基本情報

写真a

川島 伸之(カワシマ ノブユキ)

KAWASHIMA Nobuyuki


職名

准教授

研究室住所

東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 口腔機能再構築学講座 歯髄生物学分野 文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5495

研究室FAX番号

研究分野・キーワード

歯髄, 象牙芽細胞, 歯髄細胞, 樹状細胞, マクロファージ, サイトカイン, NO, 根尖歯周組織, 骨吸収

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  歯学部  歯学科  1986年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  歯科保存学専攻  博士課程  1991年03月  修了

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2017年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 歯髄生物学 助教
  • 2017年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 歯髄生物学 講師
  • 2005年12月
    -
    2008年03月
    21世紀COE 特任准教授
  • 2003年10月
    -
    2005年11月
    21世紀COE 特任講師
  • 1995年04月
    -
    2003年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 歯髄生物学 助教
  • 1994年04月
    -
    1995年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 むし歯外来 医員(歯病)
  • 1992年04月
    -
    1994年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 日本学術振興会 特任研究員
  • 1991年04月
    -
    1992年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 むし歯外来 医員(歯病)
  • 2017年10月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 歯髄生物学 講師
  • 2018年04月
    -
    2021年11月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 歯髄生物学 講師
  • 2021年12月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 歯髄生物学 准教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1992年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 医員(歯病)
  • 1992年04月
    -
    1994年03月
    日本学術振興会 特別研究員
  • 1994年04月
    -
    1995年03月
    東京医科歯科大学 歯学部付属病院 医員(歯病)
  • 1995年04月
    -
    2003年09月
    東京医科歯科大学 歯学部 助教
  • 2003年10月
    -
    2005年11月
    東京医科歯科大学 21世紀COE 特任講師
  • 2005年12月
    -
    2008年03月
    東京医科歯科大学 21世紀COE 特任准教授
  • 2008年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科歯髄生物学分野 助教
  • 1996年04月
    -
    1998年01月
    海外研修 特任研究員
  • 日本学術振興会海外特別研究員
  • フォーサイス研究所 サイトカインバイオロジー教室
  • (ボストン、アメリカ合衆国)
  • Post-doctoral Fellow, The Forsyth Institute, Boston, MA
  • 1999年11月~2000年1月
  • 文部科学省在外研究員
  • ポストドクトラルフェロー
  • フォーサイス研究所 サイトカインバイオロジー教室
  • (ボストン、アメリカ合衆国)
  • Post-doctoral Fellow, The Forsyth Institute, Boston, MA
  • 2008年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 助教

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯内療法学会

  • 日本歯科保存学会

  • 日本再生医療学会

  • アメリカ歯内療法学会 (American Association of Endodontists)

  • 国際歯科研究学会日本部会

  • 国際歯科研究学会 (International Association for Dental Research)

  • 日本NO学会

  • 口腔病学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2008-2010 Edditional Board Member of Oral Microbiology and Immunology
  • 2013年
    -
    2017年
    日本歯科保存学会 優秀ポスター賞選考委員
  • 2013年
    -
    現在
    日本歯内療法学会 編集委員
  • 2016年
    -
    現在
    日本歯科保存学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 保存治療系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科保存学会指導医

  • 日本歯科保存学会専門医

  • 歯科医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 炎症と組織再生のクロストークから展開するmiR-21による歯髄炎制御と硬組織誘導,2016年04月 - 2018年03月

  • 歯髄幹細胞分離法の確立とシグナルネットワーク制御による硬組織再生の新規パラダイム,2013年04月 - 2018年03月

  • 未知なる歯髄細胞の機能を解析し、新たな歯髄再生療法の臨床的展開を目指す,2013年04月 - 2017年03月

  • 健康研究成果の実用化加速のための研究開発システム関連の隘路解消を支援するプログラム,2010年04月 - 2014年03月

  • 歯髄細胞および骨芽細胞の三次元培養におけるシグナルネットワークの解析と臨床的展開,2010年04月 - 2013年03月

  • 歯髄細胞の分化におけるシグナルネットワークの新しいパラダイムの構築と臨床への展望,2010年04月 - 2013年03月

  • Notchシグナルの歯髄細胞分化におけるメカニズムの解明とその臨床的展開,2007年04月 - 2010年03月

  • NotchおよびNovシグナルの調整による硬組織再生誘導とその臨床的展開,2004年04月 - 2006年03月

  • 歯髄組織の分化および機能にFGF18は重要である,2003年04月 - 2005年03月

  • Notchシグナルによる骨芽細胞の分化誘導とその臨床応用への展望,2002年04月 - 2004年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 歯髄における樹状細胞サブセットの解析から展開する歯髄炎発症のメカニズムの探求

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 炎症と組織再生のクロストークから展開するmiR-21による歯髄炎制御と硬組織誘導

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • カテプシンK阻害による根尖病変の炎症および骨吸収抑制機構の解明と臨床応用への期待

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 歯髄幹細胞分離法の確立とシグナルネットワーク制御による硬組織再生の新規パラダイム

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2017年

  • 歯髄幹細胞分離法の確立とシグナルネットワーク制御による硬組織再生の新規パラダイム

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2016年

  • 歯髄細胞の分化におけるシグナルネットワークの新しいパラダイムの構築と臨床への展望

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2013年

  • 歯髄細胞および骨芽細胞の三次元培養におけるシグナルネットワークの解析と臨床的展開

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

  • 歯髄幹細胞分離法の確立とシグナルネットワーク制御による硬組織再生の新規パラダイム

    文部科学省/日本学術振興会

  • カテプシンK阻害による根尖病変の炎症および骨吸収抑制機構の解明と臨床応用への期待

    文部科学省/日本学術振興会

  • 未知なる歯髄細胞の機能を解析し、新たな歯髄再生療法の臨床的展開を目指す

    文部科学省/日本学術振興会

  • 未知なる歯髄細胞の機能を解析し、新たな歯髄再生療法の臨床的展開を目指す。

    文部科学省/日本学術振興会

  • 治癒する歯内歯周病変を診断するための細菌学的検査方法の確立

    文部科学省/日本学術振興会

  • 粒子形状を制御した複合酸化物による新規歯内療法用セメントの開発と生体機能性付与

    文部科学省/日本学術振興会

  • 硬組織誘導能と炎症制御能を具備する新規直接覆髄材の開発とその臨床応用への展望

    文部科学省/日本学術振興会

  • 幼若永久歯再植後の新規治療法を探索する:NFκBデコイ核酸導入の効果

    文部科学省/日本学術振興会

  • 低酸素特異的転写調節因子HIF1αが誘導する歯髄組織特異的硬組織誘導のメカニズム

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kieu TQ, Tazawa K, Kawashima N, Noda S, Fujii M, Nara K, Hashimoto K, Han P, Okiji T. Kinetics of LYVE-1-positive M2-like macrophages in developing and repairing dental pulp in vivo and their pro-angiogenic activity in vitro. Scientific reports. 2022.03; 12 (1): 5176. ( PubMed, DOI )

  2. Dumrongvute K, Adel S, Wada T, Kawashima N, Piyachon C, Kurabayashi T, Okiji T, Uo M . Distrontium cerate as a radiopaque component of hydraulic endodontic cement Materials (Basel, Switzerland). 2022.01; 15 (284): ( DOI )

  3. Orikasa S, Kawashima N, Tazawa K, Hashimoto K, Sunada-Nara K, Noda S, Fujii M, Akiyama T, Okiji T. Hypoxia-inducible factor 1α induces osteo/odontoblast differentiation of human dental pulp stem cells via Wnt/β-catenin transcriptional cofactor BCL9 Scientific Reports. 2022.01; 12 (682):

  4. Adel S, Hashimoto K, Kawashima N, Wada T, Uo M, Okiji T. Biocompatibility and pro-mineralization effect of tristrontium aluminate cement for endodontic use Journal of Dental Sciences. 2022.01; ( DOI )

  5. Okada Y, Kawashima N, Nod S, Murano H, Han P, Hashimoto K, Kaneko T, Okiji T. VEGFA promotes odonto/osteoblastic differentiation in dental pulp stem cells via ERK/p38 signaling Journal of Dental Sciences. 2022; in press ( DOI )

  6. Sunada-Nara K, Kawashima N, Okiji T.. Micro-endodontic management of a fused mandibular molar with rare anatomical features: a case report The International Journal of Microdentistry. 2021.12;

  7. Zaw ZCT, Kawashima N, Kaneko T, Okii T. Angiogenesis during coronal pulp regeneration using rat dental pulp cells: neovascularization in rat molars in vivo and proangiogenic dental pulp cell-endothelial cell interactions in vitro Journal of Dental Sciences. 2021.07; in press

  8. Adel S, Wada T, Kawashima N, Abdou A, Watanabe H, Kurabayashi T, Okiji T, Uo M. Preparation and properties of tristrontium aluminate as an alternative component of mineral trioxide aggregate (MTA) cement Dental Materials Journal. 2021.01; 40 (1): 184-190. ( DOI )

  9. Adel S, Wada T, Kawashima N, Abdou A, Watanabe H, Kurabayashi T, Okiji T, Uo M. Preparation and properties of tristrontium aluminate as an alternative component of mineral trioxide aggregate (MTA) cement. Dental materials journal. 2021.01; 40 (1): 184-190. ( PubMed, DOI )

  10. Adel Sherif, Wada Takahiro, Kawashima Nobuyuki, Abdou Ahmed, Watanabe Hiroshi, Kurabayashi Tohru, Okiji Takashi, Uo Motohiro. mineral trioxide aggregate(MTA)セメントの代替成分としてのアルミン酸三ストロンチウムの調整とその特性(Preparation and properties of tristrontium aluminate as an alternative component of mineral trioxide aggregate(MTA) cement) Dental Materials Journal. 2021.01; 40 (1): 184-190. ( 医中誌 )

  11. Phyo Y, Hashimoto K, Kawashima N, Kuramoto M, Okiji T. Evaluation of the cytocompatibility of methacrylate resin-based root canal sealers with osteoblast-like cell Dental Materials Journal. 2021;

  12. Thein HSS, Hashimoto K, Kawashima N, Noda S, Okiji T . Evaluation of the anti-inflammatory effects of surface-reaction-type pre-reacted glass-ionomer filler containing root canal sealer in lipopolysaccharide-stimulated RAW264.7 macrophages Dental Materials Journal. 2021;

  13. Kuramoto M, Kawashima N, Tazawa K, Nara K, Fujii M, Noda S, Hashimoto K, Nozaki K, Okiji T. Mineral trioxide aggregate suppresses pro-inflammatory cytokine expression via the calcineurin/nuclear factor of activated T cells/early growth response 2 pathway in lipopolysaccharide-stimulated macrophages. International endodontic journal. 2020.12; 53 (12): 1653-1665. ( PubMed, DOI )

  14. Kawashima N, Hashimoto K, Kuramoto M, Bakhit A, Wakabayashi Y, Okiji T. A Novel Bioactive Endodontic Sealer Containing Surface-Reaction-Type Prereacted Glass-Ionomer Filler Induces Osteoblast Differentiation. Materials (Basel, Switzerland). 2020.10; 13 (20): ( PubMed, DOI )

  15. Tazawa K, Kawashima N, Kuramoto M, Noda S, Fujii M, Nara K, Hashimoto K, Okiji T. Transient Receptor Potential Ankyrin 1 (TRPA1) is Up-Regulated in Response to Lipopolysaccharide via P38/ Mitogen-Activated Protein Kinase (MAPK) in Dental Pulp Cells and Promotes Mineralization. The American journal of pathology. 2020.09; 190 (12): 2417-2426. ( PubMed, DOI )

  16. Fujii M, Kawashima N, Tazawa K, Hashimoto K, Nara K, Noda S, Nagai S, Okiji T.. Hypoxia-inducible factor 1α promotes interleukin 1β and tumour necrosis factor α expression in lipopolysaccharide-stimulated human dental pulp cells. International Endodontic Journal. 2020.01; ( DOI )

  17. Nara K, Kawashima N, Noda S, Fujii M, Hashimoto K, Tazawa K, Okiji T. Anti-inflammatory roles of microRNA 21 in lipopolysaccharide-stimulated human dental pulp cells. Journal of Cellular Physiology.. 2019.11; 234 (11): 21331-21341. ( PubMed, DOI )

  18. Fujii M, Kawashima N, Tazawa K, Hashimoto K, Nara K, Noda S, Kuramoto M, Orikasa S, Nagai S, Okiji T . HIF1α inhibits LPS-mediated induction of IL-6 synthesis via SOCS3-dependent CEBPβ suppression in human dental pulp cells Biochemical and Biophysical Research Communications . 2019.11; ( DOI )

  19. Noda S, Kawashima N, Yamamoto M, Hashimoto K, Nara K, Sekiya I, Okiji T. Effect of cell culture density on dental pulp-derived mesenchymal stem cells with reference to osteogenic differentiation. Scientific Reports. 2019.04; 9 (1): 5430. ( PubMed, DOI )

  20. Hirai K, Furusho H, Kawashima N, Xu S, de Beer MC, Battaglino R, Van Dyke T, Stashenko P, Sasaki H. Serum amyloid A contributes to chronic apical periodontitis via TLR2 and TLR4 Journal of Dental Research. 2019.01; 98 (1): 117-125. ( DOI )

  21. Bakhit A, Kawashima N, Hashimoto K, , Noda S, Nara K, , Kuramoto M, Tazawa K, Okiji T. Strontium ranelate promotes odonto-/osteogenic differentiation/mineralization of dental papillae cells in vitro and mineralized tissue formation of the dental pulp in vivo. Scientific Reports. 2018.06; ( PubMed, DOI )

  22. Hashimoto K, Kawashima N, Ichinose S, Nara K, Noda S, Okiji T. EDTA Treatment for Sodium Hypochlorite-treated Dentin Recovers Disturbed Attachment and Induces Differentiation of Mouse Dental Papilla Cells. Journal of Endodontics. 2018.02; 44 (2): 256-262. ( PubMed, DOI )

  23. バキト・アラムッヂン , 川島 伸之, 橋本 健太郎, 野田 園子, 奈良 圭介, 興地 隆史. ラネル酸ストロンチウムによるマウス歯乳頭細胞の増殖および石灰化はカルシウム感知受容体を介して誘導される(Strontium ranelate-evoked proliferation and mineralization of mouse dental papillae cells is mediated via calcium sensing receptor) 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集. 2017.10; 147回 63. ( 医中誌 )

  24. Kawashima N, Noda S, Yamamoto M, Okiji T. Properties of dental pulp-derived mesenchymal stem cells and the effects of culture conditions. Journal of Endodontics. 2017.09; 43 (9S): S31-S34. ( PubMed, DOI )

  25. Kawashima Nobuyuki, Okiji Takashi. 象牙芽細胞 象牙質-歯髄複合体における特殊な硬組織形成細胞(Odontoblasts: Specialized hard-tissue-forming cells in the dentin-pulp complex) Congenital Anomalies. 2017.07; 56 (4): 144-153. ( 医中誌 )

  26. Kento Tazawa, Hideharu Ikeda, Nobuyuki Kawashima, Takashi Okiji. Transient receptor potential melastatin (TRPM) 8 is expressed in freshly isolated native human odontoblasts. Archives of Oral Biology. 2016.12; 75 55-61. ( PubMed, DOI )

  27. Kawashima N, Okiji T. Odontoblasts: Specialized hard-tissue-forming cells in the dentin-pulp complex Congenital Anomalies (Kyoto). 2016.07; 56 (4): 144-153. ( PubMed, DOI )

  28. Suzuki N, Takimoto K, Kawashima N. Cathepsin K inhibitor regulates inflammation and bone destruction in experimentally induced rat periapical lesions Journal of Endodontics. 2015.09; 41 (9): 1474-1479. ( PubMed, DOI )

  29. Zhou M, Kawashima N, Suzuki N, Yamamoto M, Ohnishi O, Katsube K, Tanabe H, Kudo A, Saito M, Suda H. Periostin is a negative regulator of mineralization in the dental pulp tissue Odontology. 2015.05; 103 (2): 152-159. ( PubMed, DOI )

  30. Takimoto K, Kawashima N, Suzuki N, Koizumi Y, Yamamoto M, Nakashima M, Suda Heaki. Down-regulation of inflammatory mediator synthesis and infiltration of inflammatory cells by MMP-3 in experimentally-induced rat pulpitis Journal of Endodontics. 2014.09; 40 (9): 1404-1409. ( DOI )

  31. Yamamoto M, Kawashima N, Takashino N, Koizumi Y, Takimoto K, Suzuki N, Saito M, Suda H. Three-dimensional spheroid culture promotes odonto/osteoblastic differentiation of dental pulp cells Archives of Oral Biology. 2014.03; 59 (3): 310-317. ( DOI )

  32. Wei S, Kawashima N, Suzuki N, Xu J, Takahashi S, Zhou M, Koizumi Y, Suda H. Kinetics of Th17-related cytokine expression in experimentally induced rat periapical lesions Australian Endodontic Journal. 2013.12; 39 (3): 164-170. ( DOI )

  33. 11. Yoshida T, Iwata T, Umemoto T, Shiratsuchi Y, Kawashima N, Sugiyama T, Yamato M and Okano T. Promotion of mouse ameloblast proliferation by Lgr5 mediated integrin signaling Journal of Cellular Biochemistry. 2013.09; 114 (9): 2138-2147. ( DOI )

  34. Koizumi Yu, Kawashima Nobuyuki, Yamamoto Mioko, Takimoto Koyo, Zhou Mengyu, Suzuki Noriyuki, Saito Masahiro, Harada Hidemitsu, Suda Hideaki. Wnt11 expression in rat dental pulp and promotional effects of Wnt signaling on odontoblast differentiation Congenital Anomalies. 2013.09; 53 (3): 101-108. ( DOI )

  35. Yoshida T., Kumashiro Y., Iwata T., Ishihara J., Umemoto T., Shiratsuchi Y., Kawashima N., Sugiyama T., Yamato M., Okano T.. Requirement of integrin beta 3 for iron transportation during enamel formation Journal of Dental Research. 2012.12; 91 (12): 1154-1159. ( DOI )

  36. Kawashima N. Characterisation of dental pulp stem cells: A new horizon for tissue regeneration? Archives of Oral Biology. 2012.11; 57 (11): 1439-1458. ( DOI )

  37. Xu J, Kawashima N, Fujiwara N, Harada H, Ota MS, Suda H. Promotional effects of vasoactive intestinal peptide on the development of rodent Hertwig's epithelial root sheath Congenital Anomalies. 2012.09; 52 (3 SI): 162-167. ( PubMed, DOI )

  38. Sun H, Yang J, Kawashima N, Li Y, Zhang W, Wang P. A brief comparison of curricula at dental schools in China and Japan Journal of Dental Education. 2012.06; 76 (6): 765-773.

  39. Bolortuya Gombo, Ebihara Arata, Ichinose Shizuko, Watanabe Satoshi, Anjo Tomoo, Kokuzawa Chizuko, Saegusa Hidetoshi, Kawashima Nobuyuki, Suda Hideaki. Effects of Dentin Surface Modifications Treated with Er:YAG and Nd:YAG Laser Irradiation on Fibroblast Cell Adhesion PHOTOMEDICINE AND LASER SURGERY. 2012.02; 30 (2): 63-70. ( DOI )

  40. Bolortuya G., Ebihara A., Ichinose S., Watanabe S., Anjo T., Kokuzawa C., Saegusa H., Kawashima N., Suda H.. Initial fibroblast attachment to Erbium:YAG laser-irradiated dentine INTERNATIONAL ENDODONTIC JOURNAL. 2011.12; 44 (12): 1134-1144. ( DOI )

  41. Wang HG., Kawashima N., Iwata T., Xu J., Takahashi S., Sugiyama T., Suda H.. MEPE activated by furin promotes pulpal cell adhesion Journal of Dental Research. 2011.04; 90 (4): 529-534. ( DOI )

  42. Wang S, Kawashima N, Sakamoto K, Katsube K, Umezawa A, Suda H. Osteogenic differentiation of mouse mesenchymal progenitor cell, Kusa-A1 is promoted by mammalian transcriptional repressor Rbpj Biochemical and Biophysical Research Communications. 2010.09; 400 (1): 39-45. ( PubMed, DOI )

  43. Sun H, Kawashima N, Xu J, Takahashi S, Suda H. Expression of Notch signalling-related genes in normal and differentiating rat dental pulp cells Australian Endodontic Journal. 2010.08; 36 (2): 54-58. ( PubMed, DOI )

  44. Wang H, Kawashima N, Iwata T, Xu J, Takahashi S, Sugiyama T, Suda H. Differentiation of odontoblasts is negatively regulated by MEPE via its C-terminal fragment. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2010.07; 398 (3): 406-412. ( PubMed, DOI )

  45. Kawashima N, Wadachi R, Suda H, Yeng T, Parashos P.. Root canal medicaments. International Dental Journal. 2009.02; 59 (1): 5-11. ( PubMed )

  46. Kabasawa Y., Nagumo K., Takeda Y., Kawashima N., Okada N., Omura K., Yamaguchi A., Katsube K.. Amelogenin positive cells scattered in the interstitial component of odontogenic fibromas Journal of Clinical Pathology. 2008.07; 61 (7): 851-855. ( PubMed, DOI )

  47. Sasaki H, Suzuki N, Kent R, Kawashima N, Takeda J, Stashenko P. T cell response mediated by myeloid cell-derived IL-12 is responsible for Porphyromonas gingivalis-induced periodontitis in IL-10-deficient mice. Journal of Immunology. 2008.05; 180 (9): 6193-6198. ( PubMed )

  48. Kawashima N, Suzuki N, Yang G, Ohi C, Okuhara S, Nakano-Kawanishi H, Suda H. Kinetics of RANKL, RANK and OPG expressions in experimentally induced rat periapical lesions Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontology. 2007.05; 103 (5): 707-711. ( PubMed, DOI )

  49. Satomi Takahashi, Nobuyuki Kawashima, Kei Sakamoto, Akira Nakata, Takashi Kameda, Toshihiro Sugiyama, Ken-ichi Katsube, Hideaki Suda. Differentiation of an ameloblast-lineage cell line (ALC) is induced by Sonic hedgehog signaling. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2007.02; 353 (2): 405-411. ( PubMed, DOI )

  50. Guangyan Yang, Nobuyuki Kawashima, Tomoatsu Kaneko, Noriyuki Suzuki, Takashi Okiji, Hideaki Suda. Kinetic study of immunohistochemical colocalization of antigen-presenting cells and nerve fibers in rat periapical lesions. J Endod. 2007.02; 33 (2): 132-136. ( PubMed, DOI )

  51. Nobuyuki Kawashima, Indra Wongyaofa, Noriyuki Suzuki, Hiromi Nakano Kawanishi, Hideaki Suda. NK and NKT cells in the rat dental pulp tissues. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 2006.10; 102 (4): 558-563. ( PubMed, DOI )

  52. Jian Zhang, Nobuyuki Kawashima, Hideaki Suda, Yukiko Nakano, Yoshiro Takano, Miyuki Azuma. The existence of CD11c+ sentinel and F4/80+ interstitial dendritic cells in dental pulp and their dynamics and functional properties. Int. Immunol.. 2006.09; 18 (9): 1375-1384. ( PubMed, DOI )

  53. N Kawashima, H Nakano-Kawanishi, N Suzuki, M Takagi, H Suda. Effect of NOS inhibitor on cytokine and COX2 expression in rat pulpitis. J. Dent. Res.. 2005.08; 84 (8): 762-767. ( PubMed )

  54. Nobuyuki Kawashima, Kentaro Shindo, Kei Sakamoto, Hisatomo Kondo, Akihiro Umezawa, Shohei Kasugai, Bernard Perbal, Hideaki Suda, Minoru Takagi, Ken-ichi Katsube. Molecular and cell biological properties of mouse osteogenic mesenchymal progenitor cells, Kusa. J. Bone Miner. Metab.. 2005; 23 (2): 123-133. ( PubMed, DOI )

  55. Kawanishi HK, Kawashima N, Suzuki N, Suda H, Takagi M. Effects of an inducible nitric oxide synthase inhibitor on experimentally induced rat EUROPEAN JOURNAL OF ORAL SCIENCES. 2004.08; 112 (4): 332-337. ( DOI )

  56. Hajime Sasaki, Khaled Balto, Nobuyuki Kawashima, Jean Eastcott, Katsuaki Hoshino, Shizuo Akira, Philip Stashenko. Gamma interferon (IFN-gamma) and IFN-gamma-inducing cytokines interleukin-12 (IL-12) and IL-18 do not augment infection-stimulated bone resorption in vivo. Clin. Diagn. Lab. Immunol.. 2004.01; 11 (1): 106-110. ( PubMed )

  57. Kentaro Shindo, Nobuyuki Kawashima, Kei Sakamoto, Akira Yamaguchi, Akihiro Umezawa, Minoru Takagi, Ken-ichi Katsube, Hideaki Suda. Osteogenic differentiation of the mesenchymal progenitor cells, Kusa is suppressed by Notch signaling. Exp. Cell Res.. 2003.11; 290 (2): 370-380. ( PubMed )

  58. N Kawashima, P Stashenko. Expression of bone-resorptive and regulatory cytokines in murine periapical inflammation. Arch. Oral Biol.. 1999.01; 44 (1): 55-66. ( PubMed )

  59. A M Kamal, T Okiji, N Kawashima, H Suda. Defense responses of dentin/pulp complex to experimentally induced caries in rat molars: an immunohistochemical study on kinetics of pulpal Ia antigen-expressing cells and macrophages. J Endod. 1997.02; 23 (2): 115-120. ( PubMed )

  60. N Kawashima, T Okiji, T Kosaka, H Suda. Kinetics of macrophages and lymphoid cells during the development of experimentally induced periapical lesions in rat molars: a quantitative immunohistochemical study. J Endod. 1996.06; 22 (6): 311-316. ( PubMed, DOI )

  61. T Okiji, T Kosaka, A M Kamal, N Kawashima, H Suda. Age-related changes in the immunoreactivity of the monocyte/macrophage system in rat molar pulp. Arch. Oral Biol.. 1996.05; 41 (5): 453-460. ( PubMed )

  62. T Okiji, N Kawashima, T Kosaka, C Kobayashi, H Suda. Distribution of Ia antigen-expressing nonlymphoid cells in various stages of induced periapical lesions in rat molars. J Endod. 1994.01; 20 (1): 27-31. ( PubMed )

  63. T Okiji, I Morita, N Kawashima, T Kosaka, H Suda, S Murota. Immunohistochemical detection of prostaglandin I2 synthase in various calcified tissue-forming cells in rat. Arch. Oral Biol.. 1993.01; 38 (1): 31-36. ( PubMed )

  64. T Okiji, N Kawashima, T Kosaka, A Matsumoto, C Kobayashi, H Suda. An immunohistochemical study of the distribution of immunocompetent cells, especially macrophages and Ia antigen-expressing cells of heterogeneous populations, in normal rat molar pulp. J. Dent. Res.. 1992.05; 71 (5): 1196-1202. ( PubMed )

  65. 川島 伸之, 興地 隆史. 【歯髄の保存を中心とした外傷歯への対応】症例別にみた対応法 歯根破折 永久歯の歯根破折と歯髄保存 日本歯科評論. 2021.03; 81 (3): 46-49. ( 医中誌 )

  66. 川島 伸之. 【臨床現場で役に立つ"痛み"の教科書】(第2章)痛みに関するQ&A なかなか治らない象牙質知覚過敏症。歯髄の状態、保存・抜髄の判断ポイントとは? DENTAL DIAMOND. 2020.10; 45 (14): 073-075. ( 医中誌 )

  67. 川島 伸之, 興地 隆史. 治癒に導くエンドの秘訣 最新エンド症例集 水酸化カルシウム水性ペースト製材と思われる根管外異物を外科的に除去した症例 日本歯科評論. 2019.08; 79 (8): 12-15. ( 医中誌 )

  68. 渥美 優介, 島垣 昌明, 栗原 欣也, 中本 和希, 蒔苗 亜紀, 中島 美砂子, 庵原 耕一郎, 川島 伸之, 興地 隆史, 鈴木 孝尚. 新規開発多孔膜を備えた膜分取培養容器VIVANT-CELLにて分離・培養した歯髄幹細胞の特性評価 組織培養研究. 2019.06; 38 (2): 127. ( 医中誌 )

  69. 藤井 真由子, 川島 伸之, 田澤 建斗, 橋本 健太郎, 奈良 圭介, 折笠 紫音, 野田 園子, 倉本 将司, 永井 重徳, 興地 隆史. LPS刺激歯髄細胞からの炎症性サイトカイン発現における低酸素誘導因子(HIF)1αの役割 口腔病学会雑誌. 2019.03; 86 (1): 9-10. ( 医中誌 )

  70. 田澤建人,川島伸之,草野雅彦,池田英治,興地隆史. ラット正常歯髄におけるLYVE-1陽性マクロファージはCD163を発現する 日本歯内療法学会雑誌. 2019; 40 (1):

  71. 小林 宏明, 川島 伸之, 須藤 毅顕, 加納 千博, 和泉 雄一. 治るエンド・ペリオ病変の診断をめざして The Quintessence. 2018.08; 37 (8): 1862-1870. ( 医中誌 )

  72. 川島 伸之, 興地 隆史. 治癒に導くエンドの秘訣-最新エンド症例集 根尖孔外異物と歯根破折を伴う下顎第二大臼歯に対する感染根管治療と意図的再植 日本歯科評論. 2018.07; 78 (7): 12-15. ( 医中誌 )

  73. 橋本 健太郎, 川島 伸之, 市野瀬 志津子, 奈良 圭介, 野田 園子, 興地 隆史. NaOCl処理象牙質に対するEDTA処理はマウス歯乳頭由来細胞付着を回復し細胞の分化を誘導する 口腔病学会雑誌. 2018.03; 85 (1): 25. ( 医中誌 )

  74. 藤井 真由子, 川島 伸之, 興地 隆史. ヒト歯髄細胞における炎症性メディエーター産生制御におけるHIF1aの役割 Journal of Oral Biosciences Supplement. 2017.09; 2017 426. ( 医中誌 )

  75. 野田 園子, 川島 伸之, 橋本 健太郎, 山本 弥生子, 荒牧 音, 田上 順次, 興地 隆史. 培養密度が歯髄幹細胞の幹細胞特性に与える影響 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集. 2017.05; 146回 46. ( 医中誌 )

  76. 倉本 将司, 川島 伸之, 野崎 浩佑, Bakhit A.Y., 奈良 圭介, 藤井 真由子, 橋本 健太郎, 野田 園子, 興地 隆史. Mineral trioxide aggregateはLPS刺激マクロファージの機能をcalcium-sensing receptorを介して調節する 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集. 2017.05; 146回 48. ( 医中誌 )

  77. 川島 伸之, 戸村 淳嗣, 横田 兼欣, 興地 隆史. 低濃度EDTA溶液のスミヤー層除去効果と象牙質脱灰に対する影響 日本歯科保存学雑誌. 2017.02; 60 (1): 32-39. ( 医中誌 )

  78. 川島伸之,戸村淳嗣,横田兼欣,興地隆史. 低濃度EDTA溶液のスミヤー層除去効果と象牙質脱灰に対する影響. 日本歯科保存学雑誌. 2017.02; 60 (1): 32-39.

  79. 川島伸之,齋藤正寛,興地隆史. Osr2 (odd-skipped related 2)はマウス歯乳頭細胞の硬組織形成細胞への分化を促進する 日本歯内療法学会雑誌. 2016.01; 37 (1): 38-44.

  80. 川島伸之. 歯髄・歯根膜の幹細胞による再生医療の課題 歯界展望. 2014.02; 124 (2): 330-333.

  81. 瀧本 晃陽, 川島 伸之, 鈴木 規元, 小泉 悠, 山本 弥生子, 齋藤 正寛, 原田 英光, 中島 美砂子, 須田 英明. LPS刺激下における炎症性メディエーター産生に対するMMP-3の影響 日本歯科保存学雑誌. 2012.06; 55 (3): 202-210. ( 医中誌 )

  82. 吉岡 隆知, 八幡 祥生, 中野 生和子, 花田 隆周, 石村 瞳, 菊地 和泉, 鈴木 規元, 川島 伸之, 砂川 光宏, 須田 英明. 先進医療「X線CT画像診断に基づく手術用顕微鏡を用いた歯根端切除手術」の治療成績 日本歯科保存学雑誌. 2010.02; 53 (1): 66-72. ( 医中誌 )

  83. 中野 生和子, 川島 伸之, 須田 英明. 上顎第一大臼歯・近心頬側第二根管について 日本歯科保存学雑誌. 2008.08; 51 (4): 457-463. ( 医中誌 )

  84. 川島 伸之, 高橋 里美, 大井 智恵, 奥原 滋, 河西 裕美, 須田 英明. ラット実験的歯髄炎におけるケモカインの動態 日本歯科保存学雑誌. 2005.08; 48 (4): 586-593. ( 医中誌 )

  85. 川島 伸之, 長澤 敏行, 石川 烈, 須田 英明. 掌蹠膿疱症と辺縁性及び根尖性歯周炎 日本歯科保存学雑誌. 2003.10; 46 (5): 626-637. ( 医中誌 )

  86. 河西 裕美, 川島 伸之, 鈴木 規元, 須田 英明, 高木 実. 実験的ラット歯髄炎におけるiNOS発現 日本歯科保存学雑誌. 2002.06; 45 (3): 532-539. ( 医中誌 )

  87. 川島 伸之, 平野 滋三, 森上 誠, 山口 佳子, 村上 真帆, 植松 宏, 須田 英明, 田上 順次. 沖縄県渡嘉敷村における歯科巡回診療 口腔病学会雑誌. 1999.12; 66 (4): 331-338. ( 医中誌 )

  88. 川島 伸之, 須田 英明. インフォームド・コンセント こんなときどうする 抜髄後に自発痛,打診痛が発現する症例 DENTAL DIAMOND. 1994.05; 19 (7): 28-29. ( 医中誌 )

  89. 川島 伸之, 興地 隆史, 小坂 俊彦, 他. ラット実験的根尖病変の成立過程に対するCyclophosphamide投与の影響 日本歯科保存学雑誌. 1993.10; 36 (5): 1388-1396. ( 医中誌 )

  90. 小坂 俊彦, 興地 隆史, 川島 伸之, 他. ラット臼歯発育過程における歯髄内免疫担当細胞の変動 日本歯科保存学雑誌. 1992.12; 35 (6): 1474-1480. ( 医中誌 )

  91. 小林 千尋, 興地 隆史, 川島 伸之, 他. 電気的根管長測定法に関する基礎的研究(第3報) 割算方式による試作電気的根管長測定器について 日本歯科保存学雑誌. 1991.10; 34 (5): 1442-1448. ( 医中誌 )

  92. 川島 伸之. ラット実験的根尖性歯周炎の成立過程に関する免疫組織化学的研究 各種免疫担当細胞の動態 日本歯科保存学雑誌. 1990.12; 33 (6): 1659-1677. ( 医中誌 )

  93. 興地 隆史, 川島 伸之, 小坂 俊彦, 他. ラット臼歯歯髄ならびに根尖歯周組織における各種免疫担当細胞の局在に関する免疫組織化学的研究 日本歯科保存学雑誌. 1990.10; 33 (5): 1398-1405. ( 医中誌 )

  94. 興地 隆史, 川島 伸之, 松本 章, 他. ラット実験的根尖性歯周炎におけるIa抗原陽性細胞の動態に関する免疫組織化学的研究 日本歯科保存学雑誌. 1989.10; 32 (5): 1436-1443. ( 医中誌 )

  95. 川島 伸之, 興地 隆史, 松本 章, 他. 抗原刺激による実験的歯髄炎の免疫病理学的研究 日本歯科保存学雑誌. 1989.06; 32 (3): 720-728. ( 医中誌 )

  96. 松本 章, 川島 伸之, 須田 英明, 他. 新根管充填用シーラーNU-59について(第4報) Boyden変法によるヒト単球遊走試験 日本歯科保存学雑誌. 1987.10; 30 (5): 1486-1492. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Kawashima N, Suda H. Essential Endodontology. Oxford, Blackwell Publishing, 2008 Pathological aspects of pulpal and periapical inflammations (ISBN : 978-14051-4976-1)

  2. 川島 伸之, 興地 隆史. 永久歯の歯根破折と歯髄保存. 株式会社ヒョーロン・パブリッシャーズ , 2021.03

  3. 和嶋浩一、石井隆資、島田淳. 臨床現場で役に立つ”痛み”の教科書. デンタルダイヤモンド社, 2020.10 なかなか治らない象牙質知覚過敏症。歯髄の状態、保存・抜髄の判断ポイントは? (ISBN : 978-4885104817)

  4. 阿部修、興地隆史、木ノ本喜史、中田和彦. 治癒に導くエンドの秘訣. 株式会社ヒョーロン・パブリッシャーズ, 2020.06 水酸化カルシウム水性ペースト製材と思われる根管外異物を外科的に除去した症例・根尖孔外異物と歯根破折を伴う下顎第二大臼歯に対する感染根管治療と意図的再植 (ISBN : 978-4-86432-057-3)

  5. 川島伸之, 須田英明. 天然歯の再利用:歯の再植と移植(Seoung-Jong Lee翻訳)(別冊Quintessence YEARBOOK 2014 今だからこそ押さえておきたい!世界の歯内療法の潮流). クインテッセンス出版, 2014.01 天然歯の再利用:歯の再植と移植(Seoung-Jong Lee翻訳)

  6. 川島伸之、辺見浩一、市野瀬志津子、鈴木孝尚、山下直也、立花克朗、中島美砂子. 超音波感受性ナノバブルを応用した効果的な根管内細菌の殺菌法の開発. 超音波TECHNO, 2013.09

  7. 川島伸之、須田英明. 根管治療の基本術式―感染の排除に焦点をあてて“歯髄・根尖歯周組織における免疫防御メカニズムとその治療”. 季刊・歯科医療, 2013

  8. 川島伸之. 大丈夫ですか?ファイルの破折. 東京医科歯科大学同窓会誌, 2012

  9. 川島伸之. 接着再植、よくわかる外傷歯 症例から学ぶ治療のエッセンス. デンタルダイアモンド, 2010

  10. 川島伸之. メディエーターコントロールによる歯髄炎治療、歯と骨の炎症制御の新規標的. 炎症と免疫, 2010

  11. ステッドマンポケット医学略語辞典. MedicalView社, 2009

  12. ステッドマン医学大辞典. MedicalView社, 2008

  13. 川島伸之、須田英明. パラホルムアルデヒドの為害作用、臨床歯内療法-器材・薬剤・テクニックのコンビネーション-. デンタルダイアモンド, 2008

  14. 川島伸之. レジンコアとメタルコア、簡明解説 5分でわかる最新歯科医学の知識. 歯科技工, 2003

  15. 川島伸之. 歯内治療とは、簡明解説 5分でわかる最新歯科医学の知識 歯内療法. 歯科技工, 2003

  16. 川島伸之. 最近の治療の考え方、簡明解説 5分でわかる最新歯科医学の知識 歯内療法. 歯科技工, 2003

  17. 川島伸之、須田英明. 症例別インフォード・コンセントこんなときどうする 保存治療に関する事項 抜髄後に自発痛,打診痛が発現する症例. デンタルダイアモンド, 2001

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Alchawoosh A, Hashimoto K, Kawashima N, Okiji T. Anti inflammatory effects of hydraulic calcium silicate based endodontic sealers on lipopolysaccharide stimulated macrophages. 第43回日本歯内療法学会学術大会 2022.07.09

  2. Thoai KQ, Tazawa K, Kawashima N, Noda S, Fujii M, Sunada-Nara K, Hashimoto K, Han P & Okiji T. LYVE-1+ M2-macrophages: identification in dental-pulp and their pro-angiogenic activity in-vitro. IADR/APR General Session & Exhibition 2022.06.20 VIRTUAL EXPERIENCE

  3. Wang S, Sunada-nara K, Kawashima N, Han P, Thoai KW, Yu Z, Okiji T. MicroRNA-27a downregulates proinflammatory cytokines expression in LPS-stimulated human dental pulp cells. 2022 IADR/APR General Session & Exhibition 2022.06.20 VIRTUAL EXPERIENCE

  4. Han P, Sunada-Nara K, Kawashima N, Wang S, Thoai KQ, Yu Z, Okiji T . MicroRNA-146b suppresses proinflammatory mediators synthesis in lipopolysaccharide-stimulated dental pulp cells. 2022 IADR/APR General Session & Exhibition 2022.06.20 VIRTUAL EXPERIENCE

  5. Adel S, Hashimoto K, Kawashima N, Wada T, Uo M, Okiji T. Biocompatibility and pro-mineralization effect of tristrontium aluminate cement. 第86回口腔病学会 2021.12.04

  6. Okada Y, Kawashima N, Noda S, Murano H, Zaw ZCT, Han P, Hashimoto K, Okiji T. Vascular endothelial growth factor promotes migration and osteo/odontoblastic differentiation of SHEDs via ERK signaling. The International Scientific Meeting of 30th Anniversary of Korean Academy of Endodontics & the 19th JEA-KAE Joint Scientific Meeting 2021.10.29 Seoul, Korea

  7. 韓沛豊、砂田(奈良)圭介、川島伸之、 Wang S, Thoai KQ, 興地隆史. LPSで刺激されたヒト歯髄細胞におけるMicroRNA146bの抗炎症作用. 日本歯科保存学会2021年度秋季学術大会(155回) 2021.10.28 Web開催

  8. Kawashima N, Kuramoto M, Okiji T. Anti-inflammatory action of mineral trioxide aggregate; a new insight. Asian Pacific Endodontic Confederation 2021.09.10 Beirut, Lebanon

  9. Fujii M, Kawashima N, Nara K, Noda S, Hashimoto K, Okiji T.. Hypoxia-induced microRNA-210 regulates inflammatory cytokine expression in lipopolysaccharide-stimulated dental-pulp cells. 2021 IADR/AADR/CADR General Session 2021.07.22 Virtual Meeting

  10. Sunada-Nara K, Kawashima N, Fujii M, Noda S, Hashimoto K, Okiji T. MicroRNA -146b downregulates proinflammatory cytokine expression in LPS-stimulated human pulp cells.. 2021 IADR/AADR/CADR General Session 2021.07.22 Virtual Meeting

  11. 折笠紫音. 低酸素誘導因子1αはWnt/β-catenin転写補助因子BCL9を介してヒト歯髄幹細胞の骨芽・象牙芽細胞分化を誘導する. 令和2年度バランスユニット若手研究者ワークショップ 2021.03.09 Web開催

  12. Thoai KQ, Tazawa K, Kawashima N, Nara K, Fujii M, Noda S, Hashimoto K, Okiji T. Lyve-1+ pulpal macrophages: M2-polarization and response to cavity preparation. 第68回JADR総会・学術大会 2020.11.07 東京 Web開催

  13. Kieu Quoc T, Tazawa K, Kawashima N, Nara K, Fujii M, Noda S, Hashimoto K, Okiji T. Lyve-1+ Pulpal Macrophages: M2-polarization and Response to Cavity Preparation. The 68th Annual Meeting of Japanese Assosiation for Dental Research 2020.11.07 Vertual Meeting

  14. Tazawa Kento, Kawashima Nobuyuki, Kuramoto Masashi, Nara Keisuke, Fujii Mayuko, Noda Sonoko, Hashimoto Kentaro, Okiji Takashi. TRPA1 is upregulated in response to LPS via p38/MAPK and promotes mineralization in dental pulp cells. 2019年度バランスユニット若手ワークショップ 2020.02.07 Tokyo

  15. Mayuko F, Nobuyuki K, Shion O, Sonoko N, Keisuke N, Kentaro H, Kento T, Shigenori N, Takashi O. HIF1a inhibits LPS-mediated induction of IL-6 synthesis via SOCS3-dependent CEBPb suppression in human dental pulp cells. The 21th KACD-JSCD Joint Scientific Meeting 2019.11.09 Soul, South korea

  16. Orikasa S, Kawashima N, Fujii M, Yamamoto M, Hashimoto K, Tazawa K, Okiji T. Hypoxic condition induces hypoxia-inducible factor 1α and upregulates Wnt/β-catenin transcriptional cofactors, Bcl9 and Bcl9l, in mouse dental papillae cells. The 21st KACD-JSCD Joint Scientific Meeting 2019.11.09 Seoul, Korea

  17. 倉本将司,川島伸之,田澤建人,奈良圭介,藤井真由子,野田園子,橋本健太郎,興地隆史. MTAはマクロファージからの炎症性メディエーター産生をcalcineurin/NFATシグナルを介して抑制する. 日本歯科保存学会2019年度秋季学術大会(第151回) 2019.11.08 博多

  18. Kawashima N, Kuramoto K, Bakhit A, Hashimoto K, Okiji T. Osteoblast differentiation induced by a prototype S-PRG filler-containing endodontic sealer. IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition 2018.07.25 London, England

  19. Noda S, Kawashima N, Hashimoto K, Nara K, Kuramoto M, Tazawa K, Okiji T. In Vivo Mineralization and In Vitro Differentiation of Dense-Cultured DPSCs. 96th General Session & Exhibition of the IADR 2018.07.25 London, England

  20. Kawashima N, Noda S, Yamamoto M, Okiji T. Hard-tissue forming properties of dental pulp derived-mesenchymal stem cells. 2017 Faculty Annual Scientific Meeting of Hong Kong University 2017.12.14 Prince Philip Dental Hospital, Hong Kong University, Hong Kong

  21. ラネル酸ストロンチウムによるマウス歯乳頭細胞の増殖および石灰化はカルシウム感知受容体を介して誘導される. 第147回日本歯科保存学会2017年度秋季学術大会 2017.10.27 盛岡

  22. 藤井真由子, 川島伸之, 興地隆史. ヒト歯髄細胞における炎症性メディエーター産生制御におけるHIF1aの役割. 第59回歯科基礎医学会学術大会 2017.09.16 塩尻

  23. Kawashima N, Noda S, Hashimoto K, Saito M, Okiji T. Meis2 induces odonto-/osteoblastic differentiation and mineralization. 95th General Session & Exhibition of the IADR 2017.03.22 San Francisco, CA

  24. Noda S, Kawashima N, Hashimoto K, Aramaki O, Yamamoto M, Okiji T. Dense culture conditions induced human dental pulp stem cell differentiation. 95th Generel Session & Exhibition of the IADR 2017.03.22 San Francisco, CA

  25. Kawashima N, Hashimoto K, Okiji T. Rescue of mouse dental papillae cell-attachment to sodium hypochlorite-treated dentin disks by EDTA treatment. The 49th Scientific Meeting of Korean Academy of Endodontics 2016.11.19 Seoul, Korea

  26. Nara K, Kawashima N, Noda S, Hashimoto K, Okiji T. MicroRNA21 down-regulates the expression of inflammatory mediators in LPS-stimulated human dental pulp cells via an NF-κB dependent mechanism. 2016 Autumn Scientific Meeting (the 146th) and Joint Scientific Meeting of KACD-JACD (the 18th) 2016.10.23 Seoul, Korea

  27. Fujii M, Kawashima N, Okiji T. Induction of HIF1a in human dental pulp cells by lipopolysaccharide. 第58回歯科基礎医学会学術大会 2016.08.24 札幌,北海道

  28. Nara K, Kawashima N, Noda S, Hashimoto K, Bakhit A, Okiji T. Increase of miR21 expression in dental pulp cells and tissues in response to LPS stimulation. IADR Pulp Biology and Regeneration Group Satellite Symposium 2016 2016.06.28 Nagoya, Japan

  29. Noda S, Kawashima N, Hashimoto K, Aramaki O, Yamamoto M, Okiji T. Effects of confluent culture condition on dental pulp stem cell surface markers, proliferation, gene expression. IADR Pulp Biology and Regeneration Group Satellite Symposium 2016 2016.06.28 Nagoya, Japan

  30. Hashimoto K, Kawashima N, Nara K, Noda S, Saito M, Okiji T. Recovery effects of EDTA treatment on the attachment and differentiation of mouse dental pulp cells cultured on NaOCl-treated dentin. IADR Pulp Biology and Regeneration Group Satellite Symposium 2016 2016.06.28 Nagoya, Japan

  31. Kawashima N, Noda S, Hashimoto K, Yamamoto M, Okiji T. Properties of dental pulp derived-mesenchymal stem cells and effects of culture conditions. IADR Pulp Biology and Regeneration Group Satellite Symposium 2016 2016.06.26 Nagoya

  32. Bakhit A, Kawashima N, Yamamoto M, Hashimoto K, Noda S, Nara K, Okiji T. Effects of strontium ranelate on the mouse dental papillae cells (MDPs). IADR Pulp Biology and Regeneration Group Satellite Symposium 2016 2016.06.22 Nagoya

  33. Tazawa K, Ikeda H, Kawashima N, Ozawa M, Suda H, Okiji T. Expression of TRPM8 in freshly isolated human odontoblasts.. 94th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR) 2016.06.22 South Korea

  34. Aramaki O, Kawashima N, Shimada Y, Okiji T, Tagami J . Three-dimensional analysis of Iba1+ macrophages in human dental pulp using whole mount immunostaining. 94th General Session & Exhibition of the IADR 2016.06.22 Seoul, Korea

  35. Bakhit A, Kawashima N, Hashimoto K, Noda S, Nara K, Okiji T. Cytotoxic effects of new calcium silicate-based sealers on an osteoblastic cell line. The 143rd Meeting of the Japanese Society of Conservative Dentisty 2015.11.12 Tokyo

  36. Yamamoto M, Hashimoto K, Bakhit A, Suzuki N, Kawashima N, Okiji T. Effects of short-period three-dimensional (3D) spheroid culture for odonto-/osteoblastic differentiation of dental pulp cells. 17th Biennial ESE Congress 2015.09.19

  37. Kawashima N. Intracanal medicament. The 18th APEC congress 2015.04.08 Amman, Jordan

  38. Kawashima N, Hashimoto K, Bakhit A, Yamamoto M, Koizumi Y, Takahashi S, Ohi C, Suzuki N. Mineralizing properties of gingiva-derived mesenchymal stem cells cultured in 3D-condition. 93rd General Session and Exhibition of the IADR 2015.03.11 Boston, MA

  39. Hashimoto K, Kawashima N, Bakhit A, Yamamoto M, Koizumi Y, Takahashi S, Ohi C, Suzuki N. ALPase activity of pulp cells on EDTA and NaClO-treated dentin. 93rd General Session and Exhibition of the IADR 2015.03.11 Boston, MA

  40. Kawashima N, Suzuki N. Bone tissue regeneration using the spheroid cultured dental pulp stem cells. AAE Annual Session 2014 2014.04.30 Washington DC

  41. Kawashima N. Regenerative endodontics-induction of bone and dental pulp tissue from dental pulp. International symposium of molecular mechanism in bone and tooth, its clinical implication 2014.01.20 Tokyo

  42. Yamamoto M, Kawashima N, Koizumi Y, Takimoto K, Onishi K, Suzuki N, Katsube K, Saito M, Harada H, Suda H. Spheroid culture induces odonto-/osteoblastic differentiation of dental pulp cells through integrin signaling. 16th ESE (European Society of Endodontology) Biennial Congress 2013.09.12 Lisbon

  43. Kawashima N, Mengu Z, Yamamoto M, Koizumi Y, Takimoto K, Onishi K, Suzuki N, Katsube K, Saito M, Harada H, Suda H. Periostin: a negative regulator of mineralization in the dental pulp tissue. 16th ESE (European Society of Endodontology) Biennial Congress 2013.09.12 Lisbon

  44. Kawashima N.. Establishment of the isolation method for dental pulp stem cells and induction of dental pulp tissue and/or bone tissue from dental pulp stem cells. 平成25年度 (2013) 「歯・骨関連疾患のグローバル研究センター」国際総合プレゼンテーション 2013.06.04 東京

  45. Henmi K, Kawashima N, Suda H. Effects of Nano-bubbles on Enterococcus faecalis - Transmission Electron Microscopy Investigation. The 9th World Endodontic Conference 2013.05.23 Tokyo

  46. Kawashima N, Suda H. Importance of Differential Diagnosis in Keratocystic Odontogenic Tumor. The 9th World Endodontic Conference 2013.05.23 Tokyo

  47. Suzuki N, Kawashima N, Suda H. Suppressive Regulation of Bone Destruction in Rat Periapical Lesions by Cathepsin K Inhibitor. The 9th World Endodontic Conference 2013.05.23 Tokyo

  48. Takimoto K, Kawashima N, Suda H. Down-regulation of Inflammatory Mediator Synthesis and Infiltration of Immunocompetent Cells in Rat Experimental Pulpitis by MMP-3. The 9th World Endodontic Conference 2013.05.23

  49. Yamamoto M, Kawashima N, Suda H. 3-D Spheroid Culture Method Promotes Odonto-/Osteo-blastic Differentiation of Dental Pulp Cells. The 9th World Endodontic Conference 2013.05.23 Tokyo

  50. Kawashima N, Yamamoto M, Takashino N, Takimoto K, Koizumi Y, Suzuki N, Suda H. Stem Cell Marker Expression in the 3-D Spheroid Cultured Human Dental Pulp Stem Cells. The 140th Scientific meeting of KACD (Korean Academy of Conservative Dentistry) 2013.04.20 Gyeongju

  51. 2. Kawashima N, Koizumi Y, Yamamoto M, Takimoto K, Zhou M, Suzuki N, Saito M, Harada H, Suda H. Promoting effects of Wnt signaling on odontoblast differentiation. Asian Pacific Endodontic Conference 2013.03.23 Seoul

  52. 3. Aramaki O, Kawashima N, Shimada Y, Suzuki N, Otsuki M, Suda H, Tagami J. Identification of several subpopulations of DCs in rodent dental pulp. 91st General Session & Exhibition of the IADR 2013.03.20

  53. Kawashima N, Suzuki N, Suda H. Mechanisms of Bone Destruction in the Periapical Lesions and Its Regulation. The 16th Scientific Meeting of Asian Pacific Endodontic Confederation 2011.04.21 Shiraz, Iran

  54. Kawashima N. Notch signaling and the osteoblast and odontoblast differentiation. 2008.04.15 Seoul

  55. Notch signaling in the dental pulp, COE symposium. International Symposium on Molecular Destruction and Reconstruction of the Dentin/Pulp Complex and Its Surrounding Tissues 2007.03.05 Tokyo

  56. Kawashima N. Nitric oxide and pulpal inflammation. Dentin Pulp Complex Symposium 2005.09.18 Düsseldorf

  57. Kawashima N.. Osteogenic Properties of the Murine Bone Marrow Stroma-derived Cell Lines: Effects of Notch signaling on the osteogenic differentiation of Kusa-A1. The Forsyth Institute Meeting 2005.09.18

  58. 折笠紫音,川島伸之,藤井真由子,野田園子,橋本健太郎,田澤建人,興地隆史. BCL9依存性Wnt/β-cateninシグナルの活性化がヒト歯髄幹細胞における低酸素誘導性の骨芽・象牙芽細胞分化を促進する. 日本歯科保存学会 2021年度秋季学術大会(第155回) 2021.10.28 Web開催

  59. 川島伸之. 歯髄根尖歯周組織における炎症反応の特徴 象牙質知覚過敏から根管治療後歯痛との関連について. 第25回日本口腔顔面痛学会 総会・学術大会 2020.11.22 東京 Zoom

  60. 小林宏明、川島伸之、須藤毅顕、加納千尋、三神亮、片桐さやか、竹内康雄、岩田隆紀. 治癒する歯内歯周病変を診断するための細菌学的検索. 第63回秋季日本歯科歯周病学会学術大会 2020.10.16 横浜 Web開催

  61. 小林 宏明, 川島 伸之, 須藤 毅顕, 加納 千博, 三神 亮, 片桐 さやか, 竹内 康雄, 岩田 隆紀. 治癒する歯周歯内病変を診断するための細菌学的検索. 日本歯周病学会会誌 2020.10.01

  62. 折笠紫音,川島伸之,藤井真由子,山本弥生子,橋本健太郎,田澤建人,興地隆史. 低酸素誘導因子1αはWnt/β-catenin転写補助因子Bcl9およびBcl9lを介してマウス歯乳頭細胞の骨芽象牙芽細胞分化を誘導する. 令和元年度バランスユニット若手研究者ワークショップ 2020.02.07 東京

  63. Kento Tazawa, Nobuyuki Kawashima, Takashi Okiji. TRPA1 is upregulated in response to LPS via P38/MAPK and promotes mineralization in dental pulp cells.. 2019.12.07

  64. TAZAWA Kento, KAWASHIMA Nobuyuki, OKIJI Takashi. A new insight on TRPA1 expression via NO/ROS signals in human dental pulp cells. バランスユニット若手ワークショップ 2019.01.21 Tokyo

  65. 藤井真由子, 川島伸之, 永井重徳, 興地隆史. LPS刺激歯髄細胞からの炎症性サイトカイン発現における低酸素誘導性いんし(HIF)1αの役割. 第83回口腔病学会学術大会 2018.11.30 東京

  66. 礪波健一,大槻昌幸,水谷幸嗣,川島伸之,駒田 亘, 上野剛史,佐藤佑介, 荒木孝二. 歯学部附属病院 総合歯科診療センターの運用状況. 第83回口腔病学会学術大会 2018.11.30 東京

  67. 奈良圭介,川島伸之,野田園子,藤井真由子,橋本健太郎,興地隆史. ヒト歯髄細胞におけるmicroRNA21発現動態と炎症性メディエーター産生制御メカニズム. 日本歯科保存学会2018年度秋季学術大会(第149回) 2018.11.02 京都

  68. 倉本将司,川島伸之,奈良圭介,藤井真由子,野田園子,橋本健太郎,田澤建人,興地隆史. MTAヒト歯髄細胞からの炎症性メディエーター産生を抑制する. 日本歯科保存学会2018年度秋季学術大会(第149回) 2018.11.01 京都

  69. 田澤建人,川島伸之,倉本将司,奈良圭介,野田園子,藤井真由子,橋本健太郎,興地隆史. LPS刺激ヒト歯髄細胞におけるTRPA1の発現はNO/p38 MAPKシグナルにより誘導される. 日本歯科保存学会2018年度秋季学術大会(第149回) 2018.11.01 京都

  70. 田澤建人,川島伸之,池田英治,興地隆史. ラット正常歯髄組織においてLYVE-1陽性細胞はCD163を発現する. 第39回日本歯内療法学会学術大会 2018.07.08

  71. Yadanar Su Phyo, 川島伸之, Bakhit Alamuddin, 倉本将司, 橋本健太郎, 興地隆史. 三種のメタクリレートレジン系根管充填用シーラーのin vitroにおける細胞毒性の評価. 日本歯科保存学会2018年度春季学術大会(第148回) 2018.06.14 横浜

  72. 川島伸之,倉本将司,Alamuddin Bakhit,橋本健太郎,若林安見子,興地隆史. S-PRGフィラー含有シーラーによる骨芽細胞分化におけるErkリン酸化誘導. 生体機能性材料S-PRGフィラー研究会(第3回) 2018.02.23 京都

  73. 橋本健太郎, 川島伸之, 市野瀬志津子, 奈良圭介, 野田園子, 興地隆史. NaOCl処理象牙質に対するEDTA処理はマウス歯乳頭由来細胞の接着を回復し細胞の分化を誘導する. 第82回 口腔病学会学術大会 2017.11.20 東京

  74. Nara K, Kawashima N, Noda S, Hashimoto K, Okiji T. microRNA-21 down-regulates the expression of inflammatory mediators in LPS-stimulated human dental pulp cells via NF-κB dependent mechanism. 第43回内藤コンファレンス 2017.06.27 札幌

  75. 野田園子,川島伸之,橋本健太郎,山本弥生子,荒牧音,田上順次,興地隆史. 培養密度が歯髄幹細胞の幹細胞特性に与える影響. 日本歯科保存学会2017年春季学術大会(第146回) 2017.06.08 青森

  76. 倉本将司,川島伸之,野崎浩佑,Bakhit AY,奈良圭介,藤井真由子,橋本健太郎,野田園子,興地隆史. Mineral trioxide aggregateはLPS刺激マクロファージの機能をcalcium-sensing receptor を介して調節する. 日本歯科保存学会2017年春季学術大会(第146回) 2017.06.08 青森

  77. 興地隆史,渡辺聡,砂川光宏,池田英治,海老原新,川島伸之,和達礼子,金子友厚,河村隼,小松恵. 「TMDU歯髄生物学分野」興地教室のフィロソフィー-変わらないものと変えていくもの-. 平成28年度東京医科歯科大学同窓会C.D.E. 2017.02.05 東京

  78. 川島伸之,若林安見子,橋本健太郎,興地隆史. S-PRGフィラー含有ルートキャナルシーラーによる骨芽細胞分化誘導. 第2回生体機能性材料”S-PRGフィラー”研究会 2016.12.09 京都

  79. 若林安見子,川島伸之,Alamuddin Yassin Bakhit,橋本健太郎,野田園子,奈良圭介,興地隆史. S-PRGフィラー含有試作根管充填用シーラーの細胞毒性および骨芽細胞分化誘導能の検討. 日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会(第145回) 2016.10.28 長野県松本市

  80. 川島伸之,山本弥生子,野田園子,橋本健太郎,興地隆史. 歯髄幹細胞の三次元培養における幹細胞マーカーの発現動態. 第23回日本歯科医学会総会 2016.10.21 福岡

  81. 川島伸之,齋藤正寛,興地隆史. マウス歯髄細胞/組織および骨芽細胞/組織におけるMeis2発現. 第58回歯科基礎医学会学術大会 2016.08.24 札幌

  82. 興地隆史,渡辺聡,池田英治,海老原新,川島伸之,金子友厚,河村隼. エビデンスに基づくベーシックエンド+α. 東京都歯科医師会卒後研修セミナー 2016.08.11 東京

  83. 田澤 建人,池田 英治,川島 伸之,興地 隆史. ヒト象牙芽細胞におけるTRPM8発現. 日本歯科保存学会 2016年度春季学術大会(第144回) 2016.06.09 宇都宮

  84. Kawashima N. Properties of the stem cells derived from pulp tissues and gingiva. 医歯学総合研究科コース特論(ボーダーレス) 2015.12.03 東京医科歯科大学

  85. 奈良圭介,川島伸之,橋本健太郎,Alamuddin Bakhit,野田園子,興地隆史. マクロファージおよびラット実験的歯髄炎におけるmicroRNA21発現. 日本歯科保存学会 2015 年度秋季学術大会(第 143 回) 2015.11.12 文京シビックホール

  86. 川島伸之,若林安見子,橋本健太郎,興地隆史. S-PRGフィラー含有ルートキャナルシーラーの細胞毒性. 第1回生体機能性材料S-PRGフィラー研究会 2015.10.23 京都

  87. 川島伸之,興地隆史. 歯髄・歯肉由来の間葉系幹細胞の特性と硬組織再生. 歯科基礎医学会サテライトシンポジウム 2015.09.11 朱鷺メッセ・新潟

  88. 川島伸之,橋本健太郎,山本弥生子,辺見浩一,鈴木規元,興地隆史. Osr2(Odd-skipped related 2)はマウス歯乳頭細胞の硬組織形成細胞への分化を促進する. 第36回日本歯内療法学会学術大会 2015.07.11 鶴見大学記念館

  89. 川島伸之,山本弥生子,橋本健太郎,Bakhit A,小泉悠,辺見浩一,大井智恵,鈴木規元,興地隆史. 歯髄組織および歯肉組織より得られた間葉系幹細胞の硬組織形成細胞への分化能の比較. 第142回日本歯科保存学会春季大会 2015.06.25 西日本総合展示場・北九州国際会議場

  90. 川島伸之,山本弥生子,橋本健太郎,Bakhit A,小泉悠,大井智恵,鈴木規元. 三次元培養による歯髄・歯肉幹細胞の生物学的特性. 日本再生医療学会総会 2015.03.19 パシフィコ横浜

  91. 横田兼欣,川島伸之. pHを調整した低濃度EDTA溶液を用いた安全で確実なスミヤー層の除去. 第141回日本歯科保存学会学術大会 2014.10.30 山形

  92. 川島伸之. 歯内療法から考える歯根の発生とその異常. 第56回歯科基礎医学会学術大会 サテライトシンポジウム 2014.09.25 福岡

  93. 川島伸之. 歯髄幹細胞による歯髄・骨再生の現状と課題. 第11回口腔医科学フロンティア学術集会 2013.03.02 宮崎

  94. 川島伸之. 歯髄幹細胞を用いた再生医療の現状. 第138回日本歯科保存学会2013年春季学術大会 2013 福岡

  95. 川島伸之、辺見浩一、新井淳子、市野瀬志津子、鈴木孝尚、山下直也、立花克郎、中島美佐子、須田英明. ナノバブル処理を行ったEnterococcus faecalisのSEMによる観察. 第4回超音波分子診断治療研究会 2012.03.03

  96. 川島伸之. 歯髄幹細胞と再生医療. 日本歯科大学エキスパートセミナー 2010 新潟

  97. 川島伸之. 歯の発生とFGF18. 第111回日本解剖学会総会・全国学術集会 研究集会・懇話会第3回歯の発生生物学と再生に関するシンポジウム 2006.03.28

  98. 川島伸之. 全身疾患と根尖病変-病巣感染および好中球減少症を中心として-トータルヘルスケアにおける歯内療法の役割. 日本歯科保存学会 秋季学会 2001.11.09 大阪

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • 歯周病又は根尖性歯周炎の予防又は治療薬

    出願番号: 2009-218590

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 令和元年度バランスユニット若手研究者ワークショップ 3位,2020年02月

  • ベストポスター賞(Rescue of mouse dental papillae cell-attachment to sodium hypochlorite-treated dentin disks by EDTA treatment, 川島伸之),The 49th Scientific Meeting of Korean Academy of Endodontics,2016年11月

  • ワカイ賞(最優秀発表賞)(川島伸之),日本歯内療法学会,2015年07月

  • Endodontic Award, Korean Academy of Conservative Dentistry,2009年

  • Samuel Seltzer Prize,Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontology,2007年

  • Scientific Research Award,2006年

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 歯学部包括臨床実習Phase I 歯内療法学 ,2021年

  • 歯学部包括臨床実習Phase III 歯内療法学 ,2021年

  • 歯学部包括臨床実習Phase II 歯内療法学 ,2020年 - 2021年

  • 歯学部包括臨床実習Phase III 歯内療法学 ,2020年

  • 歯学部包括臨床実習Phase I 歯内療法学 ,2020年

  • 歯学部包括臨床実習Phase II 歯内療法学 ,2019年 - 2020年

  • 歯学部包括臨床実習Phase I 歯内療法学 ,2019年

  • 歯学部包括臨床実習Phase III 歯内療法学 ,2019年

  • 歯学部包括臨床実習Phase II 歯内療法学 ,2018年 - 2019年

  • 歯学部包括臨床実習Phase I 歯内療法学 ,2018年

  • 口腔保健衛生学専攻 歯内治療学講義,2018年

  • 口腔保健工学専攻 歯内治療学 講義,2018年

  • 歯学部包括臨床実習Phase II 歯内療法学 ,2017年 - 2018年

  • 歯学部包括臨床実習Phase I 歯内療法学 ,2017年

  • 歯学部包括臨床実習Phase II 歯内療法学 ,2016年 - 2017年

  • 歯学部包括臨床実習Phase I 歯内療法学 ,2016年

  • 歯学部包括臨床実習Phase II 歯内療法学 ,2015年 - 2016年

  • 歯学部包括臨床実習Phase I 歯内療法学,2015年

▼全件表示

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 歯学部包括臨床実習Phase I Webclass 歯内療法学教材 ,2021年09月 - 2021年11月

  • 歯学部包括臨床実習Phase II Webclass 歯内療法学教材 ,2020年11月 - 2021年11月

  • 歯学部包括臨床実習Phase I Webclass 歯内療法学教材 ,2020年09月 - 2020年11月

  • 歯学部包括臨床実習Phase II Webclass 歯内療法学教材 ,2019年11月 - 2020年11月

  • 歯学部包括臨床実習Phase I Webclass 歯内療法学教材 ,2019年09月 - 2019年11月

  • 歯学部包括臨床実習Phase II Webclass 歯内療法学教材 ,2018年11月 - 2019年11月

  • 歯学部包括臨床実習Phase I Webclass 歯内療法学教材 ,2018年09月 - 2018年11月

  • 歯学部包括臨床実習Phase I Webclass 歯内療法学教材,2017年09月 - 2017年11月

  • 歯学部包括臨床実習Phase II Webclass 歯内療法学教材,2016年11月 - 2017年11月

  • 歯学部包括臨床実習Phase I Webclass 歯内療法学教材,2016年09月 - 2016年11月

  • 歯学部包括臨床実習Phase II Webclass 歯内療法学教材 ,2015年11月 - 2016年11月

  • 歯学部包括臨床実習Phase I Webclass 歯内療法学教材,2015年09月 - 2015年11月

▼全件表示

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 外来医長,2018年08月 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 歯髄幹細胞を用いた歯科治療について,NHK神戸放送局,兵庫県内向けニュース番組「Live Love ひょうご」,2020年05月29日