概要 研究活動 教育活動 臨床活動および学外活動
ホームページ http://www.tmd.ac.jp/grad/merd/index.html

スタッフ

職名 氏名(カナ) 研究者情報
教授 田中 雄二郎(タナカ ユウジロウ)
講師 岡田 英理子(オカダ エリコ)
助教 那波 伸敏(ナワ ノブトシ)
このページの先頭へ▲

概要

本講座の起源は平成 12 年発足の医学部附属病院総合診療部にさかのぼり、「"調整"と"支援
"を通じて高度先進医療の推進に貢献する」の理念に基づき、①卒後臨床研修プログラムの
策定、②医療福祉支援体制の整備、③細胞治療センターの創設、④卒前教育の横断的教育課
程の充実、⑤病棟業務の改善、⑥医療安全の管理、⑦セカンドオピニオン外来などに取り組
んできた。これらのうち、卒前教育(カリキュラム改訂、臨床実習の改革、ハーバード大等
との提携など)や卒後教育(総合教育研修センターの運営)など教育および研修に関わる活
動が主たるものとなり、平成 18 年度に臨床医学教育開発学分野に改組し現在に至っている。
なお、平成 23 年発足の医歯学融合教育支援センター(その後 統合教育機構に改組)とも
密接な連携をとっている。
このページの先頭へ▲

研究活動

「臨床における EBM の継続的教育」
臨床現場において EBM (Evidence-Based Medicine) はもはや常識化しているが、継続的な
実践となると未解決の問題が多い。卒前臨床実習と卒後臨床研修においていかに学びいか
に実践し続けていくかについて教育・評価技法を研究している。
「臨床研修の到達目標と連動した研修プログラム及び評価方法・ 指導方法に関する研究
(2017 年度厚労科研)分担:髙橋誠」など臨床現場での教育・評価方法の研究を行ってい
る。
「医学教育に関する研究」
臨床推論に関する研究、卒前・卒後の臨床医学教育における competence 評価に関する研究、
医療面接教育における多面的評価方法に関する研究、効率的な PBL システムの開発に関す
る研究、インフォームド・コンセントの教育手法に関する研究などを行っている。
このページの先頭へ▲

教育活動

・卒前教育
大学医学部附属病院の重要な使命である臨床研修を病院長のもと管理· 運営する部門とし
て、「患者中心の視点を有する専門医」「高度先進医療を担える家庭医」の養成を目的
に、医学生の診療参加型臨床実習、研修医教育、指導医教育、および生涯教育に関する診
療科を横断した教育体制の確立を目標としている。「患者中心の視点を有する専門医」に
は基盤教育が重要であり、この視点に立ち入学初期からの継続的な卒前臨床教育を教育委
員会に企画·提案するばかりでなく、MIC(Medical Introductory Course)の企画運営に
も関与している。また、学生・研修医教育に資するため、東京大学国際医学教育センター
と共同して模擬患者養成に関与している(模擬患者つつじの会)。臨床実習においても、
低学年の早期臨床体験・高学年の医療面接および系統的診療法の実習・診療所実習を実施
している。臨床実習自体の質を向上させるため、指導教員の評価体制の整備をし、かつ運
営をしている。
・卒後教育
卒後臨床研修においても、平成16 年度の卒後臨床研修必修化に対応した研修· 指導体制
の構築を図り、平成17年以来、平成24年を除いて毎年フルマッチとなっており、平成28年
度も119名とフルマッチを達成した。また、臨床研修の全国共用評価方法であるオンライ
ン卒後臨床研修評価システム(EPOC)の開発でも中心的役割を果たしている。
後期研修については、平成19年度より当院各診療科の後期研修プログラムを管理してい
る。
· 大学院教育
平成16 年度に開始された修士課程医療管理政策学(MMA)コースにおいても開講当初より
科目を担当し、本年も「系名:8.人的資源管理と人材開発」の中の「2.人材の開発と
活用」および「3.医療におけるリーダーシップ(実践論)」の2 科目を担当した。
このページの先頭へ▲

臨床活動および学外活動

医学部附属病院総合教育研修センターとして、初期研修医の採用、研修管理、各協力病院
とのたすきがけ研修の運営、イブニングセミナーなどの各種講習会の開催などを通じて、
初期研修の充実に貢献している。またより良い指導体制の充実のための指導医教育に対し
ては、臨床研修指導医講習会を開催している。全職員に対する医療安全や感染対策、医療
情報などの職員研修を年間を通じて計画し、運営、実行している。
国立大学附属病院長会議のEPOC運営委員会でも中心的役割を果たし、「臨床研修の到達目
標と連動した研修プログラム及び評価方法・ 指導方法に関する研究(2017年度厚労科
研)」において、新しいEPOCの開発を行っている。
このページの先頭へ▲