基本情報

写真a

井関 祥子(イセキ サチコ)

ISEKI Sachiko


職名

教授

研究室住所

113-8549 東京都文京区湯島1-5-45東京医科歯科大学分子発生学分野

研究室電話番号

03-5803-5579

研究室FAX番号

03-5803-0213

研究分野・キーワード

頭蓋顔面形成と再生 神経堤細胞

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  1989年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  博士課程  1993年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子発生学 教授
  • 2018年04月
    -
    2019年07月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子発生学 教授
  • 2019年08月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子発生学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1995年11月
    徳島大学 歯学部 助教
  • 1994年12月
    -
    1996年11月
    オクスフォード大学 解剖学講座 研究員
  • 1997年12月
    -
    2000年07月
    オックスフォード大学 解剖学遺伝学講座 post-doctoral research assistant

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 歯科基礎医学会

  • 日本発生生物学会

  • 日本分子生物学会

  • 口腔病学会

  • 日本骨代謝学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ほ乳類頭蓋顎顔面の形態形成

  • 頭蓋顎顔面組織の再生

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 頭蓋顎顔面先天異常の表現型を機械学習により定量化する試み

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • Nager症候群における顎顔面形態異常の発生学的成因の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • iPS細胞の分化パターンによる頭蓋縫合早期癒合症の分類と病態メカニズム解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 分子運動性超分子の異方性スキャホールドによる歯根の安定保持可能な歯周組織の再生

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2020年

  • 舌発生におけるShhの役割

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Shigeru Okuhara, Anahid A. Birjandi, Hadeel Adel Al-Lami, Tomoko Sagai, Takanori Amano, Toshihiko Shiroishi, Guilherme M. Xavier, Karen J. Liu, Martyn T. Cobourne, Sachiko Iseki. Temporospatial sonic hedgehog signalling is essential for neural crest-dependent patterning of the intrinsic tongue musculature Development. 2019.11; 146 (21): ( DOI )

  • Cobourne MT, Iseki S, Birjandi AA, Adel Al-Lami H, Thauvin-Robinet C, Xavier GM, Liu KJ.. How to make a tongue: Cellular and molecular regulation of muscle and connective tissue formation during mammalian tongue development. Semin. Cell Dev. Biol.. 2019.07; 91 45-54. ( DOI )

  • Zhao L, Matsumoto Y, Ono T, Iseki S.. Effects of mechanical force application on the developing root apex in rat maxillary molars. Arch Oral Biol.. 2019.05; 101 64-76. ( DOI )

  • Rajendran AK, Arisaka Y, Iseki S, Yui N. . Sulfonated Polyrotaxane Surfaces with Basic Fibroblast Growth Factor Alter the Osteogenic Potential of Human Mesenchymal Stem Cells in Short-Term Culture. ACS Biomater. Sci. Eng.. 2019.02; ( DOI )

  • Charoenlarp P, Rajendran AK, Fujihara R, Kojima T, Nakahama K, Sasaki Y, Akiyoshi K, Takechi M, Iseki S.. The improvement of calvarial bone healing by durable nanogel-crosslinked materials. J Biomater Sci Polym Ed. 2018.10; 29 (15): 1876-1894. ( DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 武田洋幸、田村宏治監訳 井関祥子分担訳. ウォルパート発生生物学. メディカル・サイエンス・インターナショナル社 , 2012

  • 「免疫染色・イメージングのコツ」(共著) . 羊土社, 2007

  • 井関祥子・太田正人. 「免疫染色・イメージングのコツ」. 羊土社, 2007

  • 「マウス表現型解析」失敗しないステップ・バイ・ステップ アプローチ(共著) . メディカルサイエンスインターナショナル社 , 2006

  • 大内淑代・井関祥子訳. 「マウス表現型解析」失敗しないステップ・バイ・ステップ アプローチ. メディカルサイエンスインターナショナル社, 2006

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Arun Kumar Rajendran, Yoshinori Arisaka, Nobuhiko Yui, Sachiko Iseki. Molecular mobile surfaces for maintaining osteogenic potential of MSCs during in vitro expansion. 第40回日本炎症・再生医学会 2019.07.16

  • 横山紀典, 武智正樹, 井関祥子. マウス胚とニワトリ胚の骨芽細胞におけるX型コラーゲンの発現解析. 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017.12.06 神戸国際展示場

  • ZHAO L, KEO P, MATSUMOTO Y, ISEKI S, ONO T. Effects of orthodontic force on root development in rats. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 さっぽろ芸文館、ロイトン札幌、札幌市教育文化会館

  • Mya N, Takechi M, Okuhara S, Furutera T, Kume T, Iseki S. Understanding the role of Foxc1 transcription factor in the development of cranial base.. 第57回日本先天異常学会学術集会 2017.08.26 早稲田大学西早稲田キャンパス

  • Charoenlarp P, Fujihara R, Rajendran AK, Nakahama K, Sasaki Y, Akiyoshi K, Iseki S. The effects of RGD modification of porous NanoClik hybrid gel carrier for growth factors on healing of calvarial bone defect.. 第38回日本炎症・再生医学会 2017.07.18 大阪国際会議場

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成15年度国際研究集会派遣,文部科学省,2003年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「舌の発生とその形態・運動異常の仕組みを解明」 ―ソニック・ヘッジホッグ・シグナル伝達が鍵―,2019年11月

    Development

  • 文京区医学系大学を連携する女性研究者支援の取組,2015年03月

    第4回女性研究者研究支援活動支援シンポジウム

  • 第45回日本先天異常学会学術集会シンポジウム,2005年07月

    第45回日本先天異常学会学術集会シンポジウム「頭部形成異常の分子機構最前線」座長

  • 第26回炎症再生医学会,2005年07月

    第26回炎症再生医学会一般演題座長

  • 第20回日本歯科医学会総会ランチョンセミナ-,2004年10月

    第20回日本歯科医学会総会ランチョンセミナー座長

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医歯学融合教育 頭頚部基礎 授業責任者

  • OH2人体の構造と機能

  • D3-D5課題統合セミナー(口唇裂口蓋裂) 口腔保健学科

  • D4研究体験実習副モジュールコーディネーター

  • D3疾患の分子的基盤ユニット(生命の分子的基盤と細胞の機能)

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 「哺乳類頭蓋冠の発生と再生応用への可能性」,北海道大学 「哺乳類頭蓋冠の発生と再生応用への可能性」

  • 岡山大学 「頭蓋顎顔面の発生」,岡山大学 「頭蓋顎顔面の発生」

  • 岡山大学 「頭蓋顎顔面の発生」,岡山大学 「頭蓋顎顔面の発生」

  • 岡山大学 「頭蓋顎顔面の発生」,岡山大学 「頭蓋顎顔面の発生」

  • 徳島大学工学部生物工学科哺乳類の顔面形作りのメカニズム,徳島大学工学部生物工学科哺乳類の顔面形作りのメカニズム

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 朝日新聞社 ののちゃんのDo科学,2016年12月

  • 高大連携受け入れ 2013年7月18日 日比谷高校生徒受け入れ,2013年07月18日