基本情報

写真a

三浦 雅彦(ミウラ マサヒコ)

MIURA Masahiko


職名

教授

ホームページ

https://tmdu.dent-radiol.com/

研究分野・キーワード

放射線腫瘍学、放射線生物学、口腔癌の放射線治療、小線源治療、放射線感受性、細胞周期、分子イメージング、血管新生、放射線増感剤

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  歯学部  歯学科  1987年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  博士課程  1991年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1994年10月
    -
    1995年02月
    東京医科歯科大学 歯学部 歯科放射線科 医員(歯病)
  • 1995年03月
    -
    2000年03月
    東京医科歯科大学 歯学部 歯科放射線学講座 助手
  • 2000年04月
    -
    2006年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 分子診断・治療学分野 助教授
  • 2006年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔放射線腫瘍学 助教授
  • 2007年04月
    -
    2008年08月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔放射線腫瘍学 准教授
  • 2008年09月
    -
    2022年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔放射線腫瘍学 教授
  • 2022年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 歯科放射線診断・治療学分野 教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1994年03月
    Jefferson Cancer Institute, Thomas Jefferson University, 日本学術振興会海外特別研究員
  • 1994年04月
    -
    1994年09月
    Jefferson Cancer Institute,Thomas Jefferson University Postdoctoral fellow
  • 2006年09月
    -
    2017年03月
    東京工業大学 非常勤講師
  • 2009年04月
    -
    2010年03月
    山形大学医学部 非常勤講師
  • 2010年01月
    -
    2011年02月
    富山大学医学部 非常勤講師
  • 2012年07月
    -
    現在
    鶴見大学歯学部 非常勤講師

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本放射線腫瘍学会

  • 日本歯科放射線学会

  • 日本口腔腫瘍学会

  • 日本放射線影響学会

  • 国際癌治療増感研究会

  • 口腔病学会

  • 日本癌治療学会

  • 日本癌学会

  • Radiation Research Society

  • American Society for Radiation Oncology

  • European Society for Radiotherapy and Oncology

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
    -
    現在
    日本放射線腫瘍学会生物部会 部会長
  • 2003年07月
    -
    現在
    日本放射線腫瘍学会生物部会 常任幹事
  • 2008年
    -
    現在
    日本放射線腫瘍学会 代議員
  • 2012年04月
    -
    現在
    日本歯科放射線学会 理事
  • 2022年07月
    -
    現在
    日本歯科放射線学会 常任理事
  • 2015年01月
    -
    現在
    日本口腔腫瘍学会 理事
  • 2008年
    -
    現在
    国際癌治療増感研究会 理事
  • 2017年01月
    -
    現在
    国際癌治療増感研究会 常任理事
  • 2020年06月
    -
    現在
    国際癌治療増感研究会 副会長
  • 2008年12月
    -
    現在
    口腔病学会 理事
  • 2006年
    -
    現在
    日本放射線影響学会 Journal of Radiation Research・Managing Editor
  • 2010年11月
    -
    2014年09月
    放射線医学総合研究所重粒子線がん治療装置等共同利用運営委員会 委員
  • 2010年11月
    -
    現在
    放射線医学総合研究所重粒子線がん治療装置等共同利用研究課題採択・評価部会 委員
  • 2014年11月
    -
    現在
    弘前大学被爆医療総合研究所 Radiation Enviroment & Medicine・Associate Editor

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 病態系口腔科学

  • 放射線腫瘍学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 分子イメージングによる腫瘍放射線反応性の可視化

  • DNA損傷応答機構に関する研究

  • 放射線抵抗性シグナル伝達機構に関する研究

  • 口腔領域がんの放射線治療

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 内向性口腔がん攻略のための統合的アプローチ

    文部科学省/日本学術振興会 : 2023年 - 2025年

  • 口腔がんに対するα線源による新規小線源治療:その放射線生物学的基盤の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年04月 - 2023年03月

  • 口腔がんに対するα線源による新規小線源治療:その放射線生物学的基盤の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2023年

  • 免疫系の修飾による放射線増感機構:腫瘍細胞動態からの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 口腔がんの定位照射:細胞周期動態からみた有効性の解明と至適照射条件の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • I-125シードを用いた新規口腔癌小線源治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 放射線照射後の口腔癌における再発起源癌幹細胞の同定とその特性解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • 分子イメージングを用いた口腔癌微小環境の可視化とその放射線治療への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2013年

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Supasith Yomtako, Hiroshi Watanabe, Ami Kuribayashi, Junichiro Sakamoto, Masahiko Miura. Differentiation of radicular cysts and radicular granulomas via texture analysis of multi-slice computed tomography images. Dentomaxillofac Radiol. 2024.04; ( PubMed, DOI )

  2. Wamasing N, Nakamura S, Watanabe H, Kuribayashi A, Miura M. Potential of preoperative fluorodeoxyglucose-positron emission tomography/computed tomography to diagnose contralateral lymph node metastases in patients with oral cancer. Nucl Med Commun. 2023.12; 44 (12): 1168-1175. ( PubMed, DOI )

  3. Takuma Kugimoto, Naoto Nishii, Yu Oikawa, Takeshi Kuroshima, Hideaki Hirai, Hirofumi Tomioka, Yasuyuki Michi, Kou Kayamori, Junichiro Sakamoto, Joe Iwanaga, R Shane Tubbs, Tohru Ikeda, Masahiko Miura, Hiroyuki Harada. Invasion of the bucco-mandibular space by oral squamous cell carcinoma: histopathological analysis of invasion pattern. Front Oncol. 2023.10; 13 1168376. ( PubMed, DOI )

  4. Nakamura S, Watanabe H, Kurabayashi T, Miura M. Risk factors for posttreatment mastoid cellulitis in patients with oral malignancy Oral Radiology. 2023.07; 39 (3): 528-535. ( DOI )

  5. Ito K, Tokura S, Takazawa I, Yoshida N, Nakanishi T, Akiyama K, Onuma Y, Adachi T, Harada H, Nojima H, Miura M, Yoshimura R, Kabasawa Y. Clinical investigation of use of Episil® oral solution in oral mucositis during radiotherapy for head and neck cancer. Heliyon. 2023.06; 9 (6): e15869. ( PubMed, DOI )

  6. Yoshikazu Nomura, Hiroshi Watanabe, Hiroshi Tomisato, Sakurako Kawashima, Masahiko Miura. Gumbel distribution-based technique enables quantitative comparison between streak metal artifacts of multidetector row CT and cone-beam CT: a phantom study. Phys Eng Sci Med. 2023.06; 46 (2): 801-812. ( PubMed, DOI )

  7. Hitomi Nojima, Atsushi Kaida, Hiroyuki Harada, Masako Akiyama, Masahiko Miura. Effect of Ablative Dose Irradiation on Redistribution and Radioresponse in a Mouse Xenograft Model. Radiat Res. 2022.12; 198 (6): 632-638. ( PubMed, DOI )

  8. Kohki Tohyama, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Determination of Clonogenic Radiosensitivity of HeLa Cells in Early and Late G1 Phases Anticancer Res. 2022.11; 42 (11): 5407-5413. ( PubMed, DOI )

  9. Hitomi Nojima, Atsushi Kaida, Takeshi Kuroshima, Ryo-Ichi Yoshimura, Masahiko Miura. Retrograde Migration of an Au-198 Grain to the Submandibular Gland Post Brachytherapy Treatment of Floor of Mouth Cancer. Cureus. 2022.11; 14 (11): e31904. ( PubMed, DOI )

  10. Kazuki Takahashi, Katarzyna A Podyma-Inoue, Maki Saito, Shintaro Sakakitani, Akinari Sugauchi, Keita Iida, Sadahiro Iwabuchi, Daizo Koinuma, Kyoko Kurioka, Toru Konishi, Susumu Tanaka, Atsushi Kaida, Masahiko Miura, Shinichi Hashimoto, Mariko Okada, Toshihiro Uchihashi, Kohei Miyazono, Tetsuro Watabe. TGF-β generates a population of cancer cells residing in G1 phase with high motility and metastatic potential via KRTAP2-3. Cell Rep. 2022.09; 40 (13): 111411. ( PubMed, DOI )

  11. Esther Feng Ying Ng, Atsushi Kaida, Hitomi Nojima, Masahiko Miura. Roles of IGFBP-3 in cell migration and growth in an endophytic tongue squamous cell carcinoma cell line. Sci Rep. 2022.07; 12 (1): 11503. ( PubMed, DOI )

  12. Rika Noji, Kohki Tohyama, Takuma Kugimoto, Takeshi Kuroshima, Hideaki Hirai, Hirofumi Tomioka, Yasuyuki Michi, Akihisa Tasaki, Kazuchika Ohno, Yosuke Ariizumi, Iichiroh Onishi, Mitsukuni Suenaga, Takehiko Mori, Ryuichi Okamoto, Ryoichi Yoshimura, Masahiko Miura, Takahiro Asakage, Satoshi Miyake, Sadakatsu Ikeda, Hiroyuki Harada, Yoshihito Kano. Comprehensive Genomic Profiling Reveals Clinical Associations in Response to Immune Therapy in Head and Neck Cancer. Cancers (Basel). 2022.07; 14 (14): ( PubMed, DOI )

  13. Shigehiro Abe, Atsushi Kaida, Kazunori Kanemaru, Keiichiro Nakazato, Naoko Yokomizo, Yutaka Kobayashi, Masahiko Miura, Toshio Miki, Chiaki Hidai, Hisataka Kitano, Tetsuya Yoda. Differences in the stemness characteristics and molecular markers of distinct human oral tissue neural crest-derived multilineage cells. Cell Prolif. 2022.06; e13286. ( PubMed, DOI )

  14. Ryo-Ichi Yoshimura, Kazuma Toda, Hiroshi Watanabe, Atsushi Kaida, Hiroyuki Harada, Takahiro Asakage, Masahiko Miura. Efficacy and Safety of Induction Chemotherapy and/or External Beam Radiotherapy Followed by Brachytherapy in Patients With Tongue Cancer. Anticancer Res. 2021.12; 41 (12): 6259-6266. ( PubMed, DOI )

  15. Takeshi Kuroshima, Yusuke Onozato, Yu Oikawa, Toshimitsu Ohsako, Takuma Kugimoto, Hideaki Hirai, Hirofumi Tomioka, Yasuyuki Michi, Masahiko Miura, Ryoichi Yoshimura, Hiroyuki Harada. Prognostic impact of lingual lymph node metastasis in patients with squamous cell carcinoma of the tongue: a retrospective study. Sci Rep. 2021.10; 11 (1): 20535. ( PubMed, DOI )

  16. Yoshihide Ota, Tadahide Noguchi, Masahiko Miura et al.. General rules for clinical and pathological studies on oral cancer (2nd edition): a synopsis. Int J Clin Oncol. 2021.04; 26 (4): 623-635. ( PubMed, DOI )

  17. Kohei Okuyama, Keiji Suzuki, Tomofumi Naruse, Hiroki Tsuchihashi, Souichi Yanamoto, Atsushi Kaida, Masahiko Miura, Masahiro Umeda, Shunichi Yamashita. Prolonged cetuximab treatment promotes p27 Kip1-mediated G1 arrest and autophagy in head and neck squamous cell carcinoma. Sci Rep. 2021.03; 11 (1): 5259. ( PubMed, DOI )

  18. Hiroaki Shimono, Atsushi Kaida, Hisao Homma, Hitomi Nojima, Yusuke Onozato, Hiroyuki Harada, Masahiko Miura. Fluctuation in radioresponse of HeLa cells during the cell cycle evaluated based on micronucleus frequency. Sci Rep. 2020.11; 10 (1): 20873. ( PubMed, DOI )

  19. Hideaki Hirai, Toshimitsu Ohsako, Takuma Kugimoto, Hirofumi Tomioka, Yasuyuki Michi, Kou Kayamori, Tetsuya Yoda, Masahiko Miura, Ryoichi Yoshimura, Hiroyuki Harada. Comparison of 50- and 66-Gy total irradiation doses for postoperative cervical treatment of patients with oral squamous cell carcinoma Oral Oncol. 2020.08; 107 104708. ( PubMed, DOI )

  20. Nojima Hitomi, Homma Hisao, Onozato Yusuke, Kaida Atsushi, Harada Hiroyuki, Miura Masahiko. Differential properties of mitosis-associated events following CHK1 and WEE1 inhibitor treatments in human tongue carcinoma cells EXPERIMENTAL CELL RESEARCH. 2020.01; 386 (2): 111720. ( PubMed, DOI )

  21. Hisao Homma, Hitomi Nojima, Atsusi Kaida, Masahiko Miura. Induction of endomitosis-like event in HeLa cells following CHK1 inhibitor treatment Biochem Biophys Res Commun. 2019.12; 520 (2): 492-497. ( PubMed )

  22. Goto T, Homma H, Kaida A, Miura M. WEE1 inhibition enhances sensitivity to hypoxia/reoxygenation in HeLa cells. J Radiat Res. 2019.09; 60 (5): 714-718. ( PubMed, DOI )

  23. Yoichi Takakusagi, Sarwat Naz, Kaori Takakusagi, Masahiro Ishima, Hiroshi Murata, Keisuke Ohta, Masahiko Miura, Fumio Sugawara, Kengo Sakaguchi, Shun Kishimoto, Jeeva P Munasinghe, James B Mitchell, Murali C Krishna. A Multimodal Molecular Imaging Study Evaluates Pharmacological Alteration of the Tumor Microenvironment to Improve Radiation Response. Cancer Res.. 2018.12; 78 (24): 6828-6837. ( PubMed, DOI )

  24. Nisha Gowri Manila, Atsushi Kaida, Ken-Ichi Nakahama, Masahiko Miura. Insulin-like growth factor I receptor regulates the radiation-induced G2/M checkpoint in HeLa cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2018.08; 503 (4): 2977-2987. ( PubMed, DOI )

  25. Sirimanas Jiaranuchart, Atsushi Kaida, Yusuke Onozato, Hiroyuki Harada, Masahiko Miura. DNA damage response following X-irradiation in oral cancer cell lines HSC3 and HSC4. Arch. Oral Biol.. 2018.06; 90 1-8. ( PubMed, DOI )

  26. Tatsushi Ruike, Yoshihiro Kanai, Kazuki Iwabata, Yuki Matsumoto, Hiroshi Murata, Masahiro Ishima, Keisuke Ohta, Masahiko Oshige, Shinji Katsura, Koji Kuramochi, Shinji Kamisuki, Hiroeki Sahara, Masahiko Miura, Fumio Sugawara, Kengo Sakaguchi. Distribuiton and metabolism of 14C Sulfoquinovosylacylpropanediol (14C-SQAP) after a single intravenous administration in tumor-bearing mice. Xenobiotica. 2018.03; 1-45. ( PubMed, DOI )

  27. Sato M, Saito Y, Takayama T, Omata T, Watanabe H, Yoshimura R, Miura M.. Remote radioactive seed-loading device for permanent brachytherapy of oral cancer with Au-198 grains. Robomech Journal. 2017.09; 4 23.

  28. Atsushi Kaida, Hiroshi Watanabe, Kazuma Toda, Keiko Yuasa-Nakagawa, Ryoichi Yoshimura, Masahiko Miura. Effects of dose rate on early and late complications in low dose rate brachytherapy for mobile tongue carcinoma using Ir-192 sources. Oral Radiol. 2017.09; 33 (3): 187-192. ( DOI )

  29. Atsushi Oba, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Taketo Nishikawaji, Kaoru Mogushi, Hiromitsu Ito, Satoshi Matsumura, Arihiro Aihara, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Takanori Ochiai, Atsushi Kudo, Hiroshi Asahara, Atsushi Kaida, Masahiko Miura, Minoru Tanabe, Shinji Tanaka. ARID2 modulates DNA damage response in human hepatocellular carcinoma cells. J. Hepatol.. 2017.05; 66 (5): 942-951. ( PubMed, DOI )

  30. Yusuke Onozato, Atsushi Kaida, Hiroyuki Harada, Masahiko Miura. Radiosensitivity of quiescent and proliferating cells grown as multicellular tumor spheroids. Cancer Sci. 2017.04; 108 (4): 704-712. ( PubMed, DOI )

  31. Manila Nisha Gowri, Kaida Atsushi, Miura Masahiko. Roles of insulin-like growth factor I receptor(IGF-IR) in HeLa cells following irradiation) J. Stomatol. Soc. 2017.03; 84 (1): 51. ( 医中誌 )

  32. Y Ozaki, H Watanabe, A Kaida, M Miura, K Nakagawa, K Toda, R Yoshimura, Y Sumi, T Kurabayashi. Estimation of whole-body radiation exposure from brachytherapy for oral cancer using a Monte Carlo simulation. J. Radiat. Res.. 2017.02; 24 1-6. ( PubMed, DOI )

  33. Nisha Gowri Manila, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Kinetic analysis of radiation-induced cell-cycle alterations in HeLa cells expressing fluorescent ubiquitination-based cell cycle indicator (Fucci). Radiat Environ Med. 2016.08; 5 (2): 16-21.

  34. Taito Asahina, Atsushi Kaida, Tatsuaki Goto, Ryo-Ichi Yoshimura, Keisuke Sasai, Masahiko Miura. Temporo-spatial cell-cycle kinetics in HeLa cells irradiated by Ir-192 high dose-rate remote afterloading system (HDR-RALS). Radiat Oncol. 2016.07; 11 99. ( PubMed, DOI )

  35. Kohei Okuyama, Atsushi Kaida, Yoshiki Hayashi, Yoshio Hayashi, Kiyoshi Harada, Masahiko Miura. KPU-300, a Novel Benzophenone-Diketopiperazine-Type Anti-Microtubule Agent with a 2-Pyridyl Structure, Is a Potent Radiosensitizer That Synchronizes the Cell Cycle in Early M Phase. PLoS ONE. 2015.12; 10 (12): e0145995. ( PubMed, DOI )

  36. Tatsuaki Goto, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Visualizing cell-cycle kinetics after hypoxia/reoxygenation in HeLa cells expressing fluorescent ubiquitination-based cell cycle indicator (Fucci). Exp. Cell Res.. 2015.12; 339 (2): 389-396. ( PubMed, DOI )

  37. Jesus Izaguirre-Carbonell, Hirofumi Kawakubo, Hiroshi Murata, Atsushi Tanabe, Toshifumi Takeuchi, Tomoe Kusayanagi, Senko Tsukuda, Takeshi Hirakawa, Kazuki Iwabata, Yoshihiro Kanai, Keisuke Ohta, Masahiko Miura, Kengo Sakaguchi, Sachihiro Matsunaga, Hiroeki Sahara, Shinji Kamisuki, Fumio Sugawara. Novel anticancer agent, SQAP, binds to focal adhesion kinase and modulates its activity. Sci Rep. 2015.10; 5 15136. ( PubMed, DOI )

  38. Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Unusual prolongation of radiation-induced G2 arrest in tumor xenografts derived from HeLa cells. Cancer Sci. 2015.10; 106 (10): 1370-1376. ( PubMed, DOI )

  39. Yugo Sawada, Kazuya Omoto, Naoki Kohei, Kengo Sakaguchi, Masahiko Miura, Kazunari Tanabe. Sulfoquinovosylacylpropanediol is a novel potent radiosensitizer in prostate cancer. Int. J. Urol.. 2015.06; 22 (6): 590-595. ( PubMed, DOI )

  40. Eri Tsuchida, Atsushi Kaida, Endrawan Pratama, Masa-Aki Ikeda, Keiji Suzuki, Kiyoshi Harada, Masahiko Miura. Effect of X-Irradiation at Different Stages in the Cell Cycle on Individual Cell-Based Kinetics in an Asynchronous Cell Population. PLoS ONE. 2015.06; 10 (6): e0128090. ( PubMed, DOI )

  41. Chisato Yamada, Atsushi Kaida, Kohei Okuyama, Kiyoshi Harada, Masahiko Miura. Effects of Chk1 inhibitor or paclitaxel on cisplatin-induced cell-cycle kinetics and survival in parental and cisplatin-resistant HeLa cells expressing fluorescent ubiquitination based cell cycle indicator (Fucci). Integr Cancer Sci Therap. 2015.02; 2 87-92.

  42. Lian Xue, Yoshiya Furusawa, Ryuichi Okayasu, Masahiko Miura, Xing Cui, Cuihua Liu, Ryoichi Hirayama, Yoshitaka Matsumoto, Hirohiko Yajima, Dong Yu. The complexity of DNA double strand break is a crucial factor for activating ATR signaling pathway for G2/M checkpoint regulation regardless of ATM function. DNA Repair (Amst.). 2015.01; 25 72-83. ( PubMed, DOI )

  43. Eslami A, Miyagushi K, Mogushi K, Watanabe H, Okada N, Shibuya H, Mizushima H, Miura M, Tanaka H.. PARVB overexertion increased cell migration capability and defines high risk for endophytic growth and metastasis in tongue squamous cell carcinoma. British Journal of Cancer. 2015.01; 112 (2): 338-344. ( PubMed, DOI )

  44. Yoshiki Hayashi, Haruka Takeno, Takumi Chinen, Kyohei Muguruma, Kohei Okuyama, Akihiro Taguchi, Kentaro Takayama, Fumika Yakushiji, Masahiko Miura, Takeo Usui, Yoshio Hayashi. Development of a new benzophenone-diketopiperazine-type potent antimicrotubule agent possessing a 2-pyridine structure. ACS Med Chem Lett. 2014.10; 5 (10): 1094-1098. ( PubMed, DOI )

  45. Kamrun Nahar, Tatsuaki Goto, Atsushi Kaida, Shifumi Deguchi, Masahiko Miura. Effects of Chk1 inhibition on the temporal duration of radiation-induced G2 arrest in HeLa cells. J. Radiat. Res.. 2014.09; 55 (5): 1021-1027. ( PubMed, DOI )

  46. Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Visualizing the effect of tumor microenvironments on radiation-induced cell kinetics in multicellular spheroids consisting of HeLa cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2013.10; 439 (4): 453-458. ( PubMed, DOI )

  47. Keiko Yuasa-Nakagawa, Hitoshi Shibuya, Ryoichi Yoshimura, Masahiko Miura, Hiroshi Watanabe, Seiji Kishimoto, Ken Omura. Cervical lymph node metastasis from early-stage squamous cell carcinoma of the oral tongue. Acta Otolaryngol.. 2013.05; 133 (5): 544-551. ( PubMed, DOI )

  48. Asumi Honda-Uezono, Atsushi Kaida, Yasuyuki Michi, Kiyoshi Harada, Yoshiki Hayashi, Yoshio Hayashi, Masahiko Miura. Unusual expression of red fluorescence at M phase induced by anti-microtubule agents in HeLa cells expressing the fluorescent ubiquitination-based cell cycle indicator (Fucci). Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2012.11; 428 (2): 224-229. ( PubMed, DOI )

  49. Shigehiro Abe, Keiichi Hamada, Masahiko Miura, Satoshi Yamaguchi. Neural crest stem cell property of apical pulp cells derived from human developing tooth. Cell Biol. Int.. 2012.10; 36 (10): 927-936. ( PubMed, DOI )

  50. Yoshimura RI, Shibuya H, Hayashi K, Nakagawa K, Toda K, Watanabe H, Kaida A, Miura M. Repeat Brachytherapy for Patients with Residual or Recurrent Tumors of Oral Cavity. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2012.07; 83 (4): 1198-1204. ( PubMed, DOI )

  51. Yuka Miyano, Senko Tsukuda, Ippei Sakimoto, Ryo Takeuchi, Satomi Shimura, Noriyuki Takahashi, Tomoe Kusayanagi, Yoichi Takakusagi, Mami Okado, Yuki Matsumoto, Kaori Takakusagi, Toshifumi Takeuchi, Shinji Kamisuki, Atsuo Nakazaki, Keisuke Ohta, Masahiko Miura, Kouji Kuramochi, Yoshiyuki Mizushina, Susumu Kobayashi, Fumio Sugawara, Kengo Sakaguchi. Exploration of the binding proteins of perfluorooctane sulfonate by a T7 phage display screen. Bioorg. Med. Chem.. 2012.07; 20 (13): 3985-3990. ( PubMed, DOI )

  52. Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Differential dependence on oxygen tension during the maturation process between monomeric Kusabira Orange 2 and monomeric Azami Green expressed in HeLa cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2012.05; 421 (4): 855-859. ( PubMed, DOI )

  53. Kaida A, Miura M. Visualizing the effect of hypoxia on fluorescence kinetics in living HeLa cells using the fluorescent ubiquitination-based cell cycle indicator (Fucci). Exp Cell Res. 2012.02; 318 (3): 288-297. ( PubMed, DOI )

  54. Yoshimura R, Shibuya H, Hayashi K, Toda K, Watanabe H, Miura M. Disease control using low-dose-rate brachytherapy is unaffected by comorbid severity in oral cancer patients. Br J Radiol. 2011.10; 84 (1006): 930-938. ( PubMed, DOI )

  55. Nakayama M, Kaida A, Deguchi S, Sakaguchi K, Miura M. Radiosensitivity of early and late M-phase HeLa cells isolated by a combination of fluorescent ubiquitination-based cell cycle indicator (Fucci) and mitotic shake-off. Radiat Res. 2011.09; 176 (3): 407-411. ( PubMed )

  56. Kaida A, Sawai N, Sakaguchi K, Miura M. Fluorescence kinetics in HeLa cells after treatment with cell cycle arrest inducers visualized with Fucci (fluorescent ubiquitination-based cell cycle indicator). Cell Biol Int. 2011.04; 35 (4): 359-363. ( PubMed, DOI )

  57. Abe S, Hamada K, Yamaguchi S, Amagasa T, Miura M. Characterization of the radioresponse of human apical papilla-derived cells. Stem Cell Res Ther. 2011; 2 (1): 2. ( PubMed, DOI )

  58. Ohta K, Murata H, Mori Y, Ishima M, Sugawara F, Sakaguchi K, Miura M. Remodeling of the tumor microenvironment by combined treatment with a novel radiosensitizer, {alpha}-sulfoquinovosylmonoacylglycerol ({alpha}-SQMG) and X-irradiation. Anticancer Res. 2010.11; 30 (11): 4397-4404. ( PubMed )

  59. Ishikawa M, Ogihara Y, Miura M. Visualization of radiation-induced cell cycle-associated events in tumor cells expressing the fusion protein of Azami Green and the destruction box of human Geminin. Biochem Biophys Res Commun. 2009.11; 389 (3): 426-430. ( PubMed, DOI )

  60. Sermsathanasawadi N, Ishii H, Igarashi K, Miura M, Yoshida M, Inoue Y, Iwai T. Enhanced adhesion of early endothelial progenitor cells to radiation-induced senescence-like vascular endothelial cells in vitro. J Radiat Res. 2009.09; 50 (5): 469-475. ( PubMed )

  61. Miura M. Radiotherapy for oral tumors and translational research J Stomatol Soc. 2009.03; 76 (1): 8-15. ( PubMed )

  62. Ryo-ichi Yoshimura, Hitoshi Shibuya, Masahiko Miura, Hiroshi Watanabe, Fumio Ayukawa, Keiji Hayashi, Kazuma Toda. Quality of life of oral cancer patients after low-dose-rate interstitial brachytherapy. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2009.03; 73 (3): 772-778. ( PubMed, DOI )

  63. Igarashi K, Miura M. Inhibition of a radiation-induced senescence-like phenotype: a possible mechanism for potentially lethal damage repair in vascular endothelial cells. Radiat Res. 2008.10; 170 (4): 534-539. ( PubMed )

  64. Watanabe H, Mogushi K, Miura M, Yoshimura R, Kurabayashi T, Shibuya H, Tanaka H, Noda S, Iwakawa M, Imai T. Prediction of lymphatic metastasis based on gene expression profile analysis after brachytherapy for early-stage oral tongue carcinoma. Radiother Oncol. 2008.05; 87 (2): 237-242. ( PubMed, DOI )

  65. Yoko Mori, Hiroeki Sahara, Kayo Matsumoto, Nobuaki Takahashi, Takayuki Yamazaki, Keisuke Ohta, Satoko Aoki, Masahiko Miura, Fumio Sugawara, Kengo Sakaguchi, Noriyuki Sato. Downregulation of Tie2 gene by a novel antitumor sulfolipid, 3'-sulfoquinovosyl-1'-monoacylglycerol, targeting angiogenesis. Cancer Sci. 2008.05; 99 (5): 1063-1070. ( PubMed, DOI )

  66. Kaneko H, Yu D, Miura M. Overexpression of IGF-I receptor in HeLa cells enhances in vivo radioresponse. Biochem Biophys Res Commun. 2007.11; 363 (4): 937-941. ( PubMed, DOI )

  67. Igarashi K, Sakimoto I, Kataoka K, Ohta K, Miura M. Radiation-induced senescence-like phenotype in proliferating and plateau-phase vascular endothelial cells. Exp Cell Res. 2007.09; 313 (15): 3326-3336. ( PubMed, DOI )

  68. Ayukawa F, Shibuya H, Yoshimura R, Watanabe H, Miura M. Curative brachytherapy for recurrent/residual tongue cancer. Strahlenther Onkol. 2007.03; 183 (3): 133-137. ( PubMed, DOI )

  69. M Kishino, H Shibuya, R Yoshimura, M Miura, H Watanabe. A retrospective analysis of the use of brachytherapy in relation to early stage squamous cell carcinoma of the oropharynx and its relationship to second primary respiratory and upper digestive tract cancers. Br J Radiol. 2007.02; 80 (950): 121-125. ( PubMed, DOI )

  70. Masahiko Miura, Ippei Sakimoto, Keisuke Ohta, Fumio Sugawara, Kengo Sakaguchi. Sulfoglycolipids as candidate antiangiogenic radiosensitizers. Anticancer Drugs. 2007.01; 18 (1): 1-5. ( PubMed, DOI )

  71. Sayako Oota, Hitoshi Shibuya, Ryo-ichi Yoshimura, Hiroshi Watanabe, Masahiko Miura. Brachytherapy of stage II mobile tongue carcinoma. Prediction of local control and QOL. Radiat Oncol. 2006.07; 1 21. ( PubMed, DOI )

  72. Sakimoto I, Ohta K, Yamazaki T, Ohtani S, Sahara H, Sugawara F, Sakaguchi K, Miura M. Alpha-sulfoquinovosylmonoacylglycerol is a novel potent radiosensitizer targeting tumor angiogenesis. Cancer Res. 2006.02; 66 (4): 2287-2295. ( PubMed, DOI )

  73. Watanabe H, Murata Y, Miura M, Hasegawa M, Kawamoto T, Shibuya H. In-vivo visualization of radiation-induced apoptosis using (125)I-annexin V. Nucl Med Commun. 2006.01; 27 (1): 81-89. ( PubMed )

  74. Satoko Aoki, Keisuke Ohta, Kenjiro Matsumoto, Hideki Sakai, Masahiko Abe, Masahiko Miura, Fumio Sugawara, Kengo Sakaguchi. An emulsion of sulfoquinovosylacylglycerol with long-chain alkanes increases its permeability to tumor cells. J Membr Biol. 2006; 213 (1): 11-18. ( PubMed, DOI )

  75. Kaneko H, Igarashi K, Kataoka K, Miura M. Heat shock induces phosphorylation of histone H2AX in mammalian cells. Biochem Biophys Res Commun. 2005.03; 328 (4): 1101-1106. ( PubMed, DOI )

  76. Ihara N, Shibuya H, Yoshimura R, Oota S, Miura M, Watanabe H. Interstitial brachytherapy and neck dissection for Stage III squamous cell carcinoma of the mobile tongue. Acta Oncol. 2005; 44 (7): 709-716. ( PubMed, DOI )

  77. Kuribayashi A, Kataoka K, Kurabayashi T, Miura M. Evidence that basal activity, but not transactivation, of the epidermal growth factor receptor tyrosine kinase is required for insulin-like growth factor I-induced activation of extracellular signal-regulated kinase in oral carcinoma cells. Endocrinology. 2004.11; 145 (11): 4976-4984. ( PubMed, DOI )

  78. Hoshina M, Shibuya H, Kubo HD, Miura M, Ohashi I, Yoshimura R, Oota S. Determination of the depth of 50% of maximum ionization, I50, for electron beams by the divided difference method. Med Phys. 2004.07; 31 (7): 2068-2074. ( PubMed )

  79. Watanabe H, Kurabayashi T, Miura M. Inhibition of the extracellular signal-regulated kinase (ERK) pathway and the induction of radioresistance in rat 3Y1 cells. Int J Radiat Biol. 2004.06; 80 (6): 451-457. ( PubMed, DOI )

  80. Kataoka K, Yu D, Miura M. Activation of the phosphatidylinositol-3' kinase pathway and DNA synthesis by a mutant insulin-like growth factor I receptor lacking the NPXY motif. J Endocrinol. 2004.04; 181 (1): 139-146. ( PubMed )

  81. Kataoka K, Miura M. Insulin-like growth factor I receptor does not contribute to heat shock-induced Activation of Akt and extracellular signal-regulated kinase (ERK) in mouse embryo fibroblasts. J Radiat Res. 2004.03; 45 (1): 141-144. ( PubMed )

  82. Yu D, Shibuya H, Miura M. Roles of the insulin-like growth factor I receptor C-terminus in cellular radioresistance. Biochem Biophys Res Commun. 2003.11; 311 (1): 174-178. ( PubMed )

  83. Nakagawa T, Shibuya H, Yoshimura R, Miura M, Okada N, Kishimoto S, Amagasa M, Omura K. Neck node metastasis after successful brachytherapy for early stage tongue carcinoma. Radiother Oncol. 2003.08; 68 (2): 129-135. ( PubMed )

  84. Yu D, Watanabe H, Shibuya H, Miura M. Redundancy of radioresistant signaling pathways originating from insulin-like growth factor I receptor. J Biol Chem. 2003.02; 278 (9): 6702-6709. ( PubMed, DOI )

  85. Dong Y, Watanabe H, Shibuya H, Miura M. The phosphatidylinositol-3 kinase pathway is not essential for insulin-like growth factor I receptor-mediated clonogenic radioresistance. J Radiat Res. 2002.09; 43 (3): 325-329. ( PubMed )

  86. Imoto I, Tsuda H, Hirasawa A, Miura M, Sakamoto M, Hirohashi S, Inazawa J. Expression of cIAP1, a target for 11q22 amplification, correlates with resistance of cervical cancers to radiotherapy. Cancer Res. 2002.09; 62 (17): 4860-4866. ( PubMed )

  87. Miura M. [Relationship between apoptotic activity and radiosensitivity in solid tumors: does apoptosis always bring good clinical results?]. Nippon Acta Radiologica. 2002.09; 62 (10): 545-548. ( PubMed )

  88. Watanabe H, Yu D, Sasaki T, Shibuya H, Hosoi Y, Asada M, Komatsu K, Miura M. Insulin-like growth factor I receptor is expressed at normal levels in Nijmegen breakage syndrome cells. Biochem Biophys Res Commun. 2002.08; 296 (1): 62-66. ( PubMed )

  89. Yoshimura R, Shibuya H, Ogura I, Miura M, Amagasa T, Enomoto S, Kishimoto S. Trimodal combination therapy for maxillary sinus carcinoma. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2002.07; 53 (3): 656-663. ( PubMed )

  90. Yamamoto E, Shibuya H, Yoshimura R, Miura M. Site specific dependency of second primary cancer in early stage head and neck squamous cell carcinoma. Cancer. 2002.04; 94 (7): 2007-2014. ( PubMed )

  91. Tezuka M, Watanabe H, Nakamura S, Yu D, Aung W, Sasaki T, Shibuya H, Miura M. Antiapoptotic activity is dispensable for insulin-like growth factor I receptor-mediated clonogenic radioresistance after gamma-irradiation. Clin Cancer Res. 2001.10; 7 (10): 3206-3214. ( PubMed )

  92. M Miura, H Watanabe, T Sasaki, K Tatsumi, M Muto. Dynamic changes in subnuclear NP95 location during the cell cycle and its spatial relationship with DNA replication foci. Exp Cell Res. 2001.02; 263 (2): 202-208. ( PubMed, DOI )

  93. Aoki A, Miura M, Akiyama F, Nakagawa N, Tanaka J, Oda S, Watanabe H, Ishikawa I. In vitro evaluation of Er:YAG laser scaling of subgingival calculus in comparison with ultrasonic scaling. J Periodontal Res. 2000.10; 35 (5): 266-277. ( PubMed )

  94. Miura M, Watanabe H, Okochi K, Sasaki T, Shibuya H. Biological response to ionizing radiation in mouse embryo fibroblasts with a targeted disruption of the DNA polymerase beta gene. Radiat Res. 2000.06; 153 (6): 773-780. ( PubMed )

  95. Yoshimura R, Shibuya H, Hoshina M, Akaike H, Takeda M, Fukuda H, Hoshi A, Miura M. Successful interstitial treatment for bilateral tongue cancer. Br J Radiol. 1999.08; 72 (860): 812-814. ( PubMed )

  96. Watanabe H, Miura M, Sasaki T. Differential effects of the insulin-like growth factor I receptor on radiosensitivity and spontaneous necrosis formation of human glioblastoma cells grown in multicellular spheroids. Exp Cell Res. 1999.07; 250 (1): 99-111. ( PubMed, DOI )

  97. Masahiko MIURA. Detection of chromatin-bound PCNA in mammalian cells and its use to study DNA excision repair. J Radiat Res. 1999.03; 40 (1): 1-12. ( PubMed )

  98. Miura M, Sasaki T. Detection of chromatin-bound PCNA in cultured cells following exposure to DNA-damaging agents. Methods Mol Biol. 1999; 113 577-582. ( PubMed, DOI )

  99. Miura M, Takeda M, Sasaki T, Inoue T, Nakayama T, Fukuda H, Hoshi A, Hoshina M, Shibuya H. Factors affecting mandibular complications in low dose rate brachytherapy for oral tongue carcinoma with special reference to spacer. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 1998.07; 41 (4): 763-770. ( PubMed )

  100. Miura M, Baserga R. The tyrosine residue at 1250 of the insulin-like growth factor I receptor is required for ligand-mediated internalization. Biochem Biophys Res Commun. 1997.10; 239 (1): 182-185. ( PubMed, DOI )

  101. Nakamura S, Watanabe H, Miura M, Sasaki T. Effect of the insulin-like growth factor I receptor on ionizing radiation-induced cell death in mouse embryo fibroblasts. Exp Cell Res. 1997.08; 235 (1): 287-294. ( PubMed, DOI )

  102. Y Wang, N Cheong, M Miura, G Iliakis. Overexpression of insulin-like growth factor (IGF)-I receptor enhances inhibition of DNA replication in mouse cells exposed to x-rays. Radiat Environ Biophys. 1997.06; 36 (2): 117-123. ( PubMed, DOI )

  103. Miura M, Sasaki T. Effect of XPA gene mutations on UV-induced immunostaining of PCNA in fibroblasts from xeroderma pigmentosum group A patients. Mutat Res. 1996.09; 364 (1): 51-56. ( PubMed )

  104. Miura M, Nakamura S, Sasaki T, Takasaki Y, Shiomi T, Yamaizumi M. Roles of XPG and XPF/ERCC1 endonucleases in UV-induced immunostaining of PCNA in fibroblasts. Exp Cell Res. 1996.07; 226 (1): 126-132. ( PubMed, DOI )

  105. Hongo A, D'Ambrosio C, Miura M, Morrione A, Baserga R. Mutational analysis of the mitogenic and transforming activities of the insulin-like growth factor I receptor. Oncogene. 1996.03; 12 (6): 1231-1238. ( PubMed )

  106. Miura M, Sasaki T, Takasaki Y. Characterization of X-ray-induced immunostaining of proliferating cell nuclear antigen in human diploid fibroblasts. Radiat Res. 1996.01; 145 (1): 75-80. ( PubMed )

  107. Miura M, Surmacz E, Burgaud JL, Baserga R. Different effects on mitogenesis and transformation of a mutation at tyrosine 1251 of the insulin-like growth factor I receptor. J Biol Chem. 1995.09; 270 (38): 22639-22644. ( PubMed )

  108. Miura M, Li S, Baserga R. Effect of a mutation at tyrosine 950 of the insulin-like growth factor I receptor on the growth and transformation of cells. Cancer Res. 1995.02; 55 (3): 663-667. ( PubMed )

  109. Li S, Ferber A, Miura M, Baserga R. Mitogenicity and transforming activity of the insulin-like growth factor-I receptor with mutations in the tyrosine kinase domain. J Biol Chem. 1994.12; 269 (51): 32558-32564. ( PubMed )

  110. Coppola D, Ferber A, Miura M, Sell C, D'Ambrosio C, Rubin R, Baserga R. A functional insulin-like growth factor I receptor is required for the mitogenic and transforming activities of the epidermal growth factor receptor. Mol Cell Biol. 1994.07; 14 (7): 4588-4595. ( PubMed )

  111. Sell C, Dumenil G, Deveaud C, Miura M, Coppola D, DeAngelis T, Rubin R, Efstratiadis A, Baserga R. Effect of a null mutation of the insulin-like growth factor I receptor gene on growth and transformation of mouse embryo fibroblasts. Mol Cell Biol. 1994.06; 14 (6): 3604-3612. ( PubMed )

  112. Miura M, Li SW, Dumenil G, Baserga R. Platelet-derived growth factor-induced expression of messenger RNA for the proliferating cell nuclear antigen requires a functional receptor for the insulin-like growth factor I. Cancer Res. 1994.05; 54 (9): 2472-2477. ( PubMed )

  113. Ambrose D, Resnicoff M, Coppola D, Sell C, Miura M, Jameson S, Baserga R, Rubin R. Growth regulation of human glioblastoma T98G cells by insulin-like growth factor-1 and its receptor. J Cell Physiol. 1994.04; 159 (1): 92-100. ( PubMed, DOI )

  114. Yoshinouchi M, Miura M, Gaozza E, Li SW, Baserga R. Basic fibroblast growth factor stimulates DNA synthesis in cells overexpressing the insulin-like growth factor-I receptor. Mol Endocrinol. 1993.09; 7 (9): 1161-1168. ( PubMed )

  115. Miura M, Domon M, Sasaki T, Kondo S, Takasaki Y. Restoration of proliferating cell nuclear antigen (PCNA) complex formation in xeroderma pigmentosum group A cells following cis-diamminedichloroplatinum (II)-treatment by cell fusion with normal cells. J Cell Physiol. 1992.09; 152 (3): 639-645. ( PubMed, DOI )

  116. Miura M, Domon M, Sasaki T, Kondo S, Takasaki Y. Two types of proliferating cell nuclear antigen (PCNA) complex formation in quiescent normal and xeroderma pigmentosum group A fibroblasts following ultraviolet light (uv) irradiation. Exp Cell Res. 1992.08; 201 (2): 541-544. ( PubMed )

  117. Miura M, Domon M, Sasaki T, Takasaki Y. Induction of proliferating cell nuclear antigen (PCNA) complex formation in quiescent fibroblasts from a xeroderma pigmentosum patient. J Cell Physiol. 1992.02; 150 (2): 370-376. ( PubMed, DOI )

  118. Miura M, Sasaki T. Role of glutathione in the intrinsic radioresistance of cell lines from a mouse squamous cell carcinoma. Radiat Res. 1991.05; 126 (2): 229-236. ( PubMed )

  119. Miura M, Sasaki T. Relationship between radiosensitivity and metallothionein content in clones from a mouse squamous cell carcinoma. Radiat Res. 1990.08; 123 (2): 171-175. ( PubMed )

  120. 三浦雅彦. 放射線治療の生物学的基礎 日本唾液腺学会誌. 2021.11; 61 59-64.

  121. 三浦雅彦. 放射線感受性の細胞周期依存性に関する再検証の試み Isotope News. 2021.10; 777 (10月): 24-27.

  122. 遠山皓基, 加納嘉人, 野地理夏, 青柳康子, 松寺翔太郎, 大野十央, 有泉陽介, 道泰介, 富岡寛文, 島本裕彰, 吉村亮一, 朝蔭孝宏, 原田浩之, 三宅智, 三浦雅彦, 池田貞勝. 再発・転移頭頸部癌に対する網羅的がんゲノム解析と臨床的有用性 頭頚部癌. 2021.10; 47 (4): 359-366.

  123. 野地 理夏, 加納 嘉人, 平井 秀明, 山下 大和, 工藤 亮, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 道 泰之, 大西 威一郎, 三浦 雅彦, 吉村 亮一, 三宅 智, 池田 貞勝, 原田 浩之. がんゲノム解析によりニボルマブ耐性機構が示唆された再発頰粘膜癌の一例 頭頸部癌. 2021.05; 47 (2): 182.

  124. 遠山 皓基, 加納 嘉人, 青柳 康子, 松寺 翔太郎, 大野 十央, 有泉 陽介, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 道 泰之, 吉村 亮一, 朝蔭 孝宏, 原田 浩之, 三宅 智, 三浦 雅彦, 池田 貞勝. 再発・転移頭頸部がんに対するがんゲノムリアルワールド解析と有用性 頭頸部癌. 2020.07; 46 (2): 190.

  125. 吉村亮一, 戸田 一真, 渡邉 裕, 三浦 雅彦. 舌がんに対する小線源治療は生き残れるか?LDRの現状 頭頸部癌. 2020.07; 46 (2): 133.

  126. 島本 裕彰, 道 泰之, 横川 美咲, 奥山 紘平, 大迫 利光, 釘本 琢磨, 黒嶋 雄志, 平井 秀明, 富岡 寛文, 吉村 亮一, 三浦 雅彦, 原田 浩之. 口腔扁平上皮癌症例の臨床的検討 頭頸部癌. 2020.07; 46 (2): 170.

  127. 三浦雅彦. 放射線腫瘍学の基礎 歯科放射線. 2019.09; 59 (1): 1-7.

  128. 高草木 洋一, 松元 慎吾, 松尾 政之, 高草木 香織, 齋藤 圭太, 岸本 俊, 三浦 雅彦, 宮崎 年恭, 菅原 二三男, 坂口 謙吾, Mitchell James B., Krishna Murali C.. マルチモダル分子イメージングによる腫瘍内微小環境の多角的評価と天然由来含硫糖脂質の誘発する放射線増感作用メカニズムの解明 JSMI Report. 2019.05; 12 (2): 79. ( 医中誌 )

  129. 戒田 篤志, 三浦 雅彦 . 「細胞周期動態から考える口腔がん小線源治療の生物学的有効性」最近の歯学 口腔病学会雑誌. 2019.03; 86 (1): 6.

  130. 三浦雅彦, 戒田篤志. 放射線照射後の腫瘍細胞における再分布動態の可視化とその臨床的意義 放射線生物研究. 2018.12; 53 (4): 265-279.

  131. 三浦 雅彦, 戒田 篤志. 【顎口腔・歯科領域の画像診断と放射線治療】 口腔癌領域における放射線治療に役立つ知識 口腔癌に対する放射線治療総論 臨床画像. 2018.11; 34 (11): 1297-1302. ( 医中誌 )

  132. 三浦雅彦. [口腔がん治療における放射線治療の現状と今後] 低線量率小線源治療 日本口腔腫瘍学会誌. 2018.09; 30 (3): 123-127.

  133. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. 【頭頸部腫瘍に対する放射線治療機器の進歩】 口腔がんに対する小線源治療の進歩 日本歯科理工学会誌. 2018.05; 37 (2): 73-76. ( 医中誌 )

  134. 三浦雅彦 他. 特集 腫瘍に対する放射線治療ー高度化・個別化治療へー 放射線の腫瘍細胞に対する作用機序 日本臨床. 2017.08; 75 (8): 1156-1159.

  135. 三浦雅彦. がん放射線治療のbiology 特集 婦人科がん放射線治療の最新知見, 産婦人科の実際. 2013; 62 (7): 889-895.

  136. 三浦雅彦. 放射線治療 放射線生物学の動向 RADIPISOTOPES. 2011.10; 60 (10): 433-442.

  137. 三浦雅彦. 唾液腺腫瘍の放射線治療 日本口腔腫瘍学会誌. 2011.09; 23 (3): 69-72.

  138. 三浦雅彦. がん治療における歯科医師の役割—口腔がんの放射線治療への関わりを中心に 放射線生物研究. 2011.09; 46 (3): 211-220.

  139. 三浦雅彦. 口腔がんの根治的放射線治療の現状と放射線増感のためのトランスレーショナル研究 東北大学歯学雑誌. 2010.12; 29 (2): 39-47.

  140. 三浦雅彦、太田慶祐、森陽子、菅原二三男、坂口謙吾. 硫酸糖脂質による血管新生阻害と放射線増感 癌の臨床. 2009.12; 55 861-864.

  141. 三浦雅彦. 放射線増感剤の基礎と新薬開発の現状 臨床放射線. 2009.07; 54 829-837.

  142. 三浦雅彦. 口腔がんに対する放射線治療とトランスレーショナルリサーチ 口腔病学会雑誌. 2009.03; 76 5-8.

  143. 阿部成宏, 三浦雅彦. 癌幹細胞に関する最近の知見とその概念に基づいた癌治療戦略 日本放射線腫瘍学会誌. 2009.03; 21 1-11.

  144. 阿部成宏, 山口聡, 濱田啓一, 天笠光雄, 三浦雅彦. 放射線による歯根形成阻害メカニズム−ヒト根末完成歯・歯尖部歯随由来細胞より単離した幹細胞様細胞の放射線生物学的検討 放射線生物研究. 2009; 44 (4): 460-471.

  145. 渋谷均, 鮎川文夫, 林敬二, 戸田一真, 三浦雅彦, 渡邊裕. 口腔, 放射線治療2.各論, 頭頸部の診断と治療update 臨床放射線. 2008; 53 1610-1620.

  146. 渡邊裕, 倉林亨, 三浦雅彦. 口腔癌小線源治療患者を対象としたマイクロアレーによる網羅的遺伝子解析 口腔病学会雑誌. 2007; 74 (1): 51.

  147. 三浦雅彦. 新規な血管新生阻害型放射線増感剤の開発 口腔病学会雑誌. 2006; 73 193.

  148. 三浦雅彦. IGF-I受容体シグナルと放射線感受性 放射線生物研究. 2006; 41 85-91.

  149. 三浦雅彦, 崎元一平, 太田慶祐, 菅原二三男, 坂口謙吾. 血管新生阻害型放射線増感剤—その開発と作用機構 放射線生物研究. 2006; 41 207-220.

  150. 三浦雅彦, 于冬. IGF-I受容体によるシグナル伝達と放射線感受性 放射線生物研究. 2005; 40 245-259.

  151. 渋谷均, 吉村亮一, 三浦雅彦, 鮎川文男, 渡邊裕. 頭頸部癌の組織内照射治療 頭頸部癌. 2005; 31 432-437.

  152. 渡邊裕, 倉林亨, 三浦雅彦. 細胞の放射線感受性におけるMEK/ERK経路活性化の意義 2004; 71 51.

  153. 渋谷均, 吉村亮一, 太田さや子, 三浦雅彦, 渡辺裕. 放射線領域別治療の実際. 口腔癌の放射線治療 2004; 20 225-229.

  154. 三浦雅彦. 口腔癌に対する放射線治療とテーラーメード医療 口腔病学会雑誌. 2004; 71 39.

  155. 渋谷均, 吉村亮一, 太田さや子, 渡辺裕, 三浦雅彦. 頭頚部扁平上皮癌の放射線治療の実際 画像診断. 2002; 22 1114-1123.

  156. 三浦雅彦. アポトーシスは常に放射線感受性を反映するか? 癌の臨床. 2002; 48 374-376.

  157. 渋谷均, 吉村亮一, 太田さや子, 三浦雅彦. 舌癌I,II期の小線源治療とその結果 臨床放射線. 2002; 47 741-749.

  158. 三浦雅彦. 固形腫瘍の放射線照射によるアポトーシス発現頻度と放射線治療成績についての考察ーアポトーシスと放射線感受性ー 日本医学放射線学会雑誌. 2002; 62 17-20.

  159. 三浦雅彦. 電離放射線によって誘導されるDNA修復機構の多様性 口腔病学会雑誌. 2001; 68 262.

  160. 佐々木武仁, 三浦雅彦, 中村伸, 渡辺裕. 21世紀の放射線治療を考える:感受性予測法の将来展望 癌の臨床. 2001; 47 91-94.

  161. 三浦雅彦. ノックアウトマウスリスト:細胞死:抑制因子: IGF-IR 生体の科学. 2000; 51 427.

  162. 渋谷均, 吉村亮一, 竹田正宗, 三浦雅彦. 舌癌I,II期の治療:舌癌I,II期の放射線治療適応拡大と限界 JOHNS. 2000; 16 587-591.

  163. 三浦雅彦, 渡辺裕, 大河内清, 佐々木武仁. 細胞増殖因子の発現と放射線抵抗性との関係ーI型インスリン様増殖因子レセプター遺伝子ノックアウトモデルからの考察ー 癌の臨床. 2000; 45 227-231.

  164. 三浦雅彦. ノックアウトマウスリスト:DNA修復関連タンパク(1): DNA pol β 生体の科学. 2000; 51 362.

  165. 渋谷均, 三浦雅彦, 竹田正宗, 福田穂積, 吉村亮一. 正常組織反応とその修飾ー粘膜反応(頭頸中心に) 癌の臨床. 1999; 45 255-256.

  166. 三浦雅彦. PCNAとDNA修復 放射線生物研究. 1998; 33 265-275.

  167. 三浦雅彦,Renato Baserga. 細胞増殖とトランスフォーメーションにおけるI型インスリン様増殖因子レセプター(IGF IR)の役割 影響学会通信. 1995; 6 6.

  168. 三浦雅彦,佐々木武仁. 放射線誘発DNA損傷の修復におけるPCNAの役割 医学のあゆみ. 1992; 163 835.

  169. 三浦雅彦,佐々木武仁. 腫瘍細胞の内因性放射線抵抗性に関与する内在性SH物質の役割と機構 医学のあゆみ. 1992; 160 860.

  170. 佐々木武仁,三浦雅彦. 化学療法併用放射線治療に対する期待ーシスプラチンとの併用を中心にー 癌の臨床. 1990; 36 2234-2243.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Cell Cycle Oscillators. Springer Nature, 2021.06 Visualization of Radiation-Induced Cell Cycle Kinetics with a Fluorescent Ubiquitination-Based Cell Cycle Indicator (Fucci)

  2. Masahiko MIURA. Research Advances in Cancer. Global Research Network, 2003 Apoptosis: A predictor of radiosensitivity in solid tumors ?

  3. Masahiko MIURA. Methods in Molecular Biology, DNA Repair Protocol : Eukaryotic Systems. Humana Press, 1999 Detection of Chromatin-bound PCNA in Cultured Cells following Exposure to DNA Damaging Agents

  4. 三浦雅彦 他. 口腔癌. 医歯薬出版株式会社, 2023.09 V編 口腔癌の放射線療法、薬物療法、免疫療法 1章 放射線療法 1基礎知識 (ISBN : 978-4-263-42315-8)

  5. 三浦雅彦 他 . 必携 視覚で学ぶ歯科放射線学. 砂書房, 2022.04 V章 1. 放射線治療の生物学的・物理学的基礎

  6. 三浦雅彦 他. 放射線医科学の辞典. 朝倉書店, 2019.12 2章放射線に対する生物応答―初期過程から竿ぼうへ, 細胞周期停止 (ISBN : 978-4-254-30117-5)

  7. 三浦雅彦 他. 口腔癌診療ガイドライン2019年度版. 金原出版, 2019.10 II.放射線療法 (ISBN : 978-4-307-45014-0)

  8. 三浦雅彦, 戒田篤志 他. 患者さんと家族のためのよくわかる口腔がん治療. インターアクション, 2019.08 Part5 Chapter2 放射線治療

  9. 三浦雅彦 他. 口腔癌取扱い規約 第2版. 金原出版, 2019.04 V 放射線療法, 解説IV放射線療法 強度変調放射線治療(intensity modulated radiotherapy: IMRT) (ISBN : 978-4-307-45013-3)

  10. 三浦雅彦 他 . やさしくわかる放射線治療学. 学研メディカル秀潤社, 2018.10 放射線生物学

  11. 三浦雅彦 他. 歯科放射線学第6版. 医歯薬出版株式会社, 2018.02 第2章4.人体に対する放射線影響, 第6章1.腫瘍に対する放射線の作用 (ISBN : 978-4-263-45812-9)

  12. 三浦雅彦 他. 最新口腔外科学第5版 Oral and Maxillofacial Surgery. 医歯薬出版, 2017.08 第4章3.放射線療法

  13. 三浦雅彦 他. がん・放射線治療2017改訂第7版. 学研メディカル秀潤社, 2017.06 放射線の相互作用

  14. 三浦雅彦 他. 新版 放射線医科学-生体と放射線・電磁波・超音波-. 医療科学社, 2016.10 第1章1.9放射線感受性の修飾(酸素・分割・線量率)

  15. 三浦雅彦 他. 歯科放射線学第5版. 医歯薬出版株式会社, 2013.09 第2章4.人体に対する放射線影響, 第6章1.腫瘍に対する放射線の作用

  16. 三浦雅彦 他. 口腔科学, Stomatology . 朝倉書店, 2013 第4章口腔疾患治療学総論.4-10放射線療法. 1)放射線腫瘍学の基礎、2)放射線治療の概念

  17. 三浦雅彦 他. 臨床放射線腫瘍学, 最新知見に基づいた放射線治療の実践. 南江堂, 2012 2.放射線生物学 C.放射線感受性の決定因子とその修飾

  18. 三浦雅彦 他. からだと酸素の辞典. 朝倉書店, 2009 「がんと酸素」4.15章

  19. 三浦雅彦 他. 放射線医科学-生体と放射線・電磁波・超音波-. 学会出版センター, 2007 1章 放射線作用の基礎-分子から細胞へ1.11放射線による感受性の修飾(酸素、分割、線量率)

  20. 三浦雅彦 他. エビデンス放射線治療. 中外医学社, 2007 総論1:遺伝子と放射線感受性. p2-6, 各論B: 頭頸部癌b.舌癌以外の口腔癌

  21. 三浦雅彦 他. がん研究のいま. 東京大学出版会, 2006 第3巻「がんの診断と治療」第13章:放射線抵抗性シグナル伝達機構

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Katarzyna A. Inoue, Kazuki Takahashi, Maki Saito, Shintaro Sakakitani, Keita Iida, Sadahiro Iwabuchi, Daizo Koinuma, Toru Konishi, Susumu Tanaka, Atsushi Kaida, Masahiko Miura, Shinichi Hashimoto, Mariko Okada, Toshihiro Uchihashi, Kohei Miyazono, Tetsuro Watabe. TGF-β confers cancer cells with the high motility and metastatic potential via induction of Slug/HMGA2-independent EMT. The 82nd Annual Meeting of the Japanese Cancer Association 2023.09.23 Yokohama

  2. Wamasing N, Nakamura S,, Watanabe H, Kuribayashi A, Miura M. PET.CT diagnosing contralateral lymph node metastasis in oral cancer patients. Tokyo Medical and Dental University, International Summer Program 2023.08.02 Tokyo

  3. Yomtako S, Watamabe H, Kuribayashi A, Miura M. Differentiation of radicular cysts and granulomas by texture analysis on computed tomography images.. Tokyo Medical and Dental University, International Summer Program 2023.08.02 Tokyo

  4. Natnicha Wamasing, Shin Nakamura, Hiroshi Watanabe, Ami Kuribayashi, Masahiko Miura. Interpretation of fluorodeoxyglucose accumulation on contralateral lymph nodes in position emission tomography /computed tomography images for patients with oral cancer. The 63th General assembly and annual scientific congress of Japanese Society for Oral and Maxillofacial Radiology 2023.05.28 Fukuoka

  5. Masahiko Miura. Introduction to radiotherapy for oral cancer. The 13th Asian Congress of Oral and Maxillo-Facial Radiology 2022.06.03 Online Congress

  6. Esther Feng Ying Ng, Atsushi Kaida, Masahiko Miura . Possible contribution of insulin-like growth factor binding protein-3(IGFBP-3) to cell migration and growth in cell line derived from an ecdophytic tongue cancer. 27th Annual Meeting of International Association for the Sensitization of Cancer Treatment 2022.04.23 Oharai

  7. Esther Feng Ying Ng, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Effects of insulin-like growth factor binding protein-3 (IGFBP-3) on cell cycle progression and cell migration in tongue squamous cell carcinoma.. 86th Annual Meeting of the Stomatological Society 2021.12.03 Tokyo

  8. Katarzyna A. Inoue, Kazuki Takahashi, Sakakitani Shintaro, Daizo Koinuma, Akinari Sugauchi, Maki Saito, Atsushi Kaida, Yasuhiro Yoshimatsu, Toshihiro Uchihashi, Masahiko Miura, Kohei Miyazono, Tetsuro Watabe. Activation of epithelial-mesenchymal transition program in oral cancer cells under TGF-β-induced cell cycle arrest. TGF-β Superfamily Conference: Signaling in Development and Disease (FASEB) 2021.07.20

  9. Yuji Kabasawa, Kanade Ito, Shiori Tokura, Itsuki Takazawa, Ruri Komiya, Hiroyuki Harada, Hitomi Nojima, Masahiko Miura, Ryoichi Yoshimura. Clinical Investigation of Episil Oral Solution for Oral Mucositis during Radiochemical Treatment for Head and Neck Cancer. The 1st Annual Meeting of the International Society of Oral Care 2021.04.18 東京

  10. Kazuki Takahashi, Katarzyna A. Inoue, Yasuhiro Yoshimatsu, Atsushi Kaida, Kei Takahashi, Shimpei Kubota, Akinari Sugauchi, Toshihiro Uchihashi, Susumu Tanaka, Mikihiko Kogo, Masahiko Miura, Kohei Miyazono and Tetsuro Watabe. Regulatory role of transforming growth factor-β signals in the migration and cell cycle of oral squamous carcinoma cells. Keystone Symposia; Cancer Metastasis: The role of metabolism, immunity and microenvironment 2019.03.17 Florence, Italy

  11. Kazuki Takahashi, Katarzyna A. Inoue, Yasuhiro Yoshimatsu, Atsushi Kaida, Kei Takahashi, Shimpei Kubota, Akinari Sugauchi, Toshihiro Uchihashi, Susumu Tanaka, Mikihiko Kogo, Masahiko Miura, Kohei Miyazono and Tetsuro Watabe. TGF-β-induced cell cycle arrest is associated with increased migration and metastasis of oral squamous carcinoma cells. AACR-JCA Joint Conference 2019.02.09 Maui, USA

  12. Masahiko Miura. Hypoxia: a potential target in radiotherapy for H&N cancer and its perspective. ESTRO meets ASIA 2018.12.07 Singapore

  13. Atsushi Kaida, Yusuke Onozato, Masahiko Miura. Determining radiosensitivity of quiescent and proliferating tumor cells irradiated under different tumor microenvironments. 33th International Symposium of Radiation Biology Center, Kyoto University 2017.12.05 Kyoto

  14. Nisha Gowri Manila, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Insulin-like growth factor I receptor (IGF-IR) regulates radiation-induced G2/M checkpoint by controlling Chk1 localization in HeLa cells. TMDU Intractable Disease(Cancer) Unit Workshops for Young Researchers 2017.11.06 Tokyo

  15. Masahiko Miura. Redistribution revisited by visualizing cell cycle. 1st International Symposium on Radiation Therapeutics and Biology 2017.11.01 Shenzhen, China

  16. Katarzyna A. Inoue, Kazuki Takahashi, Takumi Matsuda, Yasuhiro Yoshimatsu, Atsushi Kaida, Masahiko Miura, Tetsuro Watabe. Cell cycle arrest in oral squamous carcinoma cells undergoing TGF-β-induced epithelial to mesenchymal transition. FASEB Conference 2017.07.09 Lisbon, Portugal

  17. Masahiko Miura. Oral Cancer and brachytherapy. The 39th Annual Scientific Conference on Dental Research 2017.04.04 Ho Chi Minh City, Vietnam

  18. Nisha Gowri Manila, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. IGF-IR, but not EGFR, regulates DNA damage response (DDR) in HeLa cells following irradiation. ESMO Asia 2016 Congress 2016.12.17 Singapore

  19. Masahiko Miura. Cell cycle kinetics and radiosensitivity. The 29th Annual Meeting of JASTRO 2016.11.27 Kyoto city

  20. Yusuke Onozato, Atsushi Kaida, Hiroyuki Harada, Masahiko Miura. Radiosenstivity of proliferating or quiescent human tongue carcinoma cells grown in multicellular spheroids. The 61th congress of the Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons 2016.11.25 Chiba city

  21. Watanabe H, Ozaki K, Miura M, Yoshimura R, Sumi Y, Kurabayashi T.. Estimation of whole body radiation exposure induced by oral cancer brachytherapy using Monte Carlo simulation. The 11th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology 2016.11.12 Chiang Mai, Thailand

  22. Nisha Gowri Manila, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Effect of IGF-IR-inhibition on the radiation –induced cell kinetics and DNA repair. 80th Anual Meeting of the Stomatological Society 2015.12.26 Tokyo

  23. Nisha Gowri Manila, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. IGF-1 receptor influences radeation-indeced G2 arrest in HeLa cells expressing fluorescent ubiquitination-based cell cycle indicator (Fucci). ISAJ 6th Symposium on Recent Advances and Technology 2015.12.04 Tokyo

  24. Taito Asahina, Atsushi Kaida, Keisuke Sasai, Ryoichi Yoshimura, Masahiko Miura. Temporo-spatial cell cycle kinetics in HeLa cells by Ir-192 HDR-RALS. The 28th Annual Meeting of the Japanese Society for Radiation Oncology 2015.11.20 Maebashi

  25. Masahiko Miura , Atsushi Kaida. Radiobiology for stereotactic radiotherapy. The 28th Annual Meeting of the Japanese Society for Radiation Oncology, Workshop 2015.11.19 Maebashi

  26. Kohei Okuyama, Atsushi Kaida, Yoshiki Hayashi, Yoshio Hayashi, Kiyoshi Harada, Masahiko Miura. A novel type of anti-microtubule agent, KPU-300, is a potent radiosensitizer through synchronization of the cell cycle in M-phase. 22nd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery 2015.10.27 Melbourne, Australia

  27. Nisha Gowri Manila, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Inhibition of IGF-IR retards release from radiation-indeced G2 arrest. TMDU Student Symposium 2015, 7th TMDU International Symposium Program 2015.08.29 Tokyo

  28. Masahiko Miura. Basics of Radiation Biology with a Focus on 4Rs. 12th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress 2015.06.07 Yokohama

  29. Masahiko Miura. Visualizing Cell cycle kinetics in HeLa cell in vitro and in vivo following X irradiation. 15th International Congress of Radiation Research 2015.05.29 Kyoto

  30. Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Visualizing the effects of tumor microenviroments on cell cycle kinetics in HeLa cells following X-irradiation. 15th International Congress of Radiation Research 2015.05.28 Kyoto

  31. Kohei Okuyama, Atsushi Kaida, Kiyoshi Harada, Masaihko Miura. A novel type of anti-microtubule agent, KPU-300, is a potent radiosensitizer through synchronization of the cell dycle at M-phase. 15th International Congress of Radiation Research 2015.05.27 Kyoto

  32. Tatsuaki Goto, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Cell cycle kinetics in HeLa cells expressing Fucci under hypoxia and after reoxygenation. 15th International Congress of Radiation Research 2015.05.27 Kyoto

  33. 戒田篤志、五十嵐由里子、野島瞳、岡田隆平、高橋亮介、三浦雅彦. 細胞周期相がEGFR標的近赤外光線免疫療法に及ぼす影響の解析. 第24回菅原・大西記念癌治療増感シンポジウム 2024.02.18 東京

  34. 三浦雅彦、伊川裕明、武者篤、戒田篤志、森川貴迪. 高齢口腔がん診療臨床的指針 高齢口腔癌患者に対する放射線治療 . 第42回日本口腔腫瘍学会学術大会 2024.01.26 札幌

  35. 野島 瞳、戒田篤志、宇尾基弘、三浦雅彦. 新規小線源治療Diffusing Alpha-Emitters Radiation Therapy (DaRT)によるin vitroにおけるDNA損傷応答. 第88回口腔病学会学術大会 2023.12.02 東京

  36. 野島瞳、戒田篤志、原田美穂子、三浦雅彦. Au-198 grainを用いたモールド療法の早期口腔がんへの有効性. 第68回日本口腔外科学会学術大会 2023.11.11 大阪

  37. Supasith Yomtako, 渡邊 裕, 栗林亜実, 坂本潤一郎, 三浦雅彦. CT画像における歯根嚢胞と歯根肉芽種のテクスチャー解析の試み. NPO法人日本歯科放射線学会第4回秋季学術大会 2023.11.04

  38. 遠山皓基、栗林亜実、中村伸、渡邊裕、原田浩之、本多隆行、池田通、三浦雅彦. 転移性と考えられた下顎骨関節突起悪性腫瘍の2症例. 日本歯科放射線学会第4回秋季学術大会 2023.11.04 大阪

  39. 能村嘉一、渡邊裕、富里博、浅井(川島)桜子、三浦雅彦. Gumbel分布を用いると、cone-beam CTとmultidetector row CTの筋状の金属アーチファックトの強さを特異的かつ定量的に比較できる. 日本歯科放射線学会第4回秋季学術大会 2023.11.04 大阪

  40. 隠岐安利紗,中村伸 ,坂本潤一郎 ,田口美晴 ,栗林亜実 ,渡邊裕 ,三浦雅彦. 舌扁平上皮癌患者におけるMRIテクスチャー特徴量と頸部転移及び腫瘍再発との関連性. NPO法人 日本歯科放射線学会 第4回秋季学術大会 2023.11.04 大阪

  41. 三浦雅彦、伊川裕明、武者篤、戒田篤志、森川貴迪. 最新ガイドラインに学ぶ!超高齢化社会の口腔癌治療 高齢者口腔癌患者に対する放射線治療 . 第61回日本癌治療学会学術集会 2023.10.20 横浜

  42. 戒田篤志、三浦雅彦. 変異p53の安定化に寄与し得る新規HSP40タンパク質の探索. 第26回癌治療増感研究会 2023.07.01 石垣

  43. 三浦雅彦. 国際癌治療増感研究協会との関わりを振り返って(第22回国際癌治療増感研究協会菅原賞受賞講演). 第26回癌治療増感研究会 2023.07.01 石垣

  44. 野島瞳、戒田篤志、三浦雅彦. 細胞周期可視化マウス腫瘍モデルを用いた1回大線量分割照射における再分布の意義. 第60回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会・第51回放射線による制癌シンポジウム 2023.06.23 京都

  45. 三浦雅彦. 放射線治療と医療安全. 第7回国際歯科医療安全機構学術大会 2023.06.04 松戸

  46. 野島瞳、戒田篤志、三浦雅彦. 口腔癌に対する小線源治療後にAu-198grainの顎下腺への逆行性移動がみられた一例. 日本歯科放射線学会第63回学術大会 2023.05.27 福岡

  47. 田口美晴、Supasith Yomtako、渡邊裕、田中礼、Yeung Wai Kan Andy、三浦雅彦. 口内法撮影における平行法の適応について、香港大学歯学部患者における解剖学的検討. 日本歯科放射線学会第63回学術大会 2023.05.27 福岡

  48. 隠岐安利紗、栗林亜実、中村伸、 原田浩之、渡邊裕、三浦雅彦. 頬部に生じた内部壊死を伴うMTX-LPDの1例. NPO法人日本⻭科放射線学会第235回関東地方会 2023.02.18 Web開催

  49. 野島瞳、戒田篤志、三浦雅彦. DNA損傷応答とα線粒子の分布からみた新規小線源治療DaRTの特性. 第23回菅原・大西記念癌治療増感シンポジウム 2023.02.05 京都市

  50. 三浦雅彦. 放射線感受性の細胞周期依存性を再考する. 第23回菅原・大西記念癌治療増感シンポジウム 2023.02.04 京都市

  51. 三浦雅彦、伊川裕明、武者篤、戒田篤志、森川貴迪. 超高齢者社会の口腔癌治療の現状 高齢者口腔がんに対する放射線治療. 第41回日本口腔腫瘍学会学術大会 2023.01.26 WEB開催

  52. 野島瞳、戒田篤志、三浦雅彦. α線源を用いた新規小線源治療DaRTにおける生物学的効果の検討. 第41回日本口腔腫瘍学会学術大会 2023.01.26 WEB開催

  53. 大林尚人, 渡邊 裕, 中村 伸, 栗林亜実, 川島桜子, 田口美晴, 富里 博, 三浦雅彦. コーンビームCTを用いた下顎第三大臼歯におけるセメント室増殖症発生頻度の検討. 第87回口腔病学会学術大会 2022.12.03 東京

  54. 三浦雅彦. ”Hallmarks of cancer”から読み解く放射線生物学. 日本放射線腫瘍学会第35回学術大会 2022.11.11 広島市

  55. 戒田篤志、三浦雅彦. 舌癌細胞株由来スフェロイドにおける放射線照射後の再発起源細胞の同定. 日本放射線腫瘍学会第35回学術大会 2022.11.10 広島市

  56. 中村伸,坂本潤一郎,渡邊裕,,道泰之,三浦雅彦. 頬部多形腺腫から悪性転化した顎骨浸潤および頭蓋内浸潤を伴った筋上皮癌の症例. NPO法人日本歯科放射線学会第3回秋季学術大会 2022.10.08 Web開催

  57. 吉村亮一、桑原宏文、長野拓也、松原大五郎、三木谷智範、野島瞳、戒田篤志、三浦雅彦. 頭頸部の密封小線源治療〜頭頸部小線源治療事情〜. 第59回日本医学放射線学会秋季臨床大会 2022.09.17

  58. 中村伸,能村義一,栗林亜実,道泰之,石山裕之,三浦雅彦. 顎顔面領域の症状を発端として血液疾患の最終診断に至った2症例. NPO法人日本歯科放射線学会第234回関東地方会・第41回北日本地方会・ 第29回合同地方会 2022.08.27 松本

  59. 野島瞳、戒田篤志、三浦雅彦. Diffusing Alpha-emitters Radiation Therapy(DaRT)による線源周囲でのDNA損傷応答. 日本放射線腫瘍学会第59回生物部会学術大会 2022.06.24 札幌市

  60. 遠山皓基、戒田篤志、三浦雅彦. 放射線照射後の細胞周期動態の違いがG1期内で照射された細胞の運命に及ぼす影響. 日本放射線腫瘍学会第59回生物部会学術大会 2022.06.24 札幌市

  61. 三浦雅彦. 6R(+1)から見た前立腺癌に対するSBRTとHDRの効果. 日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第24回学術大会 2022.05.21 日本橋

  62. 戒田篤志、岩熊智雄、三浦雅彦. HSP40/DNAJA1による構造変異型p53の安定化を介した癌転移促進機構の解明. 第27回癌治療増感研究会, 2022.04.23 大洗町

  63. 野島瞳、戒田篤志、三浦雅彦. 定位放射線治療におけるRedistributionの寄与. 第27回癌治療増感研究会 2022.04.23 大洗町

  64. 野島瞳、原田浩之、三浦雅彦. 細胞周期チェックポイント阻害剤による口腔がん細胞の細胞周期動態変化と細胞死様式. 第76回日本口腔科学会学術集会 2022.04.21 WEB開催

  65. 戒田 篤志、三浦 雅彦. 構造変異型p53とのinteractionを介したHSP40/DNAJA1の癌転移促進機構. 第40回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会 2022.02.14 Web開催

  66. 戒田 篤志、野島 瞳、渡邊 裕、 吉村 亮一、三浦 雅彦. 口腔癌手術に代わる治療modalityとしての小線源治療の存在価値と将来展望. 第40回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会 2022.02.14 Web開催

  67. 三浦雅彦. 10年後の量子医科学における放射線生物の役割. 日本量子医科学会第1回学術大会領域合同シンポジウム 2021.12.11 WEB開催

  68. 三浦雅彦. 4つのRからみた小線源治療:現状と将来展望. 中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム第13回歯科・口腔外科インテンシブコース 2021.12.05 WEB開催

  69. 三浦雅彦. 4つのRの温故知新:定位照射効果をどう説明できるか?再分布の変遷と定位照射効果への寄与. 日本放射線腫瘍学会第34回学術大会シンポジウム 2021.11.14 WEB開催

  70. 戒田 篤志、三浦 雅彦. 放射線照射後のG2アレスト動態が細胞運命に及ぼす影響. 日本放射線腫瘍学会第34回学術大会 2021.11.12 Web開催

  71. 高橋和樹、井上カタジナアンナ、榊谷振太郎、 小西徹、須河内昭成、齋藤万樹、戒田篤志、鯉沼代造、吉松康裕、内橋俊大、古郷幹彦、三浦雅彦、宮園浩平、渡部徹郎. TGF-βにより細胞周期が静止した口腔扁平上皮がん細胞は上皮間葉移行の誘導を介して運動・転移能が亢進する. 第80回日本癌学術総会 2021.10.01

  72. 戸倉詩織、伊藤奏、高澤維月、大沼由季、足達淑子、原田浩之、野島 瞳、三浦雅彦、吉村亮一、樺沢勇司. 頭頸部がん化学放射線療法中の口腔粘膜炎に対する半夏瀉心湯の含嗽による有効性の検討. 第16回 日本歯科衛生学会 学術大会 2021.09.30 オンライン開催

  73. 三浦雅彦. 細胞周期動態の可視化から見た放射線応答. 第1回日本放射線影響学会若手部会日本放射線影響研究会 2021.08.28 WEB開催

  74. 戒田 篤志、三浦 雅彦. HSP40ファミリーDNAJA1と変異p53間のinteractionを介した癌転移促進機構. 日本歯科放射線学会第232回関東地方会・第40回北日本地方会・第28回合同地方会 2021.08.21 Web開催

  75. 野地理夏、加納嘉人、平井秀明、山下大和、工藤亮、富岡寛文、島本裕彰、道泰之、大西威一郎、三浦雅彦、吉村亮一、三宅智、池田貞勝、原田浩之. がんゲノム解析によりニボルマブ耐性機構が示唆された再発頬粘膜癌の一例. 第45回日本頭頸部癌学会学術集会 2021.06.17 WEB開催

  76. 野島瞳、戒田篤志、三浦雅彦. 放射線照射後に生じる腫瘍細胞の再分布から考える定位放射線治療の生物学的有効性. 日本放射線腫瘍学会第58回生物部会学術大会 2021.06.04 WEB開催

  77. 野島瞳、戒田篤志、原田浩之、三浦雅彦. 口腔がんの定位放射線治療における再分布の意義. 日本歯科放射線学会第61回学術大会 2021.05.23 WEB開催

  78. 樺沢勇司、伊藤 奏、戸倉詩織、高澤維月、木村里緒、中西桃子、秋山喜久江、大沼由季、足達淑子、小宮瑠里、野島 瞳、原田浩之、三浦雅彦、吉村亮一. 頭頚部がん放射線化学治療中の口腔粘膜炎に対するエピシル口腔溶液の臨床的検討. 第18回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2021.04.18 東京

  79. 三浦雅彦. 低酸素細胞増感剤開発の経験と実用化の現実. 日本放射線腫瘍学会第11回放射線生物学セミナー 2021.02.20 WEB開催

  80. 加納嘉人、野地理夏、山下大和、工藤亮、田崎 彰久、大野十央、有泉陽介、平井秀明、富岡寛文、島本裕彰、道泰之、三浦雅彦、吉村亮一、朝蔭孝宏、原田浩之、岡本隆一、三宅智、池田貞勝. 頭頸部癌に対するがんゲノム解析と臨床的有用性. 第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 2021.02.18 WEB開催

  81. 野島瞳、戒田篤志、三浦雅彦. 口腔扁平上皮癌細胞を用いた定位放射線治療の効果とG2アレストの関連性の検討. 第39回日本口腔腫瘍学会学術大会 2021.01.28 WEB開催

  82. 野地理夏、加納嘉人、山下大和、工藤亮、平井秀明、富岡寛文、島本裕彰、道泰之、三浦雅彦、吉村亮一、朝蔭孝宏、三宅智、池田貞勝、原田浩之. 口腔癌に対するがんゲノム解析と臨床的有用性. 第39回日本口腔腫瘍学会学術大会 2021.01.28 WEB開催

  83. 黒嶋雄志、小野里祐佑、及川悠、奥山紘平、大迫利光、釘本琢磨、平井秀明、富岡寛文、島本裕彰、道泰之、三浦雅彦、吉村亮一、原田浩之. 舌扁平上皮癌における舌リンパ節転移の臨床病理学的検討. 第39回日本口腔腫瘍学会学術大会 2021.01.28 WEB開催

  84. 奥山紘平、鳴瀬智史、柳本惣市、土橋宏輝、戒田篤志、三浦雅彦、梅田正博. セツキシマブの長期処理がもたらす舌癌細胞遊走能の抑制はp27Kip1依存性G1アレストとオートファジーを誘導する. 第39回日本口腔腫瘍学会学術大会 2021.01.28 WEB開催

  85. 遠山皓基、加納嘉人、青柳康子、松寺翔太郎、大野十央、有泉陽介、富岡寛文、島本裕彰、道泰之、吉村亮一、朝蔭孝宏、原田浩之、三宅智、三浦雅彦、池田貞勝. 再発・転移頭頚部癌に対するがんゲノムリアルワールド解析と有用性. 第44回頭頸部癌学会 2020.07.17 WEB開催

  86. 平井秀明, 及川悠, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 富岡寛文, 島本裕彰, 道泰之, 三浦雅彦, 吉村亮一, 原田浩之. 舌扁平上皮癌StageⅠ・Ⅱ症例における小線源治療の臨床的検討. 第44回頭頸部癌学会 2020.07.17 WEB開催

  87. 三浦雅彦, 小野里祐佑, 渡邊裕, 戸田一真, 吉村亮一. α線源を用いた小線源治療における生物学的基盤. 第22回菅原・大西記念癌治療増感シンポジウムin奈良 2020.02.08 奈良市

  88. 下野宏晃, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦. Fucciシステムと微小核試験によるアプローチ. 第22回菅原・大西記念癌治療増感シンポジウムin奈良 2020.02.08 奈良市

  89. 野島瞳, 本間久雄, 小野里祐佑, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦. ヒト舌癌細胞におけるCHK1とWEE1の阻害剤が及ぼす細胞周期動態への影響. 第22回菅原・大西記念癌治療増感シンポジウムin奈良 2020.02.08 奈良市

  90. 遠山皓基、加納嘉人、松寺翔太郎、青柳康子、本多隆行、宮崎泰成、桐村進、三浦雅彦、池田貞勝. 上顎歯肉を原発とした胸膜転移の診断・治療にがん遺伝子パネル検査が有用であった1例. 第38回 日本口腔腫瘍学会 2020.01.24 学士会館(東京都千代田区)

  91. 野島瞳, 小野里祐佑, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦. 口腔扁平上皮癌細胞にたいするCHK1、WEE1阻害剤処理後の細胞周期動態. 第38回日本口腔腫瘍学会学術大会 2020.01.23 東京

  92. 野島 瞳、小野里祐佑、戒田篤志、原田浩之、三浦雅彦. 口腔扁平上皮癌細胞におけるCHK1、WEE1阻害剤処理後の細胞周期動態. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12.07 東京都

  93. 三浦雅彦. 低酸素細胞放射線増感剤開発の神話と現実. 日本放射線影響学会第62回大会 2019.11.16 京都市

  94. 三浦雅彦. Ra-224崩壊核種からのα線による口腔がん組織内照射について. 口腔がん低侵襲診断治療研究会 2019.10.25 札幌市

  95. 高橋和樹, 井上カタジナアンナ, 戒田篤志, 高橋恵生, 久保田晋平, 須河内昭成, 内橋俊大, 田中晋, 古郷幹彦, 三浦雅彦, 宮園浩平, 渡部徹郎. TGF-βにより細胞周期が停止した口腔扁平上皮がん細胞の運動能ならびに転移能は亢進する. 第78回日本癌学術総会 2019.09.28 京都市

  96. 三浦雅彦. 放射線治療に大切な生物学 二刀流という視点からの考察. 日本放射線腫瘍学会第48回放射線による制癌シンポジウム 2019.06.08 弘前市

  97. 野島瞳, 本間久雄, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦. 口腔がん細胞株におけるCHK1、WEE1阻害剤感受性と細胞周期動態への影響. 第57回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会 2019.06.07 弘前市

  98. 本間久雄, 戒田篤志, 三浦雅彦. CHK1阻害剤はHeLa細胞にendomitosisを引き起こす. 第57回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会 2019.06.07 弘前市

  99. 三浦雅彦. 口腔癌に対する小線源治療の現状と展望, 手術によらない口腔癌治療. 第73回日本口腔科学会学術大会 2019.04.21 川越市

  100. 戒田 篤志, 吉松 康裕, 野島 瞳, 三浦 雅彦. 増殖ステータスに基づく標識技術を応用した口腔がんにおける放射線照射後の再発起源細胞の同定. 口腔病学会 2019.03.01 東京

  101. 本間久雄, 戒田篤志, 三浦雅彦. Chk1阻害剤によって引き起こされるHeLa細胞の細胞周期動態解析. 第21回菅原・大西記念癌治療増感研究シンポジウム 2019.02.02 奈良市

  102. 戒田篤志, 三浦雅彦. 腫瘍細胞動態を基礎とした放射線照射後の固形腫瘍における再発起源の同定. 第21回菅原・大西記念癌治療増感研究シンポジウム 2019.02.02 奈良市

  103. 栗岡恭子, 内橋俊大, 須河内明成, 相川友直, 三浦雅彦, 渡部徹郎, 古郷幹彦. マウス舌癌頸部転移モデルにおける原発巣及び頸部リンパ節転移の腫瘍細胞周期の役割について. 第37回日本口腔腫瘍学会 2019.01.24 長崎市

  104. 三浦雅彦. 放射線腫瘍学概論. 日本歯科放射線学会第23回臨床画像大会および教育研修会 2018.10.14 東京

  105. 戒田篤志, 三浦雅彦. 放射線照射後の細胞周期動態を指標とした腫瘍再発起源同定の試み. 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会 2018.10.13 京都市

  106. 高橋和樹, 井上カタジナアンナ, 吉松康裕, 戒田篤志, 三浦雅彦, 渡部徹郎. 口腔扁平上皮がん細胞のTGF-βによる細胞周期制御と運動能亢進は関与する. 第77回日本癌学会学術集会 2018.09.29 大阪市

  107. 高橋和樹, 井上カタジナアンナ, 吉松康裕, 戒田篤志, 三浦雅彦, 渡部徹郎. 口腔扁平上皮がん細胞のTGF-βによる悪性化と細胞周期制御の関連性の検討. 第77回日本癌学会学術集会 2018.09.29 大阪市

  108. 三浦雅彦. 定位放射線治療はなぜ有効か?〜細胞周期の可視化によって見えるRedistributionの意義〜. 第280回がん研有明病院 学術研究講演会 2018.07.17 東京

  109. 戒田篤志, 下野宏晃, 三浦雅彦. Fucci導入腫瘍細胞を応用した細胞周期依存的放射線感受性の検証. 第56回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会 2018.07.13 東京

  110. 本間久男, 戒田篤志, 三浦雅彦. Chk1阻害剤に異なる感受性を示す2つの腫瘍細胞株における細胞動態解析. 第56回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会 2018.07.13 東京

  111. 三浦雅彦. 歯科で行う放射線腫瘍学:その基礎と臨床. 日本歯科放射線学会第59回学術大会 花村メモリアルレクチャ− 2018.05.27 横須賀市

  112. 三浦雅彦. 口腔がん治療における放射線治療の現状と今後. 第72回日本口腔科学会シンポジウム 2018.05.13 名古屋市

  113. 戒田篤志, 三浦雅彦. 腫瘍内微小環境下で細胞周期動態が及ぼす放射線感受性の影響. 東京医科歯科大学生体環境応答学系大学院交流セミナー・難病(がん)ユニットワークショップ 2018.03.08 東京

  114. 三浦雅彦. 故大西武雄先生追悼セッション.放射線・温熱によるがん治療増感の基礎から臨床. 第20回菅原・大西記念癌治療増感シンポジウムin奈良 2018.02.04 奈良市

  115. 戒田篤志, 三浦雅彦. 腫瘍細胞動態を基盤とした放射線照射後の固形腫瘍における再発起源の同定. 第20回菅原・大西記念癌治療増感シンポジウムin奈良 2018.02.03 奈良市

  116. 三浦雅彦. 口腔がんの低線量率小線源治療. 第36回日本口腔腫瘍学会学術大会 2018.01.26 新潟市

  117. Sirimanas Jiaranuchart, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦. 体幹部定位放射線治療を想定した高線量照射によるHSC3とHSC4細胞のDNA損傷応答. 第36回日本口腔腫瘍学会学術大会 2018.01.25 新潟市

  118. 戒田篤志, 三浦雅彦. 口腔癌細胞株における放射線誘導性G2アレスト動態を指標とした機能既知化合物ライブラリーからの新規放射線増感剤の探索. 第36回日本口腔腫瘍学会学術大会 2018.01.25 新潟市

  119. 高橋 和樹, 井上 カタジナアンナ, 吉松 康裕, 戒田 篤志, 三浦 雅彦, 渡部 徹郎. 口腔がん細胞のTGF-βによる上皮間葉移行に伴う細胞周期制御の検討. 生命科学系学会合同年次大会 2017.12.01

  120. 吉村 亮一,戸田 一真,中川 惠子,小島 未央,三浦 雅彦,戒田 篤志,渡邊 裕. 厚みのある口腔癌に対する導入化学療法併用小線源治療の安全性に関する前方視的研究. 2017.11.18 大阪

  121. 戒田篤志, 三浦雅彦. 放射線誘導性G2アレスト動態を指標とした機能既知化合物ライブラリーのスクリーニング. 若手放射線生物学研究会 平成29年度専門研究会 2017.09.02 東京

  122. 三浦雅彦. 細胞周期の可視化によって"4つのR"はどこまでみえるか?. 第26回名古屋放射線夏季セミナー 2017.07.22 名古屋市

  123. 三浦雅彦. 硫酸糖脂質SQAG/SQAPの放射線増感効果. 第23回国際癌治療増感研究会 2017.07.15 軽井沢

  124. 本間久雄, 戒田篤志, 三浦雅彦. Chk1阻害剤に超感受性を呈する舌癌細胞株SAS細胞における基礎的検討. 日本放射線腫瘍学会第55回生物部会学術大会 2017.06.16 名古屋市

  125. 戒田篤志, 小野里祐佑, 三浦雅彦. 舌扁平上皮癌における腫瘍内微小環境に応じた放射線照射後の細胞動態と放射線感受性. 日本放射線腫瘍学会第55回生物部会学術大会 2017.06.16 名古屋市

  126. 三浦雅彦, 戒田篤志, 小野里祐祐. Fucciによる腫瘍微小環境下での静止期、増殖期細胞の可視化、分離とその放射線感受性. 第19回癌治療増感研究シンポジウム, 2017.02.04 奈良市

  127. 本間久雄, 戒田篤志, 三浦雅彦. 舌癌細胞株SAS細胞に認められるChk1阻害剤超感受性の解析. 第19回癌治療増感研究シンポジウム, 2017.02.04 奈良市

  128. 後藤達明, 戒田篤志, 三浦雅彦. 再酸素化後に生じるDSB修復動態とWee1阻害剤の影響. 第19回癌治療増感研究シンポジウム, 2017.02.04 奈良市

  129. 三浦雅彦. 放射線療法「口腔癌取扱い規約」改訂についてのコンセンサスミーティング. 第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2017.01.27 福岡市

  130. 小野里祐佑, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦. 舌癌細胞の腫瘍微小環境下における放射線感受性. 第35回日本口腔腫瘍学会学術大会 2017.01.27 福岡市

  131. 金崎和馬, 野田幸矢, 高山俊男, 小俣透, 三浦雅彦, 渡邊裕. 口腔がん小線源遠隔刺入システムのための口腔内器官把持グリッパの開発. 第5回次世代がん治療推進専門家養成プランシンポジウム 2016.12.03 東京

  132. 渡邊 裕, 尾崎吉弘, 戒田篤志, 三浦雅彦, 中川惠子, 戸田一真, 吉村亮一, 角 保徳, 倉林 亨.. 口腔がん小線源治療におけるモンテカルロシミュレーションによる全身被曝線量の推定. 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会 2016.11.25 京都市

  133. 金崎和馬, 野田幸矢, 高山俊男, 小俣透, 三浦雅彦, 渡邊裕. 口腔がん小線源治療遠隔刺入システムのためのバルーン吸盤を用いた口腔内器官把持グリッパの開発. 平成28年度秋季フルードパワーシステム学会講演会 2016.10.19 青森市

  134. 後藤達明, 戒田篤志, 三浦雅彦. 低酸素/再酸素可処理時に生じるDSBの修復に対するWee1阻害薬の効果. 第45回放射線による制癌シンポジウム・第54回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会 2016.07.06 大阪市

  135. 戒田篤志, 三浦雅彦. 細胞接着環境により影響される放射線照射後の細胞動態とその運命. 第45回放射線による制癌シンポジウム・第54回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会 2016.07.06 大阪市

  136. 戒田篤志, 三浦雅彦. がんの多様性・可塑性と治療抵抗性. 第41回内藤コンファレンス 2016.07.05 札幌市

  137. 渡邊裕, 尾崎吉弘, 戒田篤志, 三浦雅彦, 中川惠子, 戸田一真, 吉村亮一, 角保徳, 倉林亨. 口腔がん小線源治療におけるモンテカルロシミュレーションによる全身被曝線量の推定. NPO法人日本歯科放射線学会第57回学術大会・第13回定例総会 2016.06.19 大阪市

  138. 戒田篤志, 渡邊裕, 中川恵子, 戸田一真, 吉村亮一, 三浦雅彦. Ir-192 による低線量率舌癌小線源治療における線量率が早期・晩期障害に及ぼす影響. 日本歯科放射線学会第57回学術大会・第13回定例総会 2016.06.18 大阪市

  139. 三浦雅彦. 合成硫酸糖脂質 sulfoquinovosylacypropanediol(SQAP)による放射線増感. 第49回制癌剤適応研究会 2016.03.25 会津市

  140. 三浦雅彦. 腫瘍放射線感受性の増感戦略. 東京医科歯科大学病態生化学領域キックオフシンポジウム 2016.03.14 東京

  141. 三浦雅彦. 血管新生阻害型放射線増感剤の開発研究. 第4回次世代がん治療推進専門家養成プランシンポジウム 2016.01.23 東京

  142. 野田幸矢, David Mclaughlin, 高山俊男, 小俣透, 三浦雅彦, 渡邊裕. 口腔がん小線源治療のための遠隔線源刺入装置の開発. 第4回次世代がん治療推進専門家養成プランシンポジウム 2016.01.23 東京

  143. 坂口朋美, 松本良恵, 原口美穂子, 渡邊裕, 難波佳子, 足達淑子, 戒田篤志, 三浦雅彦, 吉村亮一, 谷口尚. 舌癌小線源治療患者に対して歯科衛生士による積極的な周術期口腔機能管理が施された1例. 第34回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会 2016.01.22 横浜市

  144. 小野里祐佑, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦. Fucciを導入した口腔扁平上皮癌細胞における放射線照射後の細胞周期動態解析. 第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2016.01.21 横浜市

  145. 奥山紘平, 戒田篤志, 原田清, 三浦雅彦. Vascular disrupting agent (VDA) として機能する新規微小管重合阻害薬(KPU-300)を用いた放射線増感機構の解析と治療戦略の提案. 第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2016.01.21 横浜市

  146. 三浦雅彦. 細胞周期の可視化による腫瘍細胞動態解析. 群馬大学重粒子線医工学グローバルリーダー養成プログラム 2016.01.05 前橋市

  147. Yoshimura R, Miura M, Watanabe H, Hayashi K, Nakagawa K, Toda K, Kaida A, Kuwabara H, Shibuya H. Brachytherapy using Au-198 grains for oral or oropharyngeal carcinomas in patients with past histories of cancer treatments in those regions. 日本放射線腫瘍学会第28回学術大会 2015.11.21 前橋市

  148. Kohei Okuyama, Atsushi Kaida, Kiyoshi Harada, Masahiko Miura. A novel type of anti-microtubule agent, KPU-300, is a potent radiosensitizer through synchronization of the cell cycle in early M phase. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015.10.18 名古屋

  149. 小野里祐佑, 戒田篤志, 島本裕彰, 原田浩之, 三浦雅彦. Fucciを導入した口腔扁平上皮癌細胞における放射線照射後の細胞周期動態解析. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015.10.18 名古屋

  150. 戒田篤志, 三浦雅彦. 放射線照射後の細胞周期動態における細胞接着環境の影響. 日本放射線影響学会放射線ワークショップ 2015.10.17 富山

  151. 後藤達明, 戒田篤志, 三浦雅彦. 低酸素/再酸素化による細胞周期およびDNA二重鎖切断修復動態. 日本放射線影響学会放射線ワークショップ 2015.10.16 富山

  152. 小野里祐佑, 戒田篤志, 三浦雅彦. Fucciを導入した口腔扁平上皮癌細胞における放射線照射後の細胞周期動態解析. 若手放射線生物学研究会2015年度専門研究会 2015.08.09 東京

  153. 後藤達明, 戒田篤志, 三浦雅彦. HeLa Fucci細胞の低酸素化が誘導するDNA損傷の修復動態と細胞周期動態が放射線感受性に与える影響. 若手放射線生物学研究会2015年度専門研究会 2015.08.08 東京

  154. 吉村亮一, 三浦雅彦, 中川惠子, 渡邊裕, 戒田篤志, 後藤達明, 桑原宏文, 長野拓也, 林啓二, 戸田一真. 口腔癌に対するTS-1を用いた導入化学療法併用低線量率小線源治療の安全性について. 日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第17回学術大会 2015.06.26 さいたま市

  155. 三浦雅彦. 口腔癌に対する放射線治療向上のための物理学的、生物学的アプローチの可能性. 第69回日本口腔科学会総会・学術大会ワークショップ 2015.05.15 大阪

  156. 土田絵梨, 戒田篤志, 三浦雅彦, 原田清. Fucciを利用した異なる細胞周期相でのX線照射が個々の細胞の細胞周期動態に与える影響の解析. 第69回日本口腔科学会学術集会 2015.05.14

  157. 三浦雅彦. 分子標的薬の併用において考慮すべき放射線生物学. 第10回新潟Radiology Update学術講演会 2015.02.28 新潟

  158. 三浦雅彦. 腫瘍微小環境が照射後の腫瘍細胞動態に及ぼす影響の可視化. 第5回国際放射線神経生物学会大会シンポジウム 2015.02.21 高崎

  159. 後藤達明, 戒田篤志, 三浦雅彦. HeLa-Fucci細胞の低酸素化と再酸素化が誘導するDNA損傷の修復動態と細胞周期動態が放射線感受性に与える影響. 第17回癌治療増感シンポジウム 2015.02.07 奈良

  160. 戒田篤志, 三浦雅彦. 放射線照射後のG2アレスト遷延現象に起因する新たな放射線抵抗性メカニズムの検討. 第17回癌治療増感シンポジウム 2015.02.07 奈良

  161. 吉村亮一, 林敬二, 中川恵子, 三浦雅彦, 渡邊裕, 戒田篤志, 佐藤力哉, 桑原宏文, 渋谷均.. Au-198グレインを用いた口腔・中咽頭癌の小線源治療成績. 日本放射線腫瘍学会第27回学術大会 2014.12.12 横浜

  162. Manila N.G.、 Kaida A、Miura M. Inhibition of IGF-IR, but not EGFR, retards release from radiation-induced G2 arrest. 第79回口腔病学会学術大会 2014.12.06 東京

  163. 山田千里、戒田篤志、原田清、三浦雅彦. Fucci発現シスプラチン耐性HeLa細胞株の樹立とその細胞動態. 第79回口腔病学会学術大会 2014.12.06 東京

  164. 三浦雅彦. 放射線治療技術に必要な放射線生物学. 日本放射線技術学会第90回東京部会セミナー 2014.11.01 東京

  165. 中澤大輝、林良樹、嶽野遥、知念拓実、奥山紘平、田口晃弘、高山健太郎、薬師寺文華、三浦雅彦、白井健郎、林良雄. ヘテロ環を有するジケトピペラジン型チューブリン重合阻害剤の構造活性相関研究. 第58回日本薬学会関東支部大会 2014.10.04 東京

  166. 三浦雅彦. 放射線治療生物の展望, ICRR2015を迎えるにあたって-未来に繋ぐ放射線研究-. 日本放射線影響学会第57回大会 2014.10.03 鹿児島

  167. 戒田篤志、土田絵梨、小湊広美、三浦雅彦. 異なる細胞周期相で照射された細胞のG2 arrest動態とその放射線感受性への影響. 日本放射線影響学会第57回大会 2014.10.02 鹿児島

  168. Hayashi Y, Takeno H, Chinen T, Okuyama K, Taguchi A, Takayama K, Yakushiji F, Miura M, Usui T, Hayashi Y. Development of Didehydrocycle Dipeptide-type Anti-Microtubulin Agents woth a 2-Pyridine Ring.. 33rd European Peptide Symposium 2014.08.31 Bulgaria National Palace of Culture

  169. 三浦雅彦. 臨床に役立つ放射線生物学ー温故知新ー放射線感受性に影響を与える因子:細胞動態の温故知新. 第43回放射線による制癌シンポジウム・第52回生物部会学術大会 2014.07.11 京都

  170. 後藤達明、戒田篤志、三浦雅彦. 低酸素ならびに再酸素化が細胞周期動態に及ぼす影響. 第43回放射線による制癌シンポジウム・第52回生物部会学術大会 2014.07.11 京都

  171. 戒田篤志、三浦雅彦. 137Cs針を線源とした低線量率連続照射による時空間的細胞周期動態の可視化. 第43回放射線による制癌シンポジウム・第52回生物部会学術大会 2014.07.11 京都

  172. 佐藤健児、原田康雄、西川慶一、三浦雅彦. 大学歯学部および歯科大学附属病院における歯科用コンビームCTによる患者線量. 第55回日本歯科放射線学会 2014.06.07 東京

  173. 三浦雅彦. 放射線生物学治療技術に必要な放射線生物学. 日本放射線技術学会第87回東京部会セミナー 2014.05.31 東京

  174. 齋藤由佳理, 小俣透, 高山俊男, 三浦雅彦, 渡邊裕. 口腔がん小線源治療の被ばく低減のための遠隔線源装填装置ー被ばく低減量の評価実験ー. 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2014.05.28

  175. 三浦雅彦. 放射線の人体に対する影響と切らずに治す口腔癌の小線源治療. 東京医科歯科大学アザレア公開講座 2014.03.16 東京

  176. 三浦雅彦. Fucciを用いた放射線照射後の腫瘍細胞周期動態解析. 弘前大学第32回生体応答科学研究セミナー 2014.03.10 弘前市

  177. 三浦雅彦. 次世代がん治療推進専門家養成プラン概要. 次世代がん治療推進専門家養成プランシンポジウム 2014.03.01 東京

  178. 三浦雅彦. 放射線照射後の腫瘍細胞動態の可視化から見える腫瘍微小環境が生み出す新たな放射線抵抗性機序の可能性. 第16回癌治療増感研究シンポジウム 2014.02.07 奈良

  179. 土田絵梨, 戒田篤志, 原田清, 三浦雅彦. Fucciを利用した放射線照射後の詳細な細胞周期動態解析とその意義. 第16回癌治療増感研究シンポジウム 2014.02.07 奈良

  180. 戒田篤志, 三浦雅彦. 細胞周期動態解析から考える腫瘍内微小環境が腫瘍細胞に及ぼす影響. 第16回癌治療増感研究シンポジウム 2014.02.07 奈良

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • 装填器

    特許番号: 6085800

  • 口腔癌の頸部リンパ節転移予測方法及びその予測に用いる診断キット

    特許番号: 5046150

  • Method of predicting metastasis of oral cavity cancer into cervical lymph node and diagnosis kit to be used in the prediction

    特許番号: 8129122(United States Patent)

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 国際癌治療増感研究会 菅原賞(三浦雅彦),国際癌治療増感研究会,2023年02月

  • 優秀ポスター賞(野島瞳, 小野里祐佑, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦),第38回日本口腔腫瘍学会,2020年01月

  • ロボティクス・メカトロニクス部門欧文誌表彰(三浦雅彦),日本機会学会,2018年06月

  • 優秀ポスター賞(小野里祐佑, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦),第61回日本口腔外科学会,2016年11月

  • 平成28年度デンツプライ スチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラム日本代表選抜大会基礎部門第2位(小湊広美, 戒田篤志, 三浦雅彦),日本歯科医師会,2016年08月

  • 優秀ポスター賞(小野里祐佑, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦),第34回日本口腔腫瘍学会,2016年01月

  • 優秀ポスター賞(奥山紘平, 戒田篤志, 原田清, 三浦雅彦),第34回日本口腔腫瘍学会,2016年01月

  • 優秀発表賞(後藤達明, 戒田篤志, 三浦雅彦),日本放射線影響学会放射線ワークショップ,2015年10月

  • 若手優秀ポスター賞(奥山紘平, 戒田篤志, 原田清, 三浦雅彦),第60回日本口腔外科学会,2015年10月

  • 優秀発表賞(後藤達明, 戒田篤志, 三浦雅彦),若手放射線生物学研究会2015年度専門研究会,2015年08月

  • Excellent Poster Award(Tatsuaki Goto, Atsushi Kaida, Masahiko Miura),15th International Congress of Radiation Research,2015年05月

  • Excellent Poster Award (Atsushi Kaida, Masahiko Miura),15th International Congress of Radiation Research,2015年05月

  • Excellent Poster Award (Kohei Okuyama, Atsushi Kaida, Kiyoshi Harada, Masahiko Miura),15th International Congress of Radiation Research,2015年05月

  • 若手優秀ポスター賞(土田絵梨, 戒田篤志, 三浦雅彦, 原田清),第69回日本口腔科学会学術集会,2015年05月

  • 東京医科歯科大学医療チーム功労賞(三浦雅彦, 吉村亮一, 渡邊裕, 倉林亨, 戒田篤志, 中川恵子, 谷口尚, 隅田由香, 他),東京医科歯科大学,2014年10月

  • 最優秀発表賞(ポスター発表部門)(戒田篤志, 土田絵梨, 小湊広美, 三浦雅彦),日本放射線影響学会第57回大会,2014年10月

  • 放射線影響協会奨励賞御園生賞(三浦雅彦),2006年

  • 国際癌治療増感研究協会研究奨励賞(三浦雅彦),2002年

  • 日本放射線影響学会奨励賞(三浦雅彦),1998年

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「内向型舌がんの転移や増殖を促進している因子を発見」 ― 内向型舌がんに対する新規治療法開発に向けた糸口に ―,2022年07月

    Scientific Reports

  • ヒト顎口腔組織由来多能性細胞の採取部位別幹細胞特性の違いと組織特異的分子マーカーを同定 〜顎口腔組織多能性細胞の再生医療への応用課題と有用性〜,2022年06月

    Cell Proliferation

  • 「放射線感受性の細胞周期依存性に新知見」―HeLa細胞のG1/S期境界付近での急激な感受性の変化を発見―,2020年11月

    Scientific Reports

  • 日本放射線腫瘍学会第44回制癌シンポジウム・第53回生物部会学術大会(15th ICRRとの共催),2015年05月

    (学術大会開催)

  • 日本放射線腫瘍学会第5回放射線生物学セミナー,2015年01月

    (セミナー開催)

  • 国際癌治療増感研究会第19回癌治療増感研究会「癌治療抵抗性機構とその克服」,2013年06月

    (研究会開催)

  • 日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会生物部会第2回 放射線生物学セミナー,2011年02月

    (セミナー開催)

  • 日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会生物部会第1回放射線生物学セミナー,2010年03月

    (セミナー開催)

▼全件表示

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 「放射線生物学」2023医学物理士ミニマム講習会(資格認定講習) ,日本医学物理学会・日本医学物理士会,オンデマンド配信,2023年06月17日 - 2023年07月07日

  • 「放射線生物学」2022医学物理士ミニマム講習会(資格認定講習) ,日本医学物理学会・日本医学物理士会,WEB開催,2022年06月25日 - 2022年07月15日

  • 「放射線治療学」(講義),鶴見大学,鶴見大学歯学部,2021年07月15日

  • 「放射線生物学」2021医学物理士ミニマム講習会(資格認定講習) ,日本医学物理学会・日本医学物理士会,WEB開催,2021年07月03日 - 2021年07月18日

  • 「顎口腔領域の放射線治療:基礎と臨床の最前線」特別講義・大学院セミナー,日本大学松戸歯学部,2020年11月12日

  • 「放射線治療学」(講義),鶴見大学,鶴見大学歯学部,2020年09月03日

  • 「放射線生物学」2020医学物理士ミニマム講習会(資格認定講習) ,日本医学物理学会・日本医学物理士会,秋葉原ダイビル12F東京都立大秋葉原サテライト,2020年06月28日

  • 「放射線生物学」2019医学物理士ミニマム講習会(資格認定講習) ,日本医学物理学会・日本医学物理士会,首都大学東京荒川キャンパス,2019年07月14日

  • 「放射線治療学」(講義),鶴見大学,鶴見大学歯学部,2019年07月11日

  • 重粒子線がん治療装置等共同利用研究に関する課題採択・評価,国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所,重粒子線がん治療装置等共同利用運営委員会課題採択・評価部会,放射線医学研究所,2018年11月01日 - 2020年09月30日

  • 「放射線生物学」2018医学物理士ミニマム講習会(資格認定講習) ,日本医学物理学会・日本医学物理士会,首都大学東京荒川キャンパス(東京),2018年07月15日

  • 「放射線治療学」(講義) ,鶴見大学歯学部,横浜市,2018年06月13日

  • 東京大学「多様な新ニーズに対応するがんプロフェッショナル養成プラン」外部評価委員,東京大学,東京大学,2018年01月22日 - 2022年03月31日

  • 「放射線によるDNA損傷/修復/細胞周囲調節」第8回放射線生物学セミナー(講演),日本放射線腫瘍学会教育委員会・生物部会,国立がん研究センター中央病院新研究棟大会議室,2018年01月20日

  • 「放射線生物学」2017医学物理士ミニマム講習会(資格認定講習) ,日本医学物理学会・日本医学物理士会,首都大学東京荒川キャンパス(東京),2017年07月16日

  • 「放射線治療学」(講義),鶴見大学歯学部,横浜市,2017年06月28日

  • 「最新の放射線治療」平成28年度診療放射線技師等研修会(講演),東京都がん治療連携協議会研修部会,がん研究会有明病院(東京),2017年03月04日

  • 重粒子線がん治療装置等共同利用研究に関する課題採択・評価,国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所,重粒子線がん治療装置等共同利用運営委員会課題採択・評価部会,放射線医学研究所,2017年01月01日 - 2018年09月30日

  • 「放射線生物学」2016医歯工学特別コース(講義),東京工業大学,東京工業大学田町キャンパス(東京),2016年09月05日 - 2016年09月09日

  • 「放射線生物学」2016医学物理士ミニマム講習会(資格認定講習) ,日本医学物理学会・日本医学物理士会,首都大学東京(東京),2016年07月17日

  • 「放射線治療学」(講義),鶴見大学歯学部,横浜市,2016年07月07日

  • 「Visualization fo radiation-induced cell cycle alterations in tumor cells using Fucci」(講演),蘇州大学放射線医学・防護学院,蘇州(中国),2016年05月18日

  • 群馬大学博士課程教育リーディングプログラムにおける医学系研究科学位審査・指導(研究指導),群馬大学医学系研究科,前橋市,2016年01月05日

  • 重粒子線がん治療装置共同利用研究に関する課題採択・評価,放射線医学総合研究所,2016年01月01日 - 2016年12月31日

  • 「放射線生物学」CANCER e-learning講義・コンテンツ収録(資格認定講習),日本癌治療学会,日本教育科学研究所(東京),2015年11月25日

  • 新版 放射線医科学 第3章(編集),医療科学社,2015年11月01日 - 2016年10月31日

  • 「放射線生物学」2015医歯工学特別コース(講義),東京工業大学,東京工業大学田町キャンパス(東京),2015年09月14日 - 2015年09月18日

  • 「放射線生物学」2015医学物理士ミニマム講習会(資格認定講習),日本医学物理学会・日本医学物理士学会,首都大学東京荒川キャンパス(東京),2015年07月25日

  • 「放射線治療学」(講義),鶴見大学歯学部,横浜市,2015年06月24日

  • 保険改訂に関わるワーキング (調査),日本歯科医師会歯科医療協議会WG,東京,2015年06月17日

  • 「口腔がんの放射線治療」(講演),野田市歯科医師会,野田市,2015年01月28日

  • 重粒子線がん治療装置共同利用研究に関する課題採択・評価,放射線医学総合医学研究所 ,2015年01月01日 - 2015年12月31日

  • 「放射線について考えてみよう」(講義),御茶の水際実行委員会,東京医科歯科大学,2014年10月19日

  • 「放射線生物学」2014医歯工学特別コース(講義),東京工業大学,東京工業大学田町キャンパス(東京),2014年09月22日 - 2014年09月26日

  • 「放射線の人体に対する影響と口腔がんの放射線治療」(講演),福島県相馬市歯科医師会,相馬市,2014年09月06日

  • 「放射線治療学」(講義) ,鶴見大学歯学部,横浜市,2014年06月18日

▼全件表示