概要 研究活動 教育活動 教育方針
ホームページ http://www.tmd.ac.jp/grad/mfa/

スタッフ

職名 氏名(カナ) 研究者情報
教授 柴田 俊一(シバタ シユンイチ)
講師 武智 正樹(タケチ マサキ)
このページの先頭へ▲

概要

顎顔面解剖医学分野は学部教育においては主に肉眼解剖学、歯の解剖学関連の講義実習を担当している。また大学院では歯、骨等の硬組織の形態学的研究に取り組んでいる。
このページの先頭へ▲

研究活動

顎顔面口腔領域を構成している組織(歯、歯周組織、顎骨、口腔粘膜等)の構造と機能について肉眼ならびに微細構造学的に検討を行うとともに、歯ならびに顎骨の発生と再生に関し、比較解剖学的見地から研究している。また、近年歯科臨床分野において多用されている人工材料の顎骨や歯牙への適応性に関する研究も行っている。

主な研究テーマは以下のようである。
1. 下顎頭軟骨の構造上の特徴に関する研究
2. 歯肉接合上皮の接着機構の解明
3. 歯ならびに歯周組織の発生と再生に関する比較解剖学的研究
4. 口腔粘膜の基本構造に関する観察
5. 歯胚のヒアルロン酸合成に関する研究
6. 顎骨の再生に関する研究
7. 歯髄の構造と細胞外基質成分に関する研究
このページの先頭へ▲

教育活動

学部学生に対してはD2対象の人体の構造1,2の講義、歯の解剖学の講義、人体解剖実習、医学部との合同解剖実習、中枢神経学の講義、実習さらにD5学生を対象とした頭頸部解剖学実習を担当している。
大学院学生に対しては、口腔組織•発生学関連の講義、セミナーを行っている

このページの先頭へ▲

教育方針

人体を構成する組織、器官の構造を肉眼解剖学的見地から理解させる。この場合、骨学、筋学、神経学、脈管学、内臓学という系統解剖学の講義と頭頸部を中心とした局所解剖学の両面から講義を行っている。講義で習得した解剖学的知識を実際のご遺体に触れ、身体の内部構造を剖出する作業を通して、人体の正常な構造を三次元的に理解するために人体解剖学実習を行っている。人体解剖学実習では生命の尊厳に触れ、将来の歯科医師を目指す歯学生としての自覚を促し、倫理観の養成に努める事も目的としている。
大学院においては臨床ならびに基礎的研究の場において遭遇する種々の生体の反応現象を形態学的に評価する能力を習得するために、顎顔面領域に存在する口腔諸器官の相互位置関係と機能について形態学的見地から解説している。また、それらの構造物の組織学的特徴を検索する手法について、光学ならびに電子顕微鏡、あるいは器官、組織培養、分子生物学的見地から説明している。
このページの先頭へ▲