基本情報

写真a

髙野 吉郎(タカノ ヨシロウ)

TAKANO Yoshiro


職名

教授(転出・退職)

生年

1949年

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/dent/oan2/index.htm

研究分野・キーワード

生物学的石灰化、エナメル質形成機構、歯の再生

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  歯学部  歯学科  1975年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  歯学研究科  形態系基礎歯科学  博士課程  1979年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  新潟大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1996年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織構造生物学 教授
  • 2021年12月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1979年04月
    -
    1984年08月
    新潟大学歯学部 口腔解剖学第一講座 助手
  • 1980年03月
    -
    1982年02月
    ノースカロライナ大学 デンタルリサーチセンター 外国人研究者
  • 1984年09月
    -
    1988年07月
    大阪大学 歯学部 助教授
  • 1988年09月
    -
    1991年04月
    北海道大学 歯学部 助教授
  • 1991年05月
    -
    1995年12月
    新潟大学 歯学部 教授
  • 1996年01月
    -
    2000年03月
    東京医科歯科大学 歯学部 教授
  • 2000年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 教授
  • 2008年08月
    -
    2008年09月
    オーフス大学(デンマーク) 医学部 客員教授
  • 2012年03月
    -
    現在
    慶熙大学校(韓国) 歯学部 客員教授
  • 2001- present Professor (Biostructural Science), Graduate School of Tokyo Medical and Dental University
  • 1996-2001 Professor (Oral Anatomy), Tokyo Medical and Dental University Faculty of Dentistry
  • 1991-1995 Professor (Oral Anatomy), Niigata University School of Dentistry, Associate Professor (Oral Anatomy), Hokkaido University School of Dentistry
  • 1984-1988 Associate Professor (Oral Anatomy), Osaka University School of Dentistry
  • 1980-1982 Visiting Scientist, Dental Research Center, University of North Carolina at Chapel Hill
  • 1979-1984 Research Associate (Oral Anatomy), Niigata University School of Dentistry
  • 1978 Visiting Scientist, Dental Research Center, University of North Carolina at Chapel Hill

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本解剖学会

  • 日本顕微鏡学会

  • 歯科基礎医学会

  • 国際歯科研究学会日本部会

  • 国際歯科研究学会

  • 口腔病学会

  • 硬組織生物学会

  • 日本骨代謝学会

  • 日本歯科医学教育学会

  • 国際組織細胞学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2007年03月
    日本解剖学会 理事 
  • 2011年04月
    -
    現在
    日本解剖学会 理事      
  • 2003年04月
    -
    2005年03月
    日本解剖学会 関東支部長
  • 2011年04月
    -
    2013年03月
    日本解剖学会 関東支部長
  • 2003年05月
    -
    2005年05月
    日本顕微鏡学会 理事
  • 2009年05月
    -
    2013年05月
    日本顕微鏡学会 常務理事
  • 2003年04月
    -
    2009年03月
    歯科基礎医学会 理事
  • 2010年04月
    -
    2011年03月
    歯科基礎医学会 監事
  • 2001年01月
    -
    2012年12月
    国際歯科研究学会日本部会 理事
  • 2009年01月
    -
    2010年12月
    国際歯科研究学会日本部会 会長
  • 2001年01月
    -
    2010年12月
    IADR Asia Pacific Region 会長
  • 1996年01月
    -
    現在
    口腔病学会 理事     
  • 1992年04月
    -
    現在
    硬組織生物学会 理事
  • 1990年07月
    -
    現在
    日本骨代謝学会 評議員
  • 2010年01月
    -
    2011年12月
    国際歯科研究学会アジア地区部会 会長

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 常態系口腔科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 微小重力がメダカの骨代謝関連細胞、特に破骨細胞の分布と形態、骨吸収活性に与える影響の形態学的、組織化学的評価,2013年11月 - 2014年03月

  • エナメル質成熟化の新パラダイム: エンドサイトーシスに拠らない蛋白脱却機構の証明.,2012年04月 - 2015年03月

  • 個体内における電離放射線誘発突然変異成立過程の解明. ,2010年04月 - 2014年03月

  • 歯胚におけるtransporter群の局在と機能解析

  • Amelogenin欠損マウスにおけるエナメル質形成のphenotype解析およびAmelogenin欠損マウスへのフッ素長期投与がエナメル質結晶へ及ぼす影響の解析

  • エナメル質形成におけるpH制御機構の本態解明

  • 宇宙メダカコンソーシアム

  • 個体内における電離放射線誘発突然変異成立過程の解明

  • 微小重力下における骨の改造現象研究の動物モデル実験システムの開発と実施

  • Junctional epithelium構成細胞の由来と維持機構

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • エナメル質成熟化の新パラダイム:エンドサイトーシスに拠らない蛋白脱却機構の証明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • エナメル質成熟化の新パラダイム:エンドサイトーシスに拠らない蛋白脱却機構の証明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 固体内のおける電離放射線誘発突然変異成立過程の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. J Guo, D M Lyaruu, Y Takano, C W Gibson, P K DenBesten, A L J J Bronckers. Amelogenins as Potential Buffers during Secretory-stage Amelogenesis. J. Dent. Res.. 2014.12; ( PubMed, DOI )

  2. Kazuhiro Takeyama, Masahiro Chatani, Yoshiro Takano, Akira Kudo. In-vivo imaging of the fracture healing in medaka revealed two types of osteoclasts before and after the callus formation by osteoblasts. Dev. Biol.. 2014.10; 394 (2): 292-304. ( PubMed, DOI )

  3. Dawud Abduweli, Otto Baba, Makoto J Tabata, Kazunori Higuchi, Hiroshi Mitani, Yoshiro Takano. Tooth replacement and putative odontogenic stem cell niches in pharyngeal dentition of medaka (Oryzias latipes). Microscopy (Oxf). 2014.04; 63 (2): 141-153. ( PubMed, DOI )

  4. Helle H Damkier, Kaj Josephsen, Yoshiro Takano, Dirk Zahn, Ole Fejerskov, Sebastian Frische. Fluctuations in surface pH of maturing rat incisor enamel are a result of cycles of H(+)-secretion by ameloblasts and variations in enamel buffer characteristics. Bone. 2014.03; 60 227-234. ( PubMed, DOI )

  5. Chunlin Chen, Zhongchang Wang, Mitsuhiro Saito, Tetsuya Tohei, Yoshiro Takano, Yuichi Ikuhara. Fluorine in shark teeth: its direct atomic-resolution imaging and strengthening function. Angew. Chem. Int. Ed. Engl.. 2014.02; 53 (6): 1543-1547. ( PubMed, DOI )

  6. Josephsen K, Takano Y, Frische S, Praetorius J, Nielsen S, Aoba T, Fejerskov O. Ion transporters in secretory and cyclically modulating ameloblasts: a new hypothesis for cellular control of preeruptive enamel maturation. Am J Physiol, Cell Physiol. 2010.12; 299 (6): C1299-307. ( PubMed, DOI )

  7. Ahmad M, Iseki H, Abduweli D, Baba O, Tabata MJ, Takano Y. Ultrastructural and histochemical evaluation of appositional mineralization of circumpulpal dentin at the crown- and root-analog portions of rat incisors. J Electron Microsc (Tokyo). 2010.10; ( PubMed, DOI )

  8. Ohisa S, Inohaya K, Takano Y, Kudo A. sec24d encoding a component of COPII is essential for vertebra formation, revealed by the analysis of the medaka mutant, vbi. Dev Biol. 2010.06; 342 (1): 85-95. ( PubMed, DOI )

  9. Inohaya K, Takano Y, Kudo A. Production of Wnt4b by floor plate cells is essential for the segmental patterning of the vertebral column in medaka. Development. 2010.06; 137 (11): 1807-1813. ( PubMed, DOI )

  10. Nakayama H, Takakuda K, Matsumoto HN, Miyata A, Baba O, Tabata MJ, Ushiki T, Oda T, McKee MD, Takano Y. Effects of altered bone remodeling and retention of cement lines on bone quality in osteopetrotic aged c-Src-deficient mice. Calcif Tissue Int. 2010.02; 86 (2): 172-183. ( PubMed, DOI )

  11. Notani T, Tabata MJ, Iseki H, Baba O, Takano Y. Introduction of a three-dimensional and layered (TDL) culture, a novel primary co-culture method for ameloblasts and pulp-derived cells. Arch Histol Cytol. 2009; 72 (3): 187-198. ( PubMed )

  12. Li Y, Nakayama H, Notani T, Ahmad M, Tabata MJ, Takano Y. Phosphatase actions at the site of appositional mineralization in bisphosphonate-affected bones of the rat. J Med Dent Sci. 2008.09; 55 (3-4): 255-265. ( PubMed )

  13. Higuchi K, Santiwong P, Tamaki H, Terashima T, Nakayama H, Notani T, Iseki H, Baba O, Takano Y. Development and terminal differentiation of pulp and periodontal nerve elements in subcutaneous transplants of molar tooth germs and incisors of the rat. Eur J Oral Sci. 2008.08; 116 (4): 324-333. ( PubMed, DOI )

  14. Shibata S, Baba O, Oda T, Yokohama-Tamaki T, Qin C, Butler WT, Sakakura Y, Takano Y. An immunohistochemical and ultrastructural study of the pericellular matrix of uneroded hypertrophic chondrocytes in the mandibular condyle of aged c-src-deficient mice. Arch Oral Biol. 2008.03; 53 (3): 220-230. ( PubMed, DOI )

  15. Inohaya K, Takano Y, Kudo A. The teleost intervertebral region acts as a growth center of the centrum: in vivo visualization of osteoblasts and their progenitors in transgenic fish. Dev Dyn. 2007.11; 236 (11): 3031-3046. ( PubMed, DOI )

  16. Miyata A, Baba O, Oda T, Ishikawa I, Takano Y. Diverse effects of c-src deficiency on molar tooth development and eruption in mice. Arch Histol Cytol. 2007.04; 70 (1): 63-78. ( PubMed )

  17. Kuwahara M, Inoshita S, Nakano Y, Terada Y, Takano Y, Sasaki S. Expression of bone type 1 PTH receptor in rats with chronic renal failure. Clin Exp Nephrol. 2007.03; 11 (1): 34-40. ( PubMed, DOI )

  18. Nemoto Y, Higuchi K, Baba O, Kudo A, Takano Y. Multinucleate osteoclasts in medaka as evidence of active bone remodeling. Bone. 2007.02; 40 (2): 399-408. ( PubMed, DOI )

  19. Baba O, Miyata A, Abe T, Shibata S, Nakano Y, Terashima T, Oda T, Kudo A, Takano Y. Formation of acellular cementum-like layers, with and without extrinsic fiber insertion, along inert bone surfaces of aging c-Src gene knockout mice. Eur J Oral Sci. 2006.12; 114 (6): 524-534. ( PubMed, DOI )

  20. Shibata S, Oda T, Abe T, Yamashita Y, Takano Y. Structural features of incremental line-like striations in mandibular condylar cartilage of c-src-deficient mice. Arch Oral Biol. 2006.11; 51 (11): 951-959. ( PubMed, DOI )

  21. Zhang J, Kawashima N, Suda H, Nakano Y, Takano Y, Azuma M. The existence of CD11c+ sentinel and F4/80+ interstitial dendritic cells in dental pulp and their dynamics and functional properties. Int Immunol. 2006.09; 18 (9): 1375-1384. ( PubMed, DOI )

  22. Jayawardena CK, Takano Y. Nerve-epithelium association in the periodontal ligament of guinea pig teeth. Arch Oral Biol. 2006.07; 51 (7): 587-595. ( PubMed, DOI )

  23. Takano Y, Nakano Y, Yamamoto-Shuda Y, Baba O, Terashima T. Proteolysis on maturing enamel surface, as shown by gel-coating methods. Eur J Oral Sci. 2006.05; 114 Suppl 1 52-8; discussion 93-5, 379-80. ( PubMed, DOI )

  24. Nakamura S, Terashima T, Yoshida T, Iseki S, Takano Y, Ishikawa I, Shinomura T. Identification of genes preferentially expressed in periodontal ligament: specific expression of a novel secreted protein, FDC-SP. Biochem Biophys Res Commun. 2005.12; 338 (2): 1197-1203. ( PubMed, DOI )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Masahiro Chatani, Akiko Mantoku, Kazuhiro Takeyama, Kazuhiro Aoki, Yasutaka Sugamori, Keiichi Ohya, Satoko Uchida, Hiromi Suzuki, Toru Sakimura, Yasushi Kono, Fumiaki Tanigaki, Masaki Shirakawa, Keiji Inohaya, Dawud Abduweri, Yoshiro Takano, Akira Kudo. Rearing Medaka Fish in International Space Station (ISS) for Bone Metabolism Study. ASBMR 2014.09

  2. Masahiro Chatani, Yoshiro Takano, Takeshi Todo, Akira Kudo. Imbalance of RANKL/OPG reveals the new bone resorption system with the whole-body analysis in medaka. ASBMR 2014.09

  3. C.K. Jayawardena, V. Walpola, T. Nandasena, D. Nanayakakara, and Y. Takano. Involvement of organic anion transporters in non-endocytotic uptake of amelogenins during human tooth development. Peradeniya University International Research Session 2014.07 Peradeniya University

  4. Sebastian Frische, Helle Damkier, Kaj Josephsen, Yoshiro Takano, Dirk Zahn, Ole Fejerskov. Fluctuations in Surface pH of Maturing Rat Incisor Enamel Are a Result of Cycles of H+-secretion by Ameloblasts and Variations in Enamel Buffer Characteristics.. EB2014 2014.04 San Diego

  5. 高野吉郎. 生体硬組織の構造、機能、組成と状態解析を可能にする顕微形態学. 第14回医学生物学電子顕微鏡シンポジウム 2014.12.20 帝京平成大学幕張キャンパス

  6. 高野吉郎. 歯の硬組織研究40年. 第79回口腔病学会学術大会 2014.12.06 東京医科歯科大学特別講堂

  7. 高野吉郎. 魚からのメッセージ:フッ素が歯を強くする原理と多生歯性のメカニズム. 新潟大学歯学部東京支部総会特別講演 2014.10.26 私学会館アルカディア

  8. 高野吉郎. メダカ咽頭歯の多換性とその維持機構. 第56回歯科基礎医学会学術大会 サテライトシンポジウム6 2014.09.25 福岡国際会議場

  9. 茶谷昌宏、萬徳晃子、武山和弘、青木和広、大谷啓一、内田智子、鈴木ひろみ、崎村徹、河野靖、谷垣文章、白川正輝、猪早敬二、Dawud Abduweri、高野吉郎、工藤明. 国際宇宙ステーションメダカ飼育実験による、微小重力における骨代謝の解析. 第32回日本骨代謝学会学術集会 2014.07 大阪

  10. 武山和弘、茶谷昌宏、高野吉郎、工藤明. メダカ尾ヒレ骨折修復モデルのin vivo解析. 第32回日本骨代謝学会学術集会 2014.07 大阪

  11. 茶谷昌宏、高野吉郎、藤堂剛、工藤明. メダカを用いたRANKL/OPGNバランス破壊による新たな全身骨吸収機構の解明. 第32回日本骨代謝学会学術集会 2014.07 大阪

  12. 高野吉郎. 魚から学ぶ歯の健康. 第39回東京医科歯科大学献体の会総会 学術講演 2014.05.24 東京医科歯科大学

  13. 高野吉郎、井関八郎、杉浦真琴. エナメル芽細胞のサイトゾルにおけるエナメルタンパク処理機構. 日本顕微鏡学会第70回学術大会 2014.05 幕張メッセ国際会議場

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 国際歯科研究学会学術賞(生物学的石灰化機構研究部門),国際歯科研究学会,2004年

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 組織学

  • 口腔組織発生学

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 歯学,:慶熙大学校(韓国)歯学部 客員教授