概要 研究活動 教育活動 教育方針 臨床活動および学外活動 臨床上の特色

スタッフ

職名 氏名(カナ) 研究者情報
教授 髙橋 英夫(タカハシ ヒデオ)
教授 重光 秀信(シゲミツ ヒデノブ)
准教授 鵜川 豊世武(ウガワ トヨム)
講師 長島 道生(ナガシマ ミチオ)
助教 若林 健二(ワカバヤシ ケンジ)
助教 増田 孝広(マスダ タカヒロ)
助教 丸山 史(マルヤマ フミ)
大学院生 塩田 修玄(シオタ ノブヒロ)
大学院生 松本 正太朗(マツモト ショウタロウ)
大学院生 日下 琢雅(ヒノシタ タクガ)
大学院生 壹岐 陽一(イキ ヨウイチ)
大学院生 三島 有華(ミシマ ユカ)
大学院研究生 阿部 迪子(アベ ミチコ)
このページの先頭へ▲

概要

集中治療医学/医療に特化して取り組んでいる。集中治療部における集中治療専門医の役割は、多専門分野にわたる重症病態の治療を調整し、指導することにある。重症病態に陥ると、呼吸、循環、代謝を中心として原因疾患にかかわらず共通の病態を示す。このような重症患者は、絶えざる監視・評価により状態の変化をすばやくとらえ、即応した治療を行なうことが重要である(minute-to-minute titration of therapy)。集中治療専門医はこのtitration therapy を行ない、統合的な治療の一環を担うために、多職種連携を行って治療にあたることが重要である。重症病態に対して、各患者の最適な生理的状態を維持するように治療を行ない、生命維持が確保されている間に原因疾患の治療、改善を図ることが集中治療医学の目的である。
 集中治療医学が取り組んできた病態/疾患/治療法を具体的にあげると、各種ショック、急性呼吸不全、人工呼吸、敗血症、多臓器不全症候群、酸塩基平衡異常、電解質異常、急性腎不全、急性中枢神経障害(意識障害)に対する集中治療、薬理学的/機械的循環補助、栄養管理、血液浄化法、院内感染症防止策/治療、等である。
このページの先頭へ▲

研究活動

臨床面での発想から出発した、基礎的課題の研究、および臨床研究を主題としている。臨床研究では、ヤマハ株式会社やデザイナーのコシノヒロコ氏などと共同して行っているEffective Medical Creation (EMC)プロジェクトや、米国式バンドルの導入 (重光、文部科学省科研費基盤研究C)成育医療センターICUと共同して行っている劇症肝炎における新規バイオマーカーの検索 (成育医療研究開発費、分担研究者:若林)をその基盤とする。基礎的研究としては、Imperial College Londonとの二国間共同研究を背景として、microvesicles (MVs)を始めとした最先端の科学技術を応用して、新生児慢性肺疾患の免疫学的メカニズムの研究 (若林、文部科学省科研費若手研究B)やMVsのECMO患者におけるバイオーマーカーとしての可能性検索 (塩田、文部科学省科研費若手研究B)、筋弛緩薬残存に関する研究(長島、文部科学省科研費若手研究B)、栄養状態が患者に与える影響に関する研究(増田、文部科学省科研費若手研究B)など、ICU領域に関連した多彩な研究に取り組んでいる。
このページの先頭へ▲

教育活動

卒前教育
救急・麻酔ブロック講義:4年生対象
人工呼吸・ARDS(若林)

クリニカルクラークシップ:5、6年生対象、心臓血管外科と合同で行ない、Critical Care部門として集中治療部での集中治療実習を担当している。
 集中治療部の患者1-2人に関して、朝、晩のカンファランスを中心として実習を行なう。朝、8:15からの多職種回診参加を経てその日に行なうべきことをチェックし、一日かけて受け持ち医、集中治療部指導医と共に患者の治療、検査を担当する。夕方に指導医を中心とした教育回診において、受け持ち患者のpresentationを行なう。
 教室の抄読会で、Critical Care Medicine 領域の代表的な最近の論文の抄読を担当させ、Power Point による発表を行っている。
研修医の集中治療部実習:
 2-3ヶ月間、集中治療部での実習を行っている。重症患者の呼吸・循環・代謝管理を学び、エコーや気管支鏡の操作、カテーテル挿入などを学習している。
このページの先頭へ▲

教育方針

ACGMEに認定されたトレーニングプログラムの管理者であった重光の指導の元、米国式のトレーニングシステムを導入している。毎週火曜日はacademic dayと名付け、各種の教育カンファレンスを行っている。
このページの先頭へ▲

臨床活動および学外活動

中央診療部門の一つである集中治療部において、集中治療部専任医師、集中治療専門医が専従で集中治療部に常駐し、重症患者さんの呼吸・循環・代謝管理および治療を担当している。これらの集中治療部医師は、主治医グループ・薬剤師・管理栄養士・リハビリスタッフ・感染制御部スタッフ・臨床工学技士と共に毎朝、多職種回診を行ない、各患者にとって最適な管理および治療の方針をたて、それを実践している。
加えて、救急災害医学分野と協同で行っているRAS (Risk Assessment System)は平日日中に全病棟を回診するという、ユニークな取組で2017年3月より開始され、認知度が上がり、多くの相談を日々受けている。
このページの先頭へ▲

臨床上の特色

国内でも類を見ない多職種回診を基盤とした早期離床プログラムを活発に行っており、本取組は学内においてチーム功労賞を授賞し、学外においても関連学会でランチョンセミナーを行うなど、大きな注目を集めている。
このページの先頭へ▲