P, Murali R, Ohya K, Horne WC, Baron R. A TNF receptor loop peptide mimic blocks RANK ligand-induced signaling, bone resorption, and bone loss. J Clin Invest. 2006.06; 116 (6): 1525-1534. ( PubMed, DOI )

  77. Suzuki Y, Aoki K, Saito H, Umeda M, Nitta H, Baron R, Ohya K. A tumor necrosis factor-alpha antagonist inhibits inflammatory bone resorption induced by Porphyromonas gingivalis infection in mice. (Corresponding author). J Periodontal Res. 2006.04; 41 (2): 81-91. ( PubMed, DOI )

  78. Nonaka K, Fukuda S, Aoki K, Yoshida T, Ohya K. Regional distinctions in cortical bone mineral density measured by pQCT can predict alterations in material property at the tibial diaphysis of the Cynomolgus monkey. Bone. 2006.02; 38 (2): 265-272. ( PubMed, DOI )

  79. Saito H, Soysa N, Alles N, Aoki K, Ohya K. Three-Dimensional Measurements of Bone Resorption Lacunae Reveal Inhibition of Osteoclast Activity by TNF-α Antagonist In Vitro. Dentistry in Japan. 2006; 42 35-37.

  80. Varghese BJ, Aoki K, Shimokawa H, Ohya K, Takagi Y. Bovine deciduous dentine is more susceptible to osteoclastic resorption than permanent dentine: results of quantitative analyses. J Bone Miner Metab. 2006; 24 (3): 248-254. ( PubMed, DOI )

  81. Aoki K, Ohya K. [RANKL/RANK signaling-inhibitor] Nippon Rinsho. 2005.09; 63 (9): 1620-1626. ( PubMed )

  82. Takatsuna H, Asagiri M, Kubota T, Oka K, Osada T, Sugiyama C, Saito H, Aoki K, Ohya K, Takayanagi H, Umezawa K. Inhibition of RANKL-induced osteoclastogenesis by (-)-DHMEQ, a novel NF-kappaB inhibitor, through downregulation of NFATc1. J Bone Miner Res. 2005.04; 20 (4): 653-662. ( PubMed, DOI )

  83. Kojima T, Aoki K, Nonaka K, Saito H, Azuma M, Iwai H, Varghese BJ, Yoshimasu H, Baron R, Ohya K, Amagasa T. Subcutaneous injections of a TNF-alpha antagonistic peptide inhibit both inflammation and bone resorption in collagen-induced murine arthritis. (Corresponding author). J Med Dent Sci. 2005.03; 52 (1): 91-99. ( PubMed )

  84. Tint K, Kondo H, Kuroda S, Fujimori T, Aoki K, Ohya K, Kasugai S. Effectiveness of Extracted-teeth as Bone Substitute: Application to Parietal Bone Defects in Rabbits. J Oral Tissue Engin. 2005; 3 (1): 7-16.

  85. Nagahama K, Aoki K, Nonaka K, Saito H, Takahashi M, Varghese BJ, Shimokawa H, Azuma M, Ohya K, Ohyama K. The deficiency of immunoregulatory receptor PD-1 causes mild osteopetrosis. (Corresponding author). Bone. 2004.11; 35 (5): 1059-1068. ( PubMed, DOI )

  86. Damrongrungruang T, Kuroda S, Kondo H, Aoki K, Ohya K, Kasugai S. A simple murine model for immobilization osteopenia. Clin Orthop Relat Res. 2004.08; (425): 244-251. ( PubMed )

  87. Jimi E, Aoki K, Saito H, D'Acquisto F, May MJ, Nakamura I, Sudo T, Kojima T, Okamoto F, Fukushima H, Okabe K, Ohya K, Ghosh S. Selective inhibition of NF-kappa B blocks osteoclastogenesis and prevents inflammatory bone destruction in vivo. Nat Med. 2004.06; 10 (6): 617-624. ( PubMed, DOI )

  88. Asawa Y, Aoki K, Ohya K, Ohshima H, Takano Y. Appearance of electron-dense segments: indication of possible conformation changes of pre-mineralizing collagen fibrils in the osteoid rat bones. J Electron Microsc. 2004; 53 423-433.

  89. Aoki K, Ohya K. [The mechanism of osteoprosis revealed by the animal studies: the involvement of alveolar bone resorption induced by the periodontal disease] Clin Calcium. 2003.05; 13 (5): 587-593. ( PubMed )

  90. Kitasako Y, Nakajima M, Foxton RM, Aoki K, Pereira PN, Tagami J. Physiological remineralization of artificially demineralized dentin beneath glass ionomer cements with and without bacterial contamination in vivo. Oper Dent. 2003.05; 28 (3): 274-280. ( PubMed )

  91. Horie D, Takahashi M, Aoki K, Ohya K. Clodronate stimulates bone formation as well as inhibits bone resorption and increases bone mineral density in rats fed a low-calcium diet. J Med Dent Sci. 2003.03; 50 (1): 121-132. ( PubMed )

  92. Kuroda S, Mukohyama H, Kondo H, Aoki K, Ohya K, Ohyama T, Kasugai S. Bone mineral density of the mandible in ovariectomized rats: analyses using dual energy X-ray absorptiometry and peripheral quantitative computed tomography. Oral Dis. 2003.01; 9 (1): 24-28. ( PubMed )

  93. Takahashi E, Mukohyama H, Aoki K, Duarte WR, Lerner UH, Ohya K, Omura K, Kasugai S. High extracellular calcium affects osteoclastogenesis in mouse bone marrow cell culture. J Med Dent Sci. 2002.12; 49 (4): 109-120. ( PubMed )

  94. Aoki K, Ohya K. [The drug treatment for bone resorption in the oral area] Clin Calcium. 2002.07; 12 (7): 997-1003. ( PubMed )

  95. Yamazoe T, Aoki K, Simokawa H, Ohya K, Takagi Y. Gene expression of bone matrix proteins in a calcified tissue appeared in subcutaneously transplanted rat dental pulp. J Med Dent Sci. 2002.03; 49 (1): 57-66. ( PubMed )

  96. Juji T, Hertz M, Aoki K, Horie D, Ohya K, Gautam A, Mouritsen S, Oda H, Nakamura K, Tanaka S. A novel therapeutic vaccine approach, targeting RANKL, prevents bone destruction in bone-related disorders. J Bone Miner Metab. 2002; 20 (5): 266-268. ( PubMed, DOI )

  97. Nakamura H, Morita S, Kumei Y, Aoki K, Shimokawa H, Ohya K, Shinomiya KI. Effects of neurectomy and tenotomy on the bone mineral density and strength of tibiae. Acta Astronaut. 2001.08; 49 (3-10): 179-190. ( PubMed )

  98. Noji H, Yoshimasu H, Aoki K, Ohya K, Amagasa T. Non-invasive densitometric and histomorphometric study of the regenerated bone in the distraction gap in rabbits. J Med Dent Sci. 2000.09; 47 (3): 197-207. ( PubMed )

  99. Iwasa Y, Shimoyama K, Aoki K, Ohya K, Uematsu H. The effect of high salt intake on the mandibular bone loss in Dahl-Iwai salt-sensitive rat. J Med Dent Sci. 2000.09; 47 (3): 187-195. ( PubMed )

  100. Sabatakos G, Sims NA, Chen J, Aoki K, Kelz MB, Amling M, Bouali Y, Mukhopadhyay K, Ford K, Nestler EJ, Baron R. Overexpression of DeltaFosB transcription factor(s) increases bone formation and inhibits adipogenesis. Nat Med. 2000.09; 6 (9): 985-990. ( PubMed, DOI )

  101. Seto H, Aoki K, Kasugai S, Ohya K. Trabecular bone turnover, bone marrow cell development, and gene expression of bone matrix proteins after low calcium feeding in rats. Bone. 1999.12; 25 (6): 687-695. ( PubMed )

  102. Aoki K, Didomenico E, Sims NA, Mukhopadhyay K, Neff L, Houghton A, Amling M, Levy JB, Horne WC, Baron R. The tyrosine phosphatase SHP-1 is a negative regulator of osteoclastogenesis and osteoclast resorbing activity: increased resorption and osteopenia in me(v)/me(v) mutant mice. Bone. 1999.09; 25 (3): 261-267. ( PubMed )

  103. Suzuki K, Aoki K, Ohya K. Effects of surface roughness of titanium implants on bone remodeling activity of femur in rabbits. Bone. 1997.12; 21 (6): 507-514. ( PubMed )

  104. Ogawara M, Aoki K, Okiji T, Suda H. Effect of ascorbic acid deficiency on primary and reparative dentinogenesis in non-ascorbate-synthesizing ODS rats. Arch Oral Biol. 1997.10; 42 (10-11): 695-704. ( PubMed )

  105. Kaneko H, Koyama T, Asou T, Aoki K, Ohya K. The effect of HACHIMI-JIO-GAN, a kanpo metabolism of rats treated by GnRH agonist. (in Japanese). J Jpn Menopanse Soc. 1995; 3 225-232.

  106. Aoki K. Differential Response in the Cortical and the Cancellous regions of Tibia to a low Calcium feeding in rats : A Histomorphometric Study.(First Author). J Oral Biosci. 1992; 34 (5): 595-611.

  107. Ohya K, Yausi M, Oda T, Aoki K, Ogura H. Morphological observations of the hard tissues with the confocal laser scanning microscope.(in Japanese). J Oral Biosci. 1992; 34 339-349.

  108. 青木和広. 骨疾患治療薬としてのペプチド薬―骨吸収抑制ペプチドの骨形成促進作用― 薬事日報. 2014.10;

  109. 大谷 啓一, 青木 和広. 骨粗鬆症治療薬の最近の動向について. 日本歯科評論. 2011.12; 71 (12): 109-112. ( 医中誌 )

  110. 青木 和広, 大谷 啓一. 文献と臨床の橋わたし 腫瘍壊死因子中和療法の新しい展開 WP9QYペプチドによる治療の可能性 日本歯科評論. 2007.07; 67 (7): 170-172. ( 医中誌 )

  111. 青木 和広, 大谷 啓一. 【関節リウマチの最新動向 骨免疫学的視点からの病因論・治療学】 関節リウマチ治療学の最新動向 シグナル伝達系を標的とした薬剤の開発研究 RANKL/RANKシグナル伝達阻害剤 日本臨床. 2005.09; 63 (9): 1620-1626. ( 医中誌 )

  112. 青木 和広, 大谷 啓一, 長濱 浩平. 分子レベルからみた整形外科疾患 免疫系細胞の骨代謝への関与 整形・災害外科. 2004.05; 47 (6): 722-723. ( 医中誌 )

  113. 大谷 啓一, 栢森 高, 脇 能広, 青木 和広. 乳癌(Walker 256/s)細胞により生じるラット骨吸収モデルにおよぼすクロドロネートの効果 応用薬理. 2004.04; 66 (1~2): 115-116. ( 医中誌 )

  114. 青木 和広, 大谷 啓一. 【顎骨の骨粗鬆症と歯周病】 動物実験から明らかになった骨粗鬆症のメカニズム 歯周病により引き起こされる顎骨吸収との関連について Clinical Calcium. 2003.04; 13 (5): 587-593. ( 医中誌 )

  115. 青木 和広, 大谷 啓一. 【顎骨と骨粗鬆症】 口腔領域における骨吸収への薬物治療 Clinical Calcium. 2002.06; 12 (7): 997-1003. ( 医中誌 )

  116. 青木 和広. 【骨形成・骨吸収の最近のトピックス】 骨吸収のトピックス TNF-αペプチドアンタゴニストによる破骨細胞形成抑制作用 THE BONE. 2001.07; 15 (4): 357-362. ( 医中誌 )

  117. 青木 和広, 大谷 啓一. 最近の歯学 硬組織薬理 新規骨吸収抑制薬の開発,構造生物学からのアプローチ 口腔病学会雑誌. 2000.09; 67 (3): 275. ( 医中誌 )

  118. 大谷啓一、青木和広. 骨粗鬆症と薬物による骨吸収制御メカニズム . 歯科医療 (第1歯科出版). 1997; 11 29-42.

  119. 小山 嵩夫, 麻生 武志, 青木 和広. GnRH agonistによるラットの骨量減少に対する八味地黄丸の抑制効果 産婦人科漢方研究のあゆみ. 1995.04; (12): 29-36. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 鈴木邦明、戸苅彰史、青木和広、兼松隆、筑波隆幸. 現代歯科薬理学 第6版 4刷改訂. 医歯薬出版, 2021.02 (ISBN : 978-4-263-45811-2)

  2. 青木 和広. 特定の RANK 細胞内モチーフが 破骨細胞形成を推進する. JBMR日本語版vol 7 No.1, 2020.12

  3. 青木 和広. Beclin1 は,破骨細胞および軟骨細胞の 分化の制御により骨恒常性を調節する. JBMR日本語版vol 7 No.1, 2020.12

  4. 一般社団法人 全国歯科衛生士教育協議会 監修. 歯科衛生学辞典. 永末書店, 2019.07 薬理学担当 (ISBN : 978-4-8160-1368-3)

  5. 青木和広. 「PGC1β はミトコンドリアの生合成および活性化により 破骨細胞の細胞骨格を構築する」. JBMR日本語版vol 5 No.3, 2019.04

  6. 青木和広. 「WAIF1 は骨吸収と骨形成をカップリングさせる細胞表面 CTHRC1 結合蛋白質である」. JBMR日本語版vol 5 No.3, 2019.04

  7. 青木和広. 「ラットにおける複数の生殖サイクルに反応して順応する母体皮質骨および海綿骨の微細構造および荷重分布」. JBMR日本語版vol 4 No.3, 2017.12

  8. 青木和広. 「骨芽細胞において骨吸収は概日時計により調整される」. JBMR日本語版vol4 No.3, 2017.12

  9. 青木和広. 「細胞外基質タンパク質のアメロブラスチンは長管骨の成長および石灰化に影響を及ぼす」. IBMR 3(3) , 2016.11

  10. 青木和広. 「マウスXLHモデルでは 1,25- ジヒドロキシビタミンD 単独投与で FGF 23 発現量は増加し、骨の成長、微細構造、強度が改善する」. JBMR日本語版 3(3), 2016.11 (ISBN : ISSN 2188-4854)

  11. 青木和広. 「歯でカルシウムの吸収や形成は行われる?」(質疑応答:臨床一般/法律・雑件_歯科・口腔外科). 週刊日本医事新報 4799 , 2016.04

  12. 青木和広. 「線維性骨異形成症を引き起す突然変異体GsαR201Cの骨芽細胞特異的発現はマウスにおいて高骨董の表現型を示すが、線維性骨異形成症を再現しない」. JBMR日本語版 2(3) , 2016

  13. 青木和広. 「RECQL4はin vivoにおいて骨格形成時にp53の機能を調節する」. JBMR日本語版 2(3) , 2016

  14. Mise-Omata S, Doi TS, Aoki K, Obata Y . Impact of radiation on hematopoietic niche(Kursad Turksen In Biology in Stem Cell Niche). Springer Humana Press, 2015

  15. 大谷啓一、青木和広、田村幸彦. 現代歯科薬理学 第5版. 医歯薬出版社, 2012

  16. 青木和広、大谷啓一. TNFペプチドアンタゴニストによる骨吸収抑制作用『ペプチド医療の最前線』. (株)シーエムシー出版, 2012

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Kazuhiro Aoki. The peptide drug delivery for bone regeneration. Cutting Edge of Bone and Mineral Research in 2019 2019.12.05 Kyusyu University, Fukuoka, Japan

  2. Kazuhiro Aoki. The effects of RANKL-binding peptides on osteoblast differentiation. The 42nd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan 2019.12.04 Kitakyusyu, Fukuoka, Japan

  3. Yosuke Sasaki, Masud Khan, Kazuhiro Aoki. Development of a suitable scaffold for bone formation using the BMP-2 and osteogenic peptide OP3-4 combination therapy. The 2nd Meeting of International Oral Health Engineering Consortium 2019.11.18 Taipei, Taiwan

  4. Yuna Hirohashi, Yuri Shimizu, Masud Khan, Yukihiko Tamura, Kazuhiro Aoki. A new RANKL-binding peptide for the development of the bone anabolic reagent. The 2nd Meeting of International Oral Health Engineering Consortium 2019.11.18 Taipei, Taiwan

  5. Preksa Keo, Yoshiro Matsumoto, Shigeki Nagahiro, Kazuhrio Aoki, Takashi Ono. Time-course study of bones induced by the co-injection of RANKL-binding peptide and BMP-2 and the effects of subsequent screw placement in murine maxilla. The 61st Annual Meeting of Japanese Association for Oral Biology 2019.10.01 Tokyo、Japan

  6. Ayaka Urakawa, Masud Khan, Yosuke Sasaki, Michiko Ozawa, Kazunari Akiyoshi, and Kazuhiro Aoki. An investigation of scaffold materials suitable for new bone anabolic agents. 1st Meeting of the International Oral Engineering Consortium 2018.09.24 Tokyo, Japan

  7. N. Wakabayashi, H. Inagawa, N. Suzuki, K. Aoki, T. Yamazaki, C. Watanabe, N. Murakami.. Validity of Young's Modulus Estimated Based on Computed Tomography. 96th General Session & Exhibition of the IADR 2018.07.28 London, England

  8. Kazuhiro AOKI. Roland gave me a seed of my research. The 59th Annual Meeting of Japanese Association for Oral Biology 2017.09.16 Matsumoto Dental University

  9. Mikami R, Aoki A, Mizutani K, Tamura Y, Aoki K, Izumi Y. Low-level blue laser irradiation enhances osteoblast proliferation and differentiation. The 102nd Annual Meeting of the American Academy of Periodontology 2016.09.10 San Diego Convention Center(USA)

  10. Md.Zahirul Haque Bhuyan, Chizuko Maeda, Yuki Yoshinari, Marin Kawasaki, Yasutaka Sugamori, Genki Kato, Mariko Takahashi, Yukihiko Tamura, Kazuhiro Aoki. The therapeutic effects of the RANKL-binding peptides on cartilage destruction.. 13th Bone Biology Forum 2016.08.20 Cross Wave Makuhari (Chiba)

  11. Yukihiko Tamura, Setsuko Mise, Yasutaka Sugamori, Md. Zahirul Haq Bhuyan, Mariko Takahashi, Tomoki Uehara, Yuki Arai, Michiyo Miyashin, Noriyuki Wakabayashi, Kazuhiro Aoki. A pharmacological role of metallothionein in zinc-treated cartilage-progenitor cells. APFP 2016(The 13th Asia Pacific Federation of Pharmacologists Meeting) 2016.02.01

  12. Md. Zahirul Haque Bhuyan, Yoshinari Y, Kawasaki M, Sugamori Y, Kato G, Takahashi M, Tamura Y, Aoki K. The preliminary results on the effects of RANKL-binding peptide of cartilage destruction.. 12th Bone Biology Forum 2015.08.21 Chiba(Cross Wave Makuhari)

  13. Uehara T, Mise S, Arai Y, Sugamori Y, Kato G, Tamura Y, Tabata Y, Murali R, Wakabayashi N, Miyashin M, Aoki K. A rankl-binding peptide accelerates BMP-induced bone regeneration in murine maxilla by subperiosteal injections.. 13th Congress of the Internatitonal Society of Bone Morphometry 2015.04.27 Tokyo(Tokyo Garden Palace Hotel)

  14. Sugamori Y, HonmaM, Kato G, Tamura Y, Furuya Y, Yasuda H, Tabata Y, Udagawa N, Ohya K, Suzuki H, Aoki K. RANKL-binding peptides increased bone formation in a murine calvarial defect model. ASBMR2014 2014.09.12 Houston, Texas, USA

  15. Chatani M, Mantoku A, Takeyama K, Aoki K, Sugamori Y, Ohya K, Uchida S, Suzuki H, Sakimura T, Kono Y,Tanigaki F, Shirakawa M, Inohaya K, Abduweri D, Takano Y, Kudo A. Rearing Medaka Fish in International Space Station (ISS) for Bone Metabolism Study. ASBMR2014 2014.09.12 Houston, Texas, USA

  16. Nagano T, Mukai Y, Sugamori Y, Kato G, Ohya K, Aoki K, Higashisaka K, Yoshioka Y, Nagano K, Kamada H, Tsunoda S, Tsutsumi Y.. Basic analysis for screening a novel bone-regenerating peptide from the phage peptide library. CRS2014 2014.07.12 Chicago, USA

  17. Kato G. Shimizu Y. Mamun M. Murali R. Ohya K. Aoki K. An Osteoprotegerin-like Peptide Prevents Bone Loss in Collagen-Induced Murine Arthritis. The 3rd Tri-University Consortium on Oral Science and Education 2013.11.06 Tokyo

  18. Aoki K. Murali R. Ohya K. Bone resorption inhibitor peptides work as a bone formation stimulator. The 3rd Tri-University Consortium on Oral Science and Education 2013.11.06 Tokyo

  19. Fujiki K. Wakabayashi N. Suzuki N. Borak L. Ohya K. Aoki K.. The involvement of tumor necrosis factor-a in osteoclast differentiation induced by mechanical stress in a murine maxilla loading model. ASBMR 2013(米国骨代謝学会) 2013.10.04 Baltimore(USA)

  20. Aoki K. The bone resorption inhibitor peptide promotes bone formation by a reverse signaling pathway. Samuel Oschin Comprehensive Cancer Institute Cedars-Sinai Medical Center 2013.10.03 Los Angeles(USA)

  21. 中村 美どり、宇田川 信之、青木 和広、大谷 啓一. W9 ペプチドの破骨細胞形成抑制作用と骨芽細胞分化促進作用. 第55回歯科基礎医学会学術大会 2013.09.20 岡山市

  22. Suzuki N. Fujiki K. Ohya K. Aoki K. Wakabayashi N. Inflammation Accelerates Mechanical-Stress-Induced Osteoclastogenesis in a Murine Maxilla Loading Model. 2013 2nd Meeting of the IADR Asian Pacific Region. 2013.08.21 Thailand

  23. Aoki K. The recent development of therapeutic peptide candidates for bone disease. 2nd International Conference on Translational & Personalized Medicine 2013.08.05 Chicago, USA

  24. Kato, G. Maeda, M. Alles, N. Mamun, A. Khan, M. Sugamori, Y. Takahashi, M. Tamura, Y. Murali, R. Ohya, K. Aoki, K. An Osteoprotegerin-like Peptide Inhibits Bone Loss in Collagen Type II-Induced Murine Arthritis. IBMS/JSBMR第2回合同国際会議 2013.05.28 神戸市

  25. Mamun, A. Khan, M. Alles, N. Tamura, Y. Matsui, M. Tabata, Y. Ohya, K. Aoki, K. Bone Regeneration Using Gelatin Hydrogel as a Novel Scaffold for a RANKL Antagonist Peptide W9. 第12回日本再生医療学会総会 2013.03.21 横浜市

  26. Khan, M. Alles, N. Soysa, N. Mamun, A. Nagano, K. Mikami, R. Furuya, Y. Yasuda, H. Ohya, K. Aoki,K. A Small Peptide Inhibitor of Inflammatory Bone Resorption Promotes BMP-2-Induced Bone Formation. 第86回日本薬理学会年会 2013.03.21 福岡市

  27. Khan M, Alles N, Mamun A, Nakamura M, Furuya Y, Yasuda H, Udagawa N, Ohya K, Aoki K. TNF-a Antagonist Peptide Increases Ectopic Bone Formation under RANKL-Dependent Mechanism. 66thJADR 2012.12.14 Nigata

  28. Alles N, Soysa N.S, Khan M, Mamun A, Furuya Y, Yasuda H, Ohya K, Aoki K. Bone Resorption Inhibitory peptide Repairs Critical Size Defect on Calvariae in Mice. ASBMR2012 2012.10.12 Minneapolis USA

  29. Furuya Y, Khan M, Inagaki A, Mori K, Aoki K, Ohya K, Uchida K, Yasuda H. Mechanism Analysis of a Novel Bone Anabolic Peptide. ASBMR2012 2012.10.12 Minneapolis USA

  30. Mamun A、Khan M、Alles N、田村幸彦、大谷啓一、青木和広. BMP誘導骨再生におけるゼラチンのペプチド担体としての有用性. 第54回歯科基礎医学会学術大会 2012.09.14 郡山

  31. Khan M, Alles N, Mamun A, Nagano K, Ohya K, Aoki K.. RANKL-Mediated Bone Formation By TNF-alpha Antagonist Peptide. IADR GENERAL SESSION 2012.06.18 Iguacu Falls BRAZIL

  32. M.KHAN, N.ALLES, A.MAMUN, Y.FURUYA, H.YASUDA, J.PENNINGER, A.ARAI, M.NAKAMURA, T. MIZOGUCHI, N.TAKAHASHI, N.UDAGAWA, K.OHYA, K.AOKI. A Bone Resorption Inhibitor Promotes Bone Formation. 第59回国際歯科研究学会日本部会(JADR)総会・学術大会 2011.10.08 広島

  33. KHAN M, ALLES N, NAGANO K, FURUYA Y, YASUDA H, OHYA K, AOKI K. Both TNF-α and RANKL Antagonist Peptide Stimulates Bone Formation in TNF-α Deficient Mice to the Same Extent as in Wild Type Mice. ASBMR2011 2011.09.16 San Diego, CA, USA

  34. カーン・マスード、アレス・ニール、永野健一、古屋優里子、保田尚孝、大谷啓一、青木和広. TNF-α拮抗ペプチドはTNF-α非依存的に骨形成を亢進する. 第29回日本骨代謝学会学術大会 2011.07.28 大阪

  35. M.KHAN、N.ALLES、永野健一、大谷啓一、青木和広. The stimulatory effects of TNF-α and RANKL antagonist peptide W9 on bone formation. 第31回日本骨形態計測学会 2011.05.20 岐阜

  36. Khan M, Aoki K, Yamaguchi A, Ohya K. The effects of RANKL Antagonist Peptide on Bone Formation. 第58回JADR学術大会 2010.11.20 北九州市

  37. Khan Masud、青木和広、大谷啓一. A small peptide preventing inflammatory bone resorption promotes bone formation. 2010.09.20 東京

  38. Srirj W, Aoki K, Ohya K, Takagi Y, Shimokawa H. Factors in Dentine Organic Matrices Influence Osteoclastogenesis. 88th IADR General Session 2010.07.14 Barcelona, Spain

  39. Hirata S, Fukushima H, Morotomi T, Aoki K, Nagano K, Kitamura C, Terashima M, Jimi E. Inhibition of NF-kB enhances BMP-induced bone formation. 88th IADR General Session 2010.07.14 Barcelona, Spain

  40. Nagano K, Aoki K, Alles N, Ohya K. The protective role of TNFR2 on TNF-a-induced bone resorption. 88th IADR General Session 2010.07.14

  41. Soysa N, Alles N, Hayashi J, Khan M, Shimokawa H, Aoki K, Ohya K. Pharmacological Inhibition of NF-kB for Bone Formation in vitro and in vivo. 88th IADR General Session 2010.07.14 Barcelona, Spain

  42. Inokuchi T, Kawamoto T, Aoki K, Itoh Y, Ominaga N, Baba Y, Suzuki S, Ohya K, Moriyama K. Effects of Hyperbaric Oxygen on Tooth Movement after Distraction Osteogenesis. 88th IADR General Session 2010.07.14 Barcelona, Spain

  43. Ohya K, Soysa N, Alles N, Aoki K. Inhibition of IKK-b blocks osteoclast formation and activity. 1st meeting of the IADR APR 2009.09.22 武漢(中国)

  44. 福島秀文、進正史、丸山俊正、青木和広、大谷啓一、細川隆司、自見英治郎. NF-kB 非古典的経路における破骨細胞分化調節機構. 第51回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会 2009.09.09 新潟

  45. 永野健一、青木和広、Neil Alles、大谷啓一. TNF-a 誘導の骨吸収に対するTNFR2の役割. 第51回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会 2009.09.09 新潟

  46. Soysa N, Alles N, Aoki K, Ohya K. Lack of precursor p100 of NFkB2 causes osteopenia in mice. 第29回骨形態計測学会 2009.05.28

  47. Nagano K, Aoki K, Mian A.H, Alles N, Shimoda A, Morimoto N, Akiyoshi K, Ohya K.. NF-a-induced bone resorption model using CHP nanogel in mice. Japanese Association for Dental Research 56th Annual Meeting 2008.11.29

  48. Alles N, Soysa N, 青木和広, 大谷啓一. Nanogel cross-linking hydrogel as a drug delivery system for the peptide type of drugs. 第50回歯科基礎医学会学術大会・総会 2008.09.23 東京

  49. Okamoto K, Asagiri M, Hirai T, Kunigami T, Gober HJ, Nishikawa K, Aoki K, Ohya K, Kato S, Saftig P, Takayanagi H. Osteoclast-Independent Function of Cathepsin K : Regulation of Toll-like Receptor 9 Signaling in Autoimmunity. 30th ASBMR Annual Meeting 2008.09.12 Montreal

  50. Tomomatsu N, Aoki K, Hussain MA, Alles N, Shimokawa H, Amagasa T, Ohya K. LPS-induced Inhibition of Osteogenesis is TNF-a Dependent. 30th ASBMR Annual Meeting 2008.09.12 Montreal

  51. Alles N, Soysa N, Mian MD, Tomomatsu N, Morimoto N, Hasegawa U, Sawada S, Tada Y, Akiyoshi K, Ohya K, Aoki K. Nanogel Cross-linking Hydrogel as a Drug Delivery System for Tumor Necrosis Factor-alpha Antagonist. 30th ASBMR Annual Meeting 2008.09.12 Montreal

  52. 友松伸允,青木和広,Mian MD,下川仁彌太,天笠光雄,大谷啓一. LPS投与による抜歯後骨新生の抑制はTNF-a 依存的である. 第28回日本骨形態計測学会 2008.07.25 東京

  53. Sriarj W, Aoki K, Ohya K, Takagi Y, Shimokawa H. Effects of Dentin Organic Matrices on Osteoclastogenesis. 86th General Session & Exhibition of the IADR 2008.07.02 Toronto

  54. Soysa N, Alles N, Aoki K, Shimokawa H, Jimi E, Ohya K. Defective Alternative Pathway of NF-kB Causes Mild Osteopetrosis in Mice. 86th General Session & Exhibition of the IADR 2008.07.02 Toronto

  55. Soysa N, Alles N, Mian MD, Yasuda H, Jimi E, Shimokawa H, Aoki K, Ohya K. NIK MUTATION IN ALY/ALY MICE CAUSES OSTEOPETROSIS AND REDUCE RANKL INDUCED OSTEOCLASTOGENESIS. 2nd International Conference on Osteoimmunology: Interactions of the Immune and Skeletal Systems 2008.06.08 Rhodes(Greece)

  56. Soysa N, Alles N, Aoki K, Shimokawa H, Jimi E, Ohya K. Non-canonical NF-kB pathway regulates osteoclast formation and function. 第81回日本薬理学会年会 2008.03.17 横浜

  57. Nakalekha C, Yokoyama C, Aoki K, Ohya K, Miura H, Morita I. Alteres Bone Metabolism in Prostacyclin Synthase Deficient Female Mice. ASCB 2007 47th Annual Meeting 2007.12.01 Washington DC

  58. Mian H, Aoki K, Alles N, Saito H, Ohya K. LPS-induced Bone Resorption is Increased in TNFR2 KO Mice in-vivo. The 55th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2007.11.17 横浜

  59. Soysa N, Alles N, Aoki K, Shimokawa H, Jimi E, Ohya K. Defective NIK Causes Impaired Osteoclastogenesis and Mild Osteopetrosis in Mice. The 55th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2007.11.17 横浜

  60. Mian H, Aoki K, Alles N, Saito H, Ohya K. TNFR1 and 2 Differentially Regulates Inflammatory Bone Resorption Induced by LPS in Vivo. ASBMR 29th Annual Meeting 2007.09 Honolulu

  61. Suematsu A, Sato K, Nakashima T, Takemoto-Kimura S, Aoki K, Ohya K, Yamaguchi A, Chatila T.A, Bito H, Takayanagi H. The CaMK-CREB Pathway Regulates Osteoclast Differentiation and Function. ASBMR 29th Annual Meeting 2007.09 Honolulu

  62. Mikuni-Takagaki Y, Miyagawa K, Kozai Y, Ito Y, Naruse K, Nagai Y, Yamato H, Kashima I, Ohya K, Aoki K. Quality and Strength of Cortical Bone Ovariectomized and Sham-operated Rats Are Lowered by Limiting Physical Activity. ASBMR 29th Annual Meeting 2007.09 Honolulu

  63. Sriarj W, Varghese B.I, Aoki K, Ohya K, Takagi Y, Shimokawa H. Dentine Organic Matrix Down-Regulate Osteoclastic Activity in Root Resorption. ASBMR 29th Annual Meeting 2007.09 Honolulu

  64. Alles N, Mian H, Soysa N, Saito H, Aoki K, Akiyoshi K, Ohya K. Use of Nanogels as a Drug Delivery System for Tumor Necrosis Factor-α Antagonist in Murine Bone Resorption Model. ASBMR 29th Annual Meeting 2007.09 Honolulu

  65. Mian H,青木和広,Alles N,Soysa N,永野健一、大谷啓一. The protecting role of TNFR2 on bone resorption. The 49th Annual Meeting of Japanese Association for Oral Biology 2007.08 札幌

  66. Soysa N,Alles N, 青木和広,自見英治郎,大谷啓一. Canonical NF-kB pathway mediates osteoclast bone resorption activity. 第25回日本骨代謝学会学術集会25th Annual Meeting of the Japanese Society for Bone and Mineral Research 2007.07 大阪

  67. Alles N, Soysa N, Mian H, 青木和広、大谷啓一. Application of CHP Nanogel as a drug delivery system for tumor necrosis factor-α peptide antagonist in murine bone resorption model. 第27回日本骨形態計測学会 2007.05 長崎

  68. Alles N, Mian H, Aoki K, Ohya K. CHP Nanogel and W9 peptide complex ameliorates bone resorption in the Low Ca murine model. 第80回日本薬理学会年会 2007.03 名古屋

  69. Saito H, Aoki K, Soysa N, Baron R, Ohya K. The complete inhibition of marginal bone loss by structure-base desingned anti-TNFαpeptide in murine collagen-induced arthritis. Comparison to anti-TNFα antibody. 2006IOF+ANZBMS Combined Meeting 2006.10 Port Douglas

  70. Aoki K, Saito H, Itzstein C, Ishiguro M, Mian A. H, Takahashi M, Yamaguchi A, Horne W. C, Ohya K, Baron R. Structure-base designed anti-TNFα peptide inhibits RANKL-induced signaling and both marginal and local bone loss induced in murine collagen-induced arthritis. 28th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research 2006.09 Philadelphia

  71. Gil-Henn H, Destaing O, Bruzzaniti A, Neff L, Sims N, Aoki K, Alles N, Sanjay A, Baron R, Schlessinger J. Pyk2-/- mice are osteopetrotic due to defective regulation of microtubeles and actin in osteoclasts. 28th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research 2006.09 Philadelphia

  72. Alles C. N. R, Morimoto N, Hasegawa U, Mian A, Soysa N. S, Saito H, Aoki K, Baron R, Akiyoshi K, Ohya K. Subcutaneous injection of W9 peptide and CHP nanogel complex inhibits the decrease of BMD Induced by a low Ca feeding in mice. 28th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research 2006.09 Philadelphia

  73. MD Anower Hussain Mian, 青木和広, 齋藤広章, 大谷啓一. The roles of TNF receptors in the LPS-induced bone resorption model. 第26回日本骨形態計測学会 2006.07 新潟

  74. Soysa N, Alles C, Saito H, Aoki K, Jimi E, Ohya K. Inhibition of Ikkβ-NEMO binding blocks osteoclast activity and acting-ring formation. 84th General Session & Exhibition of IADR 2006.06 Brisbane

  75. Mian A. H, Aoki K, Saito H, Ohya K.. TNFR-1 is critical for LPS-induced bone resorptoin in mice. 84th General Session & Exhibition of IADR 2006.06 Brisbane

  76. Kudoh A, Kawamoto T, Nagahama K, Inokuchi T, Aoki A, Aoki K, Shibayama M, Baba Y, Suzuki S, Ohya K, Mano Y, Ohyama K. Bloodflow and bone density after distraction osteogenesis with HBO treatment. 84th General Session & Exhibition of IADR 2006.06 Brisbane

  77. Sriarj W, Varghese B. J, Aoki K, Ohya K, Takagi Y, Shimokawa H.. Effects of dentin organic matrix on osteoclasts. 84th General Session & Exhibition of IADR 2006.06 Brisbane

  78. Anower H, Saito H, Aoki K, Ohya K. TNF receptor Type1 has a pivotal role for local bone resorption induced by LPS in vivo. The 79th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society 2006.03 横浜

  79. Soysa Niroshani, 青木和広, 齋藤広章, 自見英治郎, 大谷啓一. Volume measurements of osteoclastic resorption lacunae by Super Depth Surface Profile Measurement Laser Microscope. 第47回歯科基礎医学会 2005.09 仙台

  80. MD Anower Hussain Mian, 齋藤広章, 青木和広, 大谷啓一. PD-1分子の欠損はT細胞の破骨細胞抑制能力を引き上げる. 第78回日本薬理学会年会 2005.03 横浜

  81. B.J. Varghese, H. Shimokawa, K. Aoki, K. Ohya, Y. Takagi. Osteoclastic Activity Differs When Cultured on Deciduous and Permanent Dentine. 第52回国際歯科研究学会日本部会(JADR)総会・学術大会 2004.11 東京

  82. K. Aoki, C. Itzstein, H. Saito, M. Takahashi, M. Ishiguro, R. Murali, R. Baron, K. Ohya. A Peptide Mimicking a TNF Receptor Loop Blocks RANKL-induced Signaling. 第52回国際歯科研究学会日本部会(JADR)総会・学術大会 2004.11 東京

  83. C. Itzstein, K. Aoki, H. Saio, R. Blanpue, P. Deprez, M. Ishiguro, W.C. Horne, R. Baron. A peptide antagonist mimicking a TNF contact site of the TNF-α receptor inhibits RANKL-induced signaling. 26th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research 2004.10 Washington, USA

  84. B.J. Varghese, K. Aoki, H. Shimokawa, K. Ohya, Y. Takagi. Differences in osteoclast-induced resorption of permanent and deciduous teeth. 82nd General Session & Exhibition of IADR 2004.03 Honolulu

  85. Y. Suzuki, K. Aoki, K. Ohya, I. Ishikawa. TNF-α antagonist inhibits bone resorption induced by Porphyromonas gingivalis in mice. 51st Annual Meeting of the JADR 2003.12 Osaka

  86. E. Jimi, K. Aoki, H. Saito, M. May, K. Ohya, S. Ghosh. Nemo (nf-kb essential modulator) binding domain (nbd) peptide prevents osteoclast differentiation in vitro and in vivo. 1st Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society (IBMS) and the Japanese Society for Bone and Mineral Research (JSBMR) 2003.06 Osaka

  87. T. Damrongrungruang, S. Kuroda, K. Hisatomo, K. Aoki, K. Ohya, S. Kasugai. A simple murine model for immobilization osteopenia. 1st General Session & Exhibition of the IADR 2003.06 Sweden

  88. Y. Asawa, K. Aoki, K. Ohya, H. Ohshima, Y. Takano. Occurrence of electron dense segments in osteoidal collagen fibrils immediately adjacent to the mineralization front of bone in rats. 1st Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society (IBMS) and the Japanese Society for Bone and Mineral Research (JSBMR) 2003.06 Osaka

  89. H. Saito, K. Aoki, R. Murali, M. I. Greene, W. C. Horne, R. Baron, K. Ohya. A TNF-alpha antagonistic peptide inhibits bone loss induced by estrogen deficiency. 1st Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society (IBMS) and the Japanese Society for Bone and Mineral Research (JSBMR) 2003.06 Osaka

  90. K. Nonaka, K. Aoki, S. Hasegawa, S. Fukuda, K. Ohya. Sex difference in affection of geometric and material properties on the structural property in tibial diaphysis of cynomolgus monkeys. 1st Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society (IBMS) and the Japanese Society for Bone and Mineral Research (JSBMR) 2003.06 Osaka

  91. K. Nagahama, K. Aoki, K. Nonaka, K. Ohyama, K. Ohya. PD-1 deficient mice showed the mild osteopetrotic phenotype but decreased the bone volume by estrogen deficiency. 1st Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society (IBMS) and the Japanese Society for Bone and Mineral Research (JSBMR) 2003.06 Osaka

  92. I. Nakamura, D. G. Little, N. Haga, K. Aoki, R. Shiro, K. Ohya, S. Tanaka, K. Nakamura, C. Cowell, P. Williams. Enhanced osteoclastogenesis in congenital pseudarthrosis of the tibia and its treatment with bisphosphonate. 1st Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society (IBMS) and the Japanese Society for Bone and Mineral Research (JSBMR) 2003.03 Osaka

  93. Y. Suzuki, K. Aoki, I. Ishikawa, K. Ohya. A TNF-α Peptide-antagonist W9 Inhibits the Soluble RANKL-induced Osteoclastogenesis Stronger Than that Induced by Membrane-bound RANKL. 24th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2002.09 San Antonio, Texas,USA

  94. Y. Mikuni-Takagaki, K. Aoki, M. Takahashi, K. Ohya, M. Itoman. Daily Activity Triples the Efficacy of PTH on Cortical Bone Formation in Adult Female Rat. 24th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2002.09 San Antonio, Texas

  95. K. Nagahama, K. Aoki, K. Nonaka, K. Ohyama, K. Ohya. Bone Histomorphometric Analysis of PD-1 Deficient Mice – The Regulation of Tcell Activation and Bone Metabolism. 24th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2002.09 San Antonio, Texas

  96. T. Kojima, K. Aoki, K. Nonaka, R. Murali, M. I. Greene, T. Amagasa, K. Ohya, W. C. Horne, R. Baron. A TNF-α-Related Peptide Inhibits Both Bone Resorption and Inflammation in Collagen-Induced Arthritis. 24th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2002.09 San Antonio, Texas

  97. T. Juji, K. Aoki, D. Horie, K. Ohya, M. Herz, A. Gautam, S. Mouritsen, H. Oda, K. Nakamura, S. Tanaka. A Novel Therapeutic Vaccine Pathological Bone Destruction in Models of Osteoporosis and RA. 23rd Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2001.10 Phoenix, Arizona

  98. K.Aoki, Y.Suzuki, T.Shibata, R.Murali, W.C.Horne, M.J.Greene, K.Ohya, R.Baron. A TNF-α-Related Peptide Inhibits Bone Resorption in Vivo and Osteoclastogenesis in Vitro by Interfering with RANK/RANKL Interaction. 23rd Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2001.10 Phoenix, Arizona

  99. Soysa N,Alles N, Aoki K, Jimi E, Ohya K. Canonical NF-kB Pathway Mediates Osteoclast Bone Resorption Activity. ASBMR 29th Annual Meeting 2001.09 Honolulu

  100. T. Damrongruang, S. Kuroda, D. Sato, K. Aoki, H. Kondo, K. Miyamoto, K.Ohya, S. Kasugai. Selective Drug Delivery System to Bone; (Gla)3-Conjugation. IADR 79th General Session & Exhibition 2001.06 Chiba

  101. E. Takahashi, M. Mukohyama, K. Aoki, W. R. Duarte, S. Enomoto, K. Ohya, S. Kasugai. Extracelluar High Calcium Environment Affects Osteoclastogenesis in vitro. IADR 79th General Session & Exhibition 2001.06 Chiba

  102. D. Horie, K. Aoki, K. Ohya. Change of Rat Bone Marrow Cell Population after Bisphosphonate Injection. IADR 79th General Session & Exhibition 2001.06 Chiba

  103. 山添知弘, 青木和広, 下川仁弥太, 高木裕三, 大谷啓一. ラット歯髄の頭部皮下移植実験における骨基質タンパクのmRNA発現について. 第42回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会 2000.09 大阪

  104. Horie D, Aoki K, Ohya K. Effects of Clodronate on Osteoblast-like Cells. 22nd Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research 2000.09 Toronto

  105. Damrongrungruang T, Kuroda S, Aoki K, Shibata T, Waki Y, Miyamoto K, Ohya K, Kasugai S. Simple experimental model for immobilized osteopenia in mice. 22nd Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research 2000.09 Toronto

  106. Sims NA, Aoki K, Bogdanovi A, Maragh M, Okigaki M, Logan S, Neff L, Didomenico E, Sanjay A, Schlessinger J, Baron R. Impaired osteoclast function in Pyk2 knockout mice and cumulative effects in Pyk2/Src double knockout. 21st Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research 1999.10.04 St. Louis, USA

  107. Baron R, Amling M, Aoki K, Sims N. Lessons from natural mutants and transgenic mice: Is there cross-regulation between bone mass, bone formation and bone resorption?. 8th Congress of the International Society of Bone Morphometry 1999.10 Scottsdale, USA

  108. Rungvechvuttivittaya S, Okiji T, Aoki K, Ohya K, Suda H. Responses of Pupal Macrophage-associated Antigen-expressing Cells to Tooth Replantation. 12th Annual Scientific Meeting of International Association for Dental Research 1997.09 Thailand

  109. Seto H, Aoki K, Ohya K. Histomorphometrical study of bone resorption induced by the low calcium diet in rats during short terme xperiment. 第70 回日本薬理学会年会 1997.03 千葉

  110. Aoki K, Seto H, Murakami H, Abe H, Barbier A, Ohya K. Effects of tiludronate on bone loss in the cancellous and cortical regions of tibia in rats fed with a low calcium diet. World Congress on Osteoporosis 1996.05 Amsterdam, Holland

  111. 青木和広, 瀬戸浩行, 大谷啓一. Different responses between cancellous and cortical bone to the bone resorption inhibitor (tiludronate) in rats. 第69 回日本薬理学会年会 1996.03 長崎

  112. 中山 魅来, 大木 明子, 土田 優美, 上條 真吾, 青木 和広. 相同モデルを用いた歯型彫刻の客観的評価方法の検討. 口腔病学会雑誌 2022.03.01

  113. 王 里奈, 高橋 優太, 藤野 ゆうな, Kahn Masud, 天野 均, 青木 和広, 高橋 勝彦, 東 伸昭. マウス大腿骨におけるヘパラナーゼの発現. 日本薬学会年会要旨集 2022.03.01

  114. 中山魅来、大木明子、土田優美、上條真吾、青木和広. 相同モデルを用いた歯型彫刻の客観的評価法の検討. 第86回口腔病学会学術大会 2021.12.04 東京

  115. 青木 和広, 松本 芳郎, Khan Masud, 長弘 茂樹, 岩本 勉, 小野 卓史, 田村 幸彦. 顎骨再建の骨形態計測学的評価 RANKL結合ペプチドを用いた顎骨造成(Jaw osteogenesis using RANKL binding peptide). Journal of Oral Biosciences Supplement 2021.10.01

  116. 天野 均, 大庭 伸介, 青木 和広. ヘリオキサンチン誘導体による破骨細胞分化誘導系に及ぼす影響に関する研究. 第38回日本骨代謝学会学術集会 2020.10.11

  117. 青木 和広, 清水 優里, Lu Wei, 廣橋 優奈, 曽根 絵梨, 池淵 祐樹, Masud Khan, Fatma Rashed, 田村 幸彦, 菅森 泰隆, 寺坂 尚紘, 宇田川 信之, 依田 哲也, 本間 雅, 菅 裕明. RANKL-RANK-OPGシグナル研究の最前線 膜型RANKLを標的にした骨形成促進薬の開発. 第62回歯科基礎医学会学術大会  アップデートシンポジウム 2020.10.01

  118. 青木 和広, 池淵 祐樹, Masud Khan, 菅森 泰隆, 田村 幸彦, 本間 雅. 石灰化組織評価の実践とネットワーキング 骨形態計測法からシグナル伝達研究への発展. 第62回歯科基礎医学会学術大会 骨形態計測学会・歯科基礎医学会合同シンポジウム 2020.10.01 WEB開催

  119. 中村聡倭,Khairul Matin,青木和広. Streptococcus mutans血管内投与後の臓器における組織観察 . 日本歯科技工学会 第41回学術大会 2019.11.02 金沢市

  120. 長弘 茂樹, 上原 智己, ケオ・プレクサ , 河井 まりこ, 青木 和広. RANKL結合ペプチドはBMP-2遺伝子発現非ウイルスベクターによる骨形成を促進する. 第61回歯科基礎医学会学術大会 2019.10.01 千代田区

  121. 青木 和広. RANKL-RANK-OPGシグナル研究の最前線 RANKLをターゲットとした骨形成促進薬の可能性. 第61回歯科基礎医学会学術大会 2019.10.01 千代田区

  122. 田村 幸彦, Khan Masud, 青木 和広. 歯髄細胞に誘導されるメタロチオネインの役割. The Journal of Toxicological Sciences 2019.06.01

  123. 崔 シン楠, 村上 達也, 田村 幸彦, 青木 和広, 星野 友, 三浦 佳子. 高分子コート材による細菌忌避活性と細胞付着促進能を併せ持つチタン合金の開発. 第40回日本バイオマテリアル学会大会 2018.11.12 神戸市

  124. 島田真奈,大木明子,上條真吾,青木和広,鈴木哲也. エピテーゼ用シリコーン材料と練和方法の違いによる気泡含有率の検討. 日本歯科技工学会第40回学術大会 2018.09.22 東京

  125. 曽根 絵梨, 田村 幸彦, 菅森 泰隆, 依田 哲也, 青木 和広, 能代 大輔, 本間 雅, 池淵 祐樹. 細胞膜上RANKL分子のクラスター化誘導による骨芽細胞分化促進作用. 第60回歯科基礎医学会学術大会 2018.09.06 福岡市

  126. 曽根 絵梨, Masud Khan, 能代 大輔, 池淵 祐樹, 本間 雅, 田村 幸彦, 菅森 泰隆, 鈴木 洋史, 宇田川 信之, 青木 和広. RANKL結合ペプチドによる骨形成促進メカニズムの検討. 第38回日本骨形態計測学会 2018.06.22 大阪市

  127. 新井 祐貴, 青木 和広, 田村 幸彦, 長弘 茂樹, 大河原 久実, 上原 智己, 宮新 美智世, 若林 則幸. 過剰咬合モデルマウスにおけるRANKL結合ペプチドを使用した歯槽骨造成の評価. 第38回日本骨形態計測学会 2018.06.22 大阪市

  128. 青木 和広. マウスを用いた骨形態計測法の留意点. 第38回日本骨形態計測学会 2018.06.21 大阪市

  129. 三上 理沙子, 青木 章, 水谷 幸嗣, 田村 幸彦, 和泉 雄一, 青木 和広. 超高繰り返し超短パルス青色レーザーを用いた低出力照射はTRPV1を介して骨芽細胞の増殖・分化を促進し、細胞外基質の石灰化を亢進させる. 日本レーザー歯学会誌 2017.12.01

  130. 本間雅、池淵祐樹、林円香、青木和広、刈谷嘉顕、鈴木洋史. カップリング機構におけるRANKLの役割. 歯科基礎医学会 2017.09.18

  131. 田村 幸彦、上原 智己、宮新 美智世、新井 祐貴、若林 則幸、青木 和広. 歯髄内に誘導されたメタロチオネインについて. 第44回日本毒性学会学術年会 2017.07.10 パシフィコ横浜 会議センター(横浜)

  132. 武元徹、樺沢勇司、樋口佑輔、田畑泰彦、青木和広、田村幸彦、原田浩之. ラット頭蓋骨欠損部に局所適用したRANKL結合ペプチドW9とbFGFによる骨形成促進作用の評価. 第33回日本DDS学会学術集会 2017.07.06 京都勧業会館 みやこめっせ (京都)

  133. 青木 和広. 理工系研究者と進めてきた骨組織におけるペプチド薬開発. 口腔病学会雑誌 2017.07.01

  134. 田村幸彦、カーン マスード、青木和広. 歯髄細胞様細胞における炎症性サイトカインによるメタロチオネインの誘導. 第37回日本歯科薬物療法学会学術大会 2017.06.17 愛知学院大学楠元キャンパス

  135. 武元 徹, 樺沢 勇司, 樋口 佑輔, 田畑 泰彦, 青木 和広, 田村 幸彦, 原田 浩之. ラット頭蓋骨欠損部に局所適用したRANKL結合ペプチドW9とbFGFによる骨形成促進作用の評価. 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集 2017.06.01

  136. 田村 幸彦, カーン・マスード , 青木 和広. 歯髄細胞様細胞における炎症性サイトカインによるメタロチオネインの誘導. 歯科薬物療法 2017.06.01

  137. 田村 幸彦, 上原 智己, 宮新 美智世, 新井 祐貴, 若林 則幸, 青木 和広. 歯髄内に誘導されたメタロチオネインについて. The Journal of Toxicological Sciences 2017.06.01

  138. 武元徹、樺沢勇司、樋口佑輔、田畑泰彦、青木和広、田村幸彦、原田浩之. ラット頭蓋骨欠損部に局所適用したRANKL結合ペプチドW9とbFGFによる骨形成促進作用の評価. 第16回日本再生医療学会総会 2017.03.07 仙台国際センター(仙台)

  139. 武元 徹, 樺沢 勇司, 田村 幸彦, 青木 和広, 原田 浩之. RANKL結合ペプチドW9はラット頭蓋骨欠損モデルにおいてbFGF誘導骨形成を促進させる(The RANKL-binding peptide W9 promotes bFGF-induced bone formation in a rat calvarial defect model). 口腔病学会雑誌 2017.03.01

  140. 田村 幸彦, 青木 和広. ラット歯髄細胞様細胞におけるメタロチオネインの誘導発現について. 口腔組織培養学会誌 2017.03.01

  141. 武元徹, 樺沢勇司, 田村幸彦, 青木和広, 原田浩之. The RANKL-binding peptide W9 promotes bFGF-induced bone formation in a rat calvarial defect model.. 第81回口腔病学会学術大会 2016.11.25 東京医科歯科大学(東京)

  142. 田村幸彦、青木和広. ラット歯髄細胞様細胞(RPC-C2A)におけるメタロチオネインの誘導発現について. 第53回日本口腔組織培養学会学術大会総会 2016.11.18 石川県立美術館(金沢)

  143. 上原 智己,田村 幸彦,宮新美智世,青木 和広. P1-140 RANKL 結合ペプチド(OP3-4)の注射投与は,BMP-2 により誘導される マウス上顎の骨造成を促進する. 第58回歯科基礎医学会学術大会 2016.08.24 札幌コンベンションセンター(札幌)

  144. 新井祐貴、青木和広、清水康広、田村幸彦、小野卓史、三瀬節子、Murali. R、若林則幸. ペプチドが誘導する抜歯後の新生骨形成および歯槽骨保護:BMP-2 誘導マウス抜歯窩骨新生モデルによる検証研究. 第36回日本骨形態計測学会 2016.06.23 新潟コンベンションセンター・朱鷺メッセ(新潟)

  145. 三上理沙子,青木章,水谷幸嗣,田村幸彦,青木和広,和泉雄一. 高繰り返し長短パルス青色レーザーを用いた低出力照射が骨芽細胞へ及ぼす効果. 第59回春季日本歯周病学会学術大会 2016.05.20 鹿児島

  146. 三上理沙子、青木章、水谷幸嗣、田村幸彦、青木和広、和泉雄一. 高繰り返し超短パルス青色レーザーを用いた低出力照射が骨芽細胞へ及ぼす効果. 平成28年度第59回春季日本歯周病学会学術大会 2016.05.19 かごしま県民交流センター・宝山ホール(鹿児島)

  147. 青木和広. 医用ペプチド開発に向けた既存担体の応用研究. 第66回医用高分子研究会 2016.03.14 首都大東京秋葉原サテライトキャンパス(東京)

  148. 田村幸彦、三瀬節子、菅森泰隆、Md Zahirul Haque Bhuyan、高橋真理子、上原智己、新井祐貴、宮新美智世、若林則幸、青木和広. 亜鉛処理による軟骨前駆細胞(ATDC5)におけるメタロチオンネインの発現について. 第133回日本薬理学会関東部会 2015.10.10 千葉(柏市、柏の葉カンファレンスセンター)

  149. 青木和広. 骨形態計測に用いられる非脱灰切片作成法の比較. 第24回骨組織再生生物学会学術大会 2015.08.22 大阪(大阪歯科大学創立100周年記念館)

  150. 本間 雅、林 円香、池淵祐樹、青木重樹、菅森泰隆、青木和広、鈴木洋史. 骨芽細胞におけるRANKL逆シグナルの役割(学会シンポジウム6_骨代謝カップリング機構の新展開3). 第33回日本骨代謝学会学術集会 2015.07.23 東京(京王プラザホテル)

  151. 佐藤俊三、田村幸彦、大谷啓一、青木和広. NanoClikナノ粒子のペプチド徐放性の検討―NanoClikナノ粒子がW9の骨吸収抑制作用を助けるメカニズム―. 第35回日本歯科薬物療法学会学術大会 2015.06.20 横浜(鶴見大学大学会館)

  152. 高橋悦子、田村幸彦、高橋真理子、大谷啓一、青木和広. 歯学生における漢方医学教育~教授システム学・インストラクショナルデザインの手法を導入・第2報~. 第35回日本歯科薬物療法学会学術大会 2015.06.20 横浜(鶴見大学大学会館)

  153. 新井祐貴、青木和広、三瀬節子、清水康広、小野卓史、若林則幸. マウス抜歯窩に局所適用したRANKL結合ペプチドとBMP-2の併用による骨形成促進作用の評価. 第35回日本骨形態計測学会 2015.06.04 倉敷(倉敷市芸文館)

  154. 永野貴士、向 洋平、菅森泰隆、加藤玄樹、青木和広、長野一也、鎌田春彦、角田慎一、東阪和馬、吉岡靖雄、堤 康央. 骨再生ペプチドの網羅的改変による親和性向上とその特性評価. 日本薬学会第135回年会 2015.03.26 神戸(デザイン・クリエイティブセンター神戸)

  155. 永野貴士、向 洋平、菅森泰隆、加藤玄樹、青木和広、大谷啓一、東阪和馬、吉岡靖雄、長野一也、鎌田春彦、角田慎一、堤 康央. 骨再生ペプチドの医薬品化を目的とした新規高親和性骨再生ペプチドの創製に向けた基礎検討. 第87回日本生化学会大会 2014.10.15 京都

  156. 青木和広、菅森泰隆、加藤玄樹、上原智己、新井祐貴、Md.Zahirul Haq Bhuyan、Neil Alles、Masud Khan、高橋真理子、田村幸彦、若林則幸、大谷啓一. RANKL結合ペプチドの骨吸収抑制作用と骨形成促進作用. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 2014.09.25 福岡

  157. 加藤玄樹、清水康広、菅森泰隆、田村幸彦、小野卓史、大谷啓一、青木和広. Ⅱ型ウシコラーゲン誘導のマウス関節リウマチモデルを用いたRANKL結合ペプチドの骨形成促進作用と骨吸収抑制作用. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 2014.09.25 福岡

  158. 菅森泰隆、本間雅、加藤玄樹、田村幸彦、古屋優里子、保田尚孝、田畑泰彦、宇田川信之、大谷啓一、鈴木洋史、青木和広. RANKL結合ペプチドはマウス頭蓋骨欠損モデルの骨新生を促進する. 第32回日本骨代謝学会学術集会 2014.07.24 大阪

  159. 茶谷昌宏、萬徳晃子、武山和弘、青木和広、菅森泰隆、大谷啓一、内田智子、鈴木ひろみ、崎村徹、河野靖、谷垣文章、白川正輝、猪早敬二、Adbuweri Dawud、高野吉郎、工藤明. 国際宇宙ステーション内メダカ飼育実験による、微小重力における骨代謝の解析. 第32回日本骨代謝学会学術集会 2014.07.24 大阪

  160. 高橋真理子、田村幸彦、青木和広、須永昌代、木下淳博、大谷啓一. 薬理学実習における医歯学シミュレーション教育システムの応用と評価. 第33回日本歯科医学教育学会総会・学術大会 2014.07.04 北九州

  161. 佐藤俊三、青木和広、田村幸彦、大谷啓一. マウス骨吸収モデルにおいてPEG架橋したCHPナノゲルは合成ペプチドW9の骨量減少抑制効果を増強した. 第34回日本歯科薬物療法学会学術大会 2014.06.21 大阪

  162. 高橋悦子、青木和広、田村幸彦、高橋真理子、大谷啓一. 歯学生における漢方医学教育-教授システム学、インストラクショナルデザインの手法を導入して-. 第34回日本歯科薬物療法学会学術大会 2014.06.21 大阪

  163. 永野貴士、向洋平、菅森泰隆、加藤玄樹、大谷啓一、青木和広、東阪和馬、吉岡靖雄、長野一也、鎌田春彦、角田慎一、堤康央. ファージ表面提示法を駆使した新規高親和性骨再生ペプチドの創製に向けた基礎検討. 日本薬学会第134年会 2014.03.27 熊本

  164. 青木和広 . ペプチド薬の可能性-骨吸収抑制ペプチドの骨形成促進作用-. 日本薬学会第134年会(一般シンポジウム: 次世代バイオ医薬開発に向けた創薬イノベーション) 2014.03.27 熊本

  165. 加藤玄樹、清水康広、菅森泰隆、高橋真理子、田村幸彦、小野卓史、大谷啓一、青木和広. マウス関節リウマチモデルにおけるRANK様ペプチドの作用. 第87回日本薬理学会年会 2014.03.19 仙台

  166. 木村敦、樺沢勇司、佐藤昌、高原楠旻、樋口佑輔、松本佳奈子、田畑泰彦、田村幸彦、青木和広、大谷啓一、小村健. ラット下顎骨延長におけるbFGF含有gelatin hydrogelの有用性. 第13回日本再生医療学会総会  2014.03.04 京都

  167. 青木和広. 骨吸収疾患に対するペプチド製剤開発の可能性. 薬力学研究会学術講演会 2014.02.25 東京

  168. 木村 敦、樺沢 勇司、樋口 佑輔、田村 幸彦、青木 和広、大谷 啓一、小村 健.. ラット下顎骨延長モデルを用いたbasic fibroblast growth factor含有ゼラチンハイドロゲルの有用性評価. 第78回口腔病学会学術大会 2013.12.06

  169. 大谷啓一. 「硬組織の生理・薬理」過去、現在、未来. 第78回 口腔病学会学術大会 2013.12.06 東京

  170. 大澤 賢次、福島 秀文、田村 幸彦、青木 和広、大谷 啓一、牧 憲司、自見 英治郎. p130Cas の破骨細胞における骨吸収能発現のメカニズム. 第55回歯科基礎医学会学術大会 2013.09.20 岡山市

  171. 菅森 泰隆、加藤 玄樹、田村 幸彦、大谷 啓一、青木 和広. RANKL結合ペプチドの軟骨細胞分化促進と軟骨破壊抑制作用. 第55回歯科基礎医学会学術大会 2013.09.20 岡山市

  172. 藤木 健吾、若林 則幸、鈴木 奈月、Libor, B.、大谷 啓一、青木 和広. メカニカルストレスによる顎骨吸収と炎症性サイトカインTNF-α の関与-マウス顎骨荷重モデルを用いた検討-. 第33回日本骨形態計測学会 2013.07.14 浜松市

  173. 木村 敦、樺沢 勇司、佐藤 昌、高原 楠旻、樋口 佑輔、田村 幸彦、青木 和広、大谷 啓一、小村 健. ラット下顎骨延長モデルを用いたbasic fibroblast growth factor含有ゼラチンハイドロゲルの有用性評価. 第33回日本歯科薬物療法学会学術大会 2013.06.15 東京

  174. 佐藤 俊三、田村 幸彦、大谷 啓一、青木 和広. CHPナノゲル担体のPEG架橋により骨吸収抑制ペプチドの作用は増強する-低Ca食飼育によるマウス骨吸収促進モデルにおける検討. 第33回日本歯科薬物療法学会学術大会 2013.06.15 東京

  175. 加藤玄樹、前田美紀、Alles, N、Mamun, A、Khan, M、高橋真理子、田村幸彦、Murali, R、大谷啓一、青木和広. OPG様ペプチドはⅡ型コラーゲンに誘導されたマウス関節炎における骨密度の低下を阻害する. 第11回日本歯科骨粗鬆症研究会学術大会・総会 東京 2013.03.02

  176. 清水康広、青木和広、カーン・マスード、細道純、金香佐和、大谷啓一、小野卓史. 咬合異常によるストレスホルモンの上昇が骨密度に与える影響~マウス成長期咬合異常モデルを用いた長管骨骨密度解析~. 第11回日本歯科骨粗鬆症研究会学術大会・総会 2013.03.02 東京

  177. 植野芳和、長谷川望、伊藤大輔、東野良治、植野順子、坂野智三、阿部俊輔、佐々木好幸、大谷啓一、青木和広. OA作成依頼を受けた患者における閉塞性睡眠時無呼吸症候群のリスクマーカーの性差について. 第11回日本睡眠歯科学会  2012.10.11 東京

  178. 庄井香、青木和広、大谷啓一、下川仁彌太. 埋伏過剰歯の幹細胞の特性について. 第54回歯科基礎医学会学術大会 2012.09.14 郡山

  179. 中村仁美、Alles N、青木和広、増田渉、福島秀文、大谷啓一、牧憲司、自見英治郎. NF-kB1の欠損は非荷重による骨量減少を抑制する. 第54回歯科基礎医学会学術大会 2012.09.14 郡山

  180. 平田-土屋志津、福島秀文、片桐岳信、諸冨孝彦、青木和広、永野健一、大谷啓一、寺下正道、自見英治郎. NF-kB p65はSmad4と結合することでBMP2による骨芽細胞分化を抑制する. 第54回歯科基礎医学会学術大会 2012.09.14 郡山

  181. 大澤賢次、福島秀文、Alles N、青木和広、張皿、大谷啓一、自見英治郎. NF-kB2のp100のプロセシングは骨代謝において重要である. 第54回歯科基礎医学会学術大会 2012.09.14 郡山

  182. 永井香絵、福島秀文、大澤賢次、田村幸彦、青木和広、大谷啓一、中村仁美、牧憲司、自見英治郎. p130Casは破骨細胞の機能発現に重要な役割をもつ . 第54回歯科基礎医学会学術大会 2012.09.14 郡山

  183. 植野芳和、長谷川望、伊藤大輔、東野良治、植野順子、坂野智三、阿部俊輔、大谷啓一、青木和広. 口腔内装置作成依頼を受けた患者における閉塞性睡眠時無呼吸症候群のリスクファクターの性差について. 日本睡眠学会第37回定期学術集会 2012.08.28 横浜

  184. 永井香絵、大澤賢次、福島秀文、保田尚孝、田村幸彦、青木和広、大谷啓一、加藤茂明、牧憲司、仲村一郎、自見英治郎. p130Casは破骨細胞の機能発現に関与する. 第30回日本骨代謝学会学術集会 2012.07.19 東京

  185. 古屋優里子、吉原裕、カーン・マスード、青木和広、大谷啓一、内田浩二、保田尚孝. 骨形成ペプチドW9の作用メカニズム解析. 第30回日本骨代謝学会学術集会 2012.07.19 東京

  186. 青木和広、田村幸彦、大谷啓一. マウス抜歯モデルを用いた骨形成評価法‐骨吸収抑制作用のある薬剤の骨形成促進効果の検討‐. 第32回日本歯科薬物療法学会 2012.06.30 大阪

  187. 青木和広、大谷啓一. 骨疾患を標的とするペプチド製剤の開発動向. 第32回日本骨形態計測学会 2012.06.07

  188. 藤木健吾、青木和広、鈴木奈月、大谷啓一、五十嵐順正、若林則幸. マウス顎骨のローカルストレインが破骨細胞の出現と骨吸収に及ぼす影響 . 日本補綴歯科学会第121回学術大会 2012.05.26 横浜

  189. 青木和広、中地浩之、Alles N、永野健一、Khan M、友松伸允、Murali R、Zhang H、山城正司、Greene M.I、田村幸彦、大谷啓一. TNF-a 阻害剤はLPSによる炎症下で骨形成を促進する-マウス抜歯窩モデルにおける検討. 第85回日本薬理学会年会 2012.03.14 京都

  190. 藤木健吾、青木和広、若林則幸、大谷啓一、五十嵐順正. メカニカルストレスによる顎堤吸収とそのメカニズムに関する研究. 第76回口腔病学会学術大会 2011.12.09 東京

  191. 藤木健吾、青木和広、若林則幸、大谷啓一、五十嵐順正. 顎骨内部の応力分析と組織形態評価の試み. 日本補綴歯科学会・東京支部総会・第15回学術大会 2011.11.26 東京

  192. 佐藤俊三、永野健一、田村幸彦、大谷啓一、青木和広. CHPナノゲルとラズベリー型CHPナノゲルをペプチド担体として用いた際の比較―低Ca食飼育マウスを用いた骨吸収抑制効果の検討―. 第53回歯科基礎医学会学術大会 2011.09.30 岐阜

  193. 青木和広、カーン マスード、アレス ニール、中地浩之、永野健一、田村幸彦、天笠光雄、自見英治郎、大谷啓一. The stimulatory effects of NF-kB inhibitor on bone formation(NF-κB活性化抑制による骨形成促進作用). 第84回日本薬理学会年会 2011.03.22 横浜

  194. 進正史、福島秀文、古田弘之、青木和広、Khan Masud、大谷啓一、片桐岳信、自見英治郎. 口腔癌細胞の顎骨浸潤におけるBMPシグナル活性化の役割. 第52回歯科基礎医学会学術大会 2010.09.20 東京

  195. 平田志津、福島秀文、片桐岳信、諸富孝彦、青木和広、永野健一、大谷啓一、北村知昭、寺下正道、自見英治郎. NF-kBシグナルの抑制はBMPによる骨形成を促進する. 第52回歯科基礎医学会学術大会 2010.09.20 東京

  196. 妹尾吉訓、福島秀文、片桐岳信、青木和広、永野健一、大谷啓一、細川隆司、自見英治郎. aly/alyマウスにおける骨形成メカニズムの解明. 第52回歯科基礎医学会学術大会 2010.09.20 東京

  197. 自見英治郎、片桐岳信、永野健一、青木和広、大谷啓一、福島秀文. aly/alyマウスではBMPによるSmadl/5/8のリン酸化が亢進することで骨形成が亢進する. 第28回日本骨代謝学会学術集会 2010.07.21 東京

  198. 青木和広、自見英治郎、保田尚孝、下川仁彌太、大谷啓一. p100欠損による骨減少はRelB欠損マウスとの交差により骨増加に転じる. 第28回日本骨代謝学会学術集会 2010.07.21 東京

  199. 中地浩之、高橋真理子、友松伸允、永野健一、Neil Alles、Masud Khan、青木和広、大谷啓一. TNF-a 制御による顎骨骨量増生への薬理学的アプローチ. 第8回日本歯科骨粗鬆症研究会‐歯科再生医療と骨粗鬆症‐ 2010.04.04 東京

  200. 林樹莉、Niroshani Soysa、Neil Alles、永野健一、中地浩之、Masud Khan、青木和広、大谷啓一. IKK-b Inhibitorの骨吸収抑制、骨形成促進効果に関する研究. 第8回日本歯科骨粗鬆症研究会‐歯科再生医療と骨粗鬆症‐ 2010.04.04 東京

  201. 青木和広、Neil Alles、Masud Khan、下田麻子、永野健一、秋吉一成、大谷啓一. ナノゲルシートをペプチド担体として利用した際の骨吸収抑制ペプチドの薬効‐ハイドロゲルとの比較‐. 日本薬理学学会年会 2010.03.16 大阪

  202. 中地浩之、青木和広、友松伸允、永野健一、Neil Alles、Niroshani Soysa、下川仁彌太、天笠光雄、大谷啓一. LPS投与による抜歯後の骨新生は、TNF-a 依存的に抑制される. 第27回日本骨代謝学会学術集会 2009.07.23 大阪

  203. Nagano K, Aoki K, Mian H, Alles N, Shimokawa H, Morimoto N, Akiyoshi K, Ohya K. The control release of TNF-a is necessary to mimic the LPS-induced bone resorption on calvaria. 第82回日本薬理学会年会 2009.03.16 横浜

  204. 青木和広, 福島秀文, Alles N, 永野健一, 自見英治郎, 大谷啓一. 転写因子p50欠損マウスを用いたトレッドミル走行負荷による骨量増加作用. 第26回日本骨代謝学会学術大会 2008.10.29 大阪

  205. 青木和広. ライオン学術賞受賞講演「ペプチド創薬の炎症性骨吸収疾患に対する応用と将来への展望」. 第50回歯科基礎医学会学術大会・総会 2008.09.23 東京

  206. 青木和広,Alles N, Soysa N, 自見英治郎, 下川仁彌太, 大谷啓一. 破骨細胞機能抑制ペプチドによる臨床応用の可能性. 第50回歯科基礎医学会学術大会・総会 2008.09.23 東京

  207. Aoki K, Ohya K. Drug development for inflammatory bone disease. 第81回日本薬理学会年会 2008.03.17 横浜

  208. 青木朝里, 川元龍夫, 井口隆人, 工藤敦夫, 長濱浩平, 森山啓司, 青木和広, 大谷啓一. ビーグル犬における上顎歯槽部骨延長量と延長部位歯髄血流および新性骨組織との関連. 第72回口腔病学会学術大会 2007.12.08 東京

  209. 青木和広,齋藤広章,Baron R, 大谷啓一. TNFアンタゴニストによる骨吸収阻害. 第35回薬物活性シンポジウム 2007.11.29 広島

  210. 大橋菜多里, 中村美穂, Soysa N, 青木和広, 大谷啓一, 関島安隆, 田中優実, 永井亜希子, 山下仁大. 炭酸含有アパタイトおよびハイドロキシアパタイト上での破骨細胞吸収活性の検討. 第29回日本バイオマテリアル学術大会 2007.11.26 大阪

  211. 自見英治郎,青木和広,仲村一郎,大谷啓一. 機械的非荷重による骨量減少における NF-kB シグナルの役割. 第25回日本骨代謝学会学術集会 2007.07 大阪

  212. 宮川和晃,香西雄介,伊藤由美,成瀬康治,永井(板垣)由美子,大和英之,鹿島勇,大谷啓一,青木和広,高垣裕子. ラットにおける歩行制限による骨質の変化がもたらす骨強度の低下. 第25回日本骨代謝学会学術集会 2007.07 大阪

  213. 末松綾子, 佐藤浩二郎, 中島友紀, 青木和広, 大谷啓一, 山口朗, 高柳広. CaMK/CREB経路による破骨細胞制御メカニズム. 第25回日本骨代謝学会学術集会 2007.07 大阪

  214. 青木和広, Mian H, Alles N, 大谷啓一. TNF受容体をターゲットとした創薬. 第5回日本骨粗鬆症研究会学術大会 2007.03 大阪

  215. 青木和広, 齋藤広章, 山口朗, 大谷啓一. TNF受容体類似ペプチドは抗TNF抗RANKL両作用を併せ持つ骨吸収抑制剤である. 第24回日本骨代謝学会 2006.07 東京

  216. 齋藤広章, 青木和広, 大谷啓一. コラーゲン誘導性関節炎におけるTNFアンタゴニストW9と抗TNF抗体の2次性骨破壊における骨吸収抑制効果の違い. 第24回日本骨代謝学会 2006.07 東京

  217. 齋藤広章, 青木和広, 大谷啓一. 抗TNFペプチドアンタゴニストと抗TNF抗体の実験的関節炎モデルにおける2次性骨吸収抑制効果の違い. 第26回日本歯科薬物療法学会 2006.06 高松

  218. 齋藤広章, 小島武文, 青木和広, R. Baron, 大谷啓一. リウマチ関節炎モデルマウスにおけるTNFαペプチドアンタゴニストの投与効果―発症前投与と発症直後投与との比較―. 第23回日本骨代謝学会 2005.07 大阪

  219. 齋藤広章, 青木和広, 大谷啓一. RANKLとTNFシグナルの双方を阻止するペプチドアンタゴニストW9の作用メカニズムに関する研究. 第25回日本骨形態計測学会 2005.06 東京

  220. 高垣裕子, 青木和広, 川本泰平, 高橋真理子, 大谷啓一. 老齢ラット皮質骨においては歩行制限により間歇的PTH投与の効果が大幅に減じる. 第25回日本骨形態計測学会 2005.06 東京

  221. 齋藤広章, 青木和広, 自見英治郎, 大谷啓一. 炎症性骨吸収モデルにおけるNFκB活性化インヒビターの効果. 第46回歯科基礎医学会 2004.09 広島

  222. 青木和広, 齋藤広章, 大谷啓一. RANKLシグナルを阻止するTNFアンタゴニストW9の作用メカニズム. 第46回歯科基礎医学会 2004.09 広島

  223. 齋藤広章, 小島武文, 青木和広, R. Baron, 大谷啓一. 徐放性投与によるTNFαペプチドアンタゴニストのリウマチ関節炎モデルマウスに対する効果の向上. 第22回日本骨代謝学会 2004.08 大阪

  224. 青木和広, 長濱浩平, 齋藤広章, 大谷啓一. 免疫制御受容体PD-1の欠損は軽度の大理石骨病を引き起こす. 第24回日本骨形態計測学会 2004.06 香川

  225. 野中希一, 青木和広, 福田俊, 吉田高志, 飯田治三, 大谷啓一. カニクイザル頸骨骨幹皮質骨における局所的な骨密度値の相違は骨リモデリング活性と力学的特性のバランスの差を反映している. 第24回日本骨形態計測学会 2004.06 香川

  226. 青木和広, 青木聡, 齋藤広章, 自見英治郎, 下川仁彌太, 大谷啓一. 新規NF-κBインヒビターの骨吸収機能抑制効果. 第77回日本薬理学会年会 2004.03 大阪

  227. 小島武文, 青木和広, 吉増秀實, 大谷啓一, 天笠光雄. TNFαペプチドアンタゴニストのリウマチ関節炎モデルマウスに対する効果. 第23回日本歯科薬物療法学会 2004.02 東京

  228. 浅輪幸世, 青木和広, 大谷啓一, 大島勇人, 高野吉郎. 類骨基質コラーゲン線維における高電子密セグメントの発現と類骨石灰化. 新潟歯学会第2回例会 2003.11 新潟

  229. 齋藤広章, 青木和広, 大谷啓一. エストロジェン欠乏マウスにおけるTNF-αアンタゴニストの骨吸収抑制効果. 第45回歯科基礎医学会 2003.09 岩手

  230. 齋藤広章, 青木和広, 自見英治郎, 大谷啓一. 新規NF-κB活性阻害剤、NEMO(NF-κB essential modulator)binding domain(NBD)peptideの骨吸収抑制作用. 第23回日本骨形態計測学会 2003.07 東京

  231. 長濱浩平, 青木和広, 野中希一, 大山紀美栄, 大谷啓一. 自己免疫疾患を呈するPD-1欠損マウスにおける骨量増加のメカニズム. 第21回日本骨代謝学会 2003.06 大阪

  232. 青木和広. RANKL刺激遮断と炎症性骨破壊治療薬. 第108回日本薬理学会関東部会 2003.06 大阪

  233. 青木和広, 十字琢夫, 齋藤広章, 小島武文, Marc Herz, Anand Gautam, Soren Mouritsen, 織田弘美, 中村耕三, 大谷啓一, 田中栄. コラーゲン関節炎モデルマウスを用いたRANKLワクチンおよびTNF-αワクチンの炎症性骨破壊に対する抑制効果. 第21回日本骨代謝学会 2003.06 大阪

  234. 青木和広, 齋藤広章, 小島武文, Ramachandran Murali, Mark.I. Greene, William.C. Horne, Roland Baron, 大谷啓一. TNF-α受容体類似構造ペプチドの骨吸収抑制効果. 第76回日本薬理学会 2003.03 福岡

  235. 栢森高, 脇能広, 青木和広, 大谷啓一. Walker256/S乳癌により引き起こされるラット閉経後骨粗鬆症様モデルに及ぼすクロドロネートの作用. 第76回日本薬理学会 2003.03 福岡

  236. 小島武文, 青木和広, 野中希一, Roland Baron, 大谷啓一. TNFペプチドアンタゴニストはリウマチ関節炎モデルの炎症および炎症による骨吸収を同時に抑制する. 第20回日本骨代謝学会 2002.07 岡山

  237. 長濱浩平, 青木和広, 野中希一, 大谷啓一. PD-1欠損マウスの骨形態計測学的解析—T細胞の活性化制御と骨代謝—. 第20回日本骨代謝学会 2002.07 岡山

  238. 大谷啓一, 堀江大介, 青木和広. クロドロネートは骨吸収抑制作用とともに骨形成促進作用により低カルシウム(Ca)食飼育ラットの骨塩量を増加させる. 第20回日本骨代謝学会 2002.07 岡山

  239. 仲村一郎, 芳賀信彦, 青木和広, 福田明, 門野夕峰, 城良二, 君塚葵, 岡崎裕司, 織田弘美, 大谷啓一, 田中栄, 中村耕三. 先天性脛骨偽関節症ではRANK ligandの発現亢進により破骨細胞形成が促進している. 第20回日本骨代謝学会 2002.07 岡山

  240. 高垣裕子, 青木和広, 大谷啓一, 糸満盛憲. ラット脛骨近位端近傍の皮質骨において、軽度の運動はPTHのアナボリックな作用に対して相乗的に働く. 第20回日本骨代謝学会 2002.07 岡山

  241. 小島武文, 青木和広, 野中希一, Roland Baron, 大谷啓一. タイプ2コラーゲン誘導関節炎におけるTNFαペプチドアンタゴニストの効果. 第22回日本骨形態計測学会 2002.06 東京

  242. 青木和広, 鈴木賀文, 柴田達也, Ramachandran Murali, Roland Baron, 大谷啓一. 構造生物からの創薬—TNF関連ペプチドの骨吸収抑制作用. 第75回日本薬理学会年会 2002.03 熊本

  243. 青木和広, 鈴木賀文, 堀江大介, 大谷啓一. TNF-α関連ペプチドW9は膜結合型RANKLより可溶性RANKLによる破骨細胞形成を強く阻害する. 第75回日本薬理学会年会 2002.03 熊本

  244. 青木和広, 十字琢夫, 堀江大介, 田中栄, 大谷啓一. マウス卵巣摘出モデルにおけるRANKLワクチンの効果. 第43回歯科基礎医学会 2001.09 埼玉

  245. 堀江大介, 青木和広, 大谷啓一. ビスフォスフォネートの骨形成促進作用に関する研究. 第43回歯科基礎医学会 2001.09 埼玉

  246. 青木和広, 堀江大介, 大谷啓一. 低カルシウム食飼育マウスにおけるTNF-αペプチドアンタゴニストの骨吸収抑制作用. 第21回日本骨形態計測学会 2001.08 名古屋

  247. 十字琢夫, 青木和広, 堀江大介, 大谷啓一, Marc Hertz, Anand Gautam, Soren Mouritsen, 織田弘美, 中村耕三, 田中栄. RANKL vaccinationによる新しい骨代謝疾患治療法の開発. 第19回日本骨代謝学会 2001.08 名古屋

  248. 青木和広, 鈴木賀文, 柴田達也, Ramachandran Murali, Roland Baron, 大谷啓一. TNFペプチドアンタゴニストはRANKL/RANK相互作用を抑制し、低カルシウム食飼育によるマウスの骨吸収亢進を抑制する. 第19回日本骨代謝学会 2001.08 名古屋

  249. 柴田達也, 青木和広, Murali R, Baron R, 大谷啓一. TNF-TNF受容体相互作用の環状ペプチドインヒビターは、RANKL-RANK相互作用を妨げることにより破骨細胞形成を抑制できる. 第74回日本薬理学会年会 2001.03 横浜

  250. 堀江大介, 青木和広, 大谷啓一. 培養骨芽細胞様細胞の石灰化におよぼすビスフォスフォネートの作用. 第42回歯科基礎医学会 2000.10 大阪

  251. 野地秀彦, 吉増秀實, 青木和広, 大谷啓一, 天笠光雄. 家兎の仮骨延長部新生骨のpQCT、DXA、骨形態計測法による解析. 第20回日本骨形態計測学会 2000.06 長崎

  252. 青木和広, 瀬戸浩行, 大谷啓一, 村上博志. 21低Ca状態におけるチルドロネートの骨吸収抑制効果について—低Ca 食飼育ラットの実験的骨吸収モデルによる検討—. 第15 回日本骨代謝学会 1997.07 埼玉

  253. 瀬戸浩行, 青木和広, 近藤尚知, 向山仁, 大谷啓一. 低Ca 食飼育による迅速な骨吸収亢進が破骨細胞, 骨芽細胞の増殖, 分化に与える影響. 第15 回日本骨代謝学会 1997.07 埼玉

  254. Aoki K, Seto H, Ohya K. Assessment of bone mineral density in rat by using PQCT (PQCTを用いたラットの骨密度評価). 日本硬組織研究技術学会第6回学術大会 1997.03 郡山

  255. Suzuki K, Aoki K, Amagasa T, Ohya K. Bone remodeling activity on titanium implant of different surface roughness. 第44 回国際歯科研究学会日本部会(JADR)総会・学術大会 1996.11 福島

  256. 青木和広, 瀬戸浩行, 大谷啓一. 新しい骨量測定法としてのpQCT の有用性—低Ca 食飼育ラットを用いた検討—. 第61 回口腔病学会総会 1996.11 東京

  257. 青木和広, 瀬戸浩行, 大谷啓一. pQCT 法によるラット下顎骨の骨量測定の試み. 第38 回歯科基礎医学会 1996.10 横浜

  258. 瀬戸浩行, 青木和広, 大谷啓一. 低Ca 食飼育ラットの海綿骨、皮質骨の骨量変化に関する研究. 第38 回歯科基礎医学会 1996.10 横浜

  259. 青木和広, 瀬戸浩行, 大谷啓一, 村上博志. 海綿骨, 皮質骨でのチルドロネートの骨吸収抑制効果の違いについて—pQCT を用いた低Ca 食飼育ラットの実験的骨吸収モデルの解析—. 第14 回日本骨代謝学会 1996.07 大阪

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • オステオプロテジェリン誘導体及びその用途(青木和広、加藤玄樹、大谷啓一)

    出願番号: 特願2015- 48698

  • 新規な架橋構造を含むTNFレセプターループペプチドの模倣ペプチドを用いた医薬組成物

    公開番号: WO2012/121058 AI

  • 新規な架橋構造を含むTNFレセプターループペプチドの模倣ペプチドを用いた医薬組成物.

    出願番号: 特願 2011-52114

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • The 2nd and 3rd prizes of the student competition at the 2nd Meeting of International Oral Health Engineering Consortium (Yosuke Sasaki, Yuna hirohashi) ,第2回国際口腔保健工学コンソーシアム(台北),2019年11月

  • 第6回レーザー歯学会学術奨励賞 (三上理沙子),2018年09月

  • The 2nd prize of the student competition at the 1st Meeting of International Oral Health Engineering Consortium (Ayaka Urakawa) ,2018年09月

  • 第38回日本骨形態計測学会 若手研究者賞 (新井祐貴),2018年06月

  • 第58回歯科基礎医学会学術大会モリタ賞(薬理部門)(上原智己),2016年08月

  • 第36回日本骨形態計測学会 若手研究者賞(新井祐貴),2016年06月

  • ベストティーチャー賞(青木和広),東京医科歯科大学創立記念行事_やる気倍増プロジェクト,2015年10月

  • New Investigator Award(上原智己),2015年04月

  • 第8回ライオン学術賞 (於:第50回歯科基礎医学会),2008年

  • 第21回日本骨形態計測学会学会賞「低Ca食飼育マウスにおけるTNF-αペプチドアンタゴニストの骨吸収抑制作用」,2001年

  • 薬力学会研究奨励金,2000年

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 大学院特別講義 口腔保健工学セミナー共催 「抗付着性材料表面における分子プロセスの理解と データ科学を利用した表面設計」,2020年01月

    林 智広 先生(東京工業大学 物質理工学院 材料系 准教授)

  • 大学院特別講義 口腔保健工学セミナー共催 「RANKL逆シグナルによる骨吸収と骨形成のカップリング」,2019年02月

    本間 雅 先生(東京大学医学部附属病院 薬剤部 講師)

  • プレスリリース 「骨芽細胞の RANKL が骨形成を促進する創薬標的になることを発見 ―骨粗鬆症の新規治療薬開発に繋がる可能性も―」,2018年09月

    東京大学と東京医科歯科大学と合同でプレスリリースをおこなった。
    (Masud Khan、菅森泰隆、加藤玄樹、青木和広)
    Nature 9月13日号に掲載された内容
    プレスリリース本文のURL;
    http://www.h.u-tokyo.ac.jp/vcms_lf/release_20180906.pdf

  • 骨芽細胞のRANKL が骨形成を促進する創薬標的になることを発見―骨粗鬆症の新規治療薬開発に繋がる可能性も―,2018年09月

    Nature

  • 1st Meeting of International Oral Health Engineering Consortium,2018年09月

    4年制の歯科技工士養成校であり、国家資格を持つ日本、台湾、大韓民国の3か国の大学6校が集まり、第1回のコンソーシアムを東京医科歯科大学口腔保健工学専攻で主催した。4年制の口腔保健工学の教育についてPanel Discussionと、学部学生や大学院生によるOral Presentation Competetionを開催した。

  • 大学院特別講義「The Wnt agonist R-spondin 3: an unexpected negative regulator of bone formation」,2017年11月

    永野健一先生
    ハーバード大学、口腔医学、感染免疫学教室

  • 第 2 回 口腔保健工学セミナー「間葉系幹細胞の機能を制御する細胞内シグナル伝達機構の解明」,2017年08月

    石崎 明先生(岩手医科大学生化学講座細胞情報科学分野 教授)

  • 大学院特別講義「全身疾患を持つ高齢者のリスクマネジメント-感染性心内膜炎予防と血管収縮薬選択を中心に-」,2016年11月

    大渡凡人(九州歯科大学 教授)

  • 大学院講義(産業医科大学)「骨形態計測法の留意点とRANKL結合ペプチドの骨形成促進作用」,2016年11月

    青木和広

  • 大学院特別講義「表面科学の手法を用いたバイオ界面の解析」,2016年06月

    林智広(東京工業大学大学院・物質理工学院 准教授)

  • 大学院特別講義「革新的バイオ医薬品の開発を目指したバイオ創薬技術と創薬支援の取り組み」,2016年01月

    角田慎一(国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所バイオ創薬プロジェクト プロジェクトリーダー)

  • 大学院特別講義「歯周組織再生療法の近未来」,2015年07月

    村上伸也(大阪大学 大学院歯学研究科 口腔治療学教室 教授)

  • 大学院特別講義「細胞表層の機能を模倣する高分子」,2015年07月

    三浦佳子(九州大学大学院 工学研究院化学工学部門第9講座 生体界面工学分野 教授)

  • 大学院特別講義「生体親和性材料の設計-バイオ界面における水和水の機能から臨床を考える-」,2015年06月

    田中賢(九州大学先導物質化学研究所 ソフトマテリアル学際化学分野 教授)

  • 大学院特別講義「骨代謝におけるWnt非古典経路の役割」,2014年11月

    小林泰浩(松本歯科大学総合歯科医学研究所硬組織解析学 准教授)

  • 骨粗鬆症と歯の治療,2014年11月

    日経MOOKよくわかる歯科治療2015(日本経済新聞出版社)(青木和広)

  • 大学院特別講義「バイオ医薬の最適化に叶う創薬基盤技術の開発」,2014年11月

    吉岡靖雄(大阪大学大学院薬学研究科毒性学分野 准教授)

  • 骨吸収性疾患治療に向けた新規RANKアンタゴニストの開発:理論的な構造予測とその実験的検証,2014年11月

    JBMR 日本語版2014 Vol.1(3)pp20-21(青木和広)

  • 脆弱骨はどの程度強靭か?マウスの骨を用いた骨形成不全症の検討,2014年11月

    JBMR 日本語版2014 Vol.1(3)pp16-17(青木和広)

  • 大学院特別講義「科学の研究成果を国民に利益還元する具体策と実行:めざせ社会企業家!」,2014年09月

    石川智久(NPO法人地域再興・個別化医療支援理事長)

  • 歯科医療と骨粗鬆症ー骨粗鬆症の薬物治療を受けた来院患者の増加に備えてー,2014年08月

    ZOOM UP 2014 No.139 pp2-5(青木和広)

  • 「炎症を抑える物質.骨粗しょう症にも効能-東京医科歯科大 発見」,2006年05月

    2006年5月5日毎日新聞 朝刊

  • 「骨の破壊防ぐ物質確認.骨粗鬆症など治療薬に期待」,2006年05月

    産経新聞2006年5月5日朝刊

  • 「骨減少抑えるペプチド発見-東京医科歯科大」,2006年05月

    朝日新聞 2006年5月12日夕刊

  • 「東京医科歯科大学がW9ペプチドに骨吸収抑制作用を発見-歯周病の治療にも期待」,2006年05月

    ヒューロンNEWS 2006年5月11日

  • 「関節リウマチ、歯周病、骨粗しょう症に新たなる選択肢」,2006年05月

    Japan Medicine 2006年5月10日

  • 「医科歯科大 骨粗鬆症治療に期待.マウスで実証 ペプチドに予防作用」,2006年05月

    FujiSankei Business 2006年5月5日

  • 「第24回日本骨形態計測学会:歯周病と骨粗鬆症が相互に関係」,2004年08月

    Medical Tribune 2004年8月5日

  • 「アジア太平洋骨形態計測学会 きょう設立会合」,2004年06月

    四国新聞 2004年6月25日

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院修士講義(口腔保健工学特論)

  • 大学院修士講義(薬理学)

  • 人体の構造と機能

  • 口腔医学の基礎

  • 全身疾患と治療の基礎

  • 口腔保健工学概論

  • 卒業研究Ⅰ

  • 薬理学(歯学部口腔保健学科2年)

  • 基礎情報医歯学(歯学科1年)

  • 口腔保健衛生基礎科学実習

  • 歯科薬理・薬剤学(歯学部口腔保健学科3年)

  • 生体と薬物(歯学科3年)

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 骨と歯の病気の薬物治療,放送大学

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 現代歯科薬理学第6版の編集作業,2017年02月 - 2018年02月

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • あごの骨の強化,NHK,あさイチ,2020年05月20日

  • 日本骨形態計測学会・歯科基礎医学会合同シンポジウム企画,日本骨形態計測学会・歯科基礎医学会共催,2020年05月01日 - 2020年10月09日

  • 骨は生きている 細胞のふるまいでとらえた造骨のメカニズム,NPO法人市民科学研究室,アイカム創立50年記念「30の映画作品で探る”いのち”の今」 第11回,2020年02月29日

  • マスード・カーン、青木和広:特別土曜講座「英語でサイエンス」,日本学術振興会,県立相模原中等教育学校,2018年01月20日

  • 青木和広:口の中から全身を健康に!「口腔基礎工学」の果たす役割とは,フロムページ,夢ナビ,2017年07月22日 - 2018年07月14日

  • 青木和広:注射で骨を作る理工学と生物学との融合研究,フロムページ,夢ナビTALK (3分で学問を伝えよう),http://talk.yumenavi.info/archives/2123?site=p,2017年07月22日

▼全件表示