1. Huan Tang;Ikuo Yonemitsu;Yuhei Ikeda;Takashi Ono. EARLY RECOVERY FROM UNILATERAL NASAL OBSTRUCTION IN GROWING RATS IMPROVES THE MORPHOLOGY OF THE JAW-CLOSING MUSCLES. 9th International Orthodontic Conference 2020.11 Yokohama, Japan

  2. Ikuo Yonemitsu;Susumu Omura;Koichi Fujita;Sachiko Kimizuka;Haruki Imai;Koji Honda;Kazuo Shimazaki;Takashi Ono. ACCURATE POSTERO-SUPERIOR MOVEMENT OF THE MAXILLA USING SLM TECHNIQUE TO TREAT A SKELETAL CLASS II PATIENT WITH GUMMY SMILE. 9th International Orthodontic Conference 2020.11 Yokohama, Japan

  3. Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Oishi S, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Kaneko S, Yoshida KI, Ono T. . Intermittent hypoxia reduces RANKL expression in impaired mandibular growth through the β2-adrenergic receptor in adolescent rats.. The 9th International Orthodontic Congress 2020.10.04

  4. Lekvijittada K, Hosomichi J, Maeda H, Hong H, Changsiripun C, Kuma Y, Oishi S, Suzuki JI, Yoshida KI, Ono T. Intermittent hypoxia inhibits mandibular cartilage growth by reducing TGF-β and SOX9 expression levels in infant rats. The 9th International Orthodontic Congress 2020.10.04

  5. Angkanawaraphan K, Hosomichi J, Maeda H, Changsiripun C, Haixin H, Ono T. Effects of intermittent hypoxia on learning and memory functions in infant rats. The 9th International Orthodontic Congress 2020.10.04

  6. Keo Preksa, Nagahiro Shigeki, Inoue Masamu, Fukino Keiko, Shimizu Yasuhiro, Matsumoto Yoshiro, Aoki Kazuhiro, Ono Takashi. Histomorphometric Changes of Murine Maxillary Bone around the Site of Mini-Screw Insertion in the Regenerated Bone Induced by Anabolic Reagents.. The 9th International Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 Yokohama, Japan

  7. Lou Y, Zhao L, Keo P, Inoue M, Fukino K, Matsumoto Y, Iseki S, Ono T. Different Apical Responses of Developing and Developed Roots to Application of Mechanical Force on Maxillary Molars in Rats.. The 9th International Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 Yokohama, Japan

  8. Sritara S, Tsutsumi M, Fukino K, Matsumoto Y, Akita K, Ono T. Muscle Bundle Arrangements of the Lateral Pterygoid Muscle Inserting into the Medial Aspect of the Condylar Process.. The 9th International Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 Yokohama, Japan

  1. Kamaratih A, Ohmori H, Aoyagi M, Kanno Z, Ono T. Effect of anterior open bite on gastric emptying rate using solid meal. 78th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2019.11.20

  2. Preksa Keo, 松本 芳郎, 長弘 茂樹, 青木 和広, 小野 卓史. RANKL結合ペプチドとBMP-2との注射により誘導されたマウス上顎骨の経時的変化とスクリュー植立の影響(Time-course study of bones induced by the co-injection of RANKL-binding peptide and BMP-2 and the effects of subsequent screw placement in murine maxilla). Journal of Oral Biosciences Supplement 2019.10.01

  3. Ohmori H, Kirimoto H, OnoT. Different response properties of the human periodontal-masseteric reflex between the canine and first premolar. 95th Congress of the European Orthodontic Society 2019.06.17

  4. Ongprakobkul N, Ishida Y, Hatano-sato K, Li K, Petdachai S, Hosomichi J, Mahatumarat K, Ono T . Effects of AMD3100 on Orthodontic Tooth Movement After Local/Systemic Administration. 2019 IADR/AADR/CADR General Session 2019.06 Vancouver, Canada

  5. Sato M, Asano T, Hosomichi J, Nakata T, Ono T. Optogenetic manipulation of intracellular calcium by blue light-activated Ca2+ channel switch promotes osteogenic differentiation of MC3T3-E1 cells. 95th congress of the European Orthodontic Society 2019.06 Nice, France

  6. Wongkitikamjorn W, Hosomichi J, Wada E, Maeda H, Satrawaha S, Hong H, Hayashi Y, Yoshida K, Ono T . Effect of Prenatal Intermittent Hypoxia on Muscle Development in Offspring . 2019 IADR/AADR/CADR General Session 2019.06 Vancouver, CANADA

  7. Guo X, Watari I, Yonemitsu I, Ikeda Y, Ono T. Effect of functional lateral shift of the mandible on hyaluronic acid decomposition related to lubrication of temporomandibular joint in growing rats. 95th congress of the European Orthodontic Society 2019.06 Nice, France

  8. Yonemitsu I, Lagou A, Denes BJ, Ono T, Kiliaridis S. Age- and functional related coronal changes of maxillary alveolar bone. 95th congress of the European Orthodontic Society 2019.06 Nice, France

  9. Torikai K, Kijima T, Kaida E, Nagaoka R, Shimazaki K. Long-term treatment results of bilateral cleft lip and palate treated by all-in-one repair. 76th ACPA's(American Cleft Palate Craniofacial association) Annual Meeting 2019.04 Arizona, USA

  1. Suzuki H, Furuya J, Matsubara C, Kagihuku Y, Ono T, Akazawa C, Asada T, Minakuchi S. Approaches of investigating oral function in Mild Cognitive Impairment (MCI) patients. The 6th Tri-University Consortium 2018.11.30 Tokyo, Japan

  2. Yang W, Yonemitsu I, Guo X, Ikeda Y, Watari I, Ono T. Lateral-functional-shift of rat mandible: The interaction of PRG4 with IHH and TGF-β1 in condyle. The 77th Annual Meeting of the Japan Orthodontic Society 2018.11.01 Yokohama, Japan

  3. Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Lekvijittada K, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. β2-adrenergic antagonist butoxamine reduces the mandibular growth retardation caused by intermittent hypoxia in adolescent rats. The 77th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2018.11.01 Yokomaha, Japan

  4. Hong H, Hosomichi J, Maeda M, Lekvijittada K, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Suzuki JI, Yoshida KI, Ono T. Different effects of intermittent hypoxia on mandibular growth in the juvenile and adolescent rats. Wuhan University PhD seminar 2018.08.20 Wuhan, China

  5. Uchikawa Y, Hosomichi J, Suzuki J, Yamaguchi H, Ishida Y, Hatano K, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Uesugi S, Ono T. Differential growth response of craniofacial and limb bones to hypertension with sympathetic hyperactivity in rats. 96th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR) 2018.07.27 London, UK

  6. Lekvijittada K, Hosomichi J, Maeda H, Hong H, Changsiripun C, Kuma Y, Oishi S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Influence of intermittent hypoxia on condylar growth : A study in infant rats. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference 2018.03.25 Boracay, Republic of the Philippines

  7. Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Kochakorn L, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ishida Y, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. The impact of a ß2-adrenergic antagonist, butoxamine on mandibular growth retardation caused by intermittent hypoxia in growing rats. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference 2018.03.05 Boracay, Republic of the Philippines

  8. Hosomichi J, Maeda H, Kuma Y, Oishi S, Yoshida KI, Ono T. Differential effects of intermittent hypoxia on phenotypic and metabolic features of airway muscles in weaning- and adolescent-aged rats. 5th Tokyo Medical University Memorial Hall Poster Conference 2018.02.22 Tokyo, Japan

  9. Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Kochakorn L, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ishida Y, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. The impact of a ß2-adrenergic antagonist, butoxamine on mandibular growth retardation caused by intermittent hypoxia in growing rats. 5th Tokyo Medical University Memorial Hall Poster Conference 2018.02.22 Tokyo, Japan

  10. Lekvijittada K, Hosomichi J, Maeda H, Hong H, Changsiripun C, Kuma Y, Oishi S, Yamaguchi H, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Suzuki JI, Yoshida KI, Ono T. Influences of intermittent hypoxia on condylar growth: A study in infant rats. 5th Tokyo Medical University Memorial Hall Poster Conference 2018.02.22 Tokyo, Japan

  1. Manabe A, Ishida T, Ono T. Changes in the propotions of adenoid and tonsil size to the upper airway area in japanese individuals: a cross-sectional study. The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2017.11.18 Tokyo

  2. Hosomichi J, Maeda H, Yoichiro Kuma, Oishi S, Yoshida KI, Ono T. Differential effects of intermittent hypoxia on phenotypic and metabolic features of airway muscles in weaning- and adolescent-aged rats. World Sleep 2017 2017.10.11 Prague, Czech Republic

  3. Zhao Lu, Keo Preksa, Matsumoto Yoshiro, Iseki Sachiko, Ono Takashi. ラットの異なる発達段階の歯根に及ぼす歯科矯正治療応力の影響(Effects of orthodontic force application on different root development stages in rats). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2017.10.01

  4. Watari I, Yonemitsu I, Kirii A, Koketsu M, Hagiwara M, Ozawa E, Kanaguchi-Arita A, Ono T. Pharyngeal airway changes after lower teeth distal movement using the implant anchorage. 9th World Implant Orthodontic Conference 2017.07.02 Kobe

  5. Suzuki K, Kokai S, Uesugi S, Nishiyama A, Ono T. Evaluation of the laterality of the tissue oxygen saturation of masticatory muscles in subjects with facial asymmetry. The 93rd congress of the European Orthodontic Society 2017.06.05 Montreux, Switzerland

  6. Yamaguchi H, Ishida Y, Hosoimichi J, Suzuki J, Ono T. Transfection of NF-κB decoy into the rodent periodontium using ultrasound-microbubble technique prevents the progression of the periodontitis. The 93rd congress of the European Orthodontic Society 2017.06.05 Montreux, Switzerland

  7. Ogawa T, Okihara H, Kokai S, Michikawa M, Ono T. Nasal obstruction induces memory and learning impairment and decreases the number of hippocampal neurons in growing mice. The 93rd congress of the European Orthodontic Society 2017.06.05 Montreux, Switzerland

  8. Kenzo Watakabe, Ikuo Yonemitsu, Yuhei Ikeda, Mutsumi Miyazaki, Takashi Ono. Nasal obstruction in growing rats induces morphological and histological changes in the mandible. The 39 th Annual Scientific Conference on Dental Research 2017.03.31 Ho Chi Minh city, Vietnam

  9. Ren E, Watari I, Hsu J, Mizumachi-Kubono M, Inoue K, Watabe T, Ono T. Unilateral nasal obstruction effects gustatory function in rats. The 39 th Annual Scientific Conference on Dental Research 2017.03.31 Ho Chi Minh city, Vietnam

  10. Hosomichi J, Suzuki T, Shibutani N, Hatano K, Yamaguchi H, Kuma K, Kaneko S, Ono T. . Distribution of Ki67 and LGR5-positive Periodontal Cells During Tooth Movement. 2017 IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition 2017.03.22 San Francisco, CA, USA

  1. Lai WJ, Midorikawa Y, Kanno Z, Ono T. Development of a device for three-dimensional measurement of orthodontic force systems requiring high operability.. The 29th TAO Annual Meeting 2016.12.02 Taipei, Taiwan

  2. Imamura T, Kanno Z, Wada T, Honda E, Uo M, Ono T. Infiltration of trace metal ions in the oral mucosa analyzed using SR-XRF, XAFS, and ICP-MS. The 10th Asia Pacific Orthodontic Conference 2016.09.01 Bali, Indonesia

  3. Fukino K, Sakaguhci-Kuma T, Shimazaki K, Ono T, Akita K. An anatomical study concerning superior region of the superior constrictor of the pharynx. The 8th international Symposium of Clinical and Applied Anatomy 2016.09.01 Budapest, Hungry

  4. Oishi S, Shimizu Y, Hosomichi J, Kuma Y, Usumi-Fujita R, Maeda H, Nagai H, Kaneko S, Shibutani N, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Intermittent hypoxia influences bone microstructure via hypoxia inducible factor and VEGF in growing rats. The 10th Asia Pacific Orthodontic Conference 2016.09.01 Bali, Indonesia

  5. Sakaguchi-Kuma T, Fukino K, Shimazaki K, Yamaguchi K, Okuda I, Ono T, Akita K. An anatomic study of the functional relationships between the temporalis with reference to the anterolateral muscle bundle and the facial muscle layer. The 8th International Symposium of Clinical and Applied Anatomy 2016.09.01 Budapest, Hungary

  6. Ono T. Myths and facts in the Japanese Ni-Ti archwire. The 10th Asia Pacific Orthodontic Conference 2016.09.01 Bali, Indonesia

  7. Satokawa C, Nishiyama A, Suzuki K, Uesugi S, Kokai S, Ono T. Changes in tissue oxygen saturation during various continuous clenching tasks. The 94th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research 2016.06.24 Seoul, Korea

  8. Kimura K, Shimazaki K, Sugimoto K, Ono T. Influence of Habitual Mouth-breathing on Taste Sensation. The 35th Annual Meeting of the International Association for Dental Research Korean Division 2016.06.23 Seoul, Korea

  9. Abe Y, Uchima Koecklin KH, Kato C, Kokai S, Ono . Effects of nasal obstruction on development of the motor representation within the facial primary motor cortex in growing rats.. The 92nd Congress of the European Orthodontic Society 2016.06.11 Stockholm, Sweden

  10. Ozawa E, Honda E, Ohmori H, Shimazaki K, Kurabayashi T, Ono T. Influence of orthodontic appliance-derived artifacts on 3-T MRI movies. The 94th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research 2016.05.26 Seoul, Korea

  11. Velusamy P, Matin K, Shimada Y, Kanno Z, Ono T, Tagami J. Detection of Hidden Enamel Demineralization beneath Orthodontic Brackets using Optical Coherence Tomography. The 116 th Annual session - American Association of Orthodontists 2016.04.29 Florida, USA

  12. Kasahara Y, Usumi-Fujita R, Hosomichi J, Kaneko S, Ishida Y, Shibutani N, Shimizu Y, Okito A, Oishi S, Kuma Y, Ono T. Effect of low-intensity pulsed ultrasound on periodontal tissues in occlusal hypofunctional teeth. The 38th Annual Scientific Conference on Dental Research 2016.04.04 Ho Chi Minh city, Vietnam

  1. Hosomichi J, Nakai Y, Maeda H, Kuma Y, Oishi S, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Ishida Y, Shibutani N, Yoshida K, Ono T. Intermittent hypoxia triggers inflammatory pathway with down-regulated myofibrillar and mitochondrial biogenesis in the geniohyoid muscle. The 74th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2015.11.20 Fukuoka, Japan

  2. Matsumoto Y, Hosomichi J, Ishida Y, Ohmori H, Shimizu Y, Kyuragi T, Shitano C, Kawabe A, Maekawa M, Ikeda Y, Kirii A, Kita S, Sakaguchi T, An J, Yamada K, Suzuki K, Ono T. Root resorption of maxillary incisors associated with ectopically erupting canines: predisposing factors, diagnosis and prognosis of orthodontic treatment. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London, UK

  3. Ohmori H, Kirimoto H, Shioya Y, Ono T. Relationship between gum chewing rate and autonomic nervous system activity. 91th Congress of the European Orthodontic Society 2015.06.17 Venice, Italy

  4. Watari I, Podyma-Inoue KA, Yonemitsu I, Miyazaki M, Ono T. Altered craniofacial morphogenesis in offspring of rats with gestational diabetes. 91st Congress of the European Orthdontic Society 2015.06.13 Venice, Italy

  5. Hosomichi J, Kuma Y, Oishi S, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Maeda H, Nagai H, Shitano C, Kaneko S, Ishida Y, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Up-regulation of inflammatory pathway through interleukins and NOS in the geniohyoid muscle. SLEEP 2015 2015.06.08 Seattle, WA, USA

  1. 桐井絢子、島崎一夫、酒井敬一、小野卓史. 上下顎歯列弓幅径の拡大に伴う舌骨の位置および咽頭気道形態の変化. 第79回口腔病学会学術大会 2014.12.06 東京

  2. Koji Honda, Koichi Fujita, Naoki Shibutani, Ikuo Yonemitsu, Kazuo Shimazaki, Shogo Murata, Hikaru Takasu, Yosuke Yamashita, Toshinori Iwai, Takashi Ono, Susumu Omura, Iwai Tohnai. Clinical survey of facial deformity patients in Yokohama City University Medical Center. 47th Scientific Congress of Korean Association of Orthodontists 2014.11.01 Seoul

  3. Honda K, Fujita K, Shibutani N, Yonemitsu I, Shimazaki K, Murata S, Takasu H, Yamashita Y, Iwai T, Ono T, Omura S, Tohnai I. A clinical survey of facial deformity patients at the Yokohama City University Medical Center. 47th Annual Scientific Congress, Korean Association of Orthodontists 2014.10.30 Seoul

  4. Fujita K, Omura S, Shibutani N, Honda K, Nozato T, Yamashita Y, Takasu H, Murata S, Tohnai I, Ono T. Medium-term stability of Le Fort I sliding osteotomy. 47th Annual Scientific Congress, Korean Association of Orthodontists 2014.10.30 Seoul

  5. Nunthayanon K, Honda E, Ohmori H, Inoue-Arai MS, Shimazaki K, Kurabayashi T, Ono T. Comparison of fricative sound between anterior open bite and normal subjects: 3T MRI movie method. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  6. Uchima Koecklin KH, Kato C, Funaki Y, Hiranuma M, Ishida T, Fujita K, Yabushita T, Kokai S, Ono T. Nasal obstruction increases the tongue protrusion forces in growing rats.. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  7. Kulthida Nunthayanon, Ei-ichi Honda, Hiroko Ohmori, et al.. Variation of Fricative /S/ sound in Anterior Open bite Subject: 3T MRI movie Study. The 73rd Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2014.10.20 Chiba, Japan

  8. Ippei Watari, Emina Wakasugi, Kasia A Inoue, Masaki Yanagishita, Takashi Ono. Expression of incretin receptor (GLP-1 receptor and GIP receptor) on osteoblastic cell line and it’s expression alter by the glucose concentration.. 17th International Symposiumon Molecular Medicine 2014.10.09 Athens, Greece

  9. Watari I, Aoyama-Wakasugi E, Podyma-Inoue KA, Yanagishita M, Ono T. Changes in the expression of incretin receptors in a mouse osteoblastic cell line in response to various glucose concentrations. 17th International Symposium on Molecular Medicine 2014.10.09 Athens

  10. Sakaguchi T, Fujishiro H, Hayashi N, Yamaguchi K, Shimazaki K, Ono T, Akita K. Positional relationship between articular disc and condylar process. 31st Annual Meeting of American Association of Clinical Anatomists 2014.07.08 Florida

  11. Oishi S, Shimizu Y, Hosomichi J, Kuma Y, Maeda H, Nagai H, Kaneko S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T.. Disturbance of maxillofacial bone growth induced by intermittent hypoxia in growing rats.. 28th Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies (SLEEP 2014) 2014.06.04 Minneapolis, MN, USA

  12. Kuma Y, Usumi-Fujita R, Hosomichi J, Oishi S, Nagai H, Maeda H, Kaneko S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T.. Growth impairment of nasal airway under intermittent hypoxia during growth period in rats.. 28th Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies (SLEEP2014), 2014.05.31 Minneapolis

  13. Oishi S, Shimizu Y, Hosomichi J, Kuma Y, Maeda H, Nagai H, Kaneko S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Disturbance of maxillofacial bone growth induced by intermittent hypoxia in growing rats.. 28th Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies (SLEEP2014) 2014.05.29 Minneapolis

  14. Hosomichi J, Oishi S, Kuma Y, Maeda H, Nagai H, Kaneko S, Shitano C, Suzuki J, Yoshida K, Ono T.. Intermittent-hypoxia-induced expression of autophagy accelerates BNIP3 in the geniohyoid muscles in contrast to gastrocnemius muscle in rats.. 28th Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies (SLEEP2014) 2014.05.29 Minneapolis

  15. Oishi S, Shimizu Y, Hosomichi J, Kuma Y, Maeda H, Nagai H, Kaneko S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T.. The Intermittent hypoxia induced discrepancy of bone growth and density in rat maxillofacial bone.. The 36th Annual Scientific Conference on Dental Research 2014.03.31 Ho Chi Minh city, Vietnam

  16. Kuma Y, Usumi-Fujita R, Hosomichi J, Oishi S, Nagai H, Shimizu Y, Kaneko S, Shitano C, Suzuki J, Yoshida K, Ono T.. Impairment of nasal airway under intermittent hypoxia during growth period in rats.. The 36th Annual Scientific Conference on Dental Research 2014.03.31 Ho Chi Minh City, Vietnam

  1. Shitano C, Baba O, Kaneko S, Hosomichi J, Shimizu Y, Shibutani N, Usumi-Fujita R, Takano Y, Ono T.. Alveolar bone loss induced by hypofunctional tooth movement in rats. . 2nd Meeting of the IADR Asia Pacific Region 2013.08.21 Bangkok, Tahiland

  1. Shindoi Jose-Maria, 佐藤 豊, 松本 芳郎, 金香 佐和, 島崎 一夫, 小海 暁, 柴田 真衣, 山城 正司, 原田 清, 小野 卓史. 日本人成人の下顎骨矯正手術のための軟部組織セファロメトリー基準値(Soft-tissue cephalometric norms for orthognathic surgery in Japanese adults). 日本顎変形症学会雑誌 2012.05.01

  2. Hosomichi J, Park Y, Kapila S.. Immortalization and characterization of mouse temporomandibular joint disc cells. . 41 st Annual Meeting & Exhibition of the AADR, 36th Annual Meeting of the CADR 2012.03.22 Tampa, FL, USA

  1. Yoshiro MATSUMOTO, Takashi ONO. Severe root resorption of four maxillary incisors and bilateral canine impaction: An interdisciplinary approach 上顎前歯重度歯根吸収を伴う両側犬歯埋伏症例への学際的対応. The 4th International Congress & The 70th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2011.10.20 名古屋

  2. Matsumoto Yoshiro, Ono Takashi. 上顎切歯と両側犬歯の埋伏歯4本の重度歯根吸収 集学的アプローチ(Severe root resorption of four maxillary incisors and bilateral canine impaction: An interdisciplinary approach). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2011.10.01

  3. Shimizu Y, Hosomichi J, Kaneko S, Shibutani N, Ono T.. β-adrenergic receptor antagonist suppresses occlusal force unroading-induced alveolar bone loss in rats.. 2011 Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research 2011.09 San Diego, CA, USA

  4. Hosomichi J, Park Y, Kapila S.. Immortalization and characterization of mouse temporomandibular joint (TMJ) disc cell clones.. The 2nd Asian Academic Congress for Temporomandibular Joint 2011.07.23 Hiroshima, JAPAN

  5. Usumi R, Shibutani N, Ono N, Hosomichi J, Kaneko S, Ono T.. Occlusal stimuli influence VEGFR-2/CD31 expressions in periodontium during tooth movement.. The 89th General Session and Exhibition of IADR/AADR/CADR 2011.03.17 San Diego, CA, USA

  1. Yoshiro MATSUMOTO, Masaki KOBAYASHI , Miho OZAKI. Incisal Root Resorption Associated with Maxillary Impacted Canines. 7th International Orthodontic Congress 2010.02.09 Sydney, Australia

  1. 松本 芳郎, 相馬 邦道. 矯正歯科治療中に新たな顎位への適応が見られた成人片側下顎後方位症例(An adult unilateral mandibular-retruded case adapted to a new mandibular position during orthodontic treatment). 日本顎関節学会雑誌 2008.07.01

  1. Hu F, Hosomichi J, Kanno Z, Soma K.. Occlusal forces promote periodontal healing of transplanted teeth with enhanced basic fibroblast growth factor synthesis.. The 65th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society and the 1st Joint Meeting of the Japanese Orthodontic Society and the Korea Association of Orthodontists 2006.09.15 Sapporo, JAPAN

  2. Matsumoto Yoshiro, Soma Kunimichi. 咬合異常と初期齲蝕及び歯周疾患との関係(Malocclusion and its relationships to incipient caries and periodontal disease). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2006.09.01

  3. Suzaki Yusuke, Matsumoto Yoshiro, Soma Kunimichi. 移植歯牙におけるMalassez上皮細胞遺残と歯周治癒との関連(Relationship between epithelial cell rests of malassez and periodontal healing in transplanted teeth). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2006.09.01

  1. 松本 芳郎, サリンカーンボリブーン・シリペン , 相馬 邦道. 歯根吸収部における炎症関連因子の役割(Roles of inflammatory-related factors in root resorption). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2004.11.01

  1. Tsuchiya Toshio, Matsumoto Yoshiro, Kurihara Saburo. 破骨細胞様多核細胞における酒石酸塩抵抗性酸性ホスファターゼ(TRAP)活性証明の為の蛍光同時性アゾ色素法. Journal of Bone and Mineral Metabolism 1995.12.01

  1. 豊島 由佳子, 松本 芳郎, 上野 俊明. トップアスリートの矯正歯科診療状況に関する調査. 日本スポーツ歯科医学会学術大会プログラム抄録集 2020.12.05

  2. 内川 雄太, 細道 純, 鈴木 淳一, 山口 博之, 石田 雄之, 畑野 香澄, 臼見 莉沙, 清水 康広, 金香 佐和, 上杉 俊輔, 小野 卓史. ラットにおける交感神経機能亢進関与による高血圧と頭蓋骨および脛骨の差次成長. 第85回 口腔病学会学術大会 2020.12.02

  3. 葛西 美樹,鈴木 聖一,竹廻 祐希,佐川 かおり,十川 裕子,古澤 実夏,都築 夏子,足達 淑子,小野 卓史,森山 啓司. 某大学病院における口腔筋機能療法システムの構築及びトレーニング評価の取り組み. 日本歯科衛生学会 2020.08

  4. 本田 康二;岩井 俊憲;杉山 聡美;林 雄一郎;矢島 康治;藤田 紘一;今井 治樹;米満 郁男;島崎 一夫;小野 卓史;廣田 誠;光藤 健司. CAD/CAM 暫間固定ガイドを用いた新しい上顎位置決め法の精度評価. 日本顎変形症学会総会 2020.06

  1. 佐藤萌, 浅野豪文, 細道純, 中田隆夫, 小野卓史. 光遺伝学ツールBACCSを用いた骨芽細胞分化メカニズムの制御. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12 東京

  2. 松本 芳郎, 吹野 恵子, 青柳 美咲, ケオ・プレクサ , 楊 午, 金 善敏, 小野 卓史. 低侵襲性直接法コンポジットレジン修復を活用して個性正常咬合を確立した3症例. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2019.11.01

  3. 木村綾, 細道純, 前田秀将, 洪海シン, 大石修史, 臼見莉沙, 石田雄之, 金香佐和, 吉田謙一, 小野卓史. 成長期の間欠的低酸素曝露による上部気道粘膜病態への交感神経β2受容体の関与の検証. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11

  4. 間邊 安寿雅, 石田 宝義, 楊 新晟, 尹 炯植, 神田 英一郎, 小野 卓史. 日本人口唇口蓋裂患者の咽頭扁桃および口蓋扁桃は縦断的成長発育パタンが異なる. 日本矯正歯科学会 2019.11

  5. 石田 宝義, 間邊 安寿雅, 小山 晃裕, 中井 雄太, 井上 維, 齋藤 絵里, 大森 浩子, 小野 卓史. 改良型超弾性Ni-Tiカンチレバーを用いて近心傾斜した下顎両側大臼歯を整直した一症例. 日本矯正歯科学会 2019.11

  6. 石田 宝義, 間邊 安寿雅, 楊 新晟, 尹 炯植, 神田 英一郎, 小野 卓史. 日本人における咽頭扁桃と口蓋扁桃の成長発育の差異 暦年齢を指標とした縦断的調査. 日本矯正歯科学会 2019.11

  7. 細道純, 田中崇嗣, 小澤英里佳, 阿部泰典, 小野卓史. 歯科矯正用アンカープレートを用いた矯正治療により外科矯正を回避した骨格性下顎前突症例における機能適応. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11 長崎市

  8. 石原聖子, 臼見莉沙, 笠原由紀, 大石修史, 柴田佳那, 清水康弘, 石田雄之, 金香佐和, 細道純, 谷山義明, 小野卓史. 選択的スプライシングバリアントによるペリオスチンの頭蓋骨成長、歯の形態に与える影響の解明. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11

  9. 本田康二, 岩井俊憲, 藤田紘一, 今井治樹, 米満郁男, 島崎一夫, 小野卓史, 大村進, 光藤健司. オトガイ形成術に用いるCAD/CAMオステオトミーガイドの考案. 第29回日本顎変形症学会学術大会 2019.06 東京

  10. 島峯 隆浩, 米満 郁男, 渋谷 直樹, 纐纈 美沙子, 今井 治樹, 藤田 紘一, 大村 進, 小野 卓史. 骨格性上顎前突症患者に対する馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術後における上部気道形態の変化. 第29回日本顎変形症学会学術大会 2019.06

  11. 木島毅, 鳥飼勝行, 長岡亮介, 開田恵理子, 島崎一夫. 一期手術で治療した両側唇顎口蓋裂の1例. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05 新潟市

  12. 佐藤萌, 浅野豪文, 細道純, 小野卓史, 中田隆夫. 光遺伝学ツールBACCSを用いた骨芽細胞分化メカニズムの制御. 第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019.03 新潟市

  13. 佐藤萌, 浅野豪文, 細道純, 小野卓史, 中田隆夫. 光遺伝学ツールBACCSを用いた骨芽細胞分化メカニズムの制御. 第11回 CBIR 若手インスパイアシンポジウム 2019.02 東京

  1. 佐藤 萌, 浅野 豪文, 細道 純, 石田 雄之, 臼見 莉沙, 清水 康広, 金香 佐和, 中田 隆夫, 小野 卓史. 光遺伝学を用いた骨芽細胞分化メカニズムの解明と制御. 第77回日本矯正歯科学会大会 2018.11.01 横浜

  2. 今井 治樹, 藤田 紘一, 本田康二, 米満 郁男, 島﨑 一夫, 大村 進, 小野 卓史. CAD/CAM支援手術による計画的な下顎のautorotationにより顔貌の改善を得た上顎前突症の一例. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.11.01 横浜

  3. 井上 維, 小野 岳人, 中島 友紀, 小野 卓史. 成長期の咀嚼強化が下顎骨に与える影響の解析. 第77 回日本矯正歯科学会学術大会 2018.11.01 横浜

  4. 藤田 紘一, 今井 治樹, 本田 康二, 米滿 郁男, 島﨑 一夫, 小野 卓史, 大村 進. 上顎骨前後的移動に用いるCAD/CAMオステオトミーガイドの考案. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.11 横浜

  5. 藤田 紘一, 今井 治樹, 本田 康二, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 岩井 俊憲, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 大村 進. 3Dシミュレーションの上顎骨切り線を正確に転写するオステオトミーガイドの考案. 第28回顎変形症学会総会 2018.06.14 大阪

  6. 本田 康二, 岩井 俊憲, 藤田 紘一, 今井 治樹, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 大村 進. 口腔内スキャナーを用いてCAD/CAM waferを作製した上下顎移動術. 第28回顎変形症学会総会 2018.06.14 大阪

  7. 喜田 壮馬, 島崎 一夫, 藤田 紘一, 今井 治樹, 青柳 美咲, 本田 康二, 米満 郁男, 岩井 俊憲, 大村 進, 小野 卓史. Mandibular autorotation concept surgeryと従来法の術後安定性比較. 第28回顎変形症学会総会 2018.06.14 大阪

  8. 今井 治樹, 藤田 紘一, 本田 康二, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 岩井 俊憲, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 大村 進. 頭蓋基準の上顎位置決め法の手術正確度 既製ロッキングプレートを用いたスプリントレス法の試み. 第28回日本顎変形症学会総会 2018.06.14 大阪

  1. 山口博之, 石田雄之, 細道純, 鈴木淳一, 小野卓史. 新たな歯周病治療戦略としての核酸医薬DDSの応用. 第2回核酸医薬DDS研究会 2017.12.01 東京

  2. 木村佳世, 島崎一夫, 杉本久美子, 小野卓史. 習慣的口呼吸が味覚感受性に与える影響について. 第82回口腔病学会学術大会 2017.11.19 東京

  3. 細道純, 鈴木拓海, 渋谷直樹, 畑野香澄, 山口博之, 隈陽一郎, 金香佐和, 笠原由紀, 大石修史, 臼見莉沙, 清水康広, 小野卓史. 矯正的歯の移動時におけるKi67およびLGR5陽性歯根膜細胞の局在変化. 第76 回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  4. 間邊安寿雅, 石田宝義, 小野卓史. 日本人における咽頭扁桃と口蓋扁桃の成長発育-頸椎年齢別気道占有率を指標とした縦断的調査. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  5. 齋藤絵里、渡一平、窪野真理子、許瑞瑾、小野卓史. 歯根膜刺激低下および回復は顎下腺におけるアクアポリン5の局在に影響を与える. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  6. 若杉絵美奈, 渡一平, 井上カタジアンナ, 窪野真理子, 小野卓史. 次世代シークエンサーを用いたマウス前骨芽細胞MC3T3-E1におけるGLP-1関与遺伝子の解析. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  7. 石田雄之, 今村俊博, 松村智成, 池田侑平, 大石修史, 隈智美, 奥沢慎子, 小野卓史. CBCTを用いた下顎歯列の植立位置に関する3次元的解析. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  8. 小澤英里佳, 小澤常徳, 大森浩子, 島崎一夫, 倉林亨, 小野卓史. 磁気共鳴脳血管画像診断における矯正歯科装置の影響. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  9. Zhal L, Keo P, Matsumoto Y, Iseki Y, Ono T. Effects of orthodontic force application on different root developmentalstages in rats . 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  10. 任尓舒, 渡一平, 許瑞瑾, 井上カタジアンナ, 窪野真理子, 渡部徹郎, 小野卓史. 鼻呼吸障害が味覚に与える影響について. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  11. 酒井敬一, 加藤千帆, 小野卓史. 下顎前歯欠損に対してデンタルインプラントによる補綴を行ったAngle Class I 過蓋咬合症例. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  12. 松本芳郎, 清水康広, 井上維, 小澤英里佳, 佐藤萌, 畑野香澄, 吹野恵子, 奥沢慎子, 澤﨑俊太郎, 郭煕苑, KEO Preksa, Cho Edward, 趙陸, 楊新晟, 小野卓史. 歯の動揺ならびに早期接触の検知と回避に対する超弾性型Ni-Ti 合金角型ワイヤーの有効性. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  13. 小川卓也, 沖原秀政, 小海暁, 阿部泰典, Uchima Koecklin Karin Harumi, 牧口実央, 加藤千帆, 藪下忠親, 道川誠, 小野卓史. 成長期鼻呼吸障害に伴う記憶・学習機能および海馬組織の変化に関する多角的解析. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  14. 石田宝義, 間邊安寿雅, Shin-Sheng Yang, 阿部泰典, 渡壁賢三, 小野卓史. Le Fort I型骨切り術(前方移動)を施行し閉塞性睡眠時無呼吸を改善した1症例. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  15. 池田侑平, 石田雄之, 今村俊博, 大石修史, 喜田壮馬, 隈智美, 松村智成, 奥沢槙子, 小野卓史. 開咬患者の前歯部歯根形態に関するCBCTを用いた3次元的解析. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  16. 松本 芳郎, 清水 康広, 井上 維, 小澤 英里佳, 佐藤 萌, 畑野 香澄, 吹野 恵子, 奥沢 慎子, 澤崎 俊太郎, 郭 煕苑, Keo Preksa, Cho Edward, 楊 新晟, 趙 陸, 小野 卓史. 歯の動揺ならびに早期接触の検知と回避に対する超弾性型Ni-Ti合金角型ワイヤーの有効性. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2017.10.01

  17. 中井雄太, 岡本一男, 寺島明日香, 小野卓史, 高柳広. 悪性黒色腫の骨転移が与える骨髄造血環境への影響. 第38回日本炎症・再生医学会 2017.07.18 大阪

  18. 鈴木淳平, 小池紗理奈, 島﨑一夫, 小野卓史. 矯正歯科治療に伴う胃排出速度の変化  -13C呼気試験を用いて-. 第76回東京矯正歯科学会学術大会 2017.07.12 東京

  19. 大森浩子, 緑川善之, 頼威任, 簡野瑞誠, 竹村裕, 小野卓史. カンチレバーの6軸矯正力評価:超弾性型Ti-Ni合金ワイヤーとステンレススチールワイヤーの比較. 第76回東京矯正歯科学会学術大会 2017.07.12 東京

  20. 上杉俊輔, 小海暁, 簡野瑞誠, 小野卓史. Prognosis of the primary and secondary insertion of orthodontic miniscrews. 9th World Implant Orthodontic Conference 2017.07.02 Kobe

  21. 藤田紘一, 大村進, 今井治樹, 本田康二, 山下陽介, 高須曜, 村田彰吾, 岩井俊憲, 渋谷直樹, 米満郁男, 島崎一夫, 小野卓史, 藤内祝. CAD/CAM法におけるスプリント作製―咬合器を用いる間接法との違い―. 第27回日本顎変形症学会総会・学術集会 2017.06.15 東京

  22. 本田康二, 大村進, 藤田紘一, 今井治樹, 山下陽介, 高須曜, 村田彰吾, 岩井俊憲, 渋谷直樹, 米満郁男, 島崎一夫, 小野卓史, 藤内祝. CAD/CAM法を用いた上下顎移動術 SLMテクニックの意義. 第27回日本顎変形症学会総会・学術集会 2017.06.15 東京

  23. 今井治樹, 大村進, 藤田紘一, 本田康二, 山下陽介, 高須曜, 岩井俊憲, 渋谷直樹, 米満郁男, 島崎一夫, 藤内祝, 小野卓史. CAD/CAMスプリント、SLMテクニックを併用した上顎移動術の精度. 第27回日本顎変形症学会総会・学術集会 2017.06.15 東京

  24. 細道純. 成長期における間欠的低酸素曝露は,顎顔面領域の骨成長障害とともに関節頭海綿骨の骨密度増生をもたらす. 第4回東京医科大学記念会館ポスター発表懇談会 2017.02.24 東京

  1. Ono T. Myths and facts in Japanese Ni-Ti archwire. The 29th TAO Annual Meeting 2016.12.02 Taipei, Taiwan

  2. Uchima Koecklin KH, 平沼摩耶, 加籐千帆, 舟木幸葉, 片口卓, 藪下忠親, 小海暁, 小野卓史. Unilateral nasal obstruction during later growth periods affects craniofacial function in rats. 第81回口腔病学会学術大会 2016.11.26 東京

  3. 簡野瑞誠. 埋伏犬歯による重篤な歯根吸収を起こさないためにー前歯部叢生の早期治療について考えるー. 平成28年東京矯正歯科学会秋季セミナー 2016.11.17 東京

  4. 金口明美, 米満郁男, 池田侑平, 宮崎睦, 小野卓史. Effects of low-intensity pulsed ultrasound stimulation on the mandibular condyle for osteoarthritis lesions. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.09 徳島

  5. 藤田 紘一, 大村 進, 今井 治樹, 本田 康二, 臼見 莉沙, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島﨑 一夫, 藤内 祝, 小野 卓史. SLM techniqueを用いた顎関節頭の復位精度. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.09 徳島

  6. 臼見莉沙, 中久木康一, 藤田紘一, 米満郁男, 福山英治, 小野卓史. 下顎頭過形成による歯槽骨の垂直的左右差に対し片側歯槽骨骨切り術を併用し顔貌の対称性を獲得した1症例. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.09 徳島

  7. 阿部泰典, 加藤千帆, Uchima Koecklin KH, 沖原秀政, 石田宝義, 藪下忠親, 小海暁, 小野卓史. 成長期における鼻呼吸障害はラット大脳皮質 一次運動野顔面領域の発達に影響を与える. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  8. 畑野香澄, 石田雄之, 山口博之, 細道純, 鈴木淳一, 笠原由紀, 大石修史, 隈陽一郎, 沖藤明日香, 臼見莉沙, 清水康広, 渋谷直樹, 金香佐和, 小野卓史. SDF-1/CXCR4シグナル阻害はラット臼歯の矯正的移動を遅延する. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  9. Uchima Koecklin KH, Kato C, Kataguchi T, Okihara H, Ishida T, Fujita K, Yabushita T, Kokai S, Ono T. Force changes of the tongue-protruding muscles after nasal obstruction during the growth period in rats. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  10. 米満郁男, 藤田紘一, 今井治樹, 間邊安寿雅, 福山英治, 渋谷直樹, 島﨑一夫, 大村進, 藤内祝, 小野卓史. 片側下顎骨の過形成を再発した顎変形症患者に対して外科的矯正治療に下顎頭切除術を併用した一症例. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  11. 加藤千帆,小海暁,小野卓史. 上顎中切歯予後不良歯に対し上顎正中口蓋縫合を越えて反対側中切歯を移動した成人症例. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  12. 纐纈美沙子, 米満郁男, 渋谷直樹, 島峯隆浩, 今井治樹, 藤田紘一, 大村進 , 小野卓史. 骨格性下顎前突症患者に対する馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術後における上部気道形態の変化. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  13. 本田康二, 藤田紘一, 今井治樹, 渋谷直樹, 米満郁男, 島﨑一夫, 山下陽介, 高須曜, 村田彰吾, 岩井俊憲, 廣田誠, 大村進, 藤内祝, 小野卓史. 交通外傷を負った顎変形症患者に対して顎矯正手術と広範囲顎骨支持型補綴装置により咬合回復を行った一例. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  14. 隈陽一郎, 臼見莉沙, 細道純, 大石修史, 山口博之, 沖藤明日香, 清水康広,  渋谷直樹, 石田雄之, 金香佐和, 鈴木淳一, 吉田謙一, 小野卓史. 成長期における間欠的低酸素曝露がラット鼻腔気道の炎症亢進と形態変化をもたらす. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  15. 大石修史、石田雄之、川辺綾子、今村俊博、松村智成、池田侑平、坂口智美、小野卓史. CBCTを用いた上顎洞底および歯根の位置関係の3次元的評価. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  16. 渡壁賢三, 米満郁男, 池田侑平, 宮崎睦, 小野卓史. 成長期ラットの鼻呼吸障害に伴う血中酸素飽和度の低下は下顎骨形態に影響を与える. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  17. 清水康広, 青木和広, 加藤玄樹, 小野卓史. 咬合異常に伴うストレスはマウス全身骨椎骨・長管骨骨密度の低下をもたらす. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  18. 坂口智美, 石田雄之, 川辺綾子, 今村俊博, 池田侑平, 大石修史, 松村智成, 小野卓史. CBCTを用いた顎顔面骨格と下顎骨歯槽部の形態的関連についての3次元的解析. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  19. 笠原由紀, 臼見莉沙, 隈陽一郎, 大石修史, 沖藤明日香, 清水康広, 渋谷直樹、石田雄之, 金香佐和, 細道純, 小野卓史. LIPUS照射は咬合刺激低下歯の歯周組織を回復する. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  20. 島峯隆浩, 米満郁男, 渋谷直樹, 纐纈美沙子, 今井治樹, 藤田紘一, 大村進 ,小野卓史. 骨格性上顎前突症患者に対する馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術後における上部気道形態の変化. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  21. 沖原秀政, 米満郁男, 渋谷直樹, 藤田紘一, 大村進, 小野卓史. 大臼歯抜歯部位を利用した上顎歯槽部骨切り術に下顎の中心位を基準とした強固な中間シーネを使用した1症例. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  22. Tang H, Yonemitsu I, Ikeda Y, Miyazaki M, Shibata S, Ono T. Effect of unilateral nasal obstruction on morphology of jaw-closing muscles in growing rat. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  23. 今井治樹, 大村進, 藤田紘一, 本田康二, 渋谷直樹, 米満郁男, 島﨑一夫, 藤内祝, 小野卓史. SLMテクニックを用いた上顎移動術の精度:モデルサージェリーのデジタル化による検証. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  24. 石田雄之, 川辺綾子, 今村俊博, 松村智成, 池田侑平, 大石修史, 坂口智美, 小野卓史. CBCTを用いた骨格性要因に伴う歯槽骨compensationの3次元的解析. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  25. 松本芳郎. より良い咬合育成のために~筋機能療法と矯正歯科治療. 第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2016.11.05 千葉

  26. 阿部 泰典, 加藤 千帆, Uchima Koecklin Karin Harumi, 沖原 秀政, 石田 宝義, 藪下 忠親, 小海 暁, 小野 卓史. 成長期における鼻呼吸障害はラット大脳皮質一次運動野顎顔面領域の発達に影響を与える. 日本矯正歯科学会 2016.11

  27. 山口博之, 石田雄之, 細道純, 渡邊亮, 鈴木淳一, 小野卓史. 超音波マイクロバブル法によるNF-κBデコイの歯周組織への導入は歯周病モデルラットの歯槽骨吸収を抑制する. 第59回秋季日本歯周病学会学術大会 2016.10.07 新潟

  28. 松本 芳郎. スポーツ歯科の取り組みと2020年へのアプローチ より良い咬合育成のために 筋機能療法と矯正歯科治療. 日本臨床スポーツ医学会誌 2016.10.01

  29. Ono T. What can orthodontic science do for those in early and late life?. The 10th Asia Pacific Orthodontic Conference 2016.09.01 Bali, Indonesia

  30. 小野卓史. 幼若期における食物性状と高次脳機能の変調. 第58回歯科基礎医学会学術大会 2016.08.28 札幌

  31. 福島由香乃, 井上維, 小野岳人, 和氣弘明, 中島友紀, 小野卓史. 咀嚼刺激の低下は顎口腔組織の成長を抑制し記憶学習障害を誘発する. 第58回歯科基礎医学会学術大会 2016.08.25 札幌

  32. 大森浩子, 桐本博章, 小野卓史. 不正咬合女児患者における顎関節症状と顎顔面形態、早期接触および咬合力の関連性. 第29回日本顎関節学会総会・学術大会 2016.07.17 神奈川

  33. 今村俊博, 上杉俊輔, 小海暁, 小野卓史. 上顎前歯歯根吸収と切歯管皮質骨との関連性を示唆する2症例. 第75回東京矯正歯科学会学術大会  2016.07.14 東京

  34. 福島由香乃, 井上維, 小野岳人, 和氣弘明, 中島友紀, 小野卓史. 咀嚼機能と高次脳機能の連関システムの解析. 第2回日本骨免疫学会 2016.07.07 沖縄

  35. 沖藤明日香, 穐山雅子, 細道 純, 小野卓史, 中浜健一. 骨芽細胞におけるオステオポンチンの転写制御機構. 第2回日本骨免疫学会 2016.07.07 沖縄

  36. 小野卓史. 矯正歯科治療における早期介入の意義:動物モデル研究からみえてきたもの. 第59回中・四国矯正歯科学会学術大会 2016.07.07 高知

  37. 小野卓史. 矯めるなら若木のうち. 顎口腔機能研究講演会 2016.06.27 長崎

  38. 小野卓史. 顎変形症と睡眠. 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会併催市民公開講座 2016.06.26 東京

  39. 喜田壮馬, 島﨑一夫, 矢島康治, 岩井俊憲, 大村進, 小野卓史. 梨状孔下縁切削を併用した上下顎移動術前後における鼻呼吸機能の流体解析. 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会 2016.06.24 東京

  40. Beauboeuf R, Watari I, Hsu J, Mizumachi-Kubono M, Inoue K , Watabe T, Ono T. Expression of GLP-1 and GLP-1 receptor in rat circumvallate papilla during growth period . The 17th International Symposium on Olfaction and Taste 2016.06.07 神奈川

  41. Ren E, Watari I, Hsu J, Mizumachi-Kubono M, Inoue K, Watabe T, Ono T. Unilateral nasal obstruction effects taste cell in circumvallate papillae in rats. The 17th International Symposium on Olfaction and Taste 2016.06.07 神奈川

  42. Hsu J, Watari I, Ono R, Mizumachi-Kubono M, Funaki Y, Kokai S, Ono T. Degeneration of fungiform and circumvallate papillae following molar extraction and unilateral nasal obstruction in rats.. The 17th International Symposium on Olfaction and Taste 2016.06.07 神奈川

  43. 木島毅, 鳥飼勝行, 村嶋真由子, 長岡亮介, 安村和則, 藤田紘一, 佐武利彦, 大村進, 島﨑一夫. 一期手術を施行した両側性唇顎口蓋裂の1例. 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2016.05.26 大阪

  44. 山口博之. 核酸医薬DDSの歯科領域への応用. 核酸医薬DDS研究会 2016.02.03 東京

  1. 松本芳郎. 最近の大学の現状. 日本臨床矯正歯科医会東京支部講演会 2015.12.17 東京

  2. 加藤千帆, 酒井敬一, 簡野瑞誠, 小野卓史. 歯科矯正用アンカープレートにて下顎の反時計回りの回転を促し顎矯正手術を回避した開咬2症例. 第74回日本矯正歯科学会大会学術大会 2015.11.18 福岡

  3. 渡一平, 米満郁男, 小野理恵子, 小野卓史. 下顎前歯部に上顎過剰歯の移植を行ったAngle Class I叢生症例. 第74回日本矯正歯科学会大会学術大会 2015.11.18 福岡

  4. 藤田紘一, 大村進, 今井治樹, 本田康二, 臼見莉沙, 渋谷直樹, 米満郁男, 島崎一夫, 藤内祝, 小野卓史. TMDsを伴う骨格性上顎前突症に対する新たな上下顎移動術:MAC surgeryにおける顎関節頭回転中心. 第74回日本矯正歯科学会大会学術大会 2015.11.18 福岡

  5. 米満郁男, 福島由佳乃, 藤田紘一, 渋谷直樹, 今井治樹, 臼見莉沙, 島崎一夫, 本田康二, 大村進, 藤内祝, 小野卓史. Le Fort I型骨切り術に歯槽部骨切り術を併用し下顎のautorotationにより咬合改善した骨格性下顎後退症例. 第74回日本矯正歯科学会大会学術大会 2015.11.18 福岡

  6. 松本芳郎. スポーツ選手の不正咬合を診る―外傷リスクと競技力の関連―. 日本スポーツ歯科医学会/第21回認定研修会 2015.11.01 東京

  7. 石田 宝義, 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 本田 康二, 大村 進, 藤内 祝, 小野 卓史. Mandible first 正中分割上下顎移動術を施行した骨格性下顎前突症の1例. 日本矯正歯科学会 2015.11

  8. 上野俊明,添島沙夜香,田中沙織,豊島由佳子,高橋敏幸,山中拓人,近藤尚知,松本芳郎,宇津宮幸正,宮澤慶,松本勝. シニアアスリートの歯科外傷経験とマウスガード使用に関する分析調査. 第26回日本スポーツ歯科医学会 2015.06.20 新潟

  9. 大村進, 横関雅彦, 藤田紘一, 村田彰吾, 高須曜, 山下陽介, 渋谷直樹, 本田康二, 臼見莉沙, 米満郁男, 島崎一夫, 岩井俊憲, 小野卓史, 藤内祝. Mandibular autorotation concept (I) - 下顎を切らない上下顎同時移動術 -. 第25回日本顎変形症学会総会 2015.06.04 東京

  10. 米満郁男, 福島由佳乃, 臼見莉沙, 島崎一夫, 藤田紘一, 渋谷直樹, 村田彰吾, 高須曜, 山下陽介, 岩井俊憲, 本田康二, 大村進, 藤内祝, 小野卓史. Mandibular autorotation concept (II) - 上顎前方歯槽部骨切り術との併用 -. 第25回日本顎変形症学会総会 2015.06.04 東京

  1. 渡一平、若杉絵美奈、パイワッタナヌパンジュティポーン、許瑞謹、井上カタジナアンナ、小野卓史. 妊娠糖尿病はラット新生仔の頭蓋顎顔面領域の形態形成に影響を与える. 第30回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会 2014.11.28

  2. 渡一平、若杉絵美奈、パイワッタナヌパンジュティポーン、許瑞瑾、井上カタジナアンナ、小野卓史. 妊娠糖尿病はラット新生仔の頭蓋顎顔面領域の形態形成に影響を与える. 第30回日本糖尿病・妊娠学会 2014.11.28 長崎

  3. 田中沙織,添島沙夜香,豊島由佳子,高橋敏幸,近藤尚知,松本芳郎,宇津宮幸正,宮澤 慶,松本 勝,上野俊明. JOCエリートアカデミー生の歯科保健状況について. 第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2014.11.08 東京

  4. 近藤尚知,添島沙夜香,田中沙織,高橋敏幸,上野俊明,松本芳郎,松本勝,宮沢慶,宇津宮幸正,川原貴. マウスガード装着とスポーツ飲料がトップアスリートの齲蝕歯保有状況に及ぼす影響. 第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2014.11.08 東京

  5. 松本芳郎、小野卓史. 異なる保定装置で長期保定し安定している過蓋咬合・叢生を伴う3症例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 千葉

  6. 沖藤明日香、中浜健一、細道純、舌野知佐、臼見莉沙、清水康広、石田雄之、金香佐和、森田育男、. 骨芽細胞の破骨細胞支持能の獲得におけるプロトンセンサーGPR4の関与. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  7. 大石修史、清水康広、細道純、隈陽一郎、前田秀将、臼見莉沙、金香佐和、舌野知佐、鈴木淳一、. 成長期ラットにおける間欠的低酸素暴露は、骨成長障害とともに関節頭海綿骨の骨密度増生をもたらす. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  8. 細道純、隈陽一郎、大石修史、永井恒志、前田秀将、金香佐和、臼見莉沙、清水康広、舌野知佐、. 成長期の間欠的低酸素曝露は、ラット顎顔面の成長障害とともに舌の肥大および下顎歯列の拡大をもたらす. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  9. 酒井敬一、小海暁、桐井絢子、上杉俊輔、犬飼周佑、米満郁男、大村進、秀島雅之、小野卓史. 下顎の前方移動が顎顔面・上部気道形態に与える影響について-口腔内装置と下顎前方移動術の比較-. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  10. 平沼摩耶、舟木幸葉、加籐千帆、小海暁、小野卓史. 成長期における鼻呼吸障害は循環動態および顎反射の変調を誘発する. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  11. 石田宝義、池本繁弘、小野卓史. Le Fort II型骨切り術・自家歯牙移植を施行し顔貌・咬合を改善した1症例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  12. 松本芳郎、小野卓史. 異なる保定装置で長期保定し安定している過蓋咬合・叢生を伴う3症例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  13. 渡一平、パイワッタナヌパンジュティポーン、許瑞瑾、井上カタジナアンナ、小野卓史. 妊娠糖尿病が新生児の頭蓋顎顔面成長発育に与える影響について. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  14. 若杉絵美奈、渡一平、井上カタジナアンナ、柳下正樹、小野卓史. マウス前骨芽細胞MC3T3-E1におけるインクレチン受容体の発現はグルコース濃度の影響を受ける. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  15. 加藤千穂, 藪下忠親, 藤田紘一, 石田雄之, 細道純, 小野卓史. 選択的に上顎側切歯の抜歯を行った2症例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 千葉

  16. 大石修史, 清水康広, 細道純, 隈陽一郎, 前田秀将, 臼見莉沙, 金香佐和, 舌野知佐, 鈴木淳一, 吉田謙一, 小野卓史. 成長期ラットにおける間欠的低酸素曝露は, 骨成長障害とともに関節頭海綿骨の骨密度増生をもたらす. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 千葉

  17. 松村智成、島崎一夫、米満郁男、本田康二、渋谷直樹、藤田紘一、大村進、小野卓史. 上顎骨後上方移動による顔貌の改善と安定性の検討. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  18. 島崎一夫、米満郁男、本田康二、渋谷直樹、藤田紘一、大村進、小野卓史. 骨格性上顎前突症例患者に上顎骨後方移動術を併用した外科的矯正治療例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  19. 喜田壮馬、島﨑一夫、矢島康治、大島まり、小野卓史. 上下顎移動術前後における鼻呼吸機能の流体解析. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  20. 大森浩子、小野卓史. 下顎の機能的左方偏位および交叉咬合の改善に対し重心動揺計測による機能的評価を行った症例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  21. 加藤千帆、藤田紘一、平沼摩耶、藪下忠親、小海暁、小野卓史. 咬合高径増加はラット大脳皮質感覚野顎顔面領域における体部位局在に可塑的変化をもたらす. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  22. 清水 康広, 米満 郁男, 小野 卓史. 成長期の改良型機能的矯正装置の使用が奏効したAngle Class II high angle症例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  23. 酒井 敬一, 小海 暁, 桐井 絢子, 上杉 俊輔, 犬飼 周佑, 米満 郁男, 大村 進, 秀島 雅之, 小野 卓史. 下顎の前方移動が顎顔面・上部気道形態に与える影響について 口腔内装置と下顎前方移動術の比較. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  24. 島崎 一夫, 米満 郁男, 本田 康二, 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 大村 進, 小野 卓史. 骨格性上顎前突症例患者に上顎骨後上方移動術を併用した外科的矯正治療例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  25. 池田 侑平, 米満 郁男, 武居 真希, 柴田 俊一, 小野 卓史. 成長期ラットの機能低下した顎関節は非生理的負荷に対してOA様変化を引き起こす. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  26. 松村 智成, 島崎 一夫, 米満 郁男, 本田 康二, 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 大村 進, 小野 卓史. 上顎骨後上方移動による顔貌の改善と安定性の検討. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  27. 池田侑平、米満郁男、武居真希、柴田俊一、小野卓史. 成長期ラットの機能低下した顎関節は非生理的負荷に対してOA様変化を引き起こす. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 幕張

  28. 前川南,簡野瑞誠,和田敬広,宇尾基弘,小野卓史. 高強度プラスチック製矯正ワイヤーの機械的性質. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.19

  29. 松本 芳郎, 小野 卓史. 異なる保定装置で長期保定し安定している過蓋咬合・叢生を伴う3症例. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2014.10.01

  30. 近藤 尚知, 添島 沙夜香, 田中 沙織, 高橋 敏幸, 上野 俊明, 松本 芳郎, 松本 勝, 宮澤 慶, 宇津宮 幸正, 川原 貴. マウスガード装着とスポーツ飲料がトップアスリートの齲蝕歯保有状況に及ぼす影響. 日本臨床スポーツ医学会誌 2014.10.01

  31. 田中 沙織, 添島 沙夜香, 豊島 由佳子, 高橋 敏幸, 近藤 尚知, 松本 芳郎, 宇津宮 幸正, 宮澤 慶, 松本 勝, 上野 俊明, 川原 貴. JOCエリートアカデミー生の歯科保健状況について. 日本臨床スポーツ医学会誌 2014.10.01

  32. 加藤玄樹、清水康広、菅森康隆、田村幸彦、小野卓史、大谷啓一、青木和広. ウシI I型コラーゲン誘導のマウス関節リウマチモデルを用いたRANKL結合ペプチドの骨形成促進作用と骨吸収作用. 第56回歯科基礎医学会学術大会 2014.09.25 福岡

  33. 簡野瑞誠、石田雄之、小野卓史. Light Continuous Forceによる埋伏歯へのアプローチ‐超弾性型Ni-Ti合金ワイヤーを用いて‐. 第73回東京矯正歯科学会大会 2014.07.10 東京

  34. 小海暁、犬飼周佑、酒井敬一、中村周平、桐井絢子、上杉俊輔、三間裕子、安倍友佳、玉岡明洋、. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者における口腔内装置装着に伴う顎顔面・上部気道形態の変化が治療結果に与える影響. 第39回日本睡眠学会定期学術集会 2014.07.03 徳島

  35. 沖藤明日香、中浜健一、穐山雅子、細道純、小野卓史、森田育男. 骨芽細胞におけるプロトンセンサーGPR4の役割. 第35回日本炎症・再生医学会 2014.07.01 沖縄

  36. 上野俊明,添島沙夜香,田中沙織,豊島由佳子,高橋敏幸,近藤尚知,松本芳郎,宇津宮幸正,宮澤 慶,松本 勝. ジュニアアスリートの歯科外傷経験とマウスガード使用に関する分析調査. 第25回日本スポーツ歯科医学会学術大会 2014.06.29 大阪

  37. 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 本田 康二, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 米満 郁男, 島崎 一夫, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 重度の顔面非対称症例に対する手術設定の工夫. 第24回日本顎変形症学会総会 2014.06.10 福岡

  38. 臼見 莉沙, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 大村 進, 藤内 祝, 小野 卓史. 重度閉塞型睡眠時無呼吸を呈する骨格性下顎前突に対しLe Fort I型骨切り術単独で上顎骨を前方移動した1例. 第24回日本顎変形症学会総会 2014.06.10 福岡

  39. 米満 郁男, 金島 貴子, 服部 育子, 酒井 敬一, 上杉 俊輔, 許 瑞瑾, 小海 暁, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 下顎骨前方移動術にover correctionを適用した際の術後安定性に関する評価. 第24回日本顎変形症学会総会 2014.06.10 福岡

  40. 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 本田 康二, 米満 郁男, 島崎 一夫, 村田 彰吾, 高須 曜, 山下 陽介, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 下顎前歯の低位を伴う骨格性III級開咬症例の手術計画. 第24回日本顎変形症学会総会 2014.06.10 福岡

  41. 本田 康二, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 村田 彰吾, 高須 曜, 山下 陽介, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 上顎骨の著しい垂直的劣成長に対して上下顎同時骨延長を施行した1例. 第24回日本顎変形症学会総会 2014.06.10 福岡

  42. 臼見莉沙、藤田紘一、渋谷直樹、米満郁男、大村進、藤内祝、小野卓史. 重度閉塞型睡眠時無呼吸を呈する骨格性下顎前突に対しLe Fort I型骨切り術単独で上顎骨を前方移動した1例. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 2014.06.10 福岡

  43. 小海暁、福山英治、佐藤豊、Hsu Jui-chin、高橋雄三、原田清、小野卓史. 中間顎骨切り術、歯の移植、上下顎移動術を併用した治療により長期の安定が得られた成人唇顎口蓋裂の1例. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 2014.06.10 福岡

  44. 米満郁男、金島貴子、服部育子、酒井敬一、上杉俊輔、許瑞瑾、小海暁、大村進、藤内祝、小野卓史. 下顎骨前方移動術にover correctionを適用した際の術後安定性に関する評価. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 2014.06.10 福岡

  45. 本田康二、藤田紘一、渋谷直樹、米満郁男、島崎一夫、村田彰吾、高須曜、山下陽介、岩井俊憲、. 上顎骨の著しい垂直的劣成長に対して上下顎同時骨延長を施行した1例. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 2014.06.10 福岡

  46. 渋谷直樹、藤田紘一、本田康二、米満郁男、島崎一夫、村田彰吾、高須曜、山下陽介、岩井俊憲、. 下顎前歯の低位を伴う骨格性III級開咬症例の手術計画. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 2014.06.10 福岡

  47. 藤田紘一、渋谷直樹、本田康二、山下陽介、高須曜、村田彰吾、米満郁男、島崎一夫、岩井俊憲、. 重度の顔面非対称症例に対する手術設定の工夫. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 2014.06.10 福岡

  48. 齋藤絵里, 島崎一夫, 森田圭一, 小野卓史. 片側性唇顎口蓋裂患児の乳幼児セファログラム分析. 第38回日本口蓋裂学会総会・学術大会 2014.05.29 札幌

  49. 小海 暁, 福山 英治, 大村 進, 君塚 幸子, 島崎 一夫, 米満 郁男, 藤田 紘一, 藤内 祝, 小野 卓史. 著しい咬合崩壊に対する包括的治療により長期の安定が得られた成人唇顎口蓋裂の1例. 第38回日本口蓋裂学会総会 2014.05.29 北海道

  50. 9.小海暁、福山英治、大村進、君塚幸子、島崎一夫、米満郁男、藤田紘一、藤内祝、小野卓史. 著しい咬合崩壊に対する包括的治療により長期の安定が得られた成人唇顎口蓋裂の1例. 第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2014.05.29

  51. 今村 俊博, 小野 理恵子, Privatananupunt Jutiporn, 平沼 麻耶, 窪野 真理子, 服部 育子, 島崎 一夫, 森田 圭一, 小野 卓史. 上顎劣成長を呈する片側性唇顎口蓋裂患者の幼児期における上下顎骨の形態的特徴. 第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2014.05.29

  1. 松本芳郎、豊島由佳子、添島沙夜香、田中沙織、川原 貴. 矯正歯科診療を受けたトップアスリートに関する施設内統計学的調査・検討. 第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2013.10.26 熊本

  2. 隈陽一郎, 臼見莉沙, 細道純, 大石修史, 永井恒志, 清水康広, 金香佐和, 舌野知佐, 鈴木淳一, 吉田謙一, 小野卓史. 成長期における間欠的低酸素がラット鼻腔気道の三次元形態に与える影響. 第72回日本矯正歯科学会大会 2013.10.09 松本

  3. 大石修史, 清水康広, 細道純, 隈陽一郎, 前田秀将, 臼見莉沙, 金香佐和, 舌野知佐, 鈴木淳一, 吉田謙一, 小野卓史. 間欠的低酸素はラット顎顔面領域の骨成長を抑制し形態の不調和をもたらす. 第72回日本矯正歯科学会大会 2013.10.09 松本

  4. 松本 芳郎, 豊島 由佳子, 添島 沙夜香, 田中 沙織, 川原 貴. 矯正歯科診療を受けたトップアスリートに関する施設内統計学的調査・検討. 日本臨床スポーツ医学会誌 2013.10.01

  5. 山田 恭平, 大森 浩子, 桐本 博章, 島崎 一夫, 小野 卓史. 下顎側方偏位を伴う顎変形症患者における顎関節症状と下顎頭形態との関連性. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2013.10.01

  6. 添島沙夜香、豊島由佳子、田中沙織、高橋敏幸、近藤尚知、松本芳郎、宇津宮幸正、宮沢慶、松本勝、上野俊明. 我が国のトップアスリートの歯科保健状況の変化と推移-JISSクリニック開所10周年を経過して-. 第24回日本スポーツ歯科医学会学術大会 2013.06.30 東京

  7. 清水康広, 青木和広, カーン・マスード, 細道純, 金香佐和, 大谷啓一, 小野卓史. 咬合異常によるストレスホルモンの上昇が骨密度に与える影響~マウス成長期咬合異常モデルを用いた長管骨骨密度解析~. 第11回日本歯科骨粗鬆症研究会学術大会・総会 2013.03.02 東京

  8. 金島 貴子, 和田 淳一郎, 犬飼 周佑, 大森 浩子, 島崎 一夫, 秀島 雅之, 泰羅 雅登, 倉林 亨, 五十嵐 順正, 松浦 博, 小野 卓史. 矯正装置装着による発音困難度および構音時脳賦活状態の経時的変化の解析 fMRIによる研究. 口腔病学会雑誌 2013.03.01

  1. 石田雄之、黒田由紀子、酒向絵美、今井治樹、久良木建、舌野知佐、沖原秀政、川辺綾子、若杉絵美奈、大森浩子、松本芳郎、小野卓史. Angle Class III患者に対する非外科的矯正治療が上部気道形態および舌骨位に与える影響. 第71回日本矯正歯科学会大会 2012.09.28 盛岡

  2. 細道純, パクヤング, カピラスニル. 不死化顎関節円板クローン細胞はエストロゲン, リラキシンおよびプロゲステロンに対する反応性が異なる. 第71回日本矯正歯科学会大会  2012.09.28 盛岡

  3. 清水康広, 石田宝義, 細道純, 金香佐和, 小野卓史. 軟性飼料飼育した成長期ラットの歯槽骨は上下顎において異なる構造変化を示す. 第71回日本矯正歯科学会大会  2012.09.28 盛岡

  4. 舌野知佐, 馬場麻人, 金香佐和, 細道純, 渋谷直樹, 清水康広, 臼見莉沙, 高野吉郎, 小野卓史. 咬合刺激低下歯の矯正学的移動に伴う歯槽骨の変化について. 第71回日本矯正歯科学会大会  2012.09.28 盛岡

  5. 松本芳郎. 矯正歯科治療の基礎知識-成長期の注意点を中心に. 東京医科歯科大学 第1回海外公開講座 歯の健康セミナー・歯の健康相談会 2012.09.08 バンコク、タイ

  6. 小池 紗里奈, 島崎 一夫, 大森 浩子, 福山 英治, 小野 卓史. 不正咬合は胃腸機能を低下する. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2012.09.01

  7. 金島 貴子, 臼井 信男, 和田 淳一郎, 犬飼 周佑, 大森 浩子, 島崎 一夫, 秀島 雅之, 小野 卓史. 矯正装置装着が構音時脳賦活状態および自己評価に与える影響について fMRIによる研究. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2012.09.01

  8. 石田 雄之, 黒田 由紀子, 酒向 絵美, 今井 治樹, 久良木 建, 舌野 知佐, 沖原 秀政, 川辺 綾子, 若杉 絵美奈, 大森 浩子, 松本 芳郎, 小野 卓史. Angle Class III患者に対する非外科的矯正治療が上部気道形態および舌骨位に与える影響. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2012.09.01

  9. 石田 雄之, 黒田 由紀子, 酒向 絵美, 今井 治樹, 久良木 建, 舌野 知佐, 沖原 秀政, 川辺 綾子, 若杉 絵美奈, 大森 浩子, 松本 芳郎, 小野 卓史. Angle Class III患者に対する非外科的矯正治療が上部気道形態および舌骨位に与える影響. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2012.09.01

  10. 豊島 由佳子, 宇津宮 幸正, 近藤 尚知, 松本 芳郎, 高橋 敏幸, 松本 勝, 上野 俊明. 20歳前後のトップアスリートの智歯保有状況と抜歯の影響. スポーツ歯学 2012.02.01

  1. 豊島由佳子、上野俊明、高橋敏幸、近藤尚知、松本芳郎、宇津宮幸正、松本勝、安井利一、奥脇透、小松裕、川原貴. 過去10年間における我が国のトップアスリートの歯科保健状況の変化. 第22回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2011.11.05 青森

  2. 豊島 由佳子, 上野 俊明, 高橋 敏幸, 近藤 尚知, 松本 芳郎, 宇津宮 幸正, 松本 勝, 安井 利一, 奥脇 透, 小松 裕, 川原 貴. 過去10年間における我が国のトップアスリートの歯科保健状況の変化. 日本臨床スポーツ医学会誌 2011.10.01

  3. 大森 浩子, 桐本 博章, 小野 卓史. 前歯部におけるヒト歯根膜咬筋反射の応答特性の違いについて. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2011.10.01

  4. 大森 浩子, 桐本 博章, 小野 卓史. 不正咬合患者における顎関節症状と顎顔面形態および咬合干渉の関連. 日本顎関節学会雑誌 2011.07.01

  5. 豊島由佳子、宇津宮幸正、近藤尚知、松本芳郎、高橋敏幸、松本勝、上野俊明. 20歳前後のトップアスリートの智歯保有状況と抜歯の影響. 第22回日本スポーツ歯科医学会総会・学術大会 2011.06.26

  6. 豊島 由佳子, 宇津宮 幸正, 近藤 尚知, 松本 芳郎, 高橋 敏幸, 松本 勝, 上野 俊明. 20歳前後のトップアスリートの智歯保有状況と抜歯の影響. 日本スポーツ歯科医学会学術大会プログラム抄録集 2011.05.01

  1. 清水康広, 細道純, 渋谷直樹, 金香佐和, 小野卓史. 咬合刺激低下時における歯槽骨代謝に交感神経系が与える影響について. 第69回日本矯正歯科学会大会 2010.09.29

  1. 大森 浩子, 桐本 博章, 相馬 邦道. 咬合刺激が歯根膜咬筋反射へ及ぼす影響について 表面アレイ電極を用いた両側咬筋同時計測による解析. 東京矯正歯科学会雑誌 2009.12.01

  2. 松本 芳郎, 小林 正樹, 尾崎 美帆, 相馬 邦道. 上顎犬歯の埋伏に伴う切歯の歯根吸収について. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2009.11.01

  1. 豊島 由佳子, 中野 真帆, 高橋 敏幸, 上野 俊明, 松本 芳郎, 近藤 尚知, 宇津宮 幸正, 小松 裕, 奥脇 透, 河野 一郎, 川原 貴. トップアスリートの歯科保健状況と唾液成分と食・衛生習慣の関連性について. 日本臨床スポーツ医学会誌 2008.10.01

  2. 大森 浩子, 桐本 博章, 相馬 邦道. 咀嚼筋運動単位活動電位の記録を目的とした表面アレイ電極の基礎特性及び臨床応用. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2008.09.01

  3. 松本 芳郎, 相馬 邦道. 顔面規格写真を用いた日本人顔面軟組織のデータベース作成に向けて. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2008.09.01

  4. 松本 芳郎, 近藤 尚知, 豊島 由佳子, 河野 一郎. トップアスリートの歯列・咬合状態に関する調査と課題. 日本スポーツ歯科医学会学術大会プログラム抄録集 2008.07.01

  1. 玉置 幸雄, 阿部 朗子, 井上 知加予, 石川 博之, 廣瀬 武尚, 松本 芳郎, 相馬 邦道. 自己組織化マップ(SOM)を用いた軟組織側貌形態の分類と視覚化について. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2007.09.01

  1. 松本 芳郎. 矯正歯科治療の評価基準を求めて 顔の審美性と心理的背景 日本人の口もと 分担調査の中間報告. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2006.09.01

  1. 細道純, 安井典久, 森田育男, 相馬邦道. 血管新生抑制因子PEDFはタイプIコラーゲンへの結合を介して血管新生を抑制する. 第64回日本矯正歯科学会大会 2005.10.14 横浜

  1. 堀内 洋輔, 簡野 瑞誠, 松本 芳郎, 相馬 邦道. 大きな側貌の改善が得られた成人II級1類の小臼歯非抜歯症例. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2004.11.01

  1. 三浦 弘貴, 簡野 瑞誠, 松本 芳郎, 大坪 邦彦, 相馬 邦道. 超弾性型Ti-Ni合金ワイヤーの振動減衰能 ラットを用いた組織学的検討. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2000.10.01

  2. 河野 智子, 松本 芳郎, 簡野 瑞誠, 割田 博之, 相馬 邦道. 歯の移動距離に対する矯正力の大きさと咬合接触の関連性の検討. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2000.10.01

  1. 松本 芳郎. 破歯細胞の硬組織吸収能に対する形態的ならびに機能的検討. 口腔病学会雑誌 1994.03.01

  1. 松本 芳郎. 破骨細胞様多核細胞における酒石酸抵抗性酸ホスファターゼ(TRAcP)染色とその蛍光性について. 日本骨代謝学会雑誌 1992.06.01

  1. 松本 芳郎. 破骨細胞様多核細胞形成に対するOsteocalcinの作用. 日本骨代謝学会雑誌 1991.06.01

  1. 細道純、臼見莉沙、藤田紘一、今井治樹、本田康二、山下陽介、廣田誠、大村進、小野卓史. 上顎臼歯の先天性欠如に留意してWunderer法併用Le Fort I型骨切り術を行った骨格性Ⅱ級開咬の一例. 第31回日本顎変形症学会総会・学術大会 2021.06.11 宮城県仙台市

このページの先頭へ▲